日常生活において、必要不可欠な家電のひとつ「冷蔵庫」。そのなかでも特に冷蔵庫は毎日の食生活に不可欠です。最近の冷蔵庫は機能やサイズがさまざまなため、新婚夫婦や同棲カップルにとってはどこまでこだわるべきか悩む方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、二人暮らしに最適な冷蔵庫をサイズごとにご紹介。付加機能を搭載したモデルやシンプルさにこだわったモデルなど、さまざまな製品からベストな1台を見つけてみてください。

二人暮らし向け冷蔵庫の選び方

容量をチェック

By: toshiba-lifestyle.co.jp

冷蔵庫を選ぶ際に、まず確認すべきポイントは容量。一般的に冷蔵庫の適切な容量は「70L×家族の人数+常備品分(100L)+予備(70L)」という計算式で割り出せます。二人暮らしの場合で計算してみると70L×2人+100L+70L=310L。つまり、容量310L前後の冷蔵庫が目安です。

ただし、自炊や作り置きをする場合はひと回り大きなサイズがおすすめ。また、将来的に家族が増える可能性がある場合は、400L以上の冷蔵庫を購入する選択肢もあります。あくまで計算式の結果は参考として、自分のライフスタイルに合わせて選びましょう。

サイズをチェック

使用者の身長に合わせる

By: jp.sharp

身長の低い方が高い製品を使う場合、上段に収納した食品が見えなかったり、食材の出し入れの度に踏み台が必要になったりするので注意が必要。身長差があるカップルなどが二人暮らしをする際は、棚の高さを調節できる製品や、使用頻度の高い野菜室が真ん中にレイアウトされている製品がおすすめです。

「冷蔵庫の幅+10cm」のスペースが必要

By: jp.sharp

冷蔵庫は放熱スペースが必要です。左右・背面・上部にどのくらいの空間が必要かは冷蔵庫の機種にもよりますが、最低でも5cmは必要と考えて設置スペースをチェックしましょう。例えば幅が60cmの冷蔵庫なら、設置スペースの幅は最低でも70cmは必要。奥行と高さも同じように考えてスペースにゆとりがあるかを確認しておきましょう。

また、コンセントの位置も大切。一般的には冷蔵置き場の背面上部にコンセントとアースの接続口があり、冷蔵庫を置いても隠れることはありません。

しかし、賃貸などでは冷蔵庫設置スペースの真裏や真横に接続口が設置されている場合があり、広めに放熱スペースを取らないとコンセントが差せないこともあります。この場合は、放熱スペースにコンセントの大きさをプラスした空間が必要です。

搬入導線のスペースを確認

By: hitachi.co.jp

冷蔵庫は大きいのでキッチンまでの搬入経路を考えてサイズを決めないと、家の中に運べないといった問題が起こります。玄関から搬入する場合は、ドアや廊下の高さと幅を測り、冷蔵庫が通れるかどうか確認しておきましょう。

また、ドアノブや手すりなどの障害物にも注意。ドアの端から壁までの寸法ではなく、障害物から壁までの寸法を測って冷蔵庫が通れるかもチェックしておきましょう。どうしても通れない場合は、冷蔵庫のサイズダウンを検討するのが無難です。

ドアの開き方をチェック

By: aqua-has.com

壁がある方向で選ぶ「右開き・左開きタイプ」

By: rakuten.co.jp

冷蔵庫を置くスペースに向かって正面に立ったとき、壁が右にあるなら右開きタイプ、左に壁があるなら左開きタイプがおすすめです。壁の方向と逆側にドアが開いてしまうと、冷蔵庫を開けている間は通路を塞いでしまい、スペースの確保が難しくなってしまいます。二人暮らしの比較的コンパクトなキッチンならなおさら、少ないスペースを効率的に利用する配置を考えましょう。

開閉スペースがせまいときは「観音開きタイプ」

By: rakuten.co.jp

大型の冷蔵庫に採用されていることが多い観音開きタイプ。冷蔵庫の前に壁や通路などがあってドアを全開できない場合にも、広く庫内を見渡すことが可能です。食品が収納されている位置にかかわらず、片方もしくは両方のドアを開けて簡単に取り出せます。

