イヤホンのなかでも、聴いている音楽に影響を与えず、外からの騒音をシャットアウトできる「ノイズキャンセリングイヤホン」。最近のイヤホンはワイヤレス化が進んでおり、ラインナップも豊富です。また、ノイズキャンセリング機能を備えたモデルも徐々に増えています。

そこで今回は、ノイズキャンセリングイヤホンのおすすめモデルをランキング形式でご紹介。気になる方はチェックしてみてください。

さっそくおすすめ商品を見る

ノイズキャンセリングイヤホンとは?

By: amazon.co.jp

街中や電車などの騒々しい場所で音楽を聴いていると、ボリュームを上げないと音楽が聴こえにくいことがあります。ノイズキャンセリングイヤホンを使用すれば、気になる騒音を低減して、音楽を快適に楽しむことが可能です。

原理としては、騒音を打ち消す「逆位相」の音波をイヤホン内で発生させることによって、外部からの騒音を低減します。また、音楽鑑賞用としてだけでなく、耳栓として使えるのもメリットです。

ノイズキャンセリングイヤホンの選び方

騒音低減能力で選ぶ

By: amazon.co.jp

ノイズキャンセリングイヤホンの騒音低減能力は、メーカーや機種によって異なります。基本的には価格に比例して性能は上がり、アナログ方式よりもデジタル方式の方が高性能です。

通常のイヤホンに比べて技術力を必要とするため、販売しているメーカーは限られます。現在ではボーズとソニーの2社が主流です。

ボーズはノイズキャンセリングヘッドホンを開発し、業界トップといわれる騒音低減能力の製品をラインナップしています。人気も高く、騒音低減能力で選ぶならまずはボーズがおすすめですが、価格は高めです。

ソニーはアイテムの小型化と高度なデジタル技術が持ち味。イヤホンとしての音質や機能面に優れているのが特徴です。航空機をはじめとする、乗り物での長時間使用を想定するなら、やや高価でも優れた騒音低減能力を備えた製品がおすすめです。

接続方法で選ぶ

By: amazon.co.jp

従来のイヤホンは3.5mm径端子による有線接続が一般的でしたが、最近ではBluetooth規格によるワイヤレス接続が急速に普及しています。

ノイズキャンセリングイヤホンにおいてもBluetooth対応機が増加。コードの煩わしさがないメリットがある反面、コストの増加による価格の高騰と、回路の増加による重量の増加といったデメリットがあります。また、バッテリー持続時間も短めです。

さらに、Bluetoothは元の音源データを圧縮して伝送するので、音質が多少劣化します。そのため、音質優先なら有線接続がおすすめ。ただし、3.5mmジャックによる有線接続ができないスマホも増えており、Bluetooth対応機を購入した方が楽な場合もあるので、目的や用途に応じて選びましょう。

音質で選ぶ

By: amazon.co.jp

音質を重視するなら、音質チューニングが巧みな企業が多い、実績のある大手オーディオメーカーから選びましょう。

なかでも、ほかと比較して高音質志向のモデルを擁するソニーと、ノイズキャンセリングイヤホンの開発元としてノウハウを蓄積したボーズがおすすめです。

高音質を見分けるポイントとしては、「ハイレゾ対応」の有無、BA型・ハイブリッド型ドライバーの採用が挙げられます。Bluetooth対応機であればLDAC・aptX・HDコーデックに対応しているかどうかがポイントなので、ぜひ参考にしてみてください。

バッテリーの持続時間で選ぶ

By: taotronics.jp

ノイズキャンセリング機能は電力を必要とするため、使用時間に制約のある充電式のモデルがほとんどです。有線接続機は10時間以上持続するモデルが多く、長旅にも対応しやすいのがメリット。ただし、バッテリーが切れるとノイズ低減ができないことに加え、普通のイヤホンとしても使えない場合があるので注意しましょう。

