猛暑日が続く夏の熱中症対策として欠かせないエアコン。しかし、通常の壁掛けエアコンは取り付け工事や室外機を置く場所の確保が必要のため、設置に際して制約が多いのが特徴です。

一方、「窓用エアコン」は一般的な窓であれば設置でき、工事も必要ないので、壁掛けエアコンが導入できない部屋でも設置できるのが魅力。そこで今回は、窓用エアコンのメリット・デメリットや選び方を踏まえた上で、おすすめの機種をご紹介します。

窓用エアコンとは?

By: amazon.co.jp

窓用エアコンとは、名前の通り窓に取り付けるタイプのエアコンで、メーカーによっては「ウインドエアコン」という名称で販売されていることがあります。普段目にすることが多い壁掛けエアコンに比べて、一定の大きさの窓さえあれば簡単に設置できるのが特徴。加えて、特別な技術がなくても自分だけで容易に取り付けられるため、初心者でも導入しやすいのが魅力です。

壁掛けエアコンは本体と室外機に分かれており、両方の機器を組み合わせることで初めて機能します。そのため、ベランダなど外に室外機を置くスペースが確保できないと、設置できないのが難点です。

一方、窓用エアコンは本体と室外機が一体となった構造なのが特徴。外に室外機を置けないような部屋でも、問題なく設置できます。

窓用エアコンのメリット・デメリット

メリット

通常の壁掛けエアコンは、本体と室外機を繋ぐパイプや排水用のホースを通すための穴を壁に開ける工事が必要ですが、物件によっては穴あけの許可が得られず設置できないことがあります。また、当然ながら工事は専門の業者に依頼することになるので、2万円前後の費用がかかるのがデメリットです。

しかし、窓用エアコンは設置に際して特別な工事が不要なのが大きなメリット。一定の大きさの窓さえあれば設置でき、壁に穴を空ける必要もないため、工事に関する制約が厳しい物件でもスムーズに導入できます。また、取り付け作業も自分で簡単にできるので、業者に依頼する必要がなく、工事費用が節約できるのもポイントです。

デメリット

窓用エアコンの本体価格は壁掛けエアコンよりもリーズナブルですが、月々の電気代は目安として約3倍かかるのがデメリットです。

広い部屋での利用には向かないのも難点。窓用エアコンの適応畳数は冷房で最大7〜8畳、暖房で最大5〜6畳程度なので、8畳を超える部屋では十分な効果は望めません。

窓用エアコンを使用する際は窓が半開きになるので、防犯や防虫対策が必須です。本体に付属する補助錠を窓に設置したり、隙間をテープやパテで埋めたりするなどして、忘れずに対処しましょう。

窓用エアコンの選び方

タイプをチェック

窓用エアコンには、冷房専用タイプと冷暖房兼用タイプの2種類があります。夏場の冷房としてのみ使用する場合は冷房専用タイプを選ぶのがおすすめ。兼用タイプと比べて安価に入手できます。ただし、使用していない期間はカビや雑菌が発生する恐れがあるため、掃除などのメンテナンスがしやすい機種を選びましょう。

年間を通して窓用エアコンを使用したい場合は、冷暖房兼用タイプを選ぶのがおすすめ。専用タイプと比べて少々高価ですが、全ての季節で常に快適な温度を保てます。ちなみに、暖房の使用時は後述する適応畳数が冷房のときよりも狭くなるので、兼用タイプを購入するときは暖房時の適応畳数を基準に部屋の広さに適した機種を選びましょう。

適応畳数をチェック

窓用エアコンを購入する際は、スペック表などに記載されている適応畳数を参考に部屋の広さに適した機種を選びましょう。しかし、住宅建材の種類が木造か鉄筋かによって示す畳数が異なるので注意が必要です。

鉄筋住宅は木造住宅に比べて気密性が高く、エアコンによる冷暖房効果が逃げにくいため、適応畳数がより広くなっているのが特徴。例えば、「冷房6~9畳」と記載されている場合、冷房使用時に木造住宅では6畳、鉄筋住宅では9畳の広さまで対応するという意味です。

ちなみに、適応畳数は住宅建材の種類や冷房・暖房の使用以外にも、使用する電源の周波数によって変わるのもポイント。東日本では50Hz、西日本では60Hzが一般的ですが、60Hzでの使用時の方が0.5〜1畳ほど適応畳数が広くなります。

取り付け可能かチェック

窓用エアコンを購入する際は、設置したい窓の大きさに適しているかを事前に確認しておきましょう。機種によって高さや横幅など設置に必要なスペースが異なります。

特に注意すべきなのが高さ。各機種のスペック表には「取り付け可能な高さ」が記載されているので、その数値よりも窓の高さが大きいことをチェックしましょう。通常は高さが80〜140cmの窓に対応していますが、これより大きい窓の場合、2mまでであれば別売りの延長取り付け枠を使うことで対処できます。

