風の冷たさを感じる季節に活躍するのが「ガスストーブ」。やわらかな炎が、寒い部屋をじんわりあたためます。灯油ファンヒーターは給油が面倒な一方、ガスストーブは手間がかからず楽に使えるのがメリットです。

そこで今回は、ガスストーブの選び方とおすすめのモデルをご紹介します。メリットとデメリットについても解説するので、自分に合ったモデルを選んでみてください。

ガスストーブとは?

ガスファンヒーターとの違い

By: amazon.co.jp

ガスファンヒーターとガスストーブの大きな違いは、ファンが搭載されていない点。ガスで発熱し、ヒーターであたためた空気をファンで拡散させるガスファンヒーターに対し、ガスストーブは本体内の燃焼筒を燃焼させて熱を発し、冷たい空気とあたたかい空気を対流させて部屋をあたためます。

前面からのみ、あたたかい風を送るガスファンヒーターに対し、ガスストーブは前面と上部から熱を発する製品が多いのも異なる点。それぞれの違いを知ったうえで選んでみてください。

ガスファンヒーターについて詳しく知りたい方はこちら

ガスストーブの魅力

By: amazon.co.jp

ガスストーブの魅力といえば、やわらかい炎。おしゃれなデザインのガスストーブも多く、インテリアとして取り入れることも可能です。単なる暖房としてだけでなく、ゆっくりできる落ち着いた空間を作り出すアイテムとしても活躍します。

温風を出さないガスストーブは、ホコリやハウスダストに弱い方におすすめです。ファンヒーターを使うと、温風でホコリやハウスダストが舞い上がってくしゃみや鼻水が出ることもありますが、温風を出さないガスストーブであれば安心。

点火や消化の際に、石油ファンヒーターのような嫌なニオイが出にくいのもメリットです。

ガスストーブのメリット・デメリット

ガスストーブのメリット

ガスストーブはガスの燃焼時に水蒸気を発生させます。また、燃焼筒などにより発生した熱で空気をあたためる方式のため、ガスファンヒーターに比べると空気が乾燥しにくいのがメリット。

上部にモノを置けるタイプであれば、やかんを乗せてお湯も沸かせるので、ガスを無駄なく使いたい方にもおすすめです。

石油ストーブは灯油がなくなると給油が必要ですが、給油の手間がないのもガスストーブのメリット。ガスを家の中に引いて使うため、灯油缶を車に積んでガソリンスタンドまで買いに行く面倒な手間もありません。

ファンがないガスストーブは、運転音が小さいのも嬉しいポイントです。さらに、ガスストーブは熱効率が高く部屋全体をあたためるパワーがあるのも強み。広めの部屋をじんわりとあたたかくしたい方には、ガスストーブがおすすめです。

ガスストーブのデメリット

ガスストーブは、壁に取り付けられたガス管に接続して使用するため、設置したい部屋にガス管がない場合は配管工事が必要。オール電化でガスの契約がない場合は、ガス会社との契約も必要になり、コストがかかります。

また、ガスストーブをガス管に接続すると、好きな場所に動かして使えない点がデメリット。暖房器具を移動させて使う可能性がある方は、都市ガスやプロパンガスを使用するガスストーブではなく、カセットガス式のモノを検討しましょう。

ガス代は地域やガス会社によって差があるため、居住地域によっては灯油を使って暖房をした方がコストを抑えられる場合があります。

特に都市ガスではなくプロパンガスを使っている地域ではガス代が非常に高くなる可能性も。事前にガス代をよく調べてからガスストーブを導入しましょう。

ガスストーブの種類

ガス式

By: amazon.co.jp

住宅内にガスが引かれている場合に使用できるのが、ガス式のガスストーブ。自宅を建設する際に、ガスストーブを設置したい場所にガス栓を取り付ければ、後から工事する手間を省けます。ガスが引かれていなかったり、ガス栓がなかったりする場合は工事が必要です。

ガス式のガスストーブにはプロパンガス用と都市ガス用があるため、自宅に引かれているガスに合わせて選びましょう。

燃料の補給が不要なガス式は、寒冷地帯に住む方や給油が大変なお年寄りだけの家庭におすすめ。ただし、室内の酸素を保つために適度な換気も必要なので、窓のない部屋などでは使用できない点もしっかり把握しておきましょう。

