製品ジャンルの多様化が進んでいる「掃除機」。最近は遠心力でゴミと空気を分離するサイクロン式が主流ですが、従来の紙パック式も一度に溜められるゴミの量が多いので、根強い人気があります。

そこで今回は、紙パック式のおすすめ掃除機をご紹介。掃除機の購入を検討している方はもちろん、改めてサイクロン式との違いを確認したい方もぜひチェックしてみてください。

さっそくおすすめ商品を見る

紙パック式掃除機のメリット

By: amazon.co.jp

紙パック式掃除機とは、吸い込んだゴミやホコリを、本体にセットしている紙パックに集める方式の掃除機のこと。頻繁にゴミを捨てる必要がなく、紙パックを交換するのは月1程度で済むのがメリットです。

さらに、紙パックごと捨てられるので手を汚さずにゴミを処理できるのもポイント。また、サイクロン式と比べて低価格なモデルも発売されているため、よりリーズナブルな掃除機を探している方におすすめです。購入コストを抑えたいのであれば、候補として検討してみましょう。

紙パック式とサイクロン式の違い

By: amazon.co.jp

サイクロン式は吸い込んだホコリを回転させ、ゴミと空気に分離することで、ゴミだけをダストカップに集める方式です。紙パックを捨てるだけでゴミ捨てが完了する紙パック式とは違い、ダストカップに直接ゴミが溜まります。

サイクロン式は、紙パック式のように定期的なコストがかからないのがメリット。ただし、サイクロン式には排気フィルターが搭載されており、定期的な清掃が必須です。

そのほか、紙パック式は掃除機内が密封されており、吸引力に優れているのが特徴。一方、ゴミが溜まってくると吸引力が落ちてしまうのが難点です。サイクロン式は、紙パック式に比べ吸引力が落ちづらく、パワーが持続するのがポイント。購入する際は、事前に違いを確認したうえで購入を検討しましょう。

紙パック式掃除機の選び方

形状をチェック

吸引力に優れた「キャニスター型」

キャニスター型は、本体とグリップ部分がホースで接続されているのが特徴。グリップ部分が軽いので、取り回ししやすくスムーズに掃除できます。また、コンセントから電源を確保するキャニスター型は、運転時間を気にせずに使用できるところもメリットです。

コンパクトで場所を取らない「スティック型」

By: amazon.co.jp

スティック型は、コンパクトで場所を取らず、快適に掃除できるのが特徴です。以前はサブ掃除機として使われていましたが、最近は性能が上がってメイン掃除機としても十分使えるモデルが増えてきています。

電源方式をチェック

バッテリーを気にせず使える「コード付きタイプ」

「コード付きタイプ」はコンセントから給電する掃除機。バッテリー切れを気にせずに掃除機を使い続けられるのが特徴です。

また、AC電源にはパワーがあるので、掃除機の吸引力が高めに設計されているのもポイント。一方で、太くて長い電源コードを必要とするため、取り回しにくいというデメリットもあります。

ケーブルから解放される「コードレスタイプ」

By: amazon.co.jp

本体内部に充電式電池を内蔵し、バッテリー駆動するのが「コードレスタイプ」。持ち運びが容易なのはもちろん、最近は軽量かつスリムなモデルが数多くラインナップされているので、より手軽さが向上しています。

一方で、バッテリー持続時間に制限があるほか、コード付きタイプの掃除機と比べると吸引力は低い傾向にあるので注意しましょう。

重量をチェック

By: amazon.co.jp

掃除機はより軽量なモデルの方が、ストレスなくスムーズに継続して使い続けられます。なお、サイクロン式と同じく、紙パック式もスティック型とキャニスター型から選択可能。また、紙パック式の方がスリムなので、使い勝手は良好です。

付属品をチェック

By: amazon.co.jp

通常の掃除に使うT字型のヘッドに加えて、細かい場所を掃除するための付属品があればより便利。狭い場所やソファのすき間などで使える細口ノズルは定番の付属アイテムです。

さらに、ハイエンドモデルになると、布団掃除用のヘッドを付属しているモデルや静電モップが付属した機種もあります。本体はもちろん、付属するパーツもしっかりチェックしておきましょう。

