ゴミをたくさん吸っても吸引力が落ちにくい「サイクロン掃除機」。本来の吸引力が持続しやすいため、時短で掃除を終わらせたい方におすすめです。スティック型・キャニスター型・ハンディ型があり、製品によって吸引力や機能も異なるので、どれを選べばよいのか迷う方も多いでしょう。

そこで今回は、おすすめのサイクロン掃除をランキング形式でご紹介。選び方のポイントを参考に、ぜひ用途に合うモノを見つけてみてください。

サイクロン掃除機とは?

By: panasonic.jp

サイクロン掃除機とは、吸い込んだゴミと空気を遠心力によって分離し、ゴミだけをダストカップに溜める方式を採用した掃除機です。

吸い込んだ空気から大幅にゴミを取り除いた状態でフィルターに通すため、フィルターが目詰まりしにくく、吸引力の低下を軽減できるのがメリット。また、細かいゴミやホコリまでしっかり分離できるモノであれば、排気の汚れやニオイも軽減できます。

サイクロン式と紙パック式の違い

By: amazon.co.jp

サイクロン式は集塵部にダストカップを、紙パック式は紙パックを用いているのが大きな違いです。サイクロン式は、ゴミを捨てればダストカップを再利用できるため経済的。フィルターが目詰まりしにくく、吸引力が長持ちするのもメリットです。ただし、ゴミ捨ての際にホコリが立ちやすいほか、定期的にフィルターをお手入れする手間がかかります。

一方で、紙パック式は紙パックごと取り出してゴミ箱へ捨てられるのでお手入れが簡単。フィルターのお手入れも不要です。しかし、フィルターが目詰まりしやすく、吸引力の低下を抑えるには紙パックを頻繁に交換する必要があります。

ゴミ捨てとお手入れの手軽さを求める方は紙パック式、吸引力の持続性と経済性を重視する方はサイクロン式を検討してみてください。

紙パック式掃除機について詳しく知りたい方はこちら

サイクロン掃除機の選び方

コードレスかコード式か

By: panasonic.jp

バッテリーから電力を供給する「コードレス」は、場所を気にせず使えるのがメリット。コンセントにコードを差す手間がなく、必要なときにサッと使えます。また、コードが邪魔にならず取り回しがよいため、障害物が多い場所や狭い部屋での使用におすすめです。

ただし、充電がなくなると使えないのがデメリット。気になる場所を短時間で集中的に掃除したい場合に適しています。

一方、コンセントから給電する「コード式」は、時間を気にせずに使えるのが利点。コンセントに差すだけでいつでも使えます。バッテリーを充電する必要がないため、充電を忘れてしまいがちな方におすすめです。

ただし、コンセントが遠い場所やコードが引っかかりやすい場所での使用には不向き。遠くに移動するたびにコンセントを差し替える手間がかかるので、その点は留意しておきましょう。

掃除機のタイプで選ぶ

スティック型

By: jp.sharp

スティック型は、まっすぐなパイプにヘッドと本体が付いているのが特徴。パイプの上端にハンドルが付いており、片手で握ってヘッドを動かします。本体が邪魔になりにくく、取り回しがよいのがメリットです。

軽量なモノが多く、片手でも楽に持ち上げられるため、高い場所を掃除したい方や階段での移動が多い方におすすめ。また、スリムかつコンパクトな形状なので、省スペースで収納できます。

なお、キャニスター型と比較して、手元に負担がかかりやすいのが難点。本体が重すぎないかはどうかは事前に確認しておきましょう。

キャニスター型

By: jp.sharp

キャニスター型は、本体に車輪が付いており、床に転がしながら移動させるタイプです。本体が大きく重さがあるモノでも、手元にかかる負担が小さいのがメリット。大きなモーターを搭載できるため、高い吸引力を謳うモデルが多く販売されています。

なお、本体とホースが邪魔になりやすく、小回りしにくいのがデメリット。狭い部屋よりも広いリビングの掃除におすすめです。

ハンディクリーナー

By: panasonic.jp

スティック型をさらにコンパクトにしたタイプが「ハンディクリーナー」です。直接本体にハンドルやノズルが付いており、片手で本体を持ち上げながら操作します。

基本的に軽量かつ小型に設計されているため、楽に持ち上げやすいほか、取り回しも良好。デスクの上や車内、棚の上など、狭くて障害物が多い場所の掃除におすすめです。なお、ダストカップの容量が小さいモノが多く、気になるゴミのみを吸い取りたい方にも適しています。

