世界的にも有名な音響機器メーカー「オーディオテクニカ」は、多くのイヤホンを発売しています。音質はもちろん、機能やフィット感などそれぞれに特徴をもったイヤホンが豊富にラインナップされているのが魅力です。しかし、種類が多すぎると何を基準にイヤホンを選んだらよいかわからなくなる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、オーディオテクニカのおすすめイヤホンをご紹介します。各イヤホンの特徴を知って、自分に合うイヤホンを探す参考にしてみてください。

オーディオテクニカ(audio-technica)とは?

By: audio-technica.co.jp

オーディオテクニカは、1962年に設立された日本の音響映像機器メーカーです。個人が使用する一般的なオーディオ機器だけでなく、レコーディングスタジオでも重宝されるプロ仕様の機材も製造しています。

扱っている機器はマイクやスピーカー、アンプなどと幅広く、なかでもラインナップが豊富に揃っているのがイヤホンです。エントリーモデルとして最適なリーズナブルなモデルからプロ仕様の製品まで、さまざまなイヤホンを取り扱っています。オーディオテクニカを略した「オーテク」の愛称で親しまれ、世界中で愛用されるほどの人気があるオーディオメーカーです。

オーディオテクニカのイヤホンの特徴

By: amazon.co.jp

オーディオテクニカは、多数のイヤホンを幅広い価格帯に展開しているのが特徴です。オーディオテクニカのイヤホンは、抜けのよい中高音域を中心にした繊細で爽やかな「オーテクサウンド」と呼ばれる、独特の音質傾向を持っていることも挙げられます。

一方で、意図的に音質を変えたシリーズを出すことで、特定の傾向だけに偏ることなく、バランスの取れた製品群を展開。シリーズ毎の音の違いを把握することで自分好みの傾向を絞ることも可能です。

また、音楽制作のプロが使うためのモニターイヤホンをはじめ、目的や用途に応じたイヤホンを種類別に用意。音楽鑑賞用のイヤホンも、有線と無線の両方で多数展開するとともに、通話用のヘッドセット機能、スポーツ用に適した防水タイプなど幅広く揃えています。

オーディオテクニカのイヤホンの選び方

接続方法をチェック

ワイヤレス

By: audio-technica.co.jp

スマホで音楽を聴くことが多い方から支持を集めている、Bluetooth規格によるワイヤレス接続。コードが煩わしくないのがメリットですが、音声データの圧縮を伴うため、音質的には不利な面もあります。また、音が出るまでにタイムラグが発生する場合もあるので、動画の再生用で使う際には注意が必要です。

Bluetoothの伝送規格であるコーデックには複数の方式があり、それぞれ、圧縮の度合いや遅延の程度が異なります。CDを上回るハイレゾ相当の伝送が可能なLDACやaptX HDコーデックを採用しているモデルではワイヤレスではハイレベルな音質が期待できます。

また、iPhoneはじめiOSデバイスで採用されているAACと、Android端末を中心に採用されているaptXが比較的に高音質で低遅延。自分の所有している再生機器が対応しているコーデックに受信対応したイヤホンを選ぶのがポイントです。

有線

By: rakuten.co.jp

イヤホンの接続方式として、スタンダードなのが3.5mm径ステレオミニ端子による有線接続です。製品数が多く、価格帯も幅広いため、選択肢の多さがメリットです。

ただし、スマホで使用する場合、3.5mm径イヤホンジャックの有無を確認しましょう。イヤホンジャックがない場合は、変換プラグが必要になります。スマホで使用する場合は、マイク付きリモコンが付属するモデルであれば、音楽再生や通話の操作、ハンズフリー通話ができて便利です。

また、最近では左右の音の混ざり合いを防いで高音質化を図れる、2.5mmや4.4mm径端子の有線バランス接続イヤホンが登場しています。

装着方法をチェック

カナル型

By: amazon.co.jp

カナル型は、耳の穴にはめ込むタイプのイヤホンなので、強いフィット感と音漏れのしにくさが特徴です。重低音であってもしっかりと耳に届けられるため、臨場感のあるサウンドが楽しめます。

