ランニングやジョギングなどのスポーツ時に音楽を聴くなら、有線タイプのイヤホンよりも「ワイヤレスイヤホン」がおすすめ。煩わしいケーブルを気にせず自由なスタイルで使えるため、スポーツシーンでもストレスなく快適に利用できます。

そこで今回は、ランニング・スポーツで使えるおすすめのワイヤレスイヤホンをご紹介。選ぶ際の注意点やポイントなど解説するので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

ランニング・スポーツに適したイヤホンの種類

完全ワイヤレスイヤホン

By: amazon.co.jp

完全ワイヤレスイヤホンは、左右のイヤホンを繋ぐケーブルがなく、それぞれが完全に独立しているのが特徴。使用中にケーブルが擦れて発生するタッチノイズがないため、ランニングやジョギングなどのスポーツ時でも快適に音楽が楽しめます。

ケーブルがついていないことで、ほかの人やモノにケーブルを引っ掛ける心配がないのもポイントです。ただし、完全ワイヤレスイヤホンはサイズがコンパクトなため、搭載しているバッテリー容量は小さめ。長時間使用する予定の方は、連続再生時間をチェックしておきましょう。

また、使用中に片側だけ耳からポロッと落ちて、破損・紛失しやすい点にも注意が必要です。

左右一体型・ネックバンド型

By: sony.jp

左右一体型・ネックバンド型は、左右のイヤホンがケーブルで繋がっているタイプ。左右のイヤホンを繋ぐケーブルの間に容量の大きなバッテリーを搭載できるため、長時間のランニングやジョギングでもバッテリー切れを気にせず快適に使えます。

完全ワイヤレスイヤホンよりリーズナブルな製品が多いのも特徴。コストパフォーマンスを重視する方にもおすすめです。

左右のイヤホンを繋ぐケーブルが落下防止の役割を果たす反面、使用中にケーブルの擦れるタッチノイズが発生する恐れもあるので、音質にこだわりたい方は注意が必要です。

骨伝導イヤホン

By: aftershokz.jp

骨伝導イヤホンは、頭蓋骨の振動を通して音を伝えるタイプ。耳をふさがず使用できるため、ランニングやジョギング中でも周囲の音を確認しながら安心して使えます。鼓膜を震わせず音を伝えることで、長時間使用しても疲れにくく、圧迫感を感じにくいのも特徴。安全性に配慮して使いたい方や、長時間音楽を楽しみたい方におすすめです。

骨伝導イヤホンは構造上音漏れがしやすいので、電車やバスなど公共の場所で使う際には注意が必要。また、ほかのタイプと比べて音質があまりよくないのもデメリットです。

スポーツ向けイヤホンの選び方

防水性能をチェック

By: amazon.co.jp

スポーツ向けのイヤホンを選ぶ際には、汗や雨に濡れても壊れないよう防水性能を備えたモデルを選ぶのがおすすめです。イヤホンの防水性能は「IPX」と呼ばれる防水等級で表記されており、IPXの後に続く数字が大きくなるほど防水性能も高くなります。

運動中に軽い雨や汗が付着する程度なら防水性能は「IPX4」もあれば十分ですが、雨天時のマラソンやトライアスロンなど過酷な状況で使うなら「IPX8」の完全防水に対応したモデルを選んでおくと安心です。

なお、製品によっては防水性能が「IP〇〇」と記載されていることがあります。この場合、左側の数字が防塵性、右側の数字が防水性を示しているので、防水性能をチェックする際には覚えておきましょう。

はずれにくく装着感のよいモノを

By: amazon.co.jp

スポーツをしている最中は汗や動いたときの振動でイヤホンが耳から外れやすくなります。そのため、フィット感を大きく左右するイヤホンの装着方法も重要です。

カナル型・インナーイヤー型・耳掛け型など、さまざまな装着方法がありますが、スポーツシーンで使うなら耳穴にしっかりと挿し込んで装着する「カナル型」や、耳のふちに引っ掛けて使う「耳掛け型」がおすすめ。

