標準レンズはもちろん、望遠・広角・マクロ・単焦点など、さまざまなレンズを装着できる「デジタル一眼カメラ」。レンズ一体型のコンデジやスマホカメラよりも撮影の幅が広がるほか、写真クオリティも向上するのが特徴です。

とはいえ、ラインナップが豊富で価格帯もピンキリ。どのカメラが自分に合っているかなかなか判断できないものです。そこで今回は、デジタル一眼カメラのおすすめ製品をピックアップ。カメラ初心者はもちろん、買い替えを検討している方もぜひ参考にしてください。

デジタル一眼カメラの種類

デジタル一眼カメラは「一眼レフ」と「ミラーレス」の2種類に分けられます。それぞれメリットとデメリットがあるので、特にカメラ初心者の方は違いをしっかりと把握しておきましょう。

一眼レフの特徴

一眼レフのメリットは、より本格的な写真を撮影できるところ。各メーカーがこれまで培ってきた技術やノウハウを駆使したハイエンドモデルはもちろん、ユーザーのニーズに即して、ミドルクラスやエントリー機なども充実しているのもポイントです。また、レンズも交換できるので、広角や望遠、単焦点などそれぞれのシーンに対応した組み合わせも楽しめます。

なお、技術革新が注ぎ込まれたカメラは価格も高額ですが、流通するサイクルは早く、当時最新機種であったモデルも数年後には型落ちモデルとしてお値打ち品になっていることもあるので、頻繁にチェックしましょう。

ミラーレスの特徴

ミラーレスの特徴は、一眼レフよりも軽量小型でありながら、コンデジよりも高画質な点。その軽さから女性のユーザーにも人気があります。

一眼レフ同様、レンズ交換もできるのもメリット。持ち運びに便利かつファッショナブルなアイテムとして注目されたため「カメラ女子」というトレンドも生まれました。また最近はSNS映えの需要もアップ。ミラーレスの中でもセンサーサイズがフルサイズのハイエンドモデルも登場するなど話題性も豊富です。

一眼レフとミラーレスの違い

一眼レフとミラーレスの違いは多くありますが、もっとも大きな違いは“レフ”の有無。レフとは光を反射するという意味で、ミラーがその役目を果たします。一眼レフはミラーありで、光学ファインダー越しに撮影するのが主流。ミラーレスはその名の通りミラーはなく、電子ファインダーや画面モニターで目視します。

光学ファインダー搭載機種が減ってきた理由は、デジタルカメラの小型化と多機能化にあります。カメラは小さくなる一方で、内部基盤などは大型化。そのため、光学ファインダーを設置せずともクオリティの高い写真撮影が可能になりました。

一眼レフがおすすめの方

By: amazon.co.jp

一眼レフは、画質にこだわりたい方におすすめです。本体サイズがミラーレスに比べて大きい分、より大型のセンサーを搭載している場合がほとんど。センサーが大きいと発色が豊かになるので、より美しい写真を撮影できます。

高画質な撮影ができる上位センサーは「フルサイズ」と呼ばれるモノ。なお、フルサイズ機のワンランク下に位置するのが従来モデルに多用されていた「APS-Cサイズ」です。

価格帯はフルサイズの方が高額。APS-Cサイズは、リーズナブルでコスパのよい型落ちモデルが豊富に揃っているので、カメラ初心者の場合はAPS-Cの方がおすすめです。購入する際にはしっかりと検討してください。

ミラーレスがおすすめの方

By: amazon.co.jp

ミラーレスは気軽に写真を楽しみたい方におすすめ。本体サイズが小さく重量も軽いため、長時間持ち運んでも負担になりません。操作が簡単な点も大きなメリットです。

また、液晶モニターに関しては上下に動かせる「チルト式」、または上下左右に動かせる「バリアングル式」を採用しているモデルがほとんど。自撮りが容易にできるのもポイントです。

カメラ初心者がチェックしたいポイント

交換できるレンズの種類

By: amazon.co.jp

デジタル一眼カメラの最大の特徴は好みに合わせてレンズを交換できること。しかし、カメラとレンズを組み合わせるには、「マウント」が対応していなければならないので注意が必要です。マウントとはレンズの装着部分で、メーカーや機種によって異なります。

ただし、本体とレンズのマウントが異なる場合でも、本体とレンズの間に対応するマウントアダプターを使うことで装着が可能です。

価格

デジタル一眼カメラを選ぶなら、価格面も注目したいポイント。デジタル一眼カメラは大きく分けると高価格帯の「ハイエンドモデル」、中級者向けの「ミドルエンドモデル」、初心者向けの「エントリーモデル」があります。

