印刷の手間がなく、液晶画面にお気に入りの写真を映して楽しめる「デジタルフォトフレーム」。デジカメやスマートフォンで撮り溜めた写真データを、スライドショーで楽しめるのが魅力です。BGMや動画の再生、カレンダーや時計の表示に対応したモノなどさまざまな製品があります。

そこで今回は、おすすめのデジタルフォトフレームをご紹介。Wi-Fi対応モデルやおしゃれなモデルもピックアップしているので、ぜひチェックしてみてください。

デジタルフォトフレームとは?

By: green-house.co.jp

デジタルフォトフレームとは、紙に印刷した写真の代わりに液晶画面にデジタル写真を映して楽しめるフォトフレームです。スマートフォンやデジカメで撮影した写真データを印刷する手間なく部屋に飾れます。

スマートフォンやタブレット、テレビでも写真を映せますが、ほかにも使う用途があるため長時間写真を映して飾っておくには不向きです。デジタルフォトフレームなら飾ったままにできるので、ゆっくり写真を鑑賞するのに向いています。

また、デジタルフォトフレームのなかには、スライドショー機能を搭載している製品があるのもポイント。一定の間隔をあけて複数の写真を順番に映せます。「たくさんの写真を飾りたいけれど写真立ての置き場所がない」という方は、デジタルフォトフレームを活用するのがおすすめです。

デジタルフォトフレームの選び方

飾る場所に合わせてサイズを選ぶ

By: nixplay.jp

デジタルフォトフレームの画面サイズは、画面の対角線の長さ(インチ)で表記されるのが一般的です。3インチ程度の小型モデルから18インチ以上の大型モデルまで幅広く展開しています。

デジタルフォトフレームの主流サイズは7インチ前後。目安としては郵便はがき程度の大きさなので、狭い場所でも省スペースを意識して設置できます。

デスクの上に設置する場合は、近くから写真を眺められるため小型サイズでも十分。一方で、ソファに座りながら離れた棚の上のフォトフレームを眺めたい場合は、10インチ以上の大きなサイズがおすすめです。

ただし、画面が大きなモノは設置場所に困りやすいので注意。あらかじめ置き場所を確保してからサイズを選びましょう。なかには、壁掛け対応のアイテムもあるため、気になる方はチェックしてみてください。

解像度をチェック

By: amazon.co.jp

デジタルフォトフレームの解像度は製品によってさまざま。一般的な解像度としては、3インチモデルで320×240画素程度、7インチモデルで800×480画素程度、10インチ以上のモデルで1024×600画素程度が目安です。

解像度の画素数が大きいほど、より高精細でクリアに写真を映すことが可能。デジタルカメラやスマートフォンで撮影した写真をなるべく画質を落とさずに表示させたい方は、解像度の高さに注目して選んでみてください。

なお、画面サイズが大きくなるほど、画像の粗さが目立ちやすくなります。10インチ以上のモデルを探している方は、なるべく解像度が高いデジタルフォトフレームがおすすめです。

内蔵メモリの有無と容量をチェック

By: amazon.co.jp

デジタルフォトフレームには、内蔵メモリが搭載された製品も多く展開されています。内蔵メモリが搭載されているモノであれば、写真データをデジタルフォトフレーム本体に取り込む形で保存することが可能です。

内蔵メモリの容量は、2GB程度が一般的。スマートフォンで撮影した1200万画素の写真を、約400枚保存できます。倍の4GBでは、1200万画素の写真が約800枚保存可能。8GBの内蔵メモリであれば、HD動画を約40分間保存できるのが特徴です。デジタルフォトフレームで動画も楽しみたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

デジタルフォトフレーム本体に大量の写真や動画データを取り込んでおきたい場合は、大容量の内蔵メモリが搭載されたデジタルフォトフレームを選びましょう。

対応外部メモリと入力ポートをチェック

By: amazon.co.jp

デジタルフォトフレームを購入する際には、対応している外部メモリや入力ポートも要チェック。SDカードにはこまかな規格があるため、互換性の確認を事前に行うのがポイントです。

USBメモリを差し込めるデジタルフォトフレームであれば、パソコンに保存してある画像も手軽に表示可能。なかには、SDカードとUSBメモリ両方に対応した製品もあります。

また、パソコンと直接繋ぎたい場合は、HDMIポートが搭載されているモノを選ぶと便利。サブモニターとしてメールなどを表示させながら、効率よく作業ができるのがメリットです。

