取り回しやすく自由度の高い「ワイヤレスイヤホン」。イヤホン本体でさまざまな操作ができるモデルも多く、ランニングなどのスポーツシーンでも、コードを気にせず快適に使えるのが魅力です。

そこで今回は、おすすめのワイヤレスイヤホンをランキング形式でご紹介。ワイヤレスイヤホンの種類や選び方なども解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

ワイヤレスイヤホンの種類

完全ワイヤレスイヤホン

By: amazon.co.jp

完全ワイヤレスイヤホンは、左右が完全に分離しているワイヤレスイヤホンのことです。トゥルーワイヤレスイヤホンやフルワイヤレスイヤホンとも呼ばれます。

コードレスで取り回しがききやすいのが特徴。小型なモノは目立ちにくいため、ビジネスシーンにもおすすめです。ハウジングに上品な光沢があるモノも多く、アクセサリーのように装着できます。

コードでつながっていない分、紛失しやすいというデメリットがありますが、なかにはスマホのアプリ機能でイヤホンの場所を特定できるモデルもラインナップ。充電ケースが付属するモデルも多く、通学通勤などでコンパクトに持ち運びたい方にも適しています。

完全ワイヤレスイヤホンについて詳しく知りたい方はこちら

左右一体型

By: rakuten.co.jp

左右のイヤホンがコードでつながっているタイプは、左右一体型のワイヤレスイヤホンと呼ばれます。コードにリモコンを搭載したモデルが多く、ハンズフリー通話にも便利です。ラインナップが豊富なので、さまざまなデザインから選べます。

左右一体型のワイヤレスイヤホンにはコードが髪に引っかかりやすいなど、運動時の煩わしさがありますが、一方で、イヤホンが耳から外れた場合でも紛失しにくいのが魅力。構造上軽量なモデルが多く、長時間使用する方におすすめです。

ネックバンド型

By: rakuten.co.jp

左右一体型イヤホンのコード部分が幅広のバンドになっているタイプをネックバンド型と呼びます。コード部分が太く、左右一体型のモデルに比べるとコンパクトに折りたためないのが難点。

しかし、バッテリーの持ちがよく、長時間使用できるのが魅力です。また、ネック部分が太いため安定感があるのもポイント。高音質で高機能なモデルも多いので、重さよりバッテリー持ちや音質を重視したい方におすすめです。

ネックバンド型イヤホンについて詳しく知りたい方はこちら

片耳イヤホン

By: amazon.co.jp

片方だけに装着する片耳イヤホンは、周囲の音を聴きながら使えるのが魅力です。ビジネスシーンでのハンズフリー通話にも便利。モノラル再生なので、音楽再生よりも通話用としておすすめです。

また、完全ワイヤレスイヤホンのなかでも、片耳使用に対応したモデルもラインナップ。音楽再生用としても使用したい方は、ぜひチェックしてみてください。

片耳イヤホンについて詳しく知りたい方はこちら

ワイヤレスイヤホンの選び方

対応コーデックをチェック

By: amazon.co.jp

ワイヤレス接続の際、音声データの圧縮に使われている変換方式のことをコーデックと呼びます。どの製品にも標準搭載されているのはSBCコーデック。汎用性が高く、全てのBluetooth対応製品と接続できるのが魅力です。

しかし、SBCコーデックは遅延や音の劣化が大きいので、遅延を抑え高音質で再生するためにはaptXやAACコーデックを選ぶのがおすすめ。より快適に音楽や動画などを楽しめます。

また、高音質コーデックの特性を活かすためには、接続機器の方もコーデック対応が必要な点に留意しておきましょう。なお、iPhoneはAACコーデックに対応しており、AndroidのなかにはaptXコーデックに対応したモデルがあります。

Bluetoothバージョンをチェック

By: rakuten.co.jp

Bluetoothにはバージョンがあり、バージョンは「Bluetooth4.0」などBluetoothに続く後ろの数字で記されます。この数値が高いほどより新しいバージョンです。

バージョンは最新のモノになるほど接続が安定し、消費電力が軽減できます。バージョンは定期的に更新されるため、ワイヤレスイヤホンを購入する際は、できるだけ最新バージョンのモノを選ぶのがおすすめです。