どこにも対応できる「両開きタイプ」

左右どちらからでもドアを開けられる両開きタイプ。利き手や、キッチンのスペースを気にする必要がないので、キッチンの家具・家電の配置がより簡単にできます。冷蔵庫の購入後に引越しや、模様替えをする予定がある方におすすめです。

省エネ性能をチェック

By: panasonic.jp

冷蔵庫のサイズや性能を選択する際、気になるのは消費電力。最近販売されている冷蔵庫のなかには、使用頻度や生活パターンのデータを分析して自動で消費電力を調節できる製品や、ドアを全開にしなくても中のモノが取れる製品などがあります。これから二人暮らしを始める方や買い換えを考えている方は、ぜひチェックしておきましょう。

その他付属機能をチェック

自動製氷機能

By: panasonic.jp

「自動製氷機能」を搭載しているモノであれば、給水タンクに水を入れて冷蔵庫にセットしておくだけで自動的に氷を作れます。夏などの暑い時期に重宝する機能です。

ただし、水道水を使うモデルが多く、定期的なお手入れが必要な点には注意が必要。また、氷を作るまでにある程度時間がかかることが多く、利便性を求める方は「急速製氷」を搭載しているモデルがおすすめです。

チルドルーム

By: jp.sharp

乳製品や生鮮食品の鮮度を保つのに便利な「チルドルーム」。チルドルームは冷蔵室に比べて温度が3℃前後低く、普通の冷蔵室に入れるより食品のうまみや栄養素を長持ちさせる効果が期待できます。

ただ、食品を冷凍するより保存期間が短い点に注意が必要。各メーカーによって機能が異なるので、用途に応じて適したモデルを選んでみてください。

霜取り機能

冷蔵庫は使っているうちに内部の水が凍って霜になるのが難点。最近では、ほとんどの機種に自動霜取り機能が搭載されているため、霜を取る手間が省けます。しかし、2ドアタイプで小型の機種には自動霜取り機能が搭載されていないモデルもあるので、事前にチェックしておきましょう。

冷凍室にびっしり霜がついてしまうと、霜取りが大変なだけでなく食品が冷えにくくなり鮮度を保てません。自動霜取り機能つきの冷蔵庫を選んだ方が、後々の手入れがラクになるためおすすめです。

人工知能(AI)

シャープが開発したことで話題になった、人工知能搭載の冷蔵庫。冷蔵庫の中にある食品を判別して献立を考えたり、スマホからの遠隔操作で冷蔵庫の中に何が残っているかをチェックできたりする優れモノです。

ただし、人工知能は大型モデルに搭載されていることがほとんど。サイズもしっかりと考慮したうえで選んでみてください。

二人暮らし向け冷蔵庫のおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: rakuten.co.jp

パナソニックは大阪に拠点を置き、生活家電を多く取り扱っている人気メーカー。冷蔵庫に関して、一人暮らし向けのコンパクトなモデルからファミリー向けの大型モデルまで幅広くラインナップしているのが特徴です。

生鮮食品などの鮮度を保つ「微冷凍パーシャル」や、イオンにより除菌効果が期待できる独自の「ナノイー」を搭載したモデルも存在。高いデザイン性も魅力で、インテリアに馴染みやすい冷蔵庫を探している方にもおすすめのメーカーです。

アクア(AQUA)

By: rakuten.co.jp

アクアは中国のハイアールという会社の家電製品ブランドで、お手頃価格で購入できるコスパのよさが魅力。冷蔵庫に関しても国内メーカーの同等製品と比べてリーズナブルに購入できるのが特徴です。

また、デザインもシンプルなモデルが多く、インテリアへの馴染みやすさもポイント。サイズのバリエーションも豊富で、コンパクトなモデルから大型モデルまで幅広いアイテムがラインナップされています。

日立(HITACHI)

By: amazon.co.jp

日立は多くの家電製品を取り扱っている世界でも人気の総合家電メーカー。冷蔵庫に関しては、真空の力で鮮度と栄養素を保つ「真空チルド」や、野菜の水分を閉じ込め鮮度を保つ「新鮮スリープ野菜室」など便利な機能を搭載したモデルも多くラインナップしています。

引き出しを冷蔵・冷凍・野菜から選べる「ピッタリセレクト室」など利便性の高い機能を搭載したモデルも存在。ライフスタイルに合わせて機能やサイズを決めたい方におすすめのメーカーです。

