ハイレゾ音源とスマホの普及により、国内外のメーカーが競合している高音質イヤホン。使い勝手や音質へのこだわりが多様化したユーザーの要望に応え、リーズナブルなエントリーモデルから高価格帯のハイエンドクラスまで、さまざまな製品が続々とリリースされています。

そこで、まずは高音質イヤホンを購入する際に知っておくべく専門用語を解説。それらを確認した上で、価格帯別のおすすめ品をランキングでご紹介していきます。ぜひ、あなたに合ったベストバイを見つけてください。

イヤホン用語の基礎知識

最近イヤホンの音質を表現する際によく使われる専門用語が「ドンシャリ」、「かまぼこ」、「フラット」の3つです。特に購入者のレビューでよく見かける言葉なので、しっかりと意味を確認しておきましょう。

ドンシャリ

By: amazon.co.jp

低音の「ドン」と高音の「シャリ」という擬音語を組み合わせた俗語が「ドンシャリ」です。その名の通り、低音と高音を際立たせたサウンドのことを示します。

この特徴がある高品質イヤホンは中音域をカバーするボーカルの声よりも、ミュージックサウンド重視の傾向になるので、特にロックやハウス、テクノ、トランス、ヒップホップなどの低音、なかでも電子楽器を多用する音楽に向いています。

かまぼこ


「かまぼこ」とはボーカル帯域を中心にした中域が強く、低音と高音を抑えたサウンドのこと。周波数特性グラフを見ると、まるでかまぼこを切断したようなU字形に見えることからそう呼ばれています。

この特徴がある高品質イヤホンはワイド音域レンジをカバーする性能よりも、ボーカルサウンドの再現性を優先しているタイプです。極端な低音や高音をカバーしないので、サウンドの聴き疲れが少ないのがメリット。1基のバランスド・アーマチュア(BA)型イヤホンを紹介する際に頻出するキーワードです。

フラット

By: amazon.co.jp

「フラット」はその名の通り、すべての音域が満遍なく出ているという意味。高音質イヤホンとしては原音を忠実にサウンド化していることを示しています。音源をありのまま伝える傾向にあるため、生演奏に近いライブ感を再現してくれます。

なお、ドンシャリやかまぼこが特徴の高品質イヤホンと比べると、音が平坦に感じることがあります。これにより、サウンドにエッジやエフェクトを求めるユーザーには物足りなさを感じるかも知れません。フラット=万能という意味ではないことは留意しておく必要があります。

おすすめ高音質イヤホンランキング
5000円以下のイヤホン

第1位 サウンドピーツ(SoundPEATS) イヤホン Q12

商品価格 ¥ 2,899

Bluetooth対応のQ12はリーズナブルな価格帯ながら、トップクラスの人気を誇る高音質イヤホンです。同ジャンルの中でもコスパの高さが好評で、一躍人気のアイテムになりました。

Q12をリリースしているサウンドピーツは、それまで高価でハイエンドなイメージが強かったBluetoothイヤホンの低価格化に着手。イヤホンの市場を活性化した代表的なメーカーとして知られています。

同製品はリモコン機能やCVC6.0ノイズキャンセリングにより明瞭な通話が楽しめるほか、防水にもしっかり対応。通勤や通学はもちろん、さまざまなスポーツシーンでも活躍してくれるアイテムです。

第2位 ゼロオーディオ(ZERO AUDIO) カナル型イヤホン ZERO BASS ZB-03

商品価格 ¥ 4,380

オーディオメーカーの新興勢力として注目されているゼロオーディオ。今回紹介するZERO BASS ZB-03は40kHzもの高域再生に加えて、バスブーストポートによる低音サウンドが魅力です。また、ハイレゾ対応ながら価格帯がリーズナブルな点もユーザーの支持を集めています。

フルアルミボディによって見た目の美しさとクリアなサウンドを実現している同モデルは、気軽にハイレゾを楽しみたい方におすすめです。

第3位 タオトロニクス(TaoTronics) Bluetoothイヤホン TT-BH07

商品価格 ¥ 2,999

ランニングやエクササイズなどの激しい動きにも対応できる、Bluetooth対応の高品質イヤホン。密着度の高いイヤーピースに加え、装着の安定性をアップさせるイヤーフックも採用しています。

