寒い季節に役立つ寝室向けの「暖房器具」。寝室や布団が冷え切ったままだと寝付きが悪く、快適に眠れないこともあります。ただ、暖房器具にはさまざまなタイプがあり、寝室用としてどれを選んだらよいのか迷ってしまうことも少なくありません。

そこで今回は、タイプ別におすすめの寝室向け暖房器具をピックアップしてご紹介。あわせて選び方も解説するので、購入を検討している方は参考にしてみてください。

寝室に適した暖房器具とは?

石油ファンヒーター

By: amazon.co.jp

石油ファンヒーターは灯油を燃料とする、暖房能力の高さが魅力の暖房器具です。部屋全体を素早くあたためたいときや、あらかじめ寝室をあたためておきたい場合におすすめ。モデルによって適応畳数が目安として表示されており、部屋の広さにあわせて適切な大きさを選べます。

一方、デメリットは、ファンによる送風でホコリなどを巻き上げる恐れがあること。赤ちゃんと一緒に寝ている場合など、衛生面に気を付けたい場合は注意が必要です。また、灯油がなくなったら購入・補充する手間もかかります。

さらに、点火・消化時に、石油ファンヒーター特有のニオイが気になることもあるため留意しておきましょう。なかには、ニオイを最低限に抑える消臭機能を搭載したモデルもあるので、チェックしてみてください。

電気ヒーター

By: rakuten.co.jp

電力で駆動するのが電気ヒーターです。なかでも、ファンであたたかい風を送るセラミックファンヒーターは、スイッチを入れればすぐに温風が出る、立ち上がりの速さが特徴。コンパクトで軽量なモデルが多く、ほかの部屋に移動させたい場合の持ち運びも簡単です。燃料を補充する手間もなく、手軽に使えます。

また、比較的安価なモデルが多いのも魅力です。ただし、部屋全体をあたためたい場合には向いていません。足などを集中的にあたためるのにぴったりです。さらに、ファンヒータータイプは、温風によって乾燥しやすいというデメリットもあります。加湿機能を搭載したモデルも販売されているので、チェックしてみてください。

オイルヒーター・パネルヒーター

By: amazon.co.jp

オイルヒーターやパネルヒーターは、ファンを搭載していない暖房器具です。オイルヒーターは、内部に充填されたオイルを加熱して、部屋をあたためる仕組み。パネルヒーターは電気でパネルで覆われたヒーターをあたため、輻射熱で暖房します。

ファンがないため、静音性に優れているのが特徴。暖房運転したまま就寝する際に重宝します。また、熱風が出ないので、ホコリなどを巻き上げにくいのもポイント。さらに、スリムな形状のモノが多く、狭いスペースに設置したい場合や保管時に便利です。

ただし、オイルヒーターの場合は充填されているオイルをあたためるのに時間を要します。あたたまる時間を計算して、就寝前にあらかじめ電源を入れておくのがおすすめです。

電気毛布

By: amazon.co.jp

毛布のなかに埋め込んである電熱線を電気であたためるのが電気毛布です。体に直接触れるため、あたたかさを実感しやすいのがメリット。あらかじめ布団全体をあたためておきたい場合にも役立ちます。掛敷兼用タイプなど、さまざまなモデルがあるのでチェックしてみてください。

また、消費電力は比較的低く、電気代を節約できるのもポイント。軽量で持ち運びやすいため、移動しながら使用したい場合にも便利です。ただし、長時間体に当て続ける場合は、火傷などに注意しましょう。

寝室向け暖房器具の選び方

安全性の高いモデルを選ぶ

By: rakuten.co.jp

就寝中はトラブルに気付きにくいため、寝室向け暖房器具としては安全性の高いモデルがおすすめ。転倒すると自動で電源が切れる安全装置は、大きい地震で揺れたときや、子供やペットが誤って倒してしまった場合に備えることが可能です。

また、「温度ヒューズ」を内蔵しているタイプは、温度が異常に上昇したときに自動で停止するので、安心して使用できます。

タイマー機能付きのモデルがおすすめ

By: irisplaza.co.jp

寝室向けの暖房器具を選ぶ際は、タイマー機能付きのモデルがおすすめ。切タイマーを活用すれば、就寝後に切れるように調節できます。部屋のあたためすぎを予防したり、節電に役立てたりすることが可能です。

また、入タイマーを搭載したモデルなら、起床時間に部屋があたたかくなるようにセットできます。なかにはセンサーを内蔵し、室温を検知して適切な自動運転をおこなうモデルもあるので要チェックです。

静音性も重要

By: rakuten.co.jp

快適に眠るためには、暖房器具の静音性が重要です。とくに、ファンヒータータイプはモーター音が気になりやすいため注意が必要。製品によっては、動作音の大きさが「dB」という単位で表されている場合もあるので、チェックしてみてください。

