暖房器具のなかでも手軽に使える「パネルヒーター」。給油が必要ないことや設置に困らないコンパクトさが魅力で、エアコンと併用することも可能です。

とはいえ、見た目はどれも似たようなモノが多く、どこに違いがあるのか、なかなか分からないもの。そこで今回は、おすすめのパネルヒーターをご紹介します。選び方についても解説するので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

パネルヒーターとは?

By: amazon.co.jp

パネルヒーターとは、薄いパネル型で広い面積が特徴の暖房器具のこと。コンパクトでスペースを取らないため、洗面所などの狭い場所でも手軽に設置できるほか、シーズンオフの際にも収納しやすいのがポイントです。

また、電気をエネルギーとしているので、二酸化炭素中毒や火事になりにくいという特徴もあります。加えて、表面はパネルで覆われているため火傷の心配が少ないのも魅力。小さな子供やペットがいる家庭でも安心して使用できます。

なお、広いスペースでは、エアコンなどのメインの暖房器具を補助する役割としてパネルヒーターを使用するのがおすすめです。

パネルヒーターの効果

By: amazon.co.jp

パネルヒーターは、空気を通さずに電磁波として熱を伝えるので温風が出ません。室内が乾燥しにくく、ホコリなどを巻き上げないため、空気を汚すことなく快適に使用できます。

また、熱と一緒に遠赤外線を放出しているので、じんわりとあたたかいのもポイント。6畳ほどのスペースであれば十分にあたためられるモノが多くあるほか、足元などへ部分的に使用するのにも適しています。

パネルヒーターの選び方

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

トイレなどの狭いスペースで使用したい場合には、よりコンパクトなサイズがおすすめ。しかし、モノによっては壁からの距離が30cm以上離れていないと使用できない製品もあるので、高さや横幅だけではなく奥行きも合わせてチェックしておきましょう。

また、リビングなど広い室内で使用したい場合には、大きめのサイズがおすすめ。大型タイプはパネル面積が広くなるため、より効果的に周囲をあたためられます。

なお、より広いスペースをあたためたい場合には、両面パネルのアイテムもおすすめです。パネルヒーターの多くは片面のみにパネルがある一方、両面にパネルを取り付けることで両方向をあたためられる製品も販売されています。

しかし、両面パネルタイプは窓際には設置できないモノもあるので注意が必要です。置き場所を考慮したうえで、自宅に合ったパネルヒーターを選んでみてください。

速暖性で選ぶ

By: millheat.jp

パネルヒーターは周囲をあたためるスピードが速いため、外出先から帰宅してすぐにあたたまりたいときなどに重宝します。基本的にはパネル面積が広く、出力ワット数が大きいほど、素早くあたためることが可能です。

なお、対応畳数が記載してあるかどうかもチェックポイント。購入時には設置する場所を想定して、適したアイテムを購入するようにしましょう。

安全設計の有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

パネルヒーターは比較的危険性の少ない暖房器具ですが、安全設計を採用しているかどうかも重要なポイント。

パネルヒーターが誤って倒れた場合に運転を停止する「転倒OFF機能」や、電源を切り忘れた場合などに、本体の温度が上昇しすぎたら運転をストップする「オーバーヒート制御機能」、小さな子供が誤って操作できないようにする「チャイルドロック機能」などがあると安心です。

省エネ性能で選ぶ

パネルヒーターはコンパクトながら出力ワット数が高いため、比較的電気代がかかります。製品を選ぶ際は、省エネ性能の有無をチェックしておきましょう。

出力パワーの強弱が選べる機能や温度設定ができる機能、室温を感知して自動的に電源をオフにする機能があると便利です。

また、人を感知して電源が自動的にオン・オフを繰り返す機能や、タイマー機能があるかどうかもポイント。強いパワーで長時間使用していると電気代が跳ね上がってしまうので、ほかの暖房器具と併用しながら効果的に活用しましょう。

そのほかの機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

パネルヒーターには使わないときに折りたたんで収納できる製品や、マグネットで机の下に貼り付けられるタイプ、キャスターや持ち手を付けることでスムーズに持ち運べるモノなど、さまざまな製品があります。

機能、デザインともに豊富なラインナップが揃っているため、使用したいシーンを想定しながら各アイテムをチェックしてみてください。

パネルヒーターのおすすめメーカー

デロンギ(DeLonghi)

By: amazon.co.jp

デロンギはイタリアのヴェネト州に本社を置く、1902年創業の電気機器メーカーです。日本ではオイルヒーターなどの暖房機器で有名ですが、コーヒーメーカーや調理家電などの製造も手掛けています。

