デジタル一眼レフカメラの国内市場において、キヤノン・ニコンに続きさまざまな製品を展開している「ペンタックス」。全体的に防塵防水に優れ、タフな製品を展開しているのが特徴です。

今回は、ペンタックスの一眼レフのおすすめモデルをピックアップ。特に野外撮影でも信頼のおけるカメラを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ペンタックスとは?

By: amazon.co.jp

「ペンタックス」とは日本の大手光学機器メーカーのリコーイメージング株式会社が展開するブランド。コンデジ・ミラーレス・一眼レフと各種デジタルカメラをラインナップしているほか、双眼鏡も展開しています。

1957年に現ブランド名の由来となる「アサヒ・ペンタックス」の取り扱いを開始。耐久性に優れたモデルが数多くラインナップされており、厳しい環境下での使用にも耐え得る高い堅牢性が特徴です。

ペンタックスの一眼レフカメラの特徴

By: amazon.co.jp

ペンタックスの一眼レフカメラはアウトドアシーンでの撮影に強いのが特徴。エントリーモデルを含むすべての機種で防塵・防滴構造を採用しているため、急な悪天候に見舞われても故障を気にせず撮影を継続できます。

また、光量が少ないシーンでの撮影が有利に進められるのも特徴。現行機種の大半には画像処理性能を向上させる「アクセラレーターユニット」が搭載されており、高感度撮影に不利だと言われているAPS-C機でもフルサイズ機と同等以上の高感度耐性を実現しています。室内や夜景など明るさの乏しいシーンでも積極的な撮影が可能です。

さらに、すべての機種でボディ内手ぶれ補正機構を搭載しているのもポイント。装着できるすべてのレンズで強力な手ぶれ補正効果が得られることに加えて、レンズ内補正では対応できない種類の手ぶれも高精度に補正可能です。カメラ操作に不慣れな初心者でも、手ぶれを抑えた鮮鋭な画像を手軽に撮影できます。

ペンタックスの一眼レフの選び方

イメージセンサーのサイズをチェック

By: ricoh-imaging.co.jp

一眼レフカメラ選びでまずチェックしたいのが、画質の決め手となるイメージセンサー(撮像素子)のサイズです。ペンタックスのデジタル一眼レフカメラのセンサーサイズは大きいほうから中判、フルサイズ、APS-Cの3種類。センサーのサイズが大きいほど光を取り込む量が増えるため、ノイズが抑えられた高画質な撮影ができます。

また、センサーサイズが大きいとダイナミックレンジが広くなるので、「白とび」や「黒つぶれ」が抑えられ、色表現が豊かになるのもポイント。画素数が高くても、センサーサイズが小さいと画像が劣化してしまう恐れがあるため、センサーサイズはしっかりとチェックしておきましょう。

画質にこだわりたいのであれば「フルサイズ」を選びたいところですが、これから一眼レフを始める初心者の方には高価格帯ではない「APS-C」がおすすめ。なお、「中判」はフォトグラファーやプロ向け一眼レフカメラなので、写真の解像度が高くなるものの高価です。購入を検討している方は留意しておきましょう。

搭載されている機能をチェック

By: amazon.co.jp

ペンタックスの製品には「リアル・レゾリューション・システム」「アストロトレーサー」といった優れた独自技術が採用されているモデルもあります。

「リアル・レゾリューション・システム」は1回のシャッターで4枚連続撮影して色情報を集め、ノイズや写真に写る縞模様(モアレ)を抑えた超高精細な画像を生成する機能です。なお、後継機能である「リアル・レゾリューション・システムⅡ」ではさらに手ぶれ補正モードを搭載。手持ちでもスムーズな撮影が可能です。

また、「アストロトレーサー」は天体撮影を行いたい方におすすめの機能。GPSとカメラのセンサーから得た情報で星を追尾することにより、長時間露光でも星が流れずに点像のまま撮影することが可能です。天体撮影で必要となる専用の赤道儀を使用することなく三脚だけで天体撮影が楽しめるので、手軽に天体撮影を行いたい方はしっかりとチェックしておきましょう。

