電気ケトルは、スイッチ1つですぐにお湯を沸かせる便利な家電製品。1台あれば忙しい朝もコーヒーやインスタントスープなどをすぐに作れます。デザイン性に優れたモノならインテリアにも馴染みおしゃれ家電としても優秀です。

そこで今回は、そんな電気ケトルのなかからおすすめの製品をご紹介します。選び方についても解説しているので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

電気ケトルとは?

電気ケトルとは、電気でお湯を沸かす生活家電のことです。お湯を沸かす機能に特化した設計になっているため、ポットや鍋よりも比較的早くお湯を沸かせます。使う分だけのお湯を沸かせるため、省エネ性能重視の方にもおすすめです。

また、電気ケトルは本体部分で加熱しますが、基本的に電源供給部分はプレートのような形で別で配置されているため軽量。デザインに優れたモデルも多く、インテリア性を重視している方にもおすすめです。

電気ポットとの違い

By: amazon.co.jp

電気ケトルと似たモノに電気ポットがありますが、この2つはメインに据えている機能が異なります。電気ケトルはお湯を素早く沸かす機能をメインに据えた家電ですが、電気ポットはお湯を温かいまま保つのがメインです。

そのため、電気ポットは比較的大型で高価になりやすく、大人数で多くのお湯を使う方に適しています。また、基本的に据え置き型なので、手軽に持ち運びたい方は電気ケトルを選びましょう。

電気ケトルの選び方

まずは容量に注目!

一人暮らしなら「600ml」

By: amazon.co.jp

一人暮らしの方には600ml以上の電気ケトルがおすすめです。コーヒー1杯あたり約140ml、カップ麺なら300~500mlが一般的なので、600mlのモノなら必要な分だけお湯が沸かせます。

また、コーヒーなどをよく飲む方や自炊でお湯を使うことの多い方には、少し余裕を持たせた800ml前後のモノがおすすめです。使用用途を思い描きながら、自分に適した容量を見極めましょう。

二人暮らしなら「800mL〜1.2L」

By: amazon.co.jp

二人暮らしの方には800ml~1.2L前後の電気ケトルがおすすめです。コーヒーなら約5~8杯、カップ麺なら2~4つほど作れます。

コーヒーを数杯飲む程度の方には800mlのタイプで十分ですが、自炊することの多い方は余裕を持たせて1.0L以上のモノがおすすめ。ただ、容量が大きいとその分沸騰するまでの時間が長くかかる点に注意しておきましょう。

それ以上なら「1.5L〜」

By: amazon.co.jp

大人数で使用したい方には1.5L以上の電気ケトルがおすすめです。コーヒーなら約10杯、カップ麺なら3~5つほど作れます。大きめの電気ケトルなら1度に多くのお湯が沸かせるため、何度も沸騰させる必要がありません。

ただ、容量が大きくなるとその分重量も重くなり、手軽に取り扱うのが難しくなります。持ち運びする必要がほとんどない場合は、機能に優れた据え置き型の電気ポットも検討しましょう。

素材による違いも重要

多く普及している「プラスチックタイプ」

By: amazon.co.jp

プラスチック製の電気ケトルは軽くて汚れが落ちやすく、お手入れしやすいのが魅力です。傷は付きやすいですが低価格のモノが多いため、一人暮らしで価格を抑えたい方やエントリーモデルとしても人気があります。

また、プラスチック製の電気ケトルは本体部分がそれほど熱くならないのもメリット。多くのメーカーで採用されており、ラインナップが豊富なのもポイントです。

ただし、プラスチック製の電気ケトルは使い始めの独特のニオイがすることもあります。ニオイの気になる方は何度かお湯を沸かして捨ててから使い始めましょう。

お手入れが簡単な「ガラスタイプ」

By: amazon.co.jp

ガラス製の電気ケトルは、ボディが透明で中身を確認しやすいのが特徴です。ガラスは汚れが目立ちやすいのが難点ですが、逆に汚れている部分を確認しやすく清潔に保てます。ニオイ移りの心配がないため、長期間清潔に使用したい方にもおすすめです。

また、ガラス製の電気ケトルは水の沸騰する様子が見えるスタイリッシュなデザインなので、インテリア性を重視の方にもおすすめです。ただし、ガラス製のモノは落とすと割れてしまうため、ペットや小さな子どものいる方は設置場所に注意しましょう。

強度が高い「ステンレスタイプ」

By: amazon.co.jp

ステンレスタイプの電気ケトルは、耐久性に優れており、傷つきにくいのが特徴です。倒れたり落としたりしても破損する恐れが少ないため、持ち運ぶことの多い方や長期間使用したい方に適しています。

