近年、自宅にいる時間が増えた影響もあり、需要が高まっている「冷凍庫が大きい冷蔵庫」。一般的な冷蔵庫よりも、作り置きしたおかずや食材をたっぷり冷凍保存できるのが魅力です。

そこで今回は、おすすめの冷凍庫が大きい冷蔵庫をご紹介します。使い勝手のよい高機能なモノから、気軽に購入できるリーズナブルなモノまで、さまざまな製品をピックアップ。選ぶ際の注意点やポイントなども解説するので、ぜひ最後までチェックしてみてください。

冷凍庫が大きい冷蔵庫の魅力

By: jp.sharp

冷凍庫が大きい冷蔵庫は食材をたっぷり冷凍保存できるのが魅力。肉や魚など賞味期限の短い生鮮食品もまとめて長期保存することが可能です。

一度にたくさんのおかずを作って冷凍しておけば、普段忙しくて食事の準備がゆっくりできない方でも、さまざまな料理が気軽に楽しめます。安く購入できるときにまとめて食材を買って冷凍保存することで、時短や節約になるのも嬉しいポイントです。

また、作り置きのおかずや食材以外にも、市販の冷凍食品やアイスなどもまとめて保存可能。大家族はもちろん、自炊をあまりしない一人暮らしの方にもおすすめです。

冷凍庫が大きい冷蔵庫の選び方

定格内容積と食品収納スペースをチェック

By: jp.sharp

冷蔵庫を選ぶ際には、どのくらいの量を収納できるかチェックするのが大切。冷蔵庫の容量は「定格内容積」として記載されており、棚や引き出しなど、食材が入らないスペースも含まれています。そのため、実際に食材を入れられる「食品収納スペース」も確認することが重要です。

適切な容量は「70L×家族の人数+常備品分(100L)+予備(70L)」で計算でき、一人暮らしなら200L前後、二人暮らしなら300L前後、3~4人家族なら400~500L前後がおすすめ。食材をまとめ買いする方は、少し容量を大きめに選んでおくと安心です。

本体のサイズに比例して冷凍庫の容量も大きくなる傾向がありますが、念のため冷凍庫の容量にも注目してみてください。

搬入と設置ができるサイズかチェック

By: jp.sharp

冷蔵庫は大型家電なので、あらかじめ十分な設置場所を確保できるか確認することが重要です。設置場所だけでなく、玄関や廊下の幅など搬入経路も要チェック。搬入に必要な幅は、冷蔵庫本体の横幅・奥行きの狭い方より+6cm必要なので覚えておきましょう。

また、冷蔵庫を設置する際には、ある程度の放熱スペースが必要で、最低でも冷蔵庫本体の左右各5~10mm、上面50mm以上の隙間を空ける必要があります。

十分な放熱スペースが確保できないと、熱がこもったり、冷却効率が悪くなったり、消費電力に影響が出たりすることも。さらに、冷蔵庫の周囲が掃除しやすいように設置できるかも、忘れてはいけない大切なポイントです。

取り出しやすさも重要

By: jp.sharp

冷蔵庫の扉には、観音開き・左開き・右開き・両開きの4つのタイプがあります。冷蔵庫の右側に壁がある場合は右開き、冷蔵庫の前方空間が狭い場合は観音開き・両開きのように、シチュエーションを考慮して選ばないと、食材が取り出しにくいので注意しましょう。

使いやすさを重視するなら、小物・収納ケースや引き出しなど、庫内を整理しやすいモデルがおすすめ。ドアが最後まで引き出せるタイプを選べば、庫内全体を見渡すことができ、奥にある食材も気軽に取り出せます。

冷凍庫の位置をチェック

By: toshiba-lifestyle.com

冷凍室を利用する機会が多いなら、取り出しやすい位置にあるかどうかも大切です。冷凍室が下側にあるモデルよりも、真ん中にあるモデルの方が食材を取り出す際にかがむ必要がなく、楽な姿勢で負担なく使えます。

また、冷凍室が真ん中タイプは、配置する断熱壁を少なくできるため、庫内容量を広く確保できるのもメリット。なかには、真ん中を野菜室・冷蔵室・冷凍室で切り替えできる製品もあり、より多くの食材を冷凍保存できます。

あると便利な機能をチェック

By: jp.sharp

冷蔵庫を選ぶ際には、あると便利な機能も要チェック。例えば、食材の新鮮さをキープしたまま保存できるパナソニックの「はやうま冷凍」や、冷凍食材を大量に保存できるシャープの「大容量冷凍室メガフリーザー」など、製品によって付加機能はさまざまです。