また、防水性にも優れているので雨天での使用も安心。さらに音楽を聞かない場合は、ネックレスのようにイヤホンを一本に繋げておくことができるので、首から下げておくことが容易です。

第4位 フィリップス(Philips) カナル型イヤホン SHE9700

商品価格 ¥ 1,480

実勢価格が2000円以下でありながら評判の高音質イヤホン。発売開始から月日が流れていますが人気は衰えず、エントリーモデルの中ではロングセラーのアイテムです。

角度付きアコースティックパイプやターボバス・エアベントなどの独自技術と卓越したチューニングで心地よいサウンドを実現。コスパ最強イヤホンとしては最有力と言えるおすすめ品です。

第5位 ソニー(SONY) イヤホン バランスド・アーマチュア型 XBA-C10

商品価格 ¥ 2,940

リーズナブルなバランスド・アーマチュア(BA)型の高音質イヤホン。BA型イヤホンはダイナミック型よりもコストがかかると言われていますが、実勢5000円以下でこのクオリティはなかなか見つかりません。

ソニーが独自開発したドライバーによるこだわりの高音質も好評。中音域を意識したかまぼこタイプでありながらも、繊細で透明感のあるサウンドは魅力的です。

第6位 シャオミ(Xiaomi) カナルイヤホン ハイブリッドドライバ

商品価格 ¥ 3,550

コスパ良好な高品質イヤホンを続々とリリースしている中国メーカーのシャオミ(Xiaomi)。爆発的にシェアを拡大しているブランドとして近年話題となっています。
本機はこの価格にして同社上位機。ダイナミック型2基とBA型1基による、ハイブリッド構成です。

国内メーカーなら1万円以上する性能ながら、実勢価格が3000円代となっておりお得感があります。精密仕上げによる金属ハウジングは落ち着いた印象をデザインで、海外メーカーが消極的な日本オーディオ協会認定のハイレゾにもしっかり対応しています。

高音域を中心に高解像度かつワイドレンジなドンシャリサウンドが特徴。ハイブリッド型イヤホンをできるだけ安く購入したい方におすすめです。

おすすめ高音質イヤホンランキング
1万円以下のイヤホン

第1位 ゼロオーディオ(ZERO AUDIO) カナル型イヤホン CARBO MEZZO ZH-DX220-CM

商品価格 ¥ 5,163

カーボンとアルミニウムによる複合強化型コンポジットハウジングの2重制振構造が特徴のCARBO MEZZO ZH-DX220-CM。実勢価格に見合わないクリアなサウンドが話題を呼び、同社の知名度を一気に引き上げた高音質イヤホンとして注目されています。

バスブーストポートによるパワフルな重低音はもちろん、ハイレゾにも対応しており心地よいサウンドが楽しめます。ゼロオーディオ製品を初めて試してみたい方におすすめです。

第2位 オンキヨー(Onkyo) カナル型イヤホン セミオープン E700MB

商品価格 ¥ 8,723

セミオープンエア型が特徴の高品質イヤホン。装着性の高いインナーイヤー型形状を採用し、大型の13.5mm径ドライバーを搭載している点も高ポイントです。強磁力希土類マグネットの効果も相まって、ワイドレンジをカバーしつつも力強いサウンドを感じることができます。

ハイレゾ対応や独自のオーバル型ノズルによる使い勝手のよさもおすすめポイント。カナル型が苦手な方にも安心な高音質イヤホンです。

第3位 ソニー(SONY) ワイヤレスイヤホン MDR-XB70BT

商品価格 ¥ 9,230

コスパ良好かつ高音質のBluetoothイヤホン。CCAWボイスコイル採用の大口径12mm径ダイナミックドライバーを搭載し、歯切れのよいメリハリのある高音質が楽しめるアイテムです。

SBCに加え、AACコーデックにも対応するのでiPhoneでも高音質のサウンドを体感できます。柔らかくフィットしやすいシリコン製ネックバンドによる、装着性のよさも大きなポイント。長時間の使用しても疲れにくので、旅行時のフライトに最適です。

