スマホやデジタルカメラで撮った写真を、わざわざプリントせずとも手軽に飾れる「デジタルフォトフレーム」。フォトストックとして活用できるほか、部屋に置いておけばインテリアとしても映えるアイテムです。

そこで今回は、デジジタルフォトフレームの選び方とおすすめのモデルをご紹介します。結婚祝いなどのプレゼントにも適したアイテムなので、ぜひチェックしてみてください。

デジタルフォトフレームとは?

By: rakuten.co.jp

デジタルフォトフレームとは、スマホやデジタルカメラで撮った写真をスライドショー形式で表示するアイテムのこと。さまざまな写真を好きなときに鑑賞できるのが魅力。多くの写真を省スペースに飾りたいときなどにおすすめです。

また、なかにはフォトフレーム以外にも音楽や動画再生に対応したモデルもあり、幅広いシーンで活躍します。デザイン性に優れたモデルも多く、インテリア家電としても注目されている製品です。

デジタルフォトフレームの選び方

サイズで選ぶ

By: hacoa.net

机の上やベッドサイドなど、ちょっとしたスペースに置きたい場合は、7インチくらいのサイズがおすすめ。はがき程度でコンパクトなので、置き場所に困ることもなく、プレゼントとしても人気です。

お気に入りの写真をもう少し大きな画面で見たい場合は、10インチ前後のサイズを要チェック。部屋の中の少し離れたところからでも見やすいだけでなく、存在感があるためインテリアとしても使用可能です。

店舗や展示会で販促ツールとして使いたい方には、さらに大画面の15インチや17インチといったモデルがおすすめ。自宅でも「デジタル窓」のように、おしゃれな使い方もできるなど、工夫次第でさまざまな活用の仕方が考えられます。

壁掛けに対応しているモデルであれば、設置場所の自由度が上がるため便利。特に大画面モデルの購入を検討している方は、留意しておきましょう。

キレイに表示できるモノを選ぶ

解像度をチェック

By: rakuten.co.jp

画面の解像度は「800×480」のように、画像を表示する縦横のドット数で表されます。数字が大きいほど高解像度のきれいな表示が可能。最近はスマホでも高解像度カメラを搭載している製品が多くラインナップされているため、最低でも800×480以上の解像度を備えたデジタルフォトフレームがおすすめです。

また、15インチ以上の大画面モデルを検討している方は、近くでもキメの細かい美しい写真が見られるように「HD(1280×720)」や「フルHD(1920×1080)」の解像度を備えたモデルをチェックしておきましょう。

置くときの向きや写真の縦横比をチェック

By: rakuten.co.jp

デジタルフォトフレームを選ぶ際は、表示向きの自動切り替えに対応したモデルがおすすめ。大半は横置き用に作られていますが、向きを自動判別できるモデルなら、家族写真など縦位置画像を本来の向きで表示できます。また、表示させたい画像に縦位置のモノが多い場合は、縦置きにも対応したモデルを選びましょう。

写真は撮影に使用したカメラに応じて画像の縦横比(アスペクト比)が異なります。ミラーレスカメラや一眼レフカメラで撮影した画像は、縦横比16:9など横長表示に対応したモデルを選ぶのがおすすめです。

内蔵メモリの有無や容量で選ぶ

By: sony.jp

デジタルフォトフレームは、内蔵メモリあるいはSDカードなどの外部メモリからデータを取り込み画面に表示させます。内蔵メモリ機能搭載だと、外部メモリを差し込む手間が省けて便利。また、外部メモリから内蔵メモリにデータを移せば、その後は外部メモリを差し込む必要がありません。

メモリ容量が大きいほど、多くのデータを取り込めるメリットがあります。画像メインなら、内蔵メモリの容量は2GB程度がおすすめ。動画も楽しみたい場合は、8GB程度の大容量モデルを選ぶと快適です。

対応メディアや入力ポートで選ぶ

By: amazon.co.jp

ほとんどのデジタルフォトフレームにはSDカードスロットルが搭載されており、挿入するだけで画像や映像を表示できます。デジカメで撮影した写真も、簡単に再生できるので便利。ただし、対応可能な容量上限が記載されているモデルもあるため、自分が使用しているSDカードをよく確認したうえで購入するようにしましょう。

