日常生活において、必要不可欠な家電のひとつ「冷蔵庫」。そのなかでも特に冷蔵庫は毎日の食生活に不可欠です。最近の冷蔵庫は機能やサイズがさまざまなため、新婚夫婦や同棲カップルにとってはどこまでこだわるべきか悩む方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、二人暮らしに最適な冷蔵庫をサイズごとにご紹介。付加機能を搭載したモデルやシンプルさにこだわったモデルなど、さまざまな製品からベストな1台を見つけてみてください。

二人暮らし向け冷蔵庫の選び方

容量をチェック

By: toshiba-lifestyle.co.jp

冷蔵庫を選ぶ際に、まず確認すべきポイントは容量。一般的に冷蔵庫の適切な容量は「70L×家族の人数+常備品分(100L)+予備(70L)」という計算式で割り出せます。二人暮らしの場合で計算してみると70L×2人+100L+70L=310L。つまり、容量310L前後の冷蔵庫が目安です。

ただし、自炊や作り置きをする場合はひと回り大きなサイズがおすすめ。また、将来的に家族が増える可能性がある場合は、400L以上の冷蔵庫を購入する選択肢もあります。あくまで計算式の結果は参考として、自分のライフスタイルに合わせて選びましょう。

サイズをチェック

使用者の身長に合わせる

By: jp.sharp

身長の低い方が高い製品を使う場合、上段に収納した食品が見えなかったり、食材の出し入れの度に踏み台が必要になったりするので注意が必要。身長差があるカップルなどが二人暮らしをする際は、棚の高さを調節できる製品や、使用頻度の高い野菜室が真ん中にレイアウトされている製品がおすすめです。

「冷蔵庫の幅+10cm」のスペースが必要

By: jp.sharp

冷蔵庫は放熱スペースが必要です。左右・背面・上部にどのくらいの空間が必要かは冷蔵庫の機種にもよりますが、最低でも5cmは必要と考えて設置スペースをチェックしましょう。例えば幅が60cmの冷蔵庫なら、設置スペースの幅は最低でも70cmは必要。奥行と高さも同じように考えてスペースにゆとりがあるかを確認しておきましょう。

また、コンセントの位置も大切。一般的には冷蔵置き場の背面上部にコンセントとアースの接続口があり、冷蔵庫を置いても隠れることはありません。

しかし、賃貸などでは冷蔵庫設置スペースの真裏や真横に接続口が設置されている場合があり、広めに放熱スペースを取らないとコンセントが差せないこともあります。この場合は、放熱スペースにコンセントの大きさをプラスした空間が必要です。

搬入導線のスペースを確認

By: hitachi.co.jp

冷蔵庫は大きいのでキッチンまでの搬入経路を考えてサイズを決めないと、家の中に運べないといった問題が起こります。玄関から搬入する場合は、ドアや廊下の高さと幅を測り、冷蔵庫が通れるかどうか確認しておきましょう。

また、ドアノブや手すりなどの障害物にも注意。ドアの端から壁までの寸法ではなく、障害物から壁までの寸法を測って冷蔵庫が通れるかもチェックしておきましょう。どうしても通れない場合は、冷蔵庫のサイズダウンを検討するのが無難です。

ドアの開き方をチェック

By: aqua-has.com

壁がある方向で選ぶ「右開き・左開きタイプ」

冷蔵庫を置くスペースに向かって正面に立ったとき、壁が右にあるなら右開きタイプ、左に壁があるなら左開きタイプがおすすめです。壁の方向と逆側にドアが開いてしまうと、冷蔵庫を開けている間は通路を塞いでしまい、スペースの確保が難しくなってしまいます。二人暮らしの比較的コンパクトなキッチンならなおさら、少ないスペースを効率的に利用する配置を考えましょう。

開閉スペースがせまいときは「観音開きタイプ」

大型の冷蔵庫に採用されていることが多い観音開きタイプ。冷蔵庫の前に壁や通路などがあってドアを全開できない場合にも、広く庫内を見渡すことが可能です。食品が収納されている位置にかかわらず、片方もしくは両方のドアを開けて簡単に取り出せます。

