足元を効果的にあたためる「デスクヒーター」は、寒い季節に大活躍のアイテム。足元が冷えがちなオフィスなどで重宝します。しかし、デスクヒーターといってもさまざまな種類のアイテムが展開されているため、どんなモノを選べばよいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、デスクヒーターのおすすめを種類別にご紹介します。選び方もあわせて解説するので、購入する際の参考にしてみてください。

デスクヒーターとは?

デスクヒーターはデスクの足元などに設置しやすいコンパクトサイズの暖房器具。部屋の上部にあたたかい空気が溜まりやすいエアコンによって、足元が冷えてしまう場合に重宝するアイテムです。

大人数が一部屋に集まるオフィスでも、自分好みの温度を設定できるのがポイント。持ち運びやすいサブ暖房を探している方にもおすすめです。

オフィスにおすすめのデスクヒーターの選び方

使用環境に合った種類を選ぶ

遠赤外線ヒーター(電気ストーブ)

By: amazon.co.jp

遠赤外線ヒーターは、発熱体を加熱することで遠赤外線を発生させてあたためるヒーター。ピンポイントであたためられるので、ヒーターの近くにいる場合すぐにあたたかさを感じられるのが特徴です。

また、灯油やガスなどの燃料は使用していないのもポイント。室内の空気を汚さず、清潔に使えるおすすめのタイプです。

ファンヒーター

By: amazon.co.jp

ファンヒーターとは、送風ファンにより発生した温風を送り出すヒーターのこと。暖房性能が高く、あたためられる範囲が広いのが特徴です。

足元から腰あたりまで効果的にあたためられるのもポイント。複数人で使用するのにも適しています。ファンヒーターは種類が豊富なので、ぜひチェックしてみてください。

パネルヒーター

パネルヒーターとは、パネル型のヒーターのこと。基本的には表面がパネルで覆われているため、やけどの心配も少なく安心です。畳んでコンパクトにできるモノもあるため、収納しやすいデスクヒーターを探している方にもおすすめです。

マットヒーター

By: amazon.co.jp

マットヒーターとは、マットのように床の上に置き、足を乗せて使用するヒーターです。床からの冷気を遮断して、すぐに足元をあたためられるのが特徴。なかには、足を本体にすっぽりと入れて、効果的にあたためられるモノもあります。

設置時のサイズと収納性で選ぶ

By: amazon.co.jp

オフィス内でヒーターを使用する場合、サイズ選びがとくに重要です。スペースを取る大型アイテムを選んでしまうと、ほかの人が移動する際の迷惑になってしまいます。なるべく自分のデスク下にしっかり収まるサイズのアイテムを選びましょう。

また、寒い時期にのみ使用するアイテムなので、収納性に関しても要チェック。製品によっては、コンパクトに折りたたんで収納しやすい仕様のモノもあります。なお、なかにはサーキュレーター機能により、オールシーズン使えるモノも展開されているのでチェックしてみてください。

静音性の高さで選ぶ

静かなオフィスで使用する場合には、静音性の高さも要チェック。アイテムによっては作動音が大きいモノもあり、音に気を取られて仕事が捗らなかったり、ほかの人の迷惑になってしまったりするケースがあります。

最近では、高い暖房性能と優れた静音性を兼ね備えているモノも展開されているので、オフィスでも気兼ねなく使用できるよう、しっかりと確認しておきましょう。

温度調節機能で選ぶ

By: plusminuszero.jp

温度調節機能を備えたデスクヒーターであれば、使用する日の気温や使用場所に合わせた快適な温度を設定可能。必要以上にあたためないことで、電気代の節約も期待できます。

また、安全性を重視する場合は、高温になりすぎるのを防いで適温に調節するサーモスタット機能付きのデスクヒーターがおすすめです。

安全機能の有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

デスクヒーターを足元に設置する場合、うっかりヒーターを転倒させてしまうと火事などにつながる危険性もあります。そのため、安全機能のチェックは必要不可欠。とくに、転倒時に自動で電源が切れる機能を備えたアイテムを選んでおけば、万が一の場合にも安心です。

