1スマホやデジタルカメラで撮った写真を、わざわざプリントせずとも手軽に飾れる「デジタルフォトフレーム」。フォトストックとして活用できるほか、部屋に置いておけばインテリアとしても映えるアイテムです。

そこで今回は、デジジタルフォトフレームの選び方とおすすめのモデルをご紹介します。結婚祝いなどのプレゼントにも最適なアイテムなのでぜひチェックしてみてください。

デジタルフォトフレームとは?

By: rakuten.co.jp

デジタルフォトフレームとは、スマホやデジタルカメラで撮った写真をスライドショー形式で表示する製品です。1台だけでさまざまな写真を好きな時に鑑賞できるのが魅力。多くの写真を省スペースに飾りたい時などにおすすめです。

また、なかにはフォトフレーム以外にも音楽や動画再生に対応したモデルもあり、幅広いシーンで活躍します。デザイン性に優れたモデルも多く、インテリア家電としても注目されている製品です。

デジタルフォトフレームの選び方

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

机の上やベッドサイドなど、ちょっとしたスペースに置きたいのであれば、7インチくらいのサイズがおすすめ。はがき程度とコンパクトなので、置き場所に困ることもなく、プレゼントとしても人気です。お気に入りの写真を、もう少し大きな画面で見たい場合は、10インチ前後のサイズをおすすめします。

部屋の中の少し離れたところからでも見やすいだけでなく、存在感があるためインテリアとしても使用可能です。店舗や展示会で販促ツールとして使いたい方には、さらに大画面の15インチや17インチといったモデルがおすすめ。自宅でも「デジタル窓」のように、おしゃれな使い方もできるなど、工夫次第でさまざまな活用の仕方が考えられます。

壁掛けに対応しているモデルであれば、設置場所の自由度が上がるので便利。特に大画面モデルの購入を検討している方は、留意しておきましょう。

解像度をチェック

By: amazon.co.jp

画面の解像度は「800×480」のように、画像を表示する縦横のドット数で表されます。数字が大きいほど高解像度になり、綺麗に表示できます。最近はスマホでも高解像度カメラを搭載している製品が多くリリースされているため、最低でも800×480以上の解像度を備えたデジタルフォトフレームがおすすめ。

また、15インチ以上の大画面モデルを検討している方は、近くでもキメの細かい美しい写真が見られるように「HD(1280×720)」や「フルHD(1920×1080)」の解像度を備えたモデルをチェックしておきましょう。

データ容量をチェック

By: sony.jp

デジタルフォトフレームにどれだけの写真を表示できるかは、データ容量によって決まります。基本的に容量は2GB程度あれば十分ですが、なかには8GBの大容量モデルもラインナップされているので、たくさん表示したい方は容量の多いモデルを選びましょう。

また、デジタルフォトフレームには、データを保管しておく内蔵メモリがあるモノとないモノがあります。内蔵メモリがある場合は、直接本体に保存できて便利です。しかし、内蔵メモリがない場合は、SDカードを別途準備する必要があるので考慮しておきましょう。

対応メディアと入力ポートをチェック

By: amazon.co.jp

ほとんどのデジタルフォトフレームにはSDカードスロットルが搭載されており、挿入するだけで画像や映像を表示してくれます。デジカメで撮影した写真も、簡単に再生できるので便利。ただし、対応可能な容量上限が「32GBまで」などと、記載されているモデルもあるため、自分が使用しているSDカードをよく確認した上で購入するようにしましょう。

USBメモリに対応しているモデルであれば、パソコンに保存してあるデータを手軽に再生できます。また、パソコンやゲーム機と接続して使いたい方は、HDMIポートを搭載しているか確認しましょう。パソコンのサブモニターとして使用したり、ゲーム機と接続して楽しんだりと便利に使えます。