ハンズフリー通話対応のリモコンマイクも便利。実勢価格が1万円以下ながら、ソニーの技術の高さがうかがえるワイヤレスイヤホンです。

第4位 シュア(SHURE) イヤホン SE215-CL-J

商品価格 ¥ 9,678

カナル型イヤホンの代表的なモデルとして知られているSE215-CL-J。メーカー独自のダイナミック型MicroDriverを搭載しており、繊細なサウンドもしっかりとカバーするのが特徴です。

使い勝手や価格帯なども含めてた全体的なバランスのよさも好評で、イヤホンのスタンダードとの呼び声も高い製品。予算一万円以下の高品質イヤホンを探している方で、スケルトンデザインが気にならない方はぜひ試してみてください。

第5位 オーディオテクニカ(audio-technica) カナル型モニターイヤホン ATH-IM01

商品価格 ¥ 9,900

BA型1基を使用したモニター向けイヤホン。中域重視のかまぼこタイプのサウンドです。メーカーが新開発したドライバーと卓越したチューニングによって、ボーカルサウンドを中心に高い解像度と再現性が好評です。

歌い手の発声や息づかいなども聞き取れる点は、可聴帯域内での高音質の必要性を再認識させくれるほと高品質。歌詞の意味をしっかり感じ取り方におすすめのイヤホンです。

おすすめ高音質イヤホンランキング
2万円以下のイヤホン

第1位 パイオニア(Pioneer) カナル型イヤホン ハイレゾ対応 SE-CH9T

商品価格 ¥ 12,580

この価格にして、ハイレゾ、MMCXによるケーブル着脱に両対応しているのが大きな特徴です。意外にもこれがパイオニア初のハイレゾ対応イヤホン。2017年の発売後瞬く間に人気となり、同価格帯ナンバーワンの座にあります。

真鍮製ノズルとアルミ製による異種金属2層構造ハウジングは、共振を抑え、クリアな高音質を聴かせますよ。左右のグラウンドを分離したコード設計により、広大な音場再現性を持つのも見逃せません。

ハイレゾの情報量と空気感を存分に楽しめる高音質イヤホンとしておすすめ。

第2位 アップル(Apple) ワイヤレスイヤホン AirPods MMEF2J/A

商品価格 ¥ 25,555

ケーブルを取り去った完全ワイヤレスタイプのBluetothイヤホンです。アップル独自開発のW1チップを搭載し、長時間駆動かつ急速充電に対応しています。

AACコーデックにも対応するので、iPhone 7などのiOSのスマホで高音質が楽しめます。現在のイヤホンとしては珍しいオープンエア型の開放型構造によるヌケのよい爽快なサウンドも魅力です。

第3位 デノン(DENON) イヤホン ダイナミック型デュアルドライバー AH-C820

商品価格 ¥ 19,440

ハイクオリティな重低音を楽しめる高音質イヤホンです。ダイナミック型ドライバーを2基使用した、デュアルエアーコンプレッションドライバーを搭載。2倍の振動板面積により、超低域までの伸びと量感を持つ低音再生を実現しています。

アルミとABS樹脂を用いたハイブリッド構造ハウジングは、透明感のあるサウンドを実現。単純に重低音を重視したエントリー機でもなく高価格帯のハイエンドタイプでもない、ミドルクラスの高品質イヤホンを探している方におすすめです。

第4位 ソニー(SONY) ワイヤレスイヤホン h.ear in Wireless MDR-EX750BT

商品価格 ¥ 17,238

ハイレゾ対応かつBluetoothワイヤレスの便利さを両立した高音質イヤホン。有線接続にも対応するので、Bluetoothのデータ欠損による音質劣化が気になる方は購入の候補となります。

コーデックはSBCやAAC、aptXに加えLDACにも対応。ハイレゾ相当の高音質で受信できます。LDACは次期AndroidOSでの採用も決まったので、スマホがソニーXperiaなどのアンドロイド端末の方は要チェックです。

第5位 ソル・リパブリック(Sol Republic) フルワイヤレスイヤホン AMPS AIR

商品価格 ¥ 16,070

着けているのも気づかないほどコンパクトな完全ワイヤレスイヤホン。1回の充電でのバッテリー持続時間は連続3時間で、専用の充電ケースも付属しています。

イヤホンはケースから取り出すと自動的に起動して、戻すと充電されるので手間いらず。ペアリングの難は否めませんが、視聴時のストレスは少なく、軽快なサウンドライフを楽しめます。耳の中で汗をかかないようデザインされおり、旅行時の睡眠には特に重宝する高音質イヤホンです。