また、ステンレスタイプの電気ケトルは比較的重い傾向にありますが、現在では軽量のモデルも多く販売されています。ただ、熱伝導性に優れている分表面も熱くなりやすい点には注意が必要です。

電気ケトルの機能にも注目

By: amazon.co.jp

電気ケトルは製品によってさまざまな機能を持っているため、それぞれのライフスタイルに合った製品を選びましょう。特によく使うことの多い方には安全性に優れたモノがおすすめです。

例えば、本体が2重底になっているモノなら表面に温度が伝わりにくいため、火傷のリスクが軽減できます。また、転倒湯漏れ防止機能を備えたモデルなら、万が一倒した場合にもお湯が漏れにくく安全です。

なお、沸騰速度も製品によって異なるため、忙しい朝などにすぐお湯を沸かしたい方などは沸騰速度の速いモノがおすすめ。普段使うお湯の量をあらかじめ調べておくと、沸騰までの時間を簡単に計算可能です。

そのほか、お湯を沸かす際に出る蒸気を抑える蒸気レス機能や、火事や故障を防ぐ空焚き防止機能などを備えたモデルもあります。メーカー独自の機能を搭載した製品もあるため、自分に必要な機能を備えたモデルを選びましょう。

保温や温度が設定できるとさらに便利

By: amazon.co.jp

1度に多めのお湯を沸かしておきたい方は、保温機能の付いている電気ケトルがおすすめです。2重底のモノや魔法瓶のモノなら、お湯を沸かした後も長時間一定の温度をキープできます。

特にステンレス製の電気ケトルは保温性に優れたモデルが多く、保温機能重視の方におすすめです。ただ、電気ケトルの保温機能は長くても1時間程度なので、それ以上の保温機能が欲しい方は電気ポットも検討しましょう。

また、お茶を淹れたり授乳用ミルクなどを作ったりする場合は、温度調節機能を搭載している電気ケトルがおすすめです。沸騰した後も電源供給用プレートに置いておけば設定した温度にキープできるため、常に適温で使用できます。

お手入れのしやすさもチェック

お湯を沸かすだけの電気ケトルでも、放っておくとカルキ汚れなどが付くため定期的なお手入れが必要です。特に本体内部は汚れやすく洗いにくい箇所なので、手軽に洗えるよう上部のフタを取り外して手を入れられるモノを選びましょう。

また、お手入れを考慮するのであれば、注ぎ口の広いタイプのほうがおすすめ。スポンジが入れやすく、洗うのが容易です。なお、注ぎ口の内側にネットがある場合は取り外して洗えるかも確認しておきましょう。

電気ケトルのおすすめメーカー

ティファール(T-fal)

By: amazon.co.jp

ティファールは世界で初めてコードレスの電気ケトルを開発したフランスの調理器具・小型家電メーカーです。日本では電気ケトルのほか、取っ手が着脱可能なフライパンで知名度を上げました。

軽量な樹脂製の電気ケトルがメインですが、ラインナップが豊富でステンレス製のモノやさまざまな機能を搭載したモデルもリリースしています。温度調節機能の付いたモデルもあり、それぞれのライフスタイルに合わせて選びやすいメーカーです。

タイガー魔法瓶(TIGER)

By: amazon.co.jp

タイガー魔法瓶は、水筒やポットなどを多数リリースしている大手家電メーカーです。保温性に優れた魔法瓶に定評があり、安全性と使いやすさを重視したモデルを豊富に取り揃えています。

特に小さな子どもや高齢者の方のいる家庭には「わく子」という軽量で蒸気レス機能を搭載したモデルが人気です。また、基本的に転倒湯漏れ防止構造が採用されているため、より安全に使用できます。

デロンギ(DeLonghi)

By: amazon.co.jp

デロンギは、暖房機器やキッチン家電を取り扱うイタリアの家電メーカーです。イタリアらしい鮮やかなカラーとスタイリッシュなデザインから、デザイン性重視に人気があります。

電気ケトルには基本的に耐久性の高いステンレス製を採用しており、フタを取り外せるモデルも多いため長期間愛用したい方にもおすすめ。自動電源オフ機能や空焚き防止機能の付いたモデルもあり、安全性にも配慮しています。

【一人暮らし向け】電気ケトルのおすすめモデル|0.6Lタイプ

バルミューダ(BALMUDA) BALMUDA The Pot K02A

バルミューダ(BALMUDA) BALMUDA The Pot K02A

おしゃれなデザインで人気の高い電気ケトルです。ステンレスに塗装を施した、上品な質感とハンドルの端部に搭載したランプが洗練された印象を与えます。容量は0.6Lで、コーヒー約3杯分、カップヌードル約2杯分のお湯を素早く沸かすことが可能です。

