白物家電のなかでも容量が購入の目安となる「冷蔵庫」。400L台の冷蔵庫は多くの食材を保存できるため、二人暮らし以上の家族におすすめです。ただし、製品によって機能はさまざまなので、どれを選べばいいか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、400L台の冷蔵庫の選び方とおすすめのモデルをご紹介します。冷蔵庫は高価な家電なので、いくつかのモデルを比較して慎重に選びましょう。

400L台の冷蔵庫に適した人数

冷蔵庫は一般的に1人あたり100~150Lの容量が必要とされています。400Lの冷蔵庫の場合、3~4人家族に適した容量です。しかし、使い方によっては多少人数の増減があっても快適に使えるので、その点を留意しておきましょう。

共働き夫婦で1週間の食材を買いだめする習慣があるなら、二人暮らしでも400L台の冷蔵庫を十分活用できます。特に将来子供が生まれる可能性がある場合は、400L以上の冷蔵庫を選んでおいた方が便利です。

買いだめをせず、その日に食べる食材を毎日こまめに買い物する家庭なら、5~6人でも使いこなせます。家族の食生活のスタイルを考慮して、冷蔵庫にどの程度の量の食材を保管するかを考えておきましょう。

400L台の冷蔵庫のメリット

By: panasonic.jp

400L以上の冷蔵庫には、メーカーが独自に開発した最新技術が多く搭載されています。できるだけ高性能モデルを選びたい方は、400L以上の冷蔵庫がおすすめ。省エネにも配慮しており、年間消費電力量が少ないのもポイントです。

そのほか、まとめ買いに対応できるのはもちろん、人数に対して余裕を持ったサイズで選んでおくと、急に大量の食品を保管する必要に迫られたときでも慌てずに済みます。

また、400L台前半と300L台ではどちらも幅が60cmのモデルが主流。サイズの違いがほとんどないので、置けるスペースがあれば、400L以上のモデルがおすすめです。

400L台の冷蔵庫の選び方

サイズ感や重さをチェック

By: amazon.co.jp

冷蔵庫を設置する場合、放熱やドア開閉のためにある程度のスペースを空けることが重要です。隙間が不要なタイプでも、壁の変色や結露などが気になるときは壁から3cm以上離しましょう。

冷蔵庫を2階に置く場合は重さも重要です。重すぎる冷蔵庫を2階に設置するのは大変な作業なので、重量を確認して配送業者が問題なく運べるかを確認しておきましょう。

消費電力をチェック

By: panasonic.jp

省エネを気にする方は、冷蔵庫の年間消費電力を考慮して選びましょう。ほとんど同じ基本性能のモデルのなかから1台を選ぶなら、消費電力が低い冷蔵庫を選んだほうがランニングコストを減らせるのでおすすめです。

ただし、消費電力ばかりに注目して冷蔵庫を選んでしまうと、性能のチェックを疎かにしてしまうこともあります。必要最低限の機能が備わっているかどうかチェックしたうえで、冷蔵庫の消費電力を比較してみてください。

ドアの開く方向をチェック

400L台の冷蔵庫には、左開き・右開き・両開き・観音開きと、さまざまな扉の開き方があります。どの冷蔵庫を選んだらキッチンで使いやすいかも検討しておきましょう。

もっとも使いやすいのは、キッチンの調理台からすぐ食材を取り出せる方向に扉が開くタイプです。両方から開いた方が使いやすいなら、シャープが特許を持つ両開きの冷蔵庫を選びましょう。キッチンが狭くて奥行きがない場合は、扉の幅が狭い観音開きの冷蔵庫がおすすめです。

野菜室と冷凍室の位置をチェック

By: panasonic.jp

冷蔵庫はメーカーやモデルによって、野菜室と冷凍室の位置が異なります。野菜をよく使うなら、野菜室が中央にある冷蔵庫を選びましょう。

一方、買いだめをして冷凍した食品を調理に使うことが多いなら、冷凍室が中央にある冷蔵庫がおすすめ。自動で氷を作れる自動製氷器もあわせて中央付近に設置されているため、氷の出し入れがしやすいのもポイントです。

その他機能をチェック

ガラストップ

By: rakuten.co.jp

最先端冷蔵庫の多くは、前面に強化ガラスを採用している「ガラストップ」が主流。ガラスの光沢感によりスタイリッシュな見た目になるため、生活感が出てしまいがちな冷蔵庫をよりおしゃれにします。インテリアにこだわりたい方にもおすすめです。

