最近街なかで使用している姿を見かけることが多くなった「ハンズフリーイヤホン」。通話や音楽の一時停止・曲送りがスマートフォンを取り出さずに行えることから人気が高まっています。

しかし、ハンズフリーのイヤホンにはさまざまな種類があるので、初心者はどれを選べばいいのか困ってしまうことも。そこで今回は、ハンズフリーイヤホンの選び方を踏まえたうえで、種類別におすすめのモデルをご紹介します。

ハンズフリーイヤホンとは?

By: amazon.co.jp

ハンズフリーイヤホンとは、スマートフォンで通話をする際に、手で持つことなく通話ができるイヤホンです。ポケットやカバンからスマートフォンを取り出さなくてもボタン操作で応答できるので、両手が塞がらず、家事や作業をしながらでも自由な姿勢で通話を楽しめます。

また、楽曲の曲送り・再生・一時停止・音量調節も、搭載されたボタンを使えば直接スマートフォンを操作せずに手元で簡単に操作が可能です。さらに、スマートフォンのカメラ機能と連動することで、イヤホン本体のボタンを押すだけでシャッターを切れるハンズフリーイヤホンもあります。

最近では音声アシスタントと連携できるモデルも存在。イヤホン本体に軽く触れるだけで、iOSのSiriやAndroidのGoogleアシスタントを簡単に呼び出せます。音声で指示して楽曲の操作や指定の宛先へのメッセージ送信を行うことも可能です。

ハンズフリーイヤホンの選び方

装着方法をチェック

片耳タイプ

By: amazon.co.jp

片耳タイプのハンズフリーイヤホンは、軽量コンパクトなボディで装着感しやすいだけでなく、周囲の音を反対の耳で聞き取れるため安全性が高いのが魅力。リーズナブルな価格のモデルも多く展開されています。なお、音楽をステレオ再生できないので、通話やラジオ聴取がメインの方におすすめです。

両耳タイプ

By: amazon.co.jp

両耳タイプのハンズフリーイヤホンは、演奏の表現力や臨場感に優れたステレオ再生により、音楽を楽しめるのがメリット。イヤホンとしてはスタンダードな形式であるため製品の選択肢が幅広く、予算や求める音質、機能に応じたモデルを選びやすいのもポイントです。

リモコンやバッテリーにスペースを取りやすいため、操作性やスタミナに優れる製品が多いのも特徴。一方、左右のイヤホンの間を繋ぐケーブルがあるため、動きながらでの使用時などに煩わしさを感じたり、引っ張りによる断線トラブルが起きたりする場合があります。

左右分離型

By: amazon.co.jp

左右分離型のハンズフリーイヤホンは、左右両方の耳で臨場感のあるステレオ音声を楽しめるのが魅力です。左右でユニットが分離しているため、余計なケーブルに煩わされることがなく、装着感は軽やか。ただし、紛失しやすかったり、バッテリーが長持ちしにくかったりするので注意が必要です。

接続方法をチェック

ケーブルから解放される「ワイヤレスタイプ」

By: amazon.co.jp

ワイヤレスタイプのハンズフリーイヤホンは、スマートフォンとケーブルなしでBluetooth接続できるのが魅力です。ランニングなどのスポーツ用に適した防水仕様のモデルや、長時間の連続使用が可能なロングバッテリーを内蔵したモデルなど、用途に合ったモノを選んでみてください。

音声の遅延が少ない「有線タイプ」

By: amazon.co.jp

通常のイヤホンに操作ボタンとマイクが搭載された、シンプルなハンズフリーイヤホン。ほかのタイプと違って電源管理の必要がなく、スマートフォンのバッテリーが続く限り使えるので、長時間の通話に最適です。

有線接続は音質が良好で、遅延もありません。ハイレゾ音源の再生に対応したモノもあるので、音質にこだわる方にもおすすめです。また、ノイズキャンセル機能などで遮音性が高く保たれているモデルが多いため、通話時も音声が聞き取りやすく快適。

ただし、有線接続で使用するため、ケーブルが絡まったり、強い力が加わって断線してしまったりする恐れがあります。電源管理が億劫な方や音質を重視する方におすすめです。

通話品質をチェック

By: amazon.co.jp

クリアな音声で快適に通話をしたい方は、ハンズフリーイヤホンの通話品質を要チェック。イヤホンに搭載されたマイクの位置や形状が悪いと雑音が入ってしまい、自分の音声を通話相手へしっかり届けられない恐れがあります。

通話が主な用途の方には片耳タイプやワイヤレスタイプがおすすめ。ほかのタイプと違って移動時はマイクに搭載されたリモコンが服と擦れて雑音が発生する心配がないため、クリアな音声で通話ができます。

