従来のCDを上回る情報量と音域の広さを持つ高音質な「ハイレゾ音源」。その音源のよさを活かすためには「ハイレゾ対応スピーカー」を使用する必要があります。

しかし、ハイレゾという言葉だけでどういうものなのかを知らない方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、ハイレゾの基礎知識とおすすめのハイレゾスピーカーをご紹介。選び方もあわせて解説するので、購入を検討している方はチェックしてみてください。

ハイレゾ対応スピーカーとは?

ハイレゾ対応スピーカーと普通のスピーカーの違い

By: amazon.co.jp

ハイレゾは高解像度を意味する「ハイレゾリューション」の略語。CDの何倍もの情報量であるハイレゾ音源の情報を余すことなく引き出せるのが、ハイレゾ対応スピーカーです。

ボーカリストの息遣いや細かな残響といった、普通のスピーカーでは再現できない音域まで拾い上げてくれるので、生の演奏を聴いているかのような臨場感を楽しめます。

ハイレゾ対応スピーカーの選び方

パッシブ型かアクティブ型か

By: amazon.co.jp

スピーカーには、音を出すのに外部アンプとプレーヤーが必要な「パッシブ型」と、アンプを内蔵した「アクティブ型」に分かれます。

据え置きの本格的なオーディオシステム用としてはパッシブ型、PCスピーカーやBluetoothスピーカー、サウンドバーなど生活に溶け込んだホームオーディオ向けの製品にはアクティブ型のモノが主流です。

パッシブ型は高品質ですが予算や手間、設置環境など要求度が高いのに対し、アクティブ型は大きさ、価格も手ごろなモノが多く、従来のラジカセやミニコンポ感覚で使用できます。

最近はアクティブ型でもハイレゾ対応化により高品質なモノが増えているので、ハイレゾ対応スピーカーに興味がある方にもおすすめです。

アクティブ型は入力対応スペックを確認

By: amazon.co.jp

一部のハイレゾ対応アクティブスピーカーには、デジタル入力を装備しているモノもあります。ハイレゾ音源の多くはPCから再生するので、USB入力があれば便利。光か同軸のデジタル入力しかない場合は、USB-DDCを使えば利用可能です。

USB入力型では対応ハイレゾ音源のスペックを確認しましょう。PCM系の24bit/96kHzまで対応は最低条件。PCMなら24bit/192kHz以上に対応したモノがおすすめです。一方、DSD対応モデルは少ないですが、DSD音源はPC側でPCMに変換して出力再生できます。

ハイレゾ対応スピーカーのおすすめ|アクティブ型

Edifier デスクトップパワードスピーカー ED-S880DB

コンパクトなブックシェルフタイプのアクティブ型ハイレゾ対応スピーカーです。デスク上に設置しやすいため、パソコンでハイレゾ音源を楽しみたいときにおすすめのモデル。USB端子のほかRCA端子や光デジタル端子、同軸デジタル端子などさまざまな機器との接続に対応しています。

Bluetooth接続にも対応しており、スマホやタブレットをワイヤレスで接続することも可能。約10mの通信距離により、離れた位置からでも再生操作できるため便利です。コンパクトながら出力88Wのハイパワーを実現。シリーズ最大級の音圧と迫力あるサウンドを実現しています。

低音域と高音域のバランスを調節できるイコライジング機能も搭載。CLASSIC・MONITOR・DYNAMIC・VOCALの4つのプリセットモードから、好みのエフェクトを選んで手軽にサウンド調節できるのも便利です。

アンカー(Anker) Bluetoothスピーカー Soundcore Motion+

超低域50Hzから超高域40kHzまで幅広い周波数帯域に対応している、アクティブ型ハイレゾ対応スピーカー。AUXケーブルでハイレゾ対応機器と接続すれば、CDを上回る高音質なハイレゾサウンドを楽しめるおすすめモデルです。

Bluetooth接続にも対応しており、スマホやタブレット内に保存した音楽ファイルをワイヤレスで再生できます。専用の「Soundcore」アプリを活用すれば、イコライザー機能で音質をカスタマイズできるのも便利。お気に入りの音楽ジャンルに最適なミックスを作成できます。

6700mAhのバッテリーを搭載した充電式で、最大12時間の再生が可能。IPX7規格の防水性能を備えており、海やプールなど水辺のアウトドアアクティビティやお風呂場などさまざまなシチュエーションで活躍します。