また、強化ガラスは耐久・耐衝撃・耐熱性に優れており、傷が付きにくいのも魅力。冷蔵庫に少し鍋をぶつけた程度ではへこむこともなく、美しい状態をキープできます。汚れも付きにくく、さっと拭き取れるのでお手入れが簡単なのもポイントです。

なお、ガラストップの冷蔵庫はマグネットが付かないため、冷蔵庫に買い物メモや家族への伝言をマグネットで貼っておきたい方は注意しておきましょう。

脱臭機能

家電メーカーが力を入れている機能のなかに脱臭機能があります。例えば、シャープの家電に採用されている「プラズマクラスター」は、プラズマクラスターイオンの力で雑菌を減らせると謳っており、雑菌繁殖による嫌なニオイの発生を予防する効果が期待できます。

また、パナソニックの「ナノイー」も代表的。除菌や脱臭に効果的といわれています。冷蔵庫を開けたときのニオイが気になる方は、しっかりと確認しておきましょう。

自動製氷

By: panasonic.jp

400L台を超えるとほとんどの冷蔵庫が自動製氷機能を搭載しています。しかし、メーカーや冷蔵庫の機種によって自動製氷の特徴も変わるので注意しておきましょう。

冷たい飲み物を頻繁に飲んだり、スポーツをするときに水筒を持って行ったりと、氷の消費量が多い方は短時間で氷を作れる急速製氷機能が搭載された冷蔵庫がおすすめです。

また、お手入れのしやすさもポイント。製氷用の給水タンクだけでなく、製氷皿やポンプまで取り外して洗える冷蔵庫もラインナップされています。さらに、上質な氷や透明氷を作れる機能を搭載しているモノもあるため、ライフスタイルや好みに合わせて選んでみてください。

400L台の冷蔵庫のおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: panasonic.jp

パナソニックの冷蔵庫は、冷凍室と野菜室が目一杯引き出せる「ワンダフルオープン」が魅力です。冷蔵庫内の奥まで見渡せるので必要な食材を見付けやすく、使い忘れや重複買いを防げます。また、重さを分散するベアリング式のレールを採用しているので、冷蔵庫を片手でスムーズに開閉することが可能です。

また、チルドと冷凍の長所を兼ね備えた「微凍結パーシャル」もポイント。チルドより温度が低い約-3℃で微凍結するため、食品の細胞を傷めにくく鮮度を長く保てます。解凍せずに切ったりはがしたりできるので、時短調理をしたい方にもピッタリ。ただし、搭載されていないモデルも多くラインナップされているため、購入前に確認しておきましょう。

三菱電機(MITSUBISHI)

By: rakuten.co.jp

三菱電機の冷蔵庫の強みは温度管理。一部のモデルには、約-7℃で食材をソフト冷凍する「切れちゃう瞬冷凍」機能が搭載されており、解凍しなくても必要な分だけスプーンですくったり包丁で切ったりできます。肉や魚など凍結してくっつきやすい食材も簡単にはがれるので、小分けの手間がなく便利です。

また、約-3~0℃のチルドより低温で保存する「氷点下ストッカーD」によって、傷みやすい肉や魚を生のまま保存しても鮮度がキープできるのもポイント。取り出してすぐに調理ができます。

2~3週間程度なら「切れちゃう瞬冷凍」、1週間程度なら「氷点下ストッカーD」、長期保存なら「冷凍庫」と、用途に合わせて食材管理ができるのが三菱電機の魅力。まとめ買いや作り置きをすることが多い方におすすめです。

日立(HITACHI)

By: amazon.co.jp

日立の冷蔵庫の特徴は、密閉保存が可能な「真空チルド」。独自の真空構造でチルドルームを低酸素にすることで、食材の鮮度と栄養を守ります。また、食材に合わせて温度が選べるのもポイント。食材の風味や食感を損なわずに美味しく保存できます。ただし、すべてのモデルに搭載されている機能ではないので、事前に確認しておきましょう。

そのほか、日立は野菜の保存に強いのも魅力です。「新鮮スリープ野菜室」では、高濃度の炭酸ガスで野菜を保存。「うるおいカバー」で密閉度を高め、適度な水分量を維持しながら野菜のうるおいや栄養素を守ります。野菜の鮮度をできるだけキープしたい方や、週末に作り置きすることが多い方におすすめです。

