洗った靴や雨で濡れた靴を乾かすのに便利な「靴乾燥機」。湿気の多い梅雨の時期に限らず、普段の靴のケアにも活躍します。リーズナブルな価格のモノの製品も多く、購入しやすいのも魅力です。

そこで今回は、おすすめの靴乾燥機をご紹介します。選び方も解説するので、ぜひチェックしてみてください。かかとからつま先までしっかり乾いたきれいな靴を履いて、気持ちよく出かけましょう。

靴乾燥機とは?

靴乾燥機は温風を出すノズルを2つ搭載し、左右の靴を同時に乾かせるアイテム。簡単にいうと布団乾燥機が靴専用としてコンパクトになったような機器です。本体からホースを伸ばして靴の中に差し込むタイプや、スタンド型の本体に靴を立てて使うタイプなどがあります。

靴が濡れてしまうと中がなかなか乾きませんが、靴乾燥機は靴の奥まで温風を当てられるのでつま先までしっかり乾かせるのが最大のメリット。最近は消臭効果が期待できる靴乾燥機も多数登場しているため、靴の悩みに合ったモデルを選ぶと快適に使えます。

靴乾燥機の選び方

タイプをチェック

靴をはめるタイプ

By: amazon.co.jp

ホースやノズルに靴を差し込んで使用するタイプの靴乾燥機。ホースやノズルから出る温風によって靴を乾燥します。温風が靴のつま先まで届き、短時間で靴を乾燥できるのが特徴です。

特にホースを使用するタイプは、靴のつま先までしっかりと温風が届くので、ブーツや長靴も早く乾きます。また、革靴やスニーカー、パンプスなどさまざまな種類の靴に使用できる製品があり、家族全員で使いたい方におすすめです。

オゾン脱臭や抗菌などの機能を搭載している製品も存在。乾かすだけでなく清潔に保てるのがうれしいポイントです。ホースやノズルが付いている分、大きな製品も多いものの、折りたたみができるモノならコンパクトに収納できます。

布団乾燥機に靴専用アタッチメントが付いている製品や、衣類に使えるハンガータイプの製品もあります。靴乾燥機としても使用できるので、さまざまな用途に使いたい方はチェックしてみてください。

靴の中に入れるタイプ

By: amazon.co.jp

靴の中に入れて乾かすタイプの靴乾燥機。本体が発熱し、靴をあたためることで乾燥させます。乾くまでに時間がかかるのが難点ですが、作動音が静かなので寝ている間に使用できるのがメリットです。

また、コンパクトなモノが多く、旅行先やオフィスなどに持っていきやすいのもうれしいポイント。スリッパや靴下、手袋などに使用できる製品もあり、1台あるとさまざまなシーンで使えます。

小さめのタイプを選べば子ども用の靴にも使用できるので便利です。ただ、大人用の靴に使用する場合は小さい製品だと乾きにくくなるため、使用したい靴によって大きさを選ぶのがおすすめです。

さまざまな靴に対応できるかどうかで選ぶ

靴乾燥機はノズルの形状により対応できる靴の種類が異なります。夏場はパンプスやサンダル、冬場はブーツを乾燥させたいなら、さまざまな靴に対応できるモデルがおすすめです。モデルによっては、乾かせる靴のタイプが限られている場合もあるので、購入前に確認しましょう。

また、靴乾燥機のなかには大風量の熱風を出して靴を乾かすモデルがありますが、熱に弱い革やスエードの靴を乾かすのには向いていません。普段から革靴をよく履く方は、弱風や冷風が出せる靴乾燥機を選んでみてください。

消費電力で選ぶ

靴乾燥機を使用する際に気になるのが電気代です。靴乾燥機の多くは消費電力が100~150W前後です。100Wの靴乾燥機を1時間使用すると約2.65円の電気代がかかります。参考にしながら靴乾燥機の消費電力をチェックしてみましょう。

靴乾燥機のなかには、強・中・弱にモード切替えできるモノもあり、それぞれのモードによって消費電力が異なります。少し湿った靴を乾かすなら、消費電力が低い弱モードを使って電気代を抑えるのがおすすめの使い方です。購入前に靴乾燥機の仕様をよく確認し、モードの種類と消費電力をチェックしておきましょう。

収納サイズで選ぶ

土やホコリが付いた靴を乾かす場合、玄関で靴乾燥機を使用するのが一般的です。使い勝手をよくするためにも、玄関のどこに収納するかを考えて本体サイズをチェックすることが大切。靴箱に収納するなら、棚に引っかかったり扉の開閉を邪魔したりしないかよく確認しましょう。