ノズルとハンドルの形状がお湯の注ぎやすさを追求した設計なのもポイント。狙った場所にお湯を注げる上、注ぐお湯のスピードをコントロールできます。特にコーヒーのハンドドリップにおすすめです。

電源コードは電源プレートの底面に巻きつけて長さを調節でき、収納時もすっきりとまとめられます。コンパクトで手軽に使えるハイクオリティな電気ケトルです。

タイガー魔法瓶(TIGER) 電気ケトル わく子 PCM-A060

タイガー魔法瓶(TIGER) 電気ケトル わく子 PCM-A060

マットな質感がおしゃれな電気ケトルです。コンパクトで場所を選ばず設置でき、約700gの軽量ボディで取り回ししやすいのが特徴。カップ1杯分に相当する140mlのお湯を60秒ほどで沸かせるため、手軽に使える電気ケトルとしておすすめです。

従来より蒸気を約90%カットした省スチーム設計なのもポイント。また、転倒湯漏れ防止構造やプラスチックによる二重構造を採用している上、自動電源オフ機能や空焚き防止機能といった安全装置も搭載しています。

安全性に優れているので、小さな子どもがいる家庭でも安心です。フタはワンタッチで容易に着脱でき、内容器の直径が約10cmと広いため、スムーズに内側を掃除できます。使い勝手のよいおすすめモデルです。

アピックス(APIX) 電気カフェケトル AKE-278

アピックス(APIX) 電気カフェケトル AKE-278

コーヒーのハンドドリップ用として設計された電気ケトルです。ステンレスを使用した光沢のある美しいボディと、木目柄のハンドルとフタがおしゃれな雰囲気を演出します。

注ぎ口が細いため、注ぐお湯の量がコントロールしやすいのもメリット。注ぎ口は水切れのよい形状に設計されており、液だれすることなく快適にハンドドリップを行えます。フタは取り外しが可能で、本体の口が広く内部までしっかりと洗えるのも魅力です。

自動電源オフ機能と空焚き防止機能を搭載しており、安全性にも優れています。容量0.7Lのコンパクトなハンドドリップ向け電気ケトルです。

ミヨシ 折りたためるトラベルケトル MBE-TK02

ミヨシ 折りたためるトラベルケトル MBE-TK02

携行性に優れた電気ケトルです。シリコン部分を折りたたみコンパクトに収納できるのが特徴。収納時のサイズは約幅129×奥行202×高さ100mmで、重量が約540gと軽いため、スーツケースに入れて旅行や出張へ気軽に持ち運べるのが魅力です。

容量は0.5Lで、一度にコーヒー約2〜3杯分、カップ麺約1〜2杯分のお湯を沸かせます。保温機能を搭載しており、お湯が冷めると自動で再加熱するのもメリット。フタはワンプッシュで開く構造で、片手がふさがっている場合も簡単に給水を行えます。

電圧の切り替えが可能で、海外で使えるのもポイント。持ち運びに適した電気ケトルを探している方におすすめです。

【二人暮らし向け】電気ケトルのおすすめモデル|0.8L〜1.2Lタイプ

ティファール(T-fal) アプレシア プラス カフェオレ 0.8L BF805170

ティファール(T-fal) アプレシア プラス カフェオレ 0.8L BF805170

コンパクトで人気の高い電気ケトルです。容量は0.8Lで、コーヒー1杯分に相当する約140mlのお湯を約50秒で沸かせます。電源プレートを除いた本体重量が約535gと軽いのもポイント。片手で容易に持ち上げられるので、女性や年配の方にもおすすめです。

注ぎ口は湯切れのよい設計で、注いだ際にお湯がたれにくく安心して使えます。注ぎ口にはカバーを施しており、空中に舞うホコリの侵入を防げるのもメリット。注ぎ口の根元部分には異物の混入を防ぐフィルターも搭載しています。

フィルターは取り外し可能なので、ノズルのお手入れも容易。また、安全装置として空焚き防止機能を内蔵しています。1〜2人暮らし向けのおすすめモデルです。

ティファール(T-fal) パレ 1L KO2521JP

ティファール(T-fal) パレ 1L KO2521JP

磁器のような質感と波打つドレープデザインがおしゃれな電気ケトルです。1250Wのハイパワーを備えており、カップ1杯に相当する140mlのお湯を約56秒で沸かせます。容量は1Lで、自炊にも便利な大きさです。

