白物家電のなかでも容量が購入の目安となる「冷蔵庫」。400L台の冷蔵庫は多くの食材を保存できるため、2~4人家族におすすめです。ただし、製品によって機能はさまざまなので、どれを選べばよいか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、400L台の冷蔵庫の選び方とおすすめのモデルをご紹介します。冷蔵庫は高価な家電なので、いくつかのモデルを比較して慎重に選んでみてください。

400L台の冷蔵庫に適した人数

冷蔵庫は一般的に1人あたり100~150Lの容量が必要とされています。400Lの冷蔵庫の場合、3~4人家族に適した容量です。共働き夫婦で1週間の食材を買いだめするなら、2人暮らしでも400L台の冷蔵庫を十分活用可能。

買いだめをせず、その日に食べる食材を毎日こまめに買い物する家庭なら、5~6人でも使いこなせます。家族の食生活のスタイルを考慮して、冷蔵庫にどの程度の量の食材を保管するかを考えておきましょう。

400L台の冷蔵庫のメリット

By: panasonic.jp

400L以上の冷蔵庫には、メーカーが独自に開発した技術が多く搭載されています。できるだけ高性能なモデルを選びたい方は、400L以上の冷蔵庫がおすすめ。省エネにも配慮しており、年間消費電力量が少ないのもポイントです。

まとめ買いに対応できるのはもちろん、人数に対して余裕を持ったサイズで選んでおくと、急に大量の食品を保管する必要に迫られたときでも慌てずにすみます。

400L台の冷蔵庫の選び方

サイズ感や重さをチェック

By: rakuten.co.jp

冷蔵庫を設置する場合、放熱やドア開閉のためにある程度のスペースを空けることが重要です。隙間が不要なタイプでも、壁の変色や結露などが気になるときは壁から3cm以上離しましょう。

冷蔵庫を2階に置く場合は重さや大きさも重要です。階段や廊下を通れるかなど、配送業者が問題なく運べるか確認しておきましょう。

消費電力をチェック

By: amazon.co.jp

省エネを気にする方は、冷蔵庫の年間消費電力を考慮して選びましょう。ほとんど同じ基本性能のモデルのなかから1台を選ぶなら、消費電力が低い冷蔵庫を選んだほうがランニングコストを減らせるのでおすすめです。

ただし、消費電力ばかりに注目して冷蔵庫を選んでしまうと、性能のチェックを疎かにしてしまうこともあります。必要最低限の機能が備わっているかどうかチェックしたうえで、冷蔵庫の消費電力を比較してみてください。

ドアの開く方向をチェック

400L台の冷蔵庫には、左開きや右開き、観音開きなど、さまざまな扉の開き方があります。どの冷蔵庫を選んだらキッチンで使いやすいかも検討しておきましょう。

もっとも使いやすいのは、キッチンの調理台からすぐ食材を取り出せる方向に扉が開くタイプ。キッチンが狭くて奥行きがない場合は、扉の幅が狭い観音開きの冷蔵庫がおすすめです。

野菜室と冷凍室の位置をチェック

By: panasonic.jp

冷蔵庫はメーカーやモデルによって、野菜室と冷凍室の位置が異なります。野菜をよく使うなら、野菜室が中央にある冷蔵庫を選びましょう。

一方、買いだめをして冷凍した食品を調理に使うことが多いなら、冷凍室が中央にある冷蔵庫がおすすめ。自動で氷を作れる自動製氷器もあわせて中央付近に設置されているため、氷の出し入れがしやすいのもポイントです。

その他機能をチェック

ガラストップ

By: rakuten.co.jp

前面に強化ガラスを採用している「ガラストップ」タイプを採用する冷蔵庫が増えています。ガラスの光沢感によりスタイリッシュな見た目になるため、生活感が出てしまいがちな冷蔵庫をよりおしゃれに演出。インテリアにこだわりたい方にもおすすめです。

また、強化ガラスは耐久・耐衝撃・耐熱性に優れており、傷がつきにくいのも魅力。汚れもつきにくく、さっと拭き取れるのでお手入れが簡単なのもポイントです。

脱臭機能

家電メーカーが力を入れている機能のなかに脱臭機能があります。例えば、シャープの家電に採用されている「プラズマクラスター」は、プラズマクラスターイオンの力で雑菌を減らせると謳っており、雑菌繁殖による嫌なニオイの発生を予防する効果が期待できます。

