耳を塞がずに音楽を楽しめることで人気の「骨伝導イヤホン」。周囲の音も聞きやすいため、外でも安全に使いやすいほか、子供の様子を確認したりインターホンを聞き逃さず来客に対応できたりするので、自宅でも便利に使えます。

そこで今回は、おすすめの骨伝導イヤホンをワイヤレスタイプと有線タイプに分けてご紹介。骨伝導イヤホンの仕組みや選び方もあわせて解説するため、ぜひ自分にぴったりの1台を見つけてみてください。

骨伝導イヤホンとは?

By: amazon.co.jp

骨伝導イヤホンとは、脳に音声を伝達する際に鼓膜ではなく骨の振動を利用するタイプのイヤホンのことを指します。通常のイヤホンと違って耳の穴を塞がずに使用できるのが特徴。インナーイヤー型やカナル型などのイヤホンで耳を圧迫されるのが苦手な方もBGM感覚で気軽に音楽が楽しめます。

周囲の音を聞きながら音楽が聴けるのも骨伝導イヤホンの魅力。音漏れが気になる場合もありますが、作業・家事・ランニング中の「ながら聴き」に重宝するとして近年注目されています。音質よりも装着時の快適性を重視したい方におすすめです。

骨伝導イヤホンの仕組み

By: amazon.co.jp

骨伝導イヤホンは独自の音声伝達方法を採用しているのが特徴。通常のイヤホンで音楽を聴く際は、外耳道を経由して中耳にある鼓膜を振動させることで内耳の奥にある聴覚神経を刺激して脳へと音声を届けます。

一方、骨伝導イヤホンの場合は外耳道や鼓膜を経由しないのがポイント。骨伝導イヤホンで音楽を聴く際は、頭蓋骨を利用して音の振動を伝導することで聴覚神経へと音声を直接届けます。音を伝達する際に外耳や中耳の機能を利用する必要がないため、耳の穴を塞がなくても音楽を聴けるのが魅力。快適な装着感が得られるほか、「ながら聴き」用のイヤホンとしても重宝します。

骨伝導イヤホンのメリット・デメリット

メリット

By: amazon.co.jp

骨伝導イヤホンは耳の穴を塞がずに装着できるため、音楽を聴きながら周囲の音にも注意を払えるのがメリット。音楽鑑賞の最中でも子供の声やインターホンなどを聞き逃す心配が少なく、道路の歩行中でも車の音にすぐ反応できます。自宅での家事やリモートワークのほか、ランニング中の「ながら聴き」にもおすすめです。

軽快で快適な装着感もポイント。骨伝導イヤホンは耳の穴ではなくこめかみ付近や耳たぶに装着する場合が大半のため、長時間装着していても耳への負担が少なく済みます。通常のイヤホンで耳が圧迫されるのが苦手だった方にもおすすめです。

デメリット

By: amazon.co.jp

骨伝導イヤホンは装着時の音漏れが激しいのがデメリット。大半の骨伝導イヤホンは、イヤホン本体から直接音を鳴らす方式を採用しているため、周囲に駆動音が漏れてしまうのが難点。電車・飛行機・オフィスなどでの使用には向かないため、自宅や道路など音漏れしてもあまり気にならない環境で使うのがおすすめです。

また、音質にあまり期待できないのも懸念点。音質面ではインナーイヤー型やカナル型などの従来型イヤホンには劣ってしまうため、音質に強いこだわりのある方は満足できない恐れがあります。音質よりも装着時の快適さや「ながら聴き」の利便性を重視する方に適したアイテムです。

骨伝導イヤホンの選び方

接続方法で選ぶ

有線

By: amazon.co.jp

有線タイプの骨伝導イヤホンは、スマホや音楽プレーヤーのイヤホンジャックに挿し込むだけで使用できるのが特徴。大半のモデルはワイヤレスタイプと違って充電が不要で、バッテリー切れを心配する必要もありません。音声伝達時の遅延もほぼ皆無なので、動画の閲覧やゲームのプレイに使用する方にもおすすめです。

一方、骨伝導イヤホンとスマホや音楽プレーヤーが常にケーブルで繋がった状態で使用するため、ケーブルが絡まったり邪魔になったりするなどの煩わしさを感じる場合もあるのが難点。どこかに引っ掛けてしまうとケーブルが断線するリスクもあるため、骨伝導イヤホンをアクティブに活用したい方にはワイヤレスタイプの方が適しています。

