食卓さまざまな料理を楽しめるのが魅力の「ホットプレート」。焼き肉やお好み焼きだけでなく、プレートを変えることでたこ焼きや煮込み料理を作れるのがメリットです。

しかし、加熱方式・機能・サイズなど製品によって異なる点が多いので、どのモデルを選んだらよいのか迷っている方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、ホットプレートのおすすめアイテムを、選び方やポイントとともにご紹介します。

ホットプレートの選び方

加熱方式で選ぶ

価格が安い「ヒーター式」

By: panasonic.jp

ヒーター式は、電熱線を使用して発熱することでプレートをあたためるタイプ。ホットプレートのなかで最も一般的な方式で、多くのモデルに採用されています。さまざまな製品から選べるのが魅力です。

本体価格がリーズナブルな製品が多いため、気軽に購入できるのがメリット。コストを抑えてホットプレートを選びたい方におすすめです。

ヒーターとの距離によって、プレートの中で温度が異なる点には注意しましょう。ヒーターから遠い場所は低い温度になりやすいのが特徴です。また、製品によっては電源を入れた後、プレートがあたたまるまで時間がかかる場合もあります。

細かい温度調節がしやすい「IH式」

By: elecom.co.jp

IH式は、IHヒーターによってプレートをあたためるタイプです。ヒーター式よりも温度を細かく設定できるため、料理に合わせて柔軟に変えたい方に適しています。

プレートを外すことで、IHコンロとして活用できるのも便利です。IH対応の鍋やフライパンを使用すると、より料理の幅が広がります。

ただし、ヒーター式と比べて本体価格が高くなりやすく、製品の選択肢が少ない点には注意しましょう。

アウトドアでも活躍する「カセットガス式」

By: amazon.co.jp

アウトドアでホットプレートを使いたい方は、カセットガス式がぴったり。ヒーター式やIH式と違い電源が不要なので、場所を問わず使いやすいのがメリットです。コードレスのホットプレートが欲しい方にも適しています。

五徳付きの製品を選ぶことで、ガスコンロとしても使用可能。使い方のバリエーションを広げられるのが魅力です。

カセットガスが切れると使えなくなる点には注意。長時間使う方や使う頻度が多い方は、予備を持っておくと安心です。

人数に合わせたサイズを選ぶ

By: amazon.co.jp

ホットプレートは、1人用から大人数用までサイズが豊富に揃っています。そのため、使用する人数を考慮して選ぶのが大切です。

4〜5人用のホットプレートを探している方は、幅40cm以上の製品をチェック。プレートの面積が広いため、多くの食材を入れられるのがメリットです。お好み焼きやホットケーキも一度にたくさん作れます。

2〜3人用を選びたい方は、幅20〜30cm程度が目安。大きすぎないサイズなので、出し入れしやすいのがメリットです。

1人でホットプレートを使いたい方は、幅20cm程度が適しています。コンパクトサイズのため、小さい机にも置きやすいのが便利です。軽量性に優れている製品も多いので、毎日でも気軽に使えます。

形状で選ぶ

スクエア型

By: tiger-corporation.com

ホットプレートのなかでも種類が多いのが、スクエア型。プレートの面積が広いため、大人数で使いたい方に適しています。さらに、左右で分けて使うことができるので、一度に複数の料理を作りたい方にもおすすめです。

プレートの場所によって温度が変わりやすいのも特徴。焼きムラが起こりやすいので、食材を焼くときにはこまめに場所を変えるなどの工夫が必要です。温度の違いを利用して、焼いた食材を隅に置くことで、焼き過ぎを防げます。

スクエア型の多くが長方形なので、正方形や丸いテーブルに置いたとき、場所によっては食器を置く場所が狭くなる点には注意。テーブルの面積や形を踏まえて選ぶことも大切です。

ラウンド型

少人数で使いたい方におすすめなのが、ラウンド型です。スクエア型と比較してコンパクトなモデルが多いため、気軽に使えるのが魅力。また、丸いテーブルに置いても食器を置きやすいのがメリットです。

