さまざまな環境で音楽に集中できる「ノイズキャンセリングイヤホン」。周囲のノイズを低減することで、クリアなサウンドで音楽を楽しめます。とはいえ、各メーカーから豊富なラインナップがあるため、どれを選ぶべきか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめのノイズキャンセリングイヤホンをランキング形式でご紹介。選び方やおすすめメーカーについても解説するので、参考にしてみてください。

ノイズキャンセリングとは?

By: amazon.co.jp

ノイズキャンセリングとは、イヤホンに内蔵されているマイクで周囲のノイズを拾い、逆位相の音でノイズを聞こえにくくする機能のこと。飛行機や電車、バスなど周囲が騒がしい環境でも小さい音量でクリアなサウンドを楽しめるのが特徴です。

ノイズが聞こえにくくなる一方、車の走行音や駅のアナウンスなど重要な音が聞こえにくくなってしまうのが難点。シーンによってはデメリットになってしまうため、場所を選んで使用しましょう。周囲の音をマイクで拾って聞こえやすくする「外音取り込み機能」を搭載したモデルなら、より幅広いシーンで快適に音楽を楽しめます。

ノイズキャンセリングイヤホンの選び方

騒音低減性能をチェック

By: amazon.co.jp

ノイズキャンセリングイヤホンを選ぶ際は、騒音低減性能にも注目。騒音低減性能は、ノイズキャンセリングの強さを表しており、性能が高いほど雑音をしっかり低減できます。販売しているメーカーによって騒音低減性能に大きな違いがあるので、事前に確認しておきましょう。

なかには、スマホアプリなどと連携して、ノイズキャンセリングレベルを調節できるモデルもラインナップ。自分に合ったノイズキャンセリングを実現したい方はチェックしてみてください。

遮音性をチェック

By: amazon.co.jp

ノイズキャンセリングイヤホンを選ぶ際は、遮音性にも注目しましょう。ノイズキャンセリングには、電気的にノイズを低減する「アクティブノイズキャンセリング」と、イヤーピースなどで物理的にノイズを低減する「パッシブノイズキャンセリング」が存在。両方を組み合わせることで、低音から高音までの幅広いノイズを低減でき、優れた遮音性を実現できます。

また、ノイズキャンセリングイヤホンは、耳栓のような「カナル型」を採用しているモデルがほとんど。カナル型は耳にしっかりフィットするイヤーチップを搭載しているため、優れた遮音性を実現できます。イヤーチップを複数同梱したモデルなら、自分の耳に合ったフィット感にカスタマイズできるのでおすすめです。

バッテリーの持続時間をチェック

By: amazon.co.jp

ノイズキャンセリングイヤホンを選ぶ際は、バッテリーの持続時間も要チェック。ノイズキャンセリングイヤホンはワイヤレスイヤホンで採用されていることが多いため、基本的にバッテリー駆動です。バッテリーの持続時間が長いほど、時間を気にせず音楽を楽しめます。

ノイズキャンセリング機能を使用すると通常時に比べてバッテリーの減りが速くなるので、ノイズキャンセリング使用時のバッテリー持続時間を確認しておきましょう。わずかな時間の充電で長時間使用できる「急速充電」に対応したモデルもおすすめです。

装着感をチェック

By: amazon.co.jp

ノイズキャンセリングイヤホンを選ぶ際は、装着感にも注目。いくらノイズキャンセリング性能が優れているモデルを選んでも、着け心地が悪いと快適に音楽を楽しめなくなってしまいます。また、ノイズが入ってしまったり、耳から外れやすくなってしまったりするので注意しましょう。

耳にしっかりフィットさせたい方は、イヤホン形状が「カナル型」のモデルがおすすめ。自分に合ったフィット感を得たい方は、イヤーチップを複数サイズ同梱したモデルをチェックしてみてください。

耳から外れるのが不安な方は、ウィングチップなどを備えたモデルがぴったり。快適に音楽を楽しむためにも自分に合った装着感のモデルを見つけてみてください。

ノイズキャンセリングイヤホンのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

ソニーは、東京都港区に本社を置く総合電機メーカーです。ヘッドホン・イヤホン、ウォークマンなどのオーディオ機器をはじめ、テレビ、カメラ、ゲーム機など幅広い分野の製品を展開。最先端の技術力を活かした製品づくりも特徴です。

ノイズキャンセリングイヤホンに関しては、いずれも高性能なモデルをラインナップ。完全ワイヤレスタイプや、左右一体型、ネックバンド型などさまざまな種類を発売しています。

