デスクの下に配置して足元をあたためられる「デスクヒーター」。とくに冬場のデスクワークや勉強など、足元が冷えて集中しにくい場合に便利なアイテムです。しかし、スタンドタイプやパネルタイプなど、さまざまなタイプの製品がラインナップされており、製品選びに悩む方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめのデスクヒーターをご紹介。自分に合った製品の選び方についても解説しているため、ぜひ参考にしてみてください。

デスクヒーターとは?

By: topland.co.jp

デスクヒーターとは、デスクの下に配置するヒーターのことです。暖房が効いていても、あたたかい空気が届きにくい死角から、足元に冷えを感じる場面は多いもの。オフィスや自宅のデスク下にヒーターを配置しておけば、快適な温度に足元を維持できます。

デスクヒーターには、さまざまなタイプの製品が展開されているため、自分が重視したい箇所を的確にあたためてくれる製品選びが大切です。リーズナブルなモデルの製品も多くラインナップされているので、ぜひ購入を検討してみてください。

デスクヒーターの選び方

ヒーターの種類で選ぶ

赤外線ヒーターやファンヒーターなどの「スタンドタイプ」

By: topland.co.jp

とにかくあたたかさを重視したい場合は、出力が大きいスタンドタイプがおすすめです。スタンドタイプとは、デスク下の脇に設置して使用するタイプのこと。主に、じんわりとあたためる「赤外線ヒーター」と温風で素早くあたためる「ファンヒーター」の2種類があります。

スタンドタイプの製品は、足元の近くに置くと、足に当たって倒れてしまう場合もあるため注意。なかには、転倒した際に自動的に電源がオフになる機能を搭載したモデルもあります。安全性を考慮した機能の有無を確認しておくと、万が一の場面でも安心です。

省スペースで収納も簡単な「パネルタイプ」

By: amazon.co.jp

保温性が高いタイプを探しているなら、パネルタイプがおすすめです。パネルタイプとは、デスク下に設置するタイプのこと。折りたたみ式を採用しているモデルが多いのが特徴です。

折りたたみ式のモデルは、パネルをコの字に立てて使用するため、温もりを留めやすい設計。なかには、ブランケットが付属している製品もあります。デスク下の空間が狭い場合はもちろん、広い場合でも温もりを維持可能です。

ほかにも、折りたためることで収納しやすかったり、デスク下の空間が狭い場合でも設置しやすかったりといったメリットがあります。

足元をあたためる「マットタイプ」

By: amazon.co.jp

足の冷えを解消したいなら、マットタイプがおすすめです。マットタイプとは、床に設置するヒーターのこと。足をマットに乗せれば、床の冷たさを遮断しながら、しっかりと足裏をあたためられます。

なかには、足裏をあたためるだけでなく、足全体を包み込めるような製品も。比較的リーズナブルな価格帯のモノも多いため、安くデスクヒーターを購入したい場合にも適しています。

設置スペースに合わせたモデルを選ぼう

By: amazon.co.jp

デスクヒーターを買う際には、まず設置するスペースのサイズを確認しましょう。設置スペースに対して大きすぎるモデルは、デスク下に設置できなかったり、ほかの方が移動する際の邪魔になったりする場合があります。

一方、小さすぎるモデルは、十分な暖房効果を得られないことも。設置スペースの幅を計測したうえで、適切な大きさの製品を選んでみてください。

給電方法をチェック

安定した性能の「コンセント給電」

デスクヒーターは、一般的にコンセント給電を採用しています。オフィスや自宅にあるコンセントに挿して使用するタイプです。

ただし、コンセントの差し込み口とデスクとの間に距離がある場合は、製品のケーブルの長さが足りるかどうかの確認が必要。万が一、ケーブルがコンセントの差し込み口に届かない場合は、延長コードの使用を検討してみてください。

オフィスなどでの使用に適した「USB給電」

デスクヒーターのなかには、種類は少ないものの、USB給電を採用している製品もあります。USB給電とは、パソコンやAC充電器などからUSBケーブルを使用して、電力を供給してもらう給電方式のこと。オフィスやコワーキングスペースなどでの使用に適しています。

ただし、コンセント給電と同様に、USBポートからデスクまでの距離が遠いとUSBケーブルが届かない可能性があるため注意が必要です。

各種機能もチェック

温度調節

By: topland.co.jp

人の出入りが激しかったり、パソコンやプリンターなどの機器が多かったりするオフィスでは、温度調節機能付きのデスクヒーターがおすすめです。室温はドアの開け閉めや機器から発せられる熱によって大きく変化します。温度調節機能が搭載されていれば、その都度、適切な温度に変更可能です。

