町中や電車などの人混みの中でも音楽に集中できる「ノイズキャンセリングイヤホン」。周囲のノイズを低減できるため、小さい音量でも音楽を楽しめるのが特徴です。

とはいえ、各メーカーから豊富なラインナップが展開されているので、どのようなモデルを購入すべきか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、おすすめのノイズキャンセリングイヤホンをご紹介します。

ノイズキャンセリングとは?

By: amazon.co.jp

「ノイズキャンセリング」とは、マイクで周囲の騒音を拾い、逆位相の音で騒音を聞こえにくくする機能のこと。周囲のノイズを低減することで、周囲が騒がしい環境でも音楽に没入できるのが特徴です。

メーカーやモデルによってノイズキャンセリングの性能やノイズの低減レベルが異なります。高性能なノイズキャンセリングを搭載したモデルなら、飛行機のエンジン音や工事音など比較的大きめのノイズも低減可能です。

とはいえ、ノイズキャンセリングは周囲の音が聞こえにくくなってしまうため、駅のアナウンスや車の走行音など、重要な音を聴き逃してしまうことも。利用シーンを考慮して使う必要がある点に留意しておきましょう。

ノイズキャンセリングイヤホンのメリット

By: amazon.co.jp

ノイズキャンセリングイヤホンの最大のメリットは、さまざまな環境で音楽に集中できる点。一般的なイヤホンの場合、周囲の人の話し声や環境音などを拾ってしまうため、音楽に集中しにくい場合があります。

しかし、ノイズキャンセリングイヤホンの場合、周囲のノイズを聞こえにくくできるため、イヤホンから発せられる音をクリアに聞くことが可能です。

また、周囲のノイズを聞こえにくくすることで、小さい音量で音楽を楽しめるのもメリットのひとつ。大音量で音楽を聴くと耳へ負担がかかってしまうので、耳をいたわりながら音楽を楽しめます。

ノイズキャンセリングイヤホンの選び方

ノイズキャンセリングの性能をチェック

By: amazon.co.jp

ノイズキャンセリングイヤホンを選ぶ際は、ノイズキャンセリングの性能も要チェック。たとえば、ソニーの展開しているノイズキャンセリングイヤホンには、業界最高クラスのノイズキャンセリング性能を備えているモデルがあり、幅広い帯域のノイズを低減できます。人の声から、飛行機やバスなどの大きな騒音まで低減できるのが特徴です。

また、ボーズの展開している製品には、シーンに応じてノイズキャンセリングのレベルを調節できるモノがあります。静寂のなかで音楽に集中したい場合では「Quietモード」、周囲の状況を意識したい場合では「Awareモード」など、シーンに応じて使い分けられます。

そのほかのメーカーもそれぞれノイズキャンセリングの性能が異なるので、チェックしてみてください。

装着感・遮音性をチェック

By: amazon.co.jp

快適に音楽を楽しみたい方は、装着感や遮音性も要チェック。いかに高音質で多機能なイヤホンでも、装着感が悪いと快適に音楽を楽しめません。

装着感で大事なのは、しっかり自分の耳にフィットするかどうか。イヤーチップを複数同梱しているモデルなら、フィット感を調節できて快適に装着できます。また、ケーブルが煩わしく感じる方は、完全ワイヤレスイヤホンがおすすめです。

ノイズキャンセリングには、騒音と逆位相の音で打ち消す「アクティブノイズキャンセリング」と、イヤホンの構造で物理的にノイズを低減する「パッシブノイズキャンセリング」の2種類が存在します。

なかでも、パッシブノイズキャンセリングの性能が高いモデルは、アクティブノイズキャンセリングの機能を最大限に活かせるので、より遮音性に優れた環境で音楽に集中できるのが魅力です。

バッテリーの持続時間をチェック

By: amazon.co.jp

長時間使う機会が多い方は、バッテリーの持続時間も要チェックです。完全ワイヤレスイヤホンを選ぶ場合は、イヤホン単体の持続時間に加えて、充電ケースと合わせた持続時間も確認しておきましょう。

通勤や通学などで使う場合は、5〜10時間程度再生できると便利。旅行や出張など長時間移動が多い方は、10〜15時間以上再生できるモデルをチェックしてみてください。

また、わずかな充電時間で長時間再生できる「急速充電」に対応しているモデルなら、急にバッテリーが切れてしまっても安心です。

対応コーデックをチェック

By: sennheiser-hearing.com

音質にこだわりたい方は、対応コーデックもチェック。コーデックとは、Bluetoothで通信する際に音声データを圧縮する方式のことで、音質や遅延に大きく関わります。

