花粉が飛散する時期に導入したいのが、花粉に強い「空気清浄機」。花粉が飛んでいる屋外では仕方ないですが、せめて室内では快適に過ごしたいものです。そこで今回は、花粉に強い人気のおすすめ空気清浄機をランキング形式にてご紹介します。

先端技術を搭載した高性能モデルから、気軽に購入できる低価格モデルまで、さまざまな製品をピックアップ。花粉でお悩みの方はぜひチェックしてみてください。

花粉に強い空気清浄機の選び方

集じん能力をチェック

ファン式

By: jp.sharp

ファン式は、モーターでファンを回転させて吸い込んだ空気をフィルターに通し、汚れを取り除くタイプ。ほとんどの空気清浄機が採用している現在主流の集じん方式です。ファンを使って空気を循環させるため、集じん能力は優れていますが、運転時のファンの音が気になる、定期的にフィルターの掃除や交換が必要などの欠点があります。

一方で、ファン式は価格が安い上に製品のバリエーションが豊富なため、コストパフォーマンスを重視する方や、空気清浄機の機能・デザインにこだわりたい方にはおすすめです。

ファン+電気式

By: amazon.co.jp

ファン+電気式のハイブリッドタイプも要チェック。ファンで集じんしながら、静電気で帯電したフィルターにて花粉などの物質を吸着できます。フィルターの目詰まりが起きにくいほか、集じん効果が落ちにくかったり、ニオイを除去する能力が高かったりなどのメリットがあります。

ただし、ファン+電気式を採用した空気清浄機は、国内だとダイキンのみの取り扱いに限られてしまうため、空気清浄機の機能・デザインにこだわりたい方にはやや不向き。また、内部構造の複雑さゆえに本体価格が高い傾向にある点は留意しておきましょう。

適用畳数をチェック

By: jp.sharp

空気清浄機にはあらかじめ「適用床面積」が決められています。「30分で部屋の空気をきれいにできる畳数」の目安を表しており、空気清浄機を選ぶときに重要なポイント。使う部屋の広さに合った適用床面積を選ばないと十分な浄化効果が得られないことがあるため、選ぶ際には注意が必要です。

空気清浄機を選ぶ場合は、使用する部屋の床の面積よりも2~3倍のモノを選ぶと、効率よく空気の汚れを取り除けます。寝室や子供部屋など狭い部屋で使うなら1台で十分です。

面積が広いリビングやオフィスで使うなら、適用床面積の大きな空気清浄機を1台置くよりも、適用床面積の小さな空気清浄機を2台設置したほうが効率的な場合もあります。

加湿機能があるかをチェック

By: panasonic.jp

空気清浄機のなかには、水分を空気中に放出して湿度を上げる「加湿機能」を搭載したモデルがあります。本体価格が高い、お手入れが面倒などの欠点があるものの、空気清浄と同時に部屋の加湿ができるため、空気の乾燥する冬期には非常に重宝します。

また、空気清浄機と加湿器を別々に購入すると本来なら2台分の設置場所やコンセントの確保が必要。加湿機能が付いた空気清浄機なら、1台分のわずかなスペースで済ませられるのも魅力です。

花粉に強い空気清浄機おすすめランキング

第1位 シャープ(SHARP) 加湿空気清浄機 KC-L50

シャープの独自技術「プラズマクラスター7000」を搭載している空気清浄機。プラズマクラスターが持つプラスとマイナス両方の静電気を除去する効果によって、花粉が壁に付着するのを防ぐと謳われています。

「パワフル吸じん運転」モードを使えば、プラズマクラスターを集中的に放出。花粉や微細な粒子をより効率的に捕集する効果が期待できます。また、空気中に浮遊している花粉などのアレル物質を集じんする「静電HEPAフィルター」を採用しているのもポイントです。

本体の奥行がわずか23cmとスリムなので、設置スペースを取りにくいのも魅力。コンパクトながら「スピード循環気流」によって、遠くのホコリや汚れもしっかりと引き寄せて吸じんします。基本的な性能を備えた、コスパのよいエントリーモデルを探している方におすすめのアイテムです。

