冬の寒い時期は布団がひんやりしてしまうもの。そんなときは電気毛布を活用すると、より寝心地が快適になるのでおすすめです。

電気毛布は、その名の通り電熱線が埋め込まれた毛布で、電気で毛布全体が暖かくなる仕組み。なお、ラインナップ製品にはUSB接続で暖められるアイテムもあり、それらは持ち運びにも便利です。

そこで今回は、電気毛布のおすすめモデルを掛けタイプ、敷きタイプ、掛け敷き両用タイプにそれぞれ分けてご紹介。電気代や洗濯についても言及するので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

電気毛布とは

img59918414

By: rakuten.co.jp

電気毛布は毛布の中に電熱線が埋め込まれており、電流を流すことによって電熱を発生させます。元々は湯たんぽと一緒で、布団の中を暖めるために作られていました。今では膝掛けタイプやショールにできるモノなどがあり、布団を暖めるだけでなくちょっと寒い時に気軽に使うことができます。

湯たんぽの場合は局部的な暖めしかできませんが、サイズの大きい電気毛布は身体全体に掛けることが可能。なので、身体全体を暖めることができます。

電気毛布の電気代は安い!

night-numbers-daily-almost-75300

電気毛布の電気代は使用の仕方にもよりますが、弱で1日8時間使用したとしても、1ヶ月あたり約30~50円ですんでしまいます。強で8時間程度使用しても、1ヶ月で約200円程度になります。

ワット数が高い暖房器具は1時間あたりの電気代も高くなるため、電気毛布を上手に活用すれば節約も期待できるのでおすすめです。

電気毛布って洗濯できるの?

最近の電気毛布は丸洗いできるものが多くなっています。基本的には手洗いするのがおすすめ。洗濯機で洗う場合は、コントローラーを外してネットに入れ、毛布洗いモードなどで洗いましょう。なお、ドラム式洗濯機では洗濯できないモノがほとんどなので注意が必要です。

基本的に、商品タグや取扱説明書に丸洗い可能がどうかが記載されているので要チェック。

電気毛布の選び方

種類をチェックしよう

By: item.rakuten.co.jp

基本的に電気毛布には2つのタイプがあり、敷くタイプと掛けるタイプがあります。寝るときに使用する場合には敷くタイプの方が熱伝道の効率が高いためおすすめです。掛けるタイプの電気毛布は、座っているときの膝掛け用などに使用するのが最適。

また、掛け・敷きの両方をすることができる電気毛布もあります。家にいる時にずっと使用したい方は、両用タイプを選びましょう。

素材をチェック

By: item.rakuten.co.jp

電気毛布に採用される基本的な素材は、アクリルやポリエステルです。ダニなどの繁殖も抑えられ、価格もリーズナブルなのでおすすめ。

肌触りを重視したい方は、綿またはフランネル素材のモノを選びましょう。価格が高くなり、ダニにも注意が必要ですが、ふんわりとした心地よい肌触りです。

サイズをチェック

By: item.rakuten.co.jp

掛けるタイプは敷くタイプよりも基本的に大きくなっています。大きめのサイズがよいという方は、掛けるタイプを選ぶのがおすすめ。また、膝掛けタイプなど携帯に便利なサイズ感のモノもあります。

身長や、布団を暖めるのに使いたい方は寝具の大きさを事前に確認してから選んでみてください。

電気毛布のおすすめメーカー

パナソニック

51f66w0LP2L._SL1000_

By: amazon.jp

大手家電メーカーなので信頼感があります。大型家電や電池のイメージが強いですが、小型家電もつくっています。電気毛布に関しては、洗濯が可能で抗菌・防臭加工がしっかりとされているため、清潔に保ちたい方におすすめです。また、消費電力も比較的抑えめな仕様となっているのも特長と言えます。

なかぎし

41dT6U7613L

By: amazon.jp

なかぎ氏は、国内の暖房器具専門メーカーです。ダニを退治してくれる機能、室温感知センサーなど機能が充実した電気毛布をリリースしています。夜間にも操作がしやすいよう、リモコンにバックライトを搭載したモノなど細かい部分までこだわりが見られます。リーズナブルな価格帯のモノが多く、コスパにも優れているおすすめメーカーです。