東芝(TOSHIBA)

By: amazon.co.jp

東芝の冷蔵庫はほとんどのモデルが中段に野菜室を配置しているため、野菜をスムーズに出し入れできるのが利点です。野菜くずや泥で汚れた庫内のお手入れも、無理のない姿勢でラクに行えます。

水分を多く含んだ「うるおい冷気」が循環し、「ミストチャージユニット」が風を防いでうるおいだけを野菜室内に送り、野菜に適した温度・湿度にコントロール。乾燥や結露を防ぎ、野菜の鮮度を長く保てるのがポイントです。

冷蔵庫内を低温・高湿度に保つことで、野菜が休眠状態になるので栄養素アップも期待できます。野菜を新鮮に保ちたい方におすすめです。

400L台の冷蔵庫のおすすめモデル

パナソニック(Panasonic) 冷蔵庫 5ドア NR-EV41S5

幅60cmのスリムなフォルムが特徴の5ドア冷蔵庫です。狭いスペースにも設置できる400L台モデルを探している方におすすめ。適度な湿度を保つ「Wシャキシャキ野菜室」によって、傷みやすい野菜も約1週間新鮮なまま保存可能です。

ナノサイズの微粒子イオンを生成すると謳う独自技術「ナノイー」の働きで、ポリフェノールやビタミンAなどの栄養素を守る効果も期待できます。冷蔵室と野菜室を100%開閉できる「ワンダフルオープン」を採用しているのもポイント。楽な姿勢のまま食材を取り出しやすく便利です。野菜室は取り出して丸洗いでき、清潔な状態で使用できます。

パナソニック(Panasonic) 冷蔵庫 5ドア 406L NR-E414VL

100%全開できる「ワンダフルオープン」を搭載した冷蔵庫。冷凍室と野菜室を目一杯引き出せるため、奥までスペースを有効的に使えます。約-3℃で保存できる「微凍結パーシャル」も便利。完全に凍らせると保存状態が悪化してしまう食品を、約1週間新鮮な状態で保存します。

高耐荷重ベアリング式レールの搭載で、片手で楽に開閉できるほどスムーズ。約20年間使い続けても重たくならないと謳われています。さまざまなセンサーの搭載で節電をアシストする「エコナビ」によって、食品の収納量に合わせて運転を調節するのもおすすめポイントです。

パナソニック(Panasonic) 451L 6ドアノンフロン冷蔵庫 NR-FVF455

451Lの大容量ながら幅68.5cm、奥行63.3cmの薄型でスリムなボディが特徴の6ドア冷蔵庫。観音開きタイプで、キッチンが狭く奥行がないスペースに設置したい場合におすすめのモデルです。冷蔵室の最上段はトップユニット方式の採用で、奥まで見やすく取り出しやすいのもポイント。奥に入れた食材の使い忘れを防ぎます。

食品の大きさに合わせて整理できる、冷凍室の「ワンダフル3段ケース」が便利。本体ケース・中段ケース・上段ケースの3つのスペースを活用して、食品の大きさごとに分けて収納できます。

パナソニック(Panasonic) 6ドア 470L NR-F475XPV

従来モデルと比較して約7cm低く設計された6ドア冷蔵庫です。ドア棚の位置が低く斜めに設計されており、2Lペットボトルなど重たいモノを取り出しやすく便利。よく使う冷蔵室の3・4段目の高さを広くとっているため、鍋ごと収納しやすくなっています。使いやすい冷蔵室を備えた400L台モデルを探している方におすすめです。

チルドより温度の低い約-3℃で保存する「微凍結パーシャル」を採用。痛みやすいひき肉も約1週間保存できるため、休日にまとめて下ごしらえしたいときに重宝します。収納量に合わせて省エネ運転する「エコナビ」で節電できるのもおすすめポイントです。

パナソニック(Panasonic) 冷蔵庫 NR-E455PX

「熱くても急凍」を搭載した片開き5ドア冷蔵庫。保存用にご飯をまとめて炊いたときなどでも、炊きたての状態ですぐ冷凍できる便利な機能です。450Lの大容量モデルながら、幅60cmのスリムボディも特徴。狭いスペースに設置できる400Lモデルを探している方におすすめです。

