安心して使える電気ケトルを使いたい方には、タイガーの製品がおすすめです。タイガーが手掛ける魔法瓶の技術を応用し、沸騰しても本体が熱くなりにくい電気ケトルを販売しています。転倒お湯もれ防止構造のモノもあるので、子供やペットがいる家庭にもおすすめです。

そこで今回は、タイガーの電気ケトルの選び方とおすすめの製品をご紹介します。購入を検討している方はチェックしてみてください。

タイガーの電気ケトルの魅力

By: tiger.jp

タイガーの電気ケトルは、お湯漏れを軽減する機能が充実しています。転倒お湯もれ防止や蒸気レス機能機能などを搭載しているモデルが多く、安心して使いやすいのが魅力です。

素早くお湯を沸かせるモノは、朝の忙しい時間に活躍します。沸騰時の電力を抑える機能を搭載したモノもあり、電気代を節約したい方におすすめです。

タイガーの電気ケトルは、デザインがシンプルでスタイリッシュなのもポイント。キッチンにあるだけで空間がおしゃれに見えます。カラーも豊富に展開されており、インテリアや好みに合わせて選べます。

タイガーの電気ケトルの選び方

機能をチェック

スピード沸騰

By: tiger.jp

すぐにお湯を使いたいときに便利なのが「スピード沸騰」です。モデルによって、カップ1杯分(140ml)のお湯を約45秒または約60秒で沸かせます。来客時にお茶を入れる際や、料理の下ごしらえでお湯を使いたいときにもすぐに沸くので便利です。

毎朝コーヒーや紅茶を飲む方にも、スピード沸騰を搭載したモノがおすすめ。時間がない朝でも簡単に美味しい1杯を味わえます。

蒸気レス・省スチーム設計

By: tiger.jp

電気ケトルの蒸気で火傷をするのが怖い方には、「蒸気レス」機能を搭載したモノがおすすめ。フタ内部の蒸気キャッチャー構造により、高温の蒸気が蒸気孔から出ないため、火傷の心配がほとんどありません。ケトルを安心して使用したい方や、子供がいる家庭にもおすすめです。

「省スチーム設計」の電気ケトルは一般的なモノよりも蒸気の量が少ないのが特徴。火傷のリスクを軽減しやすいモノを探している方にぴったりです。

本体二重構造

By: tiger.jp

ステンレス製内容器と鋼板ケース本体の⼆重構造で、沸騰後も本体が熱くなりにくい「本体二重構造」のモノもおすすめです。お湯をたっぷり沸かした際にも本体を手で支えられるので便利です。

「本体二重構造」のモノは、お湯が冷めにくいのが魅力。保温性が高く、沸騰後も温度をキープできます。家族でお茶を飲む時間が違う場合や、こまめにコーヒーや紅茶を入れる方におすすめです。

転倒お湯もれ防止構造

By: tiger.jp

「転倒お湯もれ防止構造」を搭載したモノは、誤って誤って転倒しても、注ぎ口が上を向く構造で安心。内部が止水構造になっており、本体が傾いてもお湯漏れを最小限に抑えられます。

しかし、給湯ロックボタンがロック状態でも、本体が傾いたり倒れたりするとお湯が流れ出る可能性があります。「転倒お湯もれ防止構造」はお湯が漏れない機能ではないことを把握し、注意しながら使用しましょう。

給湯ロックボタン

By: tiger.jp

「給湯ロックボタン」は、本体が倒れたときに注ぎ口からお湯が漏れるのを防ぐ機能です。子供やペットが誤って電気ケトルを倒してもお湯が漏れにくいため、火傷のトラブルを軽減できます。

電気ケトルを置く際に手元が滑って倒れてもお湯が漏れにくいため、安心して使用できるのが魅力です。注ぐ際にもボタンを押して、簡単に操作できる便利な機能です。

容量をチェック

By: tiger.jp

電気ケトルを選ぶ際には、容量を忘れずにチェックしましょう。製品によって、容量の大きさはさまざまなので、使う量に適したモノを選ぶのが重要です。

毎朝のコーヒー用にカップ1杯分を沸かしたい場合は、容量が0.6~0.8Lの小型タイプがぴったりです。小型タイプはコンパクトで扱いやすいのも魅力です。

料理の下ごしらえやカップラーメンなどには500ml以上のお湯が必要なので、容量1L程度のモノがおすすめ。冷水筒に麦茶などを作る場合は、容量1.2Lの大きいタイプを使うと便利です。

デザインをチェック

By: tiger.jp

タイガーの電気ケトルには優しいフォルムでおしゃれなモノや、シンプルでスタイリッシュなモノなどが揃っているのが特徴。キッチンのイメージに合うモノを選んで、おしゃれな雰囲気を演出できます。

