自宅で焼肉やお好み焼きを楽しむ際に便利な「ホットプレート」。鉄板で食材を焼くだけのシンプルな家電と思われがちですが、機種によっては取り換え可能なプレートの種類などが多く、汎用性の高い万能モデルもリリースされています。

そこで今回はホットプレートのおすすめ製品をご紹介。使い勝手やデザイン性にも違いがあるので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

ホットプレートの選び方

種類で選ぶ

焼き物調理に適した「ホットプレート」

By: rakuten.co.jp

ホットプレートとは、電気で鉄板を熱して使用する家庭用調理器具のことです。平面型のプレートが特徴で、お好み焼きや焼肉などの焼き物を作るのに適しています。たこ焼きやグリル料理用など数種類のプレートが付属するモノも多く、さまざまな料理を楽しめるのも魅力。サイズ展開も豊富で、使用人数に合わせて選べます。

鍋料理にも使える「グリル鍋」

By: amazon.co.jp

グリル鍋はホットプレートに比べて鉄板部分が深く、鍋のような形状をしているのが特徴です。焼くことに加えて、煮る・蒸すなどの調理も可能。ホットプレートでは作れない汁気のある煮物や鍋、おでんなども楽しめます。一年中使える汎用性の高いがモノが欲しいという方におすすめです。

形状で選ぶ

少人数での使用に適した「丸型」

By: amazon.co.jp

丸型タイプのホットプレートは料理を取りやすいのが特徴。収まりのよいコンパクトなサイズの製品を多く揃えているため、2人暮らしなど少人数での調理にも適しています。焼いたときのムラが出にくいのもメリットです。

複数調理が可能な「スクエア型」

By: amazon.co.jp

スクエア型タイプのホットプレートは調理できるスペースを十分確保できるのが特徴。複数での調理にもしっかり対応できるので、たくさんの料理を1度に作りやすいのもポイントです。ただし、横幅が長くなるので、ホットプレートを置きたいテーブルの広さを考慮して選びましょう。

人数に合ったサイズを選ぶ

1〜2人などの少人数には幅30cm程度でも十分

By: rakuten.co.jp

ホットプレートを選ぶ際は、使用する人数を想定してサイズを選ぶことも大切です。1〜2人で使うことが多いという方は、テーブルの上に置いても邪魔にならないコンパクトサイズを選ぶのがおすすめ。スクエア型の場合は幅20~30cm、丸型の場合は幅30cm前後のモノを選べば余裕を持って使えます。

4人以上の大人数で使用するなら幅50cm前後

By: amazon.co.jp

ホームパーティーなどで活躍するホットプレート。4人以上の大人数で使用する場合は、調理スペースが広い幅50cm以上のスクエア型がおすすめです。丸型のホットプレートの多くは幅30~40cm程度のため、なるべく幅40cmに近いサイズを選ぶとよいでしょう。

加熱方式で選ぶ

リーズナブルで選択肢豊富な「ヒーター方式」

By: amazon.co.jp

電気でヒーターを熱してプレートに熱が伝わるのが「ヒーター方式」。一般的なホットプレートは、この方式を採用しています。

リーズナブルな価格で選択肢が豊富なところがメリット。ただし、予熱に時間がかかる、均一な温度に保つのが難しく焼きムラが出る、などのデメリットがあります。

省エネでお手入れ簡単な「IH方式」

By: panasonic.jp

磁力でプレートを発熱させて調理するのが「IH方式」。省エネかつ予熱に時間がかからず、使用後のお手入れも簡単といったメリットがあるほか、細かい温度調整に対応できるのも魅力です。

