通勤や通学で音楽を楽しむのに必須のアイテム「イヤホン」。外で音楽を聴く際に便利なアイテムですが、音量を上げすぎると音漏れが起き、周囲の迷惑になってしまうことがあります。トラブルを防ぐためには、音量を上げすぎないほか、遮音性に優れたイヤホンを選ぶことが大切です。

そこで今回は、音漏れしにくいおすすめのイヤホンをご紹介します。選び方もあわせて解説するので、購入を検討している方はチェックしてみてください。

イヤホンから音漏れする原因

音量の上げ過ぎ

イヤホンから音漏れする最大の原因は、大きな音量で音楽を聴きすぎていることが挙げられます。いくら音漏れを防ぐ構造のイヤホンを使用していても、大きな音量にすれば、当然音漏れしてしまいます。

また、大音量で音楽を聴きすぎると耳の感覚細胞が傷つき、難聴を引き起こす恐れもあります。イヤホンで音楽を聴く時は、周囲の方や自分のためにも音量に注意しましょう。

イヤホンが耳に合っていない

By: amazon.co.jp

イヤホンは、耳の穴にひっかけて使うインナーイヤー型と、耳栓のように差し込んで使用するカナル型の2種類が一般的です。人によって耳の穴の大きさ・形・角度に差があるため、自分の耳の形にあった製品を使用しないと隙間ができ、音漏れしやすくなります。

音漏れを防ぐためにも、自分の耳の形にあったイヤホンを使用しましょう。

音漏れしにくいイヤホンの選び方

インナーイヤー型よりカナル型がおすすめ

By: amazon.co.jp

カナル型のイヤホンは、イヤーチップやイヤーピースと呼ばれるものを、耳の中に入れるようにして装着します。インナーイヤー型に比べて密閉性が高く、音漏れが少ないため、低音や細かい音が聞き取りやすいのが特徴です。

耳栓のように耳の内部に入れ込むため、自分の耳にあっていないと違和感を覚える場合もあります。そのため、イヤーピースも自分の耳に合ったものを選ぶようにしましょう。

安価すぎるイヤホンは避ける

イヤホンの価格は幅広く、安価な製品であれば100円均一でも購入可能です。ですが、安価な製品は密閉性や遮音性が低いものが多く、音漏れしやすい傾向にあります。

最近は、安価で性能のよい製品も増えてきていますが、音漏れのことを考えるなら安すぎるイヤホンは避けるようにしましょう。

イヤーチップが数種類付属しているものを選ぶ

By: amazon.co.jp

イヤホンを装着する際に重要なのが、自分の耳の大きさにあったイヤーチップが付属しているかどうかです。販売されているイヤホンの多くは、耳の大きさに合わせて付け替えられるよう、数種類のイヤーチップが付属して販売されています。

その数が多いほど自分の耳にあったものを選べるので、購入の際は付属のイヤーチップの数や大きさをチェックするようにしましょう。

音漏れしにくいイヤホンのおすすめモデル|Bluetooth

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン MDR-EX31BN

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン MDR-EX31BN

騒音を約98%カットする「デジタルノイズキャンセリング機能」を搭載したカナル型イヤホンです。Bluetoothを採用しており、スマホやウォークマンなどの音楽をワイヤレスで楽しめます。

さらに、Google Playからダウンロードできる「NFC簡単接続アプリ」を使用することで、イヤホンとスマホをワンタッチで接続可能。一度設定した後は、スマホにイヤホンを近づけるだけで電源が自動でONになります。

ヘッドには、2種類の硬さのシリコンを組み合わせたハイブリッドイヤーピースを採用。芯の部分に硬い素材を用いることで、音の通り道を確保し、先端の潰れによる音質の劣化を防いでくれます。