ほかにも、温度の上がり過ぎを防ぐ安全装置や、万が一電源を切り忘れてしまった場合でも自動的に電源オフになる機能など、アイテムごとにさまざまな機能が備わっています。リスクを最小限に留めて活用できるよう、安全機能をチェックしたうえで購入するのがおすすめです。

持ち運びのしやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

オフィスで使用する暖房器具はオフシーズンの際、楽に持ち帰れるように持ち運びしやすいアイテムを選ぶことも大切です。コンパクトサイズでも、重かったり取手が付いていなかったりすると、持ち運ぶ際に手間がかかってしまいます。

購入時にはサイズに加えて重量や仕様もチェックしておきましょう。なかには、1kg以下と片手で簡単に持ち運べるアイテムもラインナップされています。

電気代が気になる方は省エネタイプを選ぶ

デスクヒーターを選ぶ際には、省エネ性能が備わっているかどうかも要チェック。電気代が気になる方は、マットヒーターや熱源部分が比較的小さめのアイテムを選ぶと、少ない電力であたためられるのでおすすめです。

なお、遠赤外線ヒーターやファンヒーターのなかにも、省エネ機能に優れたモノが展開されています。電気代が気になる方は、1時間あたりの消費電力をチェックしたうえで、電気代をあまり気にせずに使用できるアイテムを選んでみてください。

電源のタイプで選ぶ

デスクヒーターの電源のタイプは、大きくわけてコンセントタイプとUSBタイプの2種類があります。コンセントタイプはデスク周りにコンセントがあるか、コードの長さは足りるかなどを事前に確認しておきましょう。

コンセントが周りにない場合は、USBタイプがおすすめ。比較的コンパクトサイズで、省電力なモノが多いのが特徴です。狭いオフィスでの使用にも適しています。

デスクヒーターのおすすめ|遠赤外線ヒーター

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 遠赤外線電気ストーブ IEHDB-800

レトロで懐かしい雰囲気が印象的な遠赤外線ストーブです。インテリアとして馴染みやすく、置くだけでおしゃれな空間を演出できます。ヒーター部にブラックコートを施しており、遠赤外線が多く放射される仕組み。場所を選ばないコンパクトサイズで、オフィスのデスク下に置きやすいおすすめのデスクヒーターです。

スタンド付きで床が熱くなるのを防いでいるのも特徴。重さ2.3kgの軽量モデルで取っ手が付属し、移動しながら使いたい場合に重宝します。強弱を400Wと800Wの2段階で切り替えできるほか、調節はダイヤル式で簡単です。

地震で傾いたり転倒したりした場合に、通電を停止して自動的に電源がオフになる「転倒時自動OFF機能」を搭載。さらに、温度が過熱しすぎると自動的に電源がオフになる「温度ヒューズ機能」を搭載した、高い安全性にも注目です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 電気ストーブ EHT-800

遠赤外線であたためる石英管搭載の電気ストーブです。400Wと800Wの2段階切り替えで電源を入れるとすぐにあたたまるのが特徴。約幅30×奥行14×高さ38cm、重さ約1.7kgの軽量コンパクトモデルで、狭いスペースに設置しやすいデスクヒーターを探している方におすすめです。

取っ手付属で持ち運びも簡単。脱衣場やキッチン、玄関など移動しながら使用したい場合に活躍します。脚部にフックを備えているのもポイント。未使用時に収納・保管する際にコードをすっきりと収納できて便利です。転倒時に電源が自動的に切れる「転倒時電源OFF機能」を備えています。

