花粉やPM2.5なども有害物質対策はもちろん、タバコやゴミなどのニオイ対策にも効果ができる「空気清浄機」。最近ではさまざまなモードが搭載されたモデルがリリースされており、多機能化が進んでいます。

そこで今回は空気清浄機のおすすめ人気モデルをピックアップ。種類や選び方についても紹介するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

空気清浄機とは?

By: amazon.co.jp

空気清浄機は空気中に浮遊するホコリやハウスダストなどをフィルターでキャッチし、室内の空気を清浄する機器。花粉やPM2.5対策の効果が期待できるので、需要は年々高まっており、トレンドに合ったモノやメーカー独自の機能が搭載されたモノが人気です。

なお、最近はシンプル機能のリーズナブルなモデルから加湿、消臭、除菌効果が期待できるハイエンドモデルまで、製品ラインナップが豊富に取り揃えられています。性能の高さや機能の多さを求める方は予算との兼ね合いを考慮するようにしましょう。

空気清浄機の種類

ファン式空気清浄機

By: amazon.co.jp

「ファン式空気清浄機」とは本体の中に空気の流れを発生させるファンが内蔵されているタイプ。ファンが回転することで、部屋の中の空気を取り込んだ後、ホコリや菌をフィルターで取り除いてキレイな空気を排出するという仕組みになっています。

定期的なフィルターの掃除や交換が必要で、稼働中の動作音もやや大きめなのは懸念点ですが、本体価格はほかの空気清浄機に比べて安価です。

電気式空気清浄機

By: amazon.co.jp

「電気式空気清浄機」とは静電気の力で汚れを取り除くタイプ。フィルターが目詰まりしにくく、メンテナンスも簡単で、稼働音もファン式と比べて静かです。

電気の力でホコリや細菌を集めるので、集じん効果が高いのもポイント。比較的価格が高いのはデメリットですが、多機能かつ高性能な製品が多いので、特に赤ちゃんや小さな子どもがいる場所などでも安心して設置できます。

空気清浄機の選び方

適用畳数で選ぶ

空気清浄機を購入する前にまず確認したいのは適用畳数です。特に、空気清浄機能の単独運転で使用する場合と加湿機能を併せて使用する場合では、適用畳数が異なることもあります。それぞれメーカーの仕様表に記載されているので、チェックしておきましょう。

集じん性能を重視する方は、より広い適用畳数をカバーするモデルがおすすめ。ただし、動作音が気になる場合も考えられるので、静音性にも配慮しておきましょう。

フィルター性能で選ぶ

By: rakuten.co.jp

空気清浄機のメイン機能となるのが、ホコリや花粉などを集じんするフィルターです。多くの国内メーカーが採用しているフィルターは、目に見えるホコリはもちろん、超微細なハウスダストなどの吸着を高めた「静電HEPAフィルター」を採用しています。

また、注目しておきたいのはフィルターの寿命です。交換の頻度は半年〜10年に1回と、機種によって異なるため、あらかじめチェックしておきましょう。

加湿・除湿性能で選ぶ

By: amazon.co.jp

空気清浄機には加湿・除湿性能を搭載されているモデルもあります。空気清浄機能のみの機種に比べて価格は総じて高く、定期的にフィルターを掃除しなければならないデメリットがあります。

しかし、梅雨時に発生しがちな部屋干しの生乾き臭の対策や、冬の室内の乾燥予防に利用できるため、年間を通して使い続けられることがメリット。部屋の空気を常に整えておきたいという方におすすめです。

お手入れのしやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

日常的に使う空気清浄機を選ぶ際は、お手入れやメンテナンスのしやすさも大切なポイント。特にフィルター交換がどの位の頻度で必要なのかを確認しましょう。10年間フィルター交換が不要なモデルもあれば、1年ごとに交換が必要なモデルもあります。

なお、集じんフィルターの日々のお手入れ方法は掃除機で行うのが一般的ですが、なかには自動掃除機能が搭載されたモデルもあるので、お手入れの手間や頻度などはあらかじめ確認しておきましょう。