ワイヤレス

By: rakuten.co.jp

ワイヤレスタイプの骨伝導イヤホンは、Bluetooth通信を活用するためケーブルの煩わしさがないのが特徴。ケーブルが邪魔になったり断線したりするリスクがないため、ランニングや筋トレなどのワークアウトでアクティブに骨伝導イヤホンを活用したい方にもおすすめです。

しかし、駆動にはバッテリーの充電が必要のため、充電を忘れると途中で音楽が聴けなくなるリスクがあるのが難点。また、接続にBluetoothを利用する関係上、映像に対して音声が多少遅延する場合もあるため、骨伝導イヤホンを映画鑑賞やゲーミングなどの用途で使用する場合は有線タイプの方がストレスなく使えます。

音質で選ぶ

By: rakuten.co.jp

音質も骨伝導イヤホン選びにおいて重要なポイント。骨を通して振動を伝える構造上、骨伝導イヤホンの音質は通常のイヤホンと比較すると劣る場合があります。少しでもよい音で聞くためには、高音質モデルを選びましょう。

有線接続の骨伝導イヤホンの場合は、専用の高出力アンプ対応モデルがおすすめ。アンプが音楽信号を増幅するので、より迫力のあるサウンドを楽しめます。

ワイヤレス接続の場合は、Bluetoothのバージョンとコーデックに注目。よりバージョンが高く、豊富なコーデックに対応していれば、さまざまなデバイスで高音質な音楽を再生できます。

装着感で選ぶ

By: amazon.co.jp

骨伝導イヤホンを選ぶ際には、装着感にも注目。振動部分でこめかみ付近を挟むように装着する、ネックバンドタイプの骨伝導イヤホンが多くラインナップされています。バンドには柔軟な素材が採用されているものの、側圧の強さには注意が必要です。

また、ワイヤレス接続の場合は、左右のイヤホンが独立した完全ワイヤレスタイプも存在します。フックタイプでも、こめかみではなく耳の後ろに振動部分が当たるモデルもあるので、好みに合わせて選びましょう。

有線タイプもこめかみ付近に振動部分を当てるタイプが主流ですが、耳たぶをクリップで挟むような個性的な装着方法のモデルも存在します。

通話機能の有無で選ぶ

By: aftershokz.jp

骨伝導イヤホンを電話にも活用したい場合は、通話機能を搭載したモデルがおすすめ。マイクが内蔵されている骨伝導イヤホンであれば、ハンズフリー通話が可能です。日常の電話やビデオ会議など、プライベートからビジネスまで幅広く使用できます。

マイクにノイズキャンセリング機能やエコーキャンセル機能が搭載されていれば、クリアな音声でスムーズに通話可能。また、収納可能なブームマイクを備えたモデルなら、通話と音楽の両方を臨機応変に楽しめます。

スポーツ用なら防水性能をチェック

By: aftershokz.jp

防水性能もチェックしておきたいポイントのひとつ。ランニングやサイクリング、登山などのトレーニングやアウトドア活動の際に骨伝導イヤホンを装着する場合は、高い防水性能が備わっていれば汗や天候を気にせず安心して使用可能です。

防水性能は「IPX」で表される規格で0~8まで定められており、数字の大きさが防水性能の高さを意味します。噴流に対しての保護試験をクリアしているIPX5以上に対応していれば、雨や汗を気にせずに使用できるのでおすすめです。

骨伝導イヤホンのおすすめ|ワイヤレス

AfterShokz 骨伝導ワイヤレスイヤホン OpenMove AS660

低価格ながら高品質な骨伝導イヤホン。独自の骨伝導テクノロジーを採用しており、耳を塞がずにハイレベルなサウンドを体験可能です。激しい動きにも耐えられる装着感も特徴。重量も約29gと非常に軽量なため、長時間でも快適に使用できます。

IP55の防塵防水に対応している点も魅力。雨や汗で故障する心配が少ないので、屋外でのトレーニング中にも安心して使用可能です。ノイズキャンセリングを搭載したマイクも内蔵されているため、高品質な通話も楽しめます。

Bluetooth 5.0によるワイヤレス接続に対応し、マルチポイントペアリングも可能。同時に2台のデバイスと接続できるので、スマートフォンとPCを素早く切り替えられます。初心者にもおすすめの骨伝導イヤホンです。

AfterShokz 次世代型骨伝導ヘッドセット OpenComm ASC100

ブームマイクを搭載した骨伝導イヤホン。ブームマイクにはノイズキャンセリング機能が搭載されており、周囲の雑音を低減しながらクリアな通話が可能です。角度調節にも対応し、マイクを使用しないときは後ろ向きに収納できます。

また、独自規格のマグネット充電ポートを採用。付属のケーブルを近づけるだけで簡単に充電できます。満充電で最大16時間バッテリーが持続し、14日間の待機が可能。5分の充電で約2時間の通話が可能なクイックチャージにも対応します。

押しやすいマルチファンクションボタンも搭載。着信への応答やリダイヤルなどの操作を指1本で手軽に行えます。音楽だけではなく、ビデオ会議やテレワークにもおすすめの骨伝導イヤホンです。

AfterShokz 骨伝導ワイヤレスヘッドホン Aeropex AS800

高音質な骨伝導イヤホン。適切な角度に配置された独自の振動ユニットにより、小さい振動ながら豊かな低音を再生可能です。中音域から高音域も優れており、音漏れを軽減する設計が採用されているため、快適に音楽を楽しめます。

本体には、シリカゲル素材とオールチタンフレームを採用。重量は約26gと軽量で、長時間装着しやすいのも魅力です。IP67の防水防塵にも対応。激しい動きにも耐えられるので、アウトドアやスポーツシーンにも使用できます。

満充電で約8時間の音楽再生が可能。専用のシリコンゴム製収納袋が付属するため、安心して持ち運べます。高音質で音楽が楽しめる骨伝導イヤホンを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

AfterShokz 骨伝導ワイヤレスヘッドホン AIR AS650

スポーツ用途としても重宝する左右連結型のワイヤレス骨伝導イヤホンです。優れた耐久性を備えたチタンフレームを採用し、重さ30gと軽量。メガネや帽子を身につけた状態でも干渉しにくい形状に加え、IP55の防汗設計を備えているため、ランニングやジムでのワークアウトでの使用にもおすすめです。

省電力のBluetooth 4.2に対応しており、1回のフル充電で最長6時間の連続再生が可能。コーデックには標準音質のSBCを採用しています。低音域に対して高い再現性を持っているので、EDM・ヒップポップ・ハードロックなどの重低音が特徴的な音楽も十分に楽しめます。

音声通話が可能なマイクを内蔵しているのもポイント。「デュアルノイズキャンセル機能」によって周囲のノイズを抑えつつ自分の声だけを相手にはっきり届けられるので、移動中やランニング中に着信があった場合でも気にせず通話が楽しめます。

BoCo 完全ワイヤレス骨伝導イヤホン PEACE TW-1

左右独立タイプのおすすめワイヤレス骨伝導イヤホンです。耳を挟みこむように装着するイヤカフ構造を採用。耳を塞がないので、音楽を聴きながら電車内のアナウンスを聞いたり、レジで会計をしたりなど、周囲の状況に気を配れます。

音漏れが低減されている点も魅力。雨や汗に濡れても耐えられるIPX7等級の防水に対応しているため、屋外でのランニングやトレーニングにも気兼ねなく使えます。

片耳の重量は約9g。満充電にすれば、最大で約5時間の連続使用が可能です。高感度のマイクも搭載しているので、通話やビデオ会議にも使えます。

BoCo ワイヤレス骨伝導イヤホン FIT BT-1

曲線的なデザインが特徴の骨伝導イヤホン。本体の素材にはチタン合金とシリコンを採用しています。重量が約34gと軽量ながら耐久性も高く、独自の曲線的な形状による高い装着感も魅力。長時間でも快適に使用できます。

独自の振動技術とイコライジング技術を採用。高音域から低音域まで、幅広い音を臨場感たっぷりに再生可能です。防滴・防水仕様なので、通勤・通学はもちろん、ランニングや登山などのアウトドアなど、さまざまなシーンで活用できます。

本体のボタンを押すだけで着信にも応答可能。通話用のマイクには、エコーを低減させる機能も搭載されているため、クリアな音声で通話できます。スタイリッシュなデザインを採用したおすすめの骨伝導イヤホンです。

ボーンイン(bonein) 集音器付き骨伝導ヘッドホン BN-702T

便利な集音機能も搭載した左右連結型のワイヤレス骨伝導イヤホンです。付属の集音機能付き送信機をテレビやパソコンなどの音が出る機器とケーブルで繋げることで音をイヤホンへ伝送が可能。会話が聞き取りづらい場合は相手に渡して集音もできるため、耳が遠くて困っている方にもおすすめです。