本体の重量は約675gと軽く、片手で簡単に持ち上げられるのもポイント。ハンドル側には目盛りつき窓を搭載しており、ひと目でお湯の量を確認できます。フタとフィルターは取り外せるので、内部の掃除も容易です。

本体に銀イオン配合の抗菌素材を使用しているため、衛生的に使えるのもメリット。自動電源オフ機能や空焚き防止機能といった安全装置も内蔵しています。華やかなデザインの使いやすい電気ケトルです。

タイガー魔法瓶(TIGER) 蒸気レス 電気ケトル わく子 PCJ-A081

タイガー魔法瓶(TIGER) 蒸気レス 電気ケトル わく子 PCJ-A081

安全性に優れた電気ケトルです。蒸気が噴き出さない蒸気レス構造を採用しており、高温の蒸気による事故を防止できます。また、フタ部分には給湯ロックボタンを搭載。万が一電気ケトルが倒れた際に、お湯もれを最小限に抑えることが可能です。

本体にプラスチックの二重構造を採用しているため、熱くなりにくく保温性が高いのもメリット。さらに、安全装置として空焚き防止機能も搭載しています。安全設計が充実した電気ケトルを探している方におすすめです。

容量は0.8Lで、カップ1杯分に相当する140mlのお湯をわずか45秒で沸かせるのもポイント。フタはワンタッチで取り外すことが可能で、口が直径約10cmと広いため、本体内部を簡単に掃除できます。小さな子どもがいる家庭にもおすすめの電気ケトルです。

山善(YAMAZEN) 電気ケトル YKG-C800

山善(YAMAZEN) 電気ケトル YKG-C800

コスパに優れたハイスペックな電気ケトルです。60〜100℃の範囲に1℃刻みで温度調節を行えるのが特徴。プリセット温度選択による60・70・80・85・90・95℃の6段階調節や、素早くお湯を沸かす沸騰モードも選べます。

そのため、細かくお湯の温度をコントロールすることでおいしいコーヒーやお茶をいれたい方におすすめ。また、細口ノズルを採用しているので、コーヒーのハンドドリップを行いやすいのもメリットです。

最長60分まで可能な保温機能も搭載しており、お湯を指定の温度でキープできるのもポイント。容量は約0.8Lで、おしゃれなマット仕上げのためインテリアにも馴染みます。温度調節機能を重視する方におすすめです。

デバイスタイル(deviceSTYLE) 温度計付き電気ケトル KA-800C

デバイスタイル(deviceSTYLE) 温度計付き電気ケトル KA-800C

ナチュラルなデザインが魅力の電気ケトルです。ホーローに似た質感のステンレスボディと木目調の組み合わせがおしゃれな印象を与えます。注ぎ口にはグースネック式を採用しており、お湯の量をコントロールしやすいためコーヒーのハンドドリップにおすすめです。

容量は1〜2人暮らしに最適な0.8L。1200Wのパワフルな出力が可能で、200mlのお湯を約80秒で沸かせるのもメリットです。

また、フタ部分にアナログ式の温度計を搭載しているのもポイント。お湯の温度を細かくチェックできるので、お茶やコーヒーを適切な温度でいれられます。おしゃれなデザインのハンドドリップ向けモデルとしておすすめです。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 電気ケトル CK-AW08

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 電気ケトル CK-AW08

多機能で使い勝手のよい電気ケトルです。給湯レバーを離すと自動的にロックがかかり、転倒時にお湯が漏れにくくなる構造を採用しています。また、蒸気レス構造で高温の蒸気による事故を防止。キッチンやリビングなど置き場所を選ばず設置できるのが魅力です。

さらに、安全装置の空焚き防止機能も内蔵しています。安全性に優れているため、小さな子どもがいる家庭や、シニア世代の方にもおすすめ。また、保温機能を搭載しており、約90℃を1時間キープできるのもメリットです。

湯量調節も可能で、給湯レバーの押し具合で簡単に湯量をコントロールできます。フタをワンタッチで取り外せるのもポイント。内容器は口が広く、汚れがつきにくいフッ素加工を施されているので、お手入れを容易に行えます。高性能で使いやすいおすすめの電気ケトルです。

ハッシュタグ(HashTAG) 電気ケトル HT-DK11-AG

ハッシュタグ(HashTAG) 電気ケトル HT-DK11-AG

レトロで可愛らしいデザインの電気ケトルです。容量は0.8Lで、目盛りが記されているため簡単に必要な量のお湯を沸かせます。沸騰すると電源が切れる自動電源オフ機能や空焚き防止機能を搭載しており、安全性に優れているのも魅力です。

