部屋の掃除に欠かせない「掃除機」。さまざまなメーカーから発売されており、なかでもパナソニックの掃除機は豊富なラインナップが魅力。ただし、多数の種類が展開されているため、どれを選べばよいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめのパナソニックの掃除機をタイプ別にご紹介。あわせて選び方も解説するので、掃除機の購入を検討している方は参考にしてみてください。

パナソニックの掃除機の魅力

By: rakuten.co.jp

パナソニックの掃除機は、充実したラインナップが魅力です。スティックタイプやキャニスタータイプに加えて、ふとんクリーナーやロボット掃除機なども展開。さまざまなモデルから、ライフスタイルや用途に適した掃除機を選べます。

ダストカップを本体に内蔵していない「セパレート型コードレススティック掃除機」も要チェック。吸い込んだゴミを充電と同時に自動でクリーンドックに移動するのが特徴で、本体が軽く片手で掃除しやすいのがメリットです。

パナソニックの掃除機の選び方

種類をチェック

スティックタイプ

By: amazon.co.jp

細長いデザインで、サッと掃除したいときに活躍するスティックタイプの掃除機です。操作性に優れており、階段や高い場所を掃除する際に便利。また、スタイリッシュな見た目のモノが多く、インテリアに馴染みやすいのもメリットです。

パナソニックでは、ハイパワーモーターを搭載したパワーコードレスタイプの掃除機をラインナップ。小型かつ軽量ながらパワフルな吸引力を実現しているのが特徴です。

キャニスタータイプ

By: amazon.co.jp

長いホースを備えているのがキャニスタータイプの掃除機です。コード式でパワフルな吸引力を発揮するのが特徴。リビングなど広い部屋を掃除するのにおすすめです。

また、本体を転がしながら移動できるため、掃除中に腕や手首に負担をかけにくいのもポイント。パナソニックでは、延長管を外すだけで手元ブラシとして使えるモデルも展開しています。

ロボットタイプ

By: amazon.co.jp

パナソニックでは、ロボットタイプの掃除機もラインナップしています。部屋の間取りを正確に把握して、自動で掃除するのが魅力。広い部屋を掃除する際や、忙しく家事を時短したい方におすすめです。

アプリを活用して、掃除したいエリアや掃除したくないエリアを指定できるのも便利。さらに、掃除結果を「ゴミマップ」のレポートで確認でき、ゴミのたまりやすい場所を把握するのに役立ちます。

その他のタイプも

By: rakuten.co.jp

パナソニックでは、ふとんの掃除に特化した「ふとん掃除機」も展開しています。センサーの働きにより、目に見えないダニのフンなどを検知して知らせる機能を搭載しているのが特徴。寝具を清潔な状態にキープしたい方におすすめです。

家庭用以外に、業務用の掃除機もラインナップ。吸込仕事率380Wのハイパワーと高い耐久性で、広い場所の掃除で使いやすく、オフィスやビル内の掃除などで役立ちます。紙パックと布パック兼用の2WAY方式を採用しており、掃除場所の環境に合わせて使えるのもメリットです。

集塵方法をチェック

サイクロン式

By: rakuten.co.jp

集じんしたゴミと空気を分離するのがサイクロン式の掃除機です。長時間使用しても吸引力が落ちにくいのが特徴。ダストパックにゴミをためる構造になっており、紙パック不要でゴミ捨てできます。紙パックを交換する手間がなく、ランニングコストを抑えられるのも魅力です。

パナソニックのサイクロン式掃除機は、ダストカップをまるごと水洗いできるのがメリット。また、ダストボックス内のプリーツフィルターをなくしたフィルターレスモデルも展開しており、お手入れしやすくて便利です。

ただし、サイクロン式はゴミをためすぎると吸引力が落ちるため、こまめにゴミ捨てが必要。ゴミ捨ての際に細かいホコリなどが舞い上がりやすい点も留意しておきましょう。

紙パック式

By: panasonic.jp

紙パックをセットして使うのが紙パック式の掃除機です。ゴミがたまったらそのまま捨てるだけと、手を汚さずゴミ捨てしやすいのが魅力。ホコリの舞い上がりが気になる方に適しています。

パナソニックでは、消臭・防菌加工を施した紙パックをラインナップ。衛生面を重視したい方におすすめです。ただし、紙パック式はゴミがたまっていくにつれて吸引力が落ちる場合も。紙パックがないと掃除できないため、予備を用意しておく必要があります。

