周囲の音を聞きながら安全に音楽を楽しめる「骨伝導イヤホン」。 骨を通して脳に音を届けるため、耳を塞がず着用できます。現在では複数のメーカーからラインナップされているため、どれを選ぶべきか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめの骨伝導イヤホンをご紹介。メリットやデメリット、選び方についても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

骨伝導イヤホンとは?

By: aftershokz.jp

骨伝導イヤホンとは、頭蓋骨を振動させて音を伝えるイヤホンのこと。一般的なイヤホンは鼓膜を振動させて音を伝えるため、構造上耳を塞ぐ必要があります。一方、骨伝導イヤホンは耳を塞がずに音楽を聴けるので、周囲の音に気を配りながら使用できるのが特徴です。

信号機や車の音だけでなく、友人の話し声などもイヤホンを着用したままリスニング可能。日常生活で周囲の音を聞きながら、BGM感覚で音楽を楽しめます。耳を塞ぐタイプのイヤホンが苦手な方にもおすすめです。

骨伝導イヤホンの仕組み

By: boco.co.jp

骨伝導イヤホンは名前の通り、骨を通して内耳に振動を送る音声伝達方法を採用しています。一般的なイヤホンは空気を振動させて、外耳道を経由して中耳にある鼓膜を振動させるのが特徴。一方、骨伝導イヤホンの場合は鼓膜を経由せず、音声を直接届けます。

頭蓋骨から振動を伝えるため、耳を塞がずに音楽を聴くことが可能。運動中や家事中でも周囲の音を認識しながら音楽が楽しめる仕組みです。

骨伝導イヤホンのメリット・デメリット

耳を塞がないので周囲の音を聞き漏らさない

By: aftershokz.jp

骨伝導イヤホンの最大のメリットは、耳を塞がずに着用できるので、周囲の音を逃さず聞けること。ランニング中などに車や信号機の音に反応できるため、安心して音楽を楽しめます。また、育児中でも子供の声を逃さず聞き取れるので、日常生活においても便利です。

普通のイヤホンより音漏れが激しい

By: rakuten.co.jp

骨伝導イヤホンは耳に装着するタイプではないため、一般的なイヤホンに比べて音漏れしやすいのがデメリット。電車などの人混みで使用する際は、音量などに気を配る必要があります。

また、周囲の音を必要以上に取り込むので、周囲が騒がしい環境で音楽鑑賞すると、雑音まで拾ってしまいます。また、今後音質が向上する可能性はありますが、現状では音質をそれほど高くないため、音質にこだわりたい方にはやや不向きです。

骨伝導イヤホンの選び方

接続方法で選ぶ

ワイヤレス

By: amazon.co.jp

ワイヤレスタイプの骨伝導イヤホンは、デバイスとイヤホンを繋ぐケーブルがないため、ケーブル特有の煩わしさを感じにくいのが特徴。例えば、ケーブルが衣類と擦れてタッチノイズが発生したり、引っかかって外れてしまったりなどを予防します。ランニングやジムトレーニングなどの、動きをともなうワークアウトにおすすめです。

ただし、ワイヤレスタイプはバッテリー駆動のため、充電が必要な点には注意が必要。バッテリーが切れるとリスニング中に使えなくなるので、外出前に充電したかを確認しましょう。

また、ワイヤレス接続は映像と音に遅延が発生する場合があります。動画鑑賞やゲーミングなどシーンによってはストレスに感じてしまうので、使用用途を考慮することも重要です。

有線

By: boco.co.jp

有線タイプの骨伝導イヤホンは、音楽再生デバイスに直接接続して使用するタイプ。イヤホンジャックに差し込むだけで使用できるので、ペアリングなどの設定が不要な点が魅力です。

また、大半のモデルはバッテリー非搭載で、時間を気にせず使用できます。音と映像の遅延も発生しにくいため、動画鑑賞やゲーミングにもぴったりです。

しかし、イヤホンとデバイスが常にケーブルで接続されることで、ケーブル特有のデメリットも生じます。ケーブルの煩わしさを感じる方にはやや不向きです。

音質をチェック

By: aftershokz.jp

骨伝導イヤホンを選ぶ際は、音質も要チェック。一般的なイヤホンに比べて音質があまり優れていない骨伝導イヤホンですが、少しでも良質なサウンドを楽しむためにも、できるだけ高音質モデルを選びましょう。

ワイヤレスタイプを選ぶ際は、対応コーデックに注目。コーデックとは音声データを圧縮する方式のことで、すべてのモデルはSBCというコーデックに対応しています。高音質・低遅延で楽しむためには、AACまたはaptXコーデックに対応したモノがおすすめです。

