400L台の冷蔵庫は、多くの食材を保存できるので家族はもちろん、二人暮しでこれから家族が増える方にもおすすめです。ただし、製品によって機能はさまざまなのでどれを選べばいいか悩んでしまうのではないでしょうか。

そこで今回は、400L台の冷蔵庫の選び方とおすすめのモデルを紹介します。冷蔵庫は高価な家電なので、いくつかのモデルを比較して慎重に選びましょう。

400L台の冷蔵庫に適した人数

冷蔵庫は一般的に1人あたり100~150Lの容量が必要とされています。これを基準に考えると400Lの冷蔵庫は3~4人家族に適した容量です。しかし、使い方によっては多少人数の増減があっても400Lの冷蔵庫を快適に使えるので、この点も理解しておきましょう。

共働き夫婦で1週間の食材を買いだめする習慣があるなら、2人暮らしでも400L台の冷蔵庫を十分活用できます。特に将来子供が生まれる可能性がある場合は、400L以上の冷蔵庫を選んでおいたほうが便利です。

買いだめをせずにその日に食べる食材を毎日こまめに買い物する家庭なら、5~6人でも400L台の冷蔵庫を使いこなせます。家族の食生活のスタイルをよく考え、冷蔵庫にどの程度の量の食材を保管するかを考えてみましょう。

400L台の冷蔵庫のメリット

By: panasonic.jp

メーカーが独自に開発した最新技術は、基本的に400L以上の冷蔵庫から搭載されます。できるだけ高性能モデルを選びたい方は400L以上の冷蔵庫がおすすめです。省エネ技術も、400L台のモデルのほうが性能が高く、年間消費電力量が少ないのもポイント。

そのほか、まとめ買いに対応できるのはもちろん、人数に対して余裕をもったサイズで選んでおくと、急に大量の食品を保管する必要に迫られた場合に慌てる必要がありません。

また、400L台前半と300L台ではどちらも幅が60cmのモデルが主流なので、サイズに違いはほとんどありません。長く使う大型家電なので、置けるスペースがあれば400L以上のモデルがおすすめです。

400L台の冷蔵庫の選び方

サイズ感や重さをチェック

冷蔵庫を選ぶ上で必ず確認すべきなのが設置場所のサイズ。冷蔵庫を設置する場合は上下左右にある程度の放熱スペースが必要なので、この分も計算して選びましょう。

冷蔵庫を2階に置く場合は重さも重要です。重すぎる冷蔵庫を2階に設置するのは大変な作業なので、重量を確認して配送業者が問題なく運べるかを確認しておきましょう。

消費電力をチェック

By: panasonic.jp

省エネを気にする方は、冷蔵庫の年間消費電力を考慮して選びましょう。ほぼ同じ基本性能のモデルのなかから1台を選ぶなら、消費電力が低い冷蔵庫を選んだ方がランニングコストを減らせます。

ただし、消費電力ばかりに注目して冷蔵庫を選んでしまうと基本性能のチェックが甘くなるので、必要最低限の機能が備わっていることを前提の上で冷蔵庫の消費電力を比較しましょう。

ドアの開く方向をチェック

400L台の冷蔵庫には扉の開き方がさまざまあります。左開き・右開き・両開き・観音開きのどの冷蔵庫を選んだらキッチンで使いやすいかをよく検討しましょう。

一番使いやすいのはキッチンの調理台からすぐ食材を取り出せる方向に扉が開くタイプです。両方から開いたほうが使いやすいなら、シャープが特許を持つ両開きの冷蔵庫を選びましょう。キッチンが狭くて奥行きがない場合は、扉の幅が狭い観音開きの冷蔵庫を選ぶと使いやすくておすすめです。

野菜室と冷凍室の位置をチェック

By: mitsubishielectric.co.jp

冷蔵庫はメーカーやモデルによって野菜室と冷凍室の位置が異なります。野菜をよく使うなら、野菜室が中央にある冷蔵庫を購入したほうが野菜の出し入れが簡単で腰にも負担がかかりません。隅々まで見渡しやすく、野菜の使い忘れも減らせます。

