必要な分のお湯だけを素早く沸かせる「電気ケトル」。一人暮らしにちょうどよいコンパクトなモデルや家族で使いやすい大容量モデルなど、さまざまなタイプが販売されています。

そこで今回は、おすすめの電気ケトルをランキング形式でご紹介。電気ポットとの違いや素材ごとの特徴、搭載されていると便利な機能なども解説するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

電気ケトルと電気ポットの違い

By: amazon.co.jp

電気ケトルと電気ポットの主な違いは、保温機能の有無。電気ケトルは保温機能を搭載したモデルが少なく、電気ポットはほとんどが長時間の保温に対応しています。

また、一般的に沸かせるお湯の量も電気ポットの方が多く、お湯をストックする用途の場合は電気ポットがおすすめ。一方、電気ケトルは少量のお湯を素早く沸かす性能に長けています。

電気ケトルのメリット

By: amazon.co.jp

電気ケトルのメリットは、必要な分のお湯だけを素早く沸かせること。大容量モデルでもカップ1~2杯分の湯沸かしが可能な場合が多く、少ない量であれば1分前後で沸騰します。お茶やコーヒーを1杯だけ飲みたい、というシーンに活用可能です。

また、本体がコードレスで移動させやすいモデルが多い点も特徴。キッチンで沸かしたお湯をリビングのカップまで持ち運べるので、お湯をこぼすリスクを軽減できます。

電気ケトルの選び方

用途や人数に合わせて容量をチェック

By: tiger.jp

電気ケトルには、コンパクトなモデルから大容量のモデルまで、さまざまなサイズがあります。用途や使う人数に合わせた容量選びが重要です。一人暮らしの場合は、0.6~0.8L程度の容量があれば、過不足なく使用できます。

家族で使用する場合は、1L以上のモデルがおすすめ。家族のほか来客分のお茶やコーヒーなどの飲み物を余裕をもって準備できるほか、パスタのようなお湯を多く使う料理にも活用可能です。

注ぎ口の形状をチェック

By: russellhobbs.jp

電気ケトルを選ぶ際には、注ぎ口の形状もよくチェックしておきましょう。特に、コーヒードリップに活用したい場合は、注ぎ口の先端が細くなっているタイプが便利。湯量や流速を直感的に調節しやすいのでおすすめです。

まとめて多くの量のお湯を注ぎたい場合は、三角形の注ぎ口を採用したモデルが適しています。三角形の注ぎ口を採用していても、湯量を抑えられるハンドドリップモードを搭載しているモデルもあるため、チェックしてみてください。

ケトルの素材をチェック

軽くて使いやすい「プラスチック製」

By: amazon.co.jp

プラスチック製の電気ケトルは、軽量で扱いやすい点がメリットです。コンパクトなモデルであれば片手でも無理なく持ち上げられる場合も多く、力に自信がない方でも気軽に使用可能。金属と比較すると熱が伝わりにくいため、表面が熱くなりにくい点も魅力です。

一方、傷や汚れがつきやすい点がデメリット。種類が多く低価格なモデルも多いので、一人暮らしの方やコストパフォーマンスを重視したい方におすすめです。

保温性に優れた「ステンレス製」

By: amazon.co.jp

素材にステンレスを採用した電気ケトルも多くあります。軽量ながら耐久性にも優れている点がメリット。また、金属特有の光沢をデザインに活かしたスタイリッシュなモデルも多く、見た目を重視する方にもおすすめです。

保温性に優れている点もステンレスの特徴のひとつ。保温機能が搭載されていなくても、沸かしたお湯を長時間あたたかい状態でキープできます。

中が見えるおしゃれな「ガラス製」

By: amazon.co.jp

数は少ないものの、本体にガラスを採用した電気ケトルもあります。透明なガラスを採用していると中が見えるので、水量をひと目で把握できる点がメリット。また、汚れやニオイがつきにくいため、お手入れの手間も最小限に抑えられます。

茶こしを搭載したモデルが多いのも特徴。さらに、直接食材を入れて煮出せる機能を搭載したモデルもあり、電気ケトル単体でさまざまメニューに対応できます。

保温機能や温度調節があると便利

By: shop-casa-delonghi.com

電気ケトルのなかには、温度調節機能に対応したモデルがあります。任意の温度を設定してお湯を沸かせるモデルのほか、お茶やコーヒーなどのメニューが搭載されたモデルもあり、用途に応じて柔軟な使い方が可能です。