装着感をチェック

By: amazon.co.jp

快適に音楽を楽しむためには、装着感も重要なポイント。骨伝導イヤホンは、こめかみ付近を挟むように装着するネックバンドタイプが主流です。バンド部分はそこまで関係ありませんが、側圧の強さは装着感に大きく影響する部分。モデルによって異なるので、しっかりチェックしましょう。

ワイヤレスタイプの場合は、ネックバンドタイプ以外に左右のイヤホンがそれぞれ独立した完全ワイヤレスタイプも存在。首にケーブルが触れるのを避けたい方におすすめです。

有線タイプも、こめかみ付近に装着するタイプのほか、耳たぶを挟むように装着するモデルもラインナップ。こめかみへの圧迫感が苦手な方はチェックしてみてください。

スポーツで使うなら防水性能をチェック

By: aftershokz.jp

ランニングやジムトレーニングなど汗をかくスポーツシーンで使いたい方は、防水性能に優れたモデルがおすすめ。高い防水性能を備えていれば、汗だけでなく、雨など天候も気にせず使用できるので、アウトドアシーンでも便利です。

一般的に防水性能は「IPX」という規格で表され、0〜8までの数値で性能の高さが決まります。数値が大きいほど高い防水性能を備えており、軽い汗や雨であればIPX4〜5相当で十分。海水浴やシャワーなど水気の多い場所で使用する場合は、IPX7〜8相当が適しています。

通話するならマイク付きのモデルを

By: aftershokz.jp

骨伝導イヤホンをスマホと接続する場合は、ハンズフリー通話が楽しめるマイク付きのモデルがおすすめ。骨伝導イヤホンにマイクが搭載されていれば、電話がかかってきた際でも、イヤホンを外さず受話・終話が可能です。

また、マイクに周囲のノイズを低減できるノイズキャンセリング機能が搭載されていれば、クリアな音声を相手へ届けられるのでおすすめ。ビデオ会議などビジネスシーンでも活用できます。音楽鑑賞だけでなく、通話も快適に行いたい方はマイク付きのモデルをチェックしてみてください。

骨伝導イヤホンのおすすめモデル

AfterShokz 骨伝導イヤホン OpenMove AS660

ズレにくい形状で激しいスポーツをする方にもおすすめ

ランニングなどスポーツシーンでも快適な装着感を実現した骨伝導イヤホン。ズレにくい形状を採用しており、激しい運動でも安定して装着できます。さらに、約29gの軽量設計なので、長時間の着用も快適です。

また、IP55相当の優れた防塵・防水性能を備えているのも魅力のひとつ。汗や雨による浸水を予防するだけでなく、塵やホコリなどからもイヤホンを保護します。1回の充電で最大6時間連続再生できるのもポイント。長時間のランニングにもおすすめです。

ノイズキャンセリングマイクを搭載しており、高品質な音声通話ができるのも魅力。さまざまなシーンで使える汎用性の高いモデルです。

AfterShokz 骨伝導イヤホン Aeropex AS800

音漏れを約50%低減し繊細でクリアな中高音域

音漏れを従来品より約50%低減したと謳われる骨伝導イヤホンです。繊細な低音やクリアな中高音域の再生を実現しています。また、「PREMIMPITCH 2.0+」のサウンド技術を採用しており、深みのある音質を楽しめます。

また、IP67相当の高い防水・防塵性能を備えているのも魅力のひとつ。水辺や雨の中のランニングでも気にせず音楽を楽しめます。

本体重量は約26gと軽量。長時間着用しても快適さを保てます。スタイリッシュなデザインなので、見た目を重視したい方にもおすすめです。

AfterShokz 骨伝導イヤホン AIR AS650

軽量で疲れにくく通話も快適にできるモデル

軽量設計で快適に音楽が楽しめる骨伝導イヤホンです。耳に装着しても疲れにくく、長時間でも使用。また、骨伝導のため耳を塞がず、圧迫感を覚えにくいのもポイントです。

ヘッド部分にチタニウムを採用することで、軽量化を実現しているうえ、優れた柔軟性と耐久性を備えます。また、約6時間の連続再生が可能なので、長時間リスニングしたい方にもぴったりです。

本体にデュアルノイズキャンセルマイクを内蔵しており、高品質な通話が可能。音楽鑑賞だけでなく、通話も快適にこなせるモデルを探している方はチェックしてみてください。

Aftershokz 骨伝導イヤホン OpenComm ASC100

快適な音声通話ができるように設計された骨伝導イヤホンです。口元に伸びた「ノイズキャンセリングブームマイク」の搭載により、クリアで高品質なハンズフリー通話が可能。騒がしい環境でも快適に使用できます。

