最近街中で使用している人を見かけることが多くなった「ハンズフリーイヤホン」。通話や音楽の一時停止・曲送りがスマートフォンを取り出さずに行えることから人気が高まっています。

しかし、ハンズフリーのイヤホンにはさまざまな種類があるので、初心者にはどれを選べばいいのか困ってしまうことも。そこで今回は、ハンズフリーイヤホンの選び方を踏まえた上で種類別におすすめのモデルをご紹介します。

ハンズフリーイヤホンとは?

By: amazon.co.jp

ハンズフリーイヤホンとは、スマートフォンで通話をする際に、手で持つことなく通話ができるイヤホンです。ポケットやカバンからスマートフォンを取り出さなくてもボタン操作で応答できるので、両手が塞がらず、家事や作業をしながらでも自由な姿勢で通話を楽しめます。

また、楽曲の曲送り・再生・一時停止・音量調整についても、搭載されたボタンを使えば直接スマートフォンを操作しなくても手元で簡単に操作が可能です。さらに、スマートフォンのカメラ機能と連動することでイヤホン本体のボタンを押すだけでシャッターを切れるハンズフリーイヤホンもあります。

最近では音声アシスタントと連携できるモデルも存在。イヤホン本体に軽く触れるだけでiOSのSiriやAndroidのGoogleアシスタントを簡単に呼び出せるので、音声で指示して楽曲の操作や指定の宛先へのメッセージ送信を行うこともできます。

ハンズフリーイヤホンの種類

周囲の音を確認できる「片耳タイプ」

By: amazon.co.jp

軽量なコンパクトボディーで装着感が少なく、周囲の音を反対の耳で聞き取れるため安全性が高いのが片耳タイプのハンズフリーイヤホンです。リーズナブルな価格の商品が多く展開されています。音楽をステレオ再生できないので、通話やラジオ視聴がメインの方におすすめです。

小型で装着感に優れた「完全ワイヤレスタイプ」

By: amazon.co.jp

完全ワイヤレスタイプのハンズフリーイヤホンは、左右両方の耳で臨場感のあるステレオ音声を楽しめるのが魅力です。左右でユニットが分離しているため、余計なケーブルに煩わされることがなく装着感は軽やか。ただし、紛失しやすかったり、バッテリーが長持ちしにくかったりするので注意が必要です。

ケーブルから解放される「ワイヤレスタイプ」

By: amazon.co.jp

スマートフォンとケーブルなしのBluetooth接続でペアリングできる、ワイヤレスタイプのハンズフリーイヤホン。ランニングなどのスポーツ用に適した防水仕様のモデルや長時間の連続使用が可能なロングバッテリーを内蔵したモデルなど、用途に合ったものを選んでみてください。

音声の遅延が少ない「有線タイプ」

By: amazon.co.jp

通常のイヤホンに操作ボタンとマイクが搭載されたシンプルなハンズフリーイヤホン。他のタイプと違って電源管理の必要がなく、スマートフォンのバッテリーが続く限り使えるので、長時間の通話に最適です。

有線接続は音質は優れており、遅延もありません。ハイレゾ音源の再生に対応したものもあるので、音質にこだわる方にもおすすめです。また、ノイズキャンセル機能などで遮音性が高く保たれているモデルが多いため、通話時も音声が聞き取りやすく快適。

ただし、有線接続で使用するため、ケーブルが絡まったり、強い力が加わって断線してしまったりする恐れがあります。手軽さは低めですが、電源管理が億劫な方や音質を重視する方におすすめです。

通話品質をチェック

By: amazon.co.jp

クリアな音声で快適に通話をしたい方にはハンズフリーイヤホンの通話品質は重要。イヤホンに搭載されたマイクの位置や形状が悪いと、雑音が入ってしまい、自分の音声を通話相手へしっかり届けられない恐れがあります。

通話が主な用途の方には片耳タイプや完全ワイヤレスタイプがおすすめ。他のタイプと違って移動時はマイクに搭載されたリモコンが服と擦れて雑音が発生する心配がないため、クリアな音声で通話ができます。

また、Bluetooth接続が可能なハンズフリーイヤホンは、できるだけ最新規格のものを選べば遅延や音質に優れたモデルが多いためおすすめです。特に、Bluetooth 4.1以上の規格に対応したものではLTEとの通信干渉や騒音が抑制されており、快適な環境で通話を楽しめます。

