骨を振動させることで音を聞かせる「骨伝導ヘッドホン」。通常のイヤホンやヘッドホンとは異なり耳を塞がないため、お気に入りの音楽を流しながらも、外からの音をしっかりと聞き取れます。

そこで今回は、骨伝導ヘッドホンのおすすめ製品をご紹介。「音楽に夢中になりすぎて近づいてくる自転車や車に気づかない」という問題もカバーできるほか、ヘッドホンを長時間つけていると疲れてしまう方にもおすすめなので、気になる方はチェックしてみてください。

骨伝導ヘッドホンとは?

By: amazon.co.jp

骨伝導ヘッドホンとは「骨伝導」を利用して、音を聞こえるようにするヘッドホンのこと。骨伝導とは、振動する物体を頭部や頸部に接触させることで、外耳や中耳(鼓膜)を介さずとも直接内耳(聴覚神経)に到達させて音を伝える原理です。

そのため、骨伝導ヘッドホンは普通のイヤホンやヘッドホンのように耳の穴を塞がずに、こめかみ付近に振動部をあてる形で、音楽プレーヤーやスマホなどで音楽を聞くことが可能。耳の穴を塞がないので、周囲の音が十分に聞こえ、屋外使用時の安全性を高められます。

骨伝導ヘッドホンの音漏れは?

By: amazon.co.jp

骨伝導ヘッドホンのデメリットとして、音漏れが大きいことが挙げられます。頭の骨をスピーカーと同じ原理で振動させる関係上、空間に音が放射され、周囲に音が聴こえてしまうためです。

音の大きさはイヤホンやヘッドホンを上回るため、人前で骨伝導ヘッドホンを使うときは迷惑にならないよう、音量の上げ過ぎに注意する必要があります。なかには音漏れを低減する設計の骨伝導ヘッドホンも展開されているので、チェックしてみてください。

骨伝導ヘッドホンの選び方

接続方法で選ぶ

By: amazon.co.jp

対応機器間で簡単にワイヤレス接続できるのがBluetooth機能です。骨伝導ヘッドホンにも多くのモデルが対応しています。コードが引っかかる煩わしさがないことがメリットです。

なお、Bluetoothにはコーデックと呼ばれる伝送規格の違いによって、音質や遅延に差が生じます。ただし、骨伝導ヘッドホンでは一般的なヘッドホンのように幅広いコーデックに対応するモデルが少ないので、注意が必要です。

一方で、ステレオミニプラグによる有線接続は、コードの煩わしさが弱点。しかし、音楽を再生する際に変換や圧縮をしないぶん、Bluetoothよりも音質の劣化が少ないので、音質を重視するなら有線接続タイプがおすすめです。

音質で選ぶ

By: amazon.co.jp

骨伝導ヘッドホンは音質を優先的に設計した専用振動板を鳴らすのではなく、人間の骨を鳴らすという構造上、普通のヘッドホンに比べて音質的に劣る点は否めません。それを理解したうえで、そのなかでも高音質機を探すポイントはあります。

まず、主流のBluetooth対応機では、標準コーデック(音声送受信規格)のSBCだけでなく、より高音質なAACやaptXに対応しているモノがおすすめです。ただし、AACは主にiOS機のみで、aptXは主にAndroid機で採用されているので、どのコーデックに対応しているかをしっかり確認しましょう。

また、有線タイプの場合はアンプなしのモデルだと音も小さく、再生レンジも狭くなります。より高音質に聴きたい場合は、専用アンプ付きのモデルを選ぶのがおすすめです。
 

装着感で選ぶ

By: amazon.co.jp

骨伝導ヘッドホンは、こめかみを挟み込むように振動部をあてるので、振動部の大きさによっては装着部に違和感が残ってしまう場合があります。何度か使用していくうちに慣れる方が多いですが、気になる方は側圧が小さいモデルを選びましょう。

用途で選ぶ

By: rakuten.co.jp

ランニング・トレーニング・水泳などのスポーツシーンで骨伝導ヘッドホンを使う方も増えています。スポーツ用のヘッドホンとして使う場合は、激しい動きに耐えられる機能を備えたモデルを選びましょう。