特に、Bluetooth接続に対応したハンズフリーイヤホンは、できるだけ最新規格のモノを選べば遅延や音質に優れたモデルが多いのでおすすめです。なかでも、Bluetooth 4.1以上の規格に対応したモノは、接続安定性が向上しており、快適な環境で通話を楽しめます。

防水性能をチェック

By: amazon.co.jp

ハンズフリーイヤホンを使用して、雨のなかでランニングをしたり、ジムで激しいトレーニングをしたりする場合は注意が必要です。汗や雨などの水滴がスピーカーからイヤホンの内部に侵入してしまうと故障する恐れがあるため、スポーツをする際は耐汗・防水仕様のハンズフリーイヤホンを選びましょう。

選ぶ際は「IPX-」という表示を要チェック。機器の防水性能を示す等級で、「-」の部分には数字が入り、数値が高いほどその機器の防水性能が高いことを示します。

具体的にはIPX4以上のハンズフリーイヤホンがおすすめ。多角度からの散水にも耐えられるので、汗をかくスポーツやランニング中の急な雨でも故障のリスクを抑えられ、安心して使えます。

リモコン機能をチェック

By: amazon.co.jp

ハンズフリーイヤホンには、通話の応答・終話や音楽再生を操作するためのリモコン機能が付属。可能な操作はイヤホンごとに異なります。

リモコンのボタン数が少ないと見た目はすっきりしますが、可能な操作は少なくなったり、操作が複雑になったりする点がデメリットです。SNS通話アプリに対して応答・終話操作ができるか、音楽の再生・停止に加え、曲送りや音量調節ができるかもあわせてチェックしておきましょう。また、スマートフォンのOSやバージョンによって、使用できるリモコン機能が異なる場合があることにも注意してください。

左右分離型イヤホンでは、小さな本体にリモコン機能が搭載。そのため、ボタン式かタッチ式かといった操作系の種類や、ボタンの数による使い勝手の違いがあります。機能性だけを求めるのではなく、自分にとって使いやすいリモコンを搭載したモデルを見つけることが大切です。

ハンズフリーイヤホンの注意点

By: amazon.co.jp

パソコン作業やランニング中など、ほかのことをしながら使用できるのがハンズフリーイヤホンの魅力。しかし、車を運転しながらハンズフリーイヤホンを使用するには注意が必要です。

運転中におけるハンズフリーイヤホンの使用自体は道路交通法には抵触しませんが、都道府県の条例によって禁止されている場合がほとんどなので、極力使用しないようにしましょう。

また、ハンズフリーイヤホンにはスマートフォンのOSによって使用できるモノとそうでないモノとがあるので、注意が必要です。スマートフォンのOSに非対応のモノだと通話ができなかったり、機能が制限されてしまったりすることもあるので、購入の際は事前に対応OSを確認しておきましょう。

ハンズフリーイヤホンのおすすめ|片耳タイプ

プラントロニクス(PLANTRONICS) モバイルBluetoothヘッドセット M70

プラントロニクス(PLANTRONICS) モバイルBluetoothヘッドセット M70

約8gと軽量ながら安定感がある耳かけタイプの片耳イヤホンです。約2時間の充電で最長11時間の連続通話が可能とバッテリーの持ちがよいため、移動時や旅行などでの使用にもおすすめ。PCやスマートフォンなどと2台までペアリングできるのも便利です。

また、連続通話時間や電池残量、接続状況などの音声通知により機器の状態を簡単に把握できます。曲のコントロールや音量調節も本製品のリモコンでできるので、接続機器が手元になくても快適に操作が可能です。

さらに、風音やエコーなどのノイズをカットし、クリアなハンズフリー通話ができるため、屋外やビジネスシーンでも活躍します。

プラントロニクス(PLANTRONICS) モバイルBluetoothヘッドセット Explorer 500

プラントロニクス(PLANTRONICS) モバイルBluetoothヘッドセット Explorer 500

受話時のノイズをカットするHD音声技術を備えた片耳イヤホンです。移動中の通話も鮮明な声を聞き取れます。ノイズキャンセリングマイクも採用しており、周囲の騒音が大きい環境でのハンズフリー通話にも便利です。

音声コマンド機能を使えばSiriなどの音声アシスタントを起動できるため、耳元を操作するだけでルート検索などができます。約2時間の充電で7時間の連続通話が可能。耳元には音量ボタンなどを配置しており利便性にも優れています。

また、ストラップタイプの充電用ケーブルが付属。ベルトのバックルやカバンなどに付けて持ち運べるため、失くす心配もありません。

エレコム(ELECOM) スマートフォン用モノラルヘッドホンマイク EHP-MC3520

エレコム(ELECOM) スマートフォン用モノラルヘッドホンマイク EHP-MC3520

リーズナブルな価格が魅力的な片耳イヤホン。カジュアルなファッションに合わせやすいカラー展開が魅力です。有線接続タイプで、汎用性の高い3.5mm4極プラグを搭載しているため、さまざまなオーディオ機器に接続できます。

