おいしいコーヒーを飲むためには、ドリップの際にお湯の温度や湯量に気を使うことが重要。とはいえ、一般的なやかんでは細かい調節が難しいため、こだわらない方も多いのではないでしょうか。そこで便利なのが、コーヒーに適した電気ケトルです。

今回は、コーヒーに最適な電気ケトルの特徴とおすすめモデルをご紹介します。また、コーヒーをドリップする際に適したお湯の温度についても解説するので、ぜひチェックしてみてください。

コーヒーを淹れるのに最適な電気ケトルの特徴

湯量を調節しやすい細口ノズル

By: amazon.co.jp

コーヒーをドリップする際は、まず粉全体に少量のお湯を注いで蒸らす工程が必要。ここでお湯を雑に注いでしまうと、粉の層がキレイに形成されず、その後注いだお湯が最初に注いだ所を通るようになってしまいます。

少量のお湯を注ぎやすい細口ノズルの電気ケトルであれば、注ぎ先もコントロールしやすいので、粉全体に満遍なくお湯を染みわたらせることが可能です。

温度調節ができる

By: amazon.co.jp

人によって好みの味わいは違い、コーヒー豆の種類によっても最適な温度は異なります。そのため、温度調節ができるかどうかもコーヒーに適した電気ケトルを選ぶときは重要です。

温度調節ができるモデルなら、それぞれの好みに合わせた最適なコーヒーが淹れられるのでおすすめ。なお、一般的にコーヒーを淹れるのに適したお湯の温度は、80℃程度といわれています。

保温機能がついている

By: rakuten.co.jp

ハンドドリップ用に電気ケトルを選ぶ場合は、保温機能を搭載したモデルがおすすめです。沸騰後も一定時間お湯の温度を保つので、ハンドドリップの準備や抽出を行っているときにお湯の温度が低下してしまうのを防げます。

また、大人数のコーヒーを用意したり、コーヒーをおかわりしたりする頻度が高い方にもおすすめ。ハンドドリップは一度に大量のコーヒーを抽出できる方式ではないため、その場合は数回に分けて抽出を行います。その際に保温機能があると、素早く準備できるので便利です。

容量は0.7〜1L前後

By: amazon.co.jp

一度に淹れたいコーヒーのカップ数に合わせて、電気ケトルの容量をチェックすることも大切。容量の大きなモデルを選ぶと幅広いカップ数に対応できるため便利ですが、重量も増すので扱いにくく感じてしまう恐れがあります。

そのため、目安としては1〜2杯分なら0.7L、3〜4杯分なら1L程度の容量を備えたモデルがおすすめ。ただし、電気ケトルを料理やインスタントラーメンの調理などにも使う方は、家族の人数を考慮しながら大きめのモデルを検討してみてください。

コーヒーに最適な電気ケトル

ハリオ(HARIO) V60温度調整つきパワーケトル・ヴォーノN EVT-80-HSV

ハリオ(HARIO) V60温度調整つきパワーケトル・ヴォーノN EVT-80-HSV

コーヒー器具の有名メーカーによる使いやすい電気ケトルです。お湯の温度を50〜96℃の範囲で1℃刻みに調節できるので、コーヒー豆の種類や好みに合わせた抽出を行えます。また、50℃からの低温にも対応しているため、日本茶もおいしく淹れられて便利です。

保温機能がついているのもポイント。加熱と保温の運転状況は液晶画面の色表示で簡単に識別できます。容量は使い勝手のよい0.8Lで、2〜3杯程度の抽出におすすめです。

さらに、空焚き防止機能やオートパワーオフ機能を搭載しており、安全性に優れているのも魅力。コーヒー好きの方はぜひチェックしてみてください。

デロンギ(DeLonghi) アイコナ 温度設定機能つき電気カフェケトル KBOE1230J

デロンギ(DeLonghi) アイコナ 温度設定機能つき電気カフェケトル KBOE1230J

操作性に優れたコーヒー向け電気ケトルです。注ぎやすさにこだわって設計された細口ノズルで、狙った場所に適量のお湯を注げるのが魅力。お湯の温度は50・60・80・95・100℃の5段階に設定でき、それぞれにボタンが用意されているため分かりやすいのもポイントです。

また、20分間の保温機能も搭載。容量は1Lで、ハンドルの内側に水量計を備えているので手軽に水量を確認できます。

オートパワーオフ機能や空焚き防止機能を搭載しており、安全性に配慮されているのもメリット。さらに、表面には独特の凹凸加工を施しているので、高級感のあるデザインに仕上がっています。使い勝手のよいおしゃれな電気ケトルとしておすすめです。

バルミューダ(BALMUDA) BALMUDA The Pot

バルミューダ(BALMUDA) BALMUDA The Pot

洗練されたデザインの人気電気ケトルです。ステンレスに塗装を施しており、上品な質感を楽しめるのが魅力。容量0.6Lのコンパクトな製品で、満水時でも約3分でお湯を沸かせます。取り回しがよく手軽に使えるため、1〜2人暮らしにおすすめです。

細口ノズルは湯切れのよい形状に設計されており、自在にお湯の流速や注ぐ場所をコントロールすることが可能。ハンドルは手に馴染みやすいデザインで、端部に電源ランプを搭載しています。ネオン管のやさしい灯りで、簡単に電源のオンオフを確認できるので便利です。

