食材をたっぷり収納できる「500L台の冷蔵庫」。収納力はもちろん、省エネ性能やスマートフォンと連携するなど、機能性に優れた製品も存在します。毎日のように使うからこそ、容量だけでなく使いやすさなどを考慮して選ぶことも大切です。

今回は、500L台のおすすめ冷蔵庫をピックアップ。選び方も解説するので、ぜひチェックしてみてください。

500Lの冷蔵庫に適した人数とは?

By: hitachi.co.jp

500L台の冷蔵庫は、4〜5人家族に適したサイズです。冷蔵庫の容量は、家族人数×70L+常備用100L+予備70L程度が目安。5人家族なら、推奨容量は520Lです。

500L台の冷蔵庫は、収納力に優れているのが特徴。スーパーでまとめ買いした食材や作り置きの惣菜などもたくさん収納できます。大型の冷蔵庫を選ぶときは、広さだけでなく、整理整頓しやすい設計を採用した製品がおすすめです。

製品カタログに記載している庫内容量は、冷蔵室・冷凍室・野菜室すべての庫内を合わせた数値なので、各室の容量もチェックしておきましょう。野菜を頻繁に購入するなら野菜室、冷凍食品やアイスが多いなら冷凍室が広い製品がおすすめです。自分のライフスタイルに合う製品を選んでみてください。

500Lの冷蔵庫の選び方

設置場所に合ったサイズをチェック

By: hitachi.co.jp

500L台の冷蔵庫は、小型冷蔵庫と比べてサイズが大きくて重たいのが特徴です。500L台サイズの大型冷蔵庫を購入するときは、サイズ・設置場所・搬入経路をチェックしておきましょう。冷蔵庫のサイズは、製品カタログやWEBサイトにある「据付必要寸法図」から確認できます。

冷蔵庫を設置するときは、「床が丈夫で水平な場所」「熱気や直射日光があたらない場所」「風通しのよい場所」を選ぶのがおすすめです。また、放熱スペースを確保するために、冷蔵庫のサイズよりも余裕を持ったスペースを空けておきましょう。

玄関・通路・エレベーターなど、搬入経路の広さを確認しておくことも大切です。また、手すりや壁の出っ張りなどがあると、搬入時に冷蔵庫を傷つけてしまう可能性があります。搬入経路は、本体サイズの+10cmを目安にしてみてください。

ドアの開き方をチェック

片開き

By: amazon.co.jp

片開きとは、ドアが1枚で左右どちらかに開く冷蔵庫です。ドアが開く方向は製品ごとに異なります。片開きタイプは、ドアを開ける方向が限られているので、壁や設置スペースに合わせて選ぶことが重要。使い方にもよりますが、一般的には右側に壁があるなら左開き、左側に壁があるなら右開きの製品が適しているといわれています。

冷蔵庫から食材を取り出して、キッチンまで移動する導線も考慮して選びましょう。

両開き

By: amazon.co.jp

両開きとは、ドアが1枚で左右どちらからでも空けられる冷蔵庫です。機能性だけでなく、利便性に優れているのが特徴。壁や人の立ち位置に合わせてドアの開閉方向を変えられるので、いつでもラクな姿勢で使用できます。

両開きタイプは、汎用性に優れているのも魅力。引っ越しやリフォームなど、設置場所が変わっても快適に使用できます。

フレンチドア(観音開き)

By: hitachi.co.jp

フレンチドアとは、2枚のドアが真ん中から左右に開く冷蔵庫です。片開きや両開きと比べて、ドアが小さいので、キッチンスペースが狭い場所にも設置できます。

フレンチドアは庫内全体を見渡せるので、必要な食材を見つけやすいのが特徴。ドアの開閉頻度や時間も短縮できます。両開きタイプ同様に、引っ越しやリフォームにも対応可能です。

野菜室・冷凍室をチェック

By: amazon.co.jp

野菜室・冷凍室を頻繁に使用するなら、各室の容量だけでなく、鮮度を保つ機能を搭載した製品がおすすめです。製品ごとに機能性が異なるので、あらかじめチェックしておきましょう。

野菜は湿度が上がりすぎると、水腐れが起こりやすくなります。一方、湿度が下がりすぎても乾燥してしまい、鮮度を保てません。冷蔵庫のなかには、野菜の鮮度を保つために自動で湿度コントロールする製品も存在。長持ちするため、鮮度を保つだけでなくフードロスの削減効果も期待できます。