フィット感が高く外れにくいので、ハードな運動時でもストレスなく快適に音楽が楽しめます。インナーイヤー型は、外部の音が聞きとりやすい利点がありますが、その反面でフィット感がなく汗などで滑りやすいため、 スポーツシーンで使うのにはあまり向いていません。

連続使用時間をチェック

By: amazon.co.jp

ワイヤレスイヤホンは、ケーブル不要で使える手軽さが魅力ですが、内蔵バッテリーが切れると音楽の再生やボタン操作などが一切できなくなってしまいます。

使用中にバッテリーが切れて使えなくなるリスクを避けるためにも、スポーツ向けイヤホンを選ぶ際には、できるだけ連続再生時間の長いモデルを選ぶのがポイントです。

使う用途やシチュエーションにもよりますが、スポーツ時に音楽を楽しむなら最低でも4〜5時間の連続再生時間に対応したモデルがおすすめ。スポーツシーンだけでなく、普段の通勤通学でも使うのであれば、10時間以上使える大容量バッテリーを搭載したモデルを選んでおくと安心です。

屋外でのランニングには「外音取り込み機能」がおすすめ

イヤホンを耳に装着していると、周囲の音や声など環境音が聞こえにくくなります。室内でリラックスして音楽を楽しむ分には問題ありませんが、激しく動き回るスポーツ時には、周囲の音が聞こえないとケガや事故に繋がるリスクがあります。

そこで重要になるのが「外音取り込み機能」の有無です。外音取り込み機能がついていれば、再生している音楽と一緒に周囲の環境音を確認できるため、スポーツ時でも周りの状況を確認しながら安心して使えます。

お店でのお会計時もイヤホンを外すことなく会話ができるので、スポーツシーンはもちろん普段使いでも役立ちます。

ランニング・スポーツ向けワイヤレスイヤホンのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

ソニーは、日本を代表するメーカーのひとつ。技術力はもちろん、日本人のライフスタイルや耳の形に合ったイヤホンを多く扱っているのが特徴です。

音質に関しては、低音域から高音域までバランスよく再生できるため、あらゆるジャンルの音楽を解像度の高いサウンドで楽しめます。ノイズキャンセリング機能やクイックアテンションモードなど、便利な機能が充実しているのも魅力です。

ボーズ(Bose)

By: amazon.co.jp

ボーズはアメリカを代表する音響機器メーカー。周囲の騒音を軽減させる「ノイズキャンセリング機能」を開発したことでも有名で、その技術力の高さは業界トップクラスです。

ボーズのイヤホンは、低音域の表現力に優れているのが特徴。お気に入りの音楽を迫力あるパワフルなサウンドで楽しめます。価格は少し高めなので、コストパフォーマンスよりも音質や機能にこだわりたい方におすすめです。

サウンドピーツ(SoundPEATS)

サウンドピーツは2013年に設立された中国の音響機器メーカー。気軽に購入できるリーズナブルな価格を実現していながら、最先端の技術を採用したモデルを多数ラインナップ。コストパフォーマンスを重視する方におすすめのメーカーです。

音場は全体的に明るく中低域にも厚みがあるため、没入感の高いサウンドで音楽が楽しめます。 長時間使用しても疲れにくい工夫がされているので、スポーツシーンはもちろん普段使いにもぴったりです。

ジェイビーエル(JBL)

JBLは1946年に設立されたアメリカの音響機器メーカーです。価格の安いローエンドから、機能が充実したハイエンドまで幅広い製品をラインナップ。自分に合ったイヤホンを探しやすいのが特徴です。

高音質なスピーカーを展開しているメーカーでもあり、高音域から低音域まで広く透き通るようなサウンドが再生可能。装着感や音質、機能性なども含めて、幅広いユーザーにおすすめのメーカーです。