ソニー(SONY) グラスサウンドスピーカー LSPX-S2

透明な有機ガラスを採用した独特な外観が印象的なアクティブ型ハイレゾ対応スピーカーです。ガラス管は高域を再生するツィーターの役割を果たしており、真ん中に配置されたウーファーから中域を再生します。

本体下部には低域を再生するパッシブラジエーターを配置。高域・中域・低域のすべての音が360°に広がるサラウンドサウンドを実現しています。空間に溶け込むデザインはインテリアとの調和にこだわりたい方にも最適。最大8時間駆動するバッテリーを内蔵しており、さまざまな場所で気軽に音楽を楽しめるおすすめモデルです。

CD音源や圧縮音源をハイレゾ相当の高音質で再生する「DSEE HX」を搭載しているのもポイント。Bluetooth接続でもハイレゾ音源を楽しめるコーダック「LDAC」にも対応しています。

ソニー(SONY) ワイヤレススピーカー SRS-X99

スマートなフォルムが特徴のアクティブ型ハイレゾ対応スピーカー。シンプルなデザインで、どんな場所に設置しても違和感なく溶け込みやすい外観が魅力です。コンパクトな躯体に7つのスピーカーユニットを搭載しているのもポイント。各ユニットを高性能フルデジタルアンプで駆動させ、実用最大出力154Wものハイパワーを実現しています。

Bluetooth接続により、スマホやタブレットに保存した音楽ファイルをワイヤレス再生できるのも便利。ワイヤレスでもハイレゾ音源で楽しめるコーダック「LDAC」に対応しており、圧縮音源を高音質で楽しみたい方におすすめのモデルです。スーパーオーディオCDで使用される「DSD」の再生にも対応しています。

デノン(Denon) 高音質ネットワークスピーカー Denon HOME 150

高品質な25mmドームツィーターと89mmコーンウーファーを搭載した、アクティブ型ハイレゾ対応スピーカーです。コンパクトなフォルムながら厚みのある低域を再生できるのが特徴。綿密な解析で設計されたフロントバッフルにより、モノラルスピーカーながら適度な広がりのあるサウンドを実現しています。

対応ハイレゾ音源はPCM系ファイルで24bit/96kHzまで再生可能。5.6MHzまでのDSDファイルも再生できます。さまざまな音楽ストリーミングサービスに対応しているのもポイント。手軽にさまざまなジャンルや年代の曲を楽しみたい方におすすめです。

Bluetooth接続対応で、スマホやタブレットに保存した音楽ファイルをワイヤレスで再生できるのも便利。インターネットラジオや複数のAirPlay2対応機器によるマルチルーム再生、さらにAlexaによる音声コントロールなど多機能性も魅力の1台です。

オンキヨー(Onkyo) WAVIO パワードスピーカーシステム GX-100HD

オーディオ用高級スピーカーに採用されているリングツィーターなど、高品位なパーツを多数搭載したアクティブ型ハイレゾ対応スピーカー。板厚15mmもの堅牢でスタイリッシュな木製キャビネットを採用しているなど、本格志向の方におすすめのモデルです。

オーディオ譲りのハイクオリティアンプを内蔵しているのも魅力のひとつ。コンパクトながら15W+15Wのハイパワーにより、音量の大小にかかわらず高音質なハイレゾサウンドを楽しめます。細部に至るまで本格オーディオ仕様なのもチェックポイント。RCA端子やサブウーファー端子、ヘッドホン端子に金メッキ処理を施しています。

オンキヨー(Onkyo) WAVIO パワードスピーカーシステム 40W+40W GX-500HD

独自開発のデジタルアンプ「VL Digital」を採用したアクティブ型ハイレゾ対応スピーカーです。ノイズによる音質劣化が起こるデジタルアンプの欠点を独自理論で解決。モノコックウーファーやリングツィーター、キャビネット構造に最新のスピーカー技術を投入しているなど、単品オーディオに迫るハイグレードモデルです。

コンパクトサイズでパソコン用スピーカーとしておすすめ。アンプとスピーカーを同時に設計できるアクティブ型のメリットを活かし、徹底した音質チューニングを施しています。パソコン向けの小型スピーカーながら、40W+40Wのハイパワーも魅力です。

