冬キャンプを楽しむためには防寒対策が必要。防寒着や寝袋だけでなく「暖房器具」を持っておくことで、寒さをしのぎやすくなります。しかし、冬キャンプ用の暖房器具は種類が多く、どれを選べばよいか迷いがちです。

そこで今回は、冬キャンプにおすすめの暖房器具をピックアップ。ガスヒーター・石油ストーブ・薪ストーブ・電気ヒーターのおすすめアイテムをご紹介します。暖房器具を検討している方は、ぜひチェックしてみてください。

冬キャンプの魅力

By: amazon.co.jp

冬キャンプは寒さが厳しいため敬遠されがちですが、冬ならではの魅力も豊富にあります。まず、冬のキャンプ場は人が少ない傾向にあるので、人の多い夏よりもゆったりと楽しめること。冬は利用料金が安くなるキャンプ場もあります。

また、冬キャンプは虫が少ないのもポイントです。夜中に明かりのある場所へ虫が群がってくる心配が少なく、虫が苦手な方にもおすすめ。そのほかにも、冬は空気が澄んでいるため、より綺麗な星空が楽しめることや、寒いなかで食べるあたたかい料理は美味しく感じるといったメリットがあります。

冬キャンプは持ち込むアイテムも多くなりますが、有効な道具を試行錯誤しながら揃えるのも楽しみのひとつです。

冬キャンプ用暖房器具の選び方

「ガスヒーター」や「薪・石油ストーブ」がおすすめ

By: amazon.co.jp

ガスヒーターや薪・石油ストーブは、暖房器具としての利用だけでなく、調理器具と合わせて使うことで、お湯を沸かしたり調理したりできる点がメリット。デザインはキャンプにマッチしたモノが多く、雰囲気も合わせて楽しめます。

薪・石油ストーブに関しては、暖房効果の高いモデルが多く、複数人でもあたたまることが可能。しかし、ガスヒーターや石油ストーブは、燃料が切れてしまうと使えなくなる点には注意しましょう。薪ストーブも、薪を用意しなければならないほか、燃焼させるまでに手間もかかります。

AC電源を確保できるなら「電気ヒーター」も

By: amazon.co.jp

キャンプ場にはAC電源が用意されているところもあります。AC電源があれば、電気ヒーターを使って手軽にあたたまることが可能です。電気ヒーターは、灯油などの燃料を用意しなくてもいいほか、就寝スペースで使いやすいといったメリットがあります。

しかし、基本的に、電気ヒーターでは調理やお湯を沸かすなどの利用はできません。また、多くのキャンプ場では1000Wが上限のため、出力の大きい電気ヒーターは使えず、暖房効果の控えめなモデルに限られてしまいます。

持ち運びやすいモデルを選ぼう

By: amazon.co.jp

キャンプはテントやチェア、調理器具など、どうしても荷物が多くなりがち。とくに、冬キャンプでは衣類や防寒グッズなどかさばるアイテムも多いため、持っていく暖房器具のサイズ選びは大切なポイントです。

暖房器具はサイズが大きいほど、火力や暖房効力が強い傾向にあります。しかし、サイズが大きいほど持ち運びに不便。車に積む際に場所をとり、石油ストーブのように傾けると中身が漏れる危険性があるアイテムもあります。

一方、サイズが小さすぎると、大人数で使う際の暖房効力に物足りなさを感じるケースもあるので留意しておきましょう。使用人数も考慮して選ぶのがおすすめです。

そのほか、燃料も含めた重量も要チェック。持ち運びしやすくハイパワーな暖房器具は使い勝手がよいため、冬キャンプで活躍します。

冬キャンプにおすすめの暖房器具|ガスヒーター

ロゴス(LOGOS) LOGOS×SENGOKU ALADDIN ポータブル ガス ストーブ シルバークイーン 81060035

人気アウトドアブランド「ロゴス」のガスヒーターです。本製品は、1970年代に「アラジン」が製造・販売していた、反射型石油ストーブ「シルバークイーン」の復刻版。カセットボンベであたたまるため、持ち運びに便利な暖房器具です。

