最近は音楽を聴く際に、ヘッドホンやイヤホンはもちろん、スピーカーにもこだわりを持つ方が増えてきています。なかでも、音質はもちろんインテリア性も兼ね備えているのが「ブックシェルフスピーカー」。書斎やリビングをおしゃれに演出します。

そこで今回は、ブックシェルフスピーカーのおすすめモデルをご紹介。充実したオーディオ環境を整えたい方は、ぜひチェックしてみてください。

ブックシェルフスピーカーとは?

By: amazon.co.jp

ブックシェルフスピーカーとは、「bookshelf type speaker(本棚の中に置けるスピーカー)」のこと。具体的な規格はありませんが、目安としては幅20cm前後、高さ40cm程度までの直方体のスピーカーを意味し、最近では比較的コンパクトなスピーカー全般のことを指します。

ブックシェルフスピーカーの特徴

ブックシェルフスピーカーの特徴は、音質がフラットで、低音から高音までバランスよく聞こえる点。なお、キャビネット(箱)の容積が小さいことにより、低い周波数の低音を出しにくいことは留意しておきましょう。

最近のブックシェルフスピーカーの性能向上ポイント

By: amazon.co.jp

スピーカーの大きさと低音再生能力には相関関係があり、本体サイズが大きいほうが低音をより低い周波数まで出しやすいです。

なお、小さいスピーカーでも音の出しやすさにつながる能率を犠牲にすれば、ある程度の低い周波数であればカバーできますが、そうなると駆動するアンプに負担がかかるため、製品化はなかなか困難でした。

その流れが変わったのは2000年代以降。技術が進歩したことで低価格でも高出力で駆動力もある「デジタルアンプ」が普及し、昨今のラインナナップにおいては優秀なブックシェルフスピーカーも数多く出揃っています。

ブックシェルフスピーカーの選び方

大きさで選ぶ

By: dm-importaudio.jp

ブックシェルフスピーカーは小型とは言っても一律ではなく、大きさの違いがあります。PCデスクで使いたい場合は、片手サイズの幅15cm以下くらいがおすすめ。ある程度広い部屋でスタンドも使って本格的に使いたい場合は、幅20cm以上のモデルが向いています。

なお、設置場所に余裕があり、アンプへの負担も減らしたいのであれば、幅30cmくらいの中型ブックシェルフと呼ばれるやや大きめのタイプもおすすめです。

ハイレゾ対応で選ぶ

By: bowers-wilkins.jp

現在のスピーカーのトレンドはCDを上回る高音質音源であるハイレゾ対応です。ハイレゾ対応スピーカーとは、高域再生能力が40kHz以上の製品のこと。対象製品には「ハイレゾロゴマーク」が付与されており、対応する製品ラインナップは国内メーカー品が中心となります。

低音再生能力で選ぶ

By: rakuten.co.jp

最近のブックシェルフスピーカーの低音再生能力が高いと言っても本格的な大型機とは音質に差があることは否めません。特に幅15cm以下の小型機では低音が少ないと感じる場合もあります。

具体的な目安として、低音側の再生周波数範囲を見ましょう。数値が低い方がよく、40Hz台だと小型としては優秀です。なお、50~60Hz台であれば低音不足を感じることはあまりありませんが、80Hz以下が出ないと物足りなさを感じます。しっかりとチェックしておきましょう。

能率とインピーダンスをチェック

能率

By: amazon.co.jp

能率はdB(デシベル)で表示します。スピーカーに1Wの信号を加えて出る音の大きさを測定した数字です。能率が高いほど、少ないアンプの出力で大きな音が出せます。

ブックシェルフスピーカーは低音再生能力を高めるために能率が低いものも。標準は85dB程度ですが、80dB台前半だとアンプのパワーが必要になります。アンプに気を使いたくない場合は85dB以上がおすすめです。

80dB台前半でも机の上などで近づいて聴くならそれほどパワーは要りません。また、デジタルアンプ(D級動作)と組み合わせることでも解決できます。

インピーダンス

By: amazon.co.jp

インピーダンスはスピーカーが持つ電気抵抗の大きさを表す数値で、Ω(オーム)という単位で表します。一般的なスピーカーは4〜8Ωで、最も多いのは6Ωです。

気をつけたいのは4Ω。AVアンプやミニコンポのアンプでは4Ωに対応しない製品があります。音は出ますが、故障やトラブル時には保証対象外となることがあるので留意しておきましょう。

