街なかで使用している姿を見かけることが多くなった「ハンズフリーイヤホン」。スマートフォンを取り出すことなく、通話や音楽の一時停止・曲送りなどを行えることから人気が高まっています。

しかし、ハンズフリーのイヤホンにはさまざまな種類があるので、どれを選べばいいのか困ってしまう方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、ハンズフリーイヤホンの選び方と、種類別のおすすめモデルをご紹介します。

ハンズフリーイヤホンとは?

By: amazon.co.jp

ハンズフリーイヤホンとは、スマートフォンで通話をする際に、手で持つことなく通話ができるイヤホンです。ポケットやカバンからスマートフォンを取り出さなくてもボタン操作で応答できるので、両手が塞がらず、家事や作業をしながらでも自由な姿勢で通話を楽しめます。

また、本体に搭載されたボタンを使えば、スマートフォンを操作せずに楽曲の曲送り・再生・一時停止・音量調節を操作可能。さらに、スマートフォンのカメラ機能と連動することで、イヤホン本体のボタンを押すだけでシャッターを切れるハンズフリーイヤホンもあります。

音声アシスタントと連携できるモデルも人気。イヤホン本体に軽く触れるだけで、iOSのSiriやAndroidのGoogleアシスタントを簡単に呼び出せます。音声で指示して楽曲の操作や指定の宛先へのメッセージ送信を行うことも可能です。

ハンズフリーイヤホンの種類

片耳タイプ

By: amazon.co.jp

片耳タイプは軽量で、周囲の音を聞きやすいのが特徴。通話の最中でも車の音や踏切警報機の音などの環境音も聞き取れるので、安全に配慮しながら使用できるのがポイントです。

一方、片耳のためモノラル再生になってしまい、ステレオ再生ができない点に注意が必要。音楽再生などには不向きで、ラジオ聴取や通話をメインで使用したい方におすすめのタイプです。

ワイヤレス(Bluetooth)

By: amazon.co.jp

ワイヤレスタイプはスマートフォンとイヤホンをケーブルで接続せず、Bluetoothで接続するイヤホン。ケーブルがない分可動域を制限されることなく、デバイスと離れていても使用できるのがメリットです。

ワイヤレスタイプは大きく分けて「左右一体型」と「左右分離型」の2種類があります。防水性能に優れたスポーツ仕様のモデルや、長時間使用できる大容量バッテリーを内蔵したモデルなど豊富なラインナップがあるので、価格や用途に合ったモノを選んでみてください。

有線

By: amazon.co.jp

有線タイプはほかのタイプに比べて比較的リーズナブルに購入できるシンプルなイヤホン。スマートフォンとイヤホンをケーブルで接続するため、遅延が少なかったり、給電がいらなかったりなどのメリットがあります。また、音質の劣化も少なく高音質を楽しめるのもポイントです。

一方、ケーブルが引っかかって外れてしまったり、断線して使えなくなってしまったりなど有線特有のデメリットがある点に注意が必要。バッテリーを気にせずに長時間使用したい方や、コスパを重視したい方におすすめのタイプです。

ハンズフリーイヤホンの選び方

マイクの性能をチェック

By: amazon.co.jp

通話を頻繁に使用する方はマイクの性能を要チェック。クリアな通話を可能にする「ノイズキャンセリング機能」を搭載したモデルや、屋外で使用する際に周囲の音や風切り音を低減できるモデルなどであれば、よりスムーズで快適な通話ができます。

また、マイクの数が多いモデルやマイクの位置が口元に近いモデルは、音を拾いやすいため相手へ音声を届けやすくなるのがポイント。ビジネスシーンなど大事な場面で使う際は、特に注意して選んでみてください。

防水性能をチェック

By: amazon.co.jp

雨のなかでのランニングや、ジムでの激しいトレーニングの際にハンズフリーイヤホンを使用する場合には、防水性能を備えた製品がおすすめ。汗や雨などの水滴がスピーカーからイヤホンの内部に侵入してしまうと故障する恐れがあるため、スポーツをする際は耐汗・防水仕様のハンズフリーイヤホンを選びましょう。

選ぶ際は「IPX-」という表示に注目。機器の防水性能を示す等級で、「-」の部分には0から8までの数字が入り、数値が高いほどその機器の防水性能が高いことを示します。

特におすすめなのはIPX4以上のハンズフリーイヤホン。多角度からの散水にも耐えられるので、汗をかくスポーツやランニング中の急な雨でも故障のリスクを抑えられ、安心して使えます。

