自宅で簡単に焼肉や焼きそば、お好み焼きが楽しめる「ホットプレート」。食べるだけでなく作る楽しみも味わえるため、友達とのパーティーや家族での団らんにもおすすめです。また、最近ではたこ焼きやクレープ、パエリアなど、幅広い調理に利用できる製品も人気を集めています。

そこで今回は、おすすめのホットプレートをご紹介。人気メーカーや選び方のコツについても解説するので、参考にしてみてください。

ホットプレートの種類

焼き物調理に適した「ホットプレート」

By: amazon.co.jp

「ホットプレート」タイプは、焼肉や焼きそば、お好み焼きなどの焼き物に適したモデル。平面プレートや波型プレートが付属している場合も多く、縁が浅めにデザインされているので、食材を取り出しやすいのが特徴です。

また、プレート面積の広い「スクエア型」を採用しているモデルも多く、多人数で使用する場合にも適しています。

鍋料理にも使える「グリル鍋」

By: bruno-inc.com

「グリル鍋」タイプは、焼き物に加えて鍋料理にも対応できるモデル。縁が深めにデザインされており、煮物や揚げ物が調理できる製品も販売されています。

形状は「丸型」を採用している場合が多く、テーブルに設置した際の圧迫感が少ないのもメリット。少人数で焼き物を楽しみたい場合にも適しています。また、コンパクトなモデルであれば、一人暮らしで使用するホットプレートとしてもおすすめです。

グリル鍋について詳しく知りたい方はこちら

ホットプレートの選び方

おしゃれで高機能なモデルが人気

By: amazon.co.jp

従来のスタンダードな外観を備えた製品のほか、最近ではデザイン性に優れたホットプレートも人気。シンプルなデザインのモデルなら手入れの手間もかかりにくく、機能的にも優れています。

調理する食材が見やすく、食卓に華やかな印象を与えられるのもメリットです。

熱源の種類をチェック

ヒーター式

By: amazon.co.jp

ホットプレートのなかでもスタンダードな熱源は「ヒーター式」。リーズナブルな価格で購入できるコンパクトなモデルから、プレートが数種類付属した大きいサイズのモデルまで幅広いラインナップが揃っています。

コンセントに付属のケーブルをつないで、電源を入れるだけで簡単に使えるのもポイント。プレートの温度を調節できる製品も多く、使い勝手にも優れています。ただし、ヒーターの配置位置によっては、焼きムラが目立つ場合もあるので要注意。購入する際は、ヒーターが均一に配置されているモデルを選択するのがおすすめです。

IH式

「IH式」のホットプレートは、細かく温度調節できるのが特徴。火力を調節しながら食材を保温できて便利です。製品によってはプレートを取り外しても使用可能。IH対応の鍋やフライパンを置いて調理できるモデルも人気です。

ヒーター式のホットプレートと比較すると価格の高いモデルが多いものの、プレートが平坦で手入れが簡単というメリットがあります。また、「フッ素コーティング」が施されたプレートを搭載している製品は、より汚れが落ちやすくおすすめです。

カセットガス式

By: amazon.co.jp

「カセットガス式」のホットプレートは、ガスボンベを熱源として肉や野菜を調理できるのが特徴。コンセントを必要としないので、アウトドアキャンプで使用したり、災害時用の備品として用意したりできるのがメリットです。

なかには、プレートを取り外して、通常のコンロとして使える製品も存在します。なお、使用中にガスが切れると使えなくなってしまう点には要注意。連続使用時間を確認しておくほか、予備のガスボンベを用意しておくのがおすすめです。

付属プレートの種類をチェック

お好み焼きや餃子に適した「平面プレート」

By: bruno-onlineshop.com

「平面プレート」を搭載した製品は、お好み焼きやホットケーキの調理におすすめ。スタンダードなタイプのプレートで、多くのホットプレートに標準で搭載されています。平坦なプレートは、汚れを落とす手間がかかりにくい点も魅力です。

焼肉はもちろん、餃子や焼きそばなど幅広い料理に対応できるメリットもあります。また、「平面プレート」と「波型プレート」を半分ずつ備えたモデルであれば、焼肉をする際などに肉とほかの食材を別々に調理できて便利です。

焼肉の油を落とせる「波型プレート」

By: tiger.jp

「波型プレート」は、名前の通りプレートの表面が波打っているタイプ。肉を焼く際に余分な油を溝に落とせるのが特徴です。また、プレートに穴が空いている製品であれば油を下に落とせるので、洗う手間が省けて便利。プレート下に油受けを搭載しているモデルも多く、油はねを防げるのが特徴です。