熱の通り具合にムラが起こりにくいのもポイント。お好み焼きやホットケーキなど、面積が広い料理を作るときにぴったりです。

作りたいレシピに合った付属プレートがあるかチェック

お好み焼きや餃子に適した「平面プレート」

By: irisohyama.co.jp

多くのホットプレートに付属しているのが、平面プレート。プレートのなかでも最もシンプルなタイプなので、汎用性が高くさまざまな料理に使えます。焼いたり炒めたりすることが多い方にぴったりです。

お好み焼きなどの平らな形をした料理や、餃子のようにたくさん並べて焼く料理にも使いやすいのがメリット。さらに、ご飯を敷き詰めることで、ビビンバなども作れます。

焼肉の油を落とせる「波型・穴あきプレート」

By: amazon.co.jp

ホットプレートで焼肉を楽しみたい方は、波型や穴あきタイプのプレートをチェックしましょう。波型プレートは表面が凹凸しているため、肉の余分な油を落とせるのがメリット。肉自体に線状の焼き目が入るのもポイントです。

霜降り肉など油が多い肉を焼きたい場合は、よりしっかりと油を落とせる穴あきプレートがぴったり。油がプレートから流れ落ちて、下にセットしてある受け皿に溜まります。プレートに油が残りにくく、水分が多い食材を焼いたときの油ハネを軽減できるのが魅力です。

たこ焼きやアヒージョが作れる「たこ焼きプレート」

By: amazon.co.jp

たこ焼きを作るときに欠かせないのがたこ焼きプレートです。小さな穴が規則的に並んでいるのが特徴。穴の大きさや数は製品によって異なるので、あらかじめチェックすることが大切です。

穴の周辺に溝があるかどうかも合わせて確認しましょう。生地を流し込んだ後、竹串などを溝に沿わせることで、たこ焼きを1つずつ区切れます。ひっくり返しやすいので便利です。

たこ焼き以外にもさまざまな料理に応用できるのがメリット。オリーブオイルと具材を入れると、アヒージョも作れます。大きな皿で作るアヒージョとは異なり、1つずつ味を変えられるのがポイントです。

さらに、ホットケーキミックスを入れてお菓子も調理可能。工夫次第でさまざまな料理を作れるのが魅力です。

パエリアやペッパーランチには「深型プレート」

パエリアやペッパーランチを作りたい方は、深型プレートがおすすめです。深さがあることで、食材がプレートからこぼれにくいのが特徴。また、焼く・炒めるといった平面プレートと同様の使い方ができるのも魅力です。

煮込み料理など水分の多い料理が作りやすいのもポイント。さらに、ブイヤベースのようなスープ系の料理にもぴったりです。さまざまな使い方ができるので、料理のバリエーションを広げられます。

深さがどのくらいなのかは製品によって異なるため、事前に確認しましょう。鍋として使えるモデルもあり、季節を問わず使いやすいのもメリットです。

お手入れや収納のしやすさにも注目

By: amazon.co.jp

ホットプレートを選ぶときは、お手入れのしやすさにこだわることも重要。プレートにフッ素加工が施されていると、こびりづきにくいだけでなく簡単に汚れを落とせるのがメリットです。

収納のしやすさも合わせてチェックしましょう。コンパクトにまとめられるモデルは、限られたスペースにもすっきりと収められます。プレートが複数枚ある製品は、スタッキングできるとより楽に出し入れできるのでおすすめです。

煙やニオイが気になるなら「無煙ロースター」もおすすめ

By: amazon.co.jp

肉を焼いたときに気になるのが、煙やニオイ。できる限りニオイと煙を抑えたい方は、無煙ロースターがおすすめです。

煙は、肉から出た油が加熱部分に当たることで発生します。無煙ロースターは熱源に油が落ちないよう設計されているため、煙が出にくいのがメリットです。家庭でも気軽に焼肉などを楽しみたい方は、ぜひチェックしてみてください。