ただし、長時間使用時には圧迫感が気になりやすく、耳が痛くなりやすいのがデメリット。快適に装着できないと感じた場合にはイヤーピースを交換して、耳にあうように調節するのがおすすめです。

インナーイヤー型

By: amazon.co.jp

インナーイヤー型のイヤホンは長時間の音楽鑑賞に向いています。耳の表面にイヤホンをひっかけて使用するので、圧迫感や耳への負担が軽めです。

カナル型のイヤホンと違って音漏れはしやすいですが、空間表現力を高める構造なので、空気感のあるサウンドが好みの方にはおすすめ。イヤホンの装着時間が長い方や、耳の穴にはめるカナル型が苦手という方にはおすすめのイヤホンです。

その他機能で選ぶ

By: audio-technica.co.jp

オーディオテクニカのイヤホンにはさまざまな機能を搭載したモデルが存在します。電車や周囲の騒音を軽減する「ノイズキャンセリング機能」は、音楽に集中したい場合に最適。ウォーキングやランニングなど、運動時に使用する場合や屋外での使用が多い場合には「防水機能」のあるイヤホンを選びましょう。

また、スマホと接続して音楽を楽しむ方であれば、「ハンズフリー通話」対応モデルがおすすめ。音楽鑑賞中に着信があってもそのまま応答できて便利です。

オーディオテクニカのイヤホンおすすめモデル|ワイヤレス

オーディオテクニカ(audio-technica) 完全ワイヤレスイヤホン SOLID BASS ATH-CKS5TW

オーディオテクニカ(audio-technica) 完全ワイヤレスイヤホン SOLID BASS ATH-CKS5TW

重低音サウンドが楽しめる「SOLID BASSシリーズ」の完全ワイヤレスイヤホン。小さなボディながら厚みと迫力ある低音再生が可能です。また、振動板に硬さの違う素材を組み合わせることで、中高音域に鮮明さを持たせています。

イヤホンを充電ケースから取り出すだけでパワーがONになり、ケースにしまえば自動で電源OFFに。オートパワーON/OFF機能を搭載しているので、使い勝手がよく便利です。イヤホン本体をフル充電しておけば約15時間の再生が可能。充電ケースを併用すれば最大で45時間の再生ができるので、頻繁に充電する必要がないのも魅力です。

さらに、イヤホン本体でスマホや音楽プレーヤーなどの音楽操作が可能。通話や終話も操作でき、急な着信にもすぐ応答できるので、スマホで音楽鑑賞をしている方にもおすすめのイヤホンです。

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスイヤホン Sound Reality ATH-CKR75BT

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスイヤホン Sound Reality ATH-CKR75BT

音本来の豊かさを追求した「Sound Realityシリーズ」のBluetoothイヤホン。音の解像力に秀でた高精度なドライバーや、奥行きのある音場を表現できる内蔵アンプを搭載しています。

ハウジングにはアルミニウムを採用。不要共振を抑えるだけでなく、外観の美しさも演出しています。左右を繋ぐケーブル中にバッテリーを備えており、首の後の襟元に留められる「Clip-Onスタイル」を採用。動いた際にケーブルの揺れや引っ張りを抑えて、安定した装着を維持できます。

高音質で低遅延なaptXとAACのコーデックに対応しているので、AndroidとiPhoneの双方で高品位なワイヤレスリスニングが楽しめます。イヤホンジャックのないスマホにおすすめのイヤホンです。

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスイヤホン ATH-CK150BT

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスイヤホン ATH-CK150BT

リーズナブルなBluetoothイヤホン。専用設計の8.8mm径ドライバーユニットを搭載し、低域から中高域までクリアに再生できます。音楽や通話の操作や音量調節ができるインラインコントローラーを搭載しているので、スマホや音楽プレーヤーとの使用にも便利です。

