新進気鋭のメーカーとして数々のヒットを生み出している「バルミューダ」。ラインナップ製品にはシンプルながら飽きのこないデザイン家電が多いですが、その中にはユーザーニーズを掘り起こし、向き合い、具現化したアイテムが揃っています。

そこで今回は、バルミューダの魅力とおすすめの家電についてご紹介。気になっている方はこの機会に、ぜひバルミューダの家電を体感してみてください。

バルミューダ(BALMUDA)とは

By: amazon.co.jp

バルミューダは2003年に設立された日本の家電機器メーカー。電気炊飯器やスチームトースター、扇風機などの家電中心に、さまざまな製品を独特な切り口で開発・リリースしています。

バルミューダの特長は、そのデザイン性の高さ。過去幾度となく世界中のデザイン賞を受賞しており、その優れた工業デザインは多くのファンから支持を受けています。

バルミューダの魅力

消費者に感動を届ける

バルミューダは当初パソコンの周辺機器を製造していましたが、徐々にジャンルを拡大して近年は白物家電に注力。さらにそれら新製品が老舗家電メーカーでは成し得ないユニークな機能を持っているとして話題となり、現在では存在が広く認知されています。

革新的な機能

バルミューダは水蒸気を出してパンをふっくらと焼く技術や、タンクのない加湿器などといった、従来の家電にはない革新的な機能を搭載したものを次々とリリースしています。

中でも世間の注目を浴びた家電が、蒸気によってお米を炊く新しい電気炊飯器「BALMUDA The Gohan」。美味しいご飯を炊くことにのみこだわって余計な機能を一切省くなど、他の家電メーカーとは一線を画す製品開発の理念が、バルミューダの大きな魅力です。

バルミューダの家電

バルミューダ(BALMUDA) BALMUDA The Pot K02A

高級感のあるコーヒーポットのような見た目の電気ケトル。持ち手の部分に電源ランプがついているのもユニークでおしゃれなデザインです。

本体の重量が軽くてノズルが細く、湯切れのよい注ぎ口をしているため狙ったところにピタリとお湯を注げます。普段使いにはもちろん、自宅でドリップコーヒーを入れる方にも最適です。

容量は600mlとやや少なめですが、カップ麺を作ったりちょっとした飲み物を入れたりするのにちょうどよい大きさ。扱いやすいサイズ感なので、1日に何度もお湯を沸かす方にぜひ使ってもらいたい逸品です。

バルミューダ(BALMUDA) BALMUDA The Toaster K01E-KG

画期的なアイデアを製品に落とし込んだスチームオーブントースター。給水口に水を入れてパンを焼くと、水蒸気の力でパンをふっくらと焼き上げます。中心は水分を残しつつも、表面はきつね色の焼き目がついたトーストが作れるのが大きな特長です。

トースト・チーズトースト・クロワッサン・バゲットの4つのモードを搭載。それぞれ最適な温度と焼き時間で、香りと食感が秀逸に仕上がると評判です。

従来のトースターと同じように水蒸気を使わないクラシックモードも搭載されているため、冷凍食品やお餅など一般的なトースターで焼けるものはすべて使用できます。パン好きの方で焼き加減にもこだわりたいという方におすすめの家電製品です。

バルミューダ(BALMUDA) BALMUDA The Gohan K03A

二重構造の羽釜の間に水を入れて水蒸気でご飯を炊きあげる、3合炊き電気炊飯器です。蒸気を使って100℃以下の温度でゆっくりと加熱をするため、ご飯の香りや旨みがしっかりと感じられる製品です。

普通の白米を炊くだけでなく、従来の炊飯器のように玄米や炊き込みご飯、お粥などを炊くことも可能です。特に蒸気の働きで玄米をもっちりと炊き上げることができるのはメリットです。

ただし、保温機能が付いていない点は考慮すべきポイント。お米のポテンシャルを引き出すべく炊飯に重点を置いた結果、従来の炊飯器とは異なる仕様で保温ができないため、ご飯は1度に食べきれる量を炊くないし、余ったご飯はすぐに冷蔵・冷凍保存をする必要があります。

バルミューダ(BALMUDA) リビング扇風機 The GreenFan EGF-1600

バルミューダの知名度アップに貢献した扇風機「The GreenFan」。それまでになかった心地よい風を発生させることによって扇風機市場にDCモーター採用を促し、高級扇風機というジャンル確立の一端を担ったと言われている製品です。

自然界の風を再現べく羽根には二重構造を採用。外側の羽根が生み出す速い風と内側の羽根が生み出す遅い風をぶつけることで、遠くまで風を届けてくれます。

また、一般的な扇風機に比べて、風が約4倍広がるのも魅力。自然な風を受けているような気持ちよさが感じられます。別途専用バッテリーを購入すれば20時間コードレスで運転が可能。より部屋がスッキリ整うほか、持ち運びもラクラクです。

バルミューダ(BALMUDA) GreenFan Cirq EGF-3300-WK

DCブラシレスモーターを採用し、少ない回転数での大風量を生み出すサーキュレーター。省エネ性能が高く、1日8時間運転した場合の電気代は0.6円と経済的なモデルです。

エアコンと併用すれば電気代が最大20%節約でき、室内干しの洗濯物も最大3倍速く乾きます。また風向きを水平から垂直まで90度無段階に変えられるので、空気が循環しにくい環境でも活躍してくれるのもポイントです。

バルミューダ(BALMUDA) AirEngine EJT-1100SD-WK

強い吸引力と高性能フィルターの組み合わせによって、空気中のさまざまな浮遊物質を短時間で取り除いてくれる空気清浄機。PM2.5や花粉、ウイルス、ホコリなどを瞬時に除去する上に脱臭効果も兼ね揃えており、不快な生活臭やペット臭なども取り去ってくれる優れモノです。

設置面積はA4の紙一枚と同サイズと小型。さらに3つのボタンで簡単に操作できるうえ、フィルター交換は1年に1度と手間いらずなので、高性能でメンテナンスフリーな空気清浄機を探している方におすすめです。

バルミューダ(BALMUDA) Rain Wi-Fiモデル ERN-1000UA-WK

花瓶のようなデザインの加湿器。ディスプレイに水を注ぐだけで内部にある給水ボウルに水が溜まり、加湿器に給水ができる構造を採用しています。内部ボウルは洗剤で丸洗いをすることが可能なので、いつでも清潔に保てるのもポイントです。

Wi-Fiネットワークに接続すれば、外出先でもスマホを使って操作が可能。空気を取り込むフィルターには殺菌作用のある溶菌酵素をコーティングしているため、健康管理にもひと役買います。加湿と除菌を同時にこなすことができるので、シーズン問わず使えるおすすめアイテムです。

バルミューダ(BALMUDA) SmartHeater2 Wi-Fiモデル ESH-1100UA-SW

バルミューダの「スマートヒーター」は、オイルを使わずに部屋を暖めるアルミラジエーター方式を採用。アルミニウムを採用しているため、音やホコリをたてずにヒーターに素早く熱を伝え、立ち上がりからわずか10分で部屋が温まり始めます。なお、快適な睡眠を手助けするロイヤルスリープモードも装備。起床時に室温が20℃になるように設定できる点もポイントです。

表面温度を55〜85度まで設定できる安全設計のほか、コンセントの異常を感知して発火を未然に防ぐ「サーモセーフプラグ」など便利機能も搭載。地震の揺れを感知して自動にヒーター運転を停止させるなど、細部にまで配慮が行き届いているのも魅力です。