スイッチひとつですぐにお湯を沸かせる「電気ケトル」。1台あれば忙しい朝でもコーヒーやインスタントスープをすぐに作れます。デザイン性に優れたモノならインテリアにも馴染みやすく、おしゃれ家電としても人気です。

そこで今回は、電気ケトルのなかからおすすめの製品をご紹介します。選び方についても解説しているので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

電気ケトルのメリット

電気ケトルは、その名のとおり、電気を使ってお湯を沸かす「やかん」です。ガスや火を使わないので火災の心配がなく、安全性が高いためご高齢の方にも人気があります。キッチン以外でも使えるほか、コンパクトなモノが多く、省スペースで設置できるので一人暮らしにもおすすめです。

また、コーヒー1杯分など少量のお湯を沸かせるのもメリット。湯沸かし時間が短いのも特徴で、少量なら約1分前後で沸騰します。忙しい朝にスープやコーヒーを作ったり、手早くカップラーメンを作ったりと便利に使えるキッチン家電です。

電気ケトルと電気ポットとの違い

電気ケトルと電気ポットの大きな違いは、容量の大きさと保温時間の長さです。電気ケトルは大きなモデルでも容量1.7L程度で、容量1L前後のモデルが主流。一方で、電気ポットは容量2L以上のモデルが多く、一度にたくさんのお湯を沸かせます。

また、湧かしたお湯を使い切ることを想定しているため、電気ケトルは保温機能がないモノが一般的です。電気ポットは、大量のお湯を沸かして長時間保温できるので、お湯を沸かす頻度を抑えられます。

ただし、電気ポットはサイズも大きく、設置に場所を取るほか、持ち運びにくいのが難点です。さらに、保温する分、電気代も高くなる傾向があります。

大家族で一度に2L以上のお湯を沸かしたい方や、お湯を沸かす頻度が高い方は電気ポット、一人暮らしで少量のお湯を素早く沸かしたい方や電気代を抑えたい方は電気ケトルがおすすめです。

電気ポットについて詳しく知りたい方はこちら

電気ケトルの選び方

用途や人数に合わせて容量をチェック

電気ケトルの容量は0.6〜1.7Lと幅広く展開されています。保温することを目的としていないため、一度に使うお湯の量に合わせてサイズを選ぶのがポイントです。

電気ケトルの一般的な使用用途として、コーヒーやカップラーメンがあります。コーヒー1杯なら140〜250ml、カップラーメン1杯なら300〜500mlが目安。一度に何杯分のコーヒーやカップラーメンを作るかも考慮して、必要な容量を計算しておくと安心です。

たとえば、コーヒー1杯とカップラーメン1杯が作れる0.6〜0.8Lモデルは一人暮らしの方に人気があります。また、2人暮らしならカップラーメンを2杯作れる0.8Lモデル、家族が多い場合なら1.2L以上の大容量モデルがおすすめです。

沸騰時間をチェック

電気ケトルは、電気ポットに比べると、より短時間でお湯を沸かせるのが特徴です。とはいえ、製品によって沸騰時間はさまざま。忙しい朝に素早くコーヒーなどを作りたい方は、製品仕様などに記載された沸騰時間もチェックして選んでみてください。

もし沸騰時間の記載がない場合は、消費電力の高さも目安になります。電気ケトルの消費電力は、700〜1300W程度です。消費電力が高いほど、素早くお湯を沸かせます。

たとえば、140mlのお湯を沸かす場合、700Wなら約1分、1300Wなら約45秒程度の時間が必要。沸かす量が増えるほど時間がかかるので、大容量モデルを選ぶ際は、消費電力1000W以上のモノがおすすめです。

注ぎ口の形状をチェック

素早く注げる「三角口」

By: tiger.jp

「くちばし型」とも呼ばれる「三角口」は、注ぎ口が三角形になっており、電気ケトルのなかで特に多いタイプです。注ぎ口が広く、お湯を一気に注げるのが特徴。カップラーメンやインスタントスープなどを作るのに適しています。

また、注ぎ口からケトル部までの距離が短く、洗いやすいのもメリットです。お湯を注ぐ際にカップラーメンや粉末スープが飛び散り、注ぎ口が汚れた場合でも布巾などできれいに拭き取れます。