ワイヤレスながらハイレゾ音質を楽しめる「LDAC」コーデックや、さまざまな圧縮音源をハイレゾ相当の高音質にアップスケーリングする「DSEE Extreme」を搭載したモデルも存在。音質にこだわりたい方にもおすすめのメーカーです。

ゼンハイザー(SENNHEISER)

ゼンハイザーは、ドイツに本社を置く音響機器メーカーです。ヘッドホン・イヤホン・マイクをメインで発売。プロの現場で使われるほどの優れた品質を備えているのが特徴です。

ノイズキャンセリングイヤホンに関しては、パッシブ・アクティブノイズキャンセリングを融合した優れた騒音低減性能を実現。さまざまなジャンルの音楽を原音に忠実に再現できるドライバーも搭載しています。アプリと連携することで、音質もカスタマイズ可能。スタイリッシュかつ高級感のあるデザインも魅力です。

アップル(Apple)

By: amazon.co.jp

Appleは、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く多国籍テクノロジー企業です。iPhoneやiPad、Apple Watch、AirPods、MacBookなどさまざまなハードウェアを展開。シンプルかつスタイリッシュなデザインも特徴です。

ノイズキャンセリングイヤホンに関しては、「AirPods Pro」を展開。周囲の音を取り込める「外部音取り込みモード」も搭載しています。Apple製品と相性がよいのも魅力です。

ノイズキャンセリングイヤホンのおすすめ|完全ワイヤレス

第1位 ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WF-1000XM4

優れた高音質技術を搭載した高性能なノイズキャンセリングイヤホンです。幅広い帯域のノイズを低減できるノイズキャンセリング性能を実現。優れた遮音性を備えた独自の「ノイズアイソレーションイヤーピース」も搭載しています。

ワイヤレスながらハイレゾ音質を楽しめる「LDAC」コーデックに対応しているのも魅力のひとつ。CDやMP3、ストリーミングなどの圧縮音源をハイレゾ相当の音質にアップスケーリングできる「DSEE Extreme」も搭載しています。

「ボイスピックアップテクノロジー」を備えており、高品質かつ快適な通話ができるのもポイント。ノイキャン使用時イヤホン単体で8時間、充電ケースと合わせて24時間再生できるロングバッテリーも内蔵しています。

第2位 ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WF-1000XM3

優れたノイズキャンセリング性能を実現したノイズキャンセリングイヤホン。「高音質ノイズキャンセリングプロセッサー QN1e」と「デュアルノイズセンサーテクノロジー」により、幅広いノイズを低減可能です。

環境音を取り込みながら音楽を楽しめる「外音取り込み機能」を搭載しているのも魅力のひとつ。一時的に音楽の音量を絞って周囲の音を取り込める「クイックアテンションモード」も備えています。

さまざまな圧縮音源をハイレゾ相当の高音質で楽しめる「DSEE HX」も搭載。空間表現を忠実に再現できる「360 Reality Audio」にも対応しています。耳の3点で支えて優れた装着性と安定性を実現する「エルゴノミック・トライホールド・ストラクチャー」を採用しているのもポイントです。

第3位 アップル(Apple) AirPods Pro MagSafe対応 MLWK3J/A

iPhoneやiPadを手掛けるAppleが販売している純正のノイズキャンセリングイヤホンです。優れたアクティブノイズキャンセリングを搭載しているのが特徴。3サイズのイヤーチップを同梱しており、装着感をカスタマイズできるだけでなく、高い密閉性を実現できます。

周囲の音を取り込んで自然に会話などができる「外部音取り込みモード」も搭載。歪みのないパワフルな低音を再生できるスピーカードライバーを備えているのも魅力です。

迫力ある空間オーディオを楽しめる点もメリット。Apple製品と相性のよいノイズキャンセリングイヤホンを探している方にもおすすめです。

第4位 ジェイビーエル(JBL) ハイブリッドノイズキャンセリング完全ワイヤレスイヤホン LIVE FREE 2

高音質サウンドを楽しめる、11mmダイナミックドライバーを搭載したノイズキャンセリングイヤホンです。優れた遮音性と装着感を実現しているのも特徴。周囲の状況に合わせてリアルタイムでノイズキャンセリングを補正する機能も備えています。また、ノイズキャンセリングは7段階でレベルを調節可能です。

イヤホンを装着したまま周囲の状況を把握できる外音取り込み機能を搭載しているのも魅力のひとつ。6つのマイクで風やノイズを低減できるため、クリアで高品質な通話も可能です。

