冷え込みやすい冬場のトイレには、「トイレヒーター」を設置するのがおすすめ。立ち上がりの早いモデルなら素早く暖を取れるので、寒さに耐えることなく快適にトイレを使用できます。

そこで今回は、トイレヒーターのおすすめモデルと選び方をご紹介。なかには消臭機能や人感センサーを搭載した便利なモデルも存在するため、ぜひこの機会に購入を検討してみてください。

トイレヒーターの選び方

ヒーターの種類をチェック

By: three-up.co.jp

トイレヒーターには、主にセラミックファンヒーターとパネルヒーターの2種類があります。セラミックファンヒーターは電気の力で本体から温風を送風するのが特徴。一方で、パネルヒーターは遠赤外線であたためられる点が魅力です。

どちらも火を使わず燃料の交換も不要なので、空気を汚さず換気に気を遣わなくてよい点がメリット。あたためられる範囲に限りがあるモデルが多いものの、トイレヒーターとして使用するなら十分な広さをカバーできます。

サイズをチェック

By: amazon.co.jp

使い勝手のよいトイレヒーターを選ぶには、まずサイズをチェックしましょう。基本的にトイレはスペースが限られているため、設置しても邪魔にならないサイズの製品を選ぶことが大切です。

トイレの空間を広く保つためには、コンパクトなモデルや薄型のモデルを中心に検討するのがおすすめ。また、トイレのコンセントがどこにあるのかを確認しておくことも重要です。コンセントから近い場所でトイレヒーターのスペースをどの程度確保できるのか、購入前にしっかりと確かめておきましょう。

立ち上がりの早さをチェック

By: irisohyama.co.jp

トイレヒーターを選ぶ際は、立ち上がりの早さも要チェック。トイレヒーターはトイレを使用する際、トイレ使用時のみあたためられればよいので、短時間ですぐにあたたまるモデルがおすすめです。

電源を入れたら、トイレ内を数秒であたためることが可能なモノだと快適に使えます。立ち上がりの早さに優れたモデルも多くラインナップされているので、ぜひチェックしてみてください。

安全機能をチェック

By: irisohyama.co.jp

トイレヒーター選びには安全機能の確認も重要。トイレヒーターは、体に近い位置に設置する場合が多いので、本体の温度が高くなりすぎないタイプだと安心です。

また、転倒時に自動で運転が止まる機能を搭載したモノは、火災が起こるリスクを軽減できます。子供がいる家庭の場合は、チャイルドロック機能に対応したモデルもおすすめです。

その他機能をチェック

温度調節機能

By: three-up.co.jp

トイレヒーターを選ぶ際は、温度調節機能に対応しているかも確認しておきましょう。温度調節機能を搭載しているモデルは、ダイヤルを合わせるだけで好みの温度に設定しやすいため便利です。

一定の温度を超えると運転がストップする、サーモスタット機能の有無もポイント。サーモスタット機能に対応していれば、適切な温度をキープしながら使用できます。

人感センサー機能

By: amazon.co.jp

人感センサー機能が搭載されているモデルを選べば、自動で電源のオンオフが可能。人が入ってきたときに運転をスタートし、出ると停止するので、手動で操作する手間がかかりません。電源の切り忘れを予防できる点も魅力です。

また、人がトイレにいる間だけあたためられるため、電気代の削減にも繋がります。省エネかつ便利な機能なので、ぜひチェックしてみてください。

トイレヒーターのおすすめ

テクノス(TEKNOS) モバイルセラミックヒーター 300W TS-320

小型でかわいらしい、おすすめのトイレヒーターです。本体サイズが幅11×奥行き10×高さ14.8cm、重量が0.53kgとコンパクトかつ軽量なモデル。設置場所や向きなどを簡単に変えられるのが魅力です。

使いやすいサイズながら、300Wのパワーで十分にあたたかさを感じられます。また、素材にはセラミックを採用。転倒時には自動で運転が止まる機能も搭載しているため、足元での使用も安心です。

プリズメイト(PRISMATE) 人感センサー付セラミックファンヒーター PR-WA023

コンパクトなデザインのトイレヒーター。丸みを帯びた形状とレトロ風なデザインが特徴です。カラーはネイビーやワインレッドがラインナップされており、好みに合わせて選択可能。見た目を重視する方におすすめです。

