最近はリビングだけでなく、個室にも設置する方が増えた「空気清浄機」。各メーカーからさまざまな製品が発売されていますが、製品によって最大適用床面積が異なるので、選ぶ際は使う場所との兼ね合いを考慮して選ぶのがポイントです。

そこで今回は、6畳程度をカバーする空気清浄機をピックアップ。一人暮らしの方にもおすすめのアイテムをご紹介するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

一人暮らし向けの空気清浄機とは?

By: rakuten.co.jp

最近の空気清浄機は不快なニオイを取り除くのはもちろん、花粉やPM2.5対策の効果が期待できるモデルもラインナップされており、時代やユーザーのニーズに合った機能が追加されています。

空気清浄機は大きく分けて、空気清浄に特化したタイプと加湿機能付きタイプの2種類。チェックすべきポイントはさまざまですが、特に一人暮らしの方にとって重要なのは、最大適用床面積です。使う部屋にマッチしていないとオーバースペックになってしまうので、しっかりと確認しておきましょう。

なお、10畳程度のモデルであれば、室内をより早く清浄できます。置き場所や音が気にならないようであれば、選択肢に入れてみてください。

一人暮らし向け空気清浄機の選び方

清浄機能で選ぶ

By: twinbird.jp

清浄機能で確認すべきは空気を出す方式。特に花粉は普段浮遊しているものと考えがちですが、床に落ちていることも考慮する必要があります。下から吸って上から出す方式を採用しているアイテムの方が比較的性能が高いモデルが揃っているため、清浄機能を重視する方はチェックしておきましょう。

追加機能で選ぶ

By: rakuten.co.jp

メーカー独自の機能が製品に搭載されているかも確認すべきポイントです。人間の動きを検知するセンサーがあるのか、音声アナウンス機能に対応しているのか、専用アプリによるリモート操作は可能かなど、使い勝手に関わってくるのでチェックしておきましょう。

お手入れの容易さで選ぶ

By: amazon.co.jp

加湿機能付きの空気清浄機を使う場合は、定期的なお手入れが必須。特に加湿機能を利用する機会が減る春先以降は、内部の水を抜いていないとウイルスや雑菌の繁殖に繋がることがあるので、注意が必要です。

一方、空気清浄特化型でフィルターを半年ないし1年ごとに交換するタイプは、フィルターを交換する費用はかかりますが、日々のお手入れは比較的手間が少なく済みます。

空気清浄機についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

一人暮らし向け空気清浄機のおすすめメーカー

シャープ(SHARP)

By: rakuten.co.jp

シャープは1912年に早川徳治が東京で創業した金属加工業からスタートしました。“他社がまねするような商品をつくれ”という早川徳治の精神を受け継ぎ、独創的かつ革新的な技術や製品を発表し続けている大手家電メーカーです。

シャープの空気清浄機には、シャープ独自の技術であるプラズマクラスターが搭載され、浮遊カビ菌の除菌、浮遊ウィルス・浮遊菌・浮遊アレル物質の作用抑制といった空気清浄効果や、消臭や静電気抑制の効果が期待できます。

ツインバード工業(TWINBIRD)

By: amazon.co.jp

1951年、新潟県三条市で創業された「野水電化被膜工業所」が前身で、現在は燕市に本社があるツインバード工業。“感動と快適さを提供する商品の開発”を経営理念とし、調理家電・クリーナー・照明機器・生活家電・理美容健康器具・AV機器といった家電を製造、販売しています。

大手メーカーの一世代前の技術を利用し、搭載する機能を制限することで低価格かつ高品質を実現したジェネリック家電や、発電ラジオや防水TVなどといった、大手家電メーカーが手掛けないようなスキマ商品を企画・開発していることでも有名です。

ツインバードの空気清浄機はコンパクトなサイズから、リビングやキッチンにも対応する大型モデルまでラインナップ。マイナスイオンやHEPAフィルターなどを搭載した製品を、大手家電ブランドに比べリーズナブルな価格で販売しています。

象印マホービン(ZOJIRUSHI)

By: rakuten.co.jp

象印マホービンは、1918年に市川金三郎・銀三郎兄弟によって「市川兄弟商会」として大阪に設立されました。設立当初は魔法瓶の中びんの製造を手掛けていましたが、昭和23年には本格的な魔法瓶の製造・販売を開始し、この年から象をトレードマークとしています。

現在は魔法瓶にとどまらず、炊飯器・電気ポット・ホットプレートなどの家庭用調理器具や業務用炊飯器や保温ジャーのほか、空気清浄機も手掛ける家電ブランドです。

創業当初からの“暮らしを創る”という企業理念のもと、日本のみならず世界へ向けて、快適で便利な暮らしの品々を届けることを使命として、活動を展開し続けています。

一人暮らし向け6畳用空気清浄機のおすすめモデル

シャープ(SHARP) 空気清浄機 FU-H30

高濃度プラズマクラスター7000搭載の薄型空気清浄機です。PM2.5や花粉などのアレル物質やカビ菌、ホコリ、ペットの毛などの集じんはもちろん、生ゴミやタバコ、トイレのような生活臭の脱臭にも効果が期待できます。

空気清浄の場合は最大13畳まで適用し、8畳の部屋であれば約21分で空気の清浄が完了します。普段のお手入れは、パネルを外さずに付着したホコリやゴミを掃除機で吸い取るだけ。フィルター交換は約2年が目安なので、忙しい方や、空気清浄機をコスパよく使いたい方におすすめです。

シャープ(SHARP) 加湿空気清浄機 KI-JS50

スリムなボディで設置しやすい、高性能の加湿空気清浄機です。幅がわずか35cm程度なので、圧迫感なく使えます。プラズマクラスター25000は約13畳まで対応、空気清浄は約23畳まで対応するハイパワーぶりなので、一人暮らしの部屋では短時間で空気の清浄が期待できます。