また、Bluetoothバージョンが異なる機器同士でも接続できますが、同じBluetoothバージョンに対応している方が、性能を十分に活かせます。あらかじめスマホやパソコンなどのBluetoothバージョンを確認しておきましょう。

連続使用可能時間をチェック

By: amazon.co.jp

ワイヤレスイヤホンはケーブルが付いていないため、取り回しやすいのが魅力です。しかし、小型になるほどバッテリー容量が小さく、連続使用時間も短くなる傾向にあります。

一般的にはワイヤレスイヤホン単体で2〜3時間の連続使用が可能。しかし、なかには充電ケースなどを使用することで10時間以上使用できるモデルや、高い技術力によりワイヤレスイヤホン単体で長時間使用できるモデルもあります。

また、急速充電機能に対応したモデルなら、15分ほどで約1時間の連続使用が可能。朝起きてからバッテリー切れに気付いても、朝食を食べている間に充電できます。通勤通学や出張など、実際の使用時間に合わせて選ぶのがおすすめです。

用途に合わせた機能をチェック

ランニング・スポーツ用なら「防水機能」

By: amazon.co.jp

ランニングやスポーツなどで使用したい場合は、防水機能に注目して選ぶのがおすすめ。防水性能を備えたモデルなら、汗や雨などの水濡れによるワイヤレスイヤホンの故障を防げます。

防水性能は「IP67」のようにIPコードで記され、前半の記号は防塵等級を示し、後半の数字で防水等級を示します。数字は0〜8まであり、数字の大きいモノほど水濡れに強く、タフに使用可能です。

目安として、小雨のなかでランニングをする場合やジムで汗をかく場合は、IPX4以上がおすすめ。シャワーなど水中でも使う場合は、IPX7以上のモデルを選んでおくと安心です。

通勤・通学で使うなら「ノイズキャンセリング」

By: amazon.co.jp

ノイズキャンセリング機能とは、外部からの騒音を低減できる機能のことです。周囲のノイズと逆位相の音波を発生させることで音を打ち消し、バスや電車など公共の場でもリスニングに集中できる環境を作り出せます。

音楽のボリュームを下げたまま自然な装着感で周囲のノイズを低減できるため、耳に負担をかけたくない方にもおすすめ。また、耳栓としても使用でき、通勤通学中リスニングに集中したい方や、静かな空間で勉強をしたり本を読んだりしたい方にも適しています。

ハンズフリー通話用なら「マイク付きモデル」

By: aviot.jp

マイクの付いたワイヤレスイヤホンは、ハンズフリー通話に便利。ハンズフリー通話機能をメインで使いたい場合は、ワイヤレスイヤホン本体でリダイアルや着信応答ができるモデルがおすすめです。

また、街中でハンズフリー通話をする機会が多い場合は、cVcなどのノイズキャンセリング機能付きマイクを選びましょう。周囲の風切音や走行音などを低減して、よりクリアな音声を伝えられます。

ワイヤレスイヤホンのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

ソニーは多機能なハイエンドモデルから、低価格なエントリーモデルまでさまざまなワイヤレスイヤホンを取り揃えているのが特徴です。特に1000Xシリーズは、優れたノイズキャンセリング機能で人気を集めています。

また、ハイレゾ相当の音質までアップスケーリングする、ソニー独自の「DSEE HX」技術を搭載したモデルもおすすめ。多彩なラインナップから選びたい方や、音質重視の方に適したメーカーです。

アップル(Apple)

By: biccamera.com

iPhoneユーザーにおすすめのメーカーです。アップルデバイス間での切り替えや接続がスムーズ。ノイズキャンセリング機能に対応したモデルもあるので、周囲の音を低減して音楽に集中したいときに最適です。

また、充電ケースと統一されたシンプルでスタイリッシュなデザインも魅力。ワイヤレス充電に対応したモデルも発売されており、使い勝手も良好です。さらに、音質のよさにも定評があります。

ボーズ(Bose)

By: amazon.co.jp

ボーズは世界的にも知名度の高いオーディオメーカーです。マサチューセッツ工科大学の教授を中心として設立された企業で、高い技術力を誇ります。

ボーズのワイヤレスイヤホンは、フィット感に優れているのが特徴。独自構造により外れにくく、スポーツ時などにもおすすめです。遮音性も高いため音漏れを防ぎ、低音も豊かに再生できます。

