iPhone 7以降イヤホンジャックが廃止されたことで需要が高まった「Bluetooth対応ワイヤレスイヤホン」。ケーブルの煩わしさを軽減できるので、よりストレスフリーで音楽を快適に楽しむことができます。

とはいえ、各メーカーからさまざまなワイヤレスイヤホンがリリースされており、どれを選ぼうか迷ってしまうほどバリエーションが豊富なのがユーザーとしては悩みのタネ。そこで今回は、Bluetooth対応ワイヤレスイヤホンのおすすめモデルをご紹介。近年注目度の高い“耳栓型”の完全ワイヤレスイヤホンやノイズキャンセリング対応機種なども網羅しているので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

ワイヤレスイヤホンとは?

By: amazon.co.jp

ワイヤレスイヤホンは、その名の通り無線で使えるイヤホンのことを指します。特に、近距離無線通信規格である「Bluetooth」を採用したモノが主流です。イヤホンジャックにケーブルを繋げる必要がないので、ごちゃごちゃせずスマートに使えます。製品にもよりますが、約1m以内であればイヤホンとスマホが離れていても使用可能です。

ワイヤレスイヤホンのメリット・デメリット

By: amazon.co.jp

メリット

Bluetooth対応ワイヤレスイヤホンのメリットは、前述した通りケーブルの煩わしさを軽減できることです。有線イヤホンでありがちなケーブルの絡まりや、引っ張りによる断線のリスクを大幅に減らせます。イヤホンジャックの接触不良でストレスを感じることもありません。

デメリット

ケーブルの煩わしさがなく手軽に使える一方、充電をしないと使用できないのがデメリットです。また、ワイヤレスイヤホンは本体が重くなる傾向にあるため、長時間装着する際は疲れてしまう場合があります。

さらに、通信環境に応じて有線イヤホンでは起きない“音の遅延”が発生することも。動画やゲームを楽しみたい場合は注意が必要です。

ワイヤレスイヤホンの種類

By: amazon.co.jp

現在、ワイヤレスイヤホンの主流となっているのは一体型タイプ。“ワイヤレス”といっても左右のイヤホン本体は繋がれており、首の後ろにケーブルを掛けて使用します。片耳だけなくしてしまうという心配がありません。また、ケーブルの途中に音量調整・応答リモコンを備えているモノがほとんどなので、ハンズフリー通話をするときに便利です。

重さが気になる場合は、レシーパー部分を首の周囲に掛けておけるネックバンド型ワイヤレスイヤホンを選びましょう。

左右を繋げるケーブルさえも邪魔に感じる方は、本体のみが独立した完全ワイヤレスイヤホンと呼ばれるタイプがおすすめ。ケーブルの引っかかりを気にせずに音楽を聴けます。

ワイヤレスイヤホンの選び方①|基礎知識

音質を左右する「コーデック」

By: amazon.co.jp

Bluetooth対応ワイヤレスイヤホンは、有線イヤホンと異なり無線でデータを送ることが必要です。その際に利用される“音声圧縮変換方式”のことをコーデックと呼びます。

音楽再生で使われるコーデックは、大きく分けてSBC・AAC・aptX・LDACの4種類。Bluetooth対応機器に標準で搭載されているコーデックはSBCです。

高音質を楽しみたい場合は、iPhoneならAACに対応しているワイヤレスイヤホンがおすすめ。AndroidならaptXに対応しているモノを選びましょう。それよりもさらに質の高いサウンドを聴きたい場合は、LDACに対応しているモデルがおすすめです。

騒音をシャットアウトする「ノイズキャンセリング」

By: amazon.co.jp

ワイヤレスイヤホン本体の音質がどんなに優れていても、周りの騒音が耳に入ると台無しです。ノイズキャンセリング機能を搭載していれば、気になる音を抑えてワイヤレスイヤホンから流れるサウンドのみに集中できます。音楽を聴くときはもちろん、通話をするときにも騒音は気になるモノ。快適に使うために必ずチェックしておきたい機能です。

イヤホンの「再生時間」をチェック

By: amazon.co.jp

ワイヤレスイヤホンは充電をして使うアイテムなので、再生時間が重要です。概ね6〜8時間再生できるモノであれば通勤・通学などで使用してもバッテリー切れがあまり気にならないでしょう。ただし、左右が独立した完全ワイヤレスイヤホンは再生時間が3〜5時間前後の短いモノが多いため要注意です。

