日常生活において、必要不可欠な家電のひとつ「冷蔵庫」。そのなかでも特に冷蔵庫は毎日の食生活に不可欠。最近の冷蔵庫は、機能やサイズがさまざまで新婚夫婦や同棲カップルにとっては、どこまでこだわるべきか悩むところです。

そこで今回は、二人暮らしに最適な200~400Lサイズの冷蔵庫を紹介します。付加機能を搭載したモデルやシンプルにこだわったモデルなど、さまざまな製品から最適な1台を見つけてみてください。

二人暮らし向け冷蔵庫の選び方

容量をチェック

By: toshiba-lifestyle.co.jp

冷蔵庫を選ぶ際に、まず確認すべきポイントは容量。一般的に冷蔵庫の適切な容量は「70L×家族の人数+常備品分(100L)+予備(70L)」という計算式で割り出せます。二人暮らしの場合で計算してみると70L×2人+100L+70L=310L。つまり容量310L前後の冷蔵庫が目安です。

ただし、自炊や作り置きをする場合は一回り大きなサイズがおすすめ。また、将来的に家族が増える可能性がある場合は、450Lや500Lといった大型タイプの冷蔵庫を購入するという選択肢もあります。あくまで計算式の結果は参考として、自分のライフスタイルに合わせて選びましょう。

サイズをチェック

By: panasonic.jp

使用者の身長に合わせる

身長が低い方が背の高い製品を使う場合、上段に収納した食品が見えなかったり、食材の出し入れの度に踏み台が必要になったりするので、注意が必要。身長差があるカップルなどが二人暮らしをする際は、棚の高さを調整できる製品や、使用頻度の高い野菜室が真ん中にレイアウトされている製品がおすすめです。

「冷蔵庫の幅+10cm」のスペースが必要

冷蔵庫は左右、背面、上部に放熱スペースが必要です。どのくらいの空間が必要かは冷蔵庫の機種にもよりますが、最低でも5cmは必要と考えて設置スペースをチェックします。例えば幅が60cmの冷蔵庫なら、設置スペースの幅は最低でも70cmは必要。奥行と高さも同じように考えてスペースにゆとりがあるか確認しましょう。

設置スペースでもうひとつ大切なのがコンセントの位置。一般的には冷蔵置き場の背面上部にコンセントとアースの接続口があり、冷蔵庫を置いても隠れることはありません。

しかし、賃貸などでは冷蔵庫設置スペースの真裏や真横に接続口が設置されている場合があり、広めに放熱スペースを取らないとコンセントが差せないこともあります。この場合は、放熱スペースにコンセントの大きさをプラスした空間が必要です。

搬入導線のスペースを確認

冷蔵庫は大きいのでキッチンまでの搬入経路を考えてサイズを決めないと、家の中に運べないという問題が起こります。玄関から搬入する場合は、ドアや廊下の高さと幅を測り、冷蔵庫が通れるかを確認しましょう。

また、ドアノブや手すりなどの障害物にも注意。ドアの端から壁までの寸法ではなく、障害物から壁までの寸法を測って冷蔵庫が通れるかチェックしましょう。どうしても通れない場合は冷蔵庫のサイズダウンを検討するのが無難です。

どうしても搬入の難しい大きいサイズの冷蔵庫が欲しい方は、クレーンを使って冷蔵庫を釣り上げてベランダから搬入する方法などがあります。そのため、大きいサイズの冷蔵庫を検討している方は、購入先で相談するのも1つの手段です。

ドアの開き方をチェック

By: aqua-has.com

壁がある方向で選ぶ「右開きタイプ」・「左開きタイプ」

冷蔵庫を置くスペースに向かって正面に立った時、壁が右にあるなら右開きタイプ、左に壁があるなら左開きタイプがおすすめです。壁の方向と逆側にドアが開いてしまうと、冷蔵庫を開けている間は通路を塞いでしまい、スペースの確保が難しくなってしまいます。二人暮らしの比較的コンパクトなキッチンならなおさら、少ないスペースを効率的に利用する配置を考えましょう。

