標準レンズはもちろん、望遠・広角・マクロ・単焦点など、さまざまなレンズを装着できる「デジタル一眼レフカメラ」。レンズ一体型のコンデジやスマホカメラよりも撮影の幅が広がるほか、写真クオリティも向上するのが魅力です。しかし、ラインナップが豊富で価格帯も幅広く、どのカメラが自分に合っているか判断しにくいもの。

そこで今回は、デジタル一眼レフカメラのおすすめ製品をピックアップ。カメラ初心者はもちろん、買い替えを検討している方もぜひ参考にしてみてください。

デジタル一眼レフカメラとは?

By: amazon.co.jp

デジタル一眼レフカメラとは、写真を高画質で撮影できる、レンズ交換が可能なデジタルカメラのこと。デジタル写真はレンズから通した被写体(撮影対象)の情報を、カメラ内部のイメージセンサーという部品に光信号として認識させることで生成されます。

デジタル一眼レフカメラは、イメージセンサーのサイズが一般的なスマホやコンデジと比較して12倍以上も大きく、より多くの光量を一度に取り込めるのが特徴。夜景などの暗いシーンでも滑らかできれいな写真が撮影でき、背景を大きくボカした立体的な写真も簡単に撮れます。

また、スマホやコンデジと違ってレンズを交換できるのも特徴。被写体や撮影シーンごとに最適なレンズを選べるほか、肉眼を超える広い範囲を写し込めたり、花の一部分を大きく拡大して切り取ったりなど多彩な写真表現が楽しめます。

一眼レフとミラーレスの違い

構造の違い

By: nikon-image.com

一眼レフとミラーレスの決定的な構造の違いは反射鏡(レフレックスミラー)の有無。一眼レフは、レンズから通した被写体の光情報をイメージセンサーの前面にある鏡で反射させて、光学ファインダーやAFセンサーに導くという構造です。

一眼レフの光学ファインダーでは目で見ている光景をリアルタイムで確認できるのが特徴。表示の遅延も皆無なので、特に運動会やペットなど動く被写体の撮影が有利に進められます。

一方、ミラーレスは内部構造に反射鏡を持ちません。構図の確認は液晶モニターやそれを小型化した電子ファインダーで行います。表示に若干の遅延がありますが、仕上がりを撮影中に確認できるので、イメージに近い写真を撮影できるのが魅力です。

サイズの違い

By: nikon-image.com

一眼レフはミラーレスと比較として本体サイズが大きくなるのが特徴。特に、厚みはミラーレスの2倍近くも大きくなります。ミラーレスと違って内部に反射鏡構造を持つ分、本体のスペースを大きく確保する必要があることが理由です。

ただし、サイズが大きいことが必ずしも悪いことではありません。本体の背面や上部のスペースに余裕があり多くのボタン類を配置できるため、ミラーレスと比較して細かな操作がしやすいというメリットもあります。また、深く握れるグリップを備えているので、効果的に手ブレを抑えられるのもポイントです。

交換レンズの種類

By: amazon.co.jp

一眼レフは交換レンズの種類が豊富な点が魅力。ミラーレスも普及が進んできたこともあり、徐々に交換レンズのラインナップが増えてきてはいます。しかし、一眼レフはそれよりも数十年も昔に生まれているため、交換レンズの豊富さはミラーレスの比ではありません。

超広角から超望遠まで、さらにはマクロや魚眼などの特殊効果を持つレンズも充実しているので、豊富なレンズのなかから被写体や撮影シーンに最適なレンズを選べます。また、メーカーによってはフィルム時代の古いレンズを使用できるのもポイント。往年の独特なあたたかい描写を現代のカメラで堪能できます。

ミラーレス一眼について詳しく知りたい方はこちら

初心者向けデジタル一眼レフカメラの選び方

操作が簡単なモデルがおすすめ

By: nikon-image.com

初めてデジタル一眼レフカメラを購入する場合は、初心者向けの操作機能が充実した機種がおすすめ。全自動撮影モードが充実した機種であれば、シャッターボタンを押すだけでカメラが自動的に被写体やシーンを認識して最適な設定で撮影するので、初心者でも気軽に撮影が楽しめます。