ガスボンベ式

By: amazon.co.jp

ガスボンベ式のガスストーブは、使いたい場所に移動して使えるのがメリット。ガスボンベだけで着火できるモノが多いので、災害時の暖房器具としても重宝します。

キャンプや登山などのアウトドア用モデルが販売されているのも特徴。ガス栓もコンセントも不要で、1つ用意しておくとさまざまな用途に使えて便利です。

ガスボンベ式はどのモデルもコンパクトで、トイレや書斎などの狭い場所をあたためるのにもおすすめ。持ち手がついたモデルを選べば、使いたいときに移動させたり角度を変えたりできるので活用の幅も広がります。

ガス式に比べると暖房能力は低く、カセットガス1本での燃焼持続時間は2~3時間のモノが多いため、補助的な暖房器具として取り入れるのがおすすめです。

ガスストーブの選び方

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

ガスストーブには20畳以上の広い部屋をあたためられる大型のモノから、狭い空間をほどよくあたためる小型のモノまでさまざまなサイズがあります。

大きすぎるモノを選ぶと邪魔になるだけでなく、ガスも大量に消費するので無駄なコストがかかってしまうことも。また、小さすぎるモノを選んでしまうと暖房能力に満足できず、買い替えが必要になる可能性もあります。

置き場所の空間と部屋の広さをよく確認し、適したサイズのモノを選んで快適に使いましょう。

都市ガスかプロパンかで選ぶ

By: amazon.co.jp

ガスストーブには都市ガス用とプロパンガス用があるため、自宅に引かれているガスの種類に合わせて選ぶ必要があります。家に引かれているガスの種類に合わないガスストーブを使用するのは非常に危険なので、購入前にガスの種類をしっかりチェックすることが大切です。

自宅のガスが都市ガスかプロパンかがわからない場合は、ガス会社に確認しましょう。

安全機能で選ぶ

ガスを使うストーブは、ガス漏れや不完全燃焼によるトラブルが気になるところです。そこで、購入前によく確認しておきたいのがガスストーブの安全機能。

代表的な機能は、炎が消えたときにガスを自動的に止める「立消え安全装置」や、室内の酸素不足による不完全燃焼を予防する「不完全燃焼防止装置」です。

地震や衝撃でガスストーブが倒れたとき、自動的に消化する「転倒時消火装置」や、過熱によりカセットガス内の圧力が異常上昇すると自動的にカセットガスが外れる「圧力感知安全装置」などもあります。

ガスストーブのおすすめモデル|ガス式

リンナイ(Rinnai) ガス赤外線ストーブ R-852PMSIII

暖房の目安木造11畳、コンクリート造15畳までの都市ガス用ガスストーブです。「ピアノタッチ点火」を採用しており、レバーを下げるだけで簡単に操作できます。

乾電池を使用して点火するタイプで、電気代が気になる場合におすすめ。強の場合に4.07kW、弱の場合に3.08kWの暖房能力を発揮します。

重さ6.8kgで持ち運び可能。掃除する際の移動も楽々です。安全性に優れているのもおすすめポイント。使用中に炎が消えてしまったときにガスを止める「立消え安全装置」や、酸素不足による不完全燃焼を予防する「不完全燃焼防止装置」を搭載しています。

本体が倒れてしまったときや、強い衝撃が加わったときに自動消火する「転倒時消火装置」も搭載。地震などで万一倒れてしまっても安心です。

リンナイ(Rinnai) ガスストーブ R-1290VMSIII

プロパンガス用のガスストーブです。本体サイズは幅360×奥行360×高さ610mmとスリムで、360°全周放射デザインが印象的な1台。狭いスペースに設置したい場合に重宝するおすすめモデルです。

木造15畳まで、コンクリート造21畳までのパワフルな暖房能力も魅力。リビングなど広い部屋の暖房に適しています。

点火はコンセント不要で、単二形乾電池を使用。操作はレバーで上下を切り替えるだけなので簡単です。「転倒時消火装置」や「不完全燃焼防止装置」を搭載しており、安全性にも優れています。

リンナイ(Rinnai) ガスストーブ R-1220CMSIII

幅742mmの横長フォルムが特徴的なプロパンガス用ガスストーブです。暖房の目安は木造17畳、コンクリート造23畳と、ハイパワーな暖房能力を発揮するモデル。落ち着きのあるシンプルなデザインを採用し、和室用としても適しています。

灯油を使用しないため、石油ストーブの点火時や消化時のイヤなニオイが気になる方におすすめです。「転倒時消火装置」や「不完全燃焼防止装置」などセーフティ機能も充実。「ガスコード確認カバー」を備えており、正しくガスコードを接続できるように配慮している点にも注目です。

