近年注目を集めている暖房器具のひとつが「オイルレスヒーター」です。従来のオイルヒーターと比較して軽量なので持ち運びがしやすいほか、速暖性に優れるため短時間で部屋全体をあたためられます。

しかし、さまざまなオイルレスヒーターが発売されているので、どれを選ぶべきか悩んでしまうのではないでしょうか。そこで今回は、オイルレスヒーターの特徴や選び方を踏まえたうえで、おすすめのモデルをご紹介します。

オイルレスヒーターとは?

By: rakuten.co.jp

オイルレスヒーターとは、暖房効果を発生させるのに燃料となる灯油を一切必要としないヒーターのことです。別名でオイルフリーヒーターとも呼ばれており、外観はオイルヒーターに似ていますが、全く異なる仕組みの暖房メカニズムを採用しています。

従来のオイルヒーターは、内部に蓄えたオイルを熱することで間接的に空気をあたためますが、オイルレスヒーターは熱を生み出すヒーターモジュールという部品を使って、空気を直接あたためるのが特徴。遠赤外線による輻射熱と暖気による対流熱を発生させることで、部屋全体を効果的にあたためられます。

オイルレスヒーターのメリット・デメリット

オイルレスヒーターのメリット

By: rakuten.co.jp

オイルレスヒーターは従来のオイルヒーターと同様、ガスストーブのように燃料の灯油を補給しなくても使用できるのがメリット。また、空気が乾燥したり汚れたりしにくいので、窓を閉め切った状態でも快適に使用できます。本体の表面温度も比較的低いので、小さな子供やペットがいる家庭でも安心して使えるのも魅力です。

オイルヒーターと違って内部にオイルを必要としない分、本体を軽量化できるのもポイント。9kg以下のモデルもあるので、部屋間の持ち運びが簡単です。さらに、空気を直接あたためるため速暖性が高く、帰宅直後でもすぐに部屋全体を快適な温度にあたためられます。消費電力が少なく経済的なのもメリットです。

オイルレスヒーターのデメリット

By: rakuten.co.jp

オイルレスヒーターは価格がやや高めなのがデメリット。まだ開発されてから日が浅い暖房器具で、各メーカーともに独自の先進技術を採用しているため、従来のオイルヒーターと比べると価格が割高になっています。

加えて、オイルレスヒーターを製造しているメーカーがあまり多くないのも難点。従来のオイルヒーターと比べると製品のラインナップが限られるため、必然的に選べるモデルも少なくなっています。

オイルレスヒーターの選び方

対応畳数をチェック

By: dimplex.jp

オイルレスヒーターを選ぶ際は「対応畳数」が使用したい部屋の広さに合っているかが重要。対応畳数とは暖房器具があたためられる空間の広さのことで、数値が大きくなるほどより広い範囲を暖気で包み込めます。

同じ広さの部屋でも、コンクリート造りや洋室より木造や和室の方が暖気が逃げやすいのがポイント。また、部屋の配置や日照具合でも暖房効果は変わってきます。

オイルレスヒーターでは、対応畳数が10畳前後のモデルが一般的。しかし、さまざまな要因を考慮したうえで、対応畳数が実際に使用する部屋よりも少し広めのオイルレスヒーターを選ぶのがおすすめです。

重さをチェック

By: rakuten.co.jp

オイルレスヒーター本体の重量も選ぶ際の重要なポイント。オイルヒーターなど従来の暖房器具は重量が15kgを超えるモノも存在するため、自宅内の移動や持ち運びにはあまり向きませんでした。

しかし、オイルレスヒーターは構造上、本体を軽量化できるのが特徴。一般的なモデルでも12kg前後、軽量モデルだと9kg台のモノも発売されているので手軽に持ち運べます。

本体が軽ければリビングから寝室や脱衣所などへの移動も簡単。自宅内のさまざまな場所で使いたい場合は、なるべく軽量なモデルを選ぶのがおすすめです。

省エネ機能をチェック

By: dimplex.jp

なるべく少ない電気代でオイルレスヒーターを運用したい場合は、省エネ機能の有無も重要。従来のオイルヒーターと比べるとオイルレスヒーターの消費電力は少なめですが、「エコ運転」や「自動温度調節」などの省エネ機能が搭載されていればより経済的に使えます。

「エコ運転」とは、設定温度よりも少しだけ低い温度で運転する機能のこと。一方の「自動温度調節」とは、室内温度を感知して暖房の強弱を細かく調節できる機能のことで、室温の上がりすぎや下がりすぎを防ぎつつ快適さを保てます。どちらも節電に効果的な機能なので、ぜひ搭載の有無を確認しましょう。