その他機能もチェック

By: amazon.co.jp

脱臭機能

空気清浄機を選ぶ際には寝室やリビングなどの気になるニオイを除去してくれる脱臭機能も要チェックです。脱臭フィルターを採用したモデルは活性炭や光触媒、マンガン系触媒などを採用し、ニオイを吸着・除去する効果が期待できます。

また、イオン機能搭載モデルは、パナソニックのナノイーやシャープのプラズマクラスター、ダイキンのアクティブプラズマイオンのように、各社とも独自開発のテクノロジーによって、アレル物質やニオイの元となる物質を分解する効果が期待できるのがポイント。

なお、イオン技術はメーカーによって多少特徴が異なるので、イオンの特性に着目した上で、置く場所やニオイに合った脱臭機能を選びましょう。

スマホ連携

常に空気の状況や空気清浄機の状態を把握したいなら、スマートフォンやスマートスピーカーと連携できるモデルがおすすめ。スマホアプリとの連携によってより詳細な設定が可能なところも魅力です。

専用のアプリや音声で、空気内にあるPM2.5やVOC(揮発性有機化合物)など有害物質の含有量を専用アプリや音声で確認できるモデルもあります。さらに、離れた場所や外出先から、部屋の空気の状態を確認し運転を切り替えることも可能です。

加えて、フィルターや消耗品の状況をスマートフォン上で確認ができる機能を備えたモデルもラインナップされています。空気清浄機内のフィルターの汚れ具合も分かるほか、空気清浄機能を可視化することで効果を一層実感できるのもメリットです。

また、AI(人工知能)やクラウド機能を利用して自動でコントロールできる機種の場合、部屋や環境に合わせて効率よく空気を清浄できます。

空気清浄機のおすすめメーカー

シャープ(SHARP)

By: amazon.co.jp

同社の代名詞とも言える「プラズマクラスター」が採用されており、浮遊カビ菌の浄化や静電気の抑制、付着したニオイを分解する効果が期待できます。

背面に配置された大きな吸気面が特徴のほか、「ワイド気流ルーバー」や「スピード循環気流」といった独自技術を用いて部屋中に気流を循環させるのもポイントです。

ダイキン(DAIKIN)

By: rakuten.co.jp

同社の空気清浄機のなかには、浮遊するカビ菌などの表面に付着し、空気中のタンパク質を酸化分解する技術「アクティブプラズマイオン」を採用しているモデルがあります。

吸気面が前方にあるのも特徴で、プラズマ放電の一種である「ストリーマ」と「アクティブプラズマイオン」のダブル方式によって、吸い込んだ有害物質を分解可能です。

また、スリムでタワー型のフォルムやカラーバリエーションの豊富さなど、デザイン性の高さも魅力。使い勝手にこだわりたい方におすすめのメーカーです。

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

同社の空気清浄機は、理美容家電などで用いられているナノイーを搭載しているのが特徴。「ナノイー」とは空気イオンの約1000倍の水分を含むナノレベルの微細なイオンのことです。

吸気面は前面に配置されており、「花粉撃退気流」や床下30cmにあるホコリなども吸引する気流コントロールが可能なのもポイントです。クリーンさにこだわりたい方はぜひチェックしておきましょう。

空気清浄機のおすすめモデル

シャープ(SHARP) 加湿空気清浄機 KC-H50

シャープ(SHARP) 加湿空気清浄機 KC-H50

シャープ独自技術のプラズマクラスター7000を搭載した加湿空気清浄機です。薄型スリムデザインのエントリーモデルで13畳での使用が推奨されているため、リビングや寝室などでの利用に適しています。

部屋全体に素早く風が行きわたるスピード循環気流で、遠くのホコリも引き寄せることが可能です。背面全体の大きな吸込口によって、部屋中の空気をパワフルに吸引。プラズマクラスターイオンによって静電気を除去しながら、0.1~2.5μmの超微粒子まで99%キャッチする効果が期待できます。

また、静電HEPAフィルターも搭載しており、集じん性能が高いのもポイント。静電気を帯びているためフィルターが目詰まりしにくく10年間交換不要なのでランニングコストも優秀です。

