白物家電のなかでも容量が購入の目安となる「冷蔵庫」。なかでも400L台の冷蔵庫は多くの食材を保存できるため、二人暮らし以上の家族におすすめです。ただし、製品によって機能はさまざまなので、どれを選べばいいか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、400L台の冷蔵庫の選び方とおすすめのモデルをご紹介します。冷蔵庫は高価な家電なため、いくつかのモデルを比較して慎重に選びましょう。

400L台の冷蔵庫に適した人数

冷蔵庫は一般的に1人あたり100~150Lの容量が必要とされています。400Lの冷蔵庫の場合、3~4人家族に適した容量です。しかし、使い方によっては多少人数の増減があっても快適に使えるので、この点も留意しておきましょう。

共働き夫婦で1週間の食材を買いだめする習慣があるなら、二人暮らしでも400L台の冷蔵庫を十分活用できます。特に将来子供が生まれる可能性がある場合は、400L以上の冷蔵庫を選んでおいたほうが便利です。

買いだめをせず、その日に食べる食材を毎日こまめに買い物する家庭なら、5~6人でも使いこなせます。家族の食生活のスタイルを考慮して、冷蔵庫にどの程度の量の食材を保管するかを考えておきましょう。

400L台の冷蔵庫のメリット

By: panasonic.jp

メーカーが独自に開発した最新技術は、400L以上の冷蔵庫に多く搭載されます。できるだけ高性能モデルを選びたい方は、400L以上の冷蔵庫がおすすめ。省エネにも配慮しており、年間消費電力量が少ないのもポイントです。

そのほか、まとめ買いに対応できるのはもちろん、人数に対して余裕を持ったサイズで選んでおくと、急に大量の食品を保管する必要に迫られたときでも慌てずに済みます。

また、400L台前半と300L台ではどちらも幅が60cmのモデルが主流。サイズの違いがほとんどないので、置けるスペースがあれば、400L以上のモデルがおすすめです。

400L台の冷蔵庫の選び方

サイズ感や重さをチェック

冷蔵庫を選ぶ上で必ず確認すべきなのが設置場所のサイズ。冷蔵庫を設置する場合は、上下左右にある程度の放熱スペースが必要になります。

冷蔵庫を2階に置く場合は、重さも重要です。重すぎる冷蔵庫を2階に設置するのは大変な作業なので、重量を確認して配送業者が問題なく運べるかを確認しておきましょう。

消費電力をチェック

By: panasonic.jp

省エネを気にする方は、冷蔵庫の年間消費電力を考慮して選びましょう。ほとんど同じ基本性能のモデルのなかから1台を選ぶなら、消費電力が低い冷蔵庫を選んだ方がランニングコストを減らせるのでおすすめです。

ただし、消費電力ばかりに注目して冷蔵庫を選んでしまうと、性能のチェックを疎かにしてしまう可能性も考えられます。必要最低限の機能が備わっているかどうかチェックした上で、冷蔵庫の消費電力を比較してみてください。

ドアの開く方向をチェック

400L台の冷蔵庫には、左開き・右開き・両開き・観音開きなど、さまざまな扉の開き方があります。どの冷蔵庫を選んだらキッチンで使いやすいかも検討しておきましょう。

もっとも使いやすいのは、キッチンの調理台からすぐ食材を取り出せる方向に扉が開くタイプです。両方から開いたほうが使いやすいなら、シャープが特許を持つ両開きの冷蔵庫を選びましょう。キッチンが狭くて奥行きがない場合は、扉の幅が狭い観音開きの冷蔵庫がおすすめです。

野菜室と冷凍室の位置をチェック

By: mitsubishielectric.co.jp

冷蔵庫はメーカーやモデルによって、野菜室と冷凍室の位置が異なります。野菜をよく使うなら、野菜室が中央にある冷蔵庫を選びましょう。

一方、買いだめをして冷凍した食品を調理に使うことが多いなら、冷凍室が中央にある冷蔵庫がおすすめ。自動で氷を作ってくれる自動製氷器もあわせて中央付近に設置されているため、氷の出し入れがしやすいのもポイントです。

その他機能をチェック

ガラストップ

By: hitachi.co.jp

最先端の冷蔵庫の多くは、前面に強化ガラスを採用している「ガラストップ」が主流。ガラスの光沢感によりスタイリッシュな見た目になるため、生活感が出てしまいがちな冷蔵庫をよりおしゃれにします。インテリアにこだわりたい方にもおすすめです。