タイマー機能をチェック

By: dimplex.jp

毎日の生活スタイルに合わせてオイルレスヒーターを活用したい方には、タイマー機能を搭載したモデルがおすすめ。タイマー機能では、あらかじめ設定した時間に運転のオンオフを予約操作できるのがポイントです。

起床時間の直前に運転を開始するように設定しておけば、起床直後から快適な室温で過ごせます。また、出発時間や就寝時間の前後に運転を終了するように設定しておけば、万が一消し忘れた場合にも安心できるほか、節電にも効果的です。24時間単位でタイマーを細かく設定できるモデルも発売されています。

リモコンの有無をチェック

By: rakuten.co.jp

オイルレスヒーターを便利に使いたい場合にはリモコンの有無も重要。リモコンを使えば、電源のオンオフ・温度調節・モード切り替えなどが離れた場所から手軽に行えます。ソファやベッドに寝転んだ状態でも快適に使用可能です。

一部の上位モデルには、スマホアプリやスマートスピーカーからの遠隔操作に対応したモノも存在。付属のリモコンと違って、赤外線が届かない別の部屋や外出先からでも操作が可能なので、帰宅直前に室内をあたためたり、出発時に消し忘れた場合に運転を停止させたりなどもできます。

安全性も重要

By: delonghi.co.jp

安全装置の搭載も欠かせないポイント。約60℃と表面温度が比較的低いオイルレスヒーターでは火傷のリスクは少ないですが、万が一の事故に備えて「転倒時電源遮断装置」や「過昇温度防止装置」の有無を忘れずに確認しておきましょう。

「転倒時電源遮断装置」は、オイルレスヒーター本体が倒れると自動で電源をオフにする機能。誤ってぶつかってしまった場合にも有効なので、小さな子供やペットがいる家庭にもおすすめです。

「過昇温度防止装置」は、布などが被さって温度が異常に上昇した場合に運転を自動停止する機能。火災に発展するような事故を予防できます。

オイルレスヒーターのおすすめメーカー

ディンプレックス(Dimplex)

By: rakuten.co.jp

ディンプレックスは、電気暖房器分野において世界最大規模のメーカーであるグレン・ディンプレックス社のメインブランドです。1961年の設立以来、イギリスを代表する生活家電の老舗ブランドとしても知られており、電気暖炉やパネルヒーターなども含むさまざまな暖房器具を手掛けています。

ディンプレックスのオイルレスヒーターはラインナップが充実しているのが特徴です。予算や求める機能に応じて自分に合ったモデルを選べます。また、重量が9kg台と軽量なモデルも用意されているので、自宅内での持ち運びがしやすいのも魅力です。

デロンギ(DeLonghi)

By: rakuten.co.jp

デロンギは、北イタリアのトレヴィーゾに本社を置く1902年設立の電気機器メーカーです。日本ではオイルヒーターをはじめとする暖房器具で有名ですが、コーヒーメーカーやポップアップトースターなどのキッチン家電なども製造しています。

デロンギは「マルチダイナミックヒーター」という名称でオイルレスヒーターを発売。同社のオイルレスヒーターは運転音が静かなのが特徴です。人の耳ではほとんど作動音が聞こえないほどの静寂性を実現しているので、勉強・音楽鑑賞・就寝などの際にもストレスなく使用できます。おしゃれなデザインも人気です。

オイルレスヒーターのおすすめ

ディンプレックス(Dimplex) オイルフリーヒーター B03

軽量で操作もしやすい8〜10畳用のオイルレスヒーターです。使いやすさを追求したエントリーモデルで、重量がわずか9kgと軽いのが特徴。さらに、本体の側面には取手、下部にはキャスターも備えているので、簡単に持ち運びができます。

直感的に操作できるダイヤル式を採用しているのもポイント。上段のダイヤルでは400W・800W・1200Wの3段階で切り替えが可能なほか、下段のダイヤルでは5〜30℃で室温の設定もできます。

24時間を最大4種類の時間帯に分けて10分刻みで設定できるデジタルタイマーも搭載。転倒時電源自動オフや異常加熱自動オフに加えて、チャイルドロック機能も備えているので、小さな子供がいる家庭でも安心して使えます。

ディンプレックス(Dimplex) オイルフリーヒーター B04

指先で操作できるタッチパネルを搭載した8〜10畳用のオイルレスヒーターです。運転の状態や設定中の機能を一目で確認できるのが特徴。各種調節もスマホのようなタッチ操作で直感的に行えるので、初めてオイルレスヒーターを使用する方にもおすすめです。

運転出力は最大1200Wで、強弱の調節が可能。また、自動温度調節機能の「インテリジェントモード」も搭載しているので、消費電力を抑えつつ部屋の温度を快適に保てるのもポイントです。