機能性をチェック

By: amazon.co.jp

掃除機は各社メーカーごとに独自の機能を備えているので、必要か否か、また、利便性を感じられるかどうかは事前にしっかりと見定めておきましょう。

例えば、ゴミを感知するセンサーを搭載するモデルはベッドの下や棚の上など、目視しづらい場所でもセンサーの力で残さずゴミを吸い取れます。

また、ヘッドが自動的に前進する「自走モーター」が装備されていれば、力を入れずにスイスイ掃除することが可能。なお、機能性に優れているモデルは高価な傾向にあるので、予算との兼ね合いは考慮しておきましょう。

紙パック式掃除機の人気メーカー

パナソニック(Panasonic)

By: rakuten.co.jp

パナソニックは国内大手電機メーカー。掃除機においては、キャニスター型からコードレススティック型まで製品を取り揃えています。

見えにくいゴミを見つけ出す「ハウスダスト発見センサー」、T字型ノズルがI字型に早変わりしてノズル交換を不要にする「くるっとパワーノズル」など、利便性に優れているのが特徴。高性能な紙パック掃除機を探している方におすすめです。

三菱電機(MITSUBISHI)

By: amazon.co.jp

三菱電機は、多数のキャニスター型掃除機を販売している国内大手電機メーカーです。紙パック式掃除機の場合、1~2万円程度のリーズナブルなモデルを取り揃えているのが特徴。

長時間使用しても手が疲れないグリップを採用するなど、使い勝手に配慮されたモデルが多いので、コスパに優れた掃除機を探している方におすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

By: amazon.co.jp

アイリスオーヤマは、リーズナブルな価格帯の家電製品を多数販売している家電メーカー。1万円程度のエントリーモデルでも「ほこり感知センサー」などを搭載したモデルもあります。リーズナブルな価格の掃除機を探している方におすすめのメーカーです。

マキタ(MAKITA)

By: amazon.co.jp

マキタは日本の総合電動工具メーカーです。掃除機においては業務用をメインとしていますが、最近は一般家庭向けのアイテムも展開。特にコードレス掃除機は、リーズナブルな価格やシンプルなデザイン、軽量設計が支持され、人気を集めています。

紙パック式掃除機のおすすめモデル|コードレス

マキタ(makita) 充電式クリーナ CL107FDSHW

マキタ(makita) 充電式クリーナ CL107FDSHW

シンプルなデザインと軽さが魅力のスティック型掃除機です。余計な装飾のないシンプルな外観が人気を集めています。本体重量はバッテリーを含めても約1.1kgと軽量なので、取り回しのしやすい掃除機です。

本製品には、1.5Ahのリチウムイオンバッテリーと充電器が付属。バッテリー駆動時間は最大約25分なので、より長時間使用したい方は、予備のバッテリーを追加購入するのがおすすめです。

ボタン1つで、標準・強・パワフルの3つの吸引モードを切り替え可能。付属のすきま用ノズル以外に、絨毯ノズル・棚ブラシ・フレキシブルホース・ラウンドブラシなど、別売りパーツ類も付属しています。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 極細軽量スティッククリーナー IC-SLDC4

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 極細軽量スティッククリーナー IC-SLDC4

スリムで軽量な使いやすいスティック型掃除機です。パイプなどをつけた状態の本体重量は約1.2kg。極細のボディデザインをしているため、階段や棚の上や狭い場所の掃除が簡単に行えます。「ほこり感知センサー」が搭載されており、ゴミの量に応じて自動でパワー調節してくれる機能も便利です。

また、スティック型の難点である吸引力をアップさせるため、ノズル内に縦回転のサイクロン気流を発生させ、吸い込む力を向上させています。1回のフル充電で約30分間の使用が可能なので、リビングやダイニングなど、広めの部屋にも最適です。

パナソニック(Panasonic) コードレススティック掃除機 MC-PBU520J

パナソニック(Panasonic) コードレススティック掃除機 MC-PBU520J

ヘッドを付け替えずにすき間の掃除ができるスティック型掃除機です。T型のヘッドは、持ち手のグリップを回転させるとI型に変形。家具のすき間を掃除する際、ヘッド交換する手間が省けて便利です。また、壁にあてるとヘッド前部が開く構造なので、壁際までブラシがしっかりと届きます。

ノズル部分を外せば、ハンディタイプとしても使用可能。階段や棚の上はもちろん、車内の掃除にもおすすめです。バッテリー駆動時間は約15~30分。「強モード」では約10分なので、充電切れには注意しましょう。サブの掃除機としてもおすすめのモデルです。

