「足温器」は、足元の冷えが気になるときに役立つ暖房器具。フットウォーマーとも呼ばれ、つま先や足裏をあたためるモノから、下半身をあたためるモノまで幅広く展開されています。そのため、種類が多く、どれを選ぶべきか迷ってしまいがち。

そこで今回は、選び方と種類別におすすめの足温器をご紹介します。自宅はもちろんオフィスでも使いやすいモノもあるので、気になる方はチェックしてみてください。

足温器・フットウォーマーの選び方

タイプで選ぶ

ヒータータイプ

ヒータータイプの足温器は、本体の放熱により周辺の空気があたたかくなるのが特徴。本体に足をのせられるモノが多く、足先や足裏を中心にあたたかさを感じられます。また、約100~200W前後と消費電力が高めで、しっかりあたたまりやすいのも魅力です。

高さ10cm前後と薄型の足温器が多いのもポイント。机の下に設置しやすく、デスクワークや勉強をしながら足元をあたためたい場合にも活躍します。なかには、スリッパや靴を履いたまま使えるモノもあり、オフィスで使いたい方などにおすすめです。

スリッパタイプ

スリッパタイプの足温器は、本体が2つに分かれているのが特徴。やわらかい布で作られたスリッパやブーツのような見た目で、片足ずつ装着して使用します。カバーにヒーターを内蔵しており、つま先からかかとまであたためられるのが魅力です。

あたたまりながら両足を動かせるのもポイント。両足をそろえてじっとしている必要がなく、より自然な姿勢で快適にあたたまれます。なかには、コードレスで使える足温器も存在。家事をしたり移動したりする際に、装着したまま歩けるので便利です。

マット・シートタイプ

マット・シートタイプの足温器は、小さなマットのような見た目が特徴。布製のカバーが二重になっており、足先を滑り込ませられるのもポイントです。カバーにヒーターを内蔵し、つま先や足裏をじんわりとあたためられます。

比較的消費電力が低めで、省エネ性が高いのもメリット。毎日長時間使用したい方などにおすすめです。さらに、本体価格もリーズナブルなモノが多いので、初めて足温器を試したい方もチェックしてみてください。

足入れタイプ

By: amazon.co.jp

足入れタイプの足温器は深さがあり、つま先やかかとはもちろん、足首やふくらはぎまですっぽり入れられるのが特徴です。広い範囲を覆う形状なので、足が冷えやすい方におすすめのタイプです。

なお、本体が大きく重量のある足温器が多いため、手軽に持ち運びにくいのがデメリット。移動させて使う機会が多い方は、サイズや重量をあらかじめ確認しておきましょう。

履くタイプ

履くタイプの足温器は寝袋を半分にしたような形状で、つま先からウエストまで下半身を包み込むように履けるのが特徴。足首やふくらはぎだけでなく、太ももや腰の冷えも抑えられるのがメリットです。

また、ボアなどの保温性の高い素材が採用された足温器が多く、効率よくあたためられるのもポイント。内部の温度を保ちやすいので、寒さが厳しい真冬にもおすすめです。

なお、履いたり脱いだりするときに手間がかかりやすいのが難点。選ぶ際は、着脱のしやすさもチェックしておきましょう。なかには、履いたまま歩けるモノもあるので、着脱の頻度を抑えたい方はチェックしてみてください。

電源をチェック

By: thanko.jp

足温器やフットウォーマーを選ぶ際は、電源もチェックしておきたいポイント。コンセントにコードをつなげるAC電源式は、消費電力が高い一方で、安定した電力供給ができます。ただし、コンセントが利用できない場所で使えないのがデメリットです。

一方、USB電源式は、パソコンのUSBポートなどから電力を供給できるのが特徴。自宅だけでなく、オフィスなどで使いたい場合にも活躍します。また、モバイルバッテリーを使えば、場所を選ばずに使用できるので便利です。

ラインナップは多くありませんが、充電式の足温器も存在。コードレスで使えるため、移動しながらでもあたためられます。なお、充電が切れると使えないのが難点。使用シーンをイメージし、連続使用時間が十分に長いモノを選びましょう。

温度調節機能をチェック

By: sugibou.com

足温器やフットウォーマーのなかには、温度を調節できるモノも展開されています。足元の冷え具合などに合わせて、適度な温度で足をあたためられるのがメリット。低温に設定すれば、春先でも快適に使用できるので便利です。