すべてのワイヤレスイヤホンは標準的な音質の「SBC」に対応しています。音質にこだわりたい方は、iPhoneなどのApple製品に採用されている「AAC」や、Androidと相性のよい「aptX」などの高音質・低遅延のコーデックに対応したモデルがおすすめです。

なかには、ワイヤレスながらハイレゾ音質を楽しめるコーデック「LDAC」なども存在します。ただし、コーデックはイヤホン側だけでなく、接続デバイス側も対応している必要があるので注意しましょう。

Bluetoothバージョンをチェック

By: amazon.co.jp

Bluetoothで接続するワイヤレスイヤホンを選ぶ場合、Bluetoothバージョンにも注目してみてください。

Bluetoothには、Bluetooth4.0や5.0のようにバージョンがあり、数値が大きくなるほど新しいバージョンになります。バージョンによって、通信速度や通信範囲、消費電力などが異なるので、事前にチェックしておきましょう。

現在販売されているBluetooth対応のイヤホンは、4.0以降に対応しているモデルが多い傾向にあります。消費電力に優れており、長時間使用できるモデルが豊富です。また、3.0以降であれば上位のバージョンは下位のバージョンに対応する仕様になっているため、イヤホン側はできるだけ新しいバージョンがおすすめです。

なお、Bluetoothバージョンによって通信距離などの性能は変わりますが、音質に影響しない点は留意しておきましょう。

各種機能にも注目

ノイズキャンセリングのON/OFFや再生/停止などの操作性

By: amazon.co.jp

快適にノイズキャンセリングイヤホンを使いたい方は、操作性にも注目。基本的にノイズキャンセリングイヤホンは、耳元にボタンや操作パネルなどを搭載しています。しかし、モデルによって操作できる内容が異なるので、事前にチェックしましょう。

ほとんどのモデルは、音楽の再生・停止やボリュームの調節などの操作が可能です。ノイズキャンセリングのON・OFFを耳元で操作できると、急に話しかけられたり、レジで会計したりする際などに便利。スマホを取り出す手間も省けるので、より快適に使用できます。

完全ワイヤレスイヤホンの場合は、耳元で操作することも多いため、直感的に操作しやすいかどうかも重要なポイントです。

スポーツ時に使うなら防水性能をチェック

By: victor.jp

スポーツやアウトドアシーンなどで使う機会が多い方は、防水性能もチェックしてみてください。防水性能とは、水に対する耐性レベルのことで、「IPX◯」で表記されます。◯には0〜8までの数値が入り、数値が高いほど優れた防水性能を実現できます。

汗や軽い雨などで濡れる程度であれば、IPX4以上を備えたモデルがおすすめ。お風呂やプールなどで使用する場合は、IPX7以上に対応したモデルが適しています。

ワイヤレス充電に対応しているか

By: amazon.co.jp

ノイズキャンセリングイヤホンを手軽に充電したい方は、ワイヤレス充電に対応しているかも要チェック。ワイヤレス充電とは、ケーブルを使わずにイヤホンを充電することです。充電器の上にイヤホンケースを置くだけで充電できるため、ケーブルを抜き差しする手間が省けます。

ほとんどのワイヤレス充電は「Qi(チー)」規格を採用。Qiに対応している機種であれば、イヤホンだけでなく、スマホなども充電できます。

とはいえ、ワイヤレス充電はケーブル充電に比べて充電速度が遅くなってしまうのが難点。また、Qiのワイヤレス充電は位置のズレに弱く、正確な位置に置かないと充電できない点に留意しておきましょう。

ノイズキャンセリングイヤホンのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

ソニーは、東京都港区に本社を置く総合電機メーカーです。イヤホン・ヘッドホン・スピーカーなどのオーディオ機器をはじめ、テレビやカメラ、ゲーム機などの幅広い製品を発売しています。いずれも、高い技術力を活かした高性能なモデルを多く展開しているのが特徴です。

ノイズキャンセリングイヤホンに関しては、ウォークマンに対応した有線イヤホンから、ネックバンド型イヤホン、完全ワイヤレスイヤホンまで豊富にラインナップ。業界最高クラスと謳われたノイズキャンセリング性能を備えているモデルもあります。高音質なモデルが多いので、音質にこだわりたい方にもおすすめのメーカーです。

