風の冷たさを感じると恋しくなるガスストーブ。心を癒すやわらかな炎が寒い部屋をじんわり暖めてくれます。灯油ファンヒーターは給油が面倒ですが、その手間がなくラクに使えるのもメリット。暖房器具の温風が苦手な方にもおすすめです。

ガスストーブの購入に迷ったら、メリットとデメリットをよく理解した上で自分のニーズを満たすかどうかを判断することが大切。今回はガスストーブの選び方とおすすめのモデルを紹介します。

ガスストーブとは?

ガスファンヒーターとの違い

By: amazon.co.jp

ガスファンフィーターにはファンが搭載されていますが、ガスストーブにはファンがない点が大きな違い。ガスで発熱したヒーターで暖めた空気をファンで拡散させるガスファンヒーターに対し、ガスストーブは本体内の発熱筒を燃焼させて熱を発し、冷たい空気と暖かい空気を対流させて部屋を暖める方式です。前面からのみ暖かい風を送るガスファンヒーターに対し、ガスストーブは前面と上部から熱を発する点も異なります。

ガスストーブの魅力

By: amazon.co.jp

ガスストーブの魅力といえば、見ているだけで気持ちが落ち着くやわらかい炎。最近はおしゃれでレトロなデザインのガスストーブも多く、癒し系のインテリアとして取り入れる人も増えています。単なる暖房としてだけはなく、心を癒す落ち着いた空間を作り出すアイテムとして人気です。

温風を出さないガスストーブは、ホコリやハウスダストに弱い方におすすめ。ファンヒーターを使うと温風でホコリやハウスダストが舞い上がってくしゃみや鼻水が出てしまうことがありますが、温風を出さないガスストーブであれば安心です。点火や消化の際に石油ファンヒーターのような嫌なニオイがほとんど気にならないのもメリットと言えます。

ガスストーブのメリット・デメリット

ガスストーブのメリット

ガスストーブはガスの燃焼時に水蒸気を発生させるので、部屋の空気が乾燥しにくいメリットがあります。また、燃焼筒やパネルで発生した熱で空気を暖める方式なので、ガスファンヒーターに比べると空気が乾燥しにくく喉や肌に優しいのもメリット。やかんを乗せてお湯も沸かせるので、ガスを無駄にせず有効に使いたい方にもおすすめです。

石油ストーブは灯油がなくなると給油が必要ですが、その手間がないのもガスストーブのメリット。重い燃料缶を持って寒い場所で給油するのは辛い作業ですが、ガスを家の中に引いて使うのでその問題が解消されます。灯油缶を車に積んでガソリンスタンドまで買いに行く面倒な手間もなくなるので、お年寄りや女性の一人暮らしにおすすめです。

ファンがないガスストーブは運転音が小さいのもうれしいポイント。暖房器具の運転音でテレビの音がよく聞こえなかったり勉強や読書に集中できなかったりする場合は、ガスストーブの導入を検討してみるとよいでしょう。ガスストーブは熱効率が高く部屋全体を暖めるパワーがあるのも強み。広めの部屋をじんわりと暖かくしたい方にはガスストーブがおすすめです。

ガスストーブのデメリット

ガスストーブは壁に取り付けられたガス管に接続して使用するため、設置したい部屋にガス管がない場合は配管工事が必要。オール電化でガスの契約がない場合は、ガス会社との契約も必要です。家の構造によっては工事費とプラスのガス代が発生するため、将来的なランニングコストをよく考えて導入しないとコスト高になることがあります。

また、ガスストーブをガス管に接続すると好きな場所に動かして使えない点がデメリット。暖房器具を移動させて使う可能性がある方は、都市ガスやプロパンンガスを使用するガスストーブではなくカセットガス式のモノを検討した方がよいでしょう。ただし、カセットガス式は小型で暖房能力も低めなので、その点もよく検討して選ぶことが大切です。

ガス代は地域やガス会社によって差があるため、居住地域によっては灯油を使って暖房をした方がコストを抑えられる場合があります。特に都市ガスではなくプロパンガスを使っている地域ではガス代がかなり高くなる可能性があるので、事前にガス代をよく調べてからガスストーブを導入しましょう。