コントローラーが付いているモノなら、手軽に温度の調節がしやすいのでおすすめ。あたためすぎるのを予防し、適度な温度をキープすることが可能です。

タイマー機能の有無をチェック

By: asahi-spoon.jp

切り忘れを予防したい方は、タイマー付きの足温器やフットウォーマーを選びましょう。使用後だけでなく、使用中にうっかり眠ってしまってもつけっぱなしにならないので安心。気づかないうちに内部が高温になり、火傷をしてしまうリスクを減らせます。

タイマーのなかには、設定時間に電源が切れるオフタイマーと、一定の時間が経過すると自動的に電源がオフになる切り忘れタイマーが存在。使用時間をしっかり管理したい方はオフタイマー、タイマーを設定するのが面倒と感じる方は切り忘れタイマーが付いているモノがおすすめです。

足温器・フットウォーマーのおすすめ|ヒータータイプ

メトロ電気工業(METRO DENKI KOGYO) 木枠フットヒーター MFH-181ET

こたつ用のヒーターユニットなどを展開する加熱機械器具メーカー「メトロ電気工業」のAC電源式足温器。立ち上がりの早いハロゲンヒーターを搭載しており、寒い季節にすばやくあたたかさを感じられるのがメリットです。

足を置いて使用するため、足裏を重点的にあたためることが可能。温度調節機能付きで、ちょうどよい温度で快適に使用できます。また、外枠の素材に天然木を使用しており、ぬくもりのある見た目と心地よい感触を楽しめるのも魅力です。

また、温度ヒューズ・サーモスタット・電流ヒューズが搭載されているので安心。さらに、5時間経つと自動的に電源が切れるタイマーも搭載しているので、切れ忘れが心配な方にもおすすめの足温器です。

アピックス(APIX) フットソールヒーター AFH-111

足乗板に5.5°のゆるやかな角度があり、足を置きやすいAC電源式の足温器です。また、足乗板には植毛加工も施され、心地よい肌触りを楽しめるのもポイント。滑りにくいため、足にかかる負担も軽減できます。

本体は約幅40×奥行35×高さ12.6cmと、小さい机の下にも設置しやすいサイズ感。デスクワークで冷える足元をあたためたい場合などにおすすめです。無音、無排気と謳われており、運転音を気にせず作業に集中したい方にも適しています。

オンとオフを切り替えるスイッチのみを搭載したシンプル機能なので、初心者の方でも操作が簡単。標準表面温度は約45~55℃に保たれ、足裏からじんわりとあたたかさを感じられます。さらに、4時間後に自動で電源が切れるため、切り忘れ予防もできるので安心です。

センチュリー 温波式足温器 デスクスパ DS-3

靴やスリッパを履いたまま足を乗せられるAC電源式の足温器。履物を着脱する必要がないため、自宅はもちろん、オフィスで使用したい方にもおすすめです。薄型デザインなので、足元を圧迫しにくく快適に使用できます。

発熱フィルムを採用し、本体をムラなく加熱できるのも特徴。足元からポカポカとあたたかさを感じられます。また、燃料を使用しないため、空気の汚れや乾燥を気にせずあたたまれるのもメリットです。

長時間の使用でも電気代が安く、省エネなのもうれしいポイント。足温器を毎日使用したい方におすすめです。また、4時間経つと自動的に運転が停止するタイマー付きで、切り忘れによる付けっぱなしも予防できます。

ドウシシャ(DOSHISHA) d-design 足元ヒーター DCHU-012

本体の下につま先を入れて暖を取れるAC電源式の足温器。スリッパを履いたままでも使用できるため、着脱する必要がないのがポイントです。上部から吹き出す温風により、足先が包み込まれるようなあたたかさを感じられます。

手元で操作できるリモコンが付属されており、かがまずにオンとオフを切り替えられるのも魅力。また、12時間後に自動で電源が切れる機能も搭載しており、切り忘れが心配な方にも適しています。