ただし、注ぎ口が広い分、ほこりなどが侵入しやすいのがデメリット。使用頻度が少ない方や、ほこりが気になる場所で使用する方は、注ぎ口にカバーが備わっているモデルがおすすめです。

コーヒーを淹れるのに適した「細口」

By: amazon.co.jp

ドリップコーヒーをおいしく淹れたい方や、お湯の注ぎ過ぎを防ぎたい方は、ゆっくりとお湯を注げる「細口」タイプの電気ケトルがおすすめです。

少量ずつお湯を注げるので、じっくり蒸らしながらコーヒーを淹れることが可能。また、注ぐ量を調節しやすく、注ぎ過ぎによりコーヒーが薄くなってしまう失敗や、カップからあふれたお湯で火傷するのも防げます。

さらに、外観がおしゃれなモデルが多いのもポイント。インテリアにこだわる方からも人気があります。

保温機能があると便利

By: amazon.co.jp

電気ケトルは沸かしてすぐに使うことを想定し設計されており、保温機能が備わっていないモデルが主流です。しかし、なかには、最大1時間後まで保温できるモデルも存在します。

電気ケトルで沸騰させたお湯をうっかり忘れて放置すると数十分後には冷めてしまいますが、保温機能があれば再度お湯を沸かす手間を省けるので便利です。また、食事中などに急須のお茶をおかわりしたい場合にも、保温しておくことですぐにお茶を作れます。

材質ごとの特徴をチェック

プラスチック

プラスチック製の電気ケトルは素材の性質上、本体が軽いため持ち運びやすいほか、片手で持ち上げやすくラクにお湯を注げるのがメリット。また、熱を伝えにくい性質もあり、側面の温度が高くなりにくいので火傷が心配な方にもおすすめです。

なお、製品によっては沸かしたお湯にプラスチックのニオイが移ってしまう場合があるので、白湯をおいしく飲みたい方は留意しておきましょう。価格も比較的安いので、コストパフォーマンスを重視する方はプラスチック製の電気ケトルをチェックしてみてください。

ステンレス

By: amazon.co.jp

ステンレス製の電気ケトルは、耐久性が高く長く愛用したい方におすすめです。急激な温度変化や衝撃を加えても割れないほか、濡れてもサビにくくこすっても傷が付きにくいので、きれいな外観が長持ちします。

また、金属ならではのスタイリッシュでおしゃれなデザインが多いのも特徴。インテリア性を重視する方はステンレス製の電気ケトルもおすすめです。なお、ステンレスは熱を伝えやすい性質があり、側面が熱くなりやすいため、手が触れて火傷をしないように注意しましょう。

さらに、プラスチック製の電気ケトルに比べると重さもあります。特に大容量モデルを探している方は、ハンドルの握りやすさや持ち運びやすさも考慮して選んでみてください。

ガラス

By: amazon.co.jp

透明なガラス製の電気ケトルは、ケトルの中が見えるので、沸騰具合を確認できるのがメリットです。ガラスならではのおしゃれな外観も人気があります。

また、ガラスはニオイ移りが少ない性質があり、沸かしたお湯は雑味がなく白湯を飲みたい方にもおすすめです。なお、ガラスは衝撃に弱いため、落としたり強くぶつけたりすると割れる恐れがあります。耐熱ガラスは重さもあるので、お湯を注ぐ際やお手入れの際は注意して扱いましょう。

お手入れしやすいモデルを選ぼう

By: t-fal.co.jp

キッチンに電気ケトルを設置する場合は、食べ物の飛び散りなどで側面や注ぎ口が汚れやすいので、汚れの掃除がしやすいかを確認するのも選び方のポイントです。

ただ、電気ケトルは電気を通して使うため、通常のやかんのように丸洗いをしてしまうと、感電したり、ショートを起こして故障したりする恐れがあるので注意しましょう。数は少ないですが、なかにはケトル部を丸洗いできるモデルも存在します。とにかくラクにお手入れしたい方はチェックしてみてください。