形式をチェック

By: dm-importaudio.jp

スピーカーの再生可能音域の広さと低音の質に関わってくるのが、スピーカーの形式です。ユニット数を増やせば再生音域は広がりますが、音の出所が分散するため、近づいて聴くと違和感が出る場合があります。

また、低音の出方と再生音域に関わるエンクロージャー形式は2種類あり、低音を豊かで再生音域を延ばせる「バスレフ型」と締まりのある低音が特徴の「密閉型」とがあります。なお、大きさが似通っている小型のブックシェルフスピーカーでは大半が「2ウェイ形式のバスレフ型」です。

ブックシェルフスピーカーおすすめモデル

ヤマハ(YAMAHA) スピーカーパッケージ NS-BP200(BP)

ヤマハ(YAMAHA) スピーカーパッケージ NS-BP200(BP)

2010年に登場した、ヤマハのロングセラーにしてベストセラーのブックシェルフスピーカー。人気の理由はコンパクトでありながら、低音域が豊かな点です。サイズは幅154×高さ274×奥行287mm、重量が3.9kg。横幅と高さを抑える一方で、奥行きを伸ばした独自の深型キャビネットを採用したことにより、パワフルな低音を再現するのに充分なキャビネット容量を実現しています。

ユニットは、12cmコーン型ウーファーと3cmソフトドーム型ツィーター。再生周波数帯域は55Hz~80kHzとワイドレンジです。脚部に3点支持脚を用いており、3本がしっかり接地することで不要な振動を軽減しています。

左右側面と天面・底面の表面はピアノブラック調。マットな仕上げのフロントとのコントラストが美しいのがポイントです。リーズナブルな価格ながら、音質・デザインのバランスが優れています。

ヤマハ(YAMAHA) スピーカーパッケージ NS-BP182

ヤマハ(YAMAHA) スピーカーパッケージ NS-BP182

ヤマハ伝統のナチュラルサウンドを受け継いだ、コンパクトなブックシェルフスピーカーです。サイズは幅154×高さ273×奥行230mm、重量が3.3kg。スピーカーユニットに12cmコーン型ウーファーと3cmソフトドーム型ツィーターを搭載した2ウェイタイプで、再生周波数帯域が60Hz~100kHzと広いのが特徴です。

ウーファーのコーンに、ハイエンドスピーカーシリーズで用いられている「A-PMD振動板」を用いているのが魅力。ペーパーの軽さと樹脂の強さを併せ持つコーンです。

また、内部に複合構造体を設置することにより、キャビネットの不要な振動を抑える「VCCS」テクノロジーを採用。音の濁りを抑えて、クリアに再生します。

ソニー(SONY) 3ウェイブックシェルフスピーカー SS-CS5

ソニー(SONY) 3ウェイブックシェルフスピーカー SS-CS5

コンパクトモデルでは珍しく3ウェイユニットを使用した、ソニーのハイレゾ対応ベーシックモデル。スピーカーユニットは130mmコーン型ウーファーと25mmソフトドーム型ツィーターに加えて、指向性が高い19mmドーム型スーパーツィーターを搭載しています。

ウーファー振動板には、軽量で高剛性の発泡マイカを用いて共振を抑制。また、スーパーツィーターは磁気回路を改良するとともに、銅メッキアルミ線を採用して音圧を強化させています。

再生周波数帯域が53Hz~50KHzと幅広いのがポイントです。また、出力音圧レベルも87dBと能率が高いため、低出力のアンプを使用しても安心。また、真鍮製スピーカーターミナルの内側を削り出すことにより、コネクターを直接接続できます。細かい点まで配慮の行き届いた、おすすめのブックシェルフスピーカーです。

パイオニア(Pioneer) ブックシェルフスピーカー S-CN301-LR

パイオニア(Pioneer) ブックシェルフスピーカー S-CN301-LR

ハイレゾ時代に相応しい高性能なコンパクトスピーカーを目指して開発された、パイオニアの2ウェイバスレフ型スピーカーです。スピーカーユニットは、2cmソフトドーム型ツイーター、および10cmグラスファイバー振動板ウーファーを搭載。分割された周波数帯の音声を、それぞれのユニットに振り分けるネットワーク回路を開発したことにより、再生周波数帯域も45Hz~40kHzと良好です。

キャビネットは天然木を貼り合わせて木目柄にする新製法を採用。さらに、MDF材を使用した極厚バッフルを搭載しており、制振性を強化しています。そのため、中音域の再現力がパワフルで、定位が明確なのがメリットです。サイズは幅125×高さ230×奥行220mm、重量2.9kgと省スペース性に優れています。特に横幅が短いので、デスクトップ用としてもスペースを取りにくいスピーカーです。

