スマホや音楽配信サービスの普及により、国内外含め数多くのメーカーが参入している「高音質イヤホン」。多様化したユーザーの要望に応えるべく、さまざまな製品が発売されています。

そこで今回は、高音質なイヤホンのおすすめモデルを価格帯別のランキング形式でご紹介。購入前に知っておきたい専門用語についても解説するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

イヤホン用語の基礎知識

ドンシャリとは?

低音の「ドン」と高音の「シャリ」という擬音語を組み合わせたのが「ドンシャリ」です。その名の通り、低音と高音を際立たせたサウンドのことを示します。

この特徴があるイヤホンは中音域をカバーするボーカルの声よりも、ミュージックサウンド重視の傾向になるので、特にロックやハウス、テクノ、ヒップホップなどの低音が得意。なかでも電子楽器を多用する音楽に向いています。

かまぼことは?

「かまぼこ」とは中域が強く、低音と高音を抑えたサウンドのこと。周波数特性グラフが、かまぼこを切断したような形に見えることが由来です。

この特徴があるイヤホンは、ワイド音域レンジをカバーする性能よりも、ボーカルサウンドの再現性を優先しているタイプ。極端な低音や高音をカバーしないので、サウンドの聴き疲れが少ないのが魅力です。ギターやバイオリンなどの楽器も聴きやすい傾向にあります。

フラットとは?

「フラット」はその名の通り、すべての音域がまんべんなく出ていることを表しています。音源をありのまま伝える傾向にあるため、生演奏に近いライブ感を再現できるのが特徴です。

なお、「ドンシャリ」や「かまぼこ」が特徴のイヤホンと比べると音が平坦で、サウンドにエッジやエフェクトを求めているユーザーには物足りなさを感じることがあります。フラット=万能という意味ではないので、その点は注意しておきましょう。

イヤホンの種類

音漏れが少ない「カナル型」

By: amazon.co.jp

カナル型は耳栓のようなイヤーピースを差し込むタイプのイヤホン。密閉性の高さやコンパクトさが特徴で、最近のイヤホン市場の主流となっています。その形状と密閉性から、低音が強めの製品が多く、細かい音を聴き取りやすいのもポイントです。

一方、高音の抜けに物足りなさを感じるモノもあります。音のこもり具合や閉塞感に違和感をある方はインナーイヤー型がおすすめです。

カナル型イヤホンについてもっと知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

装着感に優れた「インナーイヤー型」

By: amazon.co.jp

インナーイヤー型とは耳穴に本体を軽く乗せるタイプのイヤホンで、高音の抜けのよさや開放感のある音を聴けるのが特徴。また、リーズナブルな製品が多いので、スペックやデザインなどの選択肢が多いのも魅力です。

一方、カナル型と比べると低音は弱め。外からの音も入りやすいので、繊細な音が聴き取りにくいのもデメリットとして挙げられます。さらに、構造上音漏れがしやすいため、電車内など人が集まる場所で使用する際は音量に注意しておきましょう。

インナーイヤー型についてもっと知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

高音質を求めるなら「有線タイプ」

昔からあるイヤホンの接続方式が、3.5mm径ステレオミニ接続による有線タイプです。最近人気のBluetoothワイヤレスタイプと異なり、コードの煩わしさがデメリット。しかし、Bluetoothのように伝送時に音のデータを圧縮しないので、高音質なモデルが多いのが魅力です。

また、有線タイプでもマイク付きリモコン機能を搭載していればスマホでの通話にも対応。なかには、イヤホン本体とコード部が着脱可能なモデルもラインナップされています。

ワイヤレスが魅力の「Bluetoothタイプ」

By: amazon.co.jp

コードの煩わしさを感じにくいのが魅力の「Bluetoothタイプ」。スマホやPCなど幅広い機器に普及しており、データ転送をスムーズにできるのが特徴です。

Bluetoothイヤホンで音質を左右するのは、「コーデック」という音声伝送規格。最も一般的な「SBC」はやや音の遅延があり、音質は標準的です。そのSBCよりもワンランク上なのが、iPhoneで採用している高音質・低遅延の「AAC」やAndroid端末で採用されている「aptX」。なお、「aptX」には上位規格の「aptX HD」もあります。