電源方式をチェック

コードレス

By: rakuten.co.jp

電源コードを搭載していないのがコードレス掃除機です。取り回しやすく、コードが絡まないのがメリット。電源コードを引っ張りだしてコンセントに差す手間もなく、手軽に掃除できます。また、車内など、コンセントを確保が難しい場所の掃除でも便利です。

パナソニックのコードレス掃除機には、ハンディクリーナーに切り替えられるモデルも展開されています。利便性を重視する方におすすめのモデルです。

コードタイプ

By: rakuten.co.jp

コンセントから電源を給電して使用するのがコードタイプの掃除機です。コードレスタイプと比較して消費電力が大きく、パワフルな吸引力を発揮するのが特徴。充電切れを気にする必要もなく、広い部屋で時間をかけてしっかり掃除したい方におすすめです。

ただし、コンセントから給電する必要があり、移動する際は電源コードを抜き差しする手間がかかる点は留意しておきましょう。

機能をチェック

クリーンセンサー

By: rakuten.co.jp

クリーンセンサーは、ホース部に搭載した高速赤外線センサーでダニの死がいやフンなど、ハウスダストを検知して知らせる機能です。目で確認できないゴミを掃除できるのがメリット。ゴミを検知すると赤ランプが点滅、ゴミがなくなると青の点灯で知らせます。

パナソニックではキャニスタータイプに加えて、スティックタイプやふとんクリーナー、ロボット掃除機に搭載しています。

親子ノズル

By: panasonic.jp

ペダルを踏むだけでヘッドを取り外せる構造が「親子ノズル」です。外したパイプ側が子ノズルになっており、狭いすき間や高い場所を掃除する際に便利。ヘッドとパイプを持ってスイッチを押すような手間がなく、スムーズに取り外しやすいのがメリットです。

なかには、子ノズルにLEDナビライトを搭載しているモノもラインナップ。低い角度で配置されており、暗い場所で掃除する際に活躍します。

からまないブラシ

By: rakuten.co.jp

円すい形のダブルブラシを採用しているのが「からまないブラシ」です。からんだ髪の毛やペットの毛が、99%以上からみにくいと謳っているのが特徴。ブラシを取り外す手間がなく、お手入れにかかる負担を軽減できます。お手入れにかかる時間や負担を減らしたい方におすすめです。

ローラー部にも特殊加工を施しており、毛がからみにくいのもポイント。また、抗菌加工のブラシを採用しているので、清潔な状態が長続きしやすいのもメリットです。

付属品をチェック

By: amazon.co.jp

パナソニックの掃除機を選ぶ際には、必要なアタッチメントが付属しているかをチェックしておきましょう。モデルによって、標準で付属しているアタッチメントが異なります。

狭い場所を掃除したい場合は、すき間ノズルを付属している掃除機がおすすめです。また、寝具を掃除したいなら、ふとんノズルが付属しているモデルにも注目。ふとんの奥に入り込んだ細かいゴミなどを取り除きたいときに活躍します。

パナソニックの掃除機おすすめ|サイクロン式

パナソニック(Panasonic) コードレススティック掃除機 パワーコードレス MC-SB52K

ふとんの掃除に役立つ「ふとん清潔ノズル」が付属している、パワーコードレススティック掃除機です。本体重量1.8kgの軽量モデルながら、吸込仕事率最大100Wのパワフルな吸引力で掃除可能。また、グリップの突起が持ち手にフィットして握りやすく工夫しているなど、取り回しやすさを重視する方おすすめの掃除機です。

ハウスダストを検知する「クリーンセンサー」を搭載しているのもポイント。ゴミを検知するとランプで知らせる機能により、見えないゴミを逃しにくいのが魅力です。

「からまないブラシ」でお手入れが簡単なのもメリット。髪の毛やペットの毛などが99%からみつかないと謳われています。ブラシに抗菌加工を施しており、清潔な状態をキープしやすいのも特徴です。

パナソニック(Panasonic) コードレススティック掃除機 パワーコードレス MC-SB85K

円すい形のダブルブラシで、髪の毛などのからみ付きを軽減する「からまないブラシ」搭載した、パナソニックの掃除機です。V字構造のパワーブラシを搭載しており、中央にゴミを集めてしっかり吸引できるのもポイント。軽量モデルながら吸込仕事率最大150Wのハイパワーを実現し、軽さと吸引力を両立しているのも魅力です。

フィルターレスサイクロンを採用しているのも特徴。二次分離部に7気筒遠心分離ユニットを採用した構造で、お手入れの手間を省けます。機能性に優れた掃除機を探している方におすすめです。

