臨場感あふれるサウンドを楽しみたいけれど、スピーカーは場所をとってしまうからと避けている方には「壁掛けスピーカー」がおすすめ。サラウンドに対応した本格的なホームシアタースピーカーから、モバイルデバイスとの接続に便利なBluetooth対応モデルまで、さまざまな製品が販売されています。

そこで今回は、おすすめの壁掛けスピーカーをご紹介。取り付け方法やタイプなど、選び方の解説もしているので、ぜひ参考にしてみてください。

壁掛けスピーカーのメリット

By: yamaha.com

壁掛けスピーカー最大のメリットは、デッドスペースになることが多い壁面スペースを有効活用できる点。ローボードやデスク上に設置する必要がなく、部屋をスッキリと見せられるのが魅力です。

また、壁掛けスピーカーは棚や台、デスクと接する面がないので、共鳴や共振による音質の劣化が少なく、クリアで聴き取りやすいサウンドを楽しめます。

壁掛けスピーカーの選び方

タイプで選ぶ

パッシブタイプ

By: rakuten.co.jp

別途アンプを必要とする「パッシブタイプ」の壁掛けスピーカーは、迫力のあるサウンドが魅力。アクティブタイプに比べると高額なモデルが多い傾向はありますが、数万円で購入できるコスパに優れたモデルも多数存在します。

比較的高音質で、原音に忠実な点もメリット。また、スピーカーだけでなく、アンプにもこだわりたい方におすすめです。

アクティブタイプ

By: yamaha.com

スピーカー本体にアンプを内蔵しているのが「アクティブタイプ」。Bluetooth対応や充電式、USB給電式など、手軽に使えるモデルが豊富にラインナップされています。音質ではパッシブタイプに劣りますが、比較的低価格なモデルが多いのがメリットです。

別途アンプを購入する必要もないので、コスト面を重視する方にもぴったり。また、ホームシアター用のサウンドバータイプであれば、音質面でも優れているのでおすすめです。

一体型か分離型かで選ぶ

By: jbl.com

壁掛けスピーカーには、左右のユニットが分かれている「分離型」と、1つの筐体内に2本のスピーカーを搭載している「一体型」があります。ステレオ再生における音場の広がりを求める方には、左右のスピーカー間にスペースを持たせられる「分離型」がおすすめ。2台分の設置作業が必要なので手間はかかりますが、臨場感に優れています。

「一体型」は、音質の面では劣るものの、設置作業が1台で済み、手軽にステレオサウンドを楽しめるのがメリット。コスト面でも優れているので、初めて壁掛けスピーカーを購入する方にもおすすめです。

取り付け方法で選ぶ

穴開けタイプ

By: amazon.co.jp

穴開けタイプは、壁面に穴をあけて取り付けるので、壁の材質チェックが必要。壁面の強度が足りず、スピーカーの重量に耐えられない場合には、ボードアンカーを利用して強度アップを図らなければなりません。

また、スピーカーを壁面に取り付けるためのブラケットやネジが付属しているモデルであれば、別途取り付け器具を用意する手間が省けて便利です。

吊り下げタイプ

By: rakuten.co.jp

「吊り下げタイプ」は、紐やフックで壁に掛けるタイプ。取り付けにブラケットやネジを必要としないので、壁に穴をあける必要がなく、賃貸住宅にもおすすめです。

壁面に掛ける場所さえあれば使用できるので、手軽に設置場所や部屋の変更も行えます。音質面では劣りますが、穴開けタイプに比べてコンパクトなモデルが多いので、携帯しやすいのもメリットです。

壁掛けスピーカーのおすすめ|パッシブタイプ

ダリ(DALI) OBERON ONWALL

ダリの特許技術が搭載された壁掛け用スピーカーです。中音域の歪みを低減する「SMCテクノロジー」を採用。大口径ツイーターとウッドファイバーコーンのウーファーダイヤグラムが搭載されており、優れたサウンドクオリティを誇ります。

スタイリッシュなデンマークデザインのキャビネットやグリルがおしゃれで、エンクロージャーに高剛性なMDF材が使用されているのもポイントです。周波数帯域は55Hz~26kHzまで対応します。

ジェイビーエル(JBL) JBL Control X

JBLのコンパクトな壁掛けスピーカー「CONTROLシリーズ」に属するモデルです。1986年に発売された初期モデル「CONTROL 1」から優れた音響特性は保持しつつ、音質やデザイン性、使いやすさが向上しています。

JBLの独自技術である「HDIホーン」が採用されており、クリアなサウンドが再生可能。歪みや濁りが少ない透明感ある高音域が特徴です。グラスファイバー強化ポリコーン・ウーファーを採用することで、ダイナミックかつパワフルな低音域も再生できます。

