手軽に揚げ物料理が作れる「電気フライヤー」。コンパクトサイズにまとまっているのはもちろん、最近は脂肪分カットや細かい温度調整が可能など、使い勝手に配慮されたモデルが人気です。

そこで今回は、電気フライヤーのおすすめ製品をピックアップ。事前に知っておくべきメリットやデメリット、選び方についてもご紹介するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてください。

電気フライヤーとは?

By: amazon.co.jp

「電気フライヤー」とは、ヒーターで鍋を加熱して食材を揚げる調理家電のこと。天ぷらやフライなど日本でおなじみの揚げ物料理全般を調理することが可能で、機種によっては電気グリルとして使えるタイプもあります。

さらに、家族や友人とテーブル上で取り囲んで串揚げを楽しめる製品もリリースされており、バラエティーに富んだラインナップが揃っているのが魅力です。

電気フライヤーのメリット・デメリット

電気フライヤーのメリット

By: amazon.co.jp

電気フライヤーのメリットは、直火を使わないで揚げ物ができる点です。台所だけでなくテーブルでも使えるので、食卓を囲みながら揚げたての料理を楽しむことができます。

そのほかにも、ガスコンロでは調整の難しい油の温度を簡単にできるのも魅力。また、タイマー機能を搭載していることも多いので、安全性にも配慮されています。

電気フライヤーのデメリット

By: amazon.co.jp

電気フライヤーは、製品ごとに定められた量の油を投入しなければならないため、大量の油が必要になるのがデメリット。また、鍋やフライパンなどで自由に油の量を調整して揚げ物をする時と比べて、お手入れに手間がかかることもあります。

電気フライヤーの選び方

必要な容量を確認する

By: rakuten.co.jp

電気フライヤーは、ひとりで使う場合や少量を揚げたいという場合であれば小型の0.5Lサイズで十分。パーティーなど複数人で使用する場合には、1.0L以上のモノがおすすめです。

なお、大きめのサイズを購入する際には油の使用量や収納の面で不便になることがあるので、その点は注意しておきましょう。

温度調整機能の有無を確認する

By: amazon.co.jp

簡素なモデルの温度調整機能は、低・中・高など項目がざっくりしているモノが多くなります。一方、価格は高くなりますが、5℃刻みに細かく温度を調整できるモデルもリリースされているので、使用頻度や予算との兼ね合いを考慮して製品を選ぶようにしましょう。

油を使いたくないなら「ノンフライヤー」を選ぼう

By: rakuten.co.jp

熱風で調理する「ノンフライヤー」は油を使わないので、揚げ物であってもヘルシーに仕上がります。また、さまざまな料理にも対応できるので、汎用性の高さも魅力です。

電気フライヤーのおすすめメーカー

象印マホービン(ZOJIRUSHI)

By: amazon.co.jp

「象印マホービン」は1918年創業の老舗家電メーカー。電気ポットなどの生活家電を幅広く取り扱っており、なかでも炊飯器はクオリティが高いことで有名。電気フライヤーは、発売してから10年以上経過するロングセラーモデルをラインナップしています。

山善(YAMAZEN)

By: amazon.co.jp

シンプルな機能を搭載して低価格に抑えた、いわゆる“ジェネリック家電”をラインナップしている「山善」。電気フライヤーは、串揚げの際に串を立てかけられる串ホルダーを搭載していたり、フタを裏返すと油切りにできたりなど利便性の高いモデルをリリースしています。

おすすめの電気フライヤー|家庭用

象印マホービン(ZOJIRUSHI) あげあげ 電気フライヤー メタリックカカオ EFK-A10-TJ

象印マホービン(ZOJIRUSHI) あげあげ 電気フライヤー メタリックカカオ EFK-A10-TJ

メタリックカカオの落ち着いた色合いがおしゃれな電気フライヤー。容量は2~3人で使用するのにちょうどいい1Lサイズで、ダイニングテーブルの上で揚げればアツアツの料理を出せるので、おもてなしの席にもおすすめです。

