足元を効果的に暖めてくれるデスクヒーターは、寒い季節に大活躍してくれるアイテム。足元が冷えてしまいがちなオフィスでは重宝します。しかし、デスクヒーターと言ってもさまざまな種類のアイテムがリリースされているので、どんなモノを選べばよいのか迷ってしまいがち。

そこで今回は、オフィスにおすすめのデスクヒーターを種類別にご紹介します。選び方も合わせて解説するので、購入の際の参考にしてみてください。

オフィスにおすすめのデスクヒーターの選び方

使用環境に合った種類を選ぶ

遠赤外線ヒーター(電気ストーブ)

By: amazon.co.jp

遠赤外線ヒーターは、発熱体を加熱することで遠赤外線を発生させて暖めるヒーターです。ピンポイントで暖められるので、ヒーターの近くにいる場合すぐに暖かさを感じられるのが特徴。また、灯油やガスなどの燃料は使用していないことから室内の空気を汚さないのもポイントです。

なお、遠赤外線ヒーターのなかにも種類があり、発熱体に炭素を用いているモノは「カーボンヒーター」、ハロゲンランプを用いているモノは「ハロゲンヒーター」と呼ばれています。ハロゲンヒーターは放熱までの時間が短いので素早く暖まりますが、消費電力が比較的大きい点に留意が必要。一方で、カーボンヒーターは少ない消費電力で高い暖房性能を発揮できますが、製品の価格帯が上がります。それぞれのメリット・デメリットを踏まえたうえで、じっくり検討してみてください。

ファンヒーター

By: amazon.co.jp

ファンヒーターとは、送風ファンにより発生した温風を送り出すヒーターのことです。暖房性能が高く、暖められる範囲が広いのが特徴。足元を効果的に暖めてくれるほか、複数人で使用するのにも適しています。なお、ファンヒーターにはセラミックファンヒーター・石油ファンヒーター・ガスファンヒーターの3種類があり、それぞれ使い勝手が異なるのもポイント。

電気で動くセラミックファンヒーターは手軽に使用できますが、石油やガスに比べるとややパワーが劣るため部屋全体を暖めるのに時間がかかります。電気と石油で動く石油ファンヒーターは、パワーが強いものの空気が汚れやすいのがデメリット。電気とガスで動くガスファンヒーターは、速暖性に優れていますがガス管がない部屋の場合は工事をする必要があります。

パネルヒーター

By: rakuten.co.jp

パネルヒーターとは、その名の通りパネル型のヒーターのこと。基本的には表面がパネルで覆われているため火傷の心配も少なく安心です。また、電気を使って暖めるので空気を汚しません。畳んでコンパクトにできるモノもあるので、収納しやすいデスクヒーターを探している方にもおすすめです。

マットヒーター

By: amazon.co.jp

マットヒーターとは、マットのように床の上に置き、足を乗せて使用するヒーターです。床からの冷気を遮断してすぐに足元を暖めてくれるのが特徴。なかには、足を本体にすっぽりと入れて、効果的に暖められるモノもあります。

設置時のサイズと収納性

By: amazon.co.jp

オフィス内でヒーターを使用する場合、サイズ選びが特に重要です。スペースを取る大型アイテムを選んでしまうと、他の人が移動する際の迷惑になってしまいがち。そのため、なるべく自分のデスク下にしっかり収まるサイズのアイテムを選びましょう。

また、寒い時期にのみ使用するアイテムであることから、収納に関しても要チェック。製品によっては、コンパクトに折り畳むことで狭い場所に収納しやすい仕様のモノもあります。なお、なかにはサーキュレーター機能を兼ね備えることで、オールシーズン使えるモノもリリースされているので、ぜひチェックしてみてください。

静音性の高さ

By: rakuten.co.jp

静かなオフィスで使用する場合には、静音性の高さも要チェック。アイテムによっては作動音が想像以上にうるさいモノもあり、音に気を取られて仕事が捗らなかったり、他の人の迷惑になってしまったりするケースもあります。

最近では、高い暖房性能と優れた静音性を兼ね備えているモノもリリースされているので、オフィスでも気兼ねなく使用できるようしっかりと確認しておきましょう。

安全機能の有無

By: rakuten.co.jp

デスクヒーターを足元に設置する場合、うっかり足で蹴ってヒーターが転倒してしまうと最悪の場合火事などに繋がる危険性もあります。そのため、安全機能のチェックは必要不可欠。特に、転倒時には自動的に電源が切れる機能を備えたアイテムを選んでおけば、万が一の場合にも安心です。

そのほかにも、温度の上がり過ぎを防ぐ安全装置や、万が一電源を切り忘れてしまった場合でも自動的に電源オフになる機能など、アイテムごとにさまざまな安全機能が備わっています。リスクを最小限に留めて活用できるよう、安全機能をチェックしたうえで購入するのがおすすめです。

持ち運びのしやすさ

By: amazon.co.jp

オフィスで使用する暖房器具はオフシーズンの際、ラクに持ち帰れるように持ち運びやすいアイテムを選ぶことも大切です。コンパクトサイズでも、重かったり取手が付いていなかったりすると、持ち運ぶ際に手間がかかってしまいます。

そのため、購入時にはサイズに加えて重量や、持ち運ぶ際に便利な仕様かどうかもチェックしておきましょう。なかには1kg以下と片手で簡単に持ち運べるアイテムもリリースされています。

電気代が気になる方は省エネタイプ

デスクヒーターを選ぶ際には、省エネ性能が備わっているかどうかも要チェック。電気代が気になる方は、マットヒーターや熱源部分が比較的小さめのアイテムを選ぶと、少ない電力で暖まれるのでおすすめです。

なお、遠赤外線ヒーターやファンヒーターのなかにも、省エネ機能に優れたモノもリリースされています。電気代が気になる方は、製品仕様に記載されている1時間あたりの消費電力をチェックしたうえで、電気代をあまり気にせず気軽に使用できるアイテムを選んでみてください。

オフィスにおすすめのデスクヒーター|遠赤外線ヒーター

プラスマイナスゼロ(±0) 遠赤外線ストーブ XHS-Y010

本製品は、遠赤外線加工を施した石英管による輻射熱で身体を芯から暖めてくれるのが特徴です。温風が出ないので乾燥しにくく、ホコリも立ちません。330×310×165mmのコンパクトサイズなのでデスク下に設置しやすく、本体裏面に取手が付いているため持ち運びやすいのもポイントです。

また、本体サイドに付いたロータリースイッチを回すだけで、400Wと800Wの2段階から簡単に出力が調整できます。さらに、本体が傾いていたり転倒したりすると通電をストップさせる「転倒OFFスイッチ」が付いているので、安全に使用できるのも魅力。

ガードを外すことで本体や反射板の拭き掃除が簡単にできます。飾り気のないシンプルなデザインなのでオフィス使いにぴったり。カラーは、ベージュ・レッド・ブラウンの3色があり、どれも落ち着きのあるマットなカラーです。