エアコンやストーブ、ヒーターなど種類が多岐にわたる「暖房器具」。部屋をあたためる際にはエアコン単体でも十分ですが、寒さ対策としては体感温度を上げることもポイントとなるので、ほかの暖房器具をうまく活用することも重要です。

そこで今回は暖房器具のおすすめモデルをご紹介。選び方の目安となる安全性や電気代についても解説するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

暖房器具の種類

体をあたためる暖房器具

電気ファンヒーター

By: amazon.co.jp

「電気ファンヒーター」はセラミックファンヒーターとも呼ばれる電気式の暖房器具。温風を送り出す仕組みを採用しているモデルが多く、最近では人感センサーで電源のオン・オフ切り替えができるモノやマイナスイオンによる消臭効果が期待できるモノが人気です。

メリットとしては燃料補給が不要なところ。電気を使う暖房器具なので、スイッチを入れるだけで簡単に使えます。また、1万円以下で購入できる製品が多く、総じてコンパクトで、持ち運びも容易です。

デメリットとしては部屋全体をあたためるのに時間がかかること。電気ファンヒーターは足元暖房や狭い部屋でのスポット暖房として使うのに適しているため、速暖性を求めるとなると電気代が高くなります。

電気ストーブ

By: amazon.co.jp

古くから使われている「電気ストーブ」は炭素繊維が入った石英管を不活性ガスの中に入れて発熱させる暖房器具。あたたかみのあるオレンジ色を発するのが特徴で、体感温度を上げる暖房器具の代表格です。

メリットは燃料の補給が不要な点。スリムでコンパクトなタイプが多く、足元をあたためる際にも便利です。デメリットは部屋全体をあたためるには時間とコストがかかること。スポット的に使うモノなので、ハイパワーで長時間使用すると電気代は高くなります。

カセットガス対応ヒーター

By: amazon.co.jp

「カセットガス対応ヒーター」は名前の通り、ガス缶をセットして使う暖房器具。本体はコンパクトで、シンプルな機能のモノのが多くなっています。

メリットは屋内用の暖房器具としてはもちろん、アウトドアシーンでも使いやすいところ。キャンプや釣り、登山などで使う暖房器具としては最適です。

デメリットとしては広範囲をあたためるには向いていないところ。カセットガス1本の燃焼持続時間が約2~3時間と短いので、屋外で長時間使用する場合は予備のカセットガスを持ち歩く必要があります。室内の狭い場所や屋外で寒さをしのぐための暖房器具として認識しておきましょう。

ホットカーペット

By: amazon.co.jp

ホットカーペットは内部に織り込まれた電熱線を発熱させる暖房器具。温度設定ができるのが特徴です。部屋の広さに合わせて製品が選べるほか、1万円以下で購入できるアイテムもラインナップしています。底冷え対策となるので、赤ちゃんやペットがいる部屋の暖房にもおすすめです。

ホットカーペットはあたたかさを肌で実感できるのがメリット。消費電力自体は少なめで、1時間あたりの電気代は中温で使用した場合、およそ8~10円です。デメリットは構造上、寝転んだとしてもどうしても使わない部分ができてしまうこと。効率よく使えない場合、電気代が無駄になることもあります。

ホットカーペットを使う場合は、あたたかくなる面積を調節できるタイプがおすすめ。また、一人用として選ぶなら電気毛布なども選択肢として検討してみましょう。

こたつ

By: amazon.co.jp

冬の定番ともいえる「こたつ」。テーブルの下部に四角い発熱体が設置されており、布団をかけて使用する暖房器具です。種類としては速暖性のある赤外線ランプヒーター方式、輝度が小さく遠赤外線の放出性能に優れた石英管ヒーター方式、サーモスタッドによる温度制御で省エネ効果が得られるサーモスタット方式などがあります。

こたつのメリットは電気代が抑えられること。中~強モードで使用しても、1時間あたりの電気代は約5円で、コスパは良好です。

デメリットはこたつの中しかあたためられない点。長時間の使用による低温やけどにも注意が必要です。また、こたつに入って寝てしまうと、体内の水分が奪われて脱水症状を引き起こすこともあるため留意しておきましょう。