内幅が広いので、19cmほどのエビやかき揚げなど、大きな揚げ物を揚げるときもスムーズ。1000Wのハイパワーで食材がサクッと揚がるため、揚げ物調理が苦手な方も気軽に使えます。

温度は160~200℃の間で調節が可能。サツマイモなどの根菜類を揚げるときは低温、エビなどを揚げる際は高温と、食材や作りたい料理に合わせて調節すれば、仕上がりがグンとよくなります。

内容器は汚れがこびりつきにくいフッ素加工で、お手入れがしやすく、面倒な油の処理もラクラク。使用中に引っ掛けても安全なマグネットプラグで、安心して使用できる電気フライヤーです。

山善(YAMAZEN) 電気フライヤー 揚げ物の達人 ホワイト YAC-M121

山善(YAMAZEN) 電気フライヤー 揚げ物の達人 ホワイト YAC-M121

シンプルなデザインが印象的な電気フライヤー。清潔感のあるホワイトカラーで、ダイニングテーブルの上で使用するのにもぴったりです。容量は1.1Lで、2~3人で使うのにちょうどいいサイズなので、パーティーの際にも重宝します。

本体下部にあるダイヤルを回せば、最大200℃までの間で自由に温度調節が可能。サーモスタットにより、設定温度を自動でキープしてくれるためいつも最適な温度で揚げられます。

また、串揚げを揚げている際に、串を引っかけておける串ホルダーがついているのもうれしいポイント。串が油に落ちてしまうことなくスムーズに揚げられます。バスケットもついており、フライドポテトや唐揚げなどを揚げる際も便利。また、フタは裏返して網をセットすれば油切りとして使えます。

鍋はフッ素加工を施しているため、汚れがこびりつきにくくお手入れも簡単。面倒な揚げ物も気軽にできる電気フライヤーです。

タイガー魔法瓶(TIGER) 電気フライヤーはやあげ CFE-A100-T

タイガー魔法瓶(TIGER) 電気フライヤーはやあげ CFE-A100-T

テーブルの上で使いやすい丸型の電気フライヤー。どの位置からでも揚げやすいので、串揚げやひと口カツなど、それぞれが好きなものを揚げながら食卓を囲めば団らんも盛り上がります。容量は家族や来客時にも対応可能な1Lサイズです。

本体の底面が平面ヒーターになっており、熱が均一に伝わるためムラなくカラッと仕上がるのがポイント。内鍋は取り外して丸洗いができるので、面倒な油の処理やお手入れも簡単です。

鍋の上に載せて使える油切りプレートがついているので、揚がった料理を置いておくのに便利。油保存用のフタもついているので、油を繰り返し使えるのも経済的です。

ツインバード工業(TWINBIRD) コンパクトフライヤー パールホワイト EP-4694PW

ツインバード工業(TWINBIRD) コンパクトフライヤー パールホワイト EP-4694PW

コンパクトな電気フライヤー。容量0.5Lで、1~2人で使用するのにおすすめです。少量の油で気軽に揚げ物ができるので、お弁当用のおかずを作るのにも重宝します。

本体下部にあるレバーを動かせば、低・中・高の3段階で温度調節が可能。フライなどを作る際は高温、ドーナツなどを作る際は低温と、作りたい料理に合わせて切り替えられます。

本製品は持ち手のついたポット型で、気軽に持ち上げられるため使用後の油の処理がラクにできるのもポイントです。内容器はフッ素加工で、お手入れが簡単なのも嬉しいところ。

万が一、使用中にコードを引っかけてしまっても安全なマグネットプラグ式で、来客時も安心して使用できる電気フライヤーです。

和平フレイズ ほんわかふぇ 電気卓上串揚げ鍋 HR-8952

和平フレイズ ほんわかふぇ 電気卓上串揚げ鍋 HR-8952

テーブルの上で楽しく串揚げが作れるコンパクトな電気フライヤー。容量は0.5Lで、1~2人で使うのにちょうどいいサイズです。少ない油で揚げ物が楽しめる上、少量の揚げ物も気軽に作れるのでお弁当作りの時に使うのもおすすめです。