また、丸洗い非対応でも、形状がシンプルで注ぎ口が広いほど、汚れの掃除がしやすくなります。さらに、電気ケトルの内側もお手入れしたい場合は、給水口が広いモノがおすすめです。給水口から手を入れ、スポンジなどできれいに掃除できます。

電気ケトルのおすすめメーカー

ティファール(T-fal)

By: amazon.co.jp

ティファールは、世界ではじめてコードレスの電気ケトルを開発したフランスの調理器具・小型家電メーカー。日本では電気ケトルのほか、取っ手が着脱可能なフライパンが有名です。

軽量な樹脂製の電気ケトルがメインですが、ラインナップが豊富なのもポイント。ステンレス製のモノや、さまざまな機能を搭載したモデルも展開されています。デザインもおしゃれで、ライフスタイルに合わせて選びやすいメーカーです。

バルミューダ(BALMUDA)

By: amazon.co.jp

バルミューダは、2003年に東京で設立したメーカー。自然界の風を再現した扇風機やスチーム機能付きのトースター、蒸気の力でおいしく炊き上げる炊飯器など、機能性の高いさまざまな白物家電を展開しています。おしゃれなデザインのモノが多く、インテリアとして楽しめるのも人気の理由です。

電気ケトルに関しては、お湯の注ぎやすさにこだわったモデルを展開しています。コーヒーを淹れる場合はゆっくり、カップラーメンを作る場合は素早くと、お湯の流速を自由に調節しやすい注ぎ口が便利です。

タイガー魔法瓶(TIGER)

By: amazon.co.jp

タイガー魔法瓶は、水筒やポットなどを多数展開している大手家電メーカーです。保温性に優れた魔法瓶に定評があり、安全性と使いやすさを重視したモデルを豊富に取り揃えています。

特に、小さな子供や高齢者の方がいる家庭には、「わく子」という軽量な蒸気レス機能を搭載したモデルが人気。また、基本的に転倒湯漏れ防止構造が採用されているため、安全性を重視したい方にもおすすめです。

デロンギ(DeLonghi)

By: amazon.co.jp

デロンギは、暖房機器やキッチン家電を取り扱うイタリアの家電メーカー。イタリアらしい鮮やかなカラーと、スタイリッシュなデザインで支持を集めています。

電気ケトルには基本的に耐久性の高いステンレス製を採用しており、フタを取り外せるモデルも多いため、長期間愛用したい方にもおすすめ。自動電源オフ機能や空焚き防止機能の付いたモデルもあるなど、安全性に配慮されているのも魅力です。

電気ケトルのおすすめモデル

ティファール(T-fal) アプレシア エージー・プラス コントロール 0.8L KO6201JP

好みに合わせてお湯の温度をコントロールできる容量0.8Lの電気ケトルです。湯沸かし温度を60〜100℃まで7段階に設定可能。最適な温度でお茶やコーヒーをおいしく淹れられるほか、赤ちゃんのミルクもより手軽に作れます。

また、最大1時間後まで保温できる機能が備わっており、沸騰後すぐに使い切る必要がないのもおすすめポイントです。湯切れのよい三角口を採用し、テーブルなどが濡れるのを防げるのもメリット。ほこりが入るのを予防するカバーも搭載し、注ぎ口が汚れにくく清潔に使用できます。

さらに、給水口のふたは取り外しでき、内側の掃除も簡単です。本体は「AGプラス抗菌仕様」で、ニオイや着色を予防し長く使用できます。

ティファール(T-fal) ウォッシャブル 0.8L KO8001JP

IPX5の防水構造で、ケトル部を丸洗いできる容量0.8Lの電気ケトル。食べ物の飛び散りなどで側面や注ぎ口が汚れても、水道水と洗剤を使ってしっかりと洗い流せるので清潔に保ちやすいのが魅力です。

また、給水口のふたは取り外し可能。給水しやすいほか、スポンジなどを使って内部をきれいに洗えるのもメリットです。1250Wの高火力により、140mlなら約54秒と短時間で沸騰が完了。忙しい朝にスープやコーヒーなどを淹れたい方にもおすすめです。

