生活するなかで、もっとも重要な役割を果たす電化製品のひとつである冷蔵庫。家族の人数やライフスタイルに合わせて、使いやすい冷蔵庫を選びたいものです。

特に300Lの冷蔵庫は2〜3人家族が使うのに便利なモデル。今回は、300Lの冷蔵庫からおすすめモデルをご紹介。あわせて選ぶ時のチェックポイントを解説します。付加機能が充実した高機能モデルから、リーズナブルなモノまでラインナップしているので、家庭のニーズにピッタリの冷蔵庫を選んでください。

300Lの冷蔵庫に適した人数

By: panasonic.jp

家族の人数に適した冷蔵庫容量を算出する際には、一般的に「家族の人数×70L+常備用100L+予備70L」が目安とされています。2人家族ならば310L、3人家族は380Lほど。したがって、300L台の冷蔵庫は2〜3人用として最適と言えます。しかし、あくまでも目安なので、食材のまとめ買いや料理を作り置きすることが多い方は、一回り大きな容量のモデルを選ぶと安心です。

300Lクラスの冷蔵庫は、冷蔵室・野菜室・冷凍室に分かれているタイプが主流。総容量が同じ冷蔵庫でも、各室の容量はモデルによって異なります。特に冷凍室の容量はバラつきがあるので注意が必要です。総容量だけでなく、ライフスタイルに合わせて各室の容量もチェックしておきましょう。

300Lの冷蔵庫の選び方

ドアの開き方を確認

By: rakuten.co.jp

右・左開き

冷蔵庫で最も多いのが、ドアが右に開く右開きタイプ。ただし、冷蔵庫の左側に壁がある場合は、物の出し入れがしづらくなるので、左開きタイプがおすすめです。なお、100〜200L台といった小容量モデルでは、右開きタイプしか用意されていないことが多いですが、300L台のモデルでは左開きタイプも数多くリリースされています。

どっちもドア

1枚のドアが左右どちらにも開く冷蔵庫は、シャープの「どっちもドア」機能を搭載しているモデルのみラインナップしています。左右どちらからでも開閉できるため、転勤などで引っ越した時も、新たな住居のキッチンレイアウトに柔軟に対応できるのがメリットです。また、狭いキッチンで料理している時に、ほかの家族も利用しやすいのもポイント。ただし、モデル数が少ないのが難点です。

消費電力を確認

By: panasonic.jp

冷蔵庫は、ほかの多くの家電品と違い、一度設置したら基本的には電源を切ることがないため、最も電力消費量が多い電化製品と言われています。そのため、消費電力や省エネ性を確認しておきましょう。

冷蔵庫の省エネ性を示す代表的な指標は「省エネ基準達成率」です。パーセンテージで表されており、数字が大きいほど省エネ性が高くなります。また、日本工業標準調査会(JIS)が定めた年間消費電力量(kWh/年)も目安とするのもおすすめ。300L台の冷蔵庫の場合、330〜360kWh/年ほどのモデルが主流です。

設置スペースを確認

冷蔵庫を設置する時は、周囲に一定の放熱スペースを確保する必要があります。充分な放熱スペースがないと、消費電力が増える、あるいは不具合が発生するなどの事態につながりかねません。放熱スペースは、おおむね左右50mm、背面20〜50mm、上50〜100mmほど必要です。設置場所に放熱のためのスペースを取れるかどうかをカタログでチェックしておきましょう。

300Lの冷蔵庫のおすすめモデル

パナソニック(Panasonic) 3ドア冷蔵庫 335L NR-C340CL

パナソニック(Panasonic) 3ドア冷蔵庫 エコナビ搭載 335L NR-C340CL

高さが低めで使いやすい、パナソニックの3ドア左開き冷蔵庫です。サイズは幅590×奥行き633×高さ1678mm。他モデルに比べて、幅・奥行きともに小さいので、狭いキッチンでも設置しやすい冷蔵庫です。各室の容量は冷蔵室179L・野菜室88L・冷凍室68Lで、合計335L。特に2段ケースを採用した大きな野菜室がメリットです。

節電技術「エコナビ」を搭載しており、年間消費電力量333kWh/年と省エネ性も優秀。「エコナビ」は、記憶した3週間分のドア開閉数・収納量を基に1時間ごとに予測して、各室毎に適切な冷却を行います。曜日ごとのパターンも識別するので、ユーザーの生活リズムに合わせられるのがポイント。また、新開発の高断熱キャビネットを採用したことにより、外部から熱が伝わるのを軽減しています。

