通勤や通学で音楽を楽しむのに活躍する「イヤホン」。外で音楽を聴く際に便利なアイテムですが、音量を上げすぎると音漏れが起き、周囲の迷惑になってしまうことがあります。トラブルを防ぐためには、音量を上げすぎないほか、遮音性に優れたイヤホンを選ぶことが大切です。

そこで今回は、音漏れしにくいおすすめのイヤホンをご紹介します。選び方もあわせて解説するので、購入を検討している方はチェックしてみてください。

イヤホンから音漏れする原因

イヤホンの構造と装着性

By: amazon.co.jp

イヤホンの装着方法としては、耳に軽くはめ込むように装着するインナーイヤー型と、耳栓のように耳の穴に差し込んで装着するカナル型の2つが一般的です。

インナーイヤー型は、耳孔を塞がないため、音漏れしやすい構造を取っています。ユーザーは音楽と一緒に周囲の音が適度に聞こえますが、外部にはイヤホンの背面から音が漏れがちです。一方のカナル型は、密閉型とも呼ばれているタイプ。高い遮音性を備えているほか、外部への音漏れも防げるのが特徴です。

なお、イヤホンの形状によらず、イヤホンと耳の穴の間に隙間ができるほど、音漏れは大きくなってしまいます。音漏れを防ぐには、隙間ができにくいイヤホンを選びましょう。

音量の上げすぎと周波数

By: amazon.co.jp

イヤホンから音漏れする原因のひとつとして、音量の上げすぎが挙げられます。いくら音漏れを防ぐ構造のイヤホンを適切に装着していても、大きすぎる音量で聴けば音漏れが起きるので注意が必要です。

大音量の音楽を耳元で聴き過ぎると、耳の疲れや難聴を引き起こす場合もあります。周囲への配慮だけでなく、自分の耳を守るためにも音量の上げすぎには注意しましょう。

また、音漏れが気になる方は、再生音の周波数も要チェック。特に1kHzを超える高音は音漏れしやすいため注意が必要です。音質調節ができるイヤホンやプレーヤー、アプリを使って、高音を抑えて聴くのもおすすめです。

音漏れしにくいイヤホンの選び方

インナーイヤー型よりカナル型がおすすめ

By: amazon.co.jp

カナル型のイヤホンは、イヤーチップやイヤーピースと呼ばれるモノを、耳の中に入れるようにして装着します。インナーイヤー型に比べて密閉性が高く、音漏れが少ないため、低音や細かい音が聞き取りやすいのが特徴です。

耳栓のように耳の内部に入れ込むので、自分の耳にあっていないと違和感を覚える場合があります。イヤーピースにはさまざまなサイズがあるため、自分の耳にあったモノを選ぶようにしましょう。

安価すぎるイヤホンは避ける

イヤホンの価格は幅広く、安価な製品であれば100円ショップでも購入可能です。しかし、安価な製品は密閉性や遮音性が低いモノが多く、音漏れしやすい傾向があります。

最近は、安価で性能のよい製品も増えてきていますが、音漏れのことを考えるなら、安すぎるイヤホンは避けるようにしましょう。

付属のイヤーピースの素材や形状をチェック

By: amazon.co.jp

音漏れしにくいイヤホンを選ぶ際は付属するイヤーピースのタイプにも注目。主にシリコンタイプとフォームタイプの2種類があるので、用途や好みに応じて選びましょう。

シリコンタイプのイヤーピースは耐久性が高く、水洗いも可能なので長期間使用できるのが特徴。音質のバランスは良好ですが、フィット感が悪いと音漏れしやすいため、複数のサイズから自分の耳に合ったモノを選ぶのがおすすめです。

フォームタイプのイヤーピースは低反発ウレタンを素材に採用し、押しつぶしてから耳の中に入れることで高いフィット感と遮音効果が得られるのが特徴。定期的に交換する必要はありますが、中低音の押し出しが強くなるので低音重視の方に適しています。

