世界的にも有名な音響機器メーカー「オーディオテクニカ」は、多くのイヤホンを発売しています。音質はもちろん、機能やフィット感などさまざまな特徴のイヤホンが豊富にラインナップされているのが魅力。しかし、種類が多すぎてどれを選んだらよいかわからない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、オーディオテクニカのおすすめイヤホンをご紹介します。各イヤホンの特徴を知って、自分に合うモデルを探してみてください。

オーディオテクニカ(audio-technica)とは?

By: audio-technica.co.jp

オーディオテクニカは、1962年に設立された日本の音響映像機器メーカーです。個人が使用する一般的なオーディオ機器だけでなく、レコーディングスタジオでも重宝されるプロ仕様の機材も製造しています。

扱っている機器はマイクやスピーカー、アンプなどと幅広く、なかでもラインナップが豊富に揃っているのがイヤホンです。リーズナブルなモデルからプロ仕様の製品まで、さまざまなイヤホンを取り扱っています。オーディオテクニカを略した「オーテク」の愛称で親しまれ、世界中で愛用されるほどの人気があるオーディオメーカーです。

オーディオテクニカのイヤホンの特徴

By: amazon.co.jp

オーディオテクニカは、多数のイヤホンを幅広い価格帯で展開しているのが特徴です。オーディオテクニカのイヤホンは、抜けのよい中高音域を中心にした繊細で爽やかな「オーテクサウンド」と呼ばれる、独特の音質傾向を持っていることも挙げられます。

一方で、意図的に音質を変えたシリーズを出すことで、特定の傾向だけに偏ることなく、バランスの取れた製品群を展開。シリーズごとの音の違いを把握することで自分好みの傾向を絞ることも可能です。

また、音楽制作のプロが使うためのモニターイヤホンをはじめ、目的や用途に応じたイヤホンを種類別に用意。音楽鑑賞用のイヤホンも、有線と無線の両方で多数展開するとともに、通話用のヘッドセット機能、スポーツ用に適した防水タイプなど幅広く揃えています。

オーディオテクニカのイヤホンの選び方

接続方法をチェック

ワイヤレス

By: audio-technica.co.jp

スマホで音楽を聴くことが多い方から支持を集めている、Bluetooth規格によるワイヤレス接続。コードが煩わしくないのがメリットですが、音声データの圧縮を伴うため、音質的には不利な面もあります。また、音が出るまでにタイムラグが発生する場合もあるので、動画の再生用で使う際には注意が必要です。

Bluetoothの伝送規格であるコーデックには複数の方式があり、それぞれ圧縮の度合いや遅延の程度が異なります。CDを上回るハイレゾ相当の伝送が可能なLDACやaptX HDコーデックを採用しているモデルでは、ワイヤレスのなかでもハイレベルな音質が期待できます。

また、iPhoneはじめiOSデバイスで採用されているAACと、Android端末を中心に採用されているaptXが比較的に高音質で低遅延。接続したい再生機器が対応しているコーデックにあわせてイヤホンを選ぶのがポイントです。

有線

By: rakuten.co.jp

イヤホンの接続方式として、スタンダードなのが3.5mm径ステレオミニ端子による有線接続です。製品数が多く、価格帯も幅広いため、選択肢の多さがメリット。

ただし、スマホで使用する場合、3.5mm径イヤホンジャックの有無を確認しましょう。イヤホンジャックがない場合は、変換プラグが必要になります。マイク付きリモコンが付属するモデルであれば、音楽再生や通話の操作、ハンズフリー通話ができて便利です。

また、最近では左右の音の混ざり合いを防いで高音質化を図れる、2.5mmや4.4mm径端子の有線バランス接続イヤホンが登場しています。

装着方法をチェック

カナル型

By: amazon.co.jp

カナル型は、耳の穴にはめ込むタイプのイヤホンなので、強いフィット感と音漏れのしにくさが特徴です。重低音であってもしっかりと耳に届けられるため、臨場感のあるサウンドが楽しめます。

ただし、長時間使用時には圧迫感が気になりやすく、耳が痛くなりやすいのがデメリット。快適に装着できないと感じた場合にはイヤーピースを交換して、耳に合うように調節するのがおすすめです。

インナーイヤー型

By: amazon.co.jp

インナーイヤー型のイヤホンは長時間の音楽鑑賞に向いています。耳の表面にイヤホンをひっかけて使用するので、圧迫感や耳への負担が少なめです。

カナル型のイヤホンと違って音漏れはしやすいですが、空間表現力を高める構造なので、空気感のあるサウンドが好みの方にはおすすめ。イヤホンの装着時間が長い方や、耳の穴にはめるカナル型が苦手な方にはおすすめのイヤホンです。

