最近はリビングだけでなく、個室にも設置する方が増えた「空気清浄機」。各メーカーからさまざまな製品が発売されていますが、製品によって最大適用床面積が異なるので、選ぶ際は使う場所との兼ね合いを考慮して選ぶのがポイントです。

そこで今回は、6畳程度をカバーする空気清浄機をピックアップ。一人暮らしの方にもおすすめのアイテムをご紹介するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

一人暮らし向けの空気清浄機とは?

By: rakuten.co.jp

最近の空気清浄機は不快なニオイを取り除くのはもちろん、花粉やPM2.5対策の効果が期待できるモデルもラインナップされており、時代やユーザーのニーズに合った機能が追加されています。

空気清浄機は大きく分けて、空気清浄に特化したタイプと加湿機能付きタイプの2種類。チェックすべきポイントはさまざまですが、特に一人暮らしの方にとって重要なのは、最大適用床面積です。使う部屋にマッチしていないとオーバースペックになってしまうので、しっかりと確認しておきましょう。

なお、10畳程度のモデルであれば、室内をより早く清浄できます。置き場所や音が気にならないようであれば、選択肢に入れてみてください。

一人暮らし向け空気清浄機の選び方

清浄機能で選ぶ

By: twinbird.jp

清浄機能で確認するべきなのは空気を出す方式。特に花粉は普段浮遊しているモノと考えがちですが、床に落ちていることも考慮する必要があります。下から吸って上から出す方式を採用しているアイテムの方が比較的性能が高いモデルが揃っているため、清浄機能を重視する方はチェックしておきましょう。

追加機能で選ぶ

By: rakuten.co.jp

清浄機能以外にも使い勝手に関わる便利な機能が搭載されているかも確認しておきましょう。タイマー設定が可能なモデルであれば、就寝時や外出時に消し忘れる心配が少なく済みます。

また、メーカー独自の機能が製品に搭載されているかもチェック。特に専用アプリによるリモート操作や、AIを活用したモニタリングに対応していると便利です。

お手入れの容易さで選ぶ

By: amazon.co.jp

加湿機能付きの空気清浄機を使う場合は、定期的なお手入れが必須。特に加湿機能を利用する機会が減る春先以降は、内部の水を抜いていないと雑菌の繁殖に繋がることがあるので、注意が必要です。

一方、空気清浄特化型でフィルターを半年ないし1年ごとに交換するタイプは、フィルターを交換する費用はかかりますが、日々のお手入れは比較的手間が少なく済みます。

空気清浄機についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

一人暮らし向け空気清浄機のおすすめメーカー

シャープ(SHARP)

By: amazon.co.jp

シャープは1912年に創業した大手家電メーカーです。独創的かつ革新的な技術を駆使した製品を発表し続けています。

シャープの空気清浄機には、シャープ独自の技術であるプラズマクラスターが搭載されているのが特徴。優れた空気清浄効果や、ニオイ対策への効果が期待できます。

ツインバード工業(TWINBIRD)

By: amazon.co.jp

新潟県燕市に本社を置くツインバード工業。調理家電や生活家電、理美容健康器具などさまざまな製品を製造、販売しています。大手メーカーの一世代前の技術を利用し、搭載する機能を制限することで低価格かつ高品質を実現したジェネリック家電を企画・開発していることでも有名です。

ツインバードの空気清浄機はコンパクトなサイズから、リビングやキッチンにも対応する大型モデルまでラインナップ。マイナスイオンやHEPAフィルターなどを搭載した製品をリーズナブルな価格で販売しています。

象印マホービン(ZOJIRUSHI)

By: amazon.co.jp

象印マホービンは、1918年に大阪で設立されたメーカーです。魔法瓶の製造・販売で有名ですが、炊飯器をはじめとした調理家電や空気清浄機など幅広い製品を手掛けています。

一人暮らし向け6畳用空気清浄機のおすすめモデル

シャープ(SHARP) 空気清浄機 FU-H30

雑菌やアレル物質の除去もでき手入れが簡単なモデル

高濃度プラズマクラスター7000搭載の薄型空気清浄機です。雑菌やアレル物質を除去すると謳われているほか、生活臭の脱臭にも効果が期待できます。

空気清浄の場合は最大13畳まで対応し、8畳の部屋であれば約21分で空気の清浄が完了します。普段のお手入れは、パネルを外さずに付着したホコリやゴミを掃除機で吸い取るだけ。フィルター交換は約2年が目安なので、忙しい方や空気清浄機をコスパよく使いたい方におすすめです。

シャープ(SHARP) 加湿空気清浄機 KI-JS50

スリムなボディで設置しやすい、高性能の加湿空気清浄機です。幅がわずか35cm程度なので、圧迫感なく使えます。プラズマクラスター25000は約13畳まで、空気清浄は約23畳まで対応。一人暮らしの部屋では短時間での空気清浄が期待できます。

AIoTクラウドサービス「COCORO AIR」が搭載されており、人工知能とつないで部屋の空気情報を分析。天気や生活シーンに応じて、最適な運転に自動で切り換え可能です。さらに、専用のアプリを使えば、外出先から遠隔操作したり、空気清浄機の運転状況や部屋の状況をスマートフォンで確認したりできます。

加湿機能も搭載されており、乾燥対策にもぴったり。帰宅後すぐにきれいな部屋で過ごしたい方におすすめです。

ツインバード工業(TWINBIRD) マイナスイオン発生空気清浄機 AC-D358

適用面積12畳の空気清浄機。高性能HEPAフィルターが採用されており、ハウスダストや花粉対策におすすめです。また、フィルターはプリーツ状になっており、広い面積での集じんが可能。目詰まりによる能力低下を防ぐほか、集じん効果が持続しやすいのもポイントです。

