スマホやデジタルカメラで撮った写真を、わざわざプリントせずとも手軽に飾れる「デジタルフォトフレーム」。フォトストックとして活用できるほか、部屋に置いておけばインテリアとしても映えるアイテムです。

そこで今回は、デジジタルフォトフレームの選び方とおすすめのモデルをご紹介します。結婚祝いなどのプレゼントにも適したアイテムなので、ぜひチェックしてみてください。

デジタルフォトフレームとは?

By: rakuten.co.jp

デジタルフォトフレームとは、スマホやデジタルカメラで撮った写真をスライドショー形式で表示する製品です。1台だけでさまざまな写真を好きなときに鑑賞できるのが魅力。多くの写真を省スペースに飾りたいときなどにおすすめです。

また、なかにはフォトフレーム以外にも音楽や動画再生に対応したモデルもあり、幅広いシーンで活躍します。デザイン性に優れたモデルも多く、インテリア家電としても注目されている製品です。

デジタルフォトフレームの選び方

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

机の上やベッドサイドなど、ちょっとしたスペースに置きたいのであれば、7インチくらいのサイズがおすすめ。はがき程度でコンパクトなので、置き場所に困ることもなく、プレゼントとしても人気です。お気に入りの写真を、もう少し大きな画面で見たい場合は、10インチ前後のサイズをおすすめします。

部屋の中の少し離れたところからでも見やすいだけでなく、存在感があるためインテリアとしても使用可能です。店舗や展示会で販促ツールとして使いたい方には、さらに大画面の15インチや17インチといったモデルがおすすめ。自宅でも「デジタル窓」のように、おしゃれな使い方もできるなど、工夫次第でさまざまな活用の仕方が考えられます。

壁掛けに対応しているモデルであれば、設置場所の自由度が上がるので便利。特に大画面モデルの購入を検討している方は、留意しておきましょう。

解像度をチェック

By: amazon.co.jp

画面の解像度は「800×480」のように、画像を表示する縦横のドット数で表されます。数字が大きいほど高解像度になり、綺麗に表示できます。最近はスマホでも高解像度カメラを搭載している製品が多くラインナップされているため、最低でも800×480以上の解像度を備えたデジタルフォトフレームがおすすめ。

また、15インチ以上の大画面モデルを検討している方は、近くでもキメの細かい美しい写真が見られるように「HD(1280×720)」や「フルHD(1920×1080)」の解像度を備えたモデルをチェックしておきましょう。

置くときの向きや写真の縦横比をチェック

By: rakuten.co.jp

デジタルフォトフレームは選ぶ際は、表示向きの自動切り替えに対応したモデルを選ぶのがおすすめ。大半は横置き用に作られていますが、家族写真など縦位置画像を自動判別できるモデルであれば、縦位置画像を本来の向きで表示できます。また、表示させたい画像に縦位置のモノが多い場合は、縦置きにも対応したモデルを選びましょう。

撮影に使用したカメラに応じて画像の縦横比(アスペクト比)は異なるのがポイント。スマホ・コンデジ・小型ミラーレスカメラで撮影した画像は縦横比4:3の表示に対応したモデル、中型以上のミラーレスカメラや一眼レフカメラで撮影した画像は縦横比16:9など横長表示に対応したモデルを選ぶのがおすすめです。

データ容量をチェック

By: sony.jp

デジタルフォトフレームにどれだけの写真を表示できるかは、データ容量によって決まります。基本的に容量は2GB程度あれば十分ですが、なかには8GBの大容量モデルもラインナップされているので、たくさん表示したい方は容量の多いモデルを選びましょう。

また、デジタルフォトフレームには、データを保管しておく内蔵メモリがあるモノとないモノがあります。内蔵メモリがある場合は、直接本体に保存できて便利です。しかし、内蔵メモリがない場合は、SDカードを別途準備する必要があるので考慮しておきましょう。

対応メディアと入力ポートをチェック

By: amazon.co.jp

ほとんどのデジタルフォトフレームにはSDカードスロットルが搭載されており、挿入するだけで画像や映像を表示できます。デジカメで撮影した写真も、簡単に再生できるので便利。ただし、対応可能な容量上限が「32GBまで」などと記載されているモデルもあるため、自分が使用しているSDカードをよく確認した上で購入するようにしましょう。

USBメモリに対応しているモデルであれば、パソコンに保存してあるデータを手軽に再生できます。また、パソコンやゲーム機と接続して使いたい方は、HDMIポートを搭載しているか確認しましょう。パソコンのサブモニターとして使用したり、ゲーム機と接続して楽しんだりと便利に使えます。

便利な機能をチェック

音楽再生機能

By: rakuten.co.jp

MP3やWMA形式といった音楽ファイルを再生できるモデルであれば、お気に入りの写真と音楽が一緒に楽しめます。部屋のムードが演出できるため、写真を見ながらゆったりとくつろぎたい方におすすめの機能です。

