暖房器具のなかでも手軽さがウリの「パネルヒーター」。給油を使わないことや設置に困らないコンパクトさが支持されており、最近はエアコンと併用している方も増えてきています。

とはいえ、見た目はどれも似たようなモノが多く、どこに違いがあるのかはなかなかわからないもの。そこで今回は、おすすめのパネルヒーターをご紹介します。選び方についても解説するので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

パネルヒーターとは?

By: amazon.co.jp

パネルヒーターとは、薄いパネル型で広い面積が特徴の暖房器具のこと。コンパクトでスペースを取らないため洗面所などの狭い場所でも手軽に設置できるほか、シーズンオフの際にも収納しやすいのがポイントです。

また、電気をエネルギーとしているので火事や二酸化炭素中毒を防げるのに加え、表面はパネルで覆われているため火傷の心配が少ないのも魅力。小さな子どもやペットがいる家庭でも安心して使用できます。

なお、広いスペースで使う場合には、エアコンなどのメイン暖房器具の補助としてパネルヒーターを使用するのもおすすめです。

パネルヒーターの効果

By: amazon.co.jp

パネルヒーターは、空気を通さずに電磁波として熱を伝えるので温風が出ません。そのため、室内が乾燥するのを防げるのに加え、ホコリなどで空気を汚すことなく快適に使用できます。

また、熱と一緒に遠赤外線を放出しているので、身体の芯からしっかりと暖めてくれるのもポイント。6畳ほどのスペースであれば十分に暖められるほか、冷えやすい足元などへ部分的に使用するのにも効果的です。

パネルヒーターの選び方

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

パネルヒーターはアイテムによってサイズ感が異なるため、設置したい場所に適したサイズを選ぶことが大切です。トイレなどの狭いスペースで使用したい場合には、よりコンパクトなサイズがおすすめ。しかし、モノによっては壁からの距離が30cm以上離れていないと使用できない製品もあるため、高さや横幅だけではなく奥行きも合わせてチェックしておきましょう。

また、リビングなど広い室内の補助暖房器具として使用したい場合には、大きめのサイズがおすすめです。大型タイプはパネルの面積が広くなるため、より効果的に周囲を暖められます。大型タイプであっても厚みはないので、電気ストーブのようにスペースをとることもありません。

なお、より広いスペースを暖めたい場合には、両面パネルのアイテムもおすすめです。パネルヒーターの多くは片面のみにパネルがある仕様ですが、中には両面にパネルを取り付けることで両方向を暖められる製品もリリースされています。しかし、両面パネルタイプは窓際には設置できないモノが多いので留意が必要です。どの部屋のどの位置に置きたいのかを考慮したうえで、ベストを選んでみてください。

速暖性で選ぶ

By: amazon.co.jp

パネルヒーターは周囲を暖めるスピードが速いため、外出先から帰宅してすぐに暖まりたいときなどに重宝します。基本的にはパネル面積が広く、出力ワット数が大きいほど、広い範囲を素早く暖められます。

なお、対応畳数が記載してあるどうかもチェックポイント。購入時には設置したい場所を事前に考えて、最適なアイテムを購入しましょう。

安全設計の有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

パネルヒーターは比較的危険性が少ない安全な暖房器具ですが、安全設計を採用しているがどうかもポイント。パネルヒーターが誤って倒れた場合でも運転を停止する「転倒OFF機能」や、電源の切り忘れに対応できる「自動停止機能」、小さな子どもが誤って電源を押してしまうのを防ぐ「チャイルドロック機能」などがあると、より安心です。

省エネ性能で選ぶ

パネルヒーターはコンパクトでありながら出力ワット数が高いため、電気代が思いのほかかかります。よって製品を選ぶ際は、省エネ性能の有無をチェックしておきましょう。出力パワーの強弱が選べるタイプや温度設定ができる製品、さらに室温を感知して自動的に電源をオフにしてくれる機能があると便利です。

また、人を感知して電源が自動的にオンオフを繰り返す製品やタイマー機能があるかどうかもポイント。強パワーで長時間使用していると電気代が跳ね上がってしまうので、他の暖房器具と併用しながら効果的に活用してみましょう。

その他の機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

製品によっては、使わないときには折り畳んで収納できるタイプや、マグネットで机の下に貼りつけられるタイプ、キャスターや持ち手を付けることでスムーズに持ち運べるモノなど、さまざまな機能が備わっています。