140mlの湯沸かしにかかる電気代が約0.52円と安いのも魅力。経済的に使用できる電気ケトルを探している方もチェックしてみてください。

ティファール(T-fal) ジャスティン プラス 1.2L KO3408JP

スリムな三角口を採用し、注ぐ量をコントロールしやすい容量1.2Lの電気ケトル。カップラーメンなら流量を増やして一気に、ドリップコーヒーなら細めにゆっくりとお湯を注げます。

また、大容量で家族が多い方にもおすすめです。カップラーメンなら2〜4つ分、コーヒーなら最大8杯分のお湯を一度に沸かせます。大容量ながら価格が安いのも人気の理由。コスパ重視の方もチェックしてみてください。

さらに、給水口のふたは開けたまま固定できる構造で、ふたを置く手間がなく手軽に給水できるのもメリットです。従来モデルに比べ給水口が約30%広く設計され、内部の洗いやすさが向上しています。

バルミューダ(BALMUDA) BALMUDA The Pot K02A

流速を調節できる細口構造で、コーヒーはゆっくり、カップラーメンは素早くお湯を注げる容量0.6Lの電気ケトル。また、注ぎ口は、湯切れしやすい形状でテーブルなどが濡れるのを予防できるのもおすすめポイントです。

ケトル部の重さは約0.6kgと軽く、片手でラクに持ち上げられるのも魅力。ハンドルも注ぎやすさにこだわった設計で、快適に使用できます。さらに、ハンドルの先に「湯沸かしランプ」を搭載。湯沸かし中にランプが点灯し完了すると消灯する仕組みで、ひと目で分かりやすいのもメリットです。

電源ベースを含んだサイズは幅26.9×奥行14.2×高さ19.4cmとコンパクトで、一人暮らしにもおすすめ。ステンレス製のボディに塗装を施したスタイリッシュな外観も人気があり、インテリアとしても楽しめます。

タイガー魔法瓶(TIGER) 蒸気レス 電気ケトル PCK-A080

デザイン性・機能性・安全性が高く、さまざまなシーンで活躍できる容量0.8Lの電気ケトルです。デザインに関しては、マットな質感のおしゃれな外観が人気。スタイリッシュなキッチンにもよく馴染みます。また、コンパクトサイズなので一人暮らしにもおすすめです。

機能性に関しては、1300Wの高火力により140mlなら約45秒で沸騰し、忙しい朝にも便利。流量を調節しやすいスリムな三角口を採用し、ドリップコーヒーもおいしく淹れることが可能です。

安全性に関しては、ステンレス製の内容器と鋼板ケースの「本体二重構造」により側面が熱くならないのがポイント。さらに、蒸気が外に漏れない「蒸気キャッチャー構造」により蒸気で手を火傷するリスクも軽減しています。

転倒時にお湯もれを最小限に抑える「給湯ロックボタン」も搭載。倒れても大きな事故につながるのを防げるので安心です。

タイガー魔法瓶(TIGER) 蒸気レス 電気ケトル PCJ-A101

高い安全性とお手入れのしやすさが魅力の容量1Lの電気ケトルです。蒸気を外へ漏らさない「蒸気レス」構造、側面が熱くならない「本体二重構造」、転倒時にお湯もれを軽減する「給湯ロックボタン」と安全機能が充実。小さな子供がいる家庭でも安心して使用できます。

給水口のふたはワンタッチで着脱でき、給水やお手入れが簡単です。また、給水口の直径が約10cmと広く、スポンジなどを使って内側の汚れをしっかり落とせるのもおすすめポイント。本体外側も凹凸が少ないシンプルな形状で、汚れをラクに掃除できます。

タイガー魔法瓶(TIGER) 電気ケトル PCL-A120

丸みのあるおしゃれなフォルムで、ほかのインテリアと合わせやすくキッチンでもリビングでも違和感なく使用できる容量1.2Lの電気ケトルです。大容量なので、ホームパーティーや来客時にも活躍します。

また、樹脂製の「本体二重構造」により、保温性が高いのもおすすめポイントです。保温機能がないにも関わらず、湯沸かし1時間後でも約79℃と温度を高く保てます。さらに、側面も熱くならず、安全に使用できるのもメリットです。