動画再生機能

By: dream-maker.co.jp

動画が再生できるモデルであれば、スマホで撮影したビデオなどが手軽に見られて便利。家族旅行で撮った動画を映しておき、旅先の思い出を振り返るといった使い方もできておすすめです。また、最近のスマホは「HD」や「4K」動画を撮れる機種も多いので、綺麗な映像が表示できるように、できるだけ解像度の高いモデルを選びましょう。

カレンダー・時計機能

By: amazon.co.jp

デジタルフォトフレームには標準機能として「カレンダー」や「時計」を搭載しているモデルが多くあります。カレンダーと同時に写真のスライドショーを表示できるモデルなど、部屋のインテリア兼カレンダーとして便利です。

また、時計に「アラーム」機能を搭載しているモデルなら、目覚まし時計がわりにも使用可能。お気に入りの写真を見ながら、心地よく目覚められるのでおすすめです。

人感センサー機能

「人感センサー」は本体の近くに人がいるかどうかを検知し、自動で表示のオンオフができる便利な機能です。リビングルームのように、就寝時間になると人がいなくなる部屋であれば、タイマーを設定しておく手間も不要で節電にも役立ちます。

Wi-Fi機能をチェック

Wi-Fi機能を搭載した製品であれば、デジタルフォトフレーム本体をインターネットに接続することで、タブレットに近い使い方が可能です。設定次第ではスマホやパソコンに入った写真を再生できたり、保存された音楽を聞けたりと、使い方の幅が広がります。なお、Wi-Fi機能のある製品は価格が高くなる傾向にあるので、余裕を持った予算の確保が必要な点は注意しておきましょう。

デジタルフォトフレームのおすすめメーカー

富士フイルム(FUJIFILM)

By: amazon.co.jp

写真の分野において、日本のみならず世界を牽引しているメーカー「富士フイルム」。テレビにも使われている視野角の広い「ASV液晶」を採用していたり、赤外線通信が使えたりと、便利な機能が搭載されたデジタルフォトフレームを数多く揃えています。

ソニー(SONY)

By: sony.jp

世界中のユーザーに支持されているメーカー「ソニー」には、クリアフォト液晶という技術が搭載されたデジタルフォトフレームがあります。外枠の着せ替えができるモデルもあり、品質とデザイン性をしっかりと両立させています。同社らしいスタイリッシュなフォルムも魅力です。

グリーンハウス(GREEN HOUSE)

By: amazon.co.jp

パソコン周辺機器メーカー「グリーンハウス」。キャラクターや身近なアイテムをモチーフにした、ポップなデジタルフォトフレームを幅広く揃えています。FMラジオを受信できるモデルもあるので、使い勝手のよいデジタルフォトフレームを探している方におすすめです。

デジタルフォトフレームのおすすめモデル

ラドンナ(LADONNA) デジタルフォトフレーム PRECIOUS DP17-60

ラドンナ(LADONNA) デジタルフォトフレーム PRECIOUS DP17-60

おしゃれでかわいらしいデザインのデジタルフォトフレームです。フローラルオーナメントとクリスタルで縁取られたフレームが特徴。結婚祝い用のプレゼントとしてもおすすめです。

画面サイズは6インチで、解像度は800×480。カードスロットに挿入したSDカード内の画像を表示できるほか、「画像コピー機能」で1GBの内蔵メモリに画像を保存して表示もできます。

「カレンダー・クロック機能」でお好みの画像に時計やカレンダーを表示させて使用も可能。思い出の写真で日常を美しく彩れます。さらに、周囲の明るさに応じて画面の明るさ自動調節する「オートブライトネス機能」を搭載しているのも魅力です。

富士フイルム(FUJIFILM) デジタルフォトフレーム DP-701SH

富士フイルム(FUJIFILM) デジタルフォトフレーム DP-701SH

アンティーク調のデザインがおしゃれなデジタルフォトフレームです。画面サイズは7インチで、解像度は800×480。画像の色合いを美しく表現できる「クリスタルフォト液晶」を採用しており、自然で滑らかなグラデーションを実現しています。

音声付き動画やBGM付きスライドショーの再生にも対応。また、立体的な動きで写真を切り替えて表示する「立体表現スライドショー」機能を5パターン搭載しており、多彩な表示のスライドショーが楽しめます。

「記念日お知らせ機能」の搭載もポイント。設定した日時になるとあらかじめ指定した画像と音楽を再生して記念日を知らせてくれるので、大切な日を印象的に演出できます。

ソニー(SONY) デジタルフォトフレーム S-Frame D720

ソニー(SONY) デジタルフォトフレーム S-Frame D720

インテリアとしても楽しめる、洗練されたデザインのデジタルフォトフレームです。オーロラのように輝くスワロフスキー・エレメントと美しいフローラルパターンが特徴。アングルによって異なる表情を見せるクリスタルの輝きが、記念写真をより上質に彩ります。