どこにも対応できる「両開きタイプ」

左右どちらからでもドアを開けられる両開きタイプ。利き手や、キッチンのスペースを気にする必要がないので、キッチンの家具・家電の配置がより簡単にできます。冷蔵庫の購入後に引越しや、模様替えをする予定がある方におすすめです。

省エネ性能をチェック

By: panasonic.jp

冷蔵庫のサイズや性能を選択する際、気になるのは消費電力。最近販売されている冷蔵庫のなかには、使用頻度や生活パターンのデータを分析して自動で消費電力を調節できる製品や、ドアを全開にしなくても中のモノが取れる製品などがあります。これから二人暮らしを始める方や買い換えを考えている方は、ぜひチェックしておきましょう。

その他付属機能をチェック

自動製氷機能

By: panasonic.jp

「自動製氷機能」を搭載しているモノであれば、給水タンクに水を入れて冷蔵庫にセットしておくだけで自動的に氷を作れます。夏などの暑い時期に重宝する機能です。

ただし、水道水を使うモデルが多く、定期的なお手入れが必要な点には注意が必要。また、氷を作るまでにある程度時間がかかることが多く、利便性を求める方は「急速製氷」を搭載しているモデルがおすすめです。

チルドルーム

By: jp.sharp

乳製品や生鮮食品の鮮度を保つのに便利な「チルドルーム」。チルドルームは冷蔵室に比べて温度が3℃前後低く、普通の冷蔵室に入れるより食品のうまみや栄養素を長持ちできる効果が期待できます。

ただ、食品を冷凍するより保存期間が短い点に注意が必要。各メーカーによって機能が異なるので、用途に応じて適したモデルを選んでみてください。

霜取り機能

冷蔵庫は使っているうちに内部の水が凍って霜になるのが難点。最近では、ほとんどの機種に自動霜取り機能が搭載されているため、霜を取る手間が省けます。しかし、2ドアタイプで小型の機種には自動霜取り機能が搭載されていないモデルもあるので、事前にチェックしておきましょう。

冷凍室にびっしり霜がついてしまうと、霜取りが大変なだけでなく食品が冷えにくくなり鮮度を保てません。自動霜取り機能つきの冷蔵庫を選んだ方が、後々の手入れがラクになるためおすすめです。

人工知能(AI)

シャープが開発したことで話題になった、人工知能搭載の冷蔵庫。冷蔵庫の中にある食品を判別して献立を考えたり、スマホからの遠隔操作で冷蔵庫の中に何が残っているかをチェックできたりする優れモノです。

ただし、人工知能は大型モデルに搭載されていることがほとんど。サイズもしっかりと考慮したうえで選んでみてください。

二人暮らし向け冷蔵庫のおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: rakuten.co.jp

パナソニックは大阪に拠点を置き、生活家電を多く取り扱っている人気メーカー。冷蔵庫に関して、一人暮らし向けのコンパクトなモデルからファミリー向けの大型モデルまで幅広くラインナップしているのが特徴です。

生鮮食品などの鮮度を保つ「微冷凍パーシャル」や、イオンにより除菌効果が期待できる独自の「ナノイー」を搭載したモデルも存在。高いデザイン性も魅力で、インテリアに馴染みやすい冷蔵庫を探している方にもおすすめのメーカーです。

アクア(AQUA)

By: rakuten.co.jp

アクアは中国のハイアールという会社の家電製品ブランドで、お手頃価格で購入できるコスパのよさが魅力。冷蔵庫に関しても国内メーカーの同等製品と比べてリーズナブルに購入できるのが特徴です。

また、デザインもシンプルなモデルが多く、インテリアへの馴染みやすさもポイント。サイズのバリエーションも豊富で、コンパクトなモデルから大型モデルまで幅広いアイテムがラインナップされています。

日立(HITACHI)

By: amazon.co.jp

日立は多くの家電製品を取り扱っている世界でも人気の総合家電メーカー。冷蔵庫に関しては、真空の力で鮮度と栄養素を保つ「真空チルド」や、野菜の水分を閉じ込め鮮度を保つ「新鮮スリープ野菜室」など便利な機能を搭載したモデルも多くラインナップしています。

