最近はリビングだけでなく、個室にも設置する方が増えた「空気清浄機」。豊富なラインナップが揃っているジャンルですが、各製品によって最大適用床面積が異なるので、選ぶ際は使う場所との兼ね合いを検討するのがポイントです。

そこで今回は、6畳程度をカバーする空気清浄機をピックアップ。一人暮らしの方にもおすすめのアイテムをご紹介するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてください。

一人暮らし向け空気清浄機とは?

By: twinbird.jp

近年の空気清浄機は、不快なニオイを取り除くのはもちろん、花粉やPM2.5対策の効果が期待できるモデルもリリースされており、ユーザーのニーズに合わせて使い勝手が向上しています。

空気清浄機は大きく分けて、空気清浄に特化したタイプと加湿機能付きタイプの2種類。チェックすべきポイントはさまざまですが、特に一人暮らしの方にとって重要なのは、最大適用床面積です。使う部屋とミスマッチだとオーバースペックになってしまうので、しっかりと確認しておきましょう。

なお、適応畳数が大きいモデルであっても、10畳程度のモデルであれば、室内をより早く清浄できます。本体サイズや音が気にならないようであれば、選ぶ際の選択肢として考慮してみましょう。

一人暮らし向け空気清浄機の選び方

清浄機能で選ぶ

By: dyson.co.jp

清浄機能で確認すべきは空気を出す方式。特に花粉は普段浮遊しているものと考えがちですが、床に落ちていることも考慮する必要があります。下から吸って上から出す方式を採用しているアイテムの方が比較的性能が高いモデルが揃っているため、清浄機能を重視する方はチェックしておきましょう。

追加機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

メーカー独自の機能が製品に搭載されているかも確認すべきポイントです。人間の動きを検知するセンサーがあるのか、音声アナウンス機能に対応しているのか、専用アプリによるリモート操作は可能かなどは使い勝手に関わってくるので、チェックしておきましょう。

お手入れの容易さで選ぶ

By: amazon.co.jp

加湿機能付きの空気清浄機を使う場合は、定期的なお手入れが必須。特に加湿機能を利用する機会が減る春先以降は、内部の水を抜いていないとウィルスや雑菌の繁殖に繋がってしまうので、注意が必要です。

一方、空気清浄特化型でフィルターを半年ないし1年ごとに交換するタイプはフィルターを交換する費用はかかりますが、日々のお手入れは比較的手間が少なく済みます。

空気清浄機についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

一人暮らし向け空気清浄機のおすすめメーカー

シャープ(SHARP)

By: amazon.co.jp

シャープは1912年に早川徳治が東京で創業した金属加工業からスタートしました。「まねされる商品をつくれ」という早川徳治の精神を受け継ぎ、独創的かつ革新的な技術や製品を発表し続けている大手家電メーカーです。

シャープの空気清浄機には、シャープ独自の技術であるプラズマクラスターが搭載され、浮遊カビ菌の除菌、浮遊ウィルス・浮遊菌・浮遊アレル物質の作用抑制といった空気清浄効果や、消臭や静電気抑制の効果が期待できます。

プラズマクラスターは、自然界にあるプラスイオンやマイナスイオンをプラズマ放電により空気中に放出するシャープ独自の技術です。実際に使用する環境に近い状況でテストすることで効果を実証しています。

ツインバード工業(TWINBIRD)

By: amazon.co.jp

1951年、新潟県三条市で創業された「野水電化被膜工業所」が前身で、現在は燕市に本社があるツインバード工業。「感動と快適さを提供する商品の開発」を経営理念とし、調理家電・クリーナー・照明機器・生活家電・理美容健康器具・AV機器といった家電を製造、販売しています。

大手メーカーの一世代前の技術を利用し、搭載する機能を制限することで低価格かつ高品質を実現したジェネリック家電や、発電ラジオや防水TVなどといった大手家電メーカーが手掛けないようなスキマ商品を企画・開発することでも有名です。

ツインバードの空気清浄機はコンパクトなサイズから、リビングやキッチンにも対応する大型モデルまでラインナップ。マイナスイオンやHEPAフィルターなどを搭載した製品を大手家電ブランドに比べリーズナブルな価格で販売しています。

