イヤホンのなかでも流れている音楽に影響を与えず、それでいて外からの騒音をシャットアウトしてくれる「ノイズキャンセリングイヤホン」。本体に内蔵されているマイクが周囲の音を感知して調整してくれるので、イヤホンサウンドを爆音にせずとも集中できるのが特長です。

最近のイヤホンはワイヤレス化が進んでおり、特に左右に分離独立した「完全ワイヤレスイヤホン」の普及は顕著。ノイズキャンセリング機能を要するモデルも徐々に増えています。そこで今回はノイズキャンセリングイヤホンのおすすめモデルをランキング形式でご紹介。気になる方は要チェックです。

ノイズキャンセリングイヤホンとは?

By: amazon.co.jp

ノイズキャンセリングイヤホンとは、周囲の騒音を低減することにより音楽を聴き取りやすくし、集中できる環境を構築できるイヤホンです。

原理としては騒音を瞬時に分析した上で騒音を打ち消す音波(逆位相の音波)をイヤホンから発生させているのが特長で、航空機内の騒音低減を目的として開発されたノイズキャンセリングヘッドホンがその源泉。昨今は技術の進歩により、イヤホンにも採用できるほど小型化しているのもポイントです。

ただ、騒音を低減するといっても万能ではなく、乗り物の動作音のような持続的で低い音の低減が得意ですが、突発的で高めな音にはあまり効果は期待できません。乗り物や機械の音、ざわざわした騒音の対策となると捉えておきましょう。

ノイズキャンセリングのメリット

By: amazon.co.jp

電車や航空機などの乗り物の中では、乗り物自体が大きな音を発しているため、音楽を聴いても騒音に邪魔されて集中できない場合があります。無理に聴こうとしてボリュームを上げると耳に影響を及ぼすので避けたいところ。そこで便利なのがノイズキャンセリング機能です。

また、必ずしも音楽を視聴している時のみに効果的を発揮するという訳ではないので、耳栓感覚で使えることもポイント。仕事や勉強に集中したい時は騒音カット機能だけを利用するのもアリです。

どうやって選ぶ?

騒音低減能力で選ぶ

By: amazon.co.jp

ノイズキャンセリングイヤホンの騒音低減能力はメーカーや機種ごとに異なります。基本的に価格に比例して性能は上がり、アナログ方式よりもデジタル方式の方が能力は上です。

ノイズキャンセリングイヤホンは、普通のイヤホンに比べて高度な技術力を要するため、発売しているメーカーは絞られます。なかでも、ボーズとソニーが2強です。

ボーズはノイズキャンセリングヘッドホンを開発し、常に業界トップといわれる騒音低減能力の製品を送り出し続けています。人気も高く、騒音低減能力で選ぶならまずはボーズといえます。ただ、価格は高めです。

ソニーはアイテムの小型化と高度なデジタル技術が持ち味。イヤホンとしての音質や機能面が優秀なのが特長です。選び方のポイントとしては、航空機を始めとする乗り物での長時間使用を想定するなら、やや高額でも高度な騒音低減能力の機種をおすすめします。

機能性で選ぶ

By: amazon.co.jp

ほとんどのノイズキャンセリングイヤホンはオンオフ切り替え。また、最近のイヤホンはBluetoothによるワイヤレス接続対応機も増えています。完全ワイヤレスイヤホンにもノイズキャンセリングを搭載しているモデルも徐々に登場しているので、価格と用途を考慮して選びましょう。

電池持続時間

By: amazon.co.jp

ノイズキャンセリングイヤホンはバッテリー電源を必要とします。動作時間には製品によって幅があるので、海外への長時間フライトの往復で使い続けたい場合はしっかりチェックしておきましょう。