ガスストーブの種類

ガス式

By: biccamera.com

住宅内にガスが引かれている場合に使用できるのがガス式のガスストーブ。自宅を建設する際にガスストーブを設置したい場所にガスの接続口を取り付ければ後から工事する必要がありません。ガスが引かれていなかったり接続口がなかったりする場合は配管工事が必要。燃料の補給が不要なガス式は寒冷地帯に住む方やお年寄りだけの家庭に人気です。

ガス式のガスストーブにはプロパンガス用と都市ガス用があるため、自宅に引かれているガスに合わせて選びましょう。ガスストーブは大きさによって暖房能力が異なるため、部屋の広さに合ったモノを選ぶことも大切。室内の酸素を保つために適度な換気も必要なので、窓のない部屋では使用できない点もしっかり把握しておきましょう。

カセットボンベ式

By: amazon.co.jp

カセットボンベ式のガスストーブは使いたい場所に移動して使えるのがメリット。カセットボンベだけで着火できるモノや電池式のモノが多いので、災害時の暖房器具としても重宝します。最近ではキャンプや登山などのアウトドア用モデルも人気。ガスも電気も不要なので1つ用意しておくとさまざまな用途に使えて便利です。

カセットボンベ式はどのモデルもコンパクトなので、トイレや書斎などの狭い場所を暖めるのにも便利。持ち手がついたモデルを選べば、使いたい時に使いたい場所に動かしたり角度を変えたりできるので活用の幅も広がります。ガス式に比べると暖房能力は低く、カセットガス1本での燃焼持続時間は2~3時間のモノが多いので、補助的な暖房器具として取り入れるのがおすすめです。

ガスストーブの選び方

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

ガスストーブには20畳以上の広い部屋を暖められる大型のモノから、狭い空間をほどよく暖める小型のものまでさまざまなサイズがあります。置き場所の空間と部屋の広さをよく確認し、適したサイズのモノを選んで快適に使いましょう。

大きすぎるモノを選ぶと邪魔になるだけでなくガスも大量に消費するので無駄なコストがかかってしまいます。小さすぎるモノを選んでしまうと暖房能力に満足できず、次第に使わなくなってしまいます。いろいろなメーカーのモデルを比較し、使い勝手のよいサイズのモノを選びましょう。

都市ガスかプロパンかで選ぶ

By: amazon.co.jp

ガスストーブには都市ガス用とプロパンガス用があるため、自宅に引かれているガスの種類に合わせて選ぶ必要があります。家に引かれているガスの種類に合わないガスストーブを使用するのは危険なので、購入前にガスの種類をしっかりチェックすることが大切です。

自宅のガスが都市ガスかプロパンかがわからない場合は、ガス代を支払っている会社に電話して確認すればすぐに分かるので必ず確認しましょう。

安全機能で選ぶ

ガスを使うストーブになんとなく不安を感じる方は多いはず。ガス漏れや不完全燃焼によるトラブルは確かに気になるところです。そこで購入前によく確認しておきたいのがガスストーブの安全機能。最近のモデルには安全に使うためのさまざまな機能が搭載されているので、どんな機能があるのかをチェックしておくと安心です。

代表的な機能としては、炎が消えた時にガスを自動的に止める「立消え安全装置」、不完全燃焼による室内の酸素不足を防止する「不完全燃焼防止装置」、地震や衝撃でガスストーブが倒れた際に自動的に消化する「転倒時消火装置」、過熱によりカセットガス内の圧力が異常上昇した際に自動的にカセットガスを外す「圧力感知安全装置」があります。

ガスストーブのおすすめモデル|ガス式

リンナイ(Rinnai) ガス赤外線ストーブ R-852PMSIII(C)

レバーを下げるだけで簡単に点火できる都市ガス用のガスストーブ。木造11畳まで、コンクリート15畳まで暖房できるので、リビングやダイニング用のガスストーブを探している方におすすめです。

ヒーター部分の燃焼は上下を切り替えられるので、ガスを節約しながら暖房できます。ホワイトのカラーはどんな部屋にも合うのでインテリアの妨げになりません。安全機能は、「立ち消え安全装置」「不完全燃焼防止装置」「転倒時消火装置」を搭載。ガス式のガスストーブを安全に使いたい方におすすめのモデルです。

