近年、見かける機会が増えた「ハンズフリー対応のマイク付きイヤホン」。スマホの音楽を聴いている際に電話がかかってきても、そのままの状態で通話ができる便利なアイテムですが、不慣れなユーザーによっては製品の良し悪しがわからず、なかなか購入に踏み切れないのが悩みどころです。

そこで今回は、ハンズフリー対応のおすすめイヤホンをご紹介。音楽も通話もしっかりとした音質で、便利に使えるアイテムをピックアップしたので、ぜひチェックしてみてください。

ハンズフリーイヤホンの選び方

マイクの位置で選ぶ

By: amazon.co.jp

ハンズフリー対応のイヤホンは、一般的にマイクが本体側に付いているモノとリモコン内部に付いているモノの2種類に分けられます。

イヤホン本体側にマイクが付いているイヤホンは、マイクの分イヤホンがやや大きくなりますが、口元に近い場所から送話ができるのが特長。そのため、相手に安定したクリアな音声を伝えやすいです。通話使用をメインとに使うヘッドセットタイプがこれです。

一方で、マイクがリモコン内部に付いているイヤホンはイヤホンが小さめなところ特長。しかし、リモコン部はコードにぶら下がる形なので、送話品質が動きや風の影響を受ける場合もあります。音楽用高音質を謳うオーディオメーカー製イヤホンに多いタイプです。

通話品質で選ぶ

By: amazon.co.jp

屋外での使用も多いハンズフリーイヤホン。特に送話は周囲の環境騒音や風に影響を受けるため、通話使用を重視する一部のヘッドセットタイプでは、ノイズカット機能を装備。オーディオ用のヘッドホンでは装備する機種は少なめですが、送話時に環境騒音を減少させます。

ただし、近年増えている中国メーカーの格安Bluetoothイヤホンでは、通話時のノイズカット機能を装備するものが増えています。

両耳か片耳か

By: amazon.co.jp

通話使用メインのイヤホンとして向いているのが、小型・軽量化を追求した片耳だけのヘッドセットです。しかし、音楽用も考えるなら両耳タイプがおすすめ。音楽音源は左右を使うステレオのため、音楽を高音質に楽しむには3次元的な立体感が必要です。

装着タイプで選ぶ

By: amazon.co.jp

長時間装着も多いイヤホンは装着感も重要。最も一般的なカナル型(耳栓型)は、遮音性が高い反面、疲れやすいという面もあります。インナーイヤー型は外部の騒音の入り込みは多くなりますが、装着感はラクです。

また、カナル型でも耳掛け式やネックバンド式であれば、疲労感を軽減することが可能。ただし、個人差が大きいので試聴して確かめるのがおすすめです。

ハンズフリーのおすすめイヤホン

ソニー(SONY) WF-1000X

左右独立型のBluetoothハンズフリーイヤホン。おすすめの機能はスマホ連携で、イヤホンの設定をスマホを使い自分好みにカスタマイズできます。

スマホの各種センサーでユーザーの行動を分析し、自動的にノイズキャンセリングや周囲の音も聞こえる外音取り込み機能を切り替えることが可能。付属の専用ケースは2回分の充電が可能で、ケースから取り出すだけで自動的に電源がONになり便利です。

アップル(Apple) AirPods MMEF2J/A

iPhoneをお持ちの方におすすめのハンズフリーイヤホン。イヤホン本体に「光学センサー」と「モーション加速度センサー」を搭載しており、耳に装着するだけで自動的に音楽を再生することができ、外すと再生を一時停止する機能が特長です。

また、ダブルタップで簡単にSiriが起動できるのもポイント。音量調節や曲変更、電話などもラクです。バッテリーは5時間、専用ケースを使用することで24時間以上のバッテリー駆動が可能。また、専用ケースを使うと15分の充電で3時間使用できます。

ソニー(SONY) WI-1000X

ネックバンド型のBluetoothハンズフリーイヤホン。外れにくいので、長時間の使用におすすめです。スマホ連携も可能。また、気圧の変化に合わせてノイズキャンセリング性能を最適化する機能が搭載されており、飛行機内で利用する場合でもハイクオリティな音楽を楽しむことができます。

ビーツ(Beats) BeatsX

マグネット式イヤホンのBeatsX。マグネット式のイヤーパッドは絡まりにくいため、持ち歩きに便利なのも魅力です。Apple W1テクノロジーが搭載されているため、Apple製品との連携もバッチリ。iPhoneをお持ちの方におすすめのイヤホンです。

また、内蔵マイクを使えば電話の応答や音楽再生、SiriなどもできるRemoteTalkにも対応。そのほかのおすすめ機能はわずか5分の急速充電で2時間の再生、45分の充電で最大8時間再生に対応する点です。