また、熱がこもりがちなデスク下では、低温やけどにも注意が必要。低温やけどとは、40〜50℃の比較的低い温度と長時間にわたって接触することで起きるやけどのことです。こまめに温度調節ができれば、低温やけどの可能性を軽減させることにも繋がります。

タイマー・人感センサーなどの安全機能

By: amazon.co.jp

仕事や家事などで頻繁にデスクから移動する場合は、タイマーや人感センサーなどの安全機能が搭載されたデスクヒーターがおすすめ。タイマー機能とは、一定時間経過すると電源が自動でオフになる機能のことです。

また、人感センサーとは、人が検知から外れると電源が自動でオフになる機能のこと。電源を消し忘れて火事になったり、電気代が多くかかったりなどのトラブルを軽減します。

電気代が気になるなら「省エネ性能」に注目

By: amazon.co.jp

電気代を抑えてデスクヒーターを使用したいなら、省エネ性に優れたマットタイプがおすすめ。あたためられる面積が小さい分、消費電力を抑えられます。

しかし、マットタイプであたためられるのは、足裏だけに限定されがちです。ひざ下から足元まで満遍なくあたためたい、かつ電気代も抑えたい場合には、熱源部分が小さいスタンドヒーターなども検討してみてください。

デスクヒーターのおすすめ|スタンドタイプ

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 大風量セラミックファンヒータースリム CH-12TDS1

スタイリッシュなデザインながら大風量のデスクヒーターです。サイズは17.5×19.1×37.1cm。温風到達距離は約2mです。また、起動してから短時間であたたまるため、すぐに作業に集中できます。

上下45°まで手動で風向きを調節可能です。ひざ下から足元まで、その日の冷える部分を的確にあたためられます。ターボモード・標準モード・静音モードの3つを備えており、温度調節も可能です。

軽量設計なのもポイント。デスクワークや勉強終了後に、リビングや寝室に簡単に持ち運べます。人感センサーを搭載しているため、消し忘れる心配もありません。風向きや温度調節機能にこだわりたかったり、自宅のさまざまな部屋で使用したかったりする場合におすすめです。

Focondot ファンヒーター HT-001

リーズナブルかつ、片手で持ち運べるほどコンパクトなデザインが特徴のデスクヒーターです。サイズは、10.8×12.8×16.6cm。自宅で使用するのはもちろん、オフィスや出張先に持ち運んで使用したい方にもおすすめです。

速暖性に優れているのもポイント。起動して2秒であたたまると謳われています。また、高温風・中温風・送風の3段階で温度を調節できるため、その日の室温に合わせやすい設計です。

さらに、転倒自動オフ機能を搭載。足が当たったり地震が発生したりした際に、本体が転倒すると、自動的に電源がオフになります。火事などのトラブル発生を軽減するのがポイントです。さまざまな場所に持ち運んで使用したい方はチェックしてみてください。

TOHO ビームヒーターミニ RLC-BHMINI

省エネ性に優れた、キューブ型デザインのデスクヒーターです。サイズは、23×18.4×25.3cm。独自形状の内部パネルを搭載しており、同じ消費電力で2倍のあたたかさを感じることが可能です。1時間の電気代は約5.4円で、1シーズンあたり約10,000円の節電効果を見込めると謳われています。

キューブ型を採用しているのもポイント。足が当たっても転倒しにくく、安定しやすいのが魅力です。火事などのリスクを軽減します。

200Wと400Wの2段階調節や約20°の角度調節にも対応。その日の室温に合わせた調節を行えるため、作業効率の向上に繋がります。使いやすい省エネモデルを探している方におすすめです。

SOLEMOOD セラミックヒーター WL-H205

木目状のおしゃれなデザインが特徴のデスクヒーターです。サイズは、13×20.2×13.1cmと、手のひらに乗せられるくらいコンパクト。自宅でのデスクワークはもちろん、オフィスやコワーキングスペースなどに持ち運んで使用する際にも便利なサイズ感です。