ホットプレートのおすすめメーカー

象印マホービン(ZOJIRUSHI)

象印マホービンは、調理家電のほか、ステンレスボトルなどの生活用品を扱っている会社です。「日常生活発想」をスローガンに、生活に欠かせないアイテムを製造しています。

象印マホービンのホットプレートは、プレートの種類が異なるさまざまなモデルを揃えているのが特徴。特にスタイリッシュなデザインが好きな方は、「STAN.シリーズ」がおすすめ。デザインだけでなく使いやすさにもこだわっているのが魅力です。

ブルーノ(BRUNO)

By: amazon.co.jp

ブルーノは、1995年に創業したライフスタイル全般に関わる製品を扱うメーカーです。デザイン性の高いアイテムを揃えているのが特徴で、食卓や部屋を華やかにしたい方におすすめ。調理家電のほかには、インテリア用品やアウトドア用品をラインナップしています。

ブルーノのホットプレートは、豊富なカラーバリエーションがメリット。インテリアの雰囲気に合わせて選べます。また、コンパクトサイズで扱いやすいので、1人暮らしの方にもぴったりです。

山善(YAMAZEN)

By: amazon.co.jp

山善は、1947年に創業し、国内外に拠点を持つメーカーです。機械事業・機工事業・住建事業・家庭機器事業を展開しているのが特徴。モノづくりに関わる製品から、生活に密着したアイテムまで豊富に揃っています。

山善のホットプレートは、家族で使える大型のモデルから1人用の製品まで、幅広く扱っているのが魅力です。多くの選択肢から自分に合うアイテムを選びたい方にぴったり。機能性が高いのもメリットです。

ホットプレートのおすすめ|人気

第1位 象印マホービン(ZOJIRUSHI) STAN. ホットプレート EA-FA10

シンプルかつスタイリッシュなデザインで人気の、スタンシリーズのホットプレートです。深さ4cmの深型プレートで、焼く・煮る・炒めるといった調理が可能。ホットプレートでさまざまな料理を作りたい方におすすめです。

プレート面よりも本体のガードを高く設計しており、プレートのふちに手が当たりにくいのもメリット。また、本体ガードとプレートは取り外せるので、洗いやすいのも便利です。

「カチッと温度調節プラグ」を採用しているのもポイント。軽くカチッとする感触によって、プラグがきちんとはまったのか分かりやすいのが特徴です。さらに、左右のフックに白い半円状の目印が付いており、しっかりと取り付けられているのかを一目で把握できます。

別売りの「区切り線つきたこ焼きプレート」を使えるのも魅力。直径43mmの大きなたこ焼きを気軽に楽しめます。

▼【レビュー】象印「STAN.」のホットプレートで食卓をおしゃれに演出

第2位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 網焼き風ホットプレート APA-137

3種類のプレートを使い分けられるホットプレートです。平面プレートは、お好み焼きや餃子など広いスペースが必要な料理にぴったり。フッ素コーティングが施されているので、こびりつきにくいのがメリットです。

たこ焼きプレートは、一度に24個のたこ焼きを作れるのが魅力。ほかにも、オムライスボールやアヒージョなど、さまざまな料理に挑戦できます。

網焼き風焼き肉プレートは、穴が開いていることで余分な油を落とせるのがポイント。プレートの上に油が残らないことで、においや煙を軽減できます。

全てのプレートをスタッキングできるのも便利。コンパクトにまとめられるため、使わないときはすっきりと収納できます。

第3位 パナソニック(Panasonic) ホットプレート NF-W300

幅が約60.9cmと大型なので、一度にたくさんの食材をのせられるホットプレートです。大人数での食事に使いたい方におすすめ。プレートは、平面・穴あき焼肉・たこ焼きの3種類が使用可能です。