冬キャンプにぴったりなロゴスカラーをあしらった、レトロ感のあるデザインがおしゃれ。燃焼部に2層の放熱ネットを施し、弱燃焼時でも優れた暖房能力を発揮します。

さらに、放熱ネットには防風板を設置しているので、風に強いのが特徴。屋外でも室内でも、空間を優しく包み込むようにあたためます。専用の収納袋が付属しているほか、ガスボンベを収納できるサイドポケット付き。持ち運びや保管に便利です。

本体の重量は約4.2kgで、サイズは約幅37×奥行29.6×高さ33.5cm。圧力感知や転倒時消火装置など、安全面に配慮した機能も施されています。速暖性に優れた暖房器具を探している方におすすめです。

アラジン(Aladdin) ポータブル ガス ストーブ SAG-BF02A

暖房器具やキッチン家電などを取り扱う人気ブランド「アラジン」のガスヒーターです。アラジンの伝統的なアイテム「ブルーフレーム」をモチーフにした、かわいいフォルムが魅力。幅33×奥行33.5×高さ38.6cmとコンパクトサイズなので、持ち運びにも便利です。

カセットボンベ式のため、屋外でも室内でも使える優れた利便性が特徴。冬キャンプはもちろん、ベランダやアウトドア、自宅でも活躍します。トルネードバーナーを搭載し、青い炎で効率よくふんわりと空間をあたためられるのがポイントです。

さらに、圧力感知安全装置や不完全燃焼防止装置など、万が一の場合にガスを遮断したり消化したりする4つの安全装置が付属しています。そのほか、専用の収納袋も付属。インテリアとしてもおしゃれなモノを探している方におすすめです。

イワタニ(Iwatani) カセットガスストーブ ポータブルタイプ マイ暖 CB-STV-MYD2

カセットボンベ対応で、重さが約2.6kgと軽量のガスヒーターです。サイズが幅31.2×奥行22.2×高さ29cmとコンパクトな設計を施し、電池も電源コードも不要。「暖かさを持ち運ぶ!」というコンセプト通り、携帯性に優れた暖房器具です。

点火後の立ち上がりが早く、約1分で暖がとれると謳っています。弱運転切替機能を搭載し、ガスの消費量を調節できるのがポイント。弱運転であれば約15%の省エネにつながり、連続燃焼時間を伸ばせます。

室内酸素濃度が低下したり、風などによって火が消えたりした際、自動的にガスを遮断。また、転倒や強い衝撃が加わったときも自動的にストーブを消火するなど、4つの安全装置を搭載しています。

ガスを使い切るヒートパネルを採用しているのもメリット。コスパよく使える、冬キャンプにおすすめの暖房器具です。

イワタニ(Iwatani) カセットガスストーブ デカ暖Ⅱ CB-STV-DKD2

小型石油ストーブに匹敵するあたたかさを謳う、カセットボンベ使用のガスヒーターです。熱溜め燃焼筒とステンレス反射板を採用しており、前面広角にあたたまります。熱の放射する表面積が広いため、優れた暖房効力を発揮するのが魅力です。

電池や電源コート、灯油などは不要で、交換も手を汚さず簡単に行えるのがポイント。サイズは幅36.1×奥行31.1×高さ36.4cmで、本体重量は約4.3kg。また、持ち運びやすいよう、持ち手が付属しています。手軽に使えてあたたかい冬キャンプ用の暖房器具を探している方におすすめです。

側面にあるON・OFFスイッチは操作しやすい設計。点火消火時の嫌なニオイが少ないのもメリットです。そのほか、安全装置を4つ搭載し、万が一の場合も素早く対処できます。輻射暖房なので優しいあたたかさを得られ、温風が苦手な方も使いやすい製品です。

Viugreum ポータブル カセットガスヒーター

暖房器具としてだけでなく、カセットコンロとしても使えるガスヒーターです。立てれば暖房器具として使用でき、横に倒してやかんやフライパンを乗せればコンロに早変わり。用途に合わせて使い分けられて便利です。

冬キャンプではもちろん、自宅でのべランピングやバーベキューでも活躍。さまざまなシーンで使えるため、コスパに優れているのがポイントです。また、衝撃吸収断熱材を取り付けたセラミックバーナータイルを採用。優れた高温耐性を発揮します。

本製品はブタンガスを使用するガスヒーターで、重さ約1.8kgと軽量で持ち運びやすいのがメリット。荷物が増えがちな冬キャンプで役立つ、2WAYタイプの暖房器具です。

