手軽に揚げ物料理が作れる「電気フライヤー」。最近では、コンパクトな製品のほか、細かく温度調節ができるモノや、余分な油を使わないノンオイルタイプのモノなど、便利なモデルが多数ラインナップされています。

そこで今回は、電気フライヤーのおすすめ製品をピックアップ。事前に知っておきたいメリット・デメリットや選び方についても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

電気フライヤーとは?

By: amazon.co.jp

「電気フライヤー」は、電力で鍋を加熱して食材を揚げる調理家電。天ぷらやフライなどの揚げ物の調理ができ、機種によっては電気グリルとして使えるタイプもあります。

また、家族や友人と囲んで揚げ物を楽しめる大きめのモデルも販売されており、製品のラインナップが豊富です。

電気フライヤーのメリット・デメリット

電気フライヤーのメリット

By: amazon.co.jp

電気フライヤーのメリットは、直火を使わず揚げ物ができる点です。また、台所だけでなくテーブルでも使えるので、食卓を囲みながら揚げたての料理を楽しめます。

さらに、ガスコンロでは難しい油の温度調節が簡単にできるのも魅力。タイマー機能を搭載している製品も多く、タイマーを設定すれば電源の切り忘れを防げるため、安全性に配慮して使用できます。

電気フライヤーのデメリット

電気フライヤーは、1回の使用ごとに定められた量の油が必要です。そのため、少量の揚げ物をしたいときにも大量の油を使わなくてはならないのがデメリット。

また、通常の鍋やフライパンで油の量を自由に調節して揚げるときと比べて、お手入れに手間がかかることもあります。気になる方は、事前に使用する油の量やお手入れ方法も確認しておくのがおすすめです。

電気フライヤーの選び方

種類をチェック

オーソドックスタイプ

By: amazon.co.jp

オーソドックスな電気フライヤーは、普段の食事でより手軽に揚げ物を作りたい方や、卓上で串揚げパーティーを楽しみたい方におすすめです。

電気で油を加熱する仕組みで、本体に油を注いでスイッチを入れるだけで使えます。IHヒーターのように、温度調節が簡単にできるのも魅力です。

ノンオイルタイプ

ノンオイルタイプの電気フライヤーは、揚げ物をヘルシーに仕上げたい方におすすめ。食材にもともと含まれている脂を高温で加熱して調理する仕組みです。

余分な油を使わずに揚げ物が作れるため、健康を意識したい方やカロリーを控えたい方からも人気。ただし、オーソドックスタイプよりも価格が高い点と、本体のサイズが大きい点には留意しておきましょう。

サイズや容量をチェック

By: amazon.co.jp

電気フライヤーを選ぶ際は、製品のサイズや容量もチェックしておきたいポイント。1人分の食事で使う場合や少量だけ揚げたい場合は、小型の0.5Lサイズで十分です。家族や友人など、複数人で使用することが多い場合は容量が1L以上のモノがおすすめ。また、大人数のパーティーなどで大量に揚げ物をしたいなら、業務用の大型電気フライヤーを検討するのもひとつの手です。

なお、大きめの製品の場合は油の使用量や収納面で不便を感じることもあるので、留意しておきましょう。

機能をチェック

温度調節機能

By: amazon.co.jp

ほとんどの電気フライヤーには、温度調節機能が搭載されています。低・中・高の3段階で温度を切り替えられるシンプルなモデルから、5℃刻みで細かく設定できるモデルまで、温度の設定方法は製品によってさまざま。細かい温度調節ができるモデルは本体価格が高い傾向にあるため、使用頻度と予算を考慮して検討してみてください。

安全機能

電気フライヤーは卓上で使う機会が多いため、安全機能も確認しておきましょう。特に、油が高温になりすぎるのを防ぐ「サーモスタット機能」や、コードが引っ掛かった際にすぐ外れる「マグネットプラグ」などが付いているモノがおすすめです。

また、油の飛び散りが気になる方は、調理中にフタを閉じられるタイプをチェックしてみてください。安全面を考慮できるのと同時に、掃除がしやすく便利です。

高温になる製品だからこそ、安全機能を確認するようにしましょう。

揚げ物以外の調理ができるかチェック

By: recolte-jp.com

電気フライヤーの基本機能は揚げ物の調理ですが、そのほかの調理機能が付いている製品もおすすめ。炒め料理やグリル調理、煮込み料理などが作れるモデルなら、揚げ物をしない日にも活用可能です。

調理機能の幅が広がるほど本体価格も高くなりますが、料理のラインナップを手軽に広げられます。揚げ物をする機会がそれほど多くない方は、揚げ物以外の機能が付いている製品も検討してみてください。

お手入れのしやすさをチェック

By: recolte-jp.com

お手入れのしやすさも、電気フライヤーを選ぶうえで重要なポイント。揚げ物を作ったあとの汚れは落ちにくいので、できるだけ洗いやすいモデルを選びましょう。内釜を外して丸洗いできるタイプは、隅々の汚れまで落としやすいのでおすすめです。

油はねを防ぐフタが搭載されている場合は、取り外して丸洗いできるかどうか確認しましょう。ほかにも、内釜にフッ素コーティングが施されていると汚れが付きにくく簡単に掃除可能。モデルによってお手入れのしやすさに違いがあるので、細かくチェックしておくと安心です。

また、種類によっては内釜やバスケットなどの付属品が食器洗浄機対応のモデルもあります。手間をかけずにまとめてお手入れできるので、手間を省きたい方には食器洗浄機対応モデルがおすすめです。

電気フライヤーのおすすめメーカー

象印マホービン(ZOJIRUSHI)

「象印マホービン」は、1918年創業の老舗家電メーカー。電気ポットなどの生活家電を幅広く取り扱っており、なかでも炊飯器は機能が充実していることで人気です。電気フライヤーにおいては、発売してから10年以上もロングセラーの人気モデルをラインナップしています。

山善(YAMAZEN)

シンプルな機能のみを搭載して低価格に抑えた、いわゆる「ジェネリック家電」をラインナップしている山善。電気フライヤーにおいては、串揚げの際に串を立てかけられる「串ホルダー」を搭載したモデルや、フタを裏返すと油切りができるモデルなど、利便性の高い製品が多くラインナップされています。

おすすめの電気フライヤー|オーソドックスタイプ

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 電気フライヤー あげあげ EFK-A10

ハイパワーかつ使いやすい電気フライヤー。1000Wの電力で160〜200℃で温度調節が可能です。鍋の内側の寸法は約21×14×10cmと広く、容量1Lの大きめのサイズ。大きめの海老も丸ごと揚げられます。

鍋は本体に固定されていますが、フッ素樹脂加工が施されており、お手入れがしやすいのがポイント。万が一コンセントが引っ掛かっても外れるマグネットプラグを採用しているので、小さな子供がいる家庭にも適しています。

山善(YAMAZEN) 電気フライヤー 揚げ物の達人 YAC-M121 1L

串をかけて揚げ物ができる「串ホルダー」が付属した電気フライヤーです。家庭でできたての串揚げを食べたいときに便利。鍋に手が直接触れないように保護カバーを備えているので、テーブルでの使用に適しています。

6種類のメニューに適した温度を本体に記載しており、食材に合わせた温度設定が簡単。つまみを回すだけで設定可能です。さらに、「油切り用網」「油受け兼用ふた」も付属。揚げ物を作る際に便利です。

鍋はフッ素加工が施されているほか、本体は分解できるため、後片付けも簡単。また、マグネットプラグを採用しているため、万が一コードに引っ掛かった場合も、本体を引っ張ることなく外れます。

山善(YAMAZEN) 電気フライヤー YAD-F800

調理中にフタが閉められる電気フライヤーです。油はねを防げるので、食卓の油汚れが気になる方におすすめ。フタは窓付きで調理中の様子が見えるため、焦がさずに調理できます。

温度調節は、160〜190℃までダイヤルで設定可能。また、フライドポテトや唐揚げなどの調理に便利な「油切り網」が付属しており、さまざまな揚げ物メニューを手軽に調理できます。

コンパクト設計なので卓上に置きやすく、家族でも一人でも使いやすいおすすめのアイテムです。

和平フレイズ ほんわかふぇ 電気卓上串揚げ鍋 HR-8952

串揚げ料理を手軽に楽しめるコンパクトな電気フライヤーです。鍋のフチに串を立てかけられる、着脱式の「串掛けリング」が付属しています。ミニ天ぷら鍋としても使えるので、お弁当で1品足したいときにも便利です。