第6位 RHA カナル型イヤホン CL750

商品価格 ¥ 17,170

イヤホンとしては異例の150Ωのハイインピーダンスかつ89dBの低能率で、濃厚なサウンドを体感できるアイテム。スマホに直接接続した状態では満足に音量が取れませんが、その理由は高品位なヘッドホンアンプの使用を前提としているためです。

使用するシーンが限られているため汎用性はありませんが、オーディオ環境が整った場所であれば、実勢価格に見合わないほど密度感の高いフラットなリアルサウンドを視聴できます。なお、CLダイナミックトランスデューサーにより45kHzまでのハイレゾ音源にも対応しています。

第7位 ソニー(SONY) イヤホン XBA-N1

商品価格 ¥ 19,880

広帯域でナチュラルなサウンドが楽しめるハイブリッド型イヤホンです。BA型とダイナミック型ユニットを1基ずつ使用。再生周波数帯域が幅広く、超ワイドレンジをカバーしています。

上位機よりも高音の伸びをあえて抑えており、穏やかで自然なサウンドを実現。音楽の全体像とハーモニーの美しさを存分に堪能できます。リラックスしてハイレゾ高音質を楽しむ際はヘッドホン派ではなくイヤホン派だという方におすすめのアイテムです。

おすすめ高音質イヤホンランキング
3万円以下のイヤホン

第1位 オンキヨー(Onkyo) ハイレゾ対応ハイブリット方式インナーイヤーヘッドホン E900MB

商品価格 ¥ 28,300

最新のハイレゾ対応ハイブリッド型イヤホンです。BA型2基とダイナミック型1基の組み合わせ。高い解像度と豊かな表現力を楽しめます。

独立構造サウンドチューブによりユニット間の干渉を排除。フルレンジのような自然さ、サウンドの空間性の広さも秀逸です。音楽の感動をしっかりと伝えられる高音質イヤホンを探している方におすすめです。

第2位 ソニー(SONY) イヤホン XBA-300

商品価格 ¥ 22,100

3基のBA型ユニットを採用したカナル型イヤホンです。BA型のみによる自然な帯域バランスとワイドレンジに対応。音導管に真鍮を採用したことによる、伸びのあるクリアな中・高域が魅力です。

ダイレクトドライブ構造によって実現した、音声信号への忠実度の高さもハイクオリティ。また、高域にBA型を使用したイヤホンでは数少ないハイレゾ対応である点にも注目です。

第3位 エラート(ERATO) ワイヤレスイヤホン 防水 MUSE5

商品価格 ¥ 23,630

多機能かつ高性能な完全ワイヤレスイヤホンです。独自のERATOSURROUNDによって、3Dサラウンド再生が可能。映画館の中にいるような立体的な音響をイヤホンで楽しめます。

オリジナルDSPとドライバー及び筐体内のチャンバー調整によって、定位感を高めているのも特徴。装着時の落下を防ぐFitSealシリコーンスリーブも高ポイントです。スマホ用マイクやリモコン機能も搭載。IPX5相当の防水性もあり、濡れた手で触れても問題なく使用できます。

第4位 ジェイブイシー(JVC) カナル型イヤホン WOODシリーズ HA-FW02

商品価格 ¥ 24,602

木の振動板を採用したダイナミック型イヤホンです。口径10mmのウッドドームユニットを搭載。世界でジェイブイシーだけが実用化した、画期的な技術です。木製楽器同様に温かみのある音色で、音楽を聴かせます。

ハイレゾ対応のハイスペックとサウンドの再現性も秀逸。再生バランスはフラットで、幅広い好みにマッチします。音の温度感に踏み込んだ意欲作。木製ハウジングによる、モノとしての魅力からもおすすめです。

第5位 ジェイビーエル(JBL) ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン EVEREST ELITE 100