シャープ(SHARP) RACTIVE Air EC-AP700

シャープ(SHARP) RACTIVE Air EC-AP700

キャニスター型ながら、軽さを追求したコードレス掃除機です。ホースやノズルなどをあわせた重量は約2.9kgですが、キャニスター部分のみであれば1.8kg。コードレスなので、部屋の移動もスムーズに行えます。充電式のリチウムイオン電池は2つ付属。1つあたり約80分でフル充電できます。

バッテリー駆動時間は、「自動エコモード」で最大約20分。バッテリーを2つ用意しておけば、約40分間も掃除機がかけられます。2段階に伸びる「すき間ノズル」や「はたきノズル」、「ふとん掃除パワーヘッド」など、付属品が充実している点もおすすめです。

ツインバード(TWINBIRD) コードレススティック型クリーナー TC-E262

ツインバード(TWINBIRD) コードレススティック型クリーナー TC-E262

スティック型のなかでも最軽量クラスのコードレス掃除機です。本体重量は約1.1kg。スリムなボディは、無駄を省いたシンプルなデザインを採用。部屋の収納が少なく、掃除機を出したままにしておきたい方におすすめです。

約3時間でフル充電でき、「標準モード」で約25分、「強モード」で約10分の使用が可能。電池残量は、ハンドルに備えられたLEDライトインジケーターで確認できます。比較的リーズナブルな価格で購入できるので、1人暮らしの方やサブの掃除機としてもおすすめです。

アナバス(ANABAS) コードレスハンディクリーナー SSC-300

アナバス(ANABAS) コードレスハンディクリーナー SSC-300

1回の充電で長時間使えるコードレススティック型掃除機です。約5時間でフル充電でき、「標準モード」で約65分、「強モード」で約40分、吸引力が最大の「ターボモード」でも約25分の使用が可能です。

モーターには、日本電産のブラシレスDCモーターを採用。信頼の高い日本製パーツを使用し、高効率かつ長寿命を実現しています。

本体重量は約1.2kgと軽量。ヘッドがフレキシブルに動くので、操作性にも優れています。価格がリーズナブルで、長時間のバッテリー駆動ができる掃除機を探している方におすすめです。

高儀(Takagi) EARTH MAN 18V充電式クリーナー VCM-180LiB

高儀(Takagi) EARTH MAN 18V充電式クリーナー VCM-180LiB

18V2.0Ahの大容量バッテリーを使用したスティック型掃除機です。長時間使えて吸引力が強い点がメリット。約1時間でフル充電でき、「LOW」モードで約30分、「HIGH」モードで約20分使用が可能です。

本体重量は、バッテリーを含めても約1.4kgなので、高い場所の掃除も比較的少ない力で行えます。延長ノズルを外せば、車内や階段の掃除にも最適。LEDライトも搭載しているので、家具のすき間やベッド下など、暗い場所の掃除におすすめです。

紙パック式掃除機のおすすめモデル|コードあり

パナソニック(Panasonic) 紙パック式掃除機 MC-PK20G

パナソニック(Panasonic) 紙パック式掃除機 MC-PK20G

軽さとパワーを両立させたキャニスター型掃除機です。JIS規格で定められた吸込力の目安「吸込仕事率」が、最大600Wとハイパワー。キャニスター型ながら本体重量は約2.7kgと軽量。ノズル内に高トルクモーターが内蔵されているため自走し、軽い力ですいすいと掃除機がかけられます。

ペダルを踏むだけでT型ノズルの取り外しが可能。家具のすき間掃除が簡単にでき、ノズル内のブラシが壁際まで行き届いてくれます。さらに、ノズル上部からも吸気や集塵できる「エアダストキャッチャー機能」を搭載していることも魅力です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) CANISTICK キャニスティッククリーナー IC-CSP5

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) CANISTICK キャニスティッククリーナー IC-CSP5

キャニスター型のパワーと集塵容量を備えたスティック型掃除機です。形状はスティック型ですが、ACコード式を採用しており、強力な吸引が可能。充電切れの心配もありません。電源コードはワンタッチで巻き取れ、本体内にすっきりと収納しておけるのもポイントです。

スティック型ながら、0.4Lの紙パック式を採用。頻繁なゴミ捨ての手間やランニングコストを軽減します。ヘッド内のパワーブラシは回転式のため、軽い力で掃除機がかけられます。また、手元に視認性の高い「ほこり感知センサー」を搭載しているので、効率よく掃除したい方にもおすすめです。

