一眼レフカメラを購入する際に比較対象になりやすいのがニコン・キヤノンの2大カメラメーカー。国内の市場シェアは大きな割合を占めており、圧倒的な人気を博しています。

今回はニコン製品に的を絞り、その特徴やおすすめの一眼レフカメラをご紹介。キヤノンとの違いも解説するので、気になる方はぜひ参考にしてみてください。

ニコン(Nikon)とは?

ニコンはデジタルカメラや測定器、光学素材などを開発する大手光学機器メーカーです。1917年に現在のニコンの前身である「日本光学工業株式会社」が設立されました。

最近では、デジタル一眼レフ「ニコンDシリーズ」や、フルサイズミラーレスカメラ「ニコンZシリーズ」、双眼鏡や望遠鏡で知られています。元は軍用の光学兵器を製造していた背景もあり、頑丈で操作性に優れたカメラを製造していることで有名です。

ニコンとキヤノンの違い

ニコンの特徴

ニコンのカメラは、被写体の色を忠実に再現できるのが特徴です。風景写真で作品を自分が好む色合いに味付けしたい場合などに有利。とりわけ黒色に強く、黒い髪1本1本まではっきりと質感をもって表現できます。

また、オートフォーカスに関しては、キヤノンがスピードに優れていることに対し、ニコンは正確さに優れているのがポイント。ダイナミックレンジが広いため、美しい明暗を表現できるのが特徴です。

さらに、元々軍用光学兵器メーカーとして技術を積み重ねてきたこともあり、堅牢性の高さも魅力。ハードに使用しても故障しにくいので、過酷な環境での撮影が要求される報道カメラマンや登山家、ネイチャーフォトグラファーに重宝されています。

キヤノンの特徴

キヤノンのカメラは、人の目で見たときに美しく見えることに重点をおいた画づくりが特徴です。白飛びしにくく、肌の色がキレイに描写できます。また、オートフォーカスの素早さに長けているのもポイントです。

初心者でもプロのような魅力的な写真を撮りたい方や、人物撮影を主とする方はキヤノンのカメラがおすすめ。さらに、スポーツや飛行機、鉄道など、高速で動く被写体を、高速連写で一気に撮り切りたい場合にも重宝します。

ニコンの一眼レフの種類

FXフォーマット

By: nikon-image.com

ニコンでは、フルサイズ機のカメラのことを「FXフォーマット」と呼びます。35mmフィルム相当(約36×24mm)の範囲を撮影することが可能です。光を受ける面積が広いため、感度に優れておりノイズが少ないキレイな写真が撮れます。

一方で、カメラもレンズも重くかさばるのが難点。DXフォーマット機に比べて価格も高めですが、その分高画質なので写真の画質にこだわりたい方におすすめです。

DXフォーマット

By: rakuten.co.jp

ニコンにおけるAPS-Cサイズのカメラは「DXフォーマット」と呼びます。フルサイズ機と比較して軽量・コンパクトで、リーズナブルな価格で手に入りやすいのがメリットです。

また、操作が簡単で、初心者向けのモデルもラインナップされています。画質はフルサイズ機と比較すると劣ってしまいますが、手軽に一眼レフを試してみたい方はチェックしてみてください。

ニコン一眼レフの選び方

有効画素数をチェック

By: nikon-image.com

有効画素数とは、イメージセンサー上に配置されている画素のうち、実際の撮影時に使用される画素数のこと。有効画素数が増えるほど画像の解像感が向上するので、風景やインテリアなどの撮影で被写体の細部まで緻密に描写したいときに重宝します。

1600万画素もあれば、A3ノビなどの大判プリントも高解像に印刷が可能。ニコンが発売している現行の一眼レフは大半が2000万画素を超えているため、どの機種を選んでも通常の用途であれば十分な画質が得られます。3000万画素を超える超高解像機は、風景など解像感にこだわりたい場合に使用するのがおすすめです。

「視野率」と「倍率」をチェック

視野率とは、実際に撮影する範囲と、ファインダーをのぞいたときに見える範囲の比率のこと。視野率が100%に近ければ近いほど、あとから確認できる写真の大きさと同じようにファインダーをのぞくことが可能です。なかには、視野率100%のモデルもラインナップされています。

