ランニングやジョギングなどのスポーツ時に音楽を聴くなら、有線タイプのイヤホンよりも「ワイヤレスイヤホン」がおすすめ。煩わしいケーブルを気にせず自由なスタイルで使えるため、スポーツシーンでも快適に利用できます。

そこで今回は、ランニング・スポーツで使えるおすすめのワイヤレスイヤホンをご紹介。選ぶ際の注意点やポイントなどを解説するので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

ランニング・スポーツ用ワイヤレスイヤホンの選び方

イヤホンの種類で選ぶ

完全ワイヤレスイヤホン

By: amazon.co.jp

完全ワイヤレスイヤホンは、左右のイヤホンがそれぞれ独立しているのが特徴。ケーブルが衣類と擦れてノイズが発生したり、引っかかって外れたりする心配がないため、スポーツ中でも快適に音楽を楽しめます。

ただし、完全ワイヤレスイヤホンは、ほかのワイヤレスイヤホンに比べてサイズが小さいので、バッテリーが少なめなのが難点。長時間使用しようと考えている方は、連続再生時間もあわせてチェックしてみてください。また、ケーブルで接続されていない分、片耳だけ紛失してしまうなどのデメリットがあることも留意しておきましょう。

左右一体型・ネックバンド型

By: sony.jp

左右一体型・ネックバンド型は、左右のイヤホンがケーブルで接続されているタイプのイヤホン。ケーブルに大容量のバッテリーやリモコン・マイクなどを搭載しているのが特徴です。長時間のランニングやジョギングでもバッテリー切れの心配がなく、快適にハンズフリー通話も楽しめます。

また、左右一体型・ネックバンド型は比較的リーズナブルなモデルが多く、手が出しやすいのもメリット。コスパを重視している方にもおすすめのタイプです

一方、ケーブル特有のデメリットを受けやすいのが難点。肌や衣類と擦れてタッチノイズが発生したり、引っかかって外れてしまったりする恐れもあるので、留意しておきましょう。

骨伝導イヤホン

By: aftershokz.jp

骨伝導イヤホンとは、頭蓋骨の振動を利用して音を伝えるタイプのイヤホン。耳を塞がずに着用できるので、ランニングやジョギング中でも周囲の音を警戒しながら使えるのが特徴です。また、鼓膜に干渉しにくい仕様のため、長時間リスニングしても疲れにくいのもメリット。長時間音楽を楽しみたい方にもおすすめです。

一方、耳を塞がない仕様なので、音漏れしやすい点には注意が必要。人混みや電車・バスなど公共の場で使う際は、音量に配慮が必要です。ほかのタイプに比べて音質が劣る点も留意しておきましょう。

耳から外れにくいモデルを選ぼう

By: amazon.co.jp

イヤホンをスポーツシーンで着用すると、汗や動いた際の衝撃で外れやすくなります。そのため、スポーツシーンで使用する場合は、フィット感に優れた耳から外れにくいモデルを選ぶことが重要です。

イヤホンには、カナル型やインナーイヤー型、耳掛け型などさまざまな装着方法があります。スポーツ中に使うなら、耳の奥までしっかり押し込める「カナル型」や、耳に引っ掛けて安定した装着感が得られる「耳掛け型」がおすすめです。

防水性能にも注目

By: amazon.co.jp

スポーツシーンで使う場合、汗や雨などで故障しにくい防水性能を備えたモデルがおすすめです。イヤホンの防水性能は「IPX」という防水等級によって定められており、あとに続く1〜8までの数値で表記されています。

軽い水しぶき程度であれば「IPX4」相当の生活防水レベルで問題ありません。ただし、雨天時にランニング・ジョギングをする際や、プールなどの水場で使用する場合は、完全防水レベルの「IPX8」相当のモデルを選んでみてください。

