花粉やPM2.5などの有害物質対策はもちろん、タバコやゴミなどのニオイ対策もできる「空気清浄機」。最近では、さまざまなモードが搭載されたモデルが発売されており、多機能化が進んでいます。

そこで今回は、空気清浄機のおすすめ人気モデルをピックアップ。種類や選び方についてもご紹介するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

空気清浄機の種類

ファン式

By: amazon.co.jp

家庭用としてもっともポピュラーなのがファン式の空気清浄機です。ファンの回転で空気を取り込み、フィルターを通すことでホコリやニオイを取り除く効果が期待できます。各メーカーから多くのモデルがラインナップされており、部屋数や機能などから好みのタイプを選択しやすいのがメリットです。

また、比較的リーズナブルなモデルが多いのもファン式の特徴。複数の部屋に設置したい場合など、なるべく購入費用を抑えたい方にも最適です。デメリットとしては定期的なフィルターのメンテナンスや交換が必要なこと。性能を維持するためには欠かせません。また、運転音が大きめなので気になる場合には、静音モードを搭載したモデルがおすすめです。

電気式

By: rakuten.co.jp

静電気を利用して汚れをキャッチするタイプが電気式の空気清浄機です。プラズマの作用でチリやホコリを集じんするため、内部のフィルターが目詰まりしにくく効果も長期間持続します。運転音が静かなのも特徴で、赤ちゃんがいる家庭や寝室に設置するなど音が気になる場合におすすめのタイプです。

デメリットとしてはファン式と比べて高価なため、すべての部屋に設置したい場合は予算がかさみます。たとえば、リビングなど運転がさほど気にならない部屋にはファン式を設置し、寝室や赤ちゃんのいる部屋では電気式を使用するなど、使い分けるのも方法のひとつです。

空気清浄機の選び方

加湿・除湿機能の有無をチェック

By: Panasonic

空気中の細かいホコリや花粉をキャッチするのと同時に、空気の湿度を一定に保つ機能が欲しい場合には、加湿機能付きの空気清浄機がおすすめ。加湿器と空気清浄機がひとつになっているので、省スペースで済むのも魅力です。乾燥が気になる冬場や、インフルエンザ対策などにも活躍します。

また、除湿機能付きの空気清浄機も除湿器と分けて購入する必要がないことから、部屋を広く使いたい方に最適。湿気の多い梅雨時期のジメジメを軽減するほか、洗濯物を部屋干しする際にも便利な機能です。

適用畳数をチェック

空気清浄機を購入する前にまず確認したいのは適用畳数です。特に、空気清浄機能の単独運転で使用する場合と加湿機能を併せて使用する場合では、適用畳数が異なることもあります。それぞれメーカーの仕様表に記載されているので、チェックしておきましょう。

集じん性能を重視する方は、より広い適用畳数をカバーするモデルがおすすめ。ただし、動作音が気になる場合もあるので、静音性も考慮しましょう。

フィルター性能をチェック

By: amazon.co.jp

フィルター性能は空気清浄機を選ぶうえで最も重要なポイントです。特に、PM2.5などの粒子が細かい物質が空気中に舞うのを抑えたい場合には、高い集じん性能を持つフィルターを搭載した製品を選ぶ必要があります。

高性能フィルターのなかでも最もおすすめなのが「HEPAフィルター」。粒径0.3μmまでの粒子を99.97%以上除去できると謳われています。PM2.5だけでなく、花粉やハウスダスト、ホコリなどもキャッチできるのが魅力です。

空気清浄機の性能はフィルターに左右される部分も大きいので、選ぶ際には搭載しているフィルターの性能もチェックしてみてください。

センサーの有無をチェック

By: amazon.co.jp

空気の汚れは目に見えにくいため、汚れ具合を「見える化」するセンサー機能を搭載したモデルを選ぶのもおすすめです。

例えば、空間のニオイを検知する「ニオイセンサー」を搭載したモデルならば、ペットやタバコ、焼き肉などの嫌なニオイのもととなるモノを検知すると自動で運転を開始し、部屋に染み付く前にニオイを軽減します。

また、部屋のホコリを検知する「ホコリセンサー」を搭載したモデルもおすすめ。窓を開けたときに舞い込んだ土ボコリやPM2.5なども感知して自動運転するため、部屋の空気を清潔に保てます。