また、タオルが掛けられるタイプは脱衣所での使用にぴったり。機能、デザインともに豊富なラインナップが揃っているため、使用したいシーンを想定しながら各アイテムをチェックしてみてください。

パネルヒーターのおすすめモデル

シロカ(siroca) 速暖マイカヒーター SH-M111

熱伝導性に優れた素材と遠赤外線効果で、素早く暖められるパネルヒーター。ヒーターの素材には天然鉱石の「雲母石」を加工したものを採用しており、身体の末端まで暖めてくれます。

また、360°を放出するのもポイント。なお、表面には火傷防止のフロッキー加工を施しているほか、チャイルドロックや24時間タイマーが付いているので、子どもがいる家庭でも安心して使えます。取っ手とキャスター付きで移動もラクラク。出力は400~1200Wまで選べ、温度設定もできるおすすめのアイテムです。

シロカ(siroca) 速暖マイカヒーター タオルハンガー シューズハンガー SH-M121

前述の「速暖マイカヒーター」に、タオルハンガーとシューズハンガーが付属したアイテム。最適な温度を設定しながら濡れたタオルやシューズを乾かすことによって、室内の湿度調整もできるのが特徴です。

好みの時間に設定できる24時間タイマーや子どものいたずらを防止できるチャイルドロック、火傷を防ぐフロッキー加工などもポイント。取っ手が付いているのに加え、4.2kgと軽量なので持ち運びも容易です。対応畳数(目安)は10畳。使い勝手良好のおすすめモデルです。

デロンギ(DeLonghi) マイカパネルヒーター HMP900J-B

パネル全面から効果的に熱を伝える「マイカパネルヒーター」。電源を入れるとすぐに暖まる速暖性が特徴です。また、製品名の通り、本体に鉱物の雲母(マイカ)を採用しており、薄く軽量なのもポイント。楽に設置することができます。

なお、電力は450Wと900Wの2段階で切り替えられるほか、温度の自動調節装置が付いており自動的に電源オンオフを繰り返すので、暖め過ぎることなく電気代を節約できます。キャスターと取っ手がついて持ち運びしやすいのも魅力。製品全体を黒で統一した、おしゃれで機能性の高いおすすめアイテムです。

Miriyon 遠赤外線デスクヒーター

テーブルやデスクの下に置いて、足元を効果的に暖めてくれるパネルヒーターです。パネル面が大きく広範囲を暖められるほか、薄型なので持ち運びも簡単です。

また、過熱を防ぐ3時間自動OFFタイマーが付いているため、うっかり電源を消し忘れてしまっても安心。1時間あたりの電気代は約3.8円と経済的なのも魅力です。ちょっとした用途で使える暖房器具を探している方におすすめのパネルヒーターです。

山善(YAMAZEN) ミニパネルヒーター DP-SB167

トイレや脱衣所などの狭いスペースにぴったりの小型パネルヒーター。簡易的な温度調節機能が付いており、低から高までダイヤルを使用して好きな温度に設定できるのがポイント。シンプルな仕様で操作が簡単なので、初めてパネルヒーターを使用する方にもおすすめのアイテムです。

イーバランス(E-BALANCE) ROOMMATE FioreII EB-RM5400A

約8畳まで対応可能なパネルヒーター。本体に鉱物の雲母を使用し、熱と遠赤外線を効果的に放出して室内をじんわりと暖めてくれます。温度の自動調節装置が付いており、設定した温度に合わせて断続的に運転してくれるため、省エネ効果も期待できます。

また、30分刻みでタイマー設定ができるほか、パネルヒーターが転倒すると自動的に電源が切れるため、安全に使用できるのもポイント。機能性の高いおすすめモデルです。

テクノス(TEKNOS) 人感センサー搭載テーブルカーボンヒーターDH-450

マグネットで机の下に貼りつけて使用できるパネルヒーター。専用の金具を両面テープでつければ、木製の机でも使用できます。

また、付属の足を取り付ければ通常のパネルヒーターとしても使える2way仕様であるのもポイント。人感センサーも搭載しているため、無駄に暖めるのを防いで電気代の節約にもなります。スペースを取らずに足元をしっかり暖めてくれる、おすすめのアイテムです。

