世界的にも有名な音響機器メーカー「オーディオテクニカ」は、多くのイヤホンを開発・販売しています。音質はもちろん、機能やフィット感などそれぞれに特徴をもったイヤホンが豊富にラインナップされているのが魅力。しかし、種類が多すぎると何を基準にイヤホンを選んだらよいかわからなくなるのではないでしょうか。

そこで今回は、オーディオテクニカのおすすめイヤホンをご紹介します。各イヤホンの特徴を知って、自分に合うイヤホンを探す参考にしてみてください。

オーディオテクニカ(audio-technica)とは?

By: audio-technica.co.jp

オーディオテクニカは、1962年に設立された日本の音響・映像機器メーカーです。個人が使用する一般的なオーディオ機器だけでなく、レコーディングスタジオでも重宝されるプロ仕様の機材も製造しています。

扱っている機器はマイク・スピーカー・アンプなどと幅広いですが、そんな中でもラインナップが豊富に揃っているのがイヤホン。エントリーモデルとして最適なリーズナブルなモデルからプロ仕様の製品まで、さまざまなイヤホンを取り扱っています。オーディオテクニカを略した「オーテク」の愛称で親しまれ、世界中で愛用されるほどの人気があるオーディオメーカーです。

オーディオテクニカのイヤホンの特徴

By: amazon.co.jp

オーディオテクニカが発売しているイヤホンは多種多様です。それぞれに特徴を持っていますが、多くのモデルが「オーテクサウンド」と呼ばれる音質を備えています。伸びやかで抜けのよい中高音域は爽やかな響きがあり、繊細な表現が可能です。各音域のバランスがよく、クリアで原音に忠実なサウンド再生ができるので、スタジオやDTM作業でも頻繁に使用されます。

また、オーディオテクニカのイヤホンは、音質ごとにシリーズ化されたイヤホンを数多く製造しているのもポイント。より多くのユーザーに満足感を与えられる製品作りをしています。「SOLID BASSシリーズ」は特に有名で、迫力のある重低音サウンドが魅力です。ほかにも、高い解像度が特徴の「Eシリーズ」やオーテクサウンドを存分に味わえる「Sound Realityシリーズ」などが人気。好みにあわせてイヤホンが選べるのもオーディオテクニカの魅力です。

オーディオテクニカのイヤホンの選び方

接続方法をチェック

有線

By: amazon.co.jp

最近はBluetoothを利用したワイヤレスタイプのイヤホンが増えましたが、有線接続モデルも変わらず販売されています。ケーブルを使用する有線タイプのイヤホンであれば、Bluetoothのバージョンやコーデックに音質を左右されないほか、再生が途切れるトラブルもありません。

取り回しの面ではワイヤレスイヤホンに劣りますが、音質にこだわる方や連続再生時間を気にしたくない方におすすめです。

ワイヤレス

By: amazon.co.jp

Bluetooth対応のイヤホンであれば、ワイヤレスでの音楽鑑賞が可能。スマホやオーディオプレイヤーにケーブルを接続しなくてよいので、音楽鑑賞時でも自由に動き回れます。着け心地も軽いため、スポーツをする際にも最適です。

ただし、バッテリー残量をチェックしておかないと急な充電切れに悩まされるので注意が必要。購入する場合には、バッテリーでの最大使用可能時間をチェックしておくのがおすすめです。

装着方法をチェック

カナル型

By: amazon.co.jp

カナル型は、耳の穴にはめ込むタイプのイヤホンなので、強いフィット感と音漏れのしにくさが特徴です。重低音であってもしっかりと耳に届けられるため、臨場感のあるサウンドが楽しめます。

ただし、長時間使用時には圧迫感が気になりやすく、耳が痛くなりやすいのがデメリット。快適に装着できないと感じた場合にはイヤーピースを交換して、耳にあうように調節するのがおすすめです。

インナーイヤー型

By: amazon.co.jp

インナーイヤー型のイヤホンは長時間の音楽鑑賞に向いています。耳の表面にイヤホンをひっかけて使用するので、圧迫感や耳への負担が軽めです。

カナル型のイヤホンと違って音漏れはしやすいですが、空間表現力を高める構造なので、空気感のあるサウンドが好みの方にはおすすめ。イヤホンの装着時間が長い方や、耳の穴にはめるカナル型が苦手という方にはおすすめのイヤホンです。

