スマートフォンのカメラからステップアップして、本格的な写真を撮りたいと考える方に人気の「一眼レフ」。たくさんの種類があるうえに聞きなれない用語も多く、初心者の方はどれを買えばいいか迷ってしまうのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめの初心者向け一眼レフをご紹介。選び方やおすすめメーカーも合わせて解説するので、ぜひ自分にぴったりの1台を見つけてみてください。

一眼レフとミラーレスの違い

By: canon.jp

本体にミラーが内蔵されており、レンズを通してミラーに反射させた光をファインダーから確認できるタイプが一眼レフ。シャッターを押すとミラーが上がり、ミラーの裏に隠れていたセンサーに光が当たって写真を撮影します。

一方で、ミラーレスは本体にミラーが内蔵されておらず、レンズの奥にすぐセンサーが搭載されている点が特徴です。光学式のファインダーは搭載されておらず、背面のモニターや電子ビューファインダーを通してプレビューをチェックします。

ミラーレス一眼について詳しく知りたい方はこちら

初心者向けデジタル一眼レフの選び方

初心者には小型・軽量モデルがおすすめ

By: ricoh-imaging.co.jp

初心者が一眼レフを選ぶ際は、サイズや重量をしっかりと確認しましょう。重たいモデル、または大きいモデルを初心者のうちに買ってしまうと、外に持ち出すのが億劫になってしまい、自然と一眼レフを手に取る機会が減ってしまう可能性があります。

そのため、最初のうちはコンパクトかつ軽量な一眼レフがおすすめ。いつでもカバンに入れて持ち歩けると、自然とカメラを使う頻度が多くなるので、上達の近道にもなり得ます。

一眼レフに慣れて上達し、さらにさまざまな写真を撮ってみたくなったら大型のモデルを選んでみるのがおすすめです。

操作が簡単なモデルを選ぼう

By: ricoh-imaging.co.jp

初心者には操作が簡単な一眼レフがおすすめ。十字キーやボタン、ダイヤルなどが無理のない位置に配置されていると簡単に操作できます。複雑な操作をしなくても、カメラに任せれば適した設定でシャッターを押せる機能もおすすめです。

ソフトウェアの使いやすさも重要なポイント。初心向けにわかりやすい説明が表示されると、悩まずに設定可能です。グリッドや水平レベル、露出などのガイドを表示できれば、初心者でも構図や明るさなどを考えながら撮影できます。

モニターがタッチ操作できるかどうかもチェックしておきたいポイント。タッチ操作に対応していれば、フォーカスやシャッターを直感的に操作できるほか、各種設定も慣れ親しんだスマホのように行えます。

AFと手ブレ補正性能が高いモノを

By: ricoh-imaging.co.jp

初心者のうちは、マニュアル操作でフォーカスを合わせるのはやや難しい場合があります。そのため、高性能なAF機能を搭載していると、被写体をフレーム内に収めるだけで、自動的にフォーカスがしっかりと合った写真を撮影できるのでおすすめです。

動きの早い被写体にもフォーカスできたり、人の顔を検出できたりすると、さらに撮影の幅が広がります。特に子供の写真やポートレートを撮影したい場合は、顔を検出する機能が搭載されているとスムーズに撮影可能です。

手ブレ補正の性能も重要なポイント。強力な手ブレ補正が搭載されていると、暗所や望遠などのシーンで手持ち撮影してもブレを抑えたシャープな写真が撮影できます。

センサーサイズをチェック

フルサイズ

By: nikon-image.com

フルサイズのセンサーは、中判サイズを除いた一般的な一眼レフのセンサーサイズのなかでは最大の大きさ。35mmという大きさが、フィルムカメラに多く採用されていた24×36mmのフィルムサイズに近いため、フルサイズと呼ばれています。

サイズが大きい分受光面積も広く、より多くの光を取り込めるので、暗いシーンでもノイズが少ない点が魅力のひとつ。明暗差が大きいシーンで白飛びや黒潰れが少なく、豊かな表現ができます。背景ぼけを作りやすい点も特徴です。