オーディオテクニカ(audio-technica)

By: amazon.co.jp

オーディオテクニカは、1962年に設立された日本の音響映像機器メーカーです。スタジオ向けの製品も多く取り扱っており、プロミュージシャンのレコーディングなどでも使用されています。

オーディオテクニカのワイヤレスイヤホンは、重低音サウンドが楽しめる「SOLID BASSシリーズ」など、さまざまなシリーズを展開しているのが特徴。好みの音楽ジャンルなどに合わせて選べます。

ワイヤレスイヤホンのおすすめランキング

第1位 ボーズ(Bose) SoundSport Free wireless headphones

ボーズ(Bose) SoundSport Free wireless headphones

スポーツシーンに適したワイヤレスイヤホンです。外れにくく快適にフィットする独自構造のチップを採用。ウィングが付いているため、付け心地も安定しています。汗や雨に強いIPX4相当の防滴仕様なので、ジョギングなどにも便利です。

また、遮音性が高く、ボーズらしい豊かでパワフルな重低音を楽しめるのも魅力。音量に合わせて最適化するイコライザーに対応しており、どの音量でも高音質で楽しめます。

バッテリーの持ちもよく、約2時間の充電で最大5時間連続使用できます。さらに、ケースをフル充電することで2回分充電でき、約10時間の再生が可能です。急速充電にも対応しており、15分の充電で45分間使用できます。

第2位 バング&オルフセン(Bang&Olufsen) Beoplay E8 5705260068115

バング&オルフセン(Bang&Olufsen) Beoplay E8 5705260068115

高音質で再生できる高級ワイヤレスイヤホンです。どの曲もバランスよく再生できるオールラウンドなサウンドが特徴。目の前で演奏を聴いているような広い音場で再生でき、没入感が味わえます。専用アプリではイコライザーを調節でき、長時間の視聴も快適です。

コンパクトなモデルですが、ワイヤレスイヤホン単体で最大4時間の長時間再生が可能。さらに、本革を使ったラグジュアリーなデザインの付属充電ケースで、最大2回分充電できます。

また、補聴器やヘルスケア分野で使用されてきたNFMIペアリング技術を搭載しており、安定した接続ができるのもポイント。タッチで簡単に操作でき、街中でのハンズフリー通話にも便利です。

第3位 ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WF-1000XM3

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WF-1000XM3

ノイズキャンセリング機能を搭載した、ハイエンドモデルのワイヤレスイヤホンです。優れたノイズキャンセリング機能に定評があり、飛行機のエンジン音から話し声まで、幅広い帯域のノイズを大きく低減できます。

また、タッチセンサーに指で触れている間、一時的に音楽の音量を絞り、周囲の音を聴き取りやすくする「クイックアテンションモード」を搭載。通勤通学などにもおすすめです。さらに、圧縮音源をアップスケーリングする「DSEE HX」にも対応。どの音源も、ハイレゾ相当の高音質で再生できます。

バッテリー持ちもよく、ワイヤレスイヤホン単体で約6時間の連続使用が可能。充電ケースでは3回充電でき、最長24時間使用できます。
10分の充電で90分間再生できる急速充電にも対応しており、旅行や出張などにもおすすめです。

第4位 アンカー(ANKER) Soundcore Liberty Air 2 A39100

アンカー(ANKER) Soundcore Liberty Air 2 A39100

多機能でコストパフォーマンスに優れたワイヤレスイヤホンです。AACとaptXの高音質コーデックに対応。さらにダイヤモンドコーティングを施したドライバーを採用しており、幅広い機器と接続して高音質で再生できます。

また、周波数ごとの聞き取りやすさを測定する「HearID機能」を搭載。装着者に合わせてチューニングできるため、人に合わせて音楽を再生できます。22種類のイコライザーにも対応しており、好みのサウンド設定が可能です。

マイクにはcVcノイズキャンセリング機能を搭載しており、クリアなハンズフリー通話が可能。IPX5の防水規格に対応しているので、小雨が降るなかや運動中の使用にもおすすめです。