使用後にプレートの溝を洗う必要はありますが、油が下に落ちていれば短時間で手入れできます。また、食材を焼いた際にキレイな焼き目を付けられるのも波型プレートの魅力です。

たこ焼きやアヒージョが作れる「たこ焼きプレート」

By: tiger.jp

「たこ焼きプレート」は、プレート全体に半球状の窪みが設けられたタイプ。複数人でたこ焼きパーティーをしたい場合におすすめです。

また、半球状の窪みにオリーブオイルに魚介や野菜、ニンニクを入れればアヒージョも調理可能。ホットケーキミックスを流し込めば、デザートも作れます。「平面プレート」に加えて、「たこ焼きプレート」が付属しているホットプレートも多いので、購入前に付属しているプレートの種類をチェックしてみてください。

スクエア型か丸型か

By: amazon.co.jp

「スクエア型」は各メーカーから多くラインナップされているタイプのホットプレート。食材を焼ける面積が広いので、多人数で使用する場合におすすめです。焼肉・お好み焼き・焼きそばなどを家族で楽しみたい場合にも適しています。

3人以下で使用する場合は、約20~30cm幅の製品がぴったり。4~5人で使用するなら、約40cm幅以上のモデルを選んでみてください。

「丸型」のホットプレートはテーブルに置いた際の圧迫感が少なく、少人数での使用に適したタイプ。スクエア型と比較して、ヒーターがプレート裏に均一に配置されているモデルが多いのも特徴です。また、底の深いプレートが搭載されている製品なら、鍋料理にも使用できます。

洗いやすいモデルなら手入れも簡単

By: amazon.co.jp

食材をプレート自体に置いて焼くタイプの製品は、使用後に手入れが必要。パーツを取り外して洗えるモデルなら、手入れの手間が省けて便利です。プレートはもちろん、その他のパーツが着脱可能かもチェックしておきましょう。

また、プレート表面の加工もあわせて確認しておくのがおすすめ。フッ素加工が施されているモデルであれば、汚れが落ちやすく短時間で片付けられます。

収納性をチェック

By: amazon.co.jp

ホットプレートを長期間収納する方は、収納のしやすさもチェックしておきましょう。たこ焼きプレートなどが付属する場合、セットにしてしまっておけるモノなどがおすすめ。ハイエンドモデルでは専用の収納ケースが付属することもあります。

コードなどもまとめられると、よりコンパクトに収納可能。折りたたみ式のモデルやコンパクトに設計されたモデルなどもあるので、収納スペースの広さを加味しながら選びましょう。

煙やニオイが気になるなら無煙ロースターもおすすめ

By: amazon.co.jp

室内で使用するホットプレートを選ぶ際は、煙の出にくいモデルもおすすめ。食材の臭いが服や室内に付くのを防げて便利です。一般的に、煙は加熱された部分に油が触れることで発生しますが、最近では加熱部に油が落ちない「無煙ロースター」と呼ばれるホットプレートが高い人気を集めています。

一般的なホットプレートはプレートの下に熱源がありますが、プレートの上に熱源のある「無煙ロースター」であれば煙が発生しにくく快適に使用可能。また、プレートに角度をもたせて油を1か所に集め、煙の発生を抑制するモデルも存在します。

無煙ロースターについて詳しく知りたい方はこちら

ホットプレートのおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

日本を代表する大手家電メーカー「パナソニック」。コーヒーメーカーや電子レンジ、トースターなどのキッチン家電に加えて、ホットプレートも製造しています。パナソニックのホットプレートは、多彩な機能を搭載しているのが特徴。付属プレートの種類も豊富で、幅広い料理に対応できます。

サイズの大きいスクエア型のホットプレートも取り扱っており、多人数で使用する場合にもおすすめです。

ブルーノ(BRUNO)

By: amazon.co.jp

デザイン性に優れた雑貨や家電を製造している「ブルーノ」。ホットプレートにおいても、おしゃれなデザインが高い人気を集めています。比較的コンパクトなサイズのモノがラインナップされているので、少人数での使用や一人暮らし用のホットプレートとしてもぴったり。テーブル上に設置した際に圧迫感が少ないメリットもあります。

ブルーノのホットプレートは比較的リーズナブルな価格で購入でき、プレゼントとしてもおすすめです。

象印マホービン(ZOJIRUSHI)