さらに、活性炭に吸着剤を加えたダブル脱臭フィルターも搭載し、寝室にこもりがちな汗臭も除去する効果が期待できます。水タンクのキャップには「Ag+イオンカートリッジ」を搭載しており、水中の菌の発生を抑制する効果が期待できるため加湿する水分も清潔です。

シャープ(SHARP) 空気清浄機 FU-H50

シャープ(SHARP) 空気清浄機 FU-H50

静電HEPAフィルターや脱臭フィルター、抗菌・防カビプレフィルターの3つのフィルターでしっかりホコリとニオイを除去。シャープ独自の空気浄化技術である高濃度プラズマクラスター7000を搭載し、PM2.5に対応していると謳われています。

「パワフル吸じん運転」では10分間、プラズマクラスターを集中的に放出しながら最大風量で運転し、壁などに粒子の付着を抑えながら一気に吸じんするので、部屋の空気をきれいにします。また、花粉の気になる季節に最適な花粉運転機能も搭載しているのもポイント。

使用に適した畳数は14畳で、8畳の部屋であれば約12分で空気を清浄できます。1日24時間、強モードで運転しても電気代は約32円で、コストパフォーマンスも抜群です。本体も低価格でコスパにこだわる方におすすめします。

シャープ(SHARP) 加湿空気清浄機 KI-JP100

シャープ(SHARP) 加湿空気清浄機 KI-JP100

人の不在を検知する人感センサーを搭載し、空気の汚れに合わせて気流を変えてパワフルに空気を循環させます。また、スマートフォン専用アプリ「COCORO AIR」と連携することで、ペットがいる家庭専用の運転も設定可能です。

シャープ独自のプラズマクラスターを発展させたプラズマクラスターNEXTを搭載しており、空気清浄の性能を向上しています。また、「プラズマクラスターパワフルショット」ではプラズマクラスターをソファやカーペットに向けて放出させることで、洗えないファブリック素材への消臭や除菌の効果が期待できます。

さらに、クラウド上のAIと接続することで、室内外の空気や運転状況の情報を蓄積して分析し、最適な運転が可能です。ほかにも、フィルター掃除の手間を省いて集じん性能も維持する「自動掃除パワーユニット」を搭載しているのもポイント。

最大加湿量930mL/hのパワフルな加湿で、乾燥が気になる季節にものどやお肌にうるおいを与える効果が期待できます。機能にこだわる方におすすめのプレミアムモデルです。

パナソニック(Panasonic) 加湿空気清浄機 F-VC70XR

パナソニック(Panasonic) 加湿空気清浄機 F-VC70XR

「ナノイー」の性能を向上させた「ナノイー X」を搭載している加湿空気清浄機。花粉やハウスダストが気になる方におすすめです。

年間を通して飛散している花粉を低減させる効果が期待できます。また、「ダブルフロー花粉撃退気流」によって2方向からの気流を起こし、空気をパワフルに吸引可能です。さらに、ハウスダストなどのアレル物質やカビやPM2.5などの微細な汚れ、生活臭も軽減させる効果が期待できます。

ニオイセンサーや高感度ハウスダストセンサーのほか、「ひとセンサー」を搭載しているのもポイント。人が動いて花粉やハウスダストが舞い上がる前に、先回りして素早く吸引できるのも特徴です。

パネル下が大きく開いており、下からの吸引力を高めているため、床上30cmにたまりがちなホコリなどをパワフルに吸引します。赤ちゃんや小さな子ども、ペットのいる家庭にも最適なハイクラスモデルです。

パナソニック(Panasonic) 空気清浄機 F-PXR55

パナソニック(Panasonic) 空気清浄機 F-PXR55

前面下吸い込みのため、後ろに壁があっても使用できるモデルです。約A4サイズの床面積に設置できる薄型で、適応床面積は25畳まで対応し、8畳の部屋なら約11分で空気を清浄可能です。

パナソニック独自のイオン「ナノイー」機能を搭載。衣類や繊維の隙間に入り込み、部屋の隅々まで花粉やハウスダストを抑制させる効果が期待できます。フィルターには「スーパーナノテク脱臭フィルター」を採用。ナノレベルの超微細な穴を持つ活性炭でニオイを低減させられると謳われています。

