世界的にも有名な音響機器メーカー「オーディオテクニカ」は、多くのイヤホンを発売しています。音質はもちろん、機能やフィット感などさまざまな特徴のイヤホンが豊富にラインナップされているのが魅力。しかし、種類が多すぎてどれを選んだらよいか分からない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、オーディオテクニカのおすすめイヤホンをご紹介します。各イヤホンの特徴を知って、自分に合うモデルを探してみてください。

オーディオテクニカ(audio-technica)とは?

By: audio-technica.co.jp

オーディオテクニカは、1962年に設立された日本の音響映像機器メーカーです。個人が使用する一般的なオーディオ機器だけでなく、レコーディングスタジオでも重宝されるプロ仕様の機材も製造しています。

扱っている機器はマイクやスピーカー、アンプなどと幅広く、なかでもラインナップが豊富に揃っているのがイヤホンです。リーズナブルなモデルからプロ仕様の製品まで、さまざまなイヤホンを取り扱っています。オーディオテクニカを略した「オーテク」の愛称で親しまれ、世界中で愛用されるほどの人気があるオーディオメーカーです。

オーディオテクニカのイヤホンの特徴

By: audio-technica.co.jp

オーディオテクニカは、多数のイヤホンを幅広い価格帯で展開しているのが特徴です。また、オーディオテクニカのイヤホンは、抜けのよい中高音域を中心にした繊細で爽やかな「オーテクサウンド」と呼ばれる独特の音質傾向を持っています。

一方で、意図的に音質を変えたシリーズを出すことで、特定の傾向だけに偏ることなく、バランスの取れた製品群を展開。シリーズごとの音の違いを把握することで、自分好みの傾向を絞ることも可能です。

また、音楽制作のプロが使うモニターイヤホンをはじめ、目的や用途に応じたイヤホンを種類別に用意。音楽鑑賞用のイヤホンも、有線と無線の両方で多数展開するとともに、通話用のヘッドセット機能付きのタイプや、スポーツ用に適した防水タイプなど幅広く揃えています。

オーディオテクニカのイヤホンの選び方

接続方法をチェック

ワイヤレス(Bluetooth)

By: amazon.co.jp

スマホで音楽を聴くことが多い方から支持を集めている、Bluetoothによるワイヤレス接続。コードが煩わしくないのがメリットですが、音声データの圧縮を伴うため、音質的には不利な面もあります。また、音が出るまでにタイムラグが発生する場合もあるので、動画の再生用で使う際には注意が必要です。

Bluetoothの伝送規格であるコーデックには複数の方式があり、それぞれ圧縮の度合いや遅延の程度が異なるため要チェック。CDの情報量を上回るハイレゾ相当の伝送が可能なLDACやaptX HDコーデックを採用しているモデルでは、ワイヤレスのなかでもハイレベルな音質が期待できます。

また、iPhoneをはじめとするiOSデバイスで採用されているAACと、Android端末を中心に採用されているaptXが比較的高音質で低遅延。接続したい再生機器が対応しているコーデックにあわせてイヤホンを選ぶのがポイントです。

有線

By: amazon.co.jp

イヤホンの接続方式としてスタンダードなのが、3.5mm径ステレオミニ端子による有線接続です。製品数が多く価格帯も幅広いため、選択肢の多さがメリット。また、なかには左右の音の混ざり合いを防いで高音質化を図れる、2.5mmや4.4mm径端子の有線バランス接続イヤホンもあります。

マイク付きリモコンが付属するモデルであれば、音楽再生や通話の操作、ハンズフリー通話ができて便利です。なお、スマホで使用する場合は3.5mm径イヤホンジャックの有無を確認しましょう。イヤホンジャックがない場合は変換プラグが必要になります。

装着方法をチェック

カナル型

By: audio-technica.co.jp

カナル型は、耳の穴に入れ込むタイプのイヤホン。優れたフィット感と音漏れのしにくさが特徴です。重低音もしっかりと耳に届けられるため、臨場感のあるサウンドが楽しめます。