センサーサイズに比例するようにボディのサイズも大きくなってしまうのがデメリット。装着するレンズもサイズが大きいタイプが多くラインナップされています。

APS-C

By: ricoh-imaging.co.jp

APS-Cセンサーは、フルサイズのセンサーと比較すると一回り小さいサイズ。しかし、一般的なスマホやコンデジに搭載されているセンサーと比較すると何倍もの大きさになるので、より多くの光を受け取り豊かな表現が可能です。

APS-Cセンサーの場合、センサーサイズに合わせてボディを小型化できる点が魅力のひとつ。APS-Cセンサーを搭載したコンパクトかつ軽量な一眼レフも多くラインナップされているため、頻繁に持ち歩いて使いたい方にはおすすめです。

フルサイズと比較して画角がやや狭くなる点も特徴のひとつ。写せる範囲が狭くなる分、やや離れた位置からでも被写体に寄った写真が撮影できるので、できるだけ大きく写したい、余計な背景を切り取りたい場合に役立ちます。

初心者向けデジタル一眼レフの価格はどれくらい?

初心者向けデジタル一眼レフの価格は、数万円から数十万円まで幅広く展開されています。価格が高いモデルは機能が豊富でさまざまなシーンに対応可能。一方で、できることが多くて初心者には使いこなしにくい可能性があります。

高性能だからといって高いモデルを買うのではなく、自身のレベルに合わせたモデルを選ぶのがポイントです。しばらく使用し一眼レフに慣れてきたタイミングで、ワンランク上の高性能なモデルを選んでみてください。

デジタル一眼レフのおすすめメーカー

キヤノン(Canon)

By: rakuten.co.jp

キヤノンは、東京に本社を構える日本の大手精密機器メーカー。デジタルカメラやビデオカメラのほか、プリンターやコピー機、スキャナーなども取り扱っています。カメラに関しては、初心者の方はもちろん、プロにも愛用されている点が特徴です。

一眼レフカメラとしてはEOSシリーズを展開。シリーズのなかでも、初心者向けにはエントリーモデルにあたるEOS Kissシリーズがおすすめです。小型軽量で持ち運びやすいモデルや、オートフォーカス性能に優れたモデルがラインナップされています。

APS-Cサイズの大型センサーを搭載しているため暗所に強く、背景ぼけを手軽に楽しめる点も魅力のひとつ。Wi-Fi機能を利用して、スマホに撮影した写真を素早く転送もできます。

ニコン(Nikon)

By: rakuten.co.jp

ニコンは、デジタルカメラや双眼鏡、顕微鏡などを手掛ける日本の大手光学機器メーカー。一眼レフやミラーレス、コンデジと各種レンズはもちろん、自社製品の専用アクセサリーやソフトウェアなども開発し、提供しています。

一眼レフに関しては、「Dシリーズ」を展開。多くの一眼レフがモニターにタッチパネルを採用しているため、使い慣れたスマホと同じ感覚で直感的な操作が可能です。また、さまざまなアングルに対応しやすいチルト式モニターも搭載しています。

正確なオートフォーカスや見た目に近い忠実な色再現性も魅力のひとつ。初心者の方でもカメラ任せで簡単にプロ顔負けの写真を撮影できます。

ペンタックス(PENTAX)

By: amazon.co.jp

ペンタックスは、コンデジやミラーレス、一眼レフなどの各種カメラのほか、レンズや望遠鏡などもラインナップされているブランド。東京に本社を構える日本の大手光学機器メーカー、リコーイメージング株式会社が展開しています。

ペンタックスのカメラは、ボディ内手ブレ補正を搭載している点が魅力です。装着するレンズに関わらず強力な手ブレ補正効果を得られるので、一眼レフカメラに慣れていない初心者の方でもブレが少ないシャープな写真を簡単に撮影できます。

また、防塵・防滴や耐寒動作保証など、過酷な環境でも動作する頑丈な設計も特徴のひとつ。ドライブやキャンプなどのアウトドアに一眼レフを持ち出したいと考えている方にもおすすめです。

初心者向けデジタル一眼レフのおすすめモデル

キヤノン(Canon) EOS Kiss X10i

動物や子供の撮影にもおすすめ

質感や色合いを忠実に再現するデジタル一眼レフです。APS-Cサイズのセンサーを採用。有効約2410万画素の高密度かつ広いセンサーを活かして、肌のニュアンスや質感、色のグラデーションなどを鮮明に表現します。大型センサーならではの、美しく大きいボケ表現を楽しめるのも魅力です。

