日常生活において必要不可欠な家電のひとつ「冷蔵庫」。ライフスタイルに合わせて選ぶことが大切です。しかし、機能やサイズがさまざまなため、これから二人暮らしを始める方は、どこまでこだわるべきかを悩む場合も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、二人暮らしにおすすめの冷蔵庫をサイズごとにご紹介。付加機能を搭載したモデルやシンプルさにこだわったモデルなど、さまざまな製品からベストな1台を見つけてみてください。

二人暮らしに適した冷蔵庫の容量

あまり料理や買い貯めをしないなら300L以下で十分

By: jp.sharp

冷蔵庫の適切な容量は、一般的に「人数×70L+常備食材分100L+予備分70L」という計算式で求められます。二人暮らしならば、容量310L程度の冷蔵庫を選ぶのがおすすめです。しかし、計算式で求められるのはあくまで一般的な目安の容量であり、ライフスタイルによって適切な容量は異なります。

たとえば、共働きで外食やデリバリーを利用する機会が多いのであれば、食材を買い貯めておく必要がないため、300L以下の容量でも十分。容量300L以下の冷蔵庫はコンパクトなモノが多く、省スペースで設置できるのもメリットです。料理をする機会の少ない方や、狭いキッチンに設置しやすい冷蔵庫を探している方は300L以下のモデルをチェックしてみてください。

毎日料理をするなら300~400Lがおすすめ

By: jp.sharp

毎日自炊をする場合は、容量300〜400Lの冷蔵庫がおすすめです。料理に使う食材だけでなく、作り置きのおかずや食べきれなかったご飯、料理などもたっぷり保存できます。

まとめ買いや買い貯めが多い方は、400L程度あると安心です。冷蔵室・冷凍室・野菜室の各容量は製品によって異なるので、よく購入する食材なども考慮して使い勝手のよいモノを選んでみてください。

将来人数が増えるなら400L以上でもOK

By: aqua-has.com

一般的に、冷蔵庫の寿命年数は8〜10年程度。長く使うことを考えている場合には、将来のことも考慮して必要な容量を決めるのもおすすめです。

たとえば、現在は二人暮らしでも、将来家族が増えればより大きな容量が必要になります。子供が成長すると食べる量も増えるので、野菜室や冷蔵室の容量が大きめの製品を選んでおくと安心です。

また、容量400L以上のモデルは、機能性に優れたモデルが多いのも特徴。買い貯めが多い方や、機能が充実した冷蔵庫を探している方にも適しています。

二人暮らし向け冷蔵庫の選び方

サイズをチェック

使用者の身長に合わせる

By: jp.sharp

身長の低い方が背の高い製品を使う場合、上段に収納した食品が見えなかったり、食材の出し入れの度に踏み台が必要になったりするので注意が必要。身長差があるカップルなどが二人暮らしをする際は、棚の高さを調節できる製品や、使用頻度の高い野菜室が真ん中にレイアウトされている製品がおすすめです。

「冷蔵庫の幅+10mm」のスペースが必要

冷蔵庫を設置する際には、熱を逃がすための放熱スペースの確保が必要です。メーカーや製品によって細かな数値は異なりますが、一般的な冷蔵庫を設置する際には、冷蔵庫本体のサイズに加えて左右各5mm以上の隙間を空ける必要があります。

放熱スペースが十分に確保できないと放熱が上手くいかず、場合によっては冷えにくくなるため、できれば余裕をもって10mm以上の隙間を確保しておくのがベストです。事前に設置場所のサイズを計測して、十分な放熱スペースが確保できるサイズの冷蔵庫を探すようにしましょう。

搬入導線のスペースを確認

By: jp.sharp

冷蔵庫は大型家電なので、キッチンまでの搬入経路を考えてサイズを決めることも重要。玄関から搬入する場合は、ドアや廊下の高さと幅を測り、冷蔵庫が通れるかどうかを確認しておきましょう。

また、ドアノブや手すりなどの障害物にも注意。ドアの端から壁までの寸法ではなく、障害物から壁までの寸法を測って冷蔵庫が通れるかもチェックしておきましょう。どうしても通れない場合は、冷蔵庫のサイズダウンを検討する必要があります。

