標準レンズはもちろん、望遠・広角・マクロ・単焦点など、さまざまなレンズを装着できる「デジタル一眼カメラ」。レンズ一体型のコンデジやスマホカメラよりも撮影の幅が広がるほか、写真クオリティも向上するのが魅力です。

とはいえ、ラインナップが豊富で価格帯もピンキリ。どのカメラが自分に合っているかなかなか判断できないものです。そこで今回は、デジタル一眼カメラのおすすめ製品をピックアップ。カメラ初心者はもちろん、買い替えを検討している方もぜひ参考にしてください。

デジタル一眼カメラとは

一眼カメラとは本来、撮影用の光学系とファインダー用の光学系が同一系統で、ファインダーから見える像がそのまま写真の画像として撮影できるカメラのことを言います。昔は撮影用とファインダー用とでそれぞれ別々のレンズ光学系を採用した二眼レフカメラが存在しましたが、ファインダーから見える景色と撮影する画像とで表示範囲にズレが生じるという問題点がありました。光学系を一系統にすることでそのズレを解消したのが一眼カメラです。

しかし、一眼カメラは一般的にはレンズ交換が可能なカメラとして認識されています。コンパクトカメラと違って被写体や場面に応じて撮影に使用するレンズを換装できることが最大の特徴です。例えば、広大な景色の撮影には広角レンズ、花の接写撮影にはマクロレンズというように、レンズを交換することでさまざまな表現を楽しめます。

ちなみに、昔は画像を生成するためにフィルムという感光材をカメラに使用していましたが、その代わりに電子的に画像を生成できるイメージセンサーを採用したものが、デジタルカメラです。そして、レンズ交換が可能なデジタルカメラがデジタル一眼カメラとなります。

一眼レフ

一眼レフの最大の特徴は光学ファインダーを通して撮影できること。ミラーレス一眼の液晶モニターや電子ファインダーと違ってレンズを向けた被写体をファインダーから電子部品を介さずに素通しで見られます。その結果、電子処理のための表示遅延がなく、ファインダーで被写体をリアルタイムで追いながら撮影できるので、スポーツや鉄道など動きの激しい被写体でも比較的容易に撮影が可能です。

また、ニコンやキヤノンに代表されるように、一眼レフ用には多彩なレンズがラインアップされているため、用途や表現に適したレンズを豊富な選択肢から選べることも魅力。さらに、一眼レフは60年以上も続いてきた規格で、その間にプロカメラマンによって培われてきた膨大な撮影ノウハウがあり、それらを活用できる優位性もあります。

ただし、一眼レフはミラーレス一眼に比べて大きく重いです。これは内部に反射鏡を必要とする一眼レフの構造上仕方がないことですが、携帯性はあまりいいとは言えません。しかし、大型の望遠レンズなどは大きなカメラボディの方が安定してホールディングできるで、それらを使用するスポーツなどの撮影では重宝されています。

ミラーレス一眼

2008年にパナソニックが初めて世に出した比較的新しいカメラの規格で、その最大の特徴は持ち運びと取り回しのしやすさ。一眼レフと違って重くかさばらず、一眼レフと同等の画質を気軽に撮影できるため、それまで一眼カメラを敬遠していた一般のファミリー層や女性からも広く親しまれています。一時は撮影道具としてだけではなくファッションアイテムの一部としてもカメラを楽しむ「カメラ女子」という流行語も生まれました。

また、ミラーレス一眼はピントや露出合わせをイメージセンサー上で直接行います。それぞれをイメージセンサーから離れた専用のセンサーで行う一眼レフと比較すると誤差が生じにくいため、より精度の高いオートフォーカスや自動露出の実現が可能。さらに、一眼レフの撮影時に生じる反射鏡の動作に起因するメカショックがミラーレス一眼では発生しないため、よりブレの少ない高精細な画像を撮影できるのも特徴です。

このように単に軽量コンパクトなだけではなく、より高画質な画像をより確実に撮影できることから、風景写真やスナップ写真に携わる方を中心に一眼レフからミラーレス一眼に乗り換えるプロカメラマンが増えています。

一眼レフとミラーレスの違い

決定的な違いは反射鏡の有無にあります。一眼レフは光学ファインダーを採用する関係上、レンズから取り込んだ像をファインダーで見えるようにカメラ内部で反射するための鏡が必要です。この反射鏡のことをレフレックスミラーと呼びますが、一眼レフの”レフ”はそこに由来しています。

一眼レフには光学ファインダーによって表示遅延なく被写体を追えるメリットがあるので、スポーツや鉄道などの動体撮影にも最適。しかし、反射鏡の設置のためには多くのスペースを必要とするため、必然的にカメラのボディは大きく重くなる欠点も存在します。