また、バッテリー持ちもよく、1.5時間の充電で最大7時間の連続使用が可能。充電ケースを使えば、最大28時間再生できます。急速充電にも対応しており、約10分間の充電で約2時間の連続再生が可能です。

第5位 アンカー(ANKER) Soundcore Liberty 2 Pro A39090

アンカー(ANKER) Soundcore Liberty 2 Pro A39090

高音質な完全ワイヤレスイヤホンです。AACとaptXコーデックに対応しており高音質なサウンドを楽しめます。

また、独自の同軸音響構造を採用することで、低音の厚みを保ちながら、高音質を繊細に再生。バランスのよいサウンドですが、迫力もあります。さらに、「HearID機能」を搭載。それぞれの耳に合わせて再生できるため、音質重視の方におすすめです。

最大32時間の音楽再生が可能と、バッテリー持ちも優秀。15分間の充電で約2時間再生できる急速充電にも対応しています。IPX4相当の防水規格に対応しているので、汗をかいたり雨に降られたりしてもタフに使用可能。比較的高価ですが多機能で音質もよく、コストパフォーマンスに優れています。

第6位 アビオット(AVIOT) TE-D01g

アビオット(AVIOT) TE-D01g

おしゃれなデザインの完全ワイヤレスイヤホンです。コンパクトですが、イヤホン単体で最大10時間の長時間再生が可能。さらにチャージングケースを使えば、最大50時間再生でき、旅行や出張などでも活躍します。

エルゴノミクスデザインなので耳にフィットし、スポーツシーンでも快適。IPX7相当の優れた防水性能を備えており、汚れた場合は水洗いでき、装着したままシャワーも浴びられます。

同価格帯のモデルと比べて音質もよいため、高音質重視の方にもおすすめ。高音質コーデックAACとaptXにも対応しており、さまざまな機器と接続して高音質で楽しめます。

また、ノイズキャンセリングマイクを搭載しており、街中でもクリアな音声通話が可能。着信応答などもハウジング部分で簡単に操作できるので、テレワークにもおすすめです。

第7位 アップル(Apple) AirPods Pro

アップル(Apple) AirPods Pro

アップルユーザーにおすすめのワイヤレスイヤホンです。「アダプティブイコライゼーション」により、耳の形に合わせて音楽を自動調節できるのが魅力。アップルらしい豊かで芯のある安定したサウンドが楽しめます。

遮音性に優れたカナル型で、アクティブノイズキャンセリング機能も搭載。喧騒の多い街中でもリスニングに集中できます。また、周囲の音が聞き取れる「外部音取り込みモード」にも対応しているため、アナウンスなどを聞き取りたいときにも便利です。

ワイヤレス充電にも対応しており、1回の充電で最大4.5時間の連続再生が可能。Wireless Charging Caseを使えば、24時間以上使用できます。比較的高価ですが、アップルユーザーから高い人気を集める製品です。

第8位 オーディオテクニカ(audio-technica) SOLID BASS ワイヤレスヘッドホン ATH-CKS5TW

オーディオテクニカ(audio-technica) SOLID BASS ワイヤレスヘッドホン ATH-CKS5TW

厚みのある重低音が楽しめる「SOLID BASSシリーズ」のワイヤレスイヤホンです。重低音モデルですが、中高音域もクリアに再生。aptXとAACの高音質コーデックに対応しており、小型ながらも迫力のあるサウンドが味わえます。

また、1回の充電で約15時間の連続再生が可能。さらに充電ケースを使えば最大45時間再生できます。出張や旅行などで長時間コンセントから給電できないシーンにもおすすめです。

専用イヤーピースにより、フィット感と遮音性も良好。ループが耳の内側にしっかり引っかかり、長時間快適に装着できます。さらに、充電ケースの出し入れにより、自動で電源のオンオフが可能。使い勝手がよく、音質にも優れたワイヤレスイヤホンです。

第9位 ジャブラ(Jabra) Elite 75t 100-99090000-40

ジャブラ(Jabra) Elite 75t 100-99090000-40

ビジネスシーンなどで通話の多い方におすすめのワイヤレスイヤホンです。IP55に準拠する防塵防水性能を備えており、通話中の水濡れに対応。ノイズ低減マイクを搭載しているため、騒がしい場所でも快適にハンズフリー通話ができます。

