「重低音スピーカー」は、EDMやダンスミュージックなどが好きな方におすすめ。迫力のある低音を鳴らせるのが特徴で、よりグルーヴを感じられます。

そこで今回は、ワイヤレスと有線タイプに分けて、おすすめの重低音スピーカーをご紹介。選び方についても解説しているので、初めて重低音スピーカーにチャレンジする方も参考にしてみてください。

重低音スピーカーの選び方

周波数をチェック

By: amazon.co.jp

重低音スピーカーを選ぶ際は、周波数、つまり「周波数特性域」に注目しましょう。重低音スピーカーは、より迫力のある低音を再生できますが、どこまでの低音が出るかは性能によって異なります。

重低音重視の方には、最も低い周波数が100Hz以下のモデルがおすすめ。ロックからクラシックまで幅広いジャンルの音楽を聴く方には、最も高い周波数が30kHz以上のモデルなど、周波数の帯域の広いモデルがおすすめです。

サブウーファーの有無をチェック

By: amazon.co.jp

低音域を鳴らすスピーカーユニットを「ウーファー」と呼び、さらに低い音域のみを再生する機器を「サブウーファー」と呼びます。より重低音を楽しみたい方には、サブウーファー付きのモデルがおすすめです。

ウーファーのみのモデルでも低音を鳴らせますが、サブウーファーがあれば、より迫力のある低音を再生できます。サブウーファーはコンパクトなので、設置スペースに余裕がある場合は検討してみてください。

サブウーファー付きか見極めるためには、チャンネル数に注目しましょう。サブウーファー付きのモデルは、5.1chや7.1chなど小数点以下の数字が表示されています。

接続方法で選ぶ

Bluetooth接続

By: amazon.co.jp

Bluetooth接続対応の重低音スピーカーは、持ち運びやすいのが特徴です。設置や移動が簡単にでき、屋外でもケーブルの絡まりを気にせず手軽に使えます。スマホやタブレットなど、Bluetooth対応デバイスと接続する方にもおすすめです。

また、マルチデバイス接続可能なモデルでは、複数の端末と接続できます。友人や家族と好きな音楽をかけあうなど、使い方の幅が広がるのも利点です。

なお、音質は有線接続よりも劣るのがネック。Bluetooth接続による遅延や音の劣化を軽減したい方は、コーデックにも注目して選びましょう。

有線接続

By: amazon.co.jp

有線接続は、音質重視の方におすすめです。ワイヤレスタイプより取り回しにくくなるものの、音の遅延や劣化を気にせず、より高音質で再生できます。特に音声と映像を同時に再生する映画やゲームなどで使用する場合は、有線接続の方が便利です。

また、有線接続のなかには、アナログ接続とデジタル接続があります。アナログ接続は、ステレオミニジャックなどで接続。オーディオ機器の音質に左右されますが、多くの機器で採用されており汎用性が高い接続方法です。

一方、デジタル接続は、USB端子やHDMI端子と接続します。比較的高価ですが、オーディオ機器の音質に左右されにくいのが魅力。音質重視の方には、デジタル接続対応機器がおすすめです。

用途に合わせてサイズをチェック

By: amazon.co.jp

重低音スピーカーは、本体が大きなモデルほどスピーカーユニットのサイズも大きく、パワフルな重低音を響かせられます。しかし、サイズが大きなモデルは価格が高くなる傾向にあり、加えて本体サイズに見合った設置スペースも必要です。

ワンルームや自室など限られたスペースへ設置する場合は、バスレフ型の重低音スピーカーを選ぶのもおすすめ。バスレフ型の重低音スピーカーは、本体に穴が開いており、コンパクトサイズでも低音を響かせられます。

ハイレゾ対応の有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

ハイレゾ音源を楽しみたい方は、重低音スピーカーもハイレゾ対応のモノを選ぶのがおすすめです。重低音スピーカーがハイレゾ非対応だった場合、ハイレゾ音源を再生できません。

ハイレゾ音源は伝送できる情報量が多いため、よりクリアで臨場感のあるサウンドを再生できるのが魅力。音質重視の方はぜひチェックしてみてください。

Bluetooth対応モデルはコーデックもチェック

By: sony.jp

Bluetooth対応のモデルは、オーディオ機器から圧縮された音を受け取り復元して再生しています。このときの圧縮方式をコーデックといい、音質に関わる重要な部分です。特に遅延や音の劣化を軽減したい方は、コーデックにも注目して選びましょう。