肉や魚などをすばやく冷凍する機能を搭載した製品は、ドリップを抑えられるのが特徴。余計な水気を抑えられるので、素材本来の味を楽しめます。冷凍機能にこだわりたいなら、急速冷凍に対応した製品がおすすめです。

スマホ提携機能をチェック

By: toshiba-lifestyle.com

専用アプリを通じて、スマートフォンと冷蔵庫を連携できる製品も存在します。設定温度の管理や収納物の確認、レシピの提案などをスマートフォンから操作可能。同メーカーでも製品ごとに機能性が異なるので、購入前にチェックしておきましょう。

冷蔵庫の収納物をスマートフォンで確認できる製品なら、買い物をしながら献立を考えられます。買い忘れや二重購入を防げるのも魅力です。

省エネ性能をチェック

By: toshiba-lifestyle.com

500L台の大型冷蔵庫は、ほかの家電製品と比べても電気代がかかりやすいので、省エネ性能に優れた製品がおすすめです。省エネ性能の冷蔵庫を見分けるためにチェックすべきなのが、省エネ基準達成率。数値が大きいほど省エネ性能に優れていることを表しています。

省エネを実現するために重要なのが、冷蔵庫の節電モードです。なかには、収納量・室温・湿度・開閉頻度などを見極めてエコ運転する製品も存在します。気になる方はチェックしてみてください。

部屋に合ったデザインとサイズをチェック

By: amazon.co.jp

大型冷蔵庫は容量だけでなく、デザイン性にこだわった製品が存在します。例えば、フルフラット構造を採用した製品は、シンプルながら高級感を与えるデザインなのが特徴。スタイリッシュな見た目なのでさまざまなインテリアに馴染みやすいのが魅力です。

手軽にお手入れしたいなら、フロスト加工などの汚れがつきにくい加工を施した製品がおすすめです。また、庫内に強化処理ガラス棚を採用した製品も存在。耐久性に優れているのはもちろん、汚れが染み込まないので、清潔な庫内を保てます。

500Lの冷蔵庫のおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

パナソニックは、冷蔵庫・エアコン・洗濯機など、白物家電の製造と販売を主に手がけている日本の電機メーカーです。

冷凍室を真ん中に設置する「WPXタイプ」と、野菜室を真ん中に設置する「MEXタイプ」を展開。ライフスタイルや使い方に合わせて、冷蔵庫を選べます。

冷蔵庫の使用状況を学習して自動で節電運転をおこなう「AIエコナビ」など、省エネ性能にこだわった機能を搭載しているのも魅力です。

日立(HITACHI)

By: amazon.co.jp

日立は、生活家電・調理家電・住宅設備などを手がけている日本の電機メーカーです。

デリシャス冷凍・真空チルド・新鮮氷温ルームなど、食材の鮮度を保つ性能に優れているのが特徴。まるごとチルドでは、冷蔵室を約2℃・湿度80%に保つため、全段をチルドルームとして活用できます。

専用アプリにより、スマートフォンとの連携ができるモデルも。「冷蔵庫カメラ」を搭載した製品であれば、スマートフォンから収納物を確認できます。

三菱電機(MITSUBISHI)

By: rakuten.co.jp

三菱電機は、生活家電・住宅設備・映像機器を手がける日本の電機メーカーです。「薄型断熱構造SMART CUBE」を採用したモデルは、大容量ながらスリムなデザインを実現。限られたキッチンスペースにも設置できます。

温度変化や開閉頻度を分析して、自動で運転モードを変更する製品も存在。節電モニターで、エコモードを可視化できるのも魅力です。

500Lの冷蔵庫のおすすめ

パナソニック(Panasonic) 冷蔵庫 NR-F507PX

庫内容量501Lの冷蔵庫です。冷蔵室にはトップユニット方式とローウエストラインを採用。手が届きやすい場所に棚やドアポケットを設計しているので、ラクな姿勢で出し入れできます。フレンチドアを採用しており、整理整頓がしやすいのも魅力です。

菌の繁殖やニオイを抑制する効果が期待できる「ナノイー X」を搭載。全室に「ナノイー」を届けるため、庫内を清潔に保てます。また、自動で「ナノイー」の運転モードを切り替える「クリーンパトロール」を搭載。食材の量に応じて、パワフルモードと通常モードを自動で切り替えます。