開閉スペースがせまいときは「観音開きタイプ」

大型の冷蔵庫に採用されていることが多い観音開きタイプ。冷蔵庫の前に壁や通路などがあってドアを全開できない場合にも、広く庫内を見渡すことが可能です。食品が収納されている位置にかかわらず、片方もしくは両方のドアを開けて簡単に取り出せます。

どこにも対応できる「両開きタイプ」

左右どちらからでもドアを開けられる両開きタイプ。利き手や、キッチンのスペースを気にする必要がないので、キッチンの家具・家電の配置がより簡単にできます。冷蔵庫の購入後に引越しや、模様替えをする予定がある方におすすめです。

省エネ性能をチェック

By: amazon.co.jp

冷蔵庫のサイズや性能を選択する際、気になるのは消費電力。最近販売されている冷蔵庫の中には、使用頻度や生活パターンのデータを分析して自動で消費電力を調整する製品や、ドアを全開にしなくても中のモノが取れる製品などがあります。これから二人暮らしを始める方や買い換えを考えている方は注意しておきましょう。

その他付属機能をチェック

By: panasonic.jp

野菜室

野菜室のチェックポイントは付加機能と冷凍室や野菜室の位置です。二人暮らしであっても野菜を大量に買いだめするなら、野菜の鮮度を保つ付加機能を備えた機種がおすすめ。

野菜室の位置はメーカーや機種によって異なり、最下部にある機種と中央部にある機種に分かれます。野菜を使う頻度が高いなら、中央部に野菜室を搭載した機種の方が取り出しやすく便利。使い勝手をよく考えて選びましょう。

冷凍室

冷凍食品や冷凍保存を多用するなら、可能な限り冷凍室が大きいタイプや冷凍室を2箇所に設けている機種がおすすめです。また、引出しタイプの冷凍室と扉タイプの冷凍室ではどちらが使いやすいかを考えることも大切。

そして、忘れてはならないのが冷凍室の位置です。たまにしか冷凍室を開けないなら最下部にあれば十分ですが、使う頻度が高いなら中央部にある方が便利に使えます。

霜取り機能

冷蔵庫は使っているうちに内部の水が凍って霜になるのが難点。最近は、ほとんどの機種に自動霜取り機能が搭載されているため、霜を取る手間が省けます。しかし、2ドアタイプで小型の機種には自動霜取り機能が搭載されていないモデルもあるので、事前にチェックしておきましょう。

冷凍室にびっしり霜が付いてしまうと、霜取りが大変なだけでなく食品が冷えにくくなり鮮度が保てません。自動霜取り機能付きの冷蔵庫を選んだ方が後々の手入れがラクになるのでおすすめです。

人工知能(AI)

シャープが開発したことで話題となった、人工知能搭載の冷蔵庫。冷蔵庫の中にある食品を判別して献立を考えたり、スマホからの遠隔操作で冷蔵庫の中に何が残っているかをチェックできたりする優れモノです。

ただし、人工知能は大型モデルに搭載されていることがほとんどなので、サイズを選ぶか人工知能を選ぶかをよく検討してみましょう。

二人暮らし向け冷蔵庫のおすすめ|小型【200〜299L】

シャープ(SHARP) 冷蔵庫 SJ-PD27D

シャープ(SHARP) 冷蔵庫 SJ-PD27D

102Lのボトムフリーザーを装備している271Lの冷蔵庫です。引き出しケース式を採用しており、重くても簡単に取り出せます。冷凍食品の買い置きが多い方にもおすすめです。

冷蔵庫内には野菜ケース・たっぷりフレッシュケースなどを装備しており、食材をキレイに整理できます。ニオイが付きにくいガラス棚を採用しており、手入れも簡単です。

また、プラズマクラスターを放出し、冷気を除菌する効果が期待できるため、ワンルームなどリビングの近くに設置する方にもおすすめ。ナノ低温脱臭触媒で、ニオイや雑菌、カビを抑える効果も期待できます。