買いだめをして冷凍した食品を調理に使うことが多いなら、冷凍室が中央にある冷蔵庫がおすすめです。自動製氷器も冷凍システムを共有しているため中央付近に設置され、氷の出し入れもしやすいのがポイントです。冷蔵庫から食品を出し入れする状況をよく思い返してみると、判断がしやすくなります。

その他機能をチェック

ガラストップ

By: hitachi.co.jp

最先端の冷蔵庫の多くは、前面に強化ガラスを採用している「ガラストップ」が主流。ガラスの光沢感により非常にスタイリッシュな見た目なので生活感が出てしまいがちな冷蔵庫をおしゃれなものにしてくれます。インテリアにこだわりたい方にもおすすめです。

また、強化ガラスは耐久性・耐衝撃性・耐熱性に優れており、傷付きにくいのが魅力。冷蔵庫に少し鍋をぶつけた程度ではへこんだりせず、美しい状態をキープできます。汚れも付きにくく、さっと拭き取れるので手入れが簡単。

なお、ガラストップの冷蔵庫はマグネットが付かないので冷蔵庫に買い物メモや、家族への伝言をマグネットで貼っておきたい方は注意が必要です。

脱臭機能

冷蔵庫メーカーが力を入れている機能のなかに脱臭機能があります。例えばシャープが多くの家電に採用している「プラズマクラスター」は、プラズマクラスターイオンの力で雑菌を減らせるのが特徴。雑菌繁殖による嫌なニオイの発生を予防します。

市販の消臭剤と違うのは、ニオイが発生した後に消すのではなく、ニオイの発生をもとから防ぐこと。これにより冷蔵庫内の食品に嫌なニオイが移るのを防ぎます。

ほかにもパナソニックなら「ナノイー」など、脱臭機能の仕組みはさまざま。冷蔵庫を開けた時のニオイが気になる方は脱臭機能がしっかりと搭載されているか確認しましょう。

自動製氷

By: panasonic.jp

自動製氷は冷蔵庫が自動で氷を作ってくれる機能のこと。300L台までは付いていない冷蔵庫が多く、400L台を超えると自動製氷機能を搭載した冷蔵庫がほとんどですが、メーカーや冷蔵庫の機種によって自動製氷の特徴も変わってきます。

冷たい飲み物を頻繁に飲んだり、スポーツをするときに水筒を持って行ったり、氷の消費量が多い方は短時間で氷を作れる急速製氷機能が搭載された冷蔵庫がおすすめです。

また、お手入れのしやすさも重要なポイント。製氷用の給水タンクだけでなく、製氷皿やポンプまで取り外して洗える冷蔵庫もあります。さらに、上質な氷、透明氷を作れる機能が搭載されているモノもあるので、ライフスタイルや好みに合わせて選びましょう。

400L台の冷蔵庫のおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

パナソニックの冷蔵庫は、冷凍室と野菜室が目一杯引き出せる「ワンダフルオープン」も魅力です。冷蔵庫内の奥まで見渡せるので必要な食材を見つけやすく、使い忘れや重複買いを防げます。また、重さを分散するベアリング式のレールを採用しているため、冷蔵庫を片手でスムーズに開閉が可能です。

また、チルドと冷凍の長所を兼ね備えた「微凍結パーシャル」が魅力。チルドより温度が低い「約-3℃」で微凍結するため、食品の細胞を傷めにくく鮮度を長く保てるのがメリットです。解凍せずに、切る・はがす・つまむ・すくうができるので時短調理をしたい方にもピッタリ。ただし、搭載されていないモデルも多くラインナップされているため、購入前に確認しておきましょう。

三菱電機(MITSUBISHI)

By: amazon.co.jp

三菱電機の冷蔵庫の強みは温度管理。一部のモデルに搭載されている、約-7℃で食材をソフト冷凍する「切れちゃう瞬冷凍」では、解凍しなくても必要な分だけスプーンですくったり包丁で切ったりできます。肉や魚など凍結してくっつきやすい食材も簡単にはがれるので小分けの手間がなく便利です。

約-3~0℃のチルドより低温で保存する「氷点下ストッカーD」は、傷みやすい肉や魚を生のまま保存しても鮮度がキープできます。取り出してすぐに調理できるのもポイントです。