画面サイズは7インチで、解像度は800×480。広視野角のクリアフォト液晶を搭載しており、正面以外から見た場合でも美しい画面表示で見られます。また、横置き以外に縦置きや壁掛けにも対応しているのも特徴です。

2GBの内蔵メモリを搭載。また、付属のリモコンを使えば保存した写真や動画を絞り込んで探せるほか、お気に入りの写真だけを選んで再生もできます。

恵安(KEIAN) デジタルフォトフレーム KD71RV

恵安(KEIAN) デジタルフォトフレーム KDI71RV

シンプルなデザインで人気のデジタルフォトフレームです。ホワイトのフレームは周囲の環境に溶け込みやすいので、どんな場所にもさりげなく飾れます。リーズナブルなので、気軽に購入できるのも魅力です。

スライドショー再生に対応するのが特徴。再生間隔や画面の転移方法を自由に設定できるほか、スライドショーに時計やカレンダーを載せて表示も楽しめます。

画面サイズは7インチで、解像度は800×480。入力端子にはSDカードスロットとUSBポートを備えています。静止画専用モデルですが、カードやUSBメモリを挿して電源を入れるだけで簡単に使えるのも魅力です。

グリーンハウス(GREEN HOUSE) デジタルフォトフレーム GH-DF7V

グリーンハウス(GREEN HOUSE) デジタルフォトフレーム GH-DF7V

LEDバックライトが採用されていることにより、安いランニングコストで使用できる省エネ設計のデジタルフォトフレームです。また、指定した時間に電源を操作できる「オートパワーオンオフ機能」も搭載しています。

画面サイズは7インチで、解像度は800×480。SDカードやUSBメモリをポートに挿入することで、画像・スライドショー・動画が再生できます。

縦置き・横置きの両方に対応するスタンドを搭載。背面には壁掛け穴も備えているので、壁掛けで使用もできます。また、画像の向きを自動判別して表示方向を切り替える「オートローテーション機能」が搭載されているのも特徴です。

グリーンハウス(GREEN HOUSE) デジタルフォトフレーム GH-DF7W

グリーンハウス(GREEN HOUSE) デジタルフォトフレーム GH-DF7W

多彩な機能を備えたコスパ良好のデジタルフォトフレームです。画面サイズは7インチで、解像度は800×480。入力端子はSDカード・メモリースティック・USBメモリに対応しています。また、2GBの内蔵メモリを搭載しているので、画像を本体にコピーして保存可能です。

41種類のデザインフレームで画像やスライドショーをより楽しく表示できるのも魅力。さらに、12の記念日が設定できる「記念日設定機能」も搭載されています。

サンワサプライ(Sanwa Supply) 400-MEDI030

サンワサプライ(Sanwa Supply) 400-MEDI030

コンパクトながらも高解像な表示で写真が楽しめるデジタルフォトフレームです。画面サイズは7インチですが、解像度が1024×600ときめ細かいのが特徴。写真や動画をよりくっきり表示できるので、画質にこだわりたい方にもおすすめです。

入力端子はSDカードとUSBメモリに対応。BGM付きのスライドショーや動画に加えて、音楽の再生にも対応するので、多彩な楽しみ方が味わえます。

カレンダーや時刻の表示も可能。また、付属のリモコンを使えば、タイマーで電源のオンオフ操作やアラームを設定もできます。背面にはネジ穴が設けられているので、壁掛けに対応するのも特徴です。

ハコア(Hacoa) 木製デジタルフォトフレーム

ハコア(Hacoa) 木製デジタルフォトフレーム

木の温もりを感じられる無垢材で作られたデジタルフォトフレームです。ハコアは2001年に木材加工のプロフェッショナル集団によって立ち上げられたメイド・イン・ジャパンの木製雑貨ブランド。本製品は1枚の板から高い加工技術で削り出されています。

使用する木材はメープル・チェリー・ウォールナットの3種類から選択が可能。どれも木材本来の質感が感じられるほか、時間の経過とともに風合いが増していきます。また、フレームの中央上部と右下部に名前やメッセージが彫れる名入れサービスも行われているので、結婚祝いや誕生日祝いなどのプレゼントとしてもおすすめです。

画面サイズは7インチで、解像度は800×480。SDカードやUSBメモリ内に保存した写真・動画・音楽を再生できます。専用のリモコンが付属するのも特徴です。

恵安(KEIAN) デジタルフォトフレーム KDW8G

恵安(KEIAN) デジタルフォトフレーム KDW8G

タブレット感覚で使える、コスパに優れたデジタルフォトフレームです。明るさ自動調節機能を備えた液晶の画面サイズは8インチで、解像度も1280×768と高精細。さらに、タッチパネルも搭載しているので、スマホやタブレットと同じように直感的に操作できます。