その他機能で選ぶ

By: audio-technica.co.jp

オーディオテクニカのイヤホンにはさまざまな機能を搭載したモデルが存在します。電車や周囲の騒音を軽減する「ノイズキャンセリング機能」は、音楽に集中したい場合に最適。ウォーキングやランニングなど、運動時に使用する場合や屋外での使用が多い場合には「防水機能」のあるイヤホンがおすすめです。

また、スマホと接続して音楽を楽しむ方であれば、「ハンズフリー通話」対応モデルが最適。音楽鑑賞中に着信があってもそのまま応答できて便利です。

オーディオテクニカのイヤホンおすすめモデル|有線

オーディオテクニカ(audio-technica) インナーイヤーヘッドホン ATH-CK350M

オーディオテクニカ(audio-technica) インナーイヤーヘッドホン ATH-CK350M

ファッションアイテムとしても使えるデザイン性重視の方におすすめのイヤホンです。全10色の豊富なカラーラインナップで、自分好みのカラーを選べるのが魅力。シンプルなデザインなので、さまざまなファッションにマッチします。

また、絡みにくいウェーブコードを採用しているので、ポケットに入れて持ち歩く際も便利。コード巻き取りホルダーも付属し、断線を防いで手軽に持ち運べます。

内部には10mmの小型ドライバーを搭載。音は華やかなドンシャリ系ですが、音漏れしにくい密閉型で、電車内などでも手軽に音楽が聴けます。

オーディオテクニカ(audio-technica) Sound Reality インナーイヤーヘッドホン ATH-CKR50

オーディオテクニカ(audio-technica) Sound Reality インナーイヤーヘッドホン ATH-CKR50

高解像度のモデルを揃えたサウンドリアリティシリーズのイヤホンです。真鍮スタビライザーを採用しているため、より鮮明な音の再生が可能。レスポンスも良好で、音質重視の方におすすめです。

ドライバーには12.5mmの大型モデルを採用していますが、中音域も低音域も抜けがよく、さまざまなジャンルの音楽をクリアな音質で楽しめます。高音はややシャープですが、耳に刺さりにくいチューニングです。

また、カラーバリエーションも豊富なので、ファッションアイテムとしても活躍します。歩きながら使用しても耳から抜け落ちにくいカナル型で、4サイズのイヤーピースが付属。装着感と遮音性を兼ね備えたデザインも魅力です。

オーディオテクニカ(audio-technica) SOLID BASS インナーイヤーヘッドホン ATH-CKS770X

オーディオテクニカ(audio-technica) SOLID BASS インナーイヤーヘッドホン ATH-CKS770X

重低音の響きが楽しめるソリッドバスシリーズのイヤホンです。11mmの大型ドライバーを搭載した量感のある低音が特徴。不要な共振を抑制するアルミ製エンクロージャーを採用することで、クリアな音作りに仕上がっています。

また、より細部まで再生できるハイレゾ音源に対応しているのもポイント。楽器の繊細な表現やボーカルの息遣いなど、細かな部分まで聞き取りたい方におすすめです。

イヤーピースも4サイズ付属するため、耳の大きさが気になる方でも自分にあった大きさに調節可能。3.5mmステレオミニプラグなので、スマホやさまざまなオーディオ機器との接続が可能です。

オーディオテクニカ(audio-technica) SOLID BASS インナーイヤーヘッドホン ATH-CKS550X

オーディオテクニカ(audio-technica) SOLID BASS インナーイヤーヘッドホン ATH-CKS550X

キレのある重低音が好みの方におすすめのイヤホンです。重低音に比重をおいたソリッドバスシリーズのなかでも、9.8mmのドライバーを採用したモデル。ややタイトなチューニングが特徴で、ベースやバスドラムのアタック音をより正確に聴き取れます。

また、大口径の音導管を採用することでハイレゾ音源に対応。重低音モデルですが、高音域もクリアに再生できます。ライブ音源などで、より没入感を得たい方にもおすすめです。

