スイッチを入れるだけで手軽に身体をあたためられる「電気毛布」。下へ敷いたり、上から掛けたりできるほか、ひざ掛けとして使えるコンパクトサイズのモノなどもあります。

今回は、おすすめの電気毛布を敷くタイプ・掛けタイプ・掛け敷き両用タイプの3種類に分けてご紹介。おしゃれなデザインのモノや、汚れても洗えるモノなど、さまざまな電気毛布をピックアップしているので参考にしてみてください。

電気毛布の選び方

用途に合ったタイプを選ぶ

ベッドで就寝時に使うなら「敷くタイプ」

By: amazon.co.jp

敷くタイプの電気毛布は、敷布団やマットレスの上へ敷いて使います。電源を入れておくことで、布団の中へ入ったときの冷たさを軽減できるのが魅力。フローリングや畳からの底冷えも軽減できるので、床へ布団を敷く方にもおすすめです。

また、足先が冷えやすい方は、頭寒足熱配線に対応しているモノをチェックしてみてください。電気毛布に巡らせた配線の密度を変えているため、足先もしっかりあたためられます。

デスクワークなどでひざ掛けに使うなら「掛けタイプ」

By: koden-j.com

デスクワークなどで足元の冷えが気になる場合は、ひざ掛けとして使いやすい掛けタイプの電気毛布が便利です。なかには肩にかけてショールのように使える大きめのモノもあり、冷えやすい箇所を重点的にあたためられます。

キャンプや登山などのアウトドアシーンへの持ち運びを考えている場合は、コンセントがない場所でも手軽に使える電気毛布をチェックしてみてください。充電式のモノや、モバイルバッテリーから給電できるモノなどがあります。

どちらの用途でも使える「掛け敷き両用タイプ」

掛け敷き両用タイプの電気毛布は、身体の下に敷いても上から掛けてもあたためられるのが魅力です。デスクワークではひざ掛けとして使い、就寝時にはマットレスの上に敷いて使うなど、シーンに合わせて使えます。

また、掛け敷き両用タイプの電気毛布は、1枚で掛けタイプとしても敷くタイプとしても使えるため、オフシーズンになると省スペースに収納可能。一人暮らしの方など、収納スペースが限られている場合にもおすすめです。

素材をチェック

By: amazon.co.jp

電気毛布は、製品によってさまざまな素材が使われています。多くの電気毛布ではポリエステルなどの化学繊維を使っており、比較的安く手に入れられるのが特徴です。

なかには、なめらかな肌触りのフェイクファー素材を使った電気毛布などもあり、電源をオフにした後も毛布として便利に使えます。また、肌触りのよさを重視する方は、フランネル生地を使った電気毛布もチェックしてみてください。

サイズをチェック

By: amazon.co.jp

電気毛布は製品によってサイズが異なります。例えば掛け敷き両用タイプの電気毛布は縦幅180~190cm前後、横幅130~140cm前後のモノが豊富。縦幅・横幅ともに長い傾向にあるため、寝具が大きい場合でも使いやすいのが魅力です。

敷くタイプの場合は、布団などに収まりやすい横幅80cm程度のモノが豊富。掛けタイプの電気毛布は、比較的コンパクトなサイズの製品が揃っています。冷えた身体をしっかりあたためられるように、身長やベッドのサイズに合わせて選んでみてください。

洗濯できるモノだとお手入れが簡単

By: lifejoy.co.jp

電気毛布は使っているうちに寝汗や皮脂などで汚れるため、洗濯できるモノがおすすめです。洗濯すれば普段から清潔に使える上、オフシーズン前に洗濯しておくことで、虫食いやニオイなどを軽減できます。

多くの電気毛布は洗濯機での丸洗いに対応しており、コントローラーやバッテリーを取り外せば、自宅の洗濯機でお手入れ可能です。ただし、洗濯用ネットの使用など制限のあるモノも多いので、洗う前に洗濯表示を確認してみてください。

各種機能をチェック

温度調節機能

By: amazon.co.jp

温度調節機能を搭載した電気毛布なら、自分の体温や周囲の温度上昇に合わせて調節できます。好みの温度に無段階で変えられるモノも多いため、暑がりの方や寒がりの方にもおすすめの機能です。

また、なかには周囲の温度に合わせて自動で温度を調節する高機能な電気毛布もあります。温度調節の手間を省きたい方は、チェックしてみてください。

タイマー機能

By: koizumi-onlineshop.jp

タイマー機能がある電気毛布は、設定時間になるとオフになるため便利です。就寝中に電気毛布を使う場合、タイマーを設定しておくことで就寝中の暑苦しさを軽減できます。さらに、電気の無駄使いも抑えることが可能です。