象印マホービン(ZOJIRUSHI)

By: amazon.co.jp

象印マホービンは、1918年に市川金三郎・銀三郎兄弟によって「市川兄弟商会」として大阪に設立されました。設立当初は魔法瓶の中びんの製造を手掛けていましたが、昭和23年には本格的な魔法瓶の製造・販売を開始し、この年から象をトレードマークとしています。

現在は魔法瓶にとどまらず、炊飯器・電気ポット・ホットプレートなどの家庭用調理器具や業務用炊飯器や保温ジャーのほか、空気清浄機も手掛ける家電ブランドです。

創業当初からの「暮らしを創る」という企業理念のもと、日本のみならず世界へ向けて、快適で便利な暮らしの品々を届けることを使命として、活動を展開し続けています。

一人暮らし向け空気清浄機のおすすめモデル

シャープ(SHARP) FU-J30

シャープ(SHARP) FU-J30

シャープが手がけているスタンダードタイプの薄型空気清浄機です。独自の空気浄化技術「プラズマクラスター7000」を搭載し、空気中に浮遊しているカビ菌やウィルス、アレル物質の対策ができます。ほかにも、静電気を抑える「除電効果」、付着したニオイを分解する効果が期待できる「消臭効果」、肌にツヤを与える「フェイスケア効果」などがあり、部屋を常に快適な状態に保ちます。

お手入れ・交換が簡単に行える「集じん・脱臭一体型フィルター」や、花粉を素早く効率よく除去できると謳われている「花粉運転」、小さな部屋にもスッキリと設置できる奥行約18cmの「薄型・コンパクト設計」など、使いやすさにこだわって作られているのも大きな特徴。1日24時間使用した時の電気代は最もパワフルな強運転時でも約24円と低コストなので、電気代が気になる方でも安心して使えます。

シャープ(SHARP) KI-JS50

シャープ(SHARP) KI-JS50

ハイテク装備が充実した高性能な空気清浄機です。人工知能とつないで部屋の空気情報を分析する、AIoTクラウドサービス「COCORO AIR」を搭載。天気や生活シーンに応じて最適な運転に自動で切り換えます。専用アプリを使えば、外出先から遠隔操作をしたり、空気清浄機の運転状況・部屋の状況をスマートフォンで確認したりと、さまざまな使い方ができるのも魅力です。

横幅345mm・奥行き262mmのコンパクトサイズにも関わらず、シャープ独自の空気浄化技術「プラズマクラスター25000」や、少ない電気代で部屋全体をしっかり加湿する「たっぷり加湿」、遠くのホコリも素早く吸じんする「スピード循環気流」を搭載。適用畳数は最大23畳とハイパワーなので、6畳の部屋で使えばあっという間に部屋の空気をきれいにできます。

シャープ(SHARP) 天井空清 FP-AT3

シャープ(SHARP) 天井空清 FP-AT3

シャープのLEDシーリングライト一体型空気清浄機です。照明用配線器具がある天井に照明器具として設置する「天井設置タイプ」なので、従来の空気清浄機のように、電源コードが邪魔になったり、ロボット掃除機の走行を妨げたりする心配がありません。トンボの羽根をお手本にした独自の「ネイチャーファン」を採用することで、静音運転時は23dB、強運転でも45dBと運転音が静かなのも大きな特徴です。

最大適用床面積は14畳。0.3μmの微小な粒子を99.97%集じんすると謳われている「静電HEPA・脱臭一体型フィルター」や、空気中に浮遊するウィルス対策ができる「高濃度プラズマクラスター25000」を搭載しているので、空気の汚れやニオイを天井でしっかりキャッチして浄化します。空気の状態がひと目でわかる「きれいモニター」が付いているのも嬉しいポイントです。

ツインバード工業(TWINBIRD) AC-4252

ツインバード(TWINBIRD) AC-4252

価格と性能のバランスに優れたパーソナル空気清浄機です。低価格にも関わらず、部屋に潤いを与える「加湿機能」を搭載。これ一台あれば空気清浄機・加湿器の2通りの使い方ができます。加湿には熱を使わない「気化式加湿」を採用。子供部屋や寝室でも安心して使えます。