山善(YAMAZEN) 遠赤外線電気ストーブ 加湿機能付 DSE-KC106

幅36.5×奥行16×高さ45cmと、スリムで小型な遠赤外線ストーブ。本体裏側には取っ手が付いているため、持ち運んでさまざまな場所で使えます。

運転モードは、弱・中・強の3段階から好みにあわせて選択可能。ダイヤル式を採用しており、切り替え操作も簡単です。また、内蔵されているタンクに水を入れ、ダイヤルを「スチーム」に合わせると、加湿が同時にできるのもポイント。部屋をあたためながら、乾燥した空気にうるおいを与えます。

タンク内に水がなくなると、自動でスチーム用ヒーターがオフになる「空焚き防止機能」を搭載。さらに、ヒーター本体が転倒した場合にも自動で電源が落ちるので、安全性も良好です。

RELICIA ビームヒーター キューブ BH-400

キューブ型デザイン採用のコンパクトな遠赤外線ヒーターです。400Wと200Wの2段階切り替えで、足元用に適したモデルを探している方におすすめのデスクヒーター。ニクロム線をセラミックスに埋め込んでおり、優れた耐久性と遠赤効果を発揮します。

独自形状の内部パネル採用で熱を効率よく反射する「ビーム効果」にも注目。同じ消費電力で2倍のあたたかさを実現すると謳っており、節電したい方に適しています。上下の角度を20°調節できるのも便利です。

デスクヒーターのおすすめ|ファンヒーター

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) セラミックファンヒーター ベーシック CH-127D

スイッチを入れるとすぐに温かい風が吹き出るセラミックファンヒーターです。温風の強弱は2段階から切り替え可能。本体上部に取り付けられたダイヤルで簡単に調節できます。

セーフティ機能が充実しているのも魅力。転倒時に自動で電源が切れる「転倒時自動OFF機能」や、本体が熱くなりすぎると運転を停止する機能が搭載されています。子供・ペットのいる家庭や、長時間続けて使う機会が多い方におすすめです。

サイズは、幅23×奥行13.5×高さ36.5cmとコンパクト。重さは約2.2kgと軽量で、本体裏に取っ手が付いているため、持ち運びにも便利です。ころんとした丸みのあるフォルムが可愛らしく、シンプルなデザインなので、さまざまなインテリアになじみます。

山善(YAMAZEN) セラミックファンヒーター DF-J121

最大ワット数1200Wのパワフルさが魅力のセラミックファンヒーターです。スイッチ入れると数秒であたたかくなる速暖タイプ。持ち運びに便利な取っ手付属でオフィスのデスクヒーターとしてはもちろん、リビングやキッチンで移動しながら使いたい場合におすすめです。

吹出し口は上下の角度を調節可能で、吸気フィルターによって部屋の空気を汚さずに暖房できる点にも注目。ダイヤルを回すだけのシンプル操作により、機器の扱いが苦手な方でも簡単なモデルです。

パナソニック(Panasonic) セラミックファンヒーター DS-FS1200

コンパクトボディながら、最大1170Wのパワフルな温風であたためられるセラミックファンヒーターです。1~5時間で設定できる切タイマーを搭載。切り忘れを防いで無駄な消費電力を抑えたい方におすすめのデスクヒーターです。

二重安全転倒OFFスイッチ搭載で安全性に優れている点にも注目。地震などで本体が転倒したり傾いたりすると通電を停止します。一度転倒したら製品を起こさない限り再び通電しません。

上下に可動する可変ルーバー付きで風向きを調節できるのも便利。取っ手付きで持ち運びしやすいほか、コードを収納できるスペースを設けています。

パナソニック(Panasonic) セラミックファンヒーター DS-FTS1201

本体サイズ41.5×21.5×14cmのコンパクトなセラミックファンヒーターです。縦置きと横置きの2WAYタイプで、置き場所に困らないのがポイント。小型ながら最大1170Wのハイパワーであたためる、オフィスの足元暖房としておすすめのデスクヒーターです。

人の動きを検知してオン・オフを切り替える「ひとセンサー」を搭載。人やペットの動きに合わせて温風を出し、無駄を抑えながら効率的に運転します。温風は強・弱の2段階切り替えです。