ランニング・スポーツ向けワイヤレスイヤホンのおすすめ

ソニー(SONY) ワイヤレスイヤホン WF-SP800N

基本性能が充実したソニーの人気モデルです。周囲の音を確認しながら使える 「外音取り込みモード」をはじめ、ワンタッチでさまざまな操作ができる「タッチセンサー」など、便利な機能を多数搭載しています。

専用アプリ「Headphones Connect」使えば、タッチセンサーの操作をカスタマイズしたり、好みに合わせて音質をカスタマイズしたりすることも可能。躍動感のある重低音を再生する「EXTRA BASSサウンド」を採用しており、音質面も良好です。

激しい運動をしても外れにくい「アークサポーター」を採用することで、高い装着性を実現しているのも特徴。カラーバリエーションも豊富なので、イヤホンの色にこだわりたい方にもおすすめです。

ボーズ(Bose) Sport Earbuds

スポーツに最適化したスタイリッシュなワイヤレスイヤホン。装着感に優れた3種類の「StayHear Maxチップ」が付属しており、耳にしっかりとフィットさせて使えます。本体はIPX4の防滴仕様なので、突然の小雨や汗が付着しても安心です。

音質面では、ボーズ独自のプレミアムドライバーと音響ポートを搭載。重量13.5gの軽量ボディを実現していながら、音量の大きさに関わらずクリアでバランスのとれた音楽再生が可能です。

ワンタッチでさまざまな操作が可能な「タッチセンサー」や、わずか15分の充電で最大2時間使える「クイックチャージ」など、基本性能が充実しているのも特徴。専用の「Bose Musicアプリ」を使えば、イヤホンを自分好みにカスタマイズして使えます。

サウンドピーツ(SoundPEATS) TrueFree+

コストパフォーマンスに優れたスポーツ向けイヤホンです。サッと取り出してすぐに使い始められる「自動ペアリング」や、イヤホンを約9~10回フル充電できる充電ケース、クリアな通話が楽しめる内蔵マイクなど、便利な機能が充実。

低音域から高音域までバランスよく再生できるので、お気に入りの音楽を高音質で楽しみたい方にもおすすめです。

重量は片耳4.7gで、長時間装着しても疲れにくいのがポイント。イヤーピースはサイズの異なるXS・S・M・Lの4種類が付属しています。気軽に購入できるリーズナブルな価格も魅力です。

ジェイビーエル(JBL) UA TRUE WIRELESS FLASH X

JBLとアンダーアーマーがコラボレーションしたスポーツ向けイヤホンです。激しい動きでも外れにくい特許取得済みの「Flex Fitデザイン」を採用。しっかり耳にフィットさせ、スポーツ時でもノンストレスで使用できます。

5.8mm径ドライバーを搭載することで、迫力あるパワフルなサウンドが楽しめるのも魅力。コーデックは、データ送信時にタイムラグが少ないAACに対応しているので、音楽はもちろんゲームや動画でもズレを気にせず快適に使えます。

イヤホンを取り外さず会話ができる「トークスルー機能」、周囲の環境音を聞きやすくする「アンビエントアウェア」、水しぶきに耐えるIPX7の防水機能など、基本性能が充実しているのも特徴です。

アンカー(ANKER) Soundcore Liberty 2 Pro AK-A3909011

機能が充実したアンカーの上位モデルです。ダイナミックドライバーとバランスドアーマチュアドライバーを同軸上に配置した独自の同軸音響構造を採用。お気に入りの音楽が臨場感あふれるサウンドで楽しめます。

専用の「Soundcoreアプリ」を使えば、ボタン操作やイコライザー設定を簡単にカスタマイズできるのもポイント。わずか15分間の充電で約2時間使用できる「短時間充電」に対応しているので、急なバッテリー切れでも安心です。