本体下部にあるレバーを動かせば簡単に温度調節が可能。温度調節機の働きで、最適な温度をキープできるため揚げ物がきれいに仕上がるのも嬉しいところです。マグネットプラグ式で、うっかりコードを引っかけてしまってもすぐ外れるため安心して使用できます。

串揚げの串が引っかけておける串掛けリングつきです。鍋のふちに置くだけで、串が油の中に落ちてしまうことなく、串揚げ作りがスムーズに進みます。外せばミニ天ぷら鍋として使えるので、さまざまな揚げ物に対応可能です。

フィリップス(Philips) ノンフライヤー 電気フライヤー HD9216/66

フィリップス(Philips) ノンフライヤー 電気フライヤー HD9216/66

コロンとしたシルエットが印象的な電気フライヤー。可愛いフォルムと、鮮やかなレッドカラーはキッチンをグッとスタイリッシュな雰囲気にしてくれます。

本製品は油を使わずに揚げ物が作れるノンフライヤー。食材が持つ脂を利用して加熱し、最高200℃の熱風を当てて調理するため、油なしでもサクッとおいしく仕上がるのが特徴です。使用後の油の処理に頭を悩ませることもありません。

油を使わないだけでなく、食材の脂も落とすので通常の揚げ物よりも大幅にカロリーダウンできるのも嬉しいところ。ダイエット中の方や、夜遅くに食事をする方にもおすすめです。

温度と時間を設定すれば、あとはおまかせで揚げ物が作れるのもポイント。気軽に使えるので、揚げ物が苦手な方や、料理初心者の方にもおすすめしたいアイテムです。

IKICH 電気フライヤー ノンフライヤー

IKICH 電気フライヤー ノンフライヤー

ブラックとシルバーのカラーリングがクールな雰囲気の電気フライヤー。見えるところに置いておいてもインテリアを損ねないため、キッチンに出しておいたりダイニングテーブルの上で使ったりするのにもおすすめです。

熱風循環技術で均等に加熱することで、油を使わなくても揚げ物が作れるのが本製品の大きな特徴。余分な油分を摂らずに済むので、健康志向の方や体型が気になる方にもぴったりです。

3.6Lの大容量で、たっぷりの揚げ物が一度に作れるので、普段の食事だけでなく、たくさんのお客様をおもてなしするときにも便利。食材を入れて、時間と温度を設定すれば自動的に調理ができるため、パーティーの準備もはかどります。

見やすいLCDディスプレイとわかりやすいボタンで、操作は簡単。家電が苦手な方でも気軽に使用できます。レシピブック付きで、すぐに使い始められる便利な電気フライヤーです。

ピーナッツ・クラブ D-STYLIST スクエアフライヤー KK-00222

ピーナッツ・クラブ D-STYLIST スクエアフライヤー KK-00222

25×19.5×19.5cmと、テーブルの上にも余裕で置けるコンパクトさが魅力の電気フライヤー。テーブルの上で食材を揚げながら食べられるので、揚げたてアツアツが楽しめます。コンパクトながら、最大容量は1.2Lとたっぷりなので、2~3人で使うのにおすすめです。

本体下部のダイヤルを回せば、簡単に温度調節が可能。140~190℃までの6段階で調節でき、揚げる食材や料理に合わせて最適な温度で調理ができるため、温度が低すぎてベチャついたり、高すぎて焦げたりすることなく、カラッとおいしく仕上がります。

フライドポテトなどの細かい食材も簡単に引き上げられるバスケット付き。また、油はね防止のフタがついており、フタを閉めて調理ができるため、調理中に周囲が油で汚れてしまったり、油がはねてやけどしたりする心配もありません。揚げ物初心者の方にもおすすめのアイテムです。

Cuisinart (クイジナート) 電気フライヤー CDF-100JBS

Cuisinart (クイジナート) 電気フライヤー CDF-100JBS

狭いスペースにも置きやすいスクエアフォルムの電気フライヤー。容量は1Lですが、最小0.5Lの油でも使用できるので、皆で串揚げパーティーをするときは多め、お弁当のおかずを作る際には少なめと、用途に合わせて油の量を調節できます。