By: zojirushi.co.jp

電気ポットや炊飯器、コーヒーメーカーで有名な「象印マホービン」。ホットプレートのラインナップも豊富で、コンパクトで使いやすいモデルから、高機能な大型モデルまで幅広く取り揃えています。

料理のレパートリーが広がる深型プレートやたこ焼き用プレート、波型プレートなど、多彩なプレートを備えた製品が多いのも特徴。好みやニーズに合う製品が選択しやすい点でもおすすめのメーカーです。

ホットプレートのおすすめランキング

第1位 パナソニック(Panasonic) ホットプレート NF-W300

「ウォームキーパー」が付属し、焼き上がった肉や野菜を保温しておけるホットプレート。焼きすぎを予防できるうえ、あたたかいまま食べられるのがメリットです。また、「穴あき焼肉プレート」の穴から油が落ちるため、ヘルシーに焼き上げられます。

平面・焼肉・たこ焼きの3種類のプレートが付いており、幅広い調理を楽しみたい方にもおすすめ。1度に3枚のお好み焼きが焼けるビッグサイズなので、3人以上で食卓を囲みたい場合に便利です。

プレートにフッ素加工が施され、こびり付きにくく快適に調理できます。耐久性の高い「ダイヤモンドハードコート」を採用し、フッ素コーティングが長持ちしやすいのも魅力。さらに、付属の専用金属ヘラを使用できます。

第2位 タイガー魔法瓶(TIGER) ホットプレート これ1台 CRV-G300

使いやすさが充実したおすすめのホットプレートです。3mとケーブルが長いため、コンセントからテーブルが少し離れていても設置可能。また、プレートの内寸は約幅42.1×奥行30.9cmと大きいので、多人数で食卓を囲みながら楽しめます。

「硬質セラミックスハードフッ素コーティング」により、焦げ付きを軽減できるのが特徴。快適に調理できます。耐久性が高くコーティングがはがれにくいため、長く使いたい方にもおすすめです。

「穴あき・波形プレート」「たこ焼きプレート」「平面プレート」の3枚が付属するほか、保温~250℃まで温度を調節できるので、幅広い料理を作れます。付属のフタを使えば、餃子などの蒸し焼きも可能です。

細かく分解できるため、お手入れのしやすさを重視する方にもおすすめ。ガードも水洗いができ、清潔に保てます。さらに、自立式縦置き収納に対応し、収納場所に困りにくいのも魅力です。

第3位 象印マホービン(ZOJIRUSHI) ホットプレート やきやき EA-GV35

「遠赤穴あき焼肉ハーフプレート」と「遠赤平面ハーフプレート」を組み合わせて使えるホットプレート。焼肉と焼きそばを同時に調理したい場合に活躍します。また、穴から油が落ちるため、油飛びや煙を軽減できると謳われているのも魅力です。

焼肉を楽しめる「遠赤穴あき焼肉プレート」、餃子やお好み焼きに適した「遠赤平面プレート」、たこ焼きが作れる「大たこ焼きプレート」も付属し、幅広い料理を調理可能。サイズが大きいので、多人数で楽しみたい方におすすめです。

平面プレートにダイヤカットディンプル仕上げを採用し、焦げ付きを抑えられるのも特徴。さらに、3層構造の「トリプルチタンセラミックコート」が施されており、傷が付きにくいのもメリットです。

樹脂製収納ホルダーが付属し、各プレートと本体を重ねて留めることが可能。立てて置けるため、省スペースで収納しやすいおすすめのホットプレートです。

第4位 ブルーノ(BRUNO) コンパクトホットプレート BOE021

ホーロー鍋のような外観で、食卓をおしゃれに演出したい方にぴったりのホットプレート。普段使いはもちろん、ホームパーティーなどでも活躍します。また、インテリアとして楽しめるため、見える場所に収納したい方にもおすすめです。

幅37.5×高さ14×奥行23.5cmと比較的コンパクトで、2~3人分の調理に適しています。小さめサイズながら、保温~250℃まで無段階に温度を調節可能。火力があり、本格的な料理にも挑戦できます。

「平面プレート」に加え、「たこ焼きプレート」が付属し、たこ焼きやアヒージョを楽しめるのも魅力。別売のプレートに対応しており、幅広い料理を作りたい方にもおすすめです。

フッ素樹脂加工により、汚れが落ちやすいのも特徴。プレートは重ねて本体の中に収納できます。さらに、マグネット式コンセントとサーモスタットを搭載しているのもポイントです。