USBメモリに対応しているモデルであれば、パソコンに保存してあるデータを手軽に再生可能。また、HDMIポートを搭載しているモノであれば、パソコンのサブモニターとしても使えます。

Wi-Fi対応の有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

Wi-Fi機能を搭載した製品であれば、スマホに入った写真を再生できるなど使い方の幅が広がります。なお、Wi-Fi機能のある製品は価格が高い傾向にあるので要注意。利便性を重視したい方はぜひチェックしてみてください。

便利な機能で選ぶ

音楽再生機能

By: rakuten.co.jp

MP3やWMA形式といった音楽ファイルを再生できるモデルなら、お気に入りの写真と音楽を一緒に楽しめます。部屋のムードが演出できるため、写真を見ながらゆったりとくつろぎたい方におすすめの機能です。

動画再生機能

By: dream-maker.co.jp

動画が再生できるモデルなら、スマホで撮影したビデオなどが手軽に見られて便利。家族旅行で撮った動画を映しておき、旅先の思い出を振り返るといった使い方もできておすすめです。

また、最近のスマホは「HD」や「4K」動画を撮れる機種もあるので、きれいな映像が表示できるように、できるだけ解像度の高いモデルを選びましょう。

カレンダー・時計機能

By: amazon.co.jp

デジタルフォトフレームには標準機能として「カレンダー」や「時計」を搭載しているモデルが多くあります。カレンダーと同時に写真のスライドショーを表示できるモデルなど、部屋のインテリア兼カレンダーとして使えるため便利です。

人感センサー機能

By: amazon.co.jp

「人感センサー」は本体の近くに人がいるかどうかを検知し、自動で表示のオンオフができる便利な機能です。リビングルームのように、就寝時間になると人がいなくなるような部屋では、タイマーを設定しておく手間も不要で節電にも役立ちます。

デジタルフォトフレームのおすすめメーカー

富士フイルム(FUJIFILM)

富士フイルム(FUJIFILM) デジタルフォトフレーム DP-700SH

By: amazon.co.jp

写真の分野において、日本のみならず世界を牽引しているメーカー「富士フイルム」。テレビにも使われている視野角の広い「ASV液晶」を採用していたり、赤外線通信が使えたりと、便利な機能が搭載されたデジタルフォトフレームを数多く揃えています。

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

世界中のユーザーに支持されているメーカー「ソニー」には、高解像度の「クリアフォト液晶」という技術が搭載されたデジタルフォトフレームがあります。外枠の着せ替えができるモデルもあり、品質とデザイン性をしっかりと両立。スタイリッシュなフォルムも魅力です。

グリーンハウス(GREEN HOUSE)

By: amazon.co.jp

パソコン周辺機器メーカー「グリーンハウス」。キャラクターや身近なアイテムをモチーフにした、ポップなデジタルフォトフレームを幅広く揃えています。時計やカレンダーの表示に対応しているモデルもあるので、使い勝手のよいデジタルフォトフレームを探している方におすすめです。

デジタルフォトフレームのおすすめモデル

富士フイルム(FUJIFILM) デジタルフォトフレーム DP-700SH

富士フイルム(FUJIFILM) デジタルフォトフレーム DP-700SH

上下左右176°の広視野角から色変化の少ない画面を楽しめる、ASV液晶搭載のデジタルフォトフレーム。高速赤外線通信に対応しており、デジカメや携帯電話からワイヤレスで写真を取り込めるのが特徴です。

1GBの内蔵メモリに加え、多様なメディアに対応しているのも特徴。SDカードやマルチメディアカード、メモリースティックなど計7種のメディアから画像を取り込んで表示できます。

画面サイズは7インチで、画素数は800×480。自動電源オンオフ機能や自動縦横判別機能など、さまざまな便利機能も備えています。データを直接移動させたい方や、対応メディアにこだわらず使用したい方におすすめです。

グリーンハウス(GREEN HOUSE) GH-DF7U

グリーンハウス(GREEN HOUSE) GH-DF7U

高解像度液晶を搭載した7インチサイズのデジタルフォトフレーム。画素数は1024×600で、静止画・音楽・動画の再生に対応しているのが特徴です。デジカメのメモリーカードやUSBを挿し込むだけで手軽に美しい画像を楽しめます。