なお、初心者向けといっても近年は性能の高い製品が数多く登場。また、発売から数年が経過した型落ちモデルもおすすめ。予算と用途を考慮して検討してください。

イメージセンサー

DSC-HX1_001

By: sony.jp

デジタル一眼カメラの画質に最も影響するのがイメージセンサーのサイズです。イメージセンサーのサイズには、APS規格フィルムと同等サイズの「APS-C」と35mmフィルムと同じ「フルサイズ」があり、新たに登場したフルサイズの方が高画質で高価格帯。なお、一眼レフであってもミラーレスであっても同様なので、その点は留意しておきましょう。

ISOの上限値

イメージセンサーがどれだけ光取り込むかを表したものが「ISO感度」です。デジタルカメラは、取り込んだ光をイメージセンサーで電気信号にかえて処理します。ISO感度はその反応の程度を表すもので、ISO感度の数値が2倍になると電気信号も2倍となり、1/2の光の量でも適切な明るさで撮影可能です。

わずかな光でも被写体を撮影できるので、夜景を撮影する場合はISO感度が高い方が有利です。そのため、夜景撮影や星空撮影などをしたい方はISOが高いデジタル一眼カメラを選びましょう。

ISO感度が高ければ高いほど、シャッターチャンスが短いスポーツの撮影や、暗い場所でもフラッシュなしで撮影できるなどのメリットがあります。

機能

デジタル一眼カメラに不慣れな初心者の方は、手振れ補正などがしっかりしているモデルがおすすめ。また、Wi-Fi機能を搭載したモデルであれば、撮った写真をその場でスマホに転送できるので、SNSなどに写真をアップしたい方は要チェックです。

ただし、型落ちモデルでは最新の機能が搭載されていない場合があるので、購入前にしっかりとスペックを確認しておきましょう。

初心者におすすめのデジタル一眼カメラメーカー

キヤノン

airport-661190_640

キヤノンのデジタル一眼カメラは、人肌の色合いの出し方が秀逸と言われ、ポートレート撮影などに向いています。また、キヤノンは記憶色と呼ばれる色に重点を置いているため、写真の色合いがキレイに写ります。

さらに、オートフォーカス速度が速く、俊敏に動く被写体に合わせやすいのもポイント。運動会やイベント撮影を楽しみたい方には、キヤノンのデジタル一眼カメラがおすすめです。

ニコン

nikon-1033958_640

ニコンのデジタル一眼カメラは、忠実な再現性が魅力と言われています。そのため、風景や建物などを撮影したい方におすすめです。また、ニコンの場合、写真の美しさはそのロケーションなどに依存します。よって、写真から伝わる臨場感が秀逸です。

オートフォーカス性能もハイスペック。ピントの正確性が非常に高いのも特徴です。高品質な一眼レフをこまめにメンテナンスしながら、長く使い続けていきたいという方におすすめです。

ペンタックス

By: amazon.co.jp

独自の機能や操作性が魅力のペンタックス。レンズのラインナップが乏しいのは懸念材料ではあるものの、使い勝手がよくタフなモデルが揃っているので、アウドドアシーンで撮影したい方におすすめのメーカーです。

ソニー

By: amazon.co.jp

一眼レフカメラはないものの、ミラーレスのラインナップが豊富なソニー。メーカーとしてはデジタル一眼カメラという位置付けで、フルサイズ・APS-Cともに機種が充実しているのも特徴です。

クラスもエントリー・ミドル・ハイエンドと幅広く取り揃えているので、ある程度経験を積んだカメラ初心者が、買い替えを検討する際にもステップアップしやすいのは大きなメリットです。

オリンパス

By: olympus-imaging.jp

オリンパスはミラーレス一眼に注力しているメーカー。一眼レフは2010年に発売された「E-5」以降、新製品がリリースされていませんが、“一眼レフを超えるミラーレス”と謳う「OM-D」シリーズや、カメラ女子を牽引している「PEN」シリーズが人気です。

防塵・防滴機能が優秀で、メンテナンスに手間がかからないのがポイント。また、描写に関しては深みのある青色が特徴と言われており、往年のファンの間では「オリンパスブルー」と呼ばれています。

パナソニック

By: panasonic.jp

ビデオカメラを取り扱っているメーカーだけに、4Kムービーの対応が充実しているパナソニック。デジタル一眼カメラとしてはミラーレスのマイクロフィーサーズを扱っています。動画機能や手ブレ補正機能も優秀なので、写真だけでなく動画も撮りたい方におすすめのメーカーです。

