手軽に揚げ物料理が作れる「電気フライヤー」。最近では、コンパクトな製品のほか、細かく温度調節ができる製品や余分な油を使わないノンオイルタイプの製品など、便利なモデルが多数ラインナップされています。

そこで今回は、電気フライヤーのおすすめ製品をピックアップ。事前に知っておきたいメリット・デメリットや選び方についても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

電気フライヤーとは?

By: amazon.co.jp

「電気フライヤー」は、電力で鍋を加熱して食材を揚げる調理家電。天ぷらやフライなどの揚げ物料理を調理でき、機種によっては電気グリルとして使えるタイプもあります。

家族や友人と囲んで揚げ物を楽しめる大きめのモデルも発売されており、製品のラインナップが豊富なのも魅力です。

電気フライヤーのメリット・デメリット

電気フライヤーのメリット

By: amazon.co.jp

電気フライヤーのメリットは、直火を使わず揚げ物ができる点です。また、台所だけでなくテーブルでも使えるので、食卓を囲みながら揚げたての料理を楽しめます。

さらに、ガスコンロでは難しい油の温度調節が簡単にできるのも魅力。タイマー機能を搭載している製品も多く、安全性にも配慮されています。

電気フライヤーのデメリット

By: amazon.co.jp

電気フライヤーは、1回の使用ごとに定められた量の油が必要です。そのため、少量の揚げ物をしたいときにも大量の油を使わなくてはならないのがデメリット。通常の鍋やフライパンで、油の量を自由に調節して揚げるときと比べて、お手入れに手間がかかることもあります。気になる方は、使用する油の量や、お手入れ方法を確認しておくのがおすすめです。

電気フライヤーの選び方

種類をチェック

オーソドックスタイプ

By: amazon.co.jp

オーソドックスな電気フライヤーは、普段の食事でより手軽に揚げ物を作りたい方や、卓上で串揚げパーティーを楽しみたい方におすすめです。電気で油を加熱する仕組みで、本体に油を注いでスイッチを入れるだけで使えます。IHヒーターのように、温度調節が簡単にできるのがポイントです。

ノンオイルタイプ

ノンオイルタイプの電気フライヤーは、揚げ物をヘルシーに仕上げたい方におすすめ。食用油を使わずに、食材にもともと含まれる脂を高温で加熱して調理する仕組みです。余分な油をカットして揚げ物が作れるため、健康を意識したい方や、ダイエットしたい方からも人気。ただし、オーソドックスタイプよりも価格が高い点と、本体のサイズが大きい点には注意が必要です。

サイズや容量をチェック

By: rakuten.co.jp

電気フライヤーを選ぶ際は、製品のサイズや容量もチェックしておきたいポイント。1人分の食事で使う場合や、少量だけ揚げたい場合は、小型の0.5Lサイズで十分です。家族や友人など、複数人で使用するシーンでは容量が1L以上のモノがおすすめ。また、大人数のパーティーなどで大量に揚げ物をしたいなら、業務用の大型電気フライヤーを検討するのも1つの手です。

なお、大きめの製品の場合、油の使用量や収納面で不便を感じる可能性があるので、注意しておきましょう。

機能をチェック

温度調節機能

By: amazon.co.jp

ほとんどの電気フライヤーには、温度調節機能が搭載されています。低・中・高など3段階で温度を切り替えられるシンプルなモデルから、5℃刻みで細かく設定できるモデルまで、温度の設定方法は製品によってさまざま。細かい温度調節ができるモデルは本体価格が高い傾向にあるため、使用頻度と予算の兼ね合いを考慮して検討してみてください。

安全機能

By: amazon.co.jp

電気フライヤーは卓上で使う機会が多いため、安全機能も確認しておきましょう。特に、油が高温になりすぎるのを防ぐ「サーモスタット機能」や、コードが引っ掛かった際にすぐ外れる「マグネットプラグ」などは重要です。