音楽再生ファイルはMP3、動画再生ファイルはMPEG1とMPEG2に対応。また、スピーカーを内蔵しているため、音楽や動画の再生時に別のオーディオ機器を用意する必要もありません。

さらに、時計やカレンダーの表示に対応しているのもポイント。時間を指定したオートパワーオン・オフ機能も備えているので、常に視界に入る場所に設置すればスケジュール管理にも役立ちます。光源にLEDバックライトを採用した低消費電力設計のため、ランニングコストを抑えたい方にもおすすめです。

パイオニア(Pioneer) ハッピーフレーム HF-T750

パイオニア(Pioneer) ハッピーフレーム HF-T750

世界各地のさまざまな音風景をプリインストールしたデジタルフォトフレーム。スライドショーに合わせて心地よい自然の音を楽しめるのが特徴です。また、AUDIO IN端子を搭載しているため、デジタルオーディオプレーヤーなどを接続すれば外部スピーカーとしても使用できます。

17種類のスライドパターンとフォトアレンジ機能によって、多彩なスライドショーを楽しめるのが魅力。さらに、インテリアに合わせて選べる時計・カレンダー表示にも対応しています。

動画再生に対応しているのもポイント。内部メモリに動画のみを入れていた場合、電源をつけると自動で動画を再生します。内部メモリの容量は約8GBで、ディスプレイの画素数は800×480。高機能なモデルが欲しい方におすすめです。

ハコア(Hacoa) 木製デジタルフォトフレーム

ハコア(Hacoa) 木製デジタルフォトフレーム

木の温もりを感じられる無垢材で作られたデジタルフォトフレームです。使用する木材はメープル・チェリー・ウォールナットの3種類から選択が可能。どれも木材本来の質感が感じられるほか、時間の経過とともに風合いが増していくのが特徴です。

画面サイズは7インチで、解像度は800×480。SDカードやUSBメモリ内に保存した写真・動画・音楽を再生できます。専用のリモコンが付属しているのも魅力です。

恵安(KEIAN) KD71RD

恵安(KEIAN) KD71RD

手軽にスライドショーを楽しめる7インチのデジタルフォトフレーム。SDカードやUSBメモリを接続して電源を入れるだけでストレージ内部の画像をスライドショー表示します。メイン機能は画像再生のみなので、不慣れな方でも簡単に操作できるのが特徴です。

画素数は800×480、縦横比は16:9で、自動で縦横を判別する機能を備えているため画像に合わせて適切な表示を行います。また、マグネットで背面に取り付けられるリモコンも付属しており、遠隔操作が可能です。

カレンダー・時計表示に対応しているのも魅力。スライドショーと同時に表示できるので、お気に入りの画像を見ながら日付や時刻の確認を行えます。スタイリッシュなデザインのため、インテリアに馴染むモデルを探している方におすすめです。

ソニー(SONY) デジタルフォトフレーム S-Frame HD800

ソニー(SONY) デジタルフォトフレーム S-Frame HD800

一眼レフカメラで撮影したフルHD動画や写真を手軽に楽しめるモデル。高解像度クリアフォト液晶を採用しているので、動画や写真を鮮明に映し出すことが可能です。LEDバックライトにより、リアルな画像と省電力を実現します。

内蔵メモリは2GBで、SDカードとメモリースティックに対応。さらに、市販のUSBケーブルを使用すれば、直接パソコンと画像や動画のやり取りも可能です。画面サイズは8インチで、解像度は800×480。横置きや縦置きだけでなく、壁掛けもできるため、ライフスタイルに合わせて設置場所を自由に選べます。

縦横比は16:10。また、音声付き動画やBGM付きスライドショーの再生にも対応しています。高画質の動画や写真を手軽に楽しみたい方におすすめのデジタルフォトフレームです。

Aurara 10インチ デジタルフォトフレーム

Aurara 10インチ デジタルフォトフレーム

10.1インチのIPSパネルを採用したデジタルフォトフレーム。画素数1920×1080のフルHD高画質モデルで、写真・動画・音楽の再生に対応しています。上下左右178°の広視野角から美しい画像を楽しめるのが魅力です。