シリーズで選ぶ

CKSシリーズ

By: amazon.co.jp

オーディオテクニカはシリーズごとに音質の特性が異なります。シリーズを重視して選ぶことで、自分好みの音質で音楽を楽しめるのでぜひチェックしてみてください。

CKSシリーズは比較的重低音のサウンドを再生するのが得意で、重めのビートを体感したい方におすすめ。CKSのSは「SOLID BASS」の意味で、独自の重低音サウンドシステムを搭載していることを指します。ロックやEDMなど迫力ある重低音を楽しみたい方は検討してみてください。

CKRシリーズ

By: audio-technica.co.jp

より生音に近い中高音域を再生できるCKRシリーズ。なかには40kHz以上の周波数帯に対応したハイレゾ音源を楽しめるモデルもラインナップしています。CKRのRは「High Resolution」「High Response」「Sound Reality」の意味で、より原音に近いリアルなサウンドを味わえます。

クラシックなどの金管楽器の音はもちろん、ボーカルの声も鮮明に聞き取れるのがポイント。比較的高価なモデルが多いので、とにかく音質にこだわりたい上級者の方におすすめのシリーズです。

E(旧:IM)シリーズ

By: audio-technica.co.jp

プロ向けのモニター仕様の製品をラインナップするE(旧:IM)シリーズ。細かい音を聞き分けたいときや原音をそのまま感じたいときに便利です。高い解像度を備えているのも魅力のひとつ。あらゆる楽器の音を聞き取りやすいだけでなく、プロの現場のレコーディングで用いられるほど高い再現性も備えています。

音に着色していないため、長時間リスニングしても疲れにくいのも利点。ライブの雰囲気をそのまま感じたい方やクラシックを好む方にもおすすめのシリーズです。

その他機能で選ぶ

By: audio-technica.co.jp

オーディオテクニカのイヤホンにはさまざまな機能を搭載したモデルが存在します。電車や周囲の騒音を軽減する「ノイズキャンセリング機能」は、音楽に集中したい場合にぴったり。ウォーキングやランニングなど、運動時に使用する場合や屋外での使用が多い場合には「防水機能」のあるイヤホンを選びましょう。

また、スマホと接続して音楽を楽しむ方であれば、「ハンズフリー通話」対応モデルがおすすめ。音楽鑑賞中に着信があってもそのまま応答できて便利です。

オーディオテクニカのイヤホンおすすめモデル|ワイヤレス

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスヘッドホン ATH-CKS5TW

迫力ある重低音サウンドを体感できる「CKSシリーズ」の完全ワイヤレスイヤホンです。ケーブルレスでコンパクト設計ながら、量感ある低音域の再生が可能。また、イヤホンは放射形状デザインを採用することで音抜けを低減し、あますことなく高音質を楽しめるのが特徴です。

「Qualcomm TrueWireless Stereo Plus」に対応しているのも魅力。左右独立伝送により音切れや遅延を低減します。ワイヤレスながら安定した再生ができるだけでなく、快適な動画視聴も可能です。

イヤホンにはシリコン素材のループ形状を採用。耳にしっかり固定できるので、激しい運動でも外れにくいのがポイントです。さらに、充電ケースとあわせて最大約45時間再生できる大容量バッテリーを内蔵。充電が面倒な方やスポーツシーンで使えるイヤホンを探している方におすすめです。

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン ATH-ANC300TW

高いノイズキャンセリング性能を備えた完全ワイヤレスタイプのイヤホン。左右のイヤホンにそれぞれ搭載されたノイズキャンセリング用マイクが周囲のノイズを拾います。さまざまな環境で音楽に集中できるのが特徴です。

左右独立伝送により、音切れや遅延を低減する「Qualcomm TrueWireless Stereo Plus」に対応しているのも魅力のひとつ。人混みのなかでも安定した再生が可能で、動画視聴にも適しています。

イヤホンを着けつつ周囲の音が聞ける「ヒアスルー機能」を搭載しているのもポイント。イヤホン単体で約4.5時間、充電ケースとあわせれば最大約18時間の再生ができるので、屋外でもバッテリー残量を気にせず使えます。

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスヘッドホン ATH-CK3TW

4色のカラーバリエーションをラインナップしたおしゃれな完全ワイヤレスイヤホン。コンパクト設計で高い装着性と遮音性を備えているのが特徴です。

「AUTO PAUSE/PLAY機能」を搭載しており、自動的に音楽を再生・停止できるのも魅力のひとつ。また、周囲のノイズを緩やかに低減する「Qualcomm Clear Voice Captureテクノロジー」を備えているので、屋外でもクリアで自然な通話ができます。