ただし、長時間の使用時には圧迫感が気になりやすく、耳が痛くなりやすいのがデメリット。快適に装着できないと感じた場合にはイヤーピースを交換して、耳に合うように調節するのがおすすめです。

インナーイヤー型

By: amazon.co.jp

インナーイヤー型のイヤホンは長時間の音楽鑑賞に向いています。耳にイヤホンをひっかけて使用するので、圧迫感や耳への負担が少なめなのが特徴です。

カナル型のイヤホンと違って音漏れはしやすいですが、空間表現力を高める構造なので、空気感のあるサウンドが好みの方にはおすすめ。イヤホンの装着時間が長い方や、耳の穴にはめるカナル型が苦手な方にはおすすめのイヤホンです。

シリーズで選ぶ

CKSシリーズ

By: amazon.co.jp

オーディオテクニカはシリーズごとに音質の特性が異なります。CKSシリーズは比較的重低音のサウンドを再生するのが得意。重めのビートを体感したい方におすすめです。

CKSのSは「SOLID BASS」の意味で、独自の重低音サウンドシステムを搭載していることを指します。ロックやEDMなど迫力ある重低音を楽しみたい方は、検討してみてください。

CKRシリーズ

By: amazon.co.jp

より生音に近い中高音域を再生できるのがCKRシリーズです。なかには、40kHz以上の周波数帯に対応したハイレゾ音源を楽しめるモデルもラインナップ。CKRのRは「High Resolution」「High Response」「Sound Reality」に由来しており、より原音に近いリアルなサウンドを味わえます。

クラシックなどの金管楽器の音はもちろん、ボーカルの声も鮮明に聴き取れるのがポイント。比較的高価なモデルが多いので、とにかく音質にこだわりたい上級者の方におすすめのシリーズです。

E(旧:IM)シリーズ

プロ向けのモニター仕様の製品をラインナップするE(旧:IM)シリーズ。細かい音を聴き分けたいときや、原音をそのまま感じたいときに便利です。高い解像度を備えているのも魅力のひとつ。あらゆる楽器の音を聴き取りやすいだけでなく、プロの現場のレコーディングで用いられるほどの高い再現性も備えています。

音に着色していないため、長時間リスニングしても疲れにくいのが利点。ライブの雰囲気をそのまま感じたい方や、クラシックを好む方にもおすすめのシリーズです。

その他機能で選ぶ

ノイズキャンセリング機能

By: audio-technica.co.jp

ノイズキャンセリングとは、周囲の騒音を低減させる機能のことです。内藏のマイクで騒音を集音し、逆位相の音で打ち消す仕組み。気になるノイズを減らして、よりリスニングに集中できる環境を構築できます。音楽を聴く際の周りの騒音が気になる方は、ノイズキャンセリング機能を搭載したモデルを選んでみてください。

ただし、周囲の騒音を減らせるものの、駅などでの大切なアナウンスを聞き逃してしまう心配も。その場合は、外の音を取り込みながら音楽を楽しめる「ヒアスルー機能」もあわせてチェックしてみてください。

防水機能

By: audio-technica.co.jp

イヤホンのなかには、雨や汗による水濡れに対応可能な、防水機能を搭載したモデルがあります。突然の雨が心配な屋外でのスポーツやアウトドアレジャー、汗が気になるジムでのトレーニング時に安心して使えるのが魅力です。オーディオテクニカのイヤホンも、高い防水性能を備えたモデルをラインナップしています。

水洗いできるほどの優れた防水性を備えたモデルも存在。使用後に汚れが気になるときに、簡単にお手入れできます。

ハンズフリー通話対応

By: audio-technica.co.jp

ハンズフリー通話に対応したモデルなら、スマホを手に持つことなく、イヤホンの操作で通話の応答などができ便利。オーディオテクニカのハンズフリー対応イヤホンは、クリアな音質で通話できるモデルをラインナップしています。

