カメラを趣味としている方にとって悩ましいのが自分の撮影レベルと機材のマッチング。特に一眼レフで初心者から中級者にステップしたい方にとってはどのモデルが適しているのか、わかりにくいものです。

そこで今回は中級者向け一眼レフのおすすめモデルをピックアップ。メーカー別にそれぞれ製品をご紹介するので、買い替えを検討している方はぜひ参考にしてみてください。

エントリーモデルと中級者モデルの違い

性能の違い

エントリーモデルと中級者モデルでは、性能に大きな違いがあります。大きく違うのは連写性能。エントリークラス一眼レフの多くは最高5コマ/秒程度であるのに対し、中級者モデルでは最高6〜10コマ/秒程度が一般的です。

また、オートフォーカスの測距点(フォーカスフレーム)の数にも大きな違いがあります。エントリーモデルは10点前後ですが、中級機では30〜60点ほど。さらに、中級機の多くには測距点のセンサーとして、エントリーモデルで採用されている「ラインセンサー」よりもズレの検出力の高い「クロスセンサー」が採用されています。

さらに、視野率の違いも特徴。実際に撮影される像がどのくらいファインダーで確認できるかを「視野率」といいます。エントリーモデルでは95%程度。ファインダーで見た像よりも広めに撮影されます。一方、ほとんどの中級者モデルのファインダー視野率は100%。撮影される像がファインダーで見た像と同じ範囲なので、見たままを捉えることができます。

構造の違い

By: amazon.co.jp

レンズを通った像は上下左右が逆転した倒立像です。これを正立像に補正するパーツとして、エントリーモデルではコストの安い「ペンタミラー」が多く採用されています。一方、中級機では「ペンタプリズム」が主流。光学性能が高く、像が明るく大きく見えるのがメリットです。

さらに、ボディの素材にも違いがあります。エントリーモデルでは、軽量化を図るためにボディにプラスチックを使用することが多く、中級者モデルよりも堅牢性が劣るのがデメリット。中級機ではボディに金属が使われる割合が高くなり、モデルによっては重量が700gを超えます。エントリーモデルの多くが500g以下なので、エントリーモデルから乗り換えた方は重いと感じるかもしれません。

エントリーモデルの一眼レフについてもっと知りたい方は、下記の記事を参考にしてみてください。

中級者向け一眼レフの選び方

センサーおよび画素数

By: nikon-image.com

中級者向けの一眼レフのセンサーサイズは「APS-C」が主流。ただし最近はハイエンドモデルの一眼レフで採用されている「フルサイズ」も徐々に増えてきています。

SNSなどのウェブ投稿にはより少ない画素数でも対応できるため、一眼レフカメラ初心者であれば1600〜2000万画素でも十分ですが、中級者向け一眼レフは画素数2000万以上が目安となります。ぜひチェックしておきましょう。

連写性能

By: canon.jp

一眼レフの連写速度は最高6〜10コマ/秒程度のモデルがラインナップ。スポーツシーンを撮影する方のように連写性能を重視する場合は、連射速度に注目しましょう。

また、メモリーカードなどの記憶媒体も高速化のためには重要。上位規格の記憶媒体に対応した一眼レフを選ぶと安心です。ちなみにSDメモリーカードの転送スピードを表す規格は「UHSスピードクラス」。「U1」が10MB/秒、「U3」は30MB/秒以上です。

光学ファインダー性能

By: ricoh-imaging.co.jp

光学ファインダーはペンタプリズムを使用した一眼レフを選ぶと、画像が明るく大きいので便利です。またファインダー視野率が100%だと、ファインダーで確認したイメージどおりに撮影できます。

ファインダー倍率は、センサーがフルサイズの場合は約0.7倍、APS-Cの一眼レフなら約1倍を目安にします。ちなみにAPS-Cのエントリークラス一眼レフは約0.8倍ほどです。

また、室内や建築写真などの写真の傾きが気になる写真を多く撮る場合は、電子水準器を内蔵した一眼レフを選ぶと便利。ファインダーや液晶画面で簡単に水平がとれるので、確認しておきましょう。