オンキヨー(Onkyo) スピーカーシステム D-TK10

オンキヨー(Onkyo) スピーカーシステム D-TK10

オンキヨーが、アコースティックギターメーカー高峰楽器製作所とコラボして開発した、ギターアコースティックスピーカー。厳選された素材を用いて、ギターと同じ工法で製作された自然の響きが魅力です。キャビネットにはマホガニー材、そして台座部にはローズウッド材を使用しています。

ウーファーにはNewA-OMFコーン型振動板を採用しており、中低域がパワフルなのがポイント。ツィーターはアルミ製イコライザーを搭載したリング型振動板を使用しています。

サイズは幅220×高さ276×奥行133mm、重量2.9kgと軽量コンパクトながら、最大入力200Wとハイパワーなハイレゾ対応のスピーカー。ただし、能率が80dBと低めなので、アンプは高出力モデルがおすすめです。高価ですが、高音質のコンパクトなスピーカーを探している方におすすめします。

オンキヨー(Onkyo) スピーカーシステム INTEC D-212EXTD

オンキヨー(Onkyo) スピーカーシステム INTEC D-212EXTD

パーツを厳選した、オンキヨーの2ウェイブックシェルフスピーカーです。ツィーターには一般的なドーム型ではなく、オンキョーの特徴であるリング型振動板を採用。表面には高硬度チタンコーティングを施してあります。振動板にボイスコイルを配置したことにより、分割振動を抑制。最高100kHzという超広帯域再生が可能です。

ウーファーには自社開発のN-OMF振動板を搭載。固有ノイズの少ない、力強い低音域の再生ができます。バスレフには一般的な円筒ダクトではなくスクエア型を採用。ダクト部を、MDF材キャビネットとは別のパーツとしたことにより、振動の干渉を大幅に軽減しています。ハイレゾ対応のスタンダードモデルとして、おすすめのスピーカーです。

デノン(DENON) ブックシェルフスピーカー SC-M41

デノン(DENON) ブックシェルフスピーカー SC-M41

幅145×高さ234×奥行238mm、重量3.6kgと省スペース性に優れているモデル。許容入力60W・最大入力120Wとパワフルな2ウェイバスレフ型スピーカーです。

スピーカーユニットは12cmペーパーコーン型ウーファーと2.5cmソフトドーム型ツィーターを採用しており、再生周波数帯域は45Hz~40kHzとワイド。低音域45Hzまでをカバーしているのがメリットです。

素材に5mm厚のMDF木材を使用したことにより、キャビネットの箱鳴りを抑制。また、従来モデルに比べて、断面積が58%大きくなったスピーカーケーブルも付属しています。重厚な低音が魅力のブックシェルフスピーカーです。

デノン(DENON) ブックシェルフスピーカー SC-A17

デノン(DENON) ブックシェルフスピーカー SC-A17

デノンのリーズナブルな密閉型12ウェイスピーカーです。スピーカーユニットには8cmコーン型ウーファーと2cmのソフトドームツィーターを使用しています。再生周波数域は80Hz〜60kHz。出力音圧レベルは81dBとやや控えめです。

サイズは幅110×高さ180×奥行130mm、重量が約1.4kgとテレビの横や机の上に置いても気にならないサイズ感です。防磁設計なので、他機器の影響による音質低下が起こりにくいのもポイント。テレビやパソコン・ブルーレイレコーダーと接続して使う、手頃な価格のホームシアター用スピーカーを探している方におすすめのモデルです。

JVCケンウッド(KENWOOD) ブックシェルフスピーカー SX-WD7VNT

JVCケンウッド(KENWOOD) ブックシェルフスピーカー SX-WD7VNT

厳選された木材のパーツを使用することによって、解像度の高い音響空間を創りだすことを目的としたブックシェルフスピーカー。11cmウーファーには解像度を向上させるチェリー材振動板を採用するとともに、メイプル木片を用いて音の濁りを軽減しています。また、2cmツィーターにも磁気回路後部のチェリー材ウッドブロックが搭載されており、不要な振動や高域成分を低減しているのもポイントです。

キャビネットには竹素材の響板とチェリー材響棒を配置し、楽器の分離や臨場感を向上。ピーカーターミナル固定用ネジのうち、一部をステンレス素材に変更することにより、音の輪郭を鮮明にするなど、細かい改良も加えられています。