収納量センサー・野菜室湿度センサー・開閉センサー・室温センサーなど、計7種類のセンサーを搭載しているのもポイント。使い方や収納量に応じて、自動で省エネ運転をおこないます。

パナソニック(Panasonic) 冷蔵庫 NR-E507EX

庫内容量502Lの冷蔵庫です。大容量ながら幅65cmのスリムボディを実現。インテリアに馴染みやすいシンプルなデザインが魅力です。また、野菜室は、小物野菜ケースと葉野菜コーナーに分かれているので、野菜の大きさに合わせて収納できます。モイスチャーコントロールフィルターのはたらきで、野菜の水腐れや乾燥を防げるのもポイントです。

菌の繁殖やニオイを抑える効果が期待できる「ナノイー」を全室に放出。庫内環境を清潔に保ちやすいのがメリットです。

冷蔵室には、微凍結パーシャルを搭載。肉や魚が凍り始める約-3℃に保つことで、酸化を抑えて鮮度を保ちやすくします。凍るギリギリの温度を維持するため、解凍の手間を省けるのも特徴です。

パナソニック(Panasonic) 冷蔵庫 NR-F518MEX

庫内容量513Lの冷蔵庫です。小柄な方でも最上段に手が届きやすいトップユニット式を採用。デッドスペースをなくして、たっぷり収納できます。ドアポケットや野菜室をウエストラインに設置しているので、大きくて重いペットボトルや野菜などもスムーズに取り出せるのが魅力です。

冷蔵室に「ナノイー」を放出するため、菌の繁殖やニオイを抑制する効果が期待できるのも特徴。また、専用アプリ「Cool Pantry」をインストールすると、スマートフォンとの連携できます。レシピの提案や食材の保存方法の確認だけでなく、位置情報から自動でエコ運転に切り替えるなど、省エネ性能に優れているのもおすすめポイントです。

パナソニック(Panasonic) 冷蔵庫 NR-F557HPX

庫内容量550Lの冷蔵庫です。フレンチドア設計を採用しているので、必要な食材をすぐに見つけやすいのが特徴。大容量なので、まとめ買いや作り置きもたくさん収納できます。棚やドアポケットをウエストラインに設置しているので、取り出しやすいのも魅力です。

冷凍室・野菜室はワンダフルオープン構造を採用。庫内を全開にできるため、奥に収納したアイスや野菜などもスムーズに取り出せます。ベアリングレールは耐荷重性だけでなく、操作性も良好。重さを分散するため、片手でラクに開閉できます。

専用アプリ「Cool Pantry」をインストールすると、スマートフォンとの連携が可能。GPS機能により、自宅から離れると自動で節電モードに切り替えます。また、冬季省エネ運転を搭載しているのもポイント。気温が低い日は、食材や飲み物を適温に保ち、冷えすぎを抑えます。

日立(HITACHI) 冷蔵庫 R-H54R

庫内容量537Lの冷蔵庫です。従来モデルと本体サイズは同じながら、定格内容積が17Lもアップ。冷蔵室や冷凍室の容量を増やすことで、たくさんの食材を収納できます。冷蔵庫の最上段には、500mlペットボトルやドレッシング容器を立てたまま収納可能です。

仕切り棚は、耐久性に優れた強化処理ガラス棚を採用。傷がつきにくく、汚れが付着しても手軽に拭き取れます。ガラス棚はペットボトルや調味料の容器の大きさに合わせて、高さを調節可能です。また、収納力に優れた大型ドアポケットを採用。2Lのペットボトルや1Lの牛乳パック、900mlのペットボトルなどを同時に収納できます。

低い温度と高い湿度を組み合わせた「まるごとチルド」を採用しているのもポイント。冷蔵室全段をチルドスペースとして活用できます。

日立(HITACHI) 冷蔵庫 R-KWC57R

庫内容量567Lの冷蔵庫です。仕切り棚には強化処理ガラスを採用。傷がつきにくく、汁物などの汚れも簡単に拭き取れます。ドアポケットは、容器の大きさに合わせて高さ調節が可能。2Lのペットボトルや一升瓶も収納できます。大容量ながら整理整頓しやすい設計なのも魅力です。