アクア(AQUA) 冷蔵庫 AQR-27G2

アクア(AQUA) 冷蔵庫 AQR-27G2

272Lと小型ながらも独立した野菜室を装備している冷蔵庫です。多くの野菜を保存できるため自炊をする方にもおすすめ。節電ecoモードで冷凍室の庫内温度を1~2℃高めに設定すれば、電気代を節約しながら多くの食品を保存できます。

全段調節可能な強化処理ガラス棚が付属しており、大きさの異なる食品を収納しやすく汚れの拭き取りも簡単。耐熱100℃のトップテーブルを採用しており、上部にオーブンレンジが置けるため省スペースに設置したい方にもおすすめです。

また、本製品は丸みを帯びたハンドルがアクセントになったおしゃれなデザインも魅力。ユニバーサルデザインのグリップハンドルで、車いすの方や背の低い子どもにも簡単に開けられます。

ハイセンス(Hisense) 冷凍冷蔵庫 HR-B2301

ハイセンス(Hisense) 冷凍冷蔵庫 HR-B2301

約25dBと小さなささやき声ほどの大きさで運転する冷蔵庫です。運転音が静かなので寝室やリビングの近くに設置する二人暮らしの方にもおすすめ。容量は227Lで幅約55cmとコンパクトなので省スペースに設置できます。

小型ながらも2Lのペットボトルを3本入れられる大容量のドアポケットを装備しており、ドリンクの買い置きが多い方にもおすすめ。手入れがしやすく調節可能な強化ガラス棚やフレッシュケースも装備しており、高さの異なる食品も簡単に収納できます。

また、省エネ基準達成率100%と省エネ性能が優れているため電気代を抑えたい方にもおすすめです。ファン式を採用しており、小型冷蔵庫にありがちな霜取りの手間も必要ありません。

シャープ(SHARP) 冷蔵庫 SJ-D23D

シャープ(SHARP) 冷蔵庫 SJ-D23D

2Lペットボトルを4本収納できる225Lの冷蔵庫です。自炊をあまりしない二人暮らしの方におすすめのサイズ。ナノ低温脱臭触媒でニオイ・雑菌・カビの発生を抑える効果が期待できるほか、手入れのしやすいガラストレイを採用しており清潔に使えます。

本製品は、幅54.5cmとスリムなので省スペースに設置可能。運転音も約23dBとささやき声より静かなので、寝室やリビングの近くへ置く方にもおすすめです。

また、省エネ基準達成率105%なので電気代を抑えたい方にもおすすめ。利便性にも優れており、ワンタッチで氷が取り出せる「クルリポンアイスメーカー」を採用しています。

二人暮らし向け冷蔵庫のおすすめ|中型【300〜399L】

ハイアール(Haier) 340L冷凍冷蔵庫 JR-NF340A

ハイアール(Haier) 340L冷凍冷蔵庫 JR-NF340A

凹凸のないシンプルな2ドアタイプの冷蔵庫です。ドアハンドルではなく側面にスリット式のグリップを採用しており、実用的でおしゃれなデザインが目を惹きます。

ドア裏には、2Lペットボトルを約5本収納できるボトルポケットを搭載。全体の容量は340Lですが119Lの大容量冷凍室を装備しており、買い置きが多い方にもおすすめです。冷凍室は4段に区切ってあるため、整理整頓がしやすく簡単に取り出せます。

また、モード切り替えが可能マルチルームを搭載しているのも本製品の魅力です。食材に合わせてパーシャルモード・チルドモード・野菜モードの3つのモードから選択できます。

さらに、長期外出に便利なホリデイモードを採用しているほか、冷凍室と冷蔵室で個別に温度管理も可能。モードの設定はシーンに合わせてドアパネルで簡単に変更できます。

東芝(TOSHIBA) ノンフロン3ドア冷凍冷蔵庫 GR-H38SXV

東芝(TOSHIBA) ノンフロン3ドア冷凍冷蔵庫 GR-H38SXV

自炊する二人暮らしの方におすすめの独立した野菜室がある363L冷蔵庫です。野菜室は冷蔵庫の中央部分に位置しているため取り出しやすく、少し低めのロータイプなので庫内の奥までよく見えます。