機器に近づけるだけで簡単にペアリングできる「NFCペアリング」に対応しているのも魅力のひとつ。面倒なペアリング作業が不要なので、機械が苦手な方や初心者の方にもおすすめです。

最大約8時間音楽再生できるロングバッテリーもポイント。通話機能に優れた骨伝導イヤホンを探している方はチェックしてみてください。

ボコ(BoCo) 骨伝導イヤホン earsopen PEACE TW-1

取り回しやすく扱いやすい完全ワイヤレスタイプの骨伝導イヤホンです。左右のイヤホンがそれぞれ独立しているため、首周りにケーブルが当たるのが苦手な方にもおすすめ。従来機に比べて音漏れが約50%軽減されているのもうれしいポイントです。

優れたフィット感を実現しており、スポーツシーンなど激しい運動中でも快適に使用できます。片耳約9gと軽量で、長時間着用しても耳が疲れにくい仕様。IPX7相当の防水性能を備えており、汗や雨で浸水する心配が少ないのも魅力のひとつです。

専用のクレードルで充電することで、本体は最大約5時間の連続再生が可能。長時間使用する機会が多い方にもおすすめです。

ボコ(BoCo) 骨伝導イヤホン EarsOpen WR-3 CL-1001

クリップで耳たぶに挟んで使用するタイプの骨伝導イヤホンです。一般的な骨伝導イヤホンと異なり、こめかみに挟まないため、圧迫感が苦手な方にも適しています。周波数帯域は4〜40000Hzと幅広く、豊かなサウンドを楽しめるのも魅力です。

3.5mmステレオミニプラグを採用した有線タイプで、充電が不要なのもポイント。また、通話用のマイクを内蔵しているので、ハンズフリー通話も可能です。

カラーバリエーションはシンプルな白と黒の2色をラインナップ。汎用性の高い有線タイプの骨伝導イヤホンを探している方におすすめです。

ボコ(BoCo) 骨伝導イヤホン earsopen BT-5 CL-1002

優しい着け心地を実現するネックバンドタイプの骨伝導イヤホンです。Bluetoothによるワイヤレス接続に対応しており、取り回しやすいのが特徴。首にしっかり固定する仕様のため、ランニングやトレーニングなど、動きがあるスポーツシーンにも適しています。

本アイテムは、耳たぶに挟んで着用するタイプで、こめかみへの圧迫感が苦手な方にもおすすめ。また、マイクを内蔵しており、イヤホンを装着したままハンズフリー通話が可能です。

連続再生時間は約10時間と長く、1日中バッテリー残量を気にせず使用できるのもポイント。ワイヤレスかつ耳たぶに装着する骨伝導イヤホンを探している方はチェックしてみてください。

ボコ(BoCo) 骨伝導イヤホン earsopen FIT BT-1

スタイリッシュなデザインで優れたフィット感を実現したワイヤレスタイプの骨伝導イヤホンです。本体重量約34gと軽量で、長時間着用しても疲れにくいのがポイント。再生帯域は4〜40000Hzと幅広く、高音質サウンドを楽しめます。

充電時間は約1.5時間で、連続再生時間は約6時間。長時間使用する機会が多い方におすすめです。また、電話にもボタン一つで対応可能。「エコーキャンセル機能」を備え、不快なエコーを低減して通話できます。

デザイン性と機能性を兼ね備えているのが魅力。ランニングやトレーニングなどのスポーツシーン、ビジネスシーンでも使えるアイテムです。

多摩電子工業 骨伝導イヤホン TBS55K

耳を塞がず着用したままタッチ操作ができるワイヤレスタイプの骨伝導イヤホンです。安定した接続が可能なBluetooth5.0を採用しています。また、IPX4相当の防水性能を備えているので、汗や雨で故障しにくいのが魅力です。

耳元にはタッチセンサーを搭載しており、音楽の再生や停止などの操作が可能。また、マイクも内蔵しているので、スマホと接続してハンズフリー通話もできます。受話はタッチセンサーで操作可能です。

比較的リーズナブルに購入できるのもうれしいポイント。性能面はもちろん、コスパも重視したい方は、ぜひチェックしてみてください。

山善(YAMAZEN) 骨伝導イヤホン キュリオム QKD-100

本体を装着したまま人と会話したり周囲の音を聞いたりできる骨伝導イヤホンです。大音量でリスニングしても鼓膜に負荷をかけないため、耳に優しいのが魅力。お年寄りの方にもおすすめです。