また、パナソニックの「ナノイー」も代表的。除菌や脱臭に効果的と謳っています。冷蔵庫を開けたときのニオイが気になる方は、チェックしておきましょう。

自動製氷

By: panasonic.jp

400L台を超える冷蔵庫の多くが自動製氷機能を搭載しています。冷たい飲み物を頻繁に飲んだり、スポーツをするときに水筒を持って行ったりと、氷の消費量が多い方は短時間で氷を作れる急速製氷機能が搭載された冷蔵庫がおすすめです。

また、お手入れのしやすさもポイント。製氷用の給水タンクだけでなく、製氷皿やポンプまで取り外して洗える冷蔵庫もラインナップされています。

400L台の冷蔵庫のおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: panasonic.jp

パナソニックの冷蔵庫は、冷凍室と野菜室が目一杯引き出せる「ワンダフルオープン」が魅力です。冷蔵庫内の奥まで見渡せるので必要な食材をみつけやすく、使い忘れや重複買いを防げます。重さを分散するベアリング式のレールを採用しているので、冷蔵庫を片手でスムーズに開閉することが可能です。

また、チルドと冷凍の長所を兼ね備えた「微凍結パーシャル」もポイント。チルドより温度が低い約-3℃で微凍結するため、食品の細胞を傷めにくく鮮度を長く保てると謳っています。解凍せずに切れるので、時短調理をしたい方にもおすすめです。

三菱電機(MITSUBISHI)

By: rakuten.co.jp

三菱電機の冷蔵庫の強みは温度管理。一部のモデルには、約-7℃で食材をソフト冷凍する「切れちゃう瞬冷凍A.I.」機能が搭載されており、解凍しなくても必要な分だけスプーンですくったり包丁で切ったりできます。肉や魚など凍結してくっつきやすい食材も簡単にはがせるので、小分けの手間がなく便利です。

また、約-3~0℃のチルドより低温で保存する「氷点下ストッカーD A.I.」によって、傷みやすい肉や魚を生のまま保存しても鮮度がキープできるのもポイント。取り出してすぐに調理ができます。まとめ買いや作り置きをすることが多い方におすすめです。

日立(HITACHI)

By: amazon.co.jp

日立の冷蔵庫の特徴は、密閉保存が可能な「真空チルド」。独自の真空構造でチルドルームを低酸素にすることで、食材の鮮度と栄養を守ります。また、食材に合わせて温度が選べるのもポイント。食材の風味や食感を損なわずに保存できると謳っています。ただし、すべてのモデルに搭載されている機能ではないので、事前に確認しておきましょう。

そのほか、日立は野菜の保存に強いのも魅力です。「新鮮スリープ野菜室」では、高濃度の炭酸ガスで野菜を保存。「うるおいカバー」で密閉度を高め、適度な水分量を維持しながら野菜のうるおいを守ります。野菜の鮮度をできるだけキープしたい方や、週末に作り置きすることが多い方におすすめです。

東芝(TOSHIBA)

By: rakuten.co.jp

東芝の冷蔵庫は多くのモデルが中段に野菜室を配置しているため、野菜をスムーズに出し入れできるのがメリットです。野菜くずや泥で汚れた庫内のお手入れも、無理のない姿勢でラクに行えます。

水分を多く含んだ「うるおい冷気」が冷蔵庫内を循環し、乾燥を防ぐのがポイント。野菜や食材を新鮮に保ちたい方におすすめです。

400L台の冷蔵庫のおすすめモデル

パナソニック(Panasonic) 冷蔵庫 NR-F476XPV 470L

チルドよりも低い約-3℃の「微凍結パーシャル」で肉や魚などの生鮮食品を約1週間保存できる冷蔵庫です。食材が完全に凍らないため、鮮度を保てます。また、解凍の手間も省けるので、時短調理にも便利。チルドと微凍結パーシャルを切り替えられるため、それぞれの食材に適した温度で保存できるのがポイントです。

庫内に繁殖する菌を抑制する効果が期待できる「ナノイー」を搭載。全室にナノイーが行き渡り食材を清潔に保存できます。野菜の保存に適した温度に自動コントロールする「Wシャキシャキ野菜室」は、約1週間鮮度を保つと謳っているのでので買いだめする方におすすめです。上段は観音開き、野菜室や冷凍室は100%全開できるので、奥にある食材もスムーズに探せます。

パナソニック(Panasonic) 冷蔵庫 NR-FV45S6 451L

冷蔵庫の設置場所に奥行きがない方におすすめの薄型タイプ。奥行きが63.3cmと薄いので狭いキッチンにも置けるのが魅力です。冷蔵庫内の収容量を光で調べる「エコナビ」を搭載しており、1週間の生活リズムを学習してきめ細かく節電できるので電気代が気になる方にも適しています。