イヤホンによっては付属品以外のイヤーピースを交換して装着できるモデルがあるのもポイント。付属品が耳に合わない場合やより高い音質を求める場合は、別売りのイヤーピースを購入してみましょう。

イヤーピースについて詳しく知りたい方はこちら

音漏れしにくいイヤホンのおすすめモデル|ワイヤレス

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WF-1000XM4

低域から高域までの幅広いノイズを低減できる、高性能なノイズキャンセリング機能を搭載した完全ワイヤレスイヤホンです。イヤホンと耳の接触面が大きく、耳の凹凸に干渉しにくい形状の「エルゴノミック・サーフェス・デザイン」を採用。高い装着安定性を実現し、音漏れも気にせず音楽を楽しめます。

また、ワイヤレスでもハイレゾ音質を楽しめるLDACコーデックに対応しているのも魅力。圧縮音源をハイレゾ相当の高音質で再生できる「DSEE Extreme」を搭載しているのもポイントです。

マイクとセンサーを制御することで、高度な音声処理を施す「ボイスピックアップテクノロジー」を備えているため、快適な音声通話ができるのもメリット。機能性・音質ともに優れたモデルを探している方におすすめです。

ソニー(SONY) ワイヤレスステレオヘッドセット WF-C500

専用アプリ「Headphones Connect」と連携することで、好みの音質にカスタマイズできる完全ワイヤレスイヤホンです。重低音の量感の上げ下げもできるため、音漏れを気にしている方も自分で調節可能。高い装着安定性を実現する形状設計「エルゴノミック・サーフェス・デザイン」を採用しているので、快適に装着できます。

また、ストリーミング再生やMP3などの圧縮音源をCD相当の高音質で楽しめる、独自の「DSEE」を搭載しているのも魅力。イヤホン単体で10時間、充電ケースと合わせて20時間の再生が可能なロングバッテリー仕様のため、長時間音楽をリスニングしたい方にもおすすめです。

比較的リーズナブルに購入できるので、コスパを重視している方もチェックしてみてください。

アップル(Apple) AirPods Pro MLWK3J/A

iPhoneやiPadを手掛けるAppleが販売している完全ワイヤレスイヤホンです。耳に馴染みやすいイヤーチップを同梱。密閉性を高めているため、周囲のノイズを低減できるだけでなく、音漏れも気にせず音楽を楽しめます。

また、アクティブノイズキャンセリングにより、周囲のノイズを低減して、さまざまな環境で音楽に集中できるのも魅力。加えて、周囲の音をイヤホン内に取り込める外部音取り込みモードも備えているので、周囲の状況に気を配りながら音楽をリスニングできます。

自動デバイス切り替え機能の搭載により、iPhone・iPad・Macなどアップルデバイス間の切り替えをシームレスに行えるのもポイント。Apple製品を愛用しているユーザーにおすすめのイヤホンです。

ビーツ(Beats) Beats Studio Buds MJ4X3PA/A

コロンとした丸っこいデザインが魅力の完全ワイヤレスイヤホン。周囲のノイズを低減できるアクティブノイズキャンセリングと、イヤホンを付けながら周囲の状況を把握できる、外部音取り込みモードをシーンに応じて切り替えられるのが特徴です。

3サイズのイヤーチップを同梱しているため、自分の耳に合ったフィット感に調節でき、音漏れを低減できるのも魅力。IPX4相当の防水性能を備えているのもポイントです。

また、独自の「アコースティックプラットフォーム」により、パワフルかつバランスの取れたサウンドをリスニング可能。音質にこだわりたい方にもおすすめです。

アンカー(ANKER) Soundcore Liberty Air 2 Pro

周囲の環境に合わせてノイズキャンセリングの強度を調節できる「ウルトラノイズキャンセリング」を搭載した完全ワイヤレスイヤホン。9種類のサイズのイヤーチップを同梱しているため、自分の耳に合ったフィット感に調節でき、音漏れを気にせず音楽を楽しめます。