防水性能をチェック

By: amazon.co.jp

耐汗・防水加工の施されていないハンズフリーイヤホンを使用して雨のなかでランニングをしたり、ジムで激しいトレーニングしたりする場合は注意が必要です。汗や雨の雫がスピーカーからイヤホンの内部に侵入してしまうと故障する恐れがあります。そのため、スポーツをする際は、耐汗・防水仕様のハンズフリーイヤホンを選びましょう。

選ぶ際は「IPX-」という表示が目安。これは機器の防水性能を示す等級で、「-」の部分には数字が入り、数値が高いほどその機器の防水性能が高いことを示します。

具体的にはIPX4以上のハンズフリーイヤホンがおすすめ。多角度からの散水にも耐えられるので、激しい汗をかくスポーツやランニング中の急な雨でも故障の心配がなく、安心して使えます。

ハンズフリーイヤホンの注意点

By: amazon.co.jp

パソコン作業やランニング中など、他のことをしながら使用できるのがハンズフリーイヤホンの魅力。しかし、車を運転しながらハンズフリーイヤホンを使用するには注意が必要です。

運転中におけるハンズフリーイヤホンの使用自体は道路交通法には抵触しませんが、都道府県の条例によって禁止されている場合がほとんどなので、極力使用しないようにしましょう。

また、ハンズフリーイヤホンにはスマートフォンのOSによって使用できるものとそうでないものがあるので注意が必要です。スマートフォンのOSに非対応のものだと通話ができなかったり、機能が制限されてしまったりすることもあるので、購入の際は事前に対応OSを確認しておきましょう。

ハンズフリーイヤホンのおすすめモデル|片耳

HOMMALAB Bluetooth Wireless Earphone blueeyap2t

HOMMALAB Bluetooth Wireless Earphone blueeyap2t

無駄のないデザインと機能性の高さが特徴の、コストパフォーマンスに優れた片耳タイプのハンズフリーイヤホン。Bluetooth 4.1に対応しており、周囲の騒音を抑えつつ、クリアで遅延のない通話が期待できます。

約7gの軽量ボディで耳に長時間装着していても疲れないので、電話に出ることが多いビジネスマンが常時装着する用途にもおすすめです。LINEやSkypeなどの対応可能なアプリの数も豊富。

また、USBケーブルを通じてPCやモバイルバッテリーから充電できます。約2時間でフル充電ができ、約6時間の連続通話が可能です。付属のケーブルイヤホンを本体に接続すれば両耳で使用できるため、音楽や動画も立体音響で楽しめます。

プラントロニクス(PLANTRONICS) Bluetooth ワイヤレスヘッドセット Voyager Legend

プラントロニクス(Plantronics) Bluetooth ワイヤレスヘッドセット Voyager Legend

独自のスマートセンサーテクノロジーを搭載した高機能な片耳タイプのハンズフリーイヤホン。3層構造からなる3個のマイクが周囲の雑音や風音を抑え、クリアな音声で街中でも快適に通話できます。

本機を装着時に着信を受けた際は発信者の名前を音声で通知。「アンサー(Answer)」と答えて通話を受けつけるか、「イグノアー(Ignore)」と答えて通話を拒否できるので、着信の度にスマートフォンを取り出す必要はありません。

また、撥水加工が施されているのも特徴。夏場に汗をかいたり、雨に濡れたりした環境でも、イヤホンが故障する心配はありません。本体のコールボタンを押せば、Siriなどスマートフォンの音声アシスタントをすぐに呼び出せます。

ハンズフリーイヤホンのおすすめモデル|完全ワイヤレス

アップル(Apple) 完全ワイヤレスイヤホン AirPods

アップル純正の完全ワイヤレスタイプのハンズフリーイヤホン。シンプルなデザインながらもiPhoneのパフォーマンスをフルに発揮できる性能の高さが魅力です。iPhoneとの接続は簡単。一度ペアリングした後は、充電ケースの蓋を開くとiPhoneの画面に接続ボタンが表示されるので、それをタップするだけです。

光学センサーとモーション加速度センサーを搭載。イヤホンを耳に装着すると曲が自動的に再生され、耳から取り外すと一時停止します。通話時は、音声加速度センサーにより内蔵マイクと連携しながら周囲のノイズを取り除くので、ストレスフリーで通話が可能です。

イヤホン本体を2回叩けば音声アシスタントのSiriを簡単に呼び出せるほか、左右それぞれに一時停止や曲送りなどのコマンドを指定することも可能。iPhoneユーザーにおすすめのハンズフリーイヤホンです。