イヤホンの音質で選ぶ

By: amazon.co.jp

ノイズキャンセリングイヤホンは当然音楽を聴くためのモノなので、イヤホン自体の音質も重要です。ボーズとソニーであれば音質は良好で、ノイズキャンセリング機能も優柔。その他のメーカーで、特にリーズナブルな価格の製品はノイズキャンセリングの効果が期待できないものが多いのが現状です。

残留ノイズにも気を付けましょう

 

By: amazon.co.jp

音質以前の問題として残留ノイズがあります。これは、ノイズキャンセリング機全般に見られるもので、音楽を再生せずにノイズキャンセリング機能だけを動作させた際、ノイズがイヤホンから聴こえるものです。

大抵は音楽が鳴ると聴こえないレベルなので、視聴前提での使用であればあまり気になりませんが、ノイズキャンセリングイヤホンを静かな環境で耳栓代わりに使いたい場合は1万円以上の機種がおすすめです。

装着性

By: amazon.co.jp

どのイヤホンでも装着性はポイントになりますが、長時間使用することもあるノイズキャンセリングイヤホンではとりわけ重要です。長時間装着での疲れや痛みを感じない機種を選びましょう。また、耳との密着性が高くないと騒音低減効果は損なわれますので、自分の耳にしっかりフィットするかも使い勝手に左右します。

ノイズキャンセリングイヤホンおすすめ人気ランキング

第1位 ソニー(SONY) 完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000X

ソニー初の完全ワイヤレスイヤホン。Bluetooth規格でのワイヤレス接続が可能なイヤホンが増えていますが、最近は左右イヤホン間のコードも取り去ったタイプが人気で、本製品はその完全ワイヤレスイヤホンながら世界で初めてノイズキャンセリング機能を搭載したモデルとして話題となっています。

スマホ/タブレット用「Sony | Headphones Connect」アプリを使用することにより、端末が装備する各種センサーでユーザーの行動を検出して、自動的に騒音低減や外音取り込み機能を切り替える「アダプティブサウンドコントロール」にも対応。状況に応じて自動的に快適な騒音低減効果を楽しめるのも魅力です。

第2位 ボーズ(Bose) QuietControl 30 wireless headphones

ノイズキャンセリング機能に定評があるボーズの製品。本機はボーズとして初めてのBluetooth接続対応のノイズキャンセリングイヤホンとして知られています。

イヤホン内外にある合計6つのマイクから外部の騒音レベルを測定してノイズを相殺するのが特長で、効果を12段階で調節できる細やかさもポイントです。バッテリー持続時間は10時間。装着時の違和感と疲労の少ない設計も魅力です。

第3位 ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WI-1000X

ネックバンド型のBluetoothワイヤレスイヤホンに高機能なノイズキャンセリング機能を搭載した機種。「Sony | Headphones Connect」アプリによる「アダプティブサウンドコントロール」に対応したノイズキャンセリング調整機能は優秀と評判です。

さらに、飛行機に搭乗している時の大気圧の変化に応じた調整機能を備えた「NCオプティマイザー」も追加。ネックバンド型で業界最高クラスのノイズキャンセリング能力と謳う基本性能の高さもポイントです。

また、好みの音質やサラウンド効果を楽しめる「サウンドエフェクトのカスタマイズ」も魅力で、イヤホン部もワイヤレスイヤホンでは世界初のハイブリッド構成を採用。ダイナミック型とバランスド・アーマチュア(BA)型を両方使用することによって、ワイドレンジさと繊細さを両立した高音質を聴かせます。

LDACにも対応するBluetoothコーデックの豊富さ、あらゆる音源をハイレゾ相当に変換再生できる「DSEE HX」、デジタルアンプ「S-Master HX」も特長。イヤホンに求められる機能性と高音質を兼ね備えた、バランス良好のおすすめ機種です。

第4位 ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン MDR-NWBT20N

Bluetooth対応ワイヤレスとノイズキャンセリング機能を両方搭載したイヤホン。リーズナブルな価格ながら高精度デジタル方式により、周囲の騒音を約98%もカットできると謳う製品です。