野菜室では庫内の水分を逃さない「うるおいラップ野菜室」機能で野菜の乾燥を防止。さらに、野菜の量に応じて湿度をコントロールする「うるおい補給カセット」機能で鮮度を維持できます。

また、傷が付きにくく手入れしやすいクリアガラスドアを採用しているのも魅力です。ドア面には必要な情報だけを点灯して知らせるスマートタッチパネルを搭載しており、さまざまなタッチ操作ができます。

庫内の温度変化を検知し冷却環境をコントロールするインバーター制御を搭載しているため省エネ機能も優秀です。通常運転より約10%節電できるecoモードなら、省エネ性にも期待できます。

シャープ(SHARP) 冷蔵庫 SJ-W352D

シャープ(SHARP) 冷蔵庫 SJ-W352D

高さ169cmローウェスト設計の冷蔵庫です。350Lの容量を備えていますが最上段まで手が届き、重いペットボトルも簡単に出し入れできます。チルドルームの高さが15cmと高めなのもポイントで、背の高い食品やかさばる食品もすっきりと収納可能です。

ドアには「どっちもドア」を採用しており、左右どちらからでも開けられるため設置場所を選びません。側取りポケットを装備しており、ドアを前回しなくても横から取り出せます。

独立した野菜室を装備しているため自炊することの多い二人暮らしの方にもおすすめ。深さの異なる深浅スライドケースを装備しており、野菜の大きさや種類に合わせて区分けして収納できます。

また、庫内の使用状況を検知する機能も搭載。通常運転より5~7%節電できる節電モードでは、AIが自動でモードを選択するため状況に合わせて節電できます。

三菱電機(MITSUBISHI) 三菱冷蔵庫 MR-CX33C

三菱電機(MITSUBISHI ELECTRIC) 三菱冷蔵庫 MR-CX33C

奥へスライドできるガラスシェルフを備えた冷蔵庫です。手前に背の高いペットボトルや紙パックを収納でき、2分割すれば左右の高さも変えられます。330Lの容量を十分に生かしてすっきりと収納できます。

冷蔵庫下段に約0℃のワイドチルドを備えており、手作りのおかずや加工食品をたっぷり収納できるのも魅力です。フリータマゴケースが付属し、取手付きで簡単に出し入れできます。

一方、冷蔵庫の最下部にある氷点下ストッカーは肉や魚の保管に便利です。マイナス3~0℃で凍らせずに保存するため細胞が破壊されにくく、長期間鮮度や味を保って保存できます。解凍の手間がないため調理時間を短縮したい方にもおすすめです。

また、冷凍庫が上下段に分かれており食品の大きさに合わせて収納できるため買い置きが多い方にもおすすめ。どこを掴んでも開けられるフリーアクセスデザインで、重くても簡単に開けられます。

二人暮らし向け冷蔵庫のおすすめ|大型【400L~】

東芝(TOSHIBA) VEGETA GR-M470GW

東芝(TOSHIBA) VEGETA GR-M470GW

本体幅60cm、容量465Lの大容量でスマートな冷蔵庫です。庫内の棚はレイアウトを自由自在に変えられるため多くの食材をすっきりと収納可能。機能が充実しており、食材を適切な環境で保存できます。

マイナス4℃前後の水分を多く含んだ冷気を送風するチルドルームは、素早く冷却できるため細胞が壊れにくく、鮮度が落ちるのを防いで保管可能です。さらに、水分を多く含んだ冷気が1日20回循環する「摘みたて野菜室」を搭載。ミストチャージユニットが冷気中の水分だけを抽出するため野菜に適した湿度と温度で保管できます。

冷蔵室は、「新鮮ツイン冷却システム」を採用しており、水分を含んだうるおい冷気を繰り返し送り込めます。庫内がうるおっているため、加工食品や作り置きおかずの風味や食感をキープ可能です。そのほか、食材に合わせて冷凍スピードを調節できる切替冷凍室も搭載。生野菜や肉・魚のうまみや栄養分を逃さずに冷凍できます。