複数サイズのイヤーチップとイヤーウィングが付属しており、耳にぴったりとフィットさせて使えるのも特徴。非常に軽量なので、長時間の使用にもおすすめです。

アンカー(ANKER) Soundcore Spirit X2 A3918011

高いフィット感を実現したスポーツ向けイヤホン。柔軟性を備えた形状のイヤーチップとフックを採用しているので、激しい運動でもイヤホンが外れることなく快適に音楽が楽しめます。

ノイズを除去してクリアな通話が可能な「cVc8.0ノイズキャンセリング」や、パワフルな重低音サウンドが楽しめる「BassUpテクノロジー」、10分間の充電で約2時間分の音楽再生が可能な「急速充電」など、充実した機能も魅力です。

イヤホン本体はフル充電の状態で最大9時間、付属の充電ケースを使えば最大36時間の音楽再生が可能。独自の「SweatGuardテクノロジー」とIP68の防水・防塵規格を組み合わせることで、汗や雨に濡れても壊れにくい高い防水性能を実現しています。

アップル(Apple) AirPods Pro MWP22J/A

Appleの人気ワイヤレスイヤホン「AirPods」シリーズの上位モデルです。音楽と一緒に周囲の環境音を確認できる「外部音取り込みモード」を搭載。スポーツ時でも周りの状況を確認しながら安心して音楽が楽しめます。

ユーザーごとに装着感をカスタマイズできるよう、サイズの異なるイヤーチップが3種類付属しているのもポイントです。ほかにも、周囲の環境音を遮断する「アクティブノイズキャンセリング」や、IPX4等級の耐汗耐水性能など、基本性能が充実しています。

歪みの少ない専用ドライバーを採用しており、高音域から低音域まで広く透き通るようなサウンドが再生可能。音質にこだわりたい方にもおすすめの1台です。

ジェイバード(Jaybird) ワイヤレスイヤホン JBD-VST-001

コンパクトで扱いやすいジェイバードの人気モデルです。重量わずか6gの超軽量ボディを実現していながら、没入感の高いサウンドで音楽が楽しめる6mmドライバーや、1回の充電で約6時間使えるロングバッテリーなど、基本性能が充実。

イヤホン本体はIPX7の高い防水性能を備えているので、トライアスロンのようなハードなスポーツでも安心して使えます。イヤージェルは交換可能な3サイズが付属しており、耳へのフィット感も抜群。

周囲の音を確認しながら音楽が楽しめる「シングルイヤホンモード」や、好みのサウンドにカスタマイズできる「Jaybirdアプリ」も魅力です。

オーサウンズ(Ausounds) AU-Stream Hybrid AUSHB101

9.2mmの「チタニウムAUドライバー」を採用したワイヤレスイヤホン。20Hz~20kHzの再生周波数帯域に対応しており、低音域から高音域まで広く透き通るような音場を実現しています。

重量わずか6.5gの軽量モデルながら、汗や雨に濡れても壊れにくいIPX5の防水性能、ワンタッチでさまざまな操作が可能なタッチコントロールなど、機能が充実しているのも特徴です。1.5時間でイヤホンをフル充電でき、15分の充電で3時間の連続再生が可能な急速充電にも対応しています。

25dBのノイズ低減効果がある「ハイブリッドアクティブノイズキャンセリング」を使えば、騒音を気にせず音楽が楽しめるのも魅力。スポーツシーンから普段使いまで幅広く利用できる1台です。

ジャブラ(Jabra) Elite 85t 100-99190000-40-A

機能性とデザイン性のバランスに優れたスポーツ向けイヤホンです。低音域から高音域までバランスよく再生できる12mmスピーカーと、高いフィット感を実現するイヤージェルを採用。ランニングやジョギングなどのスポーツ時でも快適に音楽が楽しめます。

専用の「Jabra Sound+アプリ」を使えば、好みに合わせてサウンドをカスタマイズしたり、周囲の環境に合わせて音楽・通話音質の設定をしたりすることも可能。1回の充電で最大7時間使える駆動時間の長さも魅力です。