Bluetooth接続対応機の場合は送受信用にもバッテリーを消費するので、ノイズキャンセリング機能を使うと6時間前後の連続使用時間です。

また、高価な製品ほどバッテリーの持ちがよい傾向にあるので、短時間の移動や日常的な外出メインで使うのであれば、持続時間にこだわらない方が安く購入できます。なお、Lightning端子による接続機は、イヤホン側にノイズキャンセリング用のバッテリーを積んでいませんが、iOS機側のバッテリーを消費する仕組みになっています。

装着感で選ぶ

By: amazon.co.jp

ノイズキャンセリングの性能が高くても、装着感が悪いと快適に音を楽しめません。イヤーピースやイヤーフックの有無を考慮して選んでみましょう。

イヤーピースは大きさ・形・素材ごとにさまざまな種類があります。大きさはS・M・Lが主流で、メーカーによりSSやLLも取り扱っているのがポイント。小さすぎると落ちやすく、大きすぎると耳が痛くなりやすい傾向にあります。

形は、きのこの傘のような「シングルフランジ」型を取り扱うメーカーが多いため、耳にフィットするモノを見つけやすくおすすめ。素材はシリコンが一般的で、耳にフィットしやすい柔らかい付け心地です。また、ウレタンでできた「フォームタイプ」は、丸めてから耳穴に装着すると、徐々に元の大きさに戻りしっかりと密着します。

一方、イヤーフックはイヤホンの落下を防ぐパーツです。現在の主流は爪型のモノで、耳の中に入れてしっかり固定できます。また、以前主流だった耳かけ型も装着がラクなのでおすすめです。

残留ノイズにも気を付けよう

By: bang-olufsen.com

音質以前の問題として挙げられる、残留ノイズ。音楽を再生せずにノイズキャンセリング機能だけを動作させた際、イヤホンからノイズが聞こえてくる現象でノイズキャンセリング機全般に見られます。

大抵は音楽を流すと聞こえないレベルの音ですが、耳栓代わりとしては使いにくい一面も。ある程度の価格帯を超えれば残留ノイズが気になりにくいため、ノイズキャンセリングイヤホンを耳栓代わりに使いたい場合は1万円以上のモデルがおすすめです。

ノイズキャンセリングイヤホンのおすすめメーカー

ボーズ(Bose)

By: amazon.co.jp

ボーズは、イヤホンの内外に収音用マイクを搭載し、周囲の騒音を分析。相殺音波を発生させて打ち消す技術を世界で初めて開発しました。

開発以降、業界最高クラスの騒音低減能力を備えたモデルをラインナップし続けています。2016年には騒音低減効果を環境に合わせて自在に調節できる機能を開発。ノイズキャンセリング機能に優れたモデルを探している方におすすめのメーカーです。

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

ノイズキャンセリングイヤホンの分野ではボーズと肩を並べるメーカー。業界最高水準の騒音低減効果に加えて、高音質・高機能を備え、センサーを活用した環境や使用状況に応じたきめ細かい騒音低減性能が特徴です。

最近ではBluetooth機能も併用できる機種のほか、ハイレゾに対応するハイスペックモデルもラインナップしています。機能性だけでなく、音質にもこだわりたい方におすすめのメーカーです。

ノイズキャンセリングイヤホンおすすめランキング|ワイヤレス

第1位 ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM3

業界最高クラスのノイズキャンセリング性能が謳われるノイズキャンセリングイヤホン。「高性能プロセッサQN1e」を搭載しているのが特徴です。ヘッドホン向けの技術をイヤホンに活かすことで、省電力ながら高性能なノイズキャンセリングを実現しています。

さらに、周囲の音を取り込む「クイックアテンションモード」や、音楽を聴きながら周囲の音を聞ける「アンビエントサウンドモード」も搭載。電車のアナウンスや屋外でのトレーニングなど、音楽を聴きながら周囲の音に注意したいシーンでも安心して使えます。

圧縮音源の高音域をハイレゾ級へ補完するDSEE HXを搭載しているため、ワイヤレスながら高音質なのも魅力。イヤホン本体や充電ケースには、高級感のあるデザインを採用しています。多機能かつハイスペックな、おすすめのノイズキャンセリングイヤホンです。