とはいえ、ヒーター方式と比べると選択肢としてはまだ少ないのが現状。徐々に採用されている機種が増えてきましたが、価格は比較的高い傾向があります。

たこ焼き用や焼肉用など付属しているプレートの枚数や内容で選ぶ

By: amazon.co.jp

基本となる平面のプレートをはじめ、「焼肉プレート」や「たこ焼きプレート」など付属しているプレートの種類が多ければ料理のバリエーションが一気に広がります。

特に焼肉プレートには溝が施されているタイプ、さらに肉の余分な油を落としてくれる穴あきタイプなど、いくつかのバリエーションに分かれているのがポイント。高性能であればあるほど、煙の発生を抑えて部屋に不快な臭いが残りにくいほか、使用後のメンテナンスにも配慮されているので、使い勝手や構造はしっかりチェックしておきましょう。

お手入れのしやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

お手入れのしやすさも大切なポイント。プレートの表面にフッ素樹脂加工が施されていれば汚れがこびり付きにくいほか、ペーパータオルなどで拭くだけで対応できます。

なお、ボディと加熱部が一体構造となっている製品はバラせないので、水洗いなどは不可。一方、本体とプレートなどが分離できるモデルはヒーター部分以外の丸洗いができるので使い勝手は良好です。

やけどガードやフタの有無をチェック

By: amazon.co.jp

より安全にホットプレートを使用するためには、「やけどガード」付きのアイテムがおすすめです。やけどガードとは、プレートの周囲を耐熱性に優れた樹脂でガードしている構造のこと。万が一本体に触れてしまっても火傷しにくいため、小さな子どもがいる家庭や安全性を重視したい方にぴったりです。

また、フタの有無も要チェック。フタ付きの製品は蒸し料理にも対応できるのに加え、食材にじっくりと火を通したい時にも重宝します。なお、フタには大きく分けてガラス製と金属製の2種類があり、ガラス製のフタは中を覗きながら食材の焼き具合を確認できるのがメリット。一方で、金属製のフタはガラス製よりも軽いので、取り扱いやすいのが魅力です。

ホットプレートのおすすめメーカー

象印マホービン(ZOJIRUSHI)

By: amazon.co.jp

2018年に創業100周年を迎えた老舗メーカー・象印マホービン。水筒・電気ポット・炊飯器などの調理家電を幅広く手がけています。ホットプレートに関しても、高機能なタイプからシンプルなタイプまでさまざまなラインナップを揃えているのが特徴です。

タイガー魔法瓶(TIGER)

By: amazon.co.jp

1923年に大阪府で創業したタイガー魔法瓶。割れやすいイメージがあった魔法瓶に強さを印象付けるため、社名に「虎」が付けられました。「世界中に幸せな団らんを広める」というビジョンのもと、ホットプレートも家族で団らんが楽しめる多彩なプレートを付属しているモノが多く展開されています。

山善(YAMAZEN)

By: amazon.co.jp

大阪に本社がある山善。同メーカーの家電製品といえば扇風機が有名ですが、AV機器や調理家電など身近なモノも多いメーカーです。無駄な機能を省いたシンプルな製品を展開しているのが特徴。リーズナブルで使い勝手のよいホットプレートを探している方におすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

By: amazon.co.jp

近年家電業界で存在感が増しているアイリスオーヤマ。もともとはホームセンターなどでよく見かける生活用品の製造卸業でしたが、LED照明をリリースして以降、幅広いジャンルの製品を続々とリリースしています。便利でありながらコストパフォーマンスの高い製品を豊富にラインナップしているのが特徴です。

ブルーノ(BRUNO)

By: amazon.co.jp

ブルーノは、インテリア雑貨などを販売しているイデアインターナショナルのライフスタイルブランド。インテリアが映えるデザイン性を備えた、トースター、ハンドブレンダーなどのキッチンアイテムを販売しています。