高性能ながら比較的リーズナブルに購入できるので、コスパを重視している方もチェックしてみてください。

第5位 ゼンハイザー(SENNHEISER) MOMENTUM True Wireless 2 M3IETW2

高品質かつスタイリッシュなデザインが魅力のノイズキャンセリングイヤホンです。パッシブ・アクティブノイズキャンセリングを融合することで、さまざまな環境で音楽に集中可能。外音取り込み機能も備えているので、周囲の状況も把握できます。

また、7mmドライバーを搭載し、どのようなジャンルの音楽も原音に忠実に再現可能。ワイドレンジでバランスの取れたサウンドも楽しめます。IPX4相当の防水性能を備えているため、汗や雨から保護できるのもポイント。アプリと連携することで、イコライザーで音質もカスタマイズできます。音質・デザイン・機能の優れたモデルを探している方におすすめです。

第6位 ビーツ(Beats) Fit Pro MK2F3PA/A

パワフルかつバランスの取れたサウンドを楽しめる独自のアコースティックプラットフォームを搭載したノイズキャンセリングイヤホンです。周囲の状況に合わせて不要な音を低減するアクティブノイズキャンセリングを搭載。イヤホンを着けたまま周囲の音を聞ける「外部音取り込みモード」も備えています。

自動デバイス切り替えでiPhone・Mac・iPadなどAppleデバイス間をシームレスに切り替えられるのもポイント。Appleデバイスと相性がよいのも魅力です。

耳にぴったりフィットして、1日中快適で安定した装着感を実現できるウィングチップを搭載している点もメリット。スタイリッシュなデザインなので、見た目にこだわりたい方にもおすすめです。

第7位 ボーズ(Bose) QuietComfort Earbuds

どのような音量でもバランスの取れたサウンドを楽しめる独自の音響構造を採用したノイズキャンセリングイヤホンです。さまざまな環境で音楽に集中できるノイズキャンセリングを搭載。周囲の状況を把握しながら音楽を楽しめる「Awareモード」も備えています。

激しく動いても外れにくい「StayHear Maxチップ」を搭載。イヤーチップは3サイズ同梱しているので、自分の耳に合ったフィット感を実現できます。

風切り音や周囲のノイズを低減してクリアな音声を相手へ届けられるため、外出先での通話にもぴったり。IPX4相当の防滴仕様なので、汗や雨からも保護できます。

第8位 ゼンハイザー(SENNHEISER) CX Plus True Wireless

ハイレゾ相当の高音質サウンドを楽しめる「aptX Adaptive」コーデックに対応したノイズキャンセリングイヤホン。圧迫感の少ない自然なノイズ低減ができるアクティブノイズキャンセリングを搭載。周囲の音をリスニングできる外音取り込み機能も備えています。

人間工学に基づいたデザインのイヤーチップを同梱しているのも魅力のひとつ。イヤーチップは4サイズ用意されているので、自分に合った着け心地に調節できます。

専用アプリと連携することで、設定をカスタマイズ可能。音質にこだわりたい方、装着感の優れたモデルを探している方におすすめです。

第9位 バング&オルフセン(BANG&OLUFSEN) アダプティブノイズキャンセリング付きワイヤレスイヤホン Beoplay EQ

高級感がありつつスタイリッシュなデザインが魅力のノイズキャンセリングイヤホン。ハイブリッドアクティブノイズキャンセリング機能を搭載しており、静寂のなかで音楽を楽しめます。

ノイキャン使用時で6.5時間再生できるバッテリーを内蔵。また、わずか20分の充電で2時間再生できる急速充電にも対応しています。人間工学に基づいたエルゴノミックなデザインを実現。長時間でも快適に音楽を楽しめます。

6つのマイクとビームフォーミング技術により、クリアな音声通話ができるのもポイント。IP54の防塵・防滴仕様なので、さまざまなシーンで使えます。

第10位 アンカー(ANKER) Soundcore Liberty Air 2 Pro

高性能ながら比較的リーズナブルに購入できるコスパの優れたノイズキャンセリングイヤホンです。独自技術である「ウルトラノイズキャンセリング」を搭載。アプリ上で交通機関・屋内・屋外などを選ぶことで、シーンに適した強度のノイズキャンセリングを実現できます。

イヤホンを着けたまま周囲の音を聞ける外音取り込み機能を備えているのも魅力のひとつ。片方のイヤホンを充電しながら片方のイヤホンでリスニングできる「モノラルモード」も搭載しています。

9サイズのイヤーチップを同梱しており、細かくフィット感をカスタマイズできるのもポイント。アプリで低音と高音をカスタマイズできるので、好みのサウンドを見つけられます。

