製品ジャンルの多様化が進んでいる「掃除機」。最近は遠心力でゴミと空気を分離するサイクロン式が主流ですが、従来からある紙パック式も1度に溜められるゴミの量が多いので、根強い人気があります。

そこで今回は、紙パック式のおすすめ掃除機をご紹介。掃除機の購入を検討している方はもちろん、改めてサイクロン式との違いを確認したい方もぜひチェックしてみてください。

紙パック式掃除機のメリット

By: amazon.co.jp

紙パック式掃除機とは、吸い込んだゴミやホコリを本体にセットしている紙パックに集める方式の掃除機のこと。頻繁にゴミを捨てる必要がなく、紙パックを交換するのは月1程度で済むのがメリットです。

さらに、紙パックごと捨てられるので手を汚さずにゴミを処理できるのもポイント。また、サイクロン式と比べて低価格モデルもリリースされているため、よりリーズナブルな掃除機を探している方におすすめです。購入コストを抑えたいのであれば候補として検討してみましょう。

紙パック式とサイクロン式の違い

By: amazon.co.jp

サイクロン式は吸い込んだホコリを回転させて、ゴミと空気に分離することで、ゴミだけをダストカップに集める方式です。紙パックを捨てるだけでゴミ捨てが完了する紙パック式とは違い、ダストカップに直接ゴミが溜まるので、こまめにゴミを捨てる必要があります。

サイクロン式は紙パック式のように定期的なコストがかからないのがメリット。ただし、サイクロン式には排気フィルターが搭載されており、定期的な清掃が必須です。

そのほか紙パック式は、掃除機内が密封されており、吸引力に優れているのが特徴。ただし、ゴミが溜まってくると吸引力が落ちてしまうのが難点です。サイクロン式は、紙パック式に比べ吸引力が落ちづらく、パワーが持続するのがポイント。購入する際は、事前に違いを確認した上で購入を検討しましょう。

紙パック式掃除機の選び方

形状をチェック

吸引力に優れた「キャニスター型」

キャニスター型は、本体とグリップ部分がホースで接続されているのが特徴。グリップ部分が軽いので、取り回ししやすくスムーズに掃除できます。また、コンセントから電源を確保するキャニスター型は、運転時間を気にせずに使用できるところもメリットです。

コンパクトで場所を取らない「スティック型」

By: amazon.co.jp

スティック型は、コンパクトで場所を取らず、快適に掃除できるのが特徴です。以前はサブ掃除機として使われていましたが、最近は性能が上がってメイン掃除機としても十分使えるようになりました。

電源方式をチェック

バッテリーを気にせず使える「コード付きタイプ」

従来からある「コード付きタイプ」はコンセントから給電するのが一般的で、バッテリー切れを気にせずに掃除機を使い続けられるのが特徴。また、AC電源にはパワーがあるので、掃除機の吸引力が高めに設計されているのもポイントです。一方で、太くて長い電源コードを必要とするため、取り回しがしにくいというデメリットもあります。

ケーブルから解放される「コードレスタイプ」

By: amazon.co.jp

本体内部に充電式電池を内蔵し、バッテリー駆動するのが「コードレスタイプ」。持ち運びが容易なのはもちろん、最近は軽量かつスリムなモデルが数多くラインナップされているので、より手軽さが向上しているのが特徴です。一方で、バッテリー持続時間には制限があるほか、コード付きタイプの掃除機と比べると吸引力は低い傾向にあります。

重量をチェック

By: amazon.co.jp

掃除機はより軽量なモデルの方がストレスなくスムーズに継続して使い続けることができます。なお、サイクロン式と同じく、紙パック式もスティック型とキャニスター型に分かれており、前者の方がスリムで、使い勝手は良好です。

付属品をチェック

By: amazon.co.jp

通常の掃除に使うT字型のヘッドに加えて、細かい場所を掃除するための付属品があればより便利。狭い場所やソファのすき間などで使える細口ノズルは定番の付属アイテムです。

