イヤホンのなかでも流れている音楽に影響を与えず、それでいて外からの騒音をシャットアウトしてくれる「ノイズキャンセリングイヤホン」。本体に内蔵されているマイクが周囲の音を感知して調整してくれるので、イヤホンサウンドを爆音にせずとも集中できるのが特徴です。

最近のイヤホンはワイヤレス化が進んでおり、特に左右に分離独立した「完全ワイヤレスイヤホン」の普及は顕著。ノイズキャンセリング機能を備えたモデルも徐々に増えています。そこで今回はノイズキャンセリングイヤホンのおすすめモデルをランキング形式でご紹介。気になる方は要チェックです。

ノイズキャンセリングイヤホンとは?

By: amazon.co.jp

ノイズキャンセリングイヤホンとは、周囲の騒音を低減することにより音楽を聴き取りやすくし、集中できる環境を構築できるイヤホンです。

原理としては、騒音を瞬時に分析した上で騒音を打ち消す音波(逆位相の音波)をイヤホンから発生させており、航空機内の騒音低減を目的として開発されたノイズキャンセリングヘッドホンがそのルーツとされています。昨今は技術の進歩により、イヤホンにも採用できるほど小型化しているのもポイントです。

ただ、騒音を低減するといっても万能ではなく、乗り物の動作音のような持続的で低い音の低減が得意ですが、突発的で高めな音にはあまり効果は期待できません。乗り物や機械の音、ざわざわした騒音の対策となると捉えておきましょう。

ノイズキャンセリングのメリット

By: amazon.co.jp

電車や航空機などの乗り物の中では、乗り物自体が大きな音を発しているため、音楽を聴いても騒音に邪魔されて集中できない場合があります。無理に聴こうとしてボリュームを上げると耳に影響を及ぼすので避けたいところ。そこで便利なのがノイズキャンセリング機能です。

また、必ずしも音楽を視聴している時のみに効果的を発揮するという訳ではないので、耳栓感覚で使えることもポイント。仕事や勉強に集中したい時は騒音カット機能だけを利用するのもアリです。

どうやって選ぶ?

騒音低減能力で選ぶ

By: amazon.co.jp

ノイズキャンセリングイヤホンの騒音低減能力はメーカーや機種ごとに異なります。基本的に価格に比例して性能は上がり、アナログ方式よりもデジタル方式の方が高性能です。

ノイズキャンセリングイヤホンは、普通のイヤホンに比べて高度な技術力を必要とするため、発売しているメーカーは限られます。なかでも、ボーズとソニーの2社の製品が主流です。

ボーズはノイズキャンセリングヘッドホンを開発し、常に業界トップといわれる騒音低減能力の製品を送り出し続けています。人気も高く、騒音低減能力で選ぶならまずはボーズといえますが、価格は高めです。

ソニーはアイテムの小型化と高度なデジタル技術が持ち味。イヤホンとしての音質や機能面が優秀なのが特徴です。選び方のポイントとしては、航空機を始めとする乗り物での長時間使用を想定するなら、やや高額でも高度な騒音低減能力の機種をおすすめします。

機能性で選ぶ

By: amazon.co.jp

ほとんどのノイズキャンセリングイヤホンはノイズの低減機能をオンオフ切り替えすることが可能です。また、最近のイヤホンはBluetoothによるワイヤレス接続対応機も増えています。完全ワイヤレスイヤホンにもノイズキャンセリングを搭載しているモデルも徐々に登場しているので、価格と用途を考慮して選びましょう。

バッテリー持続時間

By: amazon.co.jp

ノイズキャンセリング機能は電力を消費するためバッテリーで動作します。近年のノイズキャンセリングイヤホンはワイヤレスタイプが多く、充電式の内蔵バッテリー方式がほとんど。そのため、ノイズキャンセリングをオンした際のバッテリー持ちは、オフ時に比べ悪くなるため、注意が必要です。

