家電は、私たちの生活になくてはならないモノです。その中でも特に冷蔵庫は毎日の食生活に不可欠。最近の冷蔵庫は、機能やサイズがさまざまで新婚夫婦や同棲カップルにとっては、どこまでこだわるべきか悩むところです。

そこで今回は二人暮らしに最適な200~400Lサイズの冷蔵庫を紹介します。付加機能を搭載したモデルやシンプルにこだわったモデルなど、さまざまな製品から最適な1台を見つけてみてください。

二人暮らし向け冷蔵庫の選び方

容量をチェック

By: toshiba-lifestyle.co.jp

冷蔵庫を選ぶ際に、まず確認すべきポイントは容量。一般的に冷蔵庫の適切な容量は「70L×家族の人数+常備品分(100L)+予備(70L)」という計算式で割り出せます。二人暮らしの場合で計算してみると70L×2人+100L+70L=310L。つまり容量310L前後の冷蔵庫が目安です。

ただし、自炊や作り置きをする場合は一回り大きなサイズがおすすめ。また、将来的に家族が増える可能性がある場合は、450Lや500Lといった大型タイプの冷蔵庫を購入するという選択肢もあります。あくまで計算式の結果は参考として、自分のライフスタイルに合わせて選びましょう。

サイズをチェック

By: panasonic.jp

使用者の身長に合わせる

身長が低い方が背の高い製品を使う場合、上段に収納した食品が見えなかったり、食材の出し入れの度に踏み台が必要になったりするので、注意が必要。身長差があるカップルなどが二人暮らしをする際は、棚の高さを調整できる製品や、使用頻度の高い野菜室が真ん中にレイアウトされている製品がおすすめです。

「冷蔵庫の幅+10cm」のスペースが必要

冷蔵庫は左右、背面、上部に放熱スペースが必要です。どのくらいの空間が必要かは冷蔵庫の機種にもよりますが、最低でも5cmは必要と考えて設置スペースをチェックします。例えば幅が60cmの冷蔵庫なら、設置スペースの幅は最低でも70cmは必要。奥行と高さも同じように考えてスペースにゆとりがあるか確認しましょう。

設置スペースでもうひとつ大切なのがコンセントの位置。一般的には冷蔵置き場の背面上部にコンセントとアースの接続口があり、冷蔵庫を置いても隠れることはありません。

しかし、賃貸などでは冷蔵庫設置スペースの真裏や真横に接続口が設置されている場合があり、広めに放熱スペースを取らないとコンセントが差せないこともあります。この場合は放熱スペースにコンセントの大きさをプラスした空間が必要です。

搬入導線のスペースを確認

冷蔵庫は大きいのでキッチンまでの搬入経路を考えてサイズを決めないと、家の中に運べないという問題が起こります。玄関から搬入する場合は、ドアや廊下の高さと幅を測り、冷蔵庫が通れるかを確認しましょう。

また、ドアノブや手すりなどの障害物にも注意。ドアの端から壁までの寸法ではなく、障害物から壁までの寸法を測って冷蔵庫が通れるかチェックしましょう。どうしても通れない場合は冷蔵庫のサイズダウンを検討するのが無難です。

どうしても搬入の難しい大きいサイズの冷蔵庫が欲しい方は、クレーンを使って冷蔵庫を釣り上げてベランダから搬入する方法などがあります。そのため、大きいサイズの冷蔵庫を検討している方は、購入先で相談するのも1つの手段です。

ドアの開き方をチェック

By: aqua-has.com

壁がある方向で選ぶ「右開きタイプ」・「左開きタイプ」

冷蔵庫を置くスペースに向かって正面に立った時、壁が右にあるなら右開きタイプ、左に壁があるなら左開きタイプがおすすめです。壁の方向と逆側にドアが開いてしまうと、冷蔵庫を開けている間は通路を塞いでしまい、スペースの確保が難しくなってしまいます。二人暮らしの比較的コンパクトなキッチンならなおさら、少ないスペースを効率的に利用する配置を考えましょう。