フッ素加工に比べて耐久性が約2倍の「ダイヤモンドハードコート」が施されています。こびりつきにくいため、ホットプレートを使う頻度が高い方にもおすすめです。

プレートの上に設置できる「ウォームキーパー」も便利。焼けたお肉や野菜をのせることで、焼きすぎを防ぎつつ保温できます。

第4位 イワタニ(Iwatani) 焼き上手さんα CB-GHP-A

カセットガスが使える製品が欲しい方におすすめのホットプレート。カラーバリエーションはホワイトとブラウンの2色で、シンプルなデザインが特徴です。

電源が必要ないので、外や電源から遠い場所でも使用できるのが魅力。プレートを外すとコンロとして使えるため、さらに料理の幅が広がります。

プレートのふちに傾斜が付いており、油を溜めやすいのがメリット。さらに、フッ素加工によって、簡単にお手入れできます。

厚さ5cmまでの食材に対応可能なフタも付属。ガラス窓が付いていることで、調理中の様子をフタを開けることなく確認できます。

第5位 タイガー魔法瓶(TIGER) ホットプレート CRV-G301

長く使いやすいホットプレートです。「硬質セラミックスハードフッ素コーティング」を施しているのが特徴。こげつきにくいため、楽にお手入れできます。耐久性の高い製品をチェックしたい方におすすめです。

3枚のプレートを使い分けられるのが便利。お肉を焼きたいときは「穴あき・波形プレート」を使用することで、油を落としながら焼けます。

スタンドを引き出すことで、縦置きできるのがメリット。スペースが限られている場合でもすっきりと収納できます。プレートと金属ヘラをまとめられるケースが付属しているのも便利です。

ホットプレートのおすすめ|おしゃれ

第1位 プリンセス(Princess) Table Grill Pure 103033

素材に竹を使っているのが特徴のホットプレートです。シンプルでおしゃれなデザインが魅力。中央にむかって緩やかに傾斜していることで、中央の穴に油が落ちるよう設計されています。

セラミックコーティングと遠赤外線によって、食材をおいしく焼けるのがメリット。中低温で熱が通り、ムラなく焼きあがります。さらに、ノンオイルでも調理可能なので、ヘルシー志向の方にもぴったりです。

お手入れが楽にできるのもポイント。プレートを少し冷ました後、お湯か水で湿らせたキッチンペーパーで拭き取ると、簡単に汚れを落とせます。また、油受け皿は簡単に取り外せるため、洗いやすいのもメリットです。

第2位 ブルーノ(BRUNO) オーバルホットプレート BOE053

ラウンド型がおしゃれなホットプレートです。カラーバリエーションはグレージュ・ブルーグレー・ホワイト・ブラックの4色。落ち着いた色味で、食卓に馴染みやすいのがメリットです。

平面・たこ焼き・深鍋の3種類のプレートが使用可能。深鍋プレートを使用することで、煮込み料理やお鍋が楽しめます。さらに、付属のハンドルでプレートだけを取り外せるので、そのまま食卓に運べるのも魅力です。

くず受けトレイが付いているのも便利。また、ヒーターと本体が一体になっており、中まで汚れが入り込まないのもメリットです。布で拭くだけで簡単にお手入れできます。

第3位 アビエン(abien) MAGIC GRILL

シックで落ち着いた雰囲気が特徴のホットプレート。分解して水洗いできるため、手軽にお手入れ可能です。

プレート全体が加熱することで、どの場所に食材をおいても均一に熱を加えられます。さらに、温度は4段階で調節可能なので、料理によって細かく使い分けられるのが便利です。

プレートに厚みがあり、蓄熱性に優れているのもポイント。料理や食材をあたたかいままキープできます。

第4位 ザイグル(ZAIGLE) ザイグルプラス JAPAN-ZAIGLE PLUS

赤色の華やかな見た目が印象的な無煙ロースターです。上から熱を加えることで、煙を抑えられるのが特徴。また、プレートが高温になりすぎないので、油ハネを軽減できるのがメリットです。