お手入れのしやすさをチェック

By: amazon.co.jp

日常的に使う空気清浄機を選ぶ際は、お手入れやメンテナンスのしやすさも大切なポイント。特にフィルター交換がどの位の頻度で必要なのかを確認しましょう。10年間フィルター交換が不要なモデルもあれば、1年ごとに交換が必要なモデルもあります。

なお、集じんフィルターの日々のお手入れ方法は掃除機で行うのが一般的ですが、なかには自動掃除機能が搭載されたモデルもあるので、お手入れの手間や頻度などはあらかじめ確認しておきましょう。

その他機能もチェック

脱臭機能

By: amazon.co.jp

気になるニオイに対応できる脱臭機能の有無も、空気清浄機を選ぶ際のチェックポイント。脱臭効果の高いイオン技術はメーカーによってさまざまですが、ダニの死骸やふん、花粉などのアレル物質や、ニオイの元になる物質のどれに効果が期待できるのかが重要です。

タバコ臭やペット臭、玄関先の花粉、リビングのニオイなど、目的や環境に合わせてイオンの特性に着目しながら、最適な空気清浄機を選びましょう。

スマートフォン連携機能

By: amazon.co.jp

最近では、スマートフォンやタブレット端末との連携機能を持つ空気清浄機が登場。PM2.5などの空気含有率をセンサーで感知して、専用アプリや音声で確認できます。

また、端末を使って空気の汚れ具合に適した運転に切り替えることも可能。離れた場所や外出先でも便利です。

エアコン連携機能

By: jp.sharp

空気清浄機と同じメーカーのエアコンと連動させる機能を搭載したモデルを選べば、エアコンと空気清浄機の運転を併せてベストな状態に調節します。

部屋の温度が下がるのを防ぐうえ、エアコンによって空気が乾燥しすぎるのを防ぐ効果も期待できるので要チェックです。

空気清浄機のおすすめメーカー

シャープ(SHARP)

By: amazon.co.jp

シャープの空気清浄機は「プラズマクラスター」が採用されており、浮遊カビ菌の浄化や静電気の抑制ができると謳われているほか、付着したニオイを分解できます。

背面に配置された大きな吸気面が特徴。また、「ワイド気流ルーバー」や「スピード循環気流」といった独自技術を用いて、部屋中に気流を循環させるのもポイントです。

ダイソン(dyson)

By: amazon.co.jp

空調家電メーカーの大手であるダイソンには、空気清浄機能・扇風機機能・ヒーター機能の3つが1台に集約された空気清浄機があります。ダイソン独自の羽根のないスタイル「Air Multiplierテクノロジー」を採用しており、見た目のスタイリッシュさも魅力です。

高いデザイン性に加え、性能も良好。独自のアルゴリズムによって浮遊する微粒子や有害物質を内蔵センサーが自動検知するなど、高い技術が加わっています。

空気をキレイにしながら扇風機やヒーターとして使えるので、部屋が狭くて機器をいくつも置けない方や設置場所をなるべく省スペースに留めたい方、季節を問わずコンパクトに使いたい方におすすめです。

ダイキン(DAIKIN)

By: amazon.co.jp

ダイキンの空気清浄機のなかには、浮遊するカビ菌などの表面に付着し、空気中のタンパク質を酸化分解すると謳われている技術「アクティブプラズマイオン」を採用しているモデルがあります。

吸気面が前方にあるのも特徴で、プラズマ放電の一種である「ストリーマ」と「アクティブプラズマイオン」のダブル方式によって、吸い込んだ有害物質を分解可能です。

また、スリムでタワー型のフォルムや豊富なカラーバリエーションなど、デザイン性の高さも魅力。使い勝手にこだわりたい方におすすめのメーカーです。

メーカーのおすすめモデル

Dyson Pure Humidify+Cool™加湿空気清浄機

Dyson Pure Humidify+Cool™加湿空気清浄機

「空気清浄機」や「扇風機」、さらには「加湿器」としての機能も備えた万能モデル。密閉性の高い360˚グラスHEPAフィルターを搭載しているため、花粉やPM2.5だけでなく、さらに小さなPM0.1レベルの微細な粒子もキャッチできるのが特徴です。
活性炭フィルターを通すことで、料理やペットのニオイもとれ、きれいな空気を生み出せるのもポイント。毎秒320Lの空気を送り出す「AirMultiplierテクノロジー」により、スムーズかつパワフルに空気を循環できます。
また、タンク内の水を強力なUV-Cライト(紫外線)が直接照射することによって、高い除菌効果が期待できるので、衛生的に部屋を潤せるのが魅力。お手入れが簡単なので、加湿空気清浄機にありがちなフィルター掃除が面倒な方や、忙しい方にもおすすめです。

