「デジタル一眼レフカメラ」は、標準レンズはもちろん望遠や広角、マクロや単焦点など、さまざまなレンズを装着できるカメラです。レンズ一体型のコンデジやスマホカメラよりも撮影の幅が広がるほか、写真のクオリティも向上するのが魅力。しかし、ラインナップが豊富で価格帯も幅広いため、自分に合った製品はどれかを判断しにくいのが懸念点です。

そこで今回は、デジタル一眼レフカメラのおすすめ製品をご紹介します。カメラ初心者はもちろん、買い替えを検討している方も、ぜひ参考にしてみてください。

デジタル一眼レフカメラとは?

By: amazon.co.jp

デジタル一眼レフカメラは、写真を高画質で撮影できる、レンズ交換が可能なデジタルカメラのこと。レンズから通した被写体(撮影対象)の情報を、カメラ内部の「イメージセンサー」に光信号として認識させることで、デジタル写真が生成されます。

デジタル一眼レフカメラのイメージセンサーは、一般的なスマホやコンデジと比較してサイズが12倍以上も大きく、より多くの光量を一度に取り込めるのが特徴。夜景などの暗いシーンでも、滑らかでキレイな写真が撮影でき、背景を大きくボカした立体的な写真も簡単に撮れます。

また、スマホやコンデジと違って、レンズを交換できるのもポイント。被写体や撮影シーンごとに最適なレンズを選べるほか、広い範囲を写し込めたり、花の一部分を大きく拡大して切り取ったりなど、多彩な写真表現が楽しめます。

一眼レフとミラーレスの違い

By: amazon.co.jp

一眼レフとミラーレスは内部構造が異なり、特に大きな違いは「反射鏡(ミラー)」の有無。一眼レフでは、光学ファインダーを通して構図を確認したり、AFセンサーを駆動してピントを合わせたりする際に、反射鏡を使ってそれぞれの機構に光を導く必要があります。

一方、ミラーレスの内部には反射鏡が搭載されていません。構図の確認には液晶モニターや電子ファインダーを使用し、ピント合わせはイメージセンサー上で直接行います。

また、一眼レフは「反射鏡機構(ミラーボックス)」を内蔵する分、本体の厚みがミラーレスより大きいのも特徴。携帯性では敵いませんが、本体のサイズに余裕がある分、ボタン類の操作がしやすくなったり、グリップが握りやすくなったりするのがメリットです。

さらに、交換レンズのラインナップが豊富なのも、一眼レフの魅力。最近では、ミラーレス用のレンズも多くラインナップされていますが、総数では一眼レフ用のモノが上回ります。理想的な焦点距離や描写に合ったレンズが見つけやすいのも、一眼レフの利点です。

ミラーレス一眼について詳しく知りたい方はこちら

初心者向けデジタル一眼レフカメラの選び方

操作が簡単なモデルがおすすめ

By: nikon-image.com

初めてデジタル一眼レフカメラを購入する場合は、初心者向けの操作機能を充実させたモデルがおすすめ。全自動撮影モードが搭載された機種なら、シャッターボタンを押すだけで自動的に被写体やシーンを認識し、最適な設定で撮影できます。初心者でも、気軽に撮影を楽しめるのが魅力です。

タッチ操作に対応しているかどうかも欠かせないポイント。専門的な知識がない方でも、スマホと同じ感覚で、ピント位置の選択や明るさ・色合い・ボケ具合を調節可能です。また、ビジュアルガイドが搭載されていれば、作例写真やイラストを交えて、各撮影モードの使い方も学べます。

撮影や移動がしやすいサイズ・重量のモデルを選ぶ

By: nikon-image.com

デジタル一眼レフカメラを気軽に使いたい場合は、サイズや重さも重要なポイント。高性能かつ高画質なモデルでも、本体が大きすぎたり重すぎたりするモノはおすすめできません。次第に持ち出さなくなり、宝の持ち腐れになってしまう場合があります。