一方、ミラーレス一眼は構図作りを液晶モニターや電子ファインダーで行うため、反射鏡を内部に必要としません。反射鏡の設置スペースが不要のため、ミラーレス一眼は一眼レフと比較して小型軽量なカメラの製造が可能です。その結果、携帯性と使い勝手のよさが向上。

さらに、近年では電子ファインダーの表示遅延が大幅に改善され、動画撮影との親和性も高いことから、幅広いユーザー層から支持を集めています。ちなみに、内部に反射鏡を搭載していないことが”ミラーレス”という名称の由来です。

一眼レフがおすすめの方

By: amazon.co.jp

主にスポーツ、鉄道、野生動物、野鳥などの動体撮影を楽しみたい方におすすめ。一眼レフに搭載されている光学ファインダーには表示のタイムラグがなく、オートフォーカスシステムも動体撮影に最適化されたものを搭載する機種が多いため、動きの激しい被写体でもファインダーで追従しながらより確実に撮り納められます。

また、ニコンやキヤノンに代表されるように、一眼レフのレンズラインアップには動体撮影に適した望遠域のズームレンズや大口径レンズが多く揃えられていることも魅力。一眼レフはミラーレス一眼と比べて大きく重たいのが難点ですが、これらの大きなレンズを扱う際はホールディングが安定するので、その特性を最大限に発揮できます。

一眼レフカメラやその専用レンズの価格はミラーレス一眼のものと比べて高額です。また、大きく重いので、移動時やカメラ運用時にはある程度の体力が必要。しかし、これらの条件をクリアできれば、気軽に楽しめるミラーレス一眼とは違った撮影の充実感を堪能できます。

ミラーレス一眼がおすすめの方

By: amazon.co.jp

気軽に撮影を楽しみたい方におすすめ。ミラーレス一眼は軽量コンパクトな機種が多く持ち運びや取り回しがしやすいため、外出や旅行などでバッグからさっと取り出してスナップ撮影するのに最適です。初心者でも簡単にきれいな写真が撮れるように自動撮影モードやフィルター機能が充実していたり、自撮りを気軽に楽しめるように液晶モニターが回転できたりする機種もあります。

また、厳密な構図作りを必要とする風景や小物の撮影を楽しみたい方にもミラーレス一眼はおすすめです。一眼レフと比較してより高精度なオートフォーカスと自動露出で、よりブレの少ない高解像な画像を撮影が可能。さらに、電子ファインダーであらかじめ仕上がり具合を確認しながら撮影できるので、作品の完成度をさらに高められます。

ミラーレス一眼はポートレート撮影にも最適です。小型軽量なカメラやレンズが多く用意されているため、一眼レフの使用時とは違って被写体となるモデルに威圧感を与えることなく自然体で撮影できます。もちろん、子供やペットの撮影にも有効です。

デジタル一眼カメラの選び方

交換できるレンズの種類で選ぶ

By: amazon.co.jp

被写体や表現に応じてレンズを交換しながら撮影できるのがデジタル一眼カメラの醍醐味です。各カメラメーカーともに独特な性能や描写のレンズを取り揃えているので、カメラ通には自分の使いたいレンズからカメラを選ぶという方も存在します。

しかし、デジタル一眼カメラには装着できるレンズの型が決まっており、相互に同じ「マウント」を採用したものを選ぶ必要があるので注意が必要です。マウントとはカメラにレンズを装着するための接合金具で、メーカーや機種によって規格が異なります。同じメーカーのカメラとレンズでもマウントが異なり装着できない場合があるので、新しいレンズを購入するときは事前に確認しておきましょう。

ちなみに、マウントアダプターという機器を使用すれば、カメラと異なるマウント規格のレンズでも装着できる場合もあります。しかし、オートフォーカスが使用できなかったり、撮影情報が記録されなかったりなどの機能的な制限が生じる場合があるので、極力カメラと同じマウント規格のレンズを使用するのがおすすめです。

価格で選ぶ

デジタル一眼カメラの価格帯には主に、プロ向けの「フラッグシップ」、上級者向けの「ハイクラス」、中級者向けの「ミドルクラス」、そして初心者向けの「エントリークラス」の4種類が存在。これらは便宜的なものに過ぎず、初心者でも後々上達して写欲が増えてくることを視野に入れれば、エントリークラスよりも多彩な撮影に対応できるミドルクラス以上のカメラを選んだ方がいい場合もあります。

予算に余裕のある方は最新モデルを購入するのもありです。しかし、発売から数年が経過した型落ちモデルでも十分高性能で実用に足ります。むしろ型落ちモデルを購入して余ったお金で、レンズ数本を購入した方がデジタル一眼カメラの多彩な表現をさらに深く楽しめるので、あえて型落ちモデルを選ぶのもおすすめです。