ノイズリダクション機能を搭載したマイクを備えているので、高品質な音声通話が可能。専用アプリを使うことで、高音と低音を自由にカスタマイズできるのも魅力です。

片耳のみで音楽を楽しめるモノラルモードを備えているのもポイント。多機能モデルとしては比較的リーズナブルに購入できるため、コスパを重視したい方にもおすすめです。

ファイナル(final) ZE3000 FI-ZE3DPLTW

「f-LINKダンピング機構」により有線イヤホンと同等の自然な音作りを実現した完全ワイヤレスイヤホン。加えて、超低歪ドライバーユニット「f-Core for Wireless」を搭載し、音を明瞭に聞き分けられるのが特徴です。

また、5サイズの豊富なイヤーピースを同梱しており、自分の耳に合ったフィット感に調節できるのも魅力。遮音性・密閉性を高めるため、音漏れも気にせず音楽を楽しめます。

充電ケースのふたを開けるだけでペアリングできる「オートペアリング機能」を備えているのもポイント。装着感の優れた高音質モデルを探している方におすすめです。

ジャブラ(Jabra) 完全ワイヤレスイヤホン Elite 85t

12mmのスピーカーを搭載し、コンパクトながらパワフルなサウンドを楽しめる、おすすめの完全ワイヤレスイヤホン。11段階でサウンドレベルを調節できるアクティブノイズキャンセリングと、周囲の音を取り込める「HearThrough」を搭載しているのが特徴です。

3サイズのイヤーチップを同梱しており、優れたフィット感を得られるだけでなく、音漏れを低減できるのも魅力。IPX4相当の防水性能を備えているのもポイントです。

イヤホン単体で最大7時間、充電ケースと合わせて最大31時間再生できるロングバッテリーを内蔵。充電が切れても15分の急速充電で1時間再生できます。

ヤマハ(YAMAHA) イヤホン TW-E3B

音量に応じて音のバランスを調節する独自の「リスニングケア」を搭載した完全ワイヤレスイヤホンです。小さいボリュームでも低域と高域のバランスが取れた自然で聴きやすいサウンドを実現可能。音量を上げなくてもしっかり音が聴けるため、周囲への音漏れを気にせず音楽を楽しめます。

また、左右のイヤホンに直接音声データを伝送し、安定した接続を実現する「左右独立通信テクノロジー」に対応しているのも魅力。音切れしにくく、快適に音楽をリスニングできます。

耳にしっかり装着できるコンパクトサイズのハウジングにより、高い密閉性を実現。物理的にも音漏れを低減できます。豊富なカラーバリエーションをラインナップしているのもポイントです。

音漏れしにくいイヤホンのおすすめモデル|有線

ソニー(SONY) 密閉型インナーイヤーレシーバー MDR-XB55

重低音サウンドのグルーヴ感を余すことなく感じられる「ベースブースター」を搭載したカナル型の有線イヤホンです。16mmドライバーユニットと同じドーム面積の独自開発12mmドライバーを採用。加えて、高磁力ネオジウムマグネットを搭載することで、小型ながら高感度かつ歪みの少ない音響特性を実現しています。

耳の奥まで装着でき、高い遮音性と装着性を実現する「アングルドイヤーピース方式」を採用しているのも魅力。からみの原因である摩擦を低減する「セレーションケーブル」により、快適に持ち運べるのもおすすめポイントです。また、持ち運びしやすいキャリングポーチが付属しています。

リーズナブルに購入できるため、コスパを重視したい方はチェックしてみてください。

ソニー(SONY) ステレオヘッドホン IER-M9

バランスド・アーマチュア・ドライバーを5基搭載した高音質設計の有線イヤホンです。ボーカルや各楽器のバランス、リズムの立ち上がりなど、正確に把握できる再生能力を実現。スムーズな高音域レスポンスにより、演奏の細かいニュアンスまでしっかり再現できます。

自然な高音をロスなく耳に伝える「オプティマイズドサウンドパス構造」を採用しているのも魅力。また、遮音性を追求した「ノイズブロック構造」を採用し、ノイズの低減だけでなく、音漏れを抑制できるのもポイントです。