また、旅行など長時間移動をする場面では、疲労が溜まりやすくなるのも懸念点。1日を通して旅行を軽快に楽しみたい場合は、小さく軽いモデルがおすすめです。

サイズを選ぶ基準は、普段使用しているバッグに収納できるかどうか。重さについては、本体単体で500g以下、レンズとのセットで1kg以下なら快適に持ち歩きやすくなります。ひとつの目安として、参考にしてみてください。

手ブレ補正やオートフォーカスの性能が高いと安心

By: nikon-image.com

「手ブレ」とは、撮影時の微細な揺れが振動としてカメラへ伝わり、写真が不鮮明になる現象。初心者が失敗しやすい原因のひとつですが、「手ブレ補正」に対応したデジタル一眼レフカメラなら、撮影の成功率を効果的に上げられます。

また、手ブレ補正には、大きく分けて「ボディ内補正」と「レンズ内補正」の2種類が存在。近接〜中距離までの撮影をする場合はボディ内補正に対応したモデル、中〜長距離で動く被写体を撮影したい場合は、レンズ内補正に対応したモデルがおすすめです。

さらに、AF(オートフォーカス)の性能も重要。画面内でピントを合わせられる「AFポイント」の数が多いほど自由な構図で撮影でき、被写体の捕捉力も上がるので、運動会で活躍する子供や、ペットなどの撮影にも適しています。

デジタル一眼レフカメラのおすすめメーカー

キヤノン(Canon)

By: amazon.co.jp

「キヤノン」は、1937年創業の映像機器メーカーです。コンデジや一眼レフ、ミラーレスといった多彩な種類のカメラや、プロジェクターなどの映像機器を幅広く開発。デジタル一眼レフカメラのメーカーとして、業界で高いシェアを占めています。

キヤノンのデジタル一眼レフカメラは、初心者向けからプロ仕様まで、豊富にラインナップされているのが特徴。交換レンズの種類も多いので、撮影目的に合わせて選びやすいのがメリットです。

また、技術面にも優れており、特にAF速度の速さが魅力。独自技術「デュアルピクセルCMOS AF」に対応した機種なら、液晶モニターを見ながらの撮影でも、ファインダー撮影と同等の速さでピントを合わせられます。

ニコン(Nikon)

By: amazon.co.jp

「ニコン」は、1917年創業の光学機器メーカーです。カメラのほかに、双眼鏡や顕微鏡、フィールドスコープなどの開発でも有名。また、レンズの製造技術に優れていることでも知られており、デジタル一眼レフカメラのメーカーとして人気を集めています。

同社のデジタル一眼レフカメラはラインナップが充実しており、交換レンズの種類も豊富です。さらに、接合部(マウント)の規格に、フィルム時代から60年以上も続く「Fマウント」を一貫して採用しているため、古いレンズの描写をそのまま味わえます。

頑丈で壊れにくいのも魅力のひとつ。そのほか、AF時のヒット率が高いので、撮影技術を磨けば、野鳥など不規則な動きの被写体にも対応できます。

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

「ソニー」は1946年創業の電機メーカーです。2006年に「ミノルタ」から一眼レフブランドを引き継いで以来、カメラ事業も積極的に展開。マウント規格はミラーレスの「Eマウント」が主力ですが、一眼レフの「Aマウント」もミノルタ時代のファンから根強く愛されています。

ソニーのデジタル一眼レフカメラは、「トランスルーセントミラー」と呼ばれる透過型の反射鏡構造を有しているのが特徴。従来の一眼レフと違って、撮影の度に反射鏡が動かず、常にピント合わせと高速連写を使用できるため、動く被写体に対して有利に撮影を進められます。

ペンタックス(PENTAX)

By: amazon.co.jp

「ペンタックス」は1919年に誕生した、一眼レフカメラのブランド。現在では、高級コンデジや360°カメラを扱う「リコー」傘下のブランドとして展開されています。ペンタックスのデジタル一眼レフカメラは、人間味が溢れる独特な色彩描写を得られるのが特徴。「ペンタキシアン」と呼ばれる、根強いファンが世界中にいることでも有名です。