さらに、最近はハイレゾ音源に対応するコーデック「LDAC」も徐々に普及。ハイエンドクラスのイヤホンに採用されています。なお、「aptX HD」「LDAC」を使う場合は、送信側のコーデックが対応しているかどうかもしっかりとチェックしておきましょう。

Bluetoothタイプのさまざまな装着方式

Bluetooth対応のイヤホンは、イヤホンの左右間はコードがあるタイプと、そのコードすらも取り去った左右独立型の完全ワイヤレスイヤホンがあります。コードがあるタイプは、イヤホンが外れても紛失する心配がないほか、長時間の装着時でもストレスが少ないのが特徴。なかでも、レシーバー部を首にかけるネックバンド型が人気です。

一方、完全ワイヤレスイヤホンはコードの煩わしさがないのが最大の魅力。圧倒的な開放感で音楽を楽しめます。しかし、形状の都合からバッテリー持続時間が短めなことや、落としやすく紛失しやすい点には注意しておきましょう。

イヤホンの選び方

ドライバーユニットをチェック

By: amazon.co.jp

イヤホンの音を発する部分の形式は大きく2つに分かれます。最もスタンダードなのがダイナミック型。低コストでもワイドレンジに対応でき、低音再生能力も高いなどがメリットです。

もうひとつはBA(バランスド・アーマチュア)型。補聴器の技術を転用したタイプで、ダイナミック型では再現が難しい繊細なサウンドにも対応できるのが特徴です。製品によっては周波数範囲が狭いこともあり、低音が弱くなりがちなので注意しておきましょう。

なお、上記2つのメリットを合わせたハイブリッド型もあります。低音がよく響くダイナミック型と中音から高音のクオリティが高いBA型を兼ね備えているため、広音域をカバーできるのが特徴。ただし、高価なモデルが多く、製品ラインナップも限られているので購入する際には注意が必要です。

防水機能をチェック

By: amazon.co.jp

イヤホンの防水性能を示す等級として記載されているのが「IPX」。「IPX4」のように「IPX+数字」で表現され、数字が大きいほど防水性能が高いことを示しています。

なお、イヤホンのなかには「IPX+数字」の代わりに、「IP+数字2つ」で表現されるIPコードが付いたモデルもあります。IPコードの数字のうち、1つめの数字は防塵性、2つめの数字は防水性を示しており、それぞれの数字が大きい製品であるほど高い防塵性と防水性を備えたモデルです。

付随機能をチェック

音質を追求するなら「ハイレゾ対応」がおすすめ

By: amazon.co.jp

従来のCDを超える高音質を楽しめる「ハイレゾ音源」。対応する機種は再生周波数帯域が40kHz以上であることが条件となります。日本オーディオ協会認定のハイレゾマークが目印となるので、音質を重視したい方はぜひチェックしてみてください。

音楽に集中したいなら「ノイズキャンセリング機能」

By: amazon.co.jp

「ノイズキャンセリング」とは、イヤホンの内外に配置したマイクにより、“逆位相”と呼ばれる騒音を打ち消す音波を発生させる機能のこと。航空機内のような場所でも快適に音楽を聴けます。なお、ノイズキャンセリングの効果はバッテリーで駆動しており、充電が切れると使えなくなるためその点は留意しておきましょう。

操作性を重視するなら「マイク・リモコン付き」が便利

By: amazon.co.jp

最近ラインナップが増加しているのがマイクとリモコン機能を搭載したイヤホン。スマホの普及によりハンズフリー通話と音楽操作ができるので便利です。特に、ノイズキャンセリング機能がマイク部に10mm搭載されているモデルであれば、人混みのなかでも通話相手にしっかりと声を届けられます。

