手軽に揚げ物料理が作れる「電気フライヤー」。最近では、コンパクトな製品のほか、細かく温度調節ができるモノや余分な油を使わないノンオイルタイプのモノなど、便利なモデルが多数ラインナップされています。

そこで今回は、電気フライヤーのおすすめ製品をピックアップ。事前に知っておきたいメリット・デメリットや選び方についても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

電気フライヤーとは?

By: zojirushi.co.jp

「電気フライヤー」は、電力で鍋を加熱して食材を揚げる調理家電。天ぷらやフライなどの揚げ物の調理ができ、機種によっては電気グリルとして使えるタイプもあります。

家族や友人と囲んで揚げ物を楽しめる大きめのモデルも発売されており、製品のラインナップが豊富なのも魅力です。

電気フライヤーのメリット・デメリット

電気フライヤーのメリット

By: amazon.co.jp

電気フライヤーのメリットは、直火を使わず揚げ物ができる点です。また、台所だけでなくテーブルでも使えるので、食卓を囲みながら揚げたての料理を楽しめます。

さらに、ガスコンロでは難しい油の温度調節が簡単にできるのも魅力。タイマー機能を搭載している製品も多く、電源の切り忘れを防げるため、安全性にも配慮されています。

電気フライヤーのデメリット

電気フライヤーは、1回の使用ごとに定められた量の油が必要です。そのため、少量の揚げ物をしたいときにも大量の油を使わなくてはならないのがデメリット。

また、通常の鍋やフライパンで油の量を自由に調節して揚げるときと比べて、お手入れに手間がかかることもあります。気になる方は、事前に使用する油の量やお手入れ方法を確認しておくのがおすすめです。

電気フライヤーの選び方

種類をチェック

オーソドックスタイプ

By: recolte-jp.com

オーソドックスな電気フライヤーは、普段の食事でより手軽に揚げ物を作りたい方や、卓上で串揚げパーティーを楽しみたい方におすすめです。

電気で油を加熱する仕組みで、本体に油を注いでスイッチを入れるだけで使えます。IHヒーターのように、温度調節が簡単にできるのも魅力です。

ノンオイルタイプ

By: rakuten.co.jp

ノンオイルタイプの電気フライヤーは、揚げ物をヘルシーに仕上げたい方におすすめ。食材にもともと含まれている脂を高温で加熱して調理する仕組みです。

余分な油を使わずに揚げ物が作れるため、健康を意識したい方やカロリーを控えたい方からも人気。ただし、オーソドックスタイプよりも価格が高い点と、本体のサイズが大きい点には注意が必要です。

サイズや容量をチェック

By: amazon.co.jp

電気フライヤーを選ぶ際は、製品のサイズや容量もチェックしておきたいポイント。1人分の食事で使う場合や少量だけ揚げたい場合は、小型の0.5Lサイズで十分です。家族や友人など、複数人で使用することが多い場合は容量が1L以上のモノがおすすめ。また、大人数のパーティーなどで大量に揚げ物をしたいなら、業務用の大型電気フライヤーを検討するのもひとつの手です。

なお、大きめの製品の場合、油の使用量や収納面で不便を感じることがあるので、注意しておきましょう。

機能をチェック

温度調節機能

By: amazon.co.jp

ほとんどの電気フライヤーには、温度調節機能が搭載されています。低・中・高の3段階で温度を切り替えられるシンプルなモデルから、5℃刻みで細かく設定できるモデルまで、温度の設定方法は製品によってさまざま。細かい温度調節ができるモデルは本体価格が高い傾向にあるため、使用頻度と予算の兼ね合いを考慮して検討してみてください。

安全機能

By: rakuten.co.jp

電気フライヤーは卓上で使う機会が多いため、安全機能も確認しておきましょう。特に、油が高温になりすぎるのを予防する「サーモスタット機能」や、コードが引っ掛かった際にすぐ外れる「マグネットプラグ」などは重要です。

また、火傷や周囲への飛び散りが気になる方には、調理中に蓋を閉じられるタイプもおすすめ。安全面を考慮できるのと同時に、掃除がしやすくなり便利です。高温になる製品だからこそ、安全機能の有無を確認するようにしましょう。

揚げ物以外の調理ができるかチェック

By: recolte-jp.com

電気フライヤーの基本機能は揚げ物の調理ですが、そのほかの調理機能が付いている製品もおすすめ。炒め料理やグリル調理、煮込み料理などが作れるモデルなら、揚げ物をしない日にも活用可能です。

調理機能の幅が広がるほど本体価格も高くなりますが、料理のラインナップを手軽に広げられます。揚げ物をする機会が少ない方は、揚げ物以外の機能が付いている製品も検討してみてください。

お手入れのしやすさをチェック

By: recolte-jp.com

お手入れのしやすさも、電気フライヤーを選ぶうえで重要なポイント。揚げ物を作った後の汚れは落ちにくいので、できるだけ洗いやすいモデルを選びましょう。内釜を外して丸洗いできるタイプは、隅々の汚れまで落としやすいのでおすすめです。

油跳ね防止の蓋が搭載されている場合は、蓋も取り外して丸洗いできるかどうかに注目。取っ手が付いたポッド型の電気フライヤーは、理後の油の処理が簡単にできます。内釜にフッ素コーティングが施されていると汚れが付きにくく簡単に掃除可能です。

種類によっては内釜やバスケットなどの付属品が食器洗浄機対応のモデルもあります。手間をかけずにまとめてお手入れできるので、手間を省きたい方には食器洗浄機対応モデルがおすすめです。

電気フライヤーのおすすめメーカー

象印マホービン(ZOJIRUSHI)

By: rakuten.co.jp

「象印マホービン」は、1918年創業の老舗家電メーカー。電気ポットなどの生活家電を幅広く取り扱っており、なかでも炊飯器は機能が充実していることで人気です。電気フライヤーにおいては、発売してから10年以上もロングセラーの人気モデルをラインナップしています。

山善(YAMAZEN)

By: yamazen.co.jp

シンプルな機能のみを搭載して低価格に抑えた、いわゆる「ジェネリック家電」をラインナップしている山善。電気フライヤーにおいては、串揚げの際に串を立てかけられる「串ホルダー」を搭載したモデルや、フタを裏返すと油きりができるモデルなど、利便性の高い製品が多くラインナップされています。

おすすめの電気フライヤー|オーソドックスタイプ

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 電気フライヤー あげあげ EFK-A10

本製品は本体の外形サイズが幅30×奥行17×高さ18cmと大きめなので、ジャンボなエビフライや大きなとんかつも丸ごと調理できるのが特徴。食卓での串揚げだけでなくキッチンでたっぷりの揚げ物を作るのにもおすすめです。160~200℃まで温度調節ができるため、食材に合わせた適温で調理できます。

内容器にはフッ素樹脂加工が施されているため、焦げ付きにくく洗いやすいのがポイント。マグネットプラグを採用しており、万が一電源コードを引っかけてしまってもすぐに抜けるので安心です。本体には取っ手が付属しているので、持ち運びやすく便利。大きな電気フライヤーで快適に揚げ物を作りたい方におすすめの製品です。

山善(YAMAZEN) 電気フライヤー 揚げ物の達人 YAC-120

卓上での串揚げパーティーに便利な串ホルダーが付いた電気フライヤー。きつね色に揚がった串揚げの油をきってから食べられるのが魅力です。内容器には保護カバーが付いており、串揚げや揚げ物をする際に直接手が触れてしまうトラブルを防げます。油きり用の網も付属しているので、揚げ物をたっぷり作る際にも便利です。

温度は160~200℃に調節可能。から揚げや天ぷらに適した温度で調理できます。ポテトフライなどの小物を揚げるのに便利な取っ手付きバスケットが付属しているのもポイント。ホワイトカラーのシンプルなデザインなのでインテリアに合わせやすいのも魅力です。

山善(YAMAZEN) 電気フライヤー YAD-F800

本製品はフタをしたまま揚げ物ができるため、油の飛び散りを防いで快適に使えるのが魅力。フタには小窓があり、揚げ物の様子を見ながら調理できます。バスケットが付属しているため、ポテトフライや肉団子などを揚げるのに便利。長さ2mの電源コードはマグネットプラグ式のため、安全性も良好です。

本体サイズは幅24.5×奥行25.5×高さ21.5cmとコンパクトで、設置スペースが限られるキッチンや食卓で使用しても邪魔になりにくいのがポイント。約160~190℃に温度調節ができるため、さまざまな食材で揚げ物料理が作れます。スタイリッシュなシルバーカラーで、どんな部屋にもなじみやすいデザイン。使いやすい機能が詰まった電気フライヤーです。

タイガー魔法瓶(TIGER) 電気フライヤー はやあげ CFE-A100

内鍋を取り外して洗えるモノを探している方におすすめの製品。内鍋にはフッ素樹脂加工が施されているため、頑固な油汚れをしっかり丸洗いできます。卓上での串揚げなどに便利な油受けが付いており、余分な油を落としてから食べられるのもポイント。落ち着いたブラウンカラーでキッチンにも食卓にもなじむおしゃれなデザインも魅力です。

マグネットプラグ式の電気コードは3mと長めなので、食卓から電源コンセントが離れていても使いやすいタイプ。温度調節機能はありませんが、電源スイッチを入れると自動で最適温度に調節するため、面倒な操作が不要です。

ツインバード工業(TWINBIRD) コンパクトフライヤー EP-4694PW

ポット型のコンパクトな電気フライヤー。取っ手がついたポット型なので、使用後の油の処理が片手で簡単にできます。メニューに合わせ低・中・高の3段階で温度調節可能。フライや天ぷらなどのおかずに加え、お菓子作りにも使えます。

1回の調理で使う油は約0.5Lと、少ない油で調理できることも魅力のひとつ。油を無駄にしないため経済的で、少ない油でもしっかりと調理可能です。コンパクトサイズなので使用にも収納にも場所を取らず、いつでも気軽に揚げものを楽しめます。

ホコリの侵入を防ぐ蓋も搭載。内釜はお手入れしやすいフッ素加工が施されているので、いつでも清潔に使えます。小型で使いやすいので、一人暮らしの方やお弁当作りにおすすめの電気フライヤーです。

クイジナート(Cuisinart) 電気フライヤー CDF-100JBS

細かな温度調節に対応した電気フライヤー。直感的なダイヤル操作による温度調節が可能で、90〜190℃まで設定できます。加熱中は赤いランプが点灯し、設定温度に達すると緑色のランプが点灯するので、温度による失敗を防ぎながら調理可能です。

ミニサイズの揚げ物やフライドポテトの調理に便利なバスケットが付属。多くの食材を一度に揚げてもまとめて油切りできるので、取り忘れたり焦がしてしまったりといった失敗を防ぎます。取り外し可能な蓋が付くので、油はねを防ぎながら調理可能です。

本体サイズは幅285×奥205×高195mmで容量は約1L。大きな食材もそのまま調理できます。揚げ物をたくさん作る方におすすめの電気フライヤーです。

ROOMMATE ディープフライヤー EB-RM6400A

蓋を閉めた状態で調理できる電気フライヤー。着脱式の蓋が搭載されています。蓋を閉めた状態で揚げと油切りの両方ができるので、油はねの心配がありません。蓋には窓が付いているので、蓋を閉めた状態でも中の食材を確認可能です。

温度調節とタイマー設定はダイヤル式。温度は、130~190℃の間で調節可能です。大容量2.4Lなので、たくさんの食材を1度で調理可能。収納式のハンドルと連動するバスケットが付属するので、スムーズに油切りできます。

内釜は着脱式なので、取り外してお手入れ可能。フッ素加工が施されているので、簡単に汚れを落とせます。油はねや調理中のニオイを防げる、おすすめの電気フライヤーです。

和平フレイズ 電気卓上串揚げ鍋 ほんわかふぇ HR-8952

卓上で手軽に串揚げができる電気フライヤー。付属の串掛けリングを装着すると手で串を持っていなくても串を固定できるので、手を汚さずに簡単に串揚げを楽しめます。串揚げリングを外せば通常の揚げ物鍋として使用可能。天ぷらのような揚げ物を作れます。

油の温度はレバーで簡単に調節可能。加熱中はパイロットランプが点灯するので、一目で状態を把握できます。調理中は温度調節器が自動で動作し、常に一定の温度をキープ。難しい温度の把握を電気フライヤーに任せて、失敗を防ぎながら揚げ物を作れます。

マグネットプラグを採用していることもポイント。誤ってコードを引っ張ってしまっても簡単に外れるので、安心して使えます。安全面にも配慮された、おすすめの電気フライヤーです。

おすすめの電気フライヤー|ノンオイルタイプ

レコルト(recolte) ノンフライヤー エアーオーブン RAO-1

油を使わずにヘルシーな揚げ物料理を作れるコンパクトサイズの電気フライヤー。健康的な食生活を心掛けている方や、ダイエットをしている方におすすめのノンオイル調理ができるモデルです。操作ダイヤルが2つあり、1つは80~200℃までの温度調節、もう1つは60分までのタイマー設定ができるため、調理内容に合わせて切り替えられます。