オンキヨー(ONKYO) E700M

オンキョーのセミオープンタイプのインナーイヤーイヤホン。有線なので充電するのが煩わしい方におすすめです。また、圧迫感がなく耳に快適にフィットする人間工学デザインと、本体の余計な共振を防ぐ軽量アルミハウジング仕様も魅力。豊かな低域を持ちながらバランスに優れた音質を再生します。

エラート(ERATO) VERSE

左右独立型のイヤホン。完全ワイヤレスイヤホンとして超小型サイズですが、高級オーディオ並みの高音質も兼ね備えています。

専用イヤーチップは先端が360℃動くことにより耳の穴に沿って奥まで差し込むことが可能なので、遮音性が高く鼓膜にダイレクトに音が届きます。本体は3時間稼働、専用ケースで4回フル充電が可能。防水設計されているのでスポーツなどにもおすすめです。

タオトロニクス(TaoTronics) TT-BH07

コスパが高いタオトロニクスのBluetoothイヤホン。リーズナブルなイヤホンですが、Bluetoothの高音質コーディックのaptxに対応しており、対応するAndroidスマホと組み合わせることで、高音質で音楽を楽しめます。

イヤホンのヘッド部にはマグネットを内蔵し、使用していないときには左右のイヤホンをくっつけることで首にかけることができるのもおすすめポイント。最大6時間の音楽再生、連続通話が可能です。

ボーズ(Bose) SoundSport Free wireless headphones

高級オーディオメーカーBoseの左右独立型Bluetoothイヤホン。音質はもちろんのこと、デザイン・形状とも独自の技術を搭載しています。他のイヤホンにないおすすめの機能として、紛失したイヤホンを探す機能があります。

これはスマホの専用アプリでイヤホンを最後に使った場所と日時を表示し、簡単に探せる機能です。1回の充電で5時間使用可能、専用ケースは2回分のフル充電対応。防滴・防汗対応なのでスポーツ使用にもおすすめです。

ジェイビーエル(JBL) DUET MINI BT

JBLのカナル型Bluetoothイヤホン。各パーツにアルミが使用されているため、高級感のあるデザインと耐久性の高さがあるのが魅力です。バッテリーはイヤホン部ではなく、ケーブルに配置されており、イヤホン部がコンパクトなのもポイント。

最大2台までのスマホを同時に接続でき、プライベート用で音楽を再生、会社用で電話を受けるなどが可能です。再生用と通話用とスマホを2台使う方におすすめのイヤホンです。

デノン(DENON) AH-C160W

大口径11.5mmドライバーを装備した防水Bluetoothイヤホン。メーカー独自のDPSチューニングを施していることにより、ジムや野外でのトレーニング中でも周囲の音にボーカルやビートが聴き取りやすいのが魅力です。また、トレーニング中の汗や突然の雨でも安心して使用できる防水仕様もポイント。

ジムでトレーニングする方や野外でランニングする方におすすめです。ハンズフリー通話機能は周囲のノイズを抑えて声が聴き取りやすい設計になっています。

エレコム(ELECOM) LBT-TWS01MP

エレコムの左右独立型イヤホン。充電ケース本体をフル充電することにより、イヤホンを4回まで充電することができます。1度の充電で約2.5時間の連続再生が可能。小型の左右独立型の中でも比較的価格が抑えられているので、はじめて小型左右独立型イヤホンを使いたい方におすすめです。

また、イヤーキャップはさまざまな耳のサイズにフィットするように、S・M・Lと3つのサイズが付属しています。

タロメ(TAROME) X2T

小型の左右独立型イヤホンのなかでもリーズナブル価格のTAROME X2T。Bluetooth接続、充電ケース、ノイズキャンセル機能などを搭載しています。片耳だけ使うモードもあるため、音楽再生をメインではなく通話をメインで考えている方におすすめです。

カラーは、ブラック・シルバー・ネイビー・ブルー・レッド・ローズゴールドと豊富なカラー展開も魅力です。

サウンドピーツ(SoundPEATS) Q12

リーズナブルな価格で大人気のサウンドビーツのBluetoothイヤホン。左右のイヤホンにマグネットが搭載されており、使わないときは首にかけて使用したり、カバンの中に入れておいたりしても絡みにくくなっています。

aptxに対応、ハンズフリー通話のときに快適に会話できるノイズキャンセリング機能、IPX4防水仕様などを搭載。2時間の充電で6時間の再生、180時間のスタンバイが可能です。はじめてワイヤレスイヤホンを使う方にもおすすめです。

パイオニア(Pioneer) SE-CH9T

パイオニアのハイレゾ対応のイヤホン。新開発の大口径9.7mmドライバーを搭載し、音をストレートに鼓膜へ届けるイヤホン部のノズル形状を採用することでクリアな高音を再生します。おすすめの機能は着脱式のコードーで、MMCXタイプの接続コネクターに対応したケーブルと交換することが可能。

万が一ケーブルが断線しても安心です。ハイレゾ対応のプレイヤーをお持ちか、リケーブルしたい方におすすめのイヤホンです。