ランニングやスポーツ中に音楽を聴くと、より集中できたりモチベーションを維持できたりなどの効果に期待できます。イヤホンのなかには、運動しながらでも快適に音楽の聴ける製品がラインナップされているので要チェックです。

そこで今回は、ランニング・スポーツにおすすめのイヤホンをご紹介。種類ごとの特徴や人気メーカーなどもあわせて解説するため、ぜひ自分にぴったりの1台を見つけてみてください。

ランニング・スポーツ向けイヤホンの選び方

イヤホンの種類で選ぶ

完全ワイヤレスイヤホン

By: amazon.co.jp

完全ワイヤレスイヤホンとは、左右のイヤホンが分離されて独立しているタイプのイヤホン。断線や絡まり、タッチノイズといったケーブル特有の煩わしさがなく、身軽な状態で音楽を楽しめる点が特徴です。

一方、連続再生時間が短い点がデメリット。バッテリーが切れるたびに充電する手間が気にならない方におすすめです。なかには、ケースに戻して急速充電できるモデルもあるのでチェックしてみてください。

左右一体型・ネックバンド型

By: amazon.co.jp

左右のイヤホンがケーブルやバンドで接続されたタイプが、左右一体型やネックバンド型と呼ばれるイヤホン。同じワイヤレスタイプである完全ワイヤレスイヤホンよりも装着感が安定しており、紛失しにくい点がメリットです。

また、ワイヤレスタイプながらバッテリー持続時間が比較的長いのも魅力。一方、首の後ろにケーブルが当たるため、煩わしさを感じる場合もあります。

有線イヤホン

By: audio-technica.co.jp

有線イヤホンは、スマートフォンや音楽プレーヤーにケーブルを接続して音楽を聴くタイプのイヤホン。遅延が少ないほか、使用前に充電したり使用中にバッテリーが切れたりする心配がなく、気軽に使える点がメリットです。

一方で、ケーブルの絡まりや断線などのトラブルが発生しやすいのがデメリット。また、ランニングやスポーツ中にケーブルが動いて衣服に擦れるとタッチノイズが起きる場合もあります。

耳から外れにくいモデルを選ぼう

By: jbl.com

ランニング・スポーツ中に使うイヤホンを選ぶ際は、耳から外れにくいモデルを選びましょう。運動をしていると振動によってイヤホンが外れやすくなってしまうので、耳に掛けたりウイングチップを搭載していたりする製品がおすすめです。

また、イヤーピースを複数付属しているモデルなら、自分の耳に合ったサイズにカスタマイズできます。

防水性能にも注目

By: amazon.co.jp

防水性能もイヤホンを選ぶ際の重要なポイント。ランニングやスポーツ中にイヤホンを装着すると、汗で濡れてしまう場合があります。また、屋外の場合は雨が降る可能性もあるため、防水性能に優れたイヤホンがおすすめです。

イヤホンの防水性能は、多くの場合は「IPX7」のように表記されています。最後の数字が大きいほどより優れた防水に対応しているので、よく確認しておきましょう。

外音取り込み機能を搭載したモデルがおすすめ

By: amazon.co.jp

ランニング・スポーツ向けのイヤホンを選ぶ際は、外音取り込み機能の有無が重要。屋外でランニングする場合、背後から車や自転車などが近付く音に気付けないと事故を起こしてしまう恐れがあります。

外音取り込み機能が搭載されていると、周囲に気を配りながら音楽を聴けます。特に、耳を塞ぐタイプのイヤホンの場合は、外音取り込み機能の有無をチェックしてみてください。

連続再生時間をチェック

By: jbl.com

ランニング・スポーツ用にイヤホンを選ぶ際は、連続再生時間にも注目しましょう。完全ワイヤレスイヤホンや左右一体型イヤホンなど、ワイヤレスタイプのイヤホンはバッテリーで動作するため、再生できる時間が限られています。

一般的に、完全ワイヤレスイヤホンよりも左右一体型イヤホンの方がバッテリーが大きく、連続再生時間も長め。一方、完全ワイヤレスイヤホンはバッテリーケースに入れるだけですぐに充電が可能です。

