部屋の掃除に欠かせない掃除機。なかでも、紙パック式掃除機は多くのゴミを溜められて、簡単にゴミ捨てできるのが魅力です。ただし、各メーカーからスティック型・キャニスター型・ハンディ型が展開されており、どれを選んだらよいのか迷ってしまうケースが少なくありません。

そこで今回は、おすすめの紙パック式掃除機をタイプ別にピックアップ。あわせて選び方も解説するので、購入を検討している方はチェックしてみてください。

紙パック式とサイクロン式どっちがいい?違いを解説

By: amazon.co.jp

吸い込んだゴミを空気ごと紙パックに溜めるのが、紙パック式掃除機です。一方で、サイクロン式は紙パックを使用せず、ゴミと空気を分離しながらダストカップにゴミを溜める構造。パワフルな吸引力が長持ちするのがメリットとされているものの、定期的にフィルターをメンテナンスしないと目詰まりして吸引力が低下します。

また、ダストカップの容量が小さく、ゴミ捨ての回数が増えてしまうのもサイクロン式掃除機のデメリットです。一方、紙パック式掃除機はゴミが溜まるにつれて吸引力が落ちるものの、紙パックを交換すれば吸引力を確保できるのがメリット。サイクロン式のように細かなメンテナンスの必要がなく、手間をかけずに家事の時短につながります。

紙パック式掃除機のメリット

By: amazon.co.jp

紙パック式掃除機のメリットは、衛生的にゴミ捨てできる点です。ゴミが溜まったら、本体から紙パックを取り出してそのまま捨てるだけ。ダストカップ式のようにホコリが舞い上がったり、ゴミに触ってしまったりするリスクを軽減できます。

メンテナンスしやすいのも紙パック式掃除機の魅力。紙パックがフィルターの役割を果たしているため、サイクロン式のように定期的なフィルターの掃除が不要です。

加えて、ダストカップの水洗いなどの手間もなく、手軽に衛生的な状態を保てます。ダストカップ式と比べてゴミを溜められる容量が多いため、ゴミ捨ての回数を減らせるのもポイントです。

紙パック式掃除機のデメリット

By: irisohyama.co.jp

紙パック式掃除機の場合、紙パックにゴミが溜まるにつれて吸引力が低下します。ゴミが溜まって吸引力が弱くなったと感じたら、新しい紙パックに交換するのがおすすめです。紙パックがないと使用できず、一定のランニングコストがかかる点にも留意しておきましょう。

サイクロン式が空気とゴミを分離する仕組みなのに対して、紙パック式掃除機は空気が紙パック内を通って排出する構造を採用。そのため、排気のニオイが気になる場合があります。

紙パック式掃除機の選び方

種類をチェック

キャニスター型

By: panasonic.jp

タイヤを搭載しており、床上を転がしながら操作する掃除機がキャニスター型です。掃除機のなかで、オーソドックスなタイプ。長いパイプとホースを搭載しているため、リビングなど広い部屋を掃除するのにおすすめです。

パワフルな吸引力を実現しているモデルが多いのが特徴。なかでも、コンセントから電源を取るタイプは強力な吸引力を発揮し、しっかりと掃除したいときに役立ちます。ただし、本体が重くスティック型と比べて持ち運びにくく、階段のような段差のある場所の掃除には不向きな点は留意しておきましょう。

スティック型

By: amazon.co.jp

キャニスター型のようにホースがなく、名前の通り棒状の掃除機がスティック型です。軽くて取り回しやすく、手軽に掃除しやすいのが特徴。カーテンレールの上など高い場所を掃除する際にも活躍します。なかでも、コードのないコードレスタイプのスティック型掃除機が人気。比較的買い求めやすい価格のモデルが多いのも魅力です。

ただし、キャニスター型と比較して吸引力に劣るモデルが多く、パワフルさを重視したい場合には不向きなことも。リビングなどの広い範囲を掃除するよりは、狭めの部屋用のセカンドクリーナーとしておすすめです。また、ダストカップ式が中心で、紙パック式のモデルがやや少ない点に留意しておきましょう。