ノイズリダクション機能モデルなら、周囲の不要な音を抑えて相手に声をしっかり届けられるのが特徴。また、自分の発した声が聴けるサイドトーン機能も便利です。イヤホンを装着していないときのような自然な感覚で通話ができます。

オーディオテクニカのイヤホンおすすめモデル|ワイヤレス(Bluetooth)

オーディオテクニカ(audio-technica) SOLID BASS ATH-CKS5TW

迫力ある重低音サウンドを楽しめる完全ワイヤレスイヤホンです。φ10mmドライバーを搭載することで、クリアかつフルレンジサウンドを実現。低音の厚みだけでなく、鮮明な中高音も楽しめます。

1回の充電で約15時間の再生、充電ケースと合わせれば最大45時間の再生が可能。充電の頻度を抑えて使えるのも魅力です。イヤホンを充電ケースから取り出すだけでデバイスに接続され、収納すれば自動で電源が切れます。

ロングバッテリー仕様の完全ワイヤレスイヤホンを探している方は、チェックしてみてください。

オーディオテクニカ(audio-technica) 完全ワイヤレスイヤホン ATH-SQ1TW

豊富な色展開で、ぴったりのカラーを

コロンとしたデザインがかわいらしい完全ワイヤレスイヤホンです。カラーバリエーションは6色をラインナップ。ベーシックなカラーからユニークなカラーまで揃っているので、自分にぴったりのモノを選べます。

音と映像のズレを低減できる「低遅延モード」を搭載しているのも魅力のひとつ。動画やゲームも快適に楽しめます。イヤホン単体で約6.5時間、バッテリーケースと合わせて約19.5時間の連続再生が可能です。

IPX4相当の防水性能を備えているのもポイント。おしゃれかつ機能性に優れた完全ワイヤレスイヤホンを探している方におすすめです。

オーディオテクニカ(audio-technica) Sound Reality ATH-CKR7TW

音にこだわって設計された完全ワイヤレスイヤホンです。自然な音場を実現する、ステンレス製のアコースティックレジスターを導管部に採用。強調の少ないナチュラルなサウンドを楽しめます。

イヤホン単体で約6時間、充電ケースと併用で約15時間の連続再生が可能。3段階のLEDで電池残量をひと目で確認できるのもうれしいポイントです。

シンプルデザインで、男女問わず使いやすいのもメリット。音質にこだわりたい方や、汎用性の高いモデルを探している方におすすめです。

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスイヤホン ATH-CK1TW

耳に装着しやすく、疲れにくい構造を採用している完全ワイヤレスイヤホン。耳とイヤホンがフィットする形状により、快適に付けられます。

小型ながら高性能な4.9mmドライバーを搭載し、迫力のあるサウンドを楽しめるのも魅力。また、IPX5/7相当の防水性能を備えており、水濡れに強く、使用後にそのまま水洗いも可能です。

手のひらに収まるコンパクトな充電ケースが付属。イヤホンをケースから取り出しやすい角度に設計されているのが魅力です。

オーディオテクニカ(audio-technica) Sound Reality ATH-CKR70TW

あらゆる環境で音楽に集中できる

豊かな音場を表現する高音質設計のφ5.8mmドライバーを搭載した完全ワイヤレスイヤホン。高音質・低遅延コーデックであるaptXとAACの両方に対応しており、あらゆるデバイスで高音質サウンドを楽しめます。繊細な中高音もしっかりと表現可能です。

「Qualcomm cVc テクノロジー」を搭載することで、周囲の雑音を低減して高品質なハンズフリー通話ができるのも魅力のひとつ。ミュート機能も備えているので、通話中に音が伝わらないように瞬時に切り替えられます。また、高い遮音性に加えてノイズキャンセリング機能を搭載しており、あらゆる環境で音楽に集中できるのもメリットです。