耳を塞がない「骨伝導イヤホン」も

By: shokz.com

ランニングやスポーツに適したイヤホンの種類として、骨伝導イヤホンも挙げられます。骨伝導イヤホンとは、名前の通り骨伝導を利用して音を聴くイヤホンのことです。耳を塞がずに音楽を聴けるため、周囲に気を配りながら運動できます。

骨伝導イヤホンの多くは左右一体タイプであり、防水性能にも対応。決してラインナップは多くないものの、完全ワイヤレスタイプのモデルもあるのでチェックしてみてください。

ランニング・スポーツ向けイヤホンのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

ソニーは、日本の大手電気メーカーです。イヤホン・ヘッドホン・スピーカー・オーディオ機器のほか、テレビやデジタルカメラなどのさまざまなアイテムを展開。スマートフォンのXperiaシリーズも人気を集めています。

ソニーのイヤホンは、高音質が魅力。アプリからイコライザーを調節したり、立体的なサウンドを体験できたりするモデルもあるので、音質にこだわる方はチェックしてみてください。

ボーズ(Bose)

By: amazon.co.jp

ボーズは、米国に本社を構えるオーディオ機器メーカー。イヤホンやヘッドホンのほか、サウンドバーやホームシアターなどのスピーカーも手掛けています。ワイヤレスタイプのイヤホンやヘッドホンが充実しているのも特徴です。

ボーズのイヤホンは、迫力のある低音を楽しめる点が魅力。ランニング・スポーツ向けのイヤホンでもボーズらしい重低音は健在なので、低音を重視する方におすすめのメーカーです。

ジェイビーエル(JBL)

By: amazon.co.jp

ジェイビーエルは、米国に本社を置く大手オーディオブランドです。ハーマン傘下のブランドであり、2016年には韓国サムスンがハーマンを買収。以降は、サムスン傘下のブランドとしてさまざまなオーディオ機器を展開しています。

ジェイビーエルの特徴は、イヤホンの種類が多い点。完全ワイヤレスイヤホンのほか、左右一体イヤホンや有線イヤホンなど、ランニング・スポーツ向けイヤホンだけでもさまざまな種類が発売されています。

ランニング・スポーツ向けイヤホンのおすすめ|完全ワイヤレス

ソニー(SONY) LinkBuds WF-L900

耳を塞がないおすすめのランニング・スポーツ向けイヤホン。中心部が開放された、独自のリング型ドライバーユニットを採用しています。人間工学に基づいて設計されており、圧迫感が少ないのも特徴。サイズ違いのフィッティングサポーターが5種類同梱されています。

高音質も魅力のひとつ。スマートフォンアプリを使用すると、イコライザーを自由にカスタマイズしたり、8つのプリセットから選択したりもできます。また、圧縮音源の高音域を補完する「DSEE」に対応している点も特徴です。

「360 Reality Audio」をサポートしているのもポイント。対応のコンテンツを再生すると、音に包まれているような体験を楽しめます。Sound ARアプリである「Locatone」にも対応しており、さまざまな立体音響を体験可能です。周囲の騒音に合わせて、自動で音量を調節する機能も搭載しています。

ボーズ(Bose) Bose Sport Earbuds

スポーツシーンを想定して設計された、おすすめのランニング・スポーツ向けイヤホン。イヤーフックなしでも外れにくい、優れたフィット感が特徴です。3つのサイズのチップが付属しているので、自身の耳に適したサイズに付け替えて使用できます。

IPX4の防滴性能に対応。使用中に雨が降ってきたり汗に濡れたりしても、気にせずに使い続けられます。高品質なドライバーや特許取得済みの音響ポートの採用による、高音質もポイント。屋外でもインパクトのある重低音を体験できます。

タッチセンサーの搭載も特徴。曲の再生や一時停止、着信への応答などは、スマートフォンを取り出さなくても操作可能です。また、タップ操作だけでSpotifyのプレイリストを再生する機能も搭載されています。