パナソニック(Panasonic) コードレススティック掃除機 MC-SB10J

スティッククリーナーとハンディクリーナの2WAYで使える、コードレスタイプの掃除機です。電源コードがないため、部屋の掃除はもちろん車内や棚などの掃除をしたい方におすすめ。また、狭い場所の掃除に役立つ、すき間ノズルやたな用ブラシも付属しています。

ノズルが壁に当たると前部が開く「ガバとり」構造のパワーノズルを搭載しているのもポイント。ブラシが壁のキワまで届いて、しっかりとゴミをかき出します。さらに、LEDライトを搭載しており、暗い場所にゴミを照らせるのもメリットです。

パナソニック(Panasonic) スティックタイプ掃除機 MC-SU3100G

電源コード式を採用している、パナソニックの掃除機です。吸込仕事率最大260Wと、ハイパワーを実現しているのが特徴。また、遠心分離方式のため、吸引力が長持ちしやすいのもおすすめポイントです。

「ワイドイオンパワフルノズル」と「ビッグローラー」の組み合わせにより、操作性が優れているのもメリット。加えて、ペタすき間ノズルと延長管一体型すき間ノズルが付属しているので、細かい部分を掃除したいときにも便利です。

パナソニック(Panasonic) スティックタイプ掃除機 MC-SU220J

高速遠心力でゴミを分離する「ダブル分離」方式を採用している、パナソニックの掃除機です。独自のくびれ構造により、ゴミを強い圧力で分離して集じん部に圧縮するのが特徴。メッシュフィルターをきれいに保ちやすく、強力なパワーが持続するおすすめモデルです。

「抗菌ダストボックス」で清潔にゴミ捨てできるのもポイント。ダストケース・底ぶた、メッシュフィルターに抗菌加工を施しており、衛生面が気になる方にも適しています。

パナソニック(Panasonic) サイクロン式掃除機 MC-SR590K

お手入れの手間を軽減できる、パナソニックの掃除機。ステンレスガードとメタルコーティングの「ダブルメタル」により、ダストボックス内部にゴミが付着するのを抑えやすいのが特徴です。

パイプの先が子ノズルになる親子ノズルを採用しているのもポイント。狭い場所や高いところを掃除する際に役立つほか、LEDナビライトでゴミが浮かび上がって見えるのもメリットです。

ハウスダストを検知して知らせる「クリーンセンサー」を搭載しているのも魅力。目に見えないゴミなどをしっかりと掃除できるモノを探している方におすすめです。

パナソニックの掃除機おすすめ|紙パック式

パナソニック(Panasonic) セパレート型コードレススティック掃除機 MC-NS10K

ダストカップを本体に内蔵していないセパレート型のコードレススティック掃除機です。吸い込んだゴミを充電する際にクリーンドックへ移動するのが特徴。本体重量0.45kgの軽さで、利便性を重視する方におすすめです。

独自のイオン技術「ナノイーX」により、クリーンドックの紙パック内にたまったゴミを除菌・脱臭できるのもメリット。さらに、目に見えない微細なハウスダストを検知する「クリーンセンサー」を搭載しているのも魅力です。

パナソニック(Panasonic) 紙パック式掃除機 MC-JP840K

スタイリッシュなデザインが魅力的なパナソニックの掃除機です。スリムな設計を採用しているため、省スペースに収納しやすいのが魅力。見た目を重視する方におすすめです。

掃除する場所によって持ちやすい位置に変えられる「ロングハンドル」や、ばたつきを抑える「ローポジションホース」を搭載しているのもポイント。また、髪の毛やペットの毛がからみにくい「からまないブラシ」を備えており、お手入れの手間を軽減できます。

パナソニック(Panasonic) 紙パック式掃除機 MC-PJ210G

軽さとパワーを両立しているコード式の掃除機です。本体重量2.8kgと軽量ながら、吸込仕事率最大570Wの強力なパワーを発揮できるのが特徴。広い部屋をしっかり掃除するメイン掃除機としておすすめのモデルです。

微細なハウスダストを検知する「クリーンセンサー」を搭載しているのもメリット。ゴミのある場所を赤色の点滅で知らせて、ゴミの取り残しを軽減できます。

また、ペダルを踏むだけでヘッドを取り外せる親子ノズルも便利。パイプの先は子ノズルになっており、高い場所やすき間を掃除する際に役立ちます。

パナソニック(Panasonic) 紙パック式掃除機 MC-PJ21G

モーター搭載のパワーノズルを採用している、パナソニックの掃除機です。モーターの働きにより、力を入れずに狭い場所でもスムーズに掃除しやすいのが特徴。吸込仕事率最大600Wのハイパワーとあいまって、パワフルに掃除できるモデルを求めている方におすすめです。