リンナイ(Rinnai) ガスストーブ R-1290VMSIII(A)

レトロなデザインがおしゃれな都市ガス用のガスストーブ。スリムなデザインなので邪魔にならずに設置できます。木造は15畳まで、コンクリートは21畳まで暖房できるので、広めのおしゃれなリビングにおすすめ。ガスストーブは点火と消火の際に嫌なニオイが気にならないため、人が集まる小ホールや小会議室の暖房としても最適です。

レバーを下げるだけで簡単に点火できるので、初めてガスストーブを使う方でも安心して操作できます。ヒーターの燃焼は上下で切り替えができ、その日の気温に合わせて調整が可能。「立消え安全装置」「不完全燃焼防止装置」「転倒時消火装置」の3つの安全機能も搭載しています。ガスによる不慮の事故が心配な方にもおすすめのモデルです。

リンナイ(Rinnai) ガス赤外線ストーブ R-1220CMS3(B)-LP

プロパンガス用の大型モデル。木造は17畳まで、コンクリートは23畳まで暖房できるので、寒冷地での使用にもおすすめ。日当たりが悪く寒い広めのリビングにも適しています。大きめの本体はどことなくレトロなデザインで暖炉のような優しい炎が魅力。和室にも洋室にも合うデザインのモデルを探している方におすすめです。

点火はワンタッチで操作も簡単。ヒーターの燃焼は左右切替式なので、気温に合わせて調節すればガスの無駄使いを防げます。「立消え安全装置」「不完全燃焼防止装置」「転倒時消火装置」の安全機能もしっかり搭載。同モデルには都市ガス用も用意されています。できるだけ大きくて暖房能力が高いガスストーブを探している方におすすめです。

ガスストーブのおすすめモデル|ガスボンベ式

イワタニ(IWATANI) カセットガスストーブ デカ暖 CB-STV-DKD

カセット式ガスストーブでも暖房能力が高いモノを探している方におすすめのモデル。セラミック筒・パンチングメタル筒・ステンレスメッシュ筒の3層構造により筒と筒の間に強い熱溜りを作って放熱するため、小型石油ストーブに匹敵する高い暖房効果を得られます。リビングなどの広めの部屋で使用するのに最適です。

連続燃焼時間は気温が20~25℃の時にカセットガス1本で約2時間30分。電池不要のワンタッチ圧電点火方式なので、災害用の暖房器具としても活用できます。点火と消火の際に嫌なニオイがしないのもメリット。「立消え安全装置」「不完全燃焼防止装置」「転倒時消火装置」「圧力感知安全装置」の安全機能も搭載されていて安心です。

イワタニ(IWATANI) カセットガスストーブ ポータブルタイプ マイ暖 CB-STV-MYD

どこにでも持ち運んで使えるポータブルタイプのカセットガスストーブ。本体には持ち運びに便利な取っ手が付いており、重量も約2.6kgと軽量なので女性でも簡単に運べます。来客時の寒い玄関や暖房が行き届かないキッチンなどで使用するのに最適なサイズ。カセットガス1本で約3時間20分使用できます。

点火には電気も電池も不要なので災害用としてもおすすめ。点火操作はレバーを回すだけと簡単です。標準運転と弱運転を切り替えられるので、ガスを無駄にしたくない時に便利。

「立消え安全装置」「不完全燃焼防止装置」「転倒時消火装置」「圧力感知安全装置」も搭載しています。コンパクトで持ち運びができるガスストーブを探している方におすすめです。

SEIKOH カセットガスストーブ

キャンプや登山に便利な屋外用のカセット式ガスストーブ。カセットガス1本で約3時間使用できるので、肌寒い季節のアウトドアやスポーツ観戦にも最適。重量が2.2kgと軽量で持ち運びに便利な取っ手が付いているので、屋外活動で暖を取りたいときに便利です。つまみをひねるだけで簡単に点火できます。

温度も角度も調整可能。弱運転にすればガスが節約でき、上向きに角度を変えれば手や足を暖められるので便利です。特大セラミックパネルの採用により、暖房性能が高く屋外でも冷えた体をしっかり暖められます。キャンプや登山に便利で使い方が簡単なガスカセット式のストーブを探している方におすすめのモデルです。