木製のティースプーンが2つ付属しているのもポイント。ナチュラルな木目調がおしゃれなカフェタイムを演出します。インテリア性を重視する方におすすめの製品です。

ビタントニオ(Vitantonio) 温調ドリップケトル アクティ VEK-10-K

ビタントニオ(Vitantonio) 温調ドリップケトル アクティ VEK-10-K

バリスタ監修のコーヒードリップに特化した電気ケトルです。本体の素材にはニオイ移りが少ないステンレスを使用。ハンドルにはブナの天然木を使用しており、マットなブラックとの組み合わせがおしゃれな印象を演出します。

容量は約0.8Lで、50〜100℃の範囲に1℃刻みで温度を調節できるのもポイント。お湯を注いだ後、本体を電源プレートに戻すと設定温度に再加熱・保温を行う独自の「バリスタ機能」も内蔵しています。

お湯の温度にこだわることで、おいしいコーヒーをいれられるのが魅力です。さらに、細口ノズルとハンドル角度のバランスにこだわって設計しているため、注ぐお湯の量とスピードを繊細にコントロールできるのもメリット。ハンドドリップをサポートする機能が充実したおすすめ製品です。

デロンギ(DeLonghi) アイコナ・ヴィンテージ コレクション 電気ケトル KBOV1200J

デロンギ(DeLonghi) アイコナ・ヴィンテージ コレクション 電気ケトル KBOV1200J

レトロなカラーがおしゃれな電気ケトルです。1950年代のイタリアンデザインをモチーフにしており、インテリア性の高い電気ケトルを探している方におすすめ。容量は1Lで、二人暮らしに最適です。

ハンドル側に水量計を搭載しており、0.5・0.75・1Lの目盛りが記されているため一目でお湯の量を把握できるのもメリット。本体の素材は耐久性に優れ高級感のあるステンレスを使用しています。

注ぎ口の根元に搭載しているフィルターとフタは取り外しが可能。フタの口が広いので内側を容易に洗えるのもポイントです。沸騰速度も速く、200mlのお湯を約85秒で沸かせるため、必要なときに素早くお湯を用意できます。

自動電源オフ機能や空焚き防止機能を備えており、安心して使用できるのも魅力。ヴィンテージスタイルの使いやすい人気製品です。

デロンギ(DeLonghi) アクティブ 電気ケトル KBLA1200J

デロンギ(DeLonghi) アクティブ 電気ケトル KBLA1200J

海外ブランドならではの色合いがスタイリッシュな電気ケトルです。容量は1Lで最少200mlからお湯を沸かせるため、必要な量だけ手軽に沸かして便利に使えます。

ハンドル側には水量計を搭載しており、目盛りが記されているので容易にお湯の量を確認できるのもメリット。注ぎ口はとんがり形状を採用しているため、注ぐお湯の量を簡単に調節できます。

注ぎ口の根元には取り外し可能なフィルターを搭載しており、異物の混入を防げるのもポイント。フタはワンプッシュで開くよう設計されているので、片手でもスムーズに開けられます。自動電源オフ機能や空だき防止機能も内蔵。お手頃価格で使いやすいおすすめモデルです。

【ファミリー向け】電気ケトルのおすすめモデル|1.5L〜タイプ

ライソン(LITHON) D-STYLIST ガラスケトル 1.5L KK-00343

ライソン(LITHON) D-STYLIST ガラスケトル 1.5L KK-00343

ボディにガラスを使用したスタイリッシュな電気ケトルです。中身の様子がひと目でわかるため、湯量や沸騰の具合を簡単に把握できるのが魅力。容量が1.5Lと大きいので、人数が多い家庭にもおすすめです。

お湯を沸かす際はブルーのライトが点灯するのもポイント。加熱中かどうかがわかりやすく、インテリアとしてもおしゃれでデザイン性に優れています。

沸騰後の自動電源オフ機能や空焚き防止機能を内蔵しているのもメリット。ガラス製の大容量タイプを探している方におすすめの製品です。

ヒロコーポレーション コンパクトケトル 1.7L KTK-350

ヒロコーポレーション コンパクトケトル 1.7L KTK-350

容量1.7Lでたっぷりとお湯を沸かせる電気ケトルです。人数が多い家庭や、料理に大量のお湯を使う方におすすめ。最少500mlからお湯を沸かせるので、お茶やコーヒー、インスタントラーメンといった用途にも使えます。

自動電源オフ機能を搭載しているため、噴きこぼしがなく安全に使用できるのもポイント。また、空焚き防止機能も内蔵しているので安心です。リーズナブルな大容量モデルなので、ぜひチェックしてみてください。