リモコン機能をチェック

By: sony.jp

ハンズフリーイヤホンには、通話の応答・終話や音楽再生を操作するためのリモコン機能を備えたモノもあります。可能な操作はイヤホンごとに異なるため、注意が必要です。

リモコンのボタン数が少ないと見た目はすっきりしますが、可能な操作が少なくなったり、操作が複雑になったりする場合があります。通話アプリに対して応答・終話操作ができるか、音楽の再生・停止に加え、曲送りや音量調節ができるかもあわせてチェックしておきましょう。また、スマートフォンのOSやバージョンによって、使用できるリモコン機能が異なる場合があるので、事前に確認するようにしてください。

左右分離型イヤホンの場合は、小さな本体にリモコン機能を搭載しているため、ボタン式かタッチ式かといった操作系の種類や、ボタンの数による使い勝手の違いがあります。機能性だけを求めるのではなく、自分にとって使いやすいリモコンを搭載したモデルを見つけることが大切です。

ノイズキャンセリング機能があればクリアな通話が可能

By: amazon.co.jp

人混みなど周囲が騒がしい環境で通話をする方は「ノイズキャンセリング機能」を搭載したモデルがおすすめです。ノイズキャンセリングとは、周囲の音と逆位相の音を発生させることでノイズを低減し、音を聞き取りやすくする機能のこと。通話シーンはもちろん、音楽などもクリアで聞き取りやすくなるので、通話や音楽に集中したい方は注目したい機能です。

一方、ノイズキャンセリング機能は周囲の音が聞き取りにくくなるので、安全面に注意が必要。安全面に配慮したい方は、周囲の音を取り込める「外音取り込み機能」が搭載されているかもあわせてチェックしましょう。

ハンズフリーイヤホンの注意点

By: amazon.co.jp

パソコン作業やランニング中など、ほかのことをしながら使用できるのがハンズフリーイヤホンの魅力。しかし、車を運転しながらハンズフリーイヤホンを使用するには特に注意が必要です。

運転中におけるハンズフリーイヤホンの使用自体は道路交通法には抵触しませんが、都道府県の条例によって禁止されている場合があるので、極力使用しないようにしましょう。

また、ハンズフリーイヤホンにはスマートフォンのOSによって使用できるモノとそうでないモノがあるので、注意が必要です。スマートフォンのOSに非対応のモノだと通話ができなかったり、機能が制限されてしまったりする場合のあるため、購入の際は事前に対応OSを確認しておきましょう。

ハンズフリーイヤホンのおすすめ|片耳タイプ

ジャブラ(Jabra) TALK 25 100-92310900-40-A

約8.2gの軽量設計で、快適に着用できる片耳タイプのハンズフリーイヤホン。スタイリッシュな北欧デザインを採用しており、さまざまなシーンに対応できる高いデザイン性が特徴です。

ボタン配置がシンプルで、操作も簡単。耳に装着していても直感的に操作できるので、機械が苦手な方にもおすすめです。充電にはmicro USBを採用しており、PCからも充電可能。最大8時間連続で使用できるバッテリーを搭載しているので、充電切れを気にせず1日中でも使えます。

最大8台、同時に2台までのデバイスに接続できるのもポイント。ビジネスとプライベートで使い分けられるイヤホンを探している方にもおすすめです。

プラントロニクス(PLANTRONICS) Bluetoothワイヤレスヘッドセット M70

長時間着用しても疲れにくい高い快適性を実現した片耳タイプのハンズフリーイヤホン。本体重量はわずか約8gと軽量設計で、手軽に装着できるのが特徴です。

大容量のバッテリーを内蔵しており、最大約11時間の連続通話も可能。待受時間も約380時間と長いので、充電してから日をおいて使いたいときにも便利です。さらに、バッテリーの持続時間を長持ちさせる「DeepSleepモード」を搭載。どこかに置き忘れても自動でバッテリーを節約します。

通話時間や電池残量などのステータスを音声通知できるのも魅力のひとつ。本体に搭載されたボタンで通話応答・終話や、音楽再生時のトラック操作、音量調節ができるのもうれしいポイントです。

プラントロニクス(PLANTRONICS) Bluetoothワイヤレスヘッドセット Voyager Legend

音声を拾いやすいようにマイクが口元近く配置されている片耳タイプのハンズフリーイヤホン。3個のマイクと3層構造の「ノイズ&ウインドキャンセリングマイク」により、クリアな音質で高品質な通話をできるのが特徴です。

通常の電話より集音時の音域が広い「HD Voice(ワイドハンド)」を搭載。相手へより音声を伝えやすく、スムーズな通話が可能です。目に見えないP2iテクノロジーを用いた撥水コーティングが施されているのもポイント。汗や雨などからイヤホンを守り、さまざまなシーンで使用できます。

