白物家電のなかでも容量が購入の目安となる「冷蔵庫」。400L台の冷蔵庫は多くの食材を保存できるため、2~4人家族におすすめです。ただし、製品によって機能はさまざまなので、どれを選べばよいか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、400L台の冷蔵庫の選び方とおすすめのモデルをご紹介します。冷蔵庫は高価な家電なので、いくつかのモデルを比較して慎重に選んでみてください。

400L台の冷蔵庫に適した人数

冷蔵庫は一般的に1人あたり100~150Lの容量が必要とされています。400Lの冷蔵庫の場合、3~4人家族に適した容量。共働き夫婦で1週間の食材を買いだめするなら、2人暮らしでも400L台の冷蔵庫を十分活用可能です。

買いだめをせず、食べる食材を毎日こまめに買い物する家庭なら、5~6人でも使いこなせます。家族の食生活のスタイルを考慮して、冷蔵庫にどの程度の量の食材を保管するかを考えておきましょう。

400L台の冷蔵庫のメリット

By: panasonic.jp

400L以上の冷蔵庫には、メーカーが独自に開発した技術が多く搭載されています。そのため、できるだけ高性能なモデルを選びたい方にも400L以上の冷蔵庫はおすすめ。省エネにも配慮しており、年間消費電力量が少ないのもポイントです。

まとめ買いに対応できるのはもちろん、人数に対して余裕を持ったサイズで選んでおくと、急に大量の食品を保管する必要に迫られたときでも慌てずにすみます。

400L台の冷蔵庫の選び方

サイズ感や重さをチェック

By: amazon.co.jp

冷蔵庫を設置する場合、放熱やドア開閉のためにある程度のスペースを空けることが重要です。隙間が不要なタイプでも、壁の変色や結露などが気になるときは壁から3cm以上離しましょう。

冷蔵庫を2階に置く場合は重さや大きさも重要です。階段や廊下を通れるかなど、配送業者が問題なく運べるか確認しておきましょう。

消費電力をチェック

By: amazon.co.jp

省エネを気にする方は、冷蔵庫の年間消費電力を考慮して選びましょう。ほとんど同じ基本性能のモデルのなかから1台を選ぶなら、消費電力が低い冷蔵庫を選んだほうがランニングコストを減らせるのでおすすめです。

ただし、消費電力ばかりに注目して冷蔵庫を選んでしまうと、性能のチェックを疎かにしてしまうこともあります。必要最低限の機能が備わっているかどうかをチェックしたうえで、冷蔵庫の消費電力を比較してみてください。

ドアの開く方向をチェック

400L台の冷蔵庫には、左開きや右開き、観音開きなど、さまざまな扉の開き方があります。どの冷蔵庫を選べばキッチンで使いやすいかも検討しておきましょう。

もっとも使いやすいのは、キッチンの調理台からすぐ食材を取り出せる方向に扉が開くタイプ。キッチンが狭くて奥行きがない場合は、扉の幅が狭い観音開きの冷蔵庫がおすすめです。

野菜室と冷凍室の位置をチェック

By: panasonic.jp

冷蔵庫はメーカーやモデルによって、野菜室と冷凍室の位置が異なります。野菜をよく使うなら、野菜室が中央にある冷蔵庫を選びましょう。

一方、買いだめをして冷凍した食品を調理に使うことが多いなら、冷凍室が中央にある冷蔵庫がおすすめ。自動で氷を作れる自動製氷器もあわせて中央付近に設置されているため、氷の出し入れがしやすいのもポイントです。

その他機能をチェック

ガラストップ

By: amazon.co.jp

前面に強化ガラスを採用している「ガラストップ」タイプを採用する冷蔵庫が増えています。ガラスの光沢感によりスタイリッシュな見た目になるため、生活感が出てしまいがちな冷蔵庫をよりおしゃれに演出。インテリアにこだわりたい方にもおすすめです。

また、強化ガラスは耐久性・耐衝撃性・耐熱性に優れており、傷が付きにくいのも魅力。汚れも付きにくく、さっと拭き取れるのでお手入れが簡単なのもポイントです。

脱臭機能

家電メーカーが力を入れている機能のなかに脱臭機能があります。例えば、シャープの家電に採用されている「プラズマクラスター」は、プラズマクラスターイオンの力で雑菌を減らせると謳っており、雑菌繁殖による嫌なニオイの発生を予防する効果が期待できます。