外音取り込み機能を搭載したモデルがおすすめ

By: amazon.co.jp

ランニングやジョギングなどで、車や信号機などの周囲の音も聞きたい場合は「外音取り込み機能」を搭載したモデルをチェックしましょう。外音取り込み機能とは、音楽と一緒に周囲の音を取り込める機能のこと。安全面に配慮して、ケガや事故を予防できるのが特徴です。

また、対となる機能に「ノイズキャンセリング機能」があります。ノイズキャンセリング機能は周囲のノイズを遮断でき、音楽に集中できるのがメリット。外音取り込み機能とともに搭載されていることが多く、切り替えられるモデルであれば、あらゆる環境で快適に音楽を楽しめます。

連続再生時間をチェック

By: amazon.co.jp

ワイヤレスイヤホンは有線イヤホンと異なり、使用するためにバッテリーを内蔵しています。内蔵バッテリーが切れると使えなくなってしまうため、連続再生時間を事前に確認しておきましょう。

とくにランニングやジョギングなどスポーツシーンで使う場合は、できるだけ連続再生時間の長いモデルがおすすめ。シーンにもよりますが、最低でも4〜6時間程度使用できるモデルを選びましょう。なかには、10時間以上の連続再生時間を備えたモデルもあるので、通勤・通学など普段使いも考慮している方はチェックしてみてください。

また、完全ワイヤレスイヤホンの場合は、イヤホン単体のバッテリーと合わせて、充電ケースのバッテリー容量もチェック。イヤホン単体で4時間程度の連続再生時間だとしても、充電ケースと合わせると24時間以上使えるモデルもあります。

ワイヤレスイヤホンのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

ソニーは、日本を代表するメーカーのひとつ。技術力はもちろん、日本人のライフスタイルや耳の形に合ったイヤホンを多く扱っているのが特徴です。

音質に関しては、低音域から高音域までバランスよく再生できるため、あらゆるジャンルの音楽を解像度の高いサウンドで楽しめます。ノイズキャンセリング機能やクイックアテンションモードなど、便利な機能が充実しているのも魅力です。

ボーズ(Bose)

By: amazon.co.jp

ボーズはアメリカを代表する音響機器メーカー。周囲の騒音を軽減させる「ノイズキャンセリング機能」を開発したことでも有名で、その技術力の高さは業界トップクラスです。

ボーズのイヤホンは、低音域の表現力に優れているのが特徴。お気に入りの音楽を迫力あるパワフルなサウンドで楽しめます。価格は少し高めなので、リーズナブルさよりも音質や機能にこだわりたい方におすすめです。

サウンドピーツ(SoundPEATS)

By: amazon.co.jp

サウンドピーツは2013年に設立された中国の音響機器メーカー。気軽に購入できるリーズナブルな価格を実現していながら、最先端の技術を採用したモデルを多数ラインナップ。コスパを重視する方におすすめのメーカーです。

音場は全体的に明るく中低域にも厚みがあるため、没入感の高いサウンドで音楽が楽しめます。 長時間使用しても疲れにくい工夫がされているので、スポーツシーンはもちろん普段使いにもぴったりです。

ジェイビーエル(JBL)

JBLは1946年に設立されたアメリカの音響機器メーカーです。価格の安いローエンドから、機能が充実したハイエンドまで幅広い製品をラインナップ。予算に合ったイヤホンを探しやすいのが特徴です。

高音質なスピーカーを展開しているメーカーでもあり、高音域から低音域まで広く透き通るようなサウンドが再生可能。装着感や音質、機能性なども含めて、幅広いユーザーにおすすめのメーカーです。

ランニング・スポーツ用ワイヤレスイヤホンのおすすめモデル

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WF-1000XM3

10分の充電で約90分再生可能な「急速充電」に対応

耳の3点で支える「エルゴノミック・トライホールド・ストラクチャー」を採用しており、ランニング中でも外れにくい完全ワイヤレスイヤホンです。一時的に音量を絞り周囲の音を取り込む「クイックアテンションモード」と、音楽を聴きながら周囲の音を取り込める「外音取り込みモード」を搭載。高遮音ながら、周囲の音に気を配りたい場面にも対応できます。