ドアの開き方をチェック

壁がある方向で選ぶ「右開き・左開きタイプ」

By: jp.sharp

冷蔵庫を置くスペースに向かって正面に立ったとき、壁が右にあるなら右開きタイプ、左に壁があるなら左開きタイプがおすすめです。壁の方向と逆側にドアが開いてしまうと、冷蔵庫を開けている間は通路を塞いでしまい、スペースの確保が難しくなってしまいます。二人暮らしの比較的コンパクトなキッチンならば、少ないスペースを効率的に利用する配置を考えましょう。

開閉スペースが狭いときは「観音開きタイプ」

By: rakuten.co.jp

大型の冷蔵庫に採用されていることが多い観音開きタイプ。冷蔵庫の前に通路があって片開きのドアでは全開できない場所に設置しても、広く庫内を見渡すことが可能です。食品が収納されている位置にかかわらず、片方もしくは両方のドアを開けて簡単に取り出せます。開閉スペースの狭い場所に設置する際は観音開きタイプの製品を検討しましょう。

どこにも対応できる「両開きタイプ」

By: rakuten.co.jp

左右どちらからでもドアを開けられる両開きタイプ。利き手や壁の位置などを気にする必要がないので、キッチンの家具・家電がより簡単に配置できます。同居する相手と利き手が異なる場合や、購入後も模様替えなどで冷蔵庫を移動する可能性がある方におすすめです。

省エネ性能をチェック

By: hisense.co.jp

冷蔵庫のサイズや性能を確認する際、気になるのは消費電力。省エネ性能に優れた製品ならば、しっかりと食品を保存しつつ、電気代を抑えることも可能です。

最近販売されている冷蔵庫のなかには、使用頻度や生活パターンのデータを分析して自動で消費電力を調節できる製品や、ドアを全開にしなくても中のモノが取れる製品などがあります。これから二人暮らしをはじめる方や買い換えを考えている方は、ぜひチェックしておきましょう。

その他付属機能をチェック

自動製氷機能

By: panasonic.jp

「自動製氷機能」を搭載しているモノであれば、給水タンクに水を入れて冷蔵庫にセットしておくだけで自動的に氷を作れます。夏などの暑い時期に重宝する機能です。

ただし、給水タンクの定期的なお手入れが必要な点には注意が必要。氷を作るまでにある程度時間がかかることが多いので、素早く氷を作りたい方は「急速製氷」を搭載しているモデルがおすすめです。

チルドルーム

By: jp.sharp

乳製品や生鮮食品の鮮度を保つのに便利な「チルドルーム」。チルドルームは冷蔵室に比べて温度が3℃前後低く、普通の冷蔵室に入れるよりも食品のうまみや栄養素を長持ちさせる効果が期待できます。

ただし、食品を冷凍するより保存期間が短い点には注意が必要。各メーカーによって機能が異なるので、用途に応じて適したモデルを選んでみてください。

霜取り機能

冷蔵庫は使っているうちに内部の水が凍って霜になるのが難点。最近では、ほとんどの機種に自動霜取り機能が搭載されているため、霜を取る手間が省けます。しかし、2ドアタイプで小型の機種には自動霜取り機能が搭載されていないモデルもあるので、事前にチェックしておきましょう。

冷凍室にびっしり霜がついてしまうと、霜取りが大変なだけでなく食品が冷えにくくなり鮮度を保てません。自動霜取り機能つきの冷蔵庫を選んだ方が、後々の手入れがラクになるためおすすめです。

人工知能(AI)

シャープが開発したことで話題になった、人工知能搭載の冷蔵庫。スマホからの遠隔操作で外出先でも冷蔵庫の中になにが残っているかをチェックできたり、近隣のお店の特売情報を調べられたり、献立を提案してくれたりする優れモノです。

ただし、人工知能は大型モデルに搭載されていることがほとんど。サイズもしっかりと考慮したうえで選んでみてください。

二人暮らし向け冷蔵庫のおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: rakuten.co.jp

パナソニックは大阪に拠点を置き、生活家電を多く取り扱っている人気メーカー。冷蔵庫に関しては、一人暮らし向けのコンパクトなモデルからファミリー向けの大型モデルまで、幅広くラインナップしているのが特徴です。