便利な機能をチェック

By: amazon.co.jp

音楽再生機能

MP3やWMA形式といった音楽ファイルを再生できるモデルであれば、お気に入りの写真と音楽が一緒に楽しめます。リラックスできる部屋のムードが演出できるため、写真を見ながらゆったりとくつろぎたい方におすすめの機能です。

動画再生機能

動画が再生できるモデルであれば、スマホで撮影したビデオなどが手軽に見れて便利。家族旅行で撮った動画を映しておき、旅先の思い出を振り返るといった使い方もできておすすめです。また、最近のスマホは「HD」や「4K」動画を撮れる機種も多いので、綺麗な映像が表示できるように、できるだけ解像度の高いモデルを選びましょう。

カレンダー・時計機能

デジタルフォトフレームには標準機能として「カレンダー」や「時計」を搭載しているモデルが多くあります。カレンダーと同時に写真のスライドショーを表示できるモデルなど、部屋のインテリア兼カレンダーとして便利です。

また、時計に「アラーム」機能を搭載しているモデルなら、目覚まし時計がわりにも使用可能。お気に入りの写真を見ながら、心地よく目覚められるのでおすすめです。

人感センサー機能

「人感センサー」は本体の近くに人がいるかどうかを検知し、自動で表示のオンオフをしてくれる便利な機能です。リビングルームのように、就寝時間になると人がいなくなる部屋であれば、タイマーを設定しておく手間も不要で節電にも役立ちます。

Wi-Fi機能をチェック

Wi-Fi機能を搭載した製品であれば、デジタルフォトフレーム本体をインターネットに接続することで、タブレットに近い使い方が可能です。設定次第ではスマホやパソコンに入った写真を再生できたり、保存された音楽を聞けたりと、使い方の幅が広がります。なお、Wi-Fi機能のある製品は価格が高くなる傾向にあるので、余裕を持った予算の確保が必要な点は注意しましょう。

デジタルフォトフレームのおすすめメーカー

富士フイルム(FUJIFILM)

By: amazon.co.jp

写真の分野において、日本のみならず世界を牽引しているメーカー「富士フイルム」。テレビにも使われている視野角の広い「ASV液晶」を採用していたり、赤外線通信が使えたりと、便利な機能が搭載されたデジタルフォトフレームを数多く揃えています。

ソニー(SONY)

By: sony.jp

世界中のユーザーに支持されているメーカー「ソニー」には、クリアフォト液晶という技術が搭載されたデジタルフォトフレームがあります。外枠の着せ替えができるモデルもあり、品質とデザイン性をしっかりと両立させています。同社らしいスタイリッシュなフォルムも魅力です。

グリーンハウス(GREEN HOUSE)

By: amazon.co.jp

パソコン周辺機器メーカー「グリーンハウス」。キャラクターや身近なアイテムをモチーフにした、ポップなデジタルフォトフレームを幅広く揃えています。FMラジオを受信できるモデルもあるので、使い勝手のよいデジタルフォトフレームを探している方におすすめです。

デジタルフォトフレームのおすすめモデル

富士フイルム(FUJIFILM) 7インチ デジタルフォトフレーム DP-H7V

富士フイルム(FUJIFILM) 7インチ デジタルフォトフレーム DP-H7V

木目のフレームがおしゃれなデジタルフォトフレームです。800×600ドットのSVGA表示が可能な7インチ液晶を搭載。落ち着いた雰囲気のデザインなので、卓上はもちろんリビングのインテリアとしてもおすすめです。2GBのメモリを内蔵しているほか、SDカード・MMC・メモリースティックなどが挿入できるカードスロットを搭載しています。

USB端子も付いているので、パソコンから直接データを転送することも可能です。折りたたんで収納ができる回転式のスタンドが付いており、縦置きにも横置きにも対応可能。また、背面には壁掛け穴が配置されているため、壁掛けタイプとしても使えます。