第2位 ダイキン(DAIKIN) ストリーマ空気清浄機 MCK70X

集じん力を長期間維持するTAFUフィルター採用

花粉などの微細な粒子を捕集する「TAFUフィルター」を採用している空気清浄機。TAFUフィルターは静電力が落ちにくく、撥水・撥油効果も高いので、長い年月使い続けても集じん力を維持しやすいのが魅力です。花粉問題対策事業者協議会からの認定を受けたモノだけに付与される認証マークを取得しています。

花粉はもちろん、PM2.5やホコリなどといった汚れを、センサーが感知して3方向からパワフル吸引。搭載されている加湿機能を同時に動かしても、空気清浄能力が低下しにくいのがポイントです。加湿フィルターには、小林製薬の持続性抗菌材を採用しており、お手入れも簡単にできます。

洗練されたスタイリッシュなデザインで、さまざまな空間やインテリアにマッチ。適用床面積は31畳までと広範囲なので、家族で暮らしている方におすすめのモデルです。

第3位 シャープ(SHARP) 加湿空気清浄機 KI-PX100

独自の空気清浄化技術「プラズマクラスターNEXT」を搭載した加湿空気清浄機です。高濃度イオンを放出することで、空気中に浮遊する花粉やアレル物質を低減します。花粉だけでなく、ダニ・カビ・ニオイ対策にもおすすめです。

広範囲にわたってイオンを届ける「スピード循環気流」を搭載。気流をコントロールするため、離れた場所のホコリも引き寄せられます。大きな吸い込み口を採用し、パワフルな吸引力を実現しているのも特徴です。

空気中の汚れを検知してモードを切り替える「おまかせ運転」も利用可能。天井や壁際など、部屋の隅々まで空気を循環させて花粉をキャッチします。また、1000mL/hの加湿性能も搭載。乾燥が気になる時期も快適な室内環境を保ちます。

第4位 ダイキン(DAIKIN) ストリーマ空気清浄機 MCZ70Y

1台で除湿・加湿・集塵・脱臭を実現した、ハイブリッドモデルです。ダイキン独自の空気清浄化技術「ストリーマ」を搭載。高速電子を安定的に発生させ、目に見えない花粉やハウスダストがもたらす影響を軽減します。

汚れが広がりにくく、静電力に優れた「TAFUフィルター」を採用。優れた吸引力により、目に見えない微粒子もキャッチします。

専用アプリ「Daikin APP」をインストールすれば、スマートフォンとの連携が可能。風量設定・運転モード・スケジュールタイマーなど、さまざまな機能を活用できます。

第5位 パナソニック(Panasonic) 加湿空気清浄機 F-VXU90

パナソニック独自の花粉撃退テクノロジーを搭載した加湿空気清浄機です。気流を3方向に放出する「3Dフロールーバー」により、部屋の隅々まで空気を循環させられます。床上30cm付近に溜まりやすい花粉もキャッチ。また、花粉に対して効果が期待できる「ナノイーX 48兆」のはたらきにより、快適な室内環境を保てます。

ひとセンサー・照度センサー・温度センサー・ニオイセンサーなどを搭載。人や空気の汚れを検知し、自動で運転モードを切り替えます。さらに、汚れ度合いを色の変化で知らせる「クリーンサイン」も便利です。

プレフィルター・集じんフィルター・加湿フィルターは取り外し可能。プレフィルターと加湿フィルターは水洗いにも対応しているので、清潔に使い続けられます。給水タンクは脱着しやすく、給水やお手入れも簡単です。

第6位 シャープ(SHARP) 加湿空気清浄機 KI-PX70

高濃度イオンを放出する「プラズマクラスターNEXT」を搭載した加湿空気清浄機です。イオンのはたらきで、空気中に浮遊する花粉やウイルスがもたらす影響を軽減できると謳われています。花粉だけでなく、ニオイ・カビ・静電気対策にもおすすめです。

コアンダ効果を採用したスピード循環気流により、遠く離れた場所のホコリを引き寄せられます。また、空気中の汚れを検知するセンサーも搭載。気流をコントロールし、花粉やハウスダストなどの大きな粒子をキャッチします。そのほか、目詰まりしにくい、高性能フィルターを採用しているのも魅力です。

専用アプリ「COCORO AIR」をインストールすれば、スマートフォンと連携可能。空気の汚れ具合を把握したり、ライフスタイルに適した運転モードを提供したりと、さまざまな機能を便利に活用できます。