些細な音でも気になる方には、オイルヒーターやパネルヒーター、電気毛布がおすすめ。ファンを搭載していないので音が出にくく、寝室向けとして適しています。

電気代も要チェック

電気代をなるべく節約したいなら、消費電力に注目。「W」という単位で表示されており、基本的には数字が小さいほど消費電力が低く、電気代を抑えられます。ただし、消費電力が小さいモデルほど暖房能力は劣るため注意が必要。使用する寝室の広さや使用時間を考慮して選んでみてください。

無駄な電気代を抑えたい場合は、使い方を工夫するのもおすすめ。切タイマーを活用したり、エアコンなどの暖房器具と併用したりすることで、節電することが可能です。

寝室向け暖房器具のおすすめ|石油ファンヒーター

トヨトミ(TOYOTOMI) 石油ファンヒーター LC-S330

室温を徐々に20℃まで下げる「エコモード」搭載の石油ファンヒーターです。ゆるやかに室温を下げるため、体感的な寒さを感じにくいのが特徴。前シーズンに残った灯油を使用できる「エコバーナー」を採用しているのもポイントです。

また、給油ランプの点灯時に「給油延長」ボタンを押すと、灯油の消費を抑えながら運転します。補充作業を後回しにできるため、忙しいときに便利です。さらに、消化時に発生するニオイの元となるノズル内の灯油が残りにくい構造により、強いニオイの発生を低減しています。

ダイニチ (DAINICHI) 石油ファンヒーター FW-3219S

ニオイを低減する「パワフル秒速消臭システム」採用の石油ファンヒーターです。気化ガスを止めて燃やしきり、ニオイを予防します。パワフルな寝室向け暖房器具を求めているが、ニオイが気になる方におすすめのモデルです。

また、「チャイルドロック」や「対震自動消火装置」などの安全装置を採用しているのもポイント。さらに、回しやすく手を汚しにくい「給油汚れんキャップ」を搭載しているので、楽に給油できます。

コロナ(CORONA) 石油ファンヒーター FH-WZ3619BY

木造10畳、コンクリート造13畳までが目安の石油ファンヒーターです。灯油を燃料にするパワフルな暖房能力が魅力で、部屋全体をあたためられる寝室向け暖房器具を探している方におすすめ。ワンタッチで設定温度を20℃に自動で切り替える「ecoキー」搭載し、灯油代と電気代を節約できます。

消化シャッターがピタッと閉じる構造により、点火時や消化時のニオイを抑えられる点にも注目。消火時に火力を下げてニオイを低減させる「クリーン消化」や、未燃焼ガスを大幅に浄化する「においとり触媒」を搭載しているなど、ニオイ低減にこだわって開発された1台です。

寝室向け暖房器具のおすすめ|電気ヒーター

シャープ(SHARP) 加湿機能付セラミックファンヒーター HX-H120

暖房時の乾燥が気になる方におすすめの加湿器付き寝室向け暖房器具。フィルターやトレーカバー、加湿トレーなどは丸洗いできるため、清潔な状態で使えます。「抗菌エアフィルター」を搭載している点にも注目です。

また、温度と湿度をセンサーで管理するエコ運転機能を搭載。温度をコントロールする「おまかせ自動運転」により、手間なく快適な室温を保てます。さらに、独自技術「プラズマクラスター」を搭載しているのもポイントです。

パナソニック(Panasonic) セラミックヒーター DS-FS1200

本体サイズ幅28×高さ31.5×奥行13.5cmのコンパクトなセラミックファンヒーターです。50Hz使用時で1170Wの暖房能力を発揮。約1~5時間の範囲で設定できる切タイマーを備えており、切り忘れが心配な方におすすめの寝室向け暖房器具です。

約15°の範囲で上下に可動する「風向可変ルーバー」によって、送風する角度が変化するのも便利。また、一度倒れたら起こさない限り通電しない「二重安全転倒OFFスイッチ」を内蔵しているので、安心して使用できます。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) セラミックファンヒーター PCH-125D

強1200W・弱600Wの2段階で調節できるセラミックファンヒーター。スイッチを入れれば、すぐにあたたかい風が出てくる速暖性が魅力です。人感センサーを搭載しているので、脱衣場やトイレで使いたい場合にも重宝します。

また、「転倒時電源OFF機能」が搭載されており、転倒が心配な方にもおすすめ。さらに、温度が上がりすぎたときに自動で停止する「温度ヒューズ制御」や、設定温度を自動で保つよう調節する「サーモスタット」を内蔵しています。