ほとんどの製品は、SBCコーデックを標準搭載しています。音質の劣化しやすさが難点ですが、圧縮効率が高く伝送速度も速いのが魅力です。

高音質なのは、aptXとAACコーデック。Android端末は主にaptXコーデックに対応しており、iOS端末は主にAACコーデックに対応しています。

また、ソニーのオーディオ機器を使用する場合、ソニーが開発したLDACコーデック対応の重低音スピーカーもおすすめです。LDACコーデックはハイレゾ音源に対応しているのでより高音質。なお、LDACは対応機器が少ない点に注意が必要です。

重低音スピーカーのおすすめモデル|Bluetooth対応

アンカー(ANKER) Soundcore Motion Q A3108011

アンカー(ANKER) Soundcore Motion Q A3108011

ラウンド型の重低音スピーカーです。前後にフルレンジドライバー、両サイドにパッシブラジエーターを備えています。全方向へサウンドを届けられ、どの位置にいても音楽が楽しめるのが特徴です。

また、アンカーの独自技術「BassUpテクノロジー」を採用しており、クリアでパワフルな低音再生が可能。バッテリー持ちもよく、約10時間連続して再生できます。さらに、IPX7の優れた防水性能を備えているため、水中に沈めても故障の心配が少ないのも魅力。プールサイドやバスルームなど濡れやすい場所での使用にもおすすめです。

本体にはリストストラップが付属し、テントへの吊り下げや持ち歩きにも便利。幅約8.8×奥行8.8×高さ10.8cmのコンパクトサイズで、カバンにも手軽に入れられます。

アンカー(ANKER) SoundCore 2 A3105014

アンカー(ANKER) SoundCore 2 A3105014

持ち運びに便利なコンパクトサイズの重低音スピーカーです。6Wのスピーカーを2基搭載。低音を増強する「BassUpテクノロジー」を採用しており、幅約16.8×奥行4.7×高さ5.6cmとコンパクトながらも、バランスの取れたサウンドが楽しめます。

最大24時間のロングバッテリーを備えているのも魅力。1日中音楽を楽しめるので、長時間のワークアウトにもおすすめです。バッテリー残量は接続先のデバイスで簡単に確認できます。

IPX7の高い防水性能を備えているため、ビーチやキッチンでの使用もおすすめ。Bluetooth 5.0に対応しており、接続も安定しています。マイクを備えているので、ハンズフリー通話にも便利です。

本製品を2台ペアリングすれば、ステレオサウンドも楽しめます。また、AUXケーブルにも対応しており、有線接続も可能です。

ジェイビーエル(JBL) Flip 4 ポータブルBluetoothスピーカー JBLFLIP4

ジェイビーエル(JBL) Flip 4 ポータブルBluetoothスピーカー JBLFLIP4

パワフルな低音が再生できる重低音スピーカーです。低音を増強する「JBLパッシブ・ラジエーター」に対応。8Wのスピーカーを2基搭載しており、迫力のあるサウンドを再生できます。

また、IPX7の防水性能を備えており、プールサイドやキッチンなど水に濡れやすい場所での使用にもおすすめです。ファブリック素材とラバー素材を採用した耐久性の高いボディなので、アウトドアシーンでも活躍します。

バッテリー持ちもよく、最大12時間の連続再生が可能。マイク搭載でハンズフリー通話や音声アシスタントにも対応しています。豊富なカラーラインナップはファッションや好みに合わせやすく、普段使いにもおすすめです。

ジェイビーエル(JBL) Charge 4 ポータブルBluetoothスピーカー JBLCHARGE4

ジェイビーエル(JBL) Charge 4 ポータブルBluetoothスピーカー JBLCHARGE4

最大2台のデバイスと同時にワイヤレス接続できる重低音スピーカーです。友人や家族などと一緒に音楽を共有したいときに便利。「JBLパッシブ・ラジエーター」を2基搭載しており、クリアでパワフルな音楽を再生できます。

また、連続再生時間は最長20時間と、バッテリー持ちも良好。USB接続対応でデバイスへの給電もでき、非常時にはモバイルバッテリーとしても活躍します。

さらに、IPX7の防水性能を備えているので、バスルームなどでの使用も可能。ボディにはタフなゴム素材とファブリック素材を採用しているため、ワークアウトやアウトドアなどにもおすすめです。