さらに、周囲の騒音を分析し、最適なモードを自動選択する「AIノイズキャンセリング機能」を搭載。レシーバー部分とイヤホンは着脱可能なので手持ちの好きな有線イヤホンをワイヤレス化できるのはポイントですが、その場合のノイズキャンセリング機能は使用不可なのでご注意ください。

第5位 ジェイビーエル(JBL) ノイズキャンセリングイヤホン EVEREST ELITE 100

アメリカの老舗スピーカーブランドによるノイズキャンセリングイヤホン。独自技術「NXTGen Active Noise Cancelling Technology」により、接続しているスマホ/タブレットなどからアプリ使用でノイズ低減のレベル調整が可能です。

カナル型としては大型の13.5mm径ダイナミック型ユニットを採用。スタビライザー付きでフィット性、密閉度の高いイヤホンも相まって高い騒音低減効果を発揮します。高性能エコーキャンセリング技術による通話音質へのこだわりもポイント。屋外の騒々しい場所での通話が多い方にもおすすめです。

第6位 ソニー(SONY) ノイズキャンセリング機能搭載ウォークマン専用イヤホン MDR-NWNC33

対応しているソニー製「ウォークマン」や一部の「Xperia」のスマホ、ICレコーダーとの併用でノイズキャンセリング機能が使えるイヤホンです。

カナル型イヤホンとしては大型の13.5mm径ダイナミック型ユニットを内蔵。重低音の効いたパワフルなサウンドを体感できるのが特長です。音質と装着感を両立する密閉型バーティカル・イン・ザ・イヤー方式により、ノイズキャンセリング機能を使っていない時でも高い遮音性を持ちます。対応機種には制限がある点は留意しておきましょう。

第7位 ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン MDR-EX31BN

Bluetooth接続対応ノイズキャンセリングイヤホンとしてリーズナブルなモデル。高精度デジタル方式により周囲の騒音を約98%もカットすると謳い、最適な騒音低減モードを自動選択する「AIノイズキャンセリング機能」などを搭載しています。

加えて、Bluetooth接続のコーデックが標準のSBCのほか、AAC、aptXと幅広く対応。より高音質での音楽鑑賞を楽しめます。また、通話相手によりクリアな音声を届けられる「エコーキャンセレーション」機能も搭載。イヤホンの着脱も可能ですが、ノイズキャンセリングは付属イヤホンでのみ有効です。

第8位 ソニー(SONY) イヤホン MDR-NW750N

ソニーのハイレゾ対応ウォークマンである「NW-A40」シリーズや「NW-Z300」などとの併用により、ハイレゾ対応の広帯域(5Hz-40kHz)再生が可能なノイズキャンセリングイヤホン。デジタルノイズキャンセリング方式を採用しており、気軽に騒音をシャットアウトできるモデルです。

なお、スマホの「Xpera」との併用に対応した「MDR-NC750」もあるので、同ユーザーにはそちらがおすすめ。ソニー製品との連携が前提とはなりますが、高性能ながら低コストでノイズキャンセリングを体験したい方は候補となる製品です。

第9位 アーカーゲー(AKG) ノイズキャンセリングイヤホン N20NC

小型でも高性能、それでいてコスパ良好なノイズキャンセリングイヤホンです。騒音集音用マイクをイヤホン外側に配置するフィードフォワード方式と内側に配置するフィードバック方式の両方を用いたハイブリッド方式を採用。アーカーゲー独自のキャンセリング信号回路と合わせてハイレベルな騒音低減率を可能としています。

