手軽に揚げ物料理が作れる「電気フライヤー」。コンパクトサイズにまとまっているのはもちろん、最近は脂肪分カットや細かい温度調整が可能など、使い勝手に配慮されたモデルが人気となっています。

そこで今回は電気フライヤーのおすすめ製品をピックアップ。事前に知っておくべきメリットやデメリット、選び方についてもご紹介するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてください。

電気フライヤーとは?

By: amazon.co.jp

「電気フライヤー」とは、ヒーターで鍋を加熱して食材を揚げる調理家電のこと。天ぷらやフライなど日本でおなじみの揚げ物料理全般を調理することが可能で、機種によっては電気グリルとして使えるタイプもあります。

さらに、家族や友人とテーブル上で取り囲んで串揚げを楽しめる製品もリリースされており、バラエティーに富んだラインナップが揃っているのが魅力です。

電気フライヤーのメリット・デメリット

電気フライヤーのメリット

By: amazon.co.jp

電気フライヤーのメリットは、直火を使わないで揚げ物ができることです。台所だけでなくテーブルでも使えるので、食卓を囲みながら揚げたての料理を楽しむことができます。

そのほかにも、ガスコンロでは調整の難しい油の温度を簡単に調整できる点も魅力。また、タイマー機能を搭載していることも多いので、安全性にも配慮されています。

電気フライヤーのデメリット

By: amazon.co.jp

電気フライヤーは、製品ごとに定められた量の油を投入しなければならないため、大量の油が必要になるのがデメリット。また、鍋やフライパンなどで自由に油の量を調整して揚げ物をする時と比べて、お手入れに手間がかかることもあります。

なお、最近では油を使わずとも揚げ物が可能な「ノンフライヤー」も人気。ヘルシーに揚げ物を仕上げることができるので、健康志向の方から支持されています。

電気フライヤーの選び方

必要な容量を確認する

By: amazon.co.jp

電気フライヤーは、ひとりで使う場合や少量を揚げたいという場合であれば小型の0.5Lサイズで十分。パーティーなど複数人で使用する場合には、1.0L以上のモノがおすすめです。

なお、大きめのサイズを購入する際には油の使用量や収納の面で不便になることがあるので、その点は注意しておきましょう。

温度調整機能の有無を確認する

By: amazon.co.jp

簡素なモデルの温度調整機能は、低・中・高など項目がざっくりしているモノが多くなります。一方、価格は高くなりますが、5℃刻みに細かく温度を調整できるモデルもリリースされているので、使用頻度や予算との兼ね合いを考慮して製品を選ぶようにしましょう。

油を使いたくない方は「ノンフライヤー」を選ぼう

By: amazon.co.jp

熱風で調理する「ノンフライヤー」は油を使わないので、揚げ物であってもヘルシーに仕上がります。また、さまざまな料理にも対応できるので、汎用性の高さも魅力です。

電気フライヤーのおすすめメーカー

象印マホービン(ZOJIRUSHI)

By: amazon.co.jp

「象印マホービン」は1918年創業の老舗家電メーカー。電気ポットなどの生活家電を幅広く取り扱っており、なかでも炊飯器はクオリティが高く、評判となっています。電気フライヤーは、発売してから10年以上経過するロングセラーモデルをラインナップしています。

山善(YAMAZEN)

By: amazon.co.jp

シンプルな機能を搭載して低価格に抑えた、いわゆる“ジェネリック家電”をラインナップしている「山善」。電気フライヤーは、串揚げの際に串を立てかけられる串ホルダーを搭載していたり、フタを裏返すと油切りにでたりなど利便性の高いモデルをリリースしています。

おすすめの電気フライヤー|家庭用

山善(YAMAZEN) 電気フライヤー 揚げ物の達人 YAC-M121(W)

家族で串揚げを楽しんだりホームパーティーで揚げ物を振舞ったりするのに最適な電気フライヤー。串を引っ掛けたまま揚げられる串ホルダー付きなので、子どもでも安全に串揚げを楽しめます。付属のバスケットや油切り網はアツアツの揚げたてポテトや唐揚げを作るのに便利です。