また、イヤホン単体でも使用が可能。大容量バッテリーによって最長12時間の連続再生に対応するため、フル充電しておけば1日中音楽を楽しめます。大きな骨伝導パッドを搭載することで、周囲への音漏れを軽減しているのもポイントです。

重さわずか45gの軽量ボディは、人間工学に基づいたデザインによってフィット感と高い操作性を実現。IP55の防塵・防水性能も備えているため、ランニングなどのスポーツ用途にも活用できます。また、折り畳み機構を備えているので、使わないときはポケットへ簡単に収納できるのも魅力です。

骨伝導イヤホンのおすすめ|有線

BoCo 骨伝導イヤホン earsopen WR-5 HK-1002

迫力あるサウンドを楽しめる有線タイプの骨伝導イヤホンです。イヤーフックタイプの装着方法を採用。振動部分が耳の後ろに配置されるため、頭から音に包まれるような感覚を体験できます。快適に付けられる約5gの軽量設計も魅力です。

付属品として高出力アンプが同梱される点も特徴。音楽プレーヤーとイヤホンの間に高出力アンプを挟むと、さらに臨場感溢れるクリアなサウンドを楽しめます。電源のオン・オフや難しい設定をせずに接続するだけで簡単に使用可能です。

有線接続なので、充電や遅延を気にせずに使えるのもポイント。耳にかけるフックは、SとLの2サイズから選択できます。音質にこだわる方におすすめです。

BoCo 骨伝導イヤホン earsopen WR-3 CL-1001

スマートフォンの操作が可能な有線タイプの骨伝導イヤホン。クリップを耳たぶに挟む装着方法が特徴です。耳の周囲を塞がないので圧迫感が少なく、快適に使用可能。耳や鼓膜に負担をかけにくく、ストレスフリーで音楽を楽しめます。

また、ケーブルに搭載されているリモコンから、音量調節や早送りなどの操作が可能。マイクも内蔵されているため、会話用スイッチを有効にするだけで簡単にハンズフリー通話を楽しめます。生活防水にも対応しているので、幅広いシーンで使用可能です。

2サイズのフックに加えて、キャリングポーチも付属。外出時にも気軽に持ち運べます。スマートフォンに接続して音楽を楽しみたい方におすすめです。

ゴールデンダンス(Goldendance) 骨伝導イヤホン SOUNDBONE GD-SB

シンプルな有線タイプの骨伝導イヤホン。耳や鼓膜への負担を軽減しながら音楽を楽しめます。音漏れが低減されているので、人混みや電車など公共の場所でも周囲をあまり気にせず使用可能。重量も約15gと軽量で、長時間の使用や持ち運びにも適しています。

10mmのドライバーによる迫力の音質も魅力。骨伝導ながら臨場感のあるリアルなサウンドを楽しめます。本体に空気穴がない防滴仕様も特徴。汗や水しぶき程度であれば使用でき、汚れも水拭きで簡単に落とせます。シンプルな骨伝導イヤホンを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

KKmoon 骨伝導ヘッドホン

USB Type-Cポートに接続できる有線タイプの骨伝導イヤホン。Type-Cポートを搭載したスマートフォンやタブレット、ノートPCなどにアダプタを介さず直接接続できます。

装着方法は、耳の前方に振動部分が当たるように引っかける仕様。ノイズキャンセリング機能を搭載したマイクも内蔵されており、クリアな音声で通話可能です。マイク用のミュートボタンも搭載されているので、柔軟な使い方ができます。

IPX4の防水性能が備わっているのもポイント。ランニングや登山など、アウトドアにも安心して活用できます。リーズナブルな骨伝導イヤホンを探している方におすすめの製品です。

Sumeber 骨伝導ヘッドホン

価格の安い有線タイプの骨伝導イヤホン。ネックバンド部分は伸縮性があるため、さまざまな頭のサイズに合わせられます。ケーブルにはクリップが搭載されているので、襟やポケットに留めることでスマートに装着可能です。

高感度なマイクを搭載している点も魅力。ノイズキャンセリング機能にも対応しているため、雑音を気にせず快適にハンズフリー通話が可能です。音漏れを抑える設計なので、公共の場所でも周囲をあまり気にせずに音楽を楽しめます。

また、防水性能が備わっているのも特徴。汗や小雨程度であれば耐えられるため、ランニングやサイクリングなどのトレーニング中にも使用できます。コストパフォーマンスに優れた骨伝導イヤホンを探している方は、ぜひチェックしてみてください。