デジタル一眼レフカメラの国内市場において、キヤノン、ニコンの次に位置づけているペンタックス。全体的に防塵防滴に強く、タフな製品をリリースしているのが特徴です。

そこで今回はペンタックスの一眼レフのおすすめモデルをピックアップ。本体はもちろん、レンズについてもご紹介します。特に野外撮影でも信頼のおけるカメラを求めている方は、ぜひチェックしてみてください。

ペンタックス(PENTAX)とは?

By: amazon.co.jp

「ペンタックス」とは日本の大手光学機器メーカーのリコーイメージング株式会社が展開するブランド。コンデジ、ミラーレス、一眼レフと各種デジタルカメラを網羅しているほか、双眼鏡や天体望遠鏡なども販売しています。

ペンタックスは1952年に日本で初めて35mm一眼レフカメラを開発したブランドとしても知られており、1957年に現ブランド名の由来となる「アサヒ・ペンタックス」の販売を開始。堅牢なモデルを数多くリリースしており、厳しい自然環境下でも信頼度が高いのが特徴です。

ペンタックスはどんな方におすすめ?

By: ricoh-imaging.co.jp

ペンタックスの一眼レフカメラはエントリー機でもシャッター速度1/6000秒、視野率100%とミドルクラスの性能を備えており、ほとんどの一眼レフカメラのボディに手ブレ補正機構を内蔵しています。シャッターチャンスを逃さず手軽に高画質な撮影が行えるため、一眼レフカメラ初心者の方にもおすすめ。また、ボディもレンズも比較的手が出しやすい価格に設定されているのもポイントです。

「グリーン」を色濃く鮮やかに写す傾向があるため、風景撮影に適しているのも特徴。天体や登山、キャンプなどアウトドア派など含むフィールドカメラマンからも支持されています。

ペンタックスの一眼レフの選び方

イメージセンサーのサイズをチェック

By: ricoh-imaging.co.jp

一眼レフカメラ選びでまずチェックしたいのが画質の決め手となるイメージセンサー(撮像素子)のサイズです。ペンタックスのデジタル一眼レフカメラのセンサーサイズは大きいほうから中判、フルサイズ、APS-Cの3種類。センサーのサイズが大きいほど光を取り込む量が増えるため、低ノイズの高画質で撮影することができます。

センサーサイズが大きいとダイナミックレンジが広くなり、明るさの強過ぎによって「白とび」やその逆となる「黒つぶれ」が抑えられ、色表現が豊かになります。画素数が高くてもセンサーサイズが小さいと画像が劣化する恐れがあるので、センサーサイズはしっかりチェックしましょう。

画質にこだわりたいのであれば「フルサイズ」を選びたいところですが、これから一眼レフを始める初心者の方には比較して高価格帯ではない「APS-C」がおすすめ。なお、「中判」はフォトグラファーやプロが使用する一眼レフカメラのため、かなり高額です。念のため留意しておきましょう。

搭載されている機能をチェック

By: ricoh-imaging.co.jp

ペンタックスの製品によっては「リアル・レゾリューション・システム」や「アストロトレーサー」といった優れた独自技術が採用されているモデルもあります。

「リアル・レゾリューション・システム」とは1回のシャッターで4枚連続撮影して色情報を集め、ノイズやモアレ(偽色)を抑えた超高精細な1枚の画像を生成する機能です。なお、「リアル・レゾリューション・システムⅡ」ではさらに手ブレ補正モードを搭載。手持ちでもスムーズな撮影が可能です。

「アストロトレーサー」とは天体撮影を行いたい方におすすめの機能。GPSとカメラのセンサーから得た情報で星を追尾することによって長時間露光でも星が流れずに点像のまま撮影することが可能となります。簡易的ではありますが、天体撮影で必要となる専用の赤道儀を使用することなく三脚だけで天体撮影が楽しめるので、手軽に天体撮影を行いたい方はしっかりとチェックしておきましょう。

ペンタックスの一眼レフおすすめモデル

ペンタックス(PENTAX) K-5 18-135WR レンズキット

防塵・防滴構造に加え、耐寒性や耐衝撃性もしっかりしている強靭な一眼フレカメラ。ステンレス鋼と樹脂を組み合わせたハイブリッドステンレスシャシーが衝撃を吸収するほか、マグネシウム合金の採用により、高い剛性があるのが特徴。それでいて軽量なので、使い勝手は良好です。

構図のズレを補正する自動位置調整機能の搭載により、手持ちでのHDR撮影が可能なのもポイント。暗いシーンでも肉眼に近い撮影が行えます。また、白とびや黒つぶれを抑え被写体と背景の明るさのバランスを整える「D-Range補正」も搭載。アウトドアシーンはもちろん、暗所での撮影にもしっかり対応できる一眼レフカメラです。

