デジタル一眼レフカメラの国内市場において、キヤノン、ニコンに続きさまざまな製品を展開しているペンタックス。全体的に防塵防水に優れ、タフな製品をリリースしているのが特徴です。

今回はペンタックスの一眼レフのおすすめモデルをピックアップ。本体はもちろん、レンズについてもご紹介します。特に野外撮影でも信頼のおけるカメラを探しているという方は、ぜひチェックしてみてください。

ペンタックスとは?

By: amazon.co.jp

「ペンタックス」とは日本の大手光学機器メーカーのリコーイメージング株式会社が展開するブランド。コンデジ・ミラーレス・一眼レフと各種デジタルカメラをラインアップしているほか、双眼鏡も展開しています。

1957年に現ブランド名の由来となる「アサヒ・ペンタックス」の取り扱いを開始。耐久性に優れたモデルを数多くリリースしており、厳しい環境下での使用にも耐え得る高い堅牢性が特徴です。

ペンタックスはどんな方におすすめ?

By: ricoh-imaging.co.jp

ペンタックスの一眼レフカメラはエントリー機でもシャッター速度1/6000秒、視野率約100%とミドルクラス並みの性能を備えており、ほとんどの一眼レフカメラのボディに手ぶれ補正機構を内蔵しています。シャッターチャンスを逃さず手軽に高画質な撮影が行えるため、一眼レフカメラ初心者の方にもおすすめ。また、ボディもレンズも比較的手が出しやすい価格であるのもポイントです。

また、「グリーン」を色濃く鮮やかに写す傾向があるため、風景撮影に適しているのも特徴。天体や登山、キャンプなどで撮影を楽しむフィールドカメラマンからも支持されています。

ペンタックスの一眼レフの選び方

イメージセンサーのサイズをチェック

By: ricoh-imaging.co.jp

一眼レフカメラ選びでまずチェックしたいのが画質の決め手となるイメージセンサー(撮像素子)のサイズです。ペンタックスのデジタル一眼レフカメラのセンサーサイズは大きいほうから中判、フルサイズ、APS-Cの3種類。センサーのサイズが大きいほど光を取り込む量が増えるため、ノイズが抑えられた高画質で撮影することができます。

センサーサイズが大きいとダイナミックレンジが広くなるため、「白とび」や「黒つぶれ」が抑えられ、色表現が豊かになります。画素数が高くてもセンサーサイズが小さいと画像が劣化してしまう恐れがあるので、センサーサイズはしっかりチェックしましょう。

画質にこだわりたいのであれば「フルサイズ」を選びたいところですが、これから一眼レフを始める初心者の方には高価格帯ではない「APS-C」がおすすめ。なお、「中判」はフォトグラファーやプロ向け一眼レフカメラのため、写真の解像度が高くなるものの高価なので、購入を検討している方は注意が必要です。

搭載されている機能をチェック

By: ricoh-imaging.co.jp

ペンタックスの製品には「リアル・レゾリューション・システム」や「アストロトレーサー」といった優れた独自技術が採用されているモデルもあります。

「リアル・レゾリューション・システム」は1回のシャッターで4枚連続撮影して色情報を集め、ノイズや写真に写る縞模様(モアレ)を抑えた超高精細な画像を生成する機能です。なお、後継機能である「リアル・レゾリューション・システムⅡ」ではさらに手ぶれ補正モードを搭載。手持ちでもスムーズな撮影が可能です。

「アストロトレーサー」は天体撮影を行いたい方におすすめの機能。GPSとカメラのセンサーから得た情報で星を追尾することによって長時間露光でも星が流れずに点像のまま撮影することが可能となります。簡易的な天体撮影機能ですが、天体撮影で必要となる専用の赤道儀を使用することなく三脚だけで天体撮影が楽しめるので、手軽に天体撮影を行いたい方はしっかりとチェックしておきましょう。