デロンギのパネルヒーターは、イタリア製ならではのおしゃれなデザインが特徴。インテリアに調和しやすく、飽きずに長く使えます。

また、速暖性を重視しているのもポイント。遠赤外線の熱線によって直接伝わる輻射熱と自然対流を組み合わせることで、部屋全体を短時間であたためられるのが魅力です。

山善(YAMAZEN)

山善は1947年創業の電気機器メーカーです。扇風機・エアコン・ヒーター・加湿器といった季節物の冷暖房機器をはじめ、AV機器やアウトドア用品など取り扱っている製品は多岐にわたります。

山善のパネルヒーター「mill」シリーズは、熱の循環効率に優れているのが特徴。熱を本体内部に取り込み、部屋に無駄なく循環させる北欧生まれのシステムを採用しているので、寒い冬でも快適に過ごせます。

また、置き場所に困らないコンパクトなモデルを取り扱っているのもポイントです。

パネルヒーターのおすすめモデル

デロンギ(DeLonghi) マイカパネルヒーター HMP900J-B

パネル面全体から発熱し、効果的にあたためられる

速暖性があり、移動も楽にできるパネルヒーターです。電源を入れるとすぐに暖房が始まります。パネル面全体から発熱するので、効果的にあたためられるのが特徴。寒い外から帰ってきてすぐにあたたまりたいときなどにも重宝します。

450W・900Wの2段階で電力を切り替えられるのもポイントです。さらに、適温を設定すると自動的に電源のオン・オフを繰り返す「サーモスタット」機能も搭載。無駄なあたため過ぎを予防でき、うまく活用すれば電気代を節約できます。

軽量かつ薄型の省スペース設計に加えて、脚部にキャスターを搭載しているのも特徴のひとつ。簡単に移動できるので、局所的なスポット暖房としても使用できます。転倒時に自動で電源が落ちる安全機能を備えているのも魅力です。

デロンギ(DeLonghi) コンベクターヒーター HXJ60L12

シンプルなデジタル表示パネルを搭載

スピーディーに部屋をあたためられる両面タイプの大型パネルヒーターです。1200Wの大出力でパワフルにあたためられるのが特徴。8〜10畳までの部屋に対応しているので、寝室や書斎、勉強部屋の暖房におすすめです。

PTCセラミックヒーターを搭載しており、自然対流と輻射熱を生み出して部屋全体をムラなくあたためます。また、背面からも暖気を生み出せるため、窓際に置けば外からの冷気を遮断しやすいのもポイントです。

シンプルで使いやすいデジタル表示パネルを搭載。タイマーや温度設定など多彩な機能を備えているのも魅力です。自動で適した電力レベルを選択しながら控えめに運転する「ECOモード」を使用すれば、無駄なあたためすぎを防げます。

山善(YAMAZEN) mill コンベクションヒーター YSG-1000LED

機械が苦手な方でも直感的に操作可能

ノルウェーで生まれた美しく機能的なパネルヒーター。熱を内部に取り込み、ファンで部屋に循環できるのが特徴です。

おしゃれなデザインのボディにシンプルで分かりやすい操作パネルを搭載。最大24時間まで設定できるタイマー機能や、5〜35℃の間で温度を設定できる温度調節機能など、機械が苦手な方でも直感的に操作できます。

本体が傾いたときや温度が上昇しすぎたときに自動で運転を停止する安全機能が付いているので、小さな子供やペットがいる家庭にもおすすめです。消費電力は1000Wで、木造4畳、コンクリート6畳までの部屋に対応しています。

山善(YAMAZEN) mill パネルヒーター YMILL-1000ATIM

機械操作が苦手な方でも直感的な操作で簡単に扱える

おしゃれで使いやすい北欧風のデザインを採用したパネルヒーターです。1ボタン1機能のシンプルでわかりやすい操作パネルを搭載。機械操作が苦手な方でも直感的な操作で簡単に扱えるので、ご年配の家族がいる家庭にもおすすめです。

ダイヤルを回すだけで5〜35℃の間で手軽に温度設定ができるのもポイント。設定された温度を保つように自動的に運転を調節するため、快適かつ経済的に活用できます。また、最長24時間まで設定できるオン/オフタイマーを備えているのも特徴のひとつです。

対応畳数は木造4畳、コンクリート6畳。重さ約4.7kgと軽量コンパクトなので部屋間の移動も簡単に行えます。転倒時自動オフ機能やオーバーヒート制御機能なども搭載しており、安全に使えるのも魅力です。

ドウシシャ(DOSHISHA) 人感センサー付き遠赤外線パネルヒーター PHU-021J

人感センサーを搭載して電源のオン・オフを自動設定するのが特徴

人感センサーを搭載する省エネ設計のパネルヒーターです。内蔵のセンサーが人の存在を検知して電源のオン・オフを自動設定するのが特徴。一時的に離れた場合の消費電力をカットできるので、電気代をうまく節約できます。

