掃除機において今や主流とも言える「サイクロン掃除機」。吸引力の高さはもちろん、従来からある紙パック式と異なりゴミをこまめに捨てられるので、お手入れの手間が少ないのも特徴です。

そこで今回は、サイクロン掃除機のおすすめ製品をピックアップ。キャニスタータイプとスティックタイプに分け、それぞれランキング形式でご紹介します。購入を検討している方は、ぜひ自分の用途に合う1台を見つけてください。

サイクロン掃除機とは?

By: amazon.co.jp

サイクロン掃除機は、吸引した空気を回転させて遠心力によりゴミを分離する掃除機のことをいいます。ゴミは本体のダストカップに溜まり、空気は掃除機の外へ排出されるという仕組みです。

以前はサイクロン掃除機といえばダイソンの製品が有名でしたが、最近では各メーカーから展開されているので、さまざまなバリエーションの中から自分に合った製品が選べます。

サイクロン式と紙パック式の違い

By: amazon.co.jp

サイクロン式と紙パック式の大きな違いは「紙パック」の有無。サイクロン式は紙パックがないので、ゴミやホコリはすべてダストカップに溜まります。一方、紙パック式はゴミやホコリを紙パックに集めるのが特徴です。

紙パック式の場合、紙パックにゴミが溜まると交換するまで吸引力が落ちてしまいますが、サイクロン式はこまめにゴミを捨てられるため吸引力を持続できます。

サイクロン掃除機のメリット・デメリット

サイクロン掃除機のメリット

By: irisohyama.co.jp

サイクロン掃除機は紙パックを使わないので、コストを抑えられるのがメリット。紙パック式の場合、紙パックにゴミが溜まると交換をする必要がありますが、サイクロン掃除機はダストカップに溜まったゴミを捨てるだけなのでお手入れが簡単です。

また、サイクロン掃除機はその仕組み上、空気がゴミの中を通過しないので排気される空気もきれいです。

サイクロン掃除機のデメリット

By: irisohyama.co.jp

フィルターを搭載しているサイクロン掃除機の場合、目詰まりが起こるので定期的に掃除をしないと吸引力に影響が出てしまいます。ダストカップからゴミを捨てるときに、ゴミやホコリが舞ってしまうことがあるのもデメリットです。

サイクロン掃除機の種類

キャニスタータイプ

By: irisohyama.co.jp

キャニスタータイプの掃除機は、本体がホースで繋げられている昔ながらのタイプ。吸引力が高いのでゴミやホコリをパワフルに吸えるほか、ダストカップの容量が比較的大きいのも特徴です。

ただし、掃除機本体のサイズが大きくなるので取り回しにくさを感じてしまうことがあります。置き場所も取るので、収納する際は余裕のあるスペースを用意するようにしましょう。

スティックタイプ

By: amazon.co.jp

スティックタイプは本体とヘッドが一体になっているスマートなタイプ。吸引力やダストカップの容量はキャニスタータイプに比べると劣りますが、場所を取らないので収納スペースが限られていても安心です。取り回しがよいため狭い部屋でもスムーズに掃除できます。

サイクロン掃除機のフィルタータイプ

フィルターがあるタイプ

By: amazon.co.jp

フィルターがあるサイクロン掃除機は、使用しているうちにフィルターが汚れて吸引力が落ちてきます。そのためこまめなお手入れが必要ですが、その代わりフィルターがあることで排気を比較的きれいに保てるのが特徴です。

価格に関してはフィルターがあるサイクロン掃除機の方が安い傾向にあります。価格を重視する方や、排気のきれいさを重視する方におすすめのタイプです。

フィルターレスタイプ

By: amazon.co.jp

フィルターレスタイプのサイクロン掃除機はお手入れがラクなので、フィルターの掃除をするのが面倒という方におすすめです。また、フィルターレスタイプは吸引力が落ちにくい傾向にあるのも特徴。ただし、価格はやや高くなりがちなので、予算に余裕のある方に適しています。

サイクロン掃除機の選び方

お手入れ・メンテナンスのしやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

サイクロン掃除機は使用頻度の高い家電なので、お手入れのしやすさが重要です。フィルターレスタイプであれば掃除や交換の手間が軽減されるので、日々のお手入れがラクになります。