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WF-1000X

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WF-1000X

高音質で音楽を楽しめる完全ワイヤレスタイプのハンズフリーイヤホン。日本を代表する音響機器メーカーのソニーが開発したモノで、さまざまな独自の機能が搭載されているのが特徴です。

ノイズキャンセリング機能があるため、周囲の騒音を気にせずに通話や音楽鑑賞に没頭できます。またノイズキャンセリング機能とは別に周囲の音を取り込む「アンビエントサウンドモード」を搭載しているため、ランニングや歩きながら通話を楽しむ際も安全です。

専用のスマートフォンアプリ「Headphones Connect」を使用すれば、外音の取り込みやサウンドエフェクトを細かくカスタマイズできます。NFCが搭載されているので対応Androidスマートフォンならペアリングも簡単です。

ハンズフリーイヤホンのおすすめモデル|ワイヤレス

バングアンドオルフセン(Bang & Olufsen) ワイヤレスイヤホン Beoplay E6

バングアンドオルフセン(Bang & Olufsen) ワイヤレスイヤホン Beoplay E6

ワントーンのカラーリングによる洗練されたデザインで仕上げられたハンズフリーイヤホンです。防塵・防水性能に優れ、ハウジングは汚れや汗に強いゴムとポリマー製を使用。アクティブな動きでも外れにくい安定感のある装着性を誇るため、ランニングをはじめとするスポーツ時の使用にピッタリです。

独自設計の6.4mmダイナミックドライバーを内蔵しており、ワイヤレスながらも聞いていて疲れにくい上質なサウンドを実現。高精度のマイクを駆使すれば、クリアな音質でのハンズフリー通話が可能です。4サイズのイヤーチップが付属しているので、さまざまな形状の耳にしっかりフィットします。

ソニー(SONY) ワイヤレスヘッドセット h.ear in 2 Wireless WI-H700

ソニー(SONY) ワイヤレスヘッドセット h.ear in 2 Wireless WI-H700

ワイヤレスでもハイレゾ相当の高音質が楽しめるネックバンドタイプのソニー製ハンズフリーイヤホン。長時間のリスニングでも疲れにくい形状で、音楽を聴かない時に首からぶら下げていても煩わしく感じないため、ファッションの一部としても使えるのがポイントです。

ソニー独自のDSEE HX機能を搭載。ハイレゾ音源はもちろん、ハイレゾ対応の端末ではなくても、CD音源やMP3などの圧縮音源の高音域を補完するので、ハイレゾ相当の高音質で楽しめます。

iPhoneとAndroidスマートフォン両方に対応。ネックバンド部に搭載された操作ボタンを使って楽曲の音量調整や曲送り、着信の応答などが簡単にできます。Googleアシスタントなどの音声アシスタントの呼び出しが可能です。

ハンズフリーイヤホンのおすすめモデル|有線

ソニー(SONY) 密閉型インナーイヤーレシーバー MDR-XB75AP

ソニー(SONY) 密閉型インナーイヤーレシーバー MDR-XB75AP

迫力の重低音が楽しめる有線タイプのハンズフリーイヤホンです。ソニー独自開発のベスブースターを搭載。低音を正確なリズムで捉えることで、重低音のグルーヴ感が鼓膜にダイレクトに伝わります。

iPhoneとAndroidスマートフォンの両方で使用可能です。加えて、ソニーのスマートフォン「Xperia」には専用アプリ「SmartKeyアプリ」が付属。リモコン上のマルチファンクションボタンの機能を自由にカスタマイズできます。

ケーブル表面には細かい溝が掘られていることも特徴。有線イヤホンの悩み、ケーブル絡みの原因となる摩擦を低減するので、使用時も快適に使えます。

ビーツバイドクタードレ(Beats by Dr. Dre) urBeats3イヤフォン

ビーツバイドクタードレ(Beats by Dr. Dre) urBeats3イヤフォン

LightningケーブルでiPhoneと接続可能な有線タイプのハンズフリーイヤホンです。内蔵マイクを使えば、通話はもちろん音楽の再生やSiriの起動を音声でコントロール可能。さまざまなサイズのイヤーチップが付属しているため、ノイズが入りにくいフィット感のある着け心地を楽しめます。

細やかな音響設計によって各ジャンルの音楽に合わせた最適なサウンド出力が可能で、音質にこだわりのある方におすすめ。マグネット式のイヤーバッド・絡まりにくいフラットタイプのケーブルを採用しており、スマートに持ち運べるアイテムです。