人感センサー機能を搭載しているのもポイント。2m以内の動きを感知して自動的にディスプレイのオンオフを行います。感知時間は手動での設定が可能。また、ブレークポイント再生に対応しているため、ディスプレイがオフになっても、再度オンにしたときには前回表示した写真や動画を引き続き再生できます。

32GBのメモリーカードが付属しているのもポイント。さらに、ヘッドホン端子やUSBポートなども備えており、さまざまな使い方ができるおすすめアイテムです。

moonka wifiデジタルフレーム

moonka wifiデジタルフレーム

Wi-Fiモジュールを内蔵したデジタルフォトフレーム。専用のアプリやFacebook、TwitterなどのSNSツールから写真や動画を同期して、いつでも簡単に表示できるのが魅力です。Wi-Fiに接続していれば、世界中のどこからでも写真や動画を共有できます。

画素数は1280×800と高解像度で、色鮮やかな表示が可能。10インチのIPSタッチパネルを搭載しているため、スマートフォンやタブレットのように直感的な操作が可能です。

カレンダーや時計、アラーム、天気などの便利な機能を搭載しているのも魅力。表示方法も自分の好みに合わせて選択できます。離れて暮らす家族への贈り物にもおすすめです。

ドリームメーカー(DreamMaker) デジタルフォトフレーム SP-156DM

ドリームメーカー(DreamMaker) デジタルフォトフレーム SP-156DM

15.6インチの大型サイズで、美しい画像を楽しめるデジタルフォトフレームです。解像度は1920×1080のフルHDで、高精細な表示が可能。一眼レフカメラで撮影した画像もきれいに映し出します。

LEDバックライトを採用しているため、明るさの微調節が可能。発光効率にも優れ、安いランニングコストで使用できるのも魅力です。入力端子は、SDカードとUSBメモリの差込口を備えています。

音楽再生もでき、BGM付きのスライドショーを楽しめるのも魅力。また、背面には横置き用スタンドのほかに、壁掛け金具用の穴も搭載しています。高画質で迫力のあるデジタルフォトフレームを探している方におすすめです。

恵安(KEIAN) デジタルフォトフレーム KDPF2152RT

恵安(KEIAN) デジタルフォトフレーム KDPF2152RT

21.5インチの大型サイズで、迫力ある美しい画像を映し出すデジタルフォトフレームです。解像度は1920×1080。IPSパネルを採用しており、さまざまな方向から見てもきれいな画面が楽しめます。

SDカード・メモリースティック・USBメモリの差込口を備えているのもポイント。また、HDMI入力とAV入力に対応しているため、パソコンのサブモニターとしても使用できます。

写真のほかに動画や音楽の再生もでき、BGM付きのスライドショーを楽しめるのもポイント。大型サイズで、テレビに近い高画質のデジタルフォトフレームを探している方におすすめです。

アマゾン(Amazon) Echo Show 5

アマゾン(Amazon) Echo Show 5

デジタルフォトフレームのような使い方も可能なスクリーン付きスマートスピーカー。スマホやパソコンなどから、写真と動画をバックアップして整理・共有できる「Amazon Photos」と連携しています。

「Amazon Photos」に写真を保存しておけば、話しかけるだけでスライドショーがスタート。タッチスクリーン機能を搭載しているので、直感的な操作で簡単に利用できます。

ホーム画面に、お気に入りの写真を設定しておくことも可能。カレンダーや時計機能もあり便利です。画面サイズは5.5インチ、解像度は960×480。コンパクトサイズのため、キッチンカウンターやベッドサイドなど場所を選ばないのも魅力です。

グーグル(Google) Nest Hub

グーグル(Google) Nest Hub

デジタルフォトフレームとしても活用できる、ディスプレイ搭載のスマートスピーカーです。画面サイズは7インチで、解像度は1024×600。タッチパネル機能も搭載しています。また、室内の明るさを検知する光センサーにより、就寝中でも画面の明かりが気になりにくく快適です。

Googleのクラウドフォトサービス「Googleフォト」に写真をアップロードすれば、画面に写真を表示することが可能。話しかけるだけでスライドショーが始まるので簡単に操作できます。

「Googleフォト」にはリアルタイム共有アルバム機能があり、自動的にベストショットを選んで画面に表示可能。遠く離れた家族や友人などと写真を共有できるのも魅力です。

デジタルフォトフレームのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

デジタルフォトフレームのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。