なかでも、しっかりと頭にフィットしてずれにくい装着性や、水に濡れてしまっても使える防水性を備えた機種がおすすめです。

通話機能の有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

本体にマイクが搭載されたモデルなら、スマホと接続した際に、ハンズフリーで気軽に通話ができるので便利です。日頃から通話をすることが多い方は、通話機能のある骨伝導ヘッドホンも視野に入れてみてください。

また、通話機能のある骨伝導ヘッドホンを選ぶ場合はマイク部に「ノイズキャンセリング機能」が搭載されているかも要チェック。通話中にノイズが入ってしまうと非常に気になるので、クリアな音質で通話を楽しみたい方は、ノイズキャンセリング機能が搭載されている機種を選びましょう。

骨伝導ヘッドホンのおすすめ|ワイヤレス接続タイプ

AfterShokz XTRAINERZ AFT-EP-000015

アフターショックス(AfterShokz) XTRAINERZ AFT-EP-000015

4GBの内蔵ストレージを搭載した骨伝導ヘッドホンです。約1200曲分の保存が可能なストレージとオーディオプレイヤー機能を搭載。スマホやDAP(デジタルオーディオプレイヤー)がなくても音楽鑑賞が楽しめます。ファイル形式は、MP3をはじめ、WMA・AAC・WAV・FLACなどをカバー。専用のイコライザー機能により音質の調節も行えます。

また、防塵防水性能はIP68と高く、スイミング時の使用にもおすすめ。本製品に音楽を保存しておけば、水中でも音楽鑑賞が可能です。水深2mの環境で、最大2時間の浸水にも耐える設計なので安心して使用できます。

AfterShokz Titanium AS600MINI

アフターショックス(AfterShokz) Trekz Titanium AS600MINI

柔軟性と耐久性に優れたネックバンドが特徴のワイヤレス式骨伝導ヘッドホンです。ネックバンドの素材として軽量かつ丈夫なチタニウムを使用しており、装着時の負担を軽減します。

アフターショックスの独自技術である「PremiumPitch+」にも対応しており、広いダイナミックレンジと深みのある低音再生を実現。音漏れを最小限に抑える設計なので、日常での使用にもおすすめです。

AfterShokz Aeropex AFT-SP-000002

アフターショックス(AfterShokz) Aeropex AFT-SP-000002

コンパクトで軽量なワイヤレスタイプの骨伝導ヘッドホンです。従来モデル「AfterShokz Air」に比べて、約15%軽量化されており、サイズもコンパクトになっています。

顔に向けて30°リフトアップされた特殊構造により、繊細な低音と高品位な中高音を実現。ラジオやポッドキャストなどで流れる人の声も聞き取りやすくなっています。また、1mの水中で30分間の水没に耐えられる防水性能を有しているため、スポーツやフィットネス時の使用にもおすすめです。

価格は高めですが、音漏れも少なく「PremiumPitch+2.0」技術による高音質再生が可能なので、音質にこだわる方にも適しています。1回の充電で8時間の音楽や通話が楽しめる点もおすすめです。

Sumeber 骨伝導ヘッドホン BTL-G001

Sumeber 骨伝導ヘッドホン BTL-G001

Bluetooth4.2に対応した多機能なワイヤレスタイプの骨伝導ヘッドホンです。スマホと接続して、ハンズフリー通話が可能。「ダブルMIC騒音抑制機能」により、クリアな音声通話を実現しています。

また、IP55の防塵防水性能を有しているため、雨天時でも使用できるのもポイント。頭の形にフィットする人間工学に基づいたデザインです。8時間のバッテリー駆動が可能なので、長時間の使用を想定している方にも適しています。折りたたんで携帯できるのも魅力です。

Sumeber 骨伝導イヤホン ES268

Sumeber 骨伝導イヤホン ES268

ネックバンドのサイズ調節可能なワイヤレスタイプの骨伝導ヘッドホンです。弾性のあるネックバンド裏には、調節用のバンドを搭載。ユーザーの頭のサイズにあわせて長さを変更でき、快適な装着感が得られます。

イギリス製のBluetooth4.0チップ「CSR8645」を採用しており、高音質で遅延の少ないサウンドを実現。マイクロUSBケーブルを接続して、充電しながら使える点もおすすめです。