また、左右どちらの窓に設置できるかも重要。最新の機種は左右両方に取り付けられるものが基本ですが、片側のみに対応する機種も一部あるため、事前に部屋の間取りを確認しておきましょう。

電気代をチェック

窓用エアコンは一般的な壁掛けエアコンと比較して、電気代がかかってしまうのが難点。賢く使っていくために、窓用エアコンにかかる月々の電気代を具体例を挙げて見ていきましょう。

例えば、東日本(50Hz)で4〜6畳用の窓用エアコンを設定温度27℃で1日8時間使用した場合、1ヶ月当たりの電気代は2,300円程度かかります。西日本(60Hz)では4.5〜7畳に適応畳数が増えますが、この場合は2,700円程度になります。

窓用エコアンのおすすめメーカー

トヨトミ(TOYOTOMI)

By: rakuten.co.jp

トヨトミは、名古屋に本社を置く家電メーカーです。1952年の創業時は、石油コンロから事業を始めました。現在は主に石油ストーブや電気ヒーターなどの暖房機器を取り扱っていますが、扇風機や窓用エアコンなどの冷房機器も販売しています。

窓用エアコンとしては冷房専用機を3機種発売。全ての機種で「センター吹き出し」機構を採用しているため、冷風が部屋中に広がりやすいのが特徴です。また、カビの発生を防ぐ「内部乾燥モード」や内部にたまったドレン水の細菌繁殖を抑える「ドレン水除菌」などの機能によって、清潔に使用できるのも魅力となっています。

コロナ(CORONA)

By: rakuten.co.jp

コロナは新潟の三条に本社を置く住宅設備メーカーです。創業は1950年で、石油ファンヒーター・石油ストーブ・エアコン・給湯機・美容機器などを製造。特に最近ではヒートポンプ式給湯機の「エコキュート」で知られており、世界でシェアを拡大しつつあります。

窓用エアコンはコロナでは「ウインドエアコン」という名称で販売されていますが、冷房専用機のほかに冷暖房兼用機も用意。冷房しながら部屋の空気を換気する「換気機能」や、空気をリフレッシュする「マイナスイオン発生機能」を搭載した機種もあります。また、低振動設計により稼動時の騒音が気になりにくいのもポイントです。

ハイアール(Haier)

By: rakuten.co.jp

ハイアールは、中国の山東省にある青島に本社を置く中華家電メーカーです。創業は1984年で、冷蔵庫や洗濯機などの白物家電のほかに、テレビ・エアコン・ノートパソコンなどを世界165ヶ国以上で販売。白物家電ブランドの販売シェアでは世界第1位を誇っていますが、日本市場のニーズを的確に捉えた製品を開発していることでも知られています。

窓用エアコンとしては2機種をラインナップ。マイナスイオン発生機能や就寝時の冷やしすぎを防ぐタイマー機能などを搭載しているのが特徴です。また、他社製品と比較して価格が安いのも魅力。アフターサポートも充実しており、日本語でのサポートが365日受けられるので安心して使えます。

窓用エアコンのおすすめモデル

トヨトミ(TOYOTOMI) 窓用ルームエアコン TIW-A160J

トヨトミ(TOYOTOMI) 窓用ルームエアコン TIW-A160J

コンパクトで静音性に優れた、冷房専用の窓用エアコンです。最小で高さ76cmの小窓にも取り付けが可能なので、ベランダとは反対側で小窓しかない部屋でも設置できるのが特徴。また、4層の防音設計により、稼動時の音量が図書館並みの39dB(50Hz時)に抑えられており、作業に集中したいときや就寝時でも騒音が気になりにくいのがポイントです。

適応畳数は50Hz時で4〜6畳、60Hz時で4.5〜7畳に対応。「センター吹き出し」機構の採用によって、送風の際にムラができにくいため、部屋中に冷気を効率よく広げられるのも特徴です。また、発生した排水を内部で蒸発させるノンドレン構造のため、本体から水が流れず窓周りを清潔に使えます。

トヨトミ(TOYOTOMI) 窓用ルームエアコン TIW-AS180J

トヨトミ(TOYOTOMI) 窓用ルームエアコン TIW-AS180J

電気代を節約しつつ賢く使用したい方におすすめな冷房専用の窓用エアコンです。人を感知する「人感センサー」を搭載しているのが特徴。人が近くを離れてから10分が経つと省エネ運転に切り替わり、さらに50分経つと自動で運転を停止します。

停止してから60分以内に人が戻って動きを感知すると、自動で運転を再開。不使用時にかかる無駄な電気代を最小限に抑えられます。

適応畳数は50Hz時で4.5〜7畳、60Hz時で5〜8畳。防音設計により稼動音が静かな事務所程度の44dB(50Hz時)に抑えられているので、静音性の高い窓用エアコンを探している方にも最適です。また、「センター吹き出し」構造を採用しているため、冷風をムラなく広げられます。

