冬キャンプの防寒対策に欠かせない暖房器具。石油・ガス・薪ストーブや焚き火台、ホットカーペットなど各メーカーから、さまざまな暖房器具がリリースされています。安全かつ快適に使用するためには、テント内・屋外・電源の有無など環境に合わせて選ぶことが大切です。

そこで今回は、冬キャンプにおすすめの暖房器具の選び方と製品をご紹介します。これから冬キャンプに挑戦したいと考えている方は必見です。

冬キャンプの魅力

キャンプに訪れる人が少ない

キャンプハイシーズンの夏は人が多く混雑しており、場所の確保や車の乗り入れが大変です。区画サイトであれば問題ありませんが、予約が取りにくい場合もあります。

対してオフシーズンの冬は、訪れる人が少なくゆったり過ごせるのが魅力。週末や連休でもキャンプ場が空いていて予約が取りやすく、場所によっては貸し切り状態になる場合もあるので周囲を気にせず楽しめます。静かで落ち着いた雰囲気でキャンプや自然を満喫できるのは冬キャンプならではの醍醐味です。

空気が澄んでいる

冬は湿度が低く空気が澄んでいるため、神秘的な星空やキレイな夜景を満喫できます。温かい飲み物を飲みながら夜空を眺めて静かに過ごしたり、仲間と語り合ったりできるのも冬キャンプの魅力。また、冬の冷たく澄んだ空気は気分を爽快にしてくれます。リフレッシュにもなるので疲れているときこそ冬キャンプがおすすめです。

虫が少ない

虫が少なく快適に過ごせるのも冬キャンプの魅力です。夏や秋は虫が多く、ランタンに寄ってきたり食事に入ってしまったり、ススメバチなど危険な虫がいたりと虫問題に悩まされます。虫が原因でアウトドアが楽しめないという方も少なくはありません。

それに比べて冬は、虫が少なくストレスフリーで楽しめるため虫が苦手な方におすすめです。雪が積もっているキャンプ場であれば、ほとんど虫がいないため安心して過ごせます。

暖かい料理を堪能できる

暖かい料理を堪能できるのも冬キャンプならではの醍醐味。バーベキューも楽しいですが、寒い中で食べるスープや鍋料理は格別に美味しく、冷えた体を芯から温めてほっこりさせてくれます。じっくり煮込みながら暖を取ったり会話を楽しんだりできるのも魅力です。

焚き火で心身ともに癒やされる

冬キャンプの最大の魅力はなんといっても「焚き火」。夏キャンプでも焚き火はできますが、暑くてゆっくり囲んでいられません。気温が低く寒い冬だからこそ、焚き火を囲んで仲間と語り合ったり炎を眺めてのんびりしたりと密の濃い時間が過ごせます。心身ともに暖まる焚き火は冬キャンプに欠かせません。

冬キャンプ向け暖房器具の選び方

電源確保ができるかどうかで選ぶ

AC電源付きサイトにはホットカーペットや電気式ヒーター

サイト付近にコンセントが設置されている「AC電源付きサイト」では、ホットカーペット・電気毛布・電気式ヒーターなど家庭用の暖房器具が使用できます。手軽に暖かく過ごせるうえ、火を使わないので事故や火災のリスクを軽減することが可能です。

特に冬キャンプ初心者の方や小さいお子さんがいるファミリーキャンプにおすすめ。難しいメンテナンスや下準備など手間がかからないのもポイントです。また、ホットカーペットや電気毛布を敷く際は、フロアマットや銀マットなどと併用して地面からの冷気を遮断しましょう。

電源なしサイトなら薪・石油・ガスストーブ

電源なしサイトでは薪・石油・ガスストーブや焚き火台が冬キャンプの一般的な暖房器具です。灯油が燃料の「石油ストーブ」は広範囲を暖めることができ、モデルによっては鍋などを乗せて調理したりお湯を沸かしたりできます。「ガスストーブ」はコンパクトなモデルが多く持ち運びに便利。足下などスポットで暖めたいときに活躍します。

本格的なキャンプを楽しみたい方は「薪ストーブ」または「焚き火台」がおすすめ。いずれも火力が強く暖を取るのに最適です。「煮る」「蒸す」「焼く」「炒める」などさまざま料理が作れるモデルも存在します。