野菜・冷凍・冷蔵の切り替えが可能なモデルなら、ライフスタイルの変化に合わせて長く使い続けられます。同じような機能やデザインで製品選びに迷ったら、便利な機能の有無で選ぶのも選択肢のひとつです。

冷凍庫が大きい冷蔵庫のおすすめ

日立(HITACHI) HXCCタイプ R-HXCC62S


便利な機能が充実した高性能な冷蔵庫です。ドアを開けると冷蔵室内を自動で撮影する「冷蔵庫カメラ」を搭載。冷蔵庫の中身をスマホでチェックできるため、買い忘れや食材の二重購入を減らせます。

本体サイズは横幅685×奥行738×高さ1875mmで、定格内容積は617L。インテリアと親和性の高いミラーガラスを採用することで、高級感のあるスタイリッシュなデザインに仕上がっているのも特徴です。

食材を急いで冷やす「クイック冷却」をはじめ、自動でおいしく冷凍する「デリシャス冷凍」や、冷蔵室内のさまざまなニオイを脱臭する「トリプルパワー脱臭」など、使い勝手も良好。大容量で整理しやすい182Lの「3段冷凍ケース」を搭載しているのも嬉しいポイントです。

日立(HITACHI) 真空チルド R-WXC74S


使いやすさとデザイン性を両立した冷蔵庫です。大容量で整理しやすい冷凍室3段ケースを採用することで、食品の大きさに合わせて整理できるのが魅力。定格内容積は735Lで、冷凍室は2125Lと余裕があるため、まとめ買いした食材もたっぷり収納できます。

専用アプリ「日立冷蔵庫コンシェルジュアプリ」を使えば、庫内の食材をひと目でチェックしたり、食材ごとの賞味・消費期限を一覧管理したりできるのも嬉しいポイント。スッキリしたデザインのクリスタルドアを採用することで、高級感のあるデザインに仕上がっているのも特徴です。

ほかにも、ボタンを軽く押すだけでドアが開く「電動引き出し」や、食材をおいしく冷凍する「デリシャス冷凍」、みずみずしさを長持ちさせる「新鮮スリープ野菜室」など、便利な機能が充実。ワンランク上の冷蔵庫が欲しい方におすすめの1台です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 冷凍冷蔵庫 IRSN-32A


価格と性能のバランスに優れた冷凍冷蔵庫です。気軽に購入できるリーブナブルな価格を実現していながら、消費電力を抑える「ecoモード」、微冷凍ができるチルド室など、便利な機能を多数搭載。操作が簡単なタッチパネルを採用しているのも嬉しいポイントです。

本体サイズは横幅635×高さ1860×奥行き680mmで、定格内容積は320Lを実現。小物をスッキリ収納できるドアポケットや、丈夫で清潔なガラス棚、129Lの大容量2段冷凍室など、使いやすさを考えて作られているのも特徴です。

本製品は、ドアの開く半径が小さいフレンチドアを採用しており、前方スペースが少ない場所でも快適に使用可能です。

シャープ(SHARP) 冷蔵庫 SJ-AF50H


大容量冷凍室「メガフリーザー」を備えたシャープのラグジュアリーモデル。冷凍食品・作り置きしたおかずをたっぷり収納できるのはもちろん、霜付きを抑えて食材の鮮度をキープできるのが魅力です。

作り立ての料理をおいしいうちに冷凍できる「熱いもの冷凍」や、おいしさや栄養分を一気に閉じ込めて冷凍する「おいそぎ冷凍」など、便利な機能が充実しているのも特徴。本製品はプラズマクラスターイオン発生ユニットを搭載しているので、冷蔵庫内を清潔な状態に保てます。

また、軽く触れるだけでドアの開閉ができる「電動アシストドア」や、最大で約25%節電できる「節電25モード」、クラウドサービス「COCORO HOME」に対応。使い勝手のよいフレンチドアタイプなのも嬉しいポイントです。

シャープ(SHARP) 冷蔵庫 SJ-MW46J


奥行きわずか63cmの薄型冷蔵庫です。定格内容積457Lの大型冷蔵庫ながら、キッチンにスッキリ設置して使えるのが魅力。メタル素材のドアと木目調のハンドルを組み合わせることで、スタイリッシュなデザインに仕上がっているのも特徴です。

クラウドサービス「COCORO HOME」をはじめ、たくさんの食品が収納できる「大容量冷凍室メガフリーザー」や、食材のおいしさを長持ちさせる2段構造のチルドルームに対応。消費電力を抑える「節電25モード」に設定すれば、最大で約25%節電可能です。

汚れがたまりやすい棚・トレーは取り外して水洗いができ、衛生面が気になる方でも安心して使用可能。独自のイオン技術「プラズマクラスター」で、庫内を清潔に保ちやすいのも嬉しいポイントです。