ボーズ(Bose)

By: amazon.co.jp

ボーズは、アメリカ合衆国に本社を置く音響機器メーカーです。スピーカーをはじめ、イヤホンやヘッドホンなど、幅広い音響機器を手掛けているのが特徴。最近では音楽を聴けるサングラス「オーディオサングラス」を手掛けていることでも知られています。

ノイズキャンセリングイヤホンに関しては、有線イヤホンと完全ワイヤレスイヤホンをラインナップ。優れたノイズキャンセリング性能を備えており、静寂のなかで音楽に集中できる「Quietモード」と、周囲の音が聞ける「Awareモード」をシーンに応じて使い分けられるのが魅力です。

アップル(Apple)

By: amazon.co.jp

Appleは、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く多国籍テクノロジー企業です。全世界で高い人気を誇るスマートフォン「iPhone」を手掛けていることでも有名。そのほか、AirPodsやApple Watch、iPad、MacBookなど独自の製品を多数展開しています。

ノイズキャンセリングイヤホンに関しては、「AirPods Pro(第2世代)」をラインナップ。第1世代に比べて最大2倍のノイズキャンセリング性能を実現しています。Apple製品と相性がよく、シームレスに設定や切り替えが行えるので、Appleユーザーにおすすめです。

ノイズキャンセリングイヤホンのおすすめ|人気・定番

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WF-1000XM4

業界最高クラスのノイズキャンセリング性能を実現した製品です。低音域から高音域まで幅広いノイズを低減できるのが特徴。より音楽に集中しやすいのが持ち味です。

ワイヤレスながらハイレゾ音質を楽しめるLDACコーデックに対応しているのも魅力のひとつ。AndroidでもiPhoneでも圧縮音源をハイレゾレベルの高音質で楽しめる「DSEE Extreme」も搭載しています。

ボイスピックアップテクノロジーの採用により、快適な通話ができる点もメリット。高音質かつ多機能なモデルを探している方におすすめです。

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット LinkBuds S

小型かつ軽量なデザインが魅力のノイズキャンセリングイヤホンです。高性能ノイズキャンセリングにより、高い没入感を実現。周囲の音を聞きながら音楽を楽しめる「外音取り込み機能」も搭載しています。

また、耳の凹凸に干渉しにくい「エルゴノミック・サーフェース・デザイン」を採用。長時間付けていても快適な装着感をキープできるのが特徴です。

加えて、ワイヤレスながら、ハイレゾ音質を楽しめるLDACコーデックに対応しているのもおすすめのポイント。圧縮音源をハイレゾ級の高音質で再生できる「DSEE Extreme」も採用されているので、AndroidやiPhoneでも高音質を楽しめるのが魅力です。

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WI-1000XM2

ハイレゾの高音質再生に対応したネックバンド型のノイズキャンセリングイヤホンです。ワイヤレスながらハイレゾ音質を楽しめるLDACコーデックに対応。圧縮音源をハイレゾ級の高音質で楽しめる「DSEE HX」も搭載しています。有線接続でハイレゾ鑑賞ができるのもポイントです。

また、業界最高クラスのノイズキャンセリング性能を実現しており、低音から中高音まで幅広いノイズを低減できるのが特徴。ノイズキャンセリングON時で最大10時間再生できるロングバッテリーを内蔵しているのもメリットです。とにかく音質にこだわりたい方はチェックしてみてください。

ボーズ(Bose) QuietComfort Earbuds II

独自の音響構造により、クリアでバランスの取れたサウンドを楽しめるノイズキャンセリングイヤホン。高性能なノイズキャンセリングを搭載し、静寂のなかで音楽を楽しめる「Quietモード」と、周囲の状況を把握できる「Awareモード」を利用シーンに応じて切り替えられます。

また、周囲のノイズを低減してクリアな音声を相手へ届けられるマイクを内蔵。クリアで快適なハンズフリー通話を行えます。専用アプリと連携することで、イコライザーを自由にカスタマイズ可能。低音・中音・高音レベルをコントロールできるのがメリットです。

さらに、タッチコントロールを採用し、直感的に曲の操作や着信の応答、音量調節などを行えるのも魅力。シンプルかつ高級感のあるデザインなので、普段使いはもちろん、ビジネスシーンにもおすすめのモデルです。