引き出しを冷蔵・冷凍・野菜から選べる「ピッタリセレクト室」など利便性の高い機能を搭載したモデルも存在。ライフスタイルに合わせて機能やサイズを決めたい方におすすめのメーカーです。

二人暮らし向け冷蔵庫のおすすめ|小型【〜299L】

日立(HITACHI) R-27KV

日立(HITACHI) R-27KV

容量265Lとコンパクトながら、チルドルームを採用した冷蔵庫。肉や魚など生鮮食品をまとめ買いをする方におすすめです。また、野菜室が真ん中にあるので、野菜を使用する頻度が高い方も便利に使えます。

さらに、冷蔵室内のニオイを脱臭する効果が期待できる「トリプルパワー脱臭」を搭載しているのもポイント。ニオイが移りやすい玉ねぎやニンニク、魚などを保存する場合も便利です。機能がシンプルで比較的リーズナブルに購入可能。できるだけ費用を抑えたい方にもおすすめです。

アクア(AQUA) AQR-27J

アクア(AQUA) AQR-27J

デザインや収納力、節電機能など利便性を考慮した容量272Lの冷蔵庫。3ドア式を採用しており、独立野菜室を搭載しているのが特徴です。天面には便利な「耐熱100℃テーブル」を採用。電信レンジをそのまま置けるので、キッチンのスペースが限られている家庭でもすっきりと設置できます。

庫内を明るく照らして見えやすくする「LED庫内灯」や、ドアの閉め忘れを知らせる「ドアアラーム」など便利な機能を搭載しており、使い勝手に配慮されているのも魅力です。また、大容量ながらリーズナブルに購入できるのもポイント。コスパを重視したい方におすすめのモデルです。

シャープ(SHARP) SJ-PD28F

シャープ(SHARP) SJ-PD28F

シャープ独自の「プラズマクラスター」を搭載した冷蔵庫です。プラズマクラスターイオンを発生させることで、クリーンな冷気が庫内を循環。ニオイが気になる肉や魚などの生鮮食品を収納する際も安心です。

また、野菜室には野菜を乾燥から守り長持ちさせる「シャキット野菜室」を採用。密閉性を高める高湿度シールド構造により、鮮度やみずみずしさを保てます。

容量は280Lで、125Lの大容量冷凍室「メガフリーザー」を搭載。鮮度とおいしさをしっかり守って、まとめ買いも思う存分楽しめます。さらに、ドリップを抑えてうまみや栄養分をしっかり閉じ込める「おいそぎ冷凍」により、鮮度が落ちにくいのも魅力。冷凍食品をよく買う方や作り置きをする機会が多い方におすすめのモデルです。

二人暮らし向け冷蔵庫のおすすめ|中型【300〜399L】

三菱電機(MITSUBISHI) MR-C34E

三菱電機(MITSUBISHI) MR-C34E

182Lの大容量冷凍室「ビックフリーザー」を採用した冷蔵庫。上段・下段に分けられているので、見やすく整理できるのが特徴です。容量は335Lで、本体はやや低めのコンパクト設計。庫内の上段まで見渡しやすいのも魅力です。

また、棚はガラスで作られており、傷がつきにくく汚れを落としやすい設計。取り外し可能で簡単にお手入れできるため、常に清潔に保ちたい方にも適しています。

さらに、自動で氷が作れる「ダイレクト給水式自動製氷機能」を搭載しているのもポイント。使い勝手に優れたおすすめのモデルです。

シャープ(SHARP) SJ-W352E

シャープ(SHARP) SJ-W352E

最上段でも手が届きやすい容量350Lの冷蔵庫です。ドアを左右どちらからでも開ける同社独自の「どっちもドア」を採用。キッチンのスペースが限られている方でも導線を確保しやすいのが特徴です。また、食品・飲料の出し入れがしやすいローウエスト設計で、重いペットボトルもラクに取り出せます。

「ナノ低温脱臭触媒」を搭載しているのもポイント。触媒にナノサイズの粒子を採用することで、脱臭・抗菌のダブル効果が期待できます。

さらに、庫内が明るく見えやすい「LED照明」を備えているのも魅力。「節電モード」に設定すれば電気の無駄をカットできるので、ランニングコストをなるべく抑えたい方にもおすすめです。

シャープ(SHARP) SJ-GW35F

シャープ(SHARP) SJ-GW35F

さまざまな食材を新鮮に保てる冷蔵庫です。シャープ独自の「プラズマクラスター」を搭載。庫内を清潔に保ちたい方に適しています。

野菜を乾燥から守る「シャキット野菜室」を採用しているのも魅力のひとつ。野菜室の密閉性を高め、野菜の栄養分やみずみずしさをしっかりと閉じ込めます。

また、肉や魚などの生鮮食品の鮮度を保つのに効果的な「おいそぎ冷凍」を搭載しているのもポイント。冷凍室内の温度変動が原因で起こる食品の霜つきを抑え、おいしさや栄養素を守ります。さらに、導線確保に便利な「どっちもドア」を採用しており、左右どちらからでも食品の出し入れが可能です。

アクア(AQUA) AQR-36J

アクア(AQUA) AQR-36J

大容量かつ見やすい冷凍室「まん中2段フリーザー」を採用した容量355Lの冷蔵庫です。上段は氷のストックや凍らせた食材の保存用、下段は冷凍食品のストック用と、保存する食品に合わせて見やすく管理できる冷凍室を採用しています。

また、生鮮食品をたっぷり保存できるワイド幅48cmのフレッシュルームを搭載しているのもポイント。肉や魚などもたくさん収納できます。

ドアには握りやすく、開けやすい「グリップハンドル」を採用。さらに、シンプルなフォルムと、アクセントとなる丸みを帯びているのも魅力です。比較的リーズナブルに購入できるので、コスパを重視する方はチェックしてみてください。

パナソニック(Panasonic) NR-C370C

パナソニック(Panasonic) NR-C370C

真ん中に野菜室を配置した容量365Lの冷蔵庫。腰をかがめる必要がなく、野菜もむりのない姿勢で出し入れできるのが特徴です。また、各部屋の使い方や運転状況を見極めて省エネ運転を行う「エコナビ」を搭載。電気代が気になる方も安心して使用できます。

棚がガラストレイで作られているのもポイント。傷がつきにくく、汚れが落ちやすいので簡単にお手入れできます。さらに、「天面LED照明」により庫内が見渡しやすいのも魅力。機能がシンプルで使い勝手のよい冷蔵庫を探している方はチェックしてみてください。

日立(HITACHI) R-V38KV

日立(HITACHI) R-V38KV

シンプルなデザインで、インテリアにも馴染みやすい容量375Lの冷蔵庫。幅60cmとスリムで、キッチンのスペースが限られている方でも設置しやすいのが特徴です。独立した野菜室を真ん中に配置。野菜を使う頻度が多い方や、身長が低めな方でも使いやすいのがポイントです。

また、食品に直接冷気を当てず食品の乾燥を抑える効果が期待できる「うるおいチルド」を採用。肉や魚など生鮮食品も安心して保管できます。

食品に合わせて高さを変えられる「高さかわるん棚」を採用しているのも魅力のひとつ。強化処理ガラスでできているため、汚れが落ちやすくお手入れも簡単にできます。

二人暮らし向け冷蔵庫のおすすめ|大型【400L~】

日立(HITACHI) R-S40K

日立(HITACHI) R-S40K

野菜を新鮮に保てる「新鮮スリープ野菜室」を搭載した容量401Lの冷蔵庫です。野菜の呼吸活動を抑えて眠らせるように保存するため、みずみずしさや栄養素を長持ちさせます。

また、肉や魚などの生鮮食品を凍らせずに鮮度を保てる「氷温ルーム」を搭載しているのも魅力のひとつ。約-1℃の低温で保存し、凍らせることなく鮮度やおいしさを閉じ込めます。

さらに、出し入れが楽な「3段ケース」を備えているのもポイント。かさばる食品を整理しつつ収納できます。自動で氷が作れる「自動製氷機能」も搭載しており、短時間で氷が作れる「急速製氷」にも対応。幅60cmとスリムな設計なので、設置スペースが限られている方もぜひチェックしてみてください。