さらに、空焚き防止機能やオートパワーオフ機能も搭載。スタイリッシュな小型の電気ケトルとして、ぜひ検討してみてください。

山善(YAMAZEN) 電気ケトル YKG-C800

山善(YAMAZEN) 電気ケトル YKG-C800

温度調節機能が充実している電気ケトルです。60〜100℃まで1℃刻みで設定できるうえ、60・70・80・85・90・95℃のプリセット設定で素早く選択することも可能。さらに、「沸とう」スイッチで手軽にお湯を沸かせるので、幅広いシーンで役立ちます。

また、60分の保温機能を搭載しているのもメリット。長時間温度をキープできるため便利に使えます。容量は約0.8Lで、約2〜3杯のコーヒーを淹れる用途におすすめ。電気ケトルでさまざまな温度のお湯を沸かしたい方は、ぜひチェックしてみてください。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ドリップケトル 温度調節付 IKE-C600T-B

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ドリップケトル 温度調節付 IKE-C600T-B

コストパフォーマンスに優れた電気ケトルです。容量が0.6Lのコンパクトなモデルで、温度を60〜100℃に5℃刻みで設定できます。また、70・90・100℃の3段階で温度を操作することも可能。保温機能も搭載しており、60〜95℃に5℃刻みで設定できるため便利です。

オートパワーオフ機能と空焚き防止機能の安全機能を備えているのもメリット。フタは取り外し可能で、口が広く設計されているのでお手入れも容易に行えます。お手頃価格のハンドドリップ向け電気ケトルとしておすすめです。

ラッセルホブス(Russell Hobbs) 電気カフェケトル 1.0L 7410JP

ラッセルホブス(Russell Hobbs) 電気カフェケトル 1.0L 7410JP

グッドデザイン賞を獲得しているロングセラーモデルの電気ケトルです。容量は1Lで、カップ1杯分のお湯なら約1分で沸かせるのが魅力。満水時でも約5分で素早く沸騰するため、いつでも気軽にコーヒーを淹れられます。

素材にはステンレスを採用しており、密閉性に優れた構造を採用しているのもポイント。沸騰後1時間経過してもお湯の温度が70℃程度にしか下がらないので、容易に再度沸かすことが可能です。また、保温機能と異なり電気を使用しないため、電気代も節約できます。

ハンドルには指をかけるストッパーを搭載しており、ラクに持てるのもメリット。さらに、空焚き防止機能とオートオフ機能も内蔵しています。おしゃれで使いやすい人気製品としておすすめです。

ドリテック(DRETEC) 温度調整付ケトル アラビカ PO-145

ドリテック(DRETEC) 温度調整付ケトル アラビカ PO-145

ハンドドリップだけでなく、幅広い用途に使える電気ケトルです。容量は0.8Lで、温度を40〜100℃に1℃刻みで調節することが可能。低い温度のお湯も用意できるので、コーヒーや日本茶の抽出はもちろん、赤ちゃんのミルク作りやパン作りにも活躍します。

15分の保温機能も搭載しており、40〜95℃に1℃刻みで設定できるのもメリット。液晶画面にはバックライトがついているため、数字を簡単に視認できます。また、空焚き防止機能を搭載しているので、安心して使えるのも魅力です。

ノズルは湯切れがよく、お湯の流速をコントロールしやすいように設計されています。スムーズにハンドドリップを行える、お手頃価格のモデルです。

オクソー(OXO) ドリップケトル 温度調整&タイマー機能付

オクソー(OXO) ドリップケトル 温度調整&タイマー機能付

スタイリッシュなデザインの高機能な電気ケトルです。本体にはおしゃれなつや消し仕上げのステンレスボディを採用。また、操作画面がシンプルにデザインされており、誰でも手軽に操作できるうえスマートな印象を与えるのも魅力です。

本体は重心のバランスが取れた形状で、ハンドルが握りやすく設計されているためラクに取り回せるのもポイント。ノズルには先細りのグースネック形状を採用しており、お湯の量や流速、注ぐ場所を容易にコントロールできます。

温度調節は40~100℃まで1℃刻みで設定可能。設定温度に達すると、自動で30分保温されるので便利です。さらに、カウントアップタイマーの機能を搭載しており、ハンドドリップに役立てられるのもメリット。容量1Lのハイグレードな電気ケトルとしておすすめです。

ボナヴィータ(bonaVITA) 1.0L 温度調節機能つき電気ケトル

ボナヴィータ(bonaVITA) 1.0L 温度調節機能つき電気ケトル

コーヒー文化が盛んなシアトルのメーカーによる人気製品です。世界中で愛用されており、高性能なハンドドリップ用の電気ケトルを探している方におすすめ。容量は1Lで、お湯の温度を60〜100℃に1℃刻みで設定できます。

また、60・80・85・88・96・98℃の温度がプリセットされており、素早く温度設定を行えるのも魅力。保温ボタンを押すと設定温度を最長1時間キープできるため、連続でコーヒーを淹れる場合も快適に使えます。

細口ノズルはお湯の細さを調節しやすいように設計されており、スムーズに注ぐことが可能。ハンドルには指をかけるストッパーを備えているので、容易にしっかりと握れます。細かく温度を調節できるプリセット機能を搭載した電気ケトルとしておすすめです。

アピックス(APIX) 電気カフェケトル AKE-277

アピックス(APIX) 電気カフェケトル AKE-277

デザイン性に優れた電気ケトルとしておすすめの製品です。素材には美しいカッパー色のステンレスを採用。ハンドルとフタは木目調に仕上げられており、おしゃれな印象を与えるのが魅力です。

容量は0.7Lで、口が広いため内部のお手入れも簡単に行えます。また、安全機能の空焚き防止機能やオートパワーオフ機能を搭載しているのもメリット。スタイリッシュな電気ケトルとして、ぜひチェックしてみてください。