ノイズキャンセリングイヤホンのおすすめ|左右一体型・ネックバンド型

第1位 ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WI-1000XM2

優れた高音質サウンドを楽しめるネックバンド型のノイズキャンセリングイヤホンです。「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1」を搭載し、業界最高クラスのノイズキャンセリング性能を実現。さまざまな環境で快適に音楽を楽しめます。

周囲の状況を把握しながら音楽をリスニングできる外音取り込み機能も搭載。ワイヤレスながらハイレゾ音質を楽しめる「LDAC」コーデックに対応しているのも魅力です。さまざまな圧縮音源をハイレゾ級にアップスケーリングできる「DSEE HX」も備えています。

ノイキャン使用時で最大10時間再生できるロングバッテリーも内蔵。時間を気にせず使用したい方にもおすすめです。

第2位 ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WI-C600N

コンパクトに持ち運びやすいネックバンド型のノイズキャンセリングイヤホンです。音楽に集中できる「デジタルノイズキャンセリング機能」を搭載。3つのモードから適したノイズ低減ができる「AIノイズキャンセリング」にも対応しています。

周囲の状況を把握できる「外音取り込みモード」を備えているのも魅力。ノイズキャンセリングと使い分けることで、さまざまなシーンに対応できます。

高音質・低遅延を実現するaptX・AACコーデックに対応している点もメリット。ノイキャン使用時で最長6.5時間連続再生できます。携帯性の優れたモデルを探している方におすすめです。

第3位 ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WI-SP600N

幅広いシーンで使いやすいノイズキャンセリングイヤホン。さまざまなノイズを低減できる「デジタルノイズキャンセリング機能」を搭載しているのが特徴です。

周囲の音を取り込んで人とコミュニケーションが取れる「外音取り込みモード」を備えている点も魅力。外音取り込み機能はON・OFFを切り替えられるため、シーンに応じて使い分けられます。

IPX4相当の防滴性能を備えており、汗や雨から保護できるのもポイント。迫力ある重低音サウンドを楽しめる「EXTRA BASS」も搭載しています。激しく動いても外れにくい「アークサポーター」を備えているので、スポーツシーンにもおすすめです。

第4位 オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン ATH-ANC400BT

ノイキャン使用時で、最大約20時間再生できるロングバッテリーが魅力のノイズキャンセリングイヤホン。原音を忠実に再現できるaptX HDや、高音質・低遅延のaptX・AACなどさまざまなコーデックに対応しているのが特徴です。

直径12mmドライバーを搭載し、優れた高音質を再生できるのも魅力のひとつ。USB Type-C・3.5mmステレオミニジャックによる有線接続にも対応しており、遅延のストレスを感じずに音楽を楽しめます。

アルミニウムハウジングを採用し、シンプルかつ高級感のあるデザインを実現。スタイリッシュで、長時間使えるノイズキャンセリングイヤホンを探している方はぜひチェックしてみてださい。

第5位 ヤマハ(YAMAHA) ワイヤレスイヤホン Empower Lifestyle EP-E70A

音量に合わせて音のバランスを補正する独自の「リスニングケア」を搭載したノイズキャンセリングイヤホン。高精度なノイズキャンセリングを搭載しており、さまざまな環境で音楽本来のサウンドに没入できます。

装着感や耳の形状などに合わせて音を最適化する独自の「リスニングオプティマイザー」を備えているのも魅力。周囲の状況を把握しながら音楽をBGM感覚で楽しめる「アンビエントサウンド」機能も搭載しています。

最大18時間再生できるロングバッテリーも内蔵。さまざまなジャンルの音楽を快適に楽しみたい方におすすめです。

第6位 ヤマハ(YAMAHA) ワイヤレスイヤホン Empower Lifestyle EP-E50A

比較的リーズナブルに購入できる、コスパの優れたノイズキャンセリングイヤホン。小さい音量でも適した音のバランスでリスニングできる独自の「リスニングケア」を搭載しているのも特徴です。

周囲の音を聞きながら音楽を楽しめる「アンビエントサウンド」機能も搭載。屋外でも安全に配慮しながら使用できます。Siri・Google アシスタントなどの音声アシスタントを起動でき、音声で操作できるのも魅力です。

ノイキャン使用時で最大9時間再生できるロングバッテリーを内蔵。コスパを重視したい方はもちろん、初めて購入する方にもおすすめです。

第7位 アンカー(ANKER) ワイヤレスイヤホン Soundcore Life NC

12mmドライバーを搭載し、ハイレゾの高音質再生に対応したノイズキャンセリングイヤホン。アクティブノイズキャンセリング機能を搭載し、周囲を気にせずお気に入りの音楽に集中できるのが特徴です。