Bluetooth接続対応機の場合、通信用にもバッテリーを消費するので、有線機よりも短い6時間前後のノイズキャンセリング動作時間となります。

高価なほどバッテリーは持つ傾向にあるため、短時間の移動や外出でしか使わないのであれば、バッテリー容量が抑えられたモデルが安価でおすすめです。逆に長距離移動が多い方は、バッテリー持続時間の長さで選ぶことをおすすめします。

イヤホンの音質で選ぶ

By: amazon.co.jp

ノイズキャンセリングイヤホンにおいて、イヤホン自体の音質も欠かせない要素です。ボーズとソニーであれば音質は良好で、ノイズキャンセリング機能も優秀。また、価格がリーズナブルな製品の中にはノイズキャンセリングの効果が期待できないものがあるため、注意して選ぶ必要があります。

残留ノイズにも気を付けよう

 

By: amazon.co.jp

音質以前の問題として残留ノイズがあります。これは、ノイズキャンセリング機全般に見られるもので、音楽を再生せずにノイズキャンセリング機能だけを動作させた際、ノイズがイヤホンから聴こえてしまう現象です。

大抵は音楽が鳴ると聴こえないレベルなので、聴取前提での使用であればあまり気になりませんが、耳栓代わりとしては使いにくい面があります。ある程度の価格帯になれば、残留ノイズが気にならないモデルもあるため、ノイズキャンセリングイヤホンを静かな環境で耳栓代わりに使いたい場合は1万円以上の機種がおすすめです。

装着性で選ぶ

By: amazon.co.jp

どのイヤホンでも装着性はポイントになりますが、長時間使用することもあるノイズキャンセリングイヤホンではとりわけ重要です。長時間装着での疲れや痛みを感じない機種を選びましょう。また、耳との密着性が高くないと騒音低減効果が損なわれるので、自分の耳にしっかりフィットするかどうかも考慮する必要があります。

ノイズキャンセリングイヤホンのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

ノイズキャンセリングイヤホンの分野ではボーズと肩を並べるメーカー。業界最高水準の騒音低減効果に加えて、高音質・高機能を備え、センサーを活用した環境や使用状況に応じたきめ細かい騒音低減性能が特徴です。

最近ではBluetoothワイヤレス機能も併用できる機種を発売。他社も追随し、ノイズキャンセリングヘイヤホンでもワイヤレスが当たり前という流れを作りました。 音質面ではハイレゾに対応するハイスペックモデルも発売。音楽鑑賞時の音質にも優れます。

ボーズ(Bose)

By: amazon.co.jp

ノイズキャンセリングイヤホンの草分け的存在です。イヤホンの内外に収音用マイクを搭載し、周囲の騒音を分析、相殺音波を発生させて打ち消す技術を世界で初めて開発しました。

以降、常に業界最高と言われる、高い騒音低減能力のモデルを送り出し続けています。2016年には騒音低減効果を環境に合わせて自在に調節できる機能を開発。先進性でも他社を圧倒しています。

ジェイビーエル(JBL)

By: amazon.co.jp

アメリカのオーディオ業界を代表するスピーカー名門メーカーです。「JBLサウンド」と呼ばれる切れ味のよいパワフルなサウンドが持ち味。近年はイヤホンをはじめ、ポータブルオーディオにも積極的に進出し、音質、デザイン、機能性に優れることから高い人気を誇ります。

ノイズキャンセリングイヤホンにおいても、騒音低減レベルを自在に調整できる専用アプリを開発。通話性能にもこだわり、スマホ時代の高音質イヤホンとしてもおすすめできる存在です。

ノイズキャンセリングイヤホンおすすめ人気ランキング

第1位 ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WI-1000X

高性能なノイズキャンセリング機能と高音質を両立したハイクオリティーモデルです。スマホとタブレットに対応した「Headphones Connect」アプリを使用することにより、周囲の状況に応じた騒音低減効果や外音取り込み機能を自動で調整。さらに、飛行機に搭乗している時の大気圧の変化に応じた調整機能を備えた「NCオプティマイザー」も搭載しています。