また、10年交換不要で掃除機でお手入れできるのも魅力。無駄な運転を省ける「エコナビ」を搭載し、本体の価格も抑えられているため、コストパフォーマンスを重視したい方におすすめです。

パナソニック(Panasonic) 加湿空気清浄機 F-VXR90

パナソニック(Panasonic) 加湿空気清浄機 F-VXR90

花粉に悩んでいる方におすすめのハイスペック加湿空気清浄機です。ナノイーX・パワフル吸引・高精度センサー・高性能フィルターといった4つのテクノロジーで、花粉を軽減させる効果が期待できるのが特徴。

さらに、さまざまな汚れを見つける高精度のセンサーを搭載。ひとセンサーは人の動きを感知し、先回りして空気を循環させます。PM2.5解析プログラムはハウスダストなどの微細粒子の質量濃度を判定し表示する機能です。高濃度の時には自動で風量や気流を変えて吸引する効果が期待できます。

なお、1時間に最大870mlの加湿ができるため、乾燥が気になる季節にも快適な湿度の維持も可能。のどや肌を快適に保ちます。適応床面積は40畳まで対応する最上級モデルです。

ダイキン(DAIKIN) 空気清浄機 MC55U

ダイキン(DAIKIN) 空気清浄機 MC55U

性能のみならず見た目にもこだわる方におすすめの空気清浄機です。家具の隙間や壁際にもすっきり納まる27cmのスリムな横幅のボディで置き場所を選びません。

また、フィルター・送風ファン・加湿ユニットを縦に配置した独自の構造もポイント。ファンをフィルターの下に配置し、上部にワイドな吹き出し口を採用することで、人が感じる運転音を軽減させています。

「静電HEPAフィルター」を搭載しており、集じん性能が高いのも魅力です。最大適用床面積は25畳で、リビングに置いても余裕の集じん力を備えています。さらに、加湿フィルターをストリーマで除菌したり、加湿する水の細菌もストリーマで抑制したりする効果も期待できます。空気を清潔に加湿したい方におすすめの加湿空気清浄機です。

ダイキン(DAIKIN) 加湿ストリーマ空気清浄機 MCK70V

ダイキン(DAIKIN) 加湿ストリーマ空気清浄機 MCK70V

リビングなどの広い空間での使用に最適なハイグレードモデルです。ダイキンの独自技術であるストリーマユニットを通常の2倍搭載し、パワーアップしたニオイの分解や脱臭効果が期待できます。

また、「TAFUフィルター」を採用しているため、吸着した汚れが広がりにくく10年間交換不要です。経年劣化も抑えられるため、10年後でもHEPAフィルターの約1.4倍という集じん力が維持されると謳われています。

また、無線LAN搭載でスマートフォンやスマートスピーカーとの連携にも対応。アプリでは外出先でのON・OFFや運転コースを変更できるほか、空気内のPM2.5・ホコリ・ニオイが一目でわかる機能を有しているため、空気の汚れの原因を特定できます。

このほか、ソファやカーテンなどのニオイを除去する「アクティブプラズマイオン」などの機能も搭載。大型でハイスペックにもかかわらず、5万円以下と抑えられた価格も人気の理由です。

ダイキン(DAIKIN) 除加湿ストリーマ空気清浄機 クリアフォースZ MCZ70U

ダイキン(DAIKIN) 除加湿ストリーマ空気清浄機 クリアフォースZ MCZ70U

除湿と加湿、両方の機能を備えた空気清浄機で、室内の乾燥にはもちろん、洗濯を部屋干しする方にもおすすめです。室温に合わせて除湿・加湿を自動でコントロールする「おまかせ運転」を搭載。除湿機能にはヒートポンプ式を採用しており、空気の熱を利用し除湿するため、除湿にかかる電気代を約60%も削減しています。

また、除湿と空気清浄機能により、菌の繁殖を抑制し、生乾き特有のニオイを低減する効果が期待できる「ランドリー乾燥」も搭載。冬場には結露を抑制する「ハウスキープ」が活躍します。

静電HEPAフィルターを搭載し、ダイキン独自のストリーマによりフィルターに吸着したニオイを分解する効果が期待できるため、脱臭能力を長期にわたり維持。合わせて、電気集じん方式とストリーマにより有害物質も強力に集じん・分解します。

