生活するなかで、重要な役割を果たす電化製品のひとつである「冷蔵庫」。家族の人数やライフスタイルに合わせて、使いやすい冷蔵庫を選びたいものです。

特に、300Lの冷蔵庫は2〜3人暮らしで使うのに便利。そこで今回は、300Lの冷蔵庫のおすすめモデルをご紹介します。併せて、選ぶときのチェックポイントも解説。付加機能が充実した高機能モデルから、リーズナブルなモノまでラインナップしているので、ニーズに合わせて選んでみてください。

300Lの冷蔵庫に適した人数

By: jp.sharp

冷蔵庫の容量は一般的に「70L×一緒に暮らす人数+常備用100L+予備70L」が目安とされています。2人暮らしなら310L、3人暮らしは380Lほど。したがって、300L台の冷蔵庫は2〜3人用に適しています。しかし、あくまでも目安なので、食材のまとめ買いや料理を作り置きすることが多い方は、ひと回り大きな容量のモデルを選ぶと安心です。

300Lクラスの冷蔵庫は、冷蔵室、野菜室、冷凍室に分かれているタイプが主流。総容量が同じ冷蔵庫でも、各室の容量はモデルによって異なります。特に、冷凍室の容量はバラつきがあるため注意が必要。総容量だけでなく、ライフスタイルに合わせて各室の容量もチェックしておきましょう。

300Lの冷蔵庫の選び方

ドアの開き方をチェック

右・左開き

By: rakuten.co.jp

キッチンで料理をする際に、開閉する頻度が高い冷蔵庫。冷蔵庫のドアに難なく手が届き、手早く食材を取り出せると料理がはかどります。ドアの開きやすさは、冷蔵庫を選ぶ際の重要なポイントです。

300Lの冷蔵庫で主流なのが、ドアが左右どちらかの方向へ開くタイプ。右利きなら右開き、左利きなら左開きと、利き手によってドアの開けやすさが変わってきます。

併せてチェックしたいのが生活動線です。開いたドアの位置によっては、動線をふさいでしまう可能性があります。たとえば、壁が右側なら右開き、左側なら左開きがおすすめです。開いたドアが壁側にあるので、動線がふさがるのを予防できます。

右・左開きタイプの冷蔵庫を購入する際は、ドアの開けやすさと生活動線とのバランスを考慮して選んでみてください。

両開き

By: rakuten.co.jp

両開きタイプの冷蔵庫は、左右どちら向きにも開く1枚のドアを搭載しています。利き手や設置場所に合わせて、好きな方向へドアを開けられるのがメリット。利き手の異なる家族と共有したい方や、引越しが多く冷蔵庫を移動することが多い方などにおすすめです。

両開きドアが気になる方は、シャープの独自技術「どっちもドア」搭載モデルをチェックしてみてください。

観音開き

By: hitachi.co.jp

観音開きタイプの冷蔵庫は「フレンチドア」とも呼ばれ、中央から外側に開く2枚ドアを搭載しています。

1枚ドアに比べてドア幅が狭く、動線をふさぎにくいので、狭いキッチンにもぴったり。また、片側のドアだけを開けられるため、開閉時に庫内から逃げる冷気の量を比較的抑えられるのもメリットです。

なお、観音開きドアは、一般的に幅65cm以上の冷蔵庫に搭載されます。ほとんどの300Lの冷蔵庫は幅65cm未満で、観音開きドアを採用したモデルは少ないのが現状です。観音開きタイプを探している方は、より大きな容量の冷蔵庫を検討してみてください。

ドアの数をチェック

By: rakuten.co.jp

一般的な300L前後の冷蔵庫は冷蔵室・冷凍室で分かれた2ドアタイプと、冷蔵室・野菜室・冷凍室で分かれた3〜4ドアタイプが主流です。ドアの数が多いほど、どこに食材を入れたのか把握しやすくなるため、利便性が向上します。

ただ、ドアの数が多くなるほど各室の容量の割合が少なくなるのが懸念点。特に300L前後の冷蔵庫の場合、そこまで大きくないので、食品を収納しにくいと感じてしまうこともあります。

冷凍食品をまとめ買いする方は2ドアタイプ、バランスよく整頓して収納したい方は3ドアタイプなど、ライフスタイルに合わせてドアの数をチェックしてみてください。

自動製氷機能をチェック

By: panasonic.jp

自動製氷機能付きの冷蔵庫なら、タンクに水を入れておくだけで自動的にキューブ状の氷を作れます。手動よりも効率よく氷を作れるので、飲み物やデザート作りなどで頻繁に氷を使う方におすすめです。