お手入れのしやすさを重視する方には、ダストカップを水洗いできるサイクロン掃除機もおすすめ。溜まった細かい汚れを水で洗い流せば、清潔な状態をキープできます。

吸引力で選ぶ

By: amazon.co.jp

サイクロン掃除機の吸引力は「吸込仕事率」という数値で確認可能。吸引仕事率が高いモノほど、短時間でゴミを強力に吸い取ってくれる傾向にあります。ただし、同じ吸込仕事率でもフィルターの有無によって吸い込む力が異なるので要注意。吸引力を重視する方は必ずこの数値を確認しておきましょう。

ただし、吸引力が高くなるほど床に強く吸い付くため、小回りが効かなくなるというデメリットもあります。この点も考慮した上で、自分の用途に最適な吸引力のサイクロン掃除機を探してみてください。

収納のしやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

収納のしやすさでサイクロン掃除機を選ぶ場合は、断然スティックタイプのモデルがベスト。キャニスタータイプと比べて本体がスリムなので、狭い場所でも収納できます。おしゃれなデザインのスティックタイプであれば、見えるように置いておくと部屋に映えるためおすすめです。

付属品(アタッチメント)の豊富さで選ぶ

By: amazon.co.jp

付属品の多さでサイクロン掃除機を選ぶのもよいでしょう。狭い場所を掃除するための細長いノズルや、布団のダニを除去してくれるヘッドがあればより便利です。用途に応じて必要な付属品が付いているモデルをチョイスしてみてください。

コードの有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

サイクロン掃除機の種類はコードの有無でも分けられます。スティックタイプに多いコードレスタイプは、充電が必要で連続使用時間にも限りがありますが、コードのわずらわしさがないので掃除も簡単。充電を気にせず使用したい場合はコードがあるタイプのサイクロン掃除機を選ぶとよいでしょう。

サイクロン掃除機のおすすめメーカー

ダイソン(dyson)

By: amazon.co.jp

「吸引力の変わらない、ただひとつの掃除機」というキャッチフレーズで有名なダイソン。サイクロン掃除機の代表格ともいえるメーカーです。機能性に優れているのはもちろん、デザインも美しく根強い人気を集めています。価格は少々高めですが、それに見合う質の高いモデルを揃えているのが特徴です。

東芝(TOSHIBA)

By: amazon.co.jp

日本の家電メーカーである東芝もサイクロン掃除機を展開しています。その中のトルネオシリーズは、独自の技術で吸引力・吸引持続力を向上させており、快適に掃除できるのが特徴。さまざまな価格の製品が用意されており、多くのユーザーのニーズに合わせたモデルを揃えているのが魅力です。

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.jp

パナソニックはコンパクトなキャニスタータイプのサイクロン掃除機を展開していて、機能性と持ち運びやすさを両立させているのが特徴です。スタイリッシュかつシンプルなデザインのモデルが揃っているので、飽きが来ずに長く使い続けられます。ハウスダストの撃退をサポートしてくれる機能が搭載されているのもポイントです。

サイクロン掃除機のおすすめ|キャニスタータイプ

フィルターレスのサイクロン掃除機

第1位 パナソニック(Panasonic) サイクロン掃除機 MC-SR36G-N

「ハウスダスト発見センサー」を搭載したサイクロン掃除機。約20ミクロンの微細なハウスダストを検知するとランプが点灯するので、目に見えないダニの死がいやフンなども見逃しません。ゴミを除去したらランプが消えて、きれいになったことを知らせます。

ダストボックスの内部はステンレスガードとメタルコーティングによる「ダブルメタル」を採用。ゴミの付着を抑えるので、お手入れの手間を減らせます。ゴミがたまったらワンタッチで捨てられるので、手が汚れず衛生的です。

アタッチメントは「ワンタッチ手元ブラシ」と「すき間用ノズル」が付属。子ノズルのヘッドにはLEDナビライト機能があり、低い角度で床を照らしてゴミが浮き上がって見えます。薄暗い場所や、家具の奥などの掃除に便利です。

ノズル部分を除いた本体サイズは幅23.8×奥行き32.7×高さ29.0cmで、重量は約2.6kg。キャニスタータイプですが、軽量で扱いやすいおすすめのサイクロン掃除機です。