部屋全体をあたためる暖房器具

オイルヒーター

By: amazon.co.jp

密閉容器に入れた難燃性のオイルを電気で加熱し、あたためたオイルをパイプ内に循環させて放熱する仕組みの暖房器具。オイルの熱は本体表面にあるフィンによって放出され、部屋全体をあたためます。温度やタイマーが細かく設定できるのが特徴です。

オイルヒーターのメリットは部屋の空気だけでなく、壁や床もあたためられるので、体感温度が優れているところ。また、暖房を切った状態でもあたたかさが比較的持続し、温度が下がりにくい点は魅力です。

デメリットは部屋があたたまるまでに時間がかかる点。本体内部のオイルがあたためられないと暖房効果が得られないため、スイッチを入れてからあたたかさを感じるまで20~30分を要します。その点は考慮しておきましょう。

石油ファンヒーター

By: corona.co.jp

石油ファンヒーターは気化器で灯油を気化させてガスにしてから燃焼させる暖房器具。ガスの燃焼により発生した熱をファンで送り出して部屋をあたためます。燃焼が始まるとすぐに温風が吹き出して設定温度まで部屋をあたためられるので、部屋の温度を保つのに適した暖房器具です。

メリットはファンからの送風により室内の空気が循環して早くあたたまる点。部屋の広さに合ったモノを使えば、快適な室温を保てます。スイッチを押すだけで簡単に暖房できる操作性も人気の理由です。

デメリットは室内が乾燥しやすい点。石油ファンヒーターは空気を対流させるので、空気中の水分が蒸発しやすく、喉や肌が乾燥しやすくなります。ファンによる送風でホコリやハウスダストが舞い上がりやすい点も人によっては気になるところ。使用時は定期的に換気するようにしましょう。

石油ストーブ

By: corona.co.jp

石油ストーブは燃料筒の下部にある芯の繊維に灯油を染み込ませ、芯の先端を燃焼させて部屋をあたためる暖房器具。昔ながらの暖房器具で、仕組みは単純ですが、使い勝手がよく現在も人気があります。

石油ストーブのメリットは電気がなくても暖房できる点。また、使用時は本体上部を熱源として使うこともできるので、お湯を沸かせるほか、調理にも活用できます。燃料として必要なのは灯油だけなので、コストがかからない点もメリット。また、災害時は避難所などでも設置されることが多く、体感温度を上げることも期待できます。

デメリットは着火時や消火時の臭い。灯油を燃やす仕組みなので、焦げるような臭いや灯油の独特な臭いがします。また、芯を燃焼させるために酸素を使うので、こまめな換気も必要。使用中は常に着火している状態なので、やけどや火事には十分に注意しましょう。

エアコン

By: amazon.co.jp

エアコンの正式名は「エア・コンディショナー」。室内の空気の温度や湿度などを調節する空調設備のひとつです。エアコンは室内機と室外機がセットになっており、パイプでつながれているのがポイント。仕組みとしては冷たい空気を取り込み、コンプレッサーによる圧力で外気に熱を加えて温風に変える仕組みです。

エアコンのメリットは手軽さ。起動と同時に温風を送るのですぐにあたたまる上に、広い範囲を素早くカバーできます。設置場所が壁面なので、生活スペースに支障が出にくいのもポイントです。

デメリットはストーブやヒーターのように壁や床まではあたためられないので、体感温度はほかの暖房器具に劣る点。また、電源を切ると室温が下がりやすく、空気が乾燥しやすい点も留意しておきましょう。

暖房器具の選び方

安全性で選ぶ

火を使う暖房器具に関しては安全性に配慮したいところ。特に小さい子供や高齢者の方がいる家庭では取り扱いに注意が必要です。

エアコン以外の暖房器具を選ぶ際には、扱いが簡単であること、触れてもやけどをしにくいこと、万が一倒れてしまっても安全性が確保できることが重要です。チャイルドロックや安全転倒スイッチ、自動停止機能の有無などはしっかりとチェックしましょう。