ソニー(SONY) ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-HG10

ソニー(SONY) ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-HG10

「Extra Bass」機能に対応した重低音スピーカーです。パッシブラジエーターを2基搭載しており、クリアでパワフルな重低音を再生可能。よりグルーヴ感を感じたいときや、臨場感を感じたいシーンにもおすすめです。

ハイレゾに対応しており、高音質なサウンドを楽しみたい方にも最適。35mmフルレンジスピーカーで迫力のある音楽が楽しめます。LDACコーデックに対応しているので、ワイヤレス接続でも高音質です。

また、「DSEE HX」機能を搭載。ハイレゾではない音源をアップスケーリングし、ハイレゾ相当の高音質で再生できます。SpotifyやGoogle Play Music、AWAなどの音楽配信サービスを利用している方にもおすすめです。

ソニー(SONY) ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB10

ソニー(SONY) ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB10

パワフルな低音サウンドが楽しめるEXTRA BASSシリーズの重低音スピーカーです。46mm口径のフルレンジスピーカーユニットを搭載。コンパクトながらも迫力のある低音が再生できます。

IPX5相当の防水性能を備えているので、水しぶきを気にせず使用可能。バッテリー持ちにも優れ、4.5時間の充電で最長16時間続けて再生できます。キャンプなどのアウトドアシーンにもおすすめです。

また、本体のみで操作できるため、バスルームなどでスマホが近くにないときも便利。ストラップが付属しており、好きな場所に引っ掛けて使えます。タテでもヨコでも好きな置き方ができるので、インテリアに合わせて設置する方にもおすすめ。

本製品を2台同時に接続すれば、ステレオサウンドでも楽しめます。カラーラインナップも多く、ファッションやインテリアにも合わせやすいモデルです。

ソニー(SONY) ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB21

ソニー(SONY) ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB21

高音質技術を詰め込んだ重低音スピーカーです。「DSEE」技術によって、音源圧縮で失われがちな高音域を補完し、より広がりのある音が再生可能。「S-Master」技術によって歪みを軽減できるため、どの音量でもクリアなサウンドを楽しめます。

内部には約42mm口径のフルレンジスピーカーユニットを2基搭載しており、パワフルに再生可能。「EXTRA BASS」モードでは、コンパクトながらも迫力のある重低音を響かせられます。

さらに、防水・防塵・防錆性能を備えているのも特徴。IP67のタフな設計で、ビーチなどでも使用可能です。ボディは汚れや傷に強いファブリック素材でできており、さまざまなシーンで活躍します。

専用アプリ「Music Center」に対応しているため、スマホやタブレットからも操作可能。カラーラインナップが豊富なだけでなく、ラインライトが音楽に合わせて光るので、インテリアとしてもおすすめです。

ソニー(SONY) サウンドバー HT-X9000F

ソニー(SONY) サウンドバー HT-X9000F

テレビなどへ接続する方におすすめの重低音スピーカーです。音声フォーマット「Dolby Atmos」「DTS:X」に対応。前後左右に加えて上下の音場が感じられる立体音響技術を採用しており、映画などをよりリアルなサウンドで楽しめます。

また、壁からの反響音を利用しないため、部屋の形状の影響を受けにくいのが特徴。リビングやワンルームなどにもおすすめです。

さらに、Bluetoothに対応しているほかHDMI端子を搭載しており、テレビとのデジタル接続が可能。より高音質で楽しめます。

2.1ch対応でサイズも大きく、迫力のある低音を再生可能。低音のボリュームを変更できる「サブウーファーボリューム」を搭載しているため、夜間など音漏れが気になるシーンにもおすすめです。

ボーズ(Bose) SoundLink Revolve Bluetooth speaker

ボーズ(Bose) SoundLink Revolve Bluetooth speaker

シームレスなデザインが特徴的な重低音スピーカーです。円筒形のアルミボディには、衝撃に強く、耐久性に優れた素材を採用。防滴性能を備えているので、突然の雨にも対応でき、アウトドアシーンにもおすすめです。

360°全方向へサウンドを届けられるラウンド型を採用しており、どの位置からでもボーズらしい低音豊かな広がりのあるサウンドが楽しめます。部屋の中央へ置いたり、壁際の反射音を利用したりと、環境を変えることで、音の違いを楽しむのもおすすめです。