二人暮らし向け冷蔵庫のおすすめ|小型【〜299L】

アクア(AQUA) 冷蔵庫 AQR-27J 272L

By: aqua-has.com

容量が272Lとコンパクトサイズながらも、3つのドアを搭載している二人暮らし向けの冷蔵庫です。独立野菜室も備わっており、各室へ簡単にアプローチできるのが特徴。ドアにはアラームがついており、閉め忘れが防げます。

高さは141.9cm。車椅子にも対応したユニバーサルデザインで、誰でも簡単に開閉が行えるのもポイント。棚の高さが調節可能で、出し入れがしやすいようにカスタマイズできます。また、棚の全段に強化処理が施されたガラス棚を採用しており、安全に使用できるのも魅力です。

天板には耐熱100℃のテーブルを採用しており、オーブンレンジが設置可能。別途ラックなどを用意する必要がなく、スペースが有効活用できます。老若男女問わず、幅広く使いやすいアイテムです。

日立(HITACHI) 片開き3ドア冷凍冷蔵庫 R-27KV 265L

本体の幅が54cmのスリムタイプで、幅広い場所に設置できる二人暮らし向けの冷蔵庫。扉は右開き仕様なので、設置スペースに向かって正面に立った際、壁が右側にある家庭におすすめです。

冷凍室には製氷室と貯氷ケースが組み合わさり、好みの場所へ自由に設置できる「どこでもアイスセット」を搭載。冷凍室のスペースを無駄にすることなく、収納する食品に応じて有効活用できるのがポイントです。

冷蔵室にはチルドルームが備わっており、乳製品や生鮮食品の鮮度を保てます。「トリプルパワー脱臭」機能がついているので、ニオイ移りが気になりにくいのもポイント。また、「高さかわるん棚」が搭載されており、あらゆる食材が収納できるのも魅力のアイテムです。

シャープ(SHARP) 冷蔵庫 SJ-PD28F 280L

プラズマクラスターを搭載している二人暮らし向け冷蔵庫。クリーンな冷気が庫内を循環します。野菜室には密閉性が高く高湿度シールド構造の「シャキット野菜室」を採用。乾燥から野菜を守り、長く保存できるのが特徴です。

冷凍室は125Lと大容量。引き出しボックスつきで、多くの食品や食材を整理して保管できます。また、温度の低い冷気で食材を一気に冷凍する「おいそぎ冷凍」機能を搭載。旨味の素や栄養分を逃がさず保存できます。

本体幅が56cmのスリム仕様で、あらゆる場所へ設置できるのもポイントです。また、駆動音が約23dBの静音化設計になっていることや、節電モードが備わっているのも魅力。食材をまとめ買いする方におすすめのアイテムです。

三菱電機(MITSUBISHI) 冷蔵庫 MR-CX27E 272L

本体幅が54cmとさまざまな場所へ設置できるサイズながら、容量が272Lとやや大きめの二人暮らし向け冷蔵庫。コンパクトさと容量の大きさを同時に実現しています。高さは163cm。冷蔵室から冷凍室まで手が届きやすい設計です。

冷蔵室には「フレッシュゾーン」が備わっており、約-3〜0℃で保存する氷点下ストッカーと約0℃で保存するチルド2種類のモードが搭載されているのが特徴。乳製品やお肉など、食材に応じて切り替えられます。

野菜室が真ん中に設置されており、出し入れがスムーズに行えるのもポイント。キャベツなどの重い野菜も、屈まずに取り出せます。また、庫内が隅々まで見渡せるので買い忘れや買いすぎが予防できるのも魅力。使い勝手のよい冷蔵庫を探している方におすすめです。

ハイセンス(HISENSE) 冷凍冷蔵庫 HR-G2801BR 282L

ブラウンを基調としたスタイリッシュなデザインが魅力の二人暮らし向け冷蔵庫。本体幅が55cmとコンパクトながら、全定格内容積が282Lでしっかり収納できるのが魅力です。

ドアの内側には大容量のポケットが備わっており、2Lのペットボトルがスッキリと収納可能。庫内にはファン式の自動霜取り機能が備わっているほか、棚には汚れに強い強化ガラスが採用されており、お手入れが楽に行えます。