また、沸騰後や任意の温度のお湯を沸かしたあとに保温できるモデルもあります。保温時間は30~60分のモデルが多いものの、再度沸かす手間をかけずすぐに2杯目を楽しめて便利です。

空焚きや転倒時の湯漏れ防止機能があると安心

By: siroca.co.jp

電気ケトルを選ぶ際は、安全に使用できるかどうかも重要です。沸騰後に自動で加熱をストップする機能や、空焚きを検知すると通電が切れる機能を搭載しているモデルも存在します。万が一の事故を防ぎながら使用できて便利です。

また、転倒時にお湯がこぼれにくい構造を採用したモデルもあります。注ぎ口をしっかりとロックできるモデルを選べば、さらに安心して使用できます。

洗いやすいモデルを選ぼう

By: russellhobbs.jp

お手入れのしやすさも、電気ケトルを選ぶ際に重要なポイント。素材にガラスが採用されていると、ニオイや汚れがつきにくいためお手入れの手間を軽減可能です。また、蓋が取り外しに対応していたり、口が広く設計されていたりするモデルなら、中までしっかりと洗えます。

異物混入防止のフィルターを搭載したモデルの場合は、フィルターを取り外して洗えるかどうかも重要。さらに、注ぎ口の付近は飲み物やスープが跳ねて付着しやすいので、洗いやすい形状かどうかをよくチェックしておきましょう。

電気ケトルのおすすめメーカー

ティファール(T-fal)

By: t-fal-onlineshop.jp

ティファールは、鍋やフライパンなどを取り扱う大手調理器具メーカー。フッ素加工を施した、こびりつきにくいフライパンを開発したメーカーとして有名です。ミキサーやコーヒーメーカーのようなキッチン家電のほか、アイロンも販売しています。

ティファールは、コンパクトなモデルから大容量なモデルまで豊富な種類の電気ケトルを展開。温度調節に対応した高性能なモデルもあるので、一人暮らしの方から家族暮らしの方まで、自分に合ったモデルを選択できます。

タイガー魔法瓶(TIGER)

By: tiger.jp

タイガー魔法瓶は、大阪府に本社を構える日本のメーカー。「魔法瓶」と呼ばれる真空断熱容器を利用した、ステンレスボトルやポットなどを開発しています。また、炊飯器やコーヒーメーカー、オーブントースターなどのキッチン家電も人気の高いアイテムです。

タイガー魔法瓶の電気ケトルは、蒸気を外に出しにくい「省スチーム設計」や「蒸気レス構造」などの採用が特徴。熱い蒸気による周囲の結露などを防ぎながら使用できます。

デロンギ(DeLonghi)

By: shop-casa-delonghi.com

デロンギは、イタリアの家電メーカーです。日本では主にオイルヒーターを展開しており、国内でトップレベルのシェアを獲得。また、コーヒーメーカーも高い人気を集めており、個人向け・業務用共に豊富な種類が用意されています。

デロンギの電気ケトルは、高級感のあるデザインが特徴。電源コードホルダーを搭載したモデルが多く、使わないときもスッキリと収納できます。さらに、大容量のモデルが充実しているため、家族で使いたい方におすすめです。

バルミューダ(BALMUDA)

By: balmuda.com

バルミューダは、2003年に東京で設立された日本の電機メーカーです。トースターやオーブンレンジ、炊飯器などのキッチン家電のほか、スピーカーやクリーナーなども展開。また、スマートフォンも注目を集めているアイテムのひとつです。

バルミューダの電気ケトルは、おしゃれなデザインが魅力。インテリアの一部として馴染みやすいほか、サイズもコンパクトなので、キッチンやリビングなど場所を問わずに設置して使用できます。

電気ケトルのおすすめランキング|一人暮らし向け

第1位 ティファール(T-fal) アプレシア コントロール ブラック 0.8L KO7208JP


8段階の温度調節機能が搭載された容量0.8Lの電気ケトルです。はちみつの湯せんなどに便利な40℃に加え、60~80℃まで10℃刻み、80~100℃まで5℃刻みで温度を設定可能。また、60分の保温ができるので、手軽に2杯目を飲めます。