揚げる素材に合わせて約160~200℃の範囲で温度調節できるのが魅力。ガスコンロでの揚げ物で悩む火加減の必要もなく手軽に揚げ物ができます。

コードに手や足を引っ掛けても安心のマグネットプラグを採用しているのもポイント。フッ素加工を施されていることによって、お手入れも簡単に対応できます。卓上で簡単に揚げ物を楽しめる電気フライヤーで安全に使えるモノを探している方におすすめのモデルです。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 電気フライヤー あげあげ EFK-A10-TJ

本製品は幅21cmの大きめボディを採用。長さのあるエビフライやボリュームのあるトンカツなども余裕で入るので、大きめの揚げ物を作る際に重宝します。安全に移動ができる取っ手やマグネットプラグも採用しており、卓上でたっぷりの揚げ物を作るのに最適な電気フライヤーです。

油の温度は約160~200℃で温度調節が可能。本体表面に揚げ物の素材に適した温度を表示しているので、レシピや説明書を確認することなく揚げ物を作れます。

内鍋は取り外しができませんが、フッ素加工が施されているので、油汚れを簡単に落とすことが可能。シンプルなデザインもポイントです。ガスコンロで揚げ物をするのが心配な方やガスコンロの数が少なくて揚げ物スペースがない方におすすめモデルです。

タイガー魔法瓶(TIGER) 電気フライヤー はやあげ CFE-A100-T

鍋のようなフォルムが特徴の電気フライヤー。容量は1Lで、ホームパーティーで揚げ物を楽しみたき方によっては便利なアイテムです。フッ素加工が施された内鍋は取り外し可能で、丸洗いにも対応。温度調整はできませんが、手軽に使えるのが魅力です。

マグネットプラグ仕様の電気コードは3mと長め。揚げ鍋の上部にセットできる油うけは、油の飛び跳ねを防ぐだけでなく油切りとしても使えて便利です。汚れが目立ちにくいブラウンの本体は見た目もおしゃれ。使い勝手のよい電気フライヤーを探している方におすすめです。

D-STYLIST スクエアフライヤー KK-00423

最大1.5Lの油でたっぷりの揚げ物を作れる電気フライヤー。幅21cmの内鍋は大きなカツや天ぷらを揚げるのに最適です。キッチンの隙間に収まるスクエアデザインも魅力。約150~190℃の範囲で温度設定ができるため、素材のよさをいかしたおいしい揚げ物が作れます。

付属の大型バスケットは唐揚げやフライドポテトをたっぷり揚げるのに便利。油はね防止フタを使えば卓上での串揚げも安心して楽しめます。温度ヒューズの内蔵により本体が高温になると自動で電源をオフするので安心。ブラックの本体は汚れが目立ちにくいので、長く愛用できます。

和平フレイズ 電気卓上串揚げ鍋 ほんわかふぇ HR-8952

食卓で手軽に揚げ物や串揚げを楽しみたい方におすすめのモデル。着脱式の「串掛けリング」は串揚げだけでなく天ぷらやカツの油切りも可能です。しっかり油を落とせるので油っこいものが苦手な方でも揚げ物パーティーを楽しめます。

温度設定は本体前面のレバーを動かすだけと容易。通電中はパイロットランプが点灯し適温になると消灯します。温度調節機内蔵により自動で適温を保つのもポイント。0.5Lの少ない油で揚げ物ができるのでお弁当のおかず作りにも便利です。

ツインバード工業(TWINBIRD) コンパクトフライヤー EP-4694PW

コンパクトかつリーズナブルな電気フライヤーを求めている方におすすめのモデル。最小で約0.3Lの油でも揚げ物ができるので、一人暮らしでも揚げ物を手軽に楽しみたい方にも最適です。

お弁当用に少しだけ揚げ物をしたい時にも便利。ハンドル付きのポット型デザインなので、油の移し替えや移動も簡単です。

素材やメニューに合わせて3段階に温度設定ができるので、揚げ物だけでなくドーナツなどのスイーツも楽しめます。電気コードはマグネットプラグ式で安全にも配慮。内鍋は取り外しできませんが、フッ素加工が施されているので、お手入れも容易です。