また、ワイヤレスイヤホンながらハイレゾ相当の高音質を楽しめる「DSEE HX」を搭載しているのも魅力のひとつ。CDやMP3、ストリーミングなども高音質でリスニングできます。イヤホン単体で約6時間、充電ケースと合わせて約24時間バッテリーが持続するのもポイント。

わずか10分の充電で約90分再生できる「急速充電」に対応しているので、急なバッテリー切れでも安心です。音質・機能性ともに優れたモデルを探している方はチェックしてみてください。

ソニー(SONY) ワイヤレスオープンイヤーステレオイヤホン SBH82D

耳を塞がないオープンイヤー型のワイヤレスイヤホン

耳を塞がずにBGM感覚で音楽を楽しめるオープンイヤー型のワイヤレスイヤホンです。ネックバンド型を採用しており、激しい運動中でも安定した装着感を得られるのが特徴。音導管を通して鼓膜に直接音を届ける仕様のため、音楽を楽しみながら会話や環境音への配慮が可能です。

本体重量わずか約25.5gと軽量設計を実現しており、長時間首に掛けていても疲れにくいのも魅力のひとつ。3種類のリングサポーターを同梱しているので、耳の形状に合った装着感に調節できます。

高音質・低遅延コーデックのAACに対応しており、ワイヤレスながら高音質サウンドを楽しめるのもポイント。下掛けスタイルによる装着のため、メガネに干渉せずに使用できます。

ソニー(SONY) ヘッドホン一体型ウォークマン NW-WS623

4GBメモリ内蔵モデル

本体にメモリを内蔵し、単体で音楽を楽しめるネックバンド型のワイヤレスイヤホンです。4GBのメモリには約880曲の音楽をインストール可能。本体メモリの再生のほかに、Bluetoothによるワイヤレス再生もできます。

付属の調節バンドを使用することで、頭のサイズに合わせて頭部にしっかりフィット。激しい運動中でも安定した装着感を得られます。IPX5/8相当の高い防水性能を備えているのもポイント。海水にも対応しているので、プールや海水浴などさまざまなシーンで使用できます。

最長12時間以上再生できるロングバッテリー仕様も魅力のひとつ。スマホを持ち運ばず身軽に音楽を楽しめるモデルを探している方は、チェックしてみてください。

ソニー(SONY) ワイヤレスステレオヘッドセット WF-XB700

外出先でも安心して使用できるロングバッテリー

運動中でも迫力ある重低音が楽しめる「EXTRA BASS」サウンドを実現した完全ワイヤレスイヤホンです。IPX4相当の防水性能を備えており、スポーツやダンスで汗をかいても安心。耳の3点で支える「エルゴノミック・トライホールド・ストラクチャー」を採用しているので、激しい運動のなかでも安定した装着感を実現します。

イヤホン単体で約9時間、充電ケースと合わせて合計18時間の再生が可能。わずか10分の充電で約60分の再生ができる「クイック充電」に対応しているので、急なバッテリー切れにも対応できます。

約46gの軽量ケースを採用しているため、持ち運びしやすいのもポイント。機能性・音質ともに優れたモデルを探している方におすすめです。

ソニー(SONY) ワイヤレスステレオヘッドセット WI-SP500

会話をしながらランニングを楽しめる

汗や雨などからイヤホンを保護できる、IPX4相当の防水性能を備えた左右一体型ワイヤレスイヤホン。イヤホンを装着しながら周囲の音が聞ける開放型のハウジングを採用しているので、ランニング中でも会話が可能です。

耳に合わせた形状で滑りにくいため、激しい運動中でも外れにくく快適な装着感を実現。最大約8時間の連続再生が可能なロングバッテリー仕様なので、バッテリー残量を気にせず使用できます。