生鮮食品などの鮮度を保つ「微冷凍パーシャル」や、イオンにより除菌効果が期待できる独自の「ナノイー」を搭載したモデルもあります。高いデザイン性も魅力で、インテリアに馴染みやすい冷蔵庫を探している方にもおすすめのメーカーです。

アクア(AQUA)

By: rakuten.co.jp

アクアは中国の大手家電メーカー「ハイアール」のグループ企業で、お手頃価格で購入できるコスパのよさが魅力。冷蔵庫に関しても国内メーカーの同等製品と比べてリーズナブルに購入できるのが特徴です。

デザインもシンプルなモデルが多く、インテリアへの馴染みやすさもポイント。サイズのバリエーションが豊富で、コンパクトなモデルから大型モデルまで幅広いアイテムがラインナップされています。

日立(HITACHI)

By: rakuten.co.jp

日立は多くの家電製品を取り扱っている世界でも人気の総合家電メーカー。冷蔵庫に関しては、真空の力で鮮度と栄養素を保つ「真空チルド」や、野菜の水分を閉じ込め鮮度を保つ「新鮮スリープ野菜室」など便利な機能を搭載したモデルを多くラインナップしています。

引き出しを冷蔵・冷凍・野菜室から選べる「ピッタリセレクト室」など利便性の高い機能を搭載したモデルも人気。ライフスタイルに合わせて機能やサイズを決めたい方におすすめのメーカーです。

二人暮らし向け冷蔵庫のおすすめ|小型【〜299L】

ハイセンス(HISENSE) 2ドア冷蔵庫 HR-B2302 227L


お手入れ簡単でリーズナブルなモデル

価格と性能のバランスに優れた2ドア冷蔵庫です。リーズナブルな価格ながら、お手入れがしやすい「強化ガラス棚」や、食品を種類ごとに分けて収納できる「フレッシュケース」、食品を整理しやすい2段式のスライドケース冷凍室など、便利な機能が充実しています。

高級感のあるスタイリッシュデザインなので、冷蔵庫の見た目にこだわりたい方にもおすすめです。庫内容量は227Lで、ドアの内側には2Lペットボトルを3本置いても余裕のある大容量のドアポケットを搭載。省エネ性能や静音性に優れているのも嬉しいポイントです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 冷蔵庫 IRSN-23A 231L


食品の出し入れがスムーズで収納力も抜群

シンプルながらも使い勝手のよいデザインを採用したノンフロン冷凍冷蔵庫。収納棚やドアポケット、引き出しが豊富で庫内を整頓しやすいのが特徴です。棚やトレーは水洗いできるため、汚れてもすぐにお手入れできます。

70Lの冷凍室に3段の引き出しを備えているのが魅力。上・中段は作り置きやよく使う食品、下段は大袋や高さのある食材を収納しやすく便利です。必要な引き出しだけを開けるため冷気を逃しにくく、冷凍やけを予防できます。

161Lの冷蔵室は高さ調節の可能な3枚のガラス棚と、野菜保存と冷凍保存の2WAYで使える野菜ケース、3段のドアポケットを搭載。丈夫で傷付きにくく、さまざまな食材を収納できます。自動霜取りファンやドア閉めアラームも搭載した、扱いやすいおすすめモデルです。

日立(HITACHI) 3ドア冷蔵庫 R-27RV 265L


本体幅54cmのスリムな冷蔵庫です。容量265Lで二人暮らしにぴったりなサイズ。3ドアの真ん中に野菜室を配置しており、かかまずに楽な姿勢で野菜を出し入れできるおすすめモデルです。食品に合わせて高さを変えられる「高さかわるん棚」を採用しているなど、使いやすい工夫をこらしています。

冷蔵室より低い温度で食材を保存できるチルドルームを搭載。肉や魚、発酵食品などを新鮮な状態で保存できます。さまざまな大きさの野菜に対応できる、2段ケースの野菜室も便利です。3種類の脱臭素材を組み合わせた「トリプルパワー脱臭」もポイント。気になるニオイを脱臭すると謳われています。