湯量を調節しやすいスリムな注ぎ口が採用されており、コーヒーからカップラーメンまで幅広い用途で使いやすいのもメリット。さらに、タッチパネル式の電源プレートを搭載し、軽いタッチで操作できるのも特徴です。

つなぎ目や段差が少なく、汚れをサッと拭き取りやすいので、ラクにお手入れできます。便利で使いやすい電気ケトルを探している一人暮らしの方は、チェックしてみてください。

第2位 タイガー魔法瓶(TIGER) 電気ケトル わく子 PCF-G060


省スチーム設計を採用した電気ケトル。タイガー魔法瓶の従来品よりも約70%の蒸気をカットすると謳われています。本体が熱くなりにくい「本体二重構造」と、倒れたときのお湯漏れを軽減する「転倒流水防止構造」も採用しているので、安全に使いやすいのも特徴です。

また、沸騰後に通電が切れる「通電自動オフ」機能と、空焚きを検知すると自動で電源が切れる「カラだき防止」機能も備わっています。電気ケトルを初めて使う方でも、使いやすいのがメリットです。

見やすい水量窓と簡単に取り外せるワンタッチ着脱ふたを搭載し、給水やお手入れのしやすさを求める方にぴったり。さらに、カップ1杯分のお湯を約60秒で沸かせるため、忙しい朝にもおすすめの電気ケトルです。

第3位 象印マホービン(ZOJIRUSHI) 電気ケトル CK-DA08


注ぎ口にカバーを搭載し、ホコリなどが侵入しにくい電気ケトル。「給湯ロックボタン」を押すと、転倒時にお湯がこぼれにくいのが特徴です。また、注ぎ口と一体化している蓋はスムーズに開けられるので、給水やお手入れが簡単にできます。

1300Wのハイパワーにより、カップ1杯なら約60秒、満水なら約4分でお湯を沸かせると謳われているのも魅力。さらに、「蒸気セーブ構造」が採用されているため、レンジ台などの結露を軽減したい方にもおすすめです。

「本体二重構造」により、本体が熱くなりにくいのもメリット。機能性に優れている電気を探している方におすすめです。

第4位 ティファール(T-fal) 電気ケトルウォッシャブル 0.8L KO8001JP

IPX5の防水構造で、本体を丸洗いできる電気ケトルです。蓋が取り外せるため、洗いやすいのも特徴。食器用洗剤を含ませたスポンジを使って、外側や内側の汚れをしっかり洗い落せます。お手入れのしやすさを重視する方におすすめです。

抗菌素材「マイクロバン」が採用されており、プラスチックの表面を清潔に保ちやすいのもポイント。また、注ぎ口にカバーを搭載しているため、ホコリなどが入る心配も減らせます。

さらに、お湯が沸くと自動で電源が切れる「自動電源オフ」機能が備わっているのもメリット。安全に使いたい方にもおすすめの電気ケトルです。

第5位 シロカ(siroca) 電気ケトル SEK-208

コスパのよい容量0.8Lの電気ケトルです。「湯こぼれ防止機能」を搭載し、転倒時にお湯が漏れにくいのが特徴。また、ランプを搭載しているので、通電状況を確認しやすいのもメリットです。

目盛りつきの窓を備えており、ひと目で水量が分かりやすいのもおすすめポイント。さらに、蓋は取り外しができ、内側を洗いやすいため、お手入れのしやすさを重視する方にも適しています。

電源プレートを含むサイズが約幅21×奥行15.5×高さ16.5cmと比較的コンパクトなのも魅力。狭いスペースに設置しやすい電気ケトルを探している方におすすめです。

電気ケトルのおすすめランキング|おしゃれ

第1位 バルミューダ(BALMUDA) BALMUDA The Pot K07A

ステンレスに塗装を施し、美しい質感に仕上げられたおしゃれな電気ケトル。また、ハンドルの先端には、さまざまな角度から見やすい電源ランプを備えています。小さなネオン管が採用されており、独特の優しい灯りを楽しめるのもおすすめポイントです。

容量は0.6Lで一人暮らしの方にも適しています。湯切れがよく、ねらった部分に注ぎやすい細口タイプのノズルが搭載されているため、ドリップコーヒーを淹れたい方にぴったりです。

