電気もガスもいらない暖房器具としてアウトドアシーンで人気の「ロケットストーブ」。あたたかいだけでなく、熱調理器として煮炊きにも使えるので、非常用の防災グッズとしても注目されているアイテムです。

そこで今回はロケットストーブの機能や特徴、キャンプや災害時に役立つおすすめのモデルについてご紹介します。ロケットストーブの選び方も詳しく解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

ロケットストーブとは?

By: amazon.co.jp

ロケットストーブは、「煙突効果」を利用して燃焼効率を高めた、シンプルな構造のキャンプ用ストーブ。「煙突効果」とは、炎であたためられた空気が煙突に入ると外気との温度差によって浮力が高まり、強い上昇気流を生み出す現象のことです。

煙突がなくても熱源があれば上昇気流は起きますが、煙突があると暖気と外気が遮断されて温度が下がりにくくなり、上昇気流の勢いが増加。狭い煙突の中を暖気が吹き上がってゆくと、負圧によって下から外気が吸い込まれます。

その結果、燃料の炎に多量の酸素が供給されて燃焼効率が一気に高まり、煙突内で未燃焼の排煙が再燃焼して、炎がゴーッと音を立てて噴出。火の勢いがロケットに似ていることから、ロケットストーブと呼ばれています。

薪ストーブとの違い

By: amazon.co.jp

ロケットストーブは薪ストーブの簡易型のようにも見えますが、構造と燃焼原理が異なります。

薪ストーブは箱型の燃焼室と煙突で構成されています。燃焼室が大きいので、太めの薪を何本も入れて燃やせますが、排気の煙突効果は高くありません。上昇気流は控えめで、燃焼室に供給される酸素が少なく、燃料の薪を穏やかに長時間燃やせます。

一方、ロケットストーブは独立した燃焼室がないか、あっても薪ストーブほど大きくありません。ロケットストーブは煙突効果によって燃料に酸素を供給し、燃焼効率を高めています。薪ストーブのように長時間燃料を燃やすのは苦手ですが、炎は強力です。

ロケットストーブの選び方

サイズをチェック

By: amazon.co.jp

ロケットストーブは構造がシンプルなのでDIYに慣れた方なら自作もできますが、アウトドア用品店やネットショップで完成品を入手することも可能。最近は非常用の防災グッズとしても注目されていて、製品のバリエーションも豊富です。

キャンプなどで使う場合は工具不要で簡単に分解できて、専用のバッグや容器に収納し手軽に持ち運べる軽量コンパクトなタイプがおすすめ。大きめのモデルを探している方は、車のトランクに収まるかどうかをチェックしましょう。

煙突の高さをチェック

By: amazon.co.jp

ロケットストーブは熱による煙突効果で炎の燃焼効率を高めています。基本的に煙突効果は煙突が高いほど有利ですが、ロケットストーブを選ぶ場合は煙突をコンロとして利用できることもポイントです。

煙突の上にやかんや鍋を置いて使いやすい高さかどうかをチェックしましょう。煙突と五徳の造りがしっかりしており、本体に台や脚があり、軟弱な地面でもガタつかずに安定した状態で設置できるモデルがおすすめです。

注意したいのは燃焼中の煙突は思った以上に熱くなること。うっかり触れるとやけどしたり、衣服が焦げたりすることも。安全性にこだわるなら、本体を七輪型にして煙突と燃焼部を内部に配置した煙突レスのモデルを選びましょう。

煙突レスの七輪タイプは外側が熱くならないだけでなく、上部の天面が広くて大きな鍋を置いても安定性が高いことや、本体が缶のように太くて持ち運びや重ね置きがしやすいメリットもあります。

ロケットストーブのおすすめモデル

エコズーム(Ecozoom) バーサ(Versa) ロケットストーブ

煙突を中央部に内蔵した七輪型のロケットストーブ。直径24×高さ29cmのコンパクトな円筒形で、重さは6.5kgです。中心部に煙突を兼ねた燃焼室があり、燃料を入れる炊き口と空気取り入れ口の2カ所に独立したドアを備えています。

燃焼室と煙突を断熱材で覆って熱を閉じ込め、燃焼効率を高めているうえに、外側が熱くなるのを防ぐ安全性を高めた構造です。天面の五徳は鋳鉄製で、熱伝導率が高く重量があり、大きな鍋も安定して支えられます。

煙突レスなので分解や組み立ては不要。キャンプや屋外イベントはもちろん、防災用としてもおすすめのアイテムです。

ペトロマックス(PETROMAX) ロケットストーブ

直径23.5×高さ33cmのコンパクトなボディに煙突を内蔵した七輪型のロケットストーブです。天板の五徳は頑丈な鋳鉄製で、本体の総重量は7.5kg。やや重めですが、両側に木製グリップ付きのハンドルがあるので持ち運びは簡単です。

煙突は燃焼筒を兼用する構造。小型ながら煙突効果の原理によってクリーンな排気と強い火力を生み出します。炊き口の下部には伸縮式の保持プレートを搭載。長い薪を支えると同時に、ストーブ本体の安定性も高めた構造になっています。