また、手軽に使える「湯たんぽ」も人気。保温性の高い金属製、お手頃価格のプラスチック製、コンパクトで収納が可能なゴム製があります。就寝前に寝袋に入れて暖めておいたり椅子の背面に置いて腰に当てたりするのに便利です。

テント内・屋外のどちらで使用するかで選ぶ

冬キャンプの暖房器具は、テント内・屋外のどちらで使用するかによって選ぶアイテムが異なります。テント内は基本的に火気類の使用は厳禁とされているので、電気タイプの暖房器具や湯たんぽがおすすめ。湯たんぽは低温火傷に注意が必要ですが、電気や火を使わずにエコに暖が取れます。

薪・石油・ガスストーブなど火を使う暖房器具は「一酸化炭素中毒」を引き起こす恐れがあるので、テント内での使用にはおすすめできません。人命に関わる場合もあるので、テント内で使用する際は十分な換気はもちろん、一酸化炭素警報器を併用しましょう。

冬キャンプにおすすめの暖房器具|AC電源付きサイト

山善(YAMAZEN) 空気をキレイにするホットカーペット 小さくたためるタイプ SUS-201

冬キャンプ初心者や小さいお子さんがいるファミリーキャンプにおすすめの暖房器具「ホットカーペット」。火を使わないので安全性が高くテント内で使用できます。タバコ臭・生活臭などニオイ成分を吸着し、無害な成分に分解すると謳う「トリプルフレッシュ」加工やダニ退治機能により、衛生面も安心です。

大人2人が横になって休める約176×176cmの2畳サイズ。製品名の通り、小さく折り畳めるので収納・持ち運びにも便利です。5段階で温度の調節ができ、全面・右側・左側と暖房面の切り替えも可能。使用時は銀マットなどを下に敷いて地面からの冷気をカットすれば快適に使えます。

なかぎし(NAKAGISHI) 電気掛け敷き毛布 NA-013K

ソロキャンプならよりコンパクトに収納できる電気毛布がおすすめ。ホットカーペット代わりや就寝時の毛布として使用できる便利な暖房器具です。消費電力が小さく他の電気製品と併用しやすいのもポイント。汚れても丸洗いできるので清潔に使えます。

タイマー機能はありませんが、室温の変化を感知する温度センサー付きで最適な温度を保てるほか、弱~強の間で温度の無段階調節が可能です。基本的には安全な暖房器具ですが、寝袋の中に入れて使用すると低温火傷を起こす場合があるので要注意。寝袋の上または下に敷いて使うのがおすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 人感センサー付き 大風量セラミックファンヒーター マイコン式 KJCH-12TD3

テント内で安全・快適に使用できる電気式ヒーターです。本体転倒・内部過熱時などに運転が自動停止する安全装置やチャイルドロック機能を搭載。小さいお子さんがいるファミリーキャンプでの使用も安心です。人の動きを感知して自動運転する「人感センサー」付きでスイッチを押す手間がかからず、必要なときだけ暖めてくれます。

また、風量はパワフル・節電・静音の3段階で調節でき、シーンに応じて使用できるほか、ボタン1つで切り替えられる簡単操作も魅力です。26×13.5×37.9cmのコンパクト設計でテント内に設置しても邪魔になりません。テント内全体を安全に暖められる冬キャンプにおすすめの暖房器具です。

ブルーノ(BRUNO) カーボンファンヒーターNostal Stove L plus BOE038

ノスタルジックな雰囲気漂うおしゃれな電気式ヒーターです。デザインにマッチした落ち着きのあるカラーリングも魅力。テント内のインテリアにもこだわりたい方におすすめの暖房器具です。

約10秒と立ち上がりが速く、ファンが付いているので効率的にテント内全体を暖めます。約30分~3時間まで無段階でタイマーが設定できるほか、約500~1000Wの間で無段階調節が可能。また、転倒時自動運転停止・温度過昇停止機能も備えているので安全面も良好です。

スリムなデザインで設置・収納スペースを取らないほか、持ち運びに便利なハンドルも付属。インテリア性と機能性を兼ね備えた冬キャンプにおすすめの暖房器具です。

ブルーノ(BRUNO) コンパクトウッドハンドルヒーター BOE036-KH

天然木のハンドルと無駄のないデザインが魅力の電気式ヒーター。約20×27.5×17cmと1人で使うのに最適なコンパクトサイズで、持ち運びにも便利。足下などピンポイントで暖めたいときに活躍する冬キャンプにおすすめの暖房器具です。