また、パナソニックの「ナノイー」も代表的。除菌や脱臭に効果的と謳っています。冷蔵庫を開けたときのニオイが気になる方は、チェックしておきましょう。

自動製氷

By: panasonic.jp

400L台を超える冷蔵庫の多くが自動製氷機能を搭載しています。冷たい飲み物を頻繁に飲んだり、スポーツをするときに水筒を持って行ったりと、氷の消費量が多い方は短時間で氷を作れる急速製氷機能が搭載された冷蔵庫がおすすめです。

また、お手入れのしやすさもポイント。製氷用の給水タンクだけでなく、製氷皿やポンプまで取り外して洗える冷蔵庫もラインナップされています。

400L台の冷蔵庫のおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: panasonic.jp

パナソニックの冷蔵庫は、冷凍室と野菜室を目一杯引き出せる「ワンダフルオープン」が魅力です。冷蔵庫内の奥まで見渡せるので必要な食材を見つけやすく、使い忘れや重複買いを防げます。重さを分散するベアリング式のレールを採用しているので、冷蔵庫を片手でスムーズに開閉可能です。

また、チルドと冷凍の長所を兼ね備えた「微凍結パーシャル」もポイント。チルドより温度が低い約-3℃で微凍結するため、食品の細胞を傷めにくく鮮度を長く保てると謳っています。解凍せずに切れるので、時短調理をしたい方にもおすすめです。

三菱電機(MITSUBISHI)

By: rakuten.co.jp

三菱電機の冷蔵庫の強みは温度管理。一部のモデルには、約-7℃で食材をソフト冷凍する「切れちゃう瞬冷凍A.I.」機能が搭載されており、解凍しなくても必要な分だけスプーンですくったり包丁で切ったりできます。肉や魚など凍結してくっつきやすい食材も簡単にはがせるので、小分けの手間がなく便利です。

また、約-3~0℃のチルドより低温で保存する「氷点下ストッカーD A.I.」によって、傷みやすい肉や魚を生のまま保存しても鮮度がキープできるのもポイント。取り出してすぐに調理ができます。まとめ買いや作り置きをすることが多い方におすすめです。

日立(HITACHI)

By: amazon.co.jp

日立の冷蔵庫の特徴は、密閉保存が可能な「真空チルド」。独自の真空構造でチルドルームを低酸素にすることで、食材の鮮度と栄養を守ります。また、食材に合わせて温度が選べるのもポイント。食材の風味や食感を損なわずに保存できると謳っています。ただし、すべてのモデルに搭載されている機能ではないので、事前に確認しておきましょう。

そのほか、日立は野菜の保存に強いのも魅力です。「新鮮スリープ野菜室」では、高濃度の炭酸ガスで野菜を保存。「うるおいカバー」で密閉度を高め、適度な水分量を維持しながら野菜のうるおいを守ります。野菜の鮮度をできるだけキープしたい方や、週末に作り置きすることが多い方におすすめです。

東芝(TOSHIBA)

By: rakuten.co.jp

東芝の冷蔵庫は多くのモデルが中段に野菜室を配置しているため、野菜をスムーズに出し入れできるのがメリットです。野菜くずや泥で汚れた庫内のお手入れも、無理のない姿勢でラクに行えます。

水分を多く含んだ「うるおい冷気」が冷蔵庫内を循環し、乾燥を防ぐのがポイント。野菜や食材を新鮮に保ちたい方におすすめです。

400L台の冷蔵庫のおすすめモデル

パナソニック(Panasonic) 冷蔵庫 NR-F476XPV 470L

食材ごとに適した温度で保存ができる

ニオイ移り対策ができる「ナノイー」搭載の冷蔵庫。庫内に繁殖する菌を抑制する効果が期待でき、清潔に保てます。

チルドより低い約-3℃の「微凍結パーシャル」で、生鮮食品を完全に凍らせることなく保存可能。肉や魚などの鮮度をしっかりと保てるのが魅力です。

チルドと微凍結パーシャルは切り替えられる仕様になっており、食材ごとに適した温度の保存ができます。また、解凍する手間も省けるため、忙しい時間に時短で調理したい場合もぴったりです。

庫内の温度を自動でコントロールする「Wシャキシャキ野菜室」が採用されているのがポイント。湿度をコントロールし、葉野菜などの鮮度をキープできます。食材を一度に買い込む方に使いやすい製品です。

パナソニック(Panasonic) 冷蔵庫 NR-FV45S6 451L

狭いキッチンにも設置しやすいおすすめのモデル

「ワンダフルオープン」が採用された冷蔵庫。野菜室と冷凍庫が100%全開でき、奥の食材が取り出しやすいため、使い忘れや二重買いを減らせます。奥行が63.3cmと薄型設計なため、狭いキッチンにも設置しやすいのがポイントです。