また、人間工学に基づいて設計されているので遮音性が高く、音楽に集中したいときや耳栓として使いたいときにもおすすめ。外音取り込みのレベル調節ができる「Hear Through」対応で、周りの音の大きさを自由に調節できます。

イヤホン単体で約7.5時間の連続使用に対応。さらに、充電ケースを使えば、最大28時間使用できます。高速充電機能にも対応しており、約15分の充電で約1時間の再生が可能です。

第10位 Movboi TicPods2 Pro

Movboi TicPods2 Pro

首の動きで操作できるユニークな機能を搭載したワイヤレスイヤホンです。タッチ操作や音声操作にも対応。使用シーンに合わせて、さまざまな方法で操作できます。

AACやaptXなどの高音質コーデックにも対応しており、さまざまなデバイスと接続して高音質再生が可能。特に中低音の鳴りがよく、オールジャンルのサウンドが楽しめるモデルです。

イヤホン単体で最大4時間、ケースに入れて充電することで最大20時間の音楽再生が可能。5分の充電で1時間再生できる急速充電にも対応しています。

IPX4相当の防水性能を有しており、小雨にも対応。屋外でも手軽に使えます。片耳約4.4gと軽く、珍しいインナーイヤー型なので、カナル型の圧迫感が苦手な方にもおすすめです。

第11位 アンカー(ANKER) SoundBuds Slim A34100

アンカー(ANKER) SoundBuds Slim A34100

左右一体型のワイヤレスイヤホンです。リーズナブルながらIPX7相当の防水性能を備えているため、シャワールームやジムでの使用にも耐えられます。

約15gと軽量で、イヤーフックも付いているため耳にフィット。シャツクリップで衣服への取り付けができ、装着感も安定しています。ハウジングにマグネットを搭載しているため、持ち運びもスムーズ。トラベルポーチも付属しているので、鞄の中での絡まりを防げます。

連続再生時間は約10時間と長く、長時間の通勤通学やトレーニングにもおすすめ。cVc機能付きマイクを搭載し、クリアなハンズフリー通話が可能です。コントロールボタンも付いており、ワイヤレスイヤホン本体で簡単に操作できます。

高音が強いドンシャリ系ですが、使い勝手がよくタフ。コストパフォーマンス良好で、エントリーモデルとしてもおすすめです。

第12位 ゼンハイザー(SENNHEISER) MOMENTUM True Wireless M3IETW

ゼンハイザー(SENNHEISER) MOMENTUM True Wireless M3IETW

音質がよく、映画などをよく観る方におすすめの完全ワイヤレスイヤホンです。低遅延で高音質のaptX LLコーデックに対応しているため、動画再生やゲームなどに適しています。

本体側面のパネルにはタッチセンサーを内蔵しており、簡単に操作可能。指先だけで着信応答や曲のスキップなどができ、ハンズフリー通話にも便利です。

人間工学に基づいて設計されているため、装着感も快適。4サイズのイヤーチップが付属し、耳のサイズに合わせて使えます。遮音性に優れているので、音楽へ集中したい方にもおすすめ。外音取り込み機能もあり、必要な音だけを選択可能です。

イヤホン単体での使用は約4時間可能。さらに、充電ケースを使うことで約12時間再生できます。充電ケースは上品なファブリックデザインで、ビジネスシーンにもおすすめです。

第13位 サウンドピーツ(SoundPEATS) TRUEFREE+

サウンドピーツ(SoundPEATS) TRUEFREE+

リーズナブルで使い勝手がよく、入門機としてもおすすめのワイヤレスイヤホンです。自動ペアリングに対応しており、接続設定も簡単。充電ケースからイヤホンを取り出すだけで、自動的に電源がオンになるなど、便利な機能を搭載しています。

さらに、片耳のみの利用にも対応。片耳約4.7gと軽く、充電ケースもコンパクトなので快適に持ち運べます。片耳使用の場合は外音を拾いやすく、屋外でのハンズフリー通話などにも便利です。

また、イヤホン単体で約4時間の連続再生が可能。充電ケースのバッテリーを組み合わせることで最大35時間まで使用できます。出張や旅行などで長距離移動をするときにもおすすめです。