イヤホン単体で約6時間、充電ケースとあわせれば最大約30時間の再生が可能。持ち運んで使えるおしゃれなワイヤレスイヤホンを探している方におすすめです。

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスヘッドホン ATH-SPORT7TW

激しい運動中でも使えるスポーツシーンに適したワイヤレスイヤホンです。IPX5相当の防水性能を備えており、突然の雨はもちろん、運動時の汗からもイヤホンをしっかり保護します。

イヤホン単体で約3.5時間、充電ケースと併用で最大約17.5時間の再生が可能。タッチコントロールに対応しているので、デバイスを取り出さずに音楽や通話の操作もできます。周囲の音を取り込める「ヒアスルー機能」を搭載しているのもポイント。ランニング中でも安全に配慮しながら着用できます。

独自設計の4サイズのイヤーピースを同梱しており、耳のサイズに合わせてフィット感を選べるのも利点。スポーツシーンで使える利便性に優れたイヤホンです。

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスヘッドホン ATH-CKS660XBT

大容量バッテリーを内蔵した左右一体型のワイヤレスイヤホンです。わずか約2時間でフル充電が完了し、最大約20時間の連続再生が可能。約10分の充電で約2時間再生できる急速充電にも対応しているので、バッテリー残量を気にせず使えるのが特徴です。

音と映像のズレを低減する「低遅延モード」を備えているのも魅力のひとつ。ゲームや動画視聴も快適におこなえます。また、「φ9.8mm SOLID BASS HDドライバー」を搭載しており、迫力ある重低音サウンドを楽しめるのもポイントです。

メタルボディを採用し、共振の低減だけでなく高級感あるデザイン性も実現。音楽・映画鑑賞など幅広いシーンで使える汎用性の高いイヤホンです。

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスヘッドホン ATH-CKR300BT

比較的リーズナブルに購入できる、コスパに優れたスタンダードモデルのワイヤレスイヤホンです。シンプルな構造のため、扱いやすいのが特徴。φ9.8mmのドライバーユニットを搭載しているので、コンパクトボディながら高音質を楽しめます。

耳のサイズに合わせてフィット感が選べる4種類のイヤーピースを同梱しているのもポイント。S・M・Lに加えて、XSサイズも備えているので、耳の小さい方でも高い装着感を得られます。

約2時間の充電で最大約8時間の連続再生が可能。自宅での使用はもちろん、通勤・通学など屋外でもバッテリー残量を気にせず快適に使えるのも魅力です。

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン ATH-ANC400BT

ワイヤレス接続と有線接続の両方に対応した高性能なネックバンド型ワイヤレスイヤホン。左右のハウジングそれぞれに2つの集音マイクを搭載し、高精度なノイズキャンセリング処理をおこなえるのが特徴です。

φ12mmのパワフルなドライバーユニットを搭載し、量感ある低音から精細な中高音の再生が可能。周囲の音を聞きたいときすぐに確認できる「クイックヒアスルー機能」にも対応しているので、屋外でも安心して使用できます。

有線で接続すれば、ハイレゾの高音質再生も可能。ワイヤレスと有線を状況に応じて使い分けたい方におすすめのイヤホンです。

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスヘッドホン ATH-SPORT90BT

音楽プレーヤー機能を搭載した多機能な左右一体型ワイヤレスイヤホンです。イヤホン内部に4GBのメモリを内蔵しており、音楽再生デバイスを使わずに単体で音楽再生が可能。ランニングなどトレーニング時に身軽な状態で音楽を楽しめます。

イヤホンをつなぐケーブルはコードスライダーで自在に調節可能。運動中に気になるコードの揺れも減らせます。最大約8時間の連続再生ができる大容量バッテリーを内蔵しているのもポイント。ハウジング部にマグネットセンサーを搭載しており、左右のイヤホンを合わせるだけで音楽を停止して省電力を実現します。

身軽にランニングやトレーニングを楽しみたい方におすすめのイヤホンです。

オーディオテクニカのイヤホンおすすめモデル|有線

オーディオテクニカ(audio-technica) スマートフォン用インナーイヤーヘッドホン ATH-CKS550XiS

ハイレゾの高音質再生が可能な有線タイプのカナル型イヤホン。過渡特性に優れた「φ9.8mm SOLID BASS HDドライバー」を搭載しており、キレのある重低音サウンドを楽しめるのが特徴です。

小型設計ながら高い密閉性と装着性を備えているのも魅力のひとつ。長時間リスニングしても疲れにくいのもうれしいポイントです。また、スマートフォンの操作や通話ができるマイク付きリモコンを搭載しています。

内蔵されているマイクは相手の声が聞きやすく余計な音を拾わないため、テレワークや在宅勤務、ビデオ会議などビジネスシーンにもぴったり。利便性に優れたコスパのよいイヤホンを探している方におすすめです。