KSCAT 骨伝導ヘッドホン NICE5

KSCAT 骨伝導ヘッドホン NICE5

世界中で5万本の売り上げ実績をもつワイヤレスタイプの骨伝導ヘッドホンです。Bluetooth4.1に対応し、コーデックはaptXが採用されているので、音声遅延が少なく、クオリティの高いサウンドが期待できます。

また、雨天時の屋外でも使用できるIPX6の防水性能を搭載しているのも魅力のひとつ。ランニングやフィットネスなど、汗をかく場面でも安心して使用できます。

SUTOMO 骨伝導ヘッドホン E3

SUTOMO 骨伝導ヘッドホン E3

8時間の連続使用が可能なワイヤレスタイプの骨伝導ヘッドホンです。高性能なリチウムイオンバッテリーが搭載されているので、頻繁な充電が手間に感じる方におすすめ。ハンズフリー通話にも対応しており、本体に搭載されたコントローラーで着信に応答できます。

ネックバンドには折り曲げ可能なチタン合金を採用。本体重量は約32gと軽量なので、重さが気になりにくい骨伝導ヘッドホンを求めている方にもおすすめです。

Bearoam 骨伝導ヘッドホン B-X9

Bearoam 骨伝導ヘッドホン B-X9

Bluetooth5.0に対応したワイヤレスタイプの骨伝導ヘッドホンです。Bluetooth5.0は、従来の規格に比べて、2倍の伝送速度を備えているので、安定した接続が期待できます。

本製品と音楽再生デバイスを一度接続しておけば、次回使用時には自動でペアリングできるのもポイント。初回ペアリング時の設定も一般的なワイヤレスヘッドホンと変わりません。

また、内蔵マイクはノイズキャンセリング機能を搭載しているので、周囲の騒音を低減し、クリアな音質でハンズフリー通話ができます。IP56の防水性能を備えているため、不意の雨やスポーツで汗をかいた際も安心して使用できるのも魅力のひとつです。

badasheng 骨伝導集音器ヘッドホン B2-HA3

badasheng 骨伝導集音器ヘッドホン B2-HA3

集音器としても使えるワイヤレスタイプの骨伝導ヘッドホンです。本製品に付属している骨伝導集音器は、ヘッドホン部分とのBluetooth接続が可能。周囲の音が聴こえにくい方にもおすすめです。

骨伝導集音器はアナログ接続に対応しているので、Bluetoothに対応していない機器とヘッドホンを接続したい場合に便利。テレビやラジオとも簡単に接続できます。

ヘッドバンド部は折りたたみが可能で、骨伝導集音器やケーブル類も収納できるケースが付属。携帯時だけでなく、収納時にも1つにまとめておけます。ハンズフリー通話にも対応しているので、スマホと接続して使用したい方にもおすすめです。

ベルクレール(Belle Clair) ワイヤレス骨伝導ヘッドホン bonein BN702

ベルクレール(Belle Clair) ワイヤレス骨伝導ヘッドホン bonein BN702

最大12時間の連続再生が可能なワイヤレスタイプの骨伝導ヘッドホン。大きめの骨伝導用振動パッドを採用し、クリアで聴きやすい音質を実現しています。また、音漏れ防止にこだわった設計のため、電車内などでも使いやすいのが魅力です。

防塵・防滴規格のIP55に対応しているのも特徴。ワンボタンコントロール機能を搭載し、本体のみで操作できるため、ランニングやサイクリングなどの運動時にも気軽に使えます。

約45gと軽量かつ人間工学に基づいたデザインを採用しているため、長時間使用でも疲れにくいのがポイント。折り畳み可能で持ち運びにも便利な、使い勝手のよいモデルです。

Wesnow 骨伝導ヘッドホン Wesnow-E3

Wesnow 骨伝導ヘッドホン Wesnow-E3

音質がよく、軽い着け心地のワイヤレス式骨伝導ヘッドホンです。本体重量は約37gと軽量で、人間工学に基づいたデザインのため、圧迫感が少なく快適なフィット感が得られます。