エスケージャパン(SK Japan) マイカパネルヒーター SKJ-FG100MC

発熱体を鉱物の雲母で挟み込むことで、高い速暖性と遠赤外線効果が期待できるパネルヒーターです。パネル全面からしっかり放熱されるため熱効率がよいほか、室温を検知して自動的に電源オンオフを繰り返すため、省エネ性にも配慮しています。

運転状態がひと目でわかる通電ランプが付いているのに加え、パネルヒーターの転倒時に働く安全スイッチも備わっているので安心して使えるのもポイントです。なお、取り外し可能なキャスター付きで移動や収納が簡単なのも魅力です。

トヨトミ(TOYOTOMI) 壁掛け電気パネルヒーター

金具を壁に取り付けることで簡単に設置できる壁掛け式のパネルヒーター。壁から冷気が侵入するのを防ぎ、自然対流と輻射熱によって室内全体に暖かい空気を循環させるのが特徴です。

また、薄くコンパクトサイズなので、狭い場所でも快適に使用できるのもポイント。なお、ダイヤルで40℃までの温度設定ができ、室内の温度に合わせて自動的に電源オンオフを繰り返すため省エネ効果も期待できます。効果的に室内を暖められる、おすすめのパネルヒーターです。

アラジン(Aladdin) 遠赤外線パネルヒーター

アルミパネルとシーズヒーターを使用した「アルフィン」を搭載しているのが特徴のパネルヒーター。放熱板全面から遠赤外線を発生させることで、身体の芯まで暖めてくれます。また、本製品は耐久性が高くヒーター線も酸化しにくいため、長く使えるのも魅力です。

なお、パネルは火傷防止のためにメッシュガードで覆われているほか、チャイルドロックや傾き感知機能なども備わっているため、子どもやペットがいる家庭でも安全に使用できます。さらに2段階で出力調整ができ、1時間刻みのオフタイマーも付いているため省エネ性も良好。機能性の高いおすすめモデルです。

プラスマイナスゼロ(±0) パネルヒーター

コンパクトサイズでありながら、しっかりと室内を暖めてくれるパネルヒーター。優れた熱伝導を誇るアルミにシーズを埋め込むことで、高い熱効率を実現しています。

また、耐久性が高くパネルヒーターが長持ちするのもポイント。なお、時計機能が内蔵されているため時刻を指定してタイマーの設定ができるほか、室内温度を検知して600Wと1200Wを自動的に切り替えてくれるので、電気代の節約にもなります。

底面に付いているキャスターにはロック機能が備わっており、しっかり固定できるのも魅力。そのほかにも、誤作動防止機能や転倒オフスイッチなど、多彩な機能が搭載されているおすすめのパネルヒーターです。

夢暖望 遠赤外線 パネルヒーター 900型H

表面に4mm幅の安全柵を採用しているパネルヒーター。本体が転倒すると自動的に電源OFFになる転倒安全装置や、過熱を防止する装置、さらに一定以上の電流が流れると通電を遮断する過電流保護ヒューズを採用しているため、安全性が高いのが特徴です。

なお、出力は300W、600W、900Wと3段階に切り替えられるため省エネ効果が高いのも魅力。満足度の高いパネルヒーターです。

ゼンケン(ZENKEN) アーバンホット RH-2200

室内を効果的に暖めてくれるパネルヒーター。パネル全面から放出される遠赤外線に加え、パネル上部からも熱を放つことで熱の対流効果を生み出すのが特徴です。

また、オン、オフ同時にタイマー設定ができるのもポイント。なお、本体のボタンやタイマーの表記が大きくわかりやすいほか、火傷防止のフロッキー加工や転倒時の自動OFF機能、温度過昇自動OFF機能など安全設計を採用しているため、子どもや年配の方でも簡単かつ安全に使用できるのも魅力です。わずか7cmの薄型で狭い場所でも設置しやすい、おすすめのパネルヒーターです。

トーホー 即暖マイカパネルヒーター IRF-MH01

本体に鉱物の雲母を使用した両面仕様のパネルヒーター。パネル面積が広く速暖性が高いため、対応畳数は約10畳と広範囲を暖められるのが特徴です。

また、本体転倒時に電源をOFFする機能や過熱防止機能が付いているため、安全面にも配慮。さらに、5~40℃の間で温度を設定できる温度調節つまみと、400W、600W、1000Wの3段階に出力切り替えができる運転スイッチもあり、使い勝手は良好です。価格は1万円と比較的リーズナブルなのもポイント。コスパ良好のおすすめモデルです。