開閉スペースがせまいときは「観音開きタイプ」

大型の冷蔵庫に採用されていることが多い観音開きタイプ。冷蔵庫の前に壁や通路などがあってドアを全開できない場合にも、広く庫内を見渡すことが可能です。食品が収納されている位置にかかわらず、片方もしくは両方のドアを開けて簡単に取り出せます。

どこにも対応できる「両開きタイプ」

左右どちらからでもドアを開けられる両開きタイプ。利き手や、キッチンのスペースを気にする必要がないので、キッチンの家具・家電の配置がより簡単にできます。冷蔵庫の購入後に引越しや、模様替えをする予定がある方におすすめです。

省エネ性能をチェック

By: amazon.co.jp

冷蔵庫のサイズや性能を選択する際、気になるのは消費電力。最近販売されている冷蔵庫の中には、使用頻度や生活パターンのデータを分析して自動で消費電力を調整する製品や、ドアを全開にしなくても中のモノが取れる製品などがあります。これから二人暮らしを始める方や買い換えを考えている方は注意しておきましょう。

その他付属機能をチェック

By: panasonic.jp

野菜室

野菜室のチェックポイントは付加機能と冷凍室や野菜室の位置です。二人暮らしであっても野菜を大量に買いだめするなら、野菜の鮮度を保つ付加機能を備えた機種がおすすめ。

野菜室の位置はメーカーや機種によって異なり、最下部にある機種と中央部にある機種に分かれます。野菜を使う頻度が高いなら、中央部に野菜室を搭載した機種の方が取り出しやすく便利。使い勝手をよく考えて選びましょう。

冷凍室

冷凍食品や冷凍保存を多用するなら、可能な限り冷凍室が大きいタイプや冷凍室を2箇所に設けている機種がおすすめです。また、引出しタイプの冷凍室と扉タイプの冷凍室ではどちらが使いやすいかを考えることも大切。

そして、忘れてはならないのが冷凍室の位置です。たまにしか冷凍室を開けないなら最下部にあれば十分ですが、使う頻度が高いなら中央部にある方が便利に使えます。

霜取り機能

冷蔵庫は使っているうちに内部の水が凍って霜になるのが難点。最近は、ほとんどの機種に自動霜取り機能が搭載されているため、霜を取る手間が省けます。しかし、2ドアタイプで小型の機種には自動霜取り機能が搭載されていないモデルもあるので、事前にチェックしておきましょう。

冷凍室にびっしり霜が付いてしまうと、霜取りが大変なだけでなく食品が冷えにくくなり鮮度が保てません。自動霜取り機能付きの冷蔵庫を選んだ方が後々の手入れがラクになるのでおすすめです。

人工知能(AI)

シャープが開発したことで話題となった、人工知能搭載の冷蔵庫。冷蔵庫の中にある食品を判別して献立を考えたり、スマホからの遠隔操作で冷蔵庫の中に何が残っているかをチェックできたりする優れモノです。

ただし、人工知能は大型モデルに搭載されていることがほとんどなので、サイズを選ぶか人工知能を選ぶかをよく検討してみましょう。

二人暮らし向け冷蔵庫のおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

パナソニックは、家電メーカーの最大手。日本人の暮らしに適した冷蔵庫が人気です。中型サイズの冷蔵庫には高い機能は付けず、使いやすさにこだわっています。

パナソニック独自技術「エコナビ」は、3週間分のドア開閉と収納量の変化を記憶し、ユーザーの生活パターンに合わせた冷却運転が可能です。運転をきめ細かく制御する省エネ機能に優れています。

シャープ(SHARP)

By: amazon.co.jp

両開き冷蔵庫で有名なシャープは、人工知能AIを搭載した冷蔵庫が話題を呼んでいる総合家電メーカーです。使う人の目線に合わせた製品作りをコンセプトとしており、女性の身長に合わせたローウエスト設計などを実現しています。