ハンディ型

By: amazon.co.jp

コンパクトで細かい場所の掃除に役立つのがハンディ型です。ソファまわりやデスク上など、限られたスペースの掃除で活躍。充電して使えるコードレスタイプなら、車内の清掃でも役立ちます。スティック型として2WAYで使えるモデルも多く、さまざまな用途で使いやすいのも魅力です。

ただし、消費電力が小さく、広い部屋を掃除できるパワフルな吸引力を求めている場合には不向き。また、ダストカップ式のラインナップは多いものの、紙パック式モデルが少なく選択肢が限られてしまう点に留意しておきましょう。

コードレスかどうかチェック

By: irisohyama.co.jp

取り回しやすさを重視するなら、コードレスの掃除機をチェックしておきましょう。バッテリーを内蔵しているため、コードがなく軽快に掃除しやすいのが魅力。また、コンセントの位置にかかわらず掃除ができるので、部屋のさまざまな場所の清掃に役立ちます。

なお、充電が切れると使用できなくなる点には注意が必要。選ぶ際は連続使用時間をチェックするほか、満充電にかかる時間も確認しておくのがおすすめです。

吸引力が気になるなら吸引仕事率をチェック

By: mitsubishielectric.co.jp

掃除機の吸引力は、吸引仕事率を表す「W(ワット)」の数値で確認できます。数値が大きいほどパワフルな掃除機であり、大きなゴミもしっかり吸い込むパワーが期待できます。微細なハウスダストを吸い込めるモデルを求めているなら、吸引仕事率300W程度が目安です。

ただし、掃除機の吸引力は吸引仕事率だけで判断できるわけではありません。ヘッドにモーターを搭載しているか、または掃除場所に適したアタッチメントを使っているかなどにも影響される点は留意しておきましょう。

紙パックの交換頻度が気になるなら集じん容量をチェック

By: mitsubishielectric.co.jp

紙パック式掃除機は、モデルによってゴミを溜められる量が異なります。集じん容量が多いほどゴミ捨ての手間を減らせるのがポイント。なお、集じん容量はL(リットル)で表示されています。

1L前後のモデルが多く展開されており、2ヶ月に1回程度で交換するのがおすすめ。集じん容量が大きいほど紙パックの使用量を減らせて、購入の手間とランニングコストも抑えられます。また、集じん容量1.5Lと、一度にたっぷりゴミを溜められるモデルもあるのでチェックしてみてください。

軽いモデルがほしいなら本体の重量をチェック

By: panasonic.jp

紙パック式掃除機はモデルによって本体重量が異なります。取り回しやすさを求める場合は、本体重量をチェックしておきましょう。特に家中を1台の掃除機で一気に掃除する際は、持ち運びやすく体に負担をかけない重さのモデルがおすすめです。

スティック型やハンディ型は重さが気になりにくいものの、キャニスター型を選ぶ際は要チェック。スティック型で2kg以下、キャニスター型の場合はアタッチメントを含まない本体質量3kg以下が軽量モデルの目安です。2階以上に持ち運んで掃除する機会が多いなら、なるべく軽量コンパクトなモデルをチェックしてみてください。

アタッチメントをチェック

By: irisohyama.co.jp

紙パック式掃除機を選ぶ際は、掃除する場所によって使い分けできるアタッチメントの種類をチェックしておきましょう。なかでも、定番のアタッチメントがすき間ブラシ。掃除機のヘッドが入らない狭い場所を掃除する際に役立ちます。

なかには、先端にブラシが付属しており、サッシの溝やカーテンなどに付着しているゴミを吸引できるアタッチメントもラインナップ。ノズルが伸縮するロングノズルなら、高い位置の掃除しやすいのがメリットです。

便利な機能をチェック

By: amazon.co.jp

紙パック式掃除機は、モデルによってさまざまな便利な機能を搭載しています。内蔵のセンサーでゴミの有無を判別する「ごみセンサー」を搭載したモデルなら、ゴミの量に合わせて吸引力を自動でコントロール可能。無駄な消費電力を抑えられると同時に、取り残しを防ぐ効率的な掃除をサポートします。