庫内の棚はガラストレイなので、拭き掃除もラクラク。LED照明で庫内が明るく、使いやすい冷蔵庫です。

日立(HITACHI) 冷凍冷蔵庫 315L R-S32JV

日立(HITACHI)  冷蔵庫 Kシリーズ 315L R-S32JV

チルドルーム内の空気を吸引、真空状態とすることで食材の酸化を防ぎ、鮮度を保つ日立の真空チルド冷蔵庫。冷蔵室186L・冷凍室66L・野菜室63Lの315Lモデルです。サイズは幅540×奥行き655×高さ1735mm。300Lクラス冷蔵庫としては最小クラスのスリムさが魅力です。

野菜室には間接冷却カバーを使用した「うるおい野菜室」機能を搭載。野菜から出る水分を室内に閉じ込めて、乾燥を軽減します。消費電力量330kWh/年と省エネ性が高いのがメリットです。扉には強化処理を施したクリスタルドアを採用しており、傷つきにくく美しさが長続きします。省スペース・省エネ性を重視する方におすすめの冷蔵庫です。

東芝(TOSHIBA) 冷凍冷蔵庫 VEGETA 363L GR-R36SXV

東芝(TOSHIBA) 冷凍冷蔵庫 VEGETA 363L GR-R36SXV

幅600mmとスリムながら、容量が大きめの363Lモデル。冷蔵室が197Lと大きいので、作り置きした料理などを保存しやすいのがポイントです。また、ecoモードを備えており、消費電力量は349kWh/年。大容量モデルとしては省エネ性も良好です。

注目の機能が「速鮮チルドモード」。2つのファンから冷気を送り込むことによって、食材の中までスピーディに冷却します。鮮度が長持ちするのがメリットです。さらに「解凍モード」も便利。チルド室に冷凍した食材を置いておくと、約1時間で約-3℃まで急速解凍して、冷凍肉・魚なども切れる状態に仕上げます。

ドアは質感の高いガラス製。デザイン性が高いだけでなく、キズもつきにくいのがポイントです。肉や魚の料理をすることの多い方におすすめします。

東芝(TOSHIBA) 冷凍冷蔵庫 VEGETA 330L GR-R33S

東芝(TOSHIBA) 冷凍冷蔵庫 VEGETA 330L GR-R33S

東芝の右開き330L冷蔵庫。サイズは幅600×奥行き672×高さ1608mmです。高さが低いので、女性や子供でも使いやすいのがポイント。冷蔵室・冷凍室・野菜室を備えており、それぞれの容量は164・82・84L。冷凍室・野菜室ともに80Lを超えており、まとめ買いしても安心の容量です。

野菜室の特徴は「うるおいラップ」。気密性の高い野菜室で、間接的に冷却するので、野菜が乾燥しにくいのがメリットです。また、「おそうじ口」を備えており、穴からゴミや土などを簡単に落とせます。

庫内を衛生的に保つ、「Ag低温触媒除菌・脱臭」機能も充実。銀イオンと低温触媒の働きによって、除菌脱臭の効果が期待できます。また、省エネに役立つecoモードは、多数のセンサーが庫内の状況を検知して、ムリのない省エネを実現。さらに、ecoモード節電機能を利用すれば、ecoモード時より、さらに約10%節電可能です。

シャープ(SHARP) 冷凍冷蔵庫 356L SJ-GW36E

シャープ(SHARP) 冷蔵庫 プラズマクラスター搭載  356L SJ-GW36E

左右どちらにも開く「どっちもドア」を搭載した、シャープの大容量365L冷蔵庫です。冷蔵室容量は186L、冷凍室が101Lと収納力が高いのがポイント。ボディはローウェスト設計を採用しており、女性でも重い食材を楽に出し入れできます。

本モデルの特徴は、冷蔵庫内のスペース調整をしやすい点。折りたたみ式トレーを採用しているため、トレーを倒すと手前に背の高い食材を入れられます。さらに、奥に入れれば、スイカ・鍋などの大きなモノも収容可能です。

独立した野菜室は気密性を高めた「シャキット野菜室」。野菜に冷風を直接あてないので、野菜が乾燥することなく鮮度が長持ちします。また、製氷室の給水タンク・ポンプ・製氷皿は、雑菌が繁殖しにくい銀イオン加工済み。ボタンを押すだけで製氷皿・給水パイプを洗浄できるので、取り外して水洗いする必要がありません。約20dBと静音性も優秀。トータルバランスに優れたおすすめの冷蔵庫です。

シャープ(SHARP) 冷凍冷蔵庫 350L SD-PD31E

シャープ(SHARP) 冷蔵庫 プラズマクラスター搭載 350L SD-PD31E

300Lクラス冷蔵庫としては幅が560mmとスリムな、シャープの2ドア冷蔵庫です。冷蔵室容量は185L、冷凍庫125Lの合計310Lモデル。大容量の冷凍室「メガフリーザー」を備えており、冷凍食品や肉・魚をたっぷり収容できます。冷蔵室内の19L「シャキット野菜室」は、高湿度で保存するので、野菜が長持ちするのがメリットです。