IPX4相当の防水性能を備えているのもうれしいポイント。突然の雨や汗からイヤホンを保護できます。

オーディオテクニカ(audio-technica) QUIETPOINT ATH-ANC400BT

ネックバンドスタイルのワイヤレスイヤホンです。しなやかさのあるエラストマー素材のネックバンドを採用。耳に自然にフィットしやすいボディ形状と相まって、快適な装着感を実現しています。

高品質なノイズキャンセリング機能を搭載しているのもポイント。音楽に集中したいときに役立ちます。また、aptX HDやAACなどのコーデックに対応。ワイヤレスでも優れた音質で音楽を楽しむことが可能です。

そのほか、ハイレゾ音源にも対応。サウンドにこだわりたい方はぜひチェックしてみてください。

オーディオテクニカ(audio-technica) SOLID BASS ATH-CKS330XBT

1日中バッテリー残量を気にせず使用できる

約2時間のフル充電で、最大約20時間の連続再生ができるワイヤレスイヤホンです。もしバッテリーが切れても、わずか約10分の充電で2時間の連続再生が可能。1日中バッテリー残量を気にせず使用できるのが特徴です。

また、音と映像のズレを抑制できる「低遅延モード」を搭載しているのも魅力のひとつ。スマホで動画やゲームを楽しみたい方にもおすすめです。φ5.8mm SOLID BASS HDドライバーを搭載しているのもポイント。キレのある重低音サウンドを体感できます。

比較的リーズナブルに購入できるので、コスパを重視している方もチェックしてみてください。

オーディオテクニカ(audio-technica) SOLID BASS ATH-CKS660XBT

迫力ある重低音サウンドが楽しめる完全ワイヤレスイヤホンです。専用設計の「φ9.8mm SOLID BASS HDドライバー」を搭載。メタルボディとの相乗効果でパワフルな重低音をリスニングできます。

約2時間のフル充電で約20時間の連続再生を実現しているのも魅力のひとつ。もしバッテリーが切れても、わずか約10分の充電で約2時間の連続再生ができます。音と映像のズレを低減できる「低遅延モード」を搭載。スマホやタブレットで動画を楽しみたい方にもおすすめです。

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスイヤホン ATH-CKSXBT SVN

約2時間のフル充電で最大約20時間の連続再生ができる、ネックバンド型のワイヤレスイヤホンです。もしバッテリーが切れても、わずか約10分の充電で約2時間の連続再生が可能。バッテリー残量を気にせずに、1日中音楽を楽しめます。

耳に自然にフィットするボディ形状も魅力のひとつ。長時間でも快適なリスニング環境を実現します。音と映像のズレを低減できる「低遅延モード」を搭載しているので、スマホで動画やゲームを楽しみたい方にもおすすめです。

「STUDIO SEVEN」とのコラボ製品でスタイリッシュなデザインも魅力。比較的リーズナブルに購入できるので、コスパを重視している方にもおすすめです。

オーディオテクニカ(audio-technica) Sound Reality ATH-CKR700BT

ワイヤレスながらハイレゾ相当のサウンドを楽しめるワイヤレスイヤホン。高音質コーデックのLDACやaptX HDに対応しています。音質にこだわりたい方におすすめです。

4サイズのイヤーピースを付属しており、自分好みのフィット感に調節できるのも魅力。また、音響特性に優れたアルミニウムハウジングを採用しているので不要な振動を抑制し、鮮明なサウンドを楽しめます。

約2時間の充電で最大約7時間の連続再生が可能。高級感のあるデザインもポイントです。音質やデザイン性など、幅広い面で優れたハイエンドモデルを探している方はチェックしてみてください。