高音質・低遅延コーデック「AAC」に対応しているのもポイント。周囲の音に気を配りながら使用できるコスパに優れたモデルを探している方におすすめです。

ボーズ(Bose) SoundSport Free wireless headphones

運動中の汗からイヤホンを守る優れた防水性

運動中でも快適に装着できるスポーツ仕様の完全ワイヤレスイヤホンです。オープンポートに撥水性のあるメッシュ素材を採用し、防水性能に優れているのが特徴。運動中の汗や突然の雨からイヤホンを保護します。

また、独自テクノロジーにより、音割れやノイズの少ないサウンドを楽しめるのも魅力のひとつ。ストレスなく音楽をリスニングできます。円錐形のノズルにより耳に優しくフィットする「StayHear+ Sportチップ」を搭載しているのもポイント。外れにくいだけでなく、長時間でも快適に装着できます。

イコライザーとデジタル信号処理により、どんな音量でもバランスの取れたサウンドを実現。長時間でも快適さをキープできるモデルを探している方はチェックしてみてください。

ボーズ(Bose) QuietComfort Earbuds

11段階で調節できる「アクティブノイズキャンセリング」を搭載した完全ワイヤレスイヤホン。ノイズキャンセルレベルを上げることで、静寂のなかで音楽を楽しめ、ノイズキャンセルレベルを下げることで、まるでイヤホンを付けていないかのようなリスニング体験を実現します。

また、音量を調節するたびに自動音場補正が働き、常にバランスの取れたサウンドを楽しめるのも魅力のひとつ。やわらかいシリコン製のイヤーチップにより、長時間でも快適さをキープできます。

さらに、防滴仕様のため、汗や雨からもイヤホンを保護。運動中でも音質を妥協したくない方におすすめのモデルです。

サウンドピーツ(SoundPEATS) ワイヤレスイヤホン Q35HD

IPX8相当の高い防水性能を備えた左右一体型のワイヤレスイヤホンです。超軽量なボディを採用しているため、長時間装着しても疲れにくいのが特徴。また、大口径10mmダイナミック型ドライバーを搭載しており、運動中でも低音から高音まで臨場感あふれるサウンドを楽しめます。

CVCノイズキャンセリング&マイクの内蔵により、クリアで高品質なハンズフリー通話ができるのも魅力のひとつ。リモート会議などビジネスシーンでの使用にも適しています。

人間工学に基づいたデザインで、優れた装着感を実現しているのもポイント。最長14時間の連続再生が可能なので、1日中バッテリー残量を気にせず使用できます。

サウンドピーツ(SoundPEATS) ワイヤレスイヤホン TrueFree+

イヤホン単体で約4時間、充電ケースと合わせて最大35時間の再生が可能な完全ワイヤレスイヤホン。片耳わずか約4.7gの軽量設計を実現しているので、長時間でも快適に音楽を楽しめます。

Bluetooth5.0の採用により、接続安定性に優れているのも魅力のひとつ。音切れが少ないストレスフリーなリスニング体験を実現します。

比較的リーズナブルに購入できるのもうれしいポイント。長時間使用できるコスパに優れたモデルを探している方はチェックしてみてください。

ジェイビーエル(JBL) ENDURANCE PEAK II

最大30時間の再生ができるロングバッテリー仕様の完全ワイヤレスイヤホンです。イヤーフックを採用した耳掛けタイプで、激しく動いても外れにくいのが特徴。IPX7相当の高い防水性能を備えているので、汗や雨からイヤホンを保護できます。

また、人間工学に基づいたデザインで、優れた装着感を得られるのも魅力のひとつ。音場豊かな10mm径ダイナミックドライバーを搭載しているため、ランニング中でも気分を高められる大迫力のサウンドを体感できます。