また、強化ガラスは耐久・耐衝撃・耐熱性に優れており、傷が付きにくいのも魅力。冷蔵庫に少し鍋をぶつけた程度ではへこむこともなく、美しい状態をキープできます。汚れも付きにくく、さっと拭き取れるので、お手入れが簡単なのもポイントです。

なお、ガラストップの冷蔵庫はマグネットが付かないため、冷蔵庫に買い物メモや家族への伝言をマグネットで貼っておきたい方は注意しておきましょう。

脱臭機能

家電メーカーが力を入れている機能のなかに脱臭機能があります。例えば、シャープの家電に採用されている「プラズマクラスター」は、プラズマクラスターイオンの力で雑菌を減らせると謳っており、雑菌繁殖による嫌なニオイの発生を予防する効果が期待できます。

また、パナソニックの「ナノイー」も代表的。除菌や脱臭に配慮できると言われています。冷蔵庫を開けたときのニオイが気になる方は、しっかりと確認しておきましょう。

自動製氷

By: panasonic.jp

400L台を超えると。ほとんどの冷蔵庫が自動製氷機能を搭載しています。しかし、メーカーや冷蔵庫の機種によって自動製氷の特徴も変わるので注意しておきましょう。

冷たい飲み物を頻繁に飲んだり、スポーツをするときに水筒を持って行ったりと、氷の消費量が多い方は短時間で氷を作れる急速製氷機能が搭載された冷蔵庫がおすすめです。

また、お手入れのしやすさもポイント。製氷用の給水タンクだけでなく、製氷皿やポンプまで取り外して洗える冷蔵庫もラインナップされています。さらに、上質な氷や透明氷を作れる機能が搭載されているモノもあるため、ライフスタイルや好みに合わせて選んでみてください。

400L台の冷蔵庫のおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

パナソニックの冷蔵庫は、冷凍室と野菜室が目一杯引き出せる「ワンダフルオープン」が魅力です。冷蔵庫内の奥まで見渡せるので必要な食材を見つけやすく、使い忘れや重複買いを防げます。また、重さを分散するベアリング式のレールを採用しているので、冷蔵庫を片手でスムーズに開閉することが可能です。

また、チルドと冷凍の長所を兼ね備えた「微凍結パーシャル」もポイント。チルドより温度が低い約-3℃で微凍結するため、食品の細胞を傷めにくく鮮度を長く保てます。解凍せずに切ったりはがしたりできるので、時短調理をしたい方にもピッタリ。ただし、搭載されていないモデルも多くラインナップされているため、購入前に確認しておきましょう。

三菱電機(MITSUBISHI)

By: rakuten.co.jp

三菱電機の冷蔵庫の強みは温度管理。一部のモデルには、約-7℃で食材をソフト冷凍する「切れちゃう瞬冷凍」機能が搭載されており、解凍しなくても必要な分だけスプーンですくったり包丁で切ったりできます。肉や魚など凍結してくっつきやすい食材も簡単にはがれるので、小分けの手間がなく便利です。

また、約-3~0℃のチルドより低温で保存する「氷点下ストッカーD」によって、傷みやすい肉や魚を生のまま保存しても鮮度がキープできるのもポイント。取り出してすぐに調理ができます。

2~3週間程度なら「切れちゃう瞬冷凍」、1週間程度なら「氷点下ストッカーD」、長期保存なら「冷凍庫」と、用途に合わせて食材管理ができるのが三菱電機の魅力。まとめ買いや作り置きをすることが多い方におすすめです。

日立(HITACHI)

By: amazon.co.jp

日立の冷蔵庫の特徴は、密閉保存が可能な「真空チルド」。独自の真空構造でチルドルームを低酸素にすることで、食材の鮮度と栄養を守ります。また、食材にあわせて温度が選べるのもポイント。食材の風味や食感を損なわずに美味しく保存できます。ただし、すべてのモデルに搭載されている機能ではないので、事前に確認しておきましょう。

そのほか、日立は野菜の保存に強いのも魅力です。「新鮮スリープ野菜室」では、高濃度の炭酸ガスで野菜を保存。「うるおいカバー」で密閉度を高め、適度な水分量を維持しながら野菜のうるおいや栄養素を守ります。野菜の鮮度をできるだけキープしたい方や、週末に一気に作り置きすることが多い方におすすめです。

東芝(TOSHIBA)

By: rakuten.co.jp

東芝の冷蔵庫はほとんどのモデルが中段に野菜室を配置しているため、野菜をスムーズに出し入れできるのが利点です。野菜くずや泥で汚れた庫内のお手入れも、無理のない姿勢でラクに行えます。