AIoTクラウドサービス「COCORO AIR」が搭載されており、人工知能とつないで部屋の空気情報を分析。天気や生活シーンに応じて、最適な運転に自動で切り換え可能です。さらに専用のアプリを使えば、外出先から遠隔操作や、空気清浄機の運転状況・部屋の状況をスマートフォンで確認できます。

加湿機能も搭載されており、乾燥対策にもぴったり。帰宅と同時にすぐにきれいな部屋で過ごしたいという方におすすめです。

ツインバード工業 マイナスイオン発生空気清浄機 AC-D358

適用面積12畳の空気清浄機。高性能HEPAフィルターが採用されており、ハウスダストや花粉対策におすすめです。また、フィルターはプリーツ状になっており、広い面積での集じんが可能。目詰まりによる能力低下を防ぐほか、集じん効果が持続しやすいのもポイントです。

風量は3段階切替ができるので、空気の汚れ具合や好みによって調節可能。そのほか3時間タイマーが搭載されており、就寝時に消し忘れてしまっても安心です。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 卓上用空気清浄機 PA-ZA06-BA

適用面積6畳の空気清浄機です。幅24.5×奥行17×高さ31cmとコンパクトなサイズ感で、持ち運びやすいのが魅力。弱運転の場合はささやき声程度の34dB、強運転時には図書館の中と同じ程度の40dBと静音性にも優れています。

タバコの煙(粒子)や、ホコリをしっかりと吸い込む脱臭・高集塵フィルターが搭載されているため、タバコを吸う機会が多い方におすすめの製品です。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 空気清浄機 PA-DA08

雑貨のようなデザインが特徴の空気清浄機です。幅25×奥行25×高さ26cmのコンパクト設計で、テーブルや棚など省スペースで設置できます。適用面積は8畳です。

部屋の明るさを感知する「光センサー」搭載で、照明を暗くすると静音運転、明るくなるとおやすみ前モードに戻るのもポイント。フィルターにはウイルス・雑菌・カビ菌の活動を抑制するとされている「Ag+除菌&ポリフェノール空気清浄フィルター」を採用しています。

花粉やホコリをいち早く察知する「花粉・ホコリセンサー」や、「花粉自動モード」が搭載されており、花粉症やアレルギーでお悩みの方におすすめの製品です。

日立(HITACHI) 空気清浄機 EP-MZ30

6方向から汚れた空気を吸引できる空気清浄機です。奥行13cmとコンパクトモデルながら、適用面積は15畳なので、一人暮らしのワンルームでも余裕をもって使えます。

タバコ臭・料理臭・生ごみ臭はもちろん、2.5μm以下の微小粒子状物質であるPM2.5や、スギ・ブタクサ・カバノキなどの花粉にも幅広く対応。アレル物質にも効果が期待できるので、花粉症で悩んでいる方やペットを飼っている方にもおすすめです。

また、専用リモコンがついているので、離れた場所からでも簡単に操作ができます。洗えるプレフィルターでお手入れが簡単なのもポイントです。

ドリームエッグ(Dreamegg) 空気清浄機 CF-8010

適用面積約10畳で、一人暮らしの方に適した空気清浄機です。花粉やPM2.5などの微粒子からペットの抜け毛などの大きなホコリまで、しっかりキャッチすると謳われている「HEPAフィルター」で、アレルギーが気になる方におすすめです。

また、「特殊活性炭フィルター」は、アンモニア臭やタバコ臭などの生活臭を大幅に軽減する効果が期待できます。さらに、浄化作用効果が期待できる「UV-Cライト」も搭載。

風量や3段階のタイマーなどはタッチするだけの簡単操作なうえ、音が気になりにくい静音タイプなので就寝時にも安心して使用できます。

レブイット(Levoit) 空気清浄機 LV-H132

リビングや寝室、玄関など、さまざまな場所にマッチするシンプルなデザインが魅力の空気清浄機。設定は簡単なボタン操作のみでわかりやすく、空気清浄機を初めて使う方でも安心です。

フィルターは、嫌なニオイに強い「活性炭フィルター」やアレルギー物質や花粉に効果が期待できる「HEPAフィルター」、ホコリを捕集する「プレフィルター」の3層構造。強・中・弱の運転モード設定ができるので、好みのシーンに合わせた設定が可能です。

アンビートン(UNbeaten) 空気清浄機 103

スタイリッシュなデザインのコンパクトな空気清浄機。適応面積は約6畳で、一人暮らしの部屋に最適です。「プレフィルター」「HEPAフィルター」「活性炭フィルター」の3層のフィルターが採用されているので、ホコリ・花粉・PM2.5・アレルギー物質が気になる方におすすめ。

電源ボタンをはじめ、ファン速度ボタンや、静音で快適な睡眠ボタン、フィルターリセットボタンが付いており、タッチパネルで簡単に操作できる点も魅力です。

アクアベル(AQielev) 空気清浄機 AQielev-9

適用面積約15畳の空気清浄機です。すっきりとしたシンプルなデザインで、インテリアに馴染みます。フィルターは「プレフィルター」「HEPAフィルター」「活性炭フィルター」「除菌フィルター」の頼れる4層構造。

風量は4段階で調節できます。空気の汚れが特に気になる場合や、花粉の季節、睡眠時など、シーンによって使い分けできるのも魅力です。

お手入れは月に1回のフィルター掃除と年に1回程度のフィルター交換で完了します。多忙でなかなか掃除ができない方や、手軽に空気清浄機を使いたい方におすすめです。