高性能ながら比較的リーズナブルに購入できるのもうれしいポイント。コスパを重視したい方もチェックしてみてください。

アップル(Apple) AirPods Pro MWP22J/A

周囲の音を取り込める「外部音取り込みモード」を搭載した完全ワイヤレスイヤホンです。iPhoneやiPadなどを手掛けるAppleが販売している製品で、Apple製品との相性のよさが特徴。Appleデバイス間の接続切り替えをシームレスに行えます。

また、周囲の雑音を除去できる「アクティブノイズキャンセリング」を搭載しているのも魅力のひとつ。ワンタッチでアクティブノイズキャンセリングと外部音取り込みモードを切り替えでき、さまざまな環境で快適に音楽を楽しめます。

3サイズのイヤーチップを同梱しており、耳のサイズに合った装着感を得られるのもポイント。スポーツシーンはもちろん、普段使いまで対応できる汎用性に優れたモデルです。

ビーツ(Beats) Powerbeats

ランニングやジョギングなど、激しい運動中でも優れたパフォーマンスを発揮できる左右一体型ワイヤレスイヤホンです。イヤーフックによる耳掛け型を採用しており、耳から外れにくいのが特徴。最長15時間の連続再生が可能なので、長時間使用する機会が多い方にもおすすめです。

また、バッテリー残量が少なくなっても、わずか5分の充電で約1時間の再生ができる「Fast Fuel機能」を搭載。充電にはiPhoneやiPadに採用されている「Lightning端子」を採用しているので、1本のケーブルさえ持ち運べばiPhoneと本製品の充電をこなせます。

高性能ながらデザインに優れており、ファッションと合わせやすいのもポイント。機能性はもちろん、見た目も妥協したくない方はチェックしてみてください。

ビーツ(Beats) Powerbeats Pro

ランニングやジョギングなど運動中でも外れにくい耳掛け型の完全ワイヤレスイヤホンです。調節可能なイヤーフックを搭載しており、運動中でも快適なフィット感を実現。激しく動いても外れにくく、耐汗・防沫機能により汗や軽い雨からもイヤホンを保護できます。

また、Apple製品と相性のよい「Apple H1チップ」を搭載しているのも魅力のひとつ。Appleデバイス間のシームレスな切り替えが可能です。連続再生時間も長く、イヤホン単体で約9時間、充電ケースと合わせて24時間以上使用可能。

わずか5分の充電で約90分再生できる「Fast Fuel機能」を搭載しているので、急なバッテリー切れでも安心です。デザインにも優れており、ファッションとの親和性が高いのもポイント。機能面はもちろん、見た目にこだわりたい方もチェックしてみてください。

AfterShokz 骨伝導ワイヤレスヘッドホン Aeropex AFT-EP

IP67相当の高い防塵・防水性能を備えた骨伝導ワイヤレスイヤホンです。耳を塞がないため、周囲の音を気にしながら使用できるのが特徴。従来機より音漏れを約50%減少しているので、さまざまな環境で使用できます。

本体重量わずか約26gと軽量設計を実現しており、長時間でも快適に使用可能。1回の充電で約8時間の連続再生時間が可能で、長時間のランニングでもバッテリー残量を気にせず使えます。

汎用性の高い骨伝導イヤホンを探している方はチェックしてみてください。

AfterShokz 骨伝導イヤホン OpenMove

ランニングやジョギングなど、スポーツシーンでも安定した装着感を得られる骨伝導イヤホンです。本体重量わずか約29gの軽量設計を実現し、長時間でも快適に使用できるのが特徴。IP55相当の防塵・防水性能を備えているので、浸水による故障を予防できます。

1回の充電で約6時間の連続再生ができるのも魅力のひとつ。長時間のランニングはもちろん、通勤・通学などさまざまな場面で1日中使用できます。また、骨伝導タイプのため、耳を塞がないのもポイント。周囲の環境音に気を配りながら音楽を楽しめます。