ISO感度

By: canon.jp

一眼レフのセンサーや画像処理エンジンの技術の発達によってISO感度は大きく向上。高感度撮影をしても、ノイズの発生が抑えられています。中級者向け一眼レフのISO感度は2万台後半が目安です。

星空や夜の街風景などを撮影される方は、ISO感度が高めの一眼レフを選ぶと安心。高感度撮影時はシャッター速度が速くなるので手ブレが少なくなります。

液晶モニター

By: nikon-image.com

一眼レフの液晶モニターは3〜3.2インチで、100万ドット前後の液晶が一般的です。可動方式は「バリアングル式」あるいは「チルト式」を採用しています。

バリアングル式はモニターを上下左右に広げることが可能なため、自分撮りの際に便利です。チルト式は構造がシンプルで、モニターを上下に傾けられます。一眼レフでもライブビュー撮影が多い方はバリアングル式を選ぶと便利です。

通信機能

By: ricoh-imaging.co.jp

デジタル一眼レフに通信機能が搭載されていると、パソコンやスマホとの連携がスムーズ。中級者モデルでは、Wi-FiあるいはBluetoothといった通信機能を備えているモノがほとんどです。

撮影可能枚数、バッテリー性能

By: ricoh-imaging.co.jp

中級者となると1度の撮影で撮る写真の枚数も多くなります。また、写真を撮りたいのにバッテリー切れという事態も避けたいものです。そのため、一眼レフのバッテリー性能もチェックしましょう。

一眼レフのバッテリー性能は撮影可能枚数で確認可能。中級者一眼レフの撮影可能枚数は500〜1000枚程度となっています。撮影可能枚数は一眼レフによってバラつきがあるのでチェックしておくと安心です。撮影可能枚数が多い一眼レフは旅行やアウトドアなどでも活躍します。

中級者向け一眼レフのおすすめモデル|キヤノン

キヤノン(Canon) デジタル一眼レフカメラ EOS7D Mark II

最高約10コマ/秒の高速連続撮影ができる一眼レフ。オールクロスのオートフォーカスが採用されており、測距点は最大で65点と多いため、高速かつ高精度にピントを合わせることができます。動きの多い子どもの撮影などにおすすめの中級者一眼レフカメラです。

光学ファインダーには「新ガラスペンタプリズム」を採用。視野率は約100%、通常時の倍率は約1.00倍で、広く明るい視界の撮影が可能です。センサーサイズは「APS-C」、画素数は約2020万と中級者一眼レフとして十分なスペック。常用ISO感度は最高で16000のため、光量が少ない場面や、さらに高速シャッターで撮影したい場合にもおすすめです。

滑らかで美しい動画撮影を可能にする「フルハイビジョン60p動画」も魅力。動画の記録形式は「MOV」のほか、「MP4フォーマット」に対応しているため、さまざまなデバイスでの再生ができます。なお、動画撮影可能時間は約1時間40分です。

ボディには強度と軽量性を備えた「マグネシウム合金」を使用。また、ミラーボックスには強度の高いプラスチックが採用されており、高耐久・堅牢ボディという点でも魅力の一眼レフカメラです。

▼撮影イメージ

キヤノン(Canon) デジタル一眼レフカメラ EOS 80D

カメラ中級者におすすめのロングセラーモデルの一眼レフです。最高で約7コマ/秒の高速連続撮影が可能。連続撮影可能数は約77枚なので、スポーツなど激しい動きをする被写体を撮影したいときにもおすすめです。

ファインダーには中級機主流の「ペンタプリズム」を採用。アスペクト比3:2の視野率は100%です。センサーサイズは「APS-C」、画素数は約2420万。ボケ味や滑らかな階調表現なども楽しめます。

基本的なオートフォーカスの測距点は45点。動きのある被写体も思い通りに捉えることができます。測距エリアは、使用者のスキルや撮影スタイルによって4種から選択することが可能。常用ISO感度は100〜16000。撮りたいシーンや表現に合った撮影ができます。

滑らかな追従性能により、質の高い動画撮影ができるところも魅力。液晶には「バリアングル式」が採用されているため、自由な角度で被写体を捉えることができます。画質は「フルハイビジョン60p」に対応。ボディ単体で10万円以下という価格も魅力。カメラ初心者から中級者にステップアップしたい方におすすめの一眼レフです。