コイズミ

31g-gmXeVwL

By: amazon.jp

コイズミは、ストーブやヒータなどの暖房器具の他、ドライヤーやオーブントースターなどもラインナップしています。電気毛布は質が高いモノが多くあり、デザインもおしゃれなので女性にプレゼントするのにもおすすめ。保証期間が付いている製品もあるため、安心感があります。

おすすめの電気毛布【掛けタイプ】5選

コイズミ(KOIZUMI) 電気ひざ掛け毛布 KDH-4064

広げた状態で約110cm×70cmと比較的小振りなサイズ感で、出張や旅行先へ持っていくのに便利です。6段階の温度調節に加え、ダニ退治ができる機能も装えています。

コントローラーを外して30℃以下のぬるま湯での手洗い、毛布洗い対応の洗濯機で丸洗いが可能。電気代も1時間当たり約1.1円の安さとなっています。

パナソニック(Panasonic) くるけっと 電気ひざかけ DC-H4

シックで落ち着いたデザインとなっているので、オフィスでの使用にも向いています。さまざまな試験をクリアしたSEKマーク付きの抗菌・防臭加工を施しているので信頼がおけるのがポイント。コントローラーを取り外しての洗濯が可能なので、清潔に使えます。

約155x93cmのゆったりとしたサイズ感。ラグのように床に敷いて使用することもできます。ショールにする際はずれ落ち防止のフックが付いているため、
勉強など腕を動かして作業する際に便利。

山善(YAMAZEN) USB発熱シート付 2WAYブランケット YHK-UB60

発熱シートを入れてUSBコネクタに接続して使用ができるため、パソコンや車のUSBコネクタから電源共有できます。60x85cmと小ぶりなサイズ感なのでバッグなどに入れて、携帯しておくのにも便利。

やさしい肌触りのボア仕様で体を優しく包み込み、肩掛け用のボタンも付いているのでケープとしても使用可能です。発熱シートは洗えませんが、毛布部分は手洗いできます。

広電(KODEN) 洗える電気ひざかけCWN147

マフラーのようなデザインのひざ掛け毛布です。スムーズに動かせるスライドスイッチで、好みの温度に設定が可能なのも便利。コントローラーを外せば洗濯機での丸洗いにも対応しているため、いつでも清潔に使用できます。

ソファに掛けておいても見栄えがよいのも魅力。サイズは約140×82cmで、肩に羽織ったり、お昼寝をする際に掛けておくのにも便利なサイズ感です。

日立(HITACHI) 電子コントロールひざかけ HCH-200M

ショールとしても使える「肩掛けボタン」が付いているのが特長。素材はポリエステル100%でタオル地のような、なめらかで心地よい肌触りとなっています。ソファーに敷いて使用してもベストです。「室温センサー」が室温に応じて温度を自動コントロールしてくれるので、最適な温度を保てます。

手洗いはもちろん、ネットを使って洗濯機で丸洗いも可能。ボーダー模様のおしゃれなデザインになっており、インテリアにも馴染みやすいのが魅力です。

おすすめの電気毛布【敷きタイプ】5選

山善(YAMAZEN) 電気敷き毛布 YMS-13

シングルベッドや布団にぴったりの140x80cmのサイズ感です。ダニ退治機能と、ドラム洗濯機以外での丸洗いに対応しています。毛玉になるのが心配という方は、シーツの下に敷くと軽減できるのでおすすめ。

リーズナブルな価格帯なので、家族用に何枚か揃えておきたいという方にも最適です。

ライフジョイ(LIFEJOY) 洗える日本製電気敷き毛布 JBS401

強で1時間使用した際の料金が約0.61円という電気代の安さが魅力の電気毛布です。強、中、弱の3段階温度設定が可能で、弱時には1時間当たり約0.06円の電気代になります。コストを軽減させたいという方におすすめです。

コントローラーの操作もスライドで簡単に操作ができるため、シニア層の方へのプレゼントにもベスト。ダニ退治機能を搭載している他、洗濯試験にも合格しているので安心して洗えます。

コイズミ(KOIZUMI) 電気毛布 KDS-4061

足元を重点的に暖める頭寒足熱仕様となっており、熱くなりすぎないソフトな暖かさになっているのがポイント。抗菌防臭効果を備えており、菌の繁殖やイヤなニオイを防ぎます。