三菱電機(MITSUBISHI) 冷蔵庫 CXシリーズ MR-CX27F 272L


氷点下ストッカ―で冷凍しても味が落ちにくい

肉や魚を美味しく保存できる「氷点下ストッカ―」を搭載した冷蔵庫。チルドや冷蔵室よりも低温の約-3~0℃で、凍らせずに食材を保存できるのが特徴です。冷凍による細胞破壊がないため肉や魚などの味も落ちにくく、解凍の手間を省いてスムーズに調理できます。

冷蔵室に「ワン・ツー棚」を備えているのも魅力。上段の棚を奥側へスライドさせると手前に背の高い飲み物なども収納できます。ワイドな棚は中央での2分割にも対応。左右で高さを変えられるため、収納したいモノに合わせて効率よく整頓できます。

まとめ買いした冷凍食品がたっぷり入る大容量の冷凍室もポイント。上下段に分かれており、大きさに合わせて収納できます。まとめ買いした食材を美味しくキープしたい方におすすめです。

三菱電機(MITSUBISHI) 3ドア冷蔵庫 MR-CX27G 272L


肉や魚を冷凍せずに長く保存できる「氷点下ストッカー」搭載の3ドア冷蔵庫です。過冷却現象を応用した独自技術により、約-3~0℃で凍らさずに長く食材の鮮度を保てるのが特徴。共働きの二人暮らしで忙しい家庭など、まとめ買いした肉や魚を長期間新鮮な状態のまま保存したい場合におすすめのモデルです。

汚れを簡単に拭き取れる「全段ガラスシェルフ」採用もポイント。汚れをサッと拭き取れるほか、すべての棚を取り外して洗ってお手入れできます。奥へスライドする構造で、背の高いモノを収納しやすい点も便利です。まとめ買いした冷凍食品をストックできる「ビッグフリーザー」を搭載しています。

シャープ(SHARP) 2ドア冷蔵庫 SJ-PD28H 280L


同社のイオン化技術「プラズマクラスター」を搭載した、二人暮らし向け2ドア冷蔵庫です。プラズマクラスターイオンの働きにより、冷気を除菌すると謳われているのが特徴。なるべく清潔な状態をキープしたい方におすすめのモデルです。ローウエスト設計で出し入れしやすく、背の低い方にも使いやすくなっています。

高湿度シールド構造の「シャキット野菜室」により、野菜室の密閉性を高めて乾燥を防ぐのもポイント。野菜を長持ちさせる効果が期待でき、日常的に野菜を多く食べる家庭にもぴったりです。使用状況を判断してかしこく消費電力を抑える「節電モード」を搭載しているのも魅力。閉め忘れを防げる「閉め忘れ防止ブザー」も搭載しています。

ハイセンス(HISENSE) 3ドア冷蔵庫 HR-D2801 282L


シンプルでスタイリッシュなデザインが魅力の3ドア冷蔵庫です。買い求めやすい低価格ながら機能も充実。ファン式自動霜取機能でお手入れの手間も省けるなど、コスパのよさを重視したい方におすすめのモデルです。容量282Lで、食材や飲み物をたっぷりストックしたい二人暮らし用に適しています。

ペットボトルやチューブなど、入れるモノに合わせて使い分けできるドアポケットを搭載。冷蔵室にはLED照明を備えており、お手入れしやすい強化ガラス棚とあいまって拭き取り掃除も楽々です。約25dBの静音設計もポイント。冷蔵庫の設置場所から就寝場所まで近い場合など、運転音が気になる場合に重宝します。

二人暮らし向け冷蔵庫のおすすめ|中型【300〜399L】

東芝(TOSHIBA) 3ドア冷蔵庫 GR-T33SC 326L


最上段の棚を手が届きやすい位置に配置した3ドア冷蔵庫です。出し入れしやすい高さに設定し、背の低い方でも扱いやすいおすすめモデル。最下段には鍋やケーキの箱など、大きめのモノをそのまま入れられる高さを確保しています。