LDACにも対応するBluetoothコーデックの豊富さ、幅広い音源をハイレゾ相当に変換再生できる「DSEE HX」、高音質なデジタルアンプ「S-Master HX」も搭載。イヤホン部もハイレゾ対応スペックを備えるハイブリッド構成により、繊細さとダイナミックさを兼ね備える高音質です。

好みの音質やサラウンド効果を楽しめる音質調整機能も搭載し、音楽ジャンルも選びません。幅広い使い方に対応できる万能型モデルとしておすすめです。

第2位 ボーズ(Bose) QuietControl 30 wireless headphones WLSS

ノイズキャンセリングイヤホンの元祖が放つ最新機で、ボーズとして初めてBluetooth接続に対応。ボーズのノイズキャンセリングイヤホンは高性能でもコードが煩わしいと思っていた方にもぴったりの人気モデルです。

イヤホン内外にある合計6つのマイクから外部の騒音レベルを測定してノイズを相殺することにより、高度な騒音低減性能を有します。効果を12段階で調節できるのも特徴です。場所や状況によって快適さと安全性を両立できます。

バッテリー持続は最大10時間です。長時間装着時でも疲労の少ない設計も魅力。外出はもちろん、長旅のお供にもおすすめです。

第3位 ソニー(SONY) 完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000X

左右イヤホン間のコードも取り去ったBluetoothイヤホンである「完全ワイヤレスイヤホン」。ワイヤレスイヤホンの進化系として急速に人気を高めています。本モデルでは完全ワイヤレスイヤホンとして世界で初めてノイズキャンセリング機能を搭載したのが大きな特徴です。

スマホ・タブレット上で操作可能な「Headphones Connect」アプリを使用することにより、端末が装備する各種センサーでユーザーの行動を検出して、自動的に騒音低減効果や外音取り込み機能を切り替える「アダプティブサウンドコントロール」が利用できます。状況に応じて快適なリスニングが楽しめるのも魅力です。

第4位 ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WI-SP600N

スポーツシーンでの使用に適したBluetooth接続対応のノイズキャンセリングイヤホンです。耳のくぼみに合う形状に調整された「アークサポーター」と重心の位置を工夫した設計により、フィット感に優れ、動いてもずれにくい装着性を実現しています。

汗や多少の雨にも対応できるIPX4等級の防水性も備えるので、屋外での使用も可能。環境音や人の声を取り込む「外音取り込み」機能を装備するので、安全性も確保できます。

バッテリー駆動は最大6時間で、専用アプリ「Headphones Connect」から各種機能の切り替えや音質調整ができるのもおすすめポイントです。

第5位 ソニー(SONY) 完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-SP700N

世界で初めて、ノイズキャンセリング機能と防滴機能を兼ね備えた完全ワイヤレスイヤホン。マイク部分を水滴から保護するメッシュ素材を使用し、通気部の大きさと形状を最適化することでIPX4防滴性能を実現しています。

ノイズキャンセリング時に周囲の音を取り込める「外音取り込み」機能は、周囲の音を自然に取り込む「ノーマルモード」と、人の声を聴き取りやすくする「ボイスモード」を切り替え可能。屋外での使用状況に合わせて選べます。

ソニーの他モデル同様の豊富な機能と音質調整も装備。好みの音質で音楽鑑賞を楽しめます。動いてもずれにくいサポーター付き設計なので、スポーツ時の使用におすすめです。

第6位 ジェイビーエル(JBL) ノイズキャンセリングイヤホン EVEREST ELITE 100

老舗スピーカーブランドによるBluetooth接続のノイズキャンセリングイヤホン。専用アプリを使用することで接続しているスマホやタブレットからノイズ低減のレベルを調整可能です。スタビライザー付きでフィット性、密閉度の高さも相まって高い騒音低減効果を発揮します。