また、タイマー機能を使えば、電気毛布のつけっぱなしによる肌の乾燥なども防止できます。

電磁波カット

By: amazon.co.jp

電磁波とは、電界と磁界が互いに影響し遠くへ伝わる現象のことです。電磁波は、電子レンジ・携帯電話・テレビなど、さまざまな生活家電で発生しており、電気毛布を使うときにも電磁波が発生します。

電磁波が気になる方は、電磁波カットを謳った電気毛布を選ぶのがおすすめです。併せてチェックしてみてください。

電気毛布のおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

「パナソニック」は、室温センサーを搭載した高機能な電気毛布を展開しているのが魅力。周囲の温度を検知することにより、自動で温度を調節します。部屋の温度が上下しても、快適に過ごせる電気毛布を探している方におすすめのメーカーです。

また、ダニ対策機能を搭載した電気毛布も揃えており、オフシーズン前にお手入れしやすいのもポイント。なかには抗菌防臭効果が期待できるモノもあります。毎日清潔に使いやすいので、使用頻度が高い方はチェックしてみてください。

コイズミ(KOIZUMI)

「コイズミ」の電気毛布はデザイン性に優れたモノが多く、おしゃれに使えるのが魅力です。ダニ対策機能や水洗いに対応した製品を揃えているため、自宅で手軽にお手入れできます。

また、コイズミの電気毛布は肌触りのよいモノが多いのもポイント。レーヨン素材を使ったしっとりとした手触りのモノや、裏起毛を採用したやわらかな手触りのモノなどがあり、通常の毛布としても快適に使えます。

山善(YAMAZEN)

「山善」は、ランニングコストを安く抑えられる電気毛布を多く展開しています。1日6時間使った場合の電気代が2.4円と謳うモノもあり、デスクワークなどで長時間電気毛布を使う方にもおすすめです。

ダニ対策や消臭などの機能性に優れた電気毛布をラインナップしているのも特徴。電気代の安さや、機能性の高さを重視する方は要チェックのメーカーです。

電気毛布のおすすめ|敷くタイプ

パナソニック(Panasonic) 電気しき毛布 DB-UM4LS

マイクロファイバー素材を使った電気毛布です。やわらかく肌触りがよいので、電源をオフにした状態でも通常の毛布として便利に使えます。

温度調節はコントローラーのダイヤルを使って手軽に可能。また、室温センサーを搭載しているのも特徴です。室温が約5℃下がると、設定している温度から自動的に約1℃上昇します。

コントローラーを「ダニ」に合わせれば、ダニ対策もできます。コントローラーを外して洗濯用ネットに入れれば自宅の洗濯機で洗えるため、シーズン終わりのお手入れも簡単です。

コイズミ(KOIZUMI) うるおいタッチ 電気敷毛布 KDS-50217M

肌触りを重視する方におすすめの電気毛布です。通気性や吸湿性に優れたレーヨン素材を使っているのが特徴。水分率が高いため、しっとりとした肌触りが楽しめます。

地糸には帯電防止糸を使用しており、乾燥などによる静電気の発生も軽減可能。さらに、身体が発する水分を熱に変える吸湿発熱素材も採用しているので、電源を切った後もあたたかく快適に使えます。

また、冷えやすい足元を中心にあたためる、頭寒足熱配線を採用しているのもポイントです。電源を入れると室温センサーにより自動で温度をコントロールするため、冷え込む夜も快適に過ごせます。

付属のコントローラーを使えば無段階の温度調節が可能。強モードに設定すればダニ対策もできます。

山善(YAMAZEN) 電気敷毛布 YMS-HR30FK

携帯カイロなどを展開するホカロンとコラボした電気毛布。身体が発する水分を吸水して発熱する、吸湿発熱生地を使っているのが特徴です。1時間あたりの電気代目安は弱モードで約0.4円、適温モードで約0.6円、強モードで約0.9円。電気代を抑えたい方に適しています。

生地はフランネル素材を使っているので、肌触りが良好。電源を切った後も通常の毛布として快適に使用可能です。

本体にはコントローラーが付いており、スライド式スイッチで好みに合わせて温度調節ができます。強モードにセットすればダニ対策も可能。さらに、自宅の洗濯機で洗えるため、お手入れが簡単です。

広電(KODEN) 電気毛布 敷タイプ フランネル VWA405H

表布にやわらかくなめらかなフランネル素材を採用した電気毛布です。ツリー柄をあしらい、北欧風デザインに仕上げています。寝具のアクセントとしてもおしゃれです。

本体にはコントローラーが付属し、3段階の温度調節が可能。「強」モードにセットすれば、ダニ対策ができます。寝汗などで汚れた場合は本体が丸洗いできるので、清潔に使用可能です。

また、1時間あたりの電気代が約0.61円と安いのもポイント。電気代を安く抑えたい方におすすめです。

椙山紡織(Sugiyama) 電気敷毛布ロング NA-08SL

縦の長さが180cmあるロングタイプの電気毛布です。肩から爪先までしっかりあたたまりたい方におすすめ。頭寒足熱配線を採用しており、足元をしっかりあたためられます。

