暖房器具のなかでも手軽さが魅力の「パネルヒーター」。給油を使わないことや設置に困らないコンパクトさが支持されており、最近はエアコンと併用している方も増えてきています。

とはいえ、見た目はどれも似たようなモノが多く、どこに違いがあるのかはなかなかわからないもの。そこで今回は、おすすめのパネルヒーターをご紹介します。選び方についても解説するので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

パネルヒーターとは?

By: amazon.co.jp

パネルヒーターとは、薄いパネル型で広い面積が特徴の暖房器具のこと。コンパクトでスペースを取らないため、洗面所などの狭い場所でも手軽に設置できるほか、シーズンオフの際にも収納しやすいのがポイントです。

また、電気をエネルギーとしているので、火事や二酸化炭素中毒を防げます。加えて、表面はパネルで覆われているため火傷の心配が少ないのも魅力。小さな子供やペットがいる家庭でも安心して使用できます。

なお、広いスペースで使う場合には、エアコンなどのメイン暖房器具の補助としてパネルヒーターを使用するのがおすすめです。

パネルヒーターの効果

By: amazon.co.jp

パネルヒーターは、空気を通さずに電磁波として熱を伝えるので温風が出ません。室内の乾燥を防げるのに加え、ホコリなどで空気を汚すことなく快適に使用できます。

また、熱と一緒に遠赤外線を放出しているので、身体の芯からじんわりと暖めてくれるのもポイント。6畳ほどのスペースであれば十分に暖められるほか、冷えやすい足元などへ部分的に使用するのにも効果的です。

パネルヒーターの選び方

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

パネルヒーターはアイテムによってサイズ感が異なるため、設置したい場所に適したサイズを選ぶことが大切です。トイレなどの狭いスペースで使用したい場合には、よりコンパクトなサイズがおすすめ。しかし、モノによっては壁からの距離が30cm以上離れていないと使用できない製品もあるため、高さや横幅だけではなく奥行きも合わせてチェックしておきましょう。

また、リビングなど広い室内で使用したい場合には、大きめのサイズがおすすめ。大型タイプはパネル面積が広くなるため、より効果的に周囲を暖められます。

なお、より広いスペースを暖めたい場合には、両面パネルのアイテムもおすすめです。パネルヒーターの多くは片面のみにパネルがある仕様ですが、なかには両面にパネルを取り付けることで両方向を暖められる製品も発売されています。しかし、両面パネルタイプは窓際には設置できないモノが多いので注意が必要です。置き場所を考慮したうえで、自宅に合ったパネルヒーターを選んでみてください。

速暖性で選ぶ

By: amazon.co.jp

パネルヒーターは周囲を暖めるスピードが速いため、外出先から帰宅してすぐに暖まりたいときなどに重宝します。基本的にはパネル面積が広く、出力ワット数が大きいほど、広い範囲を素早く暖めることが可能。

なお、対応畳数が記載してあるどうかもチェックポイントです。購入時には設置したい場所を事前に考えて、最適なアイテムを購入しましょう。

安全設計の有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

パネルヒーターは比較的危険の少ない安全な暖房器具ですが、安全設計を採用しているがどうかもポイント。パネルヒーターが誤って倒れた場合でも運転を停止する「転倒OFF機能」や、電源の切り忘れに対応できる「自動停止機能」、小さな子供が誤って電源を押してしまうのを防ぐ「チャイルドロック機能」などがあると、より安心です。

省エネ性能で選ぶ

パネルヒーターはコンパクトでありながら出力ワット数が高いため、思いのほか電気代がかかります。よって製品を選ぶ際は、省エネ性能の有無をチェックしておきましょう。出力パワーの強弱が選べるタイプや温度設定ができる製品、さらに室温を感知して自動的に電源をオフにしてくれる機能があると便利です。

また、人を感知して電源が自動的にオンオフを繰り返す製品やタイマー機能があるかどうかもポイント。強いパワーで長時間使用していると電気代が跳ねあがってしまうので、ほかの暖房器具と併用しながら効果的に活用してみましょう。