レバーで簡単に温度設定ができ、使用中は設定した温度に自動で調節されます。食材を入れた後は待つだけで調理できるので、時短家電としてもおすすめです。

容量0.5Lとコンパクトなモデルで、一人暮らしの方にもぴったり。電源コードはマグネット式なので、万が一引っ掛かっても簡単に外れます。

ライソン(LITHON) D-STYLIST おひとりフライヤー 0.6L KDFY-06AB

手軽に揚げ物が楽しめる0.6Lの電気フライヤーです。本体サイズは約16×17×17cmとコンパクトなので、卓上にも場所を取らずセットできます。

メニューに合わせて約80〜190℃まで、ダイヤルで温度調節が可能。本体に調理温度の目安も記載されており、初めて電気フライヤーを使う方にも適しています。

また、フタをしたまま調理できるため、油の飛び散りが気になる方にもおすすめ。キッチンテーブル上での調理がしやすく、調理後の後片付けも楽にできます。

ツインバード工業(TWINBIRD) コンパクトフライヤー EP-4694PW

卓上にも置きやすいコンパクトなポット型の電気フライヤーです。メニューに合わせて、低・中・高の3段階温度調節が可能。容量は0.5Lで、夕食で1品足したいときや、お弁当に入れる揚げ物を作りたいときなどに使いやすいサイズです。

少ない油で揚げ物ができるので経済的。また、残った油も片手で処理でき、後片付けの手間も軽減できます。ホコリの侵入を防ぐ保管用のフタが付いており、清潔な状態で保管が可能です。

太知ホールディングス 電気フライヤー おウチで揚げもの屋さん 2.5L KFM-2500

フタを閉めたまま調理ができる電気フライヤーです。揚げ物を作る際の油はねが気になる方におすすめのアイテム。フタには窓が付いているので、調理状況もフタを閉めた状態で確認できます。

温度は130~190℃まで設定可能。適温ランプが点灯したら具材を投入するだけなので、簡単に調理できます。また、レシピ本も付属するので、初めて電気フライヤーを使う方にもおすすめです。

各パーツは取り外して水洗いできるため、使用後のお手入れが簡単。バスケットのほか、鍋やフタも取り外して水洗いできます。食洗機にも対応しているので、後片付けの手間を減らしたい方にもおすすめです。

ROOMMATE ディープフライヤー EB-RM6400A

フタを閉めたまま揚げ物と油切りができる電気フライヤーです。フタには窓が付いているので、中を見ながら調理可能。バスケットが付属しており、調理後はバスケットごと取り出して油が切れるので便利です。

サイズは2.4Lと大容量なので、大人数でのパーティーシーンにも役立ちます。また、温度ダイヤルを備えており、設定温度に到達した後は自動で温度を一定に保ちます。

さらに、30分まで設定できるタイマー機能も搭載。設定時間を過ぎると自動で電源が切れるため、消し忘れの心配がなく、時短家電としても活躍します。フタや鍋が着脱式になっており、お手入れが簡単なのもポイントです。

モダンなデザインでさまざまなインテリアとも馴染みやすいのも魅力。見た目を重視する方にもおすすめです。

おすすめの電気フライヤー|ノンオイルタイプ

レコルト(recolte) Air Oven RAO-1

ダイヤルを回すだけで簡単に揚げ物が調理できる、コンパクトな電気フライヤーです。容量は約2.4Lと大容量サイズながら、A4サイズのスペースに収まるコンパクトさが魅力。キッチンを広く使いたい方にもおすすめです。

1200Wのパワフルヒーターで素早く揚げ物を調理でき、油を使わないのでお惣菜のあたためにも便利。また、食材が触れるバスケットと内アミは丸洗いでき、簡単に汚れが落とせます。

さらに、専用のレシピ本も付属しているのも嬉しいポイント。インテリア家電としても人気があり、ギフトにもおすすめです。

オンライン生活 ノンフライヤースリムDX LFR-806

LEDディスプレイを搭載したモダンなデザインが特徴的な電気フライヤーです。ディスプレイはタッチ操作が可能。6種類のメニューモードを備えており、海老・ポテト・鶏肉・牛肉など、食材に合わせて簡単に調理できます。

「360度空気循環テクノロジー」を採用しているのも特徴。強力なファンが熱風を対流させ、全方向から食材を加熱します。また、2.4Lと大容量サイズのため、大人数の家庭にもおすすめです。

さらに、グリルには焦付き防止コーティングが施されており、汚れが落としやすいのもポイント。食洗機にも対応しています。

インスキー(Innsky) ノンフライヤー IS-AF005

上部に大きなディスプレイを搭載した、高級感があるおしゃれな電気フライヤーです。人間工学に基づいて傾斜したデザインを採用しており、簡単に操作できます。

1230Wの高出力なのもポイント。200℃の熱風で食材を加熱するため、水分と栄養を保持します。また、360度熱風技術を採用しており、油をカットしながら全体をムラなく加熱可能です。

また、バスケットパンを本体から取り出すと自動的に電源が切れるので、切り忘れを防止して使用できます。バスケットパンは丸洗いでき、食洗機にも対応しているので、後片付けも簡単です。

