生活するなかで、重要な役割を果たす電化製品のひとつである「冷蔵庫」。家族の人数やライフスタイルに合わせて、使いやすい冷蔵庫を選びたいものです。

特に300Lの冷蔵庫は、2〜3人暮らしで使うのに便利。そこで今回は、300Lの冷蔵庫のおすすめモデルをご紹介します。あわせて、選ぶときのチェックポイントも解説。付加機能が充実した高機能モデルから、リーズナブルなモノまでラインナップしているので、ニーズに合わせて選んでみてください。

300Lの冷蔵庫に適した人数

冷蔵庫の容量は一般的に「一緒に暮らす人数×70L+常備用100L+予備70L」が目安とされています。2人暮らしなら310L、3人暮らしは380Lほど。したがって、300L台の冷蔵庫は2〜3人用に適しています。しかし、あくまでも目安なので、食材のまとめ買いや料理を作り置きすることが多い方は、ひと回り大きな容量のモデルを選ぶと安心です。

300Lクラスの冷蔵庫は、冷蔵室、野菜室、冷凍室に分かれているタイプが主流。総容量が同じ冷蔵庫でも、各室の容量はモデルによって異なります。特に冷凍室の容量はバラつきがあるので注意が必要。総容量だけでなく、ライフスタイルに合わせて各室の容量もチェックしておきましょう。

300Lの冷蔵庫の選び方

ドアの開き方を確認

右・左開き

By: amazon.co.jp

冷蔵庫でもっとも多いのが、ドアが右に開く右開きタイプ。ただし、冷蔵庫の左側に壁がある場合は、モノの出し入れがしにくくなるので、左開きタイプがおすすめです。なお、100〜200L台といった小容量モデルでは、右開きタイプしか用意されていないことが多いですが、300L台のモデルでは左開きタイプも数多く発売されています。

どっちもドア

By: jp.sharp

1枚のドアが左右どちらにも開く冷蔵庫は、シャープの「どっちもドア」機能を搭載しているモデルのみ。左右どちらからでも開閉できるため、引越しやリフォームなどでキッチンレイアウトが変わっても柔軟に対応しやすいのがメリットです。また、狭いキッチンで料理しているときに、ほかの方が利用しやすいのもポイント。発売されているモデル数は少ないものの、人気の仕様です。

ドアの数

By: amazon.co.jp

冷蔵庫のドア数はモデルや容量によって1~6ドアとさまざまです。300Lクラスの冷蔵庫では3ドアモデルが主流。大容量冷凍室を備えた2ドアモデルも販売されています。毎日のお弁当づくりで冷凍食品を多くストックしておきたい場合に便利です。

野菜室と冷蔵室を分けたい場合には3ドアがおすすめ。なかでも、真ん中に野菜室を配置したモデルは、楽な姿勢でモノを出し入れしやすくなっています。野菜を毎日たくさん食べる家庭や冷凍食品を多く消費するなど、家庭それぞれのライフスタイルに合ったドア数のモデルを選んでみてください。

自動製氷機能をチェック

自動製氷機能を搭載した冷蔵庫なら、タンクに水を入れておくだけで手間なく氷を作れます。夏場はもちろん、水筒を持ち歩いている方は、たくさんの氷を便利に作れるのでチェックしておきましょう。

常に清潔な状態で使用するために、メンテナンスのしやすさも要チェック。製氷皿や給水パイプを取り外さずに洗浄できるモデルや、自動洗浄機能を搭載したモデルに注目してみてください。

消費電力を確認

By: panasonic.jp

冷蔵庫は、ほかの多くの家電と違い、一度設置したら基本的には電源を切ることがないので、電力消費量が多いといわれています。そのため、消費電力や省エネ性を確認しておきましょう。