フル充電すると、最大5時間の音楽再生が可能。15分の充電で最大2時間使用できる、クイックチャージにも対応しています。

ジェイビーエル(JBL) JBL Endurance Peak II JBLENDURPEAKII

安定した装着感が魅力のランニング・スポーツ向けイヤホン。イヤーフック部分は折り曲げフレキシブルに調節できるので、さまざまな耳にフィットします。耳から抜け落ちにくい独自の「ツイストロック」構造の採用も魅力です。

10mmのダイナミックドライバーの内蔵による、パワフルなサウンドもポイント。迫力のある重低音を再生しながらランニングを楽しめます。スポーツ中にも使いやすいIPX7の防汗仕様のため、雨や汗による水濡れが気になりにくい点も魅力です。

連続再生時間は、最大約6時間。ケースを使用すると、約24時間使用可能です。左右片方だけのイヤホンでも使用できる「Dual Connect」機能にも対応しているので、バッテリーの消費を抑えながら音楽を楽しめます。

タッチ操作にも対応。音声アシスタントもワンタッチで起動できます。

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WF-SP800N

迫力のある低音を楽しめる、おすすめのランニング・スポーツ向けイヤホン。IP55相当の防水・防塵性能に対応しており、汗や雨による水濡れを気にせず使えるほか、着用後の水洗いも可能です。ランニング中に外れにくいように、アークサポーターも搭載されています。

迫力のある重低音がポイント。ノイズキャンセリング機能と外音取り込み機能の両方に対応しているため、屋外でのランニング中は外音取り込み、室内でのトレーニング中はノイズキャンセリングといったように、シーンに応じた使い分けが可能です。

タッチセンサーを搭載している点も特徴のひとつ。曲の再生や一時停止のほか、曲送りや曲戻し、ノイズキャンセリングと外音取り込みの切り替えなどは、スマートフォンを取り出さずにタッチ操作だけで完結します。

GoogleアシスタントとAmazon Alexaにも対応。音声だけでさまざまな操作を行えます。

アンカー(ANKER) Soundcore Liberty Neo 2 A3926511

低価格ながら高性能な、おすすめのランニング・スポーツ向けイヤホン。運動中でも外れにくい安定したフィット感を実現しています。イヤーチップとイヤーウイングは複数サイズが同梱されているので、自身の耳に合わせてカスタマイズ可能です。

運動時の汗や雨に耐えやすい、iPX7相当の防水性能に対応。内部には3層構造の8mmドライバーが搭載されており、迫力のあるサウンドを再生可能です。高音から低音までバランスよく再生できるため、ジャンルを問わずさまざまな音楽を楽しめます。

イヤホンに搭載されたボタンを操作するだけで、曲の再生や停止、着信への応答などが可能。専用アプリをスマートフォンにインストールすると、操作のカスタマイズも行えるのが魅力です。また、イヤホンを片方のみで使用できるモノラルモードも搭載しています。

バッテリーケースには、USB Type-Cポートを搭載。ワイヤレス充電にも対応しています。

ランニング・スポーツ向けイヤホンのおすすめ|左右一体型

ソニー(SONY) ワイヤレスステレオヘッドセット WI-SP510

ランニング・スポーツに適したおすすめの左右一体型ワイヤレスイヤホン。イヤホン部分にはアークサポーターが搭載されており、激しく動いても外れにくい設計です。マグネットも内蔵されているので、使わないときは首にスマートに掛けられます。

ランニングやワークアウトに集中しやすい、迫力のある低音が特徴。IPX5相当の防水性能に対応しているため、汗をかいたり雨に濡れたりしても故障しにくい点が魅力です。使用後は軽く水洗いもできるので、清潔な状態で使い続けられます。

本体に複数搭載されたボタンで、さまざまな操作が可能。曲送りや曲戻しはもちろん、再生や一時停止、ボリュームの調節なども行えるため、ペアリングしたスマートフォンを取り出さなくても手元で素早く操作できます。

15時間のバッテリー持ちも魅力。クイック充電にも対応しており、10分充電するだけで約60分再生できます。

ボーズ(Bose) SoundSport wireless headphones

安定した装着感が魅力的な、ランニング・スポーツにおすすめの左右一体型ワイヤレスイヤホン。ランニング中でも外れにくい、独自形状のチップを採用しています。カラーバリエーションも複数用意されており、スポーツウェアに合わせた選択も可能です。