リモコンが付属しており、画像の回転・音量調節・スライドショーなど、さまざまな操作が手元でできるので便利です。

ソニー(SONY) 7.0型 デジタルフォトフレーム S-Frame DR720 DPF-D720/R

ソニー(SONY) 7.0型 デジタルフォトフレーム S-Frame DR720 DPF-D720/R

縦置きや横置きだけでなく、壁掛けにも対応しているデジタルフォトフレームです。設置場所の自由度が高いので、プレゼントにもおすすめのモデル。センサーを内蔵しており、本体の方向を検知して、自動で写真の向きを回転してくれるので便利です。

約2GBの内蔵メモリに、およそ4000枚の写真が保存可能。今まで撮り溜めてきたたくさんの写真を、スライドショーで楽しめます。また、スライドショーには、電源を切っても前の続きから再生してくれる「続き再生」機能を搭載。電源を切るたびに最初から始まらないので、写真枚数が多くても効率的に鑑賞することが可能です。

時計やカレンダーを表示することもできます。シンプルなものからスタイリッシュなものまで、部屋のインテリアやその日の気分に合わせて表示デザインが選べるので便利です。

グリーンハウス(GREEN HOUSE) 7インチ デジタルフォトフレーム GHV-DF7DW

グリーンハウス(GREEN HOUSE) 7インチ デジタルフォトフレーム GHV-DF7DW

本製品は、購入しやすいお手軽価格が魅力のモデルです。コンパクトな本体に、7インチの高解像度液晶を搭載。置き場所に困りにくく、気軽に好みの写真が楽しめるので、プレゼントにもおすすめです。

便利な機能として「オートローテーション機能」を搭載しています。縦置き・横置きを認識して、写真の向きに合わせて自動で回転してくれるのが魅力です。さらに、伸縮式のスタンドを搭載しており、見やすい角度に調節できます。

そのほか、メモリーカードを差し込むだけで、画像や音楽が楽しめる簡単操作がポイント。汎用性に優れたデジタルフォトフレームを探している方におすすめです。

Onlydroid 7インチ デジタルフォトフレーム

Onlydroid 7インチ デジタルフォトフレーム

1024×600と高解像度の7インチ液晶を搭載した、デジタルフォトフレームです。IPS方式の液晶パネルを採用しているため、どの角度からでも鮮明な画像を見られるのが魅力。好みの写真を、綺麗な画面で楽しみたい方におすすめのモデルです。

動画や音楽も再生可能なので、旅先で撮影したビデオを鑑賞したり、好きな楽曲をBGMとして再生したりと、さまざまな使い方ができます。人感センサーを搭載しているのもポイント。人が近づいたらオンになり、人の動きがないと自動でオフになるため、無駄に電力を消費することもありません。

オン・オフ時刻が設定可能なタイマー機能を内蔵しています。就寝時の切り忘れを防げるだけでなく、起床時間になると自動でオンになるので便利です。

besungo 7インチ デジタルフォトフレーム

besungo 7インチ デジタルフォトフレーム

本製品は、解像度1280×800の7インチ液晶を搭載した、多機能型デジタルフォトフレームです。画像や動画の再生はもちろん、音楽・アラーム・カレンダーなど、さまざまな機能を搭載しているのが特徴。画像を表示しながら音楽を再生することもできるので、楽しかった旅行の思い出をBGMと一緒に鑑賞する、といった使い方にもおすすめです。

最大32GBまでのSDカードに対応しており、デジカメで撮影したたくさんの写真を手軽にスライドショーで鑑賞できます。広視野角が特徴のIPS液晶パネルを採用。部屋のどこからでも鮮明な画像が見られるので、家族みんなで楽しめます。

恵安(KEIAN) 8インチ デジタルフォトフレーム KDW8G-B

恵安(KEIAN) 8インチ デジタルフォトフレーム KDW8G-B

本製品は、Wi-Fi接続が可能なデジタルフォトフレームです。ケーブルやメモリカードを使わずに、離れた場所からスマホのデータが転送できるので便利。価格は若干高くなりますが、スマホで撮影した写真を手軽に活用したい方におすすめのモデルです。