また、IP66の高い防塵防水性能を備えているので、ランニングやウォーキングで汗をかく際に使用できるのもポイント。ヘッドホン内部に埃や塵が入りにくく、耐久性に優れている点もおすすめです。

fuumuu 骨伝導Bluetoothイヤホン S-18

fuumuu 骨伝導Bluetoothイヤホン S-18

AndroidとiPhoneの両方に対応したワイヤレスタイプの骨伝導ヘッドホンです。Bluetooth5.0に対応しており、安定した無線接続が可能。通信可能範囲が広く、音声の遅延も軽減されています。

また、ハンズフリー通話に便利なマイクには、ノイズキャンセリング機能を搭載。通話中の雑音や騒音を軽減し、クリアな音声を送信できます。スマホと接続して、快適な通話を楽しみたい方におすすめです。

日本コンピュータ・ダイナミクス(NCD) CODEO BTL-G001

日本コンピュータ・ダイナミクス(NCD) CODEO BTL-G001

メガネの上からも装着できる骨伝導ヘッドホン。Bluetoothで接続することで、音楽や会話をハンズフリーで楽しめます。耳元のボタンで音楽の曲送り・曲戻し、一時停止、音量調節、電話の受信など、手軽に操作できるのが魅力です。

バッテリーは充電池タイプ。防水性能はIP4(水の飛沫を防げる程度)のため、アウトドアやスポーツにも対応できます。屋外でも音楽を楽しみたい方におすすめの骨伝導ヘッドホンです。

Knowled 骨伝導イヤホンヘッドホン X9

Knowled 骨伝導イヤホンヘッドホン X9

低価格ながら内蔵ストレージを搭載したワイヤレスタイプの骨伝導ヘッドホンです。本体内に8GBのストレージを内蔵しているので、好みの音楽を保存しておけます。スマホや音楽再生機器を接続していない場合でも、音楽鑑賞を楽しみたい方におすすめです。

高性能なQualcommのチップを搭載しており、Bluetooth5.0による安定した接続が可能。本体重量は約33gと軽量設計で、つけた際の圧迫感も少なめです。マイクにノイズキャンセリング機能が搭載されているのも魅力のひとつ。クリアな音声通話が可能なので、スマホと接続して使用する方にもおすすめです。

骨伝導ヘッドホンのおすすめ|有線接続タイプ

AfterShokz Sportz Titanium AS451XB

アフターショックス(AfterShokz) Sportz Titanium AS451XB

優れた耐久性能を備えた有線式の骨伝導ヘッドホンです。ヘッドバンドは軽量で、柔軟性にも優れたチタン素材を採用。携帯性だけでなく耐久性の向上にも貢献しています。

音質面では、「PremiumPitch+」技術によるハイクオリティなサウンド再生が可能。高い防汗防水性能を有しているほか、ヘッドバンド部に反射材を備えているので、夜間のランニングやウォーキング時におすすめです。

また、有線式ですが、アンプ用のリチウムイオンバッテリーを搭載しているため、使用するにはバッテリーの充電が必要。一度充電すれば、約12時間の連続プレイが可能なので、充電する頻度を抑えたい方にもおすすめです。

Docooler 骨伝導ヘッドホン

Docooler 骨伝導ヘッドホン

ケーブル部分にリモコンを搭載した有線式の骨伝導ヘッドホンです。コントローラー部には、ボリュームや電源スイッチのほか、ポケットや上着に挟めるクリップが付属しているのがポイント。300mAhの高性能リチウムイオンバッテリーが搭載されており、最大10時間の連続再生が可能です。

使用する際は、音楽再生機器にヘッドホンジャックを挿し込み、コントローラーの電源をONにして使用します。ワイヤレスタイプを接続する際の設定が苦手な方におすすめです。

Sumeber 骨伝導イヤホン G4L

Sumeber 骨伝導イヤホン G4L

後頭部から耳に掛けるネックバンド式の骨伝導ヘッドホンです。ゴムバンドは伸縮性があるため、ユーザーにあったサイズに調節可能。軽量なので、長時間使用時の負担も軽めです。

本体には高感度マイクが内蔵されており、ハンズフリー通話にも対応可能。ノイズキャンセリング機能を備えているため、クリアな音声で通話ができます。音漏れを軽減させる設計なので、スポーツ時の使用だけでなく、日常生活でも使いたい方におすすめです。