また、倍率とは、被写体の実際の大きさとイメージセンサーに写る大きさの比率のこと。倍率が1.0倍に近いほど、実際の肉眼で見ている大きさと同じようにファインダーをのぞけます。

なお、視野率や倍率が高いモデルほど、価格が高価で重い傾向にあるので注意が必要。携帯性を重視したモデルのなかには、視野率を95%程度に収めたモノも存在します。携帯性をどの程度重要視するのか、どれくらいの予算を用意しているのかなどを考慮しながら、適した視野率や倍率を選択するようにしましょう。

ISO感度をチェック

By: nikon-image.com

ISO感度とは、カメラが光を捉える能力を表した数値のこと。ISO感度が大きくなるほど取り込める光の量が増えるので、暗い室内や夜間でも手ぶれを抑えつつ明るく撮影したり、モノをぶれずに撮影したりする際に有利です。

しかし、ISO感度は数値を上げるほど画像に粒状のノイズが現れやすくなり、画質が荒れてしまうのが難点。風景や夜景を高画質に撮影したい場合は、できるだけ低い感度を使用するのがおすすめです。

一般的な用途では、ISO3200〜6400ぐらいまでの感度のモノを選ぶと鑑賞に耐えられるほどの高画質で撮影できます。暗闇での撮影が多かったり、動体撮影で高速シャッターを多用したりしたい場合は、ISO12800を超える高感度なモデルをチェックしてみてください。

重量で選ぶ

持ち運びのしやすさや長時間撮影での疲れにくさを考慮したい場合は、一眼レフの重量も要チェック。FXフォーマットのフルサイズ一眼レフは、本体だけでも1kg前後の機種が多く、レンズを装着すると2kg近い重さになります。そのため、持ち運びや長丁場の撮影には相応の体力が必要となるのが難点です。

一方、DXフォーマットのAPS-C一眼レフは、FXフォーマット機と比べると軽いので比較的快適に持ち運びができ、長時間の撮影にも向いています。画質ではFXフォーマット機には及びませんが、携帯性や撮影継続性を重視する場合はおすすめです。

また、意外と盲点なのがレンズの重量。FXフォーマット用のレンズは、DXフォーマット用のモノと比べて大きいですが、重量も1.5〜2倍くらいの差があります。一眼レフを購入する際は、同時に使用するレンズの重量も考慮しておきましょう。

モニターの種類で選ぶ

By: nikon-image.com

液晶モニターには、カメラに埋め込まれた固定式のモノとモニターの向きを変えられる可動式のモノがあり、さらに可動式のモニターは主にチルト式とバリアングル式の2種類に大きく分けられています。

チルト式のモノは上下方向にモニターを傾けられるのが特徴。運動会で群衆の中から子供をハイアングルで撮影するときや、足元の草花をローアングルで撮影するときでも、無理な姿勢を取ることなく構図の確認ができるので楽に撮影が可能です。

バリアングル式のモノは、上下方向の回転に加えて、左右方向にモニターを動かせられるのが特徴。縦位置でも自由なアングルで撮影できます。また、ビデオカメラのようにモニターを横方向に開けるため、手持ちでも安定した姿勢で動画撮影ができるのがポイントです。

ワイヤレス機能があると便利

一眼レフにワイヤレス機能が搭載されていれば、撮影した画像をスマートフォンなどのデバイスに転送可能。メールで友人に画像を送ったり、SNSに投稿したりなどの操作がパソコンを介さなくても簡単に行えます。

また、スマートフォンをリモコン代わりとしても使用が可能。露出やホワイトバランスなど各種設定の変更、シャッター操作などがアプリ上で行えるので、手ぶれを抑えるために三脚に一眼レフを固定して夜景や草花などの撮影をする際に重宝します。

なお、利便性を重視したい方は、Bluetooth接続の「SnapBridge」に対応した機種を要チェック。一度ペアリングを行った後は常時連携が維持されるので、一眼レフの電源を入れるだけでスマートフォンに接続できます。

