外からの騒音をシャットアウトし、聴いている音楽に集中できる「ノイズキャンセリングイヤホン」。最近のイヤホンはワイヤレス化が進んでおり、ラインナップも豊富です。また、ノイズキャンセリング機能を備えたモデルも増えています。

そこで今回は、ノイズキャンセリングイヤホンのおすすめモデルをワイヤレス・有線に分けてランキング形式でご紹介。気になる方はチェックしてみてください。

ノイズキャンセリングイヤホンとは?

ノイズキャンセリングイヤホンとは、周囲のノイズを低減させ、音楽だけを楽しめるように設計されたイヤホンのこと。ノイズキャンセリングには、耳との密閉度を高め物理的にノイズを減らす「パッシブノイズキャンセリング」と、デジタル技術によってノイズを減らす「アクティブノイズキャンセリング」があります。

一般的にノイズキャンセリングイヤホンと呼ばれるモノは、アクティブノイズキャンセリング機能を搭載したモデルです。

ノイズキャンセリングイヤホンの仕組み

By: amazon.co.jp

ノイズキャンセリングイヤホンの基本的な仕組みは、ノイズと逆位相の波を発生させノイズを打ち消すことです。ノイズは、音楽を聴いている周辺で発生するエンジン音や話し声などの音を指します。音は空気を振動している波なので、波を打ち消せばノイズを消すことが可能です。波を打ち消すための手法が「逆位相の波をぶつける」こと。山型の波に谷型の波をぶつけるイメージです。

ノイズキャンセリングは、まず、マイクで周囲の音を収集。その後、拾った音と逆位相の波を瞬時に発生させ、音楽と共に再生します。周辺の音と逆位相の音が打ち消しあい、ノイズを軽減。ノイズを抑えることで音楽のみが聴こえやすくなり、集中してリスニングを楽しむことが可能です。

また、ノイズキャンセリング機能の性能は、逆位相の波を正確に作り出す能力、正確に再生する能力によって決まります。

ノイズキャンセリングイヤホンの選び方

騒音低減能力で選ぶ

By: amazon.co.jp

ノイズキャンセリングイヤホンの騒音低減能力は、メーカーや機種によって異なります。基本的には価格に比例して性能は上がり、アナログ方式よりもデジタル方式の方が高性能です。通常のイヤホンに比べて技術力を必要とするため、販売しているメーカーは限られます。近年では「ボーズ」や「ソニー」などが主流です。

ボーズはノイズキャンセリングヘッドホンを開発し、業界トップといわれる騒音低減能力の製品をラインナップ。ソニーはアイテムの小型化と高度なデジタル技術が持ち味で、音質面や機能面に優れているのが特徴です。

また、「ジャブラ」のノイズキャンセリングイヤホンも注目されています。音楽鑑賞にはもちろん、テレワークや通話に適したモデルをラインナップしていることで人気です。

電車をはじめとする、公共の乗り物での長時間使用を想定するなら、やや高価でも優れた騒音低減能力を備えた製品を検討してみてください。

接続方法で選ぶ

ワイヤレス

By: amazon.co.jp

ワイヤレスタイプのノイズキャンセリングイヤホンには、大きく分けて2種類あります。左右のイヤホンがケーブルでつながっている左右一体型と、左右のイヤホンが完全に独立している左右独立型です。

左右一体型のノイズキャンセリングイヤホンはネックバンドタイプとも呼ばれ、首にかけて持ち運べるので安定感が良好。一方、左右独立型のノイズキャンセリングイヤホンは比較的高価ですが、ケーブルがないためスマートに装着でき、より自由に動けます。

どちらも長時間音楽を楽しみたい場合は、バッテリー持ちに注目して選ぶのがおすすめです。通勤通学や旅行など、使用シーンに合わせて選びましょう。

また、Bluetooth接続ではデータを圧縮して伝送するため、音質の劣化や遅延が発生する場合があります。遅延を軽減して高音質で聴きたい場合は、接続するオーディオ機器に合わせて、AACやaptXなど高音質コーデックに対応したモデルを選びましょう。

有線

By: amazon.co.jp

有線タイプのノイズキャンセリングイヤホンは、ケーブルを使ってオーディオ機器と接続します。音源情報をダイレクトに伝達できるので、データ伝送による遅延や音質劣化がなく、高音質なのがメリット。音質を重視する方におすすめです。

有線タイプのノイズキャンセリングイヤホンは、ケーブルが付いているため落とし物も防げます。持ち運ぶ機会が多い方は、ケーブルが絡まらないよう、まとめて収納できると便利です。