3段冷凍室で冷凍食品を整理整頓しやすいのもポイント。小さな食品もすっきりと収納できるほか、深さのある下段には500mlペットボトルを縦向きに入れられます。銀イオンと低温触媒の働きで除菌できると謳う「Ag+低温触媒除菌」を搭載。庫内の除菌と気になるニオイを抑制する効果が期待できます。

シャープ(SHARP) 3ドア冷蔵庫 SJ-X355H 350L


左右のどちらからでも開閉できる独自の「どっちもドア」採用の3ドア冷蔵庫です。ひとつのドアが左右のどちらからでも開けられる構造で、近いほうから食品を出し入れ可能。転勤で引っ越しする機会が多い家庭など、置き場所が変わっても使いやすいモデルを求めている二人暮らしにおすすめです。

女性の身長に合わせたローウエスト設計もポイント。冷蔵室の下が床面から約90cmの位置にあり、重たいペットボトルなどの出し入れも楽々です。明るく見やすいLED照明を備えており、食材を探したいときに役立ちます。

脱臭と抗菌のダブル効果を発揮する「ナノ低温脱臭触媒」を搭載しているのも魅力。気になるニオイや雑菌、カビなどの増殖を抑えると謳われています。

シャープ(SHARP) 3ドア冷蔵庫 SJ-GW35H 350L


プラスマクラスター搭載の3ドア冷蔵庫です。ドアの開閉の多さや長さを分析して、イオンを放出するタイミングを調節する「プラズマクラスター集中シャワーモード」を搭載。効率的に冷気や庫内の付着菌を除去する効果が期待できるおすすめモデルです。

独自の「どっちもドア」により、左右のどちらからでも開閉できるのもポイント。引っ越しや模様替えで設置場所が変わっても、出し入れしやすく便利です。食材の鮮度を守る「新鮮冷凍」も魅力。通常の冷凍より低い温度で保存するほか、ドア開閉時や霜取り運転時など冷気を逃しやすい場面で急冷して温度上昇を防ぎます。

パナソニック(Panasonic) 3ドア冷蔵庫 NR-C371GN 365L


省エネ技術を搭載し電気代が気になる方におすすめ

スタイリッシュなデザインと使いやすさを両立した3ドア冷蔵庫です。独自の省エネ技術「エコナビ」を搭載しており、生活リズムや収納量に合わせて節電が可能。電気代が気になる方でも安心して使えます。

本体サイズは横幅59×高さ180.2×奥行き63.3cmで、庫内容量は365L。野菜室を真ん中に配置することで、重い野菜をかがまずに出し入れできます。美しいデザインのフルフラットガラスドアは、キッチンを華やかに演出するだけでなくお手入れがしやすいのもポイントです。

三菱電機(MITSUBISHI) 3ドア冷蔵庫 MR-CX37G 365L


容量365Lの3ドア冷蔵庫です。たっぷりと食材をストックでき、毎日自炊する二人暮らし用としておすすめ。80Lのビッグフリーザーを搭載しており、お弁当用の冷凍食品をまとめ買いして収納したい場合にも重宝します。

肉や魚を冷凍せずに新鮮な状態で保存できる「氷点下ストッカー A.I.」を搭載。下ごしらえした肉や魚を長期間保存したい場合に役立ちます。自動製氷機能を搭載し、おいしい氷を自動で作れるのも便利。パイプやポンプは取り外して洗えるため、常に清潔な状態をキープ可能です。ドアのどこをつかんでも開けやすいフリーアクセスデザインを採用しています。

日立(HITACHI) 3ドア冷蔵庫 R-V38RV 375L


急いで冷やしたいときに役立つ「サッと急冷却」搭載の3ドア冷蔵庫です。冷蔵室の2・3段目の冷気の風量を増やし、すばやく食品を冷却できるのが特徴。毎朝弁当を作って職場に持参している共働きの二人暮らしなど、すばやく食品を冷ましたいシーンで活躍するおすすめモデルです。

野菜に直接冷気を当てない「うるおい野菜室」もポイント。野菜の水分を閉じ込めて、乾燥させずに新鮮な状態を保ちます。上下2段ですっきりと野菜を整理整頓して収納できるのも魅力です。きれいな氷をストックできる「ダイレクト給水式 自動製氷」はパイプに水が残りにくい構造で、水アカやぬめりの発生を抑えます。