そのほかの機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

製品によっては、使わないときには折り畳んで収納できるタイプや、マグネットで机の下に貼りつけられるタイプ、キャスターや持ち手を付けることでスムーズに持ち運べるタイプなど、さまざまな機能が備わっています。

また、タオルが掛けられるタイプは脱衣所での使用にぴったり。機能、デザインともに豊富なラインナップが揃っているため、使用したいシーンを想定しながら各アイテムをチェックしてみてください。

パネルヒーターのおすすめモデル

パナソニック デスクヒーター DC-PKD-3C

パナソニック デスクヒーター DC-PKD-3C

デスクワークや勉強に便利な、デスクヒーターです。本体サイズは幅45.0×奥行30.0×高さ48.0cmと小ぶりで、デスク下を暖めるのに適しています。 重量2.2kgと比較的軽量なので、移動の際も負担にはなりにくいのがポイントです。

サーモスタットによって温度制御を行い、表面温度55℃の「強」と37℃の「弱」の2段に切り替えできます。1時間あたりの標準電気料金が約4.5円と、電気料金がかかりにくいのがメリットです。使わないときは3つに折りたためるので、収納性も優れています。

デロンギ(DeLonghi) コンベクターヒーター HXJ60L12

デロンギ(DeLonghi) コンベクターヒーター HXJ60L12

幅82.5×奥行31.0×高さ56.5cmの大型パネルヒーターです。8~10畳の大きめの部屋を暖められるのがメリット。1200・800・500Wの「強」「中」「弱」3段階で温度を調節できます。平均表面温度約70℃を実現した、火事の心配がない独自の安全設計。一瞬触れてしまってもやけどの心配が少なく、小さな子供がいる家庭でも安心です。

発熱体には、安全性に優れたPTCセラミックヒーターを採用しており、自然対流と輻射熱を利用して、すぐに暖められる速暖性の高さが特徴。スピーディに部屋全体を快適な温度に暖めます。マイコン制御電子式のサーモスタットや温度過昇防止装置に加えて、転倒時自動電源遮断装置およびチャイルドロックを搭載。万が一のための安全対策も万全なパネルヒーターです。

デロンギ(DeLonghi) マルチダイナミックヒーター MDH12

デロンギ(DeLonghi) マルチダイナミックヒーター MDH12-BK

細やかな自動温度調節機能を搭載したことにより、設定温度の±0.5℃の範囲で適温をキープできる、デロンギの8〜10畳用ヒーターです。温風を出さずに、自然熱対流と輻射熱で部屋を暖めるので、お肌の水分を奪われることもなく、ホコリを巻きあげることもありません。

消費電力は最大1200W、4段階で電力の切り替えができます。平均表面温度は約60℃でメッシュ構造を採用しており、 やけどを起こしにくいのがポイント。そのほかにも、転倒時自動電源遮断装置・温度過昇防止装置やチャイルドロックを備えており、安全対策が充実しています。

運転音が人の耳では聞こえないほど小さく、寝室や勉強部屋に最適。白と黒のカラーリングとミニマルなデザインがモダンさを感じさせる人気のヒーターです。

アイリスオーヤマ(IRISOHYAMA) デスクパネルヒーター KPH-TS1

アイリスオーヤマ(IRISOHYAMA) デスクパネルヒーター KPH-TS1

アイリスオーヤマのリーズナブルなデスクパネルヒーターです。サイズは幅45.0×奥行30.0×高さ48.0cm。高さが比較的低いため、デスクの下に設置しやすいのがポイント。重量も約1.6kgと軽量です。

消費電力160Wで、標準表面温度は「強」の55℃と、「弱」の40℃で暖められます。1時間あたりの電気代目安は約4.3円と、デスクパネルヒーターとしては良好。 デスクワークで使うパネルヒーターとしておすすめのモデルです。

ユアサプライムス(YUASA PRIMUS) ミニパネルヒーター YA-PH160YS M

ユアサプライムス(YUASA PRIMUS) ミニパネルヒーター 160W 温度調節付き YA-PH160YS M

トイレや洗面所などに設置しやすいミニパネルヒーター。サイズは幅40.3×奥行(パネル部)3.4×高さ28.3cmと、特に奥行がスリムなので、狭い場所で足元を暖めるのに最適です。