本体は約6gと、軽量なほかのイヤホンよりもさらに軽く、持ち歩きにも便利。収納に便利なポーチも付属するため、ポケットに入れて持ち歩きたい方にも適しています。

オーディオテクニカ(audio-technica) Sound Reality インナーイヤーヘッドホン ATH-CKR90

オーディオテクニカ(audio-technica) Sound Reality インナーイヤーヘッドホン ATH-CKR90

高音質設計シリーズ、サウンドリアリティのイヤホンです。専用設計のアルミニウムハウジングにより、不要な共振を抑制。より透明感あふれるピュアなサウンドが再生できます。

また、ドライバーには13mm口径のモノと10.4mm口径のモノを採用。異なる大きさのドライバーを搭載しているため、高音域の繊細な音の違いも再生可能です。情報量の多いハイレゾ音源も十分に楽しめます。

コネクターには高音質なA2DCを採用しており、リケーブルにも対応。コンサート会場の空気感を味わいたい方や、音質にこだわりたい方へおすすめのモデルです。

オーディオテクニカ(audio-technica) ダイナミック型インナーイヤーヘッドホン ATH-E40

オーディオテクニカ(audio-technica) ダイナミック型インナーイヤーヘッドホン ATH-E40

重低音重視の方におすすめのイヤホンです。12.5mmの大型ドライバーを2基搭載。パワフルな低音を楽しめるので、特にEDMやロックなどを聴く方におすすめです。

また、独自開発のモニタリング用デュアルフェーズ・プッシュプル・ドライバーは、音のバランスにも注目して開発されており、中高音域もクリアに聞こえます。

さらに高音質なA2DCコネクターはリケーブル可能。比較的リーズナブルなので、高音質イヤホンのエントリーモデルとしてもおすすめです。

オーディオテクニカ(audio-technica) ハイブリッド型インナーイヤーヘッドホン ATH-IEX1

オーディオテクニカ(audio-technica) ハイブリッド型インナーイヤーヘッドホン ATH-IEX1

ダイナミック型とバランスド・アーマチュア型のハイブリッド型ドライバー構造を搭載したイヤホンです。広いレンジで高音質再生が可能。音のつながりも滑らかで、より鮮明でリアルなサウンドを楽しめます。

また、コネクターには着脱式のA2DCコネクターを採用。リケーブルもできるため、より音質にこだわりたい方にもおすすめです。3.5mmのステレオミニプラグを備えたケーブルのほかに、4.4mmの5極プラグを備えたバランスケーブルも付属します。

耳にかけて装着するイヤーハンガータイプなので、装着時の安定感も良好です。イヤーピースは4サイズ付属するのに加えて、2段階の深さ調節が可能。遮音性が高く柔らかい素材を使っているので、長時間快適にリスニングできます。

オーディオテクニカのイヤホンおすすめモデル|ワイヤレス

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスヘッドホン ATH-CK200BT

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスヘッドホン ATH-CK200BT

インラインコントローラーを備えたネックバンドタイプのイヤホンです。手元で音楽・動画・通話の簡単な操作が可能。シャツなどに固定できるクリップが付いているため、歩きながらでも安定した装着感で使用できます。

また、鮮やかなカラーリングで、ファッションアイテムとしてもおすすめです。バッテリー持ちもよく、約3時間の充電で約7時間の連続再生が可能なので、通勤・通学時にも役立ちます。

オーディオテクニカ(audio-technica) SOLID BASS ワイヤレスヘッドホン ATH-CKS5TW

オーディオテクニカ(audio-technica) SOLID BASS ワイヤレスヘッドホン ATH-CKS5TW

キレのある重低音が楽しめるソリッドバスシリーズの完全ワイヤレスイヤホン。低音に適度な厚みがあるので、中高音域とのバランスも良好です。高音質コーデックaptXにも対応しており、さまざまなジャンルの音楽を十分に楽しめます。

また、約2時間フル充電すれば、最長15時間の連続再生が可能。充電ケースを使って2回のフル充電が可能なので、トータル45時間再生できます。通勤や通学などで、長時間音楽を聴きたい方にもおすすめです。使い勝手もよく、ケースから取り出した際には自動でスイッチのオンオフが切り替わります。Bluetooth5.0に対応しているので、接続の安定感も良好です。

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスヘッドホン ATH-CK3TW

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスヘッドホン ATH-CK3TW

音切れに強いQualcomm TrueWireless Stereo Plusに対応しているイヤホン。接続の安定性に優れたBluetooth5.0を採用しているため、街なかで音楽を聴くことが多い方にも適しています。