高音質も魅力のひとつ。迫力のある低音を聞きながらランニングに集中できます。また、独自のスマートフォンアプリ「Bose Connect」にも対応しており、ほかのBoseのヘッドホンやイヤホンと音楽を共有可能です。

紛失時の発見をサポートする機能にも対応。最新のソフトウェアにアップデートしたうえでアプリと連携すると、アプリから位置情報を確認可能です。万が一外出先に置き忘れてしまっても、すぐに取りに引き返せます。

バッテリー持続時間は、最大で約6時間。持ち運びに便利なキャリングケースも同梱されます。

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスヘッドホン ATH-SPORT90BT

本体だけでも音楽を楽しめる、ランニング・スポーツにおすすめの左右一体型ワイヤレスイヤホン。シリコン素材のイヤーフィンとイヤーピースが各4サイズずつ同梱されています。自身の耳に適したサイズにカスタマイズして使用可能です。

SBCのほか、AACコーデックに対応している点も特徴のひとつ。iPhoneやiPodシリーズと接続しても、遅延を最小限に抑えながら高音質な音楽を楽しめます。マイクも内蔵されているため、ハンズフリー通話も可能です。

本体に約4GBのストレージが搭載されているのもポイント。本体に直接音楽ファイルを保存して再生可能です。スマートフォンや音楽プレーヤーとペアリングせずに使用できるので、身軽な状態でランニングしながら音楽が楽しめます。

IPX5の防水性能にも対応。丸ごと水洗いもできるため、汗をかいてもすぐにお手入れ可能です。

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスヘッドホン ATH-SPORT60BT

音楽を聴きながら気軽にランニング・スポーツを楽しみたい方におすすめの左右一体型ワイヤレスイヤホン。左右のイヤホンを繋ぐコードは、スライダーで長さを調節可能です。ランニング中のコードの揺れを気にせずに使用できます。

イヤーフィンとイヤーピースは、4サイズずつ付属。イヤーフィンが不要な方向けのパーツも同梱されているので、好みに合わせたカスタマイズが可能です。また、IPX5の防水性能もポイント。使用後は水洗いもできます。

6mmの高感度ドライバーによる、高音質も魅力のひとつ。SBCとAACの2種類のコーデックに対応しており、ペアリングするデバイスの種類を問わず迫力のあるサウンドを楽しめます。マルチペアリング機能も利用可能です。

マグネットの内蔵もポイント。左右のイヤホンを吸着させると、自動で音楽の再生が停止する機能にも対応しています。

ジェイビーエル(JBL) JBL REFLECT MINI 2 JBLREFMINI2

ランニング・スポーツ中でも快適に装着できる、おすすめの左右一体型ワイヤレスイヤホン。ハウジングやバッテリーパックには、軽量ながら耐久性に優れたアルミニウムが採用されています。デザインも高級感があるので、見た目を重視する方にもおすすめです。

高性能な5.8mmのダイナミックドライバーを搭載。低音から高音までバランスよく再生できます。3ボタンのリモコンも付属。曲の操作やボリューム調節などの操作を、スマートフォンを取り出さずに行えます。

マイクが搭載されているのもポイント。ハンズフリー通話にも対応しており、通話にもリモコンから応答可能です。また、バッテリー持ちも約10時間と優れているため、充電をせずに長時間のランニングを粉えます。

ケーブルに反射材が採用されている点も魅力。薄暗い時間帯でも周囲に存在をアピールしながらランニングできます。

ランニング・スポーツ向けイヤホンのおすすめ|有線

JVCケンウッド(KENWOOD) ステレオヘッドホン HA-EB75

低価格ながら使いやすいおすすめのランニング・スポーツ向け有線イヤホン。豊富なカラーバリエーションが用意されているので、スポーツウェアやアクセサリーなどに合わせて好みの色を選択可能です。イヤーフックは、位置調節に対応しています。

耳を塞がずに装着できる、オープン型を採用。音楽を聴きながら周囲にも注意を配りやすいため、屋外でランニング中にも安全に使用可能です。また、独自の「バスブーストイヤーピース」の採用により、迫力のある低音を再生できます。

