私たちの生活に家電はなくてはならないモノですが、特に冷蔵庫は毎日の食生活には不可欠。生鮮食品の新鮮さを保つという重大な役目を担い、食生活を支えてくれるキッチンの主役です。しかし、冷蔵庫選びは意外に頭を悩ませるモノ。特に新婚夫婦や同棲カップルにとっては、サイズや機能をどこまでこだわるべきか悩むところです。

そこで今回は二人暮らしに最適な200~400Lサイズの冷蔵庫を紹介します。付加機能を搭載したモデルやシンプルにこだわったモデルなど、さまざまな製品から最適な1台を見つけてみてください。

二人暮らし向け冷蔵庫の選び方

まずは容量をチェックしよう

By: toshiba-lifestyle.co.jp

冷蔵庫を選ぶ際に、まず確認すべきポイントは容量。最適な容量が分からない場合は、家族構成から容量の目安を算出するのがおすすめです。

一般的に冷蔵庫の適切な容量は「70L×家族の人数+常備品分(100L)+予備(70L)」という計算式で割り出せます。

二人暮らしの場合で計算してみると70L×2人+100L+70L=310L。つまり容量310L前後の冷蔵庫が目安。

ただし、毎日こまめに買い物をするのであればそれほど大きくなくても済みます。逆にまとめ買いをよくするのであれば310Lだと不安です。あくまで計算式の結果は参考として、自分のライフスタイルに合わせて選びましょう。

次は冷蔵庫の全体サイズをチェックしよう

By: panasonic.jp

設置スペースをチェック

冷蔵庫は左右、背面、上部に放熱スペースが必要です。どのくらいの空間が必要かは冷蔵庫の機種にもよりますが、最低でも5cmは必要と考えて設置スペースをチェックします。例えば幅が60cmの冷蔵庫なら、設置スペースの幅が70cmは必要。奥行と高さも同じように考えてスペースにゆとりがあるか確認しましょう。

設置スペースでもうひとつ大切なのがコンセントの位置。意外と忘れやすいので要チェックです。一般的には冷蔵置き場の背面上部にコンセントとアースの接続口があり、冷蔵庫を置いても隠れることはありません。

しかし、賃貸などでは冷蔵庫設置スペースの真裏や真横に接続口が設置されている場合があり、広めに放熱スペースを取らないとコンセントが差せないこともあります。この場合は放熱スペースにコンセントの大きさをプラスした空間が必要です。

搬入導線のスペースをチェック

冷蔵庫は大きいのでキッチンまでの搬入経路を考えてサイズを決めないと、家の中に運べないという問題が起こります。玄関から搬入する場合は、ドアや廊下の高さと幅を測り、冷蔵庫が通れるかを確認しましょう。

また、ドアノブや手すりなどの障害物にも注意。ドアの端から壁までの寸法ではなく、障害物から壁までの寸法を測って冷蔵庫が通れるかチェックしましょう。どうしても通れない場合は冷蔵庫のサイズダウンを検討するのが無難です。

玄関からの搬入が難しい場合は、リビングやダイニングの窓から搬入可能かを考えます。庭にフェンスがあれば持ち上げる必要が出てくるので、その方法で搬入可能か販売店に確認しておきましょう。

2階にキッチンがあり玄関からの搬入が不可能な場合は、クレーンを使って冷蔵庫を釣り上げてベランダから搬入する方法を取りますが、これも可能か販売店に確認しておく必要があります。

扉の開く向きをチェックしよう

By: aqua-has.com

意外に見落としがちなのが扉の開く向き。キッチンに立って冷蔵庫の方を向いた際、右または左のどちらから開けば食品が取り出しやすいかをよく考えます。

片開きの冷蔵庫は右開きと左開きが用意されているので、購入時にしっかり指定しましょう。右からも左からも空いたほうが使いやすい場合はシャープの両開き冷蔵庫がおすすめ。両開きの技術はシャープの特許なので、両開き冷蔵庫はシャープ製品のみです。

