電気もガスもいらない暖房器具として、アウトドアシーンで人気の「ロケットストーブ」。あたたかいだけでなく、熱調理器として煮炊きにも使えるので、非常用の防災グッズとしても注目されているアイテムです。

そこで今回は、ロケットストーブの機能や特徴、キャンプや災害時に役立つおすすめのモデルについてご紹介します。ロケットストーブの選び方も詳しく解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

ロケットストーブとは?

By: amazon.co.jp

ロケットストーブは、「煙突効果」を利用して燃焼効率を高めた、シンプルな構造のキャンプ用ストーブ。煙突効果とは、炎であたためられた空気が煙突に入ると外気との温度差によって浮力が高まり、強い上昇気流を生み出す現象のことです。

煙突がなくても熱源があれば上昇気流は起きますが、煙突があると暖気と外気が遮断されて温度が下がりにくくなり、上昇気流の勢いが増加。狭い煙突の中を暖気が吹き上がってゆくと、負圧によって下から外気が吸い込まれます。

その結果、燃料の炎に多量の酸素が供給されて燃焼効率が一気に高まり、煙突内で未燃焼の排煙が再燃焼して、炎がゴーッと音を立てて噴出。火の勢いがロケットに似ていることから、ロケットストーブと呼ばれています。

薪ストーブとの違い

By: amazon.co.jp

ロケットストーブは薪ストーブの簡易型のようにも見えますが、構造と燃焼原理が異なります。

薪ストーブは箱型の燃焼室と煙突で構成されたタイプ。燃焼室が大きいので、太めの薪を何本も入れて燃やせますが、排気の煙突効果は高くありません。上昇気流は控えめで、燃焼室に供給される酸素が少なく、燃料の薪を穏やかに長時間燃やせます。

一方、ロケットストーブは独立した燃焼室がないか、あっても薪ストーブほど大きくありません。ロケットストーブは煙突効果によって燃料に酸素を供給し、燃焼効率を高めています。薪ストーブのように長時間燃料を燃やすのは苦手ですが、炎は強力です。

ロケットストーブの選び方

サイズをチェック

By: amazon.co.jp

ロケットストーブは構造がシンプルなのでDIYに慣れた方なら自作もできますが、アウトドア用品店やネットショップで完成品を入手することも可能。最近は非常用の防災グッズとしても注目されており、製品のバリエーションも豊富です。

キャンプなどで使う場合は工具不要で簡単に分解でき、専用のバッグや容器に収納し手軽に持ち運べる軽量コンパクトなタイプがおすすめ。大きめのモデルを探している方は、車のトランクに収まるかどうかをチェックしましょう。

煙突の高さをチェック

By: amazon.co.jp

ロケットストーブは熱による煙突効果で炎の燃焼効率を高めています。基本的に煙突効果は煙突が高いほど有効ですが、ロケットストーブを選ぶ場合は煙突をコンロとして利用できることもポイントです。

煙突の上にやかんや鍋を置いて使いやすい高さかどうかをチェックしましょう。煙突と五徳の造りがしっかりしており、本体に台や脚があり、軟弱な地面でもガタつかずに安定した状態で設置できるモデルがおすすめです。

注意したいのは燃焼中の煙突は思った以上に熱くなること。うっかり触れるとやけどしたり、衣服が焦げたりすることも。安全性にこだわるなら、本体を七輪型にして煙突と燃焼部を内部に配置した煙突レスのモデルを選びましょう。

煙突レスの七輪タイプは外側が熱くならないだけでなく、上部の天面が広くて大きな鍋を置いても安定性が高いことや、本体が缶のように太くて持ち運びや重ね置きがしやすいメリットもあります。

ロケットストーブのおすすめモデル

バンドック(BUNDOK) ロケットストーブ BD-497

キャンプギアなどを豊富に取り扱うアウトドアブランド「バンドック」が展開するロケットストーブ。薪をセッティングして燃やすだけで簡単に使いやすいモデルです。

二次燃焼で高火力が発揮できるうえ、3段階の空気調節機能により火力が自在に調節できるのが特徴。湯沸かしをはじめ調理もスピーディに行えます。また、煙突の上部と本体の2ヶ所にクッカーを置ける場所が設けられているのもポイント。湯沸かしに調理といった作業が同時進行できます。

素材には錆びにくいステンレスを採用。長く愛用しやすいおすすめのロケットストーブです。

鶴田工業所 ツイン焚火コンロ「わんこ」C-2016

煙の量が少なく、ガスコンロのように手軽に使えるロケットストーブ。キャンプ地などにある小枝が燃料として使える、コスパの高さが魅力のモデルです。本体と煙突上部の2カ所での調理も可能。煙突に設置できる五徳プレートも付いており、ケトルなどを安定して使用できるのもポイントです。