ヘッドにライトを搭載し、見えにくいゴミを照らし出す機能にも注目。また、センサーが床質や操作する力を感知して、パワーやブラシ回転数をコントロールして消費電力を抑える機能もおすすめです。

紙パック式掃除機のおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: rakuten.co.jp

「パナソニック」は、生活家電・住宅設備・AV機器など幅広い分野で製品を展開している大手電機メーカーです。紙パック式掃除機では、キャニスター型を中心にラインナップ。なかでも、業界最高水準の軽さを謳うモデルは取り回しやすく、軽快な掃除をサポートします。

親子のノズルで、届きにくい場所の掃除に役立つ機能も便利。ペダルを踏むとヘッドが外れて子ノズルになる仕組みで、狭いすき間や高い場所の掃除で活躍します。

日立(HITACHI)

By: amazon.co.jp

「日立」は、冷蔵庫・洗濯機・エアコンなど、さまざまな家電製品を手がけている大手電機メーカー。掃除機は多数のモデルをラインナップしており、好みのモノを見つけやすいのがメリットです。

自走式ヘッド「パワフルスマートヘッド」搭載した掃除機なら、軽い力でスムーズに掃除しやすいのが魅力。また、ヘッドにライトを内蔵した「ごみくっきりライト」で、見えにくいゴミを照らしながら掃除する機能も便利です。

三菱電機(MITSUBISHI)

By: mitsubishielectric.co.jp

「三菱電機」は、家電製品や産業機器などの幅広いジャンルで製品・サービスを展開している大手電機メーカーです。掃除機では、紙パック式掃除機をラインナップしています。なかでも、コンパクトながら集じん容量1.5Lを確保しているモデルに注目。より多くのゴミを溜められて、ゴミ捨ての手間と紙パック購入費用の削減に役立ちます。

自走式パワーブラシを搭載したモデルは、パワフルな吸引力でゴミをしっかりキャッチしやすいのもおすすめポイントです。

シャープ(SHARP)

By: rakuten.co.jp

「シャープ」は、大阪府堺市に本社を置く電機メーカーです。白物家電を中心に掃除機も豊富にラインナップ。紙パック式掃除機では、キャニスター型モデルを発売しています。なかでも、本体質量2.2kgの軽量コンパクトモデルに注目。ドライカーボン製パイプを採用しており、手元でも軽く感じる操作性を実現しています。

床面を判別して運転を自動でコントロールする「自動エコモード」を搭載したモデルは、消費電力を抑制できるのが特徴。モーター駆動の「パワーヘッド」により、ゴミを強力にかき取りながら吸い込む機能もおすすめです。

紙パック式掃除機のおすすめ|キャニスター型

パナソニック(Panasonic) 紙パック式キャニスター掃除機 MC-JP850K

本体質量2.0kgと軽量な紙パック式掃除機です。キャニスター型ながら取り回しやすいのが特徴。さらに、ホースや延長管も軽量化を図った「スマートアタッチメント」を採用しているなど、軽快に掃除しやすいモデルを求めている方におすすめです。

目に見えない微細なハウスダストを検知する「クリーンセンサー」を搭載しているのもポイント。取り残しを防いで、効率的な掃除をサポートします。また、低い角度に配置したLEDナビライトにより、暗い場所でゴミを見逃しにくいのもメリットです。

パナソニック(Panasonic) 紙パック式キャニスター掃除機 MC-PJ21G

モーター内蔵のパワーノズルを搭載している紙パック式掃除機です。独自のV字構造により、中央にゴミを集めてしっかり吸引できるのが特徴。また、毛先の異なるブラシを備えているので、フローリングからじゅうたんまで掃除できるおすすめモデルです。

「エアダストキャッチャー」を搭載しており、床上30cmに浮遊するハウスダストをキャッチできると謳っているのもポイント。加えて、壁際にぴったり届く構造のブラシを採用しているため、壁際のゴミの取り残しを軽減できます。