ボディはコンパクトで装着しやすく疲れにくい使用感で、長時間リスニングにも適しています。バッテリー駆動時間は最大約7時間。外出先でも十分に音楽を楽しめます。6色のカラバリのなかにはポップな色合いのモデルもあり、おしゃれなイヤホンとしてもおすすめです。

オーディオテクニカ(audio-technica) 完全ワイヤレスイヤホン ATH-CKR7TW

オーディオテクニカ(audio-technica) 完全ワイヤレスイヤホン ATH-CKR7TW

高音質を追求した完全ワイヤレスイヤホンです。Bluetoothによって音声データを受信し、本体内部に搭載している高性能ヘッドホンアンプでダイナミック型ユニットを駆動。ノイズを抑えたクリアなサウンド再生が可能です。

キレのある低音により、輪郭のしっかりとしたサウンドを体感できます。迫力のある低音域が中高音域の鳴りを邪魔しないのもポイント。各音域がバランスよく再生されるので、長時間音楽を聴いても疲れにくいのも魅力です。

本体に加えて充電ケースもコンパクトなので携帯性も良好。簡単操作で本体とケースのバッテリー残量が確認できます。スマホアプリの「Connect」を使用して好みの設定が行えるので、音質をカスタイマイズしたい方にもおすすめです。

オーディオテクニカ(audio-technica) Bluetooth対応セミオープン型イヤホン ATH-C200BT

オーディオテクニカ(audio-technica) Bluetooth対応セミオープン型イヤホン ATH-C200BT

軽快な装着感が利点のインナーイヤー型を採用したBluetoothイヤホン。高性能な12mm径ドライバーを搭載しており、迫力があり空間表現力に優れた再生音を実現しています。また、音響孔によって低音の音抜けをさせているのも魅力です。

ハウジングの耳に触れる部分にはシリコン素材を採用。ソフトな装着感で、長時間使用時の疲労も軽減します。 コード部にマイク付きのリモコンが付いているため、ハンズフリー通話に加え、手元での音楽再生や通話操作が可能です。音漏れが大きめなので、人前での大音量再生には注意しましょう。

オーディオテクニカ(audio-technica) スポーツ向けワイヤレスイヤホン ATH-SPORT90BT

オーディオテクニカ(audio-technica) スポーツ向けワイヤレスイヤホン ATH-SPORT90BT

スポーツをはじめとする、アクティブな活動時の使用におすすめのBluetoothイヤホン。雨や汗に強いIPX5準拠の防水性能を備えており、屋内外の運動時に身に着けられます。音楽の一時停止操作ができるマグネットセンサーや周囲の音が確認できるヒアスルー機能を搭載。急な話しかけや、屋外での安全確保にも対応できます。

4GBのストレージを内蔵しており、単体で音楽を再生できるのもポイント。スマホや音楽プレーヤーの落下やポケットの重みを気にせず、ワークアウトに集中できます。

シリコン素材のイヤーフィンとイヤーピースを4サイズずつ同梱しており、個人に合ったフィット感を追求可能。また、左右のイヤホンをつなぐケーブル長はスライダーで調節できるので、ケーブルの煩わしさを低減できます。

オーディオテクニカ(audio-technica) ノイズキャンセリングワイヤレスイヤホン ATH-BT08NC

オーディオテクニカ(audio-technica) ノイズキャンセリングワイヤレスイヤホン ATH-BT08NC

有線接続と無線接続の両方に対応したノイズキャンセリングイヤホン。周囲の騒音を軽減する「ノイズキャンセリング機能」を搭載しており、音質を損なわないまま最大で90%の環境騒音を低減できると謳っています。

また、飛行機内での使用やBluetoothに対応していない機器と接続する際に便利な、専用アダプターと接続用コードが付属。ハンズフリー通話にも対応しているので、スマホと接続して使うイヤホンとしても最適です。