高精度なオートフォーカスセンサー「オールクロス45点AFセンサー」を採用。最大45点の測距点が広範囲に配置しているので、被写体が画面中央から外れても、すばやくピントを合わせます。予測できない動きをする動物や子供の撮影にもおすすめです。

また、デジタル一眼レフの操作がはじめての人でもすぐに使いこなせる「ビジュアルガイド」を表示。どんな効果を適用できるのか設定前にわかるため、さまざまな撮影モードにチャレンジできます。

▼撮影イメージ

キヤノン(Canon) EOS Kiss X90

動画性能にも優れているデジタル一眼レフ

APS-CサイズのCMOSセンサーを搭載したデジタル一眼レフです。肌の質感や建物の輪郭などを鮮明に描写できます。映像エンジンは「DIGIC 4+」を採用。最高ISO感度6400の高感度撮影や多彩な画像補正機能、フルハイビジョン動画機能など、静止画だけでなく動画性能に優れているのも魅力です。

3.0型・約92万ドットの広視野角・高輝度TFTの液晶モニターを採用。7段階から明るさを調節できるため、屋外の撮影時でもモニターチェックを快適におこなえます。

ワンショットAF・AIサーボAF・AIフォーカスAFなど、3つのAF動作を搭載。被写体の動作に合わせて、快適な撮影をおこなえます。ボディ背面の専用ボタンを押すと、クイック設定が可能。シャッター速度・ISO感度・絞り値などの主要機能を自分好みに割り当てられます。

▼撮影イメージ

キヤノン(Canon) EOS Kiss X10

コンパクトな軽量設計で握りやすい

約449gの軽量設計が特徴のデジタル一眼レフです。ボディ全体をコンパクトに設計しつつ、グリップ部分を深めにすることで、握りやすさを追求。しっかりカメラを構えられるので、安定した姿勢で撮影を楽しめます。

バリアングル式の液晶モニターを採用しているのもポイント。自由自在にモニターの角度を変えられるため、ハイアングルやローアングルなど、さまざまな体勢で撮影をおこなえます。

また、動画の撮影中に被写体が動いても自動でピントを合わせる「動画サーボAF」を搭載。常にピントを合わせ続けられるので、カメラ初心者でも印象的な映像を撮影できます。

▼撮影イメージ

キヤノン(Canon) EOS 90D

5種類の測距エリアを選択できる

約3250万画素APS-CサイズCMOSセンサーを採用したデジタル一眼レフです。躍動するアスリートの表情や、高速で走り抜ける乗り物のディティールも鮮明に描写します。大きなボケ味・高感度・低ノイズ・広いダイナミックレンズを表現できるのも魅力です。

幅広い被写体を捕捉するオールクロス45点AFセンサーを搭載。被写体が画面の端に移動しても、すばやくフォーカスを合わせます。ファインダー撮影時には、被写体や撮影シーンに合わせて選べる5種類の測距エリアを選択可能です。

多彩な表現を楽しめる「クリエイティブアシスト」を搭載。プリセット・背景ぼかし・明るさ・コントラストなどのメニュー項目から選択するだけで、イメージに近い写真を撮影できます。

▼撮影イメージ

キヤノン(Canon) EOS 6D Mark II

アングルの調節を自由自在におこなえる

約2620万画素のCMOSセンサーを採用したデジタル一眼レフです。高画質ながら、高ダイナミックレンジによる豊かな階調表現と低ノイズを実現しています。静止画での常用ISO感度は100〜40000。高感度撮影時も被写体のディティールまで鮮明に描写します。

ローアングル・ハイアングルにも対応するバリアングル液晶モニターを採用。全方向約180°・後方約90°・水平方向約175°に可動します。三脚やバッテリーグリップ装着時でも、アングルの調節を自由自在におこなえるのも魅力です。

シーンインテリジェントオート・クリエイティブオート・ポートレートなど、多彩なオート撮影モードを搭載。シーンに合わせてカメラが自動設定をおこなうので、誰でも簡単に美しい静止画・動画を撮影できます。

▼撮影イメージ

ニコン(Nikon) D3500

SNSのアップロードもリアルタイムでおこなえる

約415gの軽量設計を実現したデジタル一眼レフです。グリップ部分を深めに設計することで、握りやすさを向上。コンパクトボディなので、旅行やアウトドアシーンでも活用できます。