水分を多く含んだ「うるおい冷気」が循環し、「ミストチャージユニット」が風を防いでうるおいだけを野菜室内に送り、野菜に適した温度・湿度にコントロール。乾燥や結露を防ぎ、野菜の鮮度を長く保てるのがポイントです。

冷蔵庫内を低温・高湿度に保つことで、野菜が休眠状態になるので栄養素アップも期待できます。野菜を新鮮に保ちたい方におすすめです。

400L台の冷蔵庫のおすすめモデル

パナソニック(Panasonic) パーシャル搭載冷蔵庫 450L NR-F454HPX

パナソニック(Panasonic) パーシャル搭載冷蔵庫 450L NR-F454HPX

空気を素早く除菌・脱臭し、冷蔵庫内を清潔な状態に保つ「ナノイーX」を搭載した450Lモデル。扉の位置が全体的に低めに作られているため、最上段に手が届きやすいのが特徴です。

上部のチルド専用スペースは、-3℃の微凍結パーシャルに切り替えることも可能。食品を素早く冷やすことで長持ちしやすいだけでなく、冷凍ではないので取り出してすぐに使えます。

また、パナソニック独自のトップユニット方式を採用しており、野菜室や冷凍室を広く使えるのも魅力。さらに、野菜に最適な湿度をコントロールして約1週間野菜をシャキシャキに保つ野菜室や、自動で使用頻度や収納量を計算して最適な節電をしてくれる「エコナビ」など、使いやすさを重視したおすすめモデルです。

パナソニック(Panasonic) パーシャル搭載冷蔵庫 406L NR-E414V

パナソニック(Panasonic) パーシャル搭載冷蔵庫 406L NR-E414V

幅60cmのスリムタイプながら、199Lと充実の冷蔵室を備えた片開きモデル。独自技術の微凍結パーシャルは-3℃で食品を新鮮なまま保存し、解凍の手間を省いてくれる便利な機能です。

比較的安価なモデルながら、年間消費電力量は289kWhと、省エネに配慮しているのも特徴。ドアの開閉回数や使用する時間帯、収納量、庫内の湿度など、さまざまな角度から自動で節電を行う技術「エコナビ」も採用されています。

野菜室や冷凍室は最後まで引き出せるつくりで、奥まで使いやすいのも魅力。ドアトップは鋼板タイプなので、マグネットでレシピなどを貼り付けられるのもポイントです。

パナソニック(Panasonic) NR-FV45S5

パナソニック(Panasonic) NR-FV45S5

奥行きわずか63.3cmのスリムな冷蔵庫。キッチンが広く使える薄型タイプにも関わらず、451Lの大容量収納を実現しているのが特徴です。扉は従来のローラー式よりも使い勝手が向上した、「高耐荷重ベアリング式レール」を採用。少ない力で手軽にドアの開け閉めができるのも魅力です。

また、専用アプリ「Cool Pantry」を使えば、スマホ経由で運転モードを切り替えたり、給水タンクの状況を確認したりと、利便性に優れているのもポイント。使い勝手に優れた冷蔵庫を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

三菱電機(MITSUBISHI) 6ドア冷蔵庫 455L MR-MX46E

三菱電機(MITSUBISHI) 6ドア冷蔵庫 455L MR-MX46E

幅、奥行きともに65cmのスリムタイプ冷蔵庫。455Lと大容量ですが、フレンチドアタイプなので、開ける際に場所を取りません。カラーラインナップは清潔感のあるホワイトとグラデーションブラウンの2色。どちらもキッチンに馴染む色で、汚れをさっと拭きやすいガラストップ仕様なのもポイントです。

最大の特徴は、真ん中の段に設置された野菜室。キャベツや大根などの重い野菜を屈んで取る必要がなく、身体に優しい設計です。また、エリアが4つに分かれているため、野菜ごとに収納できるのも魅力。製氷室横の冷凍スペースは、「切れちゃう瞬冷凍」に対応し、-7℃で食品の芯から素早く凍らせるので、食品の旨味成分を逃さず新鮮な状態を保ちます。解凍することなく、そのまま切る・すくう・ほぐすことができるので、忙しい家庭にもおすすめのモデルです。

三菱電機(MITSUBISHI) 5ドア冷蔵庫 455L MR-B46D

三菱電機(MITSUBISHI) 5ドア冷蔵庫 455L MR-B46D

幅60cmのスリムタイプながら、455Lの大容量を実現した冷蔵庫。年間消費電力量は245kWhで、経済産業省が設定した省エネ基準の達成率が107%と、環境にも家計にも優しいモデルです。

