新しく二人暮らしを始めるにあたり、冷蔵庫は必須のアイテムなのでこだわりたいところ。でもサイズやデザイン、機能が製品によってさまざまなのでどう選べばよいのかわからないのが悩みのタネ。そこで今回は二人暮らしにおすすめの冷蔵庫をご紹介します。

二人暮らしにおすすめの冷蔵庫|容量200L〜300L

シャープ(SHARP) 冷蔵庫 SJ-PD27C

商品価格 ¥ 70,870

シャープの代名詞といっても過言ではない独自技術「プラズマクラスター」を搭載している冷蔵庫。優れた除菌効果を発揮してくれます。また、「ナノ低温脱臭触媒」が庫内の雑菌やにおいを防ぐので、常に清潔な状態をキープできて安心です。

また、冷凍室の大きさも特徴のひとつ。容量が約102Lあるためたくさんの食材を保存できます。冷凍食品をまとめ買いすることが多い方や、週末に作り置きすることが多い方におすすめです。

日立(HITACHI) 3ドア冷蔵庫 R-S3200HV

商品価格 ¥ 163,260

日立の3ドア冷蔵庫。チルドルームを約0.8気圧の真空状態にすることで食品の酸化を抑える「真空チルド機能」が便利です。味が劣化しやすい肉や魚の保存に適しています。

冷蔵室の棚は高さを変えることができ、余った料理を鍋ごと保存したいときに便利。お皿やタッパーなどでわざわざ小分けする必要がありません。また、野菜室が冷蔵庫の中段にあるためストレスない姿勢で野菜を取り出せます。

ハイアール(Haier) 2ドア冷蔵庫 JR-NF270A

シンプルさを追求したハイアールのおしゃれな2ドア冷蔵庫。幅が590mmとスリムなので設置しやすく、二人暮らしにちょうどよいサイズです。スリムでありながら93Lの大容量冷凍室を搭載していて、大量にまとめ買いしても十分保存できます。また、冷凍室内は3段のクリアケースに分かれているため、どこに何を入れたかが見やすいのもポイント。使い勝手のよい冷蔵庫を探している方におすすめです。

アクア(AQUA) 3ドア冷蔵庫 AQR-271F

商品価格 ¥ 74,799

上段が冷蔵室、中段が冷凍室、そして下段が野菜室のオーソドックスな冷蔵庫。高さが140cmとやや低めですが上にものを置けて便利です。100度の熱さに耐える天板を採用しているため、オーブンレンジを置いても大丈夫です。スペースを有効活用した自由度の高い使い方ができます。コンパクトな冷蔵庫が欲しい方におすすめです。

二人暮らしにおすすめの冷蔵庫|容量300L〜400L

シャープ(SHARP) 冷蔵庫 SJ-GW35C

商品価格 ¥ 126,199

冷蔵庫を買うときは部屋の間取りに合わせることがとても大切。置くスペースを確保できたけれど、向きによっては冷蔵庫のドアが開かないということもあります。この冷蔵庫は左右どちらからでも開け閉めできる「どっちもドア」に対応していて、間取りの影響を受けにくいのが特長です。

冷蔵室が床面から約93cmのところにあり、女性の身長でも容易に出し入れできるのがポイント。また、使用状況に応じて最大約25%節電してくれる「節電25モード」を搭載していて経済的です。節約志向の方はしっかりチェックしておきましょう。

アクア(AQUA) 4ドアノンフロン冷蔵庫 AQR-361E

「除菌・脱臭フィルター」搭載で庫内の匂いを防止する冷蔵庫。庫内の棚は自由自在に動かせるため、大きな食材をそのまま入れられます。冷凍室の温度を調整する「節約ecoモード」搭載で省エネ対策もバッチリです。

東芝(TOSHIBA) 冷凍冷蔵庫 VEGETA GR-K33SXV

商品価格 ¥ 134,826

東芝製の冷蔵庫の強みは、充実した機能を搭載している野菜室。二人暮らしの場合は野菜を使い切るのに苦労することが多いので、鮮度の高い状態をいかに長持ちさせるかがキーポイントとなります。

そこで役に立つのが、この冷蔵庫に搭載されている「うるおいラップ野菜室」。冷凍室との間がしっかり仕切られているため野菜室の機密性が上がり、品質を保ってくれます。常に新鮮で美味しい野菜が味わえる冷蔵庫を求めている方におすすめです。

パナソニック(Panasonic) 3ドア冷蔵庫 NR-C37FM

商品価格 ¥ 132,861

冷蔵庫の光で収納量を判断して自動で節電するエコナビ機能を搭載したモデル。「U-Vacua」という高性能真空断熱材を採用していて、熱が伝わるのを防止して冷気をキープしてくれます。

さらに余ったご飯やおかずを冷凍するときに便利な急凍機能を搭載。冷気で凍らせて美味しさを閉じ込めます。急凍が終わった後は自動で通常の冷凍モードに戻るので、解凍する際はカチカチになりすぎません。

三菱電機(MITSUBISHI) 3ドア冷蔵庫 MR-CX37A

商品価格 ¥ 119,426

食材を長く保存するときは冷凍が基本ですが、凍らせると味を劣化させてしまうことが懸念されます。そんな悩みを解決してくれるのがこの冷蔵庫。搭載されている「氷点下ストッカー」を使えば、低温でありながら凍らせずに肉や魚を保存できます。三菱独自の過冷却技術で美味しさをしっかりキープして食品の劣化を防ぎます。

約マイナス7度で凍らせる「切れちゃう瞬冷凍」という機能にも注目。固くなり過ぎず包丁で楽に切れます。必要な分だけ切り分けたら、残りはそのまま冷凍保存できて便利。冷凍技術を重視する方におすすめです。

二人暮らし用冷蔵庫の容量って?

冷蔵庫を選ぶときに、まず確認すべき項目は容量。そんなときは家族構成から容量の目安を算出するのがおすすめです。「70L×家族の人数+常備品分(100L)+予備(70L)」という計算式で割り出せます。

二人暮らしの場合で計算してみると70L×2人+100L+70L=310L。つまり容量310L前後の冷蔵庫が購入目安になります。

ただし、毎日こまめに買い物をするのであればそれほど大きくなくても済みますし、逆にまとめ買いをよくするのであれば310Lだと不安です。計算式の結果を参考にしながら、自分のライフスタイルに合わせて選びましょう。

冷蔵庫のサイズ感は?

実際に設置するときのことを考えて、容量だけではなくサイズの確認をしておくことが大切。冷蔵庫は中身を冷やすために放熱する必要があるので、放熱用のスペースを考慮した上で製品を選ぶようにしましょう。壁や天井、側面から10cm以上空いていればおおむね許容範囲ですが、冷蔵庫の大きさによって異なるので要注意です。

放熱スペースを十分に確保しないと、効率的に冷却できなくなり電気代が高くなってしまいます。設置する場所にぴったりハマる冷蔵庫よりも少し余裕のある冷蔵庫を選ぶのがおすすめです。

二人暮らし用冷蔵庫の機能って?

野菜室

二人暮らしだと野菜を1度で使い切りづらいので、何度かに分けて消費するのがベター。新鮮な状態で美味しく野菜を食べるためにできるだけ日持ちさせたいところです。

炭酸ガス濃度を高めて劣化を防ぐ日立の「新鮮スリープ野菜」や湿度を調整して新鮮さをキープするパナソニックの「シャキシャキ野菜室」など、高性能な野菜室がある冷蔵庫を選びましょう。

冷凍室

冷凍食品や余ったご飯、料理の作り置きなどを保存するために冷凍庫は必要不可欠な機能です。とにかくたくさんものを入れるのなら100L以上ある容量の大きな冷凍室がおすすめ。機能面を重視するのなら上下段で分かれている冷凍室を選ぶと便利です。上段はアイスや冷凍食品、下段は余ったご飯や野菜と使い分ければジャンル別にしっかりと整理整頓できます。