シャープ独自の「プラズマクラスターイオン」は、庫内に浮遊する菌や付着菌をきれいに除菌し食品を衛生的に保つ効果が期待できます。密閉性を高めた野菜室や温度変化を抑えて鮮度を守る冷凍室も人気の理由です。

日立(HITACHI)

By: amazon.co.jp

日本を代表する総合家電メーカーのひとつ。「人に寄り添い暮らしを見つめて新しい幸せを生み出す家電」をコンセプトとしており、冷蔵庫にもその思いが込められています。

特に注目したいのが約0.8気圧の真空環境で酸化を抑えて生鮮食品を保存する真空チルド。ラップなしでも肉や刺身を乾燥させずにみずみずしく保ち、素材の美味しさをそのまま味わえます。

三菱電機(MITSUBISHI)

By: amazon.co.jp

家事や調理をラクにすることを目的としてさまざまな機種を開発している総合家電メーカーです。食品を出し入れしやすい冷蔵庫の設計や収納しやすい庫内の構造にこだわっています。食品を美味しく保存しつつ節電できる機能も優秀。さらに、容量の割に設置スペースを取らないコンパクト設計も魅力です。

東芝(TOSHIBA)

By: amazon.co.jp

日立や三菱、シャープと並ぶ総合家電メーカーです。東芝グループの中核企業として国内外に幅広いグループ企業を展開。

家電製品の分野では、昔から使いやすさで定評があります。冷蔵庫は大型タイプに付加機能を付け、小型から中型はシンプル機能でまとめているのが特徴。付加機能がなくても鮮度を守る機能と節電にこだわり、食品を整理しやすい構造に仕上げているので使い勝手に優れています。

ハイアール(Haier)

By: amazon.co.jp

中国家電メーカーのハイアールは、かつての三洋電機と提携し三洋ハイアールを設立しました。しかし、三洋は経営不振によりハイアールに株式を売却。これにより三洋の家電部門を受け継いだハイアールは自社製品をハイアールブランドとし、三洋から受け継いだ製品を「アクア」ブランドで展開しています。

ハイアールの冷蔵庫はシンプルなデザインとコスパの高さが特徴。他メーカーではほとんど見かけない200L前後の2ドアタイプを多数取り扱っています。

アクア(AQUA)

By: amazon.co.jp

アクアは、ハイアールの関連会社で、現在はアクア株式会社として家電製品を発売しています。

アクアで発売する家電は、三洋電機の技術を受け継いでいるため、三洋製品として見慣れたデザインや機能が残っているのが特徴。日本メーカーに比べて価格が安いため、新生活を始める方に人気があります。

二人暮らし向け冷蔵庫のおすすめ|小型【200〜299L】

シャープ(SHARP) プラズマクラスター搭載 冷蔵庫 SJ-PD27D 270L

容量270L中、冷凍庫に102Lの食品を収納できる冷蔵庫です。最大の特徴は「プラズマクラスター」を搭載している点。また、「ナノ低温脱臭触媒」を採用しているので、ニオイや雑菌、カビなどの発生を抑える効果が期待できます。庫内は引き出し式を採用し、目当てのモノを見つけやすく、取り出しやすいことが魅力です。

さらに、使用シーンに合わせて節電できるのもポイント。節電モードを選択すると、食品の鮮度に影響しない範囲で庫内の温度を高めに設定します。庫内の電気には、消費電力が少ないLED照明を採用。電気代などが気になる方にもおすすめの冷蔵庫です。

ハイアール(Haier) 2ドア冷蔵庫 JR-NF218A 218L

本製品は、飾りがなくシンプルで、高級感のあるデザインが特徴の冷蔵庫です。容量は218Lで、冷凍室は81Lが確保されています。冷凍室は食材が見やすいようクリアタイプの棚が採用されており、作り置きの食品や冷凍食品をたくさん収納しても整理が簡単です。

