足元を効果的にあたためる「デスクヒーター」は、寒い季節に大活躍のアイテム。足元が冷えてしまいがちなオフィスなどで重宝します。しかし、デスクヒーターといってもさまざまな種類のアイテムが展開されているため、どんなモノを選べばよいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、デスクヒーターのおすすめを種類別にご紹介します。選び方もあわせて解説するので、購入する際の参考にしてみてください。

デスクヒーターとは?

By: rakuten.co.jp

デスクヒーターはデスクの足元などに設置しやすいコンパクトサイズの暖房器具。あたたかい空気が上部に溜まりやすいエアコンによる暖房で、足元が冷えてしまう場合に重宝するアイテムです。

大人数が一部屋に集まるオフィスでも、自分好みの温度を設定できるのがポイント。持ち運びのしやすいサブ暖房を探している方にもおすすめです。

オフィスにおすすめのデスクヒーターの選び方

使用環境に合った種類を選ぶ

遠赤外線ヒーター(電気ストーブ)

By: amazon.co.jp

遠赤外線ヒーターは、発熱体を加熱することで遠赤外線を発生させてあたためるヒーター。ピンポイントであたためられるので、ヒーターの近くにいる場合すぐにあたたかさを感じられるのが特徴です。

また、灯油やガスなどの燃料は使用していないのもポイント。室内の空気を汚さず、清潔に使えるおすすめタイプです。

ファンヒーター

By: amazon.co.jp

ファンヒーターとは、送風ファンにより発生した温風を送り出すヒーターのこと。暖房性能が高く、あたためられる範囲が広いのが特徴です。

足元から腰あたりまで効果的にあたためられるのもポイント。複数人で使用するのにも適しています。ファンヒーターは種類が豊富なので、ぜひチェックしてみてください。

パネルヒーター

By: amazon.co.jp

パネルヒーターとは、パネル型のヒーターのこと。基本的には表面がパネルで覆われているため、やけどの心配も少なく安心です。畳んでコンパクトにできるモノもあるため、収納しやすいデスクヒーターを探している方にもおすすめです。

マットヒーター

By: amazon.co.jp

マットヒーターとは、マットのように床の上に置き、足を乗せて使用するヒーターです。床からの冷気を遮断して、すぐに足元をあたためられるのが特徴。なかには、足を本体にすっぽりと入れて、効果的にあたためられるモノもあります。

設置時のサイズと収納性で選ぶ

By: amazon.co.jp

オフィス内でヒーターを使用する場合、サイズ選びがとくに重要です。スペースを取る大型アイテムを選んでしまうと、ほかの人が移動する際の迷惑になってしまいます。なるべく自分のデスク下にしっかり収まるサイズのアイテムを選びましょう。

また、寒い時期にのみ使用するアイテムなので、収納に関しても要チェック。製品によっては、コンパクトに折りたたんで収納しやすい仕様のモノもあります。なお、なかにはサーキュレーター機能により、オールシーズン使えるモノも展開されているのでチェックしてみてください。

静音性の高さで選ぶ

By: amazon.co.jp

静かなオフィスで使用する場合には、静音性の高さも要チェック。アイテムによっては作動音が大きいモノもあり、音に気を取られて仕事が捗らなかったり、ほかの人の迷惑になってしまったりするケースがあります。

最近では、高い暖房性能と優れた静音性を兼ね備えているモノも展開されているので、オフィスでも気兼ねなく使用できるよう、しっかりと確認しておきましょう。

温度調節機能で選ぶ

By: rakuten.co.jp

温度調節機能を備えたデスクヒーターであれば、使用する日の気温や使用場所に合わせた快適な温度を設定可能。必要以上にあたためないことで、電気代の節約も期待できます。

また、安全性を重視する場合は、高温になりすぎるのを防いで適温に調節するサーモスタット機能付きのデスクヒーターがおすすめです。

安全機能の有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

デスクヒーターを足元に設置する場合、うっかりヒーターを転倒させてしまうと火事などにつながる危険性もあります。そのため、安全機能のチェックは必要不可欠。とくに、転倒時に自動で電源が切れる機能を備えたアイテムを選んでおけば、万が一の場合にも安心です。