本体部に備わっている下段のコンロでは、弱火の直火調理が行えます。組み立て時のサイズは、幅12.5×奥行き45×高さ42cmと比較的大型。アタッシュケースが付属しているため、パーツを分解してコンパクトに収納でき、便利に持ち運べます。

アタッシュケースには、ロケットストーブの収納部だけでなく空きスペースも配置。一緒に小物類なども入れておけるので、防災用としてもおすすめのアイテムです。

ペトロマックス(Petromax) ロケットストーブ rf33 12667

キャンプシーンで活躍するランタンなどを手掛けるブランド「ペトロマックス」が展開するロケットストーブ。本体内にL字型の煙突が配置された構造で、衣類の焦げや火傷などのリスクを抑え、安全に使いやすいのが特徴のモデルです。

本体内部で発生させた強力な上昇気流が外気を引き込み、高温状態を作りだします。さらに、高温な空気と薪から発生した燃焼ガスに化学変化が起こり、再燃焼による燃焼効果の向上を実現し、クリーンに排気が行えるのもポイントです。

サイズは、直径23.5×高さ33cmと大型ですが、両サイドにはハンドルが搭載されているので持ち運びにも便利。高火力で使い勝手のよいロケットストーブを求める方におすすめのアイテムです。

ビクトリーキャンプ(VICTORY CAMP) POKET DD ネイチャーストーブ Bear VCC-101Y

付属の専用パイプと五徳をセッティングするだけで手軽に使えるロケットストーブ。組み立て時は幅16.5×奥行き14.5×高さ17cmの小型サイズで、ソロキャンプなどで簡単な調理を行ったり暖を取ったりと多用途で便利に使えます。

収納時のサイズは、幅16.5×奥行き14.5×高さ15cm。持ち運びに便利な収納バッグも付属されています。また、本体に耐熱セラミックガラスが採用された小窓が備わっており、炎が揺らぐ光景を体感できるのも特徴。小窓のガラスにベアのシルエットが付いた、おしゃれなデザインも魅力です。

側面から薪などの燃料がスムーズに入れられる仕様なので、使い勝手も良好。コンパクトで使いやすく、おしゃれなロケットストーブを愛用したい方におすすめのモデルです。

ソロストーブ(solo stove) キャンプファイヤー SSCF

2重壁の構造により燃焼効率を高めたロケットストーブ。小枝のような自然素材を使用して効率よく燃やせます。少ない燃料で高い火力を発揮し、約950mlの水を2~4分程で沸かすことが可能です。

また、強度や耐久性に優れるステンレス製で、ハードなアウトドアシーンにも携帯しやすく、手入れがしやすいのも特徴。サイズは、直径約17.8×高さ約23.5cmで、ファミリーで使うのに適した大きさです。収納時の高さは約17cmで、収納袋も付いているので便利に持ち運べます。

家族や複数人のグループで楽しむキャンプなどで使いやすいロケットストーブを探している方におすすめのアイテムです。

エコズーム(ecozoom) Versa

鋳鉄製のトップ部が熱伝導率を高め、非常に強力な火力を発揮するロケットストーブ。中華鍋を用いての本格的な調理が可能です。また、断熱材の搭載により燃焼効率が高く、燃料が少なく済むのも特徴。直火焚きをする場合の半分以下の燃料で調理が行えます。

完全燃焼させられるため、煙が直火焚きよりも少なく、有毒ガスの発生が抑えられるのもポイント。燃料には、乾燥した薪・枝・枯れ葉・草・木炭などが使用できます。さらに、断熱構造により、本体が熱くなりすぎず火傷のリスクも軽減。安全性の高さにこだわる方にもおすすめのロケットストーブです。

リクサダ(Lixada) 折りたたみ式 ロケットストーブ

リーズナブルで高品質なキャンプギアなどを手掛け人気を博するアウトドア用品メーカー「リクサダ」が展開するロケットストーブ。薪などの木材だけでなく、木質ペレットやバイオマス燃料などを使用しての燃焼が可能です。

素材には、頑丈で耐久性にも優れるステンレス鋼を採用しており、長持ちしやすく手入れがしやすいのも魅力。組み立て時のサイズは、幅11.5×奥行き29.5×高さ25cmと小型で、キャンプやバックパッキングなどのアウトドアシーンで手軽に使えます。

煙突上部に設置する五徳や本体を支えるスタンドも付属されているため、安定して調理が行いやすいのも特徴。また、収納時は幅7.5×奥行き22.7×高さ8.3cmとコンパクトに折りたたみができるので、持ち運びのしやすさで選びたい方にもおすすめのロケットストーブです。

ホリデーロード(HOLIDAY ROAD) 下町ロケスト3ウェイ

煙突上部と本体にある天板、燃焼室の下に備わっているオーブンの3カ所で調理が同時に行えるロケットストーブ。高温ガスが煙突から放出され、五徳も付いているので、ケトルなどを使って便利に水が沸かせます。