最近は冷蔵庫に2枚の扉がある観音開きが人気。しかし、二人暮らし用として主流の200~400Lの冷蔵庫には、観音開きの機種がほとんどないのが現状。ちなみに、観音開きは扉を片方だけ開けて食品を取り出せるので、冷蔵庫の冷気が逃げにくく電気代の節約が可能です。

また、扉の幅が通常の冷蔵庫の半分で、扉を開けても邪魔になりにくいため、奥行きの狭いキッチンにもおすすめ。どうしても観音開きを選びたい場合は、容量を少しアップして430L前後の冷蔵庫を選ぶ必要があります。

その他付属機能をチェックしよう

By: panasonic.jp

野菜室

野菜室のチェックポイントは付加機能と位置。二人暮らしであっても野菜を大量に買いだめするなら、野菜の鮮度を保つ付加機能を持った機種がおすすめ。

野菜室の位置はメーカーや機種によって異なり、最下部にある機種と中央部にある機種に分かれます。野菜を使う頻度が高いなら取り出しやすい中央部に野菜室がる方が便利。使い勝手をよく考えて選びましょう。

冷凍室

冷凍食品や冷凍保存を多用するなら、可能な限り冷凍庫が大きいタイプや冷凍室を2箇所に設けている機種がおすすめ。また、引出しタイプの冷凍庫と扉タイプの冷凍庫ではどちらが使いやすいかを考えることも大切。

そして、忘れてはならないのが冷凍庫の位置です。たまにしか冷凍庫を開けないなら最下部にあれば十分ですが、使う頻度が高いなら中央部にある方が便利に使えます。

霜取り機能

冷蔵庫は使っているうちに内部の水が凍って霜になります。最近の機種は自動霜取り機能が付いているので手間が省けますが、2ドアタイプで小型の機種には霜取りが必要なモデルもあるので注意。

冷凍庫にびっしり霜がついてしまうと、霜取りが大変なだけでなく食品が冷えにくくなり鮮度が保てません。自動霜取り機能付きの冷蔵庫を選んだ方が後々の手入れがラクになるのでおすすめです。

人工知能(AI)

最近話題になったのが、シャープが発売した人工知能搭載の冷蔵庫。冷蔵庫の中にある食品を判別して献立を考えたり、スマホからの遠隔操作で冷蔵庫の中に何が残っているかをチェックできたりする優れモノです。

ただし、人工知能は大型モデルに搭載されていることがほとんどなので、サイズを選ぶか人工知能を選ぶかをよく検討してみましょう。

二人暮らし向け冷蔵庫の人気メーカー

パナソニック(Panasonic)

家電メーカーの最大手。日本人の暮らしに適した冷蔵庫が人気です。中型サイズの冷蔵庫には高い機能は付けず、使いやすさにこだわっています。

パナソニック独自技術のエコナビ搭載機種では、3週間分のドア開閉と収納量の変化を記憶し、ユーザーの生活パターンに合わせて冷却運転を決定。運転をきめ細かく制御する省エネ機能が優秀です。

シャープ(SHARP)

両開き冷蔵庫で有名なシャープ。最近発売した人工知能AIを搭載した冷蔵庫が話題を呼んでいる総合家電メーカーです。使う人の目線に合わせた製品作りをコンセプトとしており、女性の身長に合わせたローウエスト設計などを実現しています。

シャープ独自の「プラズマクラスターイオン」は、庫内に浮遊する菌や付着菌をキレイに除菌し食品を衛生的に保つすぐれモノ。密閉性を高めた野菜室や温度変化を抑えて鮮度を守る冷凍室も人気の理由です。

日立(HITACHI)

日本を代表する総合家電メーカーのひとつ。「人に寄り添い暮らしを見つめて新しい幸せを生み出す家電」をコンセプトとし冷蔵庫にもその思いが込められています。

特に注目したいのが約0.8気圧の真空環境で酸化を抑えて生鮮食品を保存する真空チルド。ラップなしでも肉や刺身を乾燥させずにみずみずしく保ち、素材の美味しさをそのまま味わえます。