空気中の水分に高電圧をかけて生成するイオンの働きで、菌を抑制すると謳う「ナノイー」を搭載。庫内の壁面に付着している菌や浮遊している菌などの繁殖を抑え、常に清潔な状態に保つ効果が期待できます。

三菱電機(MITSUBISHI) 455L 5ドア冷蔵庫 MR-B46E

幅60cmのスリムボディながら、455Lの大容量を実現した5ドア冷蔵庫。ガラストップドアを採用しており、インテリアとの調和にこだわりたい方におすすめのモデルです。生の肉や魚を新鮮に保存できる独自技術「氷点下ストッカーD」を搭載。氷点下でも凍らせず保存できるため、鮮度が長持ちします。

約-7℃で凍らせて食材を約3週間保存できる「切れちゃう瞬冷凍」も便利。使いたい分だけサクッと切れるため、小分けして冷凍しておくなどの手間を省けます。AIが自動で使用状況を学習して電気代を節約できるなど、使い勝手に優れたおすすめモデルです。

三菱電機(MITSUBISHI) 455L 6ドア冷蔵庫 MR-MX46F

観音開きを採用した容量455Lの6ドア冷蔵庫です。独自の薄型断熱構造「SMART CUBE」で大容量ながらスリムな幅を実現。狭いキッチンでも使い勝手がよく、限られたキッチンスペースを有効的に使いたい方におすすめのモデルです。

野菜室を真ん中に設置しているのも特徴。重たい野菜やペットボトルが腰をかがめずに出し入れできます。大物エリア・中物エリア・小物エリア・たて野菜エリアと、段違いで収納しやすいのも便利。下段の大物エリアにはキャベツや白菜を丸ごと収納できます。

三菱電機(MITSUBISHI) 470L 6ドア冷蔵庫 MR-WX47LE

470Lの大容量モデルながら、高さ169.6cmのロータイプ冷蔵庫。小柄な方でも上部に収納した食品を出し入れしやすいおすすめモデルです。狭いキッチンでも使いやすい観音開きを採用しているほか、ガラストップドアでインテリアとの調和を大事にしたい方にも適しています。

野菜室は「密閉うるおい構造」で、野菜からの水分蒸発を抑える仕組みを採用。野菜をうるおいたっぷりの新鮮な状態で保存できます。カルキフィルターを搭載した自動製氷機能により、水道水でもおいしい氷を作れるのもおすすめポイントです。

日立(HITACHI) 475L 6ドア冷蔵庫 R-XG48J

密閉保存を可能にする「真空チルド」を採用した、観音開きタイプの6ドア冷蔵庫。チルドルームを低酸素状態にする独自の真空構造により、食材の鮮度と栄養を守ります。食材に合わせて温度を調節し、肉や魚を風味や食感を損なわずに保存可能です。

高濃度の炭酸ガスで野菜を保存する「新鮮スリープ野菜室」や、水分を閉じ込めて乾燥を抑える「うるおいカバー」を搭載しているのもポイント。野菜の栄養素を損なわずに、鮮度をなるべく長期間維持したい方におすすめのモデルです。

日立(HITACHI) 430L 6ドア冷蔵庫 R-XG43J

冷蔵室の3・4段目の温度を通常より約2℃低温に設定できる6ドア冷蔵庫です。週末に作り置きした料理や下ごしらえした食材を、菌の繁殖を抑えながら保存。温度センサーで食品の温度を検知して自動で急冷する「オート急冷却」により、温かい鍋をそのまま収納することも可能です。

飲み物を急いで冷やせる「サッと急冷却」も便利。約-1℃で凍らせずに生モノを保存できる真空チルドも搭載しているなど、使い勝手のよいモデルを求めている方におすすめです。

日立(HITACHI) 470L 5ドア冷蔵庫 R-HWS47K

冷蔵室全体をチルドにできる「まるごとチルド」を採用した5ドア冷蔵庫。菌の発生を抑制して鮮度を長持ちさせるため、週末に作り置きした料理や、下ごしらえした食材をたっぷり保存できるモデルを探している方におすすめです。

乾燥を抑えながら肉や魚を保存できる「特鮮氷温ルーム」も便利。凍らせずに鮮度を守りながら生モノを保存できるほか、食品に直接冷気を当てないためラップなしでも保存可能です。