フィルターの有無をチェック

By: jp.sharp

サイクロン掃除機には、集塵部にフィルターが付いているタイプとフィルターがない「フィルターレス」タイプの2種類があります。

集塵部にフィルターがある場合、ブラシを使ってフィルターに付着したホコリを落としたり、定期的に洗浄したりと手間がかかるのが難点。一方で、フィルターレスはフィルター自体がないため、フィルターのメンテナンスが必要がなく、簡単なお手入れでランニングコストを抑えることができます。

ただし、フィルターレスのサイクロン掃除機は、ラインナップが少なく、本体の価格が高め。選ぶ際はフィルターの必要性とランニングコストのバランスを考慮して判断するようにしましょう。

重さをチェック

By: jp.sharp

掃除のたびに手や腕が疲れてしまうと、掃除をするのが面倒になってしまいます。高い場所や広範囲を掃除する機会が多い方は、掃除機の軽さに注目して選びましょう。

スティック型なら1~2kg、キャニスター型なら2~3kg、ハンディ型なら1kg前後がおすすめ。持ち上げたり、移動させたりする際に、手元にかかる負担が少なく済みます。

なお、スティック型やハンディ型の場合、ノズルと本体の両方の重さが手元にかかるため、本体重量だけでなく、本体とノズル、バッテリーなども含めた重量を確認しておくのが重要です。

サイクロン掃除機のおすすめメーカー

ダイソン(dyson)

By: dyson.co.jp

「ダイソン」は、イギリスに本社を構えるサイクロン掃除機が人気のメーカー。スティック型・キャニスター型・ハンディ型を含め、豊富なラインナップを展開しています。

高効率サイクロンにより、高い吸引力を実現しているのが特徴。パワフルながら静音性が高いほか、クリーンな排気にもこだわって設計されたモデルも多く、掃除機の機能だけでなく、使いやすさも充実しています。吸引力とクリーンな排気にこだわりたい方はチェックしてみてください。

日立(HITACHI)

By: hitachi.co.jp

「日立」は、1910年に創業した日本の総合電機メーカー。「優れた自主技術・製品の開発を通じて社会に貢献する」という企業理念をかかげており、便利で使いやすい機能が充実した家電製品を幅広く展開しています。

サイクロン掃除機では、コンパクトかつシンプルな形状が特徴的なスティック型と、軽量なキャニスター型を展開。押しても引いてもゴミを吸い取れる「パワフル スマートヘッド」などが便利です。部屋中をしっかり掃除できる掃除機を探している方はチェックしてみてください。

シャープ(SHARP)

By: jp.sharp

「シャープ」は、1912年に創業した日本の電機メーカーです。オーディオ機器や生活家電、キッチン家電など、幅広い製品を取り扱っています。

サイクロン掃除機では、軽さと高い吸引力を両立させた「ラクティブ エア」シリーズを展開。なかでは、バッテリーを2個付属したコードレスタイプもあります。交互に使えば長く運転できるため、広い部屋を掃除したい方におすすめです。

東芝(TOSHIBA)

By: toshiba-lifestyle.co.jp

「東芝」は、1939年に発足した日本の総合電機メーカーです。冷蔵庫や洗濯機、エアコンなどの生活にかかわる家電を多く取り扱っています。

サイクロン掃除機では、お手入れの手間を軽減できるフィルターレス採用モデルをラインナップ。また、ゴミ捨て時のホコリの舞い上がりを抑えるゴミ圧縮機能など、お手入れのしやすさが充実しているのが魅力です。お手入れが楽にできる掃除機を探している方はチェックしてみてください。

サイクロン掃除機のおすすめ|コードレス

第1位 ダイソン(dyson) Dyson Digital Slim Fluffy Pro SV18 FF PRO

軽量ながらパワフルな吸引力

毎分最大120000回転する「Dyson Hyperdymiumモーター」により、高い吸引力を実現したサイクロン掃除機です。11個のサイクロンにより、細かいゴミもしっかり分離し、きれいな排気を排出します。

ヘッドのブラシはモーターで回転し、床や壁際のゴミをかき取ることが可能。静電気を抑えるカーボンファイバーと、ソフトなナイロンの組み合わせにより、大きなゴミから小さなホコリまで掃除できるのが魅力です。多彩なツールも付属しています。

予備バッテリー付きで、どちらも使えば最大80分と長く使用可能。複数の部屋を一度に掃除したい方におすすめです。また、クリアビンはスムーズに開閉するので、手を汚さずにゴミを捨てられるのもポイント。ブラシ・クリアビン・フィルターなどは丸洗い可能で、衛生的に使えます。