また、火傷や周囲への飛び散りが気になる方には、調理中に蓋を閉じられるタイプもおすすめ。安全面を考慮できるのと同時に、掃除がしやすくなる点も便利です。高温になる製品だからこそ、安全機能の有無を確認するようにしましょう。

揚げ物以外の調理ができるかチェック

電気フライヤーの基本機能は揚げ物の調理ですが、そのほかの調理機能が付いている製品もおすすめ。炒め料理やグリル調理、煮込み料理などが作れるモデルなら、揚げ物をしない日にも活用可能です。

調理機能の幅が広がるほど本体価格も高くなりますが、料理のラインナップを手軽に広げられます。揚げ物をする機会が少ない方は、揚げ物以外の機能が付いている製品も検討してみてください。

お手入れのしやすさをチェック

By: amazon.co.jp

一般的に、電気フライヤーには大量の油を使用するため、お手入れの手間も考慮する必要があります。本体からパーツを取り外して丸洗いできるタイプなら、清潔な状態を保ちやすくおすすめです。また、食洗器に対応したモデルなら、手軽にお手入れができます。

電気フライヤーのおすすめメーカー

象印マホービン(ZOJIRUSHI)

By: amazon.co.jp

「象印マホービン」は、1918年創業の老舗家電メーカー。電気ポットなどの生活家電を幅広く取り扱っており、なかでも炊飯器はクオリティが高いことで有名です。電気フライヤーにおいては、発売してから10年以上ロングセラーの人気モデルをラインナップしています。

山善(YAMAZEN)

By: amazon.co.jp

シンプルな機能のみを搭載して低価格に抑えた、いわゆる「ジェネリック家電」をラインナップしている家電メーカーです。電気フライヤーにおいては、串揚げの際に串を立てかけられる「串ホルダー」を搭載したモデルや、フタを裏返すと油切りができるモデルなど、利便性の高い製品が多くラインナップされています。

おすすめの電気フライヤー|家庭用

象印マホービン(ZOJIRUSHI) あげあげ 電気フライヤー EFK-A10

象印マホービン(ZOJIRUSHI) あげあげ 電気フライヤー EFK-A10

海老やかき揚げなど、大きな具材も丸ごと調理できる電気フライヤーです。容量は、2~3人で使用するのにちょうどいい1Lサイズ。メタリックカカオの落ち着いた色合いで、家族で使用するだけでなく、おもてなしの席にもおすすめの製品です。

1000Wのハイパワーで食材がカラッと揚がるのもポイント。温度調節の範囲は160~200℃の間で調節可能で、じっくり揚げたい場合は低温、カラっと揚げたい場合は高温など、細かい調節ができます。

鍋部分は、汚れが付きにくいフッ素加工済み。取り外しができないので、丸洗いには対応していませんが、使用後にキッチンペーパーで拭きとるだけでお手入れが完了します。油切り口が付いているため、油の処理も簡単です。また、引っ掛けてしまった際に外れやすいマグネットプラグを採用しているのもポイント。ダイニングテーブルでの使用にも適しています。

山善(YAMAZEN) 電気フライヤー 揚げ物の達人 YAC-M121

山善(YAMAZEN) 電気フライヤー 揚げ物の達人 YAC-M121

シンプルで使い勝手のいいモデル。本体前面に、唐揚げやエビフライ、串揚げなど、よく使うメニューのおすすめ温度が記載されています。容量は、2~3人で使用するのにちょうどいい容量1.1Lです。

本体下部にあるダイヤルを回せば、160~200℃の間で温度調節が可能。「サーモスタット機能」が搭載されているので、油が高温になりすぎるのを防いで、自動で設定温度をキープします。

フライドポテトを揚げるのに便利な「バスケット」や、串カツの串を引っ掛けられる「串ホルダー」など便利なアタッチメントが付属しているのもポイント。また、本体の蓋は「油切り網」としても使用可能で、余分な油をカットできます。