冷蔵庫の省エネ性を示す代表的な指標は「省エネ基準達成率」です。パーセンテージで表されており、数字が大きいほど省エネ性が高くなります。また、日本工業標準調査会(JIS)が定めた年間消費電力量(kWh/年)を目安とするのもひとつの手。300L台の冷蔵庫の場合、330〜360kWh/年ほどのモデルがおすすめです。

設置スペースを確認

冷蔵庫を設置するときは、周囲に一定の放熱スペースを確保する必要があります。充分な放熱スペースがないと、消費電力が増える、あるいは不具合が発生するなどの事態につながりかねません。放熱スペースは、おおむね左右50mm、背面20〜50mm、上50〜100mmほど必要です。設置場所に放熱のためのスペースを取れるかどうかも事前にチェックしておきましょう。

300Lの冷蔵庫のおすすめメーカー

日立(HITACHI)

By: amazon.co.jp

日立の冷蔵庫は、食材に直接冷気を当てない「うるおいチルド」や、カバーで水分を野菜室に閉じ込める「うるおい野菜室」など、食品の水分を保ちながら冷蔵する機能が充実しています。また、キッチンのインテリアに合わせやすいようにシンプルなデザインを採用しているのも特徴です。

シャープ(SHARP)

By: rakuten.co.jp

シャープの冷蔵庫では、「どっちもドア」が採用されたモデルに注目。左右の近いほうからサッと食品を出し入れできるため便利です。女性の身長に合わせたローウエスト設計を採用しているのもポイント。重いモノも出し入れしやすく、女性に配慮したモデルを展開しています。また、独自の「プラズマクラスター」技術を採用したモデルも要チェック。庫内の空気をクリーンな状態に保つ効果を期待できます。

大容量冷凍室「メガフリーザー」を搭載したモデルは、冷凍食品を整理しやすいのが魅力。冷凍食品を多くストックする家庭で重宝します。

三菱電機(MITSUBISHI)

By: rakuten.co.jp

三菱の冷蔵庫は、マイナス温度でも凍らない過冷却技術を取り入れているのが特徴です。過冷却した食材は冷凍と違って、解凍を必要とせずにそのまま調理できるのがポイント。料理の時短を図りたい方におすすめです。また、「氷点下ストッカー」機能を搭載している300Lモデルなら、チルドや冷凍室より低い-3~0℃で保存できるので、鮮度を長く保てます。

パナソニック(Panasonic)

By: rakuten.co.jp

100L台の小型冷蔵庫から、600L以上の大容量モデルまでラインナップが豊富なパナソニック。300L以上の冷蔵庫には、自動で節電される「エコナビ」機能が搭載されており、月々の電気代を抑えたい方におすすめです。また、中段に野菜室を備えたモデルが多いのもポイント。キャベツなどの大きめの野菜が取り出しやすいので、自宅でよく料理を作る方にも適しています。

300Lの冷蔵庫のおすすめモデル

日立(HITACHI) 冷蔵庫 R-K32JV

容量315Lの3ドア冷蔵庫。左開きタイプで設置場所の左側が壁になっている場合におすすめです。真ん中に野菜室を配置しているので、野菜を楽な姿勢で取り出しやすい仕様。野菜の乾燥を抑える「うるおい野菜室」も採用されています。

3種類の脱臭素材を組み合わせた「トリプルパワー脱臭」により、冷蔵室内のさまざまなニオイを脱臭できる点に注目。フィルターでキャッチした細菌を抑制する効果が期待できます。

食材をすばやく冷凍できる急速冷凍に対応しているほか、急速製氷機能を搭載。通常の製氷で約150分の時間を要するところ、約90分で自動製氷できます。製氷おそうじ機能によって、清潔な状態で使えるのもおすすめポイントです。

日立(HITACHI) 冷蔵庫 R-V38KV

真ん中に野菜室を配置した3ドア冷蔵庫です。容量375Lで、料理をする2人暮らしにおすすめ。間接冷却カバーで水分を閉じ込めて乾燥を抑える「うるおい野菜室」により、野菜のみずみずしさをキープします。