2~3週間程度なら「切れちゃう瞬冷凍」、1週間程度なら「氷点下ストッカーD」、長期保存なら「冷凍庫」と、用途に合わせて食材管理ができるのが魅力。まとめ買いや作り置きをすることが多い方におすすめです。

日立(HITACHI)

By: amazon.co.jp

日立の冷蔵庫といえば密閉保存が可能な「真空チルド」。独自の真空構造でチルドルームを低酸素にすることで、食材の鮮度と栄養を守ります。食材にあわせて「約-1℃」と「約+1℃」から温度が選べるのもポイント。食材の風味や食感を損なわずに美味しく保存できます。ただ、全てのモデルに搭載されている機能ではないので事前に確認しておきましょう。

そのほか、日立は野菜の保存に強いのが特徴です。「新鮮スリープ野菜室」では高濃度の炭酸ガスで野菜を眠らせるように保存。「うるおいカバー」で密閉度を高め、適度な水分量を維持しながら野菜のうるおいや栄養素を守ります。野菜の鮮度をできるだけキープしたい方や、週末に一気に作り置きすることが多い方には、日立の冷蔵庫がおすすめです。

東芝(TOSHIBA)

By: amazon.co.jp

東芝の冷蔵庫はほとんどのモデルが中段に野菜室を配置しているため、スムーズに出し入れできるのが利点です。野菜くずや泥で汚れた庫内のお手入れも、無理のない姿勢でラクに行えます。大根やキャベツなど、かさばる重い野菜の取り出しも楽で、野菜の出番が多い家庭で人気です。

水分を多く含んだ「うるおい冷気」が循環し、「ミストチャージユニット」が風を防いでうるおいだけを野菜室内に送り、野菜に適した温度・湿度にコントロール。乾燥や結露を防ぎ、野菜の鮮度を長く保てるのがポイントです。

冷蔵庫内を低温・高湿度に保つことで、野菜が休眠状態になるため栄養素アップも期待できます。野菜を新鮮に保ちたいという方におすすめです。

400L台の冷蔵庫のおすすめモデル

パナソニック(Panasonic) パーシャル搭載冷蔵庫 450L NR-F454HPX

パナソニック(Panasonic) パーシャル搭載冷蔵庫 450L NR-F454HPX

空気をすばやく除菌・脱臭し、冷蔵庫内を清潔な状態に保ってくれる「ナノイーX」を新たに搭載した450Lモデル。全体的に低めに作られているため、最上段に手が届きやすいので、女性の方でも安心して使用できます。

上部のチルド専用スペースは、-3℃の微凍結パーシャルに切り替えることも可能。食品を素早く冷やすことでチルドより長持ちしやすいだけでなく、冷凍ではないため、取り出してすぐに使うことができます。

パナソニック独自のトップユニット方式を採用しており、これまで下部の野菜室や冷凍室の裏にあったユニットを最上部へ持ってくることで、野菜室や冷凍室を広く使えるのが魅力。この方式により最上部の奥行きが短くなり、食品が奥に入り込む心配がありません。

そのほか、野菜に最適な湿度をコントロールして約1週間野菜をシャキシャキに保つ野菜室、自動で使用頻度や収納量を計算し、最適な節電をしてくれる「エコナビ」など、使いやすさを重視したモデルです。

パナソニック(Panasonic) パーシャル搭載冷蔵庫 406L NR-E414V

パナソニック(Panasonic) パーシャル搭載冷蔵庫 406L NR-E414V

幅60cmのスリムタイプながら、199Lと充実の冷蔵室を備えた片開きモデル。独自技術の微凍結パーシャルは-3℃で食品を新鮮なまま保存し、解凍の手間を省いてくれる便利な機能です。

比較的安価なモデルながら、年間消費電力量は289kWhと、最新の省エネ技術を搭載。ドアの開閉回数や使用する時間帯・収納量・庫内の湿度など、さまざまな角度から自動で節電を行ってくれる技術「エコナビ」も採用されています。

野菜室や冷凍室は最後まで引き出せるつくりで、奥の方の食品の取り出しも楽々。ドアトップは鋼板タイプなので、マグネットでレシピなどを貼り付けられるのも嬉しいポイントです。

