汗や雨に耐える防水性を備えたモノや、走りながらでも安心して使えるフィット性があるモノなど、スポーツに最適なBluetoothイヤホンが増えています。

スポーツ用ながら優れた音を鳴らしてくれるモデルが多く揃っているのも魅力。そこで今回は、スポーツシーン別におすすめのBluetoothイヤホンをご紹介します。

スポーツ用イヤホンの特徴

防水性が高い

By: amazon.co.jp

屋外で運動をする際は雨が降ることもあるため、スポーツ用のBluetoothイヤホンは防水性を備えたモノが多く揃っています。保護等級を表す「IPコード」で防水性の高さが示されているので必ずチェックしましょう。

たとえばIPX4以上のモデルなら、多少の汗や水しぶきに耐えられるのでスポーツ時も安心して使用可能。さらに水中で使えるIPX7以上のモデルも多数展開されています。

フィット性に優れているモノが多い

By: amazon.co.jp

高音質・高機能の使いやすいBluetoothイヤホンでも、長時間の着用で耳が痛くなってしまうと音楽を存分に楽しめません。また、動いたときにズレやすいモノもスポーツ用には不向きです。

そのため、スポーツ用のBluetoothイヤホンはフィット性に優れているモノを多くラインナップしているのが特徴。イヤーピースにウィングが付いているBluetoothイヤホンなら、よりしっかりと付けられるのでぜひチェックしてみてください。

スポーツ用イヤホンの選び方

装着タイプをチェック

カナル型

By: amazon.co.jp

耳の穴に挿し入れて使うタイプのイヤホンです。多くのイヤホンで採用されており、遮音性の高さが魅力。車の走行音や足音など、周囲の騒音をある程度カットできるため、スポーツに集中できます。

また、チップを取り換えできるモノが多いのもカナル型イヤホンの特徴です。耳の大きさに合わせて使用できるため、フィット感に優れています。しかし、交通量の多い場所で使用する場合は周囲の状況を把握しにくく危険。周囲の音も聞きとりたい場合は、あえて片耳タイプを選ぶのもおすすめです。

インナーイヤー型

By: apple.com

インナーイヤー型は、耳の穴に軽く入れて使用するタイプのイヤホンです。開放型のため遮音性は低いですが、音がこもりにくく空間の広がりを感じやすいのが特徴。圧迫感も少ないため、長時間快適に使用できます。

ただ、インナーイヤー型のイヤホンはカナル型に比べてずれやすいのが難点。ランニングなどのスポーツでインナーイヤー型のイヤホンを使う場合は、フック付きのモノを選ぶなど安定性への配慮が必要です。

形状をチェック

左右一体型

By: amazon.co.jp

左右一体型は、イヤホン同士がコードでつながっているタイプのイヤホンです。首の後ろにコードをかけて使用するため耳から脱落した時も安心。使用しない時はコードを首にかけて持ち運べます。

コードは細く、いかにもスポーツ用といった見た目ではないため、運動時だけでなく通勤など普段使いにもおすすめです。長時間使用する場合は、肩や首が凝らないよう軽量なモノを選びましょう。

ネックバンド型

By: amazon.co.jp

ネックバンド型は、コードが首の後ろへ回っているタイプのイヤホンです。左右のイヤホンがつながっているため、片方だけ失くす心配がありません。左右一体型イヤホンとの違いは首にかかる部分がバンドになっている点。首に当たる面積が大きく、首や肩にフィットするよう設計されています。

また、ネックバンド型は耳や後頭部でもコードを支えるため、安定感も優秀。スポーツ用イヤホンで多く採用されており、動く時もコードが邪魔になりません。人間工学に基づいて設計されているモノなら、ランニングなどの激しい運動でも使用できます。

完全ワイヤレス型

By: amazon.co.jp

完全ワイヤレス型は左右独立型とも呼ばれ、左右が完全に独立しているタイプのBluetoothイヤホンです。コードがなく、軽量なモノが多いのが特徴。カバンやアクセサリーにコードが引っかかる心配もなく、手軽に扱えます。重さやサイズを気にせず使いたい方におすすめです。

また、小型で持ち歩きにも便利。専用ケースが付属するモノなら、片耳だけ失くす心配もありません。専用ケースに充電機能がついているモノなら、長時間使用する方にもおすすめです。

Bluetoothコーデックをチェック

By: amazon.co.jp

Bluetoothイヤホンには有線のイヤホンと違い無線でデータを伝達する工程があります。しかし、そのままの情報では容量が多すぎるため伝達する前にデータを圧縮し変換なければなりません。その方式のことをコーデックと言います。

コーデックは音質に大きく影響しますが、スポーツ用のイヤホンの多くは耐久性重視で音質にはあまり注力していません。音質のよさを重視する方はコーデックに注目して選びましょう。

ただ、イヤホンと接続する端末の両方がそのコーデックに対応している必要があります。iPhoneやAndroidなど、接続する端末の対応コーデックを確認しておきましょう。

SBC

ほとんどのBluetoothイヤホンが対応している基本的なコーデックです。対応する端もが多く、汎用性の高さが魅力。

しかし、圧縮の際にタイムラグが生じやすく、音ずれしやすいので動画視聴などには向いていません。また、ホワイトノイズが発生しやすく、高音域の情報を削ってしまうため音質が劣化します。汎用性を重視する方におすすめです。

AAC

iPhoneなどのiOSデバイスでBluetooth接続する方におすすめのコーデックです。SBCと比べると送信時のタイムラグがほとんどないため、音ずれしにくく動画視聴にも使用できます。

また、高音域の情報も伝達できるため音質の劣化が少なく、比較的高音質です。特にiTunesなどAACで圧縮された曲を取り込む場合は再圧縮せずに転送できるため、音質の劣化を最小限に抑えられます。

aptX

AndroidでBluetoothイヤホンを使用する方におすすめのコーデックです。SBCやAACに比べて圧縮率が少ないため、幅広い音域を高音質で楽しめます。また、タイムラグがほとんどないため動画視聴やゲームなどにもおすすめ。エアロビクスなど、映像に合わせて踊りたい時にも役立ちます。

LDAC

LDACはソニーが開発したコーデックです。SBCやAACよりも高音質。Bluetooth経由でもほとんど音質が劣化しないため、ハイレゾ相当の高音質な音を聴きたい方におすすめです。

デメリットは対応端末の少なさ。スマホの場合、ソニー製のXperiaシリーズは対応していますが、ほとんどの端末では採用されていません。汎用性よりも音質重視の方におすすめです。

連続使用時間をチェック

By: amazon.co.jp

Bluetoothイヤホンは内蔵バッテリーで動作します。その持続時間は、数時間程度のモノから10時間以上のモノまで製品によってさまざま。一度の運動で長時間音楽を聴きたい場合は、連続使用時間が長いBluetoothイヤホンを選ぶのがおすすめです。

なお、急速充電ができるモデルなら、もしバッテリーが切れてもスピーディーな充電が可能なので、合わせてチェックしてみてください。

機能で選ぶ

ノイズキャンセリング機能

By: amazon.co.jp

ノイズキャンセリング機能は、周囲の騒音をカットしたい時に役立つ機能です。車の走行音や周囲の話声などを抑えて、Bluetoothイヤホンから流れる音楽に集中できます。

また、ノイズキャンセリング機能は運動をしながら音楽を聴く時だけでなく、語学学習をしたい時や音声通話をしたい時など、普段使いにも便利な機能です。

加えて外音取り込み機能のついているモデルなら、周囲の雑音をカットしつつ、電車のアナウンスなどの必要な情報だけを聞き取れます。外音の大きさを調節できる製品もあり、街中で使いたい方におすすめです。

マイク・リモコン機能

By: amazon.co.jp

マイク・リモコンを搭載しているBluetoothイヤホンは、スポーツをしながら本体を操作したい時に便利です。例えば曲のボリュームを下げたい時、ケーブルにリモコンを搭載したモデルなら前を向いて走りながら耳元でボリューム調節ができます。

また、リモコンにマイクを搭載したモノなら音声通話も可能です。ただ、リモコンで操作可能な項目は製品によって異なるため、必ず事前に確認しておきましょう。

心拍数測定機能

By: amazon.co.jp

心拍数測定機能はスポーツ時のデータを残したい方におすすめの機能です。心拍数を測ることで運動量の目安にしたり、自分の体力を数値化したりできます。運動の目安となるだけでなく、体調管理にも便利です。

特にランニングをする方は、心拍数を意識して走ることで周囲に惑わされず自分のペースを確立できます。専用アプリで目標心拍数を設定したり記録したりできるモノなら、さらに便利です。

スポーツ用Bluetoothイヤホンのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

ソニーは音響機器だけでなくさまざまな電子機器で高い技術力を誇るメーカーです。LDACコーデックの開発メーカーでもあり、音質のよさが魅力。高低のはっきりとした華々しいサウンドが特徴です。

幅広い価格帯に対応していますが、低価格のモノもそれなりの音質を備えています。ノイズキャンセリング機能を備えた製品や防水性能の高い製品など、機能が充実した製品が多いのもポイントです。

サウンドピーツ(SoundPEATS)

By: amazon.co.jp

サウンドピーツは価格重視の方におすすめの音響機器メーカーです。完全独立型や左右一体型のBluetoothイヤホンを取り扱っています。5,000円以下で手に入る安価なモノもあり、入門機としてもおすすめです。

2013年に設立した比較的新しい会社ですが、バッテリー持ちのよさやコストパフォーマンスのよさなどから人気があります。

ジェイビーエル(JBL)

By: amazon.co.jp

JBLはアメリカの音響機器メーカーです。家庭用オーディオ機器からスタジオ向けの業務用機器まで幅広く手掛けており、特にスピーカー製品に定評があります。高音質なモデルも多く、幅広い価格帯も魅力です。

心拍数を計測できるBluetoothイヤホンなどスポーツタイプのイヤホンにも力を入れており、装着感も安定しています。

スポーツ用Bluetoothイヤホンのおすすめモデル|ランニング・ジョギング

ソル・リパブリック(Sol Republic) SHADOW Bluetooth SOL-EP1140

ネックバンド型のBluetoothイヤホンです。NASAで首の外形や重力の流れなどを研究し開発した装着感のよさが魅力。30gと軽量で汗に強く耐久性に優れたネックバンドがしなやかにフィットするため、つけ心地も自然です。

連続再生時間は約8時間で、長時間の使用にもおすすめ。ネックバンド部にはリモコンも搭載しており、ボリューム調節や曲のスキップが手軽にできます。

マイクも搭載しているため音声通話にも便利。マットな質感でデザイン性も高く、ファッションアイテムとしてもおすすめです。ただし、約1万円と多少高価なのがネック。高い操作性と装着感のよさを重視する方におすすめです。

JVCケンウッド(KENWOOD) ワイヤレスステレオヘッドセット HA-ET900BT

カナル型ですが適度に周囲の音を聞きとれるBluetoothイヤホンです。遮音性の低いイヤーピースを採用しており、街中でも安全に使用できます。

チップ部分にウィングを装備することで耳のくぼみにしっかりとフィットする設計。上下左右の揺れに対応する3点支持構造をとっているため、激しく動くスポーツにもおすすめです。

IPX5の防水性能を備えているため、雨の日の使用も可能。水洗いもでき、汗をかいた後も清潔に使用できます。連続再生時間は約3時間と短めですが、付属の収納ケースには充電機能があるため安心。ケースを使用すれば最大9時間再生でき、長時間の使用にもおすすめです。

クリップ付きのキャリングポーチも付属し、ポケットなどに入れて持ち歩けます。1万円以下と比較的安いのも魅力。機能も充実しておりコストパフォーマンスがよい製品です。

ジェイビーエル(JBL) Bluetoothイヤホン UA×JBLコラボレーションモデル UAJBLNBGRY

ネックバンド型のBluetoothイヤホンです。ネックバンド部分にフレックスゾーンを設けており、使用者の首の太さや肩幅に合わせて装着できます。イヤーチップにはスポーツ用スタビライザーを採用しており、激しいスポーツでも耳にフィット。また、スタビライザーは取り外しできるため、普段使いにもおすすめです。

ネックバンド部分には白色LEDライトを搭載。3種類の点滅モードから選択でき、日没後や早朝のランニングも安全に楽しめます。マルチファンクションボタンもあり、LEDの点灯操作やボリューム調節などが手軽にできるのも魅力です。

IPX5の防水性能を有しているので汗をかいても安心。左右のイヤホン部分に搭載したマグネットにより、休憩中もネックレスのようにして持ち運べます。約12時間の連続再生が可能で、長時間の使用にもおすすめです。1万円以上するのがネックですが、価格相応の性能を備えています。

スポーツ用Bluetoothイヤホンのおすすめモデル|プール

ソニー(SONY) Wシリーズ NW-WS623

本体に曲を記録できるBluetoothイヤホンです。4Gのメモリーを搭載しているため、本製品のみで音楽を楽しめます。スマートフォンの持ち込みが禁止されているプールなどでの使用におすすめです。

また、本体右側には操作ボタンがあり、曲送りや一時停止、音量コントロールも可能。塩水にも対応しているため、海水浴での使用にも適しています。本製品は遮音性が高くフィットしやすいカナル型を採用。さらに外音取り込み機能を搭載しているため、1人で泳ぐ時はもちろん、周囲の人とコミュニケーションしたい時も便利です。

クイック充電に対応しているのもポイント。3分の充電で約60分間再生可能です。ランニング前にバッテリー切れに気がついても、身支度をしている間に充電が完了します。高音質なAACにも対応しているため、iPhoneに接続して使用したい時にもおすすめです。

ブラギ(BRAGI) The Dash Pro

「AI搭載アクティビティトラッキング」機能を備えたBluetoothイヤホンです。心拍数やカロリー、息継ぎの回数や泳いだ本数などを記録し、トレーニングをサポートします。専用アプリでは、記録の確認だけでなく簡単な聴力測定も可能。それぞれの聴力に合わせて最適な音量で音楽を楽しめるのも魅力です。

本製品は4GBメモリーを内蔵しており、最大1000曲保存できます。IPX7の高い防水性を備えているため、プールや入浴時の使用におすすめ。人間工学に基づいて設計されており、長時間快適に使用できます。

また、首の動きを検知して電話の応答や拒否ができるユニークな機能を備えているのも魅力です。ノイズキャンセリングマイクを搭載しているためハンズフリー通話にも適しています。充電時間は5時間。専用のケースを使えば5回フル充電できるため最大30時間使用可能です。価格の高さだけがネックですがさまざまなシーンで活躍します。

Tayogo WATERPROOF AMART HEADSET WPM8

8GBのメモリーを備えたBluetoothイヤホンです。MP3やWMAなど多くのフォーマットに対応しているため、さまざまな曲を保存できます。

デザインで特徴的なのは太めのネックバンド。少し重そうな見た目をしていますが、実際は32gと軽量で自然なつけ心地です。2時間の充電で7~8時間の連続再生ができ、長時間快適に使用できます。

ネックバンドの後ろ部分には操作ボタンを搭載しているため、曲の再生や停止、音量調節も簡単です。IPX8の高い防水性能を備えており、プールなどで気兼ねなく使用できます。価格も比較的安いため、Bluetoothイヤホンの入門機としてもおすすめ。基本性能もしっかりしたハイコスパな製品です。

ソニー(SONY) ワイヤレスステレオヘッドセット WF-SP900

IPX8の防水性能を備えたBluetoothイヤホンです。約920曲保存できる4GBのメモリーを内蔵しており、イヤホン本体だけで音楽を楽しめます。プールなどスマートフォンを持ち込めない場合も便利。AACコーデックに対応しているため、特にiPhoneユーザーにおすすめです。

また、バッテリー持ちも優秀。ワイヤレスをオフにする「プレイヤーモード」では、約6時間の連続再生ができます。さらに最大3回分充電できる専用ケースも付属。長時間泳ぎたい時にも便利です。

完全独立型は脱落のしやすさが難点ですが、本製品はアークサポーターを採用しており安定感があります。3サイズから選択でき、自分の耳にフィットするよう調整できるのも魅力です。