冬キャンプにおすすめの暖房器具|石油ストーブ

スノーピーク(snow peak) スノーピークグローストーブ KH-100

By: snowpeak.co.jp

人気アウトドアブランド「スノーピーク」の石油ストーブです。上部の鉄板が熱されて赤熱することで、遠赤外線が発生。遠赤外線が側面へと広がり、あたたかさを発揮します。

本体は円筒型のため、360°に向けて熱を放出。シェルター内の真ん中に設置すれば、空気が対流して全体をじんわりあたためます。スノーピークのシェルターや2ルームシェルターに対応しており、あたたかい空間を作り出したい方におすすめです。

点火方法は、レバーを1〜2回ぐるりと回すだけ。耐震自動消火装置を搭載しているので、万が一の場合も素早く対処できるのが特徴です。サイズは直径38.8×高さ47.4cmとスリムで、約5.9kgと持ち運びしやすい重量。好きな場所に設置できて便利です。

油タンク容量は4.9Lで、燃焼継続時間は約20時間。灯油さえあれば電気がなくても暖をとれるため、冬キャンプだけでなく災害など有事の際も役立つ暖房器具です。

トヨトミ(TOYOTOMI) 対流形石油ストーブ KS-67H

遠赤外線でじんわり柔らかくあたためる石油ストーブです。コンクリート造りの部屋の場合、最大24畳まで対応できるのが魅力。「しん調節つまみ」を回すと高圧放電によりすぐに点火し、素早く暖をとれます。

芯が劣化して火力に衰えを感じた場合、レバーやつまみを操作すれば、芯が約2mm出てくるのが特徴。3段階ずつ調節でき、芯を最後まで使い切れてコスパよく使えます。

消火するときは未然ガスを燃やしきり、フタをして消すようにゆっくり消えるのがポイント。一気に消すよりニオイの発生を抑制でき、快適な空間を保てます。また、2重タンク構造を施しており、万が一転倒しても油がこぼれにくいのがメリットです。

直径48.2×高さ58.3cmの筒状なので、複数人で囲みやすく、空間を効果的にあたためられます。大人数での冬キャンプにおすすめの暖房器具です。

トヨトミ(TOYOTOMI) Favor class RL-F2500

スモークガラスの燃焼筒に炎が浮かび上がる石油ストーブです。足元まで照らすので、ランタンのように照明器具としても活躍。レトロ感のあるおしゃれなデザインは、見た目にもこだわりたい方におすすめです。

本製品は、欧州連合が施行した「ローズ指令」と呼ばれる特定有害物質規制をクリア。環境に優しい製品を使いたい方や、キャンプ・アウトドア好きの方にぴったりです。また、対流式のため、じんわりあたたまるのも特徴。ストーブの上にポットを置けば、いつでもあたたかいコーヒーを楽しめます。

つまみを回すだけで点火する簡単操作もポイント。消化時は未然ガスを燃やしきるので、ニオイの発生を抑制できます。2重タンク構造で灯油がこぼれにくく、強い衝撃を受けると自動的に消火する耐震自動消火装置も搭載。安全面にも配慮しています。

直径38.8cmのスリム設計で、重さは約6.2kg。あたたまりながら、ゆったりと冬キャンプを楽しむのに適した暖房器具です。

コロナ(CORONA) ポータブル石油ストーブ SL-5122

遠赤外線でやわらかい温もりを感じられる石油ストーブです。対流形のため、室内の中央に設置すると効果的に空間をあたためて、温度のムラを軽減します。温風が苦手な方や乾燥が気になる方におすすめです。

木造なら13畳、コンクリートなら18畳をあたためられるのが特徴。タンク容量は6Lで、燃料継続時間は約12時間です。

点火ボタンには視認性の高いオレンジを採用し、暗がりでも見やすいのがポイント。耐震自動消火装置を搭載しており、衝撃が加わると自動で消火します。レトロでかわいいフォルムも魅力。おしゃれなギアとして冬キャンプを彩ります。

ニューアルパカ(new Alpaca) newアルパカストーブコンパクト TS-77JS-C

専用ケース付きで、持ち運びや収納に便利な石油ストーブです。直径35×高さ40.5cmのコンパクト設計で、重さは約6.6kg。専用ケースのサイドには収納ポケットが付属しており、担ぎやすいようストラップも付いています。