冷蔵室は239Lと余裕があり、冷却中に発生した霜を利用して庫内の食品を乾燥から守ります。チルドスペースにある「氷点下ストッカーD」は、-3~0℃で食品を新鮮に保存。生肉や魚の保存のほか、冷凍していた食品の解凍にも利用できます。また、製氷時に水が通るパーツを全て外して洗うことも可能。細かいところまで洗浄できるので、雑菌の繁殖を抑えて安全な氷を作れます。

そのほか、解凍いらずの「切れちゃう瞬冷凍」、野菜のみずみずしさを保ち栄養素を増やす「朝どれ野菜室」など、メーカーの技術が詰め込まれているおすすめの冷蔵庫です。

三菱電機(MITSUBISHI) WXシリーズ MR-WX47LE

三菱電機(MITSUBISHI) 置けるスマート大容量 WXシリーズ MR-WX47LE

470Lの大容量ながら、横幅650mmのスリムボディを実現した冷蔵庫です。食材を生のまま保存できる「氷点下ストッカーD」によって、肉や魚の鮮度をキープしたまま、美味しい状態を保てます。

また、カラーは、クリスタルブラウン・クリスタルフローラル・クリスタルホワイトの3色。キッチンの雰囲気に合わせて、好みの色が選べます。自動で庫内の温度変化を予測して、部屋ごとに最適な温度に調節するのも魅力。節電にも配慮されたおすすめアイテムです。

日立(HITACHI) 冷蔵庫 401L R-S40J

日立(HITACHI) 冷蔵庫 401L R-S40J

幅60cm、401Lのコンパクトモデルです。デザインはシンプルな片開きスタイルで、ドアには強化ガラスを採用。お手入れがしやすく清潔感があります。

最大の特徴である「真空チルド」機能は、チルド室内の空気を真空ポンプで0.8気圧まで真空化し、食品の酸化を防ぐ日立の独自技術。密封されるので、食品の乾燥も防ぎます。ラップが必要なく、環境に優しいのもポイントです。

また、チルド室と野菜室に搭載された「プラチナ触媒」は、野菜から出るエチレンガスやニオイ成分を分解。野菜の呼吸を抑えて眠るように保存するため、新鮮さが長持ちします。

従来モデルで採用されていた光触媒よりも効率的に劣化成分を分解するので、より鮮度が高い状態を保てるのも魅力。葉野菜など、乾燥しやすい食品を多く保存する方におすすめの冷蔵庫です。

日立(HITACHI) フレンチ6ドア冷蔵庫 475L R-XG48J

日立(HITACHI) フレンチ6ドア冷蔵庫 475L R-XG48J

食品への影響や菌の繁殖を抑える、急冷却スペースを設けた冷蔵庫。温度センサーが自動で食品の温度を測り急冷却するため、粗熱を取り切れていない鍋やお弁当などをそのまま保存できます。

食品を真空状態で密閉保存し、乾燥や風味の劣化から守る真空チルド機能も搭載。保存温度は約-1℃なので食品を凍らせず、生肉や魚の鮮度が落ちにくいほか、栄養素の減少に配慮できるのも魅力です。

また、野菜室全体をカバーで覆い密閉度を高めているため、野菜の乾燥を抑制しているのもポイント。野菜をみずみずしい状態に保ちたい方は、ぜひ購入を検討してみてください。

シャープ(SHARP) 両開き冷蔵庫 415L SJ-GT42E

シャープ(SHARP) 両開き冷蔵庫 415L SJ-GT42E

左右どちらからも開けられる、両開きタイプの冷蔵庫。引っ越しで間取りが変わってしまった場合でも買い換える必要がないので便利です。

また、プラズマクラスターが搭載されているのもポイント。庫内に放出されたプラズマクラスターイオンが食品を包み込むことで、浮遊菌や付着菌の除菌が期待できます。

冷蔵室内にある野菜室は、上部の仕切りによってうるおいを密封。低温で冷却することで、雪の下に保存しているような環境を再現しているため、デンプンが糖に分解されて野菜の甘味成分がアップします。

さらに、冷凍室が大容量なのも魅力。製氷室と上下の冷凍室合わせて151Lもの収納スペースで、週末に買いだめするときも安心です。

シャープ(SHARP) SJ-W411E

シャープ(SHARP) プラズマクラスター冷蔵庫 412L SJ-W411E

価格を抑えたコスパの高いモデル。ドアは左右どちらからも開ける両開きタイプです。全体の扉を低めに設計してあるため、身長の低い方でも重い食品を楽に出し入れできます。

独自技術のプラズマクラスターは庫内の菌の繁殖を抑え、新鮮な空気で食品を清潔に保存。「新鮮冷凍」は食品を通常よりもさらに低温で冷凍することで、霜を抑えて美味しさを保ちます。

