耳を塞がずに快適に音楽や動画が楽しめる「骨伝導イヤホン」。装着したまま周囲の音を聞き取れたり、人と会話したりできるのが特徴です。しかし、種類が多くどれを選ぶべきか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめの骨伝導イヤホンをピックアップ。仕組みやメリット・デメリット、選び方についても解説するので、購入を検討している方は参考にしてみてください。

骨伝導イヤホンとは?

By: amazon.co.jp

骨伝導イヤホンとは、骨を通して音をリスニングできるイヤホンです。一般的なイヤホンは音の振動を鼓膜へ伝える仕様。骨伝導イヤホンは耳や鼓膜を介さずに音をリスニングできるのが特徴です。

装着スタイルとしては、こめかみに挟み込むように装着するのが一般的。耳を塞がずに装着できるため、耳に負担がかかりにくく長時間着用しても快適に音楽を楽しめます。

骨伝導イヤホンの仕組み

骨伝導イヤホンは、骨を通して内耳に振動を送り、聴覚神経に直接音を届ける仕組み。頭蓋骨に音の振動を直接届けるため、耳を塞がずに快適に音楽をリスニングできます。

また、鼓膜を介さないため、聴覚障害の方や老人性難聴の方でも音が聴こえやすいとされているのも魅力。一方、耳を塞がない仕様なので、音が周囲に漏れやすい点は注意しましょう。

骨伝導イヤホンのメリット・デメリット

耳を塞がないので周囲の音を聞き漏らさない

骨伝導イヤホンは、耳を塞がずに装着できるため、周囲の音を聞き漏らしにくいのがメリットです。音楽や動画を楽しみながら、車の走行音や信号機の音、駅のアナウンスなど重要な音を聞き取れるのが特徴。日常生活において、BGM感覚で音楽を楽しめます。

また、急に人に話しかけられた際や、お店のレジを利用する際など人と話すシーンでも、毎回骨伝導イヤホンを外さずに対応可能。ランニングやジョギングなど、周囲の音に気を配らなければいけないシーンにもおすすめです。

普通のイヤホンより音漏れが激しい

骨伝導イヤホンは、周囲の音を聴き取りやすい反面、周囲へ音漏れしやすい点がデメリット。カナル型イヤホンなどは耳栓のように装着できるため、音漏れしにくい仕様ですが、骨伝導イヤホンは仕組み上注意しなければいけません。

特に電車など人が多い環境や、図書館やオフィスなどの静かな環境では、音漏れで周囲に迷惑をかけてしまう場合もあります。音の漏れ具合はモデルや音量によって変わりますが、周囲に迷惑がかからない環境で使うようにしましょう。

骨伝導イヤホンの選び方

接続方法で選ぶ

ワイヤレス

By: shokz.com

骨伝導イヤホンを選ぶ際は、接続方法にも注目。大きく分けてワイヤレスと有線の2種類が存在し、それぞれ特徴が異なるので事前にしっかり確認しておきましょう。

ワイヤレスタイプは、スマホなどのデバイスとイヤホンをBluetoothで接続するタイプ。ケーブルレスで使用できるため、ケーブルがバッグに引っかかって外れてしまったり、タッチノイズが発生したりしにくいのが特徴です。

しかし、ワイヤレスタイプはバッテリーで駆動する仕様のため、定期的に充電が必要な点に注意。バッテリーが切れてしまうと音楽を聞けなくなってしまうので、こまめな充電は必須です。また、Bluetoothで接続すると音と映像にズレが発生しやすいため、動画視聴やゲームをプレイしたい方は留意しておきましょう。

有線

By: boco.co.jp

有線タイプは、スマホなどのデバイスとイヤホンをケーブルで直接接続するタイプ。バッテリーを内蔵していないため、充電する手間がかからないのが特徴です。また、音質にこだわりたい方にも適しています。

一方、有線タイプはケーブルが引っかかって外れたり、断線したりすることがあるのがデメリット。ランニングやジムトレーニングなど、激しい動きを伴うスポーツシーンにおいても、ケーブルが邪魔で動きにくいと感じてしまう場合もあるので注意しましょう。

音質をチェック

高音質で音楽をリスニングしたい方は、音質にも注目。音質はメーカーやモデルによって異なります。そのため、しっかりとした低音を感じられるモノから、繊細な高音まで再現するモノなどさまざまなモデルが存在。好みや用途に合わせて適した音質のモデルを選びましょう。

また、有線タイプの骨伝導イヤホンは、音質を重視したい方におすすめです。また、ワイヤレスタイプを選ぶ際は、対応コーデックも重要。ワイヤレスタイプにはSBCというコーデックが採用されています。音質にこだわりたい方は、AACやaptXなどの高音質・低遅延コーデックを採用しているモデルを選んでみてください。

装着感をチェック

By: amazon.co.jp

骨伝導イヤホンを購入する際は、装着感も要チェック。装着方法は基本的に、こめかみに挟み込むように装着するタイプと、イヤーカフのように装着するタイプの2種類が存在します。

こめかみに挟み込むように装着するタイプは、頭の形やサイズによって装着感が異なるので注意。また、普段メガネを掛けている方は、メガネとイヤホンが干渉して装着しにくく感じてしまう場合もあります。

イヤーカフのように装着するタイプは、耳の軟骨を挟んで装着するため、手軽に装着できるのが魅力。メガネにも干渉しにくく、サイズなども気にせずに装着できます。

スポーツで使うなら防水性能をチェック

By: shokz.com

ランニングやジムトレーニングなどスポーツシーンで使う機会が多い方は、防水性能の高いモデルがおすすめです。骨伝導イヤホンは、耳を塞がず周囲の音をしっかり聞けるため、スポーツ用のイヤホンとしてもおすすめ。しかし、防水性能を備えていないモデルだと、汗や雨が影響して壊れてしまう場合もあるので注意しましょう。

防水性能レベルは、「IPX」に続く数値で表記。数値が高いほど優れた防水性能を備えています。汗や雨からイヤホンを保護したい方は、最低でもIPX4相当の防水性能を備えたモデルを選びましょう。

通話するならマイク付きのモデルを

By: amazon.co.jp

テレワークや友人とハンズフリー通話をする機会が多い方は、マイクを搭載しているかも要チェック。骨伝導イヤホンは耳を塞がないため、通話中に自分の音声や、周囲の音、会話をしっかり拾えます。快適かつ自然なハンズフリー通話を行えるのが特徴です。

骨伝導イヤホンは、マイクを備えたモデルが多く展開されています。しかし、メーカーやモデルによってマイク性能が異なるので、高品質かつスムーズな通話をしたい方は、マイク性能の優れたモデルを選んでみてください。

骨伝導イヤホンのおすすめモデル

Shokz 骨伝導イヤホン OpenMove

普段使いにぴったりのエントリーモデルの骨伝導イヤホンです。耳の上を覆うことなく着用できるため、耳に負担がかかりにくく快適なリスニングが可能。ワイヤレスタイプを採用しているので、ケーブルレスで快適に着用できます。

また、6時間持続するバッテリーを内蔵しているのも魅力のひとつ。IP55の防塵・防水性能を備えているので、湿気や汚れからイヤホンを保護できるのもポイントです。

屋外での使用に適した「スタンダードモード」と、ポッドキャストやオーディオブックを高音質で楽しめる「ボーカルモード」の2つの「EQモード」を搭載。デュアルノイズキャンセリングマイクを備えており、クリアで安定した音声通話ができるのもメリットです。

Shokz 骨伝導イヤホン AEROPEX

少ない振動と大音量を伴う中高域のレスポンスと、深みのある低音を実現した骨伝導イヤホンです。ワイヤレスタイプのため、ケーブルレスで快適に装着できるのが特徴。IP67相当の高い防塵・防水性能を備えているので、スポーツシーンはもちろん、アウトドアシーンでも問題なく使用できます。

8時間連続再生できるバッテリーを内蔵しており、バッテリー残量を気にせず音楽を楽しめるのも魅力のひとつ。優れたフィット感を実現する「チタンフレーム」を採用し、激しい動きを伴うシーンでも安定した装着が可能です。

重量わずか26gの軽量フレームのため、長時間でも快適に着け続けられるのもポイント。スポーツシーンに適した骨伝導イヤホンを探している方におすすめです。

Shokz 骨伝導イヤホン OPENCOMM

高性能なマイクを搭載したビジネスシーンに適した骨伝導イヤホンです。周囲のノイズを最小限に押さえて、クリアな音声を相手へ届けられる「DSPノイズキャンセリングブームマイク」を搭載。デスクワークなどで音声通話する機会が多い方におすすめです。

8時間持続するバッテリーを内蔵しているのも魅力のひとつ。わずか5分の充電で最大2時間の通話が可能な急速充電にも対応しています。互換性のあるデバイスを近づけるだけでペアリングできる「NFCペアリング」を採用しているのもポイントです。

フルチタンフレームで作られているため、優れた耐久性を実現しているのもポイント。マイク性能の優れた骨伝導イヤホンを探している方はチェックしてみてください。

Shokz 骨伝導イヤホン OpenRun Pro

深みのある低音と鮮明でクリアな中高音を実現する「Shokz TurboPitchテクノロジー」を搭載した骨伝導イヤホン。音質にこだわりたい方にもおすすめのモデルです。

最大10時間の音楽再生と通話に対応したバッテリーを内蔵しているのも魅力。長時間音楽をリスニングしたいシーンでもバッテリー残量を気にせず使えます。ネックバンド型のチタンフレームを採用し、激しい運動時でも安定した装着感を実現。わずか5分の充電で最大1.5時間の音楽再生が可能な急速充電にも対応しています。

「DSPノイズキャンセリングマイク」を搭載しているので、クリアな音声通話も可能なおすすめの骨伝導イヤホンです。

DACOM 骨伝導イヤホン BoneBuds

重量わずか13gの軽量設計を実現した完全ワイヤレスタイプの骨伝導イヤホンです。長時間装着しても耳が痛くなりにくいのが特徴。また、メガネに干渉しにくいのもポイントです。

IPX5相当の防水性能を備えているので、汗や雨からイヤホンを保護しやすいのも魅力のひとつ。Bluetooth5.0に対応しているため、優れたデータ転送速度・通信範囲・安定性を実現しています。

イヤホン単体で5時間、充電ケースと合わせて12.5時間再生できるバッテリーを搭載し、長時間使用したい場合にもおすすめ。比較的リーズナブルに購入できるので、コスパを重視している方も検討してみてください。

ボコ(BoCo) 骨伝導イヤホンクリップタイプ earsopen WR-3 CL-1001

スマホなどのイヤホンジャックに直接接続して使用する有線タイプの骨伝導イヤホン。バッテリーを内蔵していないため、時間を気にせず音楽を楽しめます。

耳たぶの上の軟骨をクリップで挟み込んで装着する仕様です。スマホと接続している際は、会話用スイッチをONにすることでハンズフリー通話が可能。また、リモコンで通話応対や音楽操作もできます。

生活防水を実現しているため、汗や雨からイヤホンを保護できるのもポイント。有線タイプの骨伝導イヤホンを探している方におすすめのモデルです。

ボコ(BoCo) 完全ワイヤレス骨伝導イヤホン earsopen PEACE TW-1

イヤーカフのようにラフに装着できる完全ワイヤレスタイプの骨伝導イヤホンです。日本製で、品質に優れているのが魅力。低音・中音・高音をバランスよく実現しているのもポイントです。

聴覚神経に近いポジションに装着することで、音漏れを軽減すると謳っているのもポイント。また、優れたフィット感と安定性を実現しており、落下して紛失するリスクを軽減します。

IPX7相当の高い防水設計のため、汗や雨に強いのもメリット。スタイリッシュかつ機能性の優れたモデルを探している方におすすめです。

ボコ(BoCo) ワイヤレス骨伝導イヤホンクリップタイプ earsopen BT-5 CL-1002

ネックバンドで首にしっかり固定して使えるワイヤレスタイプの骨伝導イヤホン。独自の「高性能振動デバイス」と、優れた「デジタルイコライザ補正回路」により、高音質を実現しているのが特徴です。

耳たぶの上の軟骨を挟み込むように装着する方式を採用。また、コンパクトかつ軽量設計なので、安定した装着感も実現しています。

最長10時間持続するバッテリーを内蔵しているのもポイント。外出先でもバッテリー残量を気にせず使用できます。スマホと接続すれば、ハンズフリー通話も可能です。

フィリップス(Philips) 骨伝導ワイヤレスヘッドホン TAA6606

IP67の高い防塵・防水性能を実現し、アウトドアシーンやスポーツシーンに適したワイヤレスタイプのモデル。ランニングライトを搭載しているため、夜間のランニング時でも視認性を向上できるのが特徴です。

ネックバンドには、軽量かつ丈夫なチタンを採用。Bluetooth5.2に対応しているため、優れたデータ転送速度・通信範囲・安定性を実現しています。

最長9時間再生できるロングバッテリーも魅力のひとつ。夜間に外出・トレーニングする機会が多い方におすすめのモデルです。

ゲオ(GEO) 骨伝導ワイヤレスヘッドホン GRFD-BCH200B300

iPhoneなどのiOS端末で高音質・低遅延を実現するコーデックAACに対応したワイヤレスタイプのモデルです。IPX4の防水性能を備えており、汗や雨に強いのも特徴。重量も約33gと軽量設計なので、快適に着用できます。

落ちにくい耳掛けタイプを採用しており、安定して装着できるのもポイントです。また、最大約7時間連続再生できるバッテリーを内蔵。音声アシスタントの呼び出しにも対応しています。

比較的リーズナブルに購入できるので、コスパを重視したい方はもちろん、初めて購入する方にもおすすめです。

番外編:耳を塞がないイヤホン

ambie AM-TW01

耳を塞がずに装着できる完全ワイヤレスイヤホンです。イヤーカフ型のスタイリッシュなデザインのため、アクセサリー感覚で装着できるのも特徴。また、小型・軽量設計なので、長時間着用しても耳へ負担がかかりにくいのも魅力です。

IPX5相当の防水性能を備えており、汗や雨からイヤホンを保護できるのもポイント。普段使いはもちろん、スポーツシーンでもさまざまなシーンで使えます。

風切り音や環境音のノイズを低減する技術「CVC8.0」に対応しているため、クリアな音声通話も可能。高音質・低遅延を実現するコーデックaptX・aptX Adaptive・AACに対応しているのもメリットです。機能性・デザイン性に優れたモデルを探している方もチェックしてみてください。

骨伝導イヤホンの楽天市場ランキングをチェック

骨伝導イヤホンの楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。