ノイズキャンセリングマイクを搭載しているので、高品質なハンズフリー通話も可能。機能性に優れたモデルを探している方におすすめです。

アンカー(ANKER) Soundcore Life NC A32010F1

ノイズリダクション機能を有したマイクを4つ搭載しているネックバンド型ワイヤレスイヤホン。クリアで高品質な音声通話が可能なので、運動中はもちろん、リモート会議などにもおすすめです。通常モードで最大15時間の連続再生が可能なため、長時間着用する機会が多い方にも適しています。

また、ワイヤレスイヤホンながら12mmドライバーを搭載することで、ハイレゾ相当の高音質を楽しめるのも魅力のひとつ。ランニング中でも豊かで臨場感あるサウンドをリスニングできます。

周囲の雑音を低減する「アクティブノイズキャンセリング機能」と、周囲の音を取り込める「周囲音取り込み機能」を搭載しているのもポイント。高性能ながら比較的リーズナブルに購入できるので、コスパを重視している方にもおすすめです。

JVCケンウッド(KENWOOD) ワイヤレスステレオヘッドセット HA-A10T

シンプルデザインながら、耳にしっかりフィットする完全ワイヤレスイヤホンです。小型ボディで、あらゆる形状の耳に合うのが特徴。IPX5相当の防水性能を備えているので、ランニング中の汗や突然の雨からもイヤホンを保護します。

イヤホン単体で約4時間、充電ケースと合わせて約14時間の再生が可能。高磁力ネオジウムマグネットを採用しており、運動中でも高音質サウンドを楽しめます。

4色のカラーバリエーションをラインナップしており、好みで選びやすいのもポイント。比較的リーズナブルに購入できるので、コスパを重視している方にもおすすめです。

ジャブラ(Jabra) Elite Active 75t

ランニングなど激しい運動中でも、しっかり固定できるように設計された完全ワイヤレスイヤホンです。IP57相当の高い防塵・防滴性能を備えているのが特徴。激しいワークアウトのなかでも、洗練されたサウンドを楽しめます。

3サイズのシリコン製イヤージェルを同梱しており、フィット感を調節できるのも魅力のひとつ。グリップ力のあるドライ加工が施されているので、汗をかいてもしっかり耳に固定されます。

周囲の音を取り込める「HearThroughモード(外音取り込み機能)」を搭載しているのもポイント。屋外で環境音を気にするシーンでも、安心して使用できます。イヤホン単体で約7.5時間、充電ケースと合わせて最大28時間の再生が可能。充電する頻度を抑えたい方にもおすすめです。

パイオニア(Pioneer) 完全ワイヤレスイヤホン SE-E9TW

ランニング中でも周囲の音を聞ける「アンビエントアウェアネスイヤホンチップ」を搭載した完全ワイヤレスイヤホン。外音取り込みモードを使用することで、イヤホンを着けたままの会話も可能です。

6mm径のドライバーとAACコーデックの対応により、運動中でも迫力ある重低音を楽しめるのも魅力のひとつ。イヤホン単体で約5時間、充電ケースと合わせて最大20時間の再生が可能なので、1日中バッテリー残量を気にせず使用できます。

IPX5/7相当の防水性能を備えており、汚れても水洗い可能。清潔に保ちやすく、コスパに優れたイヤホンです。

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスイヤホン ATH-SQ1TW

スクエア状のデザインがかわいらしい完全ワイヤレスイヤホン。高性能ながらコンパクトなので、耳への負担が少なく快適に使用できるのが特徴です。

IPX4相当の防水性能を備えており、突然の雨や汗からイヤホンを保護。音と映像のズレが少ない「低遅延モード」を搭載しているため、動画視聴やゲームを楽しみたい方にもおすすめです。

5.8mm径ドライバーの搭載により、高音質サウンドを実現しているのもポイント。デザイン性に優れたおしゃれなモデルを探している方はチェックしてみてください。