消費電力は220Wで、最大12時間の自動電源OFF機能も搭載。また、転倒OFFスイッチ・サーモスタット・温度ヒューズといった安全装置も備えており、安心して使用可能です。

サイズは幅50×奥行き23×高さ53.5cm。スタンドの脚を回転させれば本体パネルと平行になるので、家具の隙間などに収納できるのもポイントです。

トーホー(TOHO) RELICIA パネルヒーター RLC-MH1000

ダイニングテーブルの下にも手軽に設置できる

コンパクトで扱いやすい両面タイプのパネルヒーターです。重さ約2.9kg、幅72×奥行き25×高さ48cmの軽量コンパクトボディの両面にヒーターを内蔵。ダイニングテーブルの下にも手軽に設置できるので、家族との食事や団欒の際に使用するのもおすすめです。

窓際にも置けるため、外からの冷気もシャットアウトが可能。また、断続運転機能も備えており、設定した室温を保つようにON/OFFを自動で行うため、無駄な電気代をカットして経済的に使えます。

消費電力は400W・600W・1000Wの3段階で調節可能。さらに、温度過上昇防止機能や転倒時自動OFF機能なども備えています。

スリーアップ(three-up) ミニパネルヒーター PHT-1731MW

さまざまな場所で気軽に設置できるミニパネルヒーターです。幅38.2×奥行き18.8×32cm、重さ約2.5kgと小型軽量なのが特徴。トイレや洗面所のほか、スペースの限られた脱衣所などにも簡単に設置できるため、小部屋のスポット暖房としておすすめです。

スタンドと壁掛け金具が付属しているのもポイント。設置に自由度が高く、床置きと壁掛け、どちらのスタイルでも使えます。さらに、万が一転倒した場合でも自動で電源がオフになる安全装置を搭載しており、子供のいたずらや地震の際にも安心です。

トップランド(TOPLAND) コンパクトパネルヒーター SP-PH200

スタンドとマグネットによる2WAY設置が可能なパネルヒーター。スタンド設置時は床置き、マグネット設置時はスチール面に取り付けて使えます。スタンドは約15~45°の範囲で角度調節も可能。設置場所や用途に応じた使い分けをできるのが魅力です。

温度は弱・中・強の3段階での調節に対応。最大消費電力は200Wと小さめで、足元などのちょっとしたスペースをあたためるのに適しています。連続運転時間は約8時間と長めなので、長時間使い続けたい方も安心です。

幅40×奥行き3.6×高さ33cmの薄型コンパクトサイズもポイント。ちょっとした隙間にも収納できるため、スペースをとりたくない方にもおすすめです。重量は約1.45kgと軽量で、持ち運び用のハンドルも付いているため、簡単に移動できます。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) デスクパネルヒーター PH-DESK1W

寒い日のオフィスでも快適に仕事ができるデスクパネルヒーターです。作業デスクの天板裏面・奥面・キャビネット側面などにマグネットで貼り付けるだけで使えるのが特徴。換気で窓を開けている場合でも冷気を遮断して足元を優しくあたためられます。

1〜7時間の間で設定が可能なOFFタイマー機能を搭載。加えて、8時間経つと運転を自動で停止する自動電源タイマー機能も備えているので、終業後に消し忘れたことに気が付いても心配なく帰宅できます。

スイッチが手前にあるため操作しやすいのもポイント。さらに、電気代が安く経済的に使えるため、オフィスワークでの使用はもちろん、テレワークでの防寒にもおすすめです。

パナソニック(Panasonic) デスクヒーター DC-PKD4

少ない電気代でデスク下を効率的にあたためられるデスク用パネルヒーター。展開時のサイズは幅45×奥行き30×高さ48cmと、デスクワークをするとき机の下へ置くのに程よい大きさです。

消費電力は165Wと控えめで、サーモスタット機能を搭載しているのもポイント。55℃の「強」と37℃の「弱」で温度を調節できます。冬はもちろん、夏場のエアコンによる冷え対策にも利用可能です。

1時間の電気代が約4.5円と比較的安いのも魅力。重さは約2.2kgと軽く、折りたたみも可能なので、オフシーズンには簡単に収納しておけます。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) デスクパネルヒーター PH-TSA-H

便利な「自動切タイマー」を備えたデスク用パネルヒーターです。操作をしないまま6時間が経過すると、自動で暖房をストップするのが特徴。加えて、異常に温度が上がると電源が切れる温度ヒューズも内蔵しているなど、安全性に配慮されています。

約40〜55℃の間で温度を無段階で設定できる温度調節機能も搭載。膝掛けと併用すると、こたつのように利用できます。160Wの省エネ設計で、電気代が1時間当たり約4.3円と比較的安いのも魅力です。