さらにハイエンドモデルになると、布団掃除用のヘッドを付属しているモデルや静電モップが付属した機種もあります。本体はもちろん、付属するパーツもしっかりチェックしておきましょう。

機能性をチェック

By: amazon.co.jp

掃除機は各社メーカーごとに独自の機能を備えているので、それが自身によって必要か否か、利便性を感じられるかどうかは事前にしっかりと見定めておきましょう。

例えば、ゴミを感知するセンサーを搭載するモデルはベッドの下や棚の上など、目視しづらい場所でもセンサーの力で残さずゴミを吸い取れます。

また、ヘッドが自動的に前進する「自走モーター」が装備されていれば、力を入れずにスイスイ掃除することが可能。なお、機能性に優れているモデルは高価な傾向にあるので、予算との兼ね合いは考慮しておきましょう。

紙パック式掃除機の人気メーカー

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

パナソニックは国内大手電機メーカー。掃除機においてはキャニスター型からコードレススティック型まで製品を取り揃えています。

見えにくいゴミを見つけ出す「ハウスダスト発見センサー」、T字型ノズルがI字型に早変わりしてノズル交換を不要にする「くるっとパワーノズル」など、利便性に優れているのが特徴。高性能な紙パック掃除機を探している方におすすめです。

三菱電機(MITSUBISHI)

By: amazon.co.jp

三菱電機は、多数のキャニスター型掃除機を販売している国内大手電機メーカーです。紙パック式掃除機の場合、1~2万円程度のリーズナブルなモデルを取り揃えているのが特徴。

長時間使用しても手が疲れないグリップを採用するなど、使い勝手に配慮されたモデルが多いので、コスパに優れた掃除機を探している方におすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

By: amazon.co.jp

アイリスオーヤマは、リーズナブルな価格帯の家電製品を多数販売している家電メーカー。1万円程度のエントリーモデルでも「ほこり感知センサー」などを搭載したモデルもあります。リーズナブルな価格の掃除機を探している方におすすめのメーカーです。

マキタ(MAKITA)

By: amazon.co.jp

マキタは日本の総合電動工具メーカー。掃除機においては業務用をメインとしていますが、最近は一般家庭にも普及しており、特にコードレス掃除機はリーズナブルな価格・シンプルなデザイン・軽量設計が支持され、人気を集めています。

紙パック式掃除機のおすすめモデル|コードレス

マキタ(MAKITA) 充電式クリーナ CL107FDSHW

マキタ(MAKITA) 充電式クリーナ CL107FDSHW

吸引力の高さと軽量であることが特徴の紙パック式掃除機。バッテリーを含めても重さはわずか1.1kgしかないので、片手でもラクに扱えます。本体サイズは長さ960×幅112×高さ150mmとスリムボディ。垂直に自立させられるので、収納時もスペースをとりません。

10.8Vのスライド式バッテリーを搭載しているので、小型ながらも力強い吸引力を発揮します。吸引の強さは3段階あり、ワンタッチで切り替え可能。連続で使用できる時間は、パワフルモードで約10分、強モードで約12分、標準モードで約25分です。ノズルの先端は床面にぴったり密着させられる形状なので、ソファーなど家具の下の掃除もスムーズに行えます。また紙パックを取り出す際も、ボタン1つでカバーを開閉できるので、ゴミ捨ても簡単です。

物置きなど薄暗い場所を掃除する際に便利なLEDライト付き。バッテリー容量が少なくなるとLEDライトが点滅して知らせます。充電にかかる時間は約22分とスピーディ。メインの掃除機としてはもちろん、2台目の掃除機としてもおすすめの1台です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) スティッククリーナー IC-SLDCP5

