秋や冬に行うキャンプの必需品である暖房器具。特にアウトドア初心者の場合は山の天候を軽視しがちですが、キャンプ場は想像以上に寒くなるので、暖房器具を用意するのが大切です。

そこで今回は、冬キャンプにおすすめの暖房器具の選び方と製品をご紹介します。野外で焚き火台からテント内で使うヒーターまでピックアップしたので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

冬キャンプにおける暖房器具の選び方

冬キャンプで使用する暖房器具は、火を使うモノから電気系までさまざま。電源のあるキャンプサイト、直火禁止のキャンプサイト、テントの内外などキャンプサイトや場所によって選ぶ暖房器具は変わってきます。

なお、安全面を考慮したいファミリーキャンパーとサバイバル要素が強い本格派なキャンプを楽しみたい方では、暖房器具の選び方も異なります。よって、ユーザーのキャンプスタイルを意識するのも重要です。

電源のあるキャンプサイトで暖房器具を使う場合

キャンプサイトの近くにコンセントが設置されている電源付きサイトでは、ホットカーペット、電気ストーブ、電気毛布などが使用可能。火を使わず安全に使えるので、小さな子どものいるファミリーやキャンプビギナーにおすすめです。

なお、手軽な暖房器具として人気急上昇中なのが「湯たんぽ」。柔らかい素材のものを選べば、チェアの座面や背面にも使えて便利です。

電源設備のないキャンプサイトで暖房器具を使う場合

電源の設備がないサイトでは、石油ストーブ、ガスストーブ、薪ストーブ、焚き火台がキャンプで使用する暖房器具として一般的。どの暖房器具にも特長があるため、上手な使い分けをするのがおすすめです。

灯油を燃料とする石油ストーブは、専門メーカー以外にもアウトドアブランドから専用のストーブが発売されています。広い範囲を効率よく温めてくれる石油ストーブ、上に鍋を乗せて調理可能なタイプもあるので、確認しておきましょう。

カセットガスやLPガスを使用するガスストーブは、手元や足元を温めてくれるスポット的な暖房器具として使用可能。コンパクト設計で、気温の低い場所でも長時間使用できるため、大きなストーブの補助としても使えます。

また、根強い人気があるのが薪ストーブ。薪で火加減を調節しながら、調理ができるところも魅力です。暖かさと見栄えのよさが人気で、より本格的なキャンプを楽しみたい方におすすめです。

また、アウトドアメーカー各社からリリースされている焚き火台も手軽な暖房器具のひとつ。揺らめく炎を囲めば、冬キャンプならではの楽しさが満喫できます。

暖房器具を使う際の注意点

冬キャンプには必須ともいえる暖房器具ですが、使用にあたってはいくつかの注意点があります。電気製品や湯たんぽを使用する場合に注意したいのは低温火傷です。特に湯たんぽは、長時間の使用や肌に直接触れないように気をつけましょう。また、電気の暖房器具を使用する場合は、キャンプサイトの電気容量をあらかじめチェックすることも重要です。

火を使う暖房器具は、基本的にはテント内で使用することはできませんが、暖房器具が使用可能なテントや換気を考えられた設計のテントもあります。いずれにせよ、最も気をつけたいのが一酸化炭素中毒。活用する際は、念のため危険を検知する警報機を携帯しておきましょう。

冬キャンプにおすすめの暖房器具|テント内

山善(YAMAZEN) 小さく折りたためる ホットカーペット

電源付きサイトを利用する方にすすめのホットカーペット。収納に便利な折りたたみ式のタイプなので、持ち運びに便利なのがポイント。銀マット、フロアマットを下敷きにし地面からの冷えを遮断することが上手な使い方です。

切り忘れを自動で防止する機能や、温度ヒューズなどホットカーペットを安全に使う機能が搭載されているのもおすすめポイントです。

なかぎし(NAKAGISHI) 電気ひざ掛け毛布

焚火などを囲みながら座る際にあると便利なひざ掛けの電気毛布です。冷えやすい足元をきちんと温めるので、特に女性におすすめ。丸洗いができため、お手入れがラクなのも魅力です。