タッチ操作への対応も欠かせないポイント。専門的な知識がない初心者でも、スマホと同じような感覚でピント位置の選択や明るさ・色合い・ボケ具合の調節が直感的に可能です。また、ビジュアルガイドが搭載されていれば、作例写真やイラストを交えて各撮影モードの使い方も学べます。

撮影・移動で苦にならないサイズと重量のモデルを選ぼう

By: nikon-image.com

デジタル一眼レフカメラを気軽に使いたい場合はサイズや重さも重要。どんなに高性能で高画質でも、大きく重い機種を選ぶと次第に持ち出さなくなるので、せっかく買った一眼レフが宝の持ち腐れになってしまいます。

また、旅行など長時間移動をする場面では疲労が溜まりやすくなるのもポイント。1日を通して旅行を軽快に楽しみたい場合は小さく軽いカメラは欠かせません。

サイズに関しては普段使用しているバッグに収納できるかどうかが1つの基準。重さについては本体単体で500g以下、レンズとのセットで1kg以下であることが快適に持ち歩ける目安です。

手ブレ補正やオートフォーカスの性能が高いと初心者でも安心

By: nikon-image.com

「手ブレ」は、撮影時に手首や体の微細な揺れが振動としてカメラへ伝わることで、写真が不鮮明になる現象です。初心者が写真を失敗してしまう大きな原因ですが、一眼レフが手ブレ補正に対応していれば撮影の成功率を効果的に上げられます。

なお、手ブレ補正にはボディ内補正とレンズ内補正の2方式があるのがポイント。近接〜中距離までの撮影が主な場合は前者、中〜長距離の動く被写体の撮影が主な場合は後者に対応した機種がおすすめです。

オートフォーカス(AF)の性能重要。画面内でピントを合わせられるAFポイントの数が多いほど自由な構図で撮影でき、被写体の捕捉力も上がるので運動会で活躍する子供やペットなども逃さず撮影できます。

カメラの基本性能も確認しよう

イメージセンサー

By: ricoh-imaging.co.jp

デジタル一眼レフカメラが採用するイメージセンサーには、主に2種類のサイズがあります。普及モデルで多く使われている「APS-Cサイズ」と、面積がその2.3倍大きな「フルサイズ」です。

イメージセンサーが大きくなるほど一度に多くの光を取り込めるので、暗い場所でも高画質に撮れるほか、背景などを大きくボケさせられるなどの特性があります。その反面、カメラ本体やレンズが大きく重く高価になるため、一概にセンサーサイズが大きければいいというものでもありません。

自分の撮影したい被写体、自分のライフスタイルや予算に応じて選ぶのがおすすめです。なお、同じレンズを使用した場合、APS-C機はフルサイズ機と比較して実際の焦点距離が1.5倍(キヤノンは1.6倍)となるため、遠くのモノをより大きく引き寄せて撮影できるという特性があります。

画素数

By: ricoh-imaging.co.jp

イメージセンサーの画素数も重要なポイントです。デジタル画像は無数の画素が集まって形成されますが、画素数が多くなるほど解像度が高くなるので、被写体の細かい部分まで忠実に再現できます。また、画素数に余裕があれば、撮影後にクロップで不要な部分を構図から取り除いても、高精細を維持できるのもポイントです。

その反面、暗所撮影で後述する高感度を使うと、粒状のノイズで画像が荒れやすくなるのが欠点。また、画像1枚当たりの容量が増えるため、一度に撮影できる枚数が少なくなったり、撮影後の画像処理にハイスペックなPCが必要になったりしてしまいます。

最近は3000万画素オーバーのモデルも増えてきましたが、初めてのデジタル一眼レフカメラの場合は2000万画素前後のモデルがおすすめ。画像を多少引き伸ばしても、A3の大判用紙に高精細にプリントできます。