冷蔵庫の中段に野菜室を設置する「まんなか野菜」設計を採用。大きくて重い野菜やペットボトルなどもラクな姿勢で取り出しできます。野菜に対して直接風をあてない冷却方法なので、乾燥を防ぎながら保存可能です。

「日立冷蔵庫コンシェルジュアプリ」を使えば、食材の管理が効率よくできます。食材の保存方法や冷蔵庫のお手入れ方法など、暮らしに役立つ情報を得られるのもおすすめポイントです。

日立(HITACHI) 冷蔵庫 R-HW52N

庫内容量520Lの冷蔵庫です。フレンチドア設計を採用しており、食材の位置を把握しやすいのが特徴。ドアポケットは上段・中段・下段の3段構造で、容器の大きさに合わせて高さを調節できます。大容量ながら、使いやすいのも魅力です。

節電モードを搭載。一定時間ドアを開けているとアラームでお知らせする機能や各室の温度調節により、通常運転より約6〜10%の節電効果が期待できます。旅行などで長期間留守にする場合は、自動で節電モードに切り替わるのもポイントです。

クイック冷却・デリシャス冷凍・特鮮氷温ルームなど、食品に合わせて収納できる機能やスペースを搭載。容量だけでなく、保存方法にもこだわっています。ドア面には強化処理ガラスを採用しており、傷がつきにくいのが特徴。汚れが付着しても拭き取りやすいので、お手入れも簡単です。

三菱電機(MITSUBISHI) 冷蔵庫 MR-WX52G

庫内容量517Lの冷蔵庫です。三菱電機独自設計の「薄型断熱構造SMART CUBE」を採用しており、大容量ながら幅65cmのスリムデザインを実現。限られたキッチンスペースにも設置できます。断熱性能に優れているので、庫内温度の変化を抑えられるのも魅力です。

温度センサー・湿度センサー・霜取りセンサー・室温センサー・扉開閉センサーを搭載。収納量の変化を予測して、運転モードのパワーを切り替えます。収納量が少ないときは自動でECO運転をおこなうため、余計な消費電力を抑えられるのも魅力です。

専用アプリ「MyMU」をインストールすると、スマートフォンと冷蔵庫の連携が可能。スマートフォンから設定温度の変更やエコレベルの状況を確認ができます。また、「DELISH KITCHEN」監修のレシピを公開。料理のレパートリーが広がります。

三菱電機(MITSUBISHI) 冷蔵庫 MR-MX50H

庫内容量503Lの冷蔵庫です。「薄型断熱構造SMART CUBE」を採用しており、大容量ながらスリムデザインを実現。狭くなりがちなキッチンスペースにも設置できます。真空断熱材を使用しているので、庫内環境を快適に保てるのも魅力です。

冷蔵庫の中央部に野菜室を設置。大きくて重量のある野菜もラクな姿勢で取り出せます。小物エリア・中物エリア・大物エリア・たて野菜エリアのスペースを搭載。野菜の大きさに合わせて、整理整頓できます。冷蔵室・製氷室・野菜室をウエストラインに設計しているため、ラクな姿勢でスムーズに取り出せるのもおすすめポイントです。

庫内の温度変化や開閉頻度を分析して、自動で省エネ運転する機能を搭載しています。庫内の食材に影響を与えない範囲で省エネ運転するのも特徴。日々の節電状況は、節電モニターで把握できます。

三菱電機(MITSUBISHI) 冷蔵庫 MR-MZ54H

庫内容量540Lの冷蔵庫です。従来モデルと同サイズながら、容量が37Lアップ。まとめ買いした食材や作り置きもたっぷり収納できます。

AIが部屋ごとの温度や開閉頻度を見守り、自動で省エネ運転をおこなうのもおすすめポイント。食材を入れるタイミングに合わせて庫内を冷却するため、鮮度を保てるのも魅力です。エコ運転は、ドアに設置した液晶タッチパネルから手軽に設定できます。

「三菱冷蔵庫アプリ」をインストールすると、スマートフォンと連携可能。食材ごとの保存方法や食材選びのコツなど、生活に役立つ情報を得られます。「DELISH KITCHEN」監修アプリにより、料理のレパートリーを広げられるのも特徴です。

東芝(TOSHIBA) 冷蔵庫 GR-T510FK

庫内容量509Lの冷蔵庫です。フレンチドア設計を採用しており、左右のドアポケットにペットボトル・瓶・牛乳パックなどを収納できます。フリードアポケット設計なので、容器の大きさに合わせて棚の高さを調節可能です。庫内の奥まで照らす「シーリングブライト照明」により、必要な食材をスムーズに取り出せます。