アップル(Apple) AirPods Pro 第2世代 MQD83J/A

iPhoneやiPadなどと相性のよいノイズキャンセリングイヤホン。第1世代に比べて最大2倍の雑音を低減できるアクティブノイズキャンセリングを搭載しているのが特徴です。

耳に合わせてリアルタイムで音を調節する「アダプティブイコライゼーション」を備えているのも魅力。深みのある低音から明瞭な高音まで再生できます。

4サイズのイヤーチップを同梱し、耳に合わせてフィット感をカスタマイズできるのもおすすめポイント。Appleデバイス間の設定や切り替えをシームレスに行える便利なモデルです。

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスイヤホン ATH-TWX9

直径5.8mm高解像ドライバーを搭載し、鮮明な音像を体感できるノイズキャンセリングイヤホン。周囲の騒音レベルを計測して、自動的に適切な空間を創り出す「オプティマイズ・ノイズキャンセリングシステム」などを搭載しているのが特徴です。

さらに、周囲が騒がしくても声がクリアに届く「ビームフォーミングマイク技術」を採用しているのも魅力。クリアで高品質なハンズフリー通話が可能です。

また、Qi規格のワイヤレス充電に対応しており、手軽に充電できる点もメリット。加えて、自然に装着できる人間工学に基づいた設計なので、耳から外れにくく、長時間でも快適にリスニングできるのもおすすめのポイントです。

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスイヤホン SOLID BASS ATH-CKS50TW

迫力ある重低音が楽しめる「SOLID BASS」シリーズのノイズキャンセリングイヤホン。ノイズキャンセリング機能と周囲の音を取り込む「ヒアスルー機能」をボタン1つで切り替えられるのも特徴です。

イヤホン単体で約20時間、充電ケースと併用で約50時間再生できるロングバッテリーを内蔵。耳への負担がかかりにくく、自然な装着感を得られるので、長時間でも快適にリスニングできます。静寂のなかで重低音を楽しみたい方におすすめです。

ゼンハイザー(SENNHEISER) MOMENTUM True Wireless 3

「TrueResponseトランスデューサー」を搭載し、高解像度なサウンドを楽しめるノイズキャンセリングイヤホン。周囲の騒音に合わせてノイズキャンセルレベルを自動で調節する「アダプティブノイズキャンセリング」と、ハイブリッド型のノイズキャンセリングを採用しているため、さまざまな環境で音楽に集中できます。

さらに、イヤホンを装着したまま周囲の状況を把握できる「外音取り込み機能」を備えているのも魅力。AAC・aptX・aptX Adaptiveなど、豊富なコーデックに対応しているので、iPhoneやAndroidでも高音質・低遅延を実現できます。

また、ビームフォーミングマイクを内蔵しており、高品質でクリアなハンズフリー通話が可能。スタイリッシュかつ高級感のあるデザインなので、見た目にこだわりたい方にもおすすめです。

ビーツ(Beats) Beats Fit Pro MK2F3PA/A

耳から外れにくいウィングチップを採用したノイズキャンセリングイヤホン。周囲の音を検知してノイズを遮断するアクティブノイズキャンセリングと、周囲の状況に気を配れる「外音取り込み機能」を搭載しています。

さらに、独自の「アコースティックプラットフォーム」により、パワフルかつバランスの優れたサウンドを楽しめるのも魅力。3サイズのシリコーン製イヤーチップを同梱しているので、フィット感も調節できます。

また、IPX4相当の防水性能を備えている点もメリット。普段使いからスポーツシーンまで使いやすい汎用性の高いおすすめモデルです。

ジャブラ(Jabra) Elite 5

「6-マイクテクノロジー」で快適な通話を実現したノイズキャンセリングイヤホン。「ハイブリッド アクティブノイズキャンセリング」と、周囲の音を確認できる「ヒアスルーテクノロジー」を搭載しているので、幅広いシーンで快適に音楽を楽しめます。

また、AAC・Qualcomm aptXコーデックに対応しているため、iPhoneやAndroidでも高音質・低遅延を実現。6mmスピーカーの内蔵により、パワフルなサウンドも楽しめます。

さらに、専用アプリと連携することで、イコライザーも自由にカスタマイズ可能。自分好みのサウンドを楽しめます。ビジネスシーンなどで通話をする機会が多い方にもおすすめです。