展開時のサイズは幅45×奥行き30×高さ48cmで、デスク下へ設置しやすいのがポイント。折りたためば家具の隙間に収納できます。簡単に場所を動かせるので、すみずみまで掃除したい方におすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) デスクヒーター DEH-45-T

作業デスクをミニこたつ化できるパネルヒーターです。付属のマグネットや両面シールを使って机の下に取り付けるだけで簡単に設置が可能。コタツのように膝下や足元を優しくあたためられるので、底冷えする寒い日でも仕事や勉強に集中できます。

フリースカバーが付属しているのも特徴のひとつ。パネルヒーターから発生した熱を外へ逃さず足元に届けられるため、より効率的にあたたかさを保てます。フリースカバーは本体から取り外せば洗えるので、いつでも清潔な状態で使用が可能です。

操作部は電源スイッチだけなのでシンプル。3時間経つと運転を停止する自動OFFタイマーを備えているため、消し忘れた場合でも安心できます。また、温度の上がりすぎを防ぐ安全機能を搭載しているのもポイントです。

Miriyon 遠赤外線デスクヒーター RH-W202

膝下だけではなく、足裏に当たる部分のパネルもあたためられる人気のデスク用パネルヒーターです。三つ折りの屏風パネルに足裏暖房用の踏み型パネルが一体になっているのが特徴。4方向がまんべんなくあたたまります。

3時間の自動OFFタイマーを搭載しており、外出の際に電源を消し忘れても安心。また、温度の上がり過ぎを予防する安全装置も備えています。電気代は1時間当たり約3.8円と安いので、テレワークや勉強中の暖房として長く使用するのにおすすめです。

ブランケットが付属しており、パネルヒーターと併用すればこたつのように使用できます。

エル・エフ・エフ(L.F.F) 遠赤外線パネルヒーター

おしゃれなデザインのデスク用パネルヒーターです。速暖性が高く、電源オンから約1分であたためられるのが特徴。操作性もシンプルで、温度設定は弱・中・強の3段階から選ぶだけなので、子供や年配の方でも手軽に使用できます。

リーズナブルな価格ながら3種類の安全装置が充実しているのもポイント。電源を消し忘れても、4時間が経過すると自動で電源が切れるため安心です。また、温度の過上昇を予防する温度ヒューズや、本体が45°以上傾くと電源が自動でオフになる転倒時自動OFF機能も備えています。

折りたためば厚みは約3cmになり、約1.6kgと軽いため収納も簡単。おしゃれで、豊富なデザインから選べるのも魅力です。

エル・エフ・エフ(L.F.F) LFF プレミアムパネルヒーター

膝下全体を快適にあたためられるパネルヒーターです。好評だった従来モデルに床面発熱と天面カバーを追加。正面と左右に加えて足の裏も保温でき、天面カバーが発生した熱を逃さないのでブランケットを併用しなくても足元をより効率的にあたためられます。

電源スイッチをONにしてから約10秒で発熱を開始し、約1分であたたかくなるため速暖性も良好。40〜70℃の間で、温度を3段階で調節できるのも魅力です。

重さ約2.5kgと軽く、オフシーズン時の収納も楽々。さらに、4時間の自動OFFタイマー機能や転倒時自動OFF機能、過熱防止機能などを搭載し、安全性に高く配慮されているのもポイントです。

ダイアモンドヘッド(Diamond Head) ROOMMATE RM-91A

遠赤外線で足元から膝をあたためるのに適したパネルヒーター。3つの関節で折り曲げられる4面識のヒーターで、M型・コ型・L型の3スタイルで使用できます。温度は弱・中・強の3段階から設定できるため、使用シーンに合わせて使い分けられるのが魅力です。

折りたたみ時のサイズが約幅30×奥行き5×高さ51cmまでコンパクトになるのが特徴。狭いスペースにも収納できます。デスクの下にもすっぽりと収まるサイズ感なので、オフィスや学習机の下に設置したい方にもおすすめです。

消費電力は約130Wで熱くなりすぎないのもポイント。長時間使用する場合にも安心して使えます。また、3時間のオフタイマー機能を備えているため、電源を切り忘れてしまう心配もありません。

テクノス(TEKNOS) テーブルヒーター DH-450

机の下に取り付けられるパネルヒーターです。付属品の専用フリースカバーと併用すれば、テーブルをコタツとして使えます。マグネットタイプで簡単に装着することが可能。木製テーブルの場合でも、両面テープで専用金具をつければ対応できます。

また、スタンドも付属されており、自立型のパネルヒーターとして使えるのもポイントです。6時間タイマーのほか、人感センサーが搭載されているなど、省エネ機能も充実。スペースやシーンに応じて使い分けられるおすすめのパネルヒーターです。

パネルヒーターのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

パネルヒーターのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。