また、コンパクトに折りたためるモデルや、コードやアタッチメントを本体内に収納できるモデルもあります。収納スペースが限られている場合に便利なので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

乾燥時間で選ぶ

By: rakuten.co.jp

靴乾燥機は乾燥時間をタイマーで設定しますが、製品によっては最長で1時間程度しか運転できないモノがあります。運転時間が短いと、洗ったスニーカーなどを乾かすのには不向きです。びしょびしょに濡れたスニーカーを乾かすには2時間程度かかるため、それぞれの製品が最長で何時間運転できるかをしっかりチェックしておきましょう。

タイマー機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

靴乾燥機のタイマー機能はモデルによってさまざま。2段階しかタイマー切替ができないモデルもあれば、細かく5段階でセットできるモデルもあります。乾かす靴がいつも同じ素材であれば、靴にあったタイマーセットができるモデルで十分です。

革靴やスニーカー、長靴を乾かしたいなら、靴の素材に合わせてタイマーを細かく切り替えられるモデルを選んだ方が使いやすくなります。特に寝ている間に靴を乾かす場合は、タイマーセットができないと不便です。靴乾燥機を使うシチュエーションを考えて、自分の使い方に合ったタイマーセットができるモデルを選びましょう。

コードの長さをチェック

靴乾燥機を選ぶ際に、意外と見落としがちなのがコードの長さ。靴乾燥機は、靴が置いてある玄関で使用することが多いものの、玄関にコンセントのない家庭も多くあります。そのため、使用したい場所までのコンセントの距離をあらかじめ調べたうえで購入するのがおすすめです。

長いモノだと2mほどのコードを備えた製品もあります。コードを背面に収納できるモデルや、本体内部に収納できるモデルであれば、絡まったり足を引っかけたりする危険が少なく使用可能。子どものいる家庭におすすめです。

また、USBケーブルで給電する靴乾燥機もあります。自宅にあるモバイルバッテリーを使えば、コンセントのない場所でも使用できるのが魅力です。旅行先やオフィスで使いたい場合もチェックしてみてください。

脱臭効果・除菌効果で選ぶ

By: amazon.co.jp

靴乾燥機のなかには、脱臭や除菌効果が期待できる機能を搭載したモデルがあります。例えば、オゾン消臭機能が搭載されたモデルであれば、オゾンを含む温風で、靴に付いた嫌なニオイと菌を取り除く効果が期待できます。靴乾燥機を選ぶ際は脱臭・除菌機能搭載モデルを選ぶのもおすすめです。

静音性の高さで選ぶ

靴乾燥機は温風を出すことで靴を乾燥させるため、どうしても稼働音が出てしまいます。製品には「低騒音モード」などの機能が搭載されているモノも。帰宅後の夜間に使いたい場合などは、静音のレベルを確かめるのも靴乾燥機を選ぶうえで大切なポイントです。

靴乾燥機のおすすめメーカー

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

最低限の機能を搭載したジェネリック家電を多数発売するメーカー。安くても使い勝手のよいさまざまな家電を発売しています。靴乾燥機も使い勝手を重視しているのが特徴です。

本体のノズルに靴を立てて乾燥させるだけでなく、ホースを伸ばし奥まで差し込んで使うこともできるモデルがラインナップされているのも魅力。オゾン脱臭機能付きのモデルもあるので、靴のニオイや雑菌が気になる方におすすめです。

ツインバード工業(TWINBIRD)

ジェネリック家電で人気のメーカー「ツインバード」。さまざまな家電を手頃な価格で販売しており、人気の製品も多数ラインナップしています。靴乾燥機は靴箱にすっきり収まるコンパクト設計が魅力です。

革靴モードが搭載されており、熱に弱い素材の靴を優しく乾燥できるのでビジネスパーソンにおすすめ。デザイン性に優れた製品もラインナップしています。

リフレケア(Refre Care)

人々の美容と健康をサポートするアイテムを開発している「リフレケア」。靴の衛生を保つ機能を搭載した靴乾燥機を発売しています。

光触媒・紫外線・温風で靴の中に存在するさまざまな雑菌対策に効果が期待できるモデルもラインナップ。ロングブーツやスキーシューズに対応できるモデルもあり、ほかのメーカーにはない機能が特徴です。

靴乾燥機のおすすめモデル|靴をはめるタイプ

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 脱臭くつ乾燥機カラリエ SD-C2

オゾンの力で脱臭・除菌できると謳われている靴乾燥機。オゾンの力で気になるニオイを約90%脱臭、さらに除菌の効果も期待できます。靴の気になるニオイや菌対策におすすめです。