商品価格 ¥ 26,000

ノイズキャンセリング機能搭載のBluetoothイヤホンです。最大約6時間使用が可能で、、ワイヤレス接続したデバイスからでも騒音低減レベルを調整できます。

高性能エコーキャンセリング技術によりスマホでも通話も高音質で快適。高性能13.5mm径ダイナミックドライバーによる、ドンシャリタイプのパワフルサウンドは爽快かつ聞き応えのある仕上がりとなっています。

おすすめ高音質イヤホンランキング
高級イヤホン

第1位 ゼンハイザー(SENNHEISER) カナル型イヤホン IE80

商品価格 ¥ 35,057

イヤホンの種類はカナル型で、ドライバーがダイナミック型の高音質イヤホン。ゼンハイザーはイヤホンやヘッドホンの世界的老舗メーカーとして知られ、IE80はロングセラーモデルです。特徴はダイナミック型ドライバーへのこだわり。1基のみを基本としています。

しなやかで緻密なサウンドはワイドレンジをカバー。さらに低音を調整できる点も高ポイントです。耳から伝わる音楽の臨場感はイヤホンの枠を超えたスケール感。シンプル構造による自然さも秀逸です。ダイナミック型で繊細な音を楽しみたい方におすすめの高品質イヤホンです。

第2位 ユニークメロディ(UniqueMelody) ハイブリッドイヤホン MAVERICK

商品価格 ¥ 136,350

プロ用のカスタムインイヤモニター(IEM)で有名なメーカーであるユニークメロディの高品質イヤホン。BA型4基とダイナミック型1基の構成で、あらゆる音源をハイレベルな高解像度で再現してくれるモデルです。

フラットサウンドが秀逸で、高品質イヤホンの中でもトップクラスのクオリティです。楽器の繊細なサウンドはもちろん、ライブ感も含めた音楽のありのままを聴きたい方におすすめの高音質イヤホンです。

第3位 ファイナル(final) バランスドアーマチュア型イヤホン Heaven VI-CC FI-HE6BCC3-A

商品価格 ¥ 35,249

中域の再現性にこだわった高品質イヤホン。BA型ユニットを1基のみ採用しているモデルです。ハウジング内の空気の流れを最適化する、メーカー独自のBAM機構を搭載。聴き疲れしない自然な音質で心地よく音楽を楽しめます。

とくにボーカルの艶やかさとリアルさは至高。高剛性クロム銅を削り出したデザインも目を引きます。かまぼこタイプのハイエンドクラスのイヤホンを求めている方におすすめします。

第4位 ウエストン(Westone) モニターイヤホン Universal W30 WST-W30

商品価格 ¥ 34,694

BA型ユニットを3基使用した高品質イヤホン。品のある繊細なサウンドをフラット志向のワイドレンジで楽しめます。すべての音域をスキのない明瞭さでカバーしており、楽器や音程の違いもしっかりと伝わります。

同モデルは高価格帯でありながら、iPhoneに対応するリモコンも付属。スマホでの使い勝手も考慮しながらも、高音質イヤホンを探している方はおすすめです。

第5位 シュア(SHURE) カナル型高遮音性イヤホン SE846

商品価格 ¥ 91,830

BA型ユニットを4基搭載したカナル型高音質イヤホン。2013年の発売以来、高級イヤホンを代表作する逸品です。低音に2基のドライバーを配置することで、パワフルなサウンドを堪能できます。

取り外し可能なステンレスノズルと交換式ノズルにより、フラットからドンシャリまで好みの音質に調整が可能。ユーザーの好みに対応できつつも、ハイレベルな高音質を実現しています。中身のドライバーが丸見えのスケルトンボディもこの製品の特徴です。

第6位 エティモティック・リサーチ(Etymotic Research) スタジオリファレンスイヤホン BA型 ER4SR

商品価格 ¥ 39,900

世界で初めてBA型イヤホンを開発したエティモティック・リサーチの最新機。ER4SRは最高峰のワイドレンジと楽器の克明な質感をも包括した再現力は至高レベル。メーカーの特徴である高い解像度を誇るサウンドと遮音性のよさが感じられる逸品です。

演出の極めて少ないリアルでストレートなフラットサウンドは完成度が高いものの、耳の奥まで差し込む装着感に慣れない方もいますので、可能であれば試聴してみてから購入することをおすすめします。