空気清浄機のおすすめモデル

バルミューダ(BALMUDA) BALMUDA The Pure A01A

バルミューダ(BALMUDA) BALMUDA The Pure A01A

おしゃれ家電メーカーとしても人気の高いバルミューダの空気清浄機。シンプルながら他製品にはない一線を画するデザインが魅力です。航空機のジェットエンジンなどで採用されているテクノロジーをもとに再設計した独自の構造により、部屋全体の空気を循環させる大風量を実現しています。

抗菌仕様のプレネットが大きなホコリをキャッチし、菌の繁殖を抑制できると謳われているのもポイント。集じん性能に優れた「TrueHEPAフィルター」と「活性炭脱臭フィルター」による除菌・脱臭効果も期待できます。

設置面積は幅・奥行約26cmとA4用紙程度のサイズで邪魔になりません。コンパクトかつスリムですが、最大約36畳まで対応とパワフルなのでリビングでの使用におすすめです。

▼【レビュー】バルミューダの空気清浄機「The Pure」。大風量で空気を素早くキレイに

シャープ(SHARP) 蚊取 空気清浄機 FU-GK50

シャープ(SHARP) 蚊取 空気清浄機 FU-GK50

蚊を捕獲できる機能を搭載した空気清浄機です。UVライトと黒いボディで蚊を誘い出し、近付いたところで吸い込んで粘着シートで捕獲する仕組み。薬剤を使用しないため、赤ちゃんやペットのいる家庭におすすめのモデルです。

プレフィルター・脱臭フィルター・静電HEPAフィルターの3つのフィルターで部屋のホコリをキャッチ。微細な粒子を99.97%集じんする効果が期待できると謳っています。「おやすみ」モードを搭載しており、静かに運転できるのもポイント。寝室に設置したい場合にも適しています。

ダイソン(dyson) Dyson Pure Hot + Cool 空気清浄ファンヒーター HP04

ダイソン(dyson) Dyson Pure Hot + Cool 空気清浄ファンヒーター HP04

ヒーターと扇風機の機能を搭載した空気清浄機です。1台3役で夏は扇風機、冬はヒーターとして使用するなど、1年を通じて活躍します。350°首振り機能により、清浄化した空気を部屋中に循環させることが可能。グラスHEPAフィルターと活性炭フィルターの2種類のフィルターは、微細なチリ・ホコリ・ニオイを軽減する効果が期待できます。

「Dyson Linkアプリ」を活用すれば、外出先からの操作も可能。室内・屋外の空気の状態や温度・湿度、フィルター寿命までリアルタイムに確認できます。手持ちのスマートフォンをモニターとしてコントロールできる、便利なモデルを探している方におすすめです。

日立(HITACHI) 空気清浄機 EP-PZ30

日立(HITACHI) 空気清浄機  EP-PZ30

奥行約13cmのコンパクトな空気清浄機。適用床面積は15畳まで対応しており、8畳の部屋なら18分で空気をきれいにします。6方向から吸引するため、設置場所にかかわらず効率よく部屋の空気を清浄化。「アレルオフフィルター」の働きにより、花粉やダニのフン、ネコのフケなどに含まれるアレル物質を抑制する効果が期待できるモデルです。

自動運転モードは生活シーンにあわせて選べる、空清・脱臭・ひかえめの3つのモードを搭載しています。リモコンが付属しており、風量切替や2時間切タイマーの操作が可能なのも便利。また、お部屋の空気を早くきれいにしたいときに重宝する「一発ターボ」を搭載しているなど、使い勝手に優れたモデルを探している方におすすめです。

ツインバード工業(Twinbird) マイナスイオン発生空気清浄機 AC-D358PW

ツインバード工業(Twinbird) マイナスイオン発生空気清浄機 AC-D358PW

リーズナブルで扱いやすい電化製品で人気の「ツインバード工業」の空気清浄機。マイナスイオンを発生させると謳う高性能HEPAフィルターを搭載しており、空気をリフレッシュする効果が期待できるモデルです。フィルターをプリーツ状にすることで集じん面積を増加。目詰まりを防ぐことで集じん効果を長持ちさせます。