また、静音性にも優れています。弱モード時と強モード時の騒音値は、それぞれ44dbと49db。44dbは図書館の中、49dbは静かな事務所の中程度の騒音です。

さらに、自己温度制御機能を搭載。本体の温度が上限に達すると、消費電力が一定に抑えられます。余計な電力を消費しない分、電気代の節約が可能です。

シロカ(siroca) 温度調節・人感センサー付き 足元ヒーター まめポカ SH-T132


幅19×奥行14×高さ27cmというコンパクトサイズで、限られたスペースにも設置できるデスクヒーターです。人感センサーを搭載しているため、デスクを離れた際には自動で電源が落ちるのが特徴。また、転倒や過熱を検知した際には電源が切れる仕様で、安全性を重視する方におすすめです。

活性炭のフィルターが付いており、嫌なニオイを軽減できるのが魅力。本体は軽量設計で、デスクはもちろん、自宅内のさまざまな場所に持ち運んで使いやすいデスクヒーターです。

デスクヒーターのおすすめ|パネルタイプ

パナソニック(Panasonic) デスクヒーター DC-PKD4-H


細かな柄が全面にあしらわれたパネルタイプのデスクヒーター。オフィスはもちろん、自宅にも馴染みやすいシンプルなデザインに仕上げています。高さは48cmで、幅広いサイズのデスクの下に収まりやすいのが特徴です。

温度は強・弱の2段階で調節可能。状況に合わせてモードを切り替えれば、電気代を抑えながら足元をあたためられます。また、180cmの電源コードが付いているため、コンセントから離れた場所でも使用可能です。

Miriyon 省エネパネルヒーター RH-W202

省エネ性に優れたデスクヒーターです。電気代は、1時間あたり約3.8円と省エネ設計なのがポイント。電気代を抑えて使いたい方におすすめです。

また、従来のパネルヒーターには珍しい、ヒーター面を足裏まで採用したデザインも魅力。ひざ下から足の裏まであたたまることが可能です。

さらに、ブランケットが付属。本製品をコの字に配置した上に付属のブランケットをかければ、まるでこたつのようなあたたかさを感じられます。省エネ性に優れた製品を探している方におすすめです。

LEADFAR 折り畳み式パネルヒーター


リーズナブルながら機能性に優れたデスクヒーターです。全長サイズは、54×100cm。55℃・65℃・75℃の3段階の温度調節機能を搭載しています。室温に合わせて適切な温度に調節可能です。

また、安全性にも優れています。45°傾くか3時間経過すると自動的に電源が切れたり、温度が異常に上がると自動的に電源が切れたりする機能を搭載。小さい子供やペットがいる場合でも安心して使用できます。

省エネ対策にもなるのがポイント。1時間あたりの電気代は、約4.5円と抑えられています。安くて多機能搭載している製品を探している方におすすめです。

テクノス(TEKNOS) テーブルヒーター 脚/カバー付 DH-450


デスクに取り付けてこたつのように使用できるデスクヒーターです。サイズは35×45cm。折りたたみ式ではなく、1枚のパネル式を採用しています。マグネットでデスクの下に貼り付けられるのが特徴。両面テープで専用の金具を付ければ、木製のテーブルにも設置可能です。

また、フリース素材の専用カバーが付属しています。専用カバーを使用すれば、まるでこたつのような温もりを感じることが可能です。

人感センサーが搭載されているのもポイント。検知外に離れると自動的に電源がオフになるため、電気代の節約に繋がります。デスク下にあまり空間がない方におすすめです。

アスウェル(ASUWELL) 超薄型 遠赤外線パネルヒーター ASU-020MA

タッチパネルを採用した、超薄型のデスクヒーターです。サイズは、51×67.5cm。パネル部分の厚さは、わずか8.5cmです。おしゃれでスタイリッシュなデザインなので、部屋のインテリアともマッチします。

また、暖房性に優れているのも特徴です。600Wの弱モードと1200Wの強モードの、2種類の温度調節機能を搭載しています。

さらに、過度な温度上昇を感知した場合に自動停止する「温度上昇防止機能」や、転倒時に電源がオフになる「転倒時自動OFF機能」を搭載。チャイルドロック機能も採用されているため、小さな子供がいる家庭でも安心して使用できます。

デスク下の空間に余裕があり、デザインや安全性を重視したい方におすすめです。

ドウシシャ(DOSHISHA) 人感センサー付き 遠赤外線パネルヒーター PHX-021J


人感センサーを搭載しており、人が近づくと自動で運転がスタートするスマートな設計のデスクヒーター。遠赤外線を利用するタイプで、じんわりとしたあたたかさを好む方におすすめです。

スタンド部分を回転させればフラットになるため、ちょっとしたスペースにも収納できるのが魅力。さらに、転倒OFFスイッチ・サーモスタット・温度ヒューズを搭載するなど、安全性にこだわっています。