最大適用床面積は3~6畳、本体サイズは横幅330mm・高さ290mmと非常にコンパクトなので、ワンルームはもちろん玄関先やトイレでの使用にもおすすめ。手軽に交換ができる「加湿・空気清浄フィルター」や、誰でも簡単に使える「二段階のアナログスイッチ」など、実用性に配慮して作られているのも魅力です。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) PA-HB16

象印マホービン(ZOJIRUSHI) PA-HB16

象印マホービンのコンパクトな空気清浄機です。奥行き約12.5cmとコンパクトながら、花粉を素早くパワフルに除去できると謳われている「花粉モード」や、部屋の汚れ具合がひと目でわかる「エアーサイン」、ニオイを感知して風量を切り替える「においセンサー」を搭載。最大適用床面積は16畳とパワフルなので、6畳のワンルームなら短時間で素早く空気がきれいにできます。

空気の汚れに応じて自動で静音・休止を選択して運転する「エコ自動モード」が付いているので、電気代が気になる方でも安心して使えます。1万円以下で買える空気清浄機にも関わらず、フィルターについた花粉・細菌・カビ菌などの抑制が期待できる「アレル物質抑制除菌フィルター」を採用しているのも大きなポイントです。

ダイソン(dyson) Dyson Pure Hot + Cool HP04WSN

ダイソン(dyson) Dyson Pure Hot + Cool HP04WSN

ダイソンが手がけている空気清浄機の2019年モデルです。HEPAマイクログラスファイバーをプリーツ状に200回以上折った高密度の「グラスHEPAフィルター」を採用。従来の空気清浄機では、キャッチするのが難しいPM 0.1レベルの微細な粒子も99.95%除去できると謳われています。トリス緩衝液を浸透させた活性炭により、嫌なニオイやホルムアルデヒドなどの有害なガスをしっかりと除去する効果が期待できるのもポイント。

より早く均一に部屋を暖める「Air Multiplier テクノロジー」や、パワフルな風を遠くまで届ける「ジェットフォーカステクノロジー」を使えば、空気清浄機としてだけでなくヒーターや扇風機としても使用できます。高速回転する羽根がない特殊な構造を採用することで、安全性が高くお手入れが簡単なのも魅力です。

日立(HITACHI) クリエア EP-H300

日立(HITACHI) クリエア EP-H300

狭い部屋でも邪魔にならない奥行き13cmのコンパクトモデル。最大適用床面積は15畳なので、6畳のワンルームなら余裕を持って使えます。アセトアルデヒドやトリメチルアミンをキャッチする「アレルオフフィルター」を採用することで、嫌なニオイをしっかり消臭対策できるのもポイント。

機能面では、離れた場所からでも簡単に操作ができる「専用リモコン」、常に清潔な状態に保てる「抗菌仕様フロントパネル」を採用。スギ・ブタクサ・カバノキなどの花粉、ダニのフン・ネコのフケに含まれるアレル物質に対する抑制効果も期待できるので、花粉症やハウスダストに悩んでいる方にもおすすめです。

デロンギ(DeLonghi) CFX85WC

デロンギ(DeLonghi) CFX85WC

デロンギが販売するスタイリッシュな空気清浄機です。本体上部に空気清浄フィルターを搭載する独自の構造を採用することで、花粉やハウスダスト、PM2.5などの有害物質を最大で99%除去する効果が期待できます。部屋の空気を短時間で素早く循環させる「360度全方向吸引」により、わずか30分で約10畳の範囲を清浄できるのも大きなポイント。

体への負担が少ない優しい風を生み出す「3Dコンフォート・エアテクノロジー」を搭載しているので、これ一台あれば空気清浄機・扇風機の2通りの使い方が楽しめます。快適さと省エネルギー性能を両立させた「DCブラシレスモーター」や、ワンタッチでお手入れができる「交換式フィルター」、シンプルで使いやすい「専用リモコン」など、便利なオプションが充実しているのも魅力です。

アコ・ブランズ・ジャパン(ACCO) TruSens Z-1000

アコ・ブランズ・ジャパン(ACCO) TruSens Z-1000

機能性とデザイン性を追求した空気清浄機です。クリーンな空気を部屋の隅々にまで効率的に届ける「ピュアダイレクトテクノロジー」や、あらゆる方向から空気を吸い込んで空気中に漂うアレル物質を除去すると謳われている「デュポン社製360°フィルター」を採用。部屋全体の空気を素早くきれいにできます。フィルター上に蓄積する細菌やウィルスを破壊して生菌の再循環を防ぐ効果が期待できる「UV除菌」が付いているのもポイント。