油タンクの容量は3.7Lで、燃焼継続時間は約10時間。円筒型のため効率よく周囲をあたためられ、複数人で囲んでくつろげます。耐震自動消火装置を搭載しており、安全面にも配慮。携帯性に優れた石油ストーブを探している方におすすめです。

冬キャンプにおすすめの暖房器具|薪ストーブ

ホンマ製作所 クッキングストーブ RS-41

煙突付きの薪ストーブです。炎が見えるガラス窓や持ち運びに便利な持ち手も付属し、冬キャンプにぴったりなミリタリーグリーンをあしらっています。ストーブ本体表面は300℃程度まであたたまるため、調理だけでなく暖をとるのにも適しているのが特徴です。

もちろん、調理にも活躍。鍋や羽釜をセットして料理するのに加えて、直火でフライパン調理をすることも可能です。窓付きなので、火加減の調節がしやすいのがポイント。さまざまなキャンプ飯やアウトドア料理を楽しみたい方におすすめです。

本体のサイズは直径35×高さ42.5cm、煙突を含めても高さ94cmとコンパクト。重量は約6kgのため、持ち運びしやすい重さです。調理器具と暖房器具の2WAYタイプで、使い勝手がよくコスパにも優れています。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) KAMADO 煙突ガラス窓付角型ストーブ UG-75

人気アウトドアブランド「キャプテンスタッグ」の薪ストーブです。3段階に高さ調節が行える煙突が付属。ネジは不要で、脚を広げるだけで簡単に組み立てられるのがポイントです。

扉が2つ付いており、薪や炭の継ぎ足しに便利。大型のガラス窓が付属しているため、リラックスタイムに炎を見て楽しめるほか、調理の際は火加減の調節に役立ちます。大小2つの五徳を搭載し、複数の料理を同時に調理可能。バーベキューを楽しめる網も付いています。

脚は2段階の高さ調節可能で、ロースタイルキャンプにも対応。収納バッグが付いているので、持ち運びも容易です。冬キャンプやアウトドアに合わせた見た目や機能性が魅力の薪ストーブ。料理も楽しみたい方におすすめの暖房器具です。

ジ アイアン フィールド ギア(THE IRON FIELD GEAR) タキビーキャン

瀬戸内発の人気アウトドアブランド「ジ アイアン フィールド ギア」の薪ストーブです。「持ち運べる焚き火」というコンセプトのユニークな焚き火ギア。透明度の高い大きな耐火ガラスを搭載し、美しく揺らぐ焚き火を楽しめます。

サイドの火力調整窓を操作すれば、簡単に火加減を調節可能。天板や庫内でオーブン料理を楽しめます。また、天面は約300℃まで温度が上昇するため、別売りのフライパンやスキレットを使った料理もできるのが魅力です。

煙突は本体と同じく2重構造を施し、上昇気流が起こりやすい設計。煙が出にくく、スムーズに火付けできます。ドアを閉めれば、火の粉が飛び散りにくいのがポイント。折りたたみ式の脚部は地面から15cmほど離れているので、芝生の上でも使えます。

本製品は、暖をとりながらおいしい料理を楽しめる暖房器具。家族や友人、恋人との冬キャンプにおすすめです。

アネヴェイ(ANEVAY) フロンティア ストーブ プラス

本体サイズが幅28×奥行49×高さ23cmとコンパクトサイズの薪ストーブです。冬キャンプやアウトドアに持ち込みやすく、スタイリッシュなデザインでおしゃれに彩ります。正面にガラス窓を施しており、揺れる炎を見ながらリラックスタイムを楽しむことも可能です。

スパークアレスターと5本の煙突がセットで、燃焼効率を高める工夫を施しているのも特徴。暖をとったりストーブの上で調理したり、使い勝手のよさが魅力です。見た目だけでなく、機能性も優れています。ソロキャンパーや少人数での冬キャンプにおすすめです。

ホンマ製作所 黒耐熱 窓付時計型薪ストーブ ASW-60B

ステンレスに黒の耐熱塗装を施した薪ストーブです。耐食性に優れているため長く愛用しやすく、窯のようなおしゃれなデザインが魅力。正面の扉にはガラス窓を配置し、炎が揺らぐ様子を眺められます。