オーディオテクニカ(audio-technica) インナーイヤーヘッドホン ATH-CKS550X

CD以上の情報量をもつハイレゾの高音質再生に対応した有線イヤホン。40kHzまでの幅広い周波数帯の再生を可能にし、高精細でワイドレンジなサウンドを堪能できるのが特徴です。

過渡特性に優れた「φ9.8mm SOLID BASS HDドライバー」を搭載し、高精度なキレのある重低音サウンドを実現。さらに、大口径の音導管で音の伝導率を向上させることで、小型ボディながら迫力あるサウンドを楽しめます。

カナル型なので、音漏れしにくく通勤や通学などで使いやすいのも魅力のひとつ。イヤーピースはXSからLまで4サイズ同梱しており、耳のサイズに合わせてフィット感を調節できます。ハイレゾ対応のイヤホンとしては比較的リーズナブルに購入できるので、コスパを重視する方にもおすすめです。

オーディオテクニカ(audio-technica) インナーイヤーヘッドホン ATH-CKR100

ハイレゾの高音質再生に対応した高性能な有線イヤホン。高解像度な再生ができるパワフルなφ13mmドライバーを搭載し、幅広い周波数帯に対応しています。前後直進運動を向上させるアルミニウムスタビライザーを採用し、高いレスポンスと音の再現性を実現。原音を歪みなく忠実に再生できるので、よりリアルなサウンドを好む方におすすめです。

着脱式コネクタによってイヤホン部分が接続されているため、もしケーブルが断線しても交換可能。クリアな高音質サウンドを楽しめるハイスペックなモデルを探している方にピッタリです。

オーディオテクニカ(audio-technica) バランスド・アーマチュア型インナーイヤーヘッドホン ATH-E70

音楽制作やプロのレコーディング現場に適したモニター用「Eシリーズ」のハイグレードモデルです。独自開発したバランスド・アーマチュア型ドライバーを3基搭載しているのが特徴。低音域から中高音域までの広い範囲をバランスの取れたチューニングで再現します。

音響特性と耐久性を追求した独自の着脱コネクターを採用しており、断線しても交換可能。優れた遮音性を備えているのもポイントで、さまざまな環境で音楽に没頭できます。

調節可能な専用コードは耳の後ろから装着する方式のため、安定したフィット感を実現。カナル型ながら疲れにくい設計なので、長時間のリスニングにも適しています。

オーディオテクニカ(audio-technica) インナーイヤーヘッドホン ATH-SPORT10

激しい動きでも外れにくい、スポーツシーンに適した有線タイプのイヤホン。パワフルなφ8.8mmドライバーユニットを搭載し、スポーツ中でも迫力あるサウンドを楽しめるのが特徴です。

IPX5相当の防水性能を備えているのも魅力のひとつ。突然の雨や運動中の汗はもちろん、水洗いにも対応しているので、汚れても清潔に保てます。軽量設計で耳にフィットするイヤハンガーを採用。外れにくいだけでなく、長時間リスニングしても疲れにくいのもポイントです。

ほかのモデルに比べてリーズナブルに購入できるのも利点。スポーツシーンで使えるコスパに優れたイヤホンを探している方におすすめです。

オーディオテクニカ(audio-technica) ハイブリッド型インナーイヤーヘッドホン ATH-IEX1

バランスの取れた高音質サウンドを堪能できるハイエンドモデルの有線イヤホン。プッシュプル方式のダイナミック型とバランスド・アーマチュア型を組み合わせたハイブリッド型ドライバー構造を採用しているのが特徴です。

音の歪みを最小限に抑えて原音に忠実なサウンドを実現するダイナミック型と、高域の正確な再生を可能にするバランスド・アーマチュア型の特徴を併せ持っており、非常に繊細なサウンドを楽しめます。

独自のA2DCコネクターで着脱可能なケーブルは、3.5mmステレオミニプラグタイプと4.4mmバランスプラグタイプの2つを同梱。ハイレゾの高音質音源も手軽に堪能できます。ほかのモデルに比べて価格も高価なので、本格的なサウンドを楽しみたい上級者の方におすすめのイヤホンです。

オーディオテクニカ(audio-technica) インナーイヤーヘッドホン ATH-CM2000Ti

広がりのある高音質サウンドを体感できるインナーイヤー型の有線イヤホンです。音がこもりにくい開放的な設計を採用。快適な装着感も備えているので、長時間のリスニングにも適しています。

精密な切削チタニウムを採用したボディは、軽量ながら優れた音響性と剛性を実現。不要な共振を抑えて歪みのないクリアなサウンドを再生します。「φ15.4mm HDドライバー」を搭載し、全帯域で高解像度なサウンドを実現。4.4mmのバランス接続にも対応しています。

持ち運びや保管に便利なシープスキンの専用セミハードケースを同梱しているのもうれしいポイント。とにかく音質にこだわりたい上級者の方におすすめのイヤホンです。