庫内を清潔に保つ工夫も充実。シャープの除菌技術「プラズマクラスター」を搭載しており、イオンで庫内の冷気を除菌する効果が期待できます。さらに、ナノサイズの粒子を使用した「ナノ低温脱臭触媒」により、カビや雑菌・ニオイを低減。冷凍食品を買い置きすることの多い方におすすめの冷蔵庫です。

三菱電機(MITSUBISHI) 冷凍冷蔵庫 365L MR-CX37D

三菱電機(MITSUBISHI) 冷蔵庫 氷点下ストッカー 365L MR-CX37D

肉や魚の保存に便利な「氷点下ストッカー」を搭載した、三菱の5ドア冷蔵庫です。冷蔵室やチルドルームより低い-3〜0℃で冷却するので、鮮度が長持ちします。冷蔵室などでは保存期間3〜4日の肉類も、「氷点下ストッカー」なら7日ほど保存可能です。

さらに、過冷却技術を応用しており、氷点下でも食材が凍りません。冷凍した際の細胞破壊が起こらないため、風味が損なわれることやドリップの流出がないのがメリットです。

野菜室に野菜小物ケースを備えているのもポイント。傷みやすいイチゴなどの果実やトマトを保存する時に便利です。また、フレッシュエアフィルターにより、冷気を除菌・脱臭できるので、野菜を清潔に保存できます。総容量は大きめの365L。肉や魚を買い置きすることの多い方におすすめの冷蔵庫です。

三菱電機(MITSUBISHI) 冷蔵庫 330L MR-CG33E

三菱電機(MITSUBISHI) 冷蔵庫 氷点下ストッカー 330L MR-CG33E

冷蔵室の使い勝手がよい、三菱の3ドア冷蔵庫です。冷蔵室の棚は「ワン・ツー棚」。奥にスライドさせれば、手前にペットボトルなどの高いモノを収納可能です。全段ガラス製のため、汚れを簡単に拭き取れます。また、ドアポケットを全開することなく、奥の飲み物を取り出せる「ヨコ取りポケット」を採用しているのもポイントです。

約0℃で保存するチルドルームは大容量なので、作り置きした料理や加工食品などをたっぷり保存できます。また、肉や魚専用の「氷点下ストッカー」も搭載。氷点下でも凍らないため、生のままでおいしさが長持ちします。また、解凍の手間が必要ないのがメリットです。

冷蔵室・野菜室・冷凍室の容量は、それぞれ180・70・80Lで、合計330L。2人暮らしで使いやすい容量の冷蔵庫です。

ハイアール(Haier) 2ドア冷凍冷蔵庫 340L JR-NF340A

ハイアール 340L 2ドア冷蔵庫 JR-NF340A

ドアパネルからハンドルを排した、凹凸のないシンプルなラウンドフォルムの2ドア冷蔵庫です。開閉は、ドア側面にあるスリット状のグリップで行います。外形サイズは、幅595×奥行き672×高さ1775mm。比較的高さはありますが、幅がスリムなので、設置しやすい省スペース冷蔵庫です。

庫内の容量は、冷蔵室が221L、冷凍室119L、合計340Lと、300Lクラスの冷蔵庫としては、冷凍室の容量が大きいのがポイント。肉・魚等の食材をまとめ買いすることが多い方におすすめです。また、冷凍室には「区っ切り棚」を搭載。内部が見やすく、整理しやすい冷凍室です。

庫内は、食材によって3つのモードに切り替えできるのがメリット。-3℃の「パーシャルモード」、0℃前後の「チルドモード」、そして2〜8℃の「野菜(冷蔵)モード」を選べます。リーズナブルな価格もメリットのおすすめ冷蔵庫です。

アクア(AQUA) 4ドア冷凍冷蔵庫 AQR-SV38HL

アクア 4ドア冷凍冷蔵庫 AQR-SV38HL

アクアの大容量375L冷蔵庫。ドアは左開きで、サイズは幅600×奥行き662×高さ1804mmです。「旬鮮チルド」ルーム奥に、自動調湿用のフィルターを搭載。平均湿度が従来モデルに比べて約15%向上しており、ハムやチーズなど乾燥しやすい食材も味を落とさずに保存できます。

また、インバーターコンプレッサーを採用したことにより、運転を効率化しているのもポイント。省エネ基準達成率102%を実現しており、年間消費電力量346kWh/年と省エネ性も良好です。