第2位 アップル(Apple) AirPods Pro

iOSデバイスとの相性がよいノイズキャンセリングイヤホン。ケースを開くだけでiPhoneやiPadなどのiOSデバイスに認識され、簡単にペアリングできます。複数のiOSデバイスやMacを所有していても、接続先をスムーズに切り替えられるのが魅力。

開放型ながらイヤーチップを搭載しているのも特徴。耳にしっかりと装着できるため遮音性が高く、ノイズキャンセリング性能を効果的に引き出します。さらに、独自のH1チップの搭載により、低遅延・高音質を実現。音楽だけでなく、動画やゲームにも適しています。

1回の充電で最大4.5時間、ケースによる充電を含めると24時間の再生が可能。ケースはQi規格のワイヤレス充電にも対応しています。iPadやiPhoneなどiOSユーザーにおすすめのノイズキャンセリングイヤホンです。

第3位 ボーズ(Bose) QuietControl 30 wireless headphones

ノイズキャンセリングのレベルを調節できるワイヤレスイヤホン。電車の中では騒音を遮断し、空港では搭乗案内を聞くためにノイズキャンセリングを弱める、といったコントロールが可能です。1日中付けたままでも不便を感じずに生活ができます。

接続はBluetoothですが、NFCにも対応しているため、素早く簡単にペアリング可能。ケーブルに搭載されているリモコンを使うと、接続しているデバイスに触れることなく着信応答や曲の再生、音量調節などの操作ができます。

最適化されたイコライザーによる、バランスのよいサウンドも特徴。ネックバンドには、人間工学に基づいたデザインとソフトな肌触りの素材を採用しています。長時間使用したい方におすすめのノイズキャンセリングイヤホンです。

第4位 ファーウェイ(HUAWEI) ノイズキャンセリング完全ワイヤレスイヤホン FreeBuds 3

インナーイヤー型のノイズキャンセリングイヤホン。長時間装着しても耳を圧迫しにくい、快適な付け心地が特徴です。ケースにはおしゃれな円形のデザインを採用。USB Type-Cのほか、ワイヤレス充電にも対応するので、充電に手間がかかりません。

Androidスマホであれば、専用アプリからノイズキャンセリングを好みの強さに調節可能。また、通話音声がクリアなのも魅力です。骨伝導センサーにより通話中の音声を強調し、風によるノイズも低減するので、屋外でも快適に通話できます。

Androidスマホユーザーの方におすすめのノイズキャンセリングイヤホンです。

第5位 ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WI-1000XM2

ネックバンド型のノイズキャンセリングイヤホン。イヤホンの外側と内側に1つずつ搭載されたマイクが周囲の騒音を集音します。ヘッドホンにも搭載されている「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1」により、ハイレベルなノイズキャンセリング処理が可能です。

ネックバンドにはシリコンが採用され、軽量化とフィット感の向上を実現。左右のイヤホンに磁石が内蔵されているため、首かけ時にまとまりやすいのも魅力です。手のひらサイズのキャリングケースが付属するので、手軽に持ち運べます。

高音質なコーデックのLDACに対応。原音が忠実に再現された音楽を楽しめます。DSEE HXにも対応するので、CD音源やMP3などの圧縮音源をハイレゾレベルの高音質で再生可能。音質にこだわる方におすすめのノイズキャンセリングイヤホンです。

第6位 ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WF-SP800N

スポーツにぴったりのノイズキャンセリングイヤホン。激しい運動をしても外れにくいように、アークサポーターを搭載しています。IP55相当の防水防じん性能を備えているため、トレーニング中の汗や急な雨はもちろん、使用後の水洗いも可能です。

ノイズキャンセリングと外音取り込みに対応するので、屋外と室内のトレーニングで使い分けられます。さらに、一時的に周囲の音を聞きやすくする「クイックアテンションモード」により、装着したまま会話も可能。各種機能は、イヤホンのタッチセンサーで操作できます。

