電気もガスもいらない暖房器具として、アウトドアシーンで人気の「ロケットストーブ」。あたたかいだけでなく、熱調理器として煮炊きにも使えるので、非常用の防災グッズとしても注目されているアイテムです。

そこで今回は、ロケットストーブの機能や特徴、キャンプや災害時に役立つおすすめのモデルについてご紹介します。ロケットストーブの選び方も詳しく解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

※商品PRを含む記事です。当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が弊社に還元されます。

ロケットストーブとは?

By: amazon.co.jp

ロケットストーブは、「煙突効果」を利用して燃焼効率を高めた、シンプルな構造のキャンプ用ストーブです。煙突効果とは、炎であたためられた煙突内の空気に、外気との温度差によって浮力が生じた結果、煙突下部から外気を取り込み、上昇気流を生み出す現象のこと。

煙突がなくても熱源があれば上昇気流は起きますが、煙突があることで暖気と外気が遮断されて温度が下がりにくくなり、上昇気流の勢いが増加します。狭い煙突の中を暖気が吹き上がってゆくと、負圧によって下から外気が吸い込まれます。

結果、燃料の炎に多量の酸素が供給されて燃焼効率が一気に高まり、煙突内で未燃焼の排煙が再燃焼して、炎がゴーッと音を立てて噴出。火の勢いがロケットに似ていることから、ロケットストーブと呼ばれています。

薪ストーブとの違い

By: amazon.co.jp

ロケットストーブは薪ストーブの簡易型のようにも見えますが、構造と燃焼原理が異なります。薪ストーブは箱型の燃焼室と煙突で構成されたタイプ。燃焼室が大きいので、太めの薪を何本も入れて燃やせますが、排気の煙突効果はそれほど高くありません。上昇気流は控えめで、燃焼室に供給される酸素が少なく、燃料の薪を穏やかに長時間燃やせます。

一方、ロケットストーブは独立した燃焼室がないか、あったとしても薪ストーブほど大きくありません。薪ストーブと比べて煙突効果による燃焼効率が高いため、薪ストーブのように長時間燃料を燃やすのは苦手ですが、炎は強力です。

ロケットストーブの選び方

サイズをチェック

By: amazon.co.jp

キャンプなどで使う場合は工具不要で簡単に分解でき、専用のバッグや容器に収納し、手軽に持ち運べる軽量かつコンパクトなタイプがおすすめ。大きめのモデルを探している方は、車のトランクに収まるかどうかをチェックしましょう。

ロケットストーブは構造がシンプルなのでDIYに慣れた方なら自作もできますが、アウトドア用品店やネットショップで完成品を入手することも可能。最近は非常用の防災グッズとしても注目されており、製品のバリエーションも豊富です。

煙突の高さをチェック

By: amazon.co.jp

燃焼効率を考える際は、煙突の高さに注目しましょう。ロケットストーブは煙突があるタイプと煙突レスのタイプに分類できます。煙突があるタイプは煙突の高さが高いほど煙突効果が高まるため、火力を求める方におすすめ。煙突レスのタイプは煙突タイプに比べ、燃焼効率は低いものの、煙突と燃焼部が内部に配置されているので、安全性が高いのが魅力です。

また、ロケットストーブは調理ができる製品も多く、調理の内容によって高さを選ぶのもおすすめ。ロケットストーブの安定性を重視する場合は、安定して地面に設置できるモデルを選ぶようにしましょう。

ロケットストーブのおすすめモデル

バイヤーストーブ(VIRE STOVE) Mini VIRE Stove VS002

バイヤーストーブ(VIRE STOVE) Mini VIRE Stove VS002

携帯性の高い折りたたみ式のロケットストーブです。収納サイズが24×24×4cmで重さも0.9kgと軽量なため、ソロキャンプにおすすめ。収納ケース付きでリュックやカバンに入れて持ち運べます。冬のレジャーで手軽に暖を取れるので便利です。

本体下部から空気が入る構造で、燃焼効率が高いのが特徴。展開時のサイズは25×12×24cmとコンパクトで、場所を取らずに暖を取れます。冬の釣りで足元の暖房として使うのもおすすめ。十字型の五徳付きで料理にも使用可能です。

バンドック(BUNDOK) ロケットストーブ BD-497


バンドック(BUNDOK) ロケットストーブ BD-497

家族で使えるロケットストーブを購入したい方におすすめの製品。本体は67×15×70cm、重さ約3kgと比較的大きいサイズ感です。焚き口で3段階空気調節が可能で、火力の調整が簡単にできます。

本体と煙突の上の五徳にやかんや鍋をのせて同時加熱できるのが特徴。鍋で調理しながら水を沸かせるので、効率的に調理が可能です。組み立て式でコンパクトに持ち運びができるのもポイント。ファミリーキャンプなどを快適に過ごせる、大型のロケットストーブを探している方におすすめです。

テンマクデザイン(tent-Mark DESIGNS) マキコン3


テンマクデザイン(tent-Mark DESIGNS) マキコン3

キャンプやアウトドアに加えて、災害時にも利用可能な人気のロケットストーブです。蓄熱性が高い構造で立ち消えしにくい製品のため、暖を取ったり調理をしたりできます。米4合の炊飯と1.5L程度の汁物などを、同時に30分程度で調理できるので便利です。