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスイヤホン ATH-C200BT

φ12mmの高性能ドライバーを搭載したワイヤレスイヤホンです。ワイドレンジの再生に対応しており、深みのある低音と抜け感のある中高音を実現。密閉感もありながら周囲の音も聞き取りやすい「セミオープン構造」を採用しているのが特徴です。

長時間のリスニングでも疲れにくい、エルゴノミックデザインを採用しているのも魅力。コンパクトボディなので、耳の小さな方でもフィットしやすい仕様です。

約3時間の充電で約9時間の連続再生が可能。比較的リーズナブルに購入できるため、コスパを重視している方もチェックしてみてください。

オーディオテクニカ(audio-technica) SONICSPORT ATH-SPORT90BT

音楽プレーヤー機能を内蔵したワイヤレスイヤホンです。4GBのメモリに自分の好きな音楽を入れて、ハンズフリーで音楽に集中できるのが特徴。スマホなどを持ち運ぶ必要がないので、ランニングやジムなどスポーツシーンに適しています。

4種類のイヤーフィンとイヤーピースを同梱しているので、自分の耳に合ったフィット感に調節可能。左右のイヤホンを繋ぐコードは「コードスライダー」で長さ調節ができるため、運動中でもコードの揺れが気になりません。

内蔵されている音楽だけでなくBluetoothによるワイヤレス再生にも対応。シーンに応じて使い分けられる汎用性の高いおすすめモデルです。

オーディオテクニカのイヤホンおすすめモデル|有線

オーディオテクニカ(audio-technica) SOLID BASS ATH-CKS770X

重厚感のあるサウンドをリスニングできる有線イヤホンです。大口径のφ11mm SOLID BASS HDドライバーを搭載することで、迫力のある重低音サウンドを実現。ハイレゾにも対応しているため、深みのあるサウンドでハイレゾ音源を楽しめます。

不要な共振を低減できる「切削無垢アルミニウムエンクロージャー」を採用しており、歪みのないクリアなサウンドを楽しめるのもポイント。専用のポーチが付属しているので、持ち運びにも適しています。4サイズのイヤーピースを付属しており、耳の形や大きさに合わせてフィット感を調節できるのも魅力です。

オーディオテクニカ(audio-technica) SOLID BASS ATH-CKS550X

キレのある重低音サウンドを実現する、φ9.8mm SOLID BASS HDドライバーを搭載した有線イヤホンです。高精度設計の磁気回路により、ドライバーの駆動力と制動力を向上。重低音を楽しめるだけでなく高音域の再生にも対応します。

ハイレゾ音源に対応しているのも魅力。スタンダードモデルながらレベルの高いサウンドを体感できます。4色のカラーバリエーションをラインナップしており、好みに合わせて選べるのもポイント。音質・デザインともに妥協したくない方におすすめです。

オーディオテクニカ(audio-technica) イヤホン インナーイヤー型 ATH-CM707

音の厚みを補完することで、迫力のある低音サウンドを実現する有線イヤホンです。インナーイヤータイプながら、低音が抜けにくい「レゾナンスダクト構造」を採用。低域を重視したい方におすすめです。

また、ハウジングには削り出しのアルミ合金を採用し、軽量化を実現。φ15mmドライバーの搭載により、優れた中高音域の再生もできます。本体を収納できるレザーケースを同梱しており、持ち運びに適しているのもポイントです。

屋外で高音質サウンドを楽しみたい方は、チェックしてみてください。

オーディオテクニカ(audio-technica) Sound Reality ATH-CKR70

大口径11.8mmドライバーを搭載することで、高解像度なハイレゾ再生に対応した有線イヤホン。ボーカルの中高音域の再生に優れており、リリックのある楽曲全般をクリアに楽しめます。

また、ハウジングには削り出しのアルミ合金を採用。軽量かつ高耐久なので、ハードな使用にも耐えられます。カナル型を採用することで高い密閉性を実現し、装着感に優れているのもポイント。カラーバリエーションは5色をラインナップしているので、好みやファッションに合わせて選べます。