コンプレッサーを冷蔵庫上部に配置して最上段奥のデッドスペースを減らし、奥まで手が届くように設計されているのがポイント。観音開きの上段は棚が低めに設置されているため、背が低い方でもスムーズに食材を取り出せます。「ワンダフルオープン」の野菜室と冷凍室は100%全開が可能で、奥にある食材の出し入れがしやすく便利です。

パナソニック(Panasonic) 冷蔵庫 NR-E455PX 450L

横幅がスリムな400L台の冷蔵庫を探している方におすすめの製品。「ナノイー」のパワーで冷蔵庫内に繁殖する菌を抑制する効果が期待できるため、清潔な空間で食品を保存できます。

上段の冷凍室は「熱くても急凍」に対応しており、熱いままのおかずやご飯を素早く冷凍できるので美味しさを保つことが可能です。食品に合わせて急凍のタイマー設定を90分と120分から選べるのも便利。チルドよりも低い温度で保存できる「微凍結パーシャル」や、野菜の鮮度を約1週間保てる「シャキシャキ野菜室」も搭載した使いやすい製品です。

パナソニック(Panasonic) 冷蔵庫 NR-E415PV 406L

美しいガラスドアを採用した406Lの冷蔵庫。見た目がおしゃれなだけでなく汚れても拭き取りやすいのも特徴です。

冷蔵室は全段ガラス棚で掃除がしやすく、清潔な状態を保てるのがポイント。コンプレッサーを上部に配置してに最上段奥のデッドスペースを減らした「トップユニット方式」により、奥まで手が届くので食材の出し入れが楽にできます。「微凍結パーシャル」「シャキシャキ野菜室」「ワンダフルオープン」も搭載した機能性の高い製品です。

三菱電機(MITSUBISHI) 6ドア冷蔵庫 MR-WX47F 470L

肉や魚などの生鮮食品を約-7℃で凍らせる「切れちゃう瞬冷凍A.I.」が特徴の人気製品。食材がカチカチに凍らないため、冷蔵庫から取り出してすぐに切ることが可能です。冷凍した野菜もすぐにほぐせるので時短調理に適しています。ガラスドアを採用したデザインがおしゃれなのも魅力です。

肉は約8~10日間、魚は約5日間、刺身は約3日間保存できると謳う「氷点下ストッカーD A.I.」を搭載。氷点下なのに凍らない過冷却現象を応用しているため、鮮度を保つ効果が期待できます。密閉性を向上させて低温環境を安定させた「朝どれ野菜室」なら、野菜から水分蒸発を抑えられるのも魅力です。

三菱電機(MITSUBISHI) 6ドア冷蔵庫 MR-MX46F 455L

冷蔵庫の真ん中に野菜室があるモノを探している方におすすめの製品。ちょうどよい高さに野菜室があるため、キャベツやカボチャなどの重い野菜も楽に出し入れができます。密閉性を高めた「朝どれ野菜室」は、野菜の水分蒸発を抑えて保存できるのが特徴。野菜室には2Lペットボトルを立てて入れられるので便利です。

「薄型断熱構造SMART CUBE」の採用により、455Lの大容量でも幅と奥行きが65cmとスリムなのがポイント。食品を約-7℃で凍らせる「切れちゃう瞬冷凍A.I.」や氷点下でも凍らせない「氷点下ストッカーD A.I.」も魅力です。AIが日々の使い方を学習して節電するため、電気代も抑えられます。

三菱電機(MITSUBISHI) 冷蔵庫 MR-MB45F 451L

幅が60cmとスリムな冷蔵庫です。「朝どれ野菜室」が使いやすい高さにあり中身が見やすいため、野菜の状態や在庫を一目で確認できます。

過冷却現象を応用し、氷点下でも食品を凍らせずに保存できる「氷点下ストッカーD A.I.」も搭載。肉や魚を約-7℃で凍らせる「切れちゃう瞬冷凍A.I.」は、共働きなどで時間がなく時短調理をしたい方に適しています。ガラスドアのスタイリッシュなデザインかつ使いやすい機能が揃っている冷蔵庫です。

日立(HITACHI) 冷蔵庫 Xタイプ R-X48N 475L

4人家族おすすめの475Lの大容量タイプ。約2℃の低温で食品を冷やす「スポット冷蔵」は、肉や魚の鮮度を長持ちさせる効果が期待できます。あたたかい食品も素早く冷やせるので、作り置きなどに便利です。観音開きで庫内が見やすく、出し入れもしやすいので快適に使えます。

