ロックやクラブミュージックなど、ビートが重視されるジャンルにおすすめの「重低音スピーカー」。迫力のある低音サウンドが再生できるので、ベースやドラムなどのリズムが感じやすくなります。しかし、各音響機器メーカーから多数の製品が発売されているので、どれを買ってよいのか悩んでしまいがち。

そこで今回は、おすすめの重低音スピーカーをご紹介します。ワイヤレスタイプと有線タイプに分けてピックアップしたので、ぜひ参考にしてみてください。

重低音スピーカーの選び方

周波数特性をチェック

By: amazon.co.jp

重低音スピーカーが再生できる音の範囲は「周波数特性」をチェックしましょう。「〇Hz~〇kHz」という単位で表記されており、Hzが低音の出せる範囲、kHzが高音の出せる範囲を表します。

重低音スピーカーを購入する場合には、「Hz」の数値をチェック。100Hz以下のスペックを有する製品であれば、低音再生の得意なモデルです。パワフルな重低音サウンドを求める方は、40Hzを下回る製品もおすすめ。

また、幅広いジャンルの音楽を鑑賞する場合には、高音の再生範囲が30kHz以上のモデルを選んでみてください。

サブウーファーの有無をチェック

By: logicool.co.jp

スピーカーユニットに加えて「サブウーファー」が付属している製品であれば、より迫力のある低音サウンドが期待できます。スピーカーユニットに搭載されているウーファーに比べて、より豊かで深みのある低音再生が可能。

低音域を専門に再生するサブウーファーが付属している場合は、2.1chや5.1chなど、小数点以下の数字が記載されています。スピーカーユニットとサブウーファーの両方を設置するのでスペースはとりますが、迫力のある重低音サウンドを求めている方におすすめです。

接続方法をチェック

Bluetooth接続

By: amazon.co.jp

Bluetoothを利用したワイヤレス接続に対応した重低音スピーカーは、ケーブルをつなぐ必要がなく、スッキリと配置可能。屋外に携帯する場合やリビングと寝室を移動して使う場合にも便利です。

オーディオ機器とスピーカーをワイヤレスで接続する場合、音声データを圧縮して伝送するのが一般的。この圧縮方式を「コーデック」と呼びますが、種類によって音質が異なるので注意が必要です。

ワイヤレス接続に対応した多くの重低音スピーカーは、「SBC」コーデックに対応。ほかのコーデックに比ベると音質面で劣りますが、伝送速度が速く圧縮効率が高いメリットがあります。また、音質の高さや遅延の少なさを求める場合には、「aptX」や「AAC」コーデックもおすすめ。

Androidデバイスは「aptX」と、iOSデバイスは「AAC」との相性がよいので、接続する機器にあわせて選択しましょう。また、ソニーが独自開発した高音質で低遅延な「LDAC」と呼ばれるコーデックも存在するので、ソニーのオーディオ機器を使用する場合にはチェックしてみてください。

有線接続

By: amazon.co.jp

有線接続タイプの重低音スピーカーは、音質を重視する方におすすめ。ケーブルが必要ないワイヤレスモデルに比べると取り回しが悪くなりますが、音の劣化や遅延が少なく、高い音質が楽しめます。

特に映像と音声を同時に再生する必要がある映画鑑賞やゲームの場合には、遅延の少ない有線接続タイプが便利です。また、有線接続タイプには、アナログ接続とデジタル接続の2種類が存在します。

アナログ接続は、ステレオミニジャックやRCA端子などで接続。ケーブルの品質やオーディオ機器の音質に左右されやすいデメリットはありますが、多くの機器に採用されている点がメリットです。

一方でデジタル接続は、USB端子やHDMI端子を利用して接続します。アナログ接続のみに対応した重低音スピーカーに比べると高価なモデルが多いですが、ケーブルの品質やオーディオ機器の音質に左右されにくいメリットがあります。

ハイレゾ対応の有無をチェック

By: amazon.co.jp

重低音スピーカーを選ぶ際には、高音質なハイレゾ音源に対応しているかどうかも重要なポイント。CD以上の情報量を誇るハイレゾ音源は、レコーディングスタジオやコンサート会場の空気感なども表現しやすく、よりリアルなサウンドが再生できます。