ワイヤレスイヤホンの選び方②|シーン別

屋内での音楽鑑賞用

By: amazon.co.jp

自分の部屋やオフィスなどで音楽を聴く場合は、長時間の装着に備えて軽量性を重視したモデルが最適。耳への負荷を抑えられるネックバンド型タイプを選ぶのもおすすめです。静かな環境で音楽を聴けるのであれば、ノイズキャンセリング機能よりも音質を重視したモデルをチョイスしてみましょう。

屋外での音楽鑑賞用

By: amazon.co.jp

屋外で音楽を聴く機会が多い方は、騒音を防ぐためにノイズキャンセリング機能を搭載したモデルがおすすめです。イヤホンの形に関しては密閉性の高いカナル型を選ぶとよいでしょう。

完全ワイヤレスイヤホンをチョイスすれば、上着やカバンにケーブルが引っかかる心配がないので屋外での使用におすすめです。ただし、不意に耳から外れて紛失してしまわないように注意が必要。また、屋外で充電が切れてしまうと厄介なので、本体の再生時間をよくチェックしてください。

スポーツ時の音楽観賞用

By: amazon.co.jp

ランニングなどのスポーツを行うときは、雨や汗から守るため防水性能を備えているワイヤレスイヤホンが適しています。体を動かしたときの振動でイヤホンが外れてしまう場合もあるので、紛失しづらい一体型タイプがおすすめ。フィットネスアプリと連携ができるモデルを選べば、効率よくトレーニングができます。

高音質なワイヤレスイヤホンおすすめモデル

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WI-1000X

HDハイブリッドドライバーシステムと呼ばれる仕組みを採用したBluetooth対応ワイヤレスイヤホン。低音が豊かなダイナミックドライバーと高音に強いバランスド・アーマチュアドライバーの双方を取り入れており、広帯域の再生ができます。

ハイレゾ相当の音源が楽しめるLDACコーデックに対応しているため、高音質なサウンド聴きたい方におすすめ。有線で接続できるヘッドホンケーブルが付属するのも特長です。ネックバンド型なので、耳の負担が少なく長時間装着しても気になりません。

ノイズキャンセリング機能も魅力。また、音楽を聴きながら周りの音を聴けるアンビエイトサウンドモードにも対応しており、電車に乗るときや道路の近くを歩くときなど周囲の音を確認したいときに活躍します。

シュア(SHURE) ワイヤレスイヤホン SE215-CL-BT1-A

シュアの人気有線イヤホン「SE215」をワイヤレス化したモデル。低音が強化されているので迫力あるサウンドを楽しめます。遮音性の高いイヤパッドを採用しているため、周りの騒音を軽減できるのが魅力です。

Bluetoothのバージョン4.1に対応しており、最大約10mまで通信できます。また、最大2台のペアリングが可能なので、スマホやパソコンに接続して使い分けると便利。対応コーデックはSBCのみです。

ソニー(SONY) ワイヤレスイヤホン h.ear in 2 Wireless WI-H700

高音域を補うDSEE HX機能により、ハイレゾ非対応のデバイスでも高音質なサウンドを聴かせてくれるBluetooth対応ワイヤレスヘッドホン。有線接続用のヘッドホンケーブルが付属しているので、万が一充電が切れてしまってもイヤホンジャックに繋げて使用できます。

専用アプリ「Headphones Connect」をインストールすれば、スマホ上でサウンドエフェクトの調整が可能。ムーンリットブルーやホライズングリーン、ペールゴールドなど全5色を揃えていてカラーバリエーションが豊富なのも魅力です。

ビーアンドオープレイ(B&O Play) ワイヤレスBluetoothイヤホン BeoPlay H5

ビーアンドオープレイ独自設計のダイナミックドライバーを採用しており、高音質でありながら疲労感のないサウンドを聴かせてくれるBluetooth対応ワイヤレスイヤホン。耳の形に合うカーブを研究することで、フィット感のある快適な着け心地を生み出しています。

専用アプリ「Beoplay App」を使えば、スマホ上で再生/停止や音量調整ができて便利。再生時間は約5時間です。

RHA MA750 Wireless Bluetooth

クリアなサウンドを聴かせてくれる560.1ダイナミックドライバーを搭載したBluetooth対応ワイヤレスイヤホン。IPX4規格の防水性能を備えており、雨や汗を防いでくれます。