シンプルで操作しやすいタッチパネル、持ち運びしやすいキャリーハンドルなど、実用性に配慮して作られているのも魅力です。インテリアの邪魔にならないシンプルでスタイリッシュなデザインを採用しているので、空気清浄機の見た目にこだわりたい方にもおすすめです。

ブルーエア(Blueair) Blue Pure 411 Particle+Carbon 101436

ブルーエア(Blueair) Blue Pure 411 Particle+Carbon 101436

スウェーデンの空気清浄機専業メーカー「ブルーエア」のカジュアルモデル。独自のイオン化技術とフィルター技術を組み合わせることで、直径200mm・重量1.52kgのコンパクトサイズながら、パワフルな清浄力を備えています。本体下部には全方向から吸引できる「360°吸引口」を採用。置き場所を選ばずに使えるのも嬉しいポイントです。

部屋や好みに合わせて付け替えられる「3色のプレフィルター」を使えば、空気清浄機の色を自由にカスタマイズできるのも魅力のひとつ。空気清浄機のお手入れは約6ヶ月ごとのフィルター交換のみなので、日々のメンテナンスが面倒な方にもおすすめです。

カドー(cado) LEAF 120 AP-C120

カドー(cado) LEAF 120 AP-C120

清浄能力に優れたカドーの高性能モデルです。独自の強力なファンと高性能フィルターを採用することで、空気中に舞い上がった有害物質や花粉をしっかりキャッチ。フィルターの物質捕獲サイズは「0.09μm以下」なので、PM2.5よりも小さいPM0.1も確実に捕獲して除去する効果が期待できます。

フィルターには、活性炭に付着した有害物質やニオイを光触媒技術で分解・除去すると謳われている「セルフクリーニング機能」を搭載。フィルターの長寿命化を実現しているのも大きな特徴です。これだけ高性能な空気清浄機にも関わらず、直径240mm・高さ315mmのコンパクトボディを実現しているのもポイント。

360°全方位からの吸入・送風を採用することで、これまで空気清浄機を置くのが難しかったデスク上や棚にも気軽に設置して使えます。部屋の雰囲気や好みに合わせて選べるブラック・ホワイトの2色のカラーバリエーションも魅力です。

Excelvan NBO-J022

Excelvan NBO-J022

独自の浄化システムを搭載した空気清浄機です。プレフィルター・ナノシルバーゲルフィルター・HEPAフィルター・活性炭フィルターを組み合わせた特殊な4層フィルターを採用することで、空気中に浮遊する有害物質や嫌なニオイをしっかりと吸い込んでキャッチします。吸い込んだ空気は、冷触媒・マイナスイオン・UVライトの3つのシステムでしっかりと浄化。常に部屋の空気をきれいな状態に保ちます。

リーズナブルな価格でありながら、わずかな汚れもしっかり検知する「高感度センサー」や、離れた場所からでも操作ができる「専用リモコン」、好きな香りが楽しめる「多機能アロマボックス」など、機能性に優れているのも魅力です。壁掛け対応モデルなので、空気清浄機の置き場所がない狭い部屋での使用にもおすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) PMAC-100

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) PMAC-100

アイリスオーヤマが販売するスタンダードモデルです。PM2.5やハウスダストなどを99.9%できると謳われている「HEPA集じんフィルター」に加えて、汚れた空気を一気に吸い込む「急速モード」を搭載。部屋の空気を短時間で素早く浄化します。ペット・タバコ・家庭臭などニオイの種類に応じて、3種類の活性炭フィルターがオプションで選べるのも大きなポイント。

機能面では、小さな音で動作する「静音モード」、消し忘れの心配がない「切タイマー機能」、誤作動を防止する「チャイルドロック機能」を搭載。前パネルを外すだけでメンテナンスができるシンプルな構造も魅力です。最大適用床面積は14畳なので、6畳の部屋なら余裕のある清浄機能を発揮できます。