中でもホットプレートはデザイン性の高さが好評。実績としても販売台数が100万台を突破する話題性もあるほか、インスタ映えする家電としても注目されています。

ホットプレートのおすすめ|ホットプレート

ブルーノ(BRUNO) コンパクトホットプレート BOE021

ブルーノ(BRUNO) コンパクトホットプレート BOE021

ホーロー鍋のような見た目がおしゃれなブルーノの「コンパクトホットプレート」。テーブルの上に置いても邪魔になりにくいサイズで、2~3人での使用に適しています。

食材やメニューに合わせて最大250℃まで無段階で温度調節が可能。さらに、温度を一定に保つサーモスタット機能も搭載しています。平面プレートのほか、たこ焼きプレートも付属。さまざまな料理に対応するおすすめのホットプレートです。カラーバリエーションが豊富なので、食器やカトラリーなどに合わせてテーブルコーディネートも楽しめます。

タイガー魔法瓶(TIGER) ホットプレート これ1台 CRV-A300

タイガー魔法瓶(TIGER) ホットプレート これ1台 CRV-A300

遠赤土鍋コーティングを施した平面プレート、余分な油を落として料理をヘルシーに仕上げる穴あき・波形プレート、たこ焼きを一度に30個作れるたこ焼きプレートがセットになったホットプレート「これ1台」。

プレート表面には硬質セラミック配合の「フッ素コーティング」が施されており、焦げ付きにくくキズに強いのが特徴です。縦置き収納可能で置き場所に困らないのもポイント。さらにプレートと本体ガード、ヒーターは完全分離構造になっているため、汚れても分解して丸洗いできます。自宅で本格的な焼き物を楽しめるおすすめのホットプレートです。

パナソニック(Panasonic) IHデイリーホットプレートKZ-CX1

パナソニック(Panasonic) IHデイリーホットプレートKZ-CX1

洗練されたデザインで食卓をおしゃれに彩るパナソニックの高機能ホットプレート。プレートは幅約57.6cmのワイドサイズなので大人数でのパーティーにも活躍します。さらに、プレートを外せば卓上IHクッキングヒーターとしても使用可能。左右の加熱温度を別々に設定できるダブルIH熱源を搭載しており、2種類の料理を同時に調理できます。

簡単に操作できるシンプルデザインの「前面ツマミ」や、調理をしない状態が続くと誤ってスイッチに触れても加熱スタートしなくなる「スタンバイモード」など、使い勝手のよさにこだわった機能も多く搭載。デザイン性と機能性を兼ね備えたおすすめのホットプレートです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 網焼き風ホットプレート 3枚 APA-135-T

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 網焼き風ホットプレート 3枚 APA-135-T

プレート表面のセラミックコーディングから放出される遠赤外線効果により、食材の旨みをじっくりと引き出せるアイリスオーヤマの「網焼き風ホットプレート」。焼肉プレートに穴を設けることで余分な油が水受けプレートへ落ちる構造になっているため、煙や油の飛び散りが少ないのが特徴です。

そのほかに、餃子を一度に約40個も焼ける大型サイズの平面プレートと、直径約43mmのたこ焼きが24個焼けるたこ焼きプレートが付属します。各プレートと水受けトレー、本体ガードは取り外して丸洗いができるのでお手入れも簡単。充実した機能を備えながらもリーズナブルな価格を実現しており、ホットプレートをはじめて購入するという方にもおすすめです。

プリンセス(PRINCESS) テーブルグリル ピュア

プリンセス(PRINCESS) テーブルグリル ピュア

白い陶器のようなプレートと天然竹を使用した台座の組み合わせがおしゃれな「テーブルグリル ピュア」。食卓を華やかに演出してくれるおすすめのホットプレートです。セラミックコーティング施したアルミ鋳物製プレートを採用しており、熱を加えることで遠赤外線効果を発揮。食材の芯まで素早く熱を通します。

プレートは中央にあいた穴に向かって緩やかに傾斜しているのが特徴。食材から出た余分な油が中央の穴から落ちる構造になっており、料理をヘルシーに仕上げられます。

プレート表面には汚れが付きにくい「ノンスティック加工」が施されていおり、付属のスパチュラやキッチンペーパーで拭き取るだけで汚れを落とせるのも魅力。見た目だけでなく機能面も優秀なおすすめのホットプレートです。