ハイレゾ対応モデルながら比較的リーズナブルに購入できるため、コスパを重視したい方もチェックしてみてください。

オーディオテクニカ(audio-technica) Sound Reality ATH-CKR50

高い制振性を実現する「真鍮スタビライザー」を採用した有線イヤホンです。豊かな低音からクリアな中高音域の再生を可能にするφ12.5mmドライバーを搭載。バランスの取れたサウンドを楽しめます。

カナル型を採用しており、優れた遮音性と装着性を実現。あらゆる環境で音楽に集中できます。専用のポーチが付属しているので、安心して持ち運びできるのもポイント。6色のカラーバリエーションをラインナップしているため、デザインを重視したい方にもおすすめです。

オーディオテクニカ(audio-technica) SONICSPORT ATH-SPORT10

スポーツシーンに適した有線イヤホンです。IPX5相当の防水性能により、汗や雨に強いだけでなく、汚れても水で洗って清潔に保てるのが特徴。軽量設計なので、長時間の使用でも快適さをキープできます。

パワフルなサウンドが楽しめるφ8.8mmドライバーを搭載。運動中でも響くような重低音をリスニングできます。遮音性に優れたイヤピースと、外部音を聞き取りやすいイヤピースの2種類を同梱。利用シーンに合わせて使い分けられます。

オーディオテクニカ(audio-technica) モニターイヤホン ATH-E70

原音に忠実なサウンドをリスニングできるモニタリングイヤホンです。優れた分解能の緻密な音場により、ライブステージやミキシングなどあらゆるシーンにおいて繊細なサウンドを再現。細かい音まで聴き逃がせないプロの現場にもおすすめです。

また、低音・中音・高音用にそれぞれ1基ずつバランスド・アーマチュアドライバーを搭載。全帯域で高品質なサウンドを実現できます。遮音性に優れており、音楽に集中できるのもポイント。モニターライクなサウンドを好む方はチェックしてみてください。

オーディオテクニカ(audio-technica) インナーイヤーヘッドホン ATH-LS50

幅広い帯域に対応し、バランスの取れた有線イヤホン。優れた遮音性を実現し、あらゆる環境で音楽に集中できるのが特徴です。

ドライバーの歪みを低減することで音を均一化し、スピード感と重量感のある低音を実現。また、ステンレスと合成樹脂による「ハイブリッド導管」により、高音域もクリアに再現します。A2DCコネクターを採用した着脱式コードで、万が一断線しても安心です。

高性能ながら比較的リーズナブルに購入できるので、コスパを重視している方もチェックしてみてください。

オーディオテクニカ(audio-technica) イヤホン ATH-CM2000Ti

4.4mmバランス接続に対応した高性能な有線イヤホンです。「高純度銅線6N-OFC」を採用したA2DC着脱ケーブルにより、音質をカスタマイズ可能。φ3.5mmステレオミニプラグのコードも付属しているので、用途に応じて使い分けられます。

また、音がこもりにくい仕様で、開放感のあるサウンドを楽しめるのも魅力のひとつ。耳への負担も少ないので、長時間のリスニングにも適しています。とにかく音質にこだわりたい方は、チェックしてみてください。

オーディオテクニカ(audio-technica) Sound Reality ATH-CKR90

φ13mmとφ10.4mmの2種類のドライバーを搭載した有線イヤホン。異口径ドライバーにより高音域の再現性を高め、ハイレゾ音源の繊細なサウンドを楽しめるのが特徴です。

また、アルミニウムスタビライザーにより、高レスポンスかつ忠実なサウンドを再生可能。4サイズのイヤピースを同梱しているので、適したフィット感に調節できます。専用のケースが付属しており、安心して持ち運べるのもポイントです。

A2DC着脱式コネクターを採用しているので、断線しても安心。音質にこだわりたい方はチェックしてみてください。