世界的にも有名な音響機器メーカー「オーディオテクニカ」は、多くのイヤホンを開発・販売しています。音質はもちろん、機能やフィット感などそれぞれに特徴をもったイヤホンが豊富にラインナップされているのが魅力。

しかし、種類が多すぎると何を基準にイヤホンを選んだらよいかわからなくなりがちです。そこで今回は、オーディオテクニカのおすすめイヤホンをご紹介します。各イヤホンの特徴を知って、自分に合うイヤホンを探す参考にしてみてください。

オーディオテクニカ(audio-technica)とは?

By: audio-technica.co.jp

オーディオテクニカは、1962年に設立された日本の音響・映像機器メーカーです。個人が使用する一般的なオーディオ機器だけでなく、レコーディングスタジオでも重宝されるプロ仕様の機材も製造しており、現在では日本を代表するオーディオメーカー「ソニー」と並ぶほどの知名度があります。

扱っている機器はマイク・スピーカー・アンプなど幅広いですが、そんな中でもラインナップが豊富に揃っているのがイヤホン。エントリーモデルとして最適なリーズナブルなモデルからプロ仕様の製品まで、さまざまなイヤホンを取り扱っています。オーディオテクニカを略した「オーテク」の愛称で親しまれ、世界中で愛用されるほどの人気があるオーディオメーカーです。

オーディオテクニカのイヤホンの特徴

By: audio-technica.co.jp

オーディオテクニカが販売しているイヤホンは多種多様。それぞれに特徴を持っていますが、多くのモデルが「オーテクサウンド」と呼ばれる音質を備えています。伸びやかで抜けのよい中高音域は爽やかな響きがあり、繊細な表現が可能です。各音域のバランスがよく、クリアで原音に忠実なサウンド再生ができるので、スタジオやDTM作業でも頻繁に使用されます。

また、オーディオテクニカのイヤホンは、音質ごとにシリーズ化されたイヤホンを数多く製造。より多くのユーザーに満足感を与えられる製品作りをしています。「SOLID BASSシリーズ」は特に有名で、迫力のある重低音サウンドが魅力です。その他にも高い解像度が特徴の「Eシリーズ」やオーテクサウンドを存分に味わえる「Sound Realityシリーズ」などが人気。好みにあわせてイヤホンが選べるのもオーディオテクニカの魅力です。

オーディオテクニカのイヤホンの選び方

接続方法をチェック

有線

By: amazon.co.jp

最近はBluetoothを利用したワイヤレスタイプのイヤホンが増えましたが、有線接続モデルも変わらず販売されています。ケーブルを使用する有線タイプのイヤホンであれば、Bluetoothのバージョンやコーデックに音質を左右されないほか、再生が途切れるトラブルもありません。

取り回しの面ではワイヤレスイヤホンに劣りますが、音質にこだわる方や連続再生時間を気にしたくない方におすすめです。

ワイヤレス

By: amazon.co.jp

Bluetooth対応のイヤホンであれば、ワイヤレスでの音楽鑑賞が可能。スマホやオーディオプレイヤーにケーブルを接続しなくてよいので、音楽鑑賞時でも自由に動き回れます。着け心地も軽いのでスポーツをする際にも最適です。

ただし、バッテリー残量をチェックしておかないと急な充電切れに悩まされるので注意が必要。購入する場合には、バッテリーでの最大使用可能時間をチェックしておくのがおすすめです。

装着方法をチェック

カナル型

By: amazon.co.jp

カナル型は、耳の穴にはめ込むタイプのイヤホンなので、強いフィット感と音漏れのしにくさが特徴です。重低音であってもしっかりと耳に届けられるので、臨場感のあるサウンドが楽しめます。

ただし、長時間使用時には圧迫感を感じやすく、耳が痛くなりやすいのがデメリット。快適に装着できないと感じた場合にはイヤーピースを交換して、耳にあうように調節するのがおすすめです。

インナーイヤー型

By: amazon.co.jp

インナーイヤー型のイヤホンは長時間の音楽鑑賞に向いています。耳の表面にイヤホンをひっかけて使用するので、圧迫感や耳への負担が軽めです。

カナル型のイヤホンと違って音漏れはしやすいですが、空間表現力を高める構造なので、空気感のあるサウンドが好みの方にはおすすめ。イヤホンの装着時間が長い方や、耳の穴にはめるカナル型が苦手という方にはおすすめのイヤホンです。

その他機能で選ぶ

By: audio-technica.co.jp

オーディオテクニカのイヤホンにはさまざまな機能を搭載したモデルが多く存在します。電車や周囲の騒音を軽減する「ノイズキャンセリング機能」は、音楽に集中したい場合に最適。ウォーキングやランニングなど、運動時に使用する場合や屋外での使用が多い場合には「防水機能」のあるイヤホンがおすすめです。