また、上下に4段階で風向きの調節ができ、運転モードは送風・High・Lowに切り替えが可能。さらに、モードの切り替えはダイヤルを回すだけなので子どもでも簡単に操作できます。背面のフィルターは取り外せるのでお手入れも簡単です。

山善(YAMAZEN) あしもとあったかストーブ DS-F041

コロンとした可愛らしいデザインのベーシックな電気ストーブ。じっとしていることが多い冬キャンプでは、地面からくる冷気の影響を受けやすいので、足下用に1台あると重宝します。転倒時に自動で電源が切れる「転倒OFFスイッチ」以外の機能は備えていませんが、シンプルで使い勝手は良好です。

コンパクトで場所を取らず、約1.1kgと軽く持ち運びに便利。また、カラーバリエーションが豊富でレトロホワイト・レトロピンク・レトロブルーの3色から選べます。手軽に使えるシンプルな暖房器具を求めている方におすすめです。

プラスマイナスゼロ 遠赤外線電気ストーブ Y010

遠赤外線加工の石英管を採用した電気ストーブ。熱効果が高く体に浸透しやすい遠赤外線が、冷えた体を芯からじんわり暖めてくれます。本体サイドのロータリースイッチを回すだけで、強800W・弱400Wに切り替えが可能です。

また、底面には本体が浮いたり転倒したりすると自動で運転を停止する「転倒OFFスイッチ」を装備しているため、テント内でも安全に使用できます。シンプルなデザインと機能で使いやすい冬キャンプにおすすめの暖房器具です。

冬キャンプにおすすめの暖房器具|電源なしサイト

マルカ 湯たんぽA2.5袋付

昔ながらの懐かしいシンプルなトタン製の湯たんぽ。直火対応で本体ごと加熱できるので、お湯を沸かすヤカンや鍋を用意する必要がありません。口金は空気調整弁付きのため火にかける際に外し忘れても爆発しにくく安全です。

ただし、低温火傷のリスクも高いので、付属の袋だけでなくタオルなどを巻いて使用するのがベスト。火や電気を使わずにエコに暖が取れるおすすめの暖房器具です。

クロッツ やわらか湯たんぽ たまご型タイプ HY-605

ソフトな肌触りが心地よいウエットスーツ素材の湯たんぽ。表面がナイロン生地で覆われているため低温火傷しにくく、カバー不要でそのまま使用できます。保温効果の目安は布団の中なら5~9時間程度、室内での使用なら2~5時間程度。就寝時はもちろん、お腹や腰など冷えが気になる部分をピンポイントで暖めたいときにも便利です。

また、暖房器具としてだけでなく、夏の暑さ対策にも使えるのがポイント。保冷性にも優れているため、冷水を注げば冷却アイテムとして夏キャンプにも役立ちます。1年を通じて活躍するおすすめの暖房器具です。

ロゴス(LOGOS) LOGOS the ピラミッドTAKIBI L 81064162

焚き火台は冬キャンプに欠かせない暖房器具のひとつ。灰受け皿付きで自然にやさしく、直火禁止のキャンプ場でも使用できます。独自構造のゴトクを標準装備しており、薪を縦にくべやすいのが特徴。空気が通りやすくなるため高火力をキープできます。

また、ゴトクは耐荷重性にも優れているので、ダッチオーブンの直置きが可能。丸串・平串に対応した串焼きプレートも付属しており、本格的なアウトドア料理を楽しめます。暖房器具としても調理器具としても役立つおすすめの焚き火台です。

スノーピーク(snow peak) 焚火台 M ST-033R

多くのキャンパーから愛されているスノーピークの焚き火台。厚さ約1.5mmのステンレス板を採用しているため、焚き火の高火力を受け止めるタフな製品です。約3.5kgと重量があるので設置時の安定感は良好。ワンタッチで設営でき、収納時は薄く畳めるので収納スペースを取りません。

逆四角錐のフォルムと上部に規則正しく並ぶ空気穴が燃焼を促します。自然に馴染みやすいシンプルなデザインで、キャンプの雰囲気を演出する暖房器具としておすすめ。プレートや網などオプションパーツが充実しており、さまざまな焚き火料理が楽しめるのも魅力です。