操作パネルを活用することで、季節に合わせた温度設定が簡単に行えるのもポイント。省エネにも繋げられます。デザイン性に優れ、掃除がラクに行える冷蔵庫を探している方におすすめのアイテムです。

二人暮らし向け冷蔵庫のおすすめ|中型【300〜399L】

パナソニック(Panasonic) NR-C371N 365L

本体幅59cmのスリム設計ながら、定格内容積が365Lと多くの食品や食材が収納できる二人暮らし向けの冷蔵庫。気体の熱伝導を低減させた高性能真空断熱材「U-Vacua」を採用しており、高い省エネ性を実現しています。

野菜室が真ん中にあり、出し入れがスムーズに行えるのが特徴。キャベツやカボチャなど、重たい野菜も屈まずに取り出せます。また、小さな野菜を入れるためのケースがついており、スッキリと保存できるのも魅力です。

エコナビの一種で、ドアの開閉頻度を検知する「開閉センサー」を搭載。開閉する回数に併せて自動で節電や冷却の調節を行います。機能性や収納性に優れ、電気代の節約も期待できるアイテムです。

アクア(AQUA) 冷蔵庫 AQR-36J 355L

グリップハンドルつきで、簡単に開閉できる右開き式の二人暮らし向け冷蔵庫。スタイリッシュなデザインで、インテリアとしても活躍します。定格内容積は355Lと、多くの食材を入れておけます。

庫内を明るく照らすLED庫内灯が備わっているのが特徴。庫内の隅から隅まで見られるので、どこに何が入っているのか一目で視認できることや、買い忘れを防げることが魅力です。また、棚の高さは自由に調節でき、食品や食材に応じて変更できます。

定格内容積が大きなモデルでも整理しやすい「まん中2段フリーザー」を搭載。上段は貯氷コーナーがあり、下段には冷凍食品などがたくさん収納できるなど、使い勝手のよさがポイントです。

日立(HITACHI) 冷蔵庫 R-V38KV 375L

ボディカラーがシックなブラックで、インテリアとしても活躍する二人暮らし向けの冷蔵庫。キッチンに馴染みやすいよう、シンプルでフラットなデザインを採用しています。ヘアライン調の鋼板ドアで高級感のある見た目を表現しているのが特徴です。

チルド室には食材に直接冷気を当てないことで乾燥を抑える「うるおいチルド」を搭載。鮮度や潤いを守りながら保存できます。お肉やお刺身など、生ものをよく購入する方におすすめの機能です。

本体の真ん中に野菜室が備わっているので、野菜の出し入れがスムーズに行えます。また、「間接冷却カバー」つきで、野菜から出る水分を閉じ込めるのもポイント。デザイン性と機能性を併せ持つアイテムです。

シャープ(SHARP) 冷蔵庫 SJ-GW35F 350L

幅広い部屋とマッチするシンプルなデザインが特徴の二人暮らし向け冷蔵庫。床面から約93cmのローウエスト設計で、ペットボトルなどの重たいモノもラクに出し入れが行えます。また、ドアには左右どちらからでも開閉できる「どっちもドア」が採用されているのも魅力です。

密閉性が高く高湿度シールド構造を採用している「シャキット野菜室」や、「新鮮冷凍」「おいそぎ冷凍」が備わっているチルド室を搭載しています。使い勝手がよく、食材の鮮度や潤いが守れるアイテムです。

三菱電機(MITSUBISHI) 冷蔵庫 MR-CG37TE 365L

氷点下なのに肉や魚を凍らせず保存する「氷点下ストッカー」を搭載した二人暮らし向けの冷蔵庫。水分や旨味の素、栄養素の流出を低減します。また、解凍する手間が省け、取り出してすぐ調理に使用できるのも特徴です。

氷点下ストッカールームの上には加工食品や乳製品がたっぷり入れておける「ワイドチルド」を搭載。種類ごとに分けて保存できるので、食品を探す手間が省けます。また、消費期限なども把握しやすく、使い忘れを低減できるのも魅力です。

ボディにはガラスドアを採用。クリスタルブラックの外観が高級感を演出します。また、フラットかつスクエアなデザインで、キッチンに馴染みやすいのもポイント。買いだめの機会が多い方におすすめのアイテムです。