適用床面積は12畳まで対応。運転は標準・ターボ・静音の3段階で調節できます。就寝時や切り忘れに便利な3時間切タイマーも搭載しているなど、低価格ながら機能性に優れたモデルを探している方におすすめです。

ブルーエア(Blueair) 空気清浄機 Blue Pure 411 101436

ブルーエア(Blueair) 空気清浄機 Blue Pure 411 101436

スウェーデンの空気清浄機専業メーカー「ブルーエア」のファン式空気清浄機。円筒型のシンプルなデザインが印象的です。TVや雑誌などで紹介された話題のモデルで、コンパクトなフォルムながらパワフルなのが特徴。適用床面積13畳までの空清能力を発揮します。

ボタンひとつのみで電源のオンオフや風量調節できるため、操作は簡単。フィルター交換は自動で知らせてくれ、24時間可動の場合で6カ月に一度程度の交換が必要です。1時間の電気代約0.03円と省エネなのもポイント。電気代を節約できるモデルを探している方におすすめです。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 空気清浄機 PU-HC35

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 空気清浄機 PU-HC35

コンパクトながら、適用床面積16畳まで対応できるパワフルな空気清浄機です。奥行12.5cmと薄いため、設置場所のスペース確保に困っている場合におすすめのモデルです。花粉対策ができる「花粉モード」が便利。最初に急速運転で部屋の空気を一気に入れ替えた後、静音運転と標準運転を繰り返しながらきれいな空気を保ちます。

フィルターには花粉やダニの死がいを除去する効果があると謳う「アレル物質抑制除菌フィルター」を採用。フィルターは2年に一度の交換と、お手入れも簡単です。

COWAY 空気清浄機 AIRMEGA 300S AP-1515G

COWAY 空気清浄機 AIRMEGA 300S AP-1515G

韓国メーカー「COWAY」のブランド「AIRMEGA」の空気清浄機。4本脚を採用したスタイリッシュデザインもさることながら、機能性や操作性も高く、トータルバランスに優れているのが特徴です。

注目は高性能な「抗菌GreenHEPAフィルター」と「活性炭脱臭フィルター」を組み合わせた「MAX2 Greenフィルター」。ホコリや毛をしっかりと捉える「プレフィルター」とも相まって、快適に使い続けられるのが魅力です。

また、本製品はWi-Fi機能付きモデルで、専用アプリ「IoCare」を活用すればスマホからの遠隔操作も可能。モード切り替えや風量調節、予約設定はもちろん、フィルターの管理も数値化して把握することができます。さらに室内の空気質をモニタリングできたり、時間帯別や日別で分析レポートを作成できたりと、使い勝手も良好。満足度の高いおすすめの1台です。

加湿・除湿機能付き空気清浄機のおすすめモデル

シャープ(SHARP) 加湿空気清浄機 KC-J50

シャープ(SHARP) 加湿空気清浄機 KC-J50

シャープ独自の「ワイドスピード循環気流」を採用したファン式空気清浄機。遠くのホコリを引き寄せてパワフルに吸引し、部屋全体の空気をすばやくきれいにします。最大500ml/hの加湿機能に加えて「プラズマクラスター7000」を搭載。浮遊するウイルスの作用を抑える効果が期待できるとしており、赤ちゃんや受験生がいる家庭におすすめのモデルです。

加湿機能を使用しないときは、加湿フィルターが水に浸からない位置で停止。送風で乾燥されるため、常に清潔な状態で使用できるのもポイントです。

ダイキン(DAIKIN) 加湿ストリーマ空気清浄機 MCK70W

ダイキン(DAIKIN) 加湿ストリーマ空気清浄機  MCK70W

「ツインストリーマユニット」を搭載した空気清浄機。有害ガスの分解能力・脱臭性能・除菌が従来モデルと比較して2倍もの効果を実現したモデルです。0.3ミクロンの微細粒子を99.97%除去すると謳う「TAFUフィルター」は、10年間交換不要なのが魅力。手間を省いてコストを抑えたい方におすすめのモデルです。