カスタマイズするならリケーブル対応機

By: amazon.co.jp

リケーブル対応とは、イヤホン本体とケーブル接合部の着脱が可能な製品のこと。業界標準規格である「MMCX端子」のイヤホンなら、通常の3.5mm径ステレオミニ接続に加えて、2.5mm径と4.4mm径バランス接続、さらにはBluetoothワイヤレス接続にもケーブルの付け替えで対応できます。

高級イヤホンの特徴といえる部分なので、音質やカスタマイズ性にこだわりたい方はぜひチェックしておきましょう。

高音質イヤホンのおすすめランキング|5000円以下

第1位 ファイナル(final) E2000 FI-E2DA

ファイナル(final) E2000 FI-E2DA

フラットなサウンドのイヤホンです。やや高音を強調したタイトなサウンドが特徴。女性シンガーを中心としたポップスやロックにおすすめです。

また、独自の「イヤーピーススウィングフィット機構」を採用しているのもポイント。耳の傾斜にフィットします。さらに、5サイズのイヤーピースが付属しており、遮音性にも優れている製品です。

有線タイプのイヤホンですが、イヤーフックが付いているため移動時にも安定感があります。タッチノイズを抑えたオリジナルケーブルを採用しており、有線イヤホンのタッチノイズが苦手な方にもおすすめです。

第2位 ソニー(SONY) ワイヤレスステレオヘッドセットWI-C310

ソニー(SONY) ワイヤレスステレオヘッドセットWI-C310

低価格帯のワイヤレスイヤホンのなかでも、長時間使用できる左右一体型のイヤホンです。最大15時間の連続再生が可能。さらに、10分の充電で60分間使用できるロングバッテリーを搭載しており、旅行や出張にもおすすめです。

遮音性に優れているため、低音をしっかりと楽しめるのもポイント。また、高音質コーデックAACに対応しているのも魅力です。

ケーブルにマイク付きリモコンを搭載しているので、曲の操作やハンズフリー通話が可能。スマホでのハンズフリー通話にも対応しているおすすめのモデルです。

第3位 ジェイビーエル(JBL) JBL TUNE 110BT ワイヤレス・インイヤー型ヘッドホン JBLT110BTBLKJN

ジェイビーエル(JBL) JBL TUNE 110BT ワイヤレス・インイヤー型ヘッドホン JBLT110BTBLKJN

手軽にワイヤレスで音楽が楽しめる、リーズナブルな価格のイヤホンです。カラーラインナップが豊富で安いため、ファッション性重視の方にもおすすめ。約2時間の充電で約6時間使用でき、通勤や通学にもおすすめです。

ハウジングにはマグネットが搭載されているので、使わないときはネックレスのようにして持ち運べます。重量は約16.5gと軽いため、持ち運びにも便利。ケーブルのリモコンにはマイクが付いており、ハンズフリー通話もできます。

低価格帯のなかでも安いモデルですが、バランスのとれたサウンドで高音質重視の方にもおすすめ。どのジャンルの音楽も再生しやすく、コストパフォーマンスに優れた製品です。

第4位 ソニー(SONY) 密閉型インナーイヤーレシーバー MDR-XB55AP

ソニー(SONY) 密閉型インナーイヤーレシーバー MDR-XB55AP

12mmのドライバーユニットを搭載した重低音モデルのイヤホンです。「ベースブースター」を搭載。遮音性に優れ、低音のグルーヴ感がしっかりと感じられます。EDMやロックなど、パワフルな低音サウンドが好みの方におすすめです。

また、カラーラインナップも豊富でファッションに合わせて選べます。ケーブルにはマルチファンクションボタンとマイク付きリモコンを搭載。ハンズフリー通話にも便利です。さらに、ソニーのXperiaユーザーの場合、専用アプリでリモコン操作のカスタマイズもできます。