イヤホンを外さずに周囲の環境音に気を配れる「周囲音取り込み機能」を備えているのも魅力のひとつ。ノイズキャンセリングと使い分けることで、さまざまな環境に対応できます。

ノイキャン使用時で最大10時間再生できるロングバッテリーを内蔵。ノイズリダクション機能を備えた4つのマイクを搭載しているため、クリアで高品質な音声通話もできます。比較的リーズナブルに購入できるので、コスパを重視している方にもおすすめです。

第8位 JVCケンウッド(KENWOOD) ワイヤレスステレオヘッドセット HA-FX87BN

4サイズのイヤーチップを同梱し、自分に合ったフィット感で使用できるノイズキャンセリングイヤホン。上質なメタリックボディを採用し、カジュアルからビジネスまでさまざまなシーンで使いやすいデザインを実現しています。

ノイキャン使用時で約5時間の連続再生が可能。音楽を再生しなければ、耳栓として最長約11時間使用できます。高磁力ネオジウムマグネットを採用したドライバーを搭載しており、高音質サウンドを再生可能です。

IPX4相当の防水性能を備えているため、汗や雨に強い点もメリット。汎用性の高いモデルを探している方におすすめです。

第9位 フィリップス(Philips) ハイレゾオーディオワイヤレスインイヤーヘッドホン TAPN505BK/00

13mmドライバーを搭載しハイレゾ再生に対応したノイズキャンセリングイヤホンです。ボタンを押すだけで簡単に起動する「アクティブノイズキャンセリング」を搭載。周囲の音に気を配りながら使用できる「アウェアネスモード」も備えています。

スリムなネックバンドを採用し、快適な装着感を実現しているのも魅力のひとつ。3サイズのゴム製イヤーチップを同梱し、優れた密閉性と外れにくい装着感を両立できます。

内蔵マイクは「エコーキャンセレーション」を搭載しているため、クリアで高品質な音声通話が可能。5分の充電で2時間再生できる急速充電に対応しているので、時間を気にせず使用できるのもおすすめポイントです。

第10位 スカルキャンディ(Skullcandy) ワイヤレスインイヤーイヤホン Method ANC

響き渡る重低音サウンドが魅力のノイズキャンセリングイヤホンです。周囲が騒がしい環境でも音楽に没入できるノイズキャンセリングを搭載。コンパクトなデザインなので、持ち運びにも適しています。

左右のイヤホンに首元で固定できるマグネットを搭載。使用していないときも、絡まず快適に持ち運べます。IPX4相当の防水性能を備えており、湿気や雨などを気にせず使えるのも魅力。万が一失くしてしまっても、専用アプリと本体に内蔵された「Tile」を使って追跡可能です。

ケーブルにはリモコンボタンを備えており、スマホを取り出さずにさまざまな操作が可能。シンプルなデザインなので、さまざまなシーンで使い回せます。

ノイズキャンセリングイヤホンのAmazonランキングをチェック

ノイズキャンセリングイヤホンのAmazon売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

番外編:ノイズキャンセリング機能搭載の耳栓

キングジム(KingJim) デジタル耳せん MM1000

周囲のノイズを約90%カットできると謳っている、ノイズキャンセリング機能搭載の耳栓です。スイッチ1つで簡単にノイズキャンセリングを起動できるシンプル設計も魅力。機械の操作が苦手な方でも手軽に扱えます。

エアコンの音や周囲の話し声、エンジン音などが気になる方におすすめ。さまざまな環境で勉強や読書、睡眠に集中できます。騒音だけカットできるため、駅のアナウンスや呼びかけ声など重要な音は逃さず聞き取り可能です。

単4形アルカリ乾電池1本で約100時間使用できるバッテリー持ちもポイント。汎用性の高い85cmのコードは、巻き取ってコンパクトにまとまるので、携帯性も良好です。

JVCケンウッド(KENWOOD) イヤープラグ EP-S433

最大35dBの優れた遮音性を実現した、ノイズキャンセリング機能搭載の耳栓です。低音から高音まで幅広い帯域のノイズを低減可能。耳栓ながらイヤホンのような形状のため、さまざまなシーンで使いやすいのが特徴です。

柔らかく快適な装着感を実現できる「エアクッション構造」を採用しているのも魅力のひとつ。長時間や睡眠時に使用しても耳が痛くなりにくく、快適に使用できます。

2種類のイヤーピースから耳の形状や好みに合わせて選べる点もメリット。犬のイラストが描かれた可愛らしいキャリングポーチが付属しているため、持ち運びにも適しています。