手軽な暖房器具として冬に役立つ「電気あんか」。電源を入れると素早くあたたまるのが魅力です。布団内の保温のほか、日中に足元やお腹をあたためるカイロとしても使用でき、幅広い状況で活躍可能。しかし、サイズや形状に種類があるので適切な製品選びが重要です。

そこで、今回は電気あんかの選び方とおすすめモデルをご紹介します。メリットやデメリットもあわせて解説するため、購⼊を検討中の⽅はチェックしてみてください。

電気あんかのメリット・デメリット

メリット

By: three-up.co.jp

電気あんかのメリットは、あたたまるまでの時間が短いことです。エアコンなどの場合は部屋全体があたたまるまでに時間がかかりますが、電気あんかの場合はピンポイントですぐに暖を取ることが可能。エアコンと異なり空気が乾燥しにくいのもポイントです。

湯たんぽのようにお湯を沸かす手間がなく、スイッチひとつで簡単に暖が取れるのも魅力。電気による発熱で一定の温度をキープすることに長けているため、長時間の使用で温度が極端に下がることもありません。

また、コードレス充電タイプの場合は温度が下がることもありますが、湯たんぽに比べると保温性能は高く、就寝時の利用でも一定の温度を朝までキープできる製品もあります。

さらに、温度調節機能を搭載する製品も多く、好みのあたたかさに調節できるのもポイント。ほかの暖房器具よりも製品価格や消費電力が比較的低いことが多いので、コストを意識する方にも電気あんかはおすすめです。

デメリット

電気あんかは、使用時間に比例して電気代がかかります。暖房器具のなかでは消費電力が低い方ですが、ランニングコストが発生するのがデメリットです。

ただし、エアコンの暖房運転や電気ストーブの場合は最低でも数百Wほどの電力を消費しますが、電気あんかの消費電力は100W以下の製品が多め。電気代を抑えつつ暖房器具を使いたい方に適しています。

また、電気あんかを長時間使用する場合は低温やけどにも気をつけましょう。就寝時などは直接肌が触れないよう足から少し離して使用するなどの注意が必要。心配な方には、異常な加熱を検知すると自動で温度調節をする機能を搭載した製品もおすすめです。

電気あんかの選び方

タイプをチェック

スタンダードな「平型・山型」

By: amazon.co.jp

昔ながらのスタンダードな電気あんかといえば、平型や山型の形状をしたモノ。平型はコンパクトな長方形の製品が多く、使い勝手のよさが魅力です。軽くて携帯性に優れるため、昼はデスクやソファで、夜は布団の中で使用するなど、家の中で持ち運びたい方にも適しています。

一方、山型は傾斜のついた厚みのある形状です。厚みが布団内にすき間を作ることで蒸れにくくなるので、布団内をあたためられます。あらかじめ布団に入れておけば、就寝時には適温となりスムーズな入眠が可能です。足を乗せやすい形状のため、デスクで冷えた足元をあたためるのにも向いています。

あたためられる範囲が広い「大判タイプ」

By: koizumi-onlineshop.jp

大判タイプの電気あんかは、就寝時の使用はもちろんイスに座った状態で腰や背中に当てて利用するなど、面の広さを活かした暖の取り方が可能。広範囲を素早くあたためられるのが特徴です。

大判の電気あんかには柔らかくて肌あたりのよいソフトタイプの製品が多く、硬いあんかが苦手な方にもおすすめ。平型や山型と比べて薄型の製品が多いのもポイントで、厚さは3cm前後の製品が一般的です。

機能や柄のデザインのほか面の大きさが製品によって異なるため、大判タイプが気になる場合は、自分の利用イメージと合うサイズ感を意識して選んでみてください。

コードレスで使える「蓄熱式湯たんぽタイプ」

By: three-up.co.jp

蓄熱式湯たんぽタイプは、コードレスで持ち運びが可能。充電式なのでコードが気になる場合や、コンセントから使用場所まで距離がある場合などにおすすめです。数十分の充電でしっかり熱を蓄えて、数時間ほど保温できる製品もあるため就寝時でも安心して使えます。

また、通常の湯たんぽであればお湯を交換する手間がありますが、蓄熱式電気あんかはお湯の交換が不要。繰り返し使えるタイプの製品が多いのも魅力です。

充電をしてしまえば携帯性に優れる反面、利用前の充電の手間がネックとなる場合も。電気あんかを選ぶ際には、具体的な使用イメージを持って適切なタイプを選びましょう。

温度調節ができるかチェック

By: amazon.co.jp

電気あんかを選ぶ際には、温度調節ができる製品か確認するのがおすすめ。その日の体調や室内環境に合わせて適した温度に調節ができるので、より快適に使用することが可能です。一部の製品には手元コントローラーが付属しており、布団から起き上がらずに簡単に温度調節ができます。