そのほか、本体が傾いてもお湯もれしにくい「転倒お湯もれ防止構造」に加え、蒸気の量が少ない「省スチーム設計」などの安全機能が充実しています。給水口のふたはつまんで簡単に取り外せるほか、直径が約8cmと広くお手入れのしやすさも良好です。

デロンギ(DeLonghi) アイコナ・キャピタルズ 電気ケトル KBOC1200J

レトロなフォルムと鮮やかな色合いがおしゃれな容量1Lの電気ケトル。落ち着いた雰囲気と高級感があり、キッチンのインテリアとしても人気があります。ステンレス製の本体は耐久性が高く、長く愛用したい方にもおすすめです。

注水口のふたは、取り外して丸洗い可能。注水口は広く設計され、ケトル部の内部も簡単にお手入れできます。また、注ぎ口とケトル部の境目に搭載されたフィルターも取り外し可能です。異物が混入しフィルターが汚れても、きれいに掃除できます。

さらに、使用しないときは電源コードを電源ベースの裏側に巻きつけられ、すっきり収納できるのもポイントです。

デロンギ(DeLonghi) アクティブ シリーズ 電気ケトル KBLA1200J

ステンレスリングのデザインが特徴的なデロンギの家電シリーズ「アクティブ」の電気ケトル。シンプルかつスタイリッシュな外観は、どんなキッチンにも合わせやすく人気があります。

また、電源ベースを含み幅21.5×奥行16.5×高さ20.5cmとコンパクトながら、最大1Lの湯沸かしができる大容量設計。1200Wのハイパワーで、たっぷりのお湯を素早く沸かせるのもメリットです。

さらに、本体はプラスチック製で比較的軽く、片手でラクに持ち上げられます。取っ手の上部に搭載された「ふたオープンボタン」を押せばふたを開けられるので、給水も簡単です。

三角口を採用し、注ぐ量を調節しやすいのもポイント。カップラーメンはもちろん、ドリップコーヒーも注ぎ過ぎを予防しながら淹れられます。

デロンギ(DeLonghi) アイコナ 温度設定機能付き KBOE1230J

表面に凹凸加工を施した高級感のあるおしゃれなデザインと、高い機能性が両立した容量1Lの電気ケトル。凹凸加工された表面は、指紋が目立ちにくくお手入れの頻度を軽減できます。本体の素材には耐久性の高いステンレスを使用し、長く使いたい方にもおすすめです。

また、50・60・80・95・100℃から選べる温度設定機能と、最大20分の保温機能も便利。50℃で赤ちゃんのミルクを手軽に作れるほか、最適な温度で紅茶やコーヒーなどをおいしく淹れられます。保温機能により、焦らずゆっくりとお湯が使えるのもメリットです。

さらに、正確に注げるように設計された細口タイプの注ぎ口を採用。小さなカップも注水口の小さな急須もこぼさずにお湯を丁寧に注げます。

ラッセルホブス(Russell Hobbs) カフェケトル 7410JP

ステンレス製で高い保温性を実現した容量1Lの電気ケトルです。1時間後も約70℃と高い温度を維持でき、保温機能がなくても焦らずにお湯を使えます。食事中にお茶をおかわりすることが多い方や、ゆっくりとティータイムを楽しみたい方にもおすすめです。

また、ドリップコーヒーを淹れやすい細口タイプの注ぎ口を採用しています。ケトルの底面に近い位置に注ぎ口が付いており、最後までお湯を使い切りやすいのもメリットです。

さらに、片手でもラクに持ち上げられるよう設計されたハンドルもポイント。熱くなったステンレス製の側面に手が触れないように、ハンドル部とステンレス側をプラスチック素材でカバーし、火傷を予防できます。

シロカ(siroca) 温度調節電気ケトル SK-D171

用途に合わせて、3つの湯沸かしモードを使い分けられる容量0.8Lの電気ケトルです。沸騰させるだけの「沸騰モード」に加え、設定温度まで加熱して保温する「加熱モード」と一度沸騰させたお湯を設定温度まで冷まして保温する「煮沸モード」も搭載しています。