ISO感度

By: ricoh-imaging.co.jp

ISO感度とは、カメラがイメージセンサーに光を取り込む際の感度を決める数値です。数値が高くなるほど感度が増して一度により多くの光を取り込めるので、暗い室内や夜景でも手ブレを抑えつつ明るく撮影できたり、高速で動く被写体の動きを写し止めたりできるようになります。

ただし、ISO感度を上げると、同時に画像がノイズで荒れやすくなるという欠点があるため、単に高いISO感度が使えればいいわけではありません。重要なのは、高感度を使用したときの画質。一般的な用途では、ISO3200〜6400の高感度が高画質に撮影できれば十分です。

デジタル一眼レフカメラのおすすめメーカー

キヤノン(Canon)

By: amazon.co.jp

キヤノンは1937年創業の映像機器メーカーです。コンデジ・一眼レフ・ミラーレスなど多彩な種類のカメラやプリンター、プロジェクターなど映像機器を手広く開発。デジタル一眼レフカメラのメーカーとしては業界でトップシェアを持っています。

キヤノンの一眼レフは初心者向けからプロ機まで豊富なラインナップが用意されているのが特徴。交換レンズの種類も多いので、撮影目的に合わせた機材を選びやすいのが魅力です。

また、技術面でも優秀で、特にAF速度が速いのが特徴。独自技術「デュアルピクセルCMOS AF」によって液晶モニターを見ながらの撮影でもファインダー撮影と同等の速さでピントを合わせられます。

ニコン(Nikon)

By: amazon.co.jp

ニコンは1917年創業の光学機器メーカーです。カメラのほかに、双眼鏡・顕微鏡・フィールドスコープなどの開発でも有名。レンズの製造技術が優秀なことでも知られており、デジタル一眼レフカメラのメーカーとしては業界第2位のシェアを持っています。

ニコンの一眼レフも入門から上級までラインナップが充実。同様に交換レンズの種類も豊富ですが、レンズとの接合部(マウント)との規格にフィルム時代から60年以上も続く「Fマウント」を一貫して採用しているため、古いレンズの描写がそのまま味わえます。

頑丈で壊れにくいのもニコンの一眼レフが持つ魅力。加えて、AF時のヒット率が高いため、撮影技術を磨けば野鳥など不規則な動きの被写体にも対応できます。

ソニー(SONY)

By: rakuten.co.jp

ソニーは1946年創業の総合商社です。2006年にミノルタから一眼レフブランドの「α」を引き継いで以来、一眼カメラ事業も積極的に展開。現在のソニーαはミラーレスの「Eマウント」が主力ですが、一眼レフの「Aマウント」もミノルタ時代のファンから根強く愛されています。

ソニーの一眼レフは「トランスルーセントミラー」という透過型の反射鏡構造を持つのが特徴。従来の一眼レフと違って撮影の度に反射鏡が動かず、常にピント合わせと高速連写が使用できるため、動く被写体に対して有利に撮影を進められます。

ペンタックス(PENTAX)

By: amazon.co.jp

ペンタックスは1919年に誕生した一眼レフのブランドです。現在は高級コンデジや360°カメラを扱うリコー傘下のブランドとして展開されています。ペンタックスの一眼レフは人間味溢れる独特な色彩描写が得られることから、「ペンタキシアン」という根強いファンが世界中にいることでも有名です。

アウトドアに強いのもペンタックス一眼レフの特徴。エントリー機も含め、全機種が急な雨やフィールド撮影をものともしない強力な防塵・防滴機構を備えているので、キャンプや登山などでも活躍できます。また、小型・軽量で持ち運びしやすいのも魅力です。

初心者向けデジタル一眼レフカメラのおすすめモデル

キヤノン(Canon) EOS Kiss X10

キヤノン(Canon) EOS Kiss X10

お出かけや家族旅行におすすめな小型・軽量のデジタル一眼レフカメラです。一眼レフながら、重さが約449gとミラーレスに匹敵する軽さなのが特徴。持ち運びが苦にならないので、普段使い用のカメラとしても重宝します。