絡みにくいセレーションケーブルを採用しており、持ち運びに便利。耐久性に優れたおすすめのモデルです。

第5位 茶楽音人 さらうんど Co-Donguri Brass

茶楽音人 さらうんど Co-Donguri Brass

ハイレゾ対応のイヤホンです。輪郭のはっきりとしたサウンドが好みの方におすすめ。ハウジング部分には真鍮素材を採用しており、イヤホンの共振を抑えてクリアですっきりとした音が楽しめます。

また、ケーブルは耳かけもできる設計で、有線タイプ特有のタッチノイズを抑えられるのもポイント。作業中の使用にもおすすめのモデルです。

高音質イヤホンのおすすめランキング|1万円以下

第1位 JVCケンウッド(KENWOOD) XXシリーズ HA-FX99X インナーイヤーヘッドホン HA-FX99X

インナーイヤー型の有線イヤホンです。ハウジング部分にダクトをトルネード状に配置しており、深みのある重低音が楽しめます。また、ハイレゾ対応で解像度の高いサウンドを鳴らすのもポイントです。

さらに、絡まりを抑えられるグルーヴケーブルを採用しているのも魅力。ポケットやカバンに入れて持ち運ぶ機会が多い方にもおすすめです。

第2位 バングアンドオルフセン(Bang & Olufsen) EARSET 5705260073386

バングアンドオルフセン(Bang & Olufsen) EARSET 5705260073386

軽い着け心地が魅力的なインイヤータイプのイヤホンです。イヤーフックが付いた、安定感のあるおしゃれなデザイン。イヤホンの角度・軸の高さ・イヤーフックの向きはそれぞれ調節可能。開放感ある装着感で快適に使用できます。

オールラウンドなサウンドで、さまざまな音楽ジャンルを楽しみたい方におすすめ。聴き疲れしにくく、長時間の移動中なども快適に使えます。

2時間の充電で約5時間稼働するので、通勤や通学にも便利。また、マイク付きのリモコンを搭載しているため、ハンズフリー通話にもおすすめです。

第3位 アビオット(AVIOT) TE-D01g

アビオット(AVIOT) TE-D01g

おしゃれでコンパクトに持ち運べる完全ワイヤレスイヤホンです。約2時間の充電で最大10時間の再生が可能。チャージングケースを使えば最大50時間再生できます。バッテリー持ちがよく、テレワークなどで長時間使う場合にもおすすめです。

また、cVc8.0ノイズキャンセリング機能を搭載しており、ハンズフリー通話も快適にできます。Bluetooth5.0に対応しており、接続も安定。さらに、AACやaptXの高音質コーデックにも対応しています。

IPX7の優れた防水機能を搭載しているのも魅力。場所を問わず、1日中おしゃれに音楽を持ち歩きたい方におすすめです。

第4位 ビーツ(Beats) urBeats3

ビーツ(Beats) urBeats3

コンパクトながらもパワフルに再生できるイヤホンです。ドンシャリ系のサウンドで、クリアな音が楽しめます。低音も力強く再生可能です。

有線タイプですが、絡まりにくいフラット構造のケーブルを採用。ポケットやカバンに入れて持ち運ぶ方にもおすすめです。ハウジングにはマグネットが付いており、使わないときはスマートにまとめて持ち運べます。

また、Lightningコネクタに対応したモデルもラインナップ。イヤホンジャックが廃止されたスマホでも、有線接続で遅延を気にせず再生したい方はチェックしてみてください。

第5位 ゼロオーディオ(ZERO AUDIO) ZIRCO DUOZA III

ゼロオーディオ(ZERO AUDIO) ZIRCO DUOZA III

解像度が高く、迫力のある低音を再生できるハイレゾ対応のイヤホンです。響きの豊かな低音を再生でき、中高音域との分離感も良好。上品な音作りで、とくにジャズやクラシックを聴く方におすすめです。