あまり氷を使わない方は、冷凍室に製氷皿を置ける製氷コーナーを搭載したモデルでも十分。価格も抑えられます。

なお、タンクや製氷皿は定期的にお手入れが必要です。取り外しやすさや洗いやすさを確認しておきましょう。自動で洗浄する機能を搭載したモノもあるため、お手入れの手間を軽減したい方はチェックしてみてください。

消費電力をチェック

By: panasonic.jp

冷蔵庫の消費電力は、同じ容量の製品でも、コンプレッサーやモーターの性能や節電モードの有無などにより大きく異なります。

少しでも多く電気代を抑えたい方は、節電モードが充実したモデルがおすすめ。また、仕様表をチェックし、年間消費電力量の数値がより小さいモデルを選びましょう。

設置スペースと搬入経路に注意

By: panasonic.jp

冷蔵庫を設置する際は、放熱スペースとドアを開けるためのスペースが必要です。放熱スペースは製品によって異なるので、あらかじめチェックしておきましょう。

また、冷蔵庫を安全に運ぶために、搬入経路のサイズもしっかりチェックする必要があります。搬入経路の高さと幅は、本体サイズよりも10cm以上の余裕があると安心です。玄関はもちろん、階段・エレベーター・廊下・扉なども忘れずに確認しておきましょう。

300Lの冷蔵庫のおすすめメーカー

日立(HITACHI)

By: rakuten.co.jp

日立の冷蔵庫は、食材に直接冷気を当てない「うるおいチルド」や、カバーで水分を野菜室に閉じ込める「うるおい野菜室」など、食品の水分を保ちながら冷蔵する機能が充実しています。また、キッチンのインテリアに合わせやすいようにシンプルなデザインを採用しているのも特徴です。

シャープ(SHARP)

By: amazon.co.jp

シャープの冷蔵庫では、「どっちもドア」が採用されたモデルに注目。左右の近いほうからサッと食品を出し入れできるため便利です。身長が低い方に合わせたローウエスト設計を採用しているのもポイント。重いモノも出し入れしやすく、使いやすいモデルを展開しています。

また、独自の「プラズマクラスター」技術を採用したモデルも要チェック。庫内の空気をクリーンな状態に保つ効果を期待できます。

三菱電機(MITSUBISHI)

By: rakuten.co.jp

三菱の冷蔵庫は、マイナス温度でも凍らない過冷却技術を取り入れているのが特徴です。過冷却した食材は冷凍と違って、解凍を必要とせずにそのまま調理できるのがポイント。料理の時短を図りたい方におすすめです。

また、「氷点下ストッカー」機能を搭載している300Lモデルなら、チルドや冷凍室より低い-3~0℃で保存できるので、鮮度を長く保てます。

パナソニック(Panasonic)

By: rakuten.co.jp

100L台の小型冷蔵庫から、600L以上の大容量モデルまでラインナップが豊富なパナソニック。300L以上の冷蔵庫には、自動で節電される「エコナビ」機能が搭載されており、月々の電気代を抑えたい方におすすめです。

また、中段に野菜室を備えたモデルが多いのもポイント。キャベツなどの大きめの野菜が取り出しやすいので、自宅でよく料理を作る方にも適しています。

300Lの冷蔵庫のおすすめモデル

日立(HITACHI) Sタイプ 真空チルド まんなか野菜 R-S38JVL

約0.8気圧の真空環境で、生鮮食品の鮮度を長持ちさせる「真空チルド」を搭載した容量375Lの冷蔵庫。冷気が直接にあたらないよう設計され、食品のうるおいを長く保てるのもメリットです。

冷蔵庫の真ん中には「うるおい野菜室」を採用。「間接冷却カバー」が野菜から発生した水分を庫内に閉じ込め、乾燥から守ります。また、お手入れ簡単な自動おそうじ機能付きの自動製氷機能も搭載。飲み物やデザートに氷をよく使う方にもおすすめです。

ドア面には、強化処理ガラスを使用した「クリスタルドア」を搭載。傷が付きにくく、美しさを保てます。汚れも拭き取りやすく衛生的です。

日立(HITACHI) 冷蔵庫 まんなか野菜 R-V32NV

チルド室と野菜室に、食品の乾燥を予防する機能を搭載した容量315Lの冷蔵庫。お刺身や葉野菜などを乾燥から守りながら保存できます。

野菜室が冷蔵庫の真ん中にあるので、重たいキャベツやカボチャなどをラクに取り出せて便利です。また、収納スペースが上下2段に分かれており、野菜と果物を分けるなど整理して収納できます。料理に野菜や果物をよく使う方におすすめです。

冷蔵室の2・3段目には「サッと急冷却」を採用。作りたてのお弁当や炒めた玉ねぎなどのあら熱をとったり、ぬるいジュースやお酒の缶などを短時間で冷やしたりできます。

冷凍室には「製氷おそうじ」機能付きの自動製氷機能を搭載。簡単にお手入れすることが可能です。さらに、節電機能も充実。高機能な300L冷蔵庫を探している方はチェックしてみてください。