第5位 アビエン(abien) ホットプレート マジックグリル JF-MG02

プレートとスタンドのみのシンプルかつミニマムな設計で、圧迫感を抑えて設置できるホットプレート。シックなデザインで、食卓をおしゃれに演出したい方にもおすすめです。

独自の「サーキットヒーター」が採用されているのも特徴。密度が高いため、プレート全体を均一に加熱できます。プレートとヒーターが一体化しており、加熱しやすく表面温度を一定に保ちやすいのもポイントです。

急激な加熱を抑えられるので、食材を焦がさないように中まで火を通せるのがメリット。焼きムラが少なく、ジューシーに焼き上がると謳われています。また、プレートに縁がないため、焼肉やステーキはもちろん、串焼きを調理したい方にもおすすめです。

独自の特殊コーティングが施されており、汚れを拭き取りやすくお手入れが簡単。さらに、スタンドは取り外せるので、コンパクトに収納したい方にもおすすめのホットプレートです。

第6位 ブルーノ(BRUNO) マルチグリルポット BOE065

煮る・焼く・蒸す・揚げる・炊くの5役をこなせるグリル鍋。あたたかい蒸し野菜や、揚げたての串カツなどを食卓で楽しめます。また、鍋はIHと直火に対応しており、キッチンで調理した煮込み料理やスープをあたたかいまま食卓に出したい方にもおすすめです。

幅31×高さ23.5×奥行22.5cmの丸型で、3~4人分の調理に適したサイズ感。料理に合わせて、最大240℃まで温度を調節できます。さらに、マグネット式のコンセントを採用し、万が一、ケーブルにつまずいた場合に外れやすいのもメリットです。

ホーロー鍋をイメージさせるおしゃれなデザインも魅力。食卓を華やかに演出したい方や、プレゼント用のグリル鍋を探している方にもおすすめです。

第7位 イワタニ(Iwatani) カセットガスグリルパン ビストロの達人II ホワイト CB-GP

カセットコンロのパイオニアメーカーである「イワタニ」のカセットガス式ホットプレート。「シャローグリルパン」が付属し、ホットプレートとしてだけではなく、グリル鍋としても使えるのが魅力です。

フタが付属しており、焼く・蒸す・煮る・炊く・無水調理を含むさまざまな調理が可能。また、別売のプレートも使えるため、幅広いシーンで活用できます。

プレートを取り外せば、通常のコンロとして使えるのも特徴。最大発熱量2.3kWと高火力で、さまざまな料理を作れます。さらに、コンセントの場所に関係なく設置できるのもポイントです。

第8位 象印マホービン(ZOJIRUSHI) STAN. ホットプレート EA-FA10

現代の暮らしに寄り添う調理家電を展開する、象印マホービンの家電シリーズ「STAN.」のホットプレート。スタイリッシュなデザインで、食卓をおしゃれに演出できます。「焼く」「煮る」ができる深型プレートが特徴。料理の幅が広がるおすすめのアイテムです。

プレートの表面には凹凸加工が施されており、油なじみがよいうえに食材がくっ付きにくいのも魅力。また、耐久性に優れたチタンセラミックコートを採用しているため、金属製のヘラを使用できるのもポイントです。

▼【レビュー】象印「STAN.」のホットプレートで食卓をおしゃれに演出

第9位 プリンセス(PRINCESS) ホットプレート テーブルグリルストーン 10303

機能性とデザイン性を兼ね備えた製品を展開する家電製品メーカー「プリンセス」のホットプレート。ストーン調のプレートと土台を組み合わせたモダンなデザインで、おしゃれなモデルを探している方におすすめです。

プレートにセラミックコーティングが施されているのも特徴。遠赤外線効果により、中までじっくりと火を通し美味しく焼き上げます。また、こびり付きにくく、余分な油が中央の穴から落ちるため、ヘルシーに仕上げることが可能です。

湿らせたキッチンペーパーで拭き取るだけで、汚れが落とせると謳われているのもポイント。油受け皿は取り外しができ、簡単にお手入れできます。おしゃれで使いやすいおすすめのホットプレートです。

第10位 タイガー魔法瓶(TIGER) グリルなべ CQG-B30N

遠赤土鍋コーティング深なべが付属し、遠赤外線効果によりじっくりと食材に火を通し旨みを引き出すグリル鍋。すき焼きや鍋料理を作りたい方におすすめです。また、深さがあるため、大人4人分の調理に適したサイズ感。家族で鍋を楽しめます。