暖房器具としてだけでなく、天板に鍋ややかんを置いて調理にも使えるのがポイント。26・28・30cmの羽釜を置けば、薪の炎でご飯が炊けます。脚は鋳物製で、優れた安定感を発揮。別売りの煙突を付けたり収納したりもできます。

サイズが幅40×奥行60×高さ40cmで、重さは6.7kg。写真や動画映えする暖房器具は、冬キャンプをおしゃれに楽しみたい方におすすめです。

冬キャンプにおすすめの暖房器具|電気ヒーター

ドウシシャ(DOSHISHA) 人感センサー付き パーソナルセラミックヒーター CHW-061J

レトロなデザインがかわいい電気ヒーターです。幅17.5×奥行9.5×高さ13.5cmのコンパクト設計で、持ち運びや収納に便利。活性炭フィルターを採用し、嫌なニオイの発生を抑えながらあたためます。

人が近づくと自動で運転する人感センサーを搭載。強弱2段階の運転調節が行え、1・2・4時間のOFFタイマーも付いています。また、転倒OFFスイッチ・サーモスタット・温度フューズの安全設計を施しているのがポイントです。

本製品は消費電力が強で600W、弱で300Wの暖房器具。手軽にあたたまれるモノを探している方におすすめです。

アラジン(Aladdin) 遠赤グラファイトヒーター トリカゴ CAH-G42GC

わずか0.2秒で立ち上がると謳われている電気ヒーターです。素早くあたたまるので、寒さが厳しい冬キャンプにおすすめ。大きさは直径19×高さ54.8cm、重さは約1.6kgと持ち運びやすいサイズ感です。

防滴仕様のため、水回りでも使用可能。L字型コンセントで、コードが2.3mと長いのが特徴です。大型ガードを付属し、鳥かごのような懐かしさを覚えるデザインもポイント。そのほか、温度過昇防止装置や転倒OFFスイッチを搭載しており、安全性にも配慮しています。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 電気ストーブ EHT-800W

リーズナブルな価格の電気ヒーターです。丈夫なスチール製で、長く愛用しやすいのがポイント。万が一倒してしまってもへこみにくく、車にも積み込みやすいのがメリットです。

スイッチを入れると素早くあたたまるのが魅力。冬キャンプだけでなく自宅でも使いやすく、キッチンや浴室、デスクワークなどさまざまなシーンで活躍します。

重さが約1.7kgと軽量のため、持ち運びや移動に便利。また、800Wと400Wの出力2段階調節が可能です。さらに、転倒時電源OFF機能を搭載しており、万が一倒れても自動で電源が切れます。子供やペットを連れてキャンプに行く方におすすめの暖房器具です。

コロナ(CORONA) スリムカーボン DH-C922

自動首振り機能が付いた電気ヒーターです。左右70°まで首振りするため、広範囲に暖気が広がります。テント内を効果的にあたためられ、複数人での冬キャンプにもおすすめ。10段階の温度調節が行えるので、気温やテントの広さに合わせられるのがメリットです。

「かんたん操作パネル」を採用しており、手間なくスムーズに使えるのがポイント。切タイマーキーや首振りキーに加え、チャイルドロックキーも搭載しています。スイッチを入れると素早く赤熱するため、すぐに暖をとりたいときに便利です。

消費電力は350~900Wで、サイズは直径30.6×高さ89.7cm。大型の持ち手が付属しているので、持ち運びしやすいのが特徴です。

デロンギ(DeLonghi) セラミック・ファンヒーター DCH4530J-M

イタリア発の人気家電ブランド「デロンギ」の電気ヒーターです。アルミニウムとセラミックの混合ヒーティングエレメントにより、電源を入れると素早く暖気を出すのが特徴。スポット暖房としておすすめの、即暖性に優れた暖房器具です。

また、左右約40°の首振り機能を搭載しており、広範囲を効果的にあたためられます。幅24.5×奥行17.5×高さ33.5cmのコンパクト設計で、重さは1.8kgと軽量。荷物が増えがちな冬キャンプにおいても、持ち運びや移動をしやすいのがポイントです。

さらに、ヒーターをOFFにすれば、簡易的なサーキュレーターとしても活躍します。背面の吸い込み孔には、フィルターが付属。本体にホコリが入り込むのを防ぎ、清潔な暖気を送ります。