転倒OFFスイッチ・サーモスタット・温度ヒューズの安全装置も備わっており、安心して使える足温器です。

足温器・フットウォーマーのおすすめ|スリッパタイプ

スリーアップ(three-up) 充電式ルームシューズ ぬくぬく EWT-2154

家電メーカー「スリーアップ」の足温器です。ポリエステル製の生地を採用し、ふわふわとした質感がポイント。シンプルなデザインなので、インテリアにもよくなじみます。

内部に繊維状のマイクロカーボンヒーターを搭載し、しなやかで違和感を感じにくい履き心地のよさもメリットです。また、40・35・30℃の3段階に温度を調節でき、足の冷え具合に合わせてあたためられます。

充電式なので、コードレスで使うことが可能。履いたまま移動できるため、家事をしながら足元をあたためたい方にもおすすめの足温器です。

サンコー(THANKO) ダブルヒーターでつま先・カカトも温かい あったかルームシューズ TKUSBSNA

つま先とかかとに2つのカーボンヒーターを内蔵し、足裏全体をあたためられる足温器。また、約51℃・46℃・42℃の3段階に温度を調節可能なため、足元の冷え具合に合わせて快適に使用できます。

約24~28cmの足長に対応しており、女性でも男性でも履けるサイズ感です。さらに、本体の素材にやわらかい生地を使用しているので、かかとを踏んで着用することも可能。着脱しやすいほか、足が大きめの方でもスムーズに履けます。

USB電源に対応しているのも特徴。自宅やオフィスでデスクワークをしながら使いたい方におすすめです。消費電力約8Wと省エネ性が高く、電気代が安いため、長時間使用したい方にも適しています。

ヒーター部は取り外し可能で、本体は洗えるので汚れても安心して使える足温器です。

コイズミ(KOIZUMI) 電気スリッパ KDF-4002

カバーに抗菌防臭効果が謳われているAC電源式の足温器です。カバーは洗うことも可能。定期的にお手入れすることにより、より衛生的に使用できます。

消費電力20Wで、表面温度が約44℃に保たれる仕組み。温度が高めなので、寒さの厳しい冬に冷えた足先をあたためたい場合におすすめです。

足長は28cmまで対応。星柄のかわいいデザインも魅力です。おしゃれな足温器を探している方もチェックしてみてください。

足温器・フットウォーマーのおすすめ|マット・シートタイプ

椙山紡織(SUGIYAMA) ホットマルチヒーター NA-23MH

約45℃・35℃・25℃の3段階に温度を調節できるAC電源式の足温器。また、室温センサーも搭載し、室温の変化に合わせて自動的に温度を調節します。あたためすぎを予防できるため、快適な温度であたたまれるのが魅力です。

1時間あたりの電気代が約0.1~0.3円と安いので、長時間でも気軽に使用できます。さらに、製品の価格もお手頃で、手に取りやすいのもうれしいポイント。初めて足温器を試してみたい方にもおすすめです。

ヒーターは取り外しでき、カバーのみ丸洗いすることが可能。衛生的に使える足温器を探している方もチェックしてみてください。

パナソニック(Panasonic) マルチウォーマー DF-SAC30

カバーの素材にマイクロファイバーを採用し、心地よい肌触りを楽しめるAC電源式の足温器。足温器としてだけでなく、あんかや、クッションとしても活躍します。また、ヒーターユニットを取り外せばカバーを丸洗いできるため、清潔に使いやすいのも魅力です。

41℃・39℃・36℃の3段階に温度を調節できるのもポイント。用途や足の冷え具合に合わせて、快適な温度で使用できます。さらに、電源コードの途中にコントローラースイッチを搭載し、手元で簡単に温度を切り替えられるのも便利です。

ゼンケン(ZENKEN) 電磁波低減フットウォーマー ZR-05FW

電磁波を大幅にカットすると謳われており、電磁波が気になる方にもおすすめのAC電源式の足温器。カーボンヒーターを搭載し、足元をじんわりとあたためられます。カバーの内側がやわらかく、履き心地のよさもメリットです。

足の冷え具合に合わせて、弱・中・強の3段階に温度を調節できるのもポイント。最初の10分間は急速で加熱するため、すばやくあたたかさを感じられます。また、切り忘れ防止タイマーも備わっており、つけっぱなしを予防できるので安心です。

