最近街なかで使用している姿を見かけることが多くなった「ハンズフリーイヤホン」。通話や音楽の一時停止・曲送りがスマートフォンを取り出さずに行えることから人気が高まっています。

しかし、ハンズフリーのイヤホンにはさまざまな種類があるので、初心者にはどれを選べばいいのか困ってしまうことも。そこで今回は、ハンズフリーイヤホンの選び方を踏まえたうえで種類別におすすめのモデルをご紹介します。

ハンズフリーイヤホンとは?

By: amazon.co.jp

ハンズフリーイヤホンとは、スマートフォンで通話をする際に、手で持つことなく通話ができるイヤホンです。ポケットやカバンからスマートフォンを取り出さなくてもボタン操作で応答できるので、両手が塞がらず、家事や作業をしながらでも自由な姿勢で通話を楽しめます。

また、楽曲の曲送り・再生・一時停止・音量調節についても、搭載されたボタンを使えば直接スマートフォンを操作しなくても手元で簡単に操作が可能です。さらに、スマートフォンのカメラ機能と連動することで、イヤホン本体のボタンを押すだけでシャッターを切れるハンズフリーイヤホンもあります。

最近では音声アシスタントと連携できるモデルも存在。イヤホン本体に軽く触れるだけで、iOSのSiriやAndroidのGoogleアシスタントを簡単に呼び出せるので、音声で指示して楽曲の操作や指定の宛先へのメッセージ送信を行うこともできます。

ハンズフリーイヤホンの種類

ケーブルから解放される「ワイヤレスタイプ」

By: amazon.co.jp

ワイヤレスタイプのハンズフリーイヤホンは、スマートフォンとケーブルなしでBluetooth接続できるのが魅力です。ランニングなどのスポーツ用に適した防水仕様のモデルや、長時間の連続使用が可能なロングバッテリーを内蔵したモデルなど、用途に合ったモノを選んでみてください。

小型で装着感に優れた「完全ワイヤレスタイプ」

By: amazon.co.jp

完全ワイヤレスタイプのハンズフリーイヤホンは、左右両方の耳で臨場感のあるステレオ音声を楽しめるのが魅力です。左右でユニットが分離しているため、余計なケーブルに煩わされることがなく、装着感は軽やか。ただし、紛失しやすかったり、バッテリーが長持ちしにくかったりするので注意が必要です。

音声の遅延が少ない「有線タイプ」

By: amazon.co.jp

通常のイヤホンに操作ボタンとマイクが搭載されたシンプルなハンズフリーイヤホン。ほかのタイプと違って電源管理の必要がなく、スマートフォンのバッテリーが続く限り使えるので、長時間の通話に最適です。

有線接続は音質が良好で、遅延もありません。ハイレゾ音源の再生に対応したモノもあるので、音質にこだわる方にもおすすめです。また、ノイズキャンセル機能などで遮音性が高く保たれているモデルが多いため、通話時も音声が聞き取りやすく快適。

ただし、有線接続で使用するため、ケーブルが絡まったり、強い力が加わって断線してしまったりする恐れがあります。手軽さは低めですが、電源管理が億劫な方や音質を重視する方におすすめです。

周囲の音を確認できる「片耳タイプ」

By: amazon.co.jp

片耳タイプのハンズフリーイヤホンは、軽量コンパクトなボディで装着感が少なく周囲の音を反対の耳で聞き取れるため、安全性が高いのが魅力。リーズナブルな価格のモデルが多く展開されています。なお、音楽をステレオ再生できないので、通話やラジオ聴取がメインの方におすすめです。

通話品質をチェック

By: amazon.co.jp

クリアな音声で快適に通話をしたい方は、ハンズフリーイヤホンの通話品質を要チェック。イヤホンに搭載されたマイクの位置や形状が悪いと雑音が入ってしまい、自分の音声を通話相手へしっかり届けられない恐れがあります。

通話が主な用途の方には片耳タイプやワイヤレスタイプがおすすめ。ほかのタイプと違って移動時はマイクに搭載されたリモコンが服と擦れて雑音が発生する心配がないため、クリアな音声で通話ができます。

特に、Bluetooth接続に対応したハンズフリーイヤホンは、できるだけ最新規格のモノを選べば遅延や音質に優れたモデルが多いのでおすすめです。なかでも、Bluetooth 4.1以上の規格に対応したモノは、接続安定性が向上しており、快適な環境で通話を楽しめます。

防水性能をチェック

By: amazon.co.jp

ハンズフリーイヤホンを使用して、雨のなかでランニングをしたり、ジムで激しいトレーニングをしたりする場合は注意が必要です。汗や雨の雫がスピーカーからイヤホンの内部に侵入してしまうと故障する恐れがあるため、スポーツをする際は、耐汗・防水仕様のハンズフリーイヤホンを選びましょう。