好みに合わせてコントローラーで温度調節できるほか、室温センサーを搭載しているため、室温に合わせた自動コントロールも可能です。

ダニ対策ができるのもポイント。また、洗濯用ネットに入れて自宅の洗濯機で洗えるため、オフシーズン前のお手入れも簡単です。

フリーダン(FREEDAN) 電気しき毛布 FCS401H

ボーダー柄を採用したおしゃれな電気毛布です。サイズは約130×80cmあり、シングルサイズのベッドにおすすめ。シーツの下へ敷くことを想定して作られているので、しっかりとぬくもりが伝わります。

本体にはコントローラーが付属し、手元で簡単に温度調節が可能。強モードに設定しても1時間あたり約0.61円と電気代が安いため、長時間使う方もチェックしてみてください。

汚れが気になったときは、コントローラーを取り外して洗濯用ネットに入れれば洗濯機で丸洗い可能。約0.7kgと軽量なのもポイントです。

ライフジョイ(LIFEJOY) 洗える 電気しき毛布 JCS551 約140×80cm 

足元を中心にあたためる、頭寒足熱配線を採用した電気毛布です。コントローラーのスイッチをスライドさせるだけのシンプルな操作で温度調節ができるため、機械の操作に不慣れな方でも安心して使えます。

強モードに設定すればダニ対策もでき、オフシーズン前のお手入れが楽。また、汚れが気になった場合は洗濯機で洗えるので、清潔な状態をキープできます。

電気毛布のおすすめ|掛けタイプ

コイズミ(KOIZUMI) MOON 電気ひざ掛け KDH-M415

イギリスの老舗テキスタイルメーカー、ムーンの生地を使った電気毛布です。表面にあしらったトラッドなチェック柄がおしゃれ。裏面にはなめらかな手触りのマイヤー毛布を使っています。

本体はひざ掛けとして使いやすいコンパクトサイズなので、オフィスなどでもおすすめです。また、無段階の温度調節に対応しています。

高温設定にすればダニ対策も可能。さらに毛布部分は洗えるので、簡単にお手入れできます。外出先へ持ち運ぶ機会が多い方もチェックしてみてください。

コイズミ(KOIZUMI) リサラーソン USBブランケット KDH-L113U 90×60cm

スウェーデンのブランド、リサラーソンの猫をあしらったおしゃれな電気毛布です。部屋のアクセントにもなるデザインが魅力。プレゼントとしてもおすすめです。

充電はできませんがUSB給電に対応しているため、モバイルバッテリーなどから電源を取れます。コンパクトサイズなので、屋外への持ち運びにも便利。毛布は水洗いができます。

1時間後に自動で電源がオフになり、切り忘れを防げるのもポイント。裏面はやわらかな起毛素材でできており、電源を切った後もあたたかく使えます。

山善(YAMAZEN) 抗菌・抗ウイルス 電気毛布 ひざ掛け YHK-CL30F

抗菌・抗ウイルス機能繊維加工技術の「CLEANSE」や、消臭技術の「トリプルフレッシュ」を採用した電気毛布。ダニ対策機能が付いているほか、本体の丸洗いにも対応しているので、清潔に使いたい方におすすめの製品です。

本体は100×70cmのコンパクトサイズなので持ち運びやすく、洗濯機への持ち運びも簡単。デスクワークなどでひざ掛けとしても使いやすいサイズです。

8時間の自動オフタイマーを搭載しているので、切り忘れのリスクを軽減できます。安全性が高く、電気代の無駄使いも軽減できて便利です。

また、自動で温度をコントロールする室温センサーを搭載しているのもポイント。部屋を移動したり、ストーブを切ったりして周囲の温度が上下した場合も、温度調節の手間が省けます。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ヒートブランケット HW-HBK

USB給電に対応した電気毛布です。モバイルバッテリーなどから給電できるため、コンセントが届かない場所でも使えます。デスクワークのほか、アウトドアでの使用を考えている方にもおすすめです。

内部には、導電性・熱伝導性・耐熱性に優れたカーボンナノチューブを採用しており、速暖性に優れています。本体の温度は、ボタンを押すだけで4段階に調節可能。コントローラーがない分コンパクトで軽く、省スペースに収納できます。

また、ひざ掛け・肩掛け・腰巻きの3WAYに対応しているのも魅力です。デスクワークや移動中など、シーンに合わせて使えます。洗濯用ネットを使えば洗濯機で洗えるため、汗などで汚れた場合のお手入れも簡単です。

広電(KODEN) 電気ひざかけ毛布 CPN141NC

おしゃれなタータンチェックの電気毛布です。約140×82cmの大判サイズなので身体を覆いやすく、ひざ掛けとしても肩掛けとしても便利に使えます。生地にはやわらかな厚手生地を採用しており、肌触りも良好です。