第2位 日立(HITACHI) パワーブーストサイクロン PV-BH900H

壁際のゴミも効率的に吸い取る

効率的にゴミを吸い取るサイクロン掃除機です。パワフルスマートヘッドは、押すだけでなく引くときも吸引できるため、ゴミの取り残しを軽減。また、「きわぴた構造」により、壁際のゴミもきれいに吸い取れます。

ミニパワーヘッド・2WAYすき間ブラシ・スマートホースなどツールを使い分けることで、床だけでなく高い場所や狭い場所、ソファの上などの掃除にも対応。1台で家中のさまざまな部分を掃除できます。

さらに、ゴミを圧縮できるため、ゴミ捨ての頻度を抑えたい方におすすめ。ゴミ捨ての際は、本体のレバーを引くだけなので、手が汚れず衛生的にできるのも魅力です。

第3位 東芝(TOSHIBA) コードレスクリーナー VC-CL1700

フィルターレスサイクロン構造採用で、楽にお手入れできる

集塵部にフィルターのない「フィルターレスサイクロン構造」を採用したサイクロン掃除機。お手入れが容易でありながら、目詰まりの原因となる微細なゴミはサイクロン部でしっかりと分離されるので、吸引力が長く続くのが特徴です。

自走式の「ラクトルパワーヘッド」により、なめらかに動かせるのもポイント。また、「ゴミ残しまセンサー」付きで、ゴミの有無に合わせて吸引パワーが自動で調節されるのも魅力です。

ダストカップに入ったゴミは強い気流により圧縮されるため、ゴミを捨てる際のホコリ立ちを軽減。楽にお手入れしたい方におすすめです。

第4位 パナソニック(Panasonic) コードレススティック掃除機 パワーコードレス MC-SB51J

微細なゴミを検知する「クリーンセンサー」により、ゴミの取り残しを対策できるサイクロン掃除機。花粉やハウスダストが気になる方におすすめです。また、スティック時の重量が1.6kgと軽量ながら、吸込仕事率が約20~100Wと高めなのも魅力。ハイパワーでゴミをしっかり吸い取ります。

前方が薄めに設計されたパワーノズルにより、壁際のゴミも掃除可能。さらに、V字形状のブラシが、ゴミを中央に寄せてゴミの取り残しを軽減します。畳やフローリング、カーペットなども掃除できるので、さまざまな床を掃除したい方は、チェックしてみてください。

第5位 シャープ(SHARP) RACTIVE Air コードレススティック掃除機 EC-AR5X

本体・バッテリー・パイプ・吸引口を含めた重量が1.2kgと軽量で、楽に持ち上げられるサイクロン掃除機。小回りがきくヘッドを採用しており、狭い場所や障害物の多い部屋の掃除にぴったりです。6cmのすき間に入る設計なので、ソファなどの下のホコリやゴミも吸い取れます。

ハンドルに「グリップセンサー」を搭載し、握っている間だけ運転する仕様なのもポイント。少し手を離すときに、毎回スイッチを切り替える手間がなく便利です。無駄な運転を省くことで、節電にもつながります。

バッテリー1個で、弱運転なら最長約50分の連続使用が可能。時間をかけてゆっくり掃除したい方はチェックしてみてください。

サイクロン掃除機のおすすめ|コード式

第1位 ツインバード工業(TWINBIRD) サイクロンスティック型クリーナー TC-E181

自立式で、場所を問わずに本体を立てて置けるサイクロン掃除機。掃除中でもすぐに手を休められるほか、省スペースで収納できるのがメリットです。

本製品は、小回りが効くハンディとしても使える2WAY仕様。階段や家具の上のゴミをスムーズに吸い取れるので便利です。また、サークル形状のハンドルを採用し、力に自信がない方でも握りやすいように設計されています。

ダストケースに入ったゴミは、ワンタッチで捨てることが可能。ダストケースとフィルターは水洗いでき、衛生的に使用できます。使いやすさが充実した掃除機を探している方はチェックしてみてください。

第2位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) サイクロンスティッククリーナーノーマルヘッド SCA-110

スタイリッシュでスッキリとしたデザインが魅力のサイクロン掃除機。壁に立てかけやすく省スペースで収納できるため、一人暮らしのワンルームにもおすすめです。

2段遠心分離によりゴミをしっかり分離するのがポイント。吸引力が持続し、より時短を意識した掃除ができます。また、集塵容量は0.5Lと大きめなので、ゴミが多いフロアの掃除に便利。時間を気にせず使えるコード式で、一度に部屋中のゴミを吸い取りたい方にも適しています。