バリアングル液晶モニターが搭載されているのもポイント。人混みの上から狙うハイアングル撮影や、地面すれすれから狙うローアングル撮影が楽な姿勢でできます。また、モニターを180°回転すれば自撮りも手軽に可能です。

初心者向けのサポート機能も充実。明るさ・色合い・背景のボケ具合などをタッチ操作で直感的に調節できる「クリエイティブアシスト」や、各撮影モードの効果を作例写真やイラストで視覚的にわかりやすく表示する「ビジュアルガイド」などが搭載されており、使いやすいのが魅力です。

▼撮影イメージ

キヤノン(Canon) EOS 9000D

キヤノン(Canon) EOS 9000D

運動会で活躍する子供や動き回るペットの撮影におすすめのデジタル一眼レフカメラです。重さ約540gの軽量ボディには、中級機にも搭載される「オールクロス45点AFセンサー」を搭載。強力なAFによって縦横無尽に素早く動く被写体も正確に捕捉できます。

液晶モニターを見ながらのライブビュー撮影でも、ファインダー撮影時と同等以上の高速AFが使用できるのも特徴。スマホやコンデジからステップアップした方も違和感なく使用できるほか、動画撮影時も高速でスムーズなピント合わせが可能です。

本格的な操作性を備えているのもポイント。安いエントリーモデルながら、本体上部の液晶パネルや操作ダイヤルなどが充実しており、マニュアル操作がしやすいので、ある程度上達した後も設定のカスタマイズが快適に行えます。

▼撮影イメージ

キヤノン(Canon) EOS 6D Mark II

キヤノン(Canon) EOS 6D Mark II

画質に強くこだわりたい本格派の方におすすめなデジタル一眼レフカメラです。APS-Cセンサーの約2.3倍も大きな35mmフルサイズ判のイメージセンサーを搭載。より大きなボケ味が得られるので人物撮影などでモデルを立体的に浮かび上がらせられるほか、多くの光量を取り込めるので風景や夜景もより高画質に撮影できます。

大型センサーを採用しながら、重量が約765gとフルサイズ機としては軽いのも特徴。加えて、バリアングル液晶モニターも搭載しているので、多彩なアングルからの撮影が快適に楽しめます。

「オールクロス45点AFセンサー」や最高約6.5コマ/秒での連写など動体撮影性能も充実。フルサイズ一眼レフとしては安い価格で購入できるので、初めてのフルサイズ機としても適しています。

▼撮影イメージ

ニコン(Nikon) D3500

ニコン(Nikon) D3500

日常で子供の表情を狙いやすい小型・軽量のデジタル一眼レフカメラです。重さが約415gで、一眼レフとしては最軽量クラスなのが特徴。薄型ボディにも関わらず、深く握りやすいグリップを採用しているので、手ブレの抑制に効果的なほか、手の小さな方でも使いやすいのも魅力です。

「ガイドモード」の搭載も大きなポイント。液晶モニターに表示されるガイドに従って操作を進めるだけで、背景をボカした赤ちゃんの写真や夜景をバックにした家族写真など、撮りたかった写真が初心者でも簡単に撮影できます。

スマホと常時接続が可能なBluetooth機能も特徴。一度ペアリングするだけで以後は自動で連携ができ、シャッターを切る度に撮影した画像をスマホへ自動転送できます。

▼撮影イメージ

ニコン(Nikon) D5600

ニコン(Nikon) D5600

多彩なアングルから家族旅行の写真が撮影できるデジタル一眼レフカメラです。重さ約465gの軽量ボディにはバリアングル液晶モニターを搭載。ハイアングル・ローアングル・自撮りなど自由なアングルでスマホとは一味違う写真を撮影できます。

また、液晶モニターはタッチパネルを採用しているのもポイント。ピント合わせやタッチシャッターのほか、画像再生時のコマ送り・拡大・縮小・トリミングなどもタッチ操作でできるので、初心者でもスマホ感覚で扱えます。