初心者向けデジタル一眼カメラのおすすめ|一眼レフ

キヤノン(CANON) EOS Kiss X90 EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS II標準ズームレンズキット

X90はキヤノンのファミリー向けカメラ「EOS Kiss」シリーズのエントリークラスデジタル一眼カメラです。センサーはAPS-C、有効画素数が前モデルの1800万から33%以上増えて2410万と高精細な画像が魅力です。

連続撮影速度最高約3コマ/秒、常用ISO感度は100~6400とエントリークラスらしいスペック。なお、感度は最大12800まで拡張できます。視野率約95%のビューファインダーを備え、シャッタースピードは1/4000~30秒とビギナーには十分な性能です。

広角から中望遠域をカバーした焦点距離18~55mmのキヤノン純正レンズが付属。風景やポートレート撮影で使いやすいレンズです。さらに、Wi-Fiも搭載しているのでスマホやパソコンとの連携も可能。簡単操作で人気の初心者向けデジタル一眼カメラです。

ニコン(Nikon) D5300 18-55mm VR 標準ズームレンズキット

ニコンのロングセラーモデル。デジタル一眼カメラとしては購入しやすい価格なので、初心者の方にもおすすめです。有効画素数2416万のAPS-Cセンサーを装備しています。

ISO感度100~12800、連続撮影約5コマ/秒と高速な連写性能も魅力です。高精細104万画素の3.2型液晶を搭載しており、ライブビュー撮影がしやすいのもメリット。液晶は上下左右に動かせるバリアングル式です。

Wi-FiとGPS内蔵でスマホとの連携や位置情報の取得もラクラク。焦点距離18-55mmの広角中望遠3倍ズームレンズが付属しています。重量約530gと比較的軽いので、最初から中級機が欲しいというビギナーの方におすすめのデジタル一眼カメラです。

ペンタックス(PENTAX) K-70 18-135WR 高倍率ズームレンズキット

海や山などのアウトドアシーンで撮影したいという方のおすすめの全天候型デジタル一眼カメラ。防滴・防塵・耐寒性能が高いのがメリットです。耐寒性能は、氷点下-10℃での動作を保証。有効画素数2424万のAPS-Cセンサーも搭載しています。

ISO感度102400まで設定可能な超高感度対応で、暗い場所での撮影も安心です。連射性能は最高6コマ/秒。視野率100%を実現し、ファインダー撮影しやすいのもメリットです。

広角から望遠域までカバーする18-135mmズーレンズもセット。多くの撮影シーンに対応できるレンズです。フィールド対応力が高いデジタル一眼カメラなので、アウトドアや星景写真など利用シーンが広がります。

初心者向けデジタル一眼カメラのおすすめ|ミラーレス一眼

キヤノン(CANON) EOS Kiss M EF-M15-45mm IS STM 標準ズームレンズキット

EOS Kiss史上初のミラーレスデジタル一眼カメラ。ボディサイズは幅116.3×高さ88.1×奥行58.7mmで重量387gと、Kissのコンセプトである「小型・軽量」を体現したKissらしいモデルです。有効画素数約2410万画素のAPS-Cセンサーを搭載しています。

ポイントは高機能かつ高速な新映像エンジン「DIGIC8」を搭載している点。対応レンズを装着すれば、オートフォーカス時のフォーカスポイントが143点とハイエンドモデル並に充実。オートフォーカス速度も高速で正確です。

また、逆光の中で暗くなりがちな顔の輝度を自動補正する機能も搭載。最大約10コマ/秒という連射性能が高いのもポイント。

さらに、15~45mmレンズを装備し、超広角から標準域までをカバーしています。なお、レンズマウントはミラーレス専用EF-Mマウントを採用。デジタル一眼のEOSシリーズとは互換性がないので注意してください。

パナソニック(Panasonic) ミラーレス一眼カメラ ルミックス GX7MK3 12〜32mm標準ズームレンズキット

ルミックスの2030万画素フォーサーズセンサーを搭載したミラーレスデジタル一眼カメラです。前モデル「Mark2」の1600万画素から大幅に画素数が向上。焦点距離12~32mmの標準ズームレンズが付属しています。

秒間30コマの高速連写が可能な「4Kフォト」機能を搭載しているので、決定的な瞬間を逃しません。また、連写した写真を探すのに便利な「4Kフォト オートマーキング」も搭載。被写体の顔や動きを自動で検出してくれるので、写真選択の手間を軽減できます。さらに、「4Kフォト 軌跡合成」で一連の動きを1枚に合成することも可能です。