フォステクス(FOSTEX) ハイレゾ対応アクティブ・スピーカー PM0.3H

フォステクス(FOSTEX)  ハイレゾ対応アクティブ・スピーカー PM0.3H

15W+15Wのデジタルアンプを内蔵した、フォステックスのアクティブスピーカーの定番モデルです。ハイレゾ音源に対応しており、パソコンやスマホのハイレゾ音源を楽しめます。

ユニットに7.5cmコーンスピーカーウーファーと、1.9cmソフトドームツィーターを使用した2ウェイバスレフ型のスピーカーで、再生周波数帯域110Hz〜40kHz。サイズが幅100×高さ185×奥行130mm、重量が約1.5kgとブックシェルフスピーカーとしても極めてコンパクトなので、机の上でも利用しやすいのがメリットです。リスニング用としてだけでなく、パソコンを使ったDTM(デスクトップミュージック)制作用モニタースピーカーとしてもおすすめします。

ダリ(DALI) ブックシェルフスピーカー MENUET

ダリ(DALI) ブックシェルフスピーカー MENUET

20年以上の歴史を誇るダリのロングセラー2ウェイスピーカーです。11.5cmウーファーは軽量・高剛性のウッドファイバーコーン型。アーム状アルミダイカスト製フレームに搭載したボイスコイル・サスペンションに通気孔を設けることにより、キャビネット内のエアフローを最適化しています。

ツィーターは大型の2.5cmソフトドーム型を採用。放熱性向上のため、アルミヒートシンクを搭載しています。30%軽量化されたドームと強力マグネットの駆動システムが、高速振幅と俊敏なコントロールを可能にしたことにより、高音域がつややかなのがメリットです。

再生周波数特性は59Hz~25kHz。86dBと能率が高めです。背面のエアーダクトは斜めに配置されており、壁近くにセッティングしても悪影響を受けにくいように設計されています。

ダリ(DALI) ブックシェルフスピーカー SPEKTOR2

ダリ(DALI) ブックシェルフスピーカー SPEKTOR2

13cmウーファーを搭載した、2ウェイブックシェルフスピーカーです。ウーファーユニットはウッドファイバーコーン型。木の繊維の凹凸ある表面とすることで、ユニット自体の不要な共振を軽減しています。そのほか、サスペンション・フレーム・磁気回路なども改良されています。

2.5cm径のツィーターは超軽量のシルク繊維素材。高音域を精度高く再現できるのがメリットです。通常のソフトドームツィーターと比較して、半分の質量と謳われています。また、本モデルは高音・中音・低音域のつながりがよいのもポイントです。

再生周波数帯域54Hz~26kHz、能率は84.5dB。ステレオのメインスピーカーとしても、サラウンドシステムのリア用としてもおすすめのスピーカーです。

ダリ(DALI) ブックシェルフスピーカー OBERON3

ダリ(DALI) ブックシェルフスピーカー OBERON3

ブックシェルフ型としては大きめのスピーカーユニットを搭載した、2ウェイバスレフ型スピーカーです。ツィーターは2.9cmソフトドームタイプ。大口径ツィーターはミッドレンジから高音域までのつながりがよいのがメリットです。

ウーファーも大口径18cmウッドファイバーコーン型を使用。ダリの特許技術である「ソフト・マグネティック・コンパウンド(SMC)磁気回路」を搭載してあるのがポイントです。磁気回路内部で発生する磁気変調と渦電流を低減することにより、波長の歪みを抑えて高音質化が図られています。

ダリらしい北欧風のデザインも魅力。パワフルなブックシェルフスピーカーを探している方におすすめのモデルです。

ジェイビーエル(JBL) 2ウェイ ブックシェルフ型スピーカー ARENA120

ジェイビーエル(JBL) 2ウェイ ブックシェルフ型スピーカー ARENA120

リーズナブルな価格が魅力の2ウェイスピーカーです。エンクロージャー方式として、ブックシェルフでは珍しい密閉型を採用しているのが特徴。ユニットには大きめの14cm径ファイバーコンポジット・パルプコーンウーファーを使用しています。

さらに、2.5cmソフトドームツィーターの周りにウェーブガイド・ホーンを設けてあるのがポイント。壁面などへの音の反射による高音域への悪影響を抑制しています。

周波数特性は100Hz~40kHz、出力音圧レベルも86dBと良好です。サイズは幅188×高さ341×奥行113mmで、重量が3.5kg。奥行がスリムなので、壁や天井に設置しても圧迫感が少ないスピーカーです。