冷蔵室には、食品に直接冷気を当てず約1℃で保存できる「うるおいチルド」を採用。乾燥を抑えて、水分の多い食材を凍らせずに鮮度を保ちます。食材に合わせて棚の高さを調節できる「高さかわるん棚」や、ボトル類をたっぷり収納できる「ダブルポケット」を備えた使い勝手のよさも魅力です。

300Lクラスの冷蔵庫としてはスリムな幅60cmで、限られたスペースに設置しやすい仕様。ヘアライン調の鋼板ドア採用で高級感があり、シンプルでフラットなデザインはインテリアとも馴染みやすいモデルです。

シャープ(SHARP) 冷蔵庫 SJ-AK31F

野菜のみずみずしさを保つ「シャキット野菜室」搭載、容量310Lの2ドア冷蔵庫です。野菜室は冷蔵室下部に設けており、野菜を乾燥から守って長持ちさせる「高湿度シールド構造」を採用しています。 大容量の冷凍室「メガフリーザー」を搭載し、冷凍食品をたっぷりとストックしておきたい家庭におすすめ。引き出しボックスで収納しやすく便利です。

「おいそぎ冷凍」により、肉のドリップを抑えながら一気に冷凍可能。おいしさや栄養分を封じ込めて、新鮮な状態をキープします。

シャープ(SHARP) 冷蔵庫 SJ-GW35F

左右の両開きに対応している容量350Lの3ドア冷蔵庫です。「どっちもドア」で、左右の近いほうから食品を出し入れ可能。さらに、設置場所を選ばないほか、来客時に庫内を見られないように開閉できる、使いやすいモデルです。

女性の身長に合わせたローウエスト設計を採用。床面から約93cmの位置に冷蔵室下部がくる設計で、重たいペットボトルを出し入れする際に重宝します。野菜室の密閉性を高めた「シャキット野菜室」によって、野菜を乾燥から守り、みずみずしさをキープできるのも魅力です。

製氷皿や給水パイプを取り外さずに洗浄できるのも便利。メンテナンス性も良好です。さらに、シャープ独自の「プラズマクラスター」を採用しているため、冷蔵庫を衛生的に使用したい方にもおすすめです。

シャープ(SHARP) 冷蔵庫 SJ-W352F

左右のどちらからでも開閉できる独自の「どっちもドア」採用の、容量350Lの3ドア冷蔵庫です。冷蔵庫の高さが169cmなので、300Lの冷蔵庫としては少し低め。最上段まで手が届きやすいモデルです。

触媒にナノサイズの粒子を採用した「ナノ低温脱臭触媒」にも注目。脱臭と抗菌のダブル効果により、気になるニオイや雑菌、カビを抑制する効果が期待できます。冷蔵庫の使用状況を判断し、生活パターンに合わせて節電する「節電モード」を活用すれば、消費電力を最大約5~7%カット可能です。

三菱電機(MITSUBISHI) 冷蔵庫 MR-CG33TE

マイナス温度ながら食材を凍らせない過冷却技術を応用した、330Lの3ドア冷蔵庫です。なかでも、「氷点下ストッカー」はチルドより低温の約-3~0℃で保存できるのが特徴。すぐに食べない肉や魚の鮮度を長持ちさせたいときに役立つおすすめモデルです。

約0℃で保存する「ワイドチルド」も搭載。加工食品や乳製品、作り置きのおかずなど傷みやすい食品の保存に便利です。まとめ買いした冷凍食品をたっぷりと保存できる「ビックフリーザー」は大きいモノを下段、小さいモノは上段にすっきりと整理して収納できます。

全段ガラスシェルフで、汚れを簡単に拭き取れる仕様。すべての棚は取り外して水洗い可能です。野菜室の底面にハイブリッドナノコーティングを施した「クリーントレイ」を備えている点にも注目。野菜の泥がつきにくく、汚れがついても落としやすくなっています。