ペトロマックス(Petromax) ロキ

スタイリッシュなデザインが魅力の組み立て式の薪ストーブです。3本の脚は折り畳み可能で、5分割式の煙突は本体内に収納できます。「手軽に移動」をコンセプトに設計されているだけあって、約33×52×33cmとコンパクトで持ち運びに便利です。

また、本体上部に鍋を乗せれば調理ができるほか、フタを外せば直火調理も行えるのでダッチオーブン料理なども楽しめます。実用性と機動性を両立した冬キャンプにおすすめの暖房器具です。

ホンマ製作所 黒耐熱窓付時計型薪ストーブ ASW-60B

レトロな雰囲気がキャンプにマッチする時計型の薪ストーブ。本体は丈夫なステンレスに耐熱塗装を施しているため、腐食しにくくお手入れが簡単です。脚部分は重量のある鋳物を採用しているので安定感があり安全に使用できます。

天板にはヤカンや鍋を置いて調理が行えるほか、約26・28・30cmの羽釜をセットしてご飯を炊くことも可能。煙突は別売りですが、本体内にまとめられるので収納や持ち運びに便利です。

コールマン(Coleman) クイックヒーター 170-8054

軽量・コンパクトで持ち運びに便利な暖房器具。OD缶にアンテナのような形状をした本体を直接取り付けるタイプで、素早くかつ部分的に暖めたいときに重宝します。リーズナブルな価格ながら、約470gのOD缶で約8.5時間と長く使用できるコスパのよさも魅力です。

点火装置付きで簡単に着火でき、バルブを回せば火力の調節が可能。直径約16×17.5cmとコンパクトで携行しやすく、ソロキャンプやツーリングキャンプにもおすすめです。

アラジン(Aladdin) ブルーフレームヒーター BF3912

マイナーチェンジを繰り返し80年以上ほとんど変わらないフォルムで愛され続けている「ブルーフレームヒーター」。自然対流式でふんわりと包み込むような柔らかい暖かさが特徴です。燃焼中はもちろん、点火・消化時も石油ストーブ特有のニオイを抑えており、気になる風や音もほとんど感じさせません。

また、地震などで倒れても自動で停止する「対震自動消火装置」や、2重タンクで灯油漏れしにくいなど安全面も配慮されています。窓から覗く青い炎とクラシカルな佇まいで雰囲気も抜群。キャンプサイトをおしゃれに彩るおすすめの暖房器具です。

トヨトミ(TOYOTOMI) レインボーストーブ RL-250

七色に光る美しい炎とランタンをモチーフにしたデザインが魅力の石油ストーブ。独自の特殊なガラス加工により、炎が七色に見えるのが特徴です。暖房器具としてはもちろん、白熱球相当の光量を有しているのでキャンプの夜を演出する照明としても活躍します。

また、ゆっくり消火し未燃焼ガスを燃やし切る「ニオイセーブ消火」により、嫌なニオイを抑えられるのもポイントです。さらに、「対震自動消火装置」や2重タンクで安全に使用できます。キャンプの雰囲気をとことん楽しみたい方におすすめの暖房器具です。

冬キャンプで暖房器具を使用する時の注意点

延長コードは防雨仕様のモノを使う

AC電源付きサイトを利用するとホットカーペットや電気毛布、電気ヒーターなど家庭用の暖房器具が使えるので冬キャンプも快適に過ごせます。ただし、テント内で使用するには屋外に設置された電源ボックスに接続するための延長コードが必須。雨や水濡れで感電する恐れもあるので、防雨仕様の屋外用延長コードを使用しましょう。

一酸化炭素濃度に注意

冬キャンプで暖房器具を使用する際に注意しなければならないのが「一酸化炭素中毒」。テントのような狭い空間でガス・石油ストーブなどの火気類を使用すると陥りやすい、人命にも関わる危険な中毒です。火気類は屋外での使用が基本ですが、どうしてもテント内で使用したい場合は換気を十分に行い、定期的に換気状況を確認しましょう。

また、一酸化炭素は無味無臭で気づきにくいため「一酸化炭素警報器」を設置すると、一酸化炭素の濃度を検知してアラームで知らせてくれます。とはいえ、電池切れや故障する場合もあるので、使用前はしっかり点検しておきましょう。