ダイソン(dyson) 空気清浄ファンヒーター Dyson Pure Hot+Cool link HP04WS

ダイソン(dyson) 空気清浄ファンヒーター Dyson Pure Hot+Cool link HP04WS

ヒーター・扇風機の機能も備えた空気清浄機。冬はヒーター、夏は扇風機として使用でき、常にきれいな空気で空調もできるモデルです。

毎秒290リットルのペースで清浄な空気が送り出され、350°回転する首ふり機能により、部屋中に空気を循環させます。また、後方から空気を送り出すディフューズモードもあり、風を感じることなく効果的な空気清浄も可能です。

グラスHEPAフィルターと活性炭フィルターの2種類のフィルターを搭載し、花粉やアレル物質からPM0.1という超微小粒子、ニオイや有害なガスを抑制する効果が期待できます。また、3つのセンサーによって空気中の有害物質を自動検知。空気の状態をモニターしLCDディスプレイで詳細を表示します。

また、スマートフォンの「Dyson Link」アプリを使えば、外出先からも操作可能です。屋内外の空気の状態・温度・湿度・フィルター寿命などもリアルタイムで確認でき、スケジュールの管理や不在時の予約運転もできます。

日立(HITACHI) 自動おそうじクリエア 加湿空気清浄機 EP-MVG90

日立(HITACHI) 自動おそうじクリエア 加湿空気清浄機 EP-MVG90

プレフィルターの掃除が面倒な方におすすめの自動おそうじ機能付き加湿空気清浄機です。プレフィルター前面におそうじユニットが搭載されており、フィルター表面についた細かなホコリを自動で掃除してくれます。なお、おそうじユニットの手入れは年1回でOKです。

8畳を10分で清浄するワイドスピード集じんにも注目。適応床面積は42畳までと高い集じん力を誇ります。「アレルオフ微細じんHEPAフィルター」は0.3μmという微粒子も99.97%の捕集する効果が期待できます。

洗える脱臭フィルターは約10年間の使用が可能で、タバコやペットのほか生活臭も低減できると謳われています。強化ガラスを採用した高級感あふれるデザインも人気ポイントです。フラットなガラスパネルは傷がつきにくく、お手入れも簡単。スリムなデザインでインテリアにもマッチします。リビングなどの広い空間で使用するのに最適です。

Pureplove 空気清浄機 CF-8110A

Pureplove 空気清浄機 CF-8110A

φ22cmx38.7cmとコンパクトなサイズで置く場所を選ばない空気清浄機です。HEPAフィルターによってタバコの煙や花粉など0.1μmの微細粒子も99%除去する効果が期待できます。適応床面積は15畳で、寝室やワンルームマンションにもちょうどよいサイズです。

また、活性炭フィルターによって生活臭を低減できると謳われています。さらに、マイナスイオン発生機能も搭載しており、空気をリフレッシュしてくれます。

タワー型でシンプルなデザインもおしゃれなのもポイント。なお、フィルターは6~8か月での交換が必要ですが、電源ライトが点滅してフィルターの交換時期を知らせてくれます。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 花粉空気清浄機 KFN-700

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 花粉空気清浄機 KFN-700

花粉の飛散が気になる方におすすめのリーズナブルな空気清浄機です。スリムなデザインで邪魔になりにくいので玄関に設置できるのも魅力。前面から吸引することで高い花粉補修率を実現していると謳われています。

また、人感センサーを搭載しているため、人を感知すると運転がスタート。衣類や体に付着した花粉をしっかり集じんし、家の中への侵入を防ぐ効果が期待できます。シンプルな構造ですが花粉に焦点をしぼった工夫が満載です。

重量4.3㎏と軽く、取っ手付きなので持ち運びにも便利なのもポイント。日中は玄関用、夜間は寝室など時間帯に合わせて設置場所を変えられます。

HEPAフィルターを搭載し0.3μmの粒子も99.9%除去可能です。コンパクトながら適応床面積は25畳まで対応しており、集じん力も優れています。低価格なのも魅力のコスパに優れた空気清浄機です。

空気清浄機のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

空気清浄機のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。