「新鮮スリープ野菜室」では、プラチナ触媒が野菜から放出されるエチレンガスやニオイ成分を分解。炭酸ガス濃度が高まり、野菜の気孔が閉じて呼吸活動が低下し栄養素の減少を抑えた状態で保存できると謳っています。クリスタルドアを採用した高級感あるデザインで人気の冷蔵庫です。

日立(HITACHI) 冷蔵庫 HWタイプ R-HW48N 475L

通常のチルド室よりやや低い約2℃で食品保存ができる「まるごとチルド」が特徴の冷蔵庫。肉や魚はもちろん作り置きした常備菜なども新鮮な状態を保てると謳っているので、共働きの方や帰宅してから食事を作る時間がない方におすすめです。

冷蔵室の専用冷却器が冷気の除湿量を抑えて水分がたっぷり含まれたうるおい冷気を送り込むため、食品の乾燥を抑えるのが特徴。食品が凍る手前の約-1℃で冷やす「特鮮氷温ルーム」は、食材の乾燥を防ぐためラップしなくても鮮度を保てると謳っています。

野菜の呼吸活動を低下させて眠るように保存できる「新鮮スリープ野菜室」も搭載。消費電力が低いのもポイントです。

日立(HITACHI) 冷蔵庫 R-S40N 401L

クリスタルドアが特徴のおしゃれな片開きの冷蔵庫。真ん中にある大容量の冷凍室は3段ケースでたっぷりの冷凍食品を整理して保存できます。

最下段の「新鮮スリープ野菜室」は、たっぷりの野菜を鮮度よく保てるので便利です。引き出し式の冷凍室には急冷凍機能があり、肉やあたたかい食材を素早く冷凍することが可能。本体は幅が60cmとスリムで、置き場所に61cmの幅があれば設置できるのもポイントです。

東芝(TOSHIBA) 冷蔵庫 GR-S460FH 462L

450L以上の大容量冷蔵庫を探している方におすすめの製品。「エチレン分解機能」と「ツイン冷却」により収穫したてのおいしさを保てると謳っている「摘みたて野菜室」が真ん中にあり、機能性だけでなく使いやすさも重視されているのがポイントです。

上段の冷凍室は切り替え冷凍が可能で、野菜を生のまま冷凍したり「一気冷凍」で鮮度を逃さずに冷凍したりできるのも魅力。冷蔵室は全段にガラス棚を採用し、お手入れも簡単にできます。自動製氷機能や、約1時間で1回分の氷ができる「一気製氷」も魅力です。

東芝(TOSHIBA) 冷蔵庫 GR-S460FZ 461L

庫内の冷気の水分を利用し、薄い氷の膜で食材全体を包み込む「氷結晶チルド」が特徴の冷蔵庫。鮮度が落ちやすい肉や野菜を生の美味しさのまま保存できると謳っています。食材をスピード冷却する「速鮮チルドモード」や冷凍した食材を素早く解凍する「スピード解凍」も搭載しており便利です。

「もっと潤う摘みたて野菜室」には、Ag+フィルターとセラミック光触媒フィルターを搭載しており、エチレンガスを分解して野菜の劣化を防ぎ、鮮度を保って保存できると謳っています。上段の冷凍室で野菜を生のまま冷凍できるのも便利です。

東芝(TOSHIBA) 冷蔵庫 GR-R41G 411L

幅60cmのスリムな冷蔵庫。真ん中にある「うるおいラップ野菜室」は、気密性の高い構造で周りから間接的に冷却するため、野菜の乾燥を防いで鮮度を守ります。冷蔵室の棚は手前半分を奥にスライドできる自在棚で、ビンや鍋などの背の高いモノも入れられるので便利です。

冷凍室上段では野菜を生のまま冷凍できるので、面倒な下茹での必要がありません。「一気冷凍」を使えば、肉や魚の鮮度を逃がさずに素早く冷凍が可能。自動製氷の給水タンクやホースは取り外して丸洗いできるため、清潔な状態を保ちやすいのが特徴です。

シャープ(SHARP) 冷蔵庫 SJ-GT42E 415L

左右どちらからでも開く「どっちもドア」を搭載した人気の冷蔵庫。「プラズマクラスター」を搭載しており、冷気を除菌する効果が期待できます。

最下部には容量が105Lの「メガフリーザー」を搭載し、食材をたっぷり冷凍することが可能。冷凍室は3段に分かれており、冷凍食品を整理して収納できるのもポイントです。冷蔵室の最下部にある「雪下シャキット野菜室」は、雪国で長期間鮮度を保つ野菜の保存方法をヒントにして低温で野菜を包んで乾燥を防ぐので、新鮮さと美味しさを保つ効果が期待できます。

