手軽に揚げ物料理が作れる「電気フライヤー」。最近では、コンパクトな製品のほか、細かく温度調節ができる製品や余分な油を使わないノンオイルタイプの製品など、便利なモデルが多数ラインナップされています。

そこで今回は、電気フライヤーのおすすめ製品をピックアップ。事前に知っておきたいメリット・デメリットや選び方についても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

電気フライヤーとは?

By: amazon.co.jp

「電気フライヤー」は、電力で鍋を加熱して食材を揚げる調理家電。天ぷらやフライなどの揚げ物料理を調理でき、機種によっては電気グリルとして使えるタイプもあります。

家族や友人と囲んで揚げ物を楽しめる大きめのモデルも発売されており、製品のラインナップが豊富なのも魅力です。

電気フライヤーのメリット・デメリット

電気フライヤーのメリット

By: amazon.co.jp

電気フライヤーのメリットは、直火を使わず揚げ物ができる点です。また、台所だけでなくテーブルでも使えるので、食卓を囲みながら揚げたての料理を楽しめます。

さらに、ガスコンロでは難しい油の温度調節が簡単にできるのも魅力。タイマー機能を搭載している製品も多く、電源の切り忘れを予防できるため、安全性にも配慮されています。

電気フライヤーのデメリット

By: amazon.co.jp

電気フライヤーは、1回の使用ごとに定められた量の油が必要です。そのため、少量の揚げ物をしたいときにも大量の油を使わなくてはならないのがデメリット。通常の鍋やフライパンで、油の量を自由に調節して揚げるときと比べて、手入れに手間がかかることもあります。気になる方は、使用する油の量や、手入れ方法を確認しておくのがおすすめです。

電気フライヤーの選び方

種類をチェック

オーソドックスタイプ

By: amazon.co.jp

オーソドックスな電気フライヤーは、普段の食事でより手軽に揚げ物を作りたい方や、卓上で串揚げパーティーを楽しみたい方におすすめです。

電気で油を加熱する仕組みで、本体に油を注いでスイッチを入れるだけで使えます。IHヒーターのように、温度調節が簡単にできるのも魅力です。

ノンオイルタイプ

By: rakuten.co.jp

ノンオイルタイプの電気フライヤーは、揚げ物をヘルシーに仕上げたい方におすすめ。食用油を使わずに、食材にもともと含まれる脂を高温で加熱して調理する仕組みです。余分な油を使わず揚げ物が作れるため、健康を意識したい方や、カロリーを控えたい方からも人気。ただし、オーソドックスタイプよりも価格が高い点と、本体のサイズが大きい点には注意が必要です。

サイズや容量をチェック

By: rakuten.co.jp

電気フライヤーを選ぶ際は、製品のサイズや容量もチェックしておきたいポイント。1人分の食事で使う場合や、少量だけ揚げたい場合は、小型の0.5Lサイズで十分です。家族や友人など、複数人で使用することが多い場合は容量が1L以上のモノがおすすめ。また、大人数のパーティーなどで大量に揚げ物をしたいなら、業務用の大型電気フライヤーを検討するのもひとつの手です。

なお、大きめの製品の場合、油の使用量や収納面で不便を感じることがあるので、注意しておきましょう。

機能をチェック

温度調節機能

By: amazon.co.jp

ほとんどの電気フライヤーには、温度調節機能が搭載されています。低・中・高の3段階で温度を切り替えられるシンプルなモデルから、5℃刻みで細かく設定できるモデルまで、温度の設定方法は製品によってさまざま。細かい温度調節ができるモデルは本体価格が高い傾向にあるため、使用頻度と予算の兼ね合いを考慮して検討してみてください。

安全機能

By: amazon.co.jp

電気フライヤーは卓上で使う機会が多いため、安全機能も確認しておきましょう。特に、油が高温になりすぎるのを予防する「サーモスタット機能」や、コードが引っ掛かった際にすぐ外れる「マグネットプラグ」などは重要です。

また、火傷や周囲への飛び散りが気になる方には、調理中に蓋を閉じられるタイプもおすすめ。安全面を考慮できるのと同時に、掃除がしやすくなる点も便利です。高温になる製品だからこそ、安全機能の有無を確認するようにしましょう。

揚げ物以外の調理ができるかチェック

By: amazon.co.jp

電気フライヤーの基本機能は揚げ物の調理ですが、そのほかの調理機能が付いている製品もおすすめ。炒め料理やグリル調理、煮込み料理などが作れるモデルなら、揚げ物をしない日にも活用可能です。

調理機能の幅が広がるほど本体価格も高くなりますが、料理のラインナップを手軽に広げられます。揚げ物をする機会が少ない方は、揚げ物以外の機能が付いている製品も検討してみてください。