また、MMCX端子を採用しており、リケーブルも可能。別売りのワイヤレスレシーバーと組み合わせれば、ワイヤレスイヤホンとしても使用できます。

第6位 エティモティック・リサーチ(Etymotic Research) ダイナミック型 エントリーイヤホン MK5

エティモティック・リサーチ(Etymotic Research) ダイナミック型 エントリーイヤホン MK5

高解像度のイヤホンを販売していることでも有名な、エティモティック・リサーチのイヤホン。小型なので、耳の穴が小さくイヤホンが外れやすい方にもおすすめです。

遮音性に優れているため、屋外で使用する際にも便利。6mm径のダイナミックドライバーを内蔵しており、音の輪郭がはっきりとしたナチュラルなサウンドが楽しめます。

低音は抑えめですが、クラシックやポップスなど幅広い音楽に対応。コストパフォーマンスに優れ、高音質イヤホンのエントリーモデルとしてもおすすめです。

高音質イヤホンのおすすめランキング|2万円以下

第1位 アールエイチエー(RHA) TrueConnect

アールエイチエー(RHA) TrueConnect

どの音域もバランスのとれたサウンドで再生できる完全ワイヤレスイヤホン。中音域が豊かで聴き疲れしにくく、長時間の使用にもおすすめです。

最長で約5時間使用でき、付属の充電ケースを使えば合計25時間の再生が可能。AACコーデックに対応しており、ワイヤレスでも高音質で再生できます。

また、複数サイズのイヤーチップが付属しているので遮音性も良好。IPX5の防水仕様のタフな製品なので、汗や雨も気にせず使えます。さらに、人間工学に基づいた設計でフィット感に優れ、運動の際などにもおすすめです。

ハウジング部分にはマイクを内蔵しており、テレワークなどでのハンズフリー通話の際にも便利。簡単に操作ができ、利便性にも優れています。

第2位 ジャブラ(Jabra) Elite 75t

ジャブラ(Jabra) Elite 75t

通話品質に優れたイヤホンです。主にビデオ会議やテレワークなどで使う方におすすめ。ノイズキャンセリングマイクを搭載しており、風の強い場所や街中でもクリアな音声を届けられます。

Bluetooth5.0を採用しているため、接続も安定。AACコーデックに対応しており、ワイヤレスでも音ズレを抑えて使用可能です。動画鑑賞や音声通話も快適にできます。

また、専用アプリを使えば、イコライザーで好みのサウンドに設定可能。音楽再生や音声通話など、使用シーンに合わせて適したサウンドで再生できます。

IP55の防水防塵仕様でタフに使えるので、主に屋外で使う方にもおすすめ。約7.5時間再生可能なロングバッテリーを搭載しており、長時間使えます。付属のケースを使えば、合計28時間の再生が可能です。

第3位 ゼンハイザー(SENNHEISER) IE 40 PRO

ゼンハイザー(SENNHEISER) IE 40 PRO

プロフェッショナル向けイヤホンのエントリーモデルです。カナル型を採用しており、密閉性を重視したい方におすすめ。ケーブルを耳にかけて使用するので、装着感が安定しています。

ダイナミック型で、さまざまな音をナチュラルに楽しめるのもポイント。カラーはクリアとブラックの2種類をラインナップしています。

第4位 アップル(Apple) AirPods with Charging Case

アップル(Apple) AirPods with Charging Case

Appleユーザーにおすすめのインイヤーイヤホンです。Apple H1ヘッドフォンチップを搭載しており、Apple製品との親和性が高いのが特徴。取り外すと自動で停止するなど、使い勝手のよさがポイントです。

バッテリー持ちにも優れ、イヤホン単体で最大5時間の再生が可能。付属の充電ケースを使えば、合計24時間以上再生できます。約15分の充電で最大3時間再生できる急速充電にも対応しており、すぐに使いたいときにも便利。音場も広く、クラシックやジャズとの相性も良好です。