ほかにも、温度の上がり過ぎを防ぐ安全装置や、万が一電源を切り忘れてしまった場合でも自動的に電源オフになる機能など、アイテムごとにさまざまな機能が備わっています。リスクを最小限に留めて活用できるよう、安全機能をチェックしたうえで購入するのがおすすめです。

持ち運びのしやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

オフィスで使用する暖房器具はオフシーズンの際、楽に持ち帰れるように持ち運びしやすいアイテムを選ぶことも大切です。コンパクトサイズでも、重かったり取手が付いていなかったりすると、持ち運ぶ際に手間がかかってしまいます。

購入時にはサイズに加えて重量や仕様もチェックしておきましょう。なかには、1kg以下と片手で簡単に持ち運べるアイテムもラインナップされています。

電気代が気になる方は省エネタイプを選ぶ

デスクヒーターを選ぶ際には、省エネ性能が備わっているかどうかも要チェック。電気代が気になる方は、マットヒーターや熱源部分が比較的小さめのアイテムを選ぶと、少ない電力であたためられるのでおすすめです。

なお、遠赤外線ヒーターやファンヒーターのなかにも、省エネ機能に優れたモノが展開されています。電気代が気になる方は、1時間あたりの消費電力をチェックしたうえで、電気代をあまり気にせずに使用できるアイテムを選んでみてください。

電源のタイプで選ぶ

By: amazon.co.jp

デスクヒーターは電源のタイプは、大きくわけてコンセントタイプとUSBタイプの2種類があります。コンセントタイプはデスク周りにコンセントがあるか、コードの長さは足りるかなどを事前に確認しておきましょう。

コンセントが周りにない場合は、USBタイプがおすすめ。比較的コンパクトサイズで、省電力なモノが多いのが特徴です。狭いオフィスでの使用にも適しています。

デスクヒーターのおすすめ|遠赤外線ヒーター

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 電気ストーブ 遠赤外線タイプ EHT-800D

レトロなデザインが特徴のデスクヒーターです。おしゃれな製品を探している方にもおすすめのモデル。オフィスのデスク下はもちろん、自宅の寝室や脱衣所などにもピッタリです。オレンジ色の優しいヒーターの明かりと共に、冷えがちな足元を遠赤外線でじんわりとあたためます。

コンパクトなうえ、重さも約2.1kgと比較的軽量。取手付きなので好きな場所へ簡単に移動させられます。800Wと400Wの「強弱切替え機能」を搭載しているのも特徴です。室温や好みに合わせて調節できるので便利。シンプルなダイヤル式のツマミで直感的に操作できます。

「転倒OFFスイッチ」を内蔵しており、傾いたり倒れたりすると自動で停止するため安心して使用することが可能です。

山善(YAMAZEN) 電気ストーブ DS-F041

遠赤外線放射に優れた石英管ヒーターを搭載した製品です。幅33×奥行16.5×高さ19.5cmとコンパクトなボディが特徴。机の下をはじめ、キッチンやリビングといったさまざまな場所で活躍します。また、シーズンオフには小さなスペースに保管できるため、邪魔になりにくいのも便利なポイント。小型の製品が欲しい方にもおすすめです。

1.1kgと非常に軽量なため、簡単に持ち運べます。電源オン・オフのみのシンプル操作なので、取り扱いは容易です。ただし、400Wの固定式を採用しており温度調節はできません。購入を検討している方はあらかじめ留意しておきましょう。安価な製品ながら「転倒OFFスイッチ」を搭載するなど、安全設計もしっかりとされたモデルです。