また、サイクロン部とダストカップが取り外せるのもポイント。ゴミ箱の上で開ければ、手を汚さずにゴミを捨てられます。さらに、定期的なお手入れにより、吸引力を長く持続させることが可能です。

第3位 山善(YAMAZEN) スティック&ハンディクリーナー ZC-SS24

軽くて使いやすいシンプルなサイクロン式掃除機。スティックにもハンディにもなる2WAY仕様で、汎用性が高く、部屋中を掃除できます。

フロアノズルは床に沿いやすいように設計されているため、ベッド下の掃除も簡単。すき間ノズルを取り付ければ、狭い家具のすき間や壁際などのゴミも吸い取れます。

集塵部は分解しやすいシンプル形状で、楽にお手入れ可能。フィルターとダストケースは水洗いできるため、きれいに保てます。

第4位 パナソニック(Panasonic) スティックタイプ掃除機 MC-SU120A

すき間用ノズルを本体に収納できるサイクロン式掃除機。ハンドルの先端にすきま用ノズルが付いており、ボタンを押しながらハンドルとノズルを引き出す仕組みです。必要なときにサッと取り出せるため便利に使えます。

また、吸込仕事率260Wと吸引力が高いので、効率よく掃除したい方にぴったり。ダブル分離方式によりしっかりゴミを分離するため、吸引力が落ちにくく快適に掃除できます。

第5位 シロカ(siroca) モップ付きスティッククリーナー SV-M251

ゴミを吸い取った後に、拭き掃除もできる便利なサイクロン掃除機。マイクロファイバーモップにより、床に付着したゴミなどを拭き取れます。また、市販のドライシートやウエットシートも使えるため、さまざまな汚れに対応できるのが魅力です。

さらに、ヘッドやスティックなどを含む重量が約1.9kgと軽いのも魅力。階段での移動が多い方におすすめです。

ハンディとしても使えるので、狭い場所や高い場所の掃除も可能。布団ノズルを取り付ければ、寝具もお手入れできます。多機能な掃除機を探している方はチェックしてみてください。

サイクロン掃除機のおすすめ|キャニスター

第1位 ダイソン(dyson) V4 Digital Absolute サイクロン式掃除機 CY29 ABL

「Ballテクノロジー」と「セルフライティング機能」により、障害物の多い場所でもスムーズに移動しやすいサクロン掃除機。倒れても自然に起き上がるため、楽に移動することが可能です。また、360°回転する可動式ハンドルを採用し、手元にかかる負担を軽減。取り回しやすく、掃除がはかどります。

毎分最大110000回転する「ダイソン デジタルモーターV4」を搭載し、高い吸引力を実現しているのもポイントです。さらに、カーボンファイバーブラシとナイロン製のブラシを組み合わせた「ダイレクトドライブクリーナーヘッド」も魅力。カーペットのゴミもかき出して吸い取れます。

第2位 日立(HITACHI) サイクロン掃除機 CV-SP300H

約40~300Wの高い吸引力とモーター駆動式のヘッドにより、フローリングやカーペットの隙間に落ちたゴミもしっかり吸い取るコード式サイクロン掃除機です。自走機能付きのため、軽い力でスムーズに掃除できます。

また、ヘッド部にLEDが付いており、家具の下をしっかり掃除したい方におすすめ。床に沿う設計なので、奥まで届きやすいのが魅力です。押すときも引くときも吸引できるため、少ない動きでゴミをきれいに吸い取れます。

微細なゴミが逃げにくい高気密モーターケースを採用し、排気がきれいな点もメリット。さらに、ダストケースに入ったゴミは、ボタンを押すだけで簡単に捨てられます。

第3位 パナソニック(Panasonic) サイクロン式掃除機 プチサイクロン MC-SR38K

楽にお手入れできるコード式サイクロン掃除機です。フィルターレス構造のサイクロン部に独自の「ダブルメタル」を採用し、ゴミが付着しにくくお手入れの手間を軽減できます。定期的な分解や洗浄が面倒と感じる方におすすめです。