高性能エコーキャンセリング技術により通話音質もクリア。騒々しい場所での通話が多い方にもおすすめです。13.5mm大口径ダイナミック型ユニットを採用。キレがよくパワフルなJBLサウンドを存分に楽しめるのも魅力です。

第7位 ボーズ(Bose) QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling Headphones Apple devices

有線接続タイプでは定評のあるノイズキャンセリングイヤホン。ボーズが開発した基本技術と最新デジタル処理による、高水準な騒音低減能力も魅力です。

また、周囲の音が聞き取りやすくなるように調整する「Awareモード」を搭載。イヤホンを着けたままのコミュニケーション性を確保します。

豊かな低音を再生できる「TriPortテクノロジー」や「アクティブ・イコライゼーション」による自然な音質もポイントです。独自のイヤーピース「StayHear+チップ」による密着感の高さは快適なフィット性と、遮音性の高さにつながっています。

iOSと、Android、それぞれのOSに対応するマイク付きリモコンが付属するのも便利です。イヤホンを付けたまま、ハンズフリー通話も可能。スマホとの連携性の高さでもおすすめです。なお、iOS用と、Android用は別モデルなので、よく確認しましょう。

第8位 ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン MDR-NWBT20N

リーズナブルで人気の高いBluetooth接続対応ノイズキャンセリングイヤホンです。安価ながら高精度なデジタル方式を採用し、周囲からの騒音を約98%減少できると謳われています。最適なキャンセリングモードを選択してくれるAIノイズキャンセリングもポイント。環境に応じた快適なリスニングが楽しめます。

スマホ用リモコンマイクも備えており、Bluetoothレシーバー部からイヤホンが着脱できるので好みの有線イヤホンをワイヤレス化が可能です。

第9位 パイオニア(Pioneer) ノイズキャンセリングイヤホン RAYZ Pro SE-LTC7RB

付属ケーブルの切り替えにより、LightningとUSB-Cの端子に接続できるノイズキャンセリングイヤホンです。iPhoneやiPadなどのiOS機とUSB-C端子を搭載したAndroidスマホ、タブレットで使用できます。接続機から電源を取るのでバッテリー不要で動作するのもポイントです。

ユーザーの耳と周囲をスキャンし、個々の環境に対応したノイズキャンセリングを実現するキャリブレーション機能を搭載。ノイズキャンセリング動作時にも周囲の音が聴こえるようにする「HearThru」モードや、イヤホンを耳から外すと自動で再生を一時停止するオートポーズ機能も便利です。

第10位 オーディオテクニカ(audio-technica) ノイズキャンセリングイヤホン ATH-ANC23

リーズナブルな有線ノイズキャンセリングイヤホン。バッテリーに単4形アルカリ乾電池1本を使用します。充電式内蔵バッテリーが主流のなか、電池が切れても簡単に交換して使い続けられる点は大きな特徴です。

電池1本で60時間動作のスタミナも魅力。ノイズキャンセリングオフで電池を消耗せずに普通のイヤホンとしても使えます。騒音の低減率は約90%と控えめ。航空機用のプラグアダプターも付属するので、海外旅行が多い方にもおすすめです。

第11位 ソニー(SONY) ノイズキャンセリング機能搭載ウォークマン専用イヤホン MDR-NWNC33

対応しているソニー製品である「ウォークマン」、Androidスマホの「Xperia」、ICレコーダーとの併用でノイズキャンセリング機能が使えるイヤホンです。大口径13.5mmダイナミック型ユニットを内蔵。スケール感のあるパワフルサウンドが持ち味です。密閉型「バーティカル・イン・ザ・イヤー方式」により、高音質と装着性のよさを備えます。