第2位 ダイソン(dyson) Dyson Ball Animal+Fluffy CY25AF

豊富なアタッチメントが付属しているサイクロン掃除機。7種類のヘッドと2種類のホースで、本製品が1台あれば部屋のさまざまな場所を掃除できます。

メインの床用ヘッドは、ナイロンフェルトで覆われたフローリング用と、硬くて細いブラシが付いたカーペット用が付属。その他にも、テーブルや棚の掃除に便利な「カーボンファイバーソフトブラシ」や、ふとんのダニ対策に効果的な「フトンツール」などで、気になる汚れを除去できます。

丸みを帯びたデザインのボディは幅20.5×奥行き38.5×高さ25.0cmとコンパクトサイズで、重さが約2.75kgと持ち運びやすい設計。フローリングとカーペットの部屋があり、ふとんや家具も含めてきれいにしたいという方におすすめのサイクロン掃除機です。

第3位 東芝(TOSHIBA) サイクロン掃除機 トルネオミニ VC-C6(R)

軽量コンパクトでおすすめのサイクロン掃除機。本体サイズが幅22.0×奥行き29.5×高さ25.5cmのスタイリッシュなボディで、重量が約2.2kgと扱いやすい軽さです。本体は小さいですが、吸込仕事率が最大で290Wと十分な吸引力があります。

カーボン素材のヘッドは自走式で、力を入れなくても軽く押すだけでラクに前進。ヘッド部分のブラシは簡単に外せるので水で丸洗いができます。ヘッドが浮かずに延長管を床と平行になるまで倒せる「床ピタ設計」なので、約6.5cmの隙間があればベッドの下も掃除ができて便利です。

ボディカラーがグランレッドでスリムなデザインが特徴的なサイクロン掃除機。コンパクトでもパワフルな吸引力をお求めの方におすすめです。

第4位 シャープ(SHARP) サイクロン掃除機 EC-PX700-P

低価格で購入できるフィルターレスタイプのサイクロン掃除機。ダストカップとサイクロンのパーツを丸ごと水洗いができて清潔に保てます。

通常のサイクロンに加えて、8つの小型サイクロンが付いた「パラレルフローサイクロン」機能を搭載。強力な旋回気流を発生させて、髪の毛のような大きなゴミと微細なハウスダストを分離します。

本体サイズは幅21.5×奥行き35.0×高さ22.9cm、重量は2.9kg。メンテナンスの手間が省けるフィルターレスタイプで、おすすめの低価格サイクロン掃除機です。

第5位 三菱電機(MITSUBISHI) サイクロン掃除機 風神 TC-ZXG30P-W

「ブローはたきノズル」を搭載したサイクロン掃除機。ノズルの先端にマイクロファイバー製の「はたき」が装着し、手が届きにくい照明器具や棚の上などの高い場所でもしっかりと掃除できます

アタッチメントは他にも「アレルパンチふとんクリーンブラシ」「エアブローノズル」が付属。ふとん用のブラシは、「アレルパンチ植毛」がダニの死がいやフンなどを抑制します。

本体サイズは幅22.3×奥行き33.3×高さ27.0cm、重量は2.9kg。コンパクトでも吸込仕事率が最大200Wあるおすすめのサイクロン掃除機です。

フィルターありのサイクロン掃除機

第1位 シャープ(SHARP) サイクロン掃除機 EC-MS310-P

スリムでおすすめのサイクロン掃除機。本体の幅が約17.7cmなので、狭いスペースもラクに移動でき、使用しないときの収納にも便利です。

サイズがスリムでも吸込仕事率は最大300Wとハイパワー。「遠心分離サイクロン」構造でゴミと空気を強力に分離して、ゴミがフィルターに付着しにくくなっています。ゴミがたまったら手を汚さずにワンタッチで捨てられ、ダストカップとフィルターを丸ごと水洗いができて衛生的です。

床掃除用のヘッドにはファイバー製「拭き掃除ブラシ」を採用し、フローリングの微細なゴミも除去。さらに、掃除中にヘッドを床から約4秒間離すと自動で一時停止する「アイドリングストップ機能」を搭載し、消費電力を最大で44%削減できます。

