骨を振動させることで音を聞かせる「骨伝導ヘッドホン」。通常のイヤホンやヘッドホンとは異なり耳を塞がないため、お気に入りの音楽を流しながらも、外から音をしっかりと聞き取ることができます。

そこで今回は、骨伝導ヘッドホンのおすすめ製品をご紹介。これまで懸念されていた「音楽に夢中になりすぎて近づいてくる自転車や車に気づかない」という問題も従来品よりもカバーするほか、イヤホンやヘッドホンを長時間つけていると疲れてしまうという方にもおすすめなので、気になる方はしっかりチェックしてください。

骨伝導ヘッドホンとは?

By: amazon.co.jp

「骨伝導ヘッドホン」は、鼓膜などを通さずに頭部や頸部を振動させて、音を直接"聴覚神経"に到達させる仕組みを利用した製品です。こめかみ付近にヘッドホンの振動部を当てることで、ミュージックプレーヤーやスマホなどの音楽を気軽に楽しめます。

一般的なイヤホンやヘッドホンのように耳の穴を塞がないため、屋外で装着しても周りの音をしっかりと聞くことが可能です。鼓膜を振動させないので耳の疲れを防げるのもポイント。ただし、骨伝導ヘッドホンは振動するたびに電力を使うため、使用前に充電が必要となるので留意しておきましょう。

骨伝導ヘッドホンの音漏れは?

By: amazon.co.jp

骨伝導ヘッドホンは骨を振動させて音を聞かせる仕組みなので、耳を塞いで聞く一般的なイヤホン・ヘッドホンに比べると音漏れは大きくなる傾向にあります。電車など公共の場で使用するときは周囲の迷惑にならない程度に調節しましょう。

骨伝導ヘッドホンの選び方

By: amazon.co.jp

装着感で選ぶ

骨伝導ヘッドホンは、こめかみを挟み込むように振動部を当てるので、何回か使用していれば慣れますが、振動部の大きさによっては違和感が残ってしまう場合があるので、気になる方は影響が小さいコンパクトなアイテムを選ぶとよいでしょう。

用途で選ぶ

ランニングやトレーニング、水泳などのスポーツシーンで骨伝導ヘッドホンを使う方も近年増えています。スポーツ用のヘッドホンとして使う場合は、激しい動きに耐えられる機能を備えたモデルを選びましょう。しっかりと頭にフィットしてずれにくい装着性や、水に濡れてしまっても使える防水性を備えた機種がおすすめです。

接続方法で選ぶ

骨伝導ヘッドホンを選ぶときは接続方法も要チェック。Bluetoothに対応しているモデルであれば、スマホの音楽をワイヤレスで流せるため便利です。

一方、有線タイプはコードの煩わしさがありますが、Bluetoothで接続をするよりも音質がよいので、サウンドクオリティを重視したい方におすすめです。

通話機能の有無で選ぶ

スマホを経由した通話機能を搭載している骨伝導ヘッドホンもあります。本体にマイクが内蔵されているため、ハンズフリーで気軽に通話が可能。日頃から通話をすることが多い方は、ぜひ通話機能のある骨伝導ヘッドホンも視野に入れてください。

また、通話機能のある骨伝導ヘッドホンを選ぶときは「ノイズキャンセリング機能」の有無も要チェック。話しているときにノイズが入ってしまうと非常に気になるので、クリアな音質で通話を楽しみたい方はノイズキャンセリング機能が搭載されている機種を選びましょう。

骨伝導ヘッドホンのおすすめ:Bluetoothワイヤレス接続タイプ

アフターショックス(AfterShokz) TREKZ TITANIUM AFT-EP-000001

特許を取得している骨伝導技術により、装着性のよさと音質の高さを両立したモデル。「OpenFit」と呼ばれる圧迫感の少ないデザインを採用していて、長時間使用していても疲れにくいのが特長です。

「LeakSlayer技術」により音漏れを大幅に低減するほか、「PremiumPitch+」と呼ばれる同社独自のサウンド技術を採用することで低音のクオリティも良好。

さらにデュアルノイズキャンセルマイクによる快適な通話性能でき、IP55規格の高い防塵性・防水性も備えているので、あらゆるシーンで活躍してくれるおすすめの製品です。

allimity 骨伝導スポーツイヤホン 後掛け式

ネックバンド型のモデル。リーズナブルな価格でありながら豊富な機能を揃えています。Bluetoothに対応しており、ハンズフリー通話も可能です。IPX4相当の防滴性能・防水性能を備えているので、スポーツシーンでも安心して使えます。