Vidafelic Bluetoothイヤホン NB2

IP68相当の防塵・防滴性能を備えた片耳タイプのハンズフリーイヤホンです。IP68の防水レベルは入浴時やシャワー中の使用も可能。雨やランニングなどの汗からもしっかり守れます。

耳に収まりやすい小型設計なので、しっかり固定できるのも魅力のひとつ。長時間着用しても疲れにくいので、頻繁に連続使用する方にもおすすめです。また、3時間の連続音楽再生、5時間の連続通話に対応しており、バッテリー残量を気にせず使用できます。

「CVC6.0ノイズキャンセリング機能」を搭載しているため、クリアな通話も可能です。iOS・Android問わずさまざまなデバイスに対応しているのもポイント。小型で利便性に優れたモデルを探している方におすすめです。

Anpoow Bluetoothヘッドセット Y9

最大8時間の音楽連続再生や、最大10時間の連続通話が可能な大容量バッテリーを内蔵したハンズフリーイヤホン。1.5時間でフル充電が可能な急速充電に対応しているのも特徴で、あまり充電に時間をかけたくない方にもおすすめです。

ノイズが入りにくい単一指向性のマイクを内蔵しており、クリアな通話ができるのも魅力のひとつ。MFBボタンを押せばワンタッチで簡単に応答・終話ができます。

さらに、「CVC8.0ノイズキャンセリング機能」を搭載しているのもポイント。風切り音を低減できる「ウインドフィルター」備えているので、よりクリアな音声を届けられます。iOS・AndroidそれぞれのOSに対応しているのもメリット。利便性に優れたモデルを探している方におすすめです。

ハンズフリーイヤホンのおすすめ|ワイヤレス

ゼンハイザー(SENNHEISER) MOMENTUM True Wireless 2 M3IETW2

高性能なアクティブノイズキャンセリング機能を搭載したワイヤレスタイプのハンズフリーイヤホン。遮音性が高く周囲のノイズを低減できるので、小さいボリュームでも音楽に集中できるのが特徴です。

周囲の音をシーンに合わせて取り込める「外音取り込み機能」を搭載しているのも魅力。イヤホンを着けながらでも安心してランニングを楽しめます。

バッテリーケースを付属しており、ケースと合わせれば最大28時間使用できるのもうれしいポイント。IPX4相当の防水性能も備えているので、突然の雨や運動中に汗をかいた場合でも安心して使えます。スタイリッシュで高級感あるデザインなので、おしゃれなハンズフリーイヤホンを探している方にもおすすめです。

アップル(Apple) AirPods Pro MWP22J/A

人気メーカーであるアップルが販売している、高いデザイン性と機能性を備えたワイヤレスタイプのハンズフリーイヤホン。快適な装着感と優れた密閉性を実現しているのが特徴です。

周囲のノイズを低減できる「アクティブノイズキャンセリング機能」を搭載しているのも魅力。さらに、イヤホンを着けながら周囲の音が聞ける「外部音取り込みモード」も備えています。これらの機能は、iPhoneやiPadからシームレスにコントロールが可能です。

バッテリーケースと合わせて24時間使用できるロングバッテリーもポイント。Qi規格のワイヤレス充電にも対応しています。軸に配置された感圧センサーにより、イヤホン本体から音楽や通話のコントロールが可能。アップル製品との相性もよいので、特にiPhoneやiPadを使っている方におすすめです。

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM3

ハイレゾ相当の高音質を実現する「DSEE HX」を搭載したワイヤレスタイプのハンズフリーイヤホン。「高音質ノイズキャンセリングプロセッサー QN1e」と「デュアルノイズセンサーテクノロジー」により、ハイレベルなノイズキャンセリング性能を実現しているのが特徴です。

人間工学に基づいて設計された「エルゴノミック・トライホールド・ストラクチャー」を採用。耳の3点でイヤホンを支え、高い密閉性を実現しています。安定した装着感も得られるので、ランニングなど運動をする方にもおすすめです。

充電ケースと合わせれば最大24時間の使用が可能。10分の充電で90分の再生ができる急速充電に対応しているのもポイントです。タッチセンサーにより、ハンズフリーで簡単に操作できるほか、外音取り込みモードを備えているなど多機能なのも魅力のひとつ。汎用性の高いモデルを探している方にもおすすめです。

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WI-1000XM2

高いノイズキャンセリング機能を備えたネックバンド型のハンズフリーイヤホン。低音から高音まで幅広いノイズを低減できる「高音質ノイズキャンセリングプロセッサー QN1」を搭載しているのが特徴です。