また、有線タイプのワイヤレスイヤホンは比較的安いので、手に入れやすいのもポイント。ただし、オーディオ機器と接続できるよう、購入前には接続プラグを確認しておきましょう。

音質で選ぶ

By: amazon.co.jp

音質を重視するなら、音質チューニングが巧みな大手オーディオメーカーから選ぶのがおすすめ。高音質を見分けるポイントとしては、ハイレゾ対応の有無や、採用しているドライバーをチェック。ドライバーは、BA型・ハイブリッド型ドライバーが高音質に対応しているといわれています。

Bluetooth対応機であれば、対応コーデックに注目。LDAC・aptX・HDコーデック対応のモノは、遅延を低減し、高音質での音楽再生が可能です。それぞれ特徴が異なるので、自分が求める再生機能に合わせて選んでみてください。

バッテリーの持続時間で選ぶ

By: amazon.co.jp

ノイズキャンセリング機能は電力を必要とするため、使用時間に制約のある充電式のモデルがほとんどです。有線接続機は10時間以上持続するモデルが多く、長旅にも対応しやすいのがメリット。ただし、バッテリーが切れるとノイズ低減ができないことに加え、普通のイヤホンとしても使えない場合があるので注意しましょう。

Bluetooth接続対応機の場合は送受信用にもバッテリーを消費するため、ノイズキャンセリング機能を使うと6時間前後の連続使用時間です。

また、高価な製品ほどバッテリーの持ちがよい傾向にあるので、短時間の移動やちょっとした外出で使うのであれば、持続時間にこだわらない方が安く購入できます。なお、Lightning端子による接続機は、イヤホン側にノイズキャンセリング用のバッテリーを積んでおらず、iOS機側のバッテリーを消費する仕組みになっています。

装着感で選ぶ

By: amazon.co.jp

ノイズキャンセリングの性能が高くても、装着感が悪いと快適に音を楽しめません。イヤーピースやイヤーフックの有無を考慮して選んでみましょう。

イヤーピースは大きさ・形・素材によってさまざま。大きさはS・M・Lが主流で、メーカーによってはSSやLLも取り扱っています。小さすぎると落ちやすく、大きすぎると耳が痛くなりやすいので、自分に合ったモノを試してみてください。

形は、きのこの傘のような「シングルフランジ型」を取り扱うメーカーが多いため、耳にフィットするモノを見つけやすくおすすめ。素材はシリコンが一般的で、柔らかく耳にフィットする着け心地です。ほかにも、ウレタンでできた「フォームタイプ」は、丸めてから耳穴に装着すると、徐々に元の大きさに戻りしっかりと密着します。

また、イヤーフックはイヤホンの落下を防ぐパーツです。現在の主流は「爪型」のモノで、耳の中に入れてしっかり固定できます。ほかにも、「耳かけ型」は装着が楽なのでおすすめです。

残留ノイズにも気を付けよう

By: bang-olufsen.com

音質以前の問題として挙げられる、残留ノイズ。音楽を再生せずにノイズキャンセリング機能だけを動作させた際、イヤホンからノイズが聞こえてくる現象で、ノイズキャンセリング機全般に見られます。

大抵は音楽を流すと聞こえないレベルの音ですが、耳栓代わりとしては使いにくい一面も。ある程度の価格帯を超えれば残留ノイズが気になりにくいため、ノイズキャンセリングイヤホンを耳栓代わりに使いたい場合は1万円以上のモデルがおすすめです。

ノイズキャンセリングイヤホンのおすすめメーカー

ボーズ(Bose)

By: amazon.co.jp

ボーズは、イヤホンの内外に収音用マイクを搭載し、周囲の騒音を分析。相殺音波を発生させて打ち消す技術を世界で初めて開発しました。

開発以降、業界最高クラスの騒音低減能力を備えたモデルをラインナップし続けています。2016年には騒音低減効果を環境に合わせて自在に調節できる機能を開発。ノイズキャンセリング機能に優れたモデルを探している方におすすめのメーカーです。

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

ソニーは、ノイズキャンセリングイヤホンの分野ではボーズと肩を並べるメーカー。業界最高水準の騒音低減効果に加えて、高音質・高機能を備え、センサーを活用した環境や使用状況に応じたきめ細かい騒音低減性能が特徴です。

最近ではBluetooth機能も併用できる機種のほか、ハイレゾに対応するハイスペックモデルもラインナップしています。機能性だけでなく、音質にもこだわりたい方におすすめのメーカーです。