プレートが中心部に向かって低くなるように設計されており、油を流し落とせるのがポイント。さらに、ノンオイル調理ができるため、唐揚げなどの揚げ物も油を使わず作れます。ヘルシー志向の方や、油の摂取量を控えたい方にぴったりです。

プレートは取り外し可能なので、洗いやすいのが便利。調理中に流れ落ちた油を入れる受け皿も、簡単に外せます。お手入れのしやすさにこだわりたい方におすすめです。

第5位 ラドンナ(LADONNA) Toffy コンパクトホットプレート K-HP1

可愛い見た目のホットプレートです。カラーバリエーションは、ANTIQUE RED・RICH BLACK・PALE AQUA・ASH WHITEの4色。デザインにこだわって選びたい方におすすめです。

プレートは平面とたこ焼きの2種類で、簡単に交換できるのがメリットです。さらに、別売りの「マルチプルプレート」を使うと、朝食やおやつ作りも楽しめます。

10種類の料理を掲載しているレシピブックが付属。ホットプレートを使ってさまざまな料理を作りたい方にぴったりです。

ホットプレートのおすすめ|安い

第1位 山善(YAMAZEN) ホットプレート着脱式2枚組 EDH-W1300

平面と波型の2種類のプレートを使えるホットプレート。肉や野菜を焼くだけでなく、さまざまな料理を作れます。ダイヤルを回すだけで温度調節が可能なので、操作しやすい製品が欲しい方におすすめです。

フッ素コーティングプレートを採用しており、汚れがこびりつきにくいのもメリット。簡単に洗えるため、お手入れしやすさを重視する方にも適しています。

2枚のプレートは本体にスタッキング可能。まとめるとコンパクトになり、限られたスペースにも収納しやすいのが便利です。

第2位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ホットプレート IHP-C320

シンプルなラウンド型が特徴のホットプレートです。平面プレートのみ付いており、複数のプレートが必要ない方や、焼き料理のみを作りたい方におすすめ。着脱式かつフッ素樹脂をコーティングしているため、洗いやすいのも便利です。

強化ガラス製のフタを採用しており、割れにくいのがメリット。さらに、透明で中身を確認しやすいので、調理中の食材の様子をすぐにチェックできます。

自動で温度を制御するサーモスタット機能を搭載。温度が上がりすぎないことで、食材が焦げるのを防ぎやすいのもメリットです。

第3位 オーム電機(OHM) 2WAYプレート COK-YH100B

2種類の料理を一度に楽しめるホットプレートです。深さが異なるプレートが2つ並んでいるため、焼き料理とお鍋など、さまざまな組み合わせで作れるのが魅力。また、プレート別で電源を切り替えられるのも便利です。

サーモスタット機能を搭載しているため、温度を自動で制御できるのもメリット。さらに、予熱は2〜3分で完了するので、すぐに食材を焼き始められます。

約幅31.8×奥行き23.5cmとコンパクトサイズで、一人暮らしの方でも使いやすいのがポイント。毎日使いやすいホットプレートを探している方におすすめです。

第4位 ニトリ たこ焼き&ミニホットプレートグリル アプレ4 WL-G103N

スイッチを押すだけで使える、シンプルな機能が特徴のホットプレートです。平面とたこ焼き用のプレートを使い分けられるのがメリット。幅が31.2cmとコンパクトサイズのため、出し入れが簡単にできるのも便利です。

プレートはフッ素加工が施されているので、汚れを落としやすいのも魅力。洗いやすい製品を探している方にもおすすめです。

第5位 ピーコック 両面グリルプレート WFV-12

両面プレートなので、1枚で2種類の使い方ができるホットプレート。平面プレートはお好み焼きなどさまざまな料理に使えます。マーブルコーティング加工によって、こげつきにくいだけでなく耐久性に優れているのが魅力です。