シャープ(SHARP) SJ-W411F

シャープ(SHARP) SJ-W411F

「プラズマクラスター」を搭載した容量412Lの冷蔵庫。クリーンな冷気が庫内を循環するため、庫内を清潔に保ちたい方に適しています。

容量412Lと3人以上の家族も使用できる大きさながら、幅は60cmとスリム。左右のどちらからも食品を出し入れできる「どっちもドア」を採用しているので、導線の確保はもちろん設置場所に困りにくいのも魅力です。

また、ローウエスト設計のため、重い野菜やペットボトルの出し入れも簡単。入れるモノに合わせて高さが変えられる「高さ調節ドアポケット」を備えています。

さらに、肉や魚など生鮮食品の冷凍に便利な「新鮮冷凍」「おいそぎ冷凍」を搭載しているのもポイント。まとめ買いをする方や、自炊を頻繁にする方におすすめのモデルです。

三菱電機(MITSUBISHI) WXシリーズ MR-WX47LE

三菱電機(MITSUBISHI) WXシリーズ MR-WX47LE

容量470Lで使い勝手に優れた冷蔵庫です。「薄型断熱構造SMART CUBE」を採用しており、幅が65cmとスリムな仕様。限られたキッチンスペースに設置しやすいのが特徴です。

約-7℃の冷凍で、使う分だけサクッと切れる「切れちゃう瞬冷凍」を採用しているのもポイント。肉や魚、野菜などを頻繁に冷凍する方におすすめです。また、野菜のみずみずしさを保つ「朝どれ野菜室」も搭載しています。

さらに、「部屋別おまかせエコ」に設定することで、生活パターンを学習してエコに配慮した運転を行うのも魅力。大容量かつ高性能なモデルを探している方は、チェックしてみてください。

パナソニック(Panasonic) NR-FVF505

パナソニック(Panasonic) NR-FVF505

野菜室・冷凍室が全開できて奥まで使いやすい、「ワンダフルオープン」を採用した大型冷蔵庫。容量は501Lで、食材をたっぷりと収納できるのが特徴です。また、汚れが気になる野菜室も取り出して丸洗いできるので、お手入れも簡単。常に清潔に保ちたい方におすすめです。

ドアには観音開きタイプを採用しており、導線の確保がしやすいのも魅力のひとつ。さらに、デッドスペースを減らし最上段までラクラク手が届く「トップユニット方式」を採用するなど、大容量ながら利便性に優れた冷蔵庫を探している方におすすめです。

シャープ(SHARP) SJ-AF50F

シャープ(SHARP) SJ-AF50F

無線LAN機能対応のAI機能「COCORO KITCHEN」を搭載した大型冷蔵庫です。スマホと連携してAIが嗜好などを学習し、適切な献立や暮らしに役立つ情報を音声や画面で案内します。周辺スーパーの特売情報など便利な情報も共有するので、食材をうまく使いきれない方や食材の買い出しが苦手な方にもおすすめです。

シャープの独自技術「プラズマクラスター」を野菜室とチルド室に採用。野菜は鮮度を長持ちさせ、デリケートな生鮮食品も鮮度をしっかりと守ります。

容量は502Lと大きく、冷凍食品をたっぷり収納できる「大容量メガフリーザー」を搭載しているのも魅力のひとつ。整理がしやすい設計になっているため、冷凍室を見やすく管理したい方にも適したモデルです。

日立(HITACHI) 真空チルド R-XG51J

日立(HITACHI) 真空チルド R-XG51J

真空で密閉保存し、生鮮食品などの鮮度を長持ちさせる「真空チルド」を搭載した大型冷蔵庫。約-1℃の低温で凍らせずに食品を保存するため、鮮度を守りおいしさを保てるのが特徴です。

野菜の栄養素を閉じ込める「新鮮スリープ野菜室」を採用しているのも魅力のひとつ。野菜の呼吸活動を低下させて保存することで、乾燥するのを抑える効果が期待できます。容量は505L。また、デザインもシンプルで、インテリアに馴染みやすいおすすめのモデルです。