選ぶ際は「IPX-」という表示を要チェック。機器の防水性能を示す等級で、「-」の部分には数字が入り、数値が高いほどその機器の防水性能が高いことを示します。

具体的にはIPX4以上のハンズフリーイヤホンがおすすめ。多角度からの散水にも耐えられるので、汗をかくスポーツやランニング中の急な雨でも故障のリスクを抑えられ、安心して使えます。

ハンズフリーイヤホンの注意点

By: amazon.co.jp

パソコン作業やランニング中など、ほかのことをしながら使用できるのがハンズフリーイヤホンの魅力。しかし、車を運転しながらハンズフリーイヤホンを使用するには注意が必要です。

運転中におけるハンズフリーイヤホンの使用自体は道路交通法には抵触しませんが、都道府県の条例によって禁止されている場合がほとんどなので、極力使用しないようにしましょう。

また、ハンズフリーイヤホンにはスマートフォンのOSによって使用できるモノとそうでないモノとがあるので、注意が必要です。スマートフォンのOSに非対応のモノだと通話ができなかったり、機能が制限されてしまったりすることもあるので、購入の際は事前に対応OSを確認しておきましょう。

ハンズフリーイヤホンのおすすめモデル|片耳

Glazata Bluetoothイヤホン H-EC200-1

Glazata Bluetoothイヤホン H-EC200-1

大容量バッテリーを備えたイヤホンです。最大30時間のハンズフリー通話が可能で、音楽は最大20時間ほど再生できます。また、10分間放置していると自動的に省電力モードへ移行するので、電源の切り忘れを予防できるのもポイント。人間工学に基づいて設計されているため、長時間快適に使用可能です。

マイクにはCVC6.0ノイズキャンセリング技術を搭載しているのも魅力のひとつ。音響エコーをカットし、クリアな音声を届けられます。着信は日本語でアナウンスされ、電話の応答やリダイアルなどは耳元で簡単に操作可能。Siriの起動にも対応しています。

バッファロー(BUFFALO) BSHSBE200シリーズ BSHSBE200BK

バッファロー(BUFFALO) BSHSBE200シリーズ BSHSBE200BK

カラーが豊富で、カジュアルな服装にも合わせやすいヘッドセットタイプのイヤホンです。約2時間の充電で最大約5.8時間の連続通話が可能。バッテリー持ちはやや短いですが、比較的リーズナブルなので、手軽にハンズフリー通話をしたい方におすすめです。

また、耳の奥まで入らないオープンタイプなので、圧迫感が軽減されています。約8gと軽量で、長時間の通話にもおすすめです。さらに、HD Voice対応で、高音質な声で通話できるのもポイント。本体のマルチファンクションボタンで、音声アシスタントも起動できます。

プラントロニクス(PLANTRONICS) VOYAGER 5200シリーズ Bluetoothヘッドセット 203500-108

プラントロニクス(PLANTRONICS) VOYAGER 5200シリーズ Bluetoothヘッドセット 203500-108

ノイズキャンセリングマイクを搭載したヘッドセットタイプのイヤホンです。4つのマイクを組み合わせ、周囲の騒音や風の音をカット。話し声がはっきりと伝わります。また、音声コマンドにも対応。着信時などのアナウンスは、日本語音声に設定できます。

また、エルゴノミクスデザインで長時間付けていても耳が疲れにくく、1日中快適に使用できるのも魅力。IPX4の防水仕様で汗や水滴から本体を保護できるので、汗をよくかく方にもおすすめです。

そのほか、バッテリー持ちがよいのもポイント。約90分の充電で最大約7時間の連続通話ができます。別売のバッテリーケースを使用すれば、最大14時間使用できるので、長時間ハンズフリー通話をする方にもおすすめです。

ハンズフリーイヤホンのおすすめモデル|完全ワイヤレス

ゼンハイザー(SENNHEISER) MOMENTUM True Wireless M3IETW

ゼンハイザー(SENNHEISER) MOMENTUM True Wireless M3IETW

高音質コーデックaptX・aptX LL・AACに対応しているイヤホンです。ハンズフリー通話だけでなく、音楽を高音質で聴きたい方にもおすすめ。耳元のタッチコントロールで、曲の再生を操作できるほか、音声アシスタントも起動できます。

また、最大約4時間の音楽再生が可能。付属の充電ケースを使用すれば最大12時間使用できるため、頻繁にハンズフリー通話をする方にもおすすめです。Bluetooth 5.0対応で、接続も安定しています。

イヤホン本体は人間工学に基づいて設計されており、フィット感も良好。遮音性も高く、通話に集中できます。IPX4の防水性能を搭載しているため、ジョギングなどでの使用にもおすすめです。