相対する平行面のない前面くさび型キャビネットを採用し、臨場感ある自然な音像定位を再現しているモデルです。

ヤマハ(YAMAHA) VXS Series “F model”

空間に溶け込むデザインを追求して作られた壁掛けスピーカー。音質面だけでなくデザイン性にも優れているので、レストランやカフェ、アパレルショップなどの店舗にもおすすめです。

小口径のフルレンジユニットにより、広いエリアに均一なサウンドを届けられるのが特徴。心地よい音が再生できるチューニングが施されています。スピーカーのデザインとの親和性が高いブラケットも付属。キャビネットとグリルはペイント可能です。

ヤマハ(YAMAHA) NS-AW Series NS-AW392

設備向けのスピーカーシステム「NS-AWシリーズ」の壁掛けスピーカー。高音質かつ堅牢性に優れており、IPX3相当の防水性能や耐紫外線性能を有しているので、室内だけでなく屋外でも使用できるのが魅力です。

アングルキャビネットは、インテリアや室内空間にマッチしやすいデザイン。設置する部屋やインテリアに合わせて、ブラックとホワイトの2カラーから選択できます。

ベリンガー(behringer) 1C-BK

幅広い用途に使用できるコンパクトな壁掛けスピーカーです。DTM用のモニタースピーカーとしてはもちろん、スタジオや商業施設での使用にもおすすめ。最大出力100Wを誇るので、パワフルなサウンドが再生できます。

周波数帯域は、60Hz~23kHzまで対応。全周波数帯域で歪みの少ないピュアなサウンドが出力できます。本製品は、高精度な位相制御が行えるクロスオーバーも搭載。ツイーターの保護を行う「自動保護機能」がついているのもポイントです。

壁や天井への取り付け用マウント金具も付属。別途取付金具を購入する必要がない点もおすすめです。

パナソニック(Panasonic) 16cm 壁掛スピーカー WS-2030A

壁面に設置したロック機構付きの取付ユニットにはめ込むタイプの壁掛けスピーカー。取付ユニットは即結端子や入力切換スイッチ付きで、即結端子は、分岐配線や送り配線も簡単にできる設計です。

スピーカー面は、音が届きやすいように7.5°下向きに傾斜しており、取付ネジの位置出しが簡単にできる型紙が付属しています。

JVCケンウッド(JVC KENWOOD) コンパクトスピーカー PS-S10

広範囲にクリアで均一な音が届けられる壁掛けスピーカーです。25mmドーム型ツイーターと10cmのコーン型ユニットを採用。周波数帯域は70Hz~20kHzに対応しているので、低域から高域までしっかりと再生できます。

インピーダンスをハイとローで切り替えられる「カップリングトランス」も内蔵。別売りですが、天井吊り下げ用金具を購入すれば天井にも設置できます。

ケーズウェーブ(K’s Wave) Wall Speaker PLB-501

スッキリと設置できる壁掛けスピーカーです。本体サイズは約270×183×37mm。スリムな設計で、壁面設置時に圧迫感を受けにくいのが魅力。重量は左右あわせても1.98kgほどなので、背面にある壁掛け穴を使用して簡単に取り付けられます。

最大出力は40W+40Wのハイパワー。高音域だけでなく、迫力のある低音域もしっかりと再生できます。本製品には、取り付け用ネジのほか、3.6mのスピーカーケーブルも2本付属。周波数帯域は、75Hz~20kHzまでに対応しています。

壁掛けスピーカーのおすすめ|アクティブタイプ

ボーズ(BOSE) Bose TV Speaker

トークやセリフがクリアに聴こえるコンパクトな壁掛けスピーカーです。よりよい音でテレビを楽しみたい方におすすめ。ケーブル1本でテレビと接続できるのもポイントです。また、Bluetoothでのワイヤレス接続にも対応しているので、スマホやタブレットで音楽鑑賞する場合にも適しています。

2基のフルレンジドライバーで広がりを表現し、中央のツイーターでクリアなセリフが再生できます。別売りの壁掛けブラケットを使って、壁面に設置するほか、高さが約5cmと低いのでテレビ下への設置もおすすめです。

本製品にはリモコンが付属しているので、離れた場所からでも操作が可能。サブウーファーである「Bose Bass Module 500」や「Bass Module 700」と組み合わせて使用すれば、より迫力のある低音が楽しめます。

ヤマハ(YAMAHA) YAS-108 サウンドバー

バーチャル3Dサラウンド技術である「DTS Virtual:X」に対応した壁掛けスピーカーです。前方・左右・後方に加えて、高さの音場もバーチャルで再現可能。上方から包み込まれるような音の広がりが感じられるので、映画鑑賞やゲームプレイにもおすすめです。

専用アプリである「HOME THEATER CONTROLLER」を使用すれば、映画・テレビ番組・音楽・スポーツ・ゲームなどのモードを切り替え可能。再生するコンテンツに合わせたサウンドが選択できます。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) サウンドスピーカー HT-SB-115