骨伝導ヘッドホンは"頭部を振動させる"という仕組み上、どうしても側面の締め付けが強くなりがちですが、本製品は比較的ゆるめに作られているため負担が少ないのがポイント。装着感がよいので骨伝導ヘッドホンを初めて使用する方におすすめです。

KSCAT 骨伝導ヘッドホン NICE5

優れた防水性と高音質が特長のモデル。骨伝導ヘッドホンとして高いレベルに匹敵するIPX6相当の防水性能を備えており、汗や雨をしっかりカバーしてくれます。

フィット性の高いデザインにより、動いたときにずり落ちにくいのもポイント。Bluetoothは高音質コーデックのaptXに対応しているので、クリアな音楽を楽しみたい方におすすめです。

AcTek 骨伝導ヘッドホン スポーツサングラス

サングラス一体型のBluetooth骨伝導ヘッドホン。紫外線から目を守ってくれるので、太陽が照りつける屋外で長時間スポーツやアウトドアをするときに活躍です。

IPX6相当の高い防水性を備えているので、雨の日でも安心して使えるのがポイント。aptXコーデックに対応していることで高音質なサウンドを楽しむことが可能なほか、CVCノイズキャンセリング技術を採用していて、ハンズフリー通話時にノイズをしっかりカットしてくれる点も魅力です。

Zhda 折り畳む骨伝導

折りたたみ可能でラクに持ち運べるモデル。骨伝導ヘッドホンはプラスチック製のネックバンド型がほとんどで、折りたためないモデルが多いため、携帯性を重視したい方に最適です。

防水仕様を備えており、汗をかくスポーツシーンや雨が心配なアウトドアシーンにもおすすめします。人間工学に基づいたデザインを採用していて、長時間装着していても負担にならないのが特長。20KHzまでの広帯域が再生できるスペックも魅力です。

Sumeber 骨伝導後掛け式ヘッドセット

 

音質を重視したBluetooth骨伝導ヘッドホン。IP4規格の防水性能を備えており、ちょっとした汗や雨なら濡れても問題はありません。高音質aptXコーデック対応に対応しており、クリアで質の高いサウンドを聞かせてくれます。

CVCノイズキャンセリング機能を搭載していて、聞き取りやすいクリアな声でハンズフリー通話が楽しめる点も魅力です。

ホリゾン(HORIZON) 骨伝導後掛け式ヘッドセット

耳に掛ける部分が柔軟な弾性素材で作られているBluetooth骨伝導ヘッドホン。装着時はしっかりフィットできるほか、誤って曲げてしまったとしても折れにくいため、耐久性も良好です。

また、IPX6相当の高い防水性能によって、スポーツやアウトドアシーンでも活躍してくれます。ブラック・ホワイト・グリーン・グレー・レッド・ゴールドとカラーバリエーションが豊富な点も魅力です。

SOYA 骨伝導スポーツヘッドホン

8GBのメモリを内蔵した骨伝導ヘッドホン。MP3ファイル再生に対応した音楽プレーヤー機能を兼ね備えているほか、Bluetooth接続により、外部プレイヤーとのワイヤレス接続にも対応するモデルです。

IPX4相当の防水性能を備えているので、屋外でのジョギング使用にも向いています。耳の上に軽く乗せるような装着性も快適。骨伝導ヘッドホン単体で音楽を聞くことができるので、スマホとの併用が面倒だと感じる方におすすめです。

ブゥルデ エケセルエンテー(Build Excellent) ワイヤレス骨伝導 後掛け式ヘッドホン

調整式のヘッドバンドを採用していて装着感がよい骨伝導ヘッドホン。長時間の装着でも疲れないようにゆるく付けるのがおすすめです。

ランニングやウォーキングなどのスポーツシーンでも安定して使えるのがポイント。防水・防塵仕様のため、雨もしっかりカバーします。なお、電源は充電式で、最大使用時間は約6時間。通勤・通学にもおすすめのモデルです。

OVTECH 骨伝導ヘッドホン Ear Shield

見た目がクールな骨伝導ヘッドホン。本体に高感度マイクを搭載しており、ハンズフリー通話を楽しめます。音漏れを防いでくれるデザインを採用しているため、声をクリアに聞き取れるのも魅力です。

また、8GBのフラッシュメモリーを内蔵しており、ヘッドホン単体でMP3プレーヤーとして活用できます。耳の輪郭にしっかりと基づいたデザインで、装着感は良好。また、防水・防塵性能を備えており、スポーツシーンやアウトドアシーンでも気兼ねなく使えます。充電はUSB接続で対応。約2時間でフル充電となり、最大約6時間の連続使用が可能です。