ブルーノ(BRUNO) ホットプレート グランデサイズ + グランデ用セラミックコート仕切り鍋 2点セット

ブルーノ(BRUNO) ホットプレート グランデサイズ + グランデ用セラミックコート仕切り鍋 2点セット

ブルーノの人気製品「コンパクトホットプレート」のグランデサイズ。本体サイズは幅48×奥行28×高さ15.2cmで4〜5人での使用におすすめです。キッチンやダイニングに出しっ放しでも気にならないデザイン性の高さも魅力のひとつ。面倒なセッティングや片付けの手間が省けます。

定番の平面プレートとホームパーティーなどで活躍するたこ焼きプレートのほか、2つに仕切られた深鍋が付属。焼き物だけでなく、汁気の多い煮込み料理なども作れる汎用性の高いホットプレートです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 両面ホットプレート DPO-133

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 両面ホットプレート DPO-133

2種類の料理を同時調理できる便利なホットプレート。たこ焼きを一度に20個焼けるたこ焼きプレートと、焼肉やプルコギを作れるディンブルプレート、焼きそばやパンケーキなどに適した平面プレートが付属するため、さまざまな料理を楽しめます。

プレートはそれぞれ80~250℃まで別々に温度調整ができるため、ひとつを調理用プレートに、もう片方を保温用プレートにするといった使い方もできます。本体はプレートをまとめて入れられる折りたたみ式。収納時サイズは幅約15.5×奥行約33.6×高さ約34.3cmと非常にコンパクトで保管場所にも困りません。

パナソニック(Panasonic) IHホットプレート KZ-HP2100

パナソニック(Panasonic) IHホットプレート KZ-HP2100

IH加熱方式ならではの安定した高火力が魅力のホットプレート。平面プレートの表面には、キズに強いセラミックスとダイヤモンドの微粒子を含むフッ素コーティングが施されているため、金属製のヘラを使用できるのが特徴です。

プレートを取り外せば卓上IHクッキングヒーターとしても使用可能。吹きこぼれないように自動で火力調節を行う機能を搭載しており、鍋料理も楽しめるおすすめのホットプレートです。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) ホットプレート やきやき EA-GV35

象印マホービン(ZOJIRUSHI) ホットプレート やきやき EA-GV35

オーソドックスな平面プレートのほか、遠赤穴あき焼肉プレート、大たこ焼きプレート、遠赤平面ハーフプレートがセットになったホットプレート。遠赤穴あき焼肉プレートの半分を遠赤平面ハーフプレートに変えることが可能で、焼肉と一緒に別の料理を楽しむこともできます。

プレートには耐久性の高い「トリプルチタンセラミックコート」を採用。表面は凹凸のある「ダイヤカットディンプル仕上げ」になっており、油なじみがよく焦げ付けにくくなっています。さらに、プレートを重ねて収納できる「樹脂製収納ホルダー」が付属。縦置き可能で狭いスペースにも収納できて便利です。

ホットプレートのおすすめ|グリル鍋

アビテラックス(ABITELAX) 電気ミニプレート グリル鍋 APN-16G-R

アビテラックス(ABITELAX)  電気ミニプレート グリル鍋 APN-16G-R

煮る・焼く・蒸すなどの多彩な調理が楽しめる汎用性の高いグリル鍋。本体サイズは幅約24.5×奥行約20×高さ約17cmとコンパクトなので一人暮らしの方に適しています。鍋とプレートには焦げ付きにくいフッ素加工が施されている上、本体から取り外して丸洗いができるためお手入れ簡単。

フタはガラス製のため、食材の火の通り具合を確認しながら調理ができます。そのほかにも温度ヒューズや過昇防止サーモ機能などを備えており、安全に使用できるおすすめのグリル鍋です。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) グリルなべあじまる EP-RV30