ソファに座るときに使うのにもおすすめ。敷き毛布として使う際には、寝る前にスイッチを入れておけば布団を暖めておくことができます。

パナソニック(Panasonic) 電気敷き毛布 DB-U11T

温度調整機能は8段階あり、好みの温度を選びやすくなっています。また、室温センサーを備えているので急に冷え込みが強くなっても快適な温度に自動で設定してくれるのが魅力。

オーソドックスな柄の毛布なので、プレゼントとして贈るのも最適です。ネームバリューのあるメーカーがつくっているため信頼感も高いです。

なかぎし 敷き毛布 NA-023S

 

日本製の多機能でリーズナブルな価格の電気敷毛布です。頭寒足熱配線を意識した配線になっており、足元をしっかり、胸元はソフトに暖められます。

スライド式コントローラーはバックライト付きで夜の寝室でも見やすく操作ラクラク。室温センサー機能により、室温に合った温度に調整してくれるので熱くなりすぎないのがうれしいポイント。ダニ退治機能が付いており、丸洗いにも対応し

おすすめの電気毛布【掛け敷き両用タイプ】5選

日立(HITACHI) 電子コントロール毛布 HLM-201MK

なめらかな肌触りのマイクロファイバーを採用した電気毛布です。極細繊維の間にたっぷりと空気を含むことで、ふんわりとした心地よい暖かさが得られます。また、足側のヒーター線が高密度になっており、足元を重点的にしっかりと温めることが可能です。

内部配線のゴツゴツとした感触も気になりにくいので、敷くだけでなく掛けて使用することもできます。毛布本体には抗菌防臭加工を施しているのもポイント。サイズは約190x130cmとシングルベッドに最適なサイズ感です。

なかぎし 掛け敷き毛布 NA-013K

頭寒足熱という、頭は冷やして足を暖めた状態にするということを意識した配線設計になっています。なので、冷え性の方や足が冷えやすいという方におすすめの電気毛布です。

温度調整は無段階で設定できるため、絶妙な加減にできるのが魅力。手洗いか家庭の洗濯機で丸洗いができるので、いつでも清潔に使用できます。安心の日本製で、ダニ退治機能も備えているのもうれしいポイントです。

コントローラーは暗い部屋でも使えるようバックライトを搭載。価格もリーズナブルなので、複数枚購入したいという方にもおすすめです。

山善(YAMAZEN) 電気掛・敷毛布 YMK-F43P

表面はやわらかく心地よい肌触りのフランネル、裏面はふわふわモコモコのプードルタッチ仕上げになっています。肌触りを重視したいという方は要チェックなアイテムです。

室温に反応して自動的に温かさを調整する機能を搭載。快適な眠りをサポートしてくれます。汚れてしまった場合は、コントローラーを取り外して手洗いが可能。なお、家庭用洗濯機を使う場合は毛布洗いモードで洗えます。サイズは約188×130cmで、膝掛けにしたり、掛け・敷き毛布としても使用可能です。

コイズミ(KOIZUMI) 電気掛敷毛布 KDK-6071

温度は5段階から調整ができ、室温センサーを備えているので自動で快適な温度に調整。ニオイや細菌の繁殖を軽減する抗菌防臭加工もしっかりと施しています。コントローラーを外せば丸洗い可能なので、清潔な使用が可能です。

自宅で使用することはもちろん、寒い時期のキャンプなどアウトドアの際にも活躍が期待できます。その際は、電気があるキャンプサイトかどうかを確認しておきましょう。

パナソニック(Panasonic) 電気かけしき毛布 丸洗い可 DB-R31M

188x137cmと横幅が広めなサイズの電気毛布です。8段階の温度調節で、お好みの温かさに設定しやすいのがポイント。室温が約5℃下がると、設定から約1℃アップさせる「室温センサー」で、急な冷え込みにも自動で対応してくれます。

天然由来成分「キトサン」を使用した抗菌・防臭加工は、繊維評価技術協議会の高い基準を満たしたSKEマーク付きで安心。コントローラーは光る設計で夜間でも視認性に優れています。

毛布洗い機能がついた洗濯機であればネットに入れて洗うことが可能です。なお、ドライクリーニングやドラム式洗濯乾燥機では洗えないので注意しましょう。

電気毛布のランキングをチェック

電気毛布のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。