三菱電機(MITSUBISHI) 冷蔵庫 MR-CX37E

300Lクラスの冷蔵庫としてはスリムな幅600mm、容量365Lのモデルです。設置する場所のスペースが限られている場合におすすめ。当モデルの右開きのほか左開きも選べます。洗練されたデザインが魅力で、どこを掴んでも開けやすいフリーアクセスデザインを採用。調理しながら食材を出し入れする際に重宝します。

冷蔵室下部には過冷却技術を応用した「氷点下ストッカー」を配置しており、-3~0℃の氷点下でも凍らせずに食材を保存可能。まとめ買いする機会が多いなど、肉や魚の鮮度を長く保ちたいときに役立ちます。

「ダイレクト給水式自動製氷」機能により、多くの氷を使用する家庭にピッタリ。ボタンひとつで製氷皿をすすぎ洗いする「製氷皿おそうじモード」を搭載し、清潔な状態を保ちます。

三菱電機(MITSUBISHI) 冷蔵庫 MR-CG37TE

ガラス素材の魅力を生かし、洗練された外観が特徴の365Lの3ドア冷蔵庫です。引き出し上部の明るさを抑えたフラットでスクエアなデザインを採用し、キッチンインテリアとの親和性を高めています。キッチンやインテリアとの調和を重視したい方におすすめのモデルです。

全段ガラスシェルフ仕様で汚れを簡単に拭き取れるのが便利。棚の半分を奥に収納すれば、手前に牛乳パックや500mlのペットボトルを収納できる「ワン・ツー棚」を採用しています。ドアポケットには2Lペットボトルを4本収納できるスペースを確保。食品をたっぷりと収納できる「ワイドチルド」も備えています。

食材を凍らせずに新鮮な状態をキープできる「氷点下ストッカー」を搭載。冷凍室の給水タンク、ポンプ、パイプは外して洗えるのも便利です。野菜室は抗菌効果が期待できる「クリーントレイ」の採用でお手入れが簡単です。

パナソニック(Panasonic) 冷蔵庫 NR-C341GC

野菜室を真ん中に配置した335Lの3ドア冷蔵庫で、背の低い女性が使いやすい高さにデザインされています。全棚にガラストレイを採用した、汚れを拭き取りやすい仕様。天面にLED照明を内蔵し、庫内が明るく見えやすくなっています。

幅590mmと、300Lクラスとしてはスリムなデザインが特徴。設置場所のスペースが狭い場合におすすめです。フルフラットガラスドアを採用したスタイリッシュ外観は、キッチンやインテリアと馴染みやすいのも魅力です。

節電をアシストする「エコナビ」も搭載。収納量に合わせて自動で運転を制御するほか、生活のリズムに合わせて、きめ細かく節電します。2021年省エネ基準達成率102%を実現しており、電気代を抑えたい方に適したモデルです。

パナソニック(Panasonic) 冷蔵庫 NR-C371GN

フルフラットガラスドアを採用した、容量365Lの3ドア冷蔵庫です。前面フレームレスの洗練されたデザインが印象的。フレームに段差がなく汚れが溜まりにくい仕様で、汚れてもサッと拭き取れるお手入れのしやすさが魅力です。

高性能真空断熱材「U-Vacua」の採用でグラスウールの約38倍、硬質ウレタンフォームの約20倍もの断熱性能を実現。さまざまなセンサーを搭載して自動で節電する「エコナビ」の効果と相まって、月々の電気代をなるべく節約したい方におすすめのモデルです。

野菜室を真ん中に配置し、楽な姿勢で出し入れしやすいのもおすすめポイント。野菜室の容量87Lと、野菜をたっぷり収納できる300Lクラスの冷蔵庫を探している家庭に適しています。

東芝(TOSHIBA) 冷蔵庫 GR-S33S

容量330Lの3ドア冷蔵庫。幅600mmのスリムデザインで狭いスペースに設置しやすく、2人暮らしにおすすめの300Lクラスモデルです。野菜の乾燥を防いでみずみずしい状態を保つ「うるおいラップ野菜室」で、野菜を多く消費する家庭にピッタリです。