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) スティッククリーナー IC-SLDCP5

極細軽量が魅力のスティッククリーナーです。本体重量は約1.4kgですが、余計な力を入れなくてもヘッドが前へ進む仕様のため、実際に手元にかかる重さは430g程度。軽量であることに加えて、取り回しやすいコードレスタイプなので、毎日の掃除も快適です。自立するので、掃除中に家具を移動させる際なども便利。

ヘッド部には「サイクロンパワーヘッド」を採用し、空気の力とパワーブラシの力でホコリやゴミをかき出し、壁ぎわのゴミも逃さず吸引します。ワンタッチでハンディタイプに切り替えられるので、棚の上や車内の掃除にもおすすめ。掃除機の持ち手部分に格納されている「静電モップ」を使えば、掃除機をかけながら高いところの掃除もできます。

本製品は、立てたまま充電できるスタンド付き。充電しながら収納できるので、充電し忘れる失敗もありません。また、ゴミ・ホコリの量を見分けてパワーを制御する「ホコリ感知センサー」機能を搭載しているので、電池が長持ちします。自動モードなら約30分の連続使用が可能です。

パナソニック(Panasonic) スティッククリーナー MC-PBU510J-T

パナソニック(Panasonic) スティッククリーナー MC-PBU510J-T

優れた掃除性能を備えた、コードレスクリーナー。最大の特徴はパナソニック独自の「ハウスダスト発見センサー」を搭載している点です。目に見えない細かなゴミを検知すると、自動的に吸引力が上がります。

本体を回せばノズルがI字型に変形するので、ノズルを付け替えなくてもラクにすき間掃除できるのもポイントです。また、ノズルが壁に当たると前面のシャッターが開く「ガバとり」構造を採用。残りやすい壁際のゴミを一気に吸い込めます。さらに、ノズルの底面にはローラーが付いているので、壁際などで左右にスライドさせる際もスムーズです。

延長管を外して本体に直接ノズルを付ければ、ハンディクリーナーとしても使用可能。階段や車内の掃除にも便利です。本体はスリムな形状ですが、ボックス内部で紙パックが広がるよう設計されているので、最大で330mlものゴミを溜められます。充電方式は2種類。壁に掛けて充電するか、壁に立てかけて充電できるかが選べるので、使いやすい方を選びましょう。

マキタ(MAKITA) 充電式クリーナー CL182FDRFW

マキタ(MAKITA) 充電式クリーナー CL182FDRFW

プロが使用する充電工具のハイパワーモーターを搭載した、18Vリチウムイオンクリーナーです。一般家庭での掃除はもちろん、プロの清掃業者や建築業の方にも愛用されている実力派。重さは約1.5kgと軽いので、高い場所や階段、狭い場所などに持ち運んでラクに使えます。ハンドストラップ付きなので、うっかり落としてしまう心配もありません。

本製品のノズルは、ソファや家具の下を掃除しやすい「T型ノズル」。奥に差し入れても床面に密着する形状なので、しっかりとゴミを吸い取れます。また、すき間掃除をする際は、ノズルを「吸込口パイプ」に付け替えるだけ。パイプがグラつかないよう設計されているので、快適に掃除できます。

連続使用時間の目安は、標準モードで約40分、強モードなら約20分。一般的な家の掃除には十分なバッテリー容量を備えています。また充電時間も約22分とスピーディー。使い捨ての紙パックのほか、繰り返し使えるダストバッグも付いているので、紙パックの在庫がなくなったときも安心です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) スティッククリーナー IC-SLDCP6

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) スティッククリーナー IC-SLDCP6

「超パワーヘッド機能」を搭載した、アイリスオーヤマのスティッククリーナー。回転ブラシがカーペットに入り込んだゴミをかき出し、微細なゴミや壁際の取りにくいゴミもしっかり吸引します。また、ゴミやホコリの量を感知する「ほこり感知センサー」を搭載。ゴミの量に合わせてパワーを自動調整するので、電気代をムダにせず、省エネにも役立ちます。