ちなみに、デジタル一眼カメラではカメラ本体だけではなく、そのカメラで使用するレンズの価格帯も重要となります。デジタル一眼カメラを選ぶときは、同時に後々自分が使いたいレンズの価格が予算に見合うかも考慮に入れましょう。

イメージセンサーで選ぶ

DSC-HX1_001

By: sony.jp

デジタル一眼カメラの画質に最も影響するのがイメージセンサーのサイズです。イメージセンサーのサイズには、APS規格フィルムと同等サイズの「APS-C」と35mmフィルムと同じ「フルサイズ」があり、新たに登場したフルサイズの方が高画質で高価格帯。なお、一眼レフであってもミラーレスであっても同様なので、その点は留意しておきましょう。

デジタル画像はレンズから取り入れた光をイメージセンサーでデジタル信号に変化させることで生成されるため、イメージセンサーはデジタル一眼カメラの心臓部として最も重要な部品となっています。

イメージセンサーには大きいものから順に、35mmフィルムと同じ撮像面積を持つ「フルサイズ」、APSフィルムと同等の「APS-C」、そしてデジタル時代に新しく設計された「マイクロフォーサーズ」の3種類が存在。イメージセンサーの面積が大きいほどボケやすく、明暗差の大きな場面でも見たままに近い階調を再現でき、暗所でもきれいに撮影できるという特性があります。

しかし、大きなイメージセンサーを搭載するカメラほど、本体やレンズも大きく重くなり、高価です。また、カメラの画質はイメージセンサーだけではなく、画像処理エンジンやレンズとの相乗効果で決まるので、むやみに大きいイメージセンサーを選べばよいというわけではありません。

機動力を優先させる旅行やスナップ撮影ではマイクロフォーサーズやAPS-C、ボケ味にこだわるポートレート撮影や明暗差の大きい場面での風景撮影にはフルサイズを選ぶのがおすすめ。

画素数で選ぶ

By: ricoh-imaging.co.jp

デジタル画像は、イメージセンサー上に配置された画素の集まりによって構成されます。そしてイメージセンサーの画素数が多いほど、細部まで解像した高精細な画像を生成できますが、一概に画素数が多いほどよいとは言えません。

画素数が多ければ被写体をよりきめ細かに描写でき、また、トリミングしても十分な解像度を維持できるので、後から構図変更の自由度も高くなります。しかし、画素数が多くなるほど画像のデータ容量は増えるので、記録メディアに保存できる画像の枚数が減り、画像編集に使用するPCも高いスペックのものが必要です。

近年では3000万画素を超えるデジタル一眼カメラも登場しています。しかし、撮影した画像をプリンターで出力することを考えれば、A4プリントで1000万画素、A3でも1500万画素あれば事足りるのが実際のところ。

SNSなどのウェブ投稿にはより少ない画素数でも対応できるため、画像データの扱いやすさを考慮すれば、一般的には1600〜2000万画素のデジタル一眼カメラがおすすめです。

高感度画質で選ぶ

イメージセンサーがどれだけ光を取り込むかを表したものが「ISO感度」です。デジタルカメラは、取り込んだ光をイメージセンサーで電気信号にかえて処理します。ISO感度はその反応の程度を表すもので、ISO感度の数値が2倍になると電気信号も2倍となり、1/2の光の量でも適切な明るさで撮影可能です。

わずかな光量でも被写体を明瞭に描写できるので、夜景や星空を撮影する場合はISO感度を高く設定できるデジタル一眼カメラの方が有利。また、ISO感度を上げると高速シャッターを切れるので、夜のスナップ撮影やスポーツ撮影などでブレを抑えた鮮明な画像を手持ちで撮影できます。

しかし、ISO感度を上げることで、ノイズが表示されて画像が荒れてしまう点がデメリット。そのため、単にISO感度を高く設定できるだけではなく、高感度を使用しても実用に足る画質が得られるデジタル一眼カメラを選ぶのが重要です。

手ブレ補正方式で選ぶ

By: pixabay.com

写真撮影で最もよく起こる失敗の原因が手ブレです。シャッターボタンを押す際にカメラを持つ手から体のブレが伝わることで、画像が不鮮明なものになってしまいます。

デジタル一眼カメラにはこの手ブレを効果的に補正できる機能が搭載されています。その補正方式は、カメラ内のイメージセンサーを動かして補正する「ボディ内補正」、レンズ内の補正ユニットを使用する「レンズ内補正」、カメラ本体とレンズ両方の補正機構を併用した「ハイブリッド補正」の3種類です。