コンパクトながら約600Wのパワーでしっかりとあたためられます。また、人感センサーを搭載しているのもポイント。連続運転時も約2時間が経過すると自動で運転を停止するため、コストを抑えられます。

転倒した際は自動で動作が停止する仕様。本体には活性炭フィルターを付属しており、ホコリやニオイを吸着しながら使用できます。小型で高性能なトイレヒーターとしておすすめのモデルです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) セラミックファンヒーター JCH-M082T

スペースの狭い場所でも使えるトイレヒーターです。幅17.6×奥行き14.5×高さ28cmのコンパクトサイズで、約1.8kgの軽量設計が魅力。持ち運びやすい仕様なので、設置や移動も簡単です。

人感センサーも特徴のひとつ。トイレに人がいるときだけ運転するため、コストを抑えられます。また、温風が出るまでの時間が短く、すぐにあたためることが可能です。

温風は400Wと800Wの調節に対応。サーモスタット機能を備えているので、設定温度を保ちながら使用できます。

活性炭脱臭フィルターが付いており、トイレをあたためながら脱臭効果も期待できるのが魅力。コンパクトながら多機能な、おすすめのモデルです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) セラミックファンヒーター JCH-126T

省スペース設計でしっかりとあたためられるトイレヒーター。スイッチを入れるとすぐに温風が出るため、短時間でトイレをあたためることが可能です。

温度は弱と強の2段階で調節できます。また、人感センサーを搭載しているのもポイント。人の動きを検知して自動で運転をオン・オフできるため、コストを抑えられるのが魅力です。

また、連続運転中に約4時間操作がない場合は、自動で電源が切れるので安心。ほかにも、チャイルドロックに対応しているため、子供がいる家庭にもおすすめです。

山善(YAMAZEN) 消臭セラミックヒーター ASF-TN121

薄型のデザインが特徴的なトイレヒーターです。本体サイズが長さ13.5×幅28×高さ45cmとコンパクトなので、場所を取らずに設置可能。本体重量も2.9kgと軽く、裏側には取っ手が付いているため、持ち運びやすい仕様です。

電源を入れるとすぐに温風が出る立ち上がりの早さも魅力。ダイヤルを回すだけで強・弱の切り替えができるので、簡単に操作できます。

人がいるときだけ運転できる人感センサーを搭載。無駄を抑えた省エネ運転が可能です。また、「スミノエフレッシュフィルター」を備えているため、空気をきれいに保つ効果も期待できます。

誤って転倒した場合も自動で動作が止まるので安心。シンプルで機能性が高いトイレヒーターです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 人感センサー付きセラミックヒーターダイニング JCH-TW122T

スリムで使いやすい、おすすめのトイレヒーター。約幅15×奥行き15.9×高さ40cmのタワー型を採用しており、トイレの限られたスペースにも無理なく設置できます。また、縦置きだけではなく、横置きできる点も魅力です。

電源を入れるとすぐに温風が出るため、トイレをあたためることが可能。温風は600Wの弱と1200Wの強の2種類を切り替えられるので、トイレの温度に合わせやすいのが特徴です。

効率的な運転を実現できる人感センサーも搭載。トイレに入る度に電源をオン・オフする手間がかからないので便利です。人感センサーを使用しない連続運転モードにも対応しているため、シーンに合わせた使い方ができます。

チャイルドロック機能も備えているので、赤ちゃんや子供がいる家庭でも安心して使用できるモデルです。

パナソニック(Panasonic) コンパクトセラミックファンヒーター DS-FTS1201

縦置きと横置きの両方に対応したトイレヒーター。人感センサーが搭載されており、人の動きを検知して自動で温風のオンオフを切り替えます。手動で操作する手間がかからず、快適に使用可能です。

温風は強・弱の2段階で調節できます。また、1時間・2時間・3時間に設定できる切タイマーなど、機能性に優れているのも魅力です。本体には取っ手が付いており、移動も簡単。シンプルで使いやすい、おすすめのモデルです。

威風堂(IFUDO) 壁掛け式ヒーターIFD-574

狭いトイレにも設置しやすい、おすすめのトイレヒーター。壁に取り付けるタイプで、ドライバーだけで簡単に壁掛けが可能です。送風口の下にはタオルを掛けられるので、スペースを有効活用できます。

ヒーターは、800Wと1200Wの切り替えに対応。室温や好みに合わせて使い分けられます。また、人感センサーも搭載。人がいない場合は、約2分間の送風運転のあと自動で停止するため、省エネ運転が可能です。