靴にホースをセットし、スイッチを入れるだけで準備完了。簡単に操作できるので毎日無理なく使えます。約50℃の温風でつま先までしっかりと乾燥させ、湿ったスニーカーなら約30分で乾燥可能。頻繁に使用したい方におすすめです。

モードは標準・革靴・低騒音の3タイプから選べます。ノズルの先端が二股形状になっており、2足同時に乾燥できるので、子どもの多い家庭にもおすすめです。

コードの長さは約2mあり、コンセントの位置まで距離がある場合も余裕をもって使用できます。靴箱の戸の間にホースを差し込めば、靴箱内の湿気対策に活用できるのも魅力です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) くつ乾燥機カラリエ SD-C1

靴にホースをセットするだけで使用できる、簡単設計の靴乾燥機。操作が簡単で、靴のお手入れを無理なく習慣化できます。忙しくても靴をしっかりお手入れしたい方におすすめです。

乾燥は、標準・革靴・低騒音の3つのモードから選択できます。マイコンによる温度管理センサーが搭載されており、安全に使用しやすいのもうれしいポイントです。

上履きやブーツ、革靴などさまざまな種類の靴に対応。また、ノズルの先端が二股になっており、2足同時に乾燥できるので、家族で使いたい方におすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ふとん乾燥機カラリエ KFK-W1

ふとん乾燥機ですが、「靴乾燥ノズル」で靴乾燥機としても使える製品です。ホースが2本付いており、濡れた運動靴や長靴を2足同時に乾燥可能。靴を頻繁に洗いたい方や家族の多い方におすすめです。

約65℃の温風モードと、室温に近い温度の風が出る送風モードがあり、革やビニールなどさまざまな素材の靴に使用可能。コードの長さは1.9mと長めの設計なので、使いたい場所からコンセントが離れていても安心です。奥行きは19.5cmと薄型なので、すっきりと収納できます。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ふとん乾燥機カラリエシングルノイズハイパワー FK-H1

靴専用アタッチメントが付属している布団乾燥機。アタッチメントを使えば靴乾燥機としても使用できます。スニーカーやブーツ、革靴などさまざまな種類の靴に対応可能なので、家族で使いたい方におすすめです。

幅16.8×奥行き15×高さ38cmのコンパクトな作りで、上部にしっかりとした持ち手が付いています。使いたい場所への移動が楽にできるのも魅力。また、大きな液晶モニターを搭載しており、直感的に操作しやすいので、ダイヤルタイプの操作が苦手な方にもぴったりです。

ツインバード工業(TWINBIRD) くつ乾燥機 SD-4546

スニーカーやパンプス、革靴などさまざまなタイプの靴を乾燥できる靴乾燥機。120分のダイヤルタイマーを搭載しており、消し忘れを防止できます。寝ている間に使用できるので、家事や仕事で忙しい方におすすめです。

スタンドは折りたたみ可能で、立てかけて収納できます。靴箱にすっきりと収納できるのが魅力です。

布製のスニーカー以外にも、長靴やデリケートな革靴にも使えます。靴の種類と周囲の状況に合わせて「革靴モード」「標準モード」の2タイプから選べるシンプルな設計で、操作が簡単なのもうれしいポイントです。

温風がつま先までしっかりと届くので、しっかりと靴を乾燥でき、カビやニオイを防止。短時間でしっかりと乾燥できるため、スポーツをしている子どもがいる方など、頻繁に靴を洗う方におすすめです。

ツインバード工業(TWINBIRD) さしこむだけのふとん乾燥機アロマドライ FD-4149

靴乾燥機としても使用できるふとん乾燥機。付属の靴乾燥用アタッチメントをホースに付ければ、靴乾燥機としても使用できます。

温風の場合は約30分稼働可能。革靴や合皮、ビニール製などの熱に弱い靴には、送風モードで対応できます。つまみ式のダイヤルで簡単に設定でき、消し忘れを防げるので、電気代を節約したい方や忙しい方におすすめです。

電源コード・ホース・アタッチメントは全て本体内部に収納できます。幅14cmと薄型なので、隙間にすっきりと収納できるのも魅力です。

リフレケア(Refure Care) リフレッシューズ SS-350

脱臭・除菌・乾燥が1台でできる乾燥機。光触媒による脱臭と、紫外線による除菌、45℃の温風による乾燥を同時に行うと謳われています。

運転モードは15分・30分・60分の3段階から選択可能で、消し忘れを防げるのもうれしいポイント。赤外線センサーを搭載しており、靴をセットしていないと動作しません。安全面に配慮したい、小さな子どものいる家庭におすすめです。