ほかにも、周囲の騒音を軽減する「アクティブノイズキャンセリング」や、専用充電器に置くだけで充電できるワイヤレス充電機能など、便利な機能を多数搭載。スポーツシーンはもちろん、通勤・通学などの普段使いにもおすすめです。

ソニー(SONY) ワイヤレスイヤホン WI-SP510

便利な機能が充実したソニーのエントリーモデルです。首にフィットするネックバンドとアークサポーターを採用することで、ハードな運動でも外れにくい高い装着性を実現。本体の重量はわずか約30gと軽量なので、長時間の使用にもおすすめです。

音質面では、パワフルな重低音が楽しめる「EXTRA BASSサウンド」に対応。低音のビート感を捉えることでスポーツに没頭できるのが特徴です。ポップなカラーが用意されており、ファッション感覚で自分好みの色が気軽に選べます。

汗や雨に濡れても安心なIPX5相当の防水性能や、1回の充電で約15時間音楽が楽しめるロングバッテリー、使わないときはコンパクトにまとめておける内蔵マグネットなど、便利な機能も魅力です。

アンカー(ANKER) SoundBuds Slim AK-A3410091

価格と性能のバランスに優れたスポーツ向けイヤホンです。気軽に購入できるリーズナブルな価格を実現していながら、パワフルな力強いサウンドが楽しめる6mmドライバーや、水に濡れても壊れにくいIPX7の完全防水を採用。天候やシーンを選ばず快適に⾳楽を楽しめます。

1回の充電で約10時間の連続再生が可能なのも嬉しいポイント。イヤーチップとイヤーフックが付属しているので、自分の耳にしっかりフィットさせて使いたい方にもおすすめです。

イヤホン本体には、コンパクトにまとめるられるマグネットを内蔵。付属のトラベルポーチを使用すれば、コードが絡まりを気にせず気軽に持ち運んで使えます。

ビーツ(Beats) Powerbeats

最長15時間の連続再生が可能なスポーツ向けイヤホン。バッテリー残量を気にせず長時間音楽を楽しめるのが特徴です。「Fast Fuel機能」を使えば、わずか5分の充電で約1時間の音楽再生が可能。うっかり充電するのを忘れても、すぐに使えるので安心です。

イヤホンの重量は約26.3gで、装着方法は耳のふちに引っ掛けて使う「耳掛け型」を採用。調節可能なイヤーフックと、複数のサイズから選べるイヤーチップで、ぴったりと耳にフィットさせて使えるのも魅力です。

最新のClass 1 BluetoothとApple W1チップにより、高い接続安定性を備えているのもポイント。イヤホンの色は、ブラック・ホワイト・レッドの全3色から好みに合わせて選択できます。

AfterShokz OpenMove AS660

重量わずか29gの骨伝導イヤホン。耳に直接触れる部分にはなめらかな素材を採用しており、長時間装着していても痛くなりにくいのが特徴です。従来のイヤホンと違って、耳をふさがず使用できるため、屋外でも周囲の音を確認しながら安心して使えます。

軽量ボディ実現していながら、最大6時間の連続再生時間や、2台のデバイスに同時接続ができるBluetooth 5.0に対応。イヤホン本体は、IP55の防水・防塵規格に対応しているので、汗や雨などの際にも安心して使えます。

本体に内蔵したノイズキャンセリングマイクで、高品質な通話が気軽に楽しめるのも嬉しいポイントです。

AfterShokz Aeropex AS800

屋外でも安心して使える人気モデルです。先進的な骨伝導技術を採用することで、骨伝導イヤホンの欠点である音漏れを50%軽減。ジムのような周囲に人がいる環境でも気兼ねなく音楽が楽しめます。

汗や水から本体を保護するIP67の防水防塵性能も魅力。また、最長8時間使えるロングバッテリーを搭載しています。

「オールチタンフレーム」を採用しており、フィット感も良好。豊富なカラーバリエーションが用意されているため、ファッション感覚で選べるのも嬉しいポイントです。