温度調節は、本体下部のダイヤルを回して行います。90~190℃までの間で自由に調節できるので、揚げたい食材に合わせて最適な温度で調理できるのが嬉しいところ。ダイヤルに温度の目安がついているので、大まかな温度がわかりやすく便利です。

油切りバスケットがついているので、フライドポテトやナゲットなど、小さな揚げ物もスピーディに引き上げられます。また、油はねを防ぐフタがついており、周囲が汚れにくいためダイニングテーブルの上で使用したい方にもおすすめです。

本体は耐久性に優れたステンレス製。汚れてもひと拭きできれいになるお手入れのしやすさも魅力です。

T-fal(ティファール) アクティフライ ホワイト FZ205088

T-fal(ティファール) アクティフライ ホワイト FZ205088

丸いフォルムがスタイリッシュな電気フライヤー。わずかな油でサクッとした揚げ物ができるので、揚げ物を作るのが苦手な方でも気軽に使用できます。また、揚げ物だけでなく炒め物や煮物にも対応できる便利なアイテムです。

内鍋に食材を入れ、調理モードをセットしたらあとはおまかせで料理が出来上がり。内部にある羽が、食材をかき混ぜるため熱が均等に伝わり、ベチャッとしてしまいがちな食材の裏側までカリッと仕上がります。

また、内鍋はフライパン型で、取っ手がついているので出来上がった料理を盛り付ける際も便利。内部にはセラミックコーティングを施してあるため、汚れがこびりつく心配もありません。また、内鍋やフタ、羽など汚れやすいパーツは食洗機にも対応しているので、使用後のお手入れもラクラクです。

たくさんのレシピがついており、1台でさまざまな料理が楽しめるため、料理初心者の方にもおすすめします。

おすすめの電気フライヤー|業務用

業務用 電気フライヤー

業務用 電気フライヤー

4Lという大容量の電気フライヤー。たくさんの揚げ物が一度に作れるので、家族で使用するほか、友だちとのパーティーや、イベント時にも重宝します。大容量ながらも、本体重量は3.3㎏と女性でも扱いやすいのが魅力です。

また、料理や揚げ物に慣れていない方でも簡単に使えるオートモード付き。肉・魚・エビなど、6種類の食材に適したモードが搭載されており、ボタンを押すだけで予熱から調理までを自動で設定してくれるため、誰でも簡単に揚げ物が作れます。

もちろん、自分で温度と時間を設定して使用することも可能。油はねによるやけどや汚れを防ぐためのフタには窓がついており、揚がり具合を確認しながら調理できるので便利です。油切りが簡単にできるバスケットもついています。

油の量が少なかったり、油が入っていなかったりする時には電源が入らない安全装置付きで、安心して使用できる電気フライヤーです。

ダイシン商事 卓上電気フライヤー FL-DS4W

ダイシン商事 卓上電気フライヤー FL-DS4W

2種類の揚げ物を一度に作りたい方におすすめの2槽式電気フライヤー。容量は4L×2で、たくさんの揚げ物を一度に作れるのが魅力です。本体は耐久性に優れたオールステンレスで、傷がつきにくいヘアライン仕上げ。お手入れがしやすいのもポイントです。

本体上部のダイヤルで、50~190℃までの間で温度を自由に調節できます。温度センサーつきで、設定温度をキープしてくれるためいつも最適な温度で調理ができるのもポイント。それぞれに温度調節がついているので、違う揚げ物を作る際もスムーズです。

本体横には持ち手がついており、使用後の油の処理がしやすく便利。また、たくさんの揚げ物を作ってもスピーディに引き上げられる網カゴつきです。唐揚げやポテトなど、小さな揚げ物を作る際に重宝します。

油の量が規定量に満たない時や、本体が転倒した時などに電源が切れる安全装置がついているため、安心して使えるおすすめの電気フライヤーです。

電気フライヤーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

電気フライヤーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。