床上30cmに浮遊するハウスダストをキャッチしやすい「エアダストキャッチャー」を搭載しているのもポイント。ノズル上方向からの吸気・集じんにより、床上の微細なゴミをきれいにします。

「壁ぎわ集じん」で壁ぎわのゴミをしっかりと掃除できるのもメリット。ノズルが床面から離れると運転を停止して、無駄な電力消費を抑えやすいのが魅力です。

パナソニック(Panasonic) 電気掃除機 MC-PB6A

紙パック式を採用した、軽量かつコンパクトな掃除機です。ゴミがたまったらそのまま捨てるだけと、お手入れしやすいモデルを求めている方におすすめ。細かいゴミが舞い上がりにくく、衛生的に使えます。

電源コード式を採用しており、吸込仕事率最大470Wのハイパワーを実現しているのもメリット。また、フロントハンドルとスライド伸縮延長管を組み合わせているため、快適な掃除をサポートできます。

パナソニック(Panasonic) 業務用掃除機 MC-G6000P

キャニスタータイプの業務用掃除機です。標準モードで吸込仕事率380Wのハイパワーを備えているほか、高い耐久性を備えているのもポイント。オフィスやビル内など、広い場所を掃除したい場合におすすめです。

紙パックと布パック兼用の2WAY方式で、用途に合わせて使えるのもメリット。また、ワイド床用ノズルとすき間ノズルが標準で付属しています。

パナソニック(Panasonic) 肩掛けタイプ セカンドクリーナー MC-K10P

肩掛けと手持ちの両方で使える、キャリングスタイルの紙パック式掃除機です。階段まわりや高い場所を掃除したいときに活躍するアイテム。キャニスタータイプでは掃除しにくい場所用など、セカンドクリーナーとしてもおすすめです。

ノズル・延長管・ホースを本体に収納した状態で保管できるのもメリット。また、「ひとふきノズル」と「一般床用ノズル」が標準で付属しているのも嬉しいポイントです。

パナソニック(Panasonic) ふとんクリーナー MC-DF500G

ふとんの掃除に特化した、パナソニックのふとん掃除機です。紙パック式を採用しているため、ゴミ捨ての際にホコリなどが舞い上がりにくいのがメリット。衛生面を重視する方におすすめです。

「クリーンセンサー」を搭載しており、目に見えないダニのフンなどを検知して知らせるのもポイント。また、「ビートブラシ付きスムースパワーノズル」を備えているので、薄いシーツの上などでもスムーズに掃除できます。

パナソニックの掃除機おすすめ|ロボット

パナソニック(Panasonic) 床拭きロボット掃除機 ローラン MC-RM10

回転式ローラーを搭載している、パナソニックのロボット掃除機です、雑巾がけのようにフローリングを掃除できるのが特徴。また、から拭き対応のドライモードと、水拭きのウエットモードを用途に合わせて使い分けられるのもメリットです。

ウエット・ドライ兼用のモップを備えており、洗って繰り返し使えるのもポイント。ランニングコストを抑えたい方にもおすすめです。

パナソニック(Panasonic) ロボット掃除機 ルーロ MC-RSF700

独自の三角形デザインを採用した、パナソニックのロボット掃除機です。部屋の隅々までブラシが入りやすく、左右に首を振りながらゴミをかき出すのが特徴。ゴミのたまりやすい場所をしっかり掃除できるモデルを求めている方におすすめです。

360°レーザーセンサー・超音波センサー・赤外線センサーの3種類のセンサーを搭載しており、障害物を検知するのもポイント。大切な家具などの傷付きを軽減できます。

パナソニック(Panasonic) ロボット掃除機 ルーロ MC-RSF1000

室内全体を検知する「360°レーザーセンサー」搭載している、パナソニックのロボット掃除機です。すばやく間取りや障害物の場所を正確に把握するのが特徴。作成したマップ上をすべて走行する仕組みのため、掃除の手間を省きたい方におすすめです。

段差のあるマットやラグをスムーズに乗り越える「アクティブリフト」を搭載しているのもポイント。最大2.5cmの段差を乗り越えられるので、毛足の長いじゅうたんの上などもしっかり走行できます。

専用アプリ「RULOナビ」でスマホと連携できるのもメリット。掃除後に「ゴミマップ」でゴミのたまりやすい場所を確認できるほか、掃除するエリアと掃除したくないエリアを最大8カ所まで登録できるのが便利です。

パナソニックの掃除機の売れ筋ランキングをチェック

パナソニックの掃除機のランキングをチェックしたい方はこちら。