東芝(TOSHIBA) クリーナー VC-PC6A

東芝(TOSHIBA) クリーナー VC-PC6A

リーズナブルな価格で購入できる使いやすいキャニスター型掃除機です。吸込仕事率は最大520Wと充分なパワーを備えています。ノズル部分を本体に差し込む形で縦置きできる「ちょいとスタンド」は、椅子や棚を動かして掃除したい場合などに便利です。

また、キャニスターからの排気をソフトにする「やわらか分散排気構造」を採用しているので、床のほこりを巻き上げにくいのもポイント。ワンタッチで簡単に装着できる「すき間ノズル」も付属しており、コスパに優れた掃除機です。

三菱電機(MITSUBISHI) Be-K TC-FM1J

三菱電機(MITSUBISHI) Be-K TC-FM1J

排出される空気の清潔さにこだわったキャニスター型掃除機です。3層の炭紙パック・抗菌アレルパンチフィルター・高性能クリーンフィルターの5層フィルター設計で、ハウスダストや花粉などしっかりとキャッチ。微細な粉塵を本体内にとどめる仕様です。

キャニスター部分の重量は約2.4kg ですが、持ち運びしやすいように大きめのハンドル付きなので移動も楽。そのほかにも、軽い力でヘッドの操作ができる「かるスマグリップ」や、ソファ下やベッド下の掃除に便利な「フラットヘッド機構」なども搭載しています。

ワンタッチでノズルを外して手元部分だけで使用できるので、棚の上の掃除にもおすすめです。

日立(HITACHI) 紙パック式クリーナー CV-KP900

日立(HITACHI) 紙パック式クリーナー CV-KP900

強力な吸込みパワーが長持ちするキャニスター型掃除機です。キャニスター内に高性能小型ファンモーターを内蔵しており、紙パックにゴミが溜まっても吸込む力をキープする設計になっています。ホースやヘッドは軽量で、パイプはスリムなデザイン。軽い力で操作ができ、狭い場所の掃除にもおすすめです。

ヘッドの押し引きにあわせて、フラップが開閉する「ダブルシンクロフラップ」を搭載。押しても引いても、しっかりとゴミを吸込んでくれます。

床の種類や操作する力にあわせて、吸引力・ブラシ回転数を自動でコントロール。「高集塵フィルター」や「高気密モーターケース」によって、微細なゴミもしっかりとキャッチできる高性能な掃除機です。

シャープ(SHARP) 掃除機 EC-VP510

シャープ(SHARP) 掃除機 EC-VP510

軽量で使いやすいキャニスター型掃除機です。ドライカーボン製のパイプを採用しており、強度を損なうことなく手元の軽量化を実現しています。ヘッド部分は「自走パワーアシスト機能」を搭載しているので、腕への負担が軽く、長時間の掃除も快適に行えます。

玄関掃除用の「スグ換え玄関ブラシ」が付属。立ったままで簡単に着脱でき、室内用と分けて玄関掃除が可能です。ヘッドとノズルを自立させると、自動で運転停止。ノズルを寝かすと再びスイッチがONになるので、家具を動かして掃除する際におすすめです。

ミーレ(Miele) 掃除機 COMPACT C1 SCAO 3 PURE SUCTION

ミーレ(Miele) 掃除機 COMPACT C1 SCAO 3 PURE SUCTION

ドイツ生まれの高性能キャニスター型掃除機。約200kgの洗濯機が持ち上がるほどの吸引力があるといわれており、微細なゴミも取り逃がしにくい設計です。

ホースを曲げ伸ばしや電源コードの巻き取り、スイッチのON・OFFなどを繰り返しテストし、耐久性にもこだわって製造されています。キャニスターの重量は約4.6kgと重めですが、吸引力や耐久性、デザイン性を優先する方におすすめです。

ツインバード(TWINBIRD) 紙パック式家庭用クリーナー YC-5022

ツインバード(TWINBIRD) 紙パック式家庭用クリーナー YC-5022

シンプルで使いやすいキャニスター型掃除機です。本体後部にあるボタン類を大きくし、操作性を向上させています。ノズル部分は少ない力で握りやすい「サークルハンドル」を採用。軽い力でヘッドを動かせる工夫がされています。

ワンタッチで伸縮可能な延長管を備えているので、使用する方の身長や掃除する場所にあわせて、ノズルの長さを変更可能。本体サイズは約31×25×24cmとコンパクトなので、取り回しのしやすいモデルです。