高音質・低遅延コーデックであるaptXやAACに対応しているのもポイント。iOS端末でもAndroid端末でも快適に音楽や動画が楽しめます。充電時間は約2時間で最大6時間の連続再生が可能。また、IPX5相当の防水性能を備えているので、汗や雨で濡れても使用できます。

カラーバリエーションはシンプルなブラックとホワイトの2色をラインナップ。男女問わず使いやすい、汎用性の高いモデルです。

ゴールデンダンス(Goldendance) 骨伝導イヤホン SOUNDBONE GD-SB

3.5mmステレオミニプラグを採用した有線タイプの骨伝導イヤホンです。有線接続のため充電が不要で、簡単に使用できます。ケーブル長も約1.2mと長めで、ケーブルの煩わしさを感じにくいのがポイントです。

10mmのダイナミック型ドライバーを備えながら、振動で音楽を聴くため鼓膜へ負担がかかりにくいのも魅力のひとつ。また、音漏れしにくいので、人混みや公共の場などでも使用しやすいのが魅力です。

防滴仕様で汗や水滴に強いのもポイント。汚れても水拭きできるので、長く清潔に使えます。

ベルクレール(Belle Clairbonein) 骨伝導イヤホン bonein BN702

耳を塞がずクリアなサウンドが楽しめるワイヤレスタイプの骨伝導イヤホンです。骨伝導イヤホンながら音漏れ防止構造を採用しているため、人混みや公共の場でも気軽に使用できます。

本体重量は約45g。軽いだけでなく耳にしっかりフィットするため、長時間でも快適に音楽を楽しめます。また、最大約12時間の連続再生が可能なロングバッテリーを搭載。1日中バッテリー残量を気にせず使用できます。

さらに、マイクを内蔵しており、ハンズフリー通話が行えるのもメリット。タッチ操作で着信に対応できます。さまざまなシーンで使いやすい汎用性の高いアイテムです。

Komoi 骨伝導イヤホン KB1

「CVC8.0ノイズキャンセリング機能」を備えたマイク付きの骨伝導イヤホン。通話中に周囲のノイズを低減し、クリアな音声を相手へ届けられます。音声を低音域から高音域までクリアでパワフルに再生できるのも魅力のひとつ。音質も妥協したくない方におすすめです。

また、変形しにくく高耐久なメモリーチタン合金を採用しているのもポイント。大きな圧力がかかっても壊れにくく、万が一落としてしまっても安心です。

本体重量約30gと軽量なので、長時間でも快適に着用可能。さらに、比較的リーズナブルに購入できるため、コスパを重視している方もチェックしてみてください。

Timicon 骨伝導イヤホン

人間工学に基づいて設計された、使いやすい骨伝導イヤホンです。耳と後頭部にしっかり固定できるため、激しい動きをともなうスポーツシーンでも落下のリスクを低減します。最大約10時間の連続再生が可能な高性能バッテリーを内蔵しているのもうれしいポイントです。

IPX6相当の高い防水性能を備えているのも魅力のひとつ。汗や雨などからイヤホンを保護します。また、クリアな音声を相手へ届けられる「CVC8.0ノイズキャンセリングマイク機能」を搭載しているため、通話のしやすさも良好です。

さらに、高音質・低遅延コーデックAACに対応しているのも魅力。多機能ながら比較的安く購入できるので、コスパを重視したい方もチェックしてみてください。

DACOM 骨伝導イヤホン

取り回しやすい完全ワイヤレスタイプの骨伝導イヤホンです。完全ワイヤレスの耳掛け型で、激しい動きをともなうスポーツシーンでも外れにくいのが魅力。着け心地のよい素材を採用しているので、しっかりフィットし、快適に使用できます。

再生可能時間は、イヤホン単体で約5時間、充電ケースと合わせて約12.5時間。1日中バッテリー残量を気にせず使用できます。充電ケースにはバッテリー残量を表示するランプが搭載されているので、充電忘れを予防できます。

また、IPX5相当の防水性能を備えており、汗や雨に強いのもポイント。本体重量も約13gと軽量で、長時間着用しても耳が疲れにくく快適に使用できます。

スタイリッシュなデザインも魅力のひとつ。利便性にとデザイン性に優れた骨伝導イヤホンを探している方はチェックしてみてください。

骨伝導イヤホンの楽天市場ランキングをチェック

骨伝導イヤホンの楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。