毎日使う冷蔵庫ですが、大きさやスペックは千差万別。暮らしを充実させるために、自分のニーズにぴったり合った冷蔵庫を選びたいですよね。

今回は、冷蔵庫の有名メーカーである、日立と三菱電機製の400L台のおすすめ冷蔵庫をピックアップしてご紹介します。特に大容量の冷蔵庫をお探しの方におすすめです。

400L台のおすすめ冷蔵庫|日立

日立(HITACHI) 5ドア冷蔵庫 R-S4000G

商品価格 ¥ 181,169

おしゃれな外観でキッチンを美しくする、日立の5ドア冷蔵庫。日立社が独自で開発した真空チルド室を搭載しており、肉・魚類の鮮度を保ちます。密閉構造なので、食材の乾燥や酸化を防ぐことが可能。

食材本来の味や風味を守ることにより、食卓においしいものを常に提供できますよ。本体の幅は60センチとスリムで、限られた空間も有効に活用できておすすめです。

スリムですが、庫内のポケットや引き出しは、ゆったり設計。食品の保管や取り出しもスムーズにできちゃいます。

容量は401Lで、少人数のご家族にもおすすめの冷蔵庫です。

日立(HITACHI) 6ドア冷蔵庫 R-XG4800G

商品価格 ¥ 203,924

チルド・冷凍・野菜室の鮮度を保つことをコンセプトに開発された、6ドア冷蔵庫。独自の技術で産み出された真空チルド室は、鮮度や栄養素を失わずに食品を保存できます。

野菜室は、摘みたて野菜の風味や水分が保たれるように設計されているので、新鮮な野菜が食べられますよ。冷凍室は、冷凍焼けを防ぎ食材本来の旨味を引き出す構造。ベストな状態で食品を保存できる、高スペックの冷蔵庫です。

容量は475Lなので、大人数のご家族や、大容量の冷蔵庫をお探しの方にもおすすめですよ。

日立(HITACHI) 5ドア冷蔵庫 R-S4200FL

商品価格 ¥ 220,000

日立の415Lの5ドア冷蔵庫。日立独自開発の新鮮スリープ野菜室で、野菜本来の風味や栄養素をしっかり保ちます。真空パワーにより、肉や魚の鮮度と栄養素が保たれ、新鮮なコンディションが持続しますよ。

庫内は密閉構造なので、食品の乾燥も防げちゃいます。食材から出るニオイ成分を分解することにより、酵素成分を抑制。鮮度をしっかり保ちます。スリムボディで限られた空間に収まりますよ。

外観はキッチンやリビングにフィットするような、おしゃれなデザインです。明るいキッチンを演出する、おすすめの冷蔵庫。

400L台のおすすめ冷蔵庫|三菱電機

三菱電機(MITSUBISHI) 6ドア冷蔵庫 MR-R44A

商品価格 ¥ 124,783

幅65センチのスリムボディで、省エネ仕様に設計された三菱電機のおすすめ冷蔵庫。容量は435Lです。楽しく料理をするために、細やかな気配りが施されています。

朝どれ野菜室は、野菜の鮮度をキープしており、いつでもシャキシャキの野菜を提供。野菜の緑化の促進までできちゃうんです。

また、三菱電機独自の冷凍方法、切れちゃう瞬冷凍を導入。食材の細胞破壊を抑制し、瞬間で凍らせるため、食材本来の風味を保ちます。お肉は解凍不要で、凍ったまま簡単に切れますよ。

キッチンでの料理を充実させるための工夫が光る、主婦の方にもおすすめの冷蔵庫です。

三菱電機(MITSUBISHI) 6ドア冷蔵庫 MR-WX47A

商品価格 ¥ 212,793

洗練されたフォルムでインテリアにもなる、おしゃれな冷蔵庫。容量は470Lあります。クリスタルブラウン・ロゼ・ホワイトの3色展開。キッチンや部屋の色に合わせることで、素敵な空間を演出します。強化処理の施されたガラスが扉に採用されており、よりエレガントな雰囲気を醸し出しますよ。

さらに、冷蔵庫内で使用していない部屋は、自動で温度をコントロールし、余計な電力をカットできるんです。冷蔵庫の開閉の多い時間帯、少ない時間帯を算出し、最適な状態で運転するのでとってもエコ。

三菱電機のテクノロジーが集結された、高スペックのおすすめ冷蔵庫です。

400L台は、何人用?

一般的に冷蔵庫の容量は、1人暮らしの場合はおよそ200L、2人なら300Lと言われています。したがって、400L台の冷蔵庫は4人家族に最適。近年ますます冷蔵庫の性能がよくなっていますが、400L台の冷蔵庫は小型の冷蔵庫と比べ、省エネです。

400L台の冷蔵庫、またそれより大型の冷蔵庫の冷却装置は、冷やし過ぎをしません。そのため、余分な電力の消費を防ぎます。

大きいのでたくさん電気を消費するのでは、と思われがちな大型冷蔵庫。しかし、400L以下の冷蔵庫と比較すると、消費電力の差は歴然です。大容量で経済的なので、おすすめですよ。

冷蔵庫の選び方

容量で選ぶ

By: amazon.co.jp

冷蔵庫を選ぶ際にまずポイントとなるのは、冷蔵庫の容量です。家族住まいの場合は、大きめのサイズを選ぶのがおすすめ。食材を多めに保存でき、急な来客にも余裕を持って対応できます。また、大きめの冷蔵庫であれば、収納も取り出しもしやすいのが魅力です。

最近では、大型の冷蔵庫ほど省エネ設計されていると言っても過言ではありません。大型の冷蔵庫には、高性能の冷却装置が付いています。小型の冷蔵庫のものと比べると、電力の消費が少ないので経済的です。

もちろん、大型になればなるほど、冷蔵庫の価格は高額になります。購入時点での費用は、小型の冷蔵庫の方が安価です。しかし、400L台の冷蔵庫のように、大型のものほど性能や耐久性にも優れています。長い目で見れば、お得になるケースも少なくありません。

まずは、お住まいの家族の人数やニーズに合う冷蔵庫の容量を計算することをおすすめします。例えば、4人家族であれば400L台の冷蔵庫、5人家族なら500L台です。それから、その容量にぴったり当てはまるような冷蔵庫を選ぶようにすると、失敗は少なくなりますよ。

メーカーで選ぶ

By: amazon.co.jp

冷蔵庫メーカーといえば、日立や三菱電機が筆頭。加えて、パナソニックやシャープ、東芝など国内メーカーだけでも5社以上あります。ハイアールやアクアといった海外メーカーも多数。この記事では、日立と三菱電機のおすすめの冷蔵庫をご紹介しました。

日立製の400L台のほとんどの冷蔵庫には、真空チルド室が採用されています。庫内を真空状態にすることで、食材本来の風味を落とすことなく保存可能。冷蔵庫に肉・魚類を多めにストックしておけるので、魅力的です。普段からしっかり食材を確保したい方におすすめ。

三菱電機の400L台の冷蔵庫は、「食材を美味しく保管する、使いやすい冷蔵庫」がコンセプト。家庭のニーズに合わせて自動で学習する、知的な冷蔵庫です。開閉が頻繁になる時間になると冷却を高め、アイドル時には電力の消費を抑制。エコに関心を持っている方は、三菱電機の冷蔵庫がおすすめです。