「野菜ゾーンつき波形プレート」がセットになっており、丸型のホットプレートとして使えるのも特徴。肉と野菜を分けて焼けるのが魅力です。さらに、「たこ焼きプレート」も付属し、直径4cmのたこ焼きやアヒージョなどを作れます。

「マグネット式プラグ」を採用し、ケーブルが引っ張られた場合にプラグが外れやすいのもメリット。安全に使いたい方にもおすすめのモデルです。

第11位 エムケー精工 無煙ロースター ヘルシーグリル HG-100K

上部の「赤外線カーボンヒーター」と輻射熱で加熱されるプレートにより、食材を両面から加熱するホットプレートです。プレートが360°回転するため、ムラなく加熱できるのが特徴。厚めの食材にじっくり火を通し、焼き上げたい方におすすめです。

プレートに傾斜があり、油を落とすためヘルシーに仕上げられるのもメリット。ノンフライの唐揚げも作れると謳われています。また、保温・低温・高温の加熱モードを搭載し、焼き加減を調節できるのも特徴です。

無煙ロースタータイプのホットプレートなので、煙を気にせず焼肉を楽しみたい方にもおすすめ。さらに、プレートはフッ素樹脂加工が施されているため、ラクに汚れを落とせます。油受けトレイも取り外して丸洗いできるので、お手入れが簡単です。

第12位 象印マホービン(ZOJIRUSHI) ホットプレート やきやき EA-JB20

少人数で使いたい方やテーブルのスペースを広く使いたい方におすすめのホットプレート。本体の外寸が約幅48×奥行31×高さ12cmと比較的コンパクトで、場所を取らずに設置しやすいのが特徴です。

1200Wのハイパワーで加熱可能。最大250℃まで温度を調節でき、本格的な焼肉を楽しめます。また、遠赤穴あき焼肉プレートが付属し、穴から油を落とすことが可能。ヘルシーに焼けるうえ、油の飛び散りや煙の発生を軽減できるのもメリットです。

トリプルチタンセラミックコートの遠赤平面プレートも付属し、お好み焼きや餃子、ホットケーキなどさまざまな料理を調理できます。さらに、傷が付きにくいため、長く使いたい方にもおすすめです。

本体ガードを分解して丸洗いできるのも特徴。清潔に保ちたい方にもおすすめのホットプレートです。

第13位 アラジン(Aladdin) グラファイトグリラー AEG-G13

0.2秒で発熱する「遠赤グラファイト」を上部に搭載し、遠赤輻射熱で焼き上げるホットプレート。まるで炭火のように、肉をふっくらと焼き上げると謳われています。焼き物や炙り料理を作りたい方におすすめです。

油が下へ落ちるのが特徴。油の飛び散りも抑えられ、後片付けの手間を軽減できます。また、落ちた油が熱源に触れないため、煙の発生が少ないのも特徴。室内で快適に調理したい方にもおすすめのホットプレートです。

第14位 パナソニック(Panasonic) IHデイリーホットプレート KZ-CX1

プレートの右面と左面を別々の温度に設定できるIH式のホットプレート。温度を別々に設定することで、同時に2種類の料理を調理したり、右面で焼き上げた食材を左面で保温したりと、便利に使えます。

温度は90℃に加え、140~250℃まで10℃単位で調節可能。食材や料理に合った温度で加熱できます。

プレートを外せば、IHクッキングヒーターとしても使用可能。所持しているIH対応の鍋を使って、鍋料理なども調理できます。ダブルIH熱源なので、2つの鍋を同時に加熱できるのも特徴。2種類のおかずをまとめて作れるため便利です。

シンプルでおしゃれな外観も魅力的。薄型で圧迫感が少ないほか、インテリアになじみやすいおすすめのホットプレートです。

第15位 コイズミ(KOIZUMI) IHグリルなべ KIH-1411

オーバル型で、省スペースで設置しやすいホットプレート。スタイリッシュなデザインも魅力です。また、波形プレート・平面プレート・鍋の3種類のプレートが付属し、焼肉やお好み焼きなどの焼き料理はもちろん、鍋料理も作れます。

高火力なので、本格的な調理を楽しめるのが特徴。揚げ調理にも対応し、油の温度を最大約200℃まで調節できます。

さらに、1分〜9時間55分まで設定できるタイマー機能が搭載されており、じっくり煮込んだスープやカレーを作りたい方にもおすすめ。機能が充実したおすすめのホットプレートです。