高機能のフレキシブルネックバンドを採用しており、音楽を聴いているときに着信があるとバイブレーションでお知らせ。大切な電話を逃しません。ネックバンド部分が緩やかなカーブを描いていて、首に優しくフィットしてくれます。

コーデックはSBCのほか、高音質再生ができるAACとaptXに対応。連続で約12時間の長時間駆動ができるのも魅力です。屋外で音楽をたくさん聴きたい方に適しています。

高音質な完全ワイヤレスイヤホンおすすめモデル

アップル(Apple) AirPods

Apple純正の完全ワイヤレスイヤホン人気モデル。Apple製品との相性がよいので、iPhone・iPad・MacBookなどを使用している方におすすめです。耳に装着すると自動再生、耳から外すと自動停止するためストレスフリーに使いこなせます。約15分の急速充電で約3時間の再生ができるパワフルさも魅力です。

ボーズ(Bose) 完全ワイヤレスイヤホン SoundSport Free wireless headphones

円錐型のノズルを採用することで装着感を向上させた完全ワイヤレスイヤホン。耳に引っかけるフックは独自のモノを採用しており、外れにくいです。Bluetoothで接続するためのアンテナ位置にもこだわっていて、通信品質・音質を高めています。

専用アプリ「Find My Buds」を使えばイヤホンの最終使用場所を表示してくれるので、万が一紛失してもすぐに見つけることが可能です。

高音質でリーズナブルなワイヤレスイヤホンおすすめモデル

JPRiDE 有線でも使えるBluetoothイヤホン JPA2 Live

独自の新開発2WAYメカニズムが採用されているBluetooth対応ワイヤレスイヤホン。リーズナブルでありながら、Bluetoothでも有線でも使える便利なモデルです。コーデックは高音質再生ができるAACとaptXに対応しています。通信可能範囲は約10m。連続で約6時間の再生ができるため、屋外で音楽を聴くときも安心して使えます。

ジェイビーエル(JBL) Bluetoothワイヤレスイヤホン T110BT

ジェイビーエルのイヤホンを手頃な価格で楽しみたい方におすすめのモデル。本体にマグネットが内蔵されているので、不使用時は左右を付けておくとケーブルの絡まりを防げます。また、ケーブル自体も絡まりにくいフラットなデザインを採用しているのが魅力。バッテリーパックをケーブルに配置することで、イヤホン本体がコンパクトなため耳への収まりがよいです。

Monmall Bluetoothイヤホン

耳に乗せて使うインナーイヤー型のBluetooth対応ワイヤレスイヤホン。約15gと軽量でラクに持ち運べます。ぴったりと耳に収まるように作られたデザインも魅力です。一度のフル充電で約5〜8時間の連続再生ができ、長時間使いたい方に適しています。

高音質なノイズキャンセリング対応ワイヤレスイヤホンおすすめモデル

ボーズ(Bose) ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン QuietControl 30 wireless headphones

ノイズキャンセリング機能が付いたデュアルマイクシステムを搭載しているBluetooth対応ワイヤレスイヤホン。ネックバンド型のため、耳の負担を抑えながら使えます。

新開発のコントローラブル・ノイズキャンセレーション技術により、周囲の音を調整して取り込み可能。車通りが多い屋外を歩くときなどは、適度に周囲の音を取り込んで安全を確認しながら音楽を聴くのがおすすめです。

サウンドを最適化してくれる専用設計のイコライザーも特長。細かい音のニュアンスまでしっかり楽しめます。最大で約10時間の使用ができるのも魅力です。

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン MDR-NWBT20N

騒音を約98%カットすると謳う高性能なBluetooth対応ワイヤレスイヤホン。騒音を分析して最適なモードに切り替えるAIノイズキャンセリング機能を搭載しています。NFCに対応しているので、同じくNFCに対応しているスマホであればワンタッチで接続可能です。

ジェイビーエル(JBL) Bluetoothイヤホン EVEREST ELITE 100

13.5mm径の高性能ドライバーを搭載しているBluetooth対応ワイヤレスイヤホン。中高音域と低音の再生能力を併せ持っており、パワフルでありながらクリアなサウンドを聴かせてくれます。エコーキャンセリング技術を採用することで、クリアな音質でハンズフリー通話を楽しめるのが魅力です。

耳へのフィット感を高めるフックは取り外しができるので、着け心地が気になる方は外して使いましょう。付属の3ボタンリモコンを使用すれば通話応答や音量調整、曲のスキップなどさまざまな操作ができます。