日立(HITACHI) 紙パック式クリーナー CV-KP900K

自走機能搭載の「パワフル スマートヘッド」を備えた紙パック式掃除機。軽い力でスムーズに掃除しやすく、快適に取り回せるキャニスター型掃除機を求めている方におすすめです。

センサーが床質や操作力を感知する「ecoこれっきり」運転を搭載しているのもメリット。パワーやブラシの回転数を自動で調節して、消費電力を約70%低減できます。また、ゴミを照らしだす「ごみくっきりライト」を内蔵しており、取り残しを防げるのも魅力です。

三菱電機(MITSUBISHI) 紙パック式掃除機 Be-K TC-FD2B

吸込仕事率500Wの強力なパワーを発揮する、集じん容量1.5Lの紙パック式掃除機です。紙パックに多くのゴミを溜められ、ゴミ捨てや交換の手間を減らしたい方におすすめ。さらに、「快速からみにくい自走ブラシ」を搭載しており、メンテナンスしやすさと自走感を両立しているのもメリットです。

2WAYロングノズルが付属しているため、高い場所や狭いすき間を掃除したいときにも便利。また、本体質量2.4kgの軽さで、取り回しやすいのもポイントです。

シャープ(SHARP) 紙パック式掃除機 EC-VP510

本体質量2.2kgの紙パック式掃除機です。ドライカーボン製パイプを採用し、軽量化を実現。キャニスター型ながら軽快に掃除しやすいおすすめモデルです。

アタッチメントが充実しているのもポイント。玄関の砂ぼこりの除去に役立つ「スグ換え玄関ブラシ」や、立ったままで簡単に着脱できる「スグトルブラシ」が付属しています。

シャープ(SHARP) 紙パック式掃除機 EC-MP310

自動エコモードを搭載している紙パック式掃除機です。フローリングやカーベットなど、床面を判別して運転モードを自動制御するのが特徴。消費電力の削減にもつながるなど、効率的に掃除できるおすすめモデルです。

本体質量2.4kgで取り回しやすく、軽快な掃除をサポート。モーター搭載のパワーヘッドを備えており、ゴミをパワフルにかき取りながら吸い込みます。加えて、フローリング表面の汚れを拭き取るのに役立つ「から拭きパワーブラシ」を備えているのもポイントです。

紙パック式掃除機のおすすめ|スティック型

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 高機能スティッククリーナー IC-SLDCP12

重さ1.7kgと軽量なスティック型紙パック式掃除機です。自走式パワーヘッドを搭載しており、軽い力でもしっかりゴミをかき出せるのが特徴。取り回しやすさを重視する方におすすめです。

左右180°・上下90°で角度が動くヘッドにより、小回りが利くのもメリット。また、掃除中に気になったホコリを手軽に掃除できる「静電モップクリーンシステム」を搭載しているのも便利です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) スティッククリーナー i10 SBD-92P

吸引仕事率210Wを実現している紙パック式掃除機です。ハイパワーDCブラシレスモーター採用により、優れた吸引力を有しているのが魅力。パワフルなスティック型の掃除機を求めている方におすすめです。

コードレス式を採用しているため、取り回しやすいのもポイント。また、1回のフル充電で最長約70分の連続使用が可能です。「ほこり感知センサー」を搭載しており、微細なゴミを感知して知らせる点にも注目。効率的な運転で、電気代を節約する効果が期待できます。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 極細軽量スティッククリーナー モップ SBD-75

ハイパワーと優れた静音性を両立している紙パック式掃除機です。「ほこり感知センサー」を備えているため、ホコリなどの量に応じてパワーを自動でコントロール可能。使い勝手のよい掃除機を求めている方におすすめです。

「モップクリーンシステム」搭載により、静電気でホコリを吸着できるのもポイント。また、モップは本体の帯電ケースに収納できます。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 極細軽量スティッククリーナー IC-SBA6-R