また、インラインコントローラーにはハンズフリー通話用のマイクも内蔵。電話応答や曲再生などの操作が手元でできるので、移動中の操作も簡単です。さらに、カバンに入れて持ち歩いても絡まりにくいフラットケーブルを採用しているため、さっと取り出して使用できます。

ハンズフリーイヤホンのおすすめ|両耳タイプ

シュア(Shure) マイク・リモコン付きイヤホン UNIシリーズ SE215-K+UNI-A

シュア(Shure) マイク・リモコン付きイヤホン UNIシリーズ SE215-K+UNI-A

カナル型イヤホンの草分け的存在である、シュアによるハンズフリー対応イヤホン。遮音性が高く、音楽や通話に集中しやすいのがカナル型のメリットです。耳の後ろにケーブルを回り込ませる「シュア掛け」と呼ばれる装着方法で、ケーブルのタッチノイズを低減しているため、快適に使えます。

また、MMCX規格端子によるケーブル着脱機構を搭載しているのも特徴。MMCX規格に対応するケーブルやアダプターの付け替えで一般的な3.5mmステレオミニ端子による有線接続だけでなく、Bluetoothワイヤレス接続やUSB接続にも対応できます。

いずれもハンズフリー通話が可能なマイク付きリモコンが付属する、有線タイプとBluetoothタイプがラインナップ。別売りの専用アダプターを後から追加すれば、接続機器の変更にも柔軟に対応できます。

デノン(DENON) ワイヤレスイヤホン AH-C160W

デノン(DENON) ワイヤレスイヤホン AH-C160W

音の聞き取りやすさを重視した、屋外活動やスポーツ向けのワイヤレスイヤホン。周囲の騒音に音楽が埋もれずクリアに聞こえるよう、独自のDSPチューニングを施しているのが特徴です。 また、エルゴノミック形状のイヤーフックを採用。激しい動作を行っても優れたフィット感と音質を維持します。

さらに、周囲のノイズを抑えて声を聞き取りやすくする「cVc(Clear Voice Capture)技術」により、ハンズフリー通話を快適に行えるのもポイントです。

Bluetooth 4.1に準拠し、送信出力は安定した通信が可能なClass1を採用。通話の途切れを防げます。汗や雨でも安心して使用できる、IPX5/7相当の防水性能も魅力。幅広いシーンで快適に音楽と通話が楽しめる、おすすめのワイヤレスイヤホンです。

ソニー(SONY) Bluetooth対応ワイヤレスイヤホン WI-SP500

ソニー(SONY) Bluetooth対応ワイヤレスイヤホン WI-SP500

    

イヤホン構造の主流であり、密閉性の高いカナル型ではなく、耳を塞がない独自の開放型構造を採用したBluetooth対応イヤホン。音導管を通して鼓膜へ音を届けることで、周囲の音と再生している音楽がブレンドされて聞こえます。

周囲の安全やコミュニケーションを確保したまま音楽鑑賞や通話ができるのが利点。カナル型とは異なる広がりのある音質も特徴です。 長時間使用時に疲労感が少ないのも魅力。ハンズフリー通話や各種操作、音声アシスタントの音声操作が可能な機能性の高さもポイントです。

ワイヤレス接続が簡単にできるNFCに対応しているので、Bluetoothイヤホンの初心者にもおすすめです。

パイオニア(Pioneer) ハイレゾ対応イヤホン SE-CH5T

   

パイオニア(Pioneer) ハイレゾ対応イヤホン SE-CH5T

ハイクオリティーな3.5mm径端子接続タイプの有線イヤホン。新開発の大口径9.7mmドライバー搭載により、8Hz~45kHzもの広帯域を再生できるのが特徴です。また、リーズナブルな価格ながら「ハイレゾ対応」認証を取得しており、繊細でダイナミックな高音質を手軽に楽しめます。

ハンズフリー通話に対応したマイク付きリモコンは、コンパクトで邪魔になりにくいのもポイント。フィット感を確保しやすいリブ付きシリコンチップで、快適に装着できるおすすめのイヤホンです。

パイオニア(Pioneer) RAYZ Plus Lightning-Powered SE-LTC5R

パイオニア(Pioneer) RAYZ Plus Lightning-Powered SE-LTC5R

Lightning端子による有線接続に対応したイヤホン。Lightning接続対応のiPhoneをはじめとするiOSデバイスと、デジタル接続による高品位な再生や通話が行えるのが魅力です。