また、スマホと接続して音楽を楽しむ方であれば、「ハンズフリー通話」対応モデルが最適。音楽鑑賞中に着信があってもそのまま応答できて便利です。

オーディオテクニカのイヤホンおすすめモデル|有線

オーディオテクニカ(audio-technica) In-ear Headphones ATH-CKR100

オーディオテクニカ(audio-technica) In-ear Headphones ATH-CKR100

ノイズの少ない繊細なサウンドが特徴のカナル型有線イヤホン。音響特性に優れる高剛性チタニウムを採用し、13mmのドライバー2基によって高解像度サウンドの再生を実現しています。高音質なハイレゾ音源にも対応しており、原音に忠実でクリアなサウンド再生が可能。広域帯に渡って歪みの少ない原音を鳴らせます。

チタンらしい光沢で高級感を感じさせるボディは、所有している喜びを感じさせる美しいデザイン。「Sound Realityシリーズ」に属する解像度が高い精細なサウンドが好みの方におすすめのイヤホンです。

オーディオテクニカ(audio-technica) インナーイヤーヘッドホン ATH-CKS550X

オーディオテクニカ(audio-technica) インナーイヤーヘッドホン ATH-CKS550X

高音質なハイレゾ音源に対応したカナル型有線イヤホンです。リーズナブルな価格ながら、CD以上の情報量をもつハイレゾ音源の再生が可能。大口径の音導管で音の伝導率を向上しています。ドライバーには9.8mmの「SOLID BASS HDドライバー」を採用し、シリーズにふさわしいキレのある低音を再生可能。小型のボディから迫力のあるサウンドが楽しめます。

カナル型で耳の穴にはめ込むタイプなので、音漏れがしにくく外出先での音楽鑑賞に最適。電車での通勤・通学時に使うイヤホンとしておすすめです。イヤーピースはXS~Lまでの4サイズが付属しているので、耳にあわせて大きさを調節できます。

オーディオテクニカ(audio-technica) インナーイヤーヘッドホン ATH-CM707

オーディオテクニカ(audio-technica) インナーイヤーヘッドホン ATH-CM707

迫力ある低音再生を可能にしたインナーイヤー型有線イヤホン。新設計のレゾナンスダクト構造により、厚みのある低域サウンドを実現しています。開放感のあるインナーイヤー型ながら、しっかりとした低域再生が魅力。

中高音域は解像度が高くクリアなサウンド。コンパクトなボディに15.4mmの大口径ドライバーを搭載しており、精細なサウンド再生を可能にしています。筐体はアルミ合金素材を採用。軽量で軽快な装着感が得られ、デザインは高級感を感じさせます。ブッシュ部には弾性の強いエラストマーを使用し、装着感をアップ。リスニングポイントがずれるのを防ぎ、耳にしっかりとフィットします。

イヤホン本体から伸びているケーブルは0.6mですが、さらに0.6mの延長コードが付属。さらに、携帯時には付属のポーチに入れておけるので、鞄の中でケーブルがからんでしまうことを防げます。価格がリーズナブルなのにも関わらず、機能性に優れているのでコスパ重視の方におすすめです。

オーディオテクニカ(audio-technica) インナーイヤーヘッドホン ATH-SPORT3

オーディオテクニカ(audio-technica) インナーイヤーヘッドホン ATH-SPORT3

高い防水性能とフィット感が得られるカナル型有線イヤホン。水洗い可能なので、スポーツや仕事で汗をかいても安心して使用できます。ウォーキングやランニングはもちろん、アウトドアでの使用におすすめです。ケーブルは耳にあわせて形状を調節できる「360°フレキシブルハンガー」を採用。ぴったりと耳にフィットして、激しい動きにも対応してくれます。

付属のイヤーピースは「ファインフィットイヤピース」と「アクティブフィットイヤピース」の2種類。密閉感を高める通常のイヤーピースに加えて、外部音が聞き取りやすいように表面に凹凸がつけられたイヤーピースを状況に応じて使い分けられます。

ケーブルにはウェーブコードを採用しているので、からみにくくタッチノイズを軽減可能。付属の専用キャリングケースも水に強い仕様なので、スポーツ用やアウトドア用のイヤホンを探している方におすすめです。

オーディオテクニカ(audio-technica) インナーイヤーヘッドホン ATH-LS70

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスヘッドホン ATH-LS70

着脱式コード採用でリケーブル可能なカナル型有線イヤホン。1つのユニット内にドライバー2基を搭載しており、同時駆動することで振動板の歪みを軽減します。均一な音の放射により、透明感のあるサウンド再生を実現。クリアな中高音域と切れのある低音域が特徴です。