電気代で選ぶ

暖房器具を選ぶ上で気になるのが電気代。できるだけコストをかけずに暖房するには、使用する暖房器具の電気代を把握することが重要です。

電気代を計算する際に確認しておきたいのは1kWh(1000W)あたりの電気料金。電気料金は契約している電気会社や地域によって異なるため、契約先の公式サイトで確認する必要があります。現在の電気料金の全国平均は26~29円ほどです。

例えば、800Wの電気ストーブを1時間使用した場合は「(800W÷1000)×27円×1時間=0.8×27×1=21.6円」となり、1時間あたりに21.6円の電気代がかかります。電気代を計算するときは、Wh(ワットアワー)をkWh(キロワットアワー)に換算する必要があるため、800Wを1000で割って0.8kWhに置き換えるのを忘れないようにしましょう。

暖房器具を30分使用した場合の電力量は「(800W÷1000)×27円×0.5時間=10.8円」と計算します。30分は0.5時間、15分は0.25時間、45分は0.75時間と少数に置き換えることで簡単に計算できるので覚えておくと便利です。

暖房器具のおすすめモデル|体をあたためるタイプ

ダイソン(dyson) Pure Hot + Cool HP04

基本性能が充実した1台3役の多機能ファンヒーター。スムーズな風を生み出す「Air Multiplierテクノロジー」と、広範囲に風を届ける「350°首振り機能」を組み合わせることで、広い範囲をあたためられます。

暖房器具としてだけでなく、涼しい風を届ける扇風機、部屋の空気をきれいにする空気清浄機として使えるのも嬉しいポイント。専用の「Dyson Link アプリ」をスマホにインストールすれば、室内環境をチェックしたり、離れた場所から操作したりすることも可能です。

本体サイズは高さ764×奥行き248×横幅248mmとコンパクトなので、リビングから寝室まで幅広いシチュエーションで使えます。

山善(YAMAZEN) 暖炉型ヒーター YDH-SL10P

おしゃれな見た目が特徴の電気ファンヒーター。高級感のある暖炉デザインを採用しており、見ているだけでポカポカとあたたかな気持ちになります。消費電力は強モード1000W・弱モード500Wで、シチュエーションに応じて2段階の出力切替が可能。

疑似炎のみの運転もできるため、空間を演出するインテリアとしても使えます。傾きを検知すると自動で電源が切れる「転倒OFF機能」や、温度の上がりすぎを防止する「過昇温防止機能」など、安全機能も充実。小さな子供やペットがいる家庭でも安心して使えます。

シャープ(SHARP) セラミックファンヒーター HX-JS1

充実した機能が魅力のセラミックファンヒーターです。手軽に移動させて使える約3.1kgの軽量ボディを実現しながら、最大消費電力1200Wの高出力を実現。リビングはもちろん、キッチンやトイレ、脱衣所などでスポット暖房として使うのにもおすすめです。

そのほか、動きを感知して自動で電源のオン・オフができる「人感センサー」、8時間後に自動的に停止する「切り忘れ防止機能」、傾きを検知して通電を停止する「二重安全転倒OFFスイッチ」を搭載。

独自のイオン技術を応用した「プラズマクラスター空気浄化運転」を使えば、浮遊カビ菌を除菌する効果が期待できるのも魅力のひとつです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 遠赤外線電気ストーブ IEHDB-800

価格と性能のバランスに優れた小型の遠赤外線電気ストーブです。気軽に購入できる価格帯ながらも、消費電力は強モード800W・弱モード400Wの2段階切り替えに対応。使うシーンに合わせていつでも簡単に温度調節ができます。

転倒を検知すると運転が停止する「セーフティー機能」や、温度が上がりすぎると電源が切れる「転倒時自動OFF機能」など、安全性に配慮して作られているのも魅力的。

本体サイズは横幅40×奥行き15.6×高さ37.7cm、重量は約2.3kgと軽量コンパクトなので、トイレや脱衣所のような限られたスペースでも邪魔にならず使えます。

イワタニ(Iwatani) 風暖(KAZEDAN) CB-GFH-2

コンパクトで扱いやすいカセットガス対応のファンヒーターです。カセットガスの燃焼熱を電気に変えてファンを回す「熱電発電素子」を使用することで、コンセントのない場所でも気軽に持ち運んで使えます。普段使いにはもちろん、アウトドアや災害時にも活躍する1台です。