高音質なaptXコーデックやAACコーデックに対応しているので、ワイヤレス接続でも存分に音楽が楽しめます。Bluetooth接続は、最大で8台までのマルチペアリングに対応。外出時はスマホと接続し、自宅ではオーディオプレイヤーと接続するなど、頻繁に接続端末を切り替えたい方におすすめです。

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスイヤホン Sound Reality ATH-DSR5BT

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスイヤホン Sound Reality ATH-DSR5BT

原音を忠実に再現する力に優れたネックバンド型ワイヤレスイヤホンです。独自開発の高感度ドライバーにより、デジタルで送られた音声信号をダイレクトに音声へと変換。キレのあるクリアなサウンドが実感できます。

BluetoothのコーデックはCD以上の情報量を持つハイレゾ相当の伝送が可能なaptX HDに対応。臨場感あふれるサウンドのワイヤレス伝送を実現しています。

首に掛けるスタイルなので、長時間使用時も疲れにくいのがメリットです。さらに、最大で8時間のバッテリー駆動ができるのも魅力。解像度の高い「Sound Realityシリーズ」らしい繊細な音をワイヤレスで体感したい方におすすめです。

オーディオテクニカのイヤホンおすすめモデル|有線

オーディオテクニカ(audio-technica) ハイレゾ対応イヤホン SOLID BASS ATH-CKS550X

オーディオテクニカ(audio-technica) ハイレゾ対応イヤホン SOLID BASS ATH-CKS550X

CD以上の情報量を持つハイレゾ音源の再生に対応した有線イヤホンです。日本オーディオ協会が定めるハイレゾ対応イヤホンの要件である、40kHz再生をクリア。高精細でワイドレンジなサウンドを堪能できます。

また、ドライバーには9.8mm径の「SOLID BASS HDドライバー」を採用し、重低音再生を強化したシリーズにふさわしい、キレのある低音を再生可能。さらに、大口径の音導管で音の伝導率を向上させることで、小型のボディながら迫力のあるサウンドが楽しめます。

カナル型で耳の穴にはめ込むタイプなので、音漏れがしにくく外出先での音楽鑑賞にも最適です。イヤーピースはXSからLまでの4サイズが付属しているため、耳に合わせて大きさを調節できるのもポイント。ハイレゾ対応イヤホンとしては価格が安いので、ハイコスパなイヤホンを探している方はチェックしてみてください。

オーディオテクニカ(audio-technica) ハイレゾ対応イヤホン Sound Reality ATH-CKR70

オーディオテクニカ(audio-technica) ハイレゾ対応イヤホン Sound Reality ATH-CKR70

高音質を追求したカナル型イヤホンです。「原音再生」「高解像度」「高レスポンス」を目指す「Sound Realityシリーズ」のモデル。CDを超える高音質を備えるハイレゾ音源に対応しているのが特徴です。

また、高精度な振動板の前後直進運動を行える新採用のドライバーにより、原音に高忠実なサウンドを実現。さらに、軽量なアルミニウムハウジングによって音を汚す不要な共振を排除し、クリアな音を鳴らせます。光沢があり高級感のあるボディも魅力です。

オーディオテクニカ(audio-technica) スポーツ向けイヤホン ATH-SPORT3

オーディオテクニカ(audio-technica) スポーツ向けイヤホン ATH-SPORT3

高い防水性能とフィット感が得られるカナル型有線イヤホン。水洗い可能なIPX5等級に準拠した防水なので、スポーツや仕事で汗をかいても安心して使用できます。ウォーキングやランニングはもちろん、アウトドアでの使用におすすめです。ケーブルは耳にあわせて形状を調節できる「360°フレキシブルハンガー」を採用。ぴったりと耳にフィットして、激しい動きにも対応できます。

付属のイヤーピースは「ファインフィットイヤピース」と「アクティブフィットイヤピース」の2種類。密閉感を高める通常のイヤーピースに加えて、外部音が聞き取りやすいように表面に凹凸が付けられたイヤーピースを状況に応じて使い分けられます。