本製品には、クリップが付属。コードの擦れを防止できるので、タッチノイズを抑える効果も期待できます。さらに、コードホルダーも用意されているため、コードの絡まりを防いで使用可能です。

ソニー(SONY) ステレオイヤーレシーバー MDR-AS210

低価格ながら扱いやすいランニング・スポーツ向け有線イヤホン。耳への負担を抑えやすい、エラストマー樹脂製のループハンガー機構を採用しています。ランニング中に外れにくい安定感と、痛みを感じにくいフィット感を両立している点が魅力です。

ケーブルには、表面に細かい溝が設けられたセレーションケーブルを採用。摩擦が軽減され絡まりにくいので、快適に持ち歩けます、クリップが付属しているのもポイント。使用中にコードを留められるため、タッチノイズも防止可能です。

高音質ながら価格が抑えられているのもポイント。コストパフォーマンスに優れたランニング向けの有線イヤホンを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ジェイビーエル(JBL) JBL Endurance RUN BLENDURRUN

高音質ながら低価格のランニング・スポーツ向け有線イヤホン。独自の「ツイストロックテクノロジー」や「フレックスソフト」を採用したイヤーピースを搭載しており、安定した装着感を実現しています。

通常のインイヤー式のほか、イヤホンを左右逆にすると耳掛け式としても便利。好みの装着方法を選べます。また、IPX5の防水性能にも対応しているため、ランニングにより大量の汗をかいても気にせずに使用可能です。

8.2mmのダイナミックドライバーを搭載。臨場感のある音場の豊かなサウンドを楽しめます。さらに、イヤホン部分にはマグネットを内蔵。使わないときはマグネットでイヤホンを留め、絡まるのを防止できます。

オーディオテクニカ(audio-technica) インナーイヤーヘッドホン ATH-SPORT10

軽快なフィット感が魅力的なランニング・スポーツ向け有線イヤホン。軽量かつ柔軟性にも優れたイヤハンガーを採用しています。快適な装着感を長時間キープしやすいので、ランニング中でも快適に使用可能です。

イヤーピースが2種類付属するのもポイント。遮音性に優れたイヤーピースのほか、周囲の音を聞き取りやすいアクティブフィットイヤピースが付属するため、屋外でのランニング中と室内での音楽鑑賞など、シーンに応じた使い分けが可能です。

8.8mmのドライバーを内蔵。スポーツ向けながら妥協のない高音質を体験できます。また、IPX5の防水性能にも対応。汗に耐えられるのはもちろん、使用後は軽く水洗いも可能です。

オーディオテクニカ(audio-technica) インナーイヤーヘッドホン ATH-SPORT3

シンプルで扱いやすいおすすめのランニング・スポーツ向け有線イヤホン。表面に細かい凹凸が設けられた、ウェーブコードを採用しています。摩擦が軽減されてタッチノイズを防止できるので、ランニング中でも快適に音楽を再生可能です。

耳の形に合わせて形を調節できる、「360°フレキシブルイヤハンガー」の採用もポイント。コードの長さもスライダーで調節できるため、ランニング中のコードのふらつきを軽減してスマートに使用可能です。

イヤーピースも、遮音性に優れたタイプと周囲の音を聞き取りやすいタイプの2種類を同梱。また、持ち運びに便利な専用のキャリングケースも付属します。

ランニング・スポーツ向けイヤホンのおすすめ|骨伝導

Shokz OpenRun Pro S810

骨伝導タイプながら迫力のある低音を楽しめるおすすめのランニング・スポーツ向けイヤホン。本体の素材にチタンフレームを採用しており、適度な柔軟性のある安定した装着感を実現しています。IP55の防水・防塵性能に対応している点も魅力です。

独自の骨伝導テクノロジー「Shokz TurboPitch」の採用もポイント。鮮明かつクリアな中高音域と深みのある低音を両立しており、臨場感のあるサウンドを体験可能です。耳を塞がずに音楽を楽しめる点も特徴です。