デロンギ(DeLonghi) カプスーラ 電気セラミックファンヒーター HFX30C11

イタリアデザインのスタイリッシュな外観が魅力的なセラミックファンヒーターです。シンプルなカラーリングと丸みを帯びたデザインはさまざまな空間にマッチ。奥行15cmの薄型サイズで置き場所を選ばないおすすめのデスクヒーターです。

A4サイズよりひと回り小さい小型モデルながら、最大1150Wのパワフルさも特徴。側面のダイヤルを回すだけで、すばやく温風が出て足元をあたためます。重さ1.4kgで持ち運びも簡単。上部に持ち手を設けているため、移動も楽々です。

安全性に優れている点にも注目。転倒時自動電源遮断装置を搭載しているほか、異常な過熱を検知すると運転を制御する「温度過昇防止復帰型サーモスタット」を備えています。

デスクヒーターのおすすめ|パネルヒーター

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) デスクパネルヒーター PH-TSA

広いヒーター面でひざ下全体をあたためるパネル型のデスクヒーターです。デスク下に適した高さ48cmで、足元を囲って集中的にあたためられるのが魅力。一般的なコタツと比較して電気代を約4分の1に抑えられると謳っており、足元を効率的にあたためたい方におすすめです。

未使用時に三つ折りすれば、約45×48cmとコンパクトに収納可能。手の届く位置に置いておけば、使用したいときにサッと出してすばやくあたためられます。操作せず6時間経過すると、自動的に電源が切れて消し忘れを防止できる仕様。温度が異常に上昇すると電源が切れる温度ヒューズ搭載で安全性に優れています。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) デスクヒーター DEH-45

机の下に取り付けできるデスクヒーターです。マグネットや両面テープで簡単にセット可能。専用フリースカバーをかぶせれば熱を逃さず、こたつような使い心地を求めている方におすすめです。カバーには保温性に優れているフリース素材を採用。洗濯機で丸洗いでき、常に清潔な状態で使えます。

本体前面に電源スイッチを設けた仕様で操作も簡単。3時間経過すると自動的に電源をオフにするタイマー搭載により、切り忘れを防止できるのも便利です。温度の上がりすぎを防ぐ安全機能も搭載しています。

トップランド(TOPLAND) コンパクトパネルヒーター SP-PH200

マグネット式・スタンド式の2パターンから使い分けできるパネルヒーター。背面のマグネットでスチール面に取り付けたり、スタンドを使って床置きしたりと、シーンに応じて使えて便利です。スタンドは約15~45°まで、好みの角度に調節できます。

温度は、弱・中・強の3段階から選択可能。中モードで使用した場合の電気代が、1時間あたり約1.6円と安めなので、省電力なモデルを探している方にもおすすめです。厚さ3.6mmで、収納スペースを取りにくいのも魅力。持ち運びに便利なハンドルも付属しています。

ドウシシャ(DOSHISHA) パネルヒーター PHU-021J

遠赤外線パネル採用のパネルヒーターです。スリムなデザインでさまざまな場所に設置可能。折りたたみ時の厚み4.5cmでコンパクトに収納できるため、簡単に片付けられるデスクヒーターを探している方におすすめです。

人の動きを感知して自動運転する人感センサーを搭載している点にも注目。効率的な運転で無駄な電力消費を抑えて電気代を節約できます。転倒すると電源が切れるほか、温度ヒューズやサーモスタットも内蔵。優れた安全性で安心して使える1台です。

山善(YAMAZEN) ミニパネルヒーター DP-SB167

本体サイズ幅40.5×奥行15×高さ32.5cmのスリムコンパクトなパネルヒーターです。無段階で温度を調節できるのがポイント。好みの温度で使えるデスクヒーターを探している方におすすめです。ダイヤル式で機器の扱いが苦手な方でも簡単に操作できます。