オフタイマー機能も特徴のひとつ。就寝前や慌ただしい朝などに運転を切り忘れても、設定した時間が経過すれば自動で運転が止まります。

壁掛けタイプでコンパクトサイズのトイレヒーターを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

山善(YAMAZEN) 消臭セラミックファンヒーター DSF-VL084

すぐに温風が出る速暖タイプのトイレヒーター。スイッチを入れると数秒であたたまるため、必要なときに素早く使えるのが魅力です。

人感センサーを搭載しているのがポイント。人の動きを検知した場合のみ動作するので、効率的な運転が可能です。また、4段階の設定温度に合わせて自動で調節する温度センサーも便利。無駄なあたため過ぎを抑えて電気代を節約できます。

消臭機能の搭載も特徴のひとつ。ニオイを吸着し分解する効果が期待できるので、ニオイがこもりやすいトイレにもぴったりです。スイッチの切り忘れ対策に便利な、5時間で自動停止する機能も搭載されています。

転倒時に自動で運転を止める機能や、チャイルドロックにも対応。機能性に優れたセラミックファンヒータータイプを探している方はチェックしてみてください。

パナソニック(Panasonic) セラミックファンヒーター DS-FS1200

小型で高性能なトイレヒーターです。場所を選ばず使えるシンプルなデザインが特徴。コンパクトなサイズのため、トイレの壁際にも設置しやすい仕様です。

温風の強さは弱と強の2段階に切り替えられるので、室温に合わせて適した温度で使用可能。上方向に約15°まで動くルーバーが付いており、温風が流れる向きも調節できます。

1〜5時間で設定できる切タイマーも搭載。設定した時間を過ぎると、自動で運転をオフにできるため、切り忘れを抑えられます。また、本体が転倒したり、傾いたりした際には通電が止まるので安心です。

ドウシシャ(DOSHISHA) Kamome セラミックヒーター UHCK-1121J

床置きと壁掛けの2wayで設置できるトイレヒーターです。床に置いて使用できるのはもちろん、専用のフックを使えば、壁に穴をあけずに掛けることも可能。本体サイズも薄型でコンパクトなので、トイレが狭い家庭にもおすすめです。

強と弱の2つのモードを搭載しており、シーンに合わせて使い分けできるのが魅力。サーモスタット機能も備えているため、あたため過ぎを抑えて、一定の温度をキープできます。

機能性が高く、設置する際に便利なおすすめのトイレヒーターです。

山善(YAMAZEN) ミニパネルヒーター DP-SB168

薄型で場所を取りにくいトイレヒーター。本体が幅40.5×奥行き15×高さ32.5cmのコンパクトな設計なので、トイレの狭いスペースにも無理なく設置可能です。本体重量は1.7kgと軽量。手軽に場所を移動できるのもポイントです。

温度調節機能も魅力のひとつ。本体に搭載されたダイヤルを回すと無段階で調節できるため、室温に合わせて設定しやすい仕様です。また、本体内部の温度が一定以上まで上がると、自動的に電源が切れるサーモスタット機能も搭載しています。

スリーアップ(three-up) ポカポカ暖ミニヒート PHT-1731

シンプルで使いやすいパネルヒータータイプです。マットなデザインを採用しており、トイレにも違和感なく設置できます。床置きはもちろん、壁掛けにも対応しているため、限られたスペースでも置けるのがポイントです。

電源はスイッチ式なのでオンオフがわかりやすい仕様。温度調節機能にも対応しており、ダイヤルを回すだけの直感的な操作が可能です。

また、適した温度をキープしやすいサーモスタット機能も備えています。転倒時には自動で電源がオフになるため、子供がいる家庭でも安心。多機能で使い勝手のよいトイレヒーターを探している方はチェックしてみてください。

ドウシシャ(DOSHISHA) 人感センサー付き遠赤外線パネルヒーター PHU-021J

薄型で使いやすい、おすすめのトイレヒーター。遠赤外線を活用したパネルヒーターなので、薄型ながらしっかりとあたたまります。人感センサーを搭載しており、人がいなくなると約2分で運転が止まるため、コストを抑えられるのが魅力です。

約12時間連続で運転すると、自動で電源をオフになる切り忘れ防止機能にも対応。また、本体に付いているダイヤルを回せば温度調節も可能です。脚を回転させると厚さが4.5cmになるので、場所を取らずに収納できます。