低音を重視した迫力のある音質も魅力のひとつです。また、スマートフォンアプリから好みのイコライザー設定にカスタマイズ可能。スポーツシーンにおすすめのノイズキャンセリングイヤホンです。

第7位 ファーウェイ(HUAWEI) フルワイヤレスイヤホン FreeBuds 3i

低価格な完全ワイヤレスタイプのノイズキャンセリングイヤホン。最大32dBのノイズを低減し、音楽に集中しやすい理想的なリスニング環境を作れます。外側に搭載された2つのマイクが音声を正確に拾うため、通話の音質が優れているのもポイントです。

イヤホンには非接触センサーが内蔵されているため、意図しないタッチを無視しながらタップによるコントロールが可能。繊細なチューニングと10mmの大型ドライバーの搭載により、迫力ある低音とバランスのよい音質が楽しめます。

ノイズキャンセリングに対応した完全ワイヤレスイヤホンとしては価格が安いことも魅力。低価格なノイズキャンセリングイヤホンを探している方は、チェックしてみてください。

第8位 ゼンハイザー(Sennheiser) 完全ワイヤレスイヤフォン MOMENTUM True Wireless 2 M3IETW2

音質を追及したノイズキャンセリングイヤホン。重厚な低音や伸びやかな高音など、全音域のバランスが取れていることが特徴です。スマートフォンの専用アプリからイコライザーを設定することで、簡単に好みの音質に調節できます。

遮音性の高い構造に加えノイズキャンセリング機能も搭載されているため、装着するだけで快適なリスニング環境が実現。高精度な外音取り込み機能も搭載されているので、ちょっとした会話や買い物の会計などの際にイヤホンを外す必要がありません。

イヤホン単体で最大7時間、ケースによる充電を含めると最大21時間再生可能な大容量バッテリーも魅力。ファブリック素材のケースは質感が高く、見た目もおしゃれなノイズキャンセリングイヤホンです。

第9位 パナソニック(Panasonic) ワイヤレスステレオインサイドホン EAH-AZ70W

テクニクスブランドの技術が用いられたノイズキャンセリングイヤホン。直径10mmのダイナミック型ドライバーと空気の流れが最適になるような音響構造を採用したことで、空間が感じられる豊かな音を再現します。

強力なノイズキャンセリング性能も特徴のひとつ。イヤホンの外側と内側にマイクを配置し、デジタル制御とアナログ制御を組み合わせることで大幅かつ高精度なノイズの低減を実現します。2つの通話用マイクを搭載するため、クリアな音声で通話可能です。

さらに、イヤホンのタッチセンサーに触れることで再生や曲送り、音量調節のほか、着信に応答したり音声アシスタント機能を起動させたりもできます。機能性に優れたおすすめのノイズキャンセリングイヤホンです。

第10位 リブラトーン(Libratone) ノイズキャンセリング完全ワイヤレスイヤホン TRACK Air+

スタイリッシュなデザインのノイズキャンセリングイヤホン。耳から外れにくい形状に加え片側のイヤホン重量がわずか5.6gと軽量なため、1日中快適に装着可能です。4種類のイヤーピースが付属するので、好みのフィット感を選べます。

ノイズキャンセリング機能は、最大30dBの消音が可能。スマートフォンアプリを使用すると、0~30dBまでノイズキャンセリングの強弱を手動で設定できます。周囲の環境や動きに応じて自動でノイズキャンセリングレベルを調節できるSMARTモードも搭載。

また、IPX4相当の防水性能を備えているのも特徴。運動中の汗や軽い雨程度であれば安心して使用できます。カスタマイズ性に優れたおすすめのノイズキャンセリングイヤホンです。

ノイズキャンセリングイヤホンおすすめランキング|有線

第1位 ボーズ(Bose) QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphones — Samsung and Android devices