ヤマハ(YAMAHA) ネットワーク・パワードスピーカー アンプ NX-N500

5.6MHzまでのDSDファイルに対応しているなど、さまざまなハイレゾ音源を充実に再生するUSB DAC機能に搭載したハイレゾ対応スピーカー。PCM系ファイル32bit/384kHzと、5.6MHzまでのDSDファイルを再生できます。Bluetooth接続にも対応しており、スマホやタブレットに保存した音楽をワイヤレス再生可能です。

Wi-Fi内蔵でLANケーブルなしでネットワーク上の音楽を楽しめるのも便利。インターネットラジオも聴けるほか、対応機器間で音楽コンテンツの共有を可能にする「MusicCast」にも対応しているなど、さまざまな楽しみ方のできるおすすめモデルです。

フォステクス(FOSTEX) アクティブ・スピーカー PM0.3H

ホワイトとブラックのコントラストが美しいアクティブ型ハイレゾ対応スピーカーです。高音質アクティブスピーカーの定番モデル「PM0.3」をハイレゾ音源用に進化。テレビで映画鑑賞を楽しんだり、オーディオを高音質で聴いたりとさまざまなシーンで高音質を堪能できるおすすめモデルです。

Bluetooth接続に対応しており、スマホやタブレット内の音楽ファイルも再生可能。手軽にワイヤレスで音楽を聴きたいときに便利です。同シリーズのサブウーファーと接続してシステムアップするのもおすすめ。より臨場感のあふれた迫力あるサウンドを楽しめます。

ケーイーエフ(KEF) ハイレゾ対応フルワイヤレススピーカー LSX

ワイヤレス専用に開発されているハイレゾ対応スピーカーです。左右のスピーカーが独立した完全ワイヤレスタイプで、わずらわしい配線は不要。アンプを内蔵したアクティブ型で、スマホやタブレットを使って手軽にハイレゾ音源を楽しみたい方におすすめのモデルです。

低域用70W、高域用30Wアンプを左右それぞれに搭載した仕様で、コンパクトサイズながら低域の量感に優れているのが特徴。ボーカルの音像が中央に定位する位相の整ったサウンドを楽しめます。専用アプリを活用すれば、設置環境に合わせた音質のチューニングも可能です。

ハイレゾ対応スピーカーのおすすめ|パッシブ型

ジェイビーエル(JBL) STAGE A130 2ウェイ ブックシェルフ型スピーカー JBLA130W

高級感のあるエレガントなキャビネットデザインが印象的なパッシブ型ハイレゾ対応スピーカーです。25mm軽アルミダイアフラム・ドームツィーターの搭載により、伸びやかで歪みのないクリアな高域を実現。応答性に優れたコーンウーファーとの組み合わせで、高音質なサウンドにこだわりたい方におすすめのモデルです。

プロフェッショナルモニター用に開発された「HDI技術」採用の「ウェーブガイド・ホーン」を高域ユニットに搭載。リスニングエリアのどこから聴いても自然な音響バランスを楽しめます。STAGEシリーズの各モデルを組み合わせれば、一体感のあるマルチチャンネルシステムの構築が可能です。

ジェイビーエル(JBL) スピーカー 4312M II WX

伝統的モデルとして知られる「MODEL4312」シリーズのメソッドを取り入れた、パッシブ型ハイレゾ対応スピーカー。コンパクトながら内部補強桟の追加などキャビネット強化により、不要な箱鳴きを徹底的に排除しています。

133mmウーファーと19mmドームツィーターにくわえ、50mmミッドレンジを搭載した3WAYユニットを採用。ツィーターとの音のつながりを重視しているほか、指向性も改善しているなど本格的なリスニング環境を構築したい方におすすめのモデルです。

フォステクス(FOSTEX) かんすぴ スピーカーシステム P804-S

コンパクトながら上質なサウンドを実現しているパッシブ型ハイレゾ対応スピーカーです。10cm口径ウーファーユニットにくわえ、UFLCソフトドーム振動板を搭載したツィーターを搭載、40kHzもの高域を再生できるハイレゾサウンドを楽しめます。

インシュレーターとベースボードを備えた底面バスレフ方式により、低域の量感の影響を心配せずに設置場所を決められるのもポイント。現行システムの低音に満足していない方の買い替えにもおすすめのモデルです。

ソニー(SONY) トールボーイスピーカー SS-CS3

高さ992mmのトール型のハイレゾ対応スピーカー。エントリークラスながら高品位パーツを採用しているおすすめモデルです。自然な音の広がりが特徴の「広指向性スーパーツィーター」を搭載。楽器ひとつひとつの位置や奥行まで再現する広大なサウンドステージを実現しています。