手頃な価格で購入できるにも関わらず、クリアで高音質なサウンドが再生できる壁掛けスピーカーです。左右に内蔵されたスピーカーユニットからクリアな音が再生され、両サイドのバスレフポートから重低音が広がります。

鑑賞するコンテンツにあわせて、ニュース・ムービー・ミュージックなどのモードが切り替えられるのもポイント。Bluetoothでのワイヤレス接続に対応しているので、スマホやタブレットに保存してある音楽やストリーミングサービスを楽しみたい方にもおすすめです。

接続は、3.5mmステレオミニのほか、光デジタルやHDMIにも対応。幅広い機器と接続できます。本体中央のLEDランプカラーを見れば、入力先を確認可能。リモコンも付属しているので、離れた場所からでも操作できます。

タオトロニクス(TaoTronics) サウンドバー TT-SK023

40Wの出力を誇るサウンドバータイプの壁掛けスピーカーです。本体内に10Wスピーカーを4基搭載。立体的で広がりのあるサウンドが再生できます。臨場感豊かな音が特徴なので、音楽鑑賞はもちろん、テレビ番組や映画鑑賞にもおすすめです。

接続は、AUX端子や光デジタル端子に加えて、Bluetoothによるワイヤレス接続にも対応しています。本製品にはリモコンが付属しているので、離れた場所からでも操作が可能。背面に壁掛け穴があいており、壁面へ簡単に設置できます。

FunLogy FUN SOUND 2 FL-SOG

2インチのツイーターを2基と2.25インチのウーファーを2基搭載した壁掛けスピーカーです。スピーカーユニットだけでなく、ウーファーユニットも左右に1基ずつ内蔵されているので、より迫力のあるサウンドが再生できます。

総合出力は70Wを誇り、聴き取りやすい明瞭な音から臨場感あふれる力強いサウンドまで、幅広い表現が可能。自然で立体的な音声が楽しめるので、映画鑑賞にも適しています。

再生時間や接続モードを目で見て確認できるディスプレイも搭載。好みのサウンドにカスタマイズできるイコライザー設定機能が使えるのも魅力です。

LP1807 サウンドバースピーカー LP-1807

分離型や一体型として据え置きでも使える壁掛けスピーカーです。本体を中央で分割し、左右に分かれたステレオスピーカーとしても使用可能。技適マーク取得済みの製品なので、安心して購入できます。

スリムな設計ながら、総合出力は50W。AUX・光端子・HDMI・USBなど、幅広い入力端子に対応しているのもポイントです。Bluetoothを使用したワイヤレス接続もできるので、スマホやタブレットから音楽再生したい場合にも最適。

離れた場所からの操作に便利なリモコンが付属している点もおすすめです。

バング&オルフセン(B&O) Beosound A1 2nd Gen 防水ポータブル Bluetooth スピーカー

おしゃれなデザインが人気のコンパクトな壁掛けスピーカーです。アルミニウムカラーのボディにストラップがついており、簡単に壁掛けが可能。シンプルながら洗練されたスタイルは、部屋やインテリアにもマッチしやすくおすすめです。

本製品は、360°方向にサウンドの再生が可能。「Multipoint機能」を使用すれば、同時にスマホを2台まで接続して再生する曲をコントロールできます。バッテリーでの駆動時間は最大18時間。防水・防塵性能に優れているので、安心して使えるのもポイントです。

接続にはBluetooth5.1を使用。音声アイスタント機能である「Alexa」でコントロールできる点でもおすすめです。

ジェイビーエル(JBL) CLIP 3

手頃な価格で購入できるポータブルタイプの壁掛けスピーカーです。Bluetoothでのワイヤレス接続に対応しているので、スマホやタブレットから音楽を再生したい場合におすすめ。内蔵のリチウムイオン充電池での駆動時間は、最大10時間です。本製品はIPX7の高い防水性能を誇るので、屋外に持ち出してアウトドアシーンでも音楽を楽しめます。

また、ノイズ&エコーキャンセリング機能を搭載したスピーカーフォンが内蔵されており、ハンズフリー通話にも対応可能。耐久性に優れたボディ素材に加えて、頑丈なラバー製ケースにより、落下などの衝撃からスピーカーを保護できます。

Gueray 置き&壁掛け式CDプレイヤー Pecen1599023FBM01C

CDプレイヤーとしても使用できる壁掛けスピーカー。本体中央のプレイヤーでCDが再生できるほか、Bluetoothでのワイヤレス接続やUSBポートを利用した接続にも対応しています。

本体上部にあるボタンでコントロールできるだけでなく、付属のリモコンでも操作可能。洗濯できる防塵カバーもついています。タイマー機能も搭載しているので、指定した時間に音楽を再生させることも可能です。