また、手ブレにも角度ブレ(縦・横)、シフトブレ(縦・横)、回転ブレの5種類が存在します。このなかで回転ブレは花や小物の接写をする際に発生しやすいものですが、レンズ内補正では対応できません。一方、ボディ内補正はあらゆる手ブレを補正できますが、ファインダー像が安定せず、望遠域のスポーツ撮影などに不利な面もあります。ハイブリッド補正ではこれらの短所を解消しているので、より確実な補正が可能です。

それぞれの補正方式の長所と短所を把握しておけば、自分が撮影したい被写体に適した手ブレ補正方式を搭載したデジタル一眼カメラをより確実に選択できます。

機能で選ぶ

デジタル一眼カメラには撮影をサポートする機能や写真の楽しみを広げてくれる機能が多数搭載されています。Instagramのようなデジタルフィルターを使用できる機能や、街の人混みや星空をコマ送りで撮影できるタイムラプス機能、ピント位置を後から変更できるフォーカスセレクト機能などがその代表です。

最近ではWi-FiやBluetoothを内蔵するデジタル一眼カメラも多く登場。スマホをリモコン代わりに使えるので、三脚にカメラを載せて遠隔でシャッターを切る夜景撮影などに有効です。また、撮影した画像を簡単にスマホへ転送できるので、SNSにアップして友人と楽しみたい方にもおすすめ。

これらの機能を活用すれば、カメラにも愛着が出てより充実した写真生活を楽しめます。ぜひ自分が使いたいと思う機能を搭載したデジタル一眼カメラを選びましょう。

初心者におすすめのデジタル一眼カメラメーカー

キヤノン(Canon)

airport-661190_640

キヤノンは一眼レフ、ミラーレス一眼ともに世界最大の市場シェアを誇る総合映像機器メーカーで、デジタルカメラ以外にもビデオカメラやプリンターも製造しています。

一眼レフはAPS-Cとフルサイズの2系統を用意。専用レンズが豊富にラインアップされており、強力なAF性能を持っていることから、プロカメラマンや報道関係者にもユーザーが多く存在します。一方、ミラーレス一眼は初心者やファミリー層向けのAPS-C機が用意されており、シンプルな操作で高画質な写真を楽しめます。

キヤノンのデジタル一眼カメラは記憶色の出力に重点が置かれており、実物よりも色合いを誇張した印象的な描写が特徴。特に、人肌を明るく健康的に写すのが得意なため、女性や子供のポートレート撮影、ウェディング撮影におすすめです。

また、AFのヒット率ではニコンにやや劣りますが、俊敏に動く被写体でも高速なAFで一気に撮り切るのが得意なことから、スポーツや飛行機、野生動物の撮影にも向いています。

ニコン(Nikon)

nikon-1033958_640

デジタル一眼レフでキヤノンに次ぐ市場シェアを有する、1917年創業の伝統あるカメラメーカー。主にAPS-Cとフルサイズの一眼レフを製造していますが、今秋以降にはフルサイズセンサーを搭載した新しいミラーレス一眼の登場が予定されています。

ニコンの一眼レフは1959年以来60年近く続く伝統のあるFマウントを採用。超広角から超望遠まで幅広いレンズのライアップが揃っているので、さまざまな被写体や撮影シーンに対応できるのが特徴です。また、同じFマウントを搭載したMF時代のオールドレンズを楽しめるのも他にはない魅力。

ニコンのデジタル一眼カメラは実物の色合いを忠実に再現する記録色の表現に長けており、臨場感を重視するジャーナリストや自分独自の色付けをする風景写真家にもユーザーが多くいます。AFや連写の速さではキヤノンに軍配が上がりますが、不規則に動く被写体でも正確なAFで確実に撮り収められるため、野鳥や野生動物の撮影にもおすすめです。

ペンタックス(Pentax)

By: amazon.co.jp

1952年に日本で初めて一眼レフを開発した伝統あるメーカーですが、現在はリコー傘下のブランドとして展開。一眼レフは一般向けのAPS-C、マニア向けのフルサイズ、そしてより大きなセンサーサイズのプロ向け中判カメラを製造しています。

ペンタックスの一眼レフにはLimitedシリーズなどの独特な描写を持つレンズが用意されていることから、ペンタキシアンやペンタ党と呼ばれる熱狂的なファンが世界中に点在。フルサイズ向けレンズのラインアップはまだ少なめですが、APS-C用には業界最多のレンズが用意されています。

AF性能ではニコンやキヤノンに劣りますが、ペンタックスのデジタル一眼カメラは高い解像度と記憶色の表現に長けており、特に緑色を印象的に描写するのが得意。また、強力な防塵防滴性能と-10度でも動作する耐低温性能があることから、アウトドアや風景写真の撮影に重宝されています。専用アクセサリーを使用すれば、天体撮影も気軽に楽しめるのも魅力です。

ソニー(Sony)