煮沸モードは時間がかかりやすいのが難点ですが、赤ちゃんのミルク作りにおすすめです。また、温度は60〜100℃まで1℃単位で細かく設定でき、本格的なコーヒーや濃さにこだわった紅茶などを淹れられます。

保温時間は最大1時間で、ゆっくりとティータイムを楽しめるのもメリットです。さらに、おしゃれな外観も人気があり、キッチンのインテリアとしても楽しめます。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 電気ケトル CK-AX10

「ハンドドリップモード」を搭載し、三角口ながら細口のようにゆっくりとお湯を注げる容量1Lの電気ケトル。ドリップコーヒーをおいしく淹れたい方におすすめです。一方で、カップラーメンを作る場合は、通常モードに切り替えることで素早くお湯を注げます。

また、水道水のカルキ臭を軽減する「カルキとばしコース」を搭載。カルキ臭が少ない分、コーヒーやお茶の本来の風味を味わえるのが魅力です。水道水の白湯をよりおいしく飲みたい方にも適しています。

さらに、「1時間あったか保温」により、最大1時間までお湯の温度を約90℃に保てるのもメリット。食事中やティータイムなどで急須にお湯を足したい場合や、コーヒーをおかわりしたい場合に便利です。

「蒸気レス構造」「転倒湯もれ防止構造」に加え、側面が熱くならない「本体二重構造」を採用。蒸気や熱湯で火傷しにくい安全構造なので、子供がいる家庭でも安心して使用できます。

パナソニック(Panasonic) 0.8L 電気ケトル NC-KT083

使い勝手のよいオーソドックスな電気ケトル。倒れてもこぼれにくい「転倒湯もれ防止構造」、外部接点に熱さをケアできる「本体二重構造」、トラブルを回避できる「空だき防止機能」、沸騰すると止まる「電源自動OFF」など、安全性に配慮しているのが特徴です。

容量は0.8Lで、消費電力は1200W。サイズは221×193×148mmで、重さは1kgとなっています。なお、沸騰時は勢いよく蒸気が出るので、特に小さな子供がいる家庭では設置場所に注意しておきましょう。

ツインバード工業(TWINBIRD) 電気ケトル TP-D483W

注ぎ口が上向きで、水差しのような形状をしている電気ケトル。大容量かつ高出力でお湯を沸かせるのが特徴で、4人家族などのファミリー向き製品としておすすめです。容量は1Lで、消費電力は1400W。サイズは225×160×240mmで、重さは1.2kgとなっています。

また、表面が熱くなりにくい2重構造やうっかり倒してもお湯がこぼれにくい「転倒時湯漏れ防止構造」、さらには空焚きを感知すると自動で電源がオフになる「空焚き防止機能」など、安全性にも配慮。フタはワンタッチでらくに着脱できるほか、広口12cmのステンレス内容器は目盛りも見やすく、お手入れも容易です。

デザインはシンプルで、インテリアとして違和感なく置けるのもポイント。トータルバランスに優れたアイテムを求めている方はぜひおさえておきましょう。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ドリップケトル 温度調節付き IKE-C600T

「日本茶」「コーヒー」「沸とう」を切り替えられるメニューボタンを搭載し、手間なく飲み物に合わせた温度設定ができる電気ケトル。メニューを選択するだけで、日本茶は70℃、コーヒーは90℃、沸とうは100℃にお湯の温度が自動設定されます。

また、60〜100℃まで5℃単位と細かく設定できる温度調節機能も搭載。赤ちゃんのミルクを作りたい方や、お湯の温度にこだわりたい方にもおすすめです。さらに、最大1時間の保温機能も便利。60〜95℃まで設定した温度で保温でき、ティータイムもゆっくり楽しめます。

アンティーク調のおしゃれなデザインも人気。給水口のふたは取り外せるうえ、広口なので給水しやすく内側のお手入れも簡単です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 電気ケトル 温度調節付 IKE-G1500T

茶こし付きで、急須やポットなどを使わずに日本茶や紅茶が作れる電気ケトル。1.5Lと大容量で、ホームパーティーや親戚の集まりなどで大人数分の飲み物を手早く作りたい方にもおすすめです。