アタッチメントは「ベンリブラシ」と「すき間ブラシ」が付属。小回りよく部屋中を掃除できるおすすめのサイクロン掃除機です。

第2位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) サイクロン掃除機 IC-C100TE

低価格で手軽に購入できるおすすめのサイクロン掃除機です。アタッチメントは床掃除用のフロアヘッドと隙間ノズルが付属。シンプルですが、タービンヘッドがカーペットの細かい粉じんを吸引し、ノズルでサッシや家具の隙間をきれいにできます。

延長パイプは長さを48.5~75cmの間で調節可能。使う方の身長に合わせて使いやすい長さに設定できます。本体サイズは幅24.0×奥行き34.1×高さ28.1cm、重量は約3.8kg。基本的な機能を搭載し、低価格でおすすめのサイクロン掃除機です。

第3位 日立(HITACHI) サイクロン掃除機 パワーブーストサイクロン CV-SC700-R

コンパクトでパワフルなサイクロン掃除機。吸込仕事率が最大で430Wあり、カーペットに落ちた髪の毛や細かいホコリを吸引します。パワーが強いですが運転音は54dBと抑えられて気になりません。

床掃除用のヘッドはブラシが回転する自走式。推進力を生むのでラクに掃除ができます。さらに、回転ブラシはワンタッチで取り外して水で丸洗いが可能。ブラシに絡んでしまった糸くずなどのゴミも簡単に取れます。

追加のアタッチメントは「ワイドブラシ」「パッとブラシ」「曲がるロング吸口」の3種類。手の届かない棚の上や狭いすき間もきれいにできて便利です。本体サイズは幅29.0×奥行き24.0×高さ33.6cm、重さが3.6kg。パワーがありながら運動音が抑えられたおすすめのサイクロン掃除機です。

第4位 パナソニック(Panasonic) サイクロン掃除機 MC-SR26J-W

ほぼA4サイズに収まるコンパクトボディのサイクロン掃除機。本体サイズが幅238×奥行293×高さ296mmで、重さも約2.9kgと軽量設計なので、家具の多い部屋でもラクに移動できます。

床用ノズルにもモーターを搭載し、少ない力で掃除が可能。さらに、「エアダストキャッチャー」機能が上部からも吸気し、床の掃除中に浮遊するハウスダストも逃しません。その他「すき間用ノズル」も付属。窓のサッシなどの狭い場所の掃除に使えます。

掃除中に床用ノズルを約5秒間床から離すと自動的に運転停止する「アイドリングオフ」機能で、電気代が節約できます。サイズが小さく、掃除の後の収納にも困らないおすすめのサイクロン掃除機です。

第5位 シャープ(SHARP) コードレスサイクロン掃除機 RACTIVE Air EC-AS700-N

部屋の中を自由自在に掃除ができる、コードレスのサイクロン掃除機。キャニスタータイプですが、本体から着脱式バッテリーを取り外して約80分間フル充電すれば最大で30分間の運転ができます。バッテリーは2個付属しているので充電が切れたら予備バッテリーと取り換えることで、約60分間の掃除が可能です。

本体サイズは幅20.4×奥行き39.0×高さ23.0cmで、重量が約1.8kgと軽量設計。コードレスのメリットを活かして、部屋から部屋への移動もスムーズです。

付属のアタッチメントは「ふとん掃除パワーヘッド」「2段伸縮すき間ノズル」「はたきノズル」「ベンリブラシ」の4種類。カーテンの高い場所や、棚の中などで効果的に使えます。ふとん用のヘッドは最大で毎分約10000回の高速振動する機能を搭載。ふとんに付着した花粉やハウスダストをたたき出して除去するので、アレルギー対策にも適しています。小回りよく部屋の掃除をしたいという方におすすめです。

サイクロン掃除機のおすすめ|スティックタイプ

第1位 ダイソン(dyson) V10 Fluffy SV12FF

最長60分間の運転が可能なサイクロン掃除機。3.5時間のフル充電で、バッテリー切れを気にせず部屋中の掃除ができます。本体サイズは幅25.0×奥行き24.5×長さ123.2cm、重さが約2.6kgと軽量設計。コンパクトですが毎分最大12万5千回転のモーターが強い吸引力を実現しています。

付属のアタッチメントは「ソフトローラークリーナーヘッド」「ミニ モーターヘッド」「コンビネーションノズル」「隙間ノズル」「ミニ ソフトブラシ」の5種類。カーペット、ふとん、ブラインドや家具の隙間など、場所によってそれぞれのパーツが適切に対応します。