オーディオ機器側がハイレゾ音源に対応していても、スピーカーが非対応であれば臨場感あふれるサウンドが再生できません。高音質なハイレゾ音源で音楽鑑賞を楽しむ予定の方は、対応の有無をチェックしておきましょう。

屋外で使用するなら防水性能が高いモデルを

By: amazon.co.jp

自宅だけでなく、外出時に屋外でも音楽を楽しみたい方は、重低音スピーカーの携帯性や防水性能もチェックしておきましょう。サイズが大きく重い製品の場合、携帯時の負荷が大きくなってしまうので、コンパクトで軽量なモデルがおすすめです。

また、防水機能を搭載しているモデルであれば、急な雨が降った場合でも安心。国際電気標準会議で定められた防水性能「IPコード」が、4(IPX4)以上の製品を選ぶのがおすすめです。

また、頻繁に屋外で使用する方や、アウトドアが趣味の場合には、IPX5以上のより防水性能の高いモデルも便利。使用する環境や携帯する頻度にあわせて選びましょう。

本格的なオーディオ環境を作りたいならch数をチェック

By: amazon.co.jp

チャンネル(ch)数が多い重低音スピーカーであれば、より臨場感のあるサウンド再生が可能。2.0chのスピーカーは2基のスピーカーを利用して音を再生しますが、5.1chであれば5基のスピーカーと1基のサブウーファーで音を再生します。

ホームシアタースピーカーは、中央にセンタースピーカー、左右にフロントスピーカー、後方にリアスピーカー、低音用にサブウーファーを配置するシステムが一般的。 ユーザーを包み込むように360°方向から音が再生されるので、映画鑑賞やゲームにもおすすめです。

重低音スピーカーのおすすめ|Bluetooth

ソニー(SONY) ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB23

低音強化モードを搭載したコンパクトな重低音スピーカーです。本体は直径約76×高さ218mmと携帯性に優れたサイズにも関わらず、低音を強化する「EXTRA BASS」モードが搭載されており、サイズ以上の重低音が楽しめます。

圧縮された音源で失われがちな高音域を補完する「DSEE」や、高音質なデジタルアンプテクノロジー「S-Master」など、ソニー独自の技術も搭載。歪みの少ない広がりのあるサウンドが再生できます。

本製品は、縦置きでも横置きでも使用可能。スペースの確保しにくい勉強机やキッチンにも置きやすく、ペットボトルホルダーにも設置できます。Bluetoothコーデックは、高音質で低遅延なLDACのほか、AACやSBCにも対応。

IP67の防塵防水性能を備えているため、屋外でも安心して使えるおすすめモデルです。

アンカー(ANKER) Soundcore Rave Mini

80Wの力強い出力が可能なワイヤレスタイプの重低音スピーカーです。アンカー独自の「BassUpテクノロジー」により、パワフルな低音再生が可能。IPX7の防水機能を搭載しているので、屋外での使用はもちろん、お風呂で音楽を楽しみたい場合にもおすすめです。

本製品には2つのLEDライトがついており、再生する音楽にあわせてカラーが変化します。また、「Soundcore」アプリを利用すれば、LEDライトのカラーカスタマイズも可能です。

バッテリーでの連続再生時間は最大18時間。内蔵されているUSBポートを使って、スマホの充電も行えます。また、本体上部に持ち運び用のハンドルがついている点もおすすめです。

ウルティメイトイヤーズ(ULTIMATE EARS) BOOM3

360°方向にサウンド再生ができる重低音スピーカーです。円筒状のボディデザインが特徴。本体サイズは直径約73×高さ184mmとコンパクトながら、バランスのとれたサウンド再生が可能です。

最長30分の間、水に完全に浸せるほどの防水性能を誇り、厳しい耐久性テストにも合格。1回の充電で約15時間のバッテリー駆動が可能なので、お風呂やキッチンでの使用はもちろん、アウトドアシーンにもぴったりです。