合計13種類のイヤーピースを同梱しているため、自分の耳に合ったフィット感に調節できるのもメリット。とにかく音質にこだわりたい方にもおすすめです。

シュア(SHURE) 高遮音性イヤホン SE215 Special Edition SE215SPE-A

周囲のノイズをカットしてクリアなサウンドに集中できる高遮音性設計の有線イヤホンです。最大37dBまでノイズをカットできると謳われており、ノイズが入りにくい仕様。低域を強調した周波数特性にチューニングされており、迫力のあるサウンドを楽しめます。

また、カスタムフィットキットのイヤパッドにより、耳にしっかりフィットしやすいのも魅力。長時間着用しても外れにくく、快適なリスニング体験を実現できます。

高耐久な「Kevlar素材」の強化ケーブルは、曲がり具合を保持する機能を搭載。耳の上側に掛けるいわゆる「SHURE掛け」にも対応しています。

シュア(SHURE) 高遮音性イヤホン AONIC 5 SE53BA+UNI-A

3基の高解像度バランスドアーマチュアドライバーを搭載した高遮音性の有線イヤホンです。クリアで自然な低域を備えた正確な空間表現が魅力。周囲のノイズを最大37dB遮断すると謳われている「高遮音性テクノロジー」の採用で、周囲のノイズが聞こえにくいだけでなく、音漏れもしにくい仕様です。

また、人間工学に基づいた薄型設計で、快適なフィット感を実現しているのも魅力。バランス・ウォーム・ブライトの特性を持つノズルを採用することで、好みのサウンドにチューニングできます。

iPhone・Androidの両方のデバイスと互換性があるのもポイント。汎用性の高い高音質モデルを探している方にもおすすめです。

ゼンハイザー(SENNHEISER) インイヤーモニタリングイヤホン IE 100 PRO

低音から高音まで一貫した周波数レスポンスを実現し、しっかりモニタリングできる有線タイプのモニターイヤホンです。フラットなデザインにより、長時間でも優れた装着感を実現。ダイナミックな10mm広帯域トランスデューサーを採用することで、パワフルかつ正確なモニタリングが可能です。

また、ダイナミックドライバーシステムにより、均質かつ歪みのない再生を実現しているのも魅力。音響的ストレスを低減して、快適に音楽を楽しめます。

3サイズのイヤーピースを同梱しており、自分の耳に合ったフィット感に調節できるのもおすすめポイント。「パッシブ・ノイズ・キャンセリング機能」を搭載しているので、長時間着用しても快適さをキープできます。

JVCケンウッド(KENWOOD) WOOD インナーイヤーヘッドホン HA-FW1500

木製のウッドドーム振動板を採用し、高音質と上質なデザインを両立している、おすすめの有線イヤホン。独自の音質チューニングにより、上質な低域と澄んだ高域を実現し、リアルな高音質サウンドを楽しめるのが特徴です。

また、独自のウッドドームカーボン振動板により、美しい音色と緻密な表現を実現しているのも魅力。ユニット前面に不要な音を拡散するドットを配置した独自の「アコースティックピュリファイアー」を採用しており、透明感のあるサウンドを楽しめます。

音質はもちろん、見た目にこだわりたい方にもおすすめです。

ファイナル(final) カナル型イヤホン E3000 FI-E3DSS

音響工学と心理学を踏まえた音質設計をしたと謳われている、おすすめの有線イヤホンです。イヤーピースを左右に振れる独自の「スウィングフィット機構」を採用し、耳道の傾きにフィットしやすいのが特徴。音がダイレクトに鼓膜に伝わるため、クリアなサウンドを楽しめます。

また、不要な振動を抑えた「ステンレス切削高剛性筐体」により、優れた音質を実現しているのも魅力。5サイズのイヤーピースを同梱しているので、フィット感を調節でき、音漏れを低減できるのもおすすめポイントです。

リーズナブルに購入できるため、コスパを重視している方はチェックしてみてください。