さらに外音取り込みモードも搭載。周囲の人と話したい時やプールが混んできた時にも活躍します。音質やバッテリー持ちのよさを重視する方におすすめです。

スポーツ用Bluetoothイヤホンのおすすめモデル|ジム

サウンドピーツ(SoundPEATS) Q30 Plus

高音質で低遅延なaptXコーデックに対応しているBluetoothイヤホンです。高音質重視のAndroidユーザーにおすすめ。ノイズキャンセリングマイクを搭載しており、ハンズフリー通話もできます。街中などノイズの多い中でもクリアな音声を伝えられるのが魅力です。

充電に必要な時間は1~2時間と短く、最大8時間連続して再生できます。バッテリー持ちがよいため、長時間外出する場合もおすすめです。

イヤホン部分にはマグネットを搭載しており、持ち運びにも便利。休憩中や移動中などネックレスのように装着できるため、失くす心配がありません。さらにマルチファンクションボタンも搭載しており、首元で手軽に操作できます。

5,000円以下とコストパフォーマンスも優秀。カラーバリエーションが豊富で、ファッションアイテムとしてもおすすめです。

アップル(Apple) AirPods MMEF2J/A

iPhoneユーザーにおすすめのBluetoothイヤホンです。オープンイヤー型で耳への圧迫感がありません。着脱を検知するセンサーを搭載しており、装着するだけで起動するのが魅力。片耳だけでも使用でき、街中でも安全に使用できます。

マイクも搭載しており、ハンズフリー通話にもおすすめです。ノイズキャンセリング機能をつきマイクでクリアな音声を伝えられます。1回の充電で約5時間の連続再生が可能。付属する充電ケースを使えば、24時間以上使用できます。さらにクイック充電にも対応しており、15分の充電で約3時間使用可能です。

ただし、防水性能はなく本体も滑りやすい素材でできているため、汗をかく場合は脱落防止の工夫をする必要があります。価格の高さがネックですが利便性が高く、普段使いと兼用したい方におすすめです。

アンカー(ANKER) Anker SoundBuds Slim A3235011

IPX5の防水性能を備えているBluetoothイヤホンです。激しいスポーツで汗をかいても安心。イヤーフック付きでフィット感も優れています。4サイズのチップと3サイズのイヤーフックが付属し、最もフィットするサイズで使用できるのも魅力です。

ケーブル上のコントローラーで、音量長節や曲送りなどの操作も可能。コントローラーにはマイクを内蔵しており、ハンズフリー通話にも活躍します。

マグネットを搭載しているため持ち歩きにも便利。ネックレスのように首にかけ、紛失を防止できます。約16gと軽量で、長時間使用しても違和感がありません。充電時間は約90分で、約7時間連続して使用可能です。3,000円以下と安いのも魅力。コストパフォーマンス重視の方におすすめです。

ボーズ(Bose) SOUNDSPORT FREE WIRELESS HEADPHONES SSport Free

安定した装着感が魅力的な完全独立型のBluetoothイヤホンです。スポーツに適した独自形状のウィングを採用。安定した装着感で長時間使用できます。IPX4の防滴仕様で、汗をかいても安心。万が一失くしてしまった場合も、専用アプリを使えば落下場所を特定できます。

1回の充電で最大5時間の連続再生が可能。付属の充電機能付き収納ケースを使えばさらに2回フル充電でき、最大15時間使用できます。また、急速充電にも対応しており、15分の充電で約45分間使用可能です。

また、ボーズの特徴である豊かな低音も魅力。2万円以上する価格の高さがネックですが、中音域とバランスのとれたサウンドを楽しめるため音質重視の方におすすめです。

ビーツ(Beats) Powerbeats3 Wireless ML8V2PA/A

ロングバッテリーなBluetoothイヤホンです。多くの製品の連続再生時間は約6時間ですが、本製品は約12時間連続で再生できます。急速充電にも対応しており、5分の充電で約1時間の再生が可能です。

耐汗・防沫仕様で、汗をかいたり雨に濡れたりしても安心。ケーブル巻き取り用クリップやイヤーフックもあり、装着感も安定しています。ケーブル上にはリモコンを搭載。音量調整や曲送りなどを首元で簡単に操作可能です。さらにマイクも搭載しているのでハンズフリー通話もできます。

音質もよく、ビーツらしく低音に比重を置いたサウンドが特徴。高音とのバランスもとれており、中音域もクリアに聞こえます。1万円以上しますが、性能が高くコストパフォーマンスのよい製品です。