遊火人(あそびと) ロケットストーブ 『焚火缶』 お庭セット

直径30×高さ37cmの20Lペール缶に、折りたたみ式の天板と煙突を装着した簡易型のロケットストーブです。天板は1.6mm厚の鉄板で強度が高く、面積が広いので鍋ややかんを2つ並べて置けます。煙突にも五徳を設置すれば2段調理が可能です。

天板と煙突は分解してペール缶の中に収納できるので、持ち運びも容易です。分解や組み立てに工具は必要ありません。

遊火人(あそびと) ロケットストーブ 『焚火箱』 フルセット

ガラス窓を備えた薪ストーブ風の燃焼室を備えたロケットストーブ。窓の内側に煙突効果の吸気を通すエアカーテン付きで、ガラス窓に煤が付着しない工夫が施されています。

総重量は15kg。本体下部に付属のピザ釜を装着すれば、キャンプ場や自宅の庭で本格的なピザ造りを楽しめます。火を見て楽しんだり、本格的な料理をしたりしたい方におすすめです。

遊火人(あそびと) テーブル暖炉 『こばこ』 ロケットストーブ

小型の暖炉のようなかわいらしいロケットストーブです。コンパクトですが、鉄製なので重量は9kgあります。天板はホットプレートに、外せば直火の調理台として使い分けが可能です。

暖炉の下に水を入れた器を置いて熱を防げば、テーブルの上でも使用可能。煙突は長さ24cmの筒が3本付属しています。高さがあるので調理には使えないので注意が必要。分解して付属のコンテナに収納すれば運搬も容易です。

リクサーダ(Lixada) ロケットストーブ

高さ25×幅11.5×奥行き29.5cmのコンパクトでシンプルなロケットストーブです。素材はサビに強いステンレス製。本体はL型で、下部に水平の炊き口を設けています。

垂直の煙突部を分解して燃焼部に差し込めば、高さ8.3×幅7.5×奥行き22.7cmのストレート型に。軽量小型で運搬しやすく、各部のパーツを接合して2個の蝶ボルトを締めるだけで簡単に組み立てできます。

ロケットストーブの使い方

暖房器具

By: amazon.co.jp

ロケットストーブのメリットは小型で燃焼効率がよく、薪や枯れ葉、廃材といったアウトドアで簡単に手に入る天然資材を燃やせることです。

使い方も簡単。まず焚き口に燃えやすい枯れ葉や新聞紙などを入れて火をつけます。使い終えた割り箸でも乾燥していれば使用可能です。着火はマッチやライターでじゅうぶんですが、カセット式のガスバーナーがあればベスト。

焚き口に火が着いたら、通風の妨げにならないように隙間を設けながら薪を投入します。塗料や接着剤が付いた合板やプラスチックなどは決して投入しないでください。有毒なガスや煤煙が発生する恐れがあります。

ロケットストーブは暖房器具としても使えますが、煙突効果で空気を大量に吸入するため、火力が強い一方で、燃え尽きるのが早い欠点も。炎を長時間維持するには、適度に薪を補充することと、中の灰をかき出して空気の通りをよくことが大切です。

七輪代わり

By: amazon.co.jp

ロケットストーブを七輪やガスコンロに代わる熱調理機器として利用する場合は、基本的に煙突の先に五徳を取りつけて使用します。

煙突を本体に内蔵した円筒形のタイプは見た目は七輪にそっくりですが、七輪が炭火の遠赤外線でじっくり調理できるのに対し、ロケットストーブは強い炎で一気に調理できるのが特徴です。

七輪のように弱火でコトコト煮込みたいときは、燃料の薪を一度に入れず、少しずつ足して火力をおさえましょう。

ピザ窯にしてピザ作り

ロケットストーブはコンロのように高熱の炎を放出するので、本体サイズに余裕があれば、ピザ窯代わりにピザを焼くことも可能です。

モデルによってはオプションで専用のピザ窯を装着できるタイプもありますが、ピザ釜がない場合は、「ダッチオーブン」と呼ばれる炭火をフタに乗せられるアウトドア用の万能鍋を使いましょう。

手近な方法としては、フライパンに生のピザを入れてアルミホイルでフライパンごと包み込み、温度の高いロケットストーブの煙突で焼く方法もあります。下から熱するのでトッピングに焦げ目は付きませんが、熱はじゅうぶん伝わるのでおすすめです。

焼却炉

By: amazon.co.jp

燃焼効率の高いロケットストーブは、小型の焼却炉としても高いポテンシャルを発揮します。燃料を煙突内部で燃やすため煙はあまり出ませんが、火力が強く煙突から炎とともに火の粉を吹き出すことも。風の強い日は注意が必要です。

注意したいのは、野外でのゴミ焼却は、一部の例外を除いて条例で禁止されていること。落ち葉の焼却や行楽のキャンプファイヤーなどは「一過性の軽微な焼却」として例外的に認められていますが、家庭ゴミなどの焼却は許可されません。

ゴミの焼却には、法規制に適合した専用の焼却炉を使う必要があります。