バッテリー持ちもよく、約12時間の連続再生が可能。長時間の持ち運びにもおすすめです。2台同時接続して、ステレオサウンドも再生できます。音声ガイド対応やハンズフリー通話にも対応しており、普段使いにも便利です。

ボーズ(Bose) SoundLink Mini Bluetooth speaker II

ボーズ(Bose) SoundLink Mini Bluetooth speaker II

手のひらサイズの重低音スピーカーです。カバンに入れやすい薄型軽量設計。1回の充電で約10時間の連続再生ができ、長時間持ち歩く方にもおすすめです。

「高性能トランスデューサー」が周囲の空気を力強く震わせるので、コンパクトながらもパワフルなサウンドが楽しめます。さらに、「デュアルパッシブラジエーター」を搭載。不要な振動を抑えながら、深みのある低音を再生可能です。

また、ハンズフリー通話や音声アシスタントにも対応するなど利便性も良好。8台の機器を記憶できるので、複数のデバイスを接続したい方にもおすすめです。

重低音スピーカーのおすすめモデル|有線接続

ヤマハ(YAMAHA) パワードスタジオモニター HS5

ヤマハ(YAMAHA) パワードスタジオモニター HS5

原音に近いナチュラルなサウンドが特徴的な重低音スピーカーです。エンクロージャー設計を採用しており、不要な共振を抑えてよりクリアなサウンドが楽しめます。

再生周波数帯域は54Hz〜30kHzあり、低音から高音域まで幅広い音域をカバー。トータル70Wとパワフルなサウンドが再生できます。

フラットなサウンドですが、より低い音域の繊細な楽器表現まで再生できるモデル。ロックや打ち込み系だけでなく、クラシックやジャズなどを楽しみたい方にもおすすめです。

ヤマハ(YAMAHA) スピーカーパッケージ NS-BP200

ヤマハ(YAMAHA) スピーカーパッケージ NS-BP200

ピアノブラック調仕上げの高級感のあるデザインが特徴的な重低音スピーカーです。バスレフ面をコンパクトにし、奥行きを長く取った独特の省スペース設計。リビングなどへ設置する方にもおすすめです。

内部には、12cmコーン型ウーファーと3cmソフトドーム型ツィーターを搭載。コンパクトながらもレスポンスがよく、豊かな低音再生が可能です。3点支持脚によって不要な振動も抑えられており、よりクリアなサウンドが楽しめます。

ジェイビーエル(JBL) Pebbles USB接続のパソコン用スピーカー JBLPEBBLES

ジェイビーエル(JBL) Pebbles USB接続のパソコン用スピーカー JBLPEBBLES

パソコンとの接続におすすめの重低音スピーカーです。コンパクトでスタイリッシュなラウンドデザインが特徴。付属のUSBケーブルは本体に収納できるので、デスクの散らかりを抑えられ、インテリアとしても映えます。

また、スピーカーのボリュームはパソコンのOSと同期して調節可能。使用中のパソコンで手軽に操作でき、使い勝手も良好です。USB接続時にはパソコンが自動で認識するため、接続後すぐに使用できます。

本体内部には50mm径フルレンジドライバーを搭載しており、クリアで迫力のあるサウンドを再生可能です。また、JBL独自開発の「スリップストリーム・ポート」を搭載しているので、コンパクトながらも豊かな低音が楽しめます。

デノン(DENON) ブックシェルフスピーカー SC-M41

デノン(DENON) ブックシェルフスピーカー SC-M41

量感を保ちながらもキレのある低音を再生できる重低音スピーカーです。12cm口径のペーパーコーンウーハーを搭載。背面にバスレフダクトを採用しており、歪みも低減されています。

また、ソフトドームツィーターを採用し、独自設計で高音域の歪みを低減。より透明感のある音質が楽しめるのも特徴です。

さらに、インテリアとしても映える高級感のあるキャビネットも魅力。タフで安定している15mm厚のMDF板を採用しており、箱鳴りを抑えたクリアなサウンドが楽しめます。

クリエイティブ(Creative) Inspire T10 R3 IN-T10-R3

クリエイティブ(Creative) Inspire T10 R3 IN-T10-R3

デスクトップスピーカーにおすすめのコンパクトな重低音スピーカーです。光沢感のあるエレガントなデザインで、インテリア性重視の方にもおすすめ。2基セットなので、ステレオサウンドが楽しめます。