三菱電機(MITSUBISHI)

家事や調理をラクにすることを目的としてさまざまな機種を開発している総合家電メーカーです。食品の出し入れしやすい冷蔵庫の設計や収納しやすい庫内の構造にこだわっています。食品を美味しく保存しつつ節電できる機能も優秀。さらに、容量の割に設置スペースを取らないコンパクト設計も魅力です。

東芝(TOSHIBA)

日立や三菱、シャープと並ぶ総合家電メーカーのひとつ。東芝グループの中核企業として国内外に幅広いグループ企業を展開しています。

家電製品の分野では、昔から使いやすさで定評があります。冷蔵庫は大型タイプに付加機能を付け、中型から小型はシンプル機能でまとめているのが特徴。付加機能がなくても鮮度を守る機能と節電にこだわり、食品を整理しやすい構造に仕上げているので使い勝手が抜群です。

ハイアール(Haier)

中国家電メーカーのハイアールは、かつての三洋電機と提携し三洋ハイアールを設立。しかし、三洋は経営不振によりハイアールに株式を売却。これにより三洋の家電部門を受け継いだハイアールは自社製品をハイアールブランドとし、三洋から受け継いだ製品をAQUA(アクア)ブランドで展開しています。

ハイアールの冷蔵庫はシンプルでコスパが高いのが特徴。他メーカーではほとんど見かけない200L前後の2ドアタイプを多数取り扱っています。

アクア(AQUA)

先に紹介したハイアールの関連会社。ハイアールが三洋電機の株を引き取る形で発足したハイアールアジアインターナショナル株式会社が時を経て何度か社名変更し、現在はアクア株式会社として家電製品を発売しています。

アクアで発売する家電は三洋電機の技術を受け継いでいるため、三洋製品として見慣れたデザインや機能が残っているのが特徴。日本メーカーに比べて価格が安いため、ひとり人暮らしや二人暮らしの新生活を始める方に人気があります。

二人暮らし向け冷蔵庫のおすすめ|容量200〜300L

ハイアール(Haier) 冷蔵庫 JR-NF218A

二人暮らしにおすすめの218Lモデル。コンパクトで無駄のないデザインは賃貸の狭いキッチンに置いても圧迫感がありません。81Lの大容量冷凍室は3段のクリアケースに分かれているので、冷凍食品を種類ごとに分けて整理するのに便利。ドアポケットには2Lペットボトルを3本も収納でき、スムーズな取り出しが可能。

庫内の強化ガラストレイは、重いビンやタッパーを収納するのに重宝します。LED庫内灯が食品を明るく照らすので、夜間でも奥の食品をしっかり確認できて安心。冷蔵庫として十分な機能が備えられているので、付加機能を必要としない方におすすめ。3万円代というコスパの高さも魅力です。

アクア(AQUA) 冷蔵庫 AQR-SV24G

他社ではまず見かけない238Lで3ドアの冷蔵庫。高さが130cmと低く上面に電子レンジが置けるので、キッチンスペースを有効に使えます。素早く冷やして食品のうるおいを保つ「旬鮮チルド」は、温度だけでなく湿度もコントロール可能。小さな冷蔵庫でもしっかり鮮度を保ちたい方におすすめです。

中段の冷凍庫にある製氷ユニットは取り外し可能なので、冷凍食品が入りきらない場合に便利。もちろん自動製氷機能も搭載しています。下段の野菜室は白菜などの大きな野菜でも余裕を持って保存できる容量の大きさが魅力。小物野菜や果物を分別できるバスケットも付いています。全段に強化処理ガラス棚を採用し、食品の匂い移りや棚の汚れの問題を解消。小型でも十分な機能がたっぷり詰まった1台です。