また、省エネに配慮しているのもポイント。冷蔵庫の使用頻度や使用状況を自動で判断し、消費電力を最適なシーンで抑えてくれます。最大で約25%も節電が可能なおすすめの冷蔵庫です。

シャープ(SHARP) SJ-W412E

シャープ(SHARP) SJ-W412E

便利な機能が充実したモデル。無線LAN経由でクラウドサービス「COCORO KITCHEN」に接続すれば、献立を検索したり、ドア開閉から家族の安否を確認したりと、さまざまな使い方ができます。

また、揺れを感知して自動で冷蔵室ドアをロックする「対震ロック」を採用しており、安全面を考慮しているのもポイント。暮らしに合わせてかしこく節電する「節電25」対応モデルなので、電気代を安く抑えたい方にもおすすめの1台です。

東芝(TOSHIBA) VEGETA GR-R460FH

東芝(TOSHIBA) VEGETA GR-R460FH

容量462Lで、フレンチドアタイプの冷蔵庫。サイズは約65×183×65cmとスリムな形状で、チルドルームを含む冷蔵室・野菜室・製氷室・冷凍室で構成されています。

本モデルは「新鮮摘みたて野菜室」を採用しているのがポイント。冷気から水分だけを取り出す「ミストチャージユニット」によって乾燥を防ぎ、野菜の保存に適した低温・高湿度をキープできます。

また、スムーズに野菜の出し入れができるよう野菜室を中段に配置しているのも特徴。野菜のクズなどを排出できる「おそうじ口」が用意されているのも魅力です。野菜室にこだわりたい方は、ぜひチェックしておきましょう。

東芝(TOSHIBA) VEGETA GR-P41G

東芝(TOSHIBA) VEGETA GR-P41G

片開きタイプを採用した横幅60cmの冷蔵庫。設置場所に困らないコンパクトなモデルにも関わらず、水分を閉じ込めて庫内を高湿度な環境にキープする「うるおいラップ野菜室」や、野菜を生のままで冷凍できる「野菜そのまま冷凍」、鮮度をキープしたまま一気にフリージングする「一気冷凍」を搭載。食材の美味しさや鮮度をしっかりと守ります。

庫内を明るく照らすLED照明に加えて、スライド式で扱いやすい「スリーアクション棚」や、サッと拭くだけで汚れが取れる「全段ガラス棚」など、実用性に配慮しているのもポイント。また、雑菌の繁殖を抑える「浄水フィルター付抗菌給水タンク」を採用することで、清潔でおいしい氷が作れるのも魅力です。

アクア(AQUA) 5ドア冷蔵庫 AQR-SV42H

アクア(AQUA) 5ドア冷蔵庫 AQR-SV42H

容量415Lの大容量ながら、リーズナブルな価格帯が魅力の冷蔵庫。庫内温度を約−1〜2℃に保つ「旬鮮チルド」を搭載しており、刺身や肉など鮮度が気になる食材をしっかりと保存できるのが特徴です。

冷蔵室には、2段階の高さ調節が可能なガラストレイが上中段に、折りたたみが可能な「ガラスじざい棚」を下段に用意。汎用性が高いので、大小問わず、さまざまな食材を収納できます。

また、冷凍室はボタン切り替えで「クイック冷凍」に対応できるため、下ごしらえや作り置きを保存する際に便利。さらに、中段左には自動製氷機から作られる氷を数多くストックできるアイスルームが用意されているのも魅力です。

年間消費電力量は290kWh/年と省エネにも配慮しているので、コスパ重視で冷蔵庫を選びたい方はぜひチェックしておきましょう。

アクア(AQUA) AQR-SBS45H

アクア(AQUA) AQR-SBS45H

スタイリッシュな観音開きタイプの冷蔵庫。ガラス扉を採用することで、高級感を演出しているのが特徴です。

庫内がひと目で見渡せる「パノラマオープン」や、シンプルで使いやすい「タッチパネル」を搭載しており、使い勝手に優れているのもポイント。冷蔵室は183Lの大容量で、たくさんの冷凍食品が保存できます。

また、庫内の奥行きを56cmに抑えることで、背の小さな方でも最上段の奥まで手が届きやすいのも魅力。機能性とデザイン性のバランスで選びたい方におすすめの1台です。