スティックタイプですが、ハンディクリーナーに切り替えて車などの掃除も可能。コンパクトで高性能なおすすめのサイクロン掃除機です。

第2位 ツインバード工業(TWINBIRD) サイクロン掃除機 パワージェットサイクロン220 TC-EA36W

低価格でおすすめのスティック型サイクロン掃除機。安く購入できますが、吸引仕事率は最大で220Wのパワーがあります。電源は5mの電源コードから供給するので充電の必要がありません。

ノズルの先端だけでなく、ヘッドの上部にあるダストケースにも空気中のホコリを吸引する機能を搭載。掃除中に舞い上がってしまう小さなチリやゴミをキャッチします。

本体サイズは幅27.5×奥行き19.5×長さ105.0cm、重さが約3.4kg。ダストケースとフィルターは取り外して、丸ごと水洗いができるので衛生的です。立てかけると安定して自立するので、すっきりと収納可能。アタッチメントもすき間ノズルが付属し、低価格ですがメインとして十分に使える、一人暮らしの方にもおすすめのサイクロン掃除機です。

第3位 Proscenic P8 コードレスサイクロン掃除機

高機能で低価格なおすすめのサイクロン掃除機。アタッチメントが豊富で、「丸ノズル」「隙間ノズル」「ダストブラシヘッド」「フロアクリーナーヘッド」の4種類が付属。4時間のフル充電で約35分使用できるコードレスタイプなので、アタッチメントを取り換えれば部屋の中から車の中まで、さまざまな場所を掃除できます。

ゴミがたまったらワンタッチでごみを捨てられ、手を汚しません。ハンディクリーナーとしも使用できる1台2役でコストパフォーマンスに優れたサイクロン掃除機です。

第4位 日立(HITACHI) パワーブーストサイクロン コードレスクリーナー PV-BEH900

多彩なスタイルで掃除ができるサイクロン掃除機。3.5時間のフル充電で最大40分間の運転ができるコードレスタイプです。

床掃除用の「パワーヘッド」はLEDライトがフローリングを照らして小さなゴミを逃しません。「ミニパワーヘッド」はモーターを搭載し、回転するブラシがソファやふとんのゴミをかき出します。「ほうきブラシ」は棚やサッシの溝、「ハードブラシ」は硬いブラシで玄関マットなどの汚れの除去が可能。「マルチすき間ブラシ」では狭い隙間にも対応できて便利です。

スティックとして使うときのサイズは幅25.5×奥行き30.8×長さ101.2cm、重さが約2.1kg。「延長パイプ」と「スマートホース」も付いてくるので、1台あれば重宝するおすすめのサイクロン掃除機です。

第5位 アナバス(ANABAS) 2WAYサイクロン掃除機 SSC-100

低価格で2台1役のサイクロン掃除機。必要なときにすぐ取り出して手軽に掃除ができます。コード式なので充電の手間もかかりません。ダストカップは取り外して水洗いができるので、掃除後のメンテナンスもラクに行えます。

スティックを装着した状態のサイズが幅25.0×奥行き14.3×長さ106.7cm、重さが約1.5kgと軽量設計。掃除での負担を軽減します。「フロア用ヘッド」と「すき間ノズル」が付属するシンプルなセットなので、サブで使うサイクロン掃除機としておすすめです。

第6位 シロカ(siroca) スティッククリーナー SV-H101

こだわりのキッチン家電で知られるシロカが販売するスティックタイプのサイクロン掃除機。ハンドルが人間工学に基づいて設計され、持ちやすく掃除のときの体への負担を軽減します。充電式で、標準モードで約25分間、強モードでも約15分間の運転が可能。掃除中にバッテリー切れの心配が少なく、部屋の隅々まできれいにできます。

フロア用ヘッドにはLEDライトを搭載し、ソファの下などの暗い場所の掃除にも効果的です。隙間ノズルを取り付ければハンディクリーナーとして棚の中や、車の中などの掃除にも使えます。

専用スタンドにセットすればサイズが幅39.6×奥行き22.7×高さ78.0cmとコンパクト。使用後の収納スペースが少なくすむ、おすすめのサイクロン掃除機です。

サイクロン掃除機のAmazonランキングをチェック

サイクロン掃除機のAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。