アウトドアに強いのもメリット。エントリー機を含めた全機種が、急な雨やフィールド撮影でも使いやすい防塵・防滴機構を備えているので、キャンプや登山などでも活躍します。また、小型軽量で持ち運びしやすいのも魅力です。

初心者向けデジタル一眼レフカメラのおすすめモデル

キヤノン(Canon) EOS Kiss X10

普段使いや家族旅行におすすめのデジタル一眼レフカメラです。自在に撮影アングルが変えられるバリアングルモニターを搭載しながら、重さ約449gと軽量コンパクトなのが特徴。持ち運びやすいので、女性にも人気のモデルです。

「デュアルピクセルCMOS AF」を搭載しているのもポイント。モニターを見ながら、ライブビュー撮影時も高速AFを使用可能です。さらに、瞳AFにも対応しているため、活発に動く子供の表情を簡単に捉えられます。

初心者に優しい操作性も魅力。各撮影モードの効果を、作例写真やイラストを交えて表示する「ビジュアルガイド」や、背景ボケや明るさなどをモニター上で直感的に調節できる「クリエイティブアシスト」が搭載されています。

▼撮影イメージ

キヤノン(Canon) EOS Kiss X10i

運動会やお遊戯会の撮影に重宝する、デジタル一眼レフカメラです。初心者やファミリー層から根強い人気のある「EOS Kiss」シリーズの新型モデル。初心者でも扱いやすい操作性はそのままに、AFなどの動体撮影性能がより向上しています。

同社のミドルクラスモデルにも用いられる、「オールクロス45点AFセンサー」を採用しているのもポイント。従来のモデルに比べてAFポイントが増え、画面の広範囲に配置されています。また、最高約7コマ/秒の高速連写が使用できるので、元気いっぱいに動く子供を簡単に捕捉可能です。

さらに、デザインが改良されたことで、操作性も向上。シャッターレリーズとは別に、狙ったタイミングでAFが使える「AF-ON」ボタンや、各種値をスムーズに変更できる「サブ電子ダイヤル」を本体背面に搭載しています。

▼撮影イメージ

キヤノン(Canon) EOS 80D

動く被写体の撮影を得意とする、コスパのよいデジタル一眼レフカメラです。2016年発売のミドルクラスモデルながら、安い価格で購入できるのが特徴。現役で活躍できる動体撮影性能を有しているので、スポーツや鉄道、動物などの撮影に挑戦したい方におすすめです。

本製品には、「オールクロス45点AFセンサー」と「デュアルピクセルCMOS AF」を搭載。また、動く被写体にピントを合わせ続ける「AIサーボAF II」にも対応しており、被写体の動き方に合わせて、AFの駆動方式をカスタマイズできます。そのほか、連写速度が最高約7コマ/秒と、高速なのも魅力です。

▼撮影イメージ

キヤノン(Canon) EOS 6D Mark II

写真を趣味として、本格的に楽しみたい方におすすめのデジタル一眼レフカメラ。一般的なAPS-Cサイズのセンサーよりも、受光面積が2.5倍以上大きい35mm判フルサイズ規格のイメージセンサーを搭載しています。

取り込める光量に余裕があるので、豊かなボケ味のある写真や、ノイズの少ない鮮明な夜景写真などを撮影できるのが魅力。特に、風景や夜景、花、料理などを高画質で記録するのに適しています。

本体の重さは約765gで、フルサイズの一眼レフカメラとしては最軽量クラス。また、バリアングルモニターを搭載しているため、ハイアングルやローアングルからの撮影が無理なく行えるほか、モニターを180°回転すれば自撮りも手軽に楽しめます。

▼撮影イメージ

ニコン(Nikon) D3500

小型軽量で、初心者でも簡単に使いやすいデジタル一眼レフカメラです。重さが約415gと軽量ながら、深く握りやすいグリップを搭載。また、右手だけで大半の操作が行える使いやすさも魅力です。空いた左手でレンズをしっかりと支えて撮影すれば、手ブレを効果的に抑えられます。