また、Lightning変換ケーブルには充電用ポートを搭載。接続デバイスを充電しながら、通話や音楽を楽しめるので便利です。 通話時にマイクのオン・オフが自動で働く「スマートミュート」機能で、ハンズフリー通話を快適に行えます。

周囲の騒音を低減して音楽や通話に集中できる、アクティブノイズキャンセリング機能も搭載。オフィスや屋外でも活躍できます。各機能やボタンの設定を専用アプリから自由にカスタマイズできるのもおすすめポイントです。

ハンズフリーイヤホンのおすすめ|左右分離型

アップル(Apple) AirPods Pro MWP22J/A

アップル(Apple) AirPods Pro MWP22J/A

周囲の騒音を大幅に低減できるアクティブノイズキャンセリング機能を搭載した、左右分離型イヤホン。また、遮音性の高いカナル型形状を採用しており、通話や音楽に集中したい方に適しています。

再生音を聞きながら周囲の音が聞ける、外部音取り込みモードもポイント。安全性の確保やコミュニケーションの維持に役立ちます。イヤホンのみで約5時間、付属の充電ケースを使用すれば約24時間のバッテリー再生が可能です。

iOSデバイスに最適化した「H1チップ」による使い勝手のよさも魅力。iOSデバイスと簡単にペアリング設定が可能で、複数のiOSデバイスの接続切り替えもスムーズです。ハンズフリー通話はもちろん、Siriの呼び出しと音声操作にも対応します。

2台のイヤホンに同時接続できるオーディオ共有機能といった、アップルの最新ワイヤレスオーディオ技術に対応するのも特筆点。 iPhoneユーザーにおすすめのイヤホンです。

ジャブラ(Jabra) 左右分離型イヤホン Elite 75t

ジャブラ(Jabra) 左右分離型イヤホン Elite 75t

利便性と通話品質にこだわった左右分離型イヤホンです。Siri、Google Assistance、Amazon Alexaの3つのAIアシスタントに対応。複数の機能を1つのイヤホンで使いこなしたい方に最適です。

また、マルチポイント対応も特徴。2台の機器と同時接続が可能で、スマートフォンの2台同時待ち受けができたり、音楽プレーヤーとスマートフォンを使い分けられたりするので便利です。

さらに、風切音やノイズを低減できる「4マイク通話テクノロジー」により、ハンズフリー通話時の音質も良好。イヤホン本体で7.5時間の再生ができ、付属ケースでの充電とあわせて最長28時間のロング再生が可能です。

専用アプリとファームウェアのアップデートにより、機能性と性能を向上させられるのもポイント。水没にも耐えられるIP55準拠の防水・防塵性能も備えています。屋内外、公私問わずに活躍するおすすめのイヤホンです。

ソニー(SONY) ワイヤレスステレオヘッドセット WF-SP900

ソニー(SONY) ワイヤレスステレオヘッドセット WF-SP900

一定時間の水没にも耐えられるIPX8相当の防水性能と、完全防塵を表すIP6X相当の性能を備えた左右分離型イヤホン。プールや海水での遊泳時にも使えます。また、イヤーピース装着位置を調節できるのもポイント。左右のハウジングをつなげるリーシュコードと、3サイズのアークサポーターも付属し、フィット感に優れているので、幅広いスポーツに最適です。

さらに、本体には4GBのメモリを内蔵しており、Bluetoothオフ時でもイヤホン本体のみで楽曲を再生可能。操作系は物理ボタンとタップ式の両方を搭載し、利便性を高めています。ハンズフリー通話に対応しているので、ジムや屋外でのアクティブな活動時にも自由に通話を楽しみたい方におすすめです。

バッテリー持ちも優れており、最大6時間の連続再生が可能。最大3回分の充電が行える充電ケースも付属しているため、屋外で長時間使用したい方はチェックしてみてください。

エレコム(ELECOM) 左右分離型イヤホン LBT-TWS02BK

エレコム(ELECOM) 左右分離型イヤホン LBT-TWS02BK

イヤホン本体と充電ケースの小型・軽量性が特徴の左右分離型イヤホン。重量はイヤホンが片側約4g、充電ケースが約32gなので、軽快な装着感と高い携帯性を備えています。

6.0mm径の外磁型ダイナミックドライバー「マイクロETEMドライバー」を採用し、小型ながら力強くワイドレンジでクリアな音質を実現。また、SiriやGoogleアシスタントなどの音声アシスタントに対応。音声操作で音楽の再生や音量調節などが行えます。

ハンズフリー通話も含め、片耳だけでの使用ができるのも便利。PC周辺機器に実績のある国内大手メーカーのため、接続安定性や通話品質をはじめ、製品の信頼性が高いのもおすすめポイントです。