花粉が飛散する時期は、花粉症の方にとって辛い日々が続きます。花粉が飛んでいる屋外では仕方ないですが、せめて家の中や室内では快適に過ごしたいものです。そこで今回は、花粉に強い人気のおすすめ空気清浄機をランキング形式にてご紹介します。

先端技術を搭載した高性能モデルから、気軽に購入できる低価格モデルまで、さまざまな製品をピックアップしたので、花粉症でお悩みの方はぜひチェックしてみてください。

花粉に強い空気清浄機の選び方

集じん能力をチェック

ファン式

By: amazon.co.jp

ファン式は、モーターでファンを回転させて吸い込んだ空気をフィルターに通して汚れを取り除くタイプ。ほとんどの空気清浄機が採用している現在主流の集じん方式です。ファンを使って空気を循環させるため、集じん能力は優れていますが、運転時のファンの音が気になる、定期的にフィルターの掃除や交換が必要などの欠点があります。

一方で、ファン式は価格が安いうえに製品のバリエーションが豊富なため、コストパフォーマンスを重視する方や、空気清浄機の機能・デザインにこだわりたい方におすすめです。

ファン+電気式

By: daikinaircon.com

ファン+電気式のハイブリッドタイプも要チェック。ファンで集じんしながら、静電気で帯電したフィルターにて花粉などの物質を吸着できます。フィルターの目詰まりが起きにくいほか、集じん効果が落ちにくかったり、ニオイを除去する能力が高かったりなどのメリットがあります。

ただし、ファン+電気式を採用した空気清浄機は、国内だとダイキンのみの取り扱いに限られてしまうため、空気清浄機の機能・デザインにこだわりたい方にはあまり向いていません。また、内部構造の複雑さゆえに本体価格が高くなることには留意しておきましょう。

適用畳数をチェック

By: blueair.jp

空気清浄機にはあらかじめ「適用床面積」が決められています。この適用床面積は「30分で部屋の空気をきれいにすることができる畳数」の目安を表したもので、空気清浄機を選ぶ際の重要なポイント。使う部屋の広さに合った適用床面積を選ばないと十分な浄化効果が得られないことがあるため、選ぶ際には注意が必要です。

実際に空気清浄機を選ぶ際には、使用する部屋の床の面積よりも2~3倍のモノを選ぶと、効率よく空気の汚れを取り除けます。寝室や子供部屋など狭い部屋で使うなら1台で十分ですが、面積が広いリビングやオフィスで使うなら、適用床面積の大きな空気清浄機を1台置くよりも、適用床面積の小さな空気清浄機を2台設置したほうが効率的な場合もあります。

加湿機能があるかをチェック

By: jp.sharp

空気清浄機のなかには、水分を空気中に放出して湿度を上げる「加湿機能」を搭載したモデルがあります。本体価格が高い、お手入れが面倒などの欠点がありますが、空気清浄と同時に部屋の加湿ができるため、空気の乾燥する冬期には非常に重宝します。

また、空気清浄機と加湿器を別々に購入すると本来なら2台分の設置場所やコンセントの確保が必要ですが、加湿機能が付いた空気清浄機なら1台分のわずかなスペースで済ませられるのも魅力です。

花粉に強い空気清浄機おすすめランキング

第1位 シャープ(SHARP) 加湿空気清浄機 KI-LP100

シャープの独自技術「プラズマクラスターNEXT」を搭載した、人気のプレミアムモデルです。適用畳数は46畳で、広いリビングにも最適。

独自のAIoTクラウドサービス「COCORO AIR」に接続することで、AIが好みや空気の状態に合わせて使い方をアドバイスしてくれます。また、人感センサーも搭載されているため、効果的に使用可能です。

「自動掃除パワーユニット」がフィルターを自動で清掃するため、お手入れも簡単。0.3µmの微小な粒子を集じんすると謳われている「静電HEPAフィルター」を採用しており、花粉やアレルギーが気になる方におすすめの製品です。

第2位 ダイキン(DAIKIN) ストリーマ空気清浄機 MCK70X

花粉などの微細な粒子を捕集する「TAFUフィルター」を採用している空気清浄機。TAFUフィルターは静電力が落ちにくく、撥水・撥油効果も高いので、長い年月使い続けても集じん力を維持しやすいのが魅力です。花粉問題対策事業者協議会からの認定を受けたモノだけに付与される認証マークを取得しています。

花粉はもちろん、PM2.5やホコリなどといった汚れを、センサーが感知して3方向からパワフル吸引。搭載されている加湿機能を同時に動かしても、空気清浄能力が低下しにくいのがポイントです。加湿フィルターには、小林製薬の持続性抗菌材を採用しており、お手入れも簡単にできます。

洗練されたスタイリッシュなデザインで、さまざまな空間やインテリアにマッチ。適用床面積は31畳までと広範囲なので、家族で暮らしている方におすすめのモデルです。

第3位 パナソニック(Panasonic) 加湿空気清浄機 F-VXS55-W

水から生まれたイオンの「ナノイー」を搭載した加湿空気清浄機です。適用畳数は25畳で寝室や子供部屋に適しています。ボタン1つで花粉対策できる「花粉撃退運転」が付いているため、1年中むずむず感に悩まされている方におすすめです。

さらに、就寝中は静音運転する「寝室モード」も搭載。空気清浄機の音が気になってぐっすり眠れないという悩みを解決します。フィルターやセンサーの掃除も簡単にできる使いやすいモデルです。