東芝(TOSHIBA) 462L 6ドア冷蔵庫 GR-R460FH

野菜室を真ん中に配置している6ドア冷蔵庫。野菜をスムーズに出し入れできるほか、野菜くずや泥で汚れた庫内のお手入れも無理のない姿勢でおこなえるモデルです。エチレン分解機能と低温高温度ツイン冷却による「新鮮摘みたて野菜室」で、収穫したばかりの野菜のようなみずみずしさが長持ちします。

独自構造「マジック断熱構造」によって、本体外壁の薄型化で庫内容量を確保しながら高い断熱性能を実現。広々とした庫内と省エネ性を両立しているおすすめモデルです。湿度約85%のうるおいたっぷりな冷気で保存する「たっぷり保温冷蔵」も特徴。食材をしっとりした新鮮な状態のまま保存できます。

東芝(TOSHIBA) 465L 5ドアノンフロン冷蔵庫 VEGETA GR-R470GW

野菜室の乾燥を防ぐ「ミストチャージユニット」を搭載した5ドア冷蔵庫。風を防ぎながらうるおいだけを野菜室内に送ることで、野菜に最適な温度・湿度にコントロール。気になる野菜の乾燥や結露を抑えて、新鮮な状態をキープします。

設置スペースを生かした独自構造「マジック大容量」により、465Lもの大容量ながら幅60cmのスリム化を実現。さらに、独自の高容積化技術「マジック断熱」で断熱性を高めながら内容積を拡大しているなど、大容量と省エネ性を実現させたおすすめモデルです。

シャープ(SHARP) 5ドア冷蔵庫 412L SJ-W412E

左右のどちらからでも開閉できる「どっちもドア」を採用した5ドア冷蔵庫です。左右の近いほうから食品の出し入れができるため便利。キッチンの隅に設置した場合でも使いやすいほか、訪問者に庫内を見せずに開閉できるのもおすすめポイントです。

食品の霜付きを抑える「新鮮冷凍」や、ドリップを抑えて一気に冷凍する「おいそぎ冷凍」が便利。肉や魚をまとめ買いして冷凍しておきたいときに重宝します。背の低い方に嬉しいローウエスト設計も特徴のひとつ。重いペットボトルの出し入れを楽におこなえます。

シャープ(SHARP) 冷蔵庫 455L 6ドア SJ-F462E

容量455Lで観音開きタイプの6ドア冷蔵庫。狭いキッチンでも使いやすく、奥まった場所や窓際などに設置しても食品を出し入れしやすいモデルです。また、冷蔵室の底面が床から96cmと、背の低い方でも使いやすいローウエスト設計なのもポイント。重たいペットボトルを楽に出し入れできるモデルを探している方におすすめです。

独自のイオン技術で除菌すると謳う「プラズマクラスター」を搭載。除菌されたクリーンな空気が庫内を循環し、常に清潔な状態に保つ効果が期待できます。

ハイアール(Haier) 468L 4ドア冷蔵庫 ホワイト JR-NF468A

中国を本拠とする家電メーカー「ハイアール」の4ドア冷蔵庫です。冷凍室は154Lと、400L台モデルのなかでも大容量なタイプで、上・中・下段・左右の2列×3段のクリアバスケットに分かれているのが特徴。お弁当の冷凍食品や作り置き食材などを整理しやすいモデルを探している方におすすめです。

ガラストップを採用したドアは、シンプルで無駄のないデザインを採用。ドア面操作パネルはホリデイモード・急冷蔵モード・急冷凍モードから用途に合わせて選択可能です。ドアポケットは食品やビンの高さに合わせて2段階で調節できるなど、使い勝手にも優れています。

アクア(AQUA) 449L 2ドア冷蔵庫 AQR-SBS45J

449Lの大容量モデルながら2ドアタイプのシンプルな使い心地の冷蔵庫です。観音開きタイプで左右のドアを開ければ、上から下までひと目で確認可能。買ってきた食品を収納するたびに冷蔵室を開けたり冷凍室を開けたりと、忙しく開閉する手間を省けるストレスフリーなモデルを求めている方におすすめです。

野菜に直接冷気を当てない「フレッシュボックス」で、乾燥を防いでみずみずしさをキープ。冷蔵室と冷凍室には急速機能を搭載しており、食材を新鮮なまま保存できます。お手入れしやすいガラストップドアに操作タッチパネルを搭載。ドアを閉じた状態で温度設定が可能です。