60cm以下のスリムなボディもポイント。二人暮らしのコンパクトな部屋のキッチンへの設置も比較的簡単にできます。なお、この製品のドアは右開きタイプを採用しているので、購入前にキッチン内の導線や配置を確認しておくのがおすすめです。

パナソニック(Panasonic) 冷蔵庫 NR-B250T 248L

本体幅55.5cm、高さ163.6cmとコンパクトサイズのモデル。スリムなので狭めのキッチンにも置きやすいのが魅力です。また、比較的縦幅が低いので、身長の低い方にもおすすめ。

商品電力を調節する「インバーター」を搭載しているため、省エネにも期待できます。食品の鮮度を保ちつつ、電気代の節約をしたい二人暮らしの方におすすめの製品です。

シャープ(SHARP) 冷蔵庫2ドアトップフリーザー SJ-D23C 225L

2ドアの上部に冷凍室を配置した容量225Lのモデル。雑菌やニオイの発生を抑制する機能に長けていることが特徴です。ナノ低温脱臭触媒を搭載し、ニオイ・雑菌・カビなどの発生を抑制する効果が期待できます。さらに、トレーは汚れやニオイが付きにくいガラス製を採用しているのもポイントです。

また、製氷機にはワンタッチで氷を出せる「クルリポンアイスメーカー」を採用。製氷トレーに付いているレバーを回すだけでトレーが傾きます。小型ながら、製氷機の便利さにもこだわった高性能な製品を探している方におすすめです。

三菱電機(MITSUBISHI) 3ドア冷蔵庫 MR-CX27C 272L

働く女性をターゲットにデザインされた容量272Lの冷蔵庫。棚の位置が調節可能だったり、お手入れが簡単なガラスシェルフが搭載されていたりと、効率的かつ清潔に食品を保存する高い機能性が魅力です。

また、生ものの保存に便利な機能「氷点下ストッカー」は、氷点下なのに食品を凍結させずに保冷することで鮮度を保ちます。肉・魚の保存に特化して設計されているため、生ものの調理をすることが多い二人暮らし方におすすめです。

アクア(AQUA) 2ドア冷蔵庫 AQR-SD28G 275L

経水経路を全て取り外して洗浄できる容量275Lのモデル。衛生面が気になる給水タンクやパイプなど、水が通っているパーツは外して洗えるので、お手入れが簡単です。

平面的で、角張ったデザインも本製品の特徴。手にかけやすいタテ型ハンドルもポイントのひとつで、現代的なデザインのキッチンインテリアにマッチします。おしゃれな冷蔵庫を探している方におすすめです。

日立(HITACHI) 冷蔵庫 R-23HA 225L

本製品は限られたスペースにも設置できる幅54cmのスリムなボディが特徴。二人暮らし用のキッチンにも置きやすい225Lのコンパクトな容量も魅力です。ドアは右開きタイプを採用。メタリックな質感のボディはさまざまなデザインのキッチンにマッチします。

冷蔵室にはチルドケースがあり、生ものや惣菜などの保存に便利。棚の高さは調整可能なので、保存したい食品の高さに合わせて効率よく収納できます。省エネ機能も備えているので、家計に優しい製品を探している方にもおすすめです。

二人暮らし向け冷蔵庫のおすすめ|中型【300〜399L】

日立(HITACHI) 冷凍冷蔵庫 R-S3200HV 315L

幅54cmのスリムなボディながら、たっぷり収納できる容量315Lの製品です。搭載された「真空チルド」は食品を真空状態で密閉保存し、酵素の働きを抑えることで鮮度の低下を防ぎます。また、プラチナ触媒の働きにより肉や魚独特のニオイを抑制。生の肉や魚を調理することが多い方におすすめです。

真ん中のドアが野菜室で、中はスライド式のトレーが入っているので奥にある食品まで見渡せて便利。ドアは傷が付きにくい「クリスタルドア」を採用しているので、きれいに使い続けられます。