優れた通話性能もポイント。ノイズキャンセリングマイクが2基内蔵されているため、雑音を抑えたクリアな音声で通話可能です。また、スマートフォンアプリを導入するとマルチポイント接続も可能なので、音楽を聴いている状態でも素早く通話に応答できます。

バッテリー持ちは、約10時間。5分間で約1.5時間分充電できる、急速充電にも対応しています。

Shokz OpenRun S803

軽量で違和感を覚えにくい、おすすめのランニング・スポーツ向けイヤホン。IP67に準拠した防水・防塵性能に対応しているので汗や雨で濡れても故障しにくく、屋外でのランニングでも安心して装着可能です。また、持ち運び用のキャリングケースも同梱されています。

高音質も魅力のひとつ。最小限の振動でクリアなサウンドを実現しており、耳を塞がずに高音質で音楽を楽しめます。本体には音量ボタンやマルチファンクションボタンなども搭載されているため、スマートフォンを取り出さずに操作も可能です。

優れた通話品質もポイント。雑音と音声を分離できるので、屋外でも快適に通話が可能です。バッテリー駆動時間は、最大で約8時間。10分間の充電で最大約1.5時間使用できる急速充電にも対応しているため、充電を忘れてもリカバリーできます。

ボコ(BoCo) earsopen PEACE TW-1

完全ワイヤレスかつ骨伝導タイプのおすすめランニング・スポーツ向けイヤホン。耳に挟むようにして装着する独自のイヤカフ構造を採用しています。しっかりとフィットするうえに、IPX7の防水性能にも対応しているので、ランニング中にも安心して使用可能です。

周囲の音を聞き取りやすい点が魅力のひとつ。耳を塞がずに骨を通じて音を伝達するため、周囲の音と音楽を同じレベルで聞き取れます。ランニングはもちろん、通勤や通学、テレワークなど、さまざまなシーンで活用可能です。

音漏れしにくい構造もポイント。聴覚神経に近い位置に装着するように設計されているので、音漏れを最小限に抑えながら使用可能です。バッテリー持ちのよさも特徴。ケースを組み合わせると、最大で約12時間音楽を再生できます。

ボタン操作にも対応。ハンズフリーで着信に応答し通話もできます。

フィリップス(Philips) 骨伝導ワイヤレスヘッドホン TAA6606

屋外での使用を想定して設計された、おすすめのランニング・スポーツ向けイヤホン。軽量なネックバンドタイプのデザインを採用しており、髪型の崩れや頭への圧迫感などを最小限に抑えて装着可能です。素材には、チタンを使用しています。

IP67に準拠した防水・防塵性能にも対応。汗や雨、砂ぼこりなどに当たっても故障しにくいため、屋外でも気軽に使用可能です。耳を塞がない設計なので、周囲の人や車などに気を配りながら音楽を視聴でき、より安全に使用できます。

通信方式は、Bluetooth 5.2。コーデックは、SBCをサポートしています。音楽再生だけではなく、音声通話に対応しているのもポイント。ランニング中でもスマートフォンを取り出さずにハンズフリーで通話できます。

ジョギング用ライトの搭載も魅力のひとつ。イヤホン本体の一部が点灯するため、暗い環境で視認されやすくなります。

Shokz OPENMOVE AS660

快適な装着感が魅力的な、おすすめのランニング・スポーツ向けイヤホン。ネックバンドタイプを採用しており、耳に掛けるように装着します。耳を覆ったりイヤーピースを入れたりしないので痛みや痒みを感じにくく、快適に使用可能です。

骨伝導ながらパワフルなサウンドが魅力のひとつ。スタンダードモードとボーカルモードの2種類のイコライザーモードに対応しており、音楽やポッドキャスト、オーディオブックなど視聴したいコンテンツに合わせて切り替えられます。

さらに、ハンズフリー通話にも対応。デュアルノイズキャンセリングマイクが内蔵されているため、ノイズを最小限に抑えたクリアな音声で通話が可能です。ビデオ通話にも利用できるので、テレワークにも活用できます。

バッテリーの連続再生時間は約6時間。本体には、充電用のUSB Type-Cポートも搭載されています。