By: amazon.co.jp

2006年にコニカミノルタからカメラ事業を引き継ぐ形でスタートした業界第3位の革新的なカメラメーカー。歴史は比較的浅いですが、2013年に世界初のフルサイズセンサーを搭載したミラーレス一眼を発売して以来躍進を続け、現在ではニコンに迫る勢力を持っています。

APS-Cとフルサイズの2系統でミラーレス一眼を展開していますが、最近は主にフルサイズへ注力。フルサイズ規格のミラーレス一眼システムではカメラ・レンズともに業界最多のラインアップを誇り、豊富な選択肢の中から予算や目的に合ったものを選べるのが魅力です。

ミラーレス一眼とはいえフルサイズ規格なので重量級のレンズが多いのが難点。しかし、小さいセンサーでは得られない大きなボケや幅広い階調、優秀な高感度画質の恩恵を受けられるのが魅力です。また、透明感のある鮮明な色合いの描写が得られるのも特徴で、2つのAF方式を併用した強力なハイブリッドAFと合わせて、ポートレートや鉄道など幅広いジャンルの撮影に活用されています。

富士フイルム(Fujifilm)

By: fujifilm.jp

戦前から銀塩カメラに使用するフイルムを作り続けてきたメーカーで、デジタル一眼カメラ市場には2012年にミラーレス一眼のXシリーズで参入。以来多くのファンを獲得し、「Xフォトグラファー」と呼ばれる世界中のプロカメラマンからも愛されています。

富士フイルムのミラーレス一眼は独自配列のAPS-Cセンサーを採用。通常のセンサーで見られる色ずれが起こりにくく、フルサイズに匹敵する高精細な画像を得られるのが特徴です。また、80年以上に渡るフイルム製造によって培われた独特の色合いを楽しめるのも魅力で、初心者でもシャッターボタンを押すだけで芸術的な色彩の写真を撮影できます。

カメラ同様レンズも全て高品質な日本製。利便性の高いズームレンズから独特な描写の単焦点レンズまで幅広く用意されています。また、カメラやスマホからWi-Fi経由でミニプリントやスクエアプリントを印刷できる即席プリンターも発売。フイルムメーカーならではの多彩な写真の楽しみ方を味わえるのも富士フイルムの魅力です。

オリンパス(Olympus)

By: olympus-imaging.jp

内視鏡などの医療機器の製造でも有名な老舗の光学機器メーカー。現在デジタル一眼カメラはマイクロフォーサーズ規格のミラーレス一眼を専門に開発しており、洗練されたデザインの「PEN」と、本格的な作品作りが楽しめる「OM-D」の2系統があります。

レンズを含めたシステム全体が小型軽量なので、歩き回りながら撮影するスナップや旅のお供におすすめ。防塵・防滴・耐低温などのタフ性能が優秀なことに加えて、唯一カメラメーカーで純正の防水プロテクターをリーズナブルな価格で提供しているため、本格的な水中撮影が気軽に楽しめます。また、マイクロフォーサーズの特性でレンズの焦点距離が2倍になるので、望遠域を多用する野鳥や飛行機の撮影にも有効です。

オリンパスのデジタル一眼カメラは記憶色の表現が得意。特に深みのある独特な青色は「オリンパスブルー」と呼ばれています。高感度撮影はやや苦手ですが、最高クラスの手ブレ補正によって暗所でも鮮明な写真が撮れるほか、低速シャッターを生かした表現が手持ちでも楽しめるのが魅力です。

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

日本有数の総合家電メーカーですが、2008年に世界で初めてミラーレス一眼を発売したことでも知られています。マイクロフォーサーズ規格を採用しており、同じ規格のオリンパスとは相互にレンズを共用できるのが特徴。自然な色合いながらもクリアな描写が得られるので、風景やスナップ、ドキュメンタリーの撮影におすすめです。

カメラのラインアップには、ファッショナブルな「GF」、ストリートフォト撮影に特化した「GX」、作品性の高い静止画が撮れる高機能な「G」、プロ品質の映像も撮影できるハイブリッド型の「GH」の4種類があります。レンズのラインアップも豊富で、上位ラインにはドイツの老舗メーカーであるライカの厳しい基準をクリアした高性能レンズも用意。

同社ではビデオカメラも製造していることから、静止画だけではなく動画の品質も秀逸です。また、撮影した4K動画から静止画を抜き出す機能や後からピント位置を選択できる機能も搭載されているので、初心者でも簡単に決定的瞬間を撮り収められます。

初心者向けデジタル一眼カメラのおすすめ|一眼レフ

ニコン(Nikon) デジタル一眼レフカメラ D5600

スマホ感覚で簡単に操作できる小型軽量なデジタル一眼レフをお探しの方におすすめ。ボディにカーボン繊維によるモノコック構造を採用することで薄く軽く作られているため、一眼レフのサイズ感を感じさせず軽快に撮影が可能です。