ペンタックスの一眼レフおすすめモデル

リコー(RICOH) PENTAX K-70

リコー(RICOH) PENTAX K-70

本格的なアウトドア撮影が気軽に楽しめるAPS-C一眼レフです。価格の安いエントリーモデルにも関わらず、防塵・防滴に加えて-10°でも動作できる耐低温性能を搭載。天気や場所を気にせず持ち出せるので、キャンプや登山のお供としてもおすすめです。

有効約2424万画素のAPS-Cセンサーを搭載。さらに、新開発のアクセラレーターユニットを採用することで最高感度ISO 102400を実現しており、夜のベースキャンプなどの暗いシーンでも明るく滑らかな写真が撮れます。

「ハイブリッドAF」を採用しているのもポイント。高速な像面位相差AFと高精度なコントラストAFの2つを組み合わせることで、野生動物などの動く被写体もしっかりと撮影できます。

▼撮影イメージ

リコー(RICOH) PENTAX KP

リコー(RICOH) PENTAX KP

多彩なジャンルの撮影に対応できる多機能なAPS-C一眼レフです。独自の「グリップ交換システム」を採用しているのが特徴。S・M・Lの3種類から、撮影シーンや使用するレンズに適したサイズを選んで換装できます。

有効約2432万画素のAPS-Cセンサーを搭載。「リアル・レゾリューション・システム」にも対応しているので、建物や風景の撮影で一時的に解像感を高めたい場合などにも重宝します。また、アクセラレーターユニットの搭載により最高感度ISO 819200を実現。星明かりしかないシーンでも鮮明な写真が撮影可能です。

5軸5段の強力なボディ内手ぶれ補正機構「SR II」も搭載。「アストロトレーサー」にも対応しているため、専用のGPSユニットを装着すれば天体追尾撮影も手軽に楽しめます。

▼撮影イメージ

リコー(RICOH) PENTAX K-1 Mark II

リコー(RICOH) PENTAX K-1 Mark II

高画質なアウトドア撮影を楽しみたい方におすすめのフルサイズ一眼レフです。ペンタックスファンから絶大な人気を博した「PENTAX K-1」の2代目で、前機種K-1をベースに機能をさらにブラッシュアップしています。

K-1と同じ有効約3640万画素のフルサイズセンサーを採用していますが、新開発のアクセラレーターユニットを追加しているのが特徴。フルサイズ機で最高となる常用感度ISO 819200を実現しており、暗闇に近い状況でも高画質な写真が撮れます。

超高解像撮影機能もパワーアップ。新たに手持ちでも撮影が可能になった「リアル・レゾリューション・システムII」を搭載しているので、三脚が使えないシーンでも臨場感の高い風景撮影が楽しめます。

▼撮影イメージ

リコー(RICOH) PENTAX K-1

リコー(RICOH) PENTAX K-1

優れたコスパを持つアウトドア向けのフルサイズ一眼レフです。後継機種「K-1 Mark IIが」発売されたことで価格が安くなっているのがポイント。フルサイズの高画質を気軽に楽しみたい方におすすめです。

アクセラレーターユニットは非搭載ですが、有効約3640万画素のフルサイズセンサーや画像処理エンジン「PRIME IV」などの基本的な画質はK-1 Mark IIと共通。また、三脚必須ではあるものの、「リアル・レゾリューション・システム」にも対応します。

防塵・防滴機能、さらには-10℃までの耐寒性を備えているのもポイント。ボディ各所のLEDによって暗所でも撮影準備をしやすくする「操作部アシストライト」や、多彩なアングルからの撮影が無理のない姿勢で行える「フレキシブルチルト液晶モニター」など、アウトドア撮影で役立つサポート機能も充実しています。

▼撮影イメージ

リコー(RICOH) PENTAX 645Z

リコー(RICOH) PENTAX 645Z

高画質でアウトドア撮影に挑みたい方におすすめの中判一眼レフです。「画神」の異名を持つことでも知られた「645D」の後継機種で、フルサイズセンサーの約1.7倍も大きな有効約5140万画素の中判センサーを搭載。大きな面積でより多くの光量を取り込めるため、フルサイズをさらに凌駕する階調とボケ味を持つ高画質な画像が撮影できます。

防塵・防滴機能はもちろん、-10℃までの耐寒性という高い耐候性を持つのでアウトドアシーンでも使用可能。また、上下に可動できるチルト式液晶モニターやライブビュー撮影機能など、撮影のバリエーションを広げる機能も搭載されています。

▼撮影イメージ