トップランド(Topland) コンパクトパネルヒーター SP-PH250


付属のスタンドで床置き、もしくはマグネットの力でデスクに取り付けて使用できる、2WAYタイプのデスクヒーター。スタンドは約15~45°の角度で可動するため、好みに合わせて角度を調節可能です。

弱・中・強の3段階で切り替えられる温度調節機能を搭載しているのが特徴。厚みがわずか3.6cmとスリムで、ちょっとしたスペースにも収納できるデスクヒーターを探している方におすすめです。ハンドルが付いているため、スムーズに持ち運べます。

VIVREAL パネルヒーター WY-NJW-050K

幅広い温度調節が可能なデスクヒーターです。本製品は、45℃・50℃・55℃・60℃・65℃の5段階の温度調節機能を搭載しています。

また、本体上部に設置できるカバーが付属。上に逃げる熱を閉じ込めて、あたたかさを逃がしにくいデザイン設計です。さらに、全長195cmと長い電源ケーブルを採用しています。コンセントから離れた位置にあるデスクでもつなぎやすい製品です。

ほかにも、タイマー設定機能や加熱対策機能など便利な機能を搭載しています。細かく温度設定を行いたい場合におすすめです。

デスクヒーターのおすすめ|マットタイプ

パナソニック(Panasonic) マルチウォーマー DF-SAC30

柔らかい生地感が特徴のデスクヒーターです。サイズは、29×39×5cm。生地にはマイクロファイバーを採用しています。空気を多く含む性質を有しているため、ふんわりとした心地のよい肌触りを感じることが可能です。

また、カバーからヒーターユニットを外せば、洗濯機で丸洗いもしくは手洗いができます。こまめに洗濯すれば綺麗な状態を維持可能です。

電源コードが3mと長いのもポイント。コンセントとデスクの距離が離れていても、使いやすい設計を採用しています。使い勝手に優れた製品を探している方におすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ホットマット HCM-40S-T


滑らかな肌触りの起毛素材を使用しており、足を乗せた際の感触が心地よいデスクヒーター。サイズはコンパクトな縦40×横40cmや縦60×横60cmなどが展開されています。オフィスのデスク下をはじめとして、さまざまな場所に設置しやすいデスクヒーターです。

表面温度は強・弱の2段階で切り替え可能で、あたため具合を好みに合わせて調節できるのがポイント。消費電力が少なく、電気代を抑えながら足をあたためられるデスクヒーターを探している方におすすめです。

GUUSII HOME フットウォーマー FT-1616

足裏から甲の部分まで広くあたためられるデスクヒーターです。サイズは、40×40×2cm。足の甲の部分にもヒーターを搭載しています。足を360°あたためられるため、足元を効率的にあたためたい方におすすめです。

また、1時間・2時間・3時間・4時間の4段階タイマー機能を搭載しています。設定時間に達すると自動的に電源がオフになるため、あたため過ぎや切り忘れを防ぎやすいのがポイントです。

本製品は、40℃・45℃・48℃・52℃・56℃・60℃の6段階の温度調節機能を搭載しています。細かく温度管理可能で、快適な温度で維持しやすい設計です。さらに、電源コードも約2.5mと長いモノを採用しています。

ドウシシャ(DOSHISHA) ONVEIL 薄型足元ヒーター A・Ta・Ta・Me WHX-F05 CC


中敷き部分を取り外して丸洗いできるため、汚れを気にせずに使えるデスクヒーター。足の甲までが覆われる設計で、熱を逃さずに足をあたためられます。温度は強・中・弱の3段階で細かく調節可能です。

使用し終わった際にはコンパクトに折りたためる設計で、持ち運びに便利。また、USBからの給電が可能で、コンセントを確保できない場所で活躍するデスクヒーターを探している方にもおすすめです。

VACNITE フットウォーマー

USB給電を採用したデスクヒーターです。サイズは33×29×23cm。男女共に使用できる大きさで、足首まですっぽりと包み込むようなタイプです。

本製品には、60分・90分・120分の3段階のタイマー機能を搭載。また、L・M・Hの3段階の温度調節機能も採用しています。付属のリモコンで設定できるため、足元まで手を伸ばす必要はありません。

さらに、洗濯に対応しているのもポイント。内部の加熱ヒーターを取り出せば、カバーを手洗いできます。コンセントが近くにないオフィスや出張先などでの使用におすすめです。