外側には、柔らかい素材を用いることで耳へのフィット感もアップ。音漏れしにくく快適な装着感が魅力の製品です。

ソニー(SONY) ワイヤレノイズキャンセリングステレオヘッドセット WF-SP700N

ソニー(SONY) ワイヤレノイズキャンセリングステレオヘッドセット WF-SP700N

スポーツをする方をターゲットに開発されたIPX4相当の防滴対応イヤホン。汗や水しぶきに強く、運動中でも外れない高い装着性が魅力の製品です。

Bluetooth対応の左右完全独立型イヤホンで、雑音を気にせず集中できるデジタルノイズキャンセリング機能を搭載。電車の走行音やエンジンノイズなど、さまざまな騒音を軽減します。

カラー展開も豊富で、音漏れなどの性能以外に見た目にもこだわりたい方におすすめ。本体を最大2回充電できる専用ケースと、ハイブリッドイヤーロングピースが4種類付属しています。

また、ヘッドホンに内蔵されたマイクロホンで、環境音や人の声を取り込む機能も搭載。音楽を楽しみながら周囲の音も聞き逃さないよう設定できるため、安全性にも配慮した製品です。

JVCケンウッド(KENWOOD) ワイヤレスステレオヘッドセット HA-ET900BT

JVCケンウッド(KENWOOD) ワイヤレスステレオヘッドセット HA-ET900BT

左右のイヤホンを結ぶケーブルをなくした完全ワイヤレスタイプのモデル。通勤・通学以外にスポーツシーンにもおすすめです。

さまざまな耳の形や大きさに合わせてフィットする「ピボットモーションサポート」と、装着性を高める「オーバル形状ハウジング」、上下の揺れに強い「縦型デザイン」による3点支持構造を採用。チップ部分にウィングを装備することで耳のくぼみにしっかりとフィットします。

遮音性に優れた標準のイヤーピースに加え、安全性に配慮した低遮音のイヤーピースも付属。音漏れを防ぎたい通勤列車内と、ジョギングなど安全性を重視したい時でイヤーピースを使い分けることができます。

IPX5の防水性能を備えているため、汗や雨にも強く水洗いにも対応しているので、いつでも清潔に使用できるのもポイントです。また、クリップ付きのキャリングポーチが付属しており、ポケットなどに入れて持ち歩けます。

サウンドピーツ(SoundPEATS) apt-X対応Bluetoothイヤホン Q35pro

サウンドピーツ(SoundPEATS) apt-X対応Bluetoothイヤホン Q35pro

音漏れしないワイヤレスイヤホンのなかでも比較的安価で購入できるモデル。サウンドピーツは低価格ながら、高い音質と機能性が充実した人気メーカーでもあります。本製品は、エントリーモデルながらもコスパと機能性が抜群。AACとaptX両方のコーデックに対応しており、標準のSBCコーデックに比べて高音質です。

また、CVC6.0ノイズキャンセリング機能を搭載しており、音漏れが少なくサウンドのメリハリがあるのも魅力。ボリュームを上げなくても快適に音楽を楽しむことが可能です。さらに、音声の伝送遅延が少ないため、動画観賞やゲームもストレスなく楽しめます。

約1.5時間の充電で、約8時間の連続使用ができるため、バッテリー性能も優秀。5種類のイヤーピースと3種類のイヤーフックが付属しており、自分の耳の形に合わせてカスタムできます。

音漏れしにくいイヤホンのおすすめモデル|有線

パナソニック(Panasonic) ステレオインサイドホン RP-HJE360

パナソニック(Panasonic) ステレオインサイドホン RP-HJE360

耳へのフィット感の高さが特徴的なイヤホン。幅広いユーザーの耳にフィットする球体形状を採用しており、快適な装着感と遮音性が魅力です。

耳の奥でしっかりフィットして、気密性を高めてくれる「ロングイヤーピース」と「ロングポート」を採用しているため、音漏れが低減されています。音の出口を鼓膜に近づけることで、ボリュームを上げなくてもしっかりサウンドを楽しめます。

専用アプリの「Music Live Powered by DTS Headphone:X」を使えば、サラウンド音声も視聴可能。また、コードの絡みを抑える「デルタコード」と「スマートコードホルダー」により、有線ながら快適に使えるのも魅力のモデルです。