また、低温やけどが心配な方には、サーモスタット機能がついた製品がぴったりです。サーモスタット機能とは、自動で温度調節を行い一定の適温を保つ機能のこと。例えば、電気あんかの温度が上がり過ぎて異常な高温を検知したときには、やけどをしないよう発熱を抑えて温度を下げます。

自分での温度管理が難しい方でも安心して使用できるため、小さな子供や高齢者が使用する場合はサーモスタット機能の搭載された製品がおすすめです。

消費電力をチェック

電気あんかの使用時に気になるのが電気代です。大きさや形状によりますが、1時間あたりの電気代は0.1~0.3円ほどの製品が多め。仮に1時間あたり0.3円の場合、毎日8時間使用しても1日約2.4円で、月に80円もかからない計算です。

電気代が気になる場合は、電気代の目安を比べてみることが大切ですが、スペック表示はメーカーごとに異なります。電気代の目安が不明な場合は、消費電力を表すW数の大きさも参考になります。

ほかの暖房器具と比べて電気代はそれほど高くないので極端な心配は不要ですが、コストを意識して電気あんかの比較をする際にはチェックしてみてください。

電気あんかのおすすめ

山善(YAMAZEN) 平型電気あんか YDW-H605D

シンプルで使いやすい平型の電気あんかです。幅16×奥行23×高さ5cmのコンパクトサイズでコードの長さは約2m。本体埋め込み型のダイヤルで3段階の温度調節が可能なほか、サーモスタットも搭載されています。低価格ながら重要な機能はしっかり備えたコスパの高い製品です。

約58℃の最高温度で利用した場合、1時間あたりの電気代目安は約0.28円で1日8時間の利用でも月の電気代は70円以下。本体価格が安いだけでなく、電気代をそれほど意識せずに気軽に使用できるのも魅力です。

昔からあるスタンダードな平型タイプの電気あんかを探している場合は、ぜひチェックしてみてください。

コイズミ(KOIZUMI) 平形電気あんか KHA-06212

チェック柄が特徴的なコンパクトサイズの平型電気あんか。温度調節機能とサーモスタットを搭載しており、約58℃・43℃・28℃の3段階の表面温度調節が可能です。

大きさは約縦16×横22×厚さ4.5cmと一般的な平型のサイズ感ですが、コードの長さが約2.9mあるのが特徴。使用場所がコンセントから距離のある家庭にも向いています。

汚れが目立ちにくい柄物で、スタンダードな形状の電気あんかを検討している方におすすめです。

広電(KODEN) 山形電気あんか VAY608

子供部屋にも適した星柄がかわいい山型の電気あんか。ブルー・カーキ・レッドの3色展開なので、寝具や家具の色に合わせやすいのが魅力です。シンプルなモデルながら温度調節機能やサーモスタットも搭載しています。

温度調節は60℃・45℃・30℃の3段階から可能で、60℃利用時の1時間あたりの電気代目安は約0.23円。1日8時間利用しても電気代の目安は月60円以下です。

サイズは幅24.5×高さ8×奥行22cmのコンパクトな形状。製品本体に高さがある山型により布団の中で空気のすき間を作り出すため、寝具の保温で蒸れが気になる方におすすめです。

パナソニック(Panasonic) 電気あんか DW-78P

薄型大判ソフトタイプの電気あんかで、細やかな調節が可能なモデル。手元コントローラーが付いているため、布団から出ずに手軽に温度調節できるのが魅力です。サーモスタットも搭載されており、快適な温度管理を実現します。

温度調節ダイヤルは弱・1~3・強の5段階で、表面温度を45~51℃の範囲で微調整が可能です。また、カバーは抗菌防臭加工が施されており、ドライクリーニングもできるので衛生面も安心。ひとつの製品を長く愛用したい方にもおすすめです。

サイズは約縦29×横39×厚さ3cmと面が大きめかつ、コードの長さも3mあるため使い勝手も良好。1時間あたりの電気代目安も約0.2円程度で、多機能ながら経済性にも優れます。

山善 (YAMAZEN) ソフト電気あんか YDW-S205D

シンプルな大判タイプの薄型ソフト電気あんか。温度調節機能はなく、電源コードの抜き差しで温度調節をするタイプです。しかし、サーモスタットは搭載されているので、安価で最低限の機能を備えた電気あんかを探している方に向いています。