パナソニックパナソニック(Panasonic) 電気かけしき毛布

敷き毛布としても、かけ毛布としても使用できる大判サイズの電気毛布。昼間はホットカーペット代わりに、夜は電気毛布としても使用できる便利アイテムです。8段階ときめ細かい温度調節ができるため、気温や体調などに合わせてムダのない使い方ができるのも魅力。

また、抗菌防臭加工が施されており丸洗いのできるので、いつでも清潔に使えるおすすめの暖房器具です。

クロッツ やわらか湯たんぽ たまご型タイプ

保温性の高いウエットスーツ素材で作られている湯たんぽ。就寝時以外にもお腹、腰回り、肩など冷えが気になるところに使用できる暖房器具です。カバーをつけなくても低温やけどをしにくい仕様になっているのも特長。

温かい効果持続の目安は、布団の中で約8~10時間、室内での使用時は3~5時間。使いはじめてから10分ほどで身体を少しずつ温める保温性の高い暖房器具です。

スノーピーク(snow peak) レインボーストーブ

ハイスペックなアウトドア製品を提供しているスノーピークのレインボーストーブ。キャンプでの使用にも適した設計がされている石油ストーブです。スノーピーク製のシェルターや、2ルームシェルター内でも使用できるのがポイント。

点火方式は電池で点火し、油タンクの容量は4.9L、燃焼継続時間は20時間程度。寒いキャンプの夜におすすめの暖房器具です。

冬キャンプにおすすめの暖房器具|テント外

アラジン(Aladdin) ブルーフレームヒーター

世界中で愛用されているアラジンのブルームレームヒーター。対流式のため、暖かい空気が部屋を中を包み込こむように温かくなります。点火や消火時のニオイを抑えているのもポイント。灯油ヒーターらしい見た目も魅力のあるおすすめの暖房器具です。

パープルストーブ 301Aセット

ベテランキャンパーに愛用されるアウトドア専用の灯油ストーブがパープルストーブ。プレヒート、使用後のお手入れなどが必要ですが、ストーブのデザイン、燃える炎が美しいことから多くのファンを持ちます。サイトの顔となるストーブとして要チェックの暖房器具。

アウトドアにりがちな風によって炎が消えてしまうということを防ぐ「完全燃焼」タイプなので、安定した火力で使えるのも魅力です。

ユニフレーム(UNIFLAME) ハンディガスヒーター ワームII

キャンパーに絶大な人気を持つハンディガスヒーターです。市販のカセットガスが使用できるコンパクトサイズが人気の秘密。低温下でも十分な温かさを発揮し長時間の使用が可能。燃焼時間は最大火力時で約10時間、点火方式は圧電点火です。 

テンマクデザイン(tent-Mark DESIGNS) iron-stove ちび

デザイン性の高さや使いやすさから注目を集めている暖房器具テンマクデザイン。2口ある火口とオーブン料理可能な設計が、料理好きのキャンパーの心を揺さぶる今シーズン注目の薪ストーブです。

薪ストーブとしての暖かさ、アウトドアユースに便利な携帯性、オーブン料理もできる利便性のあるおすすめの暖房器具です。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ヘキサステンレス ファイア グリル

複数人のキャンプに適した六角形タイプのバーベキューコンロと兼用できる焚き火台。コスパに優れ、収納もコンパクトなことから人気があります。夏にはバーベキューコンロ、冬キャンプには焚き火台として通年活躍するモデルなので、1台は持っていると便利。

設置が簡単にできるのも特長で、スタンドと本体を広げるだけでセットできためキャンプ初心者にもおすすめです。

テンマクデザイン 焚火グリル”とん火”

かまどのような形が特長の焚火台。使いやすさが追及されており、風防は立てたり倒したりできるので、火加減の調整も便利です。前面は大きく開いているため、薪の補充がラクなところも魅力。

また、洞部分にアルミホイルなどで包んだ食材を入れると、グリルとしても使用できます。調理をする際に、暖まることのできるおすすめの暖房器具です。