D-STYLIST お一人フライヤー KK-00425BK

一人暮らしで手軽に使えるコンパクトな電気フライヤーを探している方におすすめのモデル。幅13×高さ18×奥行14cmと小型なので、揚げ物をするスペースが十分に確保できない場合でも比較的容易に設置できます。

約80~190℃と幅広い温度設定が可能なのもポイント。毎朝作るお弁当のメニューにちょっとおかずをプラスしたい方にもおすすめです。小物を揚げるのに便利なバスケットも付属。カラーはブラックとレッドの2種類をラインナップしています。

レコルト(récolte) 卓上電気調理鍋 ポットデュオ エスプリ RPD-2R

1台で「揚げる」「煮る」「蒸す」「焼く」 の4役をこなす便利なモデル。電気フライヤーとしても卓上鍋としても使える便利なアイテムです。コンパクトサイズで見た目がおしゃれなのもポイント。ガスコンロが1口しかない場合でもいろいろな調理をしたい方にもおすすめです。

3段階で温度調整ができ、サーモスタットの搭載により自動で設定温度を維持できます。油の飛び跳ねを防ぐ揚げ物カバーは油切りにも使えて便利です。内鍋のステンレスボウルは取り外し可能。蒸し物に便利な網や焼き物に便利なグリルプレートを活用すれば、バーニャカウダやパエリアなども作れます。電気フライヤーとしてだけでなく、炒め物や煮込み料理にも対応できる汎用性の高いモデルです。

TDP 全自動電気フライヤー TDP-6400

フタを閉めたまま状態で揚げ物と油切りができる全自動電気フライヤー。バスケットに材料を入れ、フタをしてスイッチを押すだけの簡単操作も魅力です。周囲に油が飛び跳ねる心配がないので、キッチンや卓上を汚さずに揚げ物をしたい方におすすめ。2.4Lの大容量タイプなので、短時間でも大量の揚げ物を作れます。

油温は130~190℃で設定可能。調理中はフタにあるガラス窓から食材の状態が確認できるのもポイントです。なお、フタとフッ素加工が施されている内鍋は取り外して洗えるので、清潔に使用できるのも魅力。1万円以下で電気フライヤーを探している方はぜひチェックしておきましょう。

ティファール(T-fal) 電気フライヤー アクティフライ FZ205588

1台で揚げ物だけでなく、炒め物や煮込み料理もできる万能モデル。揚げ物はオイルを使わずに熱風で食材に熱を通すので、99%オイルカットのヘルシーメニューを楽しみたい方におすすめです。本体内部には特許技術の「羽」が搭載されており、食材を自動攪拌しながら熱を通すのでムラなくおいしく仕上がります。

材料をセットしてボタンを押すだけで揚げ物も炒め物も自動調理。調理中に家事や育児ができるので時間を有効に使えます。調理が終わったらそのまま食卓に出して食事を楽しめるので盛りつけの手間も不要です。セラミックコーティングの内鍋は食洗機対応なので手入れも簡単。汎用性の高い調理家電を探している方におすすめです。

フィリップス(Philips) ノンフライヤー HD9227/52

ノンフライヤーの先駆け的存在として人気が高いモデル。熱と空気の対流を加速させることで、油を使わずとも揚げ物をおいしく仕上げることができるのが特徴です。

最高200℃の熱風を上から下へ循環させて食材の脂で旨みを凝縮。食材の脂が多くても高熱の空気で飛ばすのでヘルシーな揚げ物を楽しめます。食材を入れて温度と時間を設定すればあっと言う間に揚げ物が仕上がる手軽さも魅力です。ダイエット中の方やヘルシー志向の方はぜひチェックしておきましょう。

ikich ノンフライヤー CP133

キッチンや卓上で邪魔にならないコンパクトなノンフライヤー。容量は2Lで少量の揚げ物を作るのにちょうどよいサイズなので、一人暮らしでヘルシーな食生活を送りたい方におすすめ。インテリア性にも配慮したシンプルなデザインも魅力の製品です。