プラスマイナスゼロ(±0) 遠赤外線電気ストーブ XHS-Y010

重さが約1.5kgと軽量で持ち運びのしやすいデスクヒーターです。丸みを帯びたかわいらしいデザインは、どんなインテリアにもマッチしやすいのが魅力。コンパクト設計のためスペースを取らず、さまざまな場所で使用することが可能です。

オフィスでのデスクワークやキッチンで洗い物をする際など、足元がちょっと冷えるときに重宝します。遠赤外線加工が施された石英管ヒーターを2本搭載。1つのロータリースイッチで電源のオン・オフや、800W・400Wの切り替えができるので便利です。

寒い時期にぴったりな、あたたかみが感じられる暖色系のカラーバリエーションを展開しています。2011年度グッドデザイン賞を獲得しているのも本モデルの魅力。おしゃれな製品を探している方にもおすすめです。

テクノス(TEKNOS) ハロゲンヒーター PH-1211W

400Wの直管型ハロゲンヒーターを3本搭載したモデルです。合計1200Wのハイパワーなデスクヒーター。スイッチを入れるとすぐにあたたまるため、寒い日の朝などにも重宝します。1200Wと800Wの切り替えができるので、室温や部屋の広さに応じて調節することが可能です。

「首振り機能」を搭載しているのも本モデルの特徴。本体を動かさなくてもあたためたい方向に向けられるので便利です。「転倒OFFスイッチ」や「温度ヒューズ」を内蔵するなど、安全機能も充実しています。万が一、倒してしまったり温度が上がり過ぎたりしても自動で停止するため安心。

オフィスはもちろん、子供のいる家庭用にもおすすめのモデルです。

RELICIA ビームヒーター BH-600

省エネタイプのデスクヒーターを探している方におすすめのモデルです。特殊輻射グリルを搭載しているのが特徴。独自形状のパネルを採用しており、600Wながら2倍以上のあたたかさを実現したと謳う、熱効率のよさが魅力です。

首振りや角度調節機能も付いているため、足元や上半身など必要な部分をスポットであたためられます。上部背面に取手が付いているので持ち運びも容易。また、タイマー機能を搭載しているのも本モデルの特徴です。30分、1・2・4時間と設定ができるため就寝前など重宝します。

さらに、消し忘れ防止機能を搭載しているのもポイント。タイマーを設定していなくても8時間を過ぎると自動でオフになるので、電源を消し忘れて外出してしまっても安心です。

デスクヒーターのおすすめ|ファンヒーター

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) セラミックファンヒーター JCH-D083T-W

人感センサーを搭載したデスクヒーターです。人の動きを検知して自動でオン・オフするため、無駄な電力消費を抑え、効率的に節電することが可能な省エネモデル。必要に応じて連続運転モードへの切り替えができます。

「転倒時電源OFF機能」や「チャイルドロック機能」を備えているのも本モデルの特徴です。不用意に触ったり倒してしまったりしても安心なので、小さな子供のいる家庭にもおすすめ。

コンパクト設計のため、ちょっとしたスペースさえあれば設置することが可能です。オフィスだけでなく子供部屋やトイレ、洗面所など自宅でも活躍します。風量は強と弱の2段階切り替え方式を採用。部屋の広さや好みに応じて調節ができるので便利です。1.6kgと軽量でハンドルも付いているため、移動や設置が簡単におこなえます。

山善(YAMAZEN) セラミックファンヒーター DSF-TN12

1200Wの大風量セラミックヒーターを搭載したモデルです。スイッチを入れてから短時間であたたまる速暖タイプ。オフィスでデスクヒーターとして利用するのはもちろん、寒い時期のキッチンやトイレなど自宅での使用にもおすすめのモデルです。

温風がワイドに広がるうえ、強・弱の運転切り替えができるので、部屋の広さに合わせて調節できます。人感センサーを搭載しているのも本モデルの特徴。無駄な電力消費が抑えられ、節電しやすいのも魅力です。また、消し忘れが防げるため安全面でも安心して使用できます。