ジャブラ(Jabra)

ジャブラは世界的な人気を集めるデンマークのメーカー。創業から150年以上経っており、幅広いグレードのイヤホンをラインナップしています。ノイズキャンセリング機能を搭載したイヤホンでは、アクティブノイズキャンセリング技術を使ったモデルが人気です。

また、ジャブラは世界で初めてウルトラノイズキャンセリングマイクを開発したといわれています。風の音や周囲の話し声などのノイズが低減できるので、テレワークで通話機能を使う際などにも便利です。

スタイリッシュなデザインはビジネスシーンで使いやすく、人間工学に基づいて設計されているためフィット感も良好。直感的に操作できるので、ノイズキャンセリングイヤホンを初めて使う方にもおすすめです。

ノイズキャンセリングイヤホンおすすめランキング|ワイヤレス

第1位 ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WF-1000XM4

イヤホンを装着したまま会話ができるモード搭載

ソニーのハイレゾ音源対応ノイズキャンセリングイヤホンです。ハイレゾ音源対応のプレーヤーと接続すれば、静寂の中で高音質を楽しめます。さらに、MP3やストリーミングなど圧縮された音源も、独自技術の「DSEE Extreme」でハイレゾ級に変換が可能。高い音質での音楽再生を楽しめます。

また、イヤホンを装着したまま会話ができる「スピーク・トゥ・チャット」を搭載。声を発すると音楽再生を一時的に停止し、外音取り込みモードに切り替わります。買い物での支払いのシーンなどで便利です。

付属のケースで充電すれば、ノイズキャンセリング機能の使用中でも最長24時間音楽再生が可能。長時間の移動時でも、バッテリー切れの心配をせずに音楽を楽しめます。さらに、イヤホン本体が耳の面にフィットする形状で長時間の使用でも快適な着け心地なのも特徴です。

第2位 ジャブラ(Jabra) Elite 85t

ノイズキャンセリングのレベルは全11段階

個人の好みや聴こえ方に合わせ、さまざまな調節ができるノイズキャンセリングイヤホンです。ノイズキャンセリングのレベルは全11段階。周囲の音が聞こえる状態から、ほとんど聞こえない状態まで好みやシチュエーションにあわせて選択できます。

さらに、専用アプリ「MySound」を使用すれば、サウンドのパーソナライズが可能。アクティブノイズキャンセリングと併用して、静かで快適な音楽リスニングを楽しめます。

ノイズキャンセリング機能をオンにした状態で、最長5.5時間の連続再生が可能。充電ケースを使用すれば最長25時間の音楽再生ができるため、長時間音楽を楽しみたい方にもおすすめです。

第3位 テクニクス(Technics) ワイヤレスステレオインサイドホン EAH-AZ70W

騒音の大きい場所でも快適なリスニング環境を実現

直径10mmのダイナミック型ドライバーを搭載した完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホンです。大口径ドライバーならではの、しっかりとした低音や自然な高音が楽しめます。

ノイズキャンセリング用のマイクをイヤホンの外側と内側に配置した「デュアルハイブリッドノイズキャンセリング」を採用。2種類のノイズキャンセリングを使用することで、騒音の大きい場所でも快適なリスニング環境を実現します。

また、専用アプリ「Technics Audio Connect」を利用して、イコライザー機能やノイズキャンセリングのレベル調節が可能です。さらに、アプリには最後に接続していた場所を地図上に表示する「ヘッドホンを探す」機能つき。万が一落としてしまった際に便利です。

第4位 ボーズ(Bose) Bose QuietComfort Earbuds

ボーズの独自技術を搭載した高性能なノイズキャンセリングイヤホンです。柔らかいシリコン製イヤーチップで音をシャットアウトするとともに、イヤホン内蔵のマイクで周囲の音をモニタリング。逆位相の信号を生成することで、周囲のノイズを打ち消します。

ノイズキャンセリングレベルには3段階あり、シーンに合わせてタップで切り替えられるのもポイント。アクティブEQテクノロジーにより、小さい音でもバランスが取れたサウンドで再生できるので、音質重視の方にもおすすめです。

第5位 アップル(Apple) AirPods Pro MWP22J/A

iPhoneユーザーにおすすめのノイズキャンセリングイヤホンです。耐汗耐水仕様で普段使いしやすいモデル。アクティブノイズキャンセリング機能を搭載しており、周囲の環境に合わせてノイズを軽減できます。