ショートブーツ・スニーカー・ビジネスシューズなどさまざまな種類の靴に対応。消費電力は80Wなので、比較的省エネで使用できます。電気代を節約したい方におすすめです。

ニトリ くつ乾燥機 EH-617

通常モードと革靴モードから選ぶ、シンプルな機能の靴乾燥機。立てても寝かせても使用でき、子どもの上履きから革靴、ブーツまでさまざまな種類の靴に対応しています。電源を入れると正面にデザインされた口のマークが光る、かわいい仕組みです。

タイマー時間は最大約120分まで選択可能。しっかりと乾燥させたいときに便利です。また、消し忘れを防止できるので、寝ている間にも使用できます。

重量は約700gと軽く、コードの長さは約1.8mと長めの設計。使用したい場所に楽に移動できるのがうれしいポイントです。本体サイズは幅16.2×奥行き12.1×高さ22cmと比較的コンパクトな作りで、靴箱にすっきりと収納できます。

コイズミ(KOIZUMI) 除菌機能付き靴脱臭乾燥機 KBD-0140

除菌・脱臭・乾燥の3機能を搭載した靴乾燥機。靴を入れて15分で除菌・脱臭・乾燥が可能なので、毎日使用したい方におすすめの製品です。しっかりとケアできる30分モードも選べます。

ノズルには紫外線LEDライトを搭載。除菌効果が期待できるため、靴を清潔に保ちたい方におすすめです。靴に優しい約45℃の低温風で靴の内部を乾燥し、快適な履き心地を実現します。丈の短い靴であれば、革靴にも使用できるのが嬉しいポイントです。

本体にはフロントカバーが付いており、嫌なニオイが外に漏れにくいのも魅力。運転音も静かなので、寝室でも使用できます。約2mと長めのコードは、背面についている部品に巻き付けてすっきりと収納可能です。

Dr.Prepare 靴乾燥機 DBD-0N3G2

オゾン脱臭機能を搭載した靴乾燥機。汗のニオイを取り除きながら、靴をしっかりと乾燥できると謳われています。スポーツをする子どもがいる家庭など、靴のニオイを軽減したい方におすすめです。

革やPVC、キャンバス素材などに使用できます。ノズルの長さと角度を調節でき、長靴やスリッパなどさまざまな形状の靴に対応可能です。

予約タイマーは最大24時間まで設定できるので、夜に使いたい方におすすめです。使わないときは折りたたんでコンパクトに収納できます。

パナソニック(Panasonic) ふとん暖め乾燥機 FD-F06A7

衣類乾燥や靴乾燥に使用できる、パナソニックのふとん乾燥機。靴乾燥アタッチメントが付属されており、濡れた運動靴や長靴、上履きを素早く乾燥できます。

ホースや電源コードは本体内部に収納可能。すっきりと収納できるうえ、本体を置きっぱなしにしていてもコード類に引っかかる心配が少ないため、小さな子どものいる家庭にもおすすめです。

つまみを回して設定するタイプで、分かりやすいシンプル設計なのも魅力です。

ブルーノ(BRUNO) マルチふとんドライヤー BOE047

靴専用アタッチメントが付いており、靴乾燥機としても使えるふとん乾燥機。靴乾燥は約30分が目安の稼働時間で、短時間で乾くのが魅力です。衣類を部屋干しする際には、衣類乾燥機としても使用できます。

縦置きタイプで、わずかな隙間に収納可能。電源コードは2mあるため、コンセントが遠い場所でも余裕をもって使用できます。

木目調のデザインがおしゃれで、出しっぱなしでもインテリアを邪魔しないのもうれしいポイント。ブラウンとアイボリーのラインナップがあります。かわいらしい見た目ながら本格的な機能が搭載されており、新築祝いなどの贈り物にもおすすめの製品です。

モダンデコ 布団乾燥機 htfk01

靴の乾燥もできる布団乾燥機。スタイリッシュなデザインが特徴です。靴乾燥モードは、ホースから出る60℃の温風で、つま先までしっかりと乾かします。本革や合皮の靴には「送風モード」を使用可能。デリケートな素材の靴も、傷める心配が少なく済みます。

奥行きが16cmとコンパクトで、すっきりと収納できるのがうれしいポイント。さまざまな用途に使用しつつ少ないスペースで収納したい場合におすすめです。

ホースは回転式で最長約63cmまで伸びるので、本体を立てたまま靴を乾燥できます。

KOKOBI 折りたたみ式衣類乾燥ハンガー JC-JGJ-GYJ-420A

衣類や靴を乾燥できるハンガータイプの乾燥機。衣類の乾燥に使用できるだけでなく、折りたたんだ状態で靴に差し込めば靴の乾燥も可能です。ハンガーとしても利用できるので、1台あればさまざまなシーンで活躍します。