色選びも重要なポイント。タイガーの電気ケトルはカラーバリエーションも豊富で、ホワイトやブラックだけでなくブラウンやレッドも展開されています。調理家電をホワイトやブラックでまとめている場合は、電気ケトルの色も統一すると空間が洗練された雰囲気になるのでおすすめです。

お手入れのしやすさをチェック

By: tiger.jp

電気ケトルのお手入れのしやすさも重要。蓋が外せて内部を洗いやすいモノを選べば、きれいな状態を保ちやすいのでおすすめです。広口タイプのモノであれば、中に手が入りやすいのでよりきれいに洗えます。

カップにお湯を注ぐ際にコーヒーや紅茶が跳ねると注ぎ口に付きやすいため、定期的なお手入れが必要。注ぎ口の洗いやすさもチェックしておくと便利です。

タイガーの電気ケトルのおすすめ

タイガー魔法瓶(TIGER) 電気ケトル PCL-A120

スピード沸騰で、忙しい朝にも

容量が大きめの電気ケトル。容量1.2Lで一度にたっぷりのお湯を沸かせるため、来客時にお茶を入れる際などにも適しています。同モデルで1Lタイプもあり、家族の人数や用途に合わせて選べるのが魅力です。

蒸気の量が少ない「省スチーム設計」で、火傷のトラブルを軽減できます。沸騰しても本体が熱くなりにくい「本体二重構造」や、倒してもお湯が漏れにくい「転倒お湯もれ防止構造」も搭載しているのも特徴です。

また、カップ1杯(140ml)のお湯を素早く沸かす「スピード沸騰60秒」も便利。朝の忙しい時間でもすぐに美味しいコーヒーを味わえます。

曲線が美しいデザインでおしゃれなのも魅力のひとつ。カラーはマットホワイト・スレートブルー・サンドベージュを展開しており、キッチンの雰囲気に合わせて選べます。

タイガー魔法瓶(TIGER) 蒸気レス電気ケトル PCJ-A101

さまざまな安全設計で家庭での使用におすすめ

蒸気が外に出にくいおすすめの電気ケトルです。フタの内部に「蒸気キャッチャー構造」を採用し、沸騰しても蒸気を抑えられるのが特徴。誤って蒸気孔に手をかざしても、火傷をするリスクを軽減します。

本体が熱くなりにくい「本体二重構造」や、倒してもお湯が漏れにくい「転倒お湯もれ防止構造」も搭載。また、お湯が沸騰すると「通電自動オフ」が働くのも便利です。安心して使いやすいので、お年寄りや子供がいる家庭にも適しています。

本製品は、カップ1杯分の湯わかし電力を約22%カットできると謳われているのもポイント。機能性に優れながら、節電も期待できる電気ケトルです。

タイガー魔法瓶(TIGER) 蒸気レス電気ケトル PCK-A080

電気代の節約を期待できる

6つの安全設計で火傷のリスクを軽減できる電気ケトルです。「蒸気レス」機能搭載で、沸騰しても熱い蒸気が出にくいのが特徴。「本体二重構造」や「転倒お湯もれ防止構造」なども搭載しており、本体を持って注ぐ際に安心して使いやすいのが魅力です。

湯わかし電⼒を約22%カットする効果も期待できるため、電気代の節約が可能。無駄な加熱を行わず、自動で停止するので便利です。

容量は0.8Lで、3~4人分のお茶を入れたり料理用のお湯を沸かしたりするのに便利。スマートなデザインでさまざまなキッチンに合わせやすいのも魅力です。カラーは高級感のあるマットホワイトとマットブラックの2色展開。機能性とデザイン性を兼ね備えた電気ケトルです。

タイガー魔法瓶(TIGER) 電気ケトル PCM-A060

コンパクトサイズでおしゃれなデザインのモノを探している方におすすめの製品です。本体サイズは幅16.1×奥行21.2×高さ16.7cmと小さめで、キッチンのカウンターにもすっきり置けます。容量は0.6リットルでカップ1~2杯分のお湯を沸かすのに便利です。

また、「本体二重構造」や「転倒お湯もれ防止構造」を搭載しており、火傷のトラブルを軽減できるのも特徴。沸騰した際に吹き出す蒸気の量が少ない「省スチーム設計」も特徴のひとつ。カラだきを検知すると自動で電源がオフになる機能も搭載しています。

丸みのあるおしゃれなデザインも魅力です。継ぎ目が目立ちにくいシームレスなデザインを採用。カラーはマットホワイトとアッシュグレーの2色展開です。小型で使いやすい電気ケトルを探している方はチェックしてみてください。