ペンタックスの一眼レフおすすめモデル

ペンタックス(PENTAX) 645Z ボディ 中判フォーマット

ペンタックス(PENTAX) 645Z ボディ 中判フォーマット

サイズ43.8×32.8mmの中判フォーマットCMOSイメージセンサーを搭載した、ペンタックスのフラッグシップカメラです。35mmフルサイズと比較して約1.7倍と大型のセンサーであるため、被写界深度が浅いのがポイント。ボケのコントロールをしやすいカメラです。

有効画素数は約5140万画素と高解像度。それにより、階調の連続性がなくなることで部分的に縞模様が現れる、トーンジャンプという現象が生じにくいのもメリットです。画像処理エンジンにはPRIME Ⅲを搭載しています。前エンジンPRIME Ⅱの最大約5倍の処理速度に向上しているため、5140万画素という大容量データも高速で処理できます。

ボディは防塵・防滴構造なので、ボタンやダイヤルなど76カ所にシーリングを施しており、雨滴やホコリの浸入を防止できるのもポイント。また、前モデルの2倍に相当する、10万ショットの耐久試験をクリアしており、耐久性が高いのも魅力です。

ペンタックス(PENTAX) K-1 ボディ フルサイズフォーマット

ペンタックス(PENTAX) K-1 ボディ フルサイズフォーマット

ペンタックスのフルサイズ一眼レフスタンダードモデル。有効画素数3640万画素、ISO感度は最高204800と高感度です。画像処理エンジンはPRIME Ⅳを搭載。旧エンジンPRIME Ⅲに比べて絵動作周波数を約150%高速化しているため、制度と安定性に優れた撮影ができます。

手ぶれ補正機構SR Ⅱによって、角度ぶれや回転ぶれ、マクロ撮影で発生しやすいシフトぶれの5軸補正に対応しているのがメリットです。シャッター速度換算で5段という高い補正効果を実現しています。

また、手ぶれ補正機構SR Ⅱを活用した「自動水平補正」「構図微調整」機能を備えているのもポイント。イメージセンサーを回転・シフトさせることにより、カメラの左右の傾きを補正できるほか、構図を微調整できます。

JPEG画像なら約100コマの連続撮影が可能で、連続撮影速度は最高約4.4コマ/秒と連写性能も良好。フルサイズモデルとしてはリーズナブルな価格も魅力です。

ペンタックス(PENTAX) K-1 Mark Ⅱ ボディ フルサイズフォーマット

ペンタックス(PENTAX) K-1 Mark II ボディ フルサイズフォーマット

有効画素数約3640万画素のイメージセンサーを搭載した、フルサイズハイエンドモデルです。画像処理エンジンにはペンタックス最新のPRIME Ⅳを採用。高度なノイズ処理に加え、レンズに起因する歪曲収差や周辺光量低下などを効果的に補正します。また、最高ISO感度もアップし、ISO819200という圧倒的な超高感度を実現しています。

本製品のポイントは、「リアル・レゾリューション・システムⅡ」を搭載していることです。イメージセンサーを駆動させて4枚の画像を連続撮影。1画素ごとに色情報と輝度情報を得ることにより、超高精細画像を生成します。

GPS・電子コンパスを内蔵しており、アストロトレーサー機能を搭載しているため、天体撮影にも対応可能です。ボディは軽量かつ高剛性のマグネシウム合金を採用しています。

ペンタックス(PENTAX) KP 18-135WRキット APS-Cフォーマット

ペンタックス(PENTAX)  KP 18-135WRキット APS-Cフォーマット

有効約2432万画素のイメージセンサーを搭載するペンタックスのAPS-Cフォーマットハイエンドモデルです。画像処理エンジンには、フルサイズモデルと同様のPRIME Ⅳを搭載しています。高速かつ高度なノイズ処理を行うとともに、超高感度撮影時でも高画質な画像で撮影できるのがメリットです。