▼撮影イメージ

ペンタックス(PENTAX) K-30 18-135WR レンズキット

防塵・防滴構造と−10℃の耐寒性能を備えた一眼レフカメラ。19種類のシーンモードを搭載しているので、設定が難しい逆光や夜景などの場面もスムーズに撮影できるのが特徴です。

さらに、華やかな「ポップチューン」や映画のような雰囲気の「銀残し」など11種類のカスタムイメージから好みの仕上がりを選べるのもポイント。水彩画やポスタリゼーション、ミニチュアなど19種類のデジタルフィルターも搭載しており、撮影中でも撮影後でも画像の加工ができます。多彩な表現力を備えたおすすめの一眼レフカメラです。

▼撮影イメージ

ペンタックス(PENTAX) K-5II 18-135WR レンズキット

1/8000秒の高速・高精度シャッターを搭載し、最高約7コマ/秒の高速連続撮影を可能にした一眼レフカメラ。モードダイヤルを回さずに被写界深度と動感を瞬時にコントロールするP(ハイパープログラム)と、ボタン一押でマニュアル露出設定を可能にしたM(ハイパーマニュアル)を搭載しているのが特徴です。

また、一眼レフならではの高感度なフルHD動画撮影にも対応。動画撮影時も手ブレ補正機構「SR」に対応しているほか、レトロやトイカメラなどのデジタルフィルターを用意されており、個性的な映像も作成できます。撮影した動画はカメラの液晶モニターで手軽に編集でき、1コマを切り出して写真として保存することも可能。静止画だけでなく動画を楽しみたい方にもおすすめの一眼レフカメラです。

▼撮影イメージ

ペンタックス(PENTAX) K-50 18-135WR レンズキット

ブラック、ホワイト、ピンクの3色から好みのカラーが選べる一眼レフカメラ。有効画素数1628万画素、イメージセンサーはAPS-Cサイズ、ISOは最高51200と高感度です。

暗所でも三脚やフラッシュいらずで、シャッター速度を上げてもブレずに撮影することが可能。天候の変化や環境を気にせず使用できる防塵・防滴構造に加え、−10℃の氷点下でも対応できる耐寒性を備えているため撮影フィールドが広がります。万が一ホコリが付着しても高速振動で除去する「ダストリムーバル」を搭載しているのもポイント。気軽に一眼レフカメラを楽しめるおすすめの1台です。

▼撮影イメージ

ペンタックス(PENTAX) K-3 18-135WR レンズキット

偽色・モアレを防ぐローパスセレクター搭載の一眼レフカメラ。解像感とモアレのバランス重視の「TYPE1」、モアレ軽減重視の「TYPE2」、解像感を重視の「OFF」から選択できる、お得な一眼レフカメラです。

手ブレ補正機構「SR」はローパスセレクターとの併用可能で、レンズを選ばず効果を発揮。また、被写体の変化を捉える「インターバル撮影」やインターバル撮影した画像を重ね合わせて1枚の画像にする「インターバル合成」にも対応しています。

1/8000秒の高速シャッターや露出モードの充実により使い勝手は良好。レンズキットながら10万円台で購入できるのもおすすめポイントです。

▼撮影イメージ

ペンタックス(PENTAX) K-S1 18-55 レンズキット

LEDのボディライトが特徴の一眼レフカメラです。静止画時はグリーン、動画時はレッドで点灯し、セルフタイマーのカウントダウンを表示。顔検出アシストに設定すると、検出した数を最大5人までライトの点灯数で知らせてくれます。直感的な操作ができるため一眼レフに慣れていない初心者の方におすすめです。

シーンモードは19シーン用意されておりカメラが自動的に設定を行い、オートピクチャーモードでは「人物」、「風景」、「動体」からカメラが自動で選ぶため、難しい設定をしなくても簡単に撮影が行えます。水彩画やドラマチックアートなど個性的な表現が可能なデジタルフィルターも搭載。気軽に一眼レフで撮影を楽しみたい方は要チェックです。

▼撮影イメージ

ペンタックス(PENTAX) K-S2 18-135WR レンズキット

アウトドアで気軽に使いたい方におすすめの一眼レフカメラ。コンパクトなボディは防塵・防滴構造、手ブレ補正機構「SR」を搭載し、1/6000秒の高速シャッターと約5.5コマ/秒の高速連続撮影が可能です。高感度のAFセンサー「SAFOX X(サフォックス・テン)」の採用により、暗がりでの撮影でもスムーズに対応できるのが特徴です。