お湯の流速をコントロールしやすいと謳われているのも特徴。カップ麺などを作る場合はすばやくお湯を注げます。幅広い用途で使いたい方におすすめの電気ケトルです。

第2位 ラッセルホブス(Russell Hobbs) Tケトル 7106JP

アーチハンドルを採用したおしゃれな電気ケトル。安定したグリップ感があり、快適に使いやすいのが特徴です。また、本体はマットな質感で、インテリアに馴染みやすいのも魅力。和テイストやモダンテイストのキッチンによくマッチします。

50~100℃まで7段階に温度設定ができるため、適温のお湯で飲み物を淹れたい方にもおすすめ。浄水された水を使用すれば、白湯や赤ちゃんのミルクなども手軽に作れます。保温ができるため、焦らずにお湯を使えるのもメリットです。

さらに、アーチハンドルが180°可動するほか、開口部が大きいので、給水やお手入れがしやすいのもおすすめポイントです。

第3位 デロンギ(DeLonghi) アイコナ トリブート 電気ケトル KBO1200J

優美な曲線美と艶やかな光沢を楽しめるデロンギの人気シリーズ「アイコナコレクション」のおしゃれな電気ケトル。日本とイタリアの文化を融合させたデザインがあしらわれています。ステンレス製で耐久性と高級感があるため、プレゼントとしてもおすすめです。

1Lと大容量ながら、幅21×奥行16.5×高さ23.5cmとコンパクトで設置しやすいのが特徴。最小0.2Lからお湯を沸かせるので、1杯だけ飲み物を飲みたい場合にも活躍します。また、水量計が備わっており、ひと目で水量を確認しやすいのも魅力です。

フィルターを搭載し、異物混入を防ぎやすいのもメリット。さらに、蓋とフィルターを取り外せるほか、開口部が大きいため、お手入れのしやすさを求める方にもおすすめの電気ケトルです。

第4位 タイガー魔法瓶(TIGER) 蒸気レス電気ケトル 温度調節機能つき PTQ-A100

ハンドルの上部に「ダイヤル温調スイッチ」が搭載された電気ケトルです。ダイヤルを回すことで、50~100℃まで10℃刻みで温度設定が可能。ダイヤルを押すことにより、加熱が開始される仕組みです。

電源プレートに操作部がないため、すっきりとしたおしゃれな外観を楽しめます。美しい水面をモチーフにしたステンレス製の天板など、細部までこだわってデザインされているのが魅力。インテリア性の高い電気ケトルを探している方におすすめです。

さらに、倒れたときにお湯が漏れにくい「転倒お湯もれ防止構造」、蒸気が外へ逃げにくい「蒸気キャッチャー構造」、本体が熱くなりにくい「本体二重構造」などを採用しています。安全性を求める方にもおすすめの電気ケトルです。

第5位 ボダム(bodum) ダブルウォール ウォーターケトル 11659-913JP

デンマーク生まれのキッチンウェアメーカー「ボダム」の電気ケトル。透明なガラスとプラスチックの2重構造によるスタイリッシュなデザインが魅力です。

60~100℃まで5段階で温度を設定できるのも特徴。適温のお湯でコーヒーや紅茶を淹れたり、湯せん用のお湯や白湯を作ったりと幅広く活用できます。また、30分の保温機能が搭載されており、2杯目を楽しみたい場合にもおすすめです。

1.1Lと大容量なので、家族で使用する場合にも便利。最小0.25Lからお湯を沸かせるため、小人数分の飲み物を淹れたい場合にも活躍します。さらに、外側が熱くなりすぎないと謳われており、安全に使いやすいのもおすすめポイントです。

第6位 ドウシシャ(DOSHISHA) モッシュ! 電気ケトル 0.8L 空焚き防止機能付き M-EK1

牧場のミルクタンクをモチーフにしたおしゃれな電気ケトルです。本体のレトロな風合いが魅力。また、ハンドル部分と電源プレートは、木目調に仕上げられています。インテリア性を重視する場合や、プレゼントしたい場合にもおすすめです。

3段階に温度を設定できるため、好みの温度の飲み物を淹れたい場合にも活躍します。容量0.8Lで、一人暮らしの方にもぴったり。さらに、約幅19×奥行16×高さ23cmと比較的コンパクトなので、狭い場所に設置したい方にもおすすめの電気ケトルです。