本体内部にはフッ素加工を施しているため、汚れが付きにくくお手入れも簡単。鍋に直接手が触れない「鍋ガード」や「マグネットプラグ」など安全機能も充実しています。

タイガー魔法瓶(TIGER) 電気フライヤーはやあげ CFE-A100

タイガー魔法瓶(TIGER) 電気フライヤーはやあげ CFE-A100

鍋を取り外して丸洗いできる電気フライヤーです。容量は1Lで、2~3人での使用におすすめ。卓上で囲いやすく、さまざまな位置から揚げやすいい丸型設計もポイントです。また、コードの長さが約3mあるため、設置場所を問わず使用できます。

本体底面には、平面ヒーターを採用。温度を自動調節して熱を均等に伝えることで、食材がカラっと仕上がります。鍋に設置して使える油切りプレートが付属しており、揚がった食材の油切りがしやすいのも魅力。シンプルな構造ながら、使いやすさにこだわった製品です。

使い終わった後は、油をそのまま保存できる蓋が付属しているのもポイント。さらに、油を交換する際は内鍋を丸ごと水洗いできるので、清潔な状態で使い続けられます。

ディースタイリスト(D-STYLIST) スクエアフライヤー KK-00222

ディースタイリスト(D-STYLIST) スクエアフライヤー KK-00222

リーズナブルな価格で手軽に使える、四角いタイプの電気フライヤーです。容量は1.2Lで、2~3人での使用にぴったりのサイズ。コンパクトで使い勝手がよく、電気フライヤーを初めて使う方にも人気のモデルです。

温度は140~190℃の7段階で設定でき、食材に合わせた温度で調理可能。調理中の油ハネを軽減する蓋も付属しており、周囲への飛び散りが心配な方にも適しています。細かい食材を丸ごと揚げる際に便利なバスケットが付属しているのもポイントです。

使用後は蓋をしておけばオイルポットとして使えるのも魅力。油を入れ替える手間や、お手入れの手間を軽減できます。少量の油で揚がるため、お弁当の唐揚げなどちょっとした食材の調理にもおすすめです。

和平フレイズ ほんわかふぇ 電気串揚げ鍋 HR-8952

和平フレイズ ほんわかふぇ 電気串揚げ鍋 HR-8952

コンパクトな電気フライヤーです。容量は0.5Lで、お弁当用のおかずや1人分の食事の準備に適したサイズ。使う油が少量で済むため、面倒な揚げ物を気軽に楽しめます。コンセントの差し込み部分はマグネット式で、うっかりコードを引っ掛けてしまった際も外れやすい仕様です。

食材を揚げる温度は、本体下部のレバーで簡単に調節可能。「温度調節機」搭載しているので、適温を自動でキープします。また、串揚げの串を引っ掛けられる「串掛けリング」を搭載しているのもポイント。毎日の生活で、より手軽に揚げ物を楽しみたい方におすすめの製品です。

クイジナート(Cuisinart) 電気フライヤー CDF-100JBS

クイジナート(Cuisinart) 電気フライヤー CDF-100JBS

コンパクトなスクエア型の電気フライヤー。本体は幅285×奥行205×高さ195mmで、狭いスペースにも置きやすいサイズです。容量は1Lまで対応可能ですが、最小で0.5Lの油でも使用できるので、一人用の揚げ物やお弁当用の調理にもぴったり。用途に合わせて油の量を調節できます。

温度は、本体下部のダイヤルを回して90~190℃で自由に調節が可能。揚げたい食材に合わせて、適温を設定できます。特に、90℃の低温調理も行える点が魅力で、根菜などをじっくり揚げたい方におすすめです。

小さな食材を一度に揚げるのに便利な「油切りバスケット」が付属しているのもポイント。また、調理中の油はねを防ぐ蓋も付属しており、周囲への飛び散りを軽減します。さらに、本体には耐久性に優れたステンレス素材を使用しているため、拭きとるだけで簡単にお手入れが完了。毎日の揚げ物を、より手軽に楽しみたい方におすすめの製品です。