薪だけでなく拾った木も燃料にできるため、コストのかからないモノを使いたい方におすすめ。収納サイズは約長さ45×幅15.7×高さ15cmで、車にも楽に積めます。別売りのマキコンケースを使えば楽に携帯が可能です。

IKplus ロケットストーブ iW-11


IKplus ロケットストーブ iW-11

黒いボディーカラーが特徴のロケットストーブ。キャンプやアウトドアで落ち着いた見た目のアイテムを使いたい方におすすめです。底面のネジと煙突のパーツを取り付けるだけで組み立てできるので、手間をかけずに使えるモノを探している方にも適しています。

土台が太いため、安定して地面に設置可能。焚き口が斜めで薪の継ぎ足しが楽にできるのもメリットです。煙突の上に小さなやかんや鍋をのせて簡単な調理も楽しめます。安定感のある使いやすいロケットストーブを探している方におすすめの製品です。

ペトロマックス(Petromax) ロケットストーブ rf33


ペトロマックス(Petromax) ロケットストーブ rf33

燃焼効果が高く、さまざまな調理に使えるロケットストーブです。燃焼室と燃焼筒での2つの燃焼が発生することにより、高い燃焼効果を実現。本体の上部でフライパンを使ってステーキを焼いたり、網をかけてバーベキューをしたりできるので、キャンプ好きの方におすすめの製品です。

本体サイズは直径23.5×33cmで、場所を取らずに使えるのが魅力。付属のステンレス板を焚き口に取り付けると、薪を安定して継ぎ足しできます。本体左右に持ち手があり安全に移動できるのもポイントです。

エコズーム(ecozoom) EcoZoom Versa


エコズーム(ecozoom) EcoZoom Versa

ダッチオーブンやスキレットなどを使用した調理が可能な製品です。おしゃれなモノや高火力なモノを探している方におすすめ。燃焼効率が高い構造のため、僅かな燃料でも調理が可能です。

木の枝なども燃料にできるため、コストをかけずに使えるのが魅力。暖を取ったり料理を作ったりできるので、災害時にも便利です。

また、燃料は焚き口から簡単に継ぎ足しできます。煙がほとんど出ないのもメリット。直径24×高さ29cmの耐久性に優れたロケットストーブです。

ギアトップ(Geer Top) ステンレスロケットストーブ

ギアトップ(Geer Top) ステンレスロケットストーブ

折りたたみ式の小型ロケットストーブです。使用時サイズは約19×19×23.5cm、収納時サイズは約15×22cmとコンパクト。防水収納ケース付きで、重さは約0.78kgと非常に軽量なため持ち運びに便利です。

素材には高強度かつ頑丈なステンレス鋼を採用。サビに強いため、海や川などの水辺での使用にも適しています。取り外し可能な五徳も付属しており、鍋・フライパン・網などさまざまな調理器具を置けるのもおすすめポイントです。

燃料を置くスペースは差し込み式。ストーブ内の底はくりぬかれているため、灰を下に落とせます。小枝や枯れ葉なども燃料として使えるため、コストをかけずに使いたい方にもおすすめです。

ロジック(Logic) ロケットストーブ Spisen LG-SPISEN

ロジック(Logic) ロケットストーブ Spisen LG-SPISEN

持ち運びに特化した組み立て式のロケットストーブです。収納時の厚さは約10mmとコンパクト。収納ケースが付属しており、リュックなどに入れやすいのがメリットです。

組み立て方法は簡単で、所要時間は約1分。五徳が付属しており、最大で直径38cm程度の調理器具をのせられます。少ない燃料で火を熾せるため、アウトドアシーンはもちろん災害時にも便利です。なお、製品名の「スパイセン」は、スウェーデン語でストーブを意味しています。

High Camp Go!! Bonflame

High Camp Go!! Bonflame

純国産にこだわるソロキャンプブランド「High Camp Go!!」が手掛けるロケットストーブです。本製品は工具不要でしっかりと固定できる設計。素材には炎に強い1.5mmの極厚ステンレスを採用しています。

ドラフト効果を活用した高い燃焼効率により、排気から煙やススがほとんど出ないのがおすすめポイント。少量の燃料でも強い火力を生み出すことが可能です。木の枝や松ぼっくりなど身近な燃料で高火力を得られるため、キャンプでの使用はもちろん、非常時の備えとしても役立ちます。

収納時サイズは約36×12.5×12.3cmとコンパクトです。本体重量は約2.6kgと比較的軽量で、オプションの専用ケースを組み合わせれば持ち運びにも便利。煙突上部の五徳や本体部分利用した調理も可能です。

リコピン(Rikopin) ロケットストーブ 焚火台 OD-047

リコピン(Rikopin) ロケットストーブ 焚火台 OD-047

リーズナブルな価格が魅力のロケットストーブです。素材には耐久性に優れたステンレス鋼を採用。複数回使っても歪みにくい点がおすすめです。

収納時サイズはB5サイズ相当とコンパクト。重量は約820gと軽量で、専用ケースが付属するため持ち運びに便利です。小枝や枯れ葉などで火を熾せる点も魅力。煙突には料理に使える五徳が付いています。