二人暮らし向け冷蔵庫のおすすめ|大型【400L~】

パナソニック(Panasonic) 5ドア冷蔵庫 NR-E417EX 406L


容量406Lの5ドア冷蔵庫です。たっぷりと食材や食品を収納できるタイプで、まとめ買いする機会が多い二人暮らし用としておすすめ。大容量モデルながら幅60cmと、限られたスペースに設置しやすいスリム設計も魅力です。

独自のイオン技術「ナノイー」を全室に搭載しているのもポイント。除菌や気になるニオイを抑える効果が期待でき、なるべく清潔な状態をキープしたい方にぴったりです。肉や魚が凍りはじめる約-3℃で保存する「微凍結パーシャル」により、酸化を抑えながら長期間新鮮な状態を保ちます。

シャープ(SHARP) 5ドア冷蔵庫 SJ-G415H 412L


冷蔵室にステンレスパネルを搭載している5ドア冷蔵庫です。ドアを開閉した際に入り込む湿気をステンレスパネルが吸着する仕組み。庫内にうるおいを補給して、食品の乾燥を抑える効果を発揮します。プラズマクラスター搭載で除菌する効果が期待でき、清潔な状態をキープしたい方におすすめのモデルです。

容量412Lで、たっぷりと食材をストックしたい二人暮らし用としてぴったり。野菜室には2Lペットボトルも難なく収納できます。25項目の省エネ技術を採用しているのもポイント。家庭の使用状況を判断し、生活パターンに合わせて最大約25%節電します。また、左右のどちらからでも開閉できる、使いやすさも魅力です。

アクア(AQUA) 4ドア冷蔵庫 AQR-V43M 430L


容量430Lの4ドア冷蔵庫です。食材や食品をたっぷり保存できるサイズで、まとめ買いする機会が多い二人暮らしの家庭におすすめのモデル。大容量モデルながら幅60cmのスリムボディにより、設置導線やスペースが限られている場合に重宝します。

冷蔵室から野菜室を同時にチェックできる「上から見渡す野菜室」を採用。買い物カゴ2.5個分を確保する大容量冷凍室を備えています。冷蔵室にはAgイオン除菌脱臭フィルターを搭載しており、衛生面を重視したい方にも適した1台です。

シャープ(SHARP) プラズマクラスター冷蔵庫 SJ-MF46H 457L


無線LAN接続でさまざまな情報を通知する冷蔵庫。クラウドサービス「COCORO HOME」と接続して、献立提案や食材の保存方法を確認できるのが特徴です。近隣スーパーの特売情報なども確認できるため、チラシをチェックする手間が省けます。

チルドルームや作り置きルーム、雪下シャキット野菜室など、食材に合わせて収納場所の選択が可能。食材の新鮮さをキープし、長く美味しく楽しめるのが魅力です。また、大容量の冷凍室を搭載。休日にまとめ買いをする方も安心して使えます。

25項目の省エネ技術を採用しているのもポイント。電力の消費を抑え、節電しながら使えます。奥行き63cmの薄型デザインながら食材をたっぷり収納できるため、コンパクトに設置しつつ、さまざまな料理を作りたい方におすすめです。

日立(HITACHI) 5ドア冷蔵庫 R-HWS47R 470L


冷蔵室全段に鮮度技術「まるごとチルド」を搭載した二人暮らし向け冷蔵庫です。容量470Lと、将来家族が増える予定の家庭に適しています。冷却器とファンを冷蔵室と冷凍室・野菜室専用に分けて、通常の冷蔵室の温度よりやや低い約2℃で食品を保存できるのが特徴。

食品の菌の増殖を抑えると謳われており、食品の鮮度を長持ちさせたい方におすすめのモデルです。すばやく食材を冷やしたいときに活躍する「クイック冷却」も便利。お弁当を早く冷やしたい場合にも役立ちます。

プラチナ触媒を利用して野菜を保存する「新鮮スリープ野菜室」を搭載。野菜を眠らせるように保存し、栄養素を守りながら乾燥も防ぎます。きれいな氷をたっぷりストックできる「ダイレクト給水式自動製氷」を搭載しているのも魅力です。