本体上面の天板は、耐荷重が12kgで大型の鍋やダッチオーブンを用いた調理も可能。燃焼室下に設けられているオーブンは、幅11.5×奥行き43cmのスペースがあり、ホイル焼きなどの調理から、ホットドックやビザトーストなどの加熱にも便利です。

キャンプやバーベキューなどで、本格的な料理を楽しみたい方もぜひチェックしてみてください。

DANTEX エコ楽ロケット ジャンボ SUS430

ロケット形状で、マットな質感のブラックカラーがおしゃれなロケットストーブ。燃焼室本体と煙突が一体化した構造のシンプルなデザインが特徴です。現地に落ちている木くずなどが燃料として使用でき、シーンを選ばずに手軽に調理が行えます。

また、本体には断熱材が内蔵されているため、燃焼効率がよく高火力を発揮するのもポイント。防災用として備えておくのにもおすすめのロケットストーブです。

イマココ電力(IMACOCO-DENRYOKU) ペレットグリルヒーター kirinsan

全体がキリン形状で独特なデザインが特徴のロケットストーブ。キリンの首のように長い煙突が、上昇気流を生みだし燃焼効率を高めます。胴体にあたる部分には天板とベース板が備わっており、用途によって使い分けが可能です。

炎道である上段の天板では高火力、下段のベース板では低温での調理を行うのに適しています。燃料にはペレットを使用し、お尻の部分にあるタンクに入れて燃焼させる仕組みです。約40~50分の燃焼ができ、焼き物から煮炊きなど幅広い調理を行うための時間が確保できます。

組み立て時のサイズは、幅66×奥行き21×高さ152cm。パーツは6つに分解してコンパクトに収納できます。本格的な調理に使いやすい大型タイプで、持ち運びがしやすいロケットストーブを探している方におすすめのモデルです。

ロケットストーブの使い方

暖房器具

By: amazon.co.jp

ロケットストーブのメリットは小型で燃焼効率がよく、薪や枯れ葉、廃材といったアウトドアで簡単に手に入る天然資材を燃やせることです。

使い方も簡単。まず焚き口に燃えやすい枯れ葉や新聞紙などを入れて火をつけます。使い終えた割り箸でも乾燥していれば使用可能です。着火はマッチやライターでじゅうぶんですが、カセット式のガスバーナーがあればベスト。

焚き口に火が着いたら、通風の妨げにならないように隙間を設けながら薪を投入します。塗料や接着剤が付いた合板やプラスチックなどは決して投入しないでください。有毒なガスや煤煙が発生する恐れがあります。

ロケットストーブは暖房器具としても使えますが、煙突効果で空気を大量に吸入するため、火力が強い一方で、燃え尽きるのが早い欠点も。炎を長時間維持するには、適度に薪を補充することと、中の灰をかき出して空気の通りをよくことが大切です。

七輪代わり

By: amazon.co.jp

ロケットストーブを七輪やガスコンロに代わる熱調理機器として利用する場合は、基本的に煙突の先に五徳を取りつけて使用します。

煙突を本体に内蔵した円筒形のタイプは見た目は七輪にそっくりですが、七輪が炭火の遠赤外線でじっくり調理できるのに対し、ロケットストーブは強い炎で一気に調理できるのが特徴です。

七輪のように弱火でコトコト煮込みたいときは、燃料の薪を一度に入れず、少しずつ足して火力をおさえましょう。

ピザ窯にしてピザ作り

ロケットストーブはコンロのように高熱の炎を放出するので、本体サイズに余裕があれば、ピザ窯代わりにピザを焼くことも可能です。

モデルによってはオプションで専用のピザ窯を装着できるタイプもありますが、ピザ釜がない場合は、「ダッチオーブン」と呼ばれる炭火をフタに乗せられるアウトドア用の万能鍋を使いましょう。

手近な方法としては、フライパンに生のピザを入れてアルミホイルでフライパンごと包み込み、温度の高いロケットストーブの煙突で焼く方法もあります。下から熱するのでトッピングに焦げ目は付きませんが、熱はじゅうぶん伝わるのでおすすめです。

焼却炉

By: amazon.co.jp

燃焼効率の高いロケットストーブは、小型の焼却炉としても高いポテンシャルを発揮します。燃料を煙突内部で燃やすため煙はあまり出ませんが、火力が強く煙突から炎とともに火の粉を吹き出すことも。風の強い日は注意が必要です。

注意したいのは、野外でのゴミ焼却は、一部の例外を除いて条例で禁止されていること。落ち葉の焼却や行楽のキャンプファイヤーなどは「一過性の軽微な焼却」として例外的に認められていますが、家庭ゴミなどの焼却は許可されません。ゴミの焼却には、法規制に適合した専用の焼却炉を使うようにしましょう。