材料を入れてタイマー設定するだけで簡単に揚げ物ができあがるので時短調理にもおすすめ。惣菜やファーストフードの揚げ物を温め直すと外側はカリッと内側はふわっと仕上がります。

材料を入れるバスケットパンはフッ素コーティングが施されており、お手入れも簡単。コンパクトで場所を取らず、簡単にヘルシーな揚げ物が作れる調理家電です。

おすすめの電気フライヤー|業務用

ダイシン商事 卓上電気フライヤー 4L FL-DS4

業務用の卓上型電気フライヤーとしては小型の製品。4Lの油量で揚げ物ができるので、家族が多い家庭で揚げ物をたっぷり作るのにおすすめです。幅26.5×高さ28.5×奥行42.5cmとコンパクトなので、広めのキッチンであれば余裕で設置できます。大型エビフライやトンカツを余裕で揚げられるのも魅力です。

約60~190℃の範囲で温度設定が可能。付属品のスノコや揚げカゴは大量の揚げ物をする際に便利です。操作はスイッチとダイヤルだけとシンプルな仕様。移動に便利な持ち手も付いているので収納する際にも便利です。

愛翔飛 電気フライヤー 5L

家庭で使うのにもちょうどよいサイズの業務用電気フライヤー。幅28×高さ31×奥行44cmで重量が3.5kgとコンパクトなので、移動して使ったりキッチンに設置したりとさまざまな用途で使用可能です。油への熱伝達がソフトな構造のため、油の酸化が少なくおいしい揚げ物が作れます。

揚げ物中に湯気が排出されず周囲の温度が上がりにくいのもポイント。調理温度の目安表示もあり便利です。スイッチを入れてダイヤルを回し、60~200℃の範囲で温度設定するだけと操作は簡単なので、スムーズに揚げ物ができます。

HONFAM 卓上型電気フライヤー 6L HF-ZL1-6

ホームパティーやイベントで揚げ物をたっぷり作るのにぴったりな油量最大6Lの卓上フライヤー。1度に10人分前後の揚げ物を作りたい方におすすめのサイズです。

コンパクトサイズなのでスペースがあれば家庭のキッチンにも設置が可能。付属のフライカゴは庫内からズレにくく、フライドポテトやチキンナゲットを揚げる際にも安心して調理できます。約50~180℃の範囲で温度調節ができるので、ドーナツや天ぷらなどさまざまなレシピに対応できるのもポイントです。

テンポスオリジナル 卓上電気フライヤー 7L TBEF-7

大量の揚げ物を1度に作りたい方におすすめの製品。温度をセットして電源スイッチを入れると操作は簡単なので、ストレスなく使用することができます。容量は7L。サーモスタッドによって常に適温を保つのでカラッとおいしい揚げ物を作れます。

異常高温を感知すると自動で電源が止まる安全装置を搭載。庫内からズレにくい設計のフライカゴも付属されており安心して調理できます。油槽の角はアールの形状で汚れが溜まりにくく洗浄が簡単。ヒーターとスノコ板は取り外しができるので油槽の隅々まで掃除ができます。

屋外イベントやレストランの厨房で使える大きめの卓上電気フライヤーを探している方におすすめです。

HONFAM 卓上型電気フライヤー 6L+6L HF-ZL2-6

2種類の揚げ物を1度でたくさん作れる製品。6Lのフライヤーが2槽になっているので、唐揚げとポテトを同時にたっぷり揚げられます。また、2つのフライヤーは別々に温度設定ができるので、例えば片側を低温にしてドーナツを揚げ、逆側を高温にしてエビフライを揚げることも可能です。

本体サイズは幅58x奥行46x高さ31cmと大きめ。広めのキッチンや厨房への設置がおすすめです。付属のフタは収納時のホコリよけに便利。温度は50~180℃の範囲で設定可能です。異常高温を感知すると電源を止める安全装置も搭載しており、安心して使えるのもポイントです。

電気フライヤーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

電気フライヤーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。