シャープ(SHARP) 冷蔵庫 SJ-GW35F

独自の「プラズマクラスター」機能を搭載した容量350Lの人気モデル。冷蔵庫の真ん中には冷凍室を搭載しており、食品を出し入れしやすく、冷凍室を頻繁に使う方にも適しています。「おいそぎ冷凍」や「新鮮冷凍」により、一気に冷凍することでドリップが抑えられるのもポイントです。

下部には「シャキット野菜室」を搭載。高湿度シールド構造により、野菜のうるおいを保ちます。また、「どっちもドア」採用で、利き手や設置場所に関係なくドアを開けやすいのも魅力です。さらに、「節電25」モードも搭載し、電気代も節約できます。

シャープ(SHARP) 冷蔵庫 SJ-W352F

底面から約90cmの高さに冷蔵室の底面が位置するローウエスト設計で、背の低い方でもラクに食品を出し入れできる容量350Lの冷蔵庫。冷蔵庫の高さが約169cmと低めで、最上段までラクに手が届くのもメリットです。

「どっちもドア」を採用し、シーンに合わせて使い勝手のよい方向へドアを開けられます。近い側のドアをつかんで開けられるので、すばやく食品を取り出せるのも魅力です。

脱臭と抗菌が期待できる「ナノ低温脱臭触媒」も搭載。冷蔵庫をより快適に使用したい方は、ぜひチェックしてみてください。

三菱電機(MITSUBISHI) 冷蔵庫 CXシリーズ MR-CX33F

大容量80Lの「ビッグフリーザー」を搭載し、まとめ買いが多い方にぴったりの容量330Lの冷蔵庫です。上部の冷蔵室には、チルド室の下に「氷点下ストッカー」を搭載。約-3〜0℃とチルド室よりも低温で食品を冷却し、美味しく保存できるのがメリットです。

また、冷蔵室の全段にはガラスシェルフを使用。棚は取り外して丸洗いでき、簡単に汚れを落とせます。棚の半分を奥に収納できる「ワン・ツー棚」設計なので、背の高い食品をラクに収納できるのもポイントです。

キッチンに映えるおしゃれな外観も魅力。ドアの開けやすさにもこだわった設計で、ドアの側面でも下側でも届きやすい部分をつかんで開けられます。

三菱電機(MITSUBISHI) 冷蔵庫 CGシリーズ MR-CG33F

「氷点下ストッカーA.I.」を搭載し、適した状態で保存できる容量330Lの冷蔵庫。約-3〜0℃の低温で、冷凍せずに約3〜10日と長く保存できます。肉や魚専用の冷蔵室としておすすめです。

また、上段には「ワイドチルド」を採用。約0℃に保たれ、練り物やソーセージなどの保存に適しています。スペースが広くたくさんの食品を並べて置けるので、賞味期限をひと目で確認できるのもポイントです。

冷蔵庫の真ん中には野菜室を搭載。抗菌仕様のクリーントレイ付きです。さらに、下部には大容量80Lのビッグフリーザーを採用。冷凍食品や作り置きおかずなど、2人暮らしなら十分な量を収納可能です。

三菱電機(MITSUBISHI) 冷蔵庫 Cシリーズ MR-C33F

2段のチルド室を搭載し、ニオイ移りしやすい食品を分けて収納できる容量330Lの冷蔵庫。ワイド設計なので、横幅のある容器に入ったお肉なども収納できます。

冷蔵庫の真ん中には野菜室を搭載。小物野菜ケースが付いており、やわらかく潰れやすいトマトや果物などを分けて収納できるため安心です。

また、下部の冷凍室は80Lと大容量。自動製氷機能も付いています。製氷皿をすすぎ洗いできる「製氷皿おそうじモード」により、お手入れの手間を軽減できるのもポイントです。

パナソニック(Panasonic) 冷蔵庫 NR-C341CL

上部にある冷蔵室の最上段に手が届きやすい容量335Lの冷蔵庫です。全段に汚れを落としやすいガラストレイを採用。冷蔵室の天面にLED照明が付いているので、庫内が明るく奥の食品を見つけやすいのもメリットです。

冷蔵庫の中央部には野菜室を搭載。また、小さな野菜や果物を収納できる便利なケースも付いています。

「エコナビ」により、電気代を節約できるのもポイントです。さらに、センサーがドアの開閉や明るさなどを検知。多段階のエコナビ運転を使い分けます。電気代が気になる方も、ぜひチェックしてみてください。

パナソニック(Panasonic) 冷蔵庫 NR-C341GC

前面フレームレスの「フルフラットガラスドア」がおしゃれな容量335Lの冷蔵庫。スタイリッシュなキッチンにもぴったりです。また、汚れがたまりやすいフレームの段差がないので、お手入れも簡単。美しい外観を長く保てます。