お手入れのしやすさをチェック

By: amazon.co.jp

一般的に、電気フライヤーには大量の油を使用するため、お手入れの手間も考慮する必要があります。本体からパーツを取り外して丸洗いできるタイプなら、清潔な状態を保ちやすくおすすめです。また、食洗器に対応したモデルなら、手軽にお手入れができます。

電気フライヤーのおすすめメーカー

象印マホービン(ZOJIRUSHI)

By: amazon.co.jp

「象印マホービン」は、1918年創業の老舗家電メーカー。電気ポットなどの生活家電を幅広く取り扱っており、なかでも炊飯器はクオリティが高いことで有名です。電気フライヤーにおいては、発売してから10年以上ロングセラーの人気モデルをラインナップしています。

山善(YAMAZEN)

By: amazon.co.jp

シンプルな機能のみを搭載して低価格に抑えた、いわゆる「ジェネリック家電」をラインナップしている家電メーカーです。電気フライヤーにおいては、串揚げの際に串を立てかけられる「串ホルダー」を搭載したモデルや、フタを裏返すと油切りができるモデルなど、利便性の高い製品が多くラインナップされています。

おすすめの電気フライヤー|家庭用

象印マホービン(ZOJIRUSHI) あげあげ 電気フライヤー EFK-A10

大きめの海老フライやとんかつでも、丸ごと調理できる電気フライヤー。1000Wのハイパワーで、食材がカラッと揚がります。メタリックカカオの落ち着いたカラーとシンプルな見た目で、キッチンだけでなくダイニングテーブルでも映えるデザインです。

容量は、2~3人で使用するのにおすすめの1Lサイズ。温度は、160~200℃の範囲を本体下部のレバーで自由に調節できます。コンセントの差し込み部分はマグネットプラグ式で、コードを引っ掛けてしまった際も外れやすく安心です。

内釜には、焦げや汚れの付きにくいフッ素樹脂加工済み。内釜は取り外せないため丸洗いはできませんが、使用後はキッチンペーパーなどで拭きとるだけでお手入れできます。油切り口が付いているので、油の処理も簡単です。

タイガー魔法瓶(TIGER) 電気フライヤーはやあげ CFE-A100

本体から鍋を取り外して丸洗いできる電気フライヤー。丸い形状のため卓上で囲みやすく、どの位置からでも揚げやすいのが特徴です。容量は1Lで、2~3人での使用に適しています。

コードの長さが約3mあり、コンセントの場所を気にせず使用可能。マグネット式プラグを採用しているため、誤ってコードを引っ掛けても外れやすく安心です。

本体底面には平面ヒーターを搭載しており、スイッチをオンにするだけで適温に自動で調節。熱を均等に伝えるので、食材がカラっと仕上がります。鍋に設置できる油切りプレート付きで、揚がった食材を置けば余分な油が切れて便利。 鍋にはフッ素加工も施されており、お手入れ簡単で使い勝手のよい電気フライヤーです。

クイジナート(Cuisinart) 電気フライヤー CDF-100JBS

温度調節の幅が広く、食材に合わせた適温を設定できる電気フライヤー。本体下部のダイヤルを回して、90~190℃の間で自由に選べます。90℃で低温調理できるのも魅力で、根菜などをじっくり揚げることや、食材の揚げ直しが可能です。

容量は最大1Lですが、最小で0.5Lでも使用可能なので、1人暮らし用やお弁当用にもおすすめです。油切りバスケット付きで、フライドポテトや小さいサイズの揚げ物に便利。調理中の油はねを予防する蓋も付属しており、周囲への飛び散りが心配な方にも適しています。

本体には耐久性に優れたステンレス素材を採用し、汚れを拭きとるだけで簡単にお手入れできるのも魅力。コンセントの差し込み部分はマグネットプラグ式で、安全面にも配慮されています。

ツインバード(TWINBIRD) コンパクトフライヤー EP-4694PW

少量の揚げ物に便利なコンパクトサイズの電気フライヤー。容量は最小で0.3L、最大で0.5Lのため、1人暮らし用やお弁当用にちょうどよいサイズです。場所を選ばず、油の節約にもつながります。

温度調節は、下部のレバーを動かすことで低・中・高の3段階から選択可能です。ポットのような取っ手が付いており、持ち運びや油の処理もスムーズ。使い終わったら、蓋をしておけばオイルポットとして使えます。

本体内部はフッ素加工が施されており、汚れや焦げが付きにくくお手入れも簡単です。マグネットプラグ式を採用し、万が一コードに引っ掛かっても本体から外れやすい設計。安価なので、コストパフォーマンスにも優れた1台です。

ショップジャパン(Shop Japan) カラーラ 熱風揚げ物調理機器

油を使わず、ヘルシーな揚げ物を作れる電気フライヤーです。本体の中を最高200℃の熱風が循環し、バスケットに入れた食材をカラッと仕上げる設計。バスケット内は熱風が対流しやすい構造で、食材をムラなく加熱し、旨みを閉じ込めます。

食材の余分な脂を落とすので、通常の揚げ物よりもカロリーを大幅ダウンできるのが魅力。揚げ物や天ぷらのあたため直しでも、揚げたてのサクサク感が復活します。

予熱したバスケットに食材を入れ、温度とタイマーをセットして待つだけで料理が完成。油はねで周囲を汚す心配がなく、バスケットは取り外して丸洗いできるので手入れも簡単です。温度調節は60~200℃と幅広く、揚げ物以外にグリルとしても使用できます。

別売りの丸鍋を使えば、蒸し料理や煮物、ケーキなどを作れるのも魅力のひとつ。手軽にヘルシーな揚げ物を作りたい方や、料理の幅を広げたい方におすすめの1台です。

ティファール(T-FAL) アクティフライ FZ205088

かくはん用の羽が食材にムラなく熱風を当て、99%のオイルカットを実現できる電気フライヤー。羽でかき混ぜるため、食材の裏側もべチャッとしにくく、ムラなく仕上がります。

使い方は、フライパンに食材を入れて蓋をし、調理モードを選んでからスタートボタンを押すだけなので簡単です。見やすい液晶パネルを搭載しているため、操作もスムーズ。蓋が透明で、調理の様子を確認できるのもポイントです。

また、フライパンにはセラミックコーティングが施され、汚れを落としやすいのも魅力。ほとんどのパーツを取り外して丸洗いでき、食洗器にも対応しています。

31品を掲載したオリジナルレシピブックが付属するのもメリット。揚げ物だけでなく、炒め物や煮物もできるため、調理の幅が広がる1台です。

イーバランス ROOMMATE ゼロフライヤーミニ EB-RM9700A

コンパクトで安い価格が魅力の電気フライヤーです。本体上部に搭載された加熱ヒーターとファンにより、本体の中で熱風を循環させ、カラッと仕上げるノンオイルタイプ。本体上部にあるダイヤルを回せば、120~200℃の間で温度調節ができます。

サイズは幅214×奥行229×高さ267mmと小さめで、1人暮らし用やお弁当用にもおすすめです。スタイリッシュなデザインのため、キッチンに置いてもおしゃれ。本体上部にある取っ手を持てば、スムーズに持ち運べるのも魅力です。

専用の台座が付属され、熱くなった蓋の置き場所も配慮されています。ほとんどのパーツを取り外して、丸洗いできるのもポイント。ノンオイルタイプの電気フライヤーを手軽に試してみたい方におすすめです。

おすすめの電気フライヤー|業務用

エスアイエス(SIS) 大型電気フライヤー

4Lの大容量調理に対応した業務用電気フライヤー。油槽が深く、3.4~4Lという大量の油で一気に揚げるため、お店のようにカリっとジューシーな食感に仕上がるのが魅力です。窓が設置された蓋が付属しており、中を確認しながら周囲への油ハネを軽減できます。

また、ボタン1つで6つのオート調理が行えるので、操作が簡単なのも魅力。10℃刻みで細かい温度調節ができるのもポイントです。さらに、1~60分のタイマーモードも搭載しています。

大容量でも本体重量は約3.3kgと軽く、調理場所の移動もスムーズ。安全スイッチが外ケースに接触しているときのみ電源が入る設計で、誤作動を予防でき、安全面にも配慮されています。油槽やバスケットなどを取り外して丸洗いできるため、お手入れも簡単。一度にたくさんの揚げ物を調理したい方におすすめの1台です。

ダイシン商事 業務用フライヤー FL-DS6

厨房用の機器やグッズを取り扱うダイシン商事の大型業務用電気フライヤー。6Lの大容量で、お店のようなカリッと食感の揚げ物が一度にたくさん作れます。

温度調節が50〜190℃と幅広く、低温調理ができるのも魅力。じっくり揚げたい場合は低温、カラっと揚げたい場合は高温など、調理の幅が広がります。温度センサー付きで、適温をキープできるのもポイント。「温度過剰防止装置」の搭載により空焚きや過熱を防ぐため、安全面にも配慮されています。

本体の素材は、耐久性に優れたステンレス製。表面には傷が付きにくい加工が施されています。油槽に持ち手が付いているので取り外しやすく、お手入れや油の処理もスムーズ。大家族や大人数のパーティーで活躍できる電気フライヤーです。

電気フライヤーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

電気フライヤーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。