ウーファーユニットには独自の発泡マイカ素材を採用。ダフルウーファーシステムを採用しており、タイトで強いエネルギッシュなボーカルの再生を楽しめる魅力的な1台です。

オンキヨー(Onkyo) 2ウェイスピーカーシステム D-112EXT

天然木の質感を活かしたリアルウッド突き板仕上げの高級感が魅力のパッシブ型ハイレゾ対応スピーカーです。アコースティックギターの製造で採用される「力木」によって響きをコントロール。小音量でも豊かな響きを実現する10cmN-OMFウーファーの搭載と相まって、楽器の輪郭がクリアな高音質サウンドを楽しめます。

3cmリングツィーターユニットはスタジオ現場にいるような生々しい音楽再生を実現。音質が高く評価されているドイツ「WIMA」のコンデンサーを搭載しているなど、高品位なモデルを求めている方におすすめのモデルです。

JVCケンウッド(KENWOOD) ブックシェルフスピーカー SX-WD7VNT

細部にわたりチェリー材にこだわって開発されているパッシブ型ハイレゾ対応スピーカーです。ウーファーユニット下に音場空間の拡大に効果がある「人工熟成チェリー響棒」を採用。ウーファーには解像度を向上させるチェリー材薄板シートを装着した「異方性振動板」を搭載しています。

ウーファーとツィーターの磁気回路後部には八角形チェリー材ウッドブロックを採用。不要な振動と高域成分を低減させると同時に、クリアな低音と高音再生を実現しています。

スピーカーターミナルの固定用ネジの一部をステンレスに変更して音の輪郭を鮮明にするなど、細かい工夫をこらしているのも特徴。本格的なスピーカー再生環境を整えたいと考えている方におすすめのモデルです。

JVCケンウッド(KENWOOD) ブックシェルフ コンパクトスピーカーKシリーズ LS-NA7

密閉型とバスレフ型の両方の特徴を備えているダンプドバスレフ型を採用したハイレゾ対応スピーカー。深みのある豊かな低音と歪みの少ないクリアな高音質サウンドを楽しめるおすすめモデルです。

パーチクルボードやMDF補強材の配置で高強度を確保しており、豊かな響きを実現。横幅約10cmのコンパクトサイズで置き場所を選ばないのも魅力の1台です。

デノン(Denon) スピーカー トールボーイ SC-17

スリムなデザインが特徴のハイレゾ対応スピーカーです。幅200mmで狭いスペースにフロア型を設置したい方におすすめ。ピアノブラックフィニッシュのスタイリッシュな仕上がりはおしゃれな居住空間にもマッチします。

広い周波数帯域で正確なピストンモーションを実現するD.D.Lコーン・ウーファーユニットを搭載。再生周波数帯域45~6万Hzを実現しており、原音に忠実な高音質サウンドを求めている方にも最適なモデルです。

ヤマハ(YAMAHA) スピーカーシステム NS-F700BP

スタイリッシュで個性的なデザインが特徴のパッシブ型ハイレゾ対応スピーカー。伝統的な技法「曲げ練り」で天面をラウンドフォルムに仕上げています。ウーファーユニット前面のサランネットは脱着式で、ギターの胴をイメージ。おしゃれな部屋に設置したい場合に適しています。

響きのよさと質感にこだわったキャビネットには、ブラウンバーチ・リアルウッド突板仕上げを採用。不要共振を抑制する高剛性を実現しています。16cmウーファーと13cmミッドレンジ、ドームツィーターによる3WAYユニット構成により、量感のあるワイドレンジ再生を楽しめるおすすめモデルです。

ヤマハ(YAMAHA) フロア型スピーカー NS-F901

13cm口径ミッドレンジを採用した3WAY、4スピーカー構成のハイレゾ対応スピーカーです。中域の密度と質感を重視した設計で、ハイレゾ音源のワイドレンジ再生に余裕をもって対応。スムースで透明感のある高音質サウンドを実現しているおすすめモデルです。

スタンド部は床材の影響を抑えるべく開発した木質系素材のベースプレート型を採用。底面に取り付ける脱着式スパイクも付属しており、ディープでタイトな低音を維持したまま量感が向上しているのが特徴です。