ヘッド幅27cmの紙パック式掃除機です。ワイドなヘッドを採用しているので、一度に多くのゴミを吸い込めるのが魅力。さらに、吸い込む風の力でブラシが回転する仕組みにより、ゴミをかき出しながら掃除できるおすすめモデルです。

静電モップが付属した「モップクリーンシステム」を搭載しているため、照明器具などを掃除できるのもメリット。また、電源コード式で充電切れなどを気にせず使用できます。

マキタ(MAKITA) コードレス掃除機 CL107FDSHW

リチウムイオン電池を内蔵した、コードレスタイプの紙パック式掃除機です。軽量ボディ採用のスティック型で、狭い部屋用など取り回しやすさを重視したい方におすすめ。また、約22分で充電できる急速充電に対応しているのもメリットです。

紙パックの取り付け部分に、スポンジで密封性を高めた「バルブステーコンプリート」を採用しているのもポイント。加えて、LEDライトの点滅でバッテリー切れを知らせる機能も備えています。

紙パック式掃除機のおすすめ|ハンディ型

パナソニック(Panasonic) 肩掛けタイプ セカンドクリーナー MC-K10P

肩掛けと手持ちの両方に対応している、キャリングスタイルの紙パック式掃除機です。階段を掃除しやすいほか、高い場所を掃除したいときにも便利。また、壁や天井の掃除に役立つ「ひとふきノズル」が付属しており、掃除する場所に応じて使い分けられます。

フィルターは水洗いに対応しているため、お手入れしやすいのもメリット。汎用性のある紙パック式掃除機を探している方におすすめです。

日立(HITACHI) コンパクトハンディタイプ こまめちゃん PV-H23

コンパクトなボディのハンディ型紙パック式掃除機です。ソファーの上やデスクまわりなど、細かい場所の掃除におすすめ。さらに、延長パイプが付属しており、立ったまま掃除したいときや高い場所の掃除にも便利です。

本体にローラーを搭載しているのもポイント。ヘッドに備えた吸口車輪とあいまって、食卓の上や低いテーブルの下を転がしながら掃除したいシーンで活躍します。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 充電式スティッククリーナー 18V JCL18

ハンディ型とスティック型の2WAYで使える紙パック式掃除機です。リチウムイオン電池を内蔵したコードレスタイプで、屋内はもちろん車内の清掃用としてもおすすめ。1時間充電して最長約50分の連続使用ができるのもメリットです。

すき間ノズル・小型ブラシ・ホースなど、アタッチメントが充実しているのも嬉しいポイント。また、吸引仕事率40Wの吸引力を有しているのも魅力です。

ツインバード工業(TWINBIRD) 紙パック式ハンディクリーナー TC-E263GY

延長パイプを取り外せば、ハンディ型として使える1.4kgの紙パック式掃除機です。自走式ヘッドを搭載しているため、少ない力でスムーズに掃除できるのがポイント。さらに、独自の関節ジョイントとボールキャスターの組み合わせにより、使い勝手は良好です。

吸引仕事率70Wで、ゴミをしっかり吸い込みやすいのがメリット。また、ごみセンサーを搭載しており、自動でゴミを感知してパワーをコントロールします。ワンタッチでゴミ捨てできる「ラクステ機能」を備えているので、ホコリが舞い上がるのを軽減したい方にもおすすめです。

マキタ(MAKITA) コードレス掃除機 CL105DWI

リチウムイオンバッテリーを搭載している紙パック式掃除機です。「パワフルモード」を備えており、高い吸引力を有しているのが特徴。また、まっすぐ立てやすいノズルを搭載しているため、省スペースに収納できるのもメリットです。

コードレスタイプを採用しているうえ、標準モードで約20分の連続使用できるのもポイント。ハンディタイプとしても活用できるため、車内を掃除したいときにも便利です。さらに、紙パックの収納部にゴミストッパーを備えており、ゴミ捨ての際にこぼれ落ちを軽減できます。

紙パック式掃除機の売れ筋ランキングをチェック

紙パック式掃除機のランキングをチェックしたい方はこちら。