また、微細なゴミを検知する「クリーンセンサー」を搭載し、床の汚れをしっかり掃除可能。吸込仕事率約60~200Wの高い吸引力により、すばやくきれいにできます。

第4位 シャープ(SHARP) コードレスキャニスターサイクロン掃除機 EC-AS710

場所を選ばず、長時間使えるコードレスタイプのサイクロン掃除機。バッテリーを2個付属し、弱モードで交互に使うことで、最長約60分連続運転できます。コンセントが遠い場所や、コードが引っかかりやすい場所で使用したい方などにおすすめです。

本体・バッテリー・ホース・パイプ・吸込口を合わせた重量が2.9kgと軽量で、階段も楽に移動できます。ノズルを高く持ち上げて高い場所を掃除しやすいのもメリットです。

吸引口が自立する仕様で、掃除中に手軽に手を離すことが可能。自立中は自動的にスタンバイ状態になり、運転を停止するので便利です。ほかにも、軽い力でかけられる「自走パワーアシスト」など、便利に使える機能が充実しています。

第5位 東芝(TOSHIBA) サイクロン式掃除機 トルネオミニ VC-CF30

「自走式カーボンヘッド」により、軽く押すだけで前進するコード式サイクロン掃除機。広いフロアを楽に掃除したい方におすすめです。吸込仕事率は約20~290Wとハイパワー。効率よくゴミを吸い取れます。また、「2WAYブラシ」を付属し、ソファの継ぎ目や家具のすき間の掃除も簡単です。

強力な気流により、サイクロンで分離されたゴミをしっかり圧縮。ホコリが立ちにくいので、気楽にゴミを捨てられます。さらに、帯電防止加工がされており、ホコリの付着も軽減可能です。価格が安いので、コスパに優れた掃除機を探している方はチェックしてみてください。

サイクロン掃除機のおすすめ|ハンディ

第1位 ダイソン(dyson) ハンディクリーナー Dyson V7 Triggerpro HH11-MH PRO

多彩なツールを付属し、掃除したい場所に合わせて使い分けられるコードレスタイプのサイクロン掃除機。寝具のお手入れに便利なフトンツール、キーボードの溝を掃除しやすいミニソフトブラシ、狭い場所も届きやすい延長ホースなどがセットとなっているのが特徴です。

また、毎分最大107000回転する「ダイソンデジタルモーター V7」によるパワフルな吸引力も魅力。付属のカーチャージャーを使えば、車内で充電をすることも可能です。車内を掃除したい方はぜひチェックしておきましょう。

第2位 ツインバード工業(TWINBIRD) パワーハンディークリーナー ハンディージェットサイクロンEX2 HC-EB53GY

ハンディながら、吸込仕事率200Wの高い吸引力を実現したコード式サイクロン掃除機。ゴミをしっかり吸うため、時短で掃除を終わらせたい方におすすめです。

また、5種類のアタッチメントを使い分けることで、床や高い場所の掃除も可能。約0.7Lと集塵容量が大きいため、ゴミが多い場所の掃除にぴったりです。さらに、ダストボックスに入ったゴミはワンタッチで簡単に捨てられます。

第3位 フカイ工業(FUKAI) サイクロンクリーナー ハンディースタンディング ウェット&ドライクリーナー FVC-919

幅11×長さ40.5×高さ14cmとコンパクトで、収納しやすいコードレスタイプのサイクロン掃除機です。また、本体重量が0.88kgと軽く、取り回しも良好。サイクロンにより吸引力が持続し、掃除がはかどります。

固形のゴミだけでなく、ジュースなどの液体も吸い取れる乾湿両用なので、コップを倒しやすい小さな子供がいる家庭におすすめ。コンパクトながら集塵容量が0.6Lと大きく、一度にたくさん吸い込めます。

第4位 シャーク(Shark) 充電式サイクロンハンディクリーナー CH901J

ドックに置くだけで簡単に充電できるサイクロン掃除機。充電ドックに置いておけば、掃除をしたいときにサッと使えるので便利です。

付属の隙間ツールを取り付ければ、車のシートなど、狭い隙間のゴミまでしっかり吸い取ることが可能。ダストカップのゴミは、ワンタッチで捨てられるため簡単です。また、ダストカップとフィルターは洗えるので清潔に使えます。

第5位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ハンディクリーナー IC-H404

お手頃価格なコード式サイクロン掃除機です。約1.3kgと軽いので、掃除したい場所に楽に持ち運べるのがポイント。すきまノズルと小型ブラシのアタッチメントを使い分ければ、家具の隙間やソファの上もしっかり掃除できます。

カップとフィルターは水洗いできるので、清潔に使えるのも魅力。衛生面に気を付けたい方におすすめです。

サイクロン掃除機のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

サイクロン掃除機のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。