風量は3段階で切り替えられるので、空気の汚れ具合や好みによって調節可能。そのほか3時間タイマーが搭載されているため、就寝時に消し忘れてしまっても安心です。

日立(HITACHI) 空気清浄機 EP-MZ30

6方向から汚れた空気を吸引できる空気清浄機です。奥行13cmとコンパクトモデルながら、適用面積は15畳なので、一人暮らしのワンルームでも余裕をもって使えます。

消臭効果のほか、アレル物質にも効果が期待できるので、花粉症で悩んでいる方やペットを飼っている方にもおすすめです。

また、専用リモコンがついているため、離れた場所からでも簡単に操作ができます。洗えるプレフィルターでお手入れが簡単なのもポイントです。

ドリームエッグ(Dreamegg) 空気清浄機 CF-8010

適用面積約10畳で、一人暮らしの方に適した空気清浄機です。「HEPAフィルター」を搭載しており、花粉やPM2.5などの微粒子からペットの抜け毛などの大きなホコリまで、しっかりキャッチすると謳われています。

また、「特殊活性炭フィルター」によって、アンモニア臭やタバコ臭などの生活臭対策が可能。さらに、浄化作用が期待できる「UV-Cライト」も搭載しています。

風量や3段階のタイマーなどはタッチするだけの簡単操作なのも魅力。音が気になりにくい静音タイプなので就寝時にも安心して使用できます。

レブイット(Levoit) 空気清浄機 LV-H132

リビングや寝室、玄関など、さまざまな場所にマッチするシンプルなデザインが魅力の空気清浄機。設定は簡単なボタン操作のみでわかりやすく、空気清浄機を初めて使う方でも安心です。

フィルターは、嫌なニオイに強い「活性炭フィルター」やアレル物質や花粉に効果が期待できる「HEPAフィルター」、ホコリを捕集する「プレフィルター」の3層構造。強・中・弱の運転モード設定ができるので、好みのシーンに合わせた設定が可能です。

シャープ(SHARP) 空気清浄機 FU-NC01

さまざまな場所に設置できるコンパクトな空気清浄機です。直径19×高さ33cmの小型ボディながら、最大6畳の適用床面積に対応。寝室や子供部屋はもちろん、玄関・キッチン・ペットケージの横などの小空間にも手軽に置けます。

ホコリやニオイを下360°から吸い込む小型円柱構造を採用。上部の吹き出し口からきれいな空気と同時に放出されるプラズマクラスターイオンが静電気を除去するため、花粉や微粒子が壁などに付着するのを抑制できると謳われています。

普段のお手入れは1ヶ月に1回程度、吸い込み口やプレフィルターなどに付いたホコリを掃除機で吸い取るだけと簡単。また、柔らかなオレンジ光を点灯できる「ナイトライト」機能は寝室で使用する際に重宝します。

シャープ(SHARP) 加湿空気清浄機 KI-NS40

コンパクトながら最大10畳の適用床面積に対応する加湿空気清浄機です。幅28×奥行き26×高さ62.2cmのスリム設計で小空間にも簡単に設置が可能。一人暮らしのワンルームや寝室、子供部屋などで使用するのにおすすめです。

シャープ独自の空気浄化技術「プラズマクラスター25000」を搭載。さらに、部屋全体に風の循環を発生させて遠くのホコリも素早く吸塵できる「スピード循環気流」機能も備えています。

銀イオンの働きによってきれいな水で加湿できると謳う「Ag+イオンカートリッジ」を内蔵。1日中加湿しても電気代が約2.1円と安いのも魅力です。

ツインバード工業(TWINBIRD) HEPAフィルター空気清浄機 AC-5943VO

優れたコスパで人気のある空気清浄機です。高性能HEPAフィルターを採用することで0.3µmまでのハウスダストや花粉の除去が可能。さらに、フィルターを折り目状にすることで、目詰まりによる性能低下を防ぎつつ集塵効果を広範囲へ拡大できます。

最大12畳までの適用床面積に対応しますが、3段階の風量切り替え機能を備えているので6畳部屋での使用にも好適。3時間の自動タイマー機能も搭載しているため、万が一消し忘れた場合でも安心して出掛けられます。

スイッチ1つで大量のマイナスイオンを放出できる機能を備えているのも魅力です。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 空気清浄機 PU-HC35

低価格ながら春先の花粉対策にもおすすめの空気清浄機です。花粉を素早くパワフル除去できると謳う「花粉モード」を搭載。最初に急速運転で部屋の空気を一気に入れ換えて花粉を除去し、その後は静音運転と標準運転を繰り返しながら効率よく運転します。

さらに、「アレル物質抑制除菌フィルター」を搭載しているのもポイント。部屋の空気を清潔な状態に保てます。

前側の上下全面から吸気する「フロントパネル全面吸気」を採用しているため、壁際などにも設置が可能。適用床面積は最大16畳ですが、6畳部屋に適した「エコモード」も備えています。フィルター交換が約2年に1回で済むのも魅力です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 加湿空気清浄機 HXF-C25

キレイな空気とちょうどよい湿度を同時に生み出せるコンパクトな空気清浄機です。最大10畳対応の空気清浄機能と最大8畳対応の加湿機能を備えながら、設置面積がほぼA4サイズと省スペース。置き場所に困らないので6畳部屋にも手軽に設置できます。

空気清浄機能と加湿機能はそれぞれ3段階の運転モードを備えており、それぞれ調節が可能。部屋の状況によって使い分けられるほか、空気清浄だけの単独運転にも対応します。

左右と下部の3方向から汚れた空気を吸引できるのも特徴。3種類のフィルターで空気の汚れやニオイに対応します。また、タンク給水方式を採用しているので、2階などに設置した場合でも簡単に給水が可能です。