ファインダーには、チルト可動式の電子式ファインダーを装備。ハイライトとシャドウ部を強調する「L.モノクロームD」を搭載するとともに、フィルムのモノクロ写真のような質感の「粒状」モードも備えています。写真表現にこだわる方やモノクロ写真好きにおすすめのミラーレスデジタル一眼カメラです。

オリンパス(OLYMPUS) ミラーレス一眼 PEN E-PL9 EZ 14〜42mm 3倍ズームレンズキット

1605万画素のフォーサーズセンサーを採用した、エントリークラスのミラーレス一眼。3.0型液晶はタッチパネルに対応して使いやすいのも魅力です。

連続撮影速度最大8.6コマ/秒と連写性能が高いのがメリット。また、シャッタースピードが最高1/16000秒と速いので、スポーツなど動きの速い被写体の撮影にも最適です。

顔認識機能やフルハイビジョン動画撮影、手ブレ補正など便利な機能も備えています。焦点距離14~42mmの超広角~標準3倍ズームレンズが付属しているので、ミラーレス一眼の入門機としておすすめの1台です。

ソニー(SONY) ミラーレス一眼 α6000 パワーズームレンズキット E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS

一般的なデジタル一眼と同サイズのAPS-Cセンサーを搭載した、ソニーのミラーレス一眼。約2430万という有効画素数で高画質なのがメリットです。日常的に使いやすい広角~中望遠域16-50mmの3倍ズームレンズが付属しています。

最大のポイントは、世界最速クラスを謳うオートフォーカスの速さです。フォーカスポイントセンサーの数は179点と、画面全域をカバーするハイエンドモデル並に充実。高速かつ正確なフォーカスで、オートフォーカススピード0.06秒を実現しています。

また、画像処理エンジンに「BIONZ X」を搭載。高速なエンジンで、オートフォーカス追随時でも最高11コマ/秒の高速連写が可能です。さらに、「ロックオンAF」機能で、動き続ける被写体を捉え続けます。シャッターチャンスに強い高速オートフォーカスが魅力のミラーレスデジタル一眼カメラです。

番外編:中級者向けデジタル一眼カメラのおすすめ

一眼レフ

キヤノン(CANON) EOS 80D EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM 高倍率ズームレンズキット

2420万画素を誇る、APS-CサイズのCMOSセンサーを搭載したキヤノンのミドルクラスデジタル一眼カメラ。重量は約730gと重めですが、多くのシーンの撮影で使える焦点距離18-135mmの広角~望遠ズームレンズが付属しています。

ポイントはキヤノン独自の「デュアルピクセルCMOS AF」を搭載している点です。2420万すべての画素が、撮影とともにオートフォーカスの位相差センサーとしての機能を果たしています。そのため被写体を精度高く捕捉して、正確なピント合わせが可能。連写性能は最高約7コマ/秒です。

液晶モニターは3.0型104画素と高精細で、操作しやすいバリアングルタッチパネル式を採用しています。初心者から中級者まで多くの方におすすめのデジタル一眼カメラです。

ニコン(Nikon) D7500 18-140mm VR 高倍率ズームレンズキット

ニコンのDXフォーマット(APS-C)のハイエンドモデル「D500」の廉価版デジタル一眼カメラです。重量もD500の860gから大幅に軽量化を図り、約720gと初心者でも扱いやすいのがメリットです。

D500と同じ撮影センサーを搭載し、有効画素数は2088万画素。センサーは、解像度を低下させるローパスフィルターを省いた「ローパスフィルターレス」を採用しています。高性能な画像処理エンジン「EXPEED 5」と相まって、鮮明で解像度が高いのも魅力です。

また、常用ISO感度は100~51200と高感度。暗いシーンなどの高感度域でもノイズが低減されています。さらに、「HDR(ハイダイナミックレンジ)」機能を搭載。これは一度の撮影で露出が異なる画像を2コマ撮影して、自動合成する機能です。そのため、よりダイナミックレンジが広い画像を撮影可能。明暗差の激しい夕暮れ時などの撮影時に便利な機能です。

ニコン(Nikon) D610 24-85mm VR 標準望遠ズームレンズキット

ニコンのフルサイズセンサーを搭載したデジタル一眼カメラ。発売から時間が経過しているので、フルサイズカメラながら、APS-Cサイズのミドルクラスカメラ並のリーズナブルな価格がメリットです。

魅力はなんといっても、ダイナミックレンジが広いフルサイズセンサーを搭載している点。高感度撮影でもノイズが発生しにくく、階調表現が豊かです。

フルサイズセンサーの有効画素数は2426万画素。連写性能は最高6コマ/秒です。光学ファインダーにはハイクオリティなガラスペンタプリズムを採用して視野率約100%を実現しています。コストを抑えてフルサイズセンサーカメラを使いたいという方におすすめのデジタル一眼カメラです。