FOCHEA セラミックヒーター

本体サイズが幅125×奥行95×高さ162mmの小さなデスクヒーターです。非常にコンパクトなため、机の下はもちろん、脱衣所やトイレなどスペースが限られている場所にもおすすめ。重量も約560gと非常に軽量なうえ、ハンドルが付いているので片手で持ち運べます。

300Wのヒーターを内蔵していますが、温度の調節や風量の切り替え機能は備えていません。購入を検討している方はあらかじめ留意しておきましょう。

「転倒時電源OFF機能」を搭載しているほか、70℃で作動する温度ヒューズを内蔵しており、異常時には自動で停止します。小型ながら安全設計がしっかりとされているのも本モデルの魅力です。

テクノス(TEKNOS) ミニファンヒーター TS-613

しっかりとした暖房機能を備えている、手頃な価格のデスクヒーターが欲しい方におすすめのモデルです。600Wのヒーターを搭載しており、電源を入れるとすぐにあたたまるのが特徴。長い時間待たされないので寒い日の朝などに重宝します。

また、上下可動式のルーバーを備えているのも本モデルの特徴です。好みの方向に風向きを調節することが可能。足元や膝などあたためたい箇所へ集中的に風が送れるので便利です。コンパクトな本体は設置場所や収納場所を選びません。電源スイッチを押すだけですぐに使用できる簡単操作も魅力です。

デスクヒーターのおすすめ|パネルヒーター

パナソニック(Panasonic) デスクヒーター DC-PKD4-H

机の下にスッポリと収まるパネルタイプのデスクヒーターです。オフィスはもちろん在宅でのリモートワークにもおすすめのモデル。高さが約48cmあるので、足元から膝にかけてじんわりとあたためられます。

出力は強・弱の2段階に切り替えが可能。部屋の温度や好みに合わせて調節ができるので便利です。1時間の電気代はわずか約4.5円と、優れた省エネ性能を有しています。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) デスクパネルヒーター PH-TSA-H

消し忘れを心配せずに使える、デスクヒーターが欲しい方におすすめの製品です。「自動切タイマー」を搭載しているのが特徴。何も設定をしていない場合でも、使用開始後6時間を経過すると自動的に電源が切れます。うっかり電源を切り忘れて外出してしまっても安心です。

温度の無段階調節機能を搭載しているのも本モデルの特徴。スライドスイッチを使い約40〜55℃の範囲で調節できます。好みの温度に合わせやすいので便利です。折りたたみ式を採用しており、約48×45cmとコンパクトに収納が可能。未使用時やシーズンオフには、デスクの横や家具の隙間などちょっとしたスペースに保管できます。

クレオ工業(KREO) テーブルヒーター NH2470

厚さがわずか3cmと薄型デザインのデスクヒーター。本製品はデスクやテーブルの天板裏に貼り付けて使用します。本体4ヵ所にマグネットが配置されているため、金属製の机であれば簡単にセットできます。粘着テープやネジも付属しているので、木製のテーブルに取り付けたい方も安心です。

机下のスペースに余裕がない方や、足元が広々と使える製品を探している方におすすめ。オフィスだけでなく、自宅の机やダイニングテーブルでも重宝します。

「3時間OFFタイマー」を備えているので消し忘れた際にも安心。1時間の電気代がわずか約2.4円と、省エネ設計がされているのも本モデルの魅力です。自動温度調節機能を搭載しているため、電源スイッチを入れるだけで使用できます。

ゼンケン(ZENKEN) 遠赤外線デスクヒーター スポットウォームS RH-153

片手で簡単に持ち運べるパネルタイプのデスクヒーターです。特殊ヒーターパネルを搭載しており、遠赤外線を放射するのが特徴。体の芯からじんわりとあたためたい方におすすめのモデルです。スタンドが付いているため、簡単に足元へ立てかけられます。