東芝(TOSHIBA) VEGETA GR-T550FK


基本性能が充実した東芝の人気モデルです。冷蔵庫内を湿度約85%に保つ「うるおい冷蔵室」を搭載。乾燥を防いで風味と食感をキープできるのが特徴です。チルドルームは使い勝手のよい2段式を採用しているので、食材を分けて保存できます。

本体サイズは横幅685×奥行き699×高さ1833mmで、定格内容積は551L。冷凍室は128Lと広めに作られているので、作り置きした料理や冷凍食品もまとめて保存可能です。

さらに、野菜を生のまま冷凍できる「野菜そのまま冷凍」や、味や栄養が凝縮する「おいしく野菜冷凍ドライ」、食材を急いで冷やす「一気冷凍」などに対応。冷蔵庫の奥までハッキリ見える「シーリングブライト照明」を搭載しているのも嬉しいポイントです。

パナソニック(Panasonic) 冷蔵庫 NR-F657WPX


はやうま冷凍を搭載したパナソニックのラグジュアリーモデル。業務用レベルの急速冷凍で食材のおいしさをキープしたまま保存できるのが魅力です。冷凍室は123Lと広めに作られており、作り置きしたおかずや冷凍食品もまとめて冷凍保存ができます。

本体サイズは横幅750×高さ1828×奥行き745mmで、定格内容積は650L。肉・魚をおいしく保存できる「微凍結パーシャル」や、野菜の鮮度を保つ「Wシャキシャキ野菜室」、食材が取り出しやすい「ワンダフルオープン」など、基本性能が充実しているのもポイントです。

専用アプリ「CoolPantry」を使えば、省エネ状況をひと目で確認したり、外出を検知して自動で節電したりも可能。スタイリッシュなミラー加工とフロスト加工を組み合わせることで、おしゃれなデザインに仕上がっているのも特徴です。

三菱電機(MITSUBISHI) 置けるスマート大容量 WXシリーズ MR-WX60G


食材をたっぷり収納できる定格内容積700Lの大容量冷蔵庫です。生活パターンを学習して運転を最適化する「全室独立おまかせA.I.」を搭載。面倒な手間なく食材を美味しく保存できます。

容量は冷蔵室323L・冷凍室101L・野菜室114Lで、冷蔵庫の真ん中には用途に合わせて使い分けられる37Lの切り替え室を搭載。薄型断熱構造「SMART CUBE」を採用することで、大容量モデルながら横幅685mmのスリムサイズを実現しているのも特徴です。

そのほか、汚れが落としやす抗菌の「クリーントレイ」や、野菜をみずみずしく新鮮に保存できる「クリーン朝どれ野菜室」、冷凍なのにサクッと切れる「切れちゃう瞬冷凍A.I.」など、便利な機能を多数搭載。使い勝手のよい両開きタイプなのも嬉しいポイントです。

ハイアール(Haier) 冷蔵庫 JR-NF468B


容量154Lの大容量冷凍室を備えた冷蔵庫です。整理しやすく中身が見やすい「引き出し式クリアバスケット」を採用することで、食材をスムーズに出し入れできるのが魅力。2列×3段で用途別に使い分けができるのも嬉しいポイントです。

本体サイズは横幅833×奥行き678×高さ1804mmで、定格内容積468L。ガラストップのフルフレンチデザインを取り入れることで、デザイン性も良好です。

また、野菜の鮮度をキープできる「湿度調整フィルター」や、ドアを開けずに設定できる「前面タッチ式操作パネル」を搭載。本製品は、庫内全体を見渡せる前面クリア設計や、開閉に場所を取らない両面開閉ドアを採用しているので、狭いキッチンでも快適に使えます。

アクア(AQUA) 冷蔵庫 AQR-VZ37K


スリムでシンプルなデザインが魅力の冷蔵庫です。横幅600×高さ1750×奥行き680mmの扱いやすいサイズながら、368Lの余裕ある定格内容積を実現。使いやすい3段収納の大容量冷凍室を採用することで、たくさんの食材が冷凍保存できるのも特徴です。

温度変化を抑えておいしさキープする「おいシールド冷凍」をはじめ、庫内が明るく見やすい「LED庫内灯」や、約60分で氷が作れる「クイック製氷モード」など、機能面も充実。棚には強化処理ガラスを採用しているので、気になる汚れもサッと拭き取りお手入れできます。

本製品は断熱性に優れた真空断熱材や、庫内温度に合わせて細やかに運転制御する「高効率インバーターコンプレッサ」を搭載しており、省エネ性能も良好。節約ecoモードを使えば、電気代を抑えられるのも嬉しいポイントです。