ワイヤレスながらハイレゾ音質を楽しめる「LDAC」に対応。音楽も快適に楽しめます。ネックバンド型のため、首に固定しやすいのも魅力です。

最大10時間の連続使用ができる大容量バッテリーを内蔵しているのもポイント。10分の充電で約80分再生可能なクイック充電に対応しているので、バッテリーが切れてもすぐに使えます。ランニングなどのスポーツシーンで使用したい方にもおすすめです。

ビーツ(Beats) Powerbeats Pro

アップル製品と相性のよい、スポーツシーンに適したワイヤレスタイプのハンズフリーイヤホン。「Apple H1チップ」を搭載しており、安定した接続や音切れなどを低減できるのが特徴です。

調節可能なイヤーフックとカスタマイズ可能なイヤーチップにより快適な装着感を実現。激しい運動をしても外れにくく、長時間着用しても疲れにくいのも魅力です。

単体で9時間、充電ケースと合わせれば24時間以上の再生が可能。5分の充電で約90分再生できる「Fast Fuel機能」を備えているのもポイントです。左右どちらのイヤホンも通話や音楽関係のコントロールに対応。カラーバリエーションも豊富でデザイン性も高いので、おしゃれなハンズフリーイヤホンを探している方にもおすすめです。

ハンズフリーイヤホンのおすすめ|有線

ソニー(SONY) 重低音イヤホン MDR-XB75AP

リモコン部分にマルチファンクションボタンとマイクを内蔵した有線タイプのハンズフリーイヤホン。ハンズフリーで快適な通話ができるほか、リモコンを使えば、通話の応答・終話、音楽再生・一時停止などの操作も手軽にできます。

独自開発の12mmドライバーを採用しており、高音質なサウンドを実現。「ベースブースター」により、迫力ある低域のサウンドを楽しめます。

スマートフォンがXperiaであれば、専用アプリを使うことでリモコン操作のカスタマイズが可能。比較的リーズナブルに購入できるので、コスパを重視したい方にもおすすめです。

アーカーゲー(AKG) カナル型イヤホン N30

ハイレゾの高音質に対応した有線タイプのハンズフリーイヤホン。「バランスドアーマチュアドライバ」と「ダイナミックドライバ」を搭載した2WAYハイブリッド方式を採用しています。各帯域で均一なバランスの取れたサウンドを実現できるのが魅力です。

装着強度や密閉性に優れた耳掛け式ケーブルを採用しているのもポイント。遮音性も高いので、クリアな通話が可能です。

接続するデバイスに合わせて好みの音質にカスタマイズできる「メカニカル・チューニング・フィルター」を採用しているのも魅力のひとつ。キャリングケースが付属しているので、持ち運ぶ機会が多い方でも安心です。

ジェービーエル(JBL) インイヤーイヤホン ENDURANCE RUN

運動時の汗や雨でも安心のIPX5相当の防水性能を備えている、有線タイプのハンズフリーイヤホン。音場豊かな8.2mmダイナミックドライバーを搭載しており、迫力あるサウンドを再生できるのが特徴です。

耳から抜け落ちにくい独自のイヤーチップ構造「ツイストロックテクノロジー」を採用しているのもポイント。激しい運動でも安定した装着感を得られます。

さらに、長時間の装着でも痛くなりにくい「フレックスソフトイヤチップ」を採用。価格もリーズナブルなので、コスパを重視したい方にもおすすめです。

シュア(SHURE) AONIC 4 SE42HY+UNI-A

高い遮音性が魅力の、高性能な有線タイプのハンズフリーイヤホンです。ダイナミックな低音とクリアな中高音を実現する「BAドライバー」と「ダイナミックドライバー」を搭載。楽器の音やボーカルを繊細に表現できるのが特徴です。

人間工学に基づいて最適化されたノズル角度により、長時間着用しても疲れにくい快適性を実現。しっかり耳にフィットするので、外れにくいのもポイントです。周囲の騒音を最大37dB遮断できる「高遮音性テクノロジー」を採用。騒がしい環境でもスムーズな通話やリスニング体験ができます。

シュア(SHURE) AONIC 3 SE31BAUNI-A

小型ながら高い遮音性を実現した有線タイプのハンズフリーイヤホンです。周囲の騒音を最大37dB遮断する「高遮音性テクノロジー」を搭載。小さいボリュームでもはっきりとしたサウンドを実現し、クリアな通話も可能です。

シングルBAドライバーにより、音楽本来のディティールを再現できるのが魅力。ケーブル上にマイクを内蔵したリモコンが搭載されているので、通話や音楽関係のコントロールも手軽にできます。リケーブルも可能なので断線しても安心。小型ながら利便性に優れたモデルを探している方におすすめです。