ガスストーブのおすすめモデル|ガスボンベ式

イワタニ(Iwatani) カセットガスストーブ デカ暖 CB-STV-DKD

カセットボンベ式ながら最大発熱量1.35kWのハイパワーを実現しているガスストーブです。燃料は同社のカセットガスを使用し、1本あたり最大約2時間30分の連続燃焼が可能。

カセットガスはスーパーやコンビニなどで手軽に入手できるため、電池・電源・灯油不要で突然の燃料切れに対応しやすいおすすめモデルです。

特許取得の「熱溜め燃焼筒」を採用しているのが特徴。セラミック筒・パンチングメタル筒・ステンレスメッシュ筒の3層構造で、外側へいくほど熱の放射表面積が広くなり、大きな暖房効力が期待できます。本体側面に持ち手がついた仕様で持ち運びも簡単です。

不完全燃焼防止・立消え安全装置・転倒時消火・圧力感知という4つの装置を搭載し、安全性にも優れています。

イワタニ(Iwatani) カセットガス ストーブ マイ暖 CB-STV-MYD

本体サイズ幅312×奥行222×高さ290mmのコンパクトなカセットボンベ式ガスストーブです。最大発熱量1.0kWで足元をあたためたいときにおすすめ。

省スペースに置ける小型モデルで玄関や脱衣場、キッチンなど狭い場所にも設置できます。コードレスで持ち運びできるため、キャンプや釣りといったアウトドアのほか、災害時の防災グッズとしても便利です。

点火後、約1分で暖をとれる手軽さが魅力。トイレに設置するなど、ごく短時間の使用にも向いています。選択つまみで弱運転に切り替えれば、ガス消費量を約15%省エネできる点にも注目です。

アラジン(Aladdin) ポータブルガスストーブ SAG-BF01

同社の人気石油ストーブ「ブルーフレーム」をモチーフに開発された、カセットボンベ式ガスストーブです。レトロでおしゃれなデザインが印象的。コンパクトサイズで持ち運びしやすく、屋内はもちろん、キャンプなどアウトドアシーンや庭での使用にもおすすめのモデルです。

トルネードバーナーで良好な燃焼状態を維持して、部屋を効率的にあたためます。圧力感知・不完全燃焼防止・転倒時消火・立消え安全装置の4つの安全装置を搭載しているのも魅力です。

専用の収納袋が付属しており、カセットボンベを収納できるポケットが付いているのも便利なポイント。寒い時期にアウトドアシーンで使用することを想定した、低温時対応タイプの専用カセットボンベも販売されているので、ぜひチェックしてみてください。

SUND ガスストーブ

本体サイズ幅130×奥行260×高さ300mmのガスボンベ式ガスストーブです。持ち運びに便利な取っ手が付属しており、キャンプや釣り、スポーツ観戦など、レジャー時に移動しながら足元をあたためたいときにおすすめ。

手軽に入手できる市販のガスボンベ1本で約3時間使用できるため、災害が起こったときなどの緊急時にも役立つ1台です。

加熱部の角度を上向きにできるので、ヤカンで水を沸かすなど、コンロとしても活躍します。操作つまみを「エコゾーン」に合わせると、ガスの消費量を抑えた運転が可能。燃焼時間を約4時間に延長できるため、ガスの残量が心配な場合に重宝します。

BRS 赤外線ガスヒーター H22

バーナーにセットするタイプのガスストーブです。リュックなどに収められる小型モデルで、携帯性に優れているのが特徴。登山やソロキャンプをする方、バックパッカーなど、なるべく荷物を少なくしたい方におすすめです。

素材には熱の発生に適しているアルミニウム合金を採用。リフレクターと2重バーナーデザインのおしゃれな外観も魅力です。リフレクターは熱を反射させて効率的にあたためる役割もあります。専用収納袋が付属しており、持ち運びや保管に便利です。

ニチガス(NICHIGAS) ポータブルカセットヒーター どこでも暖坊 NCH-22

本体サイズ幅315×奥行255×高さ375mmのコンパクトなガスボンベ式ガスストーブです。重さ約4.1kgと、楽に持ち運び可能。キッチンや脱衣場など、家事の際に移動させながら使用したい方におすすめのモデルです。

カセットガス1本を使用して、最大発熱量2.2kWの暖房能力を発揮します。「ワンアクション自動点火方式」で使い方も簡単。強と弱をつまみで切り替える、火力調節機能も備えています。

6つの安全装置を搭載している点にも注目。圧電点火・圧力感知・不完全燃焼防止・立消え安全装置・転倒時消火・ヒートパネルによって、安全に使いやすい1台です。

ガスストーブのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ガスストーブのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。