また、簡単に飲み物に合った温度設定ができるメニューボタンも搭載。1つのボタンで、70℃の「日本茶」、90℃の「コーヒー」、100℃の「沸とう」を切り替えられます。さらに、手動なら60〜100℃まで5℃単位と細かく温度を調節でき、こだわりの温度でおいしい飲み物を作れるのもメリットです。ゆっくりとお湯を使いたい場合に便利な最大1時間の保温機能も備わっています。

本体は、ニオイ移りが少なく清潔に保ちやすいガラス製です。透明なので、沸騰具合や茶葉の抽出具合をひと目で確認できるほか、使用後の汚れもよく見えるのでしっかりお手入れできます。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) デザインケトル IKE-D1000

ステンレス製のシンプルでスタイリッシュなデザインが人気の電気ケトル。耐久性が高く、長く使えるのがメリットです。また、0.5〜1Lのお湯が沸かせる大容量タイプながら、価格が安いのも魅力。コスパ重視の方にも適しています。

なお、ステンレス製なので側面が熱くなりやすい点に注意が必要です。ただ、沸騰すると自動で電源が切れる機能や空焚き防止機能など基本的な安全機能が備わっているので、安心して使いやすいのも魅力。

さらに、ハンドル上部の「ふた開閉ボタン」を押すだけで、簡単にふたが開けられるのもポイントです。ふたは開いたまま固定されるので、給水しやすくふたの紛失も防げます。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ricopa 電気ケトル IKE-R800

レトロ調のかわいらしいデザインが人気の容量0.8Lの電気ケトル。電源プレート込みのサイズが幅19×奥行15×高さ26cmとスリムな形状で、場所を取らずに使えるのもメリットです。電源コードは底面に巻きつけてすっきり収納可能。使用しないときはキッチンに出したままにしてインテリアとしても楽しめます。

コンパクトながら1200Wの高火力で素早くお湯を沸かせるのも魅力。また、スリムな三角口で注ぐ量を調節しやすく、ドリップコーヒーを淹れたい方にもおすすめです。さらに、給水口のふたはロック可能。お湯を注ぐために本体を傾けてもふたが外れないので、安心して使用できます。

山善(YAMAZEN) 電気ケトル YKG-C800

60〜100℃まで1℃単位で温度を調節でき、本格的なお茶やコーヒーを淹れられる容量0.8Lの電気ケトルです。1℃の違いが味を左右するとされるお茶やコーヒーを、好みに合わせて淹れ分けられるのが魅力です。また、最大1時間後まで設定温度をキープする保温機能も付いており、ゆっくりとティータイムを楽しめます。

少しずつお湯を注ぎやすい細口で、じっくり蒸らしながらハンドドリップができるのもポイント。さらに、大きな取っ手は握りやすく、注ぎやすさにもこだわっています。

マット感のあるおしゃれなデザインも人気で、収納せずにキッチンに出したままにして、インテリアとして楽しめるのもメリットです。

山善(YAMAZEN) 電気ケトル DKE-100

低価格ながら、1200Wのハイパワーで素早くお湯を沸かせる容量1Lの電気ケトルです。丸みがありコンパクトなデザインも人気。一人暮らしにも適しています。

また、三角口のサイズは小さめで、流量を調節しやすいのもメリット。ドリップコーヒーを淹れやすいのはもちろん、小さなカップにも注ぎやすく白湯を飲みたい方にもおすすめです。さらに、給水口のふたは取り外せるので、給水も内部のお手入れも簡単にできます。

新津興器 電気ケトル 1.7L SDK-170(G)

1.7Lと大容量で、家族が多い方や料理用のお湯を沸かしたい方などにおすすめの電気ケトル。大容量ながら、幅22×奥行16×高さ25.5cmと比較的コンパクトでテーブルなどを圧迫せずに使用できるのもメリットです。

また、本体はプラスチック製で約785gと軽く、給水時などラクに持ち運べます。機能がシンプルで電気ケトルが初めての方でも使いやすいほか、価格も安いのでコスパ重視の方にもおすすめのモデルです。