モダンデコ(MODERN DECO) セラミックファンヒーター ベーシックモデル

厚さ11cmのスリムなフォルムが特徴のセラミックファンヒーター。ちょっとしたスペースに設置したい方におすすめの寝室向け暖房器具です。シンプルなカラーや木目調など、デザインにバリエーションがあるので、部屋の雰囲気に適したモノを選べます。

また、約2秒で温風を送風できる、電気ヒーターならではの速暖性にも注目。素早くあたたまりたいときに活躍します。さらに、連続運転モードと人感センサーモードによる、2種類の自動運転が可能。寝室以外でも使用する場合に、ライフスタイルにあわせた使い方ができます。

「チャイルドロック」や「転倒時自動OFF機能」を搭載し、安全面に配慮しているのもポイント。小さな子供やペットがいる家庭にもおすすめです。

寝室向け暖房器具のおすすめ|オイルヒーター・パネルヒーター

デロンギ(DeLonghi) マルチダイナミックヒーター MDHU09

人気メーカー「デロンギ」のオイルヒーターです。3つの発熱モジュールを、8通りで組みあわせて運転をコントロール。無駄な消費電力を抑えて、節電にも貢献します。

また、運転音がほとんどしない静音性の高さも魅力。人間の耳では聞き取れないほどの静かさを実現しており、就寝時に些細な音が気になる方に適しています。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ウェーブ型オイルヒーター IWH2-1208M

独自の波型「ウェーブフィン」を採用したオイルヒーター。フィンの表面積を広げることにより、熱効率が向上しています。ヒーター出力は4段階で調節可能。室温を検知して出力を切り替える「エコモード」も搭載されており、無駄な電気代を抑えたい方におすすめです。

また、1時間刻みで設定できる切タイマーを活用すれば、切り忘れてしまっても安心。「転倒時自動OFF機能」や「チャイルドロック」を搭載した、安全性にも優れている1台です。さらに、電源コードは本体に収納できるため、未使用時にはすっきりと保管できます。

ゼンケン(ZENKEN) 遠赤外線暖房器 アーバンホット RH-2200

薄型フォルムながら、部屋全体をあたためるのに適したパネルヒーターです。パネル上部からの熱対流とパネル前面からの輻射熱による「W暖流効果」で、優れた暖房能力を発揮します。

また、温風が出ないため、ホコリなどを巻き上げる心配はありません。嫌なニオイや動作音も気になりにくく、寝室で快適に過ごしやすいモデルを求めている方におすすめの暖房器具です。

「おやすみタイマー」にくわえて、「おはようタイマー」を搭載している点にも注目。寒い日の朝に、布団から出るのがおっくうなシーンで役立ちます。

寝室向け暖房器具のおすすめ|電気毛布

パナソニック(Panasonic) 電気かけしき毛布 DB-R31M

幅約188×奥行137cmの電気毛布です。天然由来の「キトサン」を採用しており、防菌・防臭効果が期待できると謳われています。温度は8段階で調節可能。足元をあたためやすくした配線構造が特徴です。

また、室温センサーを内蔵し、部屋の温度にあわせて設定温度を自動調節。無駄な消費電力を抑えて、省エネにも役立ちます。丸洗いできるほか、ダニ対策も可能です。

日立(HITACHI) 電気毛布 敷毛布タイプ HLM-102SSRX

幅約160×奥行80cmのパーソナル用としておすすめの電気毛布です。「キトサン」採用で防菌・防臭が期待できると謳われています。ネットを使えば洗濯機で丸洗いできるなど、清潔な状態で使いたい方に適している寝室向け暖房器具です。

温度は5段階で切り替えられるほか、室温センサーによる自動調節も可能。最高温度は約53℃で、ダニ対策もできます。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 電気敷き毛布 EHB-1913

幅190×奥行130cmの電気毛布です。大きめのゆったりサイズで、ダブルベッドでも使用可能。布団全体をあたためて、布団の下から伝わる冷たさを抑えます。最大60Wの消費電力で、電気代が気になりにくいのもポイントです。

温度は無段階調節式で、好みにあわせて細かく設定可能。また、室温センサーを搭載しており、部屋の温度にあわせてあたため具合を自動調節します。さらに、50℃の高温でダニ対策できる「ダニ退治」機能も便利。コントローラーを取り外して洗濯できるため、お手入れも簡単です。

山善(YAMAZEN) 電気毛布 掛け/敷き兼用タイプ YMK-23

掛敷両用の電気毛布。幅188×奥行130cmの長方形タイプで、ゆったりとした使い心地を求めている方におすすめの暖房器具です。

高温での運転でダニ対策ができる「ダニ退治機能」付き。また、本体からコントローラーを取り外せば、ドラム式を除く洗濯機で丸洗いできます。衛生面に気を付けながら使用したい方におすすめです。