アヴィオット(AVIOT) 完全ワイヤレスイヤホン TE-J1

クリアかつ深みのあるサウンドを楽しめるノイズキャンセリングイヤホンです。異なる2基のドライバーを組み合わせた「アドバンスド・ハイブリッドドライバー構成」を採用しているのが特徴。音の表現力・再現性に優れており、高音質を体験できます。

ノイズキャンセリング機能が充実しているのもポイント。4基のマイクを使用した「ハイブリッドアクティブノイズキャンセリング」と、物理的に環境音をシャットアウトする「パッシブノイズアイソレーション」を併用しているため、広帯域にわたりノイズを低減可能です。電車内などの人が集まる場所でも快適に音楽を聞けます。

おしゃれなデザインに仕上げられているのも魅力。加えて、軽い装着感・フィット感を実現しているので、使用感も良好です。バッテリー性能が高いのもメリットで、チャージングケースを活用すれば、28時間の再生ができます。機能性とデザイン性を兼ね備えたおすすめの製品です。

ノイズキャンセリングイヤホンのおすすめ|安い

アンカー(ANKER) Soundcore Life P3

独自のウルトラノイズキャンセリングを搭載した製品です。自分のいる環境をアプリで選ぶだけで、シーンに適した強度のノイズキャンセリングを実現可能。幅広いシーンで快適に音楽を楽しみたい方におすすめの機能です。

また、イヤホンを着けたまま会話しやすい「外音取り込み機能」を搭載しているのも魅力のひとつ。ノイズリダクション機能を備えたマイクも内蔵しているので、クリアなハンズフリー通話も可能です。

イヤホン単体で最大7時間、充電ケースと合わせて最大35時間再生できるロングバッテリーを内蔵しているのもポイント。ワイヤレス充電にも対応しているので、手軽に充電できます。

アンカー(ANKER) Soundcore Life A3i

耳に収まりやすい小型軽量デザインのノイズキャンセリングイヤホンです。低周波ノイズを低減できるアクティブノイズキャンセリングが搭載されています。さらに、周囲の音を取り込みながら音楽を楽しめる「外音取り込み機能」も備えています。

また、専用アプリと連携することで、低音から高音までイコライザーを自由にカスタマイズできるのも魅力です。自分好みのサウンドに調節できます。加えて、AIノイズリダクション機能を備えた4つのマイクを内蔵しているので、クリアな通話も可能です。

大型の10mmドライバーを搭載し、コンパクトながら迫力ある低音を楽しめるのもおすすめのポイント。Bluetooth5.2に対応しているので、安定した接続が可能です。

アヴィオット(AVIOT) 完全ワイヤレスイヤホン TE-D01q2

日本ブランドならではの繊細な音を楽しめるノイズキャンセリングイヤホンです。独自のアルゴリズムで広帯域のノイズを低減できるアクティブノイズキャンセリングを搭載しているのが特徴。人の話し声から車・電車の走行音などの気になる騒音を抑えて、音楽に包まれる感覚を味わえます。

イヤホンを装着したまま会話や周囲の状況を確認できる「外音取り込み機能」を搭載しているのも魅力。片耳だけの使用もできるため、しっかり周囲の音を聞きたいシーンにも対応できます。

大口径10mmダイナミック型ドライバーとチューニングにより、息づかいや繊細なニュアンスまで余すことなく感じられる点もおすすめのポイント。IPX4相当の防水性能を備えているので、汗や雨などに強いのもメリットです。

JVCケンウッド(KENWOOD) Victor 完全ワイヤレスイヤホン HA-A30T

ファッションに馴染むおしゃれなデザインのノイズキャンセリングイヤホンです。高精度のノイズキャンセリング機能を内蔵し、屋外でも雑音を気にせず音楽や通話を行えるのが持ち味。高磁力ネオジウムマグネットを採用したドライバーを搭載し、クリアで躍動感のあるサウンドを楽しめます。

さらに、迫力のあるサウンドを実現する「バスブーストモード」を備えているのも魅力のひとつ。加えて、イヤホンを装着したままスムーズな会話ができる「外音取り込み機能」を搭載している点もメリットです。

また、IPX4相当の防水性能を備えており、汗や雨を気にせず使えるのもポイント。ランニングやジムで使用したい方にもおすすめです。

サウンドピーツ(SoundPEATS) Capsule3 Pro

交通機関の中や人混みなどの騒音が気になる場所でも、クリアなサウンドを楽しめるノイズキャンセリングイヤホンです。集音用のマイクを左右2つずつ搭載しているのが特徴。最大43dBのノイズを低減することができます。

