寝るときに使用するイヤホン、通称「寝ホン」。寝ホンは一般的なイヤホンより柔らかいイヤーチップを採用しているモノが多く、耳の違和感を軽減できるのが特徴です。

そこで今回は、おすすめの寝ホンをご紹介。周囲に家族やルームメイトがいるときも、寝ホンがあれば周囲のノイズを軽減しながら好きな音楽などを楽しめます。寝ホンの選び方についても解説しているので、初めて寝ホンを使う方も参考にしてみてください。

寝ホンとは?

By: amazon.co.jp

「寝ホン」とは、寝るときに装着できるイヤホンのことです。普通のイヤホンを装着したまま眠った場合、寝ている間に体勢が変わると、耳がイヤホンに圧迫されて痛くなったり、睡眠の質が落ちたりする場合があります。

しかし、「寝ホン」は普通のイヤホンよりも快適に眠りやすい設計なのが魅力。耳が痛みにくく、眠りにつきやすいようサウンドの迫力を抑えたモデルが数多くラインナップされています。

リーズナブルなモデルや、マイク付きの寝ホンもあるので、イヤホンで音楽を聴きながら眠りたい方や寝転びながら通話したい方におすすめです。

寝ホンの選び方

寝ホンにはカナル型がおすすめ

By: amazon.co.jp

寝ホンには、大きく分けてカナル型とインナーイヤー型の2種類がありますが、なかでも遮音性の高いカナル型を選ぶのがおすすめです。

カナル型の寝ホンは、耳栓のように装着するため、密閉性が高いのが特徴。圧迫感を感じやすいものの、周囲への音漏れやノイズが気になる方に適しています。また、低音の音漏れが抑えられるので、音質も比較的優れているのが魅力です。

接続方法をチェック

Bluetooth接続

Bluetooth接続の寝ホンは、ワイヤレスで使えるのが特徴です。寝返りなどでコードが絡まって断線する恐れがないため、より自由に動きながら使用できます。

しかし、ワイヤレスタイプの場合、バッテリー持ちの長さがモデルによって異なる点に注意しましょう。ベッドの上で長時間寝ホンを使う方は、連続して使用できる長さをチェックしながら選ぶのがおすすめです。

有線接続

有線接続の寝ホンは、長時間使用する方におすすめです。コードが付いているため取り回しにくいものの、バッテリー持ちを気にせず長時間音楽や通話を楽しめます。

ベッドの上で長時間通話をする方や、音楽をゆっくり聴きたい方におすすめ。ただし、寝ている間にコードが引っかからないよう、使用時は頭の上へコードを回すなどの工夫をしましょう。

ハウジングのサイズをチェック

By: amazon.co.jp

寝ホンは、できるだけハウジングサイズの小さいモノを選ぶのがおすすめです。ハウジングが小さい寝ホンは、耳を下にして眠ったときも耳への圧迫感を軽減できます。

また、ハウジングが平たいモノは違和感が少なく、より快適に使用可能です。耳にフィットするコンパクトサイズの寝ホンなら、就寝中に押し潰して故障するリスクも軽減できます。

寝ホンのおすすめモデル

1MORE ComfoBuds Z EH601

ケーブルが一切ない、完全ワイヤレスタイプの寝ホンです。Bluetoothデバイスから音楽やポッドキャストなどを聞くことが可能。1MORE MUSICアプリを導入すれば、30曲のリラクゼーションミュージックも鑑賞できます。

また、眠りに入ったあとに音楽で再び起きないように「自動オフタイマー」機能を搭載しているのもポイント。アプリ経由で30分・60分・90分・120分・150分間から設定できます。高性能な完全ワイヤレスタイプの寝ホンを探している方におすすめです。

ボーズ(Bose) 睡眠用イヤープラグ Sleepbuds II

快適な眠りをサポートする高性能な寝ホンです。音楽再生には対応していませんが、専用のアプリと組み合わせることで眠りやすい環境音を再生し、眠りを妨げるノイズを低減します。

睡眠用に設計されたイヤーチップにより、しっかりと耳にフィット。寝返りをうっても、着けているのを忘れるほどの快適な着け心地を実現しています。また、ウィング部分が耳の突起部に固定され、外れにくいのも魅力です。

さらに、約10時間連続使用できる大容量バッテリーを内蔵しているのもポイント。睡眠の質にこだわりたい方は、チェックしてみてください。

Amazfit ZenBuds 睡眠イヤホン

睡眠サポート用の寝ホンです。片面1.78gと軽量で、人間工学に基づいたデザインによって耳にフィットしやすいのが魅力。音楽用イヤホンではないので好きな曲を聞くことはできませんが、鳥のさえずりや小川のせせらぎなど、環境音を再生できます。