オートフォーカスの測距点数は27点。25点は被写体捕捉力が高いクロスタイプセンサーを採用しています。被写体を追尾する能力も良好。最高感度ISO819200なので超高感度撮影が可能です。

「シャッターモード」でメカシャッターと電子シャッター選択できるのもポイント。電子シャッター時は作動音と振動が生じないため、静かさが求められる子供の発表会や披露宴などの撮影でも安心です。また、最高1/24000秒の超高速シャッターも可能。絞り開放で撮影すれば、自然なボケ味の写真を撮影できます。

ペンタックス(PENTAX) K-70 ボディ APS-Cフォーマット

ペンタックス(PENTAX) K-70 ボディ APS-Cフォーマット

ペンタックスAPS-Cフォーマットのスタンダードモデルです。有効画素数は約2424万画素。解像力を低下させるローパスフィルターを省いたローパスフィルターレス設計を採用しています。

必要に応じてローパスフィルターのような効果とローパスフィルターレスを選べる、ローパスセレクターを搭載しているのがポイントです。細かい模様や格子状の被写体を撮影する際に縞模様が生じるモアレ現象を軽減したり、解像度重視の時はローパスフィルターレスで撮影できたりと、表現したい画像によって設定を切り変えることができます。

ISO感度は100~102400まで対応しており、高感度撮影ができるのがメリットです。シャッター速度も1/6000秒~30秒と良好。また、連続撮影は最高約6.0コマ/秒の場合40コマまで、約3.0コマ/秒撮影時なら100コマまで撮影できます。ボディは100点ものシーリング部材を全体に使用した防塵・防滴構造。アウトドアで安心して使用できるデジタル一眼レフです。

ペンタックス(PENTAX) K-3 ボディ APS-Cフォーマット

ペンタックス(PENTAX)  K-3 ボディ APS-Cフォーマット

有効画素数約2435万画素のAPS-Cデジタル一眼レフです。ミラーとシャッター・絞りにおいてそれぞれ専用モーターで駆動する3モーターシステムを採用しているのがポイント。そのため、連写性能は最高8.3コマ/秒で60コマまで撮影可能と優秀です。3.0コマ/秒の場合は200コマまで連続撮影できます。また、最高シャッタースピードは1/8000秒と高速です。

手持ちのままで、輝度差が大きいハイダイナミックレンジ(HDR)撮影ができるのもポイント。露出が異なる3つの画像から、広階調の1枚を生成し、画像間の構図のズレを自動で補正するため、手軽に豊かな階調の写真を撮影できます。

また、フルハイビジョンでの動画撮影はフレームレート60iに対応。動きの速い映像を滑らかに記録・再生できます。そのほか、Wi-Fi接続に対応しており、スマホでのリモート操作が可能です。カードスロットは2つ搭載しているので、2枚のSDカードを使って大容量の記録ができます。

ペンタックス(PENTAX) K-S2 18-135WRキット APS-Cフォーマット

ペンタックス(PENTAX) K-S2 18-135WRキット APS-Cフォーマット

ペンタックスのAPS-Cエントリーモデルです。有効画素数は約2012万画素で、最高ISO51200の高感度撮影が可能です。連写性能は最高約5.5コマと良好。30コマまでの連続撮影ができます。

手ぶれ補正機構SRを搭載しているほか、シャッターを切った際の微妙な傾きを水平に近づける「自動水平補正」機能を備えているのがメリット。さらに、手ぶれ補正機構を利用してイメージセンサーのホコリを除去する「ダストリムーバル」機能も搭載しています。

エントリーモデルにもかかわらず、ファインダーに本格的なガラスペンタプリズム方式を採用しているのがポイント。そのうえ、視野率約100%、倍率0.95倍の大きく見やすいファインダーのため、構図決めがしやすいカメラです。

また、通信機能はWi-Fiに加えて、短距離通信のNFC機能も搭載しています。約618gと比較的軽量なのもメリット。ボディは防塵・防滴仕様なので、安心してアウトドアに持ち歩けます。