第7位 ブルーノ(BRUNO) ステンレスデイリーケトル BOE072

ホーロー調に仕上げられたおしゃれな電気ケトル。蓋にエンボス加工された「BRUNO」の文字がデザインのアクセントになっています。食卓やキッチンを華やかに演出したい方にもおすすめです。

1Lと容量が大きめで、家族で使う場合にも向いています。また、底面に電源コードを巻きつけられるため、コンセントまでの距離に合わせて長さを調節できるのもおすすめポイント。コンセントの近くに設置する場合に、コードが邪魔になりにくいので便利です。

電気ケトルのおすすめランキング|大容量

第1位 ティファール(T-fal) ディスプレイ コントロール 1.0L KO8548JP

電源プレートではなく、本体にお湯の温度を表示する容量1Lの電気ケトル。見やすく、すぐに温度を確認できるので便利です。

60℃・80℃・90℃・95℃・100℃の6段階に温度を設定できるため、低い温度で飲み物を淹れたい方にもおすすめ。1250Wのハイパワーにより、すばやくお湯が沸きやすいのも特徴です。また、60分の保温機能が備わっているので、手軽に2杯目を楽しめます。

外にプラスチック、中にステンレスを使用した2重構造により、本体の外側が熱くなりにくいのもメリット。さらに、内側につぎ目がなく、お手入れしやすいのも魅力です。

ハンドルの上部に操作部を搭載しているため、電源プレートがコンパクト。省スペースで設置したい方にもおすすめの電気ケトルです。

第2位 象印マホービン(ZOJIRUSHI) 電気ケトル CK-AX10

「ハンドドリップモード」を搭載した容量1Lの電気ケトル。通常モードよりも湯量を減らせるため、ドリップコーヒーを淹れる場合に活躍します。通常モードに切り替えればたっぷり注げるので、カップ麺を作る場合に便利。用途に合った給湯が可能です。

「本体二重構造」により本体が熱くなりにくいため、両手で持ちながら注ぎたい方にもおすすめ。また、沸騰後約90℃で保温できる「1時間あったか保温」を備えており、手軽に2杯目が楽しめます。

倒れたときにお湯がこぼれにくい「転倒湯もれ防止構造」に加え、「蒸気レス構造」が採用されているのもポイント。安全性を重視する方や、レンジ台などの結露を抑えたい方にも適しています。

さらに、汚れにくくお手入れも簡単。大容量で使いやすさが充実したおすすめの電気ケトルです。

第3位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 電気ケトル ガラス 温度調節付 IKE-G1500T

着脱式の茶こしを搭載し、急須やティーポットを使わずにお茶や紅茶を淹れられる電気ケトル。約1.5Lと大容量なので、大人数の来客時などに便利です。また、60~100℃まで5℃刻みと細かく温度を設定可能。湯加減にこだわりたい方にも適しています。

素材に透明ガラスが採用されており、沸騰状態や茶葉の抽出具合をひと目で確認できるのもメリット。さらに、蓋は取り外しができるため、給水やお手入れがしやすいのもおすすめポイントです。

第4位 ティファール(T-fal) ジャスティン プラス 1.2L KO4904JP

湯量を調節しやすいスリムな注ぎ口が採用された容量1.2Lの電気ケトルです。少量ずつ注ぎながらドリップコーヒーを淹れたり、鍋やカップ麺にお湯を一気に注いだりしやすいのがメリット。幅広い用途で使いたい方におすすめです。

人間工学に基づいて設計されたハンドルを搭載しており、快適に握れます。比較的軽量で、扱いやすいのも魅力です。また、開口部が大きいため、ラクに内側をお手入れできます。

価格が比較的安いのもうれしいポイント。大容量でコスパのよい電気ケトルを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

第5位 山善(YAMAZEN) 電気ケトル YKP-1512

2重構造を採用し、外側が熱くなりにくい電気ケトル。1.5Lと大容量で、大人数分の飲み物を淹れたり、料理用のお湯を沸かしたりと、幅広い用途で活用できます。また、注ぎやすい注ぎ口が搭載されているのもメリットです。