最大の特徴は3.2インチのフリーアングル&タッチパネル液晶の搭載。液晶モニターの角度を左右180度、上180度・下90度に回転できるので、観光地で人混みの上から撮影したり、花を低い位置から撮影したり、自撮りをするのに便利です。また、初心者にも優しい操作性で、タッチパネルにより、メニュー操作やピント合わせ、画像再生などがスマホと同じ感覚で直感的に操作できます。

また、本機とスマホをBluetoothで接続できる「SnapBridge」も搭載。一度ペアリングすれば以降は撮影の度に自動で画像がスマホへ転送でき、SNSへのシェアもスムーズです。有効2416万画素の高解像APS-Cセンサーを搭載し、高感度ISO6400が実用できるので暗所もきれいに撮影できます。

キヤノン(Canon) デジタル一眼レフカメラ EOS 9000D

有効2420万画素のAPS-Cセンサーを搭載したデジタル一眼レフのエントリーモデルにも関わらず、上位モデル仕様の強力なAF性能を搭載。45点配置されたAFポイントは画面を横切る被写体も迫ってくる被写体も素早く正確に捕捉できるので、思わぬ動きをする子供やペットの撮影に最適です。

イメージセンサー上の全画素をAFセンサーとして使用する「デュアルピクセル CMOS AF」機能の搭載も特徴。バッテリーの減りが2倍近く早くなるのが難点ですが、液晶モニターを見ながらのライブビュー撮影でもファインダー撮影と同等以上の高速AFを使用できます。また、動画撮影時にもスムーズな追尾AFが可能なので、ピント合わせに違和感のない滑らかなフルHD動画が撮影可能です。

キヤノンのデジタル一眼カメラは人肌を生き生きとした色合いで描写するのに優れているので、運動会や家族旅行で子供の輝く瞬間を確実に撮り収めたい方におすすめ。

リコー(Ricoh) デジタル一眼レフカメラ PENTAX K-70

強靭なタフ性能を備えたAPS-C規格のデジタル一眼レフで、登山やアウトドアでの撮影におすすめ。エントリーモデルに属しますが、強力な防塵・防滴性能と-10度でも動作可能な耐低温性能があるので、登山中に天候が急変した場合でも故障を気にすることなく安心してカメラを扱えます。

ISO25600まで実用できる超高感度性能と、4.5段分の補正効果があるボディ内5軸手ブレ補正機構によって、暗所でもきれいに撮影が可能。また、状況に応じて液晶モニターの明るさや色合いを変更できる「アウトドアモニター」も搭載されているので、キャンプや天体撮影でも操作がしやすいです。

有効2424万画素の高解像イメージセンサーを採用しています。さらに、色ズレを防ぐ一方で解像感を弱めるローパスフィルター機能のオンオフを選択できる「ローパスセレクター」や、三脚必須ですが連続撮影した4枚の画像から超高精細画像を生成する「リアル・レゾリューション」も搭載。極めて精緻な描写を求める風景の撮影にもおすすめです。

初心者向けデジタル一眼カメラのおすすめ|ミラーレス一眼

キヤノン(Canon) ミラーレス一眼カメラ EOS Kiss M

ファミリー層に大人気の一眼レフEOS Kissシリーズの高画質と使いやすさをそのままに、さらなる小型化に成功したミラーレス一眼。カメラ単体で390gの軽さで、対応レンズも小型軽量なものが充実しているため、デジタル一眼カメラならではの多彩な表現を軽快なフットワークで楽しめます。

メニュー画面を写真やイラストでグラフィカルに表示できる「ビジュアルガイド」や、画面を見ながら明るさや色合いを直感的に変えられる「クリエイティブアシスト」などの機能が搭載。デジタル一眼カメラの操作に慣れていない初心者でも、色を濃くしたり背景をよりボケさせたりなどの撮影意図を直感的に反映できます。

「デュアルピクセル CMOS AF」を搭載しているので、動く子供や動画の撮影でも快適なピント合わせが可能。有効2410万画素のAPS-Cセンサーに加えて最新の画像処理エンジン「DIGIC 8」を搭載しているので、大きなボケ味とノイズの少ない高感度画質が楽しめます。

ソニー(Sony) ミラーレス一眼カメラ α7Ⅱ

有効2430万画素のフルサイズセンサーを搭載しながらも、10万円代前半で入手できることが魅力のコストパフォーマンスに優れたミラーレス一眼。APS-Cよりも余裕のある階調・高感度性能と、大きく美しいボケ味で撮影できるので、画質にこだわった風景やポートレートの撮影を楽しみたい方におすすめです。廉価な対応レンズも充実しているので、フルサイズの入門機としても最適。