また、心拍センサーを内蔵しているのもポイント。睡眠状態とステージを記録できるため、ライフログとして使用可能です。さらに、一定時間で再生が止まる「自動一時停止」や個人用目覚まし時計として使える「アラーム」など、機能が豊富。軽くて高性能な寝ホンを探している方におすすめです。

マクセル(maxell) Bluetooth対応ワイヤレスカナル型ヘッドホン 寝ごこちホン MXH-BTC14

Bluetooth5.0に対応した寝ホンです。寝心地を考えた、耳にフィットしやすい薄型のクッション設計が特徴。ソフトシリコンを使用しており、装着したまま横になっても耳が痛くなりにくい仕様です。

ハウジングにはマクセル独自の「ラビットサポート」を採用。寝ている間に耳から落ちにくいのもポイントです。また、連続再生時間は約12時間なので、一晩中音楽を楽しめます。さらに、本体の重量はコードを含めて約14gと軽量。寝る際の使い心地にこだわった、おすすめの寝ホンです。

ADVANCED Sleeper Wireless ADVSLEEPW

Bluetooth接続に対応したワイヤレスタイプのスリーピングイヤホンです。約7時間の連続稼働が可能な軽量ネックバンドタイプ。横になっても邪魔になりにくいようにネックバンド部分が細く、イヤホンに繋がるケーブルも短めにデザインされています。

また、ボディが柔らかいソフトシリコンで作られているのもポイントです。フルレンジのドライバーにはニュートラルなチューニングが施されており、音楽鑑賞によるリラックスタイムをサポートします。安価なワイヤレスの寝ホンを探している方はチェックしてみてください。

ADVANCED Sleeper ADVSLEEP

睡眠時でも快適に使用できるように設計されたスリーピングイヤホン。ハウジングをコンパクト化しているほか、素材には柔らかいシリコンを採用するなど、横向きに寝ても耳への圧迫感が少ないのが魅力です。

3.5mm金メッキプラグによる有線接続のため、バッテリーを気にせずに使用可能。また、通話用のマイクロフォンが搭載されており、ベッドで横になりながらの通話にも対応できます。コスパに優れたおすすめの寝ホンです。

hoco. M81 スリーピングイヤホン M81-SLEP

イヤーキャップに柔らかいシリコン素材を使用した寝ホンです。2層ミニ傘型で、左右同じデザインを採用しているのがポイント。イヤホンの左右を気にする必要がないので、暗い場所でも気軽に装着できます。

接続方法は、3.5mmの4極ミニプラグによる有線接続。約1.2mのケーブルにはマイク付きリモコンが搭載されており、音楽の再生や停止、次曲・前曲の選択などが手元で操作できます。価格が安いので、初めての寝ホンとしてもおすすめです。

Parasom 睡眠用イヤホン S1

柔らかいシリコンを採用した、有線タイプの寝ホンです。カナル型のため、耳栓のような高い遮音性を備えています。6mmドライバーユニットの搭載により、厚みのある重低音やクリアな高域を実現。長時間のリスニングでも聴き疲れしにくく、自然な音を楽しめます。

マイク付きリモコンを搭載しているので、寝ながらのハンズフリー通話にも対応。快適な装着感を得られる有線イヤホンを探している方におすすめです。

SxoSyo 寝ホン Sleep-x

耳への圧迫感が少ない寝ホンです。重量わずか約1.2gの超軽量設計で、長時間着用しても疲れにくいのが特徴。遮音性の高いカナル型を採用しており、耳栓のように使えるので、家族の寝息などが気になる方にもおすすめです。また、イヤーピースには柔らかいシリコン素材を採用。横向きで寝たときの圧迫感を軽減します。

ケーブルにはマイク付きリモコンを搭載しており、寝ながらハンズフリー通話が楽しめるのもポイント。6mm口径のドライバーユニットを採用しているため、バランスのよい高音質と迫力ある重低音を楽しめます。リーズナブルに購入できるので、コスパを重視したい方にもぴったりです。

FSC 寝ながらMFiイヤホン FS-MFIMSLP01

ライトニングコネクタ専用の寝ホンです。Appleの公式認証を取得済み。iOSアップデートにも対応しているため、iPhoneやiPadと安心して接続できます。

横になっても耳への圧迫感が少ないコンパクトヘッドを採用。マイクが付いているため、ハンズフリー通話にも対応できます。寝ホンとしてはもちろん、通常の音楽用イヤホンとしても使用できるおすすめの製品です。