高音質なのもポイント。独自設計の12mmドライバーを採用しているため、低域のサウンドをしっかりと再生できます。また、植物由来の繊維を使用した「バイオセルロース振動板」によって、広がりのあるナチュラルな音質を実現しているのも魅力です。

バッテリー性能が高いのもメリット。イヤホン駆動時の消費電力を抑える設計がされており、充電ケースを使えば最大52時間の音楽再生が可能です。充電切れの心配が少ないので、長時間の外出の際にも快適に使用できます。コスパに優れたおすすめのイヤホンです。

サウンドピーツ(SoundPEATS) AIR3 PRO

最大35dBのノイズ低減性能を実現したノイズキャンセリングイヤホン。日常生活における外部のノイズを低減できるため、外出先でも没入感のあるリスニングが楽しめます。

バイオセルロース振動板を採用し、繊細な中高域再生を実現。さらに、フリーエッジを採用することで振幅の大きい低中音域も忠実に再現できます。音質にこだわりたい方にもおすすめです。

また、cVc通話ノイズキャンセリングを搭載しており、クリアで高品質な通話ができる点もメリット。高性能で安いモデルを探している方もチェックしてみてください。

水月雨(MOONDROP) NekoCake 猫餅

優れた低音を再生できる、大型13mmのダイナミックドライバーを搭載したノイズキャンセリングイヤホンです。「ANC デジタルアクティブノイズキャンセリング」を備え、電車や飛行機などのノイズを低減可能。ノイズキャンセリングのON・OFFは、ボタンの長押しで簡単に切り替えられます。

音声通話用のノイズキャンセリング機能も搭載しており、周囲が騒がしくてもクリアな通話が可能。また、小さな耳でも快適に装着できるユニークなデザインも魅力です。片耳での使用もできます。

水月雨の公式バーチャルライバーである水月ゆきさんによる音声ガイダンスも搭載。かわいくて使いやすいモデルを探している方におすすめです。

ノイズキャンセリングイヤホンのおすすめ|有線

ソニー(SONY) ハイレゾ対応ノイズキャンセリングヘッドホン IER-NW500N

ウォークマン専用の有線タイプのノイズキャンセリングイヤホン。ハイレゾオーディオに対応し、ノイズキャンセリング機能や「外音取り込み機能」を搭載したウォークマンA40シリーズで使用できます。

周囲の騒音を分析してシーンに適したノイズキャンセリングを自動で選択する「フルオートAIノイズキャンセリング機能」を搭載。さまざまな環境で快適に音楽を楽しめるのが特徴。また、周囲の音を聞き取りやすくする「外音取り込み機能」にも対応しているので、音楽を聴きながら周囲に気を配れるのも魅力です。

高音質を楽しめる9mmドライバーユニットを搭載しているのもポイント。広帯域再生も可能にするため、音質にこだわりたい方にもおすすめです。

ソニー(SONY) ハイレゾ対応ノイズキャンセリングヘッドホン IER-NW510N

ウォークマン専用設計の有線タイプのノイズキャンセリングイヤホンです。ハイレゾ再生に対応したデジタルノイズキャンセリング機能を搭載。静寂のなかでハイレゾの高音質サウンドを楽しめます。

また、イヤホンをしたまま周囲の音を聞き取りやすくする「外音取り込み機能」に対応している点もメリット。屋外でも気兼ねなく音楽を楽しめます。

耳から抜け落ちにくい快適な装着性を実現しているのもおすすめのポイント。長時間のリスニングにも適しています。

イーピージー(EPZ) K1有線カナル型イヤホン

3Dプリンターで成形されたスタイリッシュなデザインのノイズキャンセリングイヤホンです。「26dbノイズキャンセリング」により、周囲のノイズを遮断して音楽に集中できるのが特徴。3サイズのイヤーチップを同梱しているので、自分に合った着け心地と密閉性を実現できます。

バランスドアーマチュア型とダイナミック型のドライバーを搭載し、低音域から高音域まで幅広い帯域をカバーできるのも魅力。さまざまなジャンルの音楽を高音質で楽しめます。

人間工学に基づいたカナル型を採用し、長時間快適に装着できるのもポイント。カラーバリエーションも豊富で、見た目にこだわりたい方にもおすすめです。

ノイズキャンセリングイヤホンの売れ筋ランキングをチェック

ノイズキャンセリングイヤホンのランキングをチェックしたい方はこちら。