また、1週間の生活リズムを学習する「エコナビ」を搭載。収納量に合わせて自動で運転を制御するため、節電効果が期待できます。

冷蔵庫内はコンプレッサーが上部にあり、最上段まで手が届いて使いやすい「トップユニット方式」を採用。最上段奥のデッドスペースが減るため、冷蔵室の天地や野菜室・冷凍室の奥行きが広く、大容量なのがポイントです。

パナソニック(Panasonic) 6ドア冷蔵庫 MEXタイプ NR-F486MEX

食材を新鮮な状態で1週間も保存することができる

小柄な方でも上段まで使いやすい冷蔵庫。高さが175cmなので無理のない姿勢で使用でき、頻繁に料理をする方にもおすすめです。野菜室が真ん中にあるため、重い野菜の出し入れも簡単。加湿もできる新フィルターによって、食材を約1週間新鮮に保存できます。

パーシャル室は、約-3℃の微凍結で食材を約1週間新鮮に保存できる「微凍結パーシャル」と「冷凍」で切り替えが可能。冷凍での設定時には、業務用レベルの急速冷凍でおいしさを保つ「はやうま冷凍」や「はやうま冷却」に対応しています。

菌の繁殖やニオイの対策に役立つ「ナノイーX」が搭載されているのもポイント。チルドルーム横には「アレンジストッカー」が備わっており、生活スタイルに合わせた整頓が可能な製品です。

パナソニック(Panasonic) 5ドア冷蔵庫 NR-E455PX

耐久性や耐熱性に優れているガラストップタイプの冷蔵庫。ガラスの光沢がキッチンをスタイリッシュに演出します。幅600mmのスリム設計で、設置しやすいのが魅力です。

鮮度の長持ち効果が期待できる「微凍結パーシャル」を搭載。約1週間新鮮さをキープできる「シャキシャキ野菜室」は手軽に全開でき、食品をたっぷりと収納できます。

冷蔵庫内は、清潔さを保ちやすい「全段ガラス棚」仕様。ドアポケットは大容量の4段ポケットで、食材をたっぷり保管できます。また、平日・土曜・日曜など生活リズムに合わせてかしこく節電できる「エコナビ」が搭載されているのもポイントです。

パナソニック(Panasonic) 冷蔵庫 NR-E415PV

「ナノイー」が搭載された冷蔵庫。肉や魚などの生鮮食品を清潔な空間で保存できるのが特徴です。チルドよりも低温の「微凍結パーシャル」が搭載されており、食材を完全に凍らせることなく、手軽な調理に役立ちます。上部のシャワー冷却と底面のアルミ冷却プレートで、食品をムラなくスピーディーに冷却できるのがポイントです。

冷凍室と野菜室は手軽に全開でき、奥までしっかり見えて食品の整理がしやすい仕様。底面が広いため、たっぷりと収納できます。本製品はガラスドアで、優れた耐久性と耐熱性を備えているのも魅力です。

収納された食品の量をセンサーで感知して、運転状況を見極めながら省エネ運転するため、生活リズムに合わせた効率のよい節電をしたい方に適しています。

三菱電機(MITSUBISHI) MBシリーズ MR-MB45G

AIが家庭ごとの生活パターンを学習して、部屋別にそれぞれ適した運転をする幅60cmの冷蔵庫。全ての部屋が仕切られた独立構造で、部屋ごとの温度や扉の開閉などを見張りながら効率よく冷やします。また、家庭ごとの使い方を学習して、部屋別に消費電力を抑えられるのも特徴です。

肉や魚などの生鮮食品や、野菜などを自動で冷凍できるのも魅力。さらに、解凍なしですぐに使えるため時短にも繋がります。野菜室が真ん中に設計されており、見やすさと整理しやすさが向上しているのもポイントです。

製氷皿からポンプまでの給水経路を洗える「まるごとクリーン清氷」もメリット。機能性に優れたスリムな冷蔵庫が欲しい方はぜひチェックしてみてください。

三菱電機(MITSUBISHI) CDシリーズ MR-CD41BKF-BR

スリムタイプながら、たっぷり収納できる405Lの冷蔵庫。加工食品や乳製品、作り置きおかずなどの食品をまとめて保存できる「ワイドチルド」が搭載されています。

冷蔵庫内は全段ガラスシェルフになっており、汚れを手軽に拭き取れるのが特徴。棚の間隔は好みで変えられるため、食品を効率よく収納可能です。また、冷凍庫内は大容量仕様で、まとめ買いした冷凍食品もすっきりと収まります。