本体サイズは横幅31.9×奥行き26.0×高さ43.8cmで、出力は使うシチュエーションに合わせて標準運転・弱運転の2段階切替が可能。不完全燃焼防止装置・立消え安全装置・転倒時消火装置など、安全装置もしっかり搭載しているので、万が一のトラブルの際も安心です。

ライフジョイ(LIFEJOY) ホットカーペット CU191

耐久性を追求したホットカーペット。カーペットに適度なやわらかさを持たせることで、収納時に折りたたんでも電熱線が傷みにくくなっています。使わないときはコンパクトに折りたためるので、シーズンオフのときも保管場所に困りません。

折り畳んだときにできるシワが目立ちにくいのも大きな特徴です。本体サイズは縦168×横168cmで通常の2畳サイズよりもコンパクト。日本のマンションに合わせたデザインになっています。1時間当たりの電気代は約5.7円と経済的なので、ランニングコストが気になる方にもおすすめ。

あたためる範囲を選択したり切り替えたりできる機能も搭載しており、便利な機能が充実しているホットカーペットです。

椙山紡織(SUGIYAMA) あったかパーソナルマット SB-HP902

汎用性の高さが魅力のパーソナルマット。生地の中にヒーター線をくまなく配線しているため、体をしっかりとあたためることが可能です。裏面には滑り止め加工が施されているので、フローリングなどの滑りやすい場所でも安心して使えます。

四つ角に付いているゴムバンドを利用すれば、ベッドやソファーに固定して使うことも可能。サイズは縦200×横150cmと大きめに作られているので、家族や友人など複数人で使うのにもピッタリです。

機能面では、電源の切り忘れを防ぐ「6時間自動オフタイマー」や、温度設定を高温にしてダニを退治する「ダニ退治機能」に対応。汚れてきたら洗濯機で丸洗いできるのも嬉しいポイントです。

コイズミ(KOIZUMI) 家具調コタツ KTR-3392

スタイリッシュで使いやすい家具調コタツ。天板に象嵌を施すことで、上品なデザインに仕上がっています。本体サイズは横幅105×奥行き75×高さ36cmで、付属の継脚を使えばシチュエーションに合わせて高さ調節可能。

コタツの中の嫌な臭いが和らぐ遠赤消臭ヒーターや、電源コードがスマートに片付けられる収納スペース、手元で簡単に温度調節ができる電子リモコンなど、便利な機能が充実しているのも特徴です。

天板にはキズが付きにくい「特殊強化コート」が施されているので、購入してから時間が経っても天然木の美しい風合いがキープできます。

暖房器具のおすすめモデル|部屋全体をあたためるタイプ

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) オイルヒーター POH-1210KS

コストパフォーマンスに優れたオイルヒーター。1200・700・500Wの3段階切替えに対応しており、シーンに合わせて高温から低温まで微調整することが可能です。本体サイズは横幅47.5×奥行き25×高さ65cmで、適応畳数は和室5畳・洋室8畳までに対応。

オイルをあたためるシンプルな仕組みで運転音がほとんどないため、寝室でもストレスなく使えます。気軽に移動させて使える取っ手・キャスターや、どんな部屋にも馴染むシンプルなデザインも魅力。価格と性能のバランスで選びたい方におすすめの1台です。

デロンギ(DeLonghi) マルチダイナミックヒーター MDHAA15WiFi

デロンギの技術を詰め込んだマルチダイナミックヒーターです。輻射(ふくしゃ)熱と自然対流を利用することで、空気だけでなく壁や天井までしっかりとあたためることが可能。部屋全体を素早くムラなくあたためられる暖房性能の高さが魅力です。

専用アプリ「デロンギ コンフォート」をスマホにインストールすれば外出先から電源を入れたり、温度調節をしたり、より快適にヒーターが使えます。熱源の表面温度は触れてもやけどしにくい約60℃なので、安全性を重視する方にもおすすめ。