適用床面積31畳までと広いリビングに適しているほか、加湿機能を搭載しているのもポイント。1時間あたり650mlの加湿能力で、乾燥が気になる季節に便利です。加湿量は3段階で調節できるため、加湿しすぎも防ぎます。

ダイキン(DAIKIN) 除加湿 うるるとさらら空気清浄機 MCZ70W

ダイキン(DAIKIN) 除加湿 うるるとさらら空気清浄機  MCZ70W

適用床面積31畳まで対応できる、強力な空清能力を発揮する電気式の空気清浄機です。広いリビングに適しているほか、除湿と加湿機能を搭載しているのもポイント。じめじめした夏は除湿、乾燥が気になる冬は加湿と、1年を通じて活躍するモデルを探している方におすすめです。

従来モデルと比較して2倍もの汚れやニオイを分解する「ツインストリーマ」の搭載で、部屋を常に清潔な状態に保ちます。スマートフォンを活用して部屋の空気状況を確認できるほか、運転のオンオフやタイマー設定も可能。ダイキンルームエアコンと連動して自動運転できるのも便利です。

日立(HITACHI) 加湿空気清浄機 EP-MVG90

日立(HITACHI) 加湿空気清浄機  EP-MVG90

適用床面積42畳まで対応する、強力な空清機能を誇る空気清浄機。広いリビングや高い天井、吹き抜けなど、大きなスペースの空気をきれいに保ちたい場合におすすめです。「アレルオフ微細じんHEPAフィルター」と「洗える脱臭フィルター」の採用で、さまざまな汚れやタバコの嫌なニオイなどを除去する効果が期待できます。

加湿機能も搭載しており、乾燥が気になるときにも活躍。お手入れを約1年に1回程度で済ませる「自動おそうじユニット」は、運転48時間ごとにブラシが自動で上下に動いてプレフィルターのホコリを取り除きます。また、自動おそうじユニットは丸洗いできるなど、メンテナンスも手軽なモデルです。

日立(HITACHI) 除加湿空気清浄機 EP-LV1000

日立(HITACHI) 除加湿空気清浄機 EP-LV1000

空気をきれいにしながら除湿と加湿もできる空気清浄機。空清運転で最大31畳まで、加湿空清運転で最大27畳まで対応可能です。パワフルなモデルながら、静かな運転音も特徴。ターボ運転時52dB、静風量時で14dBと、運転音が気になる場合におすすめです。

本体内部の清潔さにこだわって設計されているのもポイント。プレフィルター・フラップ・吹き出し口にステンレスを採用した「ステンレス・クリーンシステム」により、清潔な状態を維持します。「eco節電運転」で消費電力を最大約23%抑えて、電気代を節約できるのもおすすめポイントです。

パナソニック(Panasonic) 加湿空気清浄機 F-VC70XS

パナソニック(Panasonic) 加湿空気清浄機  F-VC70XS

高精度センサーを搭載した空気清浄機。空気の状態や温度・照度、人の動きまでもすばやく検知して快適な空気環境に整えます。加湿機能の搭載で乾燥が気になる季節に便利なほか、「ナノイーX」を搭載しているのもポイント。花粉をはじめとするアレル物質・ウイルス・菌を抑制する効果が期待できます。

集じんフィルター・脱臭フィルター・加湿フィルターの3つの高性能フィルターの搭載で、微細なホコリやチリもキャッチ。フィルターは10年間交換不要なため、交換の手間を省けるお手入れ簡単なモデルを探している方におすすめです。

iDeer Life(アイディライフ) 除湿空気清浄機 Q8

iDeer Life(アイディライフ) 除湿空気清浄機 Q8

除湿機能を搭載した空気清浄機です。円形で縦長のおしゃれなデザインが印象的。お部屋のインテリアとの調和にこだわりたい方におすすめのモデルです。リーズナブルな価格ながら、高性能HEPAフィルターを搭載しているなど機能性に優れているのもポイント。0.1ミクロンの微細粒子を99%除去する効果があると謳っており、花粉対策としても適しています。

また、除湿機能によってカビやダニの繁殖を抑える効果も期待でき、梅雨時や洗濯物を部屋干しする際にも活躍。風量調節は強・中・弱の3段階切り換えで弱運転時の動作音30dBと、赤ちゃんのいる家庭や寝室など音が気になる部屋に設置するのもおすすめです。

空気清浄機のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

空気清浄機のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。