本体重量は約1.6kg。ブラシの回転力によってヘッドが自走するため、余計な力を使わずラクに掃除可能です。また、掃除機の重心近くに持ち手があるので、ヘッドの方向転換や上げ下げも軽い力でスムーズに行えます。さらに、ワンタッチでハンディタイプに切り替え可能。高いところやすき間など、さまざまな場所で活躍します。

本体は自立するので、掃除中に物を移動させるときなどにちょい置きができて便利です。付属の器具を使えば「立て掛け収納」も可能。使いたいときにすぐ出して使えるのが魅力です。コードをつないでそのまま充電することもできます。

ツインバード工業(TWINBIRD) 紙パック式スティッククリーナー TC-E262W

ツインバード工業(TWINBIRD) 紙パック式スティッククリーナー TC-E262W

重さ約1.1kgと、スティッククリーナーのなかでも軽量クラスの掃除機です。水平近くまで本体を倒せる構造なので、ベッドやローテーブルの下など低い床面もしっかり掃除できます。パイプを取り外せば、ハンディクリーナーとしても使用可能。階段や車内の掃除もラクに行えます。ハンディ時に付属のすき間ノズルを装着すれば、サッシの溝など細かい場所の掃除にも便利です。

どんな空間にもなじむシンプルなデザインなので、見える場所に置いておいてもインテリアの妨げになりません。付属の収納フック付きを使って壁掛けしておけば、ゴミが気になるときにサッと掃除できおすすめです。充電コードはマグネットプラグ式。力を入れて差し込む必要がなく、ストレスフリーです。

紙パック式掃除機のおすすめモデル|コードあり

パナソニック(Panasonic) 紙パック式掃除機 MC-PK20G-N

パナソニック(Panasonic) 紙パック式掃除機 MC-PK20G-N

「パワー」と「軽さ」を両立させた、パナソニックの掃除機。重さは約2.7kg、本体サイズは幅243×奥行348×高さ198mmとコンパクトながらも、パワフルな吸引力を発揮します。

本製品の魅力はなんといっても「パワフル自走ノズル」。パナソニック独自の「エアダストキャッチャー」を搭載しているので、目に見えないハウスダストまで吸い込めると謳っています。

また、ノズル後部のペダルを踏むとノズルが大・小に分離。小さいノズルを使えば、高いところや狭いすき間の掃除も簡単です。さらに、ノズル内のブラシが壁面まで届くので、ゴミが溜まりやすい壁ぎわもしっかりキレイにできます。ブラシは、じゅうたんやカーペットに入り込んだゴミもかき上げられる球ブラシを採用。水洗い可能なので清潔に使えます。

ノズルからマイナスイオンを出して静電気を抑えることで、フローリング状にある微細なゴミ・ホコリ・菌を吸引する機能も搭載。フローリングの掃除におすすめです。

三菱電機(MITSUBISHI) 紙パック式クリーナー TC-FXF7P-T

三菱電機(MITSUBISHI) 紙パック式クリーナー TC-FXF7P-T

軽量性を重視して作られた、三菱のコンパクトクリーナー。ブラシ・パイプ・ホースが軽いので、手首にかかる負担を軽減できるのが魅力。本体サイズは幅21.0×奥行32.3×高さ21.0cmと小さく、階段や高所の掃除をラクに行えます。

また、ヘッド部分に搭載されている「軽量パワーブラシ」がしっかりゴミを吸引し、「拭きブラシ」部分で拭き効果も発揮します。ブラシ部分は水洗い可能で、清潔に使えるのもポイント。

そのほか、壁際のゴミや床上で舞い上がったハウスダストにも対応する「壁ぎわスッキリバンパー」も搭載。さらに、棚上など細かい場所のホコリ吸引ができる「すみずみブラシ」も付属しています。紙パック収容部には、三菱独自の風路構造を採用。風をスムーズに通すことでゴミをより多く吸引でき、紙パックの交換回数を減らせます。