外音取り込みセンサーも搭載しているので、駅のホームなどアナウンスを聞き取りたいときにも便利。バッテリー持ちもよく、単体だと連続して4.5時間再生でき、付属のバッテリーケースを使えば、最大24時間使えます。

第6位 オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン ATH-ANC400BT

旅行や出張などで長時間音楽を楽しみたい方におすすめのノイズキャンセリングイヤホンです。最大20時間の再生が可能なロングバッテリーを搭載しているのが魅力。約10分の充電で約170分間使用できる急速充電にも対応しています。

デジタルノイズキャンセリング機能を搭載しているので、街中での使用も快適。また、USB Type-Cケーブルや3.5mmケーブルなどが付属するため、バッテリーが切れたあとも有線タイプとして使用できます。

aptX HD・aptX・AACなど高音質コーデックにも対応しており、ライブ音源などを高音質で聴きたい方にもおすすめ。3.5mmのステレオミニジャックを持つオーディオ機器との接続ならハイレゾ音源で再生可能。音質重視の方にもおすすめです。

ノイズキャンセリングイヤホンおすすめランキング|有線

第1位 ボーズ(Bose) QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphones — Samsung and Android devices

ボーズ初のインイヤータイプのノイズキャンセリングイヤホンです。独自の「StayHear+イヤーチップ」が柔らかくフィットするため、長時間の装着でも快適。優しく耳を密閉するので、装着するだけで遮音効果を発揮します。

さらに、独自のノイズキャンセリングテクノロジーにより、通過したノイズを電子的に低減するため、自分だけの静かな空間が作れます。道を渡るときや電車のアナウンスなど周囲の音を聞きたいときは、ボタン1つでAwareモードに切り替え可能です。

深みのあるバランスのとれた音質も特徴のひとつ。細やかな音もクリアで、生き生きとした豊かな音楽を楽しめる、おすすめのノイズキャンセリングイヤホンです。

第2位 パイオニア(Pioneer) ノイズキャンセリングイヤホン RAYZ Plus SE-LTC5R-S

先進のノイズキャンセリング機能を搭載した有線イヤホン。ユーザーの耳と周囲をスキャンし、環境に対応したノイズキャンセリングを実現します。さらに、外部の音を取り込む「HearThru」モードにも対応。イヤホンを付けたまま周囲に注意を払えます。

装着を検知する機能を搭載しているため、イヤホンを外すと楽曲の再生が自動で停止し、再装着すると自動で再開。再装着されない場合は、バッテリー消費を抑えるために低消費電力モードに切り替わります。

また、ケーブルにはLightning接続用充電ポートを搭載。イヤホンを接続した状態でも、充電しながら通話や音楽を楽しめます。iPhoneユーザーにおすすめのノイズキャンセリングイヤホンです。

第3位 ソニー(SONY) ハイレゾ・オーディオ対応ウォークマン専用ヘッドホン IER-NW500N

ハイレゾ音源に対応したウォークマン専用のノイズキャンセリングイヤホンです。周囲のノイズを測定し、状況に合わせたフィルタリングを実施する「フルオートAIノイズキャンセリング機能」を搭載。飛行機や電車内から室内まで、さまざまなシチュエーションで周囲の音を気にせずに音楽を楽しめます。

ドライバーは直径9mmのダイナミック型。ドライバーを小型にすることで、イヤホンの重心が耳の奥に配置されるように設計されており、耳から抜け落ちにくく快適な装着感を実現しています。長時間使用しても疲れにくいのが特徴です。

また、ケーブルには、表面に細かい溝加工があるセレーションケーブルを採用。リスニング中や持ち歩く際にからみにくく快適に使用できます。

第4位 バング&オルフセン(Bang & Olufsen) ノイズキャンセリングイヤホン Beoplay E4

おしゃれで丈夫なノイズキャンセリングイヤホンです。ステンレスを採用したハウジングは頑丈で傷が付きにくく、耐久性に優れています。大容量バッテリーを搭載しているため、ノイズキャンセリング機能を使用しながら最大約20時間連続使用可能です。

ノイズキャンセリング機能は、2つのマイクを使用して周囲の音を抑え、効率的に雑音を遮断する仕様。イヤホンを装着したままボタンを押すだけで周囲の音を取り込める「透過モード」を搭載しているので、臨機応変な使い方が可能です。

計4サイズのシリコン製イヤーチップが付属し、装着感も良好。シンプルで使いやすい、おすすめのノイズキャンセリングイヤホンです。

ノイズキャンセリングイヤホンのAmazonランキングをチェック

ノイズキャンセリングイヤホンのAmazon売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。