ボーズ初のインイヤータイプのノイズキャンセリングイヤホンです。独自の「StayHear+イヤーチップ」が柔らかくフィットするため、長時間の装着でも快適。優しく耳を密閉するので、装着するだけで遮音効果を発揮します。

さらに、独自のノイズキャンセリングテクノロジーにより、通過したノイズを電子的に低減するため、自分だけの静かな空間が作れます。また、道を渡るときや電車のアナウンスなど周囲の音を聞きたいときは、ボタン1つでAwareモードに切り替え可能。

深みのあるバランスのとれた音質も特徴のひとつ。細やかな音もクリアで、生き生きとした豊かな音楽を楽しめる、おすすめのノイズキャンセリングイヤホンです。

第2位 パイオニア(Pioneer) ノイズキャンセリングイヤホン RAYZ Plus SE-LTC5R-S

先進のノイズキャンセリング機能を搭載した有線イヤホン。ユーザーの耳と周囲をスキャンし、環境に対応したノイズキャンセリングを実現します。さらに、外部の音を取り込む「HearThru」モードにも対応。イヤホンを付けたまま周囲に注意を払えます。

装着を検知する機能を搭載しているため、イヤホンを外すと楽曲の再生が自動で停止し、再装着すると自動で再開。再装着されない場合は、バッテリー消費を抑えるために低消費電力モードに切り替わります。

また、ケーブルにはLightning接続用充電ポートを搭載。イヤホンを接続した状態でも、充電しながら通話や音楽を楽しめます。iPhoneユーザーにおすすめのノイズキャンセリングイヤホンです。

第3位 タオトロニクス(TaoTronics) 有線ノイズキャンセリングイヤホン TT-EP002

低価格なノイズキャンセリングイヤホン。雑音を最大25dBまで低減できる強力なノイズキャンセリング機能が特徴です。1回の充電で最大15時間ノイズキャンセリングを有効にできるので、飛行機や新幹線などの長時間移動の際も重宝します。

ノイズキャンセリング機能は、音楽を流していない状態でも利用可能。ボタンを押すだけで周囲の音を取り込むモニタリングモードに移行できるので、空港や電車のアナウンスを聞き逃しません。通話時のノイズも低減できるため、クリアな音声で通話できます。

ノイズキャンセリング機能を搭載していながら、価格が安いのも魅力。コストパフォーマンスに優れた、おすすめのノイズキャンセリングイヤホンです。

第4位 バング&オルフセン(Bang & Olufsen) ノイズキャンセリングイヤホン Beoplay E4

おしゃれで丈夫なノイズキャンセリングイヤホンです。ステンレスを採用したハウジングは頑丈で傷が付きにくく、耐久性に優れています。大容量バッテリーを搭載しているため、ノイズキャンセリング機能を使用しながら最大約20時間連続使用可能です。

ノイズキャンセリング機能は、2つのマイクを使用して周囲の音を抑え、効率的に雑音を遮断する仕様。イヤホンを装着したままボタンを押すだけで周囲の音を取り込める「透過モード」を搭載しているので、臨機応変な使い方が可能です。

計4サイズのシリコン製イヤーチップが付属し、装着感も良好。シンプルで使いやすい、おすすめのノイズキャンセリングイヤホンです。

第5位 ジェイビーエル(JBL) ノイズキャンセリング REFLECT AWARE

Lightningコネクタに接続できるタイプのノイズキャンセリングイヤホン。接続したデバイスから直接電源を取れるので、充電が必要ありません。14.6mmの大型ドライバーを採用し、クリアで高品質なサウンドが楽しめます。

2種類の方式を採用した「ハイブリッド方式ノイズキャンセリング」機能を搭載しているため、強力な消音効果が期待できます。音楽を聴くためだけでなく、耳栓のように使用したい方にもおすすめです。

また、防汗仕様なので、トレーニング中にも安心して使用可能。ケーブルに搭載された4ボタンリモコンで、ノイズキャンセリングのオン・オフや周囲の環境音の聞こえやすさ、音量調節もできます。