Wi-Fi対応モデル

By: amazon.co.jp

Wi-Fi対応のデジタルフォトフレームは、アプリなどを介して、デバイスに保存された写真データをワイヤレスで取り込めるのが特徴。スマートフォン・タブレット・パソコンなどに保存された写真データをSDカードやUSBメモリにコピーする手間を省けるので便利です。

離れた場所にあるデジタルフォトフレームへ、写真データを送信できるのもメリット。専用アプリがあれば転送がよりスムーズに行えます。たとえば、離れて暮らす祖父母の家にあるデジタルフォトフレームに、自身のスマートフォンで撮った写真データを共有することも可能です。

縦置き対応モデルなら縦長の写真も映せる

By: amazon.co.jp

デジタルフォトフレームは、横置き対応モデルが主流です。集合写真や風景写真などの横長の写真を映したい場合に適しています。

一方で、ポートレートなど縦長の写真を中心に映したい場合は、縦置き対応モデルがおすすめ。デジタルフォトフレームを縦向きに設置できるので、縦長の写真を大きく表示できます。

また、縦置きと横置きの両方に対応していると便利。なかでもデジタルフォトフレームの置き方に合わせて、写真を自動的に回転させる機能があると、縦置きでも横長の写真を正しい向きで表示できます。

画像表示以外の機能を備えたモデルも

By: amazon.co.jp

デジタルフォトフレームには、画像を表示する以外の便利機能を備えたモデルも展開されています。音楽や動画の再生に対応したモデルなら、1台でさまざまなコンテンツを楽しめます。

また、時計やカレンダーとしても活躍するのが、日付を表示できるモデル。アラーム機能が備わっていれば、目覚まし時計代わりにも使えます。

使い勝手のよさを重視する方には、遠くからでも手軽に操作できるリモコン付きタイプや、人の動きを検知して自動で電源が付く「人感センサー」を搭載したモデルがおすすめです。

デジタルフォトフレームのおすすめ|おしゃれ

Nixplay スマートフォトフレーム W10F

横置きと縦置きに対応できるスタイリッシュなデジタルフォトフレームです。置き場所に合わせて向きを変えながら使いたい方におすすめ。画面の縦横比率は16:10で、縦向きと横向きを自動設定します。解像度は1280×800と高く、お気に入りの写真をきれいな画質で表示できるのも魅力です。

Wi-Fi対応で、アプリを介してスマートフォンに保存した写真を取り込んで表示できます。また、FacebookやInstagramなどにも対応。スマートフォンと連携して写真を簡単に表示できる、おしゃれなモノを探している方におすすめです。

Bauty 木目のデジタルフォトフレーム

画面を斜めから見ても写真がきれいに見える、おすすめのデジタルフォトフレームです。IPSパネルを採用しており、正面以外の角度からでもきれいに見えます。解像度は1280×800と高いのがポイント。木目のフォトフレームでさまざまなインテリアに馴染みやすいのも魅力です。

SDカードやUSBメモリなどに対応。最大32GBまでの写真を表示できます。画像だけでなく動画や音楽も再生できるのがメリット。カレンダーや目覚まし時計の機能も搭載しています。デザイン性と機能性を兼ね備えたデジタルフォトフレームです。

グリーンハウス(GREEN HOUSE) デジタルフォトフレーム GH-DF7T

カウンターやデスクなどにもすっきり置ける7インチのデジタルフォトフレームです。1024×600の高解像度で、画質がきれいなのも魅力。時計やカレンダーなどの機能も搭載しています。

SDカードとSDHCカード、USBメモリに保存した写真や動画を再生可能。音楽再生もできるので、写真と一緒にBGMを流したい方におすすめです。オートパワーオン・オフ機能を使えば、電源を入れたり消したりする手間が省けます。

カラーはホワイトとブラックを展開。どちらもスタイリッシュでインテリアに馴染みやすいおしゃれなデザインです。

恵安(KEIAN) デジタルフォトフレーム KDI700

価格が安いおしゃれなデジタルフォトフレームを探している方におすすめの製品です。白いフレームが爽やかなデザインで、インテリアのアクセントとして活躍します。画面は7インチと程よいサイズ感で、さまざまな場所に設置可能です。広視野角IPSパネルを採用しています。