サーモスタットにより、設定した温度に合わせて自動で出力を制御。加熱防止のための温度ヒューズを備えており、万が一の場合に備えて安全性も考慮されています。温度調節ダイヤルと電源スイッチだけのシンプルなデザインのため、幅広い世代が使いやすいパネルヒーターです。

ユアサプライムス(YUASA PRIMUS) セラミックヒーター YKT-PS1200VR

ユアサプライムス(YUASA PRIMUS) セラミックヒーター 人感センサー搭載 YKT-PS1200VR

人を感知すると自動でオン、そして人がいなくなると電源をオフにする人感センサーを搭載した、温風式のパネルヒーター。電源を切り忘れても、ムダに運転することがないので、省エネ性および安全性が高いのがメリットです。

消費電力は強1200W、弱650Wの2段階切り替え式(50Hz)。1・2・4時間で切れるタイマーを内蔵しています。温度ヒューズ・転倒オフスイッチなどの安全装置も充実。出力切替・タイマーボタンなどを備えたリモコンも付属しています。

サンルミエ エクセラ7 遠赤外線パネルヒーター N700L-GR

サンルミエ 遠赤外線パネルヒーター エクセラ7 N700L-GR

サンルミエシリーズのハイエンドモデル。従来のセラミックパネルはアルミにセラミックコーティングを施した多層式でしたが、本モデルはセラミック100%の第2世代パネルを使用しています。

内部に熱がこもりにくく、セラミック自体が発熱するため、エネルギーロスが少ないのがメリットです。結果として、自動モード運転時の電気代は8時間で約98円と、優れた省エネ性を有しています。消費電力は「強」700W、「中」470W、「弱」で325W。8畳間ほどの暖房に対応しています。

ガード面は誤って触れても、やけどするほどの高温にはなりません。転倒時電源オフ機能や過熱防止装置も搭載しており、安全性も良好。子供やペットのいる家庭におすすめのパネルヒーターです。

日本遠赤外線 遠赤外線パネルヒーター サンルミエキュート E800LS

サンルミエ 遠赤外線パネルヒーター キュート E800LS

部屋を均一に暖める遠赤外線輻射式暖房を採用した、サンルミエのロングセラーモデル。日向ぼっこのように身体を芯から暖めてくれるのが特徴。1日あたりの電気代が約84円というランニングコストの安さもメリットです。

消費電力は800・400Wの2段切り替え式。サイズは幅51.0×奥行23.6×高さ43.0cmで、重量約7kgです。壁際に設置しても、壁からわずか約8.0cm。スペースをとりにくいのがポイントです。

エム・エイチ・シー(MHC) 遠赤外線パネルヒーター マイカの岩盤浴 M-1000

エム・エイチ・シー(MHC) 遠赤外線パネルヒーター マイカの岩盤浴 M-1000

マイカパウダー・活性石パウダー・マイナスイオンパウダーの3種の鉱石を用いた、「岩盤浴のような暖かさ」を謳うパネルヒーター。暖房には遠赤外線を利用しており、体の芯から暖まるのがメリットです。

サイズは幅78.5×奥行25.0×高さ48.0cmで、8畳までの部屋を暖められます。電力は400・600・1000Wの3段階で調節可能。400Wで運転時の、1時間あたり電気料金目安は約9円です。重量は4.3kgですが、キャスターが付いているので、移動はラクラク。メッシュ部分には、フロッキー(植毛)加工を施してあり、小さな子供が触れても安心です。

ゼンケン(ZENKEN) 遠赤外線スポットウォーム RH-152

ゼンケン(ZENKEN) 遠赤外線スポットウォーム RH-152

半円形のフォルムが印象的なコンパクトなパネルヒーターです。床置きしたときのサイズは幅44.0×奥行14.0×高さ34.5cmとコンパクト。背面にマグネットが付いているのがポイントです。パネルの奥行は3.0cmとスリムなので、スチールデスクの内側に貼り付ければ、ほとんどスペースを取りません。