「ガイドモード」を搭載しているのもポイントです。モニターに表示されるガイドに従って操作を進めるだけで、イメージに近い写真や動画を簡単に撮影可能。カメラの操作に不慣れな方でも、直感的に使いこなせます。

本製品は、Bluetooth接続機能の「SnapBridge」にも対応。スマホとペアリングしておけば、カメラの電源を入れるだけで常時連携でき、画像の自動転送やカメラの遠隔操作がスムーズに行えます。

▼撮影イメージ

ニコン(Nikon) D5600

多彩なアングルからの撮影が楽しめる、デジタル一眼レフカメラです。重さ約465gの小型軽量ボディにバリアングルモニターを搭載。人垣の上から狙うハイアングル撮影や、地面すれすれから狙うローアングル撮影などが、無理のない体勢で行えます。また、モニターを180°回転すれば、自撮りを手軽に楽しめるのも魅力です。

液晶モニターがタッチ操作に対応しているのもポイント。ピント位置の指定や撮影項目の選択、再生時の操作などが、スマホと同じような感覚で行えるので、スマホ撮影からステップアップしたばかりの初心者でも直感的に扱えます。

動きの速い被写体にも高い精度でピントを合わせられる、「39点AFシステム」を搭載しているのも魅力。また、最高約5コマ/秒の高速連写も使用できるため、運動会で活躍する子供や、走り回るペットをしっかりと捕捉します。

▼撮影イメージ

ニコン(Nikon) D7500

ハイレベルな動体撮影が軽快に楽しめる、デジタル一眼レフカメラです。重さ約720gの軽量コンパクトなボディに、同社のフラッグシップモデルと同じイメージセンサーや画像処理エンジンを搭載。バランスの取れた、プロ仕様の高画質を得られます。

AF性能に優れているのも特徴。画面の広範囲をカバーする、高速かつ高精度な「51点AFシステム」を搭載しています。高画質なRAW撮影時でも、最高約8コマ/秒の高速連写を最大50コマまで続けられるので、スポーツや動物などの決定的瞬間を狙うのにもおすすめです。

本製品には、上下に可動できるタッチパネル対応のチルトモニターを搭載。そのほか、本体に防塵・防滴構造が採用されているため、アウトドアの撮影でも活躍できます。

▼撮影イメージ

ソニー(SONY) α77 II

快適なAF動作で、高速連写や動画の撮影を進められるデジタル一眼レフカメラ。ソニー独自の「トランスルーセントミラー」を搭載しています。一般的な一眼レフと異なり、イメージセンサーへの露光中に、常時AFを働かせられるのが特徴です。

本製品は、最高約12コマ/秒の超高速連写時でも常にピント合わせが継続できるので、動体撮影時に狙った被写体を逃しません。また、ミラーレスの上位モデルと同様に、動画撮影でも高速なAFを使用可能。動く被写体の動画撮影にも重宝します。

自在なアングルからの撮影を実現する、3軸チルトモニターを搭載しているのも魅力。さらに、ボディ内手ブレ補正機構が備わっているのも嬉しいポイントです。

ペンタックス(PENTAX) K-70

アウトドアシーンの撮影で活躍する、小型軽量のデジタル一眼レフです。重さ約688gで、本体には防塵・防滴・耐寒機構を搭載。熱帯のジャングルや冬山のような厳しい環境でも使いやすい製品です。

また、暗いシーンの撮影が快適に行えるのも魅力。「アクセラレーターユニット」の搭載により、ISO 25600を上回る超高感度でも、ノイズの少ない鮮明な画質を得られます。さらに、強力な手ブレ補正機構を内蔵しているのもポイントです。

そのほか、アウトドア撮影に役立つ機能も充実。グローブをしたままでも操作しやすいボタンデザインや、周囲の明るさに合わせてモニターの輝度を調節できる「アウトドアモニター」などを採用しています。なお、別売のGPSユニットを装着すれば、星などの天体追尾撮影を手軽に楽しめるのも魅力です。