内部には高音域をクリアに再生できる専用ツィーターを搭載。専用ツィーターとミッドレンジドライバーを組み合わせることで、音域間をスムーズに移動します。

また、コンパクトでサブウーファーを搭載していないモデルですが、音響学に基づいて設計された「BasXPort」を採用。バランスの取れたサウンドを再生できます。

さらに、本体にはAUX入力端子が付いており、ヘッドホン出力にも対応。夜間はヘッドホンを接続するなど、シーンに合わせて柔軟に使用できます。

クリエイティブ(Creative) Pebble SP‑PBL

クリエイティブ(Creative) Pebble SP‑PBL

ラウンドフォルムが特徴的な重低音スピーカーです。インテリアとしても映えるおしゃれなデザインで、リビングなどへの設置もおすすめ。ドライバーを45°上向きにデザインしており、デスクトップへ置いたとき、ユーザーの耳へダイレクトに音が届きます。

フロントにボリュームコントローラーがあるため、音量調節も簡単。3.5mmステレオライン出力に対応しており、イヤホンも接続できます。音量を控えたい夜間の使用にもおすすめです。

USB接続に対応しているので、パソコンとの接続に適しています。直径約11cmとコンパクトですが、トータル4.4Wの出力が可能。パッシブラジエーターを装備しており、低音の鳴りも良好です。

クリエイティブ(Creative) GigaWorks T40 Series II GW-T40-IIR

クリエイティブ(Creative) GigaWorks T40 Series II GW-T40-IIR

イエローのアクセントがおしゃれな重低音スピーカー。存在感のあるスタイリッシュなデザインで、インテリア性重視の方にもおすすめです。

サイズは約15×11.6×32cmと比較的コンパクトながらも16Wの出力に対応し、大きな音で楽しめます。フロント部分で音量・バスレベル・トレブルの調節ができるので、自分好みのサウンドへと手軽に調節可能です。

また、ミッドレンジスピーカーでツイーターを挟んだ「MTMデザイン」を採用。さらに「BasXPort」テクノロジーに対応しています。パワフルで量感のある低音を再生しながら、中高音域や高音域とのバランスも良好です。

本体には変換アダプターが付属し、ゲーム機やDVDプレイヤーなどとの接続が可能。映画やゲームなどを楽しみたい方にもおすすめです。また、ヘッドホンやオーディオ機器が接続できるAUX入力に対応しており、夜間も手軽に使用できます。

ロジクール(Logicool) SPEAKER SYSTEM WITH SUBWOOFER Z313

ロジクール(Logicool) SPEAKER SYSTEM WITH SUBWOOFER Z313

サブウーファー付きの重低音スピーカーです。22.8×15×22cmとコンパクトですが、最大出力は50Wあり、迫力のあるサウンドが楽しめます。

本体は、3.5mmステレオプラグ対応の2.1chタイプ。パソコンなどとつないでステレオサウンドを楽しみたい方にもおすすめです。

また、コントロールポッドが付属し、手元で電源や音量調節ができます。ヘッドホンジャックも付いており、夜間などの使用にもおすすめです。

タンノイ(TANNOY) アクティブ・スタジオモニター Reveal 502

タンノイ(TANNOY) アクティブ・スタジオモニター Reveal 502

曲のミックスなどにもおすすめの重低音スピーカーです。再生周波数帯域が49Hz〜43kHzと広いのが特徴。低音から高音まで高解像度で再生できます。また、スイートスポットが広いため、共同で作業するときなどにも便利です。

本体にはミニジャックケーブルが付属し、スマホやタブレットなどのデバイスを直接つなげられます。ピュアなサウンドが好みの方におすすめです。

オラソニック(Olasonic) テレビ用高音質スピーカー TW-D77OPT

オラソニック(Olasonic) テレビ用高音質スピーカー TW-D77OPT

卵のような形をした、モダンなデザインの重低音スピーカーです。テレビと光ケーブル1本で簡単に接続できるのが特徴。テレビを消すのと連動してスピーカーの電源も自動でオフになるので省エネです。

内部には、60mmのフルレンジスピーカーに加えて、70mmのパッシブラジエーターを搭載。コンパクトですが低音もしっかりと出ます。映画やニュースなどをより快適に観たい方におすすめです。