一部の機能を再生機器側に担当させることにより、低コスト化が可能となりリーズナブルなのもポイント。使用可能な機種に制限があることに留意すればお買い得です。

第12位 アーカーゲー(AKG) ノイズキャンセリングイヤホン N20NC

小型で高性能なノイズキャンセリングイヤホンです。騒音収音用マイクをイヤホンの内外両方に搭載し、独自のキャンセリング信号回路と合わせてハイレベルな騒音低減性能を実現しています。また、大口径10mmダイナミック型ドライバーと伸びのある再生音が可能な「ベンチレーション・システム」を採用。コンパクトながら充実のサウンドを鳴らします。

ケーブル部にAndroid用・iOS両対応マイク付きリモコンを装備しているので、幅広いスマホとの使用が可能です。20時間のロングバッテリーも魅力。コンパクトボディに軽快な装着感はカナル型が苦手な方や女性にもおすすめです。

第13位 ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン MDR-EX31BN

ハイコスパで人気のBluetooth接続対応ノイズキャンセリングイヤホン。周囲からの騒音を約98%減少できると謳われている「デジタル方式ノイズキャンセリング」と、最適な騒音低減モードを自動選択する「AIノイズキャンセリング機能」を搭載。騒音低減の基本性能に優れます。

BluetoothコーデックがSBCのほか、AAC、aptXと幅広く対応。iPhoneやAndroid端末で高音質なワイヤレスリスニングが楽しめます。クリアな通話音声を実現する「エコーキャンセレーション」機能も搭載。通話が多い方にもおすすめです。

8台までの機器をペアリングできる「マルチペアリング」と、音楽再生機器と通話機器に、それぞれ1台ずつ同時に接続可能な「マルチポイント」に対応。 簡単にBluetooth接続可能なNFCにも対応します。Bluetooth接続可能な機器を複数使いこなしている方にもおすすめです。

第14位 ジェイビーエル(JBL) ノイズキャンセリングイヤホン REFLECT AWARE

Lightning接続専用のノイズキャンセリングイヤホン。接続したiOS機から電源供給するので、バッテリー切れを気にする必要がありません。

強力なノイズキャンセリングが可能な「フィードバック方式」と、コンパクトな設計が可能な「フィードフォワード方式」をどちらも採用することで高性能と小型化を両立しているのが特徴です。

14.6mmの新開発ドライバーを採用することにより、パワフルかつクリアなサウンドを楽しめます。防汗仕様で、ずれにくく外れにくい設計も施されているのでスポーツでの利用にも最適。マイク付きリモコンも装備しているのでハンズフリー通話も可能です。

第15位 オーディオテクニカ(audio-technica) ノイズキャンセリングイヤホン ATH-BT08NC

Bluetooth接続と有線接続両用のノイズキャンセリングイヤホン。 13.5mm径の大口径ダイナミックドライバーと密閉性を高める構造によって、ノイズキャンセル機能使用時でも重低音再生能力が高いことが特徴。

ノイズキャンセル機能オフで通常のBluetoothの有線イヤホンとしても使えます。コーデックはSBC、AAC、apt-Xに対応しており、いつでも楽しめる重低音イヤホンとしてもおすすめです。

第16位 パイオニア(Pioneer) ノイズキャンセリングイヤホン RAYZ Plus Lightning-Powered SE-LTC5R-T

Lightning接続専用のノイズキャンセリングイヤホン。iOS機からの電源供給で動作します。Lightning接続用充電ポートをケーブルに装備し、充電しながらでも通話や音楽再生が楽しめるのも便利です。

リモコン部に24bit/48KHz対応のDACを搭載しているので、外部アンプの追加なしにハイレゾ音源再生も可能。専用iOSアプリを利用することで、基本設定のほか音質設定やボタンの機能割当など多彩な機能を操れます。充電しながらiPhoneでイヤホンを使いたい方におすすめです。

第17位 タオトロニクス(TaoTronics) 有線ノイズキャンセリングイヤホン TT-EP002

リーズナブルでコスパの高い有線ノイズキャンセリングイヤホンです。周囲の騒音を気にならない程度まで低減できる25dBの静けさを実現。ボタンひとつで周囲の音が聴き取れる「モニタリングモード」も搭載しています。