フルサイズは小さいセンサーに比べて手ブレの影響が出やすいのが難点です。しかし、カメラ内とレンズ内両方の補正機構をシンクロさせることで最高4.5段分の手ブレ補正効果が得られるので、初心者でも手ブレによる失敗のリスクを抑えて高画質な画像が撮影できます。

また、位相差とコントラスト、2つのAF方式を併用した「ファストハイブリッドAF」のほか、瞳に素早くピントを合わせる「瞳AF」も搭載。子供や女性のポートレートもテンポよく撮影できます。大きなセンサーを生かした美麗なフルHD動画も魅力です。

富士フイルム(Fujifilm) ミラーレス一眼カメラ X-T20

独特な色彩表現を気軽に楽しめるのが魅力の、描写力に優れたAPS-C規格のミラーレス一眼です。イメージセンサーの有効画素数は2430万で、銀塩フイルムの粒子配列からヒントを得た独自配列の「X-Trans CMOS Ⅲ」を採用。卓越した解像性能を持つ対応レンズとの相乗効果でフルサイズに匹敵する高画質が味わえます。

唯一無二の色味を堪能できる「フィルムシミュレーション」も本機の大きな魅力。芯のある高彩度が特徴の「Velvia」や、柔らかさと高彩度を両立した「Astia」など、往年の名フィルムの色味が仕上がりモードを変えるだけで簡単に楽しめます。また、フィルムシミュレーションの色彩を活用した4K動画の撮影も可能です。

フルオート機能が充実していますが、前後にコマンドダイヤルを備えているので、上達した後も細かな設定が快適に行えます。大きく広々とした電子ファインダーと高精細なチルト式液晶で撮影に没頭できるので、他人とは一味違った雰囲気の作品作りがしたい方におすすめ。

オリンパス(Olympus) ミラーレス一眼カメラ OM-D E-M5 MarkⅡ

旅行やアウトドアにも気軽に持ち歩けて、本格的な作品作りや多彩な撮影を楽しめるデジタル一眼カメラをお探しの方におすすめ。有効1605万画素のマイクロフォーサーズセンサーを採用しており、レンズと合わせてシステム全体が小型軽量なため、長時間歩きながら撮影しても疲労をあまり感じません。

プロカメラマンからも信頼の厚い防塵・防滴・耐低温性能があるため、急な天候の変化にも強く、雨や雪でも軽快に撮影を楽しめます。5段分の強力な補正効果のあるボディ内手ブレ補正機構を活用すれば、暗い部屋や夜景の撮影はもちろん、流れる水を滑らかに描写するなどの低速シャッターを生かした表現も手持ちで可能です。

また、多彩な撮影機能が搭載されていることも大きな魅力。三脚必須ですが連続撮影した8枚の画像から4000万画素の超高精細画像を得る「ハイレゾショット」や、液晶モニターで露光状況をリアルタイムに確認しながら花火や星空がイメージ通りに撮れる「ライブコンポジット」などがあります。付属の画像管理ソフトウェアも使いやすいため、本気で写真に打ち込みたい方にもおすすめです。

パナソニック(Panasonic) ミラーレス一眼カメラ LUMIX GX7 MarkⅡ

街歩きや散歩をしながらのスナップ撮影やモノクロ撮影におすすめなマイクロフォーサーズ規格のミラーレス一眼。ハイブリッド方式の手ブレ補正に対応しており、対応レンズを使用すればボディ内の補正機構と合わせて最大4段分の補正効果が得られます。これによって日中はもちろん、光量の乏しい夕方や室内でも手振れを抑えた鮮明な画像の撮影が可能です。

通常のモノクロモードに加えて、豊かな階調で描き出す「L.モノクローム」を搭載しているので、細部の質感にこだわった芸術性の高いモノクロ写真を楽しめます。また、マクロ撮影時に合成によって画面全体にピントが合った画像を生成する「フォーカス合成」や、撮影後にピント位置を変更できる「フォーカスセレクト」などの機能も搭載。街歩きの最中に見つけた花や小物の撮影にも最適です。

4K30pの高精細な動画の撮影にも対応。4K動画から静止画を切り出す「4K PHOTO」や、4K動画内で擬似的にパンやズームイン/アウト効果を加えてフルHD動画として記録する「4Kライブクロップ」機能もあり、4K動画を多彩に活用できます。

番外編:中級者向けデジタル一眼カメラのおすすめ

ニコン(Nikon) デジタル一眼レフカメラ D500

有効2088万画素のAPS-Cセンサーを搭載した、ニコンが誇るデジタル一眼レフカメラのフラグシップモデルです。動体撮影と高速連写に無類の強さがあり、RAWでも10コマ/秒で最大200コマまでの高速連写が可能。また、APS-C規格はレンズの焦点距離が1.5倍になり望遠撮影にも有利なので、鉄道、航空機、モータースポーツ、野生動物、野鳥などの撮影を行うプロカメラマンから重宝されています。