ペンタックス(PENTAX) KP DA55-300mmF4.5-6.3ED 望遠ズームレンズキット

ペンタックスの2432万画素APS-Cセンサーを搭載したデジタル一眼カメラ。中望遠から本格的な望遠撮影に対応できる55-300mmズームレンズとのセットです。

最高でISO感度819200という驚異的なスペック。暗い場所での撮影に適しています。また、ボディには軽量で耐久性が高いマグネシウム合金を採用。ボタンやダイヤルなど67ヶ所にシーリングを施した防滴・防塵設計も備えています。重量も703gと軽いので、アウトドアでの撮影におすすめのデジタル一眼カメラです。

ミラーレス一眼

ソニー(SONY) α6300 ILCE-6300M 18-135mm 高倍率ズームレンズキット

α6300は、ソニーのエントリークラスとしては最上位クラスのデジタル一眼カメラです。広角~望遠の18-135mmズームレンズとのセットモデルで、センサーはAPS-Cサイズを搭載。有効画素数は2420万画素です。

オートフォーカスセンサーも425点と充実。画面のほぼ全域を高密度でカバーして、オートフォーカスの速度と精度が高いのがポイントです。また、4K動画にも対応しています。

さらに、シャッター音を消せる「サイレント撮影機能」を搭載しているのも大きな特徴。赤ちゃんの寝顔や子供の発表会など、音をたてられないシーンで役立ちます。ファミリーユースで重宝するデジタル一眼カメラです。

ソニー(SONY) α6500 ILCE-6500M 18-135mm 高倍率ズームレンズキット

ソニーの中級クラスミラーレスデジタル一眼カメラです。焦点距離18-135mmの7.5倍という高倍率ズームレンズが付属しています。 光学式5軸ボディ内手ブレ補正を装備した手ブレに強いモデルです。

最大のポイントは「4Dフォーカスシステム」を装備している点。425点という高密度なフォーカスポイントと、世界最速クラスの0.05秒という高速レスポンスが魅力。高速で精度が高いオートフォーカスにより、動体追従性に優れているデジタル一眼カメラです。

画像処理エンジン「BIONZ X」の高速な処理によって連写性能も最高11コマ/秒を誇ります。また、便利な「ピーキング」機能で、画面内のピントが合っている部分を色つきで表示可能。正確なピント合わせが要求されるポートレートやマクロ撮影時にうれしい機能です。

パナソニック(Panasonic) ルミックス G8 標準ズームレンズキット

フォーサーズサイズのセンサーを採用したルミックスのミラーレスデジタル一眼カメラです。有効画素数は1600万画素。ミラーレスながら、ファインダー倍率1.48倍の電子式ファインダーを標準で備えているのがメリットです。

カメラ内補正機構に「Dual I.S.2」を採用。検知能力の高い「高精度ジャイロセンサー」を新搭載して、シャッター速度5段階分という高い手ブレ補正能力が特徴です。

ボディ接合部や操作部に、シーリング構造の防塵・防滴設計を採用。約505gとミラーレスとしては重めですが、アウトドアで使っても安心なデジタル一眼カメラです。

パナソニック(Panasonic) ルミックス GX8 14-140mm高倍率ズームレンズキット

有効画素数2030万画素のフォーサーズセンサーを採用したルミックスのミラーレスデジタル一眼カメラです。本機のコンセプトは「ストリートフォト」。街での撮影がしやすい機動性と画質力の高さが魅力です。

レンズ2軸×ボディ4軸の6軸手ブレ補正「Dual I.S.」を装備しており、手ブレを気にせず撮影できます。超広角から望遠をカバーする14〜140mmズームレンズも付属。防滴および防塵仕様で、まさに「最強のストリートフォト一眼」です。

オリンパス(OLYMPUS) PEN-F

オリンパスPENシリーズのハイエンドモデルです。フィルムカメラのようなレトロでクラッシックなデザインが人気。センサーはフォーサーズを採用して有効画素数2030万画素とデジタル一眼並の実力です。

最高10コマ/秒という連写性能の高さも魅力。シャッタースピード1/8000秒と高速で、ISO感度80〜25600と高感度なのがメリットです。焦点距離12mmでF2.0の明るいレンズが付属しており、夕暮れ時の街歩きで使ってもシャッターチャンスに強いミラーレス一眼です。

重量427gと軽量なのもポイント。中級者はもちろん、女性にもおすすめできるおしゃれな高性能なモデルです。

デジタル一眼カメラのAmazonランキングをチェック

デジタル一眼カメラのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。