MIXIAO 骨伝導ワイヤレスヘッドフォン

IPX7相当の高い防水性が搭載された骨伝導ヘッドホン。雨や汗に濡れても使えるほか、後頭部からしっかりホールドしてくれるモデルのため、ランニングなどの激しい動きをするスポーツでも使用可能です。

また、ノイズキャンセリング機能を搭載したマイクが付いているため、雑音のない綺麗な音質でのハンズフリー通話にも対応。幅広いシーンで活躍してくれるおすすめの骨伝導ヘッドホンです。

Andoer 骨伝導スポーツヘッドホン

充電約2時間で最大約8時間の連続使用ができる骨伝導ヘッドホン。防汗性能に優れているため、ランニングやウォーキングなどの運動時に活躍してくれます。流線型のスタイリッシュなデザインもポイントです。

骨伝導ヘッドホンのおすすめ:有線接続タイプ

Sumeber 骨伝導ヘッドホン

多機能な有線接続タイプの骨伝導ヘッドホン。専用アンプを内蔵することで、アンプのない有線タイプで起こりがちな音量の小ささと再生音域の狭さを感じさせません。アンプとバッテリーを搭載しておりながら、軽量なのもポイントです。

iOSとAndroidの両方に対応しているハンズフリー通話機能も魅力。CVCノイズキャンセリング機能によりノイズを除去してクリアな通話が楽しめます。防滴仕様が施されているので、スポーツ使用やアウトドア使用にも最適。幅広い用途におすすめできる汎用性の高いモデルです。

アフターショックス(AfterShokz) Sportz 3 Open Ear AS400

骨伝導ヘッドホンの有線モデル。こめかみに当てる振動部が比較的小さいので、装着時の違和感が減り、骨伝導ヘッドホンを初めて購入する方でも使いやすいのが特長です。同ブランドの骨伝導ヘッドホンとしてはリーズナブルなので、高性能な骨伝導ヘッドホンを少しでも安く出に入れたい方におすすめします。

ゴールデンダンス(Goldendance)骨伝導ヘッドホンタイプ GD-SK-VOS

有線タイプの骨伝導ヘッドホン。同メーカーは福祉用の骨伝導製品も開発しているだけあって、使い勝手に配慮したモデルをリリースしています。

本製品は専用のUSB用マイクが付属するため、スカイプなどのビデオ通話やオンラインゲームなどにも対応。もちろんヘッドホン単体でも使えるため、音楽鑑賞用としてもおすすめです。

Sumeber 骨伝導ヘッドホン

アンプを内蔵していないタイプの有線骨伝導ヘッドホン。アンプが付いていると音量アップには効果があるものの、本体が大きく重たくなってしまいますが、本製品は装着感が軽快なのがポイントです。

また、ノイズキャンセリング機能を搭載した感度の高いマイクを搭載しているため、高音質でハンズフリー通話ができます。アンプ部のコストがないことによって、リーズナブルな価格でリリースされているのも魅力です。

Docooler 骨伝導ヘッドセット

マイク付きリモコンを装備している有線骨伝導ヘッドホン。スマホやタブレット、パソコンなど3.5mmのイヤホンジャックを搭載している幅広い機器に対応しています。

しっかりと頭にフィットしてくれるため、スポーツシーンでも安心して使用可能。またパソコンでのビデオ通話をするときにもおすすめ。カラーバリエーションはシンプルなブラックに加えて、オレンジとグリーンの全3種類です。

Docooler 骨伝導ヘッドホン AUX IN

骨伝導ヘッドホンとしては珍しいヘッドバンド型の機種。耳にあてる一般的なヘッドホンと同様の装着感なので、従来のアイテムと同じように違和感なく使用したい方におすすめです。

ヘッドバンド部分は伸縮ができるため、頭の形に合わせてしっかり調整できます。左右それぞれ音量バランスを操作できるので、片耳だけ音を出してモノラルヘッドホンのように使うことも可能です。

パナソニック(Panasonic) オープンイヤー骨伝導ヘッドフォン RP-HGS10-W

IPX4相当の防滴性能を備えており、汗や雨に強いためスポーツシーンにおすすめの骨伝導ヘッドホン。本体にリフレクションシートを採用することで車のヘッドライトをしっかりと反射させるので、暗い時間帯のランニングでも安心です。

耳に掛ける部分にはソフトクッションを用いていて、装着感は良好。ホワイトとブラックを組み合わせたパナソニックらしい配色にも注目です。