ケーブルにはワイヤーが内蔵されており、耳の形にあわせられます。高いフィット感が得られ、リスニングポイントがずれるのを防ぎます。高音質なサウンドを求めてリケーブルされる方や使用にともなくケーブルの劣化に備えておきたい方におすすめです。

オーディオテクニカのイヤホンおすすめモデル|ワイヤレス

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスヘッドホン ATH-CKS5TW

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスヘッドホン ATH-CKS5TW

重低音サウンドが楽しめる完全ワイヤレスイヤホン。「SOLID BASSシリーズ」に属するイヤホンで、小さなボディにも関わらず厚みと迫力ある低音再生が可能です。また、振動板に硬さの違う素材を組み合わせたことで、中高音域に鮮明さを持たせています。

イヤホンを充電ケースから取り出すだけでパワーがONになり、ケースにしまえば自動で電源OFFに。オートパワーON/OFF機能を搭載しているので、使い勝手がよく便利です。バッテリー性能は、1度フル充電しておけば約15時間の再生が可能。充電ケースを併用すれば最大で45時間の再生ができるので、頻繁に充電する必要がありません。

スマホやオーディオプレイヤーを使わずにイヤホン本体で音楽操作が可能。曲の再生・停止・音量コントロールに加えて、通話や終話も操作できます。急な着信にもすぐ応答できるので、スマホで音楽鑑賞をしている方におすすめのイヤホンです。

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスヘッドホン ATH-CKR7TW

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスヘッドホン ATH-CKR7TW
高音質を追求したハイエンドクラスの完全ワイヤレスイヤホンです。Bluetoothによって音声データを受信し、本体内部に搭載しているヘッドホンアンプでボリュームアップする構造。ノイズを抑えたクリアなサウンド再生を実現しています。

キレのある低音はこもることなく耳まで届くので、輪郭のしっかりとしたサウンドを体感可能。聴き取りやすいだけでなく迫力のある低音域が中高音域の鳴りを邪魔しないのがポイントです。各音域バランスよく再生されるので、長時間音楽を聴いても疲れにくい特徴があります。

本体に加えて充電ケースもコンパクトなので携帯性は抜群です。簡単操作で本体とケースのバッテリー残量が確認できる点も便利。スマホアプリの「Connect」を使用して好みの設定が行えるので、音質をカスタイマイズしたい方におすすめです。

オーディオテクニカ(audio-technica) アクティブノイズキャンセリングワイヤレスステレオヘッドホン ATH-BT08NC

オーディオテクニカ(audio-technica) アクティブノイズキャンセリングワイヤレスステレオヘッドホン ATH-BT08NC
有線・無線の両方に対応したノイズキャンセリングイヤホン。周囲の騒音を軽減する「ノイズキャンセリング機能」を搭載しており、音質を損なわないまま最大で90%の環境騒音を低減できます。飛行機内での使用やBluetoothに対応していない機器と接続する際に便利な専用アダプターと接続用コードが付属。ワイヤレスだけでなく有線タイプのイヤホンとしてもおすすめです。

ハンズフリー通話にも対応しているので、スマホと接続して使うイヤホンとしてもおすすめ。高音質なaptXコーデックやAACコーデックに対応しているので、ワイヤレス接続でも存分に音楽が楽しめます。Bluetooth接続は、最大で8台までのマルチペアリングに対応。外出時はスマホと接続し、自宅ではオーディオプレイヤーと接続するなど、頻繁に接続端末を切り替たい方におすすめです。

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスヘッドホン ATH-DSR5BT

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスヘッドホン ATH-DSR5BT

原音を忠実に再現する力に優れたネックバンド型ワイヤレスイヤホン。BluetoothのコーデックはaptX HDに対応しており、臨場感あふれるサウンドのワイヤレス伝送を実現しています。独自開発の高感度ドライバーにより、デジタルで送られた音声信号をダイレクトに音声へと変換。キレのあるクリアなサウンドが実感できます。

首に掛けるスタイルなので、長時間使用時も疲れにくいのがメリット。さらに、最大で8時間のバッテリー駆動ができます。解像度の高い「Sound Realityシリーズ」らしい繊細な音を体感したい方におすすめです。

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスヘッドホン ATH-CK200BT

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスヘッドホン ATH-CK200BT

リーズナブルな価格のネックバンド型ワイヤレスイヤホン。インラインコントローラーで音楽の再生・停止・音量コントロールが行えます。「ハンズフリー通話」にも対応しているので、着信時にはスマホを取り出さず、イヤホンのコントローラーで応答可能。低価格ながら充実の機能です。

バッテリー性能は約3時間でフル充電でき、最大で7時間の再生が可能。通勤・通学時の使用であれば、充電切れの心配もありません。ボディは軽く小さめで、密閉性を維持しながら周囲の音も聞き取りやすいセミオープン構造なので、耳への圧迫感が強いイヤホンは苦手という方におすすめです。