コロナ(CORONA) 冷房専用ウインドエアコン CW-1819

コロナ(CORONA) 冷房専用ウインドエアコン CW-1819

長期間に渡って清潔な状態を保てる冷房専用の窓用エアコンです。運転停止後にエアコン内部を乾燥させてカビの発生を防ぐ「内部乾燥モード」や、底部にたまった排水に銅イオンを満たして細菌の繁殖を抑える「ドレン水除菌」などのクリーン機能を搭載しています。

適応畳数は50Hz時で4.5〜7畳、60Hz時で5〜8畳。独自のコンプレッサー制御により運転中と停止時の騒音を和らげる「低振動設計」や「ゆっくり停止機能」を搭載しているのも特徴です。

コロナ(CORONA) 冷暖房兼用ウインドエアコン CWH-A1819

コロナ(CORONA) 冷暖房兼用ウインドエアコン CWH-A1819

全ての季節で使用できる冷暖房兼用の窓用エアコンです。冷房と暖房の両方に対応するので、年間を通して快適な温度環境を実現できます。

換気機能を搭載しているのも本機の特徴。冷房を使用しながら、エアコン本体の前面にある吸込口から部屋にこもったタバコやペットのニオイなどを排気し、外の新鮮な空気と入れ替えます。約2時間で6畳の部屋の空気を換気できるので、清潔な空気環境を保ちたい方にもおすすめです。

81.3~140cmの高さを持つ窓に取り付けが可能。なお、冷暖房兼用機の適用畳数に関しては暖房使用時の畳数を参照するのがポイントですが、本機では暖房時の適用畳数は50Hz時で4〜5畳、60Hz時で5〜6畳となっています。

ハイアール(Haier) 窓用ルームエアコン JA-16T

ハイアール(Haier) 窓用ルームエアコン JA-16T

本体のコストパフォーマンスが魅力的な冷房専用の窓用エアコン。5万円前後の機種が多いなかで、比較的リーズナブルな価格で購入できるのが特徴です。

適応畳数は50Hz時で4〜6畳、60Hz時で4.5〜7畳。最小で高さ77.7cmの窓に設置できますが、141〜200.5cmの大きな窓には別売りの延長枠を使用することで取り付けられます。冷やしすぎを防ぐ「おやすみ運転機能」や「マイナスイオン発生機能」が搭載されているのもポイントです。

ハイアール(Haier) 窓用ルームエアコン JA-18T

ハイアール(Haier) 窓用ルームエアコン JA-18T

より広い部屋で使用できるようになったリーズナブルな冷房専用の窓用エアコンです。適応畳数は50Hz時で4.5〜7畳、60Hz時で5〜8畳。下位機種JA-16Tの冷房効果範囲では少し物足りない方におすすめです。

「おやすみ運転機能」やマイナスイオン発生機能も搭載。排水はノンドレン方式で、フロントパネルは外して洗えるので掃除などのメンテナンスが楽にできるのもポイントです。液晶付きのリモコンも付属しています。

コイズミ(KOIZUMI) ルームエアコン 冷房除湿専用 KAW-1692/W

コイズミ(Koizumi) ルームエアコン 冷房除湿専用 KAW-1692/W

環境にやさしい冷房専用の窓用エアコンです。適応畳数は50Hz時で4〜6畳、60Hz時で4.5〜7畳。オゾン層を破壊しない代替冷媒を採用しているため、地球環境への負荷を抑えて使用できます。

「快眠タイマー」機能を搭載しているのもポイントです。設定温度に達すると自動で運転を停止し、その後に設定温度から2.5℃以上室温が上昇すると自動で運転を再開。このサイクルを繰り返した後に7時間後に自動で運転を停止する仕組みなので、室温が冷えすぎて寝付けなかったり体調を崩したりなどの悩みを解決します。

アルミ製でサビにくい標準取り付け枠が付属。高さ77〜140cmの窓に取り付けられますが、別売りの延長取り付け枠を使えば高さ140〜190cmの窓にも対応できます。

コイズミ(KOIZUMI)) ルームエアコン 冷房除湿専用 KAW-1992/W

コイズミ(Koizumi) ルームエアコン 冷房除湿専用 KAW-1992/W

最大で8畳の広さまで対応する、冷房専用の窓用エアコンです。適応畳数は50Hz時で4.5〜7畳、60Hz時で5〜8畳。KAW-1692/Wの高い機能性はそのままに、より広い部屋で使えるよう改良されています。

フロントパネルは取り外して丸洗いができるのが特徴。メンテナンスが楽にできるので、いつも清潔な状態を保てます。また、シンプルなボタン配置で使いやすい液晶リモコンも付属。エアコン本体にはリモコンの収納ボックスがあるので、シーズンオフの間に紛失する心配がありません。

朝まで付けっぱなしを防ぎ、快適な温度を保つ「快眠タイマー」機能も搭載。加えて、設定時間が経過すると自動的に運転を開始して1時間後に自動停止する「入タイマー」と、設定時間が経過すると自動的に運転を停止する「切タイマー」も備えています。