裏面にマグネットを搭載しているのも本モデルの特徴。金属製のデスクなら天板裏に貼り付けて使用することも可能です。動作音がしないので職場はもちろん、子供の勉強机にも適しています。

エアコンの効いた夏のオフィスでも目立たず使えるため、冷房による夏場の冷え性に悩んでいる方も一度検討してみてください。

Miriyon 遠赤外線デスクヒーター

足が乗せられるマットが一体になった製品です。足元から膝部分だけでなく、足の裏側からもあたためられるのが特徴。寒がりの方や冷え性の方に適しています。3時間タイマーを搭載しているため、消し忘れた際も安心です。

省電力設計なので月々の電気代も抑えられます。ブランケットを併用することで、より効果的に下半身をあたためることが可能です。ホコリを巻き上げたり空気を汚したりしないため、子供の勉強部屋などでも重宝します。

デスクヒーターのおすすめ|マットヒーター

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ホットマット HCM-40S-T

正方形の形をしたマットタイプのデスクヒーターです。40×40cmとコンパクトなため、設置場所を選びません。コンセントのある部屋ならサッと敷いてすぐに使い始められます。デスクやキッチン、リビングなど、気軽に持ち運んで使えるモデルです。

2段階の温度切り替えが可能で、1時間の電気代が強は約0.5円、弱は約0.4円と安いのも魅力。表面には短い起毛処理を施したポリエステル生地を採用しています。肌触りがよいため、素足で使うのにもおすすめの製品です。

山善(YAMAZEN) ホットマット YMM-K404

机の下にマットとして敷いたり、椅子の上に座布団代わりに置いたりと、多様な使い方のできる製品です。使い勝手のよいマットタイプのデスクヒーターを探している方におすすめのモデル。コントローラーはコーナーに配置されています。電源スイッチのみのシンプルな仕様のため、オンにするだけですぐに利用することが可能です。

本体内には温度ヒューズを内蔵しています。万が一、異常が発生しても自動的に停止するので安心。寒い時期にぴったりな暖色系のデザインを採用しています。

ライフジョイ(LIFEJOY) ホットマット JMC451

表面にやわらかく肌触りのよいボア素材を使用したデスクヒーターです。フワフワなので足やお尻を乗せるのも快適。約45×45cmとコンパクトサイズのため、マットとしても座布団としても利用できます。

省エネ設計がされているのも本モデルの特徴です。強・弱の温度切り替えができ、強で使っても1時間の電気代はわずか0.54円ほど。1日中付けっぱなしでも約13円と謳われており、電気代を気にせず使えるので重宝します。

本体が折りたためるのもポイントです。コンパクトに収納できるうえ、約400gと軽量なため携帯性は良好。カバンに入れて持ち運んで使いたい方もぜひチェックしてみてください。

HomLead ホットマット

コンセントのない場所でも使いたい方におすすめの製品です。電源にUSB給電方式を採用したデスクヒーター。自宅やオフィスはもちろん、キャンプや登山などのアウトドアシーンでも活躍します。

モバイルバッテリーなどのUSBポートに接続すれば、すぐに使えるので便利です。低・中・高と3段階の温度調節機能を搭載。その日の気温や好みに合わせてセットできます。カバーの手洗いができるので、いつでも清潔に保っておくことが可能です。

JIANG USBフットウォーマー

足カバーが付いたマットタイプのデスクヒーターです。足を毛布のようにあたたかく包めるため、足元の寒さで悩んでいる方におすすめのモデル。USB給電方式を採用しており、最大37℃で使用できます。パソコンやモバイルバッテリー、充電器など、さまざまなデバイスから電源が取れるので便利です。

室内だけでなく車の中やアウトドアでの利用も可能。ヒーター部分を取り外して丸洗いができるのもポイントです。衛生面が気になる方にもピッタリなので一度チェックしてみてください。