三菱電機(MITSUBISHI) 冷蔵庫 MR-C37A 370L

幅と奥行きが60cmのコンパクトな冷蔵庫。スリムなボディながら、370Lの食品を収納できるのが特徴です。ドアは右開きタイプなので、壁や通路の位置に注意する必要があります。また、ドアはどの位置を掴んでも開くフリーアクセスデザインを採用。身長差のある二人暮らしの方が使う場合も便利です。

冷凍室が81Lの大容量タイプなのも魅力のひとつ。使っていくうちに霜が気になった場合は、霜取り運転が使えます。機能性が高く、作り置きの食品や冷凍食品もたっぷり収納できるので、忙しい共働きの二人暮らしの方におすすめです。

パナソニック(Panasonic) 3ドア冷蔵庫 NR-C32HM 315L

曜日ごとの生活パターンや収納量のデータを分析・予測することで、それぞれの家庭に合わせて節電する「エコナビ」を搭載したモデルです。庫内の証明には比較的消費電力の少ないLED照明を採用。消費電力を抑えて、電気代を節約したい二人暮らしの方におすすめの製品です。

容量315Lのボディは、上が冷蔵室・真ん中が野菜室・下が冷凍室というレイアウト。野菜室が腰の高さに設置されているため、重い野菜を屈んで取り出す際に腰の負担が軽減されます。

シャープ(SHARP) 冷蔵庫 SJ-W351D 350L

身長の低い方にも使いやすい高さ169cm、容量350Lの冷蔵庫。ドアはどちら側にも開くので、キッチンのレイアウトを問わず配置できます。食品の大きさに合わせて庫内の棚を調節できるのもポイントです。

通常運転に比べ、5〜7%節電ができる「節電モード」が搭載されており、電気代が気になる方にもおすすめ。さらに、「側取りポケット」が付いているので、ドアを全開にしなくても飲み物や調味料を取り出せ、庫内の温度上昇を防止できます。

アクア(AQUA) 4ドア冷凍冷蔵庫 AQR-36G 355L

4ドアタイプの機能性に優れた容量355Lの冷蔵庫。真ん中の2段を冷凍室にすることで、食品の整理がしやすく、冷凍食品を買い置きする方や、作り置きをする方に便利な製品です。庫内は「LED庫内灯」が採用されており、下の段まで明るいため、食品の見落としを防ぎます。

キッチンに溶け込むシンプルかつスタイリッシュなデザインも魅力です。デザインのアクセントでもある取っ手は丸みを帯びていて握りやすく、力の弱い方でも使いやすく設計されています。

ハイアール(Haier) 2ドア冷蔵庫 JR-NF340A 340L

2ドアのシンプルなレイアウトと、洗練されたデザインが特徴の製品です。容量は340Lあり、冷蔵室・冷凍室ともに食品を整理しやすい棚が採用されているので、庫内のごちゃつきを防いでくれます。

長時間使用しないときや、保存する食品に合わせて数種類のモード変更ができるのもポイント。また、静音性にも配慮しているため、作動音を気にせず使えます。幅が60cm以下とスリムなので、二人暮らし向けの比較的狭いスペースにも設置可能です。

東芝(TOSHIBA) VEGETA GR-M33S 330L

野菜の保存に長けた、ベジータの容量330Lモデル。「うるおいラップ野菜室」を搭載しており、室内の密閉性を高めることで野菜の乾燥を防ぎ、鮮度をキープします。さらに、野菜室は真ん中にレイアウトされているので出し入れする際、腰への負担が少ないのも魅力です。

「半ドアアラーム」を搭載しているのもポイント。ドアが1分以上開いているときや、半ドアの状態が続いたときは、アラームで知らせてくれます。また、約1時間で製氷できる機能や、給水経路を洗えることなど、機能性に優れたおすすめの製品です。