ボーズ(Bose) QuietComfort 20

ボーズ(Bose) QuietComfort 20

ノイズキャンセリング機能を搭載しており、音漏れが低減されているボーズのイヤホンです。付属のボタンでノイズキャンセリング機能のオンオフや音量調節などの操作ができます。外を歩く時は周囲の音が聞こえる範囲に、電車に乗る時はしっかり遮音にするなど、使い勝手が良好です。

付属のイヤーチップは、円錐形のデザインで耳に優しくフィット。耳をしっかり密閉することで、高い遮音効果を発揮します。ケースもセットになっているため、コンパクトに収納できて持ち運びが簡単です。

オーディオテクニカ(audio-technica) ATH-CK350M

オーディオテクニカ(audio-technica) ATH-CK350M

オリンピックで使用されるマイクなどの製造もしている、オーディオテクニカのカナル型イヤホンです。オーディオテクニカのイヤホンは、用途やタイプによる特徴を活かした設計が特徴で、本製品は音漏れしにくい密閉型がポイントです。

フィット感がよく、音漏れの少ない形状と角度のノズルデザインが人気。個人の耳に合うように4種類のイヤーピースが付属しています。密閉度の高さゆえに起こる音のこもりも少なく、メリハリのある低音を再生する専用ダクト付き。10mmドライバーを採用しており、高音質なサウンドが楽しめます。

また、絡みにくい溝入りウェーブコードとコード巻取りホルダーにより、コードの長さを自由に調整可能。多彩な10色のカラーをラインナップしているため、見た目にこだわる方にもおすすめのモデルです。

JVCケンウッド(KENWOOD) カナル型イヤホン JVC HA-FR46

JVCケンウッド(KENWOOD) カナル型イヤホン JVC HA-FR46

アルミボディを採用した、おしゃれでかっこいいデザインのカナル型イヤホンです。コードもボディと同じカラーリングで統一しており、スタイリングに合わせてコーディネートが楽しめます。

音質は、低音域の量感を高めるバスポートを採用しており、クリアでキレのある重低音が特徴です。バンドやEDMなどの低音をしっかり楽しめます。

イヤホン部分には、ラバー素材のフィットサポートを採用しており、耳から落ちにくく安定した装着感が魅力。耳の形に合わせて交換できる4サイズのイヤーピースとコードの長さを調節できるコードキーパーが付属しています。

接続端子は4極プラグのため、イヤホンジャックがないスマホを利用している方は、別途変換アダプタを準備しておきましょう。

JVCケンウッド(KENWOOD) HA-FX17

ボディ・コード・イヤーピースのコンビネーションが人気のモデル。10種類のカラーをラインナップし、音楽をよりファッショナブルに楽しめます。

装着方法は、ロングラバーサポートを使用した「ノーマルスタイル」と、コードを耳の上部にかけて装着する「オーバーイヤースタイル」の2種類があります。どちらも遮音性に優れているため、好みに応じて変えられるのがポイント。

また、高磁力小型ネオジウムドライバーユニットを採用することで、低音から中高音までデジタルサウンドを高音質で再生。密閉型構造で音漏れや騒音を低減しています。

耳の大きさに合わせて取り換えられる3種類のシリコンイヤーピース付属で、自分好みにカスタマイズができます。遮音性とデザイン性に優れたイヤホンを探している方におすすめです。

フィリップス(Philips) イヤホン SHE9720

フィリップス(Philips) イヤホン SHE9720

人間工学を元にデザインされた、角度付きのチューブヘッドホンです。全ての耳にフィットするため、長時間の使用も快適なのが特徴。シリコンゴム製のイヤーキャップを採用しているため、装着感も抜群。角度付きのアコースティックパイプと、ぴったりフィットするイヤーピースにより、外部の雑音が大幅に低減されます。

音響調整されたスピーカードライバーは、広い周波数の再生が可能。小さい音量でも優れた音質を楽しめるため、音漏れを気にする必要がありません。

耳の大きさに合わせた3種類のイヤーピースと、持ち運び用のポーチが付いているため、使用しない時はイヤホンとケーブルをコンパクトに収納できます。