三菱電機(MITSUBISHI) 置けるスマート大容量 461L RXシリーズ MR-RX46C

三菱電機(MITSUBISHI ELECTRIC) 置けるスマート大容量 461L RXシリーズ MR-RX46C

凍らないぎりぎりの温度で保管する「氷点下ストッカー」を備えている冷蔵庫です。痛みやすい肉や魚などを生のまま長期間保管できるほか、解凍の手間がないためすぐに調理できます。

また、冷凍した食材を解凍なしで切れる「切れちゃう瞬冷凍」にも対応。凍っていても使いたい分だけ切って使えるため、小分けする手間が省けます。急速冷凍するため風味や食感が落ちないのも魅力です。

製氷皿やポンプは全て外して洗えるため常に清潔。カルキクリーンフィルターでカルキを低減するため、水道水でも美味しい氷が作れます。そのほか、省エネ性能にも優れており、部屋ごとの使用率を分析し電力を抑えて運転。家庭ごとの使い方を学習して効率的に節電できるため、省エネ基準達成率100%です。

シャープ(SHARP) 冷蔵庫 SJ-W411E

シャープ(SHARP) 冷蔵庫 SJ-W411E

容量412Lと自炊する二人暮らしの方にもおすすめの大容量タイプの冷蔵庫です。本製品は左右どちらからでも開けられる「どっちもドア」を採用しており、設置場所を選びません。

ローウェスト設計なので重いペットボトルなども簡単に出し入れ可能。冷気の除菌効果が期待できるプラズマクラスターを採用しているため、食材を清潔に保存できます。

また、冷凍庫は急速冷凍に対応しており、食品の霜付きを抑えて鮮度をそのままに保存可能です。60℃のものまでそのまま入れられるため、作りたてのおかずやご飯なども温かいままで冷凍でき、冷ますまでの時間を短縮できます。

さらに、ボタンを押すだけで製氷皿・給水パイプを水洗いできる製氷皿清掃に対応しており取り外して洗う手間がありません。給水タンク・ポンプ・製氷皿は抗菌加工してあり、ミネラルウォーターも氷にできます。

日立(HITACHI) 6ドア冷蔵庫 475L R-F48M3

日立(HITACHI) 6ドア冷蔵庫 475L R-F48M3

「うるおいチルド」機能を搭載している冷蔵庫です。庫内に冷気を直接入れない間接冷却によって食品の乾燥を抑えて保管できます。食材に合わせてマイナス約1℃とプラス約1℃のチルドを選択できるのも魅力です。

「うるおい野菜室」は、野菜から出る水分を野菜室内に閉じ込めるため野菜の乾燥を抑えて新鮮なまま保管可能。また、冷凍室は3段ケースを備えており、保存する食材の大きさに合わせて整理できます。

シャープ(SHARP) 冷蔵庫 415L SJ-GT42D

シャープ(SHARP) 冷蔵庫 415L SJ-GT42D

まとめ買いすることの多い二人暮らしの方におすすめの、大容量のメガフリーザーを搭載している冷蔵庫です。冷凍室は3段に分かれており、薄型のアイスルームや深さ21cmの段も備えています。

4つの仕切りを装備しているため大容量でもすっきりと収納可能です。熱伝導に優れたステンレストレーと約マイナス40℃の冷気で急速冷凍するため、うまみや栄養素を逃しません。60℃のモノまで入れられるため食材を冷ます手間も省けます。

また、深さ13cmの上段の冷凍室はタイマー冷凍に対応しており、より短時間で冷凍可能です。あら熱取りや急な来客時にも活躍します。

本製品は左右どちらからでも開閉可能な「どっちもドア」を採用しているのも魅力です。ドアポケットにはチューブから小瓶まで見やすく収納できるケースを備えており、さまざまな食品を無駄なくすっきりと収納できます。