脱臭機能を搭載しているのもうれしいポイント。汗をかきやすい時期や梅雨時期の靴のニオイが気になる方におすすめです。

折りたたむとコンパクトになり、持ち運びにも便利。出張や旅行で乾燥機を使用したい方にもぴったりです。

靴乾燥機のおすすめモデル|靴の中に入れるタイプ

osharemart タイマー付ポータブル靴乾燥機ZERO DSHJ-S-1904A

靴の中に入れて使用する靴乾燥機。音が静かなので、寝ている間に使用したい方におすすめです。長さのあるブーツも乾燥可能。ほかにも、革靴やムートンブーツ、スリッパ、靴下などを乾燥できるので、家族で使いたい方におすすめです。

最高150℃になるPTCヒーターが内蔵されており、高温乾燥で清潔さを保てると謳われています。消費電力が少なく、毎日3時間使用しても1年で約300~600円の電気代で済む省エネ設計なのがうれしいポイント。電気代をかけたくない方にもぴったりの製品です。

マクロス ポカラリ MEH -112

本体があたたまることで靴を乾燥させる靴乾燥機。価格が安いのが特徴です。4時間・8時間・12時間の3段階タイマーを搭載。時間になると自動で消灯し、消し忘れを防げます。寝ている間に使用したい方や電気代を節約したい方におすすめです。

対応する靴のサイズは約22~27.5cm。スニーカーや革靴、パンプスなどさまざまな靴に対応しているので、夫婦やカップルで利用できるのがうれしいポイントです。

コンパクトな作りで、シューズボックスにすっきりと収納できます。コードの長さは120cmと少し短めですが、270gと軽量なので旅行先で使用したい方におすすめです。

Panamalar 靴乾燥機 SD001

価格の安い、コンパクトな靴乾燥機。3時間・6時間・9時間のタイマーが搭載されており、消し忘れを防げます。寝ている間に使用したい方や電気代を節約したい方におすすめです。

キャビネット内の縦横の空気孔から均一に熱が伝わり、汗やニオイを取り除きます。55~60℃を長時間維持するPTCヒーターは、細かい温度設定が可能です。

コンパクトで持ち運びしやすいのもうれしいポイント。USBタイプなので、コンセントのない場所で使用したい方におすすめです。

Tiang くつ乾燥機 Pm20 Plus

乾燥・脱臭・減菌の3つの効果が期待できる靴乾燥機。1950個の吹き出し口がついており、40~55℃の温度で靴をあたためます。あたためを開始すると、靴の内部全体に熱が伝わり、均等に靴を乾燥できるのが魅力です。

1時間・2時間・3時間・6時間・9時間・12時間の6つのモードから選択でき、時間が経過すると自動で動作を停止します。消し忘れを防げるので、電気代を節約したい方や忙しい方におすすめです。

革靴・スポーツシューズ・ブーツなどに使用可能。1台あれば家族で使えます。重量は500gと軽量でコンパクト。持ち運びに便利なので、旅行先やオフィスなどで使用したい方にもぴったりです。

ビッグブルー (BigBlue) ステリシュー・プラス STSH-PLUS-001

靴のプロフェッショナルにも評価されたと謳う靴乾燥機です。世界9カ国で特許を取得している「殺菌テクノロジー」を搭載。ニオイの抑制にも効果が期待できます。

ハイヒール・スニーカー・革靴などさまざまな種類の靴を乾燥可能。20cm以上の靴から使えるので、家族で使用したい方におすすめです。

価格は高めですが高い機能性を有するため、本格的に靴のケアをしたい方はぜひチェックしてみてください。

ホームセラ(HomeCera) シューズドライヤー S100

靴の内部をあたためることで乾燥する靴乾燥機。通常の状態の靴なら約30分、雨で塗れた靴なら約60分で乾きます。

急激な温度変化が少なく、約60℃の一定の温度で靴を乾燥。温度変化に弱い革靴など、デリケートな靴にも使用可能です。USBタイプなので、モバイルバッテリーを使用すればコンセントのない場所でも活躍します。

運転音は35dB前後と静かな設計で、寝ている間に使用したい方におすすめです。本体は約160gと文庫本1冊程度の重さ。旅行やオフィスなど、さまざまな場所に持ち歩きたい方におすすめの製品です。

靴乾燥機の売れ筋ランキングをチェック

靴乾燥機のランキングをチェックしたい方はこちら。