AFも高性能。「39点AFシステム」と最高約5コマ/秒の連写で動きの速い被写体もしっかりと追えるので、運動会での撮影でも活躍できます。また、顔認識AFを使えば旅行中の記念写真も簡単に撮影が可能です。

▼撮影イメージ

ニコン(Nikon) D7500

ニコン(Nikon) D7500

スポーツ・鉄道・飛行機・野鳥などの、本格的な動体撮影に挑戦したい方におすすめなデジタル一眼レフカメラです。ニコンAPS-C機のフラッグシップモデルである、D500と同じ有効約2088万画素のイメージセンサーを搭載。D500と同等の高画質がコンパクトなボディで楽しめます。

高い動体撮影性能も特徴。画面の広範囲をカバーする「51点AFシステム」と最高約8コマ/秒の高速連写を搭載しているので、高速かつ不規則に動く難易度の高い被写体にも十分に対応できます。

APS-C特有の望遠効果を使えば交換レンズの画角を1.5倍化できるのはもちろん、クロップモードの「撮影範囲1.3×」によって2倍化ができるのもポイント。飛行機や野鳥など遠くにある被写体の撮影が有利に進められます。

▼撮影イメージ

ソニー(SONY) α77 II

ソニー(SONY) α77 II

ほかとは一味違った描写で、ポートレートや動く被写体の撮影を楽しみたい方におすすめなデジタル一眼カメラです。ソニー独自の「トランスルーセントミラー・テクノロジー」を搭載。79点位相差AFセンサーや、最高約12コマ/秒の超高速連写と組み合わせることで連写中も常時ピント合わせが可能なので、鉄道や野生動物などの撮影が有利に進められます。

「3軸チルト液晶モニター」の採用もポイント。バリアングル方式と違って横位置構図でモニターをチルトさせる際に視線がレンズの光軸からずれないので、違和感なく構図の確認ができます。

ソニーには「STF」など独特のボケ表現が堪能できる交換レンズが用意されているのも魅力。ミノルタ時代のオールドレンズも直接装着できます。

ペンタックス(PENTAX) K-70

ペンタックス(PENTAX) K-70

アウトドアでの撮影におすすめな全天候型のデジタル一眼レフカメラです。ボディ全体に100箇所ものゴムシーリングが施されており、エントリーモデルながら防塵・防滴・耐低温(-10℃)という高い耐候性を備えているのが特徴。キャンプや登山などでも天候の変化を気にせず撮影が楽しめます。

風景を美しく描写できる表現力の高さも魅力。新開発のアクセラレーターユニットによってISO 25600という超高感度でも実用的な画質が得られるので、夜景や星景の撮影も有利に進められます。

アウトドアシーンで役立つ機能が充実しているのもポイント。グリップを装着したままでも操作しやすいボタン類や、周囲の状況に応じてモニターの明るさを調節できる「アウトドアモニター」などが搭載されています。

▼撮影イメージ

ペンタックス(PENTAX) KP

ペンタックス(PENTAX) KP

旅先で出会うさまざまなシーンに対応できる独特なデザインのデジタル一眼レフカメラです。耐久性に優れたマグネシウム合金製のコンパクトボディは、3種類のサイズからグリップを交換できるのが特徴。小型の単焦点レンズを使う場合はSサイズ、大きな望遠ズームを使う場合はLサイズといった使い分けができます。

得られる画質も一級品。新開発のアクセラレーターユニットによってISO 204800でも実用に足る画質が得られるほか、連写合成機能「リアル・レゾリューション・システム」を使えば風景や建築物を細部まで克明に描き出せます。

シャッタースピード換算で5段分の補正効果が得られるボディ内の5軸手ブレ補正機構の搭載もポイント。 構図の微調整や星を流さずに写す天体追尾撮影にも応用できます。防塵・防滴・耐低温にも対応しているので、旅先で一味違った作品作りを楽しみたい方におすすめです。

▼撮影イメージ

デジタル一眼レフカメラのAmazonランキングをチェック

デジタル一眼レフカメラのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。