重さ約9kgと軽量設計のため、部屋から部屋への移動が簡単。消し忘れ防止に役立つOFFタイマー機能も備えています。さらに、作動音が7.6dBとほぼ無音に近いので、作業部屋や寝室でも快適に使用可能です。

ディンプレックス(Dimplex) オイルフリーヒーター B06

ハイエンドモデルとして優れた機能性を備えた8〜10畳用のオイルレスヒーターです。タッチパネルによる操作をはじめとする、多彩な先進機能を搭載。優れた暖房性能を持つだけではなく、ワンランク上の使いやすさを実現しています。

より細かな運転設定が可能な「ウィークリータイマー機能」を備えているのも特徴。オンオフや室温の設定などを時間帯だけではなく、曜日ごとにも設定できます。1週間の生活スタイルが決まっている方におすすめです。

専用のスマホアプリからのリモコン操作に対応するのもポイント。Bluetooth接続によって手元のスマホで各種設定の確認や調節が可能なので、ベッドやソファでくつろいだままでも手軽に遠隔操作できます。

デロンギ(DeLonghi) マルチダイナミックヒーター MDHU12-BK

使いやすいデザインで人気のある8〜10畳用のオイルレスヒーターです。タッチディスプレイから目を離さずに回して押すだけの単純操作で、主要設定の調節が可能なクリックノブを採用。初めてオイルレスヒーターを使用する方でも直感的に操作できます。

消費電力は1200Wで、室温が20℃に達するまでわずか25分と優れた速暖性を持つのもポイント。出力を20%抑えて運転する「ECO運転モード」を使えば、快適さを損なわず、あたためすぎによる電気の無駄を省けます。

表面温度が約60℃と比較的低く、隙間に指が入らないメッシュ構造を採用しているので、小さな子供がいる家庭でも安心。別売のトップハンガーを使えば、輻射熱を利用して衣類の乾燥などにも活用できます。

デロンギ(DeLonghi) マルチダイナミックヒーター Wi-Fiモデル MDHAA15WIFI-BK

優れたスマート機能を備えた10〜13畳用のオイルレスヒーターです。専用スマホアプリからの遠隔操作やスマートスピーカーによる音声操作に対応。外出先からもオンオフや温度設定ができるほか、GPSと連動すれば自動操作も可能です。

睡眠専門医監修の「MySleep」機能も魅力。入眠後に自動で室温を下げ、起床時間に合わせて室温を上げることで、寒い日の朝も快適に過ごせます。また、Apple Watchと連携すれば、脈拍や姿勢をモニタリングし、最適なタイミングで「MySleep」機能が起動できるので便利です。

優れた温度コントロールによって、設定した温度を±0.1℃の範囲でしっかりキープできるのも特徴。「ECO運転モード」と組み合わせれば、従来のオイルヒーターと比べて電気代を63%も節約できると謳われています。

コロナ(CORONA) オイルレスヒーター NOIL HEAT DHS-1219

速暖性と軽量化を両立させた高性能な8〜10畳用のオイルレスヒーターです。熱伝導率の高いアルミの特性を活かした、コロナ独自の「高密着FIXALヒーター」を搭載。内部で対流を発生させて効率的に放熱を行うことで、部屋の空気を素早くあたためられます。

重さ9.7kgと軽量なのも特徴。360°回転できる4輪キャスターも備えているので、簡単に押して移動できます。転倒OFFスイッチ・過熱防止装置・チャイルドロックなど安全装置が充実しているのもポイントです。

1ボタンに1機能が割り当てられたシンプルで使いやすい操作性も特徴。「プログラムタイマー」を使えば、平日と休日など3パターンの運転予約が可能です。操作部と同じキーレイアウトを採用したリモコンも付属します。

コロナ(CORONA) オイルレスヒーター NOIL HEAT DHS-1519

広い範囲を効率的にあたためられる10〜13畳用のオイルレスヒーターです。最大1500Wの出力に対応。重さは11.3kgと大型モデルとしては軽量で設置がしやすいので、広いリビングはもちろん、応接間や会議室などさまざまな場所で活用できます。

優れた速暖性を持つ「高密着FIXALヒーター」を搭載。長年にわたる住宅設備の開発で培ってきたコロナ独自の技術が集約されており、輻射と対流を組み合わせることで短時間で部屋全体をあたためられます。

1ボタン1機能のシンプルな操作性と、3パターンの設定が可能な「プログラムタイマー」機能もポイント。ワンタッチで作動できる「ecoモード」を使えば、快適さを保ったまま消費電力を約25%も節約できると謳われています。