ソニー(SONY) 完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000X

完全ワイヤレスイヤホンとしては珍しいノイズキャンセリング機能を搭載しているBluetooth対応ワイヤレスイヤホン。独自開発のシリコンフォーム素材を用いたイヤーピースが採用されており、高い遮音性でしっかりと音楽を聴けます。

専用アプリ「Headphones Connect」に対応しており、ノイズキャンセリング機能のON・OFFや外音取り込みモードの切り替えが可能です。

高音質なスポーツ向けワイヤレスイヤホンおすすめモデル

Firacore ブルートゥースイヤホン

IPX7規格の高い防水性能を備えているBluetooth対応ワイヤレスイヤホン。雨や汗からイヤホンを守ってくれるのはもちろん、お風呂に入浴するときも安心して使用可能です。耳の負担が少ないシリコン素材のフックを装備しており、スポーツ時にしっかりホールドしてくれます。

音楽を聴くのはもちろん、マイクが内蔵されているのでハンズフリー通話も可能。イヤホン本体のボタンで着信の応答や音量の調整などの操作ができます。

ボーズ(Bose) ワイヤレスイヤホン SoundSport Pulse wireless headphones

スポーツ用にカスタマイズされたStayHear+チップが採用されていて、着け心地のよいBluetooth対応ワイヤレスイヤホン。柔らかいシリコンと円錐形のパーツにより、耳にしっかりフィットしてくれます。

イヤホン本体に心拍数モニターが搭載されており、専用アプリ「Bose Connect」と併用すれば心拍数をリアルタイムで表示可能です。防滴仕様のため、スポーツ時の雨や汗を弾いてイヤホンを保護してくれます。

ソニー(SONY) 防水/スポーツ向けワイヤレスイヤホン MDR-XB80BS

スポーツ時に使える性能とクリアなサウンドを聴かせる高音質を両立させたBluetooth対応ワイヤレスイヤホン。IPX5規格の防水性能を備えており、雨が降っているときでも使用できます。

耳にフィットするフックが装備されているほか、ケーブルの長さを調整できるアジャスターが付いているので快適に装着可能です。ランニングなど激しい動きがあるスポーツでも安心して使えます。

ハイレゾ相当の音楽が聴けるLDACコーデックに対応しているのもポイント。体を動かしながら質の高いサウンドが楽しめるおすすめモデルです。

ジェイバード(JayBird) 防水・防汗対応ワイヤレスイヤホン X3 Wireless JBD-X3-001

スポーツ向けのイヤホンを数多く展開しているジェイバードの製品。人間工学に基づいたイヤーフィンと形状記憶素材を採用したイヤーチップの組み合わせにより、耳にフィットして快適な装着感を生み出しています。Bluetoothアンテナを再設計することで音飛びを防ぎ、ストレスフリーで音楽を聴くことが可能。

水に溶けにくい二重のナノコーティングを使っているほか、繋ぎ目を締めた新設計が用いられており耐水性が高いです。専用アプリ「Jaybird MySound」を使えば、音質を自分好みに細かく調整できます。

高音質なiPhone向けワイヤレスイヤホンおすすめモデル

ビーツ(Beats) ワイヤレスイヤホン カナル型 BeatsX

Apple社のW1チップを搭載しているBluetooth対応ワイヤレスイヤホン。Apple製品との相性がよいのでiPhoneユーザーの方におすすめです。

「Fast Fue」と呼ばれる急速充電機能を搭載しており、約5分の充電で約2時間再生できるのが魅力。フル充電をした場合は最大約8時間の再生ができます。

RemoteTalkケーブルを採用しているため、音楽の再生やハンズフリー通話をはじめ音量の調整やSiriの起動も可能。さまざまな機能が使えるおすすめモデルです。

ビーツ(Beats by Dr. Dre) ワイヤレスイヤホン PowerBeats3

耐汗・防沫性能を備えているBluetooth対応ワイヤレスイヤホン。柔軟性の高いフックが装備されていて、耳から落ちないようにしっかりホールドしてくれます。約12時間駆動するパワフルなバッテリーが特長。急速充電機能「Fast Fuel」により、約5分の充電で約1時間使用できるのも魅力です。

W1チップを搭載しているため、Apple製品と簡単に接続が可能。Siriの起動にも対応しています。音質に関しては、デュアルドライバー音響を採用することでダイナミックなサウンドを聴けるのが特長です。