スタイリッシュなミニマルデザインや、睡眠環境を整え、質の高い睡眠をサポートする「MySleep機能」なども魅力です。

コロナ(CORONA) 石油ファンヒーター FH-WZ5719BY

便利な機能が充実した多機能石油ファンヒーターです。ノズル先端に残った灯油を吸引する「ニオイカットメカ」や、未燃ガスを大幅に浄化する「においとり触媒」など、点火時・消火時のニオイをしっかり抑える機能を搭載。灯油のニオイが苦手な方でも安心して使えます。

本体サイズは横幅52×奥行き33.8×高さ46.6cmで、適応畳数は木造15畳・コンクリート20畳までに対応。火力を自動調節する「新ecoモード」を使えば、電気代が安く抑えられるのも特徴です。

ほかにも、離れた場所からさまざまな操作ができる専用リモコン、シーンに合わせて好みの火力に固定する「火力セレクト」など、便利な機能が充実。高級感のあるスタイリッシュなデザインも魅力のひとつです。

コロナ(CORONA) 石油ストーブ RX-22YA

シンプルで扱いやすい石油ストーブ。大型の丸ハンドルを回すだけで簡単に点火できるため、機械が苦手な方でも戸惑うことなく快適に使えます。運転状況がひと目で分かる「カラー点火・スピード消火ボタン」を採用しているのも嬉しいポイントです。

給油時に手が汚れない「よごれま栓」や、指先ひとつでフタの開け閉めができる「ワンタッチ給油」など、機能面も充実。単一型乾電池が2個あれば電源が不要なので、非常時の暖房としても使えます。

使い勝手のよい石油ストーブながら、リーズナブルな価格を実現しているのも特徴。コストパフォーマンスを重視する方にもおすすめの1台です。

トヨトミ(TOYOTOMI) 対流型石油ストーブ KS-6700

基本性能が充実したトヨトミの石油ストーブです。適応畳数は木造17畳・コンクリート24畳までに対応。1台あれば広い部屋もパワフルにあたためられます。遠赤外線の効果で体の芯まで素早くあたためられるのも大きな特徴です。

本体サイズは横幅48.2×奥行き48.2×高さ58.3cmで、万一転倒しても石油がこぼれにくい2重タンク構造を採用。小さな子供やペットがいる家庭でも安心して使えます。

ダイヤルを回すだけで点火できる「カンタン一発点火」をはじめ、ニオイの発生を抑える「ニオイセーブ消火」や、芯を最後まで使いきれる「でるでる芯」など、実用性に優れた便利な機能も魅力です。

ダイキン(DAIKIN) うるさらX S56XTRXP-W

ダイキンの人気シリーズ「うるさらX」の2020年モデル。床面からぬくもりが広がる垂直気流に対応しており、風を体に直接感じることなく部屋全体をしっかりとあたためることが可能です。最大60℃の高温風を吹き出す「高温風モード」を使えば、寒い冬の朝や帰宅後の冷えた体も素早くあたためられます。

機能面では、外の空気中の水分を室内に取り込む「無給水加湿」、エアコン内部を常に清潔な状態に保つ「水内部クリーン」、輻射熱を推測して自動運転を行う「AI快適自動運転」に対応。

あらかじめ必要な設定を済ませておけば、スマホを使って外出先からエアコンを操作したり、電気代の目安もチェックできます。

日立(HITACHI) メガ暖 白くまくん RAS-XK40K2

温風プラスに対応した寒冷地向けエアコン。外気温マイナス15℃の氷点下でも約60℃の高温風で部屋をしっかりとあたためることが可能です。洗濯物もねらって乾燥させる「ランドリー除湿」を使えば、冬場の乾きにくい洗濯物もあっという間に乾かせます。

部屋の奥まで気流を届ける「ロング気流」をはじめ、室内をすぐにあたためられる「スピード暖房」、足もとを重点的にあたためられる「ゆか暖」など、暖房性能が充実しているのも特徴。

熱交換器を凍結させてから一気に溶かして汚れを流れ落とす「凍結洗浄」に対応しているので、面倒な手間なくエアコン内部をきれいにすることが可能です。