タッチパネル機能付き8インチ液晶を採用しており、直感的な操作をできるのが魅力。8GBの大容量メモリを内蔵しているので、たくさんの画像・動画・音楽ファイルを保存しておくことが可能です。また、SDカードスロットとUSB端子も搭載しているため、デジカメで撮影した写真や、パソコンのデータも簡単に再生できます。

YOHOOLYO 10.1インチ デジタルフォトフレーム

YOHOOLYO 10.1インチ デジタルフォトフレーム

10.1インチのIPS液晶パネルを搭載したデジタルフォトフレーム。視野角が広いので、どの角度からでもクリアな画面を見ることが可能。「マルチウィンドウ再生」機能を搭載しており、好みに応じて複数の写真を同時に再生できるなど、広い画面を活かした楽しみ方ができるモデルです。

存在感があるだけでなく落ち着いたデザインなので、どんな部屋にもよく映えるインテリアとしてもおすすめ。人感センサーを搭載しており、無駄な電気を消費しません。また、アラーム機能がついているので、目覚まし代わりとしても重宝します。専用のリモコンが付属しているため、操作のたびに本体のところまで行く必要がなく便利です。

FamBrow 10インチ デジタルフォトフレーム

FamBrow 10インチ デジタルフォトフレーム

本製品は、写真と音楽を同時に再生することが可能です。BGMを聴きながら好みの写真を鑑賞する、といった楽しみ方もできます。ベゼルの狭いスタイリッシュなデザインなので、部屋のインテリアとしてもマッチするのがポイント。

ディスプレイには、1920×1080ドットの高解像度10インチ液晶を採用しています。IPS方式を採用しているため、視野角が広くどの方向からでも鮮明に見られるのが魅力です。

SDカード・MMCが挿せるカードスロットのほかに、USB端子も搭載。デジカメで撮影した写真や、パソコンに入っていた動画データなどを、手軽に表示することが可能です。カレンダーと時計を表示する機能もついており、実用的なインテリアとしても重宝します。

Tenswall 10.1インチ デジタルフォトフレーム

Tenswall 10.1インチ デジタルフォトフレーム

本製品は、WXGA(1280×800)表示が可能な、高解像度10.1インチ液晶を搭載したモデルです。大切な思い出を、大きく綺麗な画面で鑑賞したい方におすすめのモデル。スピーカーを内蔵しており、写真と同時に音楽を再生することも可能です。専用リモコンが付属しているため、操作のために立ち上がるわずらわしさもありません。

スライドショー機能を搭載しているのも特徴。スライドの間隔やパターンの設定ができるので、好みに合わせて変更できます。また、アナログの写真立てのように、1枚だけを表示させておくことも可能。ホワイト基調のシンプルなデザインでどんな部屋にも合わせやすいため、大切な方へのプレゼントとしても人気です。

AiTechny 10インチ デジタルフォトフレーム

AiTechny 10インチ デジタルフォトフレーム

ベセルが細いスタイリッシュなデザインが特徴のデジタルフォトフレームです。縦・横どちらの置き方にも対応しています。本体の設置方向を検知して、自動で画像を回転させるため、設定し直す手間もありません。写真のアングルに応じて、手軽に最適な表示を楽しみたい方におすすめのモデルです。

「写真プレビュー」機能を搭載しているのもポイント。一覧表示ができるので、たくさん保存されているデータのなかから、目的の写真を探す時に重宝します。スピーカーを内蔵しており、スライドショーを見ながら好きな曲を聞くことも可能です。