波型プレートは焼肉をするときにおすすめ。傾斜と凹凸が付いていることで、油を落としやすいのがメリットです。よりヘルシーに食材を焼きたい方にも適しています。

引き出し式の受け皿が付いているため、落ちた油を楽に処分できるのが便利。簡単に取り外せるため、洗いやすいのもポイントです。

ホットプレートのおすすめ|一人暮らし向け

第1位 ブルーノ(BRUNO) コンパクトホットプレート BOE021

ホーロー鍋をイメージした可愛いデザインが嬉しいホットプレート。カラーバリエーションが豊富に揃っており、レッド・ホワイト・ネイビーのほかに、限定カラーも展開しています。インテリアの雰囲気に合ったモノを見つけやすいのが魅力です。

平面プレートとたこ焼きプレートの2種類が付属。1人だけでなく、2〜3人でも使いやすいサイズのため、来客の際にも活躍します。フタが付いていることで、焼き料理だけでなく蒸し料理も作れるのがメリットです。

最大で250℃まで温度を上げられるのもポイント。無段階温度調節も可能で、料理に合わせて細かく温度を変えられます。

コンセントがマグネット式で、着脱しやすいのも便利。コードに引っかかってもすぐに外れるので、安全性にも配慮されています。

第2位 山善(YAMAZEN) ホットプレート 着脱式 2枚組 YHC-W600

深型と波型のプレートが使えるホットプレートです。波型プレートは焼き料理を作るときにぴったり。深型プレートを使用すると鍋も楽しめます。季節を問わず1年中使いやすい製品です。

プレートは着脱式のため、洗いやすいのもメリット。さらに、フッ素加工によって焦げ付きにくく、汚れを簡単に落とせます。

幅24.5×奥行23cmとコンパクトなので、場所を取らずに保管できるのもポイント。キッチンのスペースが限られている場合でもすっきりと収納できます。

第3位 エレコム(ELECOM) IHクッキングプレート HOT DISH HAC-IH01D

シンプルな色味とデザインが印象的なホットプレート。IHタイプの製品が欲しい方におすすめです。深さのあるプレートなので、焼く・炒める・煮るなどさまざまな調理が可能。卓上でさまざまな料理を楽しめます。

プレートは調理後、皿として活用できるため、そのまま食べられるのもメリット。また、プレートにフィットするシリコン製のなべつかみが付属しています。調理後すぐにプレートを移動させたいときに便利です。

プレートを外すとIHコンロとして使用可能。IH対応の鍋やフライパンが使えるため、ホットプレート以外の用途で使いたい方にも適しています。

第4位 オーム電機(OHM) ミニホットプレート COK-YH75B

サイズがコンパクトで使いやすいホットプレートです。付属のプレートは平面タイプの1種類。シンプル設計で扱いやすい製品を探している方におすすめです。

コンセントに差して電源を入れるだけで予熱を開始するのが便利。セットに時間がかからないので、すぐに使えるモデルを選びたい方にもぴったりです。

サーモスタット機能によって、温度が一定に保たれるのもメリット。食材に熱が入りすぎるのを防げます。

プレートは取り外し可能。さらに、フッ素樹脂加工によって焦げ付きにくく、簡単にお手入れできるのも魅力です。

第5位 ドウシシャ(DOSHISHA) 減煙プレート付きコンパクトホットプレート HPW-101

正方形に近い形でコンパクトに使えるホットプレート。3.5cmの深型プレートと減煙焼き肉プレートの2つが付属しています。プレート・ふた・油受けトレーは水洗いできるため、お手入れしやすいのが特徴です。

減煙焼き肉プレートは、中心に穴が開いていることで油を落とせるのがポイント。油がヒーターに触れないので、煙や油ハネを軽減できます。

深型プレートは、3.5cmと使いやすい深さなのがメリット。餃子や焼きそばのような焼き料理を楽しめるだけでなく、パスタも茹でられます。

専用ベルトが付属しているのも魅力です。本体やふたと一緒に2種類のプレートも一緒にまとめられるため、すっきりと収納できます。

ホットプレートの売れ筋ランキングをチェック

ホットプレートのランキングをチェックしたい方はこちら。