また、IPX2相当の防水性能を備えているので、汗をかきやすい方にもおすすめです。バッテリー持ちもよく、約2時間の充電で最大約6時間の連続再生が可能。充電ケースを使用すればトータル30時間も再生できるため、旅行などでも活躍します。

またケースから取り出すだけでスイッチが入り、イヤホン本体からの操作にも対応しているのもポイント。高音質なaptXコーデックにも対応しており、利便性にも音質にも優れた製品です。

オーディオテクニカ(audio-technica) Sound Reality ワイヤレスヘッドホン ATH-CKR7TW

オーディオテクニカ(audio-technica) Sound Reality ワイヤレスヘッドホン ATH-CKR7TW

高音質にこだわって設計されたサウンドリアリティシリーズのワイヤレスイヤホンです。専用の11mmドライバーを搭載。特に高音域の解像度が高く、タイトなチューニングで音の輪郭がはっきりと掴めます。

高音質コーデックAACとaptXに対応しているので、iOSやAndroid端末で音楽を聞く方にもおすすめ。バッテリーも高スタミナで、約2時間の充電で約6時間の連続再生が可能です。充電ケースを使えば、トータルで15時間の再生ができます。

オーディオテクニカ(audio-technica) SOLID BASS ワイヤレスヘッドホン ATH-CKS550XBT

オーディオテクニカ(audio-technica) SOLID BASS ワイヤレスヘッドホン ATH-CKS550XBT

重低音に比重を置いたソリッドバスシリーズのイヤホンです。9.8mmのドライバーを搭載しており、キレのあるタイトな低音と、透明感のある中高音域を鳴らせます。

また、約3時間の充電で約7時間の連続再生が可能。首にかけて持ち歩けるネックバンドタイプなので、通勤通学などにもおすすめです。

ハンズフリー通話にも対応しており、着信にも素早く応答できるのも魅力のひとつ。最大8台までのマルチペアリングに対応しているので、スマホ・パソコン・タブレットなど、複数のデバイスを使う方にもおすすめです。

オーディオテクニカ(audio-technica) Sound Reality ワイヤレスヘッドホン ATH-CKR700BT

オーディオテクニカ(audio-technica) Sound Reality ワイヤレスヘッドホン ATH-CKR700BT

本モデル専用設計の9.8mmドライバーを採用。高い解像度で再生できるソリッドリアリティシリーズのイヤホンです。ハイレゾ相当の音楽が楽しめるLDACやaptX HDといった高音質コーデックに対応。ワイヤレスでも高音質で再生できます。

また、接続安定性に優れたBluetooth5.0に対応しているため、街中での快適に使用可能です。2時間の充電で約7時間の連続再生が可能なロングバッテリーも魅力のひとつ。ネックバンドタイプで、使わないとき首にかけて持ち歩けるのもポイントです。

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン ATH-ANC400BT

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン ATH-ANC400BT

ノイズキャンセリング機能を搭載したイヤホンです。街中などの騒がしい環境でも集中して音楽を聞きたい方におすすめ。ノイズキャンセリングモードをオンにすることで周囲の音が聞こえにくくなり、音楽や通話に集中できます。

また、周囲の音をすぐに聞き取れるクイックヒアスルー機能を搭載しているのもポイント。イヤホンを付けたままでも、重要なアナウンスが聞き取れます。各操作はネックバンドコントローラーで簡単に操作可能です。

約3時間の充電で最大20時間の連続再生が可能なロングバッテリーもポイント。バッテリーが切れた場合も、USB Type-Cまたは3.5mmステレオミニジャックの有線接続に対応しているので、引き続き音楽を再生できます。

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスヘッドホン ATH-C200BT

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスヘッドホン ATH-C200BT

バランスが取れたサウンドが特徴的なイヤホンです。12mmのドライバーを搭載しており、透明感のあるフラットな音質です。周囲の音を聞き取りやすく圧迫感が軽減されているインナーイヤー型なので耳が疲れにくく、長時間快適に聴けます。

3時間の充電で最長約9時間の連続再生が可能なのも魅力のひとつ。持ち歩きやすいネックバンドタイプで、使わないときは首にかけられます。コントローラーが付いており手軽に操作できるので、通勤通学などにもおすすめです。