より低音を強調したい場合には、イコライザーにて音質カスタマイズも可能。誇張や歪みの少ない深く豊かな低音が楽しめる、おすすめの重低音スピーカーです。

ジェイビーエル(JBL) JBL FLIP 5

IPX7の防水性能を誇る重低音スピーカーです。雨天時やプールサイド、海辺での利用に適しています。ボディには耐久性のあるファブリックとラバーが採用されており、アウトドア好きな方におすすめです。

本体サイズは約181×69×74mmとコンパクトながら、大口径コーンを内蔵しており、豊かな低音サウンドの再生が可能。500mlペットボトルと同程度の太さなので、ドリンクホルダーにも設置できます。

また、本製品を2台用意すれば「PARTY BOOSTボタン」を押すだけで簡単に接続可能。ステレオスピーカーとして、よりパワフルなサウンドが再生できます。

ソノス(SONOS) Move MOVE1JP1

屋内外で音楽が楽しめる重低音スピーカーです。最長11時間の連続再生が可能なバッテリーを搭載。耐候性、防滴性にも優れており、摩耗に強い耐衝撃性ケースで保護されているので屋外でも安心して使えます。

接続はBluetoothのほか、Wi-FiやApple AirPlay 2にも対応。また、Amazon Alexaが搭載されており、音楽の再生・ニュースのチェック・アラームの設定などがハンズフリーで行えるのもメリットです。

音楽を聴く際の環境に関わらず、心地よいサウンド再生を可能にするソノス独自のチューニング機能「Trueplay」も搭載。豊かな低音域を楽しめる重低音スピーカーです。

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレススピーカー AT-SBS70BT

深みのある低音から繊細な中高音まで再生できる重低音スピーカーです。53mmのフルレンジスピーカーユニットに加えて、2基のパッシブラジエーターを搭載。深くキレのある重低音サウンドが楽しめる仕様です。

バッテリーでの駆動時間は最大11時間。本体サイズは幅220×奥行60×高さ95mmと比較的コンパクトで、重量は670gほどなので携帯性にも優れています。BluetoothコーデックはSBCのほか、AACやaptXにも対応。

ステレオミニジャックによる有線接続も利用できるので、幅広い機器と接続する場合にもおすすめです。

アマゾン(Amazon) Echo Studio

没入感のある立体的なサウンドが再生できる重低音スピーカーです。本体内部に搭載された5つのスピーカーが、パワフルな低音、ダイナミックな中音、クリアな高音を実現。「Dolby Atmos」技術にも対応しているので、臨場感あふれるバーチャルサラウンドサウンドも楽しめます。

本製品は、設置された部屋の音響特性を自動で分析し、最適な音を再生可能。AIアシスタントのAlexaを搭載しており、音声で操作できる点もおすすめです。

重低音スピーカーのおすすめ|有線

タオトロニクス(TaoTronics) コンパクトサウンドバー TT-SK028

コンパクトで使いやすいサウンドバータイプの重低音スピーカーです。本体サイズは幅約420×奥行60×高さ73mm。テレビの下やパソコンモニターの下に設置して使いやすいサイズです。ボディ内部には、合計6Wのフルレンジスピーカーと低音増強用のパッシブラジエーター、高音域再生用のツイーターを搭載。

低音から高音までをしっかりと再生できるので、臨場感あふれるサウンドが楽しめます。接続は3.5mmステレオミニジャックに加えて、Bluetooth5.0によるワイヤレス接続も可能。

Bluetoothを利用した場合に限られますが、ハンズフリー通話にも対応できます。

クリエイティブ(Creative) Creative Pebble Plus SP-PBLPL

USB接続ながらパワフルなサウンドが再生できる重低音スピーカーです。特徴的な球状のスピーカーユニットに加えて、サブウーファーが付属。USBバスパワーで駆動する2.1chのスピーカーです。

パソコンのUSBポートからの給電でも駆動しますが、市販のUSB電源アダプター(5V・2A)を利用すれば合計8Wの出力が可能。スピーカーユニットはドライバーが上向き45°に設計されており、再生されたサウンドが耳に直接届く仕様です。