ニコンの一眼レフおすすめモデル

ニコン(Nikon) 一眼レフカメラ D850

有効画素数4575万画素を実現したFXフォーマットの一眼レフカメラです。画像処理エンジン「EXPEED 5」を搭載。色鮮やかで鮮明な画質に仕上がります。照明のチラつきを低減する「フリッカー低減」機能により、屋内外問わず快適な撮影をおこなえるのも特徴です。

カメラが階調や明瞭度を自動で設定を切り替える「ピクチャーコントロールシステム」もポイント。カメラの知識や技術がなくてもイメージ通りの構図で撮影をおこなえます。オートやスタンダードなど、好みのカメラ設定に合わせるだけなので、使いやすさも良好です。

液晶モニターはチルト式を採用しており、構図に合わせてモニターの角度を調節可能。ローアングルからハイアングルまで、さまざまな構図で撮影を楽しめます。また、液晶モニターはタッチ操作に対応しており、直感的に操作できるのも魅力です。

▼撮影イメージ

ニコン(Nikon) 一眼レフカメラ D780

有効画素数2450万画素を実現したFXフォーマットの一眼レフカメラです。動体追尾性能に優れた「51点AFシステム」を採用。動き回る被写体にもピントを合わせやすいので、スポーツや動物を撮影するシーンにもおすすめです。

20種類の「Creative Picture Control」を搭載。ドラマ・モーニング・ポップなどのフレームからイメージ通りの撮影をおこなえます。仕上がり具合をモニターで確認しながらコントラストや彩度を微調整できるのも特徴です。

ボディやカバーには軽量かつ耐久性に優れた「マグネシウム合金」を採用。優れた防塵防滴性能により、屋内だけでなくアウトドアシーンでも活用できます。また、専用アプリをインストールするとスマートフォンと連携可能。撮影データをすばやく共有できます。

▼撮影イメージ

ニコン(Nikon) 一眼レフカメラ ズームキット D7500

有効画素数2088万画素を実現したDXフォーマットの一眼レフカメラです。ニコン独自の「ピクチャーコントロールシステム」を搭載。被写体や風景に合わせて自動でカメラ設定を切り替えるため、初心者でも印象的な撮影をおこなえます。

10種類のスペシャルエフェクトモードを備えているのも魅力のひとつ。ナイトビジョン・極彩色・トイカメラ風など、ユニークな効果を表現できます。

専用アプリ「SnapBridge」をインストールすると、スマートフォンと一眼レフカメラの連携が可能。スマートフォンやタブレット端末をリモコンとして、離れた場所からでもシャッターを押せます。また、撮影データをすばやく共有できるため、SNSのアップロードもスムーズにおこなえるのも特徴です。

▼撮影イメージ

ニコン(Nikon) 一眼レフカメラ D500

有効画素数2088万画素を実現したDXフォーマットの一眼レフカメラです。液晶モニターは上下方向に動くチルト式を採用。構図に合わせてモニターの方向を切り替えられるため、快適な撮影をおこなえます。

専用アプリ「Snap Bridge」をインストールすると、スマートフォンと一眼レフカメラの連携が可能。スマートフォンをリモコン代わりにしたり、その場で撮影データを共有したり、さまざまな用途で活用できます。

ニコン(Nikon) 一眼レフカメラ D6

有効画素数2082万画素を実現したFXフォーマットの一眼レフカメラです。高密度105点AFシステムを搭載。さらに、フォーカスポイントのサイズを広めに設定でき、小さな被写体や動き回る被写体にもピントを合わせ続けられます。撮影したいときにすばやくシャッターを押しやすいのも魅力です。

ISO100〜102400まで対応しているので、さまざまな環境で撮影に臨めます。高感度でもノイズの少ない静止画に仕上がるのも特徴。また、電子手ブレ補正機能により、三脚やジンバルを使用できない場所でも撮影をおこなえます。

ボディやカバーには、堅牢性に優れたマグネシウム合金を使用。高い防塵防滴性能により、過酷な環境下でも撮影できます。

▼撮影イメージ

ニコンの一眼レフの売れ筋ランキングをチェック

ニコンの一眼レフの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。