三菱電機(MITSUBISHI) 6ドア冷蔵庫 455L MR-MX46E

三菱電機(MITSUBISHI) 6ドア冷蔵庫 455L MR-MX46E

幅、奥行きともに65cmのスリムタイプ冷蔵庫。455Lと大容量ですが、フレンチドアタイプなので、開ける際に場所を取りません。カラー展開は清潔感のあるホワイトとグラデーションブラウンの2色。どちらもキッチンに馴染む色で、汚れをさっと拭きやすいガラストップです。

最大の特徴は、真ん中の段に設置された野菜室。キャベツや大根などの重い野菜を屈んで取る必要がない、身体に優しい設計です。また、エリアが4つに分かれているため、野菜ごとに収納できます。

製氷室横の冷凍スペースは、新技術「切れちゃう瞬冷凍」に対応。-7℃で食品の芯からすばやく凍らせるため、食品の旨味成分を逃さず新鮮な状態で冷凍できます。解凍することなく、そのまま切る・すくう・ほぐすことができるので、忙しい家庭にもおすすめのモデルです。

三菱電機(MITSUBISHI) 5ドア冷蔵庫 455L MR-B46D

三菱電機(MITSUBISHI) 5ドア冷蔵庫 455L MR-B46D

幅60cmのスリムタイプながら455Lの大容量を実現した冷蔵庫。年間消費電力量は245kWhで、経済産業省が設定した省エネ基準の達成率が107%と、環境にも家計にも優しいモデルです。

冷蔵室は239Lと余裕があり、冷却中に発生した霜を利用して庫内の食品を乾燥から守ります。チルドスペースにある「氷点下ストッカールーム」は、-3~0℃で食品を新鮮に保存。生肉や魚の保存のほか、冷凍していた食品の解凍にも利用できます。

また、製氷時に水が通るパーツを全て外して洗うことも可能。細かいところまで洗浄できるので、雑菌の繁殖を抑えて安全な氷を作れるため、小さい子どものいる家庭におすすめです。

そのほか、解凍いらずの「切れちゃう瞬冷凍」、野菜のみずみずしさを保ち栄養素を増やす「朝どれ野菜室」など、メーカーの最新技術が詰め込まれています。

日立(HITACHI) 冷蔵庫 401L R-S40J

日立(HITACHI) 冷蔵庫 401L R-S40J

幅60cm、401Lのコンパクトモデルです。デザインはシンプルな片開きスタイルで、ドアには強化ガラスを使用し、お手入れがしやすく清潔感があります。

最大の特徴である「真空チルド」機能は、チルド室内の空気を真空ポンプで0.8気圧まで真空化し、食品の酸化を防ぐ日立の独自技術。密封されるので、食品の乾燥も防いでくれます。この機能によってラップがいらないので、環境にも優しい冷蔵庫です。

チルド室と野菜室に搭載された「プラチナ触媒」は、野菜から出るエチレンガスやニオイ成分を分解。野菜の呼吸を抑えて眠るように保存するため、新鮮さが長持ちします。

従来モデルで採用されていた光触媒よりも効率的に劣化成分を分解してくれるので、より鮮度が高い状態を保てるのがポイント。葉野菜などの乾燥しやすい食品を多く保存する方におすすめの冷蔵庫です。

シャープ(SHARP) 両開き冷蔵庫 415L SJ-GT42E

シャープ(SHARP) 両開き冷蔵庫 415L SJ-GT42E

左右どちらからも開くことが出来る、両開きタイプの冷蔵庫。引っ越しで間取りが変わってしまった場合でも買い換える必要がありません。

シャープといえば、このモデルにも搭載されているプラズマクラスター。庫内に放出されたプラズマクラスターイオンが食品を包み込むことで、浮遊菌や付着菌の除菌が期待できます。

冷蔵室内にある野菜室は、上部の仕切りによってうるおいを密封。さらに低温で冷却することで、雪の下に保存しているような環境を再現しているため、デンプンが糖に分解されて野菜の甘味成分がアップします。