スライドショーの間隔も好みに合わせて変更できます。付属の専用リモコンでは、不要な写真や動画データの削除など、さまざまな操作が手元でできるので便利です。

MRQ 14インチ デジタルフォトフレーム

MRQ 14インチ デジタルフォトフレーム

本製品は、解像度1920×1080のフルHD表示が可能な、14インチIPSパネルを搭載したモデルです。好みの写真を大画面で楽しみたい方や、店舗などで商品紹介をしたい方におすすめ。SDカードかUSBメモリを挿すだけで、自動で再生してくれる簡単操作が魅力です。ただし、対応している容量は32GBまでなので、購入時には注意しましょう。

赤外線と光による人感センサー機能を搭載しているため、本機から2.5m以内で人の動きがなければ自動的にディスプレイをオフにします。センサーの検知間隔は1分・5分・10分と調節が可能。店舗などでは人の出入りが多い日には長め、少ない日には短めにするなど、状況に応じて設定を変えられるので便利です。

Vinteky 15.4インチ デジタルフォトフレーム

Vinteky 15.4インチ デジタルフォトフレーム

フルHD表示ができる、15.4インチ液晶ディスプレイを搭載したデジタルフォトフレームです。mini HDMIポートを搭載しているのが特徴。PS4など、ゲーム機に接続して楽しみたい方にもおすすめのモデルです。また、パソコンのサブモニターとしても重宝します。

ほかにも、SDカードやUSBメモリにも対応。デジカメで撮影した写真を鑑賞したり、パソコンに保存してあった好みの音楽を聴いたりとさまざまな使い方ができます。壁掛けにも対応しており、設置場所の自由度が高いのも魅力です。

Andoer 15.6インチ デジタルフォトフレーム

Andoer 15.6インチ デジタルフォトフレーム

15.6インチの大画面液晶ディスプレイを搭載したモデルです。シンプルなデザインながら存在感があるので、リビングのインテリアとしてもおすすめ。電源をオンにして、メモリーカードを挿すだけで再生できる簡単操作が魅力です。フルHD(1920×1080)表示が可能なため、大切な写真を綺麗な画質で鑑賞したい方に最適。

壁掛けにも対応しており、デジタル窓のように楽しむことも可能です。VESA規格に準拠した壁掛け用のネジ穴が空けられているので、対応する市販の金具が使えます。カレンダーや時計の表示も可能。来客時などシーンによっては、実用的なインテリアとして活躍します。

moonka 17インチ デジタルフォトフレーム

moonka 17インチ デジタルフォトフレーム

本製品は、HDMI入力に対応した、デジタルフォトフレームを探している方におすすめのモデルです。ディスプレイには、IPS方式の17インチ液晶を採用。画面が大きく、どの角度からでも鮮明な画像が見られるので、店舗用ディスプレイとしても最適です。パソコンで作成した商品紹介動画やスライドを直接表示できます。

卓上だけでなく、壁掛けにも対応しているのがポイント。テーブルの上においたり壁面に設置したりと、部屋のレイアウトに合わせて設置場所を決めやすいのが魅力です。スライドショー機能を備えているため、複数枚の画像も楽しめます。

ドリームメーカー(DreamMaker) 21.5インチ デジタルフォトフレーム SP-215CM

ドリームメーカー(DreamMaker) 21.5インチ デジタルフォトフレーム SP-215CM

21.5インチの大型液晶を採用したデジタルフォトフレームです。一般家庭だけでなく、店舗・ホテルなど商業施設にもおすすめのモデル。フルHD(1920×1080)表示が可能なため、高精細な画面で商品の魅力やサービス内容のPRができます。

HDMIポートを搭載しており、パソコンとの接続が可能。画像や動画のほか、状況に合わせてさまざまなインフォメーションを表示させられるのが魅力です。

本体裏面には、VESA規格に対応した壁掛け用の穴が配置されています。また、自立スタンドも付属しているので、壁掛け以外の方法でも設置可能。自分好みに使えるモデルを探している方におすすめです。

デジタルフォトフレームのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

デジタルフォトフレームのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。