蓋とパッキンは取り外して水洗いができるので、ラクにお手入れできます。さらに、大容量タイプながら価格が安いため、手に取りやすいのもポイント。価格重視の方にもおすすめの電気ケトルです。

電気ケトルのおすすめランキング|コーヒー向け

第1位 ビタントニオ(Vitantonio) 温調ドリップケトル アクティII VEK-20

50~100℃まで1℃刻みで温度を調節できる電気ケトル。好みの温度でコーヒーを淹れたい方におすすめです。また、設定温度を記憶する「メモリー機能」と、70℃・80℃・93℃・100℃の「プリセット機能」を備えており、毎回細かく設定する手間が省けます。

「バリスタ機能」を搭載し、加熱完了後の15分間、設定温度で保温できるのも特徴。ハンドドリップ中に一定温度でコーヒーを抽出できるため、味や香りにこだわりたい方にぴったりです。

ニオイ移りが少ないステンレス製で、コーヒーの風味を損ないにくいのも魅力。細口ノズルを採用し、ねらった部分に思い通りの湯量を注ぎやすいのもおすすめポイントです。さらに、ハンドルに天然木を使用しており、使い込むほど手に馴染みます。

第2位 山善(YAMAZEN) 電気ケトル EGL-C1280

高級感のあるおしゃれなデザインで、コーヒーを淹れる時間がより楽しくなる容量0.8Lの電気ケトル。60~100℃まで1℃刻みで温度を設定できるため、こだわりの温度でコーヒーを淹れられます。また、すぐに設定したい場合は、6段階の温度から選択可能です。

湯量を調節しやすい細口ノズルが採用されているのが特徴。ねらった部分に適量のお湯を注ぎやすいので、ハンドドリップでじっくりコーヒーを抽出したい方におすすめです。さらに、保温機能が備わっており、手軽に2杯目を楽しめます。

気軽にコーヒーを楽しめる、おすすめの電気ケトルです。

第3位 レコルト(recolte) 温度調節ドリップケトル RTK-1

コーヒーをおいしくハンドドリップすることを目的に、細部までこだわって設計された電気ケトル。細くて長い注ぎ口を採用し、一定量のお湯をねらった部分に注げると謳われています。また、握りやすいハンドルを搭載し、注湯しやすいのもメリットです。

1℃刻みで温度を設定できるため、好みの温度でコーヒーを淹れたい方にもおすすめ。「メモリー機能」を備えているので、同じ温度で沸かす場合に再設定する手間が省けます。加熱完了後に自動で保温に切り替わるため、焦らずにお湯を使えるのも魅力です。

開口部が大きく、給水やお手入れがしやすいのもおすすめポイント。さらに、本体の素材には、サビに強く耐久性の高いステンレスが採用されています。

第4位 ラドンナ(LADONNA) Toffy 温度計付き電気ケトル K-KT3

本体に温度計が搭載されており、ひと目でお湯の温度を確認しやすい容量1Lの電気ケトル。理想的な温度に調節しやすいのがメリットです。適温のお湯でコーヒーをおいしく淹れたい方に適しています。

注ぎ口からお湯がほぼ垂直に落ちると謳われており、ねらった部分に注ぎやすいのもポイント。また、湯量を調節しやすいので、ハンドドリップでじっくりコーヒーを抽出したい場合にもおすすめです。

手にフィットしやすいハンドルを搭載し、握りやすいのも魅力。さらに、「空焚き防止機能」が備わっているため、安全性を求める方にもぴったりです。

第5位 デロンギ(DeLonghi) アイコナ 温度設定機能付き電気カフェケトル KBOE1230J

50℃・60℃・80℃・95℃・100℃の5段階に温度を設定できる電気ケトル。ボタンを押すだけで簡単に設定できるため、細かな操作が苦手な方にもおすすめです。また、20分の保温機能を備えており、焦らずにお湯が使えます。

細口ノズルを搭載し、ねらった部分に注ぎやすいので、ドリップコーヒーを淹れる場合に便利。お湯がこぼれにくいほか、まわりに飛び散りにくいため、テーブルを汚しにくいのもメリットです。

1Lと大容量なので、来客時などにも活躍します。さらに、本体の表面に凹凸加工が施されており、高級感のある外観を楽しめるのもおすすめポイントです。

電気ケトルのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

電気ケトルのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。