冷蔵室の棚はスライドさせて3段階で調節できる「スリーアクション棚」を採用。奥行や高さを変えられるので、鍋をまるごと入れたり、500mlのペットボトルを入れたりと柔軟に収納できます。

状況に応じて運転を制御する「ecoモード」にも注目。多数のセンサーを搭載することにより、効率的な省エネを実現しています。さらに、銀イオンと低温触媒を利用した「Ag低温触媒除菌・脱臭」を採用。気になるニオイを軽減する効果が期待できます。

東芝(TOSHIBA) 冷蔵庫 GR-S36SXV

300Lクラスの冷蔵庫ながら、野菜室と冷凍室それぞれの容量80L以上を確保した、余裕のある収納力が魅力の容量363Lモデルです。

野菜室底面に設けた「おそうじ口」により、野菜くずや泥を捨てやすく簡単にお手入れできるのも便利。また、気密性の高さで野菜の乾燥を防ぐ「うるおいラップ野菜室」の採用で、みずみずしい状態をキープします。

チルドルームには「速鮮チルドモード」を搭載し、肉や魚をスピード冷却したいときに活躍。約1時間で約-3℃まで急速解凍する「解凍モード」も搭載しており、冷凍した肉や魚を約30分で切れる状態にまで解凍可能です。

「一気製氷」機能では、冷気を一気に送り込み約1時間で1回分の氷を作れるため、夏場に大量の氷を必要とするシーンで役立ちます。

アクア(AQUA) 冷蔵庫 AQR-36JL

300Lクラスながら、4ドアを採用している355L冷蔵庫です。真ん中2段に冷凍室を配置し、合計89Lの収納力を実現。ご飯や食材の冷凍、冷凍食品のストックなど冷凍庫を使う機会が多い家庭におすすめのモデルです。2段を上手く活用すれば整理整頓しやすく、お目当ての食品をすばやく取り出せます。

使いやすい「グリップハンドル」を搭載したスタイリッシュな外観も魅力。庫内の全段に「強化処理ガラス棚」を採用しているほか、庫内を明るく照らすLED庫内灯を備えています。冷蔵室には「Agイオン除菌脱臭フィルター」を搭載しているのもポイント。嫌なニオイを軽減させる効果が期待できます。

ハイアール(Haier) 冷蔵庫 JR-NF340A

119Lの大容量フリーザーを搭載している2ドア冷蔵庫です。4段式フリーザーで、冷凍庫内をアイスクリーム用、冷凍食品用など分けて収納できるのが特徴。休日にまとめ買いする際や、冷凍食品の消費量の多い家庭におすすめです。クリアケース収納により、収納物を確認しやすくなっています。

幅595mmのスリムデザインで、マンションなどに設置しやすい仕様。容量340Lと、2人暮らしに適した300Lモデルです。操作パネルを備えており、急冷凍モードや急冷蔵モード、ホリディモードを用途によって切り替えできます。

ハイセンス(Hisense) 冷蔵庫 HR-D3601

容量360Lの3ドア冷蔵庫で、シンプルでスタイリッシュなデザインを採用したモデルです。真ん中に野菜室は大容量86L、2Lペットボトルを2本収納可能。冷却ファン採用の自動霜取り機能を搭載しており、メンテナンスがしやすいのが特徴です。

自動製氷機能には自動洗浄モードを搭載しているなど、リーズナブルな価格ながら使いやすい機能がついたコスパのよさが魅力のモデルです。3℃のチルドと-3℃の微氷結を選べる「セレクトチルド室」も便利。-3℃の微氷結をした食材は、解凍いらずで料理の時短にも繋がるのが特徴です。

300L冷蔵庫のAmazonランキングをチェック

300L冷蔵庫のAmazonの売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら