足元を効果的にあたためる「デスクヒーター」は、寒い季節に大活躍のアイテム。足元が冷えてしまいがちなオフィスなどで重宝します。しかし、デスクヒーターといってもさまざまな種類のアイテムが展開されているため、どんなモノを選べばよいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、デスクヒーターのおすすめを種類別にご紹介します。選び方もあわせて解説するので、購入する際の参考にしてみてください。

デスクヒーターとは?

By: rakuten.co.jp

デスクヒーターはデスクの足元などに設置しやすいコンパクトサイズの暖房器具。あたたかい空気が上部に溜まりやすいエアコンによる暖房で、足元が冷えてしまう場合に重宝するアイテムです。

大人数が一部屋に集まるオフィスでも、自分好みの温度を設定できるのがポイント。持ち運びのしやすいサブ暖房を探している方にもおすすめです。

オフィスにおすすめのデスクヒーターの選び方

使用環境に合った種類を選ぶ

遠赤外線ヒーター(電気ストーブ)

By: amazon.co.jp

遠赤外線ヒーターは、発熱体を加熱することで遠赤外線を発生させてあたためるヒーター。ピンポイントであたためられるので、ヒーターの近くにいる場合すぐにあたたかさを感じられるのが特徴です。

また、灯油やガスなどの燃料は使用していないのもポイント。室内の空気を汚さず、清潔に使えるおすすめタイプです。

ファンヒーター

By: amazon.co.jp

ファンヒーターとは、送風ファンにより発生した温風を送り出すヒーターのこと。暖房性能が高く、あたためられる範囲が広いのが特徴です。

足元から腰あたりまで効果的にあたためられるのもポイント。複数人で使用するのにも適しています。ファンヒーターの種類も豊富なので、ぜひチェックしてみてください。

パネルヒーター

By: amazon.co.jp

パネルヒーターとは、パネル型のヒーターのこと。基本的には表面がパネルで覆われているため、やけどの心配も少なく安心です。畳んでコンパクトにできるモノもあるため、収納しやすいデスクヒーターを探している方にもおすすめです。

マットヒーター

By: amazon.co.jp

マットヒーターとは、マットのように床の上に置き、足を乗せて使用するヒーターです。床からの冷気を遮断して、すぐに足元をあたためられるのが特徴。なかには、足を本体にすっぽりと入れて、効果的にあたためられるモノもあります。

設置時のサイズと収納性で選ぶ

By: amazon.co.jp

オフィス内でヒーターを使用する場合、サイズ選びがとくに重要です。スペースを取る大型アイテムを選んでしまうと、ほかの人が移動する際の迷惑になってしまいます。なるべく自分のデスク下にしっかり収まるサイズのアイテムを選びましょう。

また、寒い時期にのみ使用するアイテムなので、収納に関しても要チェック。製品によっては、コンパクトに折りたたんで収納しやすい仕様のモノもあります。なお、なかにはサーキュレーター機能により、オールシーズン使えるモノも展開されているのでチェックしてみてください。

静音性の高さで選ぶ

By: amazon.co.jp

静かなオフィスで使用する場合には、静音性の高さも要チェック。アイテムによっては作動音が大きいモノもあり、音に気を取られて仕事が捗らなかったり、ほかの人の迷惑になってしまったりするケースがあります。

最近では、高い暖房性能と優れた静音性を兼ね備えているモノも展開されているので、オフィスでも気兼ねなく使用できるよう、しっかりと確認しておきましょう。

温度調節機能で選ぶ

By: rakuten.co.jp

温度調節機能を備えたデスクヒーターであれば、使用する日の気温や使用場所に合わせた快適な温度を設定可能。必要以上にあたためないことで、電気代の節約も期待できます。

また、安全性を重視する場合は、高温になりすぎるのを防いで適温に調節するサーモスタット機能付きのデスクヒーターがおすすめです。

安全機能の有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

デスクヒーターを足元に設置する場合、うっかり足で蹴ってヒーターが転倒してしまうことで火事などにつながる危険性もあります。そのため、安全機能のチェックは必要不可欠。とくに、転倒時に自動で電源が切れる機能を備えたアイテムを選んでおけば、万が一の場合にも安心です。

ほかにも、温度の上がり過ぎを防ぐ安全装置や、万が一電源を切り忘れてしまった場合でも自動的に電源オフになる機能など、アイテムごとにさまざまな機能が備わっています。リスクを最小限に留めて活用できるよう、安全機能をチェックしたうえで購入するのがおすすめです。

持ち運びのしやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

オフィスで使用する暖房器具はオフシーズンの際、楽に持ち帰れるように持ち運びしやすいアイテムを選ぶことも大切です。コンパクトサイズでも、重かったり取手が付いていなかったりすると、持ち運ぶ際に手間がかかってしまいます。

購入時にはサイズに加えて重量や仕様もチェックしておきましょう。なかには、1kg以下と片手で簡単に持ち運べるアイテムもラインナップされています。

電気代が気になる方は省エネタイプを選ぶ

デスクヒーターを選ぶ際には、省エネ性能が備わっているかどうかも要チェック。電気代が気になる方は、マットヒーターや熱源部分が比較的小さめのアイテムを選ぶと、少ない電力であたためられるのでおすすめです。

なお、遠赤外線ヒーターやファンヒーターのなかにも、省エネ機能に優れたモノが展開されています。電気代が気になる方は、1時間あたりの消費電力をチェックしたうえで、電気代をあまり気にせずに使用できるアイテムを選んでみてください。

電源のタイプで選ぶ

By: amazon.co.jp

デスクヒーターは電源のタイプは、大きくわけてコンセントタイプとUSBタイプの2種類があります。コンセントタイプはデスク周りにコンセントがあるか、コードの長さは足りるかなどを事前に確認しておきましょう。

コンセントが周りにない場合は、USBタイプがおすすめ。比較的コンパクトサイズで、省電力なモノが多いのが特徴です。狭いオフィスでの使用にも適しています。

デスクヒーターのおすすめ|遠赤外線ヒーター

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 電気ストーブ EHT-800W

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 電気ストーブ EHT-800W

2段階に温度が切り替えられるデスクヒーター。ダイヤルを「弱」に設定すれば上部のヒーターが、「強」に設定すれば上下のヒーターが点灯します。転倒時は、電源が自動でオフになるので安心です。

幅30×奥行14×高さ38cmのコンパクトサイズなのもポイント。デスクの周りだけでなく、狭い脱衣所や玄関、キッチンなどでも使用できます。重さは約1.7kgと軽量かつ、取手付きのため持ち運びもラク。脚部分にはフックが搭載されており、電源コードをすっきり巻きつけられるのもポイントです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 電気ストーブ EHT-800D

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 電気ストーブ EHT-800D

レトロなデザインがかわいらしい、アイリスオーヤマのデスクヒーター。インテリアに馴染むおしゃれなモノを探している方におすすめです。カラーはアイボリー・グリーン・ブラウンの3色から選べます。

2段階での温度調節が可能で、室温に応じて自由に変更できるのもポイント。電源コードは140cmと比較的長めなので、コンセントが少し遠い場所にあるときにも重宝します。取手を採用しており、持ち運びしやすいのも魅力です。

ハモサ(HERMOSA) レトロヒーター RH-003

ハモサ(HERMOSA) レトロヒーター RH-003

オフィスの限られたスペースにも設置しやすいコンパクトサイズのデスクヒーター。スチール製の脚部がアクセントになったおしゃれなデザインが魅力です。

電源をオンオフするダイヤルで400・800Wの切り替えが可能。カラーはレトロ風のサックスブルーと深みのあるウォールナットの2種類が用意されています。

山善(YAMAZEN) あしもとあったか電気ストーブ DS-F041

山善(YAMAZEN) あしもとあったか電気ストーブ DS-F041

高さをおさえた三角形型のフォルムが特徴的なデスクヒーター。クセのないシンプルなデザインとカラーリングで、さまざまなインテリアに馴染みやすいアイテムです。

重量はわずか1.1kgと軽く、脱衣所やトイレなどにも持ち運びやすいのがポイント。転倒してしまった場合には自動でスイッチがオフになるため、安全性も良好です。

デスクヒーターのおすすめ|ファンヒーター

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 人感センサー付き 大風量セラミックファンヒーター JCHM-12TD4

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 人感センサー付き 大風量セラミックファンヒーター JCHM-12TD4

人感センサーが搭載されているデスクヒーター。人を感知せず12時間経つと自動で運転停止になるため、うっかり消し忘れて外出してしまった場合も安心です。

コンパクトなボディですが速暖かつ大風量なので、リビングや寝室で使うのもおすすめ。また、転倒時の電源オフ機能やチャイルドロック機能などが搭載されているため、小さな子供がいる家庭でも安心して使えます。

SUNRIZE セラミックヒーター SOLEIL

SUNRIZE セラミックヒーター SOLEIL

静音性に優れたデスクヒーター。仕事に集中したいときや就寝時でも快適に使えます。また、運転が開始されればすぐにあたたまるのもポイントです。

人感センサーを搭載しているのも魅力。3分間感知しないと運転が止まり、12時間感知しないと電源がオフになります。節電対策にもなるので、電気代が気になる方におすすめです。

コンパクトサイズなため、使用しないときは隙間などにすっぽり収納可能。自動転倒オフ機能やチャイルドロック機能なども搭載されており、安全性にも優れています。

WINTECH セラミックヒーター ファンヒーター

WINTECH セラミックヒーター ファンヒーター

楕円形のデザインがスタイリッシュなデスクヒーター。コンパクトなサイズで、デスクの下だけでなく、上にも置いて使用できます。電源を入れると約2秒で温風が出るのも魅力です。

また、温風モードだけでなく自然風モードもあり、サーキュレーターとしても使えるのもポイント。運転音は比較的静かなので、仕事中など集中したいときでも邪魔になりにくいおすすめアイテムです。

ヒロ・コーポレーション 温風PTCヒーター YD-928

ヒロ・コーポレーション 温風PTCヒーター YD-928

バイカラーと丸いフォルムがおしゃれなデスクヒーター。速暖かつ左右45°に首振りするので、素早く広い範囲をあたためられます。約18dBの静音設計なため、静かな部屋やオフィスでの使用にもおすすめです。

リモコンが付属しており、電源のオンオフ・送風モード・タイマー設定などを遠くから操作できるので便利。転倒時は自動で電源をオフする機能も備わっており、安全性が高いのもポイントです。

ドウシシャ(DOSHISHA) 足元ヒーター d-design DCHU-012

ドウシシャ(DOSHISHA) 足元ヒーター d-design DCHU-012

本体下部の溝に足を入れると、上から吹き出した温風によって足湯のような心地よさが楽しめるデスクヒーター。消費電力130Wという省エネ設計で、電気代のかかりにくい暖房器具を探している方におすすめです。

リモコンが付属しており、かがむことなく電源をオンオフできるのが魅力。カラはオフィスでも使いやすいホワイトとグレーの2色が展開されています。

プラスマイナスゼロ(±0) セラミックファンヒーター XHH-D030

プラスマイナスゼロ(±0) セラミックファンヒーター XHH-D030

無駄な装飾のないシンプルでスタイリッシュなデザインが目を引くデスクヒーター。本体上部に設置された2つのボタンだけで、タイマーの設定や風量の調節といった操作が可能です。

ホコリを取り除くフィルターは簡単に取り外せるため、お手入れがスムーズ。本体の転倒を感知した場合には自動で電源がオフになる設計を採用しており、安全性に優れています。

プラスマイナスゼロ(±0) ミニセラミックファンヒーター XHH-C120

プラスマイナスゼロ(±0) ミニセラミックファンヒーター XHH-C120

片手で掴めるほどのコンパクトサイズでさまざまな場所に設置できるデスクヒーター。足元が冷えやすいキッチンやトイレで活躍するアイテムです。

電源ボタンをオンオフするだけのシンプルな操作性がポイント。温風の吹き出し口は上側に動く仕様で、好みに合わせて風向きの調節が可能です。カラーは柔らかなブラウンやベージュがされています。

デスクヒーターのおすすめ|パネルヒーター

パナソニック(Panasonic) デスクヒーター DC-PKD4

パナソニック(Panasonic) デスクヒーター DC-PKD4-H

高さが約48cmで、デスクの下に置きやすいサイズ感のデスクヒーター。温度を強と弱の2段階で切り替えられるため、自分の好みや室温に合わせて調節できます。

ファブリック柄のシンプルなデザインを採用しており、部屋に馴染みやすいのも魅力。足元をじんわりと優しくあたためるデスクヒーターを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

TDP 2wayパネルヒーター

TDP 2wayパネルヒーター

スタンドタイプと貼りつけるタイプの2Way仕様のデスクヒーター。本体の背面にはマグネットが搭載されているので、鉄製のデスクなどに貼りつけられます。また、木製やプラスチック製のモノでも、付属の固定金具を使えば設置可能です。

温度はLOWとHIGHの2段階あり、必要に応じて調節できます。さらに、タイマー機能が搭載されており、3時間経過すると自動的に電源がオフになるのも魅力。消し忘れを防止するおすすめアイテムです。

テクノス(TEKNOS) 人感センサー搭載テーブルカーボンヒーターDH-450

TEKNOS 人感センサー搭載テーブルカーボンヒーターDH-450

専用フリースカバーが付属しているデスクヒーターです。本体をフリースカバーとともにデスク下に設置すれば、コタツのようになるのが特徴。足元をしっかりあたためたい方におすすめです。

脚を設置すれば、スタンド式のパネルヒーターとしても使用可能。人感センサーを搭載しているため、近くにいない場合は自動で電源がオフになり、電気代も節約できます。

ROSSO 2wayデスクヒーター

ROSSO 2wayデスクヒーター

消費電力が少ないデスクヒーター。本体の厚みは約3cmで、デスク下やキッチン、トイレなどの狭い場所でも邪魔になりにくいのが特徴です。

設置方法はスタンドと貼りつけの2種類から選べます。タイマー機能を搭載しているため、6.5時間経過すると自動的に電源オフになるのもポイントです。

フロッキー加工が施されており、パネル表面が熱くなりにくいのもメリット。小さな子供が誤って触れてしまっても、火傷の心配がなく安全です。

デスクヒーターのおすすめ|マットヒーター

パナソニック(Panasonic) ホットパネルL DC-PK4

パナソニック(Panasonic) ホットパネルL DC-PK4

足を置けるマットタイプのデスクヒーター。抗菌・防カビ加工を施されており、マット表面のカビなどの繁殖を防止する効果を期待できるのが特徴です。

マット表面に水をこぼしても内部に入らない構造のため、安心して使用できるのも魅力。また、8時間後に電源が自動オフになる機能が搭載されており、使い勝手にも優れたおすすめアイテムです。

山善(YAMAZEN) ミニマット ホットカーペット YMM-K504

山善(YAMAZEN) ミニマット ホットカーペット YMM-K504

机の下でも場所を取らずに置ける一人用デスクヒーターです。また、縦50×横50cmのコンパクトサイズなので、デスク下だけでなく椅子の上にも座布団のように敷けます。毛の短いカーペットのようなマットで、やわらかい肌触りが特徴です。

使用しないときは、かさばらずスッキリと収納できるのもポイント。電源は入切ボタンのみのシンプル構造なため、簡単に操作できます。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ホットマット HCM-40S

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ホットマット HCM-40S-T

冷気の溜まりやすい足元をじんわりとあたためられるマットタイプのデスクヒーターです。毛足が短く肌触りは滑らか。縦40×横40cmとコンパクトに収納できるのが魅力です。

使用するシチュエーションに合わせて、2段階で温度の切り替えが可能。消費電力はわずか30W。気軽に使用できるアイテムを探している方におすすめします。

インコ(INKO) ヒーティングマットヒール

インコ(INKO) ヒーティングマットヒール

くるりと巻いて持ち運べる薄さ1mmのデスクヒーター。軽量ながらも耐久性の高いTPU素材を使用しており、汚れが落ちやすいためお手入れが簡単です。発熱素材はインクで、電磁波が発生しない安心設計。カラーはグレー・レッド・ブルーの3種類が用意されています。

電源はコンセントとUSBの両方に対応。付属のワンタッチコントローラーで電源のオンオフはもちろん、4段階での温度調節が可能です。12時間が経過した場合には自動で電源がオフになるスリープモードを搭載しているため、安全性に優れています。

プリズメイト(PRISMATE) 人感センサー付フットヒーター

プリズメイト(PRISMATE) 人感センサー付フットヒーター

足を乗せるだけで指先までしっかりとあたたまるデスクヒーター。人感センサーを搭載しており、人が離れた場合には自動で電源がオフになる設計が魅力です。

厚みはわずか3cmで持ち運びがしやすく、収納性もバッチリ。背面にあしらわれたスタンドを立てれば、角度の調節ができます。ブラックをベースにポイントでブラウンを使用した落ち着きのあるカラーリングで、さまざまなインテリアに馴染みやすいアイテムです。