立体感のあるリアリティあふれる画像に仕上げる「明瞭強調」、星やイルミネーションなど光跡を幻想的に撮影できる「スターストリーム動画」なども搭載。さらに、バリアングル液晶と片手で撮影できる自撮り専用シャッターボタンを備えています。全体的にバランスがよく、価格的にもお得感の高い一眼レフカメラです。

▼撮影イメージ

ペンタックス(PENTAX) K-3 II 18-135WR レンズキット

 

AFの高速化により約8.3コマ/秒の連続撮影が可能な一眼レフカメラ。アップダウン時の衝撃を抑えるほか、ミラー、シャッター、絞りを独立したモーターで駆動させることで、安定した精度の高い撮影が可能なのが特徴です。

手ブレ補正機構は4.5段の補正効果を持ち、SRをオンにしておくだけで流し撮りも可能。被写体の動きや色から動作を的確に判断するシーン解析システムにより、追従性も向上しているので、子どもの運動会やペットなどの撮影に適した一眼レフカメラです。

▼撮影イメージ

ペンタックス(PENTAX) K-70 18-135WR レンズキット

撮影のフィールドを広げたいアウトドア派の方におすすめの一眼レフカメラ。防塵・防滴はもちろん、−10℃と氷点下の環境でも動作する耐寒性を備えており、天候や環境を気にせず使えるのが特徴です。

付着した異物を高速振動で落とし写り込みを防ぐ「DR(ダストリムーバル)」を搭載しているのもポイント。ISOは最高102400と高感度なため描写力に優れており、暗い場所での撮影も良好です。

また、動画撮影では背景をぼかすなど一眼レフカメラならではの表現力を活かしたフルHD動画撮影に加え、星の軌跡を描き幻想的な映像が作成できる「スターストリーム動画」や雲の流れなどを早送りしているかのように楽しめる「4Kインターバル動画」に対応しています。エントリーモデルながら価格以上のスペックが感じられるおすすめの1台です。

▼撮影イメージ

ペンタックス(PENTAX) K-1 Mark II 28-105WR レンズキット

ペンタックスの一眼レフにおけるハイエンドモデル。高速・高画質処理を可能にする「PRIME IV」を搭載しており、歪曲収差・周辺光量低下・倍率色収差・回折現象をしっかりと補正するのが特徴です。

「アクセラレーターユニット」によりISO感度は最高819200。さらに、被写体の色や動作からシーンを判断するシステムとAFエリアの拡大により追従性がアップし動体撮影も優秀です。動画撮影は星などの光跡を記録する4Kインターバル動画に対応し、幻想的な映像が楽しめます。質実剛健なシステムはしっかりと継承されているので、タフなシーンで活躍してくれるフルサイズ一眼レフを求めている方におすすめです。

▼撮影イメージ

番外編:ペンタックスのカメラレンズ

ペンタックス(PENTAX) 望遠ズームレンズ HD PENTAX-DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

35mm換算で焦点距離84.5~460mm相当の中望遠から超望遠までカバーするズームレンズです。現行レンズと比べてワイド端では約8.3倍、テレ端では約1.7倍のAFの高速化を実現。被写体をアップに写すだけでなく、風景を切り取った構図づくりや被写体の背景に強いぼけを出せるのも魅力です。

▼撮影イメージ

ペンタックス(PENTAX) 超広角ズームレンズ HD PENTAX-D FA 15-30mmF2.8ED SDM WR

風景をダイナミックに表現したい方におすすめの超広角ズームレンズです。F値固定でF2.8と明るく夜景や星景など暗い場所での撮影にも最適。30mm(35mm換算46mm相当)のためスナップ撮影にも対応します。

▼撮影イメージ

ペンタックス(PENTAX) 標準ズームレンズ HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

APS-Cサイズだけでなくフルサイズにも対応した標準ズームレンズ。大型イメージセンサーに対応するために光学設計と高性能光学レンズを採用しています。そのため描写力・解像力が高く超高精細な画質の撮影が可能。広角から中望遠までカバーするので幅広いシーンで活躍してくれる製品です。

▼撮影イメージ

ペンタックス(PENTAX) 単焦点レンズ smc PENTAX-DA 35mmF2.4AL

35mm換算で焦点距離が53.5mm相当の単焦点レンズ。スナップやポートレート、風景などさまざまな被写体に対応できるほか、強いボケやシャープな写真が撮れるのがメリットです。

▼撮影イメージ

ペンタックス(PENTAX) 単焦点マクロレンズ smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

35mm換算で焦点距離153mm相当のマクロレンズ。FREE(後群分離型フォーカシング)システムの採用により、ゴーストやフレアーを徹底的に抑えたクリアな画質と高い描写力がポイントです。また、点光源がキレイな円形にぼける円形絞りを採用しているので、ボケのいかし方が苦手な方におすすめです。

▼撮影イメージ