USBメモリやSDカードに対応しており、写真だけでなく動画や音楽も再生可能です。起動時間と終了時間を設定すれば、電源を自動でオン・オフできます。時計やカレンダー機能も搭載しており、多機能なでリーズナブルなアイテムを探している方におすすめです。

デジタルフォトフレームのおすすめ|大型

BSIMB デジタルフォトフレーム W15E-BA

16GBの内蔵メモリを搭載した15インチのデジタルフォトフレームです。本体に約4万枚までの写真保存が可能。SDカードとUSBメモリにも対応しているため、大量の写真を表示したい方におすすめです。また、Wi-Fiを通じて遠くにいる家族などに写真をシェアできます。

置き場所に合わせて縦置きと横置きを切り替えられるのもポイント。さらに、タッチパネル操作が可能で、さまざまな設定が簡単にできます。天気・時計・カレンダーの機能も搭載。無駄のないシンプルなデザインも魅力です。

人感センサーを搭載しているのも特徴。周りに人がいないときは自動でオフになるので、省エネで使えます。大型で多機能なモノを探している方にぴったりです。

VBESTLIFE デジタルフォトフレーム

思い出の写真を大画面で見たい方におすすめのデジタルフォトフレームです。画面サイズが17インチと大きいため、離れた場所からでも鑑賞できるのが魅力。家族みんなが集うリビングなどで使うのにも適しています。

写真だけでなく動画や音楽も再生できるので、さまざまな用途に使用可能。カレンダーと目覚まし時計としても使用できます。リモコン付きで、離れた位置から簡単に設定や操作ができるのもポイントです。大型のデジタルフォトフレームで機能が充実したモノを使いたい方に適しています。

AKEEYO デジタルフォトフレーム LT-POP-L19

大切な写真を19インチの大画面に映し出せるデジタルフォトフレームです。本体サイズは縦28×横46.5cmと大きめ。広視野角なIPSパネルを採用しており、解像度も高いので、離れた位置からも写真がきれいに見えるのが魅力です。広いリビングに置きたい方にも適しています。

高品質なスピーカーを内蔵しており、スライドショーと一緒に臨場感のあるBGMを流せるのもポイント。また、USBメモリとSDカードのほかに、HDMI・AV用のポートも搭載しています。モニターとしても使えるので便利です。

リモコン付きで操作が簡単にできるのもメリット。カレンダー機能やタイマー機能も搭載した多機能なデジタルフォトフレームです。

デジタルフォトフレームのおすすめ|壁掛け

Hobsir デジタルフォトフレーム DP8003

木目フレームを採用したデジタルフォトフレーム。ナチュラルインテリアの部屋に、デジタルフォトフレームを壁掛けにしたい方におすすめです。画面サイズは8インチで、大きすぎず小さすぎないのがポイント。IPS広視野角タッチパネルを採用しているため、画面が見やすく、操作もスムーズに行えます。

16GBの内蔵メモリを搭載しており、本体に約4万枚の写真を保存可能。32GBのSDカードも付属しているので便利です。スタンドで使用する場合は、縦置きと横置きを簡単に変更できます。カレンダーや目覚まし機能も搭載している使いやすいデジタルフォトフレームです。

Aurora Love デジタルフォトフレーム

白い壁にすっきりマッチするモノを探している方におすすめの製品です。デザインがシンプルで、さまざまなインテリアに合わせやすいのがポイント。シックな雰囲気の部屋に合うブラックもラインナップしています。

1920×1080の高解像度な液晶画面に、写真を明るく色鮮やかに映し出せるのが魅力。IPSパネルを採用しており、どの角度からでもきれいに見やすいのもメリットです。SDカードやUSBメモリなどに対応し、写真だけでなく動画や音楽も再生可能。32GBのSDカードが付属しています。

moonka デジタルフォトフレーム ZN-DP7001

ミラーフレームの中央に写真を表示できるおしゃれなデジタルフォトフレームです。リモコンのMボタンを押すだけでミラーに切り替わります。壁掛け用のフックで洗面所に設置すれば、メイクやヘアセットにも使えるので便利です。本体を立てかけるスタンドも付いており、好きな場所に設置できます。

解像度は1024×600で、視野角が170°と広く高画質なのもポイント。16GBの内蔵メモリに加え、最大32GBまでのUSBメモリにも対応しています。スライドショーの表示間隔設定や明るさ調節もできる多機能な製品です。

デジタルフォトフレームのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

デジタルフォトフレームのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。