美味しいコーヒーを飲むためには、ドリップの際にお湯の温度や湯量に気を使うことが重要。とはいえ、一般的なやかんでは細かい調整が難しいので、こだわらない方も多いはず。そこで便利なのが、コーヒーに適した電気ケトルです。

そこで今回は、コーヒーに最適な電気ケトルの特長とおすすめモデルをご紹介します。また、コーヒーをドリップする際に適したお湯の温度についても解説するので、合わせてチェックしてみてください。

コーヒーを淹れるのに最適な電気ケトルの特長

湯量を調節しやすい細口ノズル

By: amazon.co.jp

コーヒーをドリップする際は、まず粉全体に少量のお湯を注いで蒸らす必要があります。ここでお湯を雑に注いでしまうと、粉の層がキレイに形成されず、その後注いだお湯が最初に注いだ所を通るようになってしまいます。これではコーヒー豆の本来の味が楽しめません。

そんな不安を解消してくれるのが、少量のお湯を注ぎやすい細口ノズルの電気ケトルです。注ぎ先もコントロールしやすいので、粉全体に満遍なくお湯を染み渡らせられます。

温度調整ができる

By: amazon.co.jp

温度調整ができるかどうかもコーヒーに適した電気ケトルを選ぶときは重要です。一般的にコーヒーを淹れるのに適したお湯の温度は、80℃程度だと言われています。

しかし、人によって好みの味わいは違いますし、コーヒー豆の種類によっても最適な温度は異なるため、微妙な温度調整が非常に重要です。

コーヒーに最適な電気ケトル

バルミューダ(BALMUDA) BALMUDA The Pot K02A

バリュミューダの電気ケトル。1度に3杯程度のコーヒーを淹れることができる600mlのコンパクトサイズで、適切にお湯が注げるように手になじむハンドルとコーヒーを淹れるときの繊細な動きに対応した細口ノズルが特長です。

ステンレス製の本体に質感のよい塗装を施していて、インテリアとしても映えるデザインです。なお、ハンドルの先には優しい灯りの電源ランプがついています。

空焚き防止・自動電源OFF機能も搭載し、安全面にも配慮。電源コードはベース裏に収納できるため使用時以外も場所を取りません。ただし、温度調節機能が搭載されていない点には注意してください。

ドリテック(DRETEC) ステンレスケトル マキアート PO-115

実勢価格が2000円程度のリーズナブルなコーヒー向け電気ケトル。容量800mlと十分で、オートパワーオフ・空焚き防止機能も備えているため機能性も十分です。

注ぎ口はティーポット風のやや太めのタイプ。本体とフタにはステンレスを採用しているため、衛生面でも安心です。温度調節機能は搭載していませんが、コスパ良好なおすすめモデルです。

ドリテック(DRETEC) ステンレスケトル 1.0L PO-135

実勢価格3000円程度のリーズナブルなコーヒー向け電気ケトル。最大容量は1Lで、細口ノズルのため湯量の調整もバッチリです。

フタをあけると広口設計なので、使用後も手洗いが簡単。カラーバリエーションもシルバー・ブラック・ホワイト・レッドの4色から選べるので、どのような部屋のインテリアにも合わせられます。温度調節機能は搭載していませんが、コスパ優先で選ぶなら十分選択肢に入るおすすめモデルです。

レコルト(récolte) クラシックケトルリーブル RCK-2

容量0.8Lのクラシカルなデザインのコーヒー向け電気ケトル。バランスが取りやすいハンドル形状を採用しており、お湯を注ぐときも安定して扱えます。

スイッチはハンドル下のレバーので操作でき、沸騰後は自動で電源がOFFになる安心設計です。カラーバリエーションはヴィンテージレッド・ブルーシエル・ホワイト・シルバーの4色。実勢価格6000円程度とやや高めですが、デザインにもこだわりたい方にはおすすめのモデルです。

アピックス(APIX) 電気カフェケトル AKE-277

ハンドルとフタが木目調になっているのが特徴的なコーヒー向け電気ケトル。ウッディな雰囲気の部屋にぴったりな1台です。

最大容量は0.7Lで、給水口も広いため使用後のお手入れもラクラク。実勢価格4000円程度とリーズナブルですが、空焚き防止や沸騰後自動電源OFF機能など機能性も十分です。温度調節機能が搭載されていませんが、コスパとデザイン性で選ぶなら選択肢に入れておくべきでしょう。

ドリテック(DRETEC) ドリップケトル グレーブ 1.0L PO-350

高級感のあるデザインが特徴のコーヒー向け電気ケトル。カラーバリエーションはシルバーとゴールドの2色で、シルバーは鏡面加工を施したミラー仕上げとヘアライン仕上げの2種類から選べます。

1Lの大容量に加え、直径わずか8mmの細口ノズルを採用したコーヒーのドリップに最適なモデル。本体内部には、水を入れる際の目安になるMAX目盛りが付いています。

ラッセルホブス(Russell Hobbs) カフェケトル 1.0L 7410JP

使い勝手のよいコーヒー向け電気ケトル。1Lの大容量でストッパー付きのハンドルはサイズも大きくため、あまり力がない方でも扱いやすいのがメリットです。

沸騰時間は、一般的なカップ1杯分であれば約60秒、最大容量の1Lで約5分とパワフルな仕様。沸騰直後でも電気ケトルの底は熱くならないので、ナベ敷きを使わなくても直接テーブルに置ける優れモノです。なお、温度調節機能が搭載されていない点には注意してください。

ハリオ(HARIO) パワーケトル・ヴォーノ EVKT-80HSV

温度調整機能付きの電気ケトル。人気シリーズの「ヴォーノ」を継承した形状を採用し、使い勝手も良好です。お湯の温度は60~96fの間で設定可能。さらに、加熱後は15分間の保温機能も搭載しています。

空焚き防止・オートパワーオフ機能も備えるなど安全面にも配慮。コーヒーを淹れることに特化したハイエンドモデルとしておすすめです。

オクソー(OXO) ドリップケトル 温度調整&タイマー機能付 8717100

実勢価格2万円程度の温度調整付き電気ケトル。シンプルな形状で、容量は1.1Lもあります。温度調整は40~100℃の間で設定可能。さらに、設定温度に到達した後は自動で30分の保温モードに切り替わるのもうれしいポイントです。

ベース部分には、紅茶やコーヒー、緑茶を入れる際の目安を示した温度ガイドが表示されています。コーヒーを淹れるのに適しているのはもちろん、コーヒー以外にも使える汎用性の高いモデルです。

温度は何度くらいがおすすめ?

By: amazon.co.jp

もっともコーヒーの豆の旨みが抽出できる温度は、一般的に80℃前後と言われています。なお、コーヒーは淹れるお湯の温度が低いほど酸味が際立ち、反対に高いほど苦みが際立つことは覚えておきましょう。