また、木製デスクでもハンドル部分をフックなどに掛けて使用可能です。パネル前面は植毛を施したフロッキー加工仕様。脚が触れてもやけどしにくいのがメリットです。サーモスタット・温度ヒューズ・電流ヒューズを内蔵しており、過熱防止の安全対策も充実。子供が学習机で使うパネルヒーターとしてもおすすめです。

ゼンケン(ZENKEN) 遠赤外線アーバンホットスリム RH-501M

ゼンケン(ZENKEN) 遠赤外線アーバンホットスリム RH-501M

サイズは幅38.0×奥行19.0×高さ54.0cmと横幅がスリムなパネルヒーターです。遠赤外線を効率よく放射する特殊ヒーターパネルで、輻射熱で優しく暖めます。電気ストーブの様に間近で熱く感じることもなく、パネルに衣類などが触れても燃えあがる心配が少ないのがポイントです。

転倒時の電源オフ機能や温度過昇防止装置を搭載しています。前面パネルには起毛したフロッキー加工を施しており、子供が触れても安心。キッチンのカウンター下などに設置する暖房器具としておすすめのモデルです。

エスケージャパン(SK Japan) ミニパネルヒーター SKJ-KT33P

エスケージャパン(SK Japan) ミニパネルヒーター SKJ-KT33P

床置きおよび壁掛けに対応したコンパクトなパネルヒーターです。サイズは幅47.0×奥行12.0×高さ32.5cm、重量約2.3kg。消費電力は最大320Wで、細かく9段階の出力調節ができます。最大出力時の1時間当たり電気代目安は、約8.6円と省エネ性も良好です。

室温に応じて、電源をオン・オフするルームサーモ機能を搭載しているのもメリット。ムダな暖房を抑制するとともに、安全性を高めています。脱衣所などの狭い場所でおすすめのモデルです。

イーグルジャパン(Eagle Japan) 遠赤外線パネルヒーター ROSSO Premium EJ-CA039

イーグルジャパン(Eagle Japan) 遠赤外線パネルヒーター ROSSO Premium EJ-CA039

消費電力を1200・800・400Wの3段階で調節できる遠赤外線パネルヒーター。パネルはサイズ幅58.0×奥行6.5×高さ58.0cmの正方形です。1200Wのハイパワーモデルながら、横幅が短いのが特徴。狭めの部屋でも設置しやすいパネルヒーターです。

転倒時自動電源OFF機能のほかに、サーモスタット・温度ヒューズ・チャイルドロックを搭載しており、安全装置も充実。さらに7℃で作動する本体結露防止モードも内蔵しています。広い部屋でも操作しやすいリモコンが付属しているのもポイントです。

イーグルジャパン(Eagle Japan) 遠赤外線パネルヒーター Varm EJ-CA046

イーグルジャパン(Eagle Japan) 遠赤外線パネルヒーター Varm EJ-CA046

イーグルジャパンの最大消費電力1200Wのハイパワーパネルヒーターです。サイズ幅81.0×奥行8.5×高さ45.5cmの大型パネルを採用。11畳の広い部屋にも対応しており、リビングなどにおすすめのモデルです。

電力は「強」の1200W、「中」800W、そして「弱」400Wの3段階で調節可能。そのほかにも、ヒーターが自動で調節するオートモードを備えています。

電源を自動でオン・オフできるタイマーを内蔵。30分〜24時間の範囲で、30分毎に細かく設定できます。1時間当たりの電気代目安は、強が約32.4円、中で約21.6円、弱は約10.8円です。

グリーンウッド(GREENWOOD) 2WAYパネルヒーター GMP-152

グリーンウッド(GREENWOOD) 2WAYパネルヒーター GMP-152

サイズは幅51.5×奥行16.0×高さ37.8cm、重量約3.5kgとコンパクトなモデルです。パネルヒーターと、足を載せて暖めるフットヒーターという2通りの使い方ができるのがメリット。消費電力は、パネルヒーターとして使うときは150W、フットヒーターは30Wです。

1時間あたりの電気料金目安は、パネルヒーターの際は約3.5円、フットヒーターは約1円弱と、省エネ性も良好。サーモスタットによって温度コントロールするとともに、温度ヒューズによって過熱を防止しています。デスクワークに適したコンパクトなパネルヒーターを探している方におすすめのモデルです。