二人暮らし向け冷蔵庫のおすすめ|大型【400L~】

シャープ(SHARP) プラズマクラスター冷蔵庫 SJ-GT42D 415L

ドアの開閉スペースが狭い場合に便利な、左右どちらからでも開けられる「どっちでもドア」を採用した冷蔵庫。搭載されたプラズマクラスターがチルドルーム内の雑菌を減らし、食品の衛生を保つ効果が期待できます。415Lと大容量なので、二人暮らしで必要な量の食品も収納可能。

出し入れがしやすいよう、真ん中のドアに配置された野菜室は野菜のサイズに合わせて2段に分けて保存できます。密閉性の高い設計にすることで野菜室内の温度をコントロールし、野菜のみずみずしさをキープ。2段のトレーは引き出し式なので、食材の確認がしやすく、買い忘れや買いすぎを防げます。

日立(HITACHI) 冷蔵庫 R-XG4300H 430L

「真空チルド」や「スポット冷蔵」を搭載した、機能性の高い観音開きタイプのモデルです。真空チルドは食品を密閉保存するので、ラップなしでも食品が乾燥することなく長持ちします。また、スポット冷蔵は冷凍室の3・4段目に配置されており、1・2段目よりも低温の約2℃で食品を保冷。手で持てる程度の暖かい鍋であれば、そのまま収納できます。

冷蔵室内の棚は収納したいモノに合わせて3段階に調整できる「高さかわるん棚」を採用。430Lを収納できるため、庫内の隅々まで収納可能です。サイドのポケットも飲み物や調味料の高さに合わせて2段階で調整できます。

パナソニック(Panasonic) 6ドア冷蔵庫 NR-F453HPX 450L

450Lの大容量ながら、限られたスペースにフィットするスリムな製品。気になる電気代も、使用データを分析・予測して省エネにする「エコナビ」を搭載しているので、安心して使用可能です。

野菜室は「Wシャキシャキ野菜室」が採用されており、室内の湿度を適切に保つことで、傷みやすい葉もの野菜も約1週間新鮮に保存できます。自炊をすることが多い方や、二人暮らしに必要な量の食品をまとめ買いすることが多い方におすすめです。

東芝(TOSHIBA) VEGETA GR-M41G 411L

光沢のあるドアが魅力の右開きタイプの冷蔵庫です。使用頻度が多い野菜室を真ん中にレイアウトすることで、重たい野菜の出し入れも簡単にできます。幅が60cmのスリムなボディも魅力。限られたスペースに設置する場合にもおすすめの製品です。

「光触媒ルネキャット」を搭載することで、野菜の劣化を防ぐエチレンガスを分解・除去。野菜の鮮度を保つ上に、庫内の脱臭・除菌効果が期待できます。

アクア(AQUA) 5ドア冷蔵庫 AQR-SV42G 415L

二人暮らしに必要な食材を十分に収納できる容量415Lのモデルです。食材を素早く冷却するほか、湿度をコントロールする「旬鮮チルド」が搭載されているため、傷みやすい野菜のうるおいと新鮮さをキープ。冷凍室には「旬鮮フリーザー」機能が付いており、冷凍焼けを防止できるのもポイント。

シックな見た目も特徴で、直線型のグリップがスタイリッシュな雰囲気を演出します。キッチンのインテリアに溶け込むデザインの冷蔵庫を探している二人暮らしの方におすすめです。

ハイアール(Haier) 2ドア冷蔵庫 JR-NF445B 445L

容量135Lの大きな冷凍室を搭載しており、作り置きの食品や冷凍食品などを多く収納したい方におすすめの製品です。下部の冷蔵室はシンプルにレイアウトされ、自由度の高いつくりが特徴。冷蔵室内のチルドルームは生ものの保存にも便利です。

奥まで見渡しやすいゆったりとした設計を採用しているのがポイント。高さは170cmで、身長の低い方は上段の奥まで手が届きにくい場合があるので、購入前にチェックしておきましょう。