揚げ物だけでなく、魚をグリルしたりカップケーキを焼いたりすることも可能。また、総菜のあたためなおしができるため、1台あると重宝します。小型ながらバスケットの容量が約2.8Lあり、一度にたっぷりの揚げ物を作れるのがポイント。バスケットは取り外して食洗機で丸洗いできるので、お手入れの手間がかかりにくいのも魅力です。

Vpcok 電気フライヤー

時間や温度のデジタル表示に対応した電気フライヤー。温度調節や時間設定は、タッチスクリーンで操作可能です。タッチスクリーン上には6種類のレシピボタンが搭載されているので、ワンタッチで最適な時間と温度を設定し、手軽に調理できます。

油を使わずに熱風で調理するので、ヘルシーに仕上がることが特徴。上部のファンと底面の盛り上がった形状により、熱風が庫内を効率よく対流・循環するので、素早く均等に熱を通します。大容量なので、3~4人前の揚げ物を1度に調理可能です。

温度が上がりすぎたり、バスケットを取り出したりすると、自動的に加熱が中止される機能も搭載。安全面にも配慮された、おすすめの電気フライヤーです。

ティファール(T-fal) アクティフライ FZ205088

3つの調理方法に対応した電気フライヤー。炒める・揚げる・煮込むの3種類の調理が可能です。蓋が透明なので調理中も中を確認でき、焦がしてしまったり生焼けのままだったりといった失敗を防げます。液晶パネルを搭載しているので、簡単に操作可能です。

かくはん用の羽を搭載し、独自の「自動かくはん調理」に対応。羽が食材をかき混ぜるため均一に熱風が当たり、ムラなく加熱可能です。フライパンには取っ手が搭載されているので、別の容器に移したり、盛り付けたりする場合に便利に使えます。

取っ手は折りたたみ式なので、収納時に場所を取りにくいこともポイント。フライパンは食器洗浄機にも対応しているので、簡単にお手入れできます。多彩な料理に対応した、おすすめの電気フライヤーです。

ショップジャパン(Shop Japan) カラーラ AWFM02KD

ヘルシーな揚げ物が簡単に作れるノンオイルタイプの電気フライヤー。最高200℃の熱風を循環させる「ターボエアウェーブ機能」により、食材がカラッと仕上がります。独自のウインドキャッチャーが理想的な対流を生みだすので、食材全体をムラなく加熱可能です。

温度調節とタイマー設定はダイヤルで簡単に操作できます。主な料理の設定温度や時間は本体に記載されているので、初心者でも簡単に使用可能。ダイヤルを回すだけで自動で調理が開始されるので、別の作業を並行して行うことで時短にもつながります。

揚げ物以外にも、焼き物やスイーツの調理にも対応。レパートリーが豊富で、朝ごはんから晩酌まで1日中使える、おすすめの電気フライヤーです。

ROOMMATE ゼロフライヤーミニ EB-RM9700A

真っ赤なカラーがおしゃれなノンオイルタイプの電気フライヤー。コンパクトサイズなので、庫内温度の上昇が早いことが特徴です。本体上部の加熱ヒーターとファンで熱風を庫内に循環させることで、外はカラッと中はジューシーな揚げ物を作れます。

調理時間は最大30分、温度設定は120~200℃まで対応。トンカツや唐揚げ、フライドポテトなどの定番の揚げ物のほか、トースト・グラタン・焼きおにぎりなどの調理も可能です。冷凍食品をあたためると、油が落ちるのでカラッとヘルシーに仕上がります。

本体サイズが21.4×22.9×26.7cmとスリムで、本体上部には収納式の取っ手も搭載。キッチンや食卓など、自由な場所で使えます。小型ながら機能が充実した、おすすめの電気フライヤーです。

おすすめの電気フライヤー|業務用

ダイシン商事 業務用フライヤー FL-DS6

厨房用の機器やグッズを取り扱う同ブランドの大型業務用電気フライヤー。約6Lの大容量で、揚げ物料理が一度にたくさん作れます。

温度調節が50〜190℃と幅広く、低温調理ができるのも魅力。じっくり揚げたい場合は低温、カラっと揚げたい場合は高温など、調理の幅が広がります。温度センサー付きで、適温をキープできるのもポイント。「温度過剰防止装置」の搭載により空焚きや過熱を防げるため、安全面にも配慮されています。

本体の素材は、耐久性に優れたステンレス製。表面には傷が付きにくい加工が施されています。油槽に持ち手が付いているので取り外しやすく、お手入れや油の処理もスムーズ。大家族や大人数のパーティーで活躍する電気フライヤーです。

電気フライヤーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

電気フライヤーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。