第5位 ファイナル(final) E4000

ファイナル(final) E4000

広い音場が特徴的な高音質イヤホンです。明瞭で立体的な音で再生でき、その場にいるような臨場感が楽しめます。6.4mmダイナミック型ドライバーを採用しており、音の移動もスムーズ。解像度が高く、音の抜けも良好です。

また、ケーブルには柔らかな被覆素材を採用しており、タッチノイズが抑えられています。シリコン製のキャリーケースも付属し、持ち運びに便利です。

独自の「イヤーピーススウィングフィット機構」を採用しているのもポイント。耳の傾きにフィットします。イヤーフックも付属し、安定感のある装着が可能です。さらに、MMCX端子を採用しているため、万が一断線した場合でもイヤホンとケーブルが着脱できます。

高音質イヤホンのおすすめランキング|3万円以下

第1位 バングアンドオルフセン(Bang & Olufsen) Beoplay E8 5705260068115

バングアンドオルフセン(Bang & Olufsen) Beoplay E8 5705260068115

高級感のあるデザインが魅力的なイヤホンです。手になじむ本革の充電ケースを採用。上品なデザインですが、ラバーやポリマー素材を使っているため水や汗にも強く、タフに使えます。

また、補聴器にも使われているペアリング技術「NFMI」を採用しており、接続が安定しているのもポイント。イヤホン単体で約4時間の再生が可能で、充電ケースを使えば最大12時間使えます。

音はフラットで、どのジャンルの音楽も楽しめます。専用アプリでイコライジングもでき、音楽ジャンルに合わせて調節可能です。

第2位 アールエイチエー(RHA) T20i

アールエイチエー(RHA) T20i

沈み込むような低音が楽しめるイヤホンです。中高音域もクリアで抜けがよく、鮮やかなサウンドを再生できます。EDMやメタル、ヒップホップなどが好きな方におすすめです。

また、フィルター交換機構に対応。リファレンス・バス・トレブルから好みのモノが選べます。映画や音楽など、使用シーンによって使い分けできるのも魅力です。

ケーブルにはオーバーイヤーフックが付いており、耳にかけて使用。安定感があり、タッチノイズも軽減できます。さらに、ケーブルにはApple製品対応のマイク付きリモコンを搭載。音量調節などが手軽にできるおすすめのモデルです。

第3位 ボーズ(Bose) QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphones

ボーズ(Bose) QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphones

ノイズキャンセリング機能を搭載したイヤホンです。屋外でも音楽を楽しみたい方におすすめ。耳にフィットする独自の「StayHear+イヤーチップ」を採用しており、ノイズキャンセリング機能なしでも遮音性に優れています。

また、周囲の音が聞き取れる「Awareモード」もあるため、必要な音だけをキャッチ可能。約2時間の充電で最大16時間使用できます。コワーキングスペースやカフェでのテレワーク中など、長時間の使用にもおすすめです。

さらに、ノイズキャンセリング中もボーズらしい深みのある低音が楽しめます。リモコンにはマイクも搭載されており、ハンズフリー通話にもおすすめです。

第4位 ビーツ(Beats) Powerbeats Pro

ビーツ(Beats) Powerbeats Pro

スポーツシーンにおすすめの完全ワイヤレスイヤホンです。調節可能なイヤーフックが耳にフィット。イヤーチップのサイズも複数あるので、それぞれの耳に合わせて装着できます。

耐汗と防沫に対応しているため、大量の汗を流すワークアウトでもタフに使用可能。最長9時間使用でき、付属の充電ケースを使えば合計24時間以上使えます。長時間のトレーニングでも快適です。

どの音域もバランスよく再生できるので、さまざまな音楽ジャンルを楽しめます。カラーラインナップが豊富なため、ファッションや好みに合わせて選べるのも魅力。運動中も高音質で音楽を楽しみたい方におすすめです。