内部の生地に抗菌・消臭加工が施され、ニオイの発生を抑えられるのも魅力。さらに、カバーは取り外して洗えるおすすめのアイテムです。

スリーアップ(three-up) 蓄熱式フットウォーマー ぬくぬく アニマル EWT-2147

蓄熱式のため、コードレスで使える足温器。コンセントが届きにくい場所で使用したい方におすすめです。約15分間の蓄熱で最長4時間、あたたかさが持続すると謳われており、デスクワークなどで長時間使用したい方にも適しています。

消費電力が360Wと高いものの、1回の蓄熱にかかる電気代が約2.5円と安いのもポイント。電気代を抑えながら足元をあたためたい方にもぴったりです。さらに、ひつじをモチーフにしたかわいいデザインも魅力で、インテリアとしても楽しめます。

足温器・フットウォーマーのおすすめ|足入れタイプ

アサヒ(ASAHI) 脚温器 ぽかぽか足湯 デラックス AY-2022N

幅45×奥行35×高さ41cmと深さがあり、つま先からふくらはぎまであたためられる足温器です。本体は縦向きにも横向きにも設置できるため、ソファなどに座った状態だけでなく、床に寝転んだ状態でも使用できます。

温度調節機能付きで、快適な温度で足元をあたためられるのも特徴。遠赤外線により、ポカポカとしたあたたかさを感じられます。また、60分まで設定できるタイマー機能も搭載し、切り忘れを予防できるので安心です。本体の素材に天然木を採用し、足湯のような雰囲気を楽しめます。

SAKOBS 電気足温器 フットウォーマー 10段階調節

約35~60℃まで温度を調節できる足温器。好みの温度で足元をあたためたい方におすすめです。深さのあるブーツ型で、足首あたりまで覆う形状。包み込まれるようなあたたかさを感じられます。

保温性のあるカバーを搭載し、効率よくあたためられるのもポイント。1時間後に自動で電源が切れる機能も備えており、コストも減らせます。

さらに、カバーは取り外して洗えるため、清潔に使いたい方にもおすすめの足温器です。

フジカ スマーティ レッグホット LH-02

炭の遠赤外線により、つま先からふくらはぎまでしっかりあたためられる足温器。また、ふくらはぎ全体をあたためることにより、下半身も効率よくあたためられると謳われています。

縦向きにも横向きにも設置できるため、ソファはもちろん寝転びながらでも使えて便利です。ヒーターに二重安全装置を搭載しているのもポイント。約40分後に自動的に電源が切れるタイマーも付いており、切り忘れが心配な方にもおすすめの足温器です。

足温器・フットウォーマーのおすすめ|履くタイプ

サンコー(THANKO) おひとりさま用着るこたつ こたんぽ

足を出せるようにデザインされており、履いたまま家中を歩ける足温器。カバーに保温性の高いボア素材を使用し、電源を切ってもあたたかさを保ちやすいので、移動中も快適です。

30~45℃まで温度を調節できるのも特徴。電源コードに搭載されたリモコンを使って簡単に調節できます。また、電源が自動でオフになる時間を30分・60分・90分の3段階から設定できるタイマーが付いており、切り忘れの心配がなく安心です。

カバーは取り外して洗えるので、汚れても清潔に保つことが可能。さらに、コンパクトに畳めるため、オフシーズンは省スペースで収納できます。使い勝手が充実したおすすめの足温器です。

椙山紡織(SUGIYAMA) あったか脚入れヒーター SB-HA701

チェック柄のデザインがおしゃれな電源式の足温器。約115cmと高さがあり、胴回りが最大約130cmと大きいのが特徴です。

約50℃・36℃・23℃の3段階に温度を調節できるのも魅力。また、2・4・6時間のタイマーも搭載し、つけっぱなしを予防したい方にもおすすめです。カバーは取り外して洗えるので、汚れても清潔に保つことが可能。お手入れしやすい点も魅力の足温器です。

ゼンケン(ZENKEN) 電磁波カット 電気足温器 ZR-50FT

電磁波を99%カットすると謳われている足温器です。幅35×奥行35×高さ115cmとウエストからつま先まですっぽり包み込めるサイズ感。ウエストは最大110cmと幅広く対応しています。

温度を無段階に調節できるため、好みのあたたかさでくつろぎたい方におすすめ。室温センサーも搭載しており、温度を自動調節できるのもポイントです。また、6時間のオートオフタイマーも付いているので、切り忘れがなく安心して使えます。

足温器・フットウォーマーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

足温器・フットウォーマーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。