専用アプリ「SnapBridge」と連携すれば、撮影した静止画・動画をその場でスマートフォンに転送できます。SNSのアップロードもリアルタイムでおこなえるのも魅力です。また、スマートフォンでシャッターを押すなど、遠隔操作にも対応しています。

カメラが撮り方を教えてくれる「ガイドモード」も搭載。カメラの指示に従いながら設定をするだけで、初心者でも印象的な静止画・動画を撮影できます。

ニコン(Nikon) D850

操作をスムーズにおこなえるタッチパネルを採用

有効4575万画素とISO64-25600を両立したデジタル一眼レフです。画像処理エンジンには「EXPEED 5」を採用。演算処理能力が高く、滑らかで自然な諧調表現を実現します。

より狭い範囲にピントを合わせやすい「ピンポイントAF」を搭載。「ノーマルエリアAF」と比べて約4分の1サイズのフォーカスポイントで、ピントを合わせられます。画像モニターには、タッチパネルを採用。撮影・メニュー設定・画像切り替えなどの操作をタッチでスムーズにおこなえます。

▼撮影イメージ

ニコン(Nikon) D7500

光の少ない環境下でも多彩な表現を楽しめる

高性能画像処理エンジン「EXPEED 5」を搭載したデジタル一眼レフです。「ニコンDXフォーマットCOMSセンサー」から読み出されたデータを高速処理することで、最高約8コマ/秒の高速連続撮影や、4K/30pの動画撮影を実現します。

高性能画像処理エンジンと大型センサーの連携により、常用ISO感度100〜51200へ拡張。暗所でもノイズを低減しながら撮影できます。また、光の少ない環境下にも対応するAF性能により、多彩な表現を楽しめるのが魅力です。

液晶画面は操作性に優れたタッチパネル式を採用。タッチAFやタッチシャッターをはじめ、再生時にすばやく画像を切り替えるフレームアドバンスバーやメニュー設定などの操作が可能です。チルト式モニターなので、静止画・動画撮影時のアングルを自由に変更できます。

▼撮影イメージ

ペンタックス(PENTAX) K-70

By: amazon.co.jp

山登りなどアウトドアシーンでも使用できる

防塵・防滴構造を搭載しながらも、ボディの小型化を実現したデジタル一眼レフです。広範囲・高密度に配置した位相差AFセンサーにより、動きの速い被写体もすばやく正確に捉えます。静止画だけでなく、動画撮影をサポートする機能を搭載しているのも魅力です。

100点ものシーリング部材を液晶モニターを含めたボディ全体に使用し、水滴やホコリの侵入を防ぎます。-10℃までの動作を保証する耐寒性能により、山登りなどアウトドアシーンでも使用可能です。また、最高ISO感度102400の超高感度と優れた描写力を実現。常用感度での画質向上はもちろん、高感度域でもザラつきを抑え、被写体を美しく表現します。また、暗所でもノイズを低減した撮影ができるのも魅力です。

ボディ内手ぶれ補正機能SRを搭載しているのも特徴。広角から望遠まで、ボディに搭載できるレンズで効果的に手ぶれを抑えます。

▼撮影イメージ

ソニー(SONY) α99 II ILCA-99M2

自由なアングルで撮影を楽しめる

「ハイブリッド位相差検出AFシステム」を採用したデジタル一眼レフです。広範囲・高密度に配置した位相差AFセンサーにより、動きの速い被写体もすばやく正確に捉えます。また、静止画・動画撮影において「AF被写体追従感度」を調節できるのも魅力。撮影シーンに応じて、追従感度を変更できます。

また、「光学式5軸ボディ内手ブレ補正」機構を搭載しているのもポイント。焦点距離が長くなるほど起こりやすい角度ブレを抑えられます。動画撮影中の手ブレ補正効果は、シャッターボタン半押し中やピント拡大表示中にライブビュー映像で確認できるのも魅力です。

自由なポジションで撮影できる3軸チルト液晶モニターを採用。縦位置・横位置問わず、ハイポジションやローポジションなど自由なアングルで撮影を楽しめます。三脚や縦位置グリップ取り付け時も、モニターの位置や向きを調節可能です。

▼撮影イメージ