二人暮らし向け冷蔵庫のおすすめ|大型【400L~】

パナソニック(Panasonic) エコナビ搭載冷蔵庫 NR-FV45S6 451L

定格内容積が451Lの大容量ながらも、奥行が63.3cmと薄型の二人暮らし向け冷蔵庫。作り置きをする機会が多い方や、家族が増える可能性がある家庭におすすめです。放熱スペースが取りやすく、スッキリと設置できます。

冷凍室や野菜室は奥までしっかり引き出せる「ワンダフルオープン」仕様。奥に入れた食材も腰を屈めることなくラクに出し入れできます。また、隅々まで視認できるので、使い忘れや買い忘れを予防できるのもポイントです。

冷蔵室は最上段まで手が届く「トップユニット方式」。コンプレッサーを本体上部に設置することで、最上段の奥にあるデッドスペースを減らしています。また、生活様式に応じて、自動で節電を行うエコナビが備わっているのも魅力です。

日立(HITACHI) 冷蔵庫 R-HWS47K 470L

定格内容積が470Lと大容量ながらも、本体幅が60cmとスリムなのが特徴の二人暮らし向け冷蔵庫。ドアが向かって右側に開くシングルドアタイプのアイテムです。鮮やかなシャンパンカラーで、キッチンを華やかに彩ります。

冷蔵室全段が約2℃に設定できる「まるごとチルド」機能を搭載。チルド食品や下ごしらえした食材を大量に保存できます。ラップなしでも乾燥を抑えられるのが魅力です。

冷凍室はたっぷり収納できる3段ケース仕様。食品の種類や大きさに合わせて整頓できます。また、肉や魚の乾燥を抑え、凍らせることなく保存する「特鮮氷温ルーム」や自動製氷機能が備わっているのもポイントです。

シャープ(SHARP) 冷蔵庫 SJ-GW41F 412L

ドアが左右どちらからでも開閉できるどっちもドアに対応した二人暮らし向けの冷蔵庫。キッチンの動線に合わせて、都合のよい方向から庫内にアプローチできます。床面から95cmのローウエスト設計で、重たい食材がラクに出し入れできるのもポイントです。

湿度センサーや庫内温度センサーなど、25項目の省エネ技術を採用した「節電25」モードを搭載。使用状況や生活パターンを自動で判断し、通常運転に比べ最大で約25%節電できるのが魅力です。

食材に霜がつくのを抑えて鮮度を守る新鮮冷凍やおいそぎ冷凍、密閉性の高いシャキット野菜室が備わっているのも特徴。肉や魚、野菜など、傷みやすいモノを購入する機会が多い方におすすめのアイテムです。

三菱電機(MITSUBISHI) 冷蔵庫 MR-WX47F 470L

「薄型断熱構造SMART CUBE」を採用しており、大容量かつスリムな幅を実現した二人暮らし向けの冷蔵庫。定格内容積470Lながらもスッキリ設置できるのが特徴です。

製品の真ん中には製氷皿からポンプまですべて丸洗い可能な「まるごとクリーン清氷」を搭載。水道水でも清潔な氷が楽しめます。また、1回あたり12個の氷が作成可能で、たくさん必要なときでも安心です。

最下部には水分の蒸発を低減して潤いを守る「クリーン朝どれ野菜室」を搭載。食材を長持ちさせられるので、まとめ買いができます。また、AIが自動で使い方を学習する省エネ機能が備わっているのもおすすめのポイントです。

東芝(TOSHIBA) 冷蔵庫 GR-S460FZ 461L

専用のアプリを使用することで、スマートフォンから庫内にある食品が確認できる二人暮らし向けの冷蔵庫。外出先からでも買い忘れが予防できます。また、運転状況の確認や操作設定の変更も可能です。

ドアにはタッチするだけで開閉できる仕様になっており、両手が塞がっていても出し入れできるのもポイント。野菜室は真ん中に搭載されており、立ったままの姿勢で重たい野菜が取り出せるのも魅力です。

本体上下に搭載された2つの冷却器が庫内を適した温度と湿度にコントロールする「新鮮ツイン冷却システム」で、チルド室や野菜室をみずみずしく冷却し、冷凍室にある食材を一気に凍らせます。離れた場所からでも便利に使えるおすすめのアイテムです。