本製品は、大容量88Lの野菜室を冷蔵庫の真ん中に配置。小物野菜ケースが付いており、果物と野菜を分けて入れられるため便利です。上品なデザインで、おしゃれなキッチンに置く冷蔵庫を探している方はチェックしてみてください。

パナソニック(Panasonic) 冷蔵庫 NR-C372N

幅59×奥行63.3cmのスリム設計を実現した冷蔵庫です。容量は冷蔵室212L・野菜室87L・冷凍室63L。3ドアタイプで真ん中に野菜室を設けることで、重い野菜などをかがまずに楽に収納できるのが特徴です。

マットで高級感のある色味を採用することで、インテリアに馴染みやすいのも魅力のひとつ。スリム設計なので、限られたキッチンスペースにもスッキリ設置できます。

また、冷凍室に急凍ができる「アルミプレート」を搭載しているのも魅力。おしゃれかつ利便性に優れた冷蔵庫を探している方におすすめです。

東芝(TOSHIBA) 冷蔵庫 GR-S36SXV

チルド室の機能が充実した容量363Lの冷蔵庫です。食品の中まですばやく冷やして鮮度を守る「速鮮チルドモード」と、冷凍食品を包丁で切れる程度まで解凍できる「解凍モード」を搭載。生鮮食品の美味しさにこだわりたい方に適しています。

また、冷蔵庫の真ん中には「うるおいラップ野菜室」を搭載。野菜を乾燥から守り、より長く鮮度を保てます。穴から野菜くずなどを落とせる「おそうじ口」が付いているので、野菜室のお手入れも簡単です。

さらに、冷蔵室の棚には強化ガラスを使用しており、汚れをサッと拭き取れるのも魅力。お手入れしやすい冷蔵庫を探している方にもおすすめです。

東芝(TOSHIBA) 冷蔵庫 Sシリーズ GR-S33S

真ん中の野菜室に「おそうじ口」を採用し、野菜くずや泥などを穴から落としてラクに掃除できる容量330Lの冷蔵庫。野菜室をきれいに掃除できるので、野菜をより清潔に保存できます。

野菜室は気密性の高い構造で、野菜を間接的に冷却。乾燥を軽減し、鮮度を長く維持できるのもメリットです。また、冷凍室には自動製氷機能を搭載。約1時間と短時間で製氷できる便利機能も付いています。

さらに、食品を短時間で冷凍できる「一気冷凍」や、霜取り前に温度を下げることで、庫内の温度上昇を予防する「オートパワフル冷凍」も搭載。冷凍時の食品の美味しさを守る機能が充実したおすすめの冷蔵庫です。

アクア(AQUA) 冷蔵庫 AQR-36J

「まん中2段フリーザー」を搭載し、冷凍食品を2段に分けて収納できる容量355Lの冷蔵庫。生鮮食品を保存しやすい「全幅フレッシュルーム」も採用されています。

冷蔵室の全段には、掃除がしやすいガラス棚を搭載。さらに、LED照明により、庫内が明るく食品をラクに探せます。また、下部の野菜室には、小物野菜や果物を収納できるバスケットを搭載。野菜室を整理したい方におすすめです。

価格がお手頃なのもポイント。コスパ重視の方や、手軽に冷蔵庫を買い替えたい方はぜひチェックしてみてください。

ハイアール(Haier) 326L 冷凍冷蔵庫 JR-NF326A

冷蔵室内に-20〜5℃まで温度を自由に設定できる「セレクトゾーン」を搭載し、用途や食品に合わせて使い分けられる容量326Lの冷蔵庫です。「ソフト冷凍モード」も採用し、包丁で切れるほどの硬さに冷凍できるため、必要な分だけ食品を切って使えます。

下部には冷凍室を搭載。2段の棚と小さな食品を収納しやすいクリアバスケットが付いており、食品を整理して収納可能です。

ハイセンス(HISENSE) 冷凍冷蔵庫 HR-D3601S

コスパに優れた3ドアタイプの冷蔵庫です。容量は冷蔵室197L・野菜室86L・冷凍室77Lの合計360L。鍋などもそのまま収納できる大容量モデルのため、まとめ買いする方にもおすすめです。

また、給水タンクに水を入れるだけで氷が作れる「自動製氷機能」を搭載しているのも魅力のひとつ。急速製氷を使えば、約90分ですぐに氷が作れます。

−3〜0℃で保存できる微氷結と、0〜3℃で保存できるチルドの2種類から選べる「セレクトチルド室」を備えているのもポイント。機能性に優れた高コスパモデルを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

300L冷蔵庫のAmazonランキングをチェック

300L冷蔵庫のAmazonの売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら