イヤホンのなかでも、聴いている音楽に影響を与えず、外からの騒音をシャットアウトできる「ノイズキャンセリングイヤホン」。最近のイヤホンはワイヤレス化が進んでおり、ラインナップも豊富です。また、ノイズキャンセリング機能を備えたモデルも徐々に増えています。

そこで今回は、ノイズキャンセリングイヤホンのおすすめモデルをランキング形式でご紹介。気になる方はチェックしてみてください。

さっそくおすすめ商品を見る

ノイズキャンセリングイヤホンとは?

By: amazon.co.jp

街なかや電車などの騒々しい場所で音楽を聴いていると、ボリュームを上げないと音楽が聴こえにくいことがあります。ノイズキャンセリングイヤホンを使用すれば、気になる騒音を低減して、音楽を快適に楽しむことが可能です。

原理としては、騒音を打ち消す「逆位相」の音波をイヤホン内で発生させることによって、外部からの騒音を低減します。また、音楽鑑賞用としてだけでなく、耳栓として使えるのもメリットです。

ノイズキャンセリングイヤホンの選び方

騒音低減能力で選ぶ

By: amazon.co.jp

ノイズキャンセリングイヤホンの騒音低減能力は、メーカーや機種によって異なります。基本的には価格に比例して性能は上がり、アナログ方式よりもデジタル方式の方が高性能です。

通常のイヤホンに比べて高度な技術力を必要とするため、販売しているメーカーは限られます。現在ではボーズとソニーの2社が主流です。

ボーズはノイズキャンセリングヘッドホンを開発し、業界トップといわれる騒音低減能力の製品をラインナップしています。人気も高く、騒音低減能力で選ぶならまずはボーズがおすすめですが、価格は高めです。

ソニーはアイテムの小型化と高度なデジタル技術が持ち味。イヤホンとしての音質や機能面に優れているのが特徴です。航空機をはじめとする、乗り物での長時間使用を想定するなら、やや高価でも高度な騒音低減能力の製品をおすすめします。

接続方法で選ぶ

By: amazon.co.jp

従来のイヤホンは3.5mm径端子による有線接続が一般的でしたが、最近ではBluetooth規格によるワイヤレス接続が急速に普及しています。

ノイズキャンセリングイヤホンにおいてもBluetooth対応機が増加。コードの煩わしさがないというメリットがある反面、コストの増加による価格の高騰と、回路の増加による重量の増加といったデメリットがあります。また、バッテリー持続時間も短めです。

さらに、Bluetoothは元の音源データを圧縮して伝送するので、音質が多少劣化します。そのため、音質優先なら有線接続がおすすめ。ただし、3.5mmジャックによる有線接続ができないスマホも増えており、Bluetooth対応機を購入した方が楽な場合もあるので、目的や用途に応じて選びましょう。

音質で選ぶ

By: amazon.co.jp

音質を重視するなら、音質チューニングが巧みな企業が多い、実績のある大手オーディオメーカーから選びましょう。

なかでも、ほかと比較して高音質志向のモデルを擁するソニーと、ノイズキャンセリングイヤホンの開発元としてノウハウの蓄積に優れるボーズがおすすめです。

高音質を見分けるポイントとしては、「ハイレゾ対応」の有無・BA型・ハイブリッド型ドライバーの採用が挙げられます。Bluetooth対応機であればLDAC・aptX・HDコーデックに対応しているかどうかがポイントなので、ぜひ参考にしてみてください。

バッテリーの持続時間で選ぶ

By: amazon.co.jp

ノイズキャンセリング機能は電力を必要とするため、使用時間に制約のある充電式のモデルがほとんどです。有線接続機は10時間以上もつモデルが多く、長旅にも対応しやすいのがメリット。ただし、バッテリーが切れるとノイズ低減ができないことに加え、普通のイヤホンとしても使えない場合があるので注意しましょう。

Bluetooth接続対応機の場合は送受信用にもバッテリーを消費するので、ノイズキャンセリング機能を使うと6時間前後の連続使用時間です。

また、高価な製品ほどバッテリーのもちがよい傾向にあるので、短時間の移動や日常的な外出メインで使うのであれば、持続時間にこだわらない方が安く購入できます。なお、Lightning端子による接続機は、イヤホン側にノイズキャンセリング用のバッテリーを積んでいませんが、iOS機側のバッテリーを消費する仕組みになっています。