ケーブルにはウェーブコードを採用しているので、からみにくくタッチノイズを軽減可能。付属の専用キャリングケースも水に強い仕様なので、スポーツ用やアウトドア用のイヤホンを探している方はチェックしてみてください。

オーディオテクニカ(audio-technica) デュアルダイナミック型イヤホン ATH-LS70

オーディオテクニカ(audio-technica) デュアルダイナミック型イヤホン ATH-LS70

ライブのような臨場感のある「Live Sound」を目指した「LSシリーズ」に属するカナル型イヤホン。1つのユニット内にドライバー2基を直列配置で搭載しているのが特徴です。同時駆動することで振動板の歪みを軽減。均一な音の放射により、透明感のあるサウンドを実現しています。クリアな中高音域と切れのある低音域も持ち味です。

また、ケーブルにはワイヤーが内蔵されており、耳の形に合わせられます。高いフィット感が得られるとともに、リスニングポイントがずれるのを予防。さらに、A2DC規格による着脱式コードも採用しています。高音質なサウンドを求めてリケーブルしたい方や、ケーブルの劣化に備えておきたい方におすすめです。

オーディオテクニカ(audio-technica) スマートフォン用インナーイヤーイヤホン ATH-C505iS

オーディオテクニカ(audio-technica) スマートフォン用インナーイヤーイヤホン ATH-C505iS

iPhoneをはじめとするスマホでも高音質を楽しめるよう開発されたイヤホンです。軽快な装着感が特徴のインナーイヤー型を採用。大型ドライバーを搭載しており、空間の広がりに優れています。低音域もしっかりカバーしているので厚みのある音質を楽しみたい方にもおすすめです。

マイク機能も搭載しているので、イヤホンを着用したままのハンズフリー通話も可能。相手の話もくっきりと聴き取れるクリアな音質もポイントです。また、音楽を再生中に電話がかかってきても応答できるよう設計されています。

着信への応答は耳元にあるリモートコントローラーのスイッチを押すだけ。本体を操作せずに手元で着信応答から通話の終了、音楽や動画の再生などを操作できるのもポイントです。

オーディオテクニカ(audio-technica) バランスド・アーマチュア型イヤホン ATH-E70

オーディオテクニカ(audio-technica) バランスド・アーマチュア型イヤホン ATH-E70

音楽制作やアーティスト向けのモニター用を謳う「Eシリーズ」の上位モデル。オーディオテクニカが独自開発したバランスド・アーマチュア型ドライバーを3基搭載しているのが特徴です。低音域から中高音域までの広い範囲をバランスの取れたチューニングで再現します。

ケーブルは自社設計の「A2DC」規格で着脱可能。音響特性と耐久性を追求しており、断線と接触不良による音質低下を防ぎます。高い遮音性やフィット感に優れた筐体デザインなので、より音楽に集中できるのもおすすめポイントです。

オーディオテクニカ(audio-technica) ハイレゾ対応ハイブリッド型イヤホン ATH-IEX1

オーディオテクニカ(audio-technica) ハイレゾ対応ハイブリッド型イヤホン ATH-IEX1

オーディオテクニカのハイエンドイヤホン。プッシュプル方式のダイナミック型と、バランスド・アーマチュア型を組み合わせた構造を採用しているのが特徴です。

2つの振動板の動きが同期することで歪みを抑え、原音に忠実な再生音を実現できるプッシュプル方式の利点と、高域の正確な再生が可能なバランスド・アーマチュア型の特徴を併せ持っています。

5~50000Hzという広帯域を、繊細さと力感を兼ね備えたリアルなサウンドで描写。プロのモニター用から音楽鑑賞用までをハイレベルにこなす実力を備えています。

独自のA2DCコネクターで着脱可能なケーブルは、3.5mmステレオミニプラグタイプと、4.4mmバランスプラグタイプの2つを付属。4.4mmバランスジャックを搭載した内外のデジタルプレーヤーと組み合わせて、高音質を堪能できます。