冷蔵室と冷凍室を専用の冷却器で冷やす「新鮮ツイン冷却システム」を採用。冷蔵室には、水分を含んだ冷気を届けることで、食材の乾燥を防いで鮮度を保ちます。また、冷凍室はパワフルな冷気により、食材をすばやく冷凍するのが特徴です。

専用アプリ「IoLIFE」をインストールすると、スマートフォンから各種機能を使用できます。また、AIが冷蔵庫の開閉回数や温度状況などを検知して、家庭ごとに適した運転プランを作成。24時間いつでも省エネ運転をおこないます。

シャープ(SHARP) 冷蔵庫 SJ-AW50H

庫内容量502Lの冷蔵庫です。左右どちらからでも開閉できるドアを採用。設置スペースやキッチンインテリアの影響を受けず、快適に使用できます。ドアポケットは3段設計を採用。小さい容器から2Lのペットボトルまで、すっきり収納できます。

プラズマクラスターイオンを冷蔵室内に放出するため、繁殖を抑制する効果が期待できます。ドアの開閉頻度や時間などを分析して、プラズマクラスターの放出量を自動調節するのも特徴です。

人感センサー「COCORO EYE」を搭載。人の動きを検知して、音声で対話ができます。献立の提案やスーパーのお買い得情報など、役立つ情報を届けるのも魅力。専用アプリ「COCORO HOME」をインストールすると、スマートフォンと冷蔵庫の連携もおこなえます。

シャープ(SHARP) 冷蔵庫 SJ-AF50H

庫内容量502Lの冷蔵庫です。プラズマクラスターイオンを放出することで、庫内に浮遊する菌を抑制する効果が期待できます。また、ドアの開閉頻度や開けている時間などを分析して、イオンの発生量を調節。庫内を清潔に保ちやすいのが魅力です。

フレンチドア設計を採用しているので、庫内の状況を把握しやすいのも特徴。「段々スパイスポケット」は、からし・わさび・しょうがなどのチューブ類から小ビンまで、すっきり収納できます。チルドルームの手前には「ユーティリティルーム」を搭載。ニオイの強いスパイス類や袋の調味料などを管理できます。

ドア部分に液晶タッチパネルを搭載しているのもポイント。スマートフォンを操作する感覚で、キッチンタイマーやレシピ確認をおこなえます。また、食材の保存方法や解凍方法など、役立つ情報を得られるのもメリットです。

アクア(AQUA) 冷蔵庫 AQR-TZA51K

庫内容量512Lの冷蔵庫です。大容量モデルながら、幅63.5cmの薄型設計を実現。最上段の奥まで手が届くため、庫内スペースを有効活用できます。フレンチドア設計を採用しており、庫内をひと目で見渡せるのも魅力です。

ドアポケットはワイド設計で、2Lのペットボトルを6本収納可能。容器の大きさに応じて高さを調節できます。チルドルームは幅約66cm。肉や野菜をパックのまま収納可能。除菌・脱臭効果が期待できる「DEO FRESHフィルター」を搭載しているのも魅力です。

冷凍室の容量は180L。大容量の6ボックス構造のため、アイス・冷凍食品・作り置きの惣菜など、ジャンル別に整理整頓できます。温度変化を抑える「おいシールド冷凍」により、アイスや冷凍野菜に霜がつきにくいのもポイントです。

アクア(AQUA) 冷蔵庫 AQR-TZ51K

庫内容量512Lの冷蔵庫です。大容量ながら奥行き635mmのスタイリッシュデザインを実現。狭くなりがちなキッチンスペースにもすっきり設置できるのが魅力です。また、最上段でも奥まで手が届きやすく、庫内スペースを有効活用できます。

フレンチドア設計を採用しているのもポイント。両サイドのドアポケットにペットボトルや牛乳パックなどを収納できます。マルチポケットやミニボトルポケットなど、小物類を整理しやすい設計にこだわっているのも特徴です。

冷蔵室にはLEDライトを搭載。奥まで照らすため、必要な食材をスムーズに取り出せます。さらに、冷凍室は6ボックス構造を採用しているので、アイスや冷凍食品などに分けて収納可能です。