肉や魚などを保存できる「氷点下ストッカー」は、凍らせなくてもおいしさが長持ちするのが魅力。解凍の手間を省きながら、傷みやすい生鮮食品の鮮度を保てます。チルドや冷蔵室よりも低温なため、食材の変色を抑えられるのもメリットです。

三菱電機(MITSUBISHI) Bシリーズ MR-B46F

幅60cmとスリムな設計ながら、大容量455Lの冷蔵庫。スタイリッシュなガラスドアで、耐久性や耐熱性に優れているのが特徴です。肉や魚を解凍せずにサッと切れる「切れちゃう瞬冷凍」で、忙しい時間にも手軽に調理できます。

密閉うるおい構造が施された「朝どれ野菜室」は、安定した低温環境で水分の蒸発を押さえて、野菜のみずみずしさをキープ可能。LED照射エリアで保存した野菜はビタミンCアップの効果が期待できるのも魅力です。

また、製氷皿からポンプまで給水経路を全て洗えるのもメリット。清潔でおいしい氷が毎日楽しめます。さらに、本製品にはAIが搭載されており、家庭ごとの使い方を学習して省エネや節電のサポートができるのもポイント。使い方や運転状況を確認しながらエコへ繋げたい方におすすめです。

三菱電機(MITSUBISHI) 6ドア冷蔵庫 MR-WX47F

奥行65cmと薄型設計の冷蔵庫。狭い設置場所にもすっきりと収まり、圧迫感なく使用できます。肉や野菜などの食材を解凍せずにそのまますぐ使える「切れちゃう瞬冷凍」を搭載。時短で料理したい場合に便利です。

「氷点下ストッカー」では、いたみやすい食材を生のままおいしく保存可能。野菜の水分の蒸発を抑える、密封うるおい構造の「クリーン朝どれ野菜室」で、野菜のみずみずしさも保てます。

また、製氷室は丸洗いできる仕様で、清潔でおいしい氷を毎日楽しみたい方にもおすすめ。大容量とコンパクトを両立した製品です。

日立(HITACHI) Xタイプ R-X48N

クリスタルドアが採用されている冷蔵庫です。約2℃の低温で食材の鮮度が長持ちする「低温冷蔵」スペースを搭載。作り置きした料理や下ごしらえ済みの食材を、菌の繁殖を抑えながら保存できると謳われています。

冷却モードボタンで「オート急冷却」に設定すれば、あたたかい料理がそのまま入れられるのも特徴。「サッと急冷却」ではより急いで冷やせるため、食材の粗熱を取ったり、お出かけ前にお弁当を急いで冷ましたりする場合に便利です。

また、プラチナ触媒でニオイ成分を分解し、野菜の気孔を閉じて眠らせるように保存する「新鮮スリープ野菜室」を採用。うるおいカバーで野菜室全体にフタをし、水分を閉じ込めながら野菜の乾燥を防げます。キッチンになじむスタイリッシュな見た目と優れた機能性が魅力の製品です。

日立(HITACHI) HWタイプ R-HW48N

冷蔵室全段がまるごとチルドになっている冷蔵庫。温度約2℃、湿度約80%の庫内で食品の鮮度が長持ちします。食品や料理をたっぷりと収納できるため、作り置きを多くする方におすすめです。

冷気がうるおっているため、ラップをしなくても乾燥や変色を防げるのが魅力。冷却モードボタンで「クイック冷却」を選択すれば、冷蔵室全体の冷気の風量を一定時間増やし、食品をすばやく冷やせます。

「特鮮氷温ルーム」では、凍らせない約-1℃で肉や魚をおいしく保存可能。冷凍室下段の「デリシャス冷凍」では、アルミトレイが食品の熱を奪うことで早く凍らせます。さらに、薄壁設計や冷蔵庫独立冷却システムで省エネも実現されている製品です。

日立(HITACHI) 冷蔵庫 R-S40N 401L

幅60cmとスリム設計のシングルドア冷蔵庫。プラチナ触媒による「新鮮スリープ野菜室」で、野菜のみずみずしさを保てるのが魅力です。野菜室の上段スペースには、小物野菜や果物をすっきりと収納可能。たて収納スペースには、長もの野菜を立てて入れられます。

冷蔵室のポケットは、2段階で高さの調節が可能。下段右側の棚は、収納したいモノに合わせて3段階に調節できます。また、冷凍室下段のケースは3段仕様になっており、かさばる食品も整理しやすいのがメリットです。