また、お手入れのしやすさもポイント。ダニ対策ができる機能を搭載しているほか、本体の丸洗いに対応しています。

マキタ(MAKITA) 充電式暖房ひざ掛け CB200D

コンセントがない場所でも使える充電式の電気毛布です。デスクワークのほか、キャンプや登山などのアウトドアにもおすすめ。洗濯乾燥機が使えるので、汚れた場合も手軽に洗って乾かせます。

また、3つのスナップボタンとドローコードが付いているのもポイント。ひざ掛け・肩掛け・腰巻きの3WAYに対応しており、シーンに合わせて使えます。裏地にフェイクファーを使用しており、そのまま通常の毛布としても使いやすいのが魅力です。

モリタ(MORITA) USBブランケット TMH-1070

コンセントがない場所でも手軽に使える、持ち運びに便利な電気毛布です。手持ちのモバイルバッテリーなどから給電できるのが魅力。コンセントが近くにない場合でも使用できます。

1時間自動OFFタイマーが付いているため、バッテリー残量の無駄使いも防げます。生地はやわらかな水晶ソフトボアなので、バッテリーが切れた後も毛布として使用可能です。表面温度が約50℃まで上がるため、しっかりあたたまりたい方はチェックしてみてください。

ゼンケン(ZENKEN) 電気ひざかけ ZR-5 160×93cm

掛けタイプのなかでは比較的ワイドなサイズの電気毛布です。身体全体をあたためたい方におすすめ。ボタンが付いているので、羽織ることもできます。チェック柄を採用しており、ショールとしてもおしゃれです。

温度は好みに合わせて無段階調節が可能。高温に設定すれば、ダニ対策もできます。手洗いに対応しているため、清潔に使いたい方にもおすすめ。また、電磁波カット効果を謳っているのもポイントです。

電気毛布のおすすめ|掛け敷き両用タイプ

パナソニック(Panasonic) 電気かけしき毛布 シングルMサイズ DB-R31M

抗菌防臭効果が期待できる、天然由来の「キトサン」を採用した電気毛布。ニオイや汚れが気になったときは自宅で丸洗いが可能です。

付属のコントローラースイッチで温度調節ができるほか、室温センサーも搭載。快適な温度に自動調節されるため、設定の手間が省けます。

椙山紡織(Sugiyama) 電気掛敷兼用毛布 NA-013K

さまざまなインテリアと合わせやすい、落ち着いたストライプ柄の電気毛布です。内部には、足元もしっかりあたためられる頭寒足熱配線を採用。足先が冷えやすい方にも向いています。

コントローラーで簡単に温度調節ができるほか、自動で温度調節する室温センサーを搭載。部屋の温度が下がってきた場合も、快適に過ごせます。

また、コントローラーを取り外せば自宅の洗濯機で洗えるので、お手入れのしやすさを求める方にもおすすめです。ダニ対策機能も搭載しています。

広電(KODEN) 電気毛布 掛敷タイプ 綿 VCG551C 約188×130cm

天然素材の綿を使った電気毛布。優しい肌触りの製品を探している方におすすめです。本体にはコントローラーを搭載しており、室温に合わせて温度調節が可能。強モードにすれば、ダニ対策もできます。手洗いモードなどでの洗濯に対応しているので、清潔に使用可能です。

落ち着いた配色のおしゃれなデザインなので、さまざまな部屋と調和。寝具との馴染みやすさを重視する場合も、チェックしてみてください。

広電(KODEN) 電気毛布 掛敷タイプ フランネル VWB801R

表と裏の両面に、なめらかな肌触りのフランネル生地を採用した電気毛布です。肌触りのよさを重視する方におすすめ。手触りがよいので、電源をオフにした後も毛布として快適に使えます。

寒さを感じたときは、スライドスイッチを搭載したコントローラーで簡単に温度調節可能。室温センサーを搭載しているため、室温が上下した場合も自動コントロールできます。

また、高温に設定すればダニ対策が可能。本体の丸洗いに対応しているので、寝汗などで汚れた場合も手軽にお手入れできます。

ライフジョイ(LIFEJOY) 洗える フランネル電気掛け敷き毛布 JCBR803

なめらかなフランネル生地を採用した電気毛布です。強モードにすればダニ対策ができます。

また、スライド式コントローラーで簡単に温度調節できるのもポイント。周囲の温度変化を検知する室温センサーにより、深夜や早朝の冷え込みにも自動で対応するため、あたたかく過ごせます。

カラーバリエーションが豊富なのも魅力。寝具の色に合わせて選んでみてください。

電気毛布の売れ筋ランキングをチェック

電気毛布のランキングをチェックしたい方はこちら。