▼撮影イメージ

キヤノン(Canon) デジタル一眼レフカメラ EOS 6D Mark II

小型かつ軽量で携帯に便利な一眼レフです。重量は軽量クラスの約765g。小型ボディにバリアングル&タッチパネル液晶が搭載されており、使いやすさにも優れています。ボディは防塵・防滴構造を採用。悪天候時などの撮影も対応できます。

ファインダー撮影時は最高で約6.5コマ/秒の高速連写が可能。 ファインダーには中級機主流の「ペンタプリズム」を使用。視野率は約98%です。

センサーサイズは「フルサイズ」、画素数約2620万という高画質で豊かな表現力を備えているのも魅力。オートフォーカスの測距点は45点で、動きのある被写体に対し、優れた追随性能を発揮します。

フルサイズセンサーをいかした高画質の動画撮影に対応できるのも魅力です。動画撮影時にスムーズなピント追従を可能にする「デュアルピクセルCMOS AF」に加え、直感的な操作ができる「タッチ機能」により、使い勝手は良好。子どもの運動会やスポーツシーンなど、動きの激しい被写体を撮影する際に活躍してくれるおすすめの中級者向け一眼レフです。

▼撮影イメージ

中級者向け一眼レフのおすすめモデル|ニコン

ニコン(Nikon) デジタル一眼レフカメラ D500

フルサイズ機と同等のオートフォーカスシステムが搭載された一眼レフです。オートフォーカスの測距点は153点と、圧倒的な広さで被写体を捉えます。また、フルサイズ機「D5」と同様の「オートフォーカス専用エンジン」が搭載されているところもポイント。約10コマ/秒の高速連続撮影時も的確に被写体を追従します。

ファインダーには「ペンタプリズム」を使用し、視野率は約100%。センサーサイズは「DXフォーマット(APS-C)」画像モニターは32型のタッチパネル式。。画素数は約2088万と高画質です。動画性能は1080/60pに加え、微速度撮影などに対応する「4K UHD」に対応しています。

画像モニターは3.2型のタッチパネル式。また、上下の角度を自由に傾けられる「チルト機構」を採用しているため、さまざなアングルでの撮影が可能です。常用のISO感度は51200。暗めの場所にある被写体を撮る際も、鮮明かつ低ノイズの撮影ができるおすすめの中級者向け一眼レフカメラです。

▼撮影イメージ

ニコン(Nikon) デジタル一眼レフカメラ D7500

ニコンのDXフォーマットハイエンド一眼レフ「D500」に迫るスペックを持つ、中級者向け一眼レフ。D500と同じセンサーと画像処理エンジン「EXPEED 5」を搭載しているのが特徴です。

有効画素数は2088万画素。ISO感度は100〜51200と高感度撮影が可能です。高性能エンジンEXPEED 5の働きで高感度撮影時のノイズを抑えて、なめらかな階調表現を楽しめます。連写性能も約8コマ/秒と高速です。

動画性能も高く、3840×2160の4K UHD撮影ができます。ボディには、ハイエンドモデルと同様の「モノコック」を採用しており、コンパクトで使いやすいところも魅力。ハイスペックな中級機一眼レフを探している方におすすめです。

▼撮影イメージ

中級者向け一眼レフのおすすめモデル|ペンタックス

ペンタックス(PENTAX) デジタル一眼レフ KP

ペンタックスのミドルクラスのデジタル一眼レフです。ハイエンドモデルと同様の画像処理エンジン「PRIME IV」を採用。新型CMOSセンサーと組み合わせることで、高感度撮影時のノイズを抑えています。

センサーサイズは「APS-C」で、画素数は2432万。連写速度は最高7コマ/秒、視野率も100%と使いやすさも魅力です。ボディの67箇所にシーリング施され、防塵・防滴性能が高いところもポイント。持ち運びやすさを重視するか、握りやすさを重視するかでグリップを交換できる機能も装備されています。

本体重量は約643gと軽量でコンパクト。中級機としては扱いやすいおすすめのデジタル一眼レフです。

▼撮影イメージ