接続はステレオミニジャックを使用。本体前部に電源スイッチ兼ボリュームコントローラーを搭載しており、手軽に操作できます。

ジェイビーエル(JBL) JBL Pebbles JBLPEBBLESBLKJN

リーズナブルな価格で購入できる重低音スピーカーです。USB端子やステレオミニジャックで簡単に接続できるので、パソコン用スピーカーとしてもおすすめ。USBバスパワーで駆動するのもポイントです。

ジェイビーエル独自開発の「スリップストリーム・ポート」を搭載しているので、小型ながら豊かな低音再生が可能。本体横にボリュームダイヤルを搭載しており、操作性に優れているのもメリットです。

本体サイズは幅約78×奥行150×高さ132mmとコンパクト。設置するスペースが限られている場合にもおすすめです。

ヤマハ(YAMAHA) パワードスピーカー NX-50

手頃な価格で購入できるコンパクトな重低音スピーカーです。ステレオミニジャック端子を2基搭載しており、複数機器の接続が可能。入力信号の有無によって自動で電源をオン・オフする「オートスタンバイ機能」も搭載されています。

本体サイズは幅約83×奥行184×高さ184mmとコンパクトですが、7cm口径のフルレンジユニットを搭載しており、心地よい音の広がりが感じられる仕様。55Hz~20kHzの周波数帯域をサポートしているので、低音だけでなくバランスの取れたサウンドが再生できます。

また、音の大きさにあわせて自動で低域補正を行う「ラウドネスコントロール」機能も搭載。ボリュームが小さくても迫力のあるサウンドが得られる、おすすめのモデルです。

エディファイアー(Edifier) 2.0デスクトップパワードスピーカー S880DB

高音質なハイレゾ音源に対応した重低音スピーカーです。55Hz~40kHzの広い周波数帯域に対応し、低音から高音までバランスのとれたサウンド再生が可能。RCAや光デジタル、同軸デジタルなどの有線接続に加えて、Bluetoothによるワイヤレス接続もサポートしています。

幅広い機器との接続に対応できるのが魅力です。本体背面には、「高音調整ダイヤル」「低音調整ダイヤル」「音量調整ダイヤル」を搭載。再生する曲にあわせて音質をカスタマイズできる点もおすすめです。

ロジクール(Logicool) スピーカーシステム サブウーファー搭載 Z533

パワフルかつバランスのとれたサウンド再生が可能な重低音スピーカーです。3.5mmステレオミニジャックとRCA端子を搭載しており、最大3つのデバイスを同時接続可能。テレビやパソコン、モバイルデバイスなど、複数の機器と接続する場合に便利です。

本製品には「コントロールポッド」が付属しているので、電源・音量・低音レベルを手元で操作可能。ヘッドホンジャックや補助ジャックが「コントロールポッド」に搭載されています。

ヤマハ(YAMAHA) フロントサラウンドシステム YAS-207

スリムなサウンドバーにサブウーファーが付属した重低音スピーカーです。テレビ下に収まりやすいサウンドバーだけでなく、低音再生に優れたサブウーファーがついており、40Hz~23kHzの広い帯域をサポート。

HDMIや光デジタル、ステレオミニジャックなどの有線接続と、Bluetoothによるワイヤレス接続に対応しているのもポイントです。本製品は、バーチャルサラウンド技術である「DTS Virtual:X」にも対応しており、前後左右の広がりに加えて、上方からの包み込まれるような音の広がりも感じられます。

低音を増強する機能「バスエクステンション」も搭載されているので、豊かでパワフルな重低音を求めている方にもおすすめです。

ボーズ(BOSE) Lifestyle 650 home entertainment system

臨場感あふれるサウンドが楽しめる本格的なホームシアターシステムです。センターチャンネルスピーカー、サブウーファー、4基のサテライトスピーカーで構成された5.1chのホームシアタースピーカー。

パワフルなドライバーを搭載したサブウーファーは、迫力ある低音を再生可能。ガラストップ仕上げで、デザイン性にも優れています。有線接続は6系統のHDMI入力に対応していますが、BluetoothやWi-Fi、Apple AirPlay 2などによるワイヤレス接続もサポート。

スタンダードな2chの重低音スピーカーに比べると高価ですが、映画やスポーツの鑑賞はもちろん、スマホと接続して音楽を楽しみたい方にもおすすめです。