自動霜取り機能

冷凍室につく霜を自動的に取ってくれる霜取り機能も要チェック。この機能があると冷凍室が霜だらけになる心配がありません。手作業でも霜取りはできますが、冷蔵庫の電源を切らないといけない上に、周りが水浸しになるため一苦労です。気になる方は自動霜取り機能の有無をチェックしておきましょう。

人工知能

By: amazon.co.jp

近年、人工知能(AI)を搭載した家電製品が増えていますが、冷蔵庫も同様。2017年3月にシャープから、人工知能を搭載したAIoT冷蔵庫「SJ-TF49C」が登場しました。

話しかければ冷蔵庫の中身に応じて献立を提案してくれるため、毎日の献立作りに苦労しません。また、買っておきたいものを声でメモできるため買い忘れ防止に役立ちます。

専用のアプリをスマートフォンに入れておけば、買い物リストやレシピがすぐに確認できて大変便利です。

二人暮らし用冷蔵庫の人気メーカー

パナソニック

By: amazon.co.jp

パナソニック製の冷蔵庫を代表する機能といえば「エコナビ」。ドアの開閉センサーや室温センサー、収納量センサーなどが冷蔵庫の状況を判断して自動で運転モードを調整してくれます。

完全に冷凍するのではなく、食材の周りを少しだけ凍らせる「微凍結パーシャル」機能も魅力的。微生物や酵素による分解を防いで、鮮度をしっかり保ってくれます。

日立

By: amazon.co.jp

食品の酸化による鮮度低下を防ぐ「真空チルド(プラチナ触媒)」が有名な日立の冷蔵庫。チルドルーム内の空気を約0.8気圧まで下げて食品周辺の酸素量を削減。これにより酸化を抑えて鮮度の劣化を防ぎます。

炭酸ガスの濃度を高めて野菜を長持ちさせる「新鮮スリープ野菜室」や、素早く凍らせることで食品の旨みをキープする「デリシャス冷凍」も注目すべきポイントです。

三菱電機

By: amazon.co.jp

冷凍機能を重視するのであれば三菱電機の冷蔵庫がおすすめ。特に「切っちゃう瞬冷凍」は、凍らせた食品を解凍せずにそのまま包丁で切れる画期的な技術です。必要な分だけ切って使えるので、使わない分は冷凍させたまま長期間保存できます。

もうひとつのおすすめポイントは「朝どれ野菜室」。野菜から水分が蒸発することを防ぎ、みずみずしさが長く続きます。また、この野菜室には3色LEDが使われていて、光の力で野菜のビタミンCや糖量が増加。健康志向の方におすすめの機能です。

シャープ

By: amazon.co.jp

シャープの冷蔵庫を買うのであれば、173Lを誇る大容量冷凍室「メガフリーザー」を搭載した製品がおすすめ。3段に分かれているため大量の食材を冷凍保存できます。冷蔵室にもこだわるのであれば、食品の乾燥を防いで鮮度を長持ちさせる「うるおいチルド」機能が付いている冷蔵庫を選びましょう。

そして、シャープといえば「プラズマクラスター」が有名。エアコンや空気清浄機などに搭載されているイメージが強いですが、冷蔵庫にもしっかり同技術が採用されています。庫内を除菌してくれるのがポイントです。

東芝

By: amazon.co.jp

野菜の保存にこだわりたい方は東芝の冷蔵庫がおすすめ。高湿度状態を作り出して乾燥を防ぐ「新鮮 摘みたて野菜室」が野菜の鮮度をキープしてくれます。野菜室が中段にあるため無理のない姿勢で取り出せるのもポイントです。

また、東芝の冷蔵庫といえばタッチオープン式のドアが特徴的。スイッチ部分に触れると自動で開くシンプルな技術ですがとても重宝します。両手がふさがっている時でも冷蔵庫が開けられる便利な機能です。