一眼レフの要となる光学ファインダーの視野率は100%。電子ファインダーと違って表示遅延がなく、高速連写撮影時でも常に安定したファインダー像を確認できるので、動き回る被写体を正確に捕捉できます。倍率も約1.0倍と大きいので、広々としたファインダーで快適な撮影が可能です。

通常、一眼レフはAFポイントが中央寄りに配置されているため、ミラーレス一眼と違って画面周辺にピントを合わせるのが困難。しかし、本機では画面の大部分に合計153個のAFポイントが高密度に配置されているため、構図の自由度が向上しています。AFの食いつきも秀逸で、狙った被写体は逃しません。

オリンパス(Olympus) ミラーレス一眼カメラ OM-D E-M1 MarkⅡ

E-M5 MarkⅡの上位となるOM-Dシリーズのフラグシップモデルで、ミラーレス一眼でハイレベルな動体撮影を軽快に行いたい方におすすめ。AF・AE追従で最高18コマ/秒が可能な高速連写や、従来のコントラストAFに加えて全面に配置された121点オールクロスセンサーにより、動きの激しい被写体がより確実に撮り収められます。

ミラーレス一眼の電子ファインダーは表示遅延があるため動体撮影には不向きとされてきましたが、本機では最高120fpsの高速フレームレートでファインダー表示が可能なため、素早く動く被写体でも捕捉が可能です。

また、「プロキャプチャーモード」の搭載もポイント。シャッターボタンを押す際、1stレリーズから2ndレリーズの間に最大35コマの画像を連続で仮撮影し、後から目的とする瞬間が写っている画像の選択が可能です。自分の反応速度では撮影が困難な瞬間でも、より確実に記録できます。

有効画素数は25%増しの2037万画素に向上し、「ハイレゾショット」使用時も5000万画素まで高精細化。高性能なProラインのレンズも充実しているので、高い解像感を要求する風景の撮影にもおすすめです。

パナソニック(Panasonic) ミラーレス一眼カメラ LUMIX GH5

デジタル一眼カメラには動画撮影の機能も搭載されているため、写真だけではなく映像制作にも興味が出てくる場合があるでしょう。そんな方におすすめなハイブリッド仕様のミラーレス一眼です。

本機にはプロ品質の映像制作をサポートする機能が盛りだくさん。 60pの高速フレームレートで4K動画を撮影できるため、動きの速い被写体でも高画質で滑らかな映像が撮れます。4K HDRの撮影も可能で、明暗差のある風景でも見たままの明るさと色合いに近い豊かな階調が実現可能です。

さらに、4:2:2 10bit ALL-Intra記録にも対応。圧倒的なデータ量の色情報を含む映像の記録も可能なため、高画質を維持したまま後からカラーグレーディング編集で映像を好みの色合いに味付けできます。

もちろん映像だけではなく静止画の撮影機能も優秀。有効2033万画素に高解像化したイメージセンサーや、空間情報を認識しつつ225点のAFポイントで瞬時にピント合わせるAF性能などにより、LUMIX最高レベルの静止画撮影体験を楽しめます。

シグマ(Sigma) ミラーレス一眼カメラ sd Quattro

「最高の一枚」が追求できるじゃじゃ馬カメラです。ミラーレス一眼とは思えないサイズ感、遅くもっさりとした操作性、明らかに動体向きではない低速AF、そしてISO800までしか実用できない低感度性能など、このカメラを扱うにはある程度の撮影技術と忍耐力が必要となります。しかし、それらの欠点を把握した上で使いこなせれば、フルサイズを超えて中判に匹敵する超高画質が物にできます。

本機はAPS-C規格に属しますが、特別仕様のイメージセンサーである3900万画素相当の「Foveon」を搭載。通常のセンサーとは異なり3層構造で、各層で銀塩フィルムと同様に全ての光の情報を取り込めます。シグマの高解像なArtラインのレンズを使用すれば、さらに解像感を高めつつ階調と色彩をデータ量豊富に記録できるので、生命の躍動感や金属の質感などをリアルに描写が可能です。

また、連続撮影した露出の異なる7枚の画像から、ノイズの少ない、より高精細な画像を生成する「SFDモード」も搭載。かなり癖のあるカメラですが、ヒットできれば唯一無二の超高画質が得られます。回り道しながらも一枚一枚を大切に撮影したい方におすすめです。

デジタル一眼カメラのAmazonランキングをチェック

デジタル一眼カメラのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。