8GBの内蔵メモリを搭載。SDカードやUSBメモリからコピーした画像や動画をたっぷり保存できます。また、音楽再生にも対応しているので音楽プレーヤーとしても使用が可能です。

Wi-Fi通信やクラウドに対応するのもポイント。専用クラウドサービスでは無償で10GB(写真約7000枚)までの画像保管が利用できますが、スマホからクラウドに上げた写真を本機に表示して楽しめます。

富士フイルム(FUJIFILM) デジタルフォトフレーム DP-801

富士フイルム(FUJIFILM) デジタルフォトフレーム DP-801

黒色を基調とした木目調のシックなデザインがおしゃれなデジタルフォトフレームです。黒枠のフレームは画像を立体的に浮かび上がらせる視覚効果をもたらすので、作品をより印象的に飾れます。また、渋い木目調は部屋のインテリアに自然と溶け込みやすいのも特徴です。

画面サイズは8インチで、解像度は800×480。内蔵メモリは512MBと少なめですが、SDカードから画像・スライドショー・動画の表示もできます。

高速赤外線通信を使用すれば、対応のスマホやデジカメから遠隔で画像データを取り込めるのもポイント。「立体表現スライドショー機能」や「記念日お知らせ機能」にも対応しています。

ソニー(SONY) デジタルフォトフレーム S-Frame HD800

ソニー(SONY) デジタルフォトフレーム S-Frame HD800

一眼カメラで撮影したフルHD動画が手軽に再生できるデジタルフォトフレームです。フルHD動画ファイルの再生に対応しているのが特徴。一眼カメラで撮影した高画質なHD動画をリサイズやファイル変換することなくそのまま再生して楽しめます。

画面サイズは8インチで、解像度は800×480。LEDバックライトによってきめ細かでリアルな表示が可能なクリアフォト液晶を搭載しています。

内蔵メモリは2GBで、SDカードとメモリースティックからのデータ転送に対応。さらに、市販のUSBケーブルを使用すれば、直接パソコンと画像や動画のやり取りもできます。

サンワサプライ(Sanwa Supply) 400-MEDI031

サンワサプライ(Sanwa Supply) 400-MEDI031

大きな画面で高精細な写真表示が楽しめるデジタルフォトフレーム。基本的な機能や性能は7インチモデルと共通していますが、10インチの大画面で写真や動画を楽しめるのが魅力です。

SDカードやUSBポートのほか、microUSBポートを搭載するのも特徴。市販のmicroUSBケーブルでパソコンと接続することでデータの閲覧やコピーが可能なので、サブディスプレイの代わりとしても使えます。

背面には盗難防止用のセキュリティスロットが搭載されているのもポイント。別売のセキュリティワイヤーを取り付けることで盗難を予防できるので、オフィスの受付や展示会に飾るデジタルサイネージとしてもおすすめです。

Tenswall デジタルフォトフレーム V10

Tenswall デジタルフォトフレーム V10

充実した閲覧機能を備えたコスパ良好のデジタルフォトフレームです。画面サイズは10.1インチで、解像度は1280×800。広視野角のIPS液晶を採用しており、どの位置からでも高画質な表示が見られるので、リビング用や店頭用としてもおすすめです。

入力端子はSDカードとUSBメモリに対応。写真やスライドショーはもちろん、フルHD動画ファイルの再生も手軽に楽しめます。また、付属の専用リモコンでスライドショー画像の転移間隔を変えられるほか、画像を10倍に拡大したり360°回転させたりも可能です。

機能性も充実。自動電源ON/OFF設定・カレンダー機能・目覚まし機能などを搭載しています。価格が安いのも魅力のおすすめアイテムです。

ドリームメーカー(DreamMaker) デジタルフォトフレーム SP-156DM

ドリームメーカー(DreamMaker) デジタルフォトフレーム SP-156DM

迫力のある大画面で美しい表示が楽しめる大型デジタルフォトフレームです。画面サイズは15.6インチで、解像度はフルHD(1920×1080)に対応。テレビに近い高精細な表示が可能なので、写真も動画もスライドショーも高画質に映し出せます。

液晶の背面にLEDバックライトを搭載しているのがポイント。明るさの細やかな調節ができるので、写真や動画を明るくコントラスト豊かに表示できます。また、発光効率にも優れているので、少ない消費電力で使用できるのも魅力です。

入力端子はSDカードとUSBメモリに対応。背面には横置き用スタンドのほかに、壁掛け金具用の穴も搭載されているので、壁に掛ける絵画の代わりやデジタル窓として使用するのもおすすめです。また、大画面を生かして店頭に飾れば、POP用のデジタルサイネージとしても重宝します。

デジタルフォトフレームのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

デジタルフォトフレームのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。