高精度・長寿命のバイメタル採用「可変式サーモスタット」を搭載している点にも注目。過度な温度上昇に対応して運転を制御します。

デスクヒーターのおすすめ|マットヒーター

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ホットマット HCM-40S

幅約40×奥行40×高さ2cmのマットヒーターです。パーソナルサイズでデスクヒーターとして足元をあたためるのにおすすめ。なめらかでやさしい手触りの生地を採用した、使い心地のよさも魅力です。表面温度は強48℃・弱40℃の2段階で切り替えできます。

1時間あたりの電気代目安強約0.5円・弱約0.4円と謳う、優れた省エネ性にも注目。広めに使える60×60cmモデルと、約1畳の176×88cmモデルもラインナップしています。

パナソニック(Panasonic) マルチウォーマー DF-SAC30

デスクヒーターとしてはもちろん、あんかやクッションなどさまざまな使い方ができるマットヒーターです。足を本体にすっぽりと入れる足温器としても活躍。使い勝手のよいモデルを探している方におすすめです。

1時間あたりの電気代約0.3円と謳っている省エネ性も特徴。表面温度は41℃・39℃・36℃の3段階で切り替えできます。生地にマイクロファイバーを採用した肌触りのよさも魅力。カバーからヒーターユニットを取り外せば洗濯機で洗えます。

広電(KODEN) 電気マット VWM401

肌触りのよいフリース素材を採用しているマットヒーター。40cm四方のコンパクトサイズなので、オフィスチェアの座面に乗せて使ったり、デスクの足元に敷いて使ったりとさまざまな使い方ができて便利です。

操作方法は、本体の一角に取り付けられたコントローラーのスイッチを入れるだけ。電気代は1時間あたり約0.37円と安いため、節約しながら身体をあたためられるアイテムを探している方におすすめです。

YTA ホットマット

40×40cmのミニホットマットです。使いやすいミニサイズで足元はもちろん、椅子に乗せる座布団としてもおすすめ。短い起毛採用で肌触りもよく、ひざ掛けとしても使用できるなど幅広い用途で活躍します。

温度は20~80℃の範囲で設定可能。12段階で最大12時間後にセットできるタイマーを搭載し、切り忘れを防げます。未使用時は巻きつけて収納できるため、省スペースに保管可能。コードとプラグは取り外しでき、マットのみ手洗いで洗濯可能です。

ライフジョイ(LIFEJOY) ホットマット JPMH601

サラサラした肌触りが心地よいフランネル生地採用のホットマット。クッション性に優れ、デスクヒーターとしてはもちろん椅子に乗せて使いたい方におすすめです。温度調節は強・弱の2段階で切り替えできます。

強モード使用時で1時間あたりの電気代約0.81円と謳っている点にも注目。エアコンやファンヒーターと併用して使う補助暖房器具としても適しています。60×60cmのコンパクトサイズで、半分に折りたためば狭いスペースに保管可能です。

Snailax 2-in-1 電気足温器

足をすっぽりと入れられる電気足温器です。デスクヒーターとしてはもちろん、ボタンを外して広げれば35×75cmの電気敷き毛布として使用可能。足元の暖房や休憩中のひざ掛けとして使うなど、さまざまな用途で活躍するおすすめモデルです。

温度は3段階で調節できるため、熱くなりすぎるのが不安な方でも安心。過熱保護サーモスタットと60分後の自動シャットダウン機能搭載で安全性にも優れています。未使用時は丸めて省スペースに保管できるのも便利。専用の収納袋が付属しています。

HomLead ホットクッション

USBポートから電源をとれるホットクッション。オフィスでパソコンと接続して足元をあたためたい方におすすめのデスクヒーターです。表面にはふかふかな長毛生地を採用し、椅子のクッション用としても適しています。

温度は強・中・弱の3段階切り替え。発熱素材に速暖性に優れた炭素繊維を採用しており、温度を一定に保ちやすくなっています。モバイルバッテリーを用意すれば、アウトドアで使用できるのも魅力です。