ジェイビーエル(JBL) 3ウェイスタジオモニタースピーカー 4307

ジェイビーエル(JBL) 3ウェイスタジオモニタースピーカー 4307

長時間のリスニングでも疲れにくいことで定評のあるモデル。本モデルは、JBLのスタジオモニターシリーズとしてはコンパクトです。しかし、サイズ幅328×高さ545×奥行300mm、重量16.6kgと他社のブックシェルフスピーカーに比べて大型なので、スペースを確認しておきましょう。

25cmピュアパルプコーンウーファーには耐久性の高いラバーエッジとともに、歪みが少ない磁気回路を採用しており、レスポンスが高いのがポイントです。12.5cmのミッドレンジユニットには、ピュアパルプコーンに高分子ポリマーコーティングを施して歪みを軽減。高音用には、駆動力の高い大径の3.8cmリング型ツイーターを搭載しています。

再生周波数特性は45Hz~45kHzとワイドレンジで、出力音圧レベル91dBと高能率なのもメリット。コンパクトなブックシェルフスピーカーでは満足できない方に、おすすめのハイパワーモデルです。

モニターオーディオ(MONITOR AUDIO) ブックシェルフスピーカー BRONZE1

モニターオーディオ(MONITOR AUDIO) ブックシェルフスピーカー BRONZE1

自社内ですべてのパーツを製造する「マニュファクチュール」をモットーとするモニターオーディオ。マニュファクチュールのメリットは、上位機種のノウハウをリーズナブルな製品にも投入できる点です。BRONZEシリーズはお手頃価格のバリューモデルですが、ハイエンドPlatinumやミドルクラスSilverの技術が用いられています。

2.5cmのGold dome C-CAMツィーターは、通気口からマグネット外周へと空気の通り道を確保することによって、不要な振動を抑制。この構造は上位機種Silverと同じです。また、ユニットをテンションロッド1本で固定することにより、均等の力がかかることもPlatinumシリーズと同様で、正確な動作を可能にしています。限られたスペースで高音質なスピーカーを設置したいという方におすすめのモデルです。

ケンブリッジオーディオ(Cambridge Audio) ブックシェルフスピーカー SX-60

ケンブリッジオーディオ(Cambridge Audio) ブックシェルフスピーカー SX-60

「サウンドファースト(音質最優先)」をモットーとする。イギリスのブランド「ケンブリッジオーディオ」がリリースする2ウェイバスレフ型スピーカーです。ユニットに16.5cmコーン型ウーファーと2.5cmシルクドーム型ツィーターを搭載しており、再生周波数帯域は41Hz~22kHz。伸びやかな高音が魅力です。

能率が89dBと高めなため、さまざまなアンプと組み合わせやすいのがポイント。なお、インピーダンスは日本で一般的な6Ωではなく8Ωです。サイズは幅200×高さ340×奥行272mm、重量が5.0kg。やや大きめですが、MDF素材のキャビネットは、音質を悪化させる定在波の影響を最小限にするように設計されています。

ブックシェルフスピーカーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ブックシェルフスピーカーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

番外編:ブックシェルフスピーカーの置き方

高音質を引き出す基本的な置き方

By: fostex.jp

ブックシェルフスピーカーは本棚に置けるというのが名前の由来ですが、スピーカーは狭い場所に押し込めてしまうと音の広がりが減り、音もこもってしまうので、その名の通り設置するのは、あまりおすすめしません。スピーカーの前方と側方には空間を要すのはもちろん、後方に低音放射用ポート(バスレフポート)のある場合は後方も同じように空けましょう。

左右の間隔は1mから2mの範囲で空けるとステレオ効果が適度に発揮された臨場感の高い音になります。2台のスピーカーの高さを揃えるのも基本です。耳の高さに高音側のユニット(ツイーター)が来るようにしましょう。

何に置くか

By: dm-importaudio.jp

理想的な設置は、適切な高さに置けるブックシェルフスピーカー向けスタンドを活用する方法。別途用意する必要はありますが、予算と設置するスペースがある場合は検討の余地ありです。

スタンドを使わない場合は、カラーボックスのような設置面の弱い場所には置かないほうがよいでしょう。スピーカーは、底部の振動が設置面で増幅、共振しないことが基本。机の上などに置く場合は、設置面にオーディオ用インシュレーター(振動吸収素材)を置くのも有効です。