装着感で選ぶ

By: amazon.co.jp

ノイズキャンセリングの性能が高くても、装着感が悪いと快適に音を楽しめません。イヤーピースやイヤーフックの有無を考慮して選んでみましょう。

イヤーピースは大きさ・形・素材ごとにさまざまな種類があります。大きさはS・M・Lが主流で、メーカーによりSSやLLも取り扱っているのがポイント。小さすぎると落ちやすく、大きすぎると耳が痛くなりやすい傾向にあります。

形は、きのこの傘のような「シングルフランジ」型を取り扱うメーカーが多いため、耳にフィットするモノを見つけやすくおすすめ。素材はシリコンが一般的で、耳にフィットしやすい柔らかい付け心地です。また、ウレタンでできた「フォームタイプ」は、丸めてから耳穴に装着すると、徐々に元の大きさに戻りしっかりと密着します。

一方、イヤーフックはイヤホンの落下を防ぐパーツです。現在の主流は爪型のモノで、耳のなかに入れてしっかり固定できます。また、以前主流だった耳かけ型も装着がラクなのでおすすめです。

残留ノイズにも気を付けよう

 

By: amazon.co.jp

音質以前の問題として挙げられる、残留ノイズ。ノイズキャンセリング機全般に見られるもので、音楽を再生せずにノイズキャンセリング機能だけを動作させた際、イヤホンからノイズが聞こえてくる現象です。

大抵は音楽を流すと聞こえないレベルの音ですが、耳栓代わりとしては使いにくい一面があります。ある程度の価格帯を超えれば残留ノイズが気になりにくいモデルもあるため、ノイズキャンセリングイヤホンを耳栓代わりに使いたい場合は1万円以上の機種がおすすめです。

ノイズキャンセリングイヤホンのおすすめメーカー

ボーズ(Bose)

By: amazon.co.jp

ボーズは、イヤホンの内外に収音用マイクを搭載し、周囲の騒音を分析。相殺音波を発生させて打ち消す技術を世界で初めて開発しました。

開発以降、業界最高といわれる騒音低減能力のモデルをラインナップし続けています。2016年には騒音低減効果を環境に合わせて自在に調節できる機能を開発。ノイズキャンセリング機能に優れたモデルを探している方におすすめのメーカーです。

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

ノイズキャンセリングイヤホンの分野ではボーズと肩を並べるメーカー。業界最高水準の騒音低減効果に加えて、高音質・高機能を備え、センサーを活用した環境や使用状況に応じたきめ細かい騒音低減性能が特徴です。

最近ではBluetooth機能も併用できる機種のほか、ハイレゾに対応するハイスペックモデルもラインナップしています。機能性だけでなく、音質にもこだわりたい方におすすめのメーカーです。

ジェイビーエル(JBL)

By: amazon.co.jp

アメリカのオーディオ業界を代表するスピーカー名門メーカーです。「JBLサウンド」と呼ばれる、切れ味のよいパワフルなサウンドが持ち味。最近はイヤホンをはじめ、ポータブルオーディオにも積極的に進出し、音質・デザイン・機能性に優れていることから高い人気を誇ります。

ノイズキャンセリングイヤホンにおいても、騒音低減レベルを自在に調節できる専用アプリを開発。通話性能にもこだわり、スマホ時代の高音質イヤホンとしてもおすすめできるメーカーです。

タオトロニクス(TaoTronics)

By: amazon.co.jp

タオトロニクスはアメリカのカルフォルニアに本社を置くメーカー。加湿器やノイズキャンセリングイヤホンなど、さまざまな製品を取り扱っており、アメリカをはじめ日本・イギリス・ドイツ・イタリア・フランスなどでシェアを拡大しています。

機能が充実したモデルを安い価格で販売しているので、コストパフォーマンスを重視する方におすすめのメーカーです。

パイオニア(Pioneer)

By: amazon.co.jp

パイオニアは、1938年に松本望が創業した日本の大手電機メーカー。国産初のダイナミックスピーカー「A-8」型を開発したメーカーとしても世界的に有名です。元々パイオニアはスピーカーから始まったメーカーということもあって、発音部を持つヘッドホン・イヤホンの品質に高い定評があります。

パイオニアの製品はどれも高性能ながら比較的リーズナブルなので、コストパフォーマンスを重視する方におすすめです。

ノイズキャンセリングイヤホンおすすめランキング|ワイヤレス

第1位 ソニー(SONY) WI-C600N

ソニー(SONY) WI-C600N

ソニーが展開するノイズキャンセリングイヤホンの2019年モデルです。周囲のノイズを打ち消す最新の「デジタルノイズキャンセリング機能」を搭載。ボタンひとつで周囲の音を分析し、3つのモードから最適なモードに切り替える「AIノイズキャンセリング」に対応しているのも魅力のひとつです。

音質面では、圧縮された音源で失われがちな高音域をイヤホン内で補完する独自開発技術「DSEE」や、低音域から高音域までバランスの取れたサウンドが楽しめる「高感度6mm径ダイナミックドライバー」、ワイヤレスでも音質劣化の少ない「aptX・AAC」を採用。

1回の充電で最大7.5時間音楽が楽しめる長時間バッテリーを採用しているので、外出先でも快適に音楽が楽しめます。

第2位 ボーズ(Bose) QuietControl 30 wireless headphones

ボーズ(Bose) QuietControl 30 wireless headphones

ボーズの最先端技術が詰まったノイズキャンセリングイヤホンです。ノイズと同じ波形の逆位相の信号を生成する「アクティブノイズキャンセリング」、物理的に周りの騒音をカットして遮音性を高めるイヤーチップ「StayHear+QC」を採用。電車内や空港といった騒がしい場所でも、周囲の騒音をしっかりと遮断します。

専用アプリ「Bose Connect」を使用することで、用途やシチュエーションに応じて12段階からノイズキャンセリングレベルをカスタマイズできるのも大きな魅力。1回の充電で最大10時間使えるリチウムイオンバッテリーや、わずか15分の充電で約1時間の使用が可能な「クイックチャージ機能」を搭載しているので、バッテリー残量を気にせず使いたい方におすすめです。

第3位 ソニー(SONY) WF-SP700N

ソニー(SONY) WF-SP700N

左右独立型のノイズキャンセリングイヤホン。左右のイヤホンを繋ぐケーブルが付いていないため、ストレスフリーに音楽が楽しめます。イヤホン本体はJIS防水保護等級「IPX4」相当の防滴に対応。普段使いはもちろんランニングのような汗をかくスポーツシーンでの使用にもおすすめです。

機能面では、ノイズをデジタル処理して周囲の騒音を低減させる「デジタルノイズキャンセリング」と、イヤホンに内蔵されたマイクロホンで環境音や人の声を取り込む「アンビエントサウンド(外音取り込み)モード」を搭載。

重低音のグルーブ感をダイレクトに伝達し、圧倒的な量感の低音を再現する「EXTRA BASS sound」や、ワイヤレスでも高音質で音楽が楽しめる「AAC」など、音質面に優れているのも大きな特徴です。

第4位 JVCケンウッド(KENWOOD) XE-M10BT

JVCケンウッド(KENWOOD) XE-M10BT

JVCケンウッドの多機能ノイズキャンセリングイヤホンです。内蔵マイクで周囲の音をモニターしながら音楽の再生ができる「周囲音取り込み機能」を搭載。好きな音楽を聴きながら自分の演奏する楽器の音を取り込んで、まるでアーティストとセッションしているかのような体験ができます。

原音を忠実に再現する「10mmダイナミック型ワイドレンジドライバーユニット」に加えて、周囲のノイズを打ち消す信号を高精度に生成するノイズキャンセリング機能を採用。飛行機や電車での移動時、騒音が気になる環境でも快適な高音質サウンドを楽しめます。

デジタル音源化や圧縮処理により失われた音楽情報を波形補正処理により再生成し、原音を忠実に再現する高音質化技術「K2 TECHNOLOGY」により、ワイヤレスながらワイヤードに迫る高音質を実現しているのも魅力です。

第5位 ソニー(SONY) WI-1000X

ソニー(SONY) WI-1000X

ソニーが販売するノイズキャンセリングイヤホンのハイエンドモデルです。従来のBluetooth Audioの最大約3倍の情報量で伝送できる、独自の圧縮技術「LDAC」に対応。原音の細かい表現まで忠実に再現された、ハイレゾ相当の高音質な音源が楽しめます。

また、喋りかけるだけでさまざまな操作ができる音声アシスタント(Googleアシスタント・Amazon Alexa)に対応しているのも大きなポイント。

機能面では、2つのセンサーで騒音を打ち消す「デュアルノイズセンサーテクノロジー」や、シーンに適したノイズキャンセリングモードをAIが自動選択する「フルオートAIノイズキャンセリング機能」、気圧の変化に応じてノイズキャンセリング性能を最適化する機能を搭載。場所を問わずクリアなリスニングが楽しめます。

第6位 ソニー(SONY) MDR-NWBT20N

第6位 ソニー(SONY) MDR-NWBT20N

ノイズキャンセリングイヤホンは高くて手が出ないという方におすすめの製品です。周囲からの騒音を約98%カットするデジタルノイズキャンセリング機能を搭載しているにも関わらず、コストパフォーマンスに優れています。

低価格帯のノイズキャンセリングイヤホンながら、周囲の騒音を分析して適したモードを自動選択する「AIノイズキャンセリング機能」を搭載。また、ワンタッチでスマートフォンなどとペアリングができる「NFC」など、便利な機能が充実しているのも魅力です。

ボディカラーは、ブラック・ブルー・ホワイト・ビビッドピンク・ライトピンクの全5色。ファッション感覚で好みの色が選べるのも嬉しいポイントです。

第7位 ジェイビーエル(JBL) EVEREST ELITE 100 V100NXTWHTGP

ジェイビーエル(JBL) EVEREST ELITE 100 V100NXTWHTGP

老舗音響機器メーカーのジェイビーエルが販売するフラッグシップモデルです。独自のサウンドテクノロジーにより開発された高性能「13.5mm径ダイナミックドライバー」を採用。繊細な中高音域と深みのある低音域を両立した高音質サウンドが楽しめます。新技術の「NXTGen Active Noise Cancelling Technology」により、アプリ経由でノイズキャンセリングのレベルが調節できるのもポイント。

ほかにも、ワンタッチで通話・音量調節・曲のスキップが可能な「マイク付き3ボタンリモコン」、クリアな音声通話が楽しめる「エコーキャンセリング技術」など、便利なオプションを多数搭載しています。1回の充電で最大6時間使える駆動時間の長さや、人間工学に基づいて設計したスタビライザーも魅力です。

第8位 ワンモア(1MORE) E1004BA

ワンモア(1MORE) E1004BA

ANC(アクティブノイズキャンセリング)だけでなく、INC(インサイシブノイズキャンセレーション)技術も採用されたワイヤレスイヤホン。ANCは周りの騒音を打ち消し、INCは不快な音を遮断し重要な音を取り入れる機能です。

ノイズキャンセリングをオンにすると音質が下がることもありますが、ワンモア独自の「サンドイッチ・ドライバー」構造により、一音ごとの輪郭がはっきりし、繊細でクリアな音を楽しめます。

人間工学に基づいたシリコンカバー付きのネックバンドを採用しているため、長時間の装着でも疲れにくいのが特徴。そのほか、Type-C to 3.5mmの変換ケーブルを付ければ、有線でも使えて便利です。

第9位 アーバニスタ(Urbanista) MILAN Noise Cancelling Bluetooth

アーバニスタ(Urbanista) MILAN Noise Cancelling Bluetooth

アクティブノイズキャンセリング機能を起動しながら、最大7時間の音楽再生ができるイヤホン。周りの雑音に邪魔されず、ノイズのないクリアな音を楽しめます。

エルゴノミクス設計のイヤホンで、耳にきちんとフィットするのが特徴です。また、全体的に洗練されたデザインで、首からかけているだけでもおしゃれ。そのほか、IPX4規格相当の防水性能を備えているのもポイントです。

第10位 Libratone 完全ワイヤレスイヤホン TRACK Air+

Libratone 完全ワイヤレスイヤホン TRACK Air+

専用のアプリを使うことで、最大約30dBまでノイズキャンセリングのレベルを手動設定できる完全ワイヤレスイヤホン。周りの環境に応じてレベルを自動調節するSMARTモードも搭載されており、快適に使用可能です。クアルコム社の高性能チップを採用しているのも特徴で、接続が比較的安定しています。

また、IPX4相当の防水性能を備えており、ちょっとした雨や運動中の汗などから保護できるのも魅力。おしゃれでスタイリッシュなデザインを採用しているため、性能だけではなく見た目も重視したい方は要チェックです。

ノイズキャンセリングイヤホンおすすめランキング|有線

第1位 タオトロニクス(TaoTronics) TT-EP002

タオトロニクス(TaoTronics) TT-EP002

コストパフォーマンスに優れたノイズキャンセリングイヤホン。低価格モデルにも関わらず、気になる雑音を25dBまで低減させる「アクティブノイズキャンセリング」や、ボタンひとつで周囲の音が確認できる「モニタリングモード」、クリアな音声通話が楽しめる「MEMSノイズ軽減マイク」も搭載されています。

駆動時間は1回の充電で最大15時間と長めなので、外出先でもバッテリー残量を気にせず長時間音楽が楽しめます。イヤホン本体には、黒いつや消し仕上げが施された「アルミ素材」を採用。スタイリッシュなノイズキャンセリングイヤホンが欲しい方にもおすすめです。

第2位 パイオニア(Pioneer) RAYZ Plus SE-LTC5R

パイオニア(Pioneer) RAYZ Plus SE-LTC5R-T

音響機器メーカー大手の「パイオニア」が販売する、ノイズキャンセリングイヤホンです。低消費電力で駆動するパイオニア独自の新技術と、Appleの第2世代Lightning Audio技術を採用。Lightning経由でデバイスから直接電源を供給するため、使うたびにわざわざ充電をする必要がありません。

機能面では、周囲の状況をスキャンしてノイズキャンセリングレベルを調節する「Smart Noise Cancelling」に加えて、イヤホンを外さなくても外部の音が取り込める「HearThruモード」を搭載。飛行機のなかから普段の生活の騒音まで、幅広いシチュエーションで使えます。

耳からイヤホンを外すと音楽が自動で停止し、再装着すると自動で再生する「オートポーズ」や、お気に入りのアプリの起動、通話のミュート・ミュート解除などがワンタッチで操作できる「スマートボタン」など、実用性に配慮して作られているのも魅力です。

第3位 バング&オルフセン(Bang&Olufsen) Beoplay E4 1644526

バング&オルフセン(Bang&Olufsen) Beoplay E4 1644526

機能性とデザイン性のバランスに優れたノイズキャンセリングイヤホンです。重量わずか50gの軽量モデルながら、2つのマイクを使用して周囲の音を効率的に遮断する次世代の「ハイブリッド式アクティブノイズキャンセレーション」や、鮮明でクリアな音を忠実に再現する「Essential Sound」を採用。

1回の充電で最大20時間の連続使用が可能な長時間駆動バッテリーが搭載されているので、外出先でも安心して音楽が楽しめます。心地よさを兼ね備えたイヤーチップ「Listen in Comfort」や、ボタンひとつで素早く周囲の音を取り込む「Transparency Mode」など、便利な機能が充実しているのも嬉しいポイント。

ハウジング部分には、丈夫で傷付きにくいステンレス素材が採用されており、耐久性を重視したい方にもおすすめです。

第4位 ゼンハイザー(SENNHEISER)AMBEO SMART HEADSET

ゼンハイザー(SENNHEISER)AMBEO SMART HEADSET

ドイツの人気ヘッドホンブランド、ゼンハイザーが販売する、ノイズキャンセリングイヤホンです。ハウジングの外側に左右合わせて2基の無指向性マイクを搭載。イヤホンを装着した人が聴いた音の方向をそのまま記録できる「バイノーラル録音」が行えます。シチュエーションに応じて入力感度が2段階で切り替えられるのも魅力です。

機能面では、イヤホンで音楽を楽しみながら同時に周りの音も確認できる「トランスペアレントヒアリング」や、ファン・空調・エンジン音などの環境音を軽減させる「アクティブノイズキャンセル」、イヤホンの設定をカスタマイズできるアプリ「AMBEO SMART HEADSET」と連携。Hi-Fiサウンド対応モデルなので、高音質で音楽や動画を楽しみたい方にもおすすめです。

第5位 パイオニア(Pioneer) RAYZ Pro SE-LTC7R

パイオニア(Pioneer) RAYZ Pro SE-LTC7R-B

便利な機能が充実したノイズキャンセリングイヤホンです。USB-Cケーブルに加えてLightning変換ケーブルも付属しているので、1台で、スマートフォン・ノートパソコンなどさまざまなデバイスで使えます。遮音性や装着感に定評のある「Comply製チップ」に加えて、先進のノイズキャンセリング機能を搭載。騒音の激しい場所での使用にもおすすめです。

ほかにも、イヤホンを耳から取り外すと音楽の再生を自動で一時停止する「オートポーズ」、Lightningポート接続時に通話や充電ができる「トーク&チャージ」を搭載しています。また、話すのをやめるとマイクが自動的にミュートになる「スマートミュート」機能は、音声通話が多い方におすすめです。

第6位 レイザー(Razer) Hammerhead USB-C ANC RZ12-02780100-R3M1

レイザー(Razer) Hammerhead USB-C ANC RZ12-02780100-R3M1

レイザーが販売するノイズキャンセリングイヤホンの高性能モデル。ダイナミック型ドライバーによる厚みのある低音域と、BA(バランスドアーマチュア)ドライバーによる鮮明な高音域をバランスよく再現する「デュアルドライバー」を採用。高性能な「内蔵DAC(96Hz/24bit対応)」により、ハイクオリティな音源ソースも劣化させずに高音質で楽しめます。

イヤホン本体は硬質アルミ、ケーブルには「編組被膜」が施されており、ほかの製品に比べて耐久性に優れているのが魅力。「Complyフォームイヤホンチップ」が付属しているので、快適なフィット感と高度な遮音性能を実現しています。

重量21.8gのコンパクトなイヤホンながら、周囲のノイズを電気的にカットする「ANC(アクティブノイズキャンセリング)」や、通話や各種操作ができるマイク付きインラインリモコンが搭載されているのもポイントです。

第7位 ボーズ(Bose) QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphones

ボーズ(Bose) QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphones

気になる騒音をコントロールできるノイズキャンセリングイヤホン。電車での移動中も好きな音楽に没頭できます。「Awareモード」をオンにすると周囲の音を聞けるので、重要な音を聴き逃しません。

ボーズ独自の「TriPortテクノロジー」と「Active EQ」が、細やかな音の粒をひとつずつ響かせ、バランスが取れた深みのある高音質が楽しめます。そのほか、柔らかい「StayHear+イヤーチップ」が耳穴にしっかりフィットし、長時間の装着でも快適に過ごすことが可能です。

第8位 ジェイビーエル(JBL) REFLECT AWARE

ジェイビーエル(JBL) REFLECT AWARE

ポップなカラーが魅力のノイズキャンセリングイヤホン。高精度にノイズをシャットアウトする「フィードバック方式」と、音質への影響を少なくしコンパクトな設計を可能した「フィードフォワード方式」が採用されています。

また、14.6mmドライバーを搭載し、透明感のあるサウンドを楽しむことが可能。そのほか、IPX5相当の防水性能を備えており、スポーツ時に汗をかいても安心です。

第9位 シャオミ(Xiaomi) MI-AU35MBK

シャオミー(Xiaomi) MI-AU35MBK

その場の騒音に応じて、ノイズキャンセリングを2段階に調節できる有線イヤホン。ノイズ低減の強度を調節することで、消費電力の削減をはかれます。ハイレゾ音源に対応しているため、より原音に近い繊細で迫力のある音を楽しめるのも魅力のひとつ。

装着部分は人間工学に基づいたデザインで柔らかく、快適に装着できます。連続再生は最大12時間なので、充電がすぐになくなる心配がありません。

第10位 UiiSii I8 イヤホン

UiiSii I8 イヤホン

AppleからのMFI認証を受けている有線イヤホン。デュアルドライバー構造を採用しており、低音域から高音域までしっかりと聴かせるバランスのよいサウンドが楽しめます。ハイレゾ音源の再生に対応しているのも特徴です。

ノイズキャンセリング機能が搭載されているので、周囲の雑音を軽減して快適に音楽を聴くことが可能。また、ノイズを少なくするシリコンチップマイクにより、通話時にクリアな音声を届けられます。人間工学に基づいたデザインで、装着感がよいおすすめのイヤホンです。