第7位 日立(HITACHI) 空気清浄機 クリエア EP-Z30S

コンパクトな設計が特徴の空気清浄機です。本体サイズは、高さ424×幅400×奥行133mm。薄型デザインなので、置き場所を選びにくく便利に使用できます。6方向から空気を吸い込む、パワフルな吸引力を実現。花粉だけでなく、タバコ臭などもキャッチできます。

自動モードは、空清・脱臭・ひかえめの3種類。室内環境や時間帯に合わせて運転モードを変更できます。また、空気の汚れを検知するセンサーを搭載しており、快適な室内環境を保てるのも魅力です。

専用リモコンによる遠隔操作が可能。運転の開始・停止に加え、モード・風量・タイマー・一発ターボなどの設定を手軽に変更できます。そのほか、ターボ運転時でも約50dBの静音性を実現。時間帯を気にせず使用可能です。

第8位 ダイキン(DAIKIN) ストリーマ空気清浄機 MCK70Y

ダイキン独自の空気清浄化技術「ツインストリーマ」を搭載した空気清浄機です。浮遊ウイルス・花粉・カビ菌・ニオイなどの対策が可能。適用畳数の目安は31畳で、広めの空間で使用したい方に適しています。

加湿機能は、低め・標準・高めの3段階。特に、高湿度を保つ「のど・はだ運転」は、乾燥しやすい時期におすすめです。水トレーには銀イオン剤を搭載。清潔な水で加湿運転をおこないたい場合に重宝します。また、加湿フィルターや給水タンクは取り外して手洗い可能です。

操作パネルの「おまかせ」を押すと、空気の汚れ具合に応じて自動で運転をコントロールします。さらに、エアコンとの併用やスマートフォンによる遠隔操作にも対応。使いやすさにこだわっているのも魅力です。

第9位 パナソニック(Panasonic) 加湿空気清浄機 F-VXU70

独自のイオンテクノロジー「ナノイーX」を搭載した空気清浄機です。スギ・ヒノキ・ススキ・ブタクサなど、日本に飛散する主要な花粉を軽減。そのほか、PM2.5・ウイルス・カビ菌・ニオイなどの対策にもおすすめです。

花粉の集じん性能に優れた「3Dフロー花粉撃退気流」を搭載しているのもポイント。立体的な気流を部屋の隅まで届けるため、効率よく花粉をキャッチできます。パワフルな吸引力を実現しており、花粉が溜まりやすい床上30cmの範囲も清潔に保ちやすい仕様です。

ニオイセンサー・湿度センサー・照度センサーなどを搭載。空気の汚れやニオイを検知すると、自動で運転モードを切り替えます。また、クリーンサインにより、部屋の汚れ具合をひと目で把握できるのも特徴です。

第10位 シャープ(SHARP) 空気清浄機 FU-PC01

コンパクトな設計が特徴の加湿空気清浄機です。本体サイズは、径190×高さ300mm。置き場所に困りにくいので、寝室・キッチン・玄関など、さまざまな場所で使用できます。

シャープ独自の空気清浄化技術「プラズマクラスター7000」を搭載。全周吹き出し構造を採用しており、360°全方向からプラズマクラスターイオンを放出します。花粉などが部屋の中のモノに付着するのを軽減可能です。

天面の操作部は、ボタンを押すだけのシンプル設計。操作するボタンが少ないため、簡単に使いこなせます。また、集じん・脱臭フィルターが一体化しているので、メンテナンスやお手入れも容易です。

第11位 シャープ(SHARP) 加湿空気清浄機 KI-PS50

「プラズマクラスター25000」を搭載した加湿空気清浄機です。プラスイオンとマイナスイオンを放出し、空気中に浮遊する花粉が壁に付着するのを軽減できます。また、コアンダ効果を採用した「スピード循環気流」により、部屋の隅まで効率よくイオンを届けられるのも特徴です。

花粉が気になるときは「花粉運転」モードがおすすめ。強力な風を生み出し、浮遊する花粉やホコリをキャッチします。さらに、本体は薄型設計で、置き場所に困りにくいのも特徴。底面にはストッパー付きキャスターを搭載しているため、移動させる際に便利です。

プレフィルター・ダブル脱臭フィルター・静電HEPAフィルターの3層構造を採用。微粒子が静電気を帯びたフィルターに吸着するため、目詰まりが起きにくく、優れた集じん性能を維持します。長期間フィルター交換不要と謳われているので、お手入れの負担を軽減できるのも魅力です。