ジェイビーエル(JBL) トゥルーワイヤレスインイヤー型ヘッドホン JBL TUNE 120TWS JBLT120TWS

ジェイビーエル(JBL) トゥルーワイヤレスインイヤー型ヘッドホン JBL TUNE 120TWS JBLT120TWSBLK

豊富なカラーラインナップを揃えたイヤホンです。付属の充電ケースも本体に合わせたスマートなデザイン。ファッションアイテムとしても活躍します。人間工学に基づいて設計されているため、長時間のリスニングも快適です。

付属の充電ケースを使用すれば、最大約16時間の再生が可能。単体では、約2時間の充電で最大約4時間再生できます。さらに、急速充電に対応しているのもポイント。約15分の充電で、最大約1時間の再生が可能です。

内部には5.8mmドライバーを搭載しており、パワフルなサウンドが楽しめます。耳元のボタンで音楽の再生・一時停止・電話応答などの操作が可能。SiriやGoogleアシスタントなどの音声アシスタントにも対応しているため、ハンズフリーで電話の発信などができます。

アンカー(ANKER) Soundcore Liberty Air A3902011

アンカー(ANKER) Soundcore Liberty Air A3902011

高音質コーデックAACとaptXに対応した、音楽再生にもおすすめのイヤホンです。マイクはCVC8.0ノイズキャンセリング技術で周囲のノイズをカット。繁華街など混雑する場所でも、相手に明瞭な声を届けられます。

また、Bluetooth 5.0に対応しているのもポイント。接続が安定しているため、街なかで使用することが多い方にもおすすめです。さらに、IPX5防水規格に対応しており、小雨のなかでも故障のリスクを抑えて使用できます。

加えて、バッテリー持ちもよく、最大7時間の連続再生が可能。付属の充電ケースを使用すると、最大28時間の音楽再生が可能です。そのほか、急速充電に対応しており、約10分間の充電で約1時間音楽が再生できます。

ハンズフリーイヤホンのおすすめモデル|ワイヤレス

ソニー(SONY) オープンイヤーワイヤレスステレオヘッドセット SBH82D

ソニー(SONY) オープンイヤーワイヤレスステレオヘッドセット SBH82D

耳を塞がないオープン型のイヤホンです。装着したまま会話でき、屋外でも安全に使用可能。耳を塞がず圧迫感がないので、長時間の使用にもおすすめです。

また、約2時間の充電で最大約7.5時間使用可能。バッテリー持ちがよく、長時間の外出でも快適に使用できます。Bluetooth 4.2で接続安定性が良好なのもポイント。高音質コーデックのAACに対応しているため、特にiPhoneユーザーの方におすすめです。

ケーブルのリモコンにはマイクを搭載しており、ボリューム調節・曲送り・曲戻しを操作できます。GoogleアシスタントやSiriなどの音声アシスタントにも対応しているので、ハンズフリーで電話をかけたい場合にも便利です。

サウンドピーツ(SoundPEATS) SoundPEATS Q35 Pro

サウンドピーツ(SoundPEATS) SoundPEATS Q35 Pro

高音質コーデックのAACとaptXに対応しており、音楽再生にもおすすめのイヤホンです。10mmの大型ドライバーでやや低音寄りのチューニングが施されており、特にEDMなどのジャンルで迫力あるサウンドを楽しめます。

約2時間の充電で最大8時間の連続再生ができるのもポイント。バッテリー持ちがよく、通勤通学時のハンズフリー通話にもおすすめです。CSR8645チップセットを搭載し、Bluetooth 4.1を採用しているため、混雑している場所でも通信が安定しています。

また、IPX6の防水仕様なので、スポーツ時にもおすすめです。マイクにはCVC6.6ノイズキャンセリング機能を搭載。喧騒のなかでも自分の声をクリアに届けられます。

ハンズフリーイヤホンのおすすめモデル|有線

ソニー(SONY) 密閉型インナーイヤーレシーバー h.ear in 2 IER-H500A

カラーラインナップが豊富で、ファッショナブルに持ち歩けるイヤホンです。ハイレゾ音源に対応しており、音楽再生にもおすすめ。ケーブル上にマイク付きのリモコンを備えており、通話応答や保留などの操作ができます。

また、Xperiaユーザー専用の「SmartKeyアプリ」で、リモコン操作をカスタマイズできるのも魅力。使いやすくカスタマイズできるので、より快適にハンズフリー通話ができます。

パイオニア(Pioneer) RAYZ Plus SE-LTC5R

パイオニア(Pioneer) RAYZ Plus SE-LTC5R-T/S

Lightning接続に対応した有線イヤホンです。ケーブルに充電用ポートを備えているので、充電しながら接続できます。ケーブルにはリモコンも搭載。ボタンが細かく分かれており、ワンタッチで直感的に操作可能です。

また、ノイズキャンセリング機能を搭載しているのも魅力のひとつ。街なかでも通話に集中できます。外音取り込み機能にも対応しており、イヤホンを付けたまま、アナウンスなどが聞き取れるのも魅力です。