シャープ(SHARP) 冷蔵庫 SJ-GW41F 412L

シンプルなデザインの「どっちもドア」タイプ。ホワイトカラーで清潔感があり、どんなインテリアのキッチンにも馴染みます。冷蔵室の高さが女性の身長に合わせたローウエスト設計で、重いビンやペットボトルを楽に出し入れできるのがポイントです。

除菌効果が期待できる「プラズマクラスター」を搭載し、クリーンな冷気を庫内に循環させて清潔な空間を保つと謳っています。「シャキッと野菜室」は野菜室の密閉性を高めた高湿度シールド構造で、野菜を乾燥から守って長持ちさせることが可能。「新鮮冷凍」や「おいそぎ冷凍」も便利です。

シャープ(SHARP) 冷蔵庫 SJ-W412F 412L

価格が安い冷蔵庫で機能が充実したモノを探している方におすすめの製品です。「おいそぎ冷凍」は肉や魚から出るドリップを抑えて一気に冷凍できるため、栄養分や食材のおいしさを損なわないと謳われているのがポイント。食品につく霜を防いで鮮度を守る「新鮮冷凍」は生鮮食品を買いだめして冷凍する方におすすめです。

「どっちもドア」は左右のどちらからも開けられるのでキッチンの動線に合わせて便利に使えます。庫内を除菌する効果が期待できる「プラズマクラスター」により、清潔な庫内を保てるのも魅力。容量は412Lで大きすぎず小さすぎないのも特徴です。

ハイアール(Haier) 冷蔵庫 JR-NF468A 468L

上段も下段も観音開きのデザインが特徴の冷蔵庫です。上段の冷蔵室には3段の棚と野菜室に加えて扉に多数のポケットがあるため、食材をきれいに整理して保存できます。下段は6段の「区っ切り棚冷凍室」で引き出しがついているため、冷凍食品やアイスを整理して収納可能です。

長期の外出時に便利な「ホリディモード」や、冷蔵室と冷凍室で別々に設定できる「温度コントロール」を搭載しており便利。シチュエーションに合わせてモード変更ができるため、大切な食材を傷めずに保存できます。個性的なデザインがおしゃれな冷蔵庫です。

アクア(AQUA) 冷蔵庫 AQR-V46J 458L

本体の幅が60cmとスリムな冷蔵庫。限られたスペースでたっぷりの食材を保存したい方におすすめです。冷凍室には「ドリップ抑制機能」を搭載し、霜取り運転時に暖気が冷凍室内に流入するのを防ぎます。引き出し式の冷凍室は2段あり、買いだめした冷凍食品を保存可能です。

冷蔵室の最下部に強化ガラスを入れており、冷蔵室から野菜室が見える構造のため、野菜室を開けなくても野菜の在庫をこまめに確認できます。野菜の買い忘れや使い忘れを防げるので便利です。

アクア(AQUA) 冷蔵庫 AQR-SBS45J 449L

観音開きの扉を開けると庫内が一目で見渡せるショーケーススタイルの「パノラマ オープン」が特徴。高級感のあるガラスドアを採用し、操作は使いやすいタッチパネルで楽にできるのがポイントです。買い物前に冷蔵庫の中身を確認したり、使いたい食材を素早く見つけたりと快適に使えます。

本体の右側が冷蔵室、左側が冷凍室。冷凍室は183Lと容量が大きいため、たっぷりの冷凍食品を保存できます。冷蔵室にも冷凍室にも引き出し式のボックスが2つずつあり、野菜やアイスクリームなどをきれいに整理することが可能です。独特なデザインがおしゃれで、オープンキッチンに置けばインテリアとしても活躍します。

アクア(AQUA) 冷蔵庫 Delie AQR-VZ43J 430L

シンプルな機能と使いやすいサイズで人気の冷蔵庫です。冷凍室が2段あり、合計で152Lの容量があるため、お弁当用の冷凍食品やまとめ買いした肉なども収納可能。

「ドリップ抑制機能」を搭載した冷凍室は、霜取り運転中に暖気が冷凍室内に流入するのを防ぎます。「上から見渡す野菜室」を搭載しており、野菜室の扉を開けなくても冷蔵室からガラス越しに野菜室の中を確認できるので便利。おしゃれなデザインと価格の安さが魅力のモデルです。