洗濯した衣類を素早く乾かしたい場合に便利な「衣類乾燥機」。洗濯物を干す手間を省きたい方や、衣類の除菌乾燥をしたい方にも適しています。しかし、容量や機能などが製品によって大きく異なるので、どのモデルを選んだらよいのか分からない方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、衣類乾燥機の選び方のポイントとおすすめモデルをご紹介。購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

※商品PRを含む記事です。当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が弊社に還元されます。

衣類乾燥機のメリット・デメリット

By: rinnai.jp

衣類乾燥機は、天気や花粉などに左右されることなく衣類を乾かせるのがメリットです。また、洗濯物を干す作業が不要なため、家事の時短にも繋がります。洗濯する衣類の量が多い方におすすめです。

高温で乾燥できるモデルであれば、衣類の除菌ができるのもポイント。部屋干しの生乾き臭を防止したい方に適しています。

しかし、洗濯が終わった後、衣類を衣類乾燥機に移動させる手間がかかるのがデメリット。また、衣類乾燥機は洗濯機とは別に設置するので、別途費用やスペースが必要な点も留意しましょう。

衣類乾燥機の電気代は1ヶ月でどれくらい?

衣類乾燥機は電気式とガス式をラインナップ。電気式の衣類乾燥機を毎日1回1時間使用した場合、1ヶ月の電気代は1,000円前後といわれています。使用時間や消費電力によって電気代は異なるので、ひとつの目安として参考にしてみてください。

ガス式の衣類乾燥機は電気代に加えてガス代がかかるものの、乾燥時間を大幅に短縮できる分、総合的にランニングコストを抑えられる傾向にあります。ただし、工事費用がかかるほか、設置できる場所が限られているため、その点も踏まえて検討しましょう。

なお、衣類乾燥機の電気代を節約したい方は、フィルターの掃除をこまめに行うのがおすすめ。糸くずやホコリによってフィルターが目詰まりすると、風量が低下して乾燥に時間がかかるので注意しましょう。

衣類乾燥機の選び方

一人暮らしや家族暮らしなど人数に合った容量をチェック

By: jp.morus.com

衣類乾燥機は製品によって容量が異なります。容量以上の服を入れると本体に負担がかかるため注意が必要です。一度に乾燥させる衣類の量や、家族の人数に応じて選びましょう。

容量をチェックするときは、「使用する人数×1.5kg」を目安にするのがおすすめ。少し大きめのモデルを選ぶと、シーツなどの大物も乾かせて便利です。

電気式とガス式の違いをチェック

工事不要で手軽に設置できる「電気式」

By: jp.morus.com

手軽に使える衣類乾燥機が欲しい方は、電気式をチェック。工事が必要ないので、洗濯機の上に設置して使用できます。賃貸物件に住んでいる方や、設置スペースが限られている方にもぴったりです。

しかし、衣類乾燥に時間がかかるうえ、光熱費がかさみがちな点はデメリット。電気代が気になる方は部屋干しの仕上げに使うなど、乾燥時間を減らすのがおすすめです。

乾燥時間が短く、一度に多くの洗濯物を乾かせる「ガス式」

By: rinnai.jp

乾燥性能にこだわって衣類乾燥機を選びたい方には、ガス式がおすすめ。パワフルに衣類を乾かせて、乾燥時間が短いのがメリットです。一度に多くの洗濯物を乾かしたい方にも適しています。

稼働時間が短いことで、ランニングコストを抑えられるのもポイント。電気代をできる限り抑えたい方にもぴったりです。

ただし、本体とガス栓を繋いで使用するため、設置工事を行う必要があります。排湿管を通す穴を壁に開けるので、設置場所が限られる点も留意しておきましょう。

乾燥時間をチェック

By: rinnai.jp

衣類乾燥機を選ぶ際は、乾燥にかかる時間をチェックするのも大切。よりスピーディーに乾かしたい方は、ガス式の衣類乾燥機を選びましょう。

乾燥時間の目安は、衣類の容量・水分量・素材などによっても大きく変わります。また、フィルターの目詰まりや不十分な排気など、乾燥時間が長くなる要因をできる限り取り除くことも重要なポイントです。

置き場所に合わせたサイズを選ぶ

By: rinnai.jp

衣類乾燥機を選ぶ際は、設置場所に合ったサイズを選ぶのも重要です。衣類乾燥機は、本体が熱くなって湿気を排出するのが特徴。そのため、壁との間には数cmの隙間が必要です。

本体と壁との距離や換気が不十分な場合、窓や壁などに結露が発生する恐れがあるほか、乾燥時間が長くなることがあります。

機能性をチェック

アイロンがけの手間を省けるシワ取り機能

By: rinnai.jp/life

衣類を乾燥させたときに気になるのがシワ。綿やレーヨンなど、生地によってもシワのつきやすさは変わります。仕上がりにこだわりたい方は、衣類のシワ残りを防ぐ機能を備えたモデルをチェックしましょう。

シワ取り機能を搭載した衣類乾燥機は、アイロンがけの手間を省けるのがメリット。家事の負担を軽減したい方にもおすすめです。

小物類の乾燥で便利なタイマー機能

By: hanx.jp

衣類乾燥機を選ぶ際は、乾燥時間を設定できるタイマー機能の有無もチェック。短時間の設定が可能なモデルは、靴下などの小物類を乾かす際に便利です。また、衣類をあたためたいときなどにも重宝します。

製品によって設定できる内容が異なるので、あらかじめ確認してみてください。

毛布が乾かせる毛布乾燥

衣類乾燥機のなかには、毛布などの大物に合わせた専用コースを搭載しているモデルもラインナップ。干す手間を省けるため便利です。

なお、アイテムによっては衣類乾燥機に対応していない場合も。特に、ウールやカシミヤなどの素材はデリケートなので注意が必要です。洗濯表示を確認してから使用しましょう。

排水不要なモデルも

By: hanx.jp

設置場所を問わず使いたい方は、排水不要のモデルをチェック。プラグをコンセントに挿すだけですぐに使えるので便利です。

コンパクトなモデルが多いのも特徴。しかし、省スペースで設置できる一方、乾燥容量が少ないのは留意点です。少人数世帯や一人暮らしの方など、乾燥する衣類の量が少ない場合に適しています。

お手入れのしやすさをチェック

By: jp.morus.com

衣類乾燥機は日常的なお手入れが欠かせません。フィルターのホコリやごみなどを放置すると、乾燥時間が長くなるほか、衣類にホコリが付くこともあるため注意しましょう。

お手入れの手間を省きたい方は、フィルター清掃がしやすいモデルを選ぶのがおすすめ。なかには、フィルターを取り付けたまま、付着したホコリなどを掃除機でサッと吸い取るだけの製品もラインナップされています。

衣類乾燥機のおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: rakuten.co.jp

パナソニックの衣類乾燥機は、デザイン性と使いやすさを両立しているのが魅力です。「標準」「約75℃除菌」「ワイシャツ」「厚物」「ふとん・毛布」「シワ取り」などの多彩なコースを搭載。また、20分・40分・60分の設定が可能なタイマー機能を備えています。

「ツイン2温風」の採用によって、大風量の温風でスピーディーに仕上げるのも特徴。容量は5kgと6kgをラインナップしています。

日立(HITACHI)

By: rakuten.co.jp

日立は、衣類に合わせてヒーターと風乾燥の2種類から乾燥方式が選べる製品をラインナップ。熱に弱いデリケートな衣類の乾燥には、風乾燥がおすすめです。

標準・低温乾燥など、複数のコースから選べるのもポイント。また、「お掃除ラクラクフィルター」の搭載により、簡単にお手入れできます。

東芝(TOSHIBA)

By: rakuten.co.jp

花粉対策ができる衣類乾燥機が欲しい方は、東芝の製品に注目。花粉フィルターを搭載しており、小さな粒子も捕らえやすいのがポイントです。衣類に付着した花粉を90%以上取り除けると謳っています。

ターボ乾燥機能が付いているのもメリット。ヒーターのパワーと風量を強くすることで、乾燥時間の短縮に繋がります。よりスピーディーに衣類を乾燥したいときに便利です。

衣類乾燥機のおすすめ

パナソニック(Panasonic) 衣類乾燥機 NH-D605

パナソニック(Panasonic) 衣類乾燥機 NH-D605 2023

サニタリー空間にマッチするシンプルなデザインがポイントの衣類乾燥機です。使いやすさにこだわっているのも特徴。直径約383mmの投入口を備えており、毛布などの大物もスムーズに出し入れ可能です。

標準コースに加えて、タオル除菌・15分ドライなど便利なコースを搭載しているのも魅力。デザイン性と機能性を両立したおすすめモデルです。

パナソニック(Panasonic) 衣類乾燥機 NH-D603

パナソニック(Panasonic) 衣類乾燥機 NH-D603 2017

ヒーターと吹出口をそれぞれ2ヶ所に設置した「ツイン2温風」が特徴の衣類乾燥機。スピーディーかつふんわりと仕上がる、おすすめモデルです。

乾燥の最終工程でドラムの中の温度を75 ℃まであたためる、約75℃除菌コースを搭載。部屋干しした衣類の仕上げ乾燥などに適しています。そのほか、2層ステンレスドラムを採用しているのもポイント。保温効果に優れているだけでなく、運転中の音を軽減できます。

日立(HITACHI) 衣類乾燥機 DE-N60HV

日立(HITACHI) 衣類乾燥機 DE-N60HV 2022

ヒーターと風乾燥の2種類の乾燥方法を選べる衣類乾燥機。普段使いの衣類はヒーターで、熱を加えたくない衣類は風乾燥など、衣類に応じて使い分けられるのがメリットです。

多彩なコースを搭載しているのもポイント。標準(弱)モードは、毛布など大物の乾燥に適しています。低温乾燥コースは、靴下や薄手のセーターといった熱で縮みやすいデリケートな衣類の乾燥にぴったりです。

「お掃除ラクラクフィルター」を採用しているのも特徴。付着したホコリや糸くずを掃除機で吸い取るだけで、簡単にお手入れできます。

東芝(TOSHIBA) 衣類乾燥機 ED-458

東芝(TOSHIBA) 衣類乾燥機 ED-458 2019

乾燥容量が4.5kgの、少人数世帯や一人暮らしの方におすすめの衣類乾燥機です。花粉フィルターを搭載しているのがポイント。小さな粒子もしっかりと捕らえ、衣類に付いた花粉を90%以上取り除けると謳っています。

そのほか、衣類の絡みを検知する「からみまセンサー」を採用。衣類が絡まるとドラムを反回転させてほぐします。

リンナイ(Rinnai) 乾太くんスタンダードタイプ RDT-80

リンナイ(Rinnai) 乾太くんスタンダードタイプ RDT-80 2019

短時間でふんわりと仕上がる、ガス式の衣類乾燥機。乾燥容量は8kgで、一度に多くの衣類を乾かせます。

分かりやすく使いやすい操作パネルを採用。標準・厚物・デリケートなど、衣類によってコースを使い分けられるのも便利です。別売りの小物乾燥棚を設置すると、布製の靴も乾燥できます。

リンナイ(Rinnai) 乾太くん デラックスタイプ RDT-63T-13A

リンナイ(Rinnai) 乾太くん デラックスタイプ RDT-63T-13A 2023

スタイリッシュなデザインが魅力の衣類乾燥機。見た目にこだわって選びたい方にもおすすめです。操作部分にはホワイトLEDと高級感のあるダイヤルを採用しています。

糸くずフィルターをドラムの手前側に設置。ボックス型の形状とワンタッチオープン方式により、簡単に取り出せます。手軽にお手入れできるのがポイントです。

リンナイアプリに対応しているので、スマホと連携可能。離れた場所で残り時間を確認したり、完了通知を受け取ったりできます。

モルス(MORUS) Morus Zero

モルス(MORUS) Morus Zero

一人暮らしの方でも使いやすい、小型の電気式衣類乾燥機。工事不要で設置できて、場所を問わず使えるのが便利です。Tシャツ1枚であれば、約15~30分で乾かせると謳っています。

高性能モーターを搭載しており、回転方向や速度をコントロールするのがポイント。シワの少ない、ふんわりとした仕上がりを実現します。靴専用乾燥棚が付属しているのもメリット。そのほか、チャイルドロック機能が付いているので、子供のいたずらによる誤動作を防げます。

Hanx(ハンクス) UV-C除菌搭載 全自動衣類乾燥機 HH-D10

Hanx(ハンクス) UV-C除菌搭載 全自動衣類乾燥機 HH-D10

排水不要で使えるおすすめの衣類乾燥機です。フィリップスのUV-C除菌モジュールを備えているのが特徴。約54dBの静音設計もポイントです。

最大200分まで20分単位で設定可能なタイマー機能を搭載。ステンレスドラムを採用しており、サビやカビに強いのもメリットです。靴や帽子の乾燥に便利な専用トレーが付属します。

衣類乾燥機の売れ筋ランキングをチェック

衣類乾燥機のランキングをチェックしたい方はこちら。

より手軽に使いたいなら衣類乾燥機能付きの除湿機も

衣類乾燥機は、工事や設置の手間を要するのが難点。手軽に衣類を乾燥させたい方には、衣類乾燥機能付きの除湿機もおすすめです。衣類乾燥機能付き除湿機なら、衣類を乾かせるだけでなく、室内の除湿も可能。部屋干し臭対策に効果的な、パワフルなモノも展開されています。

なかには、室温によって除湿能力が左右されにくく、1年中活躍するモデルもラインナップ。また、サーキュレーター機能やセンサーで湿度を計測して知らせる機能などを備えた、利便性の高いモデルが多いのも魅力です。

除湿機のおすすめはこちら