第16位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 網焼き風ホットプレート 3枚 APA-137

遠赤フッ素コートが施された網焼き風焼き肉プレートが付属し、中までじっくり火が通るホットプレートです。油が下へ落ちるため、ヘルシーに仕上げたい方にもおすすめ。また、油の飛び散りや煙の発生を軽減できるのも魅力です。

1度に24個のたこ焼きが焼けるたこ焼きプレートと、市販の餃子を約40個並べられる平面プレートもセット。さまざまな料理を作れます。1度にたくさん焼けるので、大人数で楽しみたい方にもおすすめのホットプレートです。

第17位 レコルト(recolte) ホットプレート RHP-1

プレートにヒーターが内蔵されており、効率よく加熱できるホットプレートです。すばやくあたたまるため、より時短で焼き上げられるのが魅力。また、プレート全体に熱が伝わりやすいので、食材をムラなく加熱しやすいのもメリットです。

フラットプレートとタコヤキプレートを付属し、焼き料理はもちろん、たこ焼きやアヒージョなども作れます。別売の多彩なプレートにも対応し、調理の幅を広げることが可能です。

コントローラーを外せば、分解して洗えます。丸みのあるおしゃれな外観も魅力。落ち着きのある色合いで、洋食器にも和食器にもよくなじみます。デザイン性の高いホットプレートを探している方もチェックしてみてください。

第18位 イワタニ(Iwatani) カセットガス スモークレス焼肉グリル やきまる CB-SLG-1

煙を気にせず焼肉を楽しみたい方におすすめのカセットコンロ式のホットプレート。プレートの温度を約210~250℃に保ち、油の煙化を予防します。また、炎やバーナーではなく、水皿に油が落ちるように工夫が施されており、煙が発生しにくい仕組みです。

直火なので、食材の表面をこんがり焼き上げたい方にもおすすめ。美味しそうな焼き目も付けられます。さらに、フッ素樹脂加工により、食材が焦げ付きにくく、調理がしやすいのもメリットです。

プレートサイズは、直径23.3cmとやや小さめ。一人暮らしの方や少人数で焼肉を楽しみたい方におすすめのホットプレートです。

第19位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 着脱式ホットプレート 温度調節機能付き PHP-1002TC

深鍋プレートが付属し、お好み焼きなどの焼き物だけではなく、鍋やおでんも作れるホットプレートです。セラミックコーティングが施されているのが特徴。また、遠赤外線効果により食材の中まで火が通りやすいのもポイントです。

たこ焼きプレート付きで、たこ焼きやアヒージョ、ベビーカステラなどを楽しめるのもメリット。2~3人分の調理に適したコンパクトサイズなので、少人数で楽しみたい方に適しています。

カラフルでおしゃれなデザインも魅力的。食卓を華やかに演出したい方やプレゼント用のホットプレートを探している方にもおすすめです。

第20位 ラドンナ(LADONNA) Toffy コンパクトマルチ電気鍋 K-HP3

約幅28.5×高さ22×奥行20cmとコンパクトで、小さなテーブルにも設置しやすい電気鍋。深さがあるため、小さめサイズながら2~3人分の調理もできます。煮る・焼く・蒸す・炒める・揚げる・炊くと幅広い調理に対応しており、多彩な料理が作れるのも魅力です。

また、保温に加え、約230℃まで無段階に温度を調節できるため、食材に合った温度で加熱できます。ヒーターと鍋が一体化した構造で、熱効率がよいのも特徴。予熱が早いほか、ムラなく加熱しやすいので、時短で美味しく調理したい方にもおすすめです。

フッ素加工により、焦げ付きにくいのもメリット。汚れを落としやすく、ラクにお手入れできます。コンパクトで収納がしやすいため、一人暮らしの方にもおすすめの電気鍋です。

第21位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 両面ホットプレート DPO-133

右面と左面の温度を別々に設定できるうえ、プレートも自由に組み合わせられるホットプレート。平面・ディンプル・たこ焼きの3種類のプレートが付属し、たこ焼きを作りながらお好み焼きや焼きそばを調理したり、肉と野菜を分けて焼いたりできます。

約140~250℃まで温度を調節できるため、幅広い料理を作ることが可能。また、たこ焼きを1度に20個焼けるので、2~3人で楽しみたい方におすすめです。

折りたたみ式で、使用しないときはコンパクトになるのも特徴。プレートも本体の中に入れられます。折りたたみ時のサイズが幅15.5×奥行33.6×高さ34.3cmとスリムなうえ、縦置きが可能。省スペースで収納したい方におすすめのホットプレートです。

ホットプレートのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ホットプレートのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。