ノイズ軽減機能がある高性能MEMSマイクにより、スマホでの通話も快適です。1回の充電で最大15時間使えます。充電しながらでもノイズキャンセリング機能が使えるのも便利です。アルミ合金マットブラック仕上げで安さを感じさせない上質さも備えます。

第18位 リブラトーン(Libratone) Q Adapt Lightningインイヤヘッドフォンwith Adjustable Noise Cancellation LI0030000EU6006

Lightning接続専用のノイズキャンセリングイヤホン。iPhone付属イヤホンと同じ、インナーイヤー型を採用しているのが特徴です。軽快な装着感で、長時間使用でも疲労しにくいのがメリット。反面、音漏れが大きいので人前での大音量に注意が必要です。

本モデルにはノイズキャンセルの周囲音レベルを調整する「CityMix」機能を搭載。装着したまま会話もできます。マイク付きの4ボタンリモコンで、選曲・ノイズキャンセリング・通話などの操作が可能。iPhone付属イヤホンに近い使用感のイヤホンとしておすすめです。

第19位 ビーアンドオープレイ(B&O Play) ノイズキャンセリングイヤホン BeoPlay H3 ANC

デザイン性に優れた有線ノイズキャンセリングイヤホン。ビーアンドオープレイは、スタイリッシュなオーディオ製品で有名な北欧ブランドで、技術力の高さと高音質にも定評があります。

人間の耳の形やカーブの研究を重ねてデザインされたという外観はスマートなだけでなく装着性も良好。ステンレス製ハウジングの高品位な質感も魅力です。再生時間が最大20時間とロングバッテリーなのもポイント。実用性が高いおしゃれなイヤホンとして女性にもおすすめです。

第20位 ワンモア(1MORE) ノイズキャンセリングイヤホン ライトニング コネクター E1004

ワンモアは中国の新進オーディオブランド。大手スマホメーカー付属イヤホンの供給元になるなど、すでに実績と実力十分の存在です。本モデルはLightning接続専用ノイズキャンセリングイヤホン。プッシュ付きの十字キーによる「5-in-1 スマートコントロール」を備えたマイク付きリモコン部が特徴です。

音楽再生の各操作やボリュームを簡単に操れます。ノイズキャンセリング機能のON・OFFもスライドスイッチのワンプッシュで切り替え可能です。iPhoneとの相性がよく考えられたイヤホンとしてもおすすめできます。

第21位 JVCケンウッド(KENWOOD) K2テクノロジー搭載ノイズキャンセリングイヤホン XE-M10BT

高音質で見た目に上質感があるBluetooth接続のノイズキャンセリングイヤホンです。快適な装着性を実現するネックバンドスタイルを採用。ネックバンド部に金属ワイヤーを、ネック後部に革素材をあしらい高級感を演出。モノとしての魅力も高めています。

Bluetooth伝送で失われる音楽データを補正処理により原音を忠実に再現する独自の高音質化技術「K2 TECHNOLOGY」を搭載。SBC、AAC、aptXコーデックのいずれにおいても24bit/192KHzのハイレゾ相当高音質で再生します。7時間のロングバッテリーも魅力です。

第22位 ゼンハイザー(SENNHEISER) IOSデバイス用イヤホン AMBEO SMART HEADSET

個性的な機能を備えたLightning接続専用のノイズキャンセリングイヤホン。イヤホン部に録音用のマイクを搭載しています。

耳に付けたままiOS機で録音することにより、人間の聴こえ方に近い立体的な音響での再現が可能な「バイノーラル方式」で録音が可能。音楽アプリの音声を聴きながら環境音をモニタリングできるので、適切な録音レベルで収音できます。

ノイズキャンセリングイヤホンとしても使いながら、iOSデバイスの録音用ヘッドセットとしても利用可能なので、クリエイティブなユーザーにもおすすめです。