第4位 シャープ(SHARP) 空気清浄機 FU-L30

子供部屋や書斎など、パーソナルルームに適した製品です。適用畳数が約10畳の小型タイプで、奥行きが18.2cmとスリムなので、狭い場所でも使用可能。シャープ独自の「プラズマクラスター」を搭載しているのもポイントです。

加湿機能は付いていないため、空気清浄機能だけを必要とする方におすすめ。「集じん・脱臭一体型フィルター」を搭載しており、プレフィルターにホコリが付着しても、外さずに掃除機で吸い取れます。コンパクトサイズでお手入れしやすいおすすめの空気清浄機です。

第5位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) モニター付き空気清浄機 MSAP-AC100

空気の汚れ具合を目で確認できる空気清浄機。大型モニターに空気中のほこり濃度レベルが0~100で表示されるので、状態に合わせて運転モードを切り替えられます。「ターボモード」を使えば8畳の部屋を約14分で浄化できるため、外出先から帰宅した際にも便利です。

花粉などの微小な粒子に効果が期待できる「集塵フィルター」、ペットやタバコのにおいを吸着する「活性炭フィルター」、ホコリや抜け毛を集める「プレフィルター」を搭載しており、高い空気洗浄力が期待できます。適用畳数17畳のコンパクトサイズで価格も安いため、一人暮らしの方にもおすすめです。

第6位 エアドッグ(Airdog) Airdog X5s

適用床面積が約42畳と広く、家族が揃うリビングや寝室へ設置するのに適した空気清浄機です。TPAフィルターを採用しており、花粉やダニの死骸、砂塵などを効率的に捕集します。

TPAフィルターは、使い続けてもフィルターの目詰まりを起こしにくく、集じん性能の低下を防げるのが特徴。フィルター交換の頻度が少ないので、ランニングコストがかかりにくいモデルを探している方におすすめです。また、台所用の中性洗剤で洗浄でき、お手入れも簡単に行えます。

稼働音は22dBと静かなので、就寝時や仕事中でも音を気にせず使用可能。液晶モニターとライトを搭載しており、空気の汚れ度合いがひと目で確認できるのもうれしいポイントです。

第7位 バルミューダ(BALMUDA) BALMUDA The Pure A01A

本体下にある開口部から空気を強力に吸い込み、真上に向かって清浄した空気を大量に送り出す「プッシュ&プル」設計を採用している空気清浄機。ジェットクリーニングモードで運転した場合に、毎分7000リットルの空気を清浄すると謳われています。

フィルターには、「TrueHEPAフィルター」と「活性炭脱臭フィルター」の2種類を搭載。花粉やほこり、PM2.5などの微粒子をしっかりと捕集しながら、ペットやタバコなどのニオイも効率的にキャッチします。

長方形のスリムなデザインで、リビングや寝室など場所を問わず設置しやすいのも魅力。操作ボタンは3つのみとシンプルなので、初めて空気清浄機を使う方でも扱いやすいモデルです。

第8位 ブルーエア(Blueair) Protect 7410i 空気清浄機 105819

適用床面積が40畳と、広範囲に対応しているモデルです。搭載されているフィルターが、花粉やPM2.5、ホコリ、ペットの毛・フケなどを除去。同ブランド独自の「HEPASilentテクノロジー」によって、空気中に漂うアレル物質などを大量に吸引すると謳われています。

本製品は、運転風量を3段階から調節できる機能を搭載。室内の空気状態を感知する内蔵センサーや、適したスピードで自動運転する「オートモード」もついています。また、フィルターの使用状況を分析する「RFIDテクノロジー」によって、フィルターの交換時期を簡単に判別できるのもポイントです。

第9位 シャープ(SHARP) 加湿空気清浄機 KC-L50

シャープの独自技術「プラズマクラスター7000」を搭載している空気清浄機。プラズマクラスターが持つプラスとマイナス両方の静電気を除去する効果によって、花粉が壁に付着するのを防ぐと謳われています。

「パワフル吸じん運転」モードを使えば、プラズマクラスターを集中的に放出。花粉や微細な粒子をより効率的に捕集する効果が期待できます。また、空気中に浮遊している花粉などのアレル物質を集じんする「静電HEPAフィルター」を採用しているのもポイントです。

本体の奥行がわずか23cmとスリムなので、設置スペースを取りにくいのも魅力。コンパクトながら「スピード循環気流」によって、遠くのホコリや汚れもしっかりと引き寄せて吸じんします。基本的な性能を備えた、コスパのよいエントリーモデルを探している方におすすめのアイテムです。

第10位 トヨトミ(TOYOTOMI) 空気清浄機 AC-V20D

空気清浄機のフィルターを、定期的に買い替えるのが面倒な方に適した製品です。本製品は繰り返し洗って使えるフィルターを採用しており、約10年間は買い替えが不要なので、フィルターにかかるコストをカットできます。コンパクトサイズで棚や卓上での使用も可能です。

0.3μmの粒子をキャッチすると謳われている「準HEPAフィルター」を採用しているため、花粉が気になる方におすすめ。スイッチ1つで操作できるので、子供やお年寄りでも楽に扱えます。本体カラーはホワイトのほかにブラックもラインナップ。こまめな手入れで清潔に使える空気清浄機です。