第12位 ダイキン(DAIKIN) ストリーマ空気清浄機 MC55Y

ダイキン独自の空気清浄化技術「ストリーマ」を搭載した空気清浄機です。スギ・ヒノキ・ブタクサなど、日本で飛散する16種類の花粉に対してはたらきます。花粉だけでなく、PM2.5やニオイ対策にもおすすめです。

パワフルな集じん性能ながら、静音性に優れているのも特徴。やさしい運転音で、時間帯を気にせず使用しやすいモデルです。また、「TAFUフィルター」を搭載しているのもポイント。汚れが広がりにくく、微粒子をキャッチできるのが魅力です。

適用畳数は25畳まで。広範囲にわたってストリーマ性能を発揮できます。本体サイズは、高さ500×幅270×奥行270mmのコンパクト設計。リビングや寝室など、さまざまな場所で使用できます。

第13位 パナソニック(Panasonic) 加湿空気清浄機 F-VXU40

高精度なセンサーで部屋を見守る加湿空気清浄機です。パナソニック独自の「高感度ハウスダストセンサー」を搭載しており、微粒子まで検知します。「3Dフロー花粉撃退気流」により、床上30cm付近に溜まりやすい花粉の対策にもおすすめです。

PM2.5解析プログラムでは、汚れ具合に応じて自動で風量や気流をコントロール。細かい汚れも吸引できます。

室内環境に応じて自動で湿度を切り替える「湿度センサー」も搭載。細かい設定不要で、快適に過ごせます。また、加湿フィルターは取り外し可能。水洗いにも対応しており、お手入れも簡単です。

第14位 シャープ(SHARP) 加湿空気清浄機 FU-P50

花粉などの汚れにはたらく「プラズマクラスター7000」を搭載した加湿空気清浄機です。プラスイオンとマイナスイオンが静電気の発生を軽減し、花粉が壁に付着するのを予防できると謳われています。部屋の隅々までプラズマクラスターが行きわたる「スピード循環気流」を採用しているのも特徴です。

プレフィルター・脱臭フィルター・静電HEPAフィルターの3種類を搭載。パワフルな吸引で、脱臭や集じんをおこないます。また、フィルターは長期間の交換が不要と謳われており、お手入れの手間を軽減できるのも魅力です。

第15位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 空気清浄機10畳 IAP-A25

幅210×奥行210×高さ310mmとコンパクトな設計の気清浄機です。置き場所に困りにくいので、寝室・玄関・トイレなど、さまざまな場所で使用できます。

汚れた空気を吸引して清潔な空気を届ける「スピード清浄」を搭載。コンパクトサイズながら、適用床面積の目安は10畳です。本体底部には、集じん脱臭フィルターを配置しており、花粉やPM2.5などの微粒子もキャッチできます。

おやすみモードでは、31dBの運転音を実現。就寝中も快適に使用できます。また、風量は弱・中・強の3段階から調節可能。空気の汚れ具合に応じて使い分けられます。

第16位 Levoit 空気清浄機 Vital-100

インテリアに馴染みやすい、スリム設計の空気清浄機です。置き場所に困りにくいコンパクト設計ながら、適用畳数の目安は17畳。本体裏面にはハンドルを搭載しているので、設置場所を移動させる際に便利です。

プレフィルター・脱臭フィルター・静電HEPAフィルターの3層構造を採用。花粉やハウスダストなどの微粒子をキャッチします。プレフィルターは取り外して水洗い可能。清潔な状態を保ちやすく、重宝します。

第17位 トヨトミ(TOYOTOMI) 空気清浄機 AC-V20D

本体サイズが高さ395×幅412×奥行き126mmと、薄型コンパクトな空気清浄機です。圧迫感の少ない設計なので、設置場所を選びにくいのが特徴。適用畳数の目安は10畳までで、リビングや寝室など、さまざまな場所で使用できます。

花粉やホコリなどの汚れをキャッチする、3層構造のフィルターを採用。なお、前面パネルとプレフィルターは取り外して水洗いできます。そのほか、操作スイッチは1つだけなので、使いやすさも良好です。

空気清浄機の売れ筋ランキングをチェック

空気清浄機のランキングをチェックしたい方はこちら。