また、冷凍室が大容量なのもこのモデルの特徴。製氷室と上下の冷凍室合わせて151Lもの収納スペースで、週末の買いだめも安心です。

シャープ(SHARP) プラズマクラスター冷蔵庫 412L SJ-W411E

シャープ(SHARP) プラズマクラスター冷蔵庫 412L SJ-W411E

最新の節電技術を取り入れつつ価格を抑えた、コスパの高いモデル。ドアは左右どちらからも開くことができる両開きタイプです。全体を低めに設計してあるため、身長の低い女性でも重い食品を楽に出し入れできるのもポイント。

低価格でも欲しい機能はしっかり抑えられています。独自技術のプラズマクラスターは庫内の菌の繁殖を抑え、新鮮な空気で食品を清潔に保存。また、「新鮮冷凍」は食品を通常よりも更に低温で冷凍することで、霜を抑えておいしさを逃しません。

さらに25項目での省エネ技術を採用。家庭ごとに異なる冷蔵庫の使用頻度や使用状況を自動で判断し、消費電力を最適なシーンで抑えてくれるため、最大25%も節電が可能です。

東芝(TOSHIBA) VEGETA 460L GR-P460FW

東芝(TOSHIBA) VEGETA 460L GR-P460FW

重い野菜が取り出しやすいよう真ん中に設置し、利便性を向上した冷蔵庫。湿度の高い空気を頻繁に野菜室に送る「ミストチャージユニット」を搭載し、野菜の保存に最適な湿度を保ちます。

また、野菜の劣化を引き起こすエチレンガスを分解するプラチナ触媒をミストチャージユニットへ組み込むことで、野菜本来の色や食感を長く保つため、野菜の買いだめにも便利です。さらに野菜の糖度やビタミン、ポリフェノールなどの栄養素の残存率も従来品より大幅にアップしています。

使用状況を自動で判断し、最適な節電モードへ移行する自動節電モードも搭載。年間消費電力量は驚きの240kWhと経済的です。また、手を近づけることで自動でドアが開くタッチオープンドアを採用し、料理中に手が汚れていても汚すことなく使用できます。

シャープ(SHARP) 耐震ロック機能付冷蔵庫 485L SJ-GF50B-T

シャープ(SHARP) 耐震ロック機能付冷蔵庫 485L SJ-GF50B-T

地震の揺れを感知すると、自動でドアをロックして食品の飛び出しを防いでくれる耐震ロック機能付き冷蔵庫。揺れでドアが開いてしまうと、重心が傾き冷蔵庫本体の転倒にも繋がるため、ついていると安心な機能です。

また、冷蔵庫が便利な機能を音声で案内してくれる「ココロエンジン」や、大きく透明度の高いロック用の氷など4種類の氷を作れる機能なども搭載。

ステンレンスパネルで優しく冷やす「ステンレスミスト冷蔵室」を採用しているので、食品乾燥を抑えて鮮度が高い状態を持続することも可能。そのほか、プラズマクラスターイオンを放出して庫内のカビを抑え、清潔な状態をキープできます。あると嬉しい機能を揃えた、使いやすい冷蔵庫です。

日立(HITACHI) フレンチ6ドア冷蔵庫 475L R-XG48J

日立(HITACHI) フレンチ6ドア冷蔵庫 475L R-XG48J

まだ温かさの残る食品を急速に冷却し、まわりの食品への影響や菌の繁殖を抑える急冷却スペースを設けた冷蔵庫。温度センサーが自動で食品の温度を測り急冷却するため、まだ粗熱を取り切れていない鍋やお弁当などをそのまま保管できます。

食品を真空状態で密閉保存し、乾燥や風味の劣化から守る真空チルド機能も搭載。保存温度は約-1℃なので食品を凍らせず、生肉や魚の鮮度が落ちにくいほか、栄養素の減少も抑えます。ラップをしなくても乾燥を抑えてくれるため、手間を省きたい方にも嬉しい機能です。

また、野菜室全体をカバーで覆い密閉度を高めるため、野菜の乾燥を抑制。さらにプラチナ触媒を設置し、野菜から放出されて劣化の原因となるエチレンガスやニオイ成分を分解して炭酸ガス濃度を高めることで、野菜をみずみずしい状態で保存します。