象印マホービン(ZOJIRUSHI) グリルなべあじまる EP-RV30

食材やダシの色が映える土鍋風デザインが特徴のグリル鍋。深鍋の内側には水量目盛付きで、計量カップなどを使わずに味付けできて便利です。鍋やプレートの内径は30cm前後で大人数での使用に適しています。

深鍋のほか、肉と野菜を同時に美味しく焼ける「平面スペースつき溝つき遠赤焼肉プレート」と焼き物調理に適した「遠赤平面プレート」、さらに深鍋にセットして使用する「蒸しプレート」が付属。これ一台でさまざまな料理が楽しめるおすすめの製品です。 

また、やけどを防ぐ本体ガードがプレートより高い位置まで設けられているのもポイント。子供がいる家庭でも安心して使用できます。

テスコム(TESCOM) グリルなべ GP9000

テスコム(TESCOM) グリルなべ GP9000

1300Wの高出力で素早い立ち上がりを実現するグリル鍋。容量3.4Lで3〜4人での使用におすすめです。深鍋は本体から簡単に取り外しできる上、直火調理できて便利。マグネット式のプラグを採用しており、足や手を引っ掛けてもコードだけが外れるため安心して使えます。

付属するプレートの種類が少ない分、安く購入でできるのもポイント。グリル鍋をはじめて購入するという方におすすめの製品です。

タイガー魔法瓶(TIGER) グリル鍋 CQD-B300

タイガー魔法瓶(TIGER) グリル鍋 CQD-B300

波形焼肉プレート・たこ焼きプレート・深鍋に加えて蒸しプレートがセットになったタイガー魔法瓶の「グリル鍋」。各プレートの表面には遠赤外線効果を発揮するセラミックを含んだフッ素加工が施されており、食材の中まで素早く火を通します。

深鍋は大人4人で楽しむのに適した約3.7Lの大容量サイズ。直火にかけられるため、料理の下ごしらえをスピーディーに行えます。鍋には取っ手が付いているため持ち運びやすいのもポイント。

波形プレートには野菜ゾーンが付いており、肉と野菜を焼き分けられます。しっかり中が覗けるガラス製のフタで、煮過ぎや焼き過ぎを防止。さまざまな調理に対応できるおすすめの製品です。

山善(YAMAZEN) ホットプレート YHC-W600

山善(YAMAZEN) ホットプレート YHC-W600

深鍋と波型プレートの2つがセットになったグリル鍋。コンパクトサイズで一人暮らしの方におすすめです。80~210℃の温度調節が可能で、食材やメニューに合わせてさまざまな調理が楽しめるなど、小型ながらも十分な機能を搭載。プレートにはフッ素加工が施されているため焦げ付けにくくお手入れも簡単です。

番外編:ホットプレートで作れるおすすめの料理

チーズフォンデュ

専用の調理器具がなくても、ホットプレートがあればチーズフォンデュが作れます。ピザ用チーズをグラタン皿などの耐熱容器に入れて、ホットプレートに乗せれば、チーズが溶けてチーズフォンデュが完成。プレートの空いた部分で具材を同時に温められるのも便利です。

もんじゃ焼き

ホットプレートを使えばもんじゃ焼きもラクに作れます。自分好みの材料を用意して楽しく作れるのが魅力。もんじゃ焼きを食べるときに使う専用の「はがし」を使えば、本格的な雰囲気を家で再現できます。大勢で楽しみながら食べるのがおすすめです。

焼き餃子

By: amazon.co.jp

フライパンだと焼き餃子を一度に多くは作れませんが、ホットプレートならたくさんの餃子を焼けるのでおすすめ。温度を一定に保っておけば焦げてしまう心配も軽減します。保温ができるため、ホットプレートに乗せたままアツアツの焼き餃子が食べられるのも魅力です。