サイズは幅26×奥行31×高さ3cmで、コードの長さは約2mです。布団内での使用はもちろん、日常生活内で足元や腰などをあたためる目的にも使いやすいサイズ感。運転時の表面温度は約45℃で、電気代の目安は1時間あたり約0.14円と低コストな点も魅力です。

落ち着いたデザインの大判タイプを探している方はチェックしてみてください。

コイズミ(KOIZUMI) ソフト電気あんか KSA-03213

チェック柄のおしゃれなデザインが特徴的な大判の薄型電気あんか。温度調節機能がないシンプルな設計ですが、サーモスタットが搭載されており、安全面に配慮された製品です。

サイズは約縦37×横33×厚さ3cmと、電気あんかのなかでも比較的大きめな面を持っています。肌あたりのよい柔らかなソフトタイプかつ、コードの長さも約2.9mあるので使い勝手も良好です。

表面温度は約52℃で、1時間あたりの電気料金は約0.1円。ランニングコストだけではなく本体価格も安いため、コスパを重視する方におすすめの製品です。

ジェイ・エス・ピー 蓄熱式コードレス電気あんかぬくぬく

コードレスで持ち運べる蓄熱式湯たんぽ型の電気あんか。1.5~2時間ほどの充電で、電源コードを外しても8~10時間ほどあたたかさを保てます。使用場所の近くにコンセントがなくても安心です。

「トップノッチサーモ」という蓄熱材技術を取り入れているのもポイント。加熱するとゼリー状になる蓄熱材を採用しており保温効果が長く続きます。

温度センサーとサーモスタットの作動により65℃より温度が上がらない仕様で、やけどにも配慮された設計です。また、蓄熱完了後から3時間ほど経過すると約40℃で安定し、そこから数時間は温度を保てるため、就寝時も朝まで快適に使用できます。

充電時間は1.5~2時間ほどなので、毎日充電しても月の電気代の目安は約72円程度と経済性に優れているのもポイントです。

スリーアップ(three-up) 蓄熱式エコ湯たんぽぬくぬく EWT-2144

かわいいアニマルデザインが特徴の蓄熱式湯たんぽタイプのコードレス電気あんか。ヒツジ・ウサギ・マングース・アルパカの4種の動物デザインがあり、小さな子供のいる家庭にもおすすめです。

蓄熱時間はわずか15分で、あんか用として布団内での使用する場合は約8時間の連続使用が可能。また、布団外でカイロ用として身体に当てて使用する場合も約4時間の連続使用が可能です。

消費電力は360Wと高めですが、充電時間が短いため電気代を抑えたい方にもぴったり。蓄熱1回あたりの電気代の目安は約2.5円で、毎日充電しても月の電気代の目安は約75円なので、有線タイプと比べて極端に電気代が高くなることもありません。

KEYNICE 電気湯たんぽ 9106AD-TGR

もこもこで柔らかい印象の外観が特徴的な蓄熱式の電気あんか。急速充電により13~15分程度の給電で、約6~10時間の保温が可能なコードレスタイプです。

温度センサーを搭載するほか、蓄熱完了後に通電を停止する機能や65℃以上の高温を検知すると通電停止する機能を備えており、安全面に配慮されています。また、充電1回あたりの電気代は約1.8円と低コストなのもポイントです。

外観がシンプルでおしゃれなうえ、抱き心地のよい縦20×横30cmのサイズ感が魅力。オフィスでカイロとして使用したり、屋外での簡易的な防寒グッズとして使用したりと、自宅以外でも活躍します。デザインにもこだわりたい方におすすめの電気あんかです。

ニトリ シリコン電気式湯たんぽ 8301217

ニトリの蓄熱式湯たんぽ型の電気あんか。サイズは幅21.5×奥行14.5×高さ6cmのコンパクト設計で、15分程度の充電で約2時間使用できます。充電時間が短いのでデスクやソファで気軽に暖を取るのにぴったり。寝る前に布団をあたためるといった使い方も可能です。

充電方法も簡単で、コンセントに繋いだ付属の蓄熱プラグを湯たんぽ本体に接続するだけ。また、本体を包むポリエステル製の保温袋は洗濯機で水洗いできるため衛生的に使えるのも魅力です。

充電時は15分程度で自動で通電が停止。サーモスタット機能も搭載されており、過度の加熱を防げるよう安全面にも配慮されています。