▼撮影イメージ

ペンタックス(PENTAX) KP

機能美が光る、高性能なデジタル一眼レフカメラです。クラシックカメラを彷彿とさせるデザインのボディには、独自の「グリップ交換システム」を採用。小型の単焦点レンズを使用する場合は標準装備のSサイズ、望遠ズームを使用する場合は別売りのLサイズなど、装着するレンズに応じてグリップを付け替えられます。

プレミアムな高画質も魅力。アクセラレーターユニットの搭載によって、暗所でもフルサイズ一眼レフに匹敵する画質を得られます。

また、連写した複数枚の画像を合成して高解像画像を生成する「リアル・レゾリューション・システム」を搭載しているのも魅力。風景や建築など、細部の描写にこだわりたい撮影におすすめです。

重さ約703gの本体には、さまざまな方向からの手ブレに対応した「5軸手ブレ補正機構」を搭載。そのほか、防塵や防滴、耐寒などの耐候性も備えています。

▼撮影イメージ

初心者向け写真の撮り方講座

背景がボケた写真の撮り方

By: nikon-image.com

人物や雑貨の撮影で、背景がボケた写真を撮りたい方も多いのではないでしょうか。背景を意図的にぼかすことで、被写体の存在感を強調する効果が得られるため、ポートレートやテーブルフォトをより印象的に撮影できます。

背景ボケを操作する際に重要となるのが、「焦点距離」「F値」「被写体までの距離」「被写体と背景の距離」の4点。まず、85mmなどの長い焦点距離を持つレンズを使用し、絞りの開き具合を意味するF値は最小に設定します。さらに、被写体を背景から大きく離し、AFが使えるギリギリまで被写体に近づいて撮影すれば、背景を大きくボケさせることが可能です。

なお、全てを実行しなくても、2〜3つの条件を満たすだけで効果が得られます。エントリーモデルの一眼レフとレンズの組み合わせでも挑戦できるので、ぜひ参考にしてみてください。

夜景や星空のキレイな撮り方

By: canon.jp

夜景の撮影時には、モードダイヤルでシーンモードの「夜景」を選択しましょう。初心者でも簡単に、キレイな夜景を撮影できます。ただし、手持ちだと手ブレが反映されやすいため、撮影時は「三脚」にカメラを固定し、「リモコン」を使って遠隔でシャッターを切るのがおすすめです。

なお、手ブレ補正機構を内蔵したモデルや、F値が小さく明るい単焦点レンズを使用すれば、手持ちでも夜景の撮影が可能。ただし、ISO感度の数値に要注意です。数値を上げすぎるとノイズが顕著に出るので、画像が汚く荒れてしまいます。

星空の撮影では、一般的に10秒以上の長秒シャッターを使用しますが、基本は夜景撮影と同じです。ただし、星にAFでピントを合わせるのは困難なため、モニターの拡大表示を活用しつつ、MF(マニュアルフォーカス)でピントを合わせるようにしましょう。

長時間露光を使った写真の撮り方

幻想的な写真を撮りたい場合におすすめなのが、「長時間露光」。30秒などの長時間シャッターを使用することで、観光地や通りにいる人間の存在感を消したり、星や車のテールランプなど光の軌跡を1枚に記録したりできます。

長時間露光では非常に長いシャッター速度を使うことになるので、「三脚」と「リモコン」が必須。加えて、撮影中は大量の光を取り込むため、画像全体が白く飛んでしまわないよう、光量を減少させる「NDフィルター」をレンズの先端に装着するようにしましょう。

設定手順としては、モードダイヤルを「M(マニュアル露出)」に合わせた後、コマンドダイヤルでシャッター速度を30秒以上にして、「B(バルブ)」モードに設定。撮影時は、一度リモコンのレリーズボタンを押した後、適切な描写が得られるタイミングでボタンを離す必要があります。ストップウォッチなどで時間を測りつつ、挑戦してみてください。

デジタル一眼レフカメラのAmazonランキングをチェック

デジタル一眼レフカメラのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。