第7位 ゼンハイザー(SENNHEISER) カナル型イヤホン IE800

商品価格 ¥ 77,760

ダイナミック型1基による高級イヤホンです。新開発の7mm径やXWBトランスデューサーを搭載したモデルで、全域にわたって極めて歪みの少ないナチュラルサウンドが特徴です。

ややドンシャリ気味の音ですが、大型ヘッドホンのような奥行きやスケールが感じられるクオリティ。繊細さと雄大さを兼ね備えたサウンドを堪能できるので、クラシック音楽を好まれる方におすすめです。

イヤホンの種類

カナル型

By: amazon.co.jp

耳栓のようなイヤーピースを差し込むタイプのイヤホンのことで、密閉性の高さやコンパクトな特徴です。形状により低音が強めのイヤホンが多く、細かい音を聴き取りやすい傾向があります。

一方、高音のヌケに物足りなさを感じるものもあります。音のこもり具合や閉塞感が否めない点もカナル型を購入する際には考慮してください。

インナーイヤー型

By: amazon.co.jp

耳穴に本体を軽く乗せるタイプのイヤホンで、高音のヌケのよさや開放感に溢れた音質が特徴です。一方、低音は弱めの傾向。また、外からの音も入ってきやすいので繊細な音が聞き取りづらいものもあります。

音漏れや大音量での再生を避ける場面での使用は留意しておく必要がありますが、音質や装着性のよさは購入する際のポイントとなります。

高音質イヤホンの見分け方

By: amazon.co.jp

同価格帯(コスト)でより高音質なイヤホンを求めるなら、多機能がないものを選ぶのがおすすめ。例えば、有線専用でリモコンマイクがないタイプは音にこだわっている高品質のイヤホンであることが多いです。製品スペックにおいてはハイレゾ対応は大きな目安となります。

ケーブルの着脱が可能なものも音質にこだわった設計が多く、音質バランスの調整にも対応できるイヤホンはユーザーの好みに合わせることができるので、汎用性の高い傾向にあります。

イヤホンの選び方①
ドライバーユニット

By: amazon.co.jp

イヤホンの発音部の形式は大きく2つに分かれます。もっとも一般的なのがダイナミック型。低コストでもワイドレンジに対応でき、低音再生能力も高いなど、メリットが多いです。

次に多いのがバランスド・アーマチュア(BA)型。補聴器を転用したのがこのタイプの始まりで、リーズナブルなダイナミック型では再現が難しい繊細なサウンドにも対応します。また、周波数範囲は狭いことがあるので、そういったイヤホンは低音が弱い傾向にあります。

なお、上記2つのメリットを採用したハイブリッド型もあります。言い換えれば、ダイナミック型とBA型のいいとこ取りといったところ。ただ、1万円以下のリーズナブルな製品には設計コストが見合わないため、ラインナップは限られてしまいます。

さらに、これらのユニットを混在させ高音質を誇るイヤホンも多数存在します。特にBA型を複数使った高級機が多く、中には18BAユニットといった機種もあります。

総じて、高品質イヤホンの特徴をしっかりと把握し、自身の好みに合っているか否かを確認することが重要です。

イヤホンの選び方②
付随機能

ハイレゾ

By: amazon.co.jp

従来のCDを超える解像度、広帯域による高音質が魅力のハイレゾ音源。その再生には、40kHz以上の高域特性が対応要件です。なお、日本オーディオ協会認定のハイレゾマークが目印となります。

マイク付き

By: amazon.co.jp

近年ラインナップが増加しているのがマイクとリモコン機能を搭載したイヤホン。スマホの普及によりハンズフリー通話と音楽操作ができる点は便利ですが、音質は考慮する必要があります。ちなみに、高品質のイヤホンにおいて数万円クラスのハイエンドモデルでは付属しないものが多いです。

ノイズキャンセリング

By: amazon.co.jp

イヤホンの内外に配置したマイクにより騒音を打ち消す音波(逆位相)を発生させる機能のことで、航空機内のような乗り物の動作音を遮断する際に役立ちます。なお、全ての外音を完全に打ち消すというわけではない点は留意しておいてください。