製氷室は、給水タンクから製氷皿に直接給水する「ダイレクト給水式自動製氷」を採用。きれいな氷をたっぷりストックできる製品です。

東芝(TOSHIBA) FKシリーズ GR-S460FK-E

食材の風味と食感をキープできる、容量462Lの冷蔵庫。「うるおい冷気」によって冷蔵庫内の湿度を約85%に保ち、食材の乾燥を防ぎながら保存できます。また、庫内は全段ガラス棚を採用しており、汚れをサッと拭くだけで掃除が完了するのが特徴です。

野菜室は真ん中に配置されており、キャベツやカボチャなどの重い野菜も出し入れ簡単。冷凍室は、運転状況に合わせて適切に庫内を冷却する「オートパワフル冷凍」を採用しています。製氷皿は銀イオン抗菌が施されており、取り外さなくても清潔でおいしい氷が作れるのも魅力です。

浄水フィルターの付いた給水タンクへは、ミネラルウォーターの使用も可能。清潔でおいしい氷が手軽に作れます。さらに、24時間扉の開閉が無いと自動でお出かけモードに切り替わるなど、優れた節電機能を持つ冷蔵庫を探している方におすすめのモデルです。

東芝(TOSHIBA) GXVシリーズ GR-S41GXV

あらゆる方向から庫内が見やすい冷蔵庫。LEDの「フロントブライト照明」が採用されており、庫内天井面に加え、ドア側からも見やすい仕様です。

野菜室が真ん中に設計されており、重い野菜などの出し入れなどもスムーズに可能。気密性の高い構造で周囲から間接的に冷却し、野菜の乾燥を防ぎます。

冷凍室上段には、冷気を一気に送り込んで食材の鮮度を逃さない「一気冷凍」を採用。省スペースでも置ける片開きドアも魅力の製品です。

シャープ(SHARP) SJ-W413G

プラズマクラスター搭載のスリムな冷蔵庫。庫内をプラズマクラスターイオンが包み込み、冷気を除菌すると謳われています。また、ペットボトルが手軽に出し入れできるローウエスト設計になっており、小柄な方にも使いやすいのが特徴。ドアポケットは高さが好みに変えられます。

上段冷凍室は、スピーディーに食品を凍らせる「おいそぎ冷凍」仕様。おいしさや栄養分をすばやく封じ込めます。下段冷凍室は、通常冷凍よりさらに低温で保存する「新鮮冷凍」仕様になっており、温度の上昇を抑えて食品の鮮度を守れるのも魅力です。

また、ボタンを押すだけで製氷皿と給水パイプの洗浄が手軽に可能。給水タンク・ポンプ・製氷皿にはAg+イオン加工が施されており、清潔さを保てます。さらに、左右どちらからも開閉できる「どっちもドア」もポイント。25項目の省エネ技術を採用しているため、節電しながらより快適に使える冷蔵庫を探している方におすすめのモデルです。

シャープ(SHARP) プラズマクラスター メガフリー SJ-GT42E

左右どちらからでも開閉できる「どっちもドア」の冷蔵庫。ガラスドアのすっきりとしたデザインが特徴です。庫内は「プラズマクラスター」が採用されており、冷気だけでなく付着菌まで除菌すると謳われています。

また、約2~5℃の低温をキープしながら高湿コントロールをする「雪下シャキット野菜室」を採用。大容量の冷凍室は4つに仕切られており、サイズが異なる冷凍食品なども探しやすいのが魅力です。

「おいそぎ冷凍」では、食品に付く霜を抑えて鮮度を守り、ドリップを抑えながら一気に冷凍可能。銀イオンで加工された製氷皿は、製氷皿と給水パイプともに水洗いできるため、お手入れを簡単に済ませたい方にもおすすめの製品です。

ハイアール(Haier) Global Series JR-NF468A

おしゃれなデザインの4ドア冷蔵庫。凹凸のないシンプルなガラスドアトップで、洗練された美しさを演出しています。大きな食材をたっぷり収納できるほか、冷気も逃がしにくい設計を採用しているのがポイントです。

冷凍室内は、6段の「区っ切り棚冷凍室」で散らかりを解消。「ドア面操作パネル」を使えば、用途に合わせてモード設定ができます。

アクア(AQUA) 冷蔵庫 AQR-V46J 458L

スリムかつ大容量の4ドア冷蔵庫。モダンな色合いで、デザイン性の高い製品です。冷蔵室から野菜室が見渡せる設計になっており、中身の確認がしやすいのが特徴。何がどのくらい残っているかが分かりやすく、食材をうまく管理するのに適しています。

食材への霜の付着を防ぐ「おいシールド冷凍」も魅力。肉などのドリップを抑制しながら保存できます。機能性とデザイン性どちらも兼ね備えた冷蔵庫を探している方は、ぜひチェックしてみてください。