VPCOK 電気フライヤー AF102

ロースト・グリル・ベイク・あたため直しなどのオーブン調理もできる多機能な電気フライヤーです。料理のバリエーションを増やしたい方にもおすすめ。タッチパネルを搭載しており、簡単に操作できます。

容量2.6Lと大きく、3〜4人前作るのにも便利です。200℃の予熱時間が約5分で完了するのもポイント。パーティーや親戚の集まりなどで素早くたくさん調理したいときに活躍するアイテムです。

また、フッ素コーティングされたバスケットは食洗機にも対応。汚れが残りにくく、後片付けも簡単にできます。

ティファール(T-fal) 電気フライヤー アクティフライ FZ205088

「揚げる」「炒める」「煮込む」の3つの調理モードを搭載した電気フライヤーです。フタが透明なので食材の状態を見ながら調理できます。容量は0.6Lとコンパクトで、一人暮らしの方にもおすすめです。

特許技術の「自動かくはん調理」機能を搭載しているのがポイント。かくはん用の羽が食材を自動でかき混ぜ、ムラなく加熱します。また、「99%オイルカット」を謳っており、ヘルシー志向の方にもおすすめです。

食器洗い乾燥機に対応しており、後片付けも簡単。コンパクトで軽量に設計のため持ち運びもしやすく、使用後は省スペースに収納できます。

コソリ(COSORI) ノンフライヤー CP137-AF 3.5L

食材を熱風で360°包み込んで加熱する電気フライヤー。タッチパネル式で操作が簡単にでき、スマートなデザインはインテリア家電としても良好です。おしゃれなだけでなく多機能なのもポイント。温度は77〜205℃で5℃刻みの調節ができ、タイマー設定も1〜60分まで細かく設定できます。

また、ワンタッチで調理可能な11種類のプリセットを搭載。オーブンレシピにも対応します。さらに、専用レシピ本が付属するので、初めて電気フライヤーを使う方にもおすすめです。

そのほか、ノンスティック加工のバスケットを採用しているので、毎回のお手入れも簡単。バスケットは外して丸洗いでき、食洗機にも対応しています。

ショップジャパン カラーラ AWF006KD

オーブンやグリル調理にも対応する電気フライヤーです。「高性能ターボエアウェーブ機能」により、熱風を効率よく循環させムラなく食材を加熱します。「脂肪分最大89%カット」を謳っており、ヘルシー志向の方にもおすすめです。

前面のダイヤルで温度調節とタイマー設定ができ、温度は60~200℃まで、タイマーは0~60分まで設定可能。さまざまな調理に対応できます。

バスケットはフッ素コートされているので汚れがつきにくく、お手入れも簡単。さらに、食洗機にも対応しているため、楽に後片付けができます。

おすすめの電気フライヤー|業務用

エスアイエス(SIS) 大型電気フライヤー XJ-11301A0

一度に多くの調理ができる最大容量4Lの業務用電気フライヤーです。油槽が深く設計されているので、大きな食材も豊富な油でサクサクに揚げられます。

6種類のオートモードを搭載しており、料理が苦手な方や電気フライヤーを初めて使う方にもおすすめ。デジタルディスプレイで簡単に操作できます。

また、10℃刻みの温度調節やタイマー設定も可能。手動で温度や調理時間が細かく調節できるので、さまざまな食材を調理したい方にもぴったりです。

EC Hometec 電気フライヤー

大容量6Lの業務用電気フライヤーです。60~200℃までの温度調節が可能。長時間設定温度をキープでき、温度が上がりすぎると自動で電源がオフになるので、安心して調理できます。

U型加熱管を搭載しており、素早く全体を加熱可能。付属のフタを閉じて油はねを抑えられるのも魅力です。バスケットも付属し、ポテトフライやオニオンフライなどの揚げ物調理も手軽にできます。

また、内釜は取り外して丸洗いできるので、お手入れが簡単。本体はステンレス製で、耐久性も良好です。サビにも強く長期間綺麗な状態をキープできます。

タイジ(TAIJI) 卓上電気フライヤー TF-20A

容量2Lと、業務用の電気フライヤーのなかでは小型の電気フライヤーです。唐揚げやポテトフライなど少量のサイドメニューを作りたい方におすすめ。縦型のため、省スペースに設置でき、お祭り屋台などの催事でも役立ちます。

温度は90〜220℃で調節でき、食材に合わせてダイヤルで簡単に設定可能。また、さびにくく耐久性に優れたステンレスを採用しているので、長期間の使用にも適しています。

電気フライヤーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

電気フライヤーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。