パナソニック(Panasonic) 紙パック式掃除機 MC-PB6A-A

パナソニック(Panasonic) 紙パック式掃除機 MC-PB6A-A

吸引力に優れた、パナソニックの掃除機。床面のゴミを力強く吸引すると同時に、ノズル上部の「エアダストキャッチャー」が空中を舞うハウスダストを吸い込めると謳っています。

本製品に搭載されているエアロノズルは、フローリングなどのゴミが溜まりやすい床や壁際にブラシが届くので、すみずみまでキレイに掃除可能。ノズルはまるごと水洗いできるので、常に清潔感を保てるのも魅力です。

本体は幅243mmとコンパクト。小回りがきくので、狭いスペースや家具の多い部屋での掃除はもちろん、移動もラクに行えます。持ち手は操作性に優れたフロントハンドルを採用。また、パイプはスライドさせると伸縮できるので、使う人の身長や掃除する場所に合わせて長さを調整できます。

日立(HITACHI) 紙パック式掃除機 CV-VP5 W

日立(HITACHI) 紙パック式掃除機 CV-VP5 W

軽量かつコンパクトであることに加え、リーズナブルな価格が魅力の掃除機。本体サイズは28.8×25.6×21.4cmなので、女性や高齢の方も使いやすい1台です。ヘッド部分には、「エアーヘッド」を採用。空気の力でブラシを回転させ、じゅうたんやカーペット内のゴミ・ホコリをかき上げます。

また、前方だけでなく左右からもゴミを吸い寄せる構造なので、壁ぎわや部屋の隅に溜まりがちなゴミも逃しません。ヘッド部を回転させれば、すき間の掃除もスムーズに行えます。

そのほか、掃除機内を空気がスムーズに通る設計なので、ゴミが溜まると後方に押されます。そのため紙パックがすぐに満杯になることがなく、長持ちするのもうれしいポイントです。ただし、ゴミが溜まりすぎると吸引力が落ちてしまう場合があるため、定期的にパックを取り替えて使うと安心です。

パナソニック(Panasonic) 紙パック式掃除機 MC-JP810G-W

パナソニック(Panasonic) 紙パック式掃除機 MC-JP810G-W

本体重量約2kgとコード付き掃除機のなかでは軽量なのが特徴のモデルです。加えて、ホース・延長管・床ノズルの重さは約1.3kg。1階から2階への移動や高所の掃除もラクに行えます。また、軽さだけでなく、ホースの出口やハンドルの長さなどにも工夫を凝らし、手首や腰などに負担がかかりにくいのが魅力です。

搭載されているパナソニック独自の「ハウスダスト発見センサー」は、肉眼では見えない約20μmの微細なハウスダストを検知し、しっかり吸い込めると謳われています。取り残しがあるとライトが点灯するので、徹底的に掃除可能です。吸い取ったハウスダストは「逃がさんパック」で閉じ込めます。

ヘッド部の回転ブラシは、じゅうたんや畳の汚れをかき上げてしっかり吸引。また、メインのノズルとすき間掃除用のノズルに、LEDライトを搭載しているため、暗くて見えにくい場所でも活躍します。

東芝(TOSHIBA) 紙パック式掃除機 VC-PC6A(L)

東芝(TOSHIBA) 紙パック式掃除機 VC-PC6A(L)

本体が軽いことに加え、フローリングターボヘッドを搭載した掃除機。少しの力で前へ進むヘッドなので、高齢の方にも使いやすいのが魅力です。本体重量は約4.3kg、サイズは高さ230×幅254×奥行302mmとコンパクト。持ち運びやすく、収納スペースもとりません。

そのほか、掃除中に家具を移動させたいときに便利な「ちょいとスタンド」付き。ホースを床に倒しておかなくて済む上、すぐに掃除を再開でき快適です。ワンタッチで「そのまますき間ノズル」を装着すれば、すき間掃除も簡単に行えます。