高音質イヤホンのおすすめランキング|3万円以上

第1位 ゼンハイザー(SENNHEISER) MOMENTUM True Wireless M3IETW

ゼンハイザー(SENNHEISER) MOMENTUM True Wireless M3IETW

完全ワイヤレスタイプのイヤホンです。高音質コーデックaptX・aptX LL・AACに対応。ワイヤレス特有の音ズレが軽減されており、スマホでのゲームプレイや動画再生なども快適に楽しめます。

低音域がしっかりと出たサウンドですが、中高音域の邪魔をしにくいのもポイント。さまざまなジャンルの音楽を楽しみたい方におすすめです。

人間工学に基づいた設計で、装着感も快適。防滴設計なので、汗に濡れながらもタフに使えます。イヤホン単体で約4時間の連続再生ができ、付属のチャージングケースを使えば約12時間再生が可能。通勤通学中のリスニングにもおすすめです。

第2位 ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WI-1000XM2

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WI-1000XM2

優れたノイズキャンセリング機能を搭載したイヤホンです。飛行機や電車内で音楽に浸りたい方におすすめ。外音取り込みモードもあり、必要な音だけ聞き取れます。

DSEE HXを搭載しているので、ハイレゾではない音源もハイレゾ相当へアップスケーリング可能。LDACコーデックにも対応しており、ワイヤレスでもハイレゾ相当の高音質で再生できます。

さらに、付属のケーブルを使えば有線接続でのハイレゾ再生も可能。充電ケーブルや航空機用プラグアダプターも収納できるキャリングケースが付属し、有線ケーブルの持ち運びも簡単です。

また、イヤホン単体で最大10時間再生できるため、長距離移動中にも便利。10分の充電で80分再生できるクイック充電にも対応しています。

第3位 シュア(SHURE) SE846 WIRELESS 高遮音性イヤホン SE846-BLU+BT2-A

シュア(SHURE) SE846 WIRELESS 高遮音性イヤホン SE846-BLU+BT2-A

ライブ会場の舞台に立つアーティストが使うことを想定した、高遮音性に優れたワイヤレスイヤホン。外部の音が遮断されるため、イヤホンから流れる音に集中できるのが大きな魅力です。

イヤホンには高性能なBAドライバーを搭載。aptX・aptX HD・aptX LL・AACコーデックに対応したデバイスに接続すれば、臨場感あふれる高音質を体感できます。

着脱式ケーブルを付属しており、用途に合わせて有線イヤホンとしても利用できるのもポイント。Bluetooth用ケーブルにはマイクも搭載しているので、ハンズフリー通話も楽しめます。

第4位 オーディオテクニカ(audio-Technica) ハイブリッド型インナーイヤーヘッドホン ATH-IEX1

オーディオテクニカ(audio-Technica) ハイブリッド型インナーイヤーヘッドホン ATH-IEX1

上品な光沢感のあるハウジングを採用したイヤホンです。ハウジング部分にはチタニウム素材を採用。ハイブリッド型のドライバーを内蔵し、高音寄りの華やかなサウンドが楽しめます。

高音の伸びがよく、左右の定位感にも優れているのでライブ音源の鑑賞にもおすすめ。また、ジャズやクラシックなど、繊細な楽器表現が楽しめる音楽にも適しています。

さらに、万が一断線した場合もリケーブルが可能。耳かけスタイルにも対応しており、装着時の安定感も良好です。

第5位 ソニー(SONY) ステレオヘッドホン IER-Z1R

ソニー(SONY) ステレオヘッドホン IER-Z1R

ソニーのハイエンドモデルです。3基のドライバーを組み合わせた「HDハイブリッドドライバーシステム」を採用。低音から中高音域まで、高解像度で再生できます。ピュアなサウンドで音の分離感もよく、オールマイティに対応できるモデルです。

リケーブルにも対応しており、ケーブルのカスタマイズをしたい方にもおすすめ。付属のケーブルにはイヤーハンガーが付属し、イヤーチップも複数サイズが付属。装着感も安定しているおすすめのモデルです。

イヤホンのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

イヤホンのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。