10mm径ダイナミック型ドライバーと伸び伸びとした再生音が可能な「ベンチレーション・システム」を採用。コンパクトながらサウンドは豊かです。

ケーブル部にAndroid用/iOS用マイク付きリモコンを装備しているほか、20時間の長時間駆動も魅力。見た目のスタイリッシュさもおすすめポイントです。

第10位 ソニー(SONY) ウォークマン専用ノイズキャンセリングイヤホン IER-NW500N

ハイレゾ再生対応とデジタルノイズキャンセリング機能を兼ね備えたソニーの高性能モデル。周囲の音を完全無欠にシャットアウトすることに対して不安がある場合は外音取り込み機能も活用することで、呼びかけ程度であれば対応することができます。

小型高感度ハイレゾ対応9mmドライバーユニット。低音の出方を改善する「ビートレスポンスコントロール」により、サウンドリズムの切れも向上しています。

第11位 ボーズ(Bose) QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphones

ボーズの有線接続タイプのノイズキャンセリングイヤホン。イヤホン内外のマイクで外部ノイズを検知、分析、相殺音波の生成というボーズが開発したプロセスによってしっかり騒音を低減してくれます。

周囲の音を取り込める「Awareモード」に一瞬で切り替えられるので呼びかけにも対応可能。豊かな低音を再生できる独自の「TriPortテクノロジー」や、「アクティブ・イコライゼーション」による自然な音質もポイントです。

なお、端末のOSによって該当製品が異なるので注意が必要。正確にはAndroidに対応したモデルが「QuietComfort 20 headphones」で、iPhoneなどのアップル製品に対応したモデルが「QuietComfort 20i headphones」で、20の後ろに“i”が付くか否かで異なります。購入する際はしっかりと確認しておきましょう。

第12位 パイオニア(Pioneer) RAYZ Plus Lightning-Powered SE-LTC5R

アップル端末のLightning接続専用のノイズキャンセリングイヤホンです。ノイズ低減量を調整するキャリブレーション機能を装備。ノイズキャンセリング動作時にも周りの音も聞こえるようにする「HearThru」モードや、イヤホンを耳から外すと自動で再生を一時停止するオートポーズ機能も便利です。

リモコン部に48kHz/24bit対応のDACを搭載しているので、本機とiOS機、再生ソフトがあればCDを上回る高音質音源のハイレゾを楽しめます。Lightning接続用充電ポートをケーブルに装備し、充電しながらでも通話や音楽再生が楽しめるのも便利です。

iPhone以外にもiPad mini 2以降、第6世代以降のiPod touchなど多くのiOS機に対応するので、アップル機器を多く持っている方におすすめです。

第13位 ソニー(SONY) ノイズキャンセリングイヤホン h.ear in NC MDR-EX750NA

ノイズキャンセリングイヤホンとして世界で初めてハイレゾ再生に対応した記念すべきモデル。イヤホン内外の集音マイクの駆使と高精度デジタル方式により、周囲の騒音を約98%するという謳いが話題となった製品です。可能な高性能。周囲の騒音を分析し、最適なモードを自動選択する「AIノイズキャンセリング機能」を備えます。

新開発9mm径ダイナミックドライバーユニットにより、40kHz再生をクリアした広帯域再生が可能です。マイク付きリモコンが付属するので、スマホでのハンズフリー通話もできます。ソニー製に関わらずあらゆる再生機器(イヤホンジャック搭載機)との組み合わせでノイズキャンセリング機能が使える点でもおすすめです。

第14位 ビーアンドオープレイ(B&O Play) ノイズキャンセリングイヤホン Beoplay E4

デザイン性に優れたノイズキャンセリングイヤホンです。ビーアンドオープレイは、スタイリッシュなオーディオ製品で有名な北欧ブランド。技術力の高さと高音質にも定評があります。

ステンレススチール製のイヤホン本体は美しい質感。優美な外観も人間の耳の形やカーブの研究を重ねデザインしたものでフィット感も良好です。

ノイズキャンセリング機能もイヤホン内外のマイクで集音して騒音を打ち消す高品位なもの。周囲の音を聴きたい時は、スイッチ操作で「Transparencyモード」も対応可能で、20時間の長時間バッテリーも魅力です。