フィリップス(Philips) ノンフライヤー HD9220/27

フィリップス(Philips) ノンフライヤー HD9220/27

ノンオイルタイプのパイオニアといわれる、フィリップスの電気フライヤーです。かわいらしいフォルムで、おしゃれなキッチン家電として人気。余計な油を使用しないため、健康面を気にする方や、ダイエット中の方にもおすすめです。

食材にもともと含まれる脂を最高200℃の熱風で加熱し、油を使わずに揚げ物が作れます。底面に施された「スターフィッシュデザイン」により、均一に加熱できるのもポイントです。油を使用しないうえ、食材の余分な脂を落とすので、通常の揚げ物よりもカロリーを大幅ダウンできます。

使い方も簡単なのも魅力のひとつ。予熱したバスケットに食材を入れて温度を設定し、待つだけで料理が完成します。揚げ物以外に、グリルとしても使用可能。また、バスケットパンやクッキングネットは取り外して丸洗いが可能で、清潔な状態を保ちながら使えます。

IKICH 電気フライヤー

IKICH 電気フライヤー

大人数の揚げ物が手軽に作れる、大容量3.6Lの電気フライヤーです。ブラックとシルバーのおしゃれなカラーリングが特徴。大型ながら、キッチンのインテリアを邪魔しにくいスタイリッシュなデザインです。

本製品はノンオイルタイプで、加熱方法には「熱風循環技術」を採用。食材を均等に加熱することにより、油を使わず揚げ物が作れます。余分な油を使わなくて済むため、健康を意識したい方やダイエット中の方にもおすすめです。

調理中に揚げ物特有の匂いがしにくいのもポイント。さらに、温度や調理時間は付属のレシピに合わせて簡単に設定できます。料理が苦手な方でも、手軽に揚げ物が楽しめる製品です。

おすすめの電気フライヤー|業務用

ダイシン商事 業務用フライヤー FL-DS4W

ダイシン商事 業務用フライヤー FL-DS4W

2種類の揚げ物を同時に作れる、2層式の電気フライヤー。片側4Lの大容量で、一度にたくさんの揚げ物を作ることが可能です。本体の素材は、耐久性に優れたステンレス。表面には、傷が付きにくい加工を施しています。油槽は取り外しでき、お手入れがしやすい製品です。

調理温度は、50~190℃で自由に調節可能。「温度センサー」を搭載しているため、設定温度をキープして適温で調理できます。また、それぞれの槽に「温度調節機能」が付いているので、左右で異なる食材を調理する際にも便利です。

本体横に持ち手が付属しているため、油の処理が簡単なのもポイント。また、油の量が足りない場合や、本体が転倒した場合に自動で電源が切れるのも魅力です。空焚きや過熱を防ぐ「温度過剰防止装置」も付属しており、安全面に配慮されています。

エスアイエス(SIS) 大型電気フライヤー

エスアイエス(SIS) 大型電気フライヤー

大容量4Lの業務用電気フライヤーです。ボタン1つで6つのオート調理が行える便利機能を搭載しており、10℃刻みで細かい温度調節が可能。1~60分のタイマーモードも搭載しているなど、機能性の高い製品です。また、大容量ながら本体重量が約3.3kgと軽いので、使いやすい位置に動かして使用できます。

さらに、油槽が深く設計されているのもポイントです。最大4Lの油で、食材をカラっと揚げることが可能。お店で揚げたような、カリっとジューシーな味わいに仕上がります。蓋が付属しているため、周囲への油ハネを軽減できるのも魅力のひとつです。

本製品は、安全スイッチが外ケースに接触しているときのみ電源が入る設計。誤作動を予防し、安全面に配慮されています。そのほか、油槽やバスケットなどを外して丸洗いできるので、衛生的に使用できます。

電気フライヤーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

電気フライヤーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。