第14位 タオトロニクス(TaoTronics) Bluetoothイヤホン SoundElite 71

タオトロニクス(TaoTronics) Bluetoothイヤホン SoundElite 71

タフな左右一体型ワイヤレスイヤホンです。リーズナブルながらIPX7相当の防水性能を有しており、雨や汗からイヤホンを守ります。イヤーフック付きで外れにくいため、スポーツシーンでも活躍します。

ハウジング部分にはマグネットを搭載しており、使用しないときは首にかけて持ち運び可能。aptXのほか、さらに高音質なaptX HDにも対応しており、同価格帯のモデルと比べると音質も良好です。

さらにcVcノイズキャンセリングに対応しており、クリアな音声通話ができます。約2時間の充電で最大18時間の連続再生ができるため、よく通話する方にもおすすめ。通勤、通学、ジョギングなど、幅広いシーンで使えるコストパフォーマンスに優れた製品です。

第15位 タオトロニクス(TaoTronics) Bluetoothイヤホン TT-BH026

タオトロニクス(TaoTronics) Bluetoothイヤホン TT-BH026

安価なモデルのなかでは比較的音質のよい左右一体型のワイヤレスイヤホンです。cVc6.0のノイズキャンセリング技術とMEMSマイクを搭載。ハンズフリー通話でもクリアな音声を届けられます。

約1~2時間の充電で約8時間の再生が可能とバッテリー持ちも優秀。仕事などで頻繁に電話をする方にもおすすめです。ハウジングにはマグネットを内蔵しているため、不要なときは首に提げたまま持ち運べます。

約15gと軽く、人間工学に基づいたデザインでイヤーフックも付いているため装着感も良好です。IPX4相当の防水性能を備えており、アクティブなシーンにも便利。普段使いしやすく、コストパフォーマンスに優れたモデルです。

第16位 PGA Premium Style ワイヤレスイヤホン ネックバンドスタイル PG-BTE4S03

PGA Premium Style ワイヤレスイヤホン ネックバンドスタイル PG-BTE4S03

普段使いに便利なネックバンドタイプのワイヤレスイヤホンです。本製品はバイブレーション機能を搭載しているのが特徴。震えて着信を知らせるため、イヤホンを外した状態でも着信に気付けます。さらに、約2時間の充電で約6時間連続して再生可能。首元にはハンズフリー通話や曲の操作に便利なリモコンマイクが付いています。

イヤホン部分にはマグネットを内蔵しているため、使わないときはネックレスのようにして持ち運び可能です。重量は20gと軽いので、携帯性も良好。テレワークや社内での使用にもおすすめの製品です。

第17位 アクセス(AXES) B-FIT ワイヤレスイヤホン AH-BT59

アクセス(AXES) B-FIT ワイヤレスイヤホン AH-BT59

エントリーモデルとしておすすめのリーズナブルなワイヤレスイヤホンです。豊富なカラーバリエーションが揃っており、ファッションや好みに合わせて選べます。

安価ながらAACコーデックに対応しており、iPhoneユーザーの方にもおすすめ。約2時間の充電で約4.5時間再生でき、通勤や通学時にも便利です。ケーブルにはリモコンが付いているため、首元で簡単に操作可能。圧迫感が少ないインナーイヤー型で付け心地も快適です。

第18位 アクセス(AXES) B-Reiz Bluetoothイヤホン AH-BT79

アクセス(AXES) B-Reiz Bluetoothイヤホン AH-BT79

便利な機能を搭載したリーズナブルなワイヤレスイヤホンです。安価ながらもAACコーデックに対応しており、iPhoneとの接続にもおすすめ。インナーイヤー型なのでカナル型のような圧迫感を軽減できます。

また、IPX5相当の防水性能を有しているため雨や汗に強く、水濡れにも対応。ワークアウトなどでもタフに使えます。約2時間の充電で約8時間の連続再生でき、通勤通学にもおすすめです。

重量は21gと軽く、マグネットが内蔵されているため持ち運びもスムーズ。ケーブルにはマイク付きリモコンが搭載されているので、ハンズフリー通話や簡単な操作が可能です。