三菱電機(MITSUBISHI) 冷蔵庫 MR-CX27C

女性目線で選び抜かれた機能が満載の機種。二人暮らしに最適です。肉や魚を約-3~0℃で保存できる氷点下ストッカーは、買いだめして食べきれなかった分を冷凍せずに保存できるので食品の鮮度を長く保てます。さらに、氷点下ストッカーにより食品を凍らせずに保存すこことも可能。解凍不要ですぐ調理できるので、時短調理にぴったりです。

272Lでも庫内にはゆとりがあり、ビールの500mL缶も立てたまま収納が可能です。最下部には大きな鍋が保存でき、ドアポケットには高さの違う大小のドリンクや調味料がたっぷり収納できるので、料理のバリエーションも広がります。野菜室は中央にあり容量も十分。腰をかがめずさっと野菜を取り出せます。下段の冷凍庫は70Lの大容量でお弁当用の冷凍食品もたっぷり収納可能。全段に掃除しやすいガラスシェルフを採用しているのも魅力です。

二人暮らし向け冷蔵庫のおすすめ|容量300〜400L

シャープ(SHARP) 冷蔵庫 SJ-GW36D

プラズマクラスターイオンを搭載した356L冷蔵庫。ひとつのドアが左右どちらからでも開閉可能な「どっちもドア」も搭載。他社と扉の開き方を比較するとわかりますが、両開きのどっちもドアは使いやすくておすすめ。プラズマクラスターが目に見えない浮遊菌を除菌してくれるので安心です。

チルドルームは高さが15cmあるので、かさばる肉のパックや背の高いヨーグルトもキレイに収まります。上段と中段の境目が女性の腰の高さとほぼ同じに設計されているので、背の低い方でも食品の出し入れに苦労しません。

冷蔵庫に収納する食品や容器のサイズをよく調査して設計されている点も優秀。庫内の折りたたみトレーを奥に押し込めば背の高いビンやボトルがすっきり入り、奥に倒せば大鍋をそのまま入れられるのでとても便利です。シャキット野菜室は密閉性を高め、野菜に風が直接当たらないため鮮度を守れます。356Lと程よい大きさも魅力。

東芝(TOSHIBA) 冷蔵庫 GR-K33SXV

シンプルでどんなキッチンにも馴染むデザインが人気の363L冷蔵庫。野菜室と冷凍室をしっかり仕切って野菜室の気密性を上げる「うるおいラップ野菜室」を搭載しており、高湿度環境をキープして野菜の鮮度を長持ちさせます。さらに、野菜室にたっぷり野菜を収納して高湿度になると庫内の水分を吸収し、野菜が減って庫内が低湿度になると水分を放出する優秀な機能も搭載。野菜室の湿度を常に一定にコントロールして美味しく保ちます。

また、野菜室は出し入れがスムーズにできる中央部に配置。82Lの大容量で食材もたっぷり入ります。下部の冷凍室も84Lあり、冷凍食品の保存に重宝します。「インバータ+ecoモード」により、省エネ機能も万全です。

食品のサイズに合わせて稼働できる自在棚や自在ポケットは大小の食品に合わせて可動でき、よく使うモノを使いやすい場所に収納できます。必要最低限の機能で十分な冷蔵庫を探している二人暮らしの方におすすめです。

日立(HITACHI) R-S4000H

350L前後の冷蔵庫では物足りない二人暮らしの夫婦におすすめの、401Lタイプ。日立の冷蔵庫ではこのサイズより小さいモノには真空チルドを搭載していないため、肉や魚を好んだ食生活がメインなら思い切ってワンサイズ上げて、真空チルドが付いたモデルを選ぶと便利に使えます。野菜室には、野菜の呼吸活動を抑えて眠らせるように保存できる「新鮮スリーブ野菜室」を搭載。傷みやすい野菜もみずみずしさを保って保存できます。

その他にも、「高さかわるん棚」や「高さかわるポケット」も搭載しており、大小さまざまなボトルや食品の収納に便利。冷蔵庫中央右側にある引出しは冷凍室になっているので、行方不明になりやすいプリーザーパックやタッパーに入れた食品の保存に最適です。