通勤や通学で音楽を楽しむのに必須のアイテム「イヤホン」。外で音楽を聴く際に便利なアイテムですが、音量を上げすぎると音漏れが起き、周囲の迷惑になってしまうことがあります。トラブルを防ぐためには、音量を上げすぎないほか、遮音性に優れたイヤホンを選ぶことが大切です。

そこで今回は、音漏れしにくいおすすめのイヤホンをご紹介します。選び方もあわせて解説するので、購入を検討している方はチェックしてみてください。

イヤホンから音漏れする原因

イヤホンの構造と装着性

By: amazon.co.jp

イヤホンの装着方法としては、耳に軽くはめ込むようにして装着するインナーイヤー型と、耳栓のように耳の穴に差し込んで装着するカナル型の2つが一般的です。

このうち、インナーイヤー型は、耳孔を塞がないため、遮音性をあまり持たない構造を取っています。ユーザーは周囲の音が適度に聴こえながら音楽が聴こえる一方、外部にはイヤホンの背面から音が漏れてしまう構造です。一方のカナル型は、密閉型とも呼ばれているタイプ。高い遮音性を備えているほか、外部への音漏れも防げるのが特徴です。

なお、イヤホンの形状によらず、イヤホンと耳の穴の間に大きな隙間ができるほど、音漏れは大きくなってしまいます。音漏れを防ぐには、自分の耳にはめて隙間を作りにくいイヤホンを選びましょう。あわせて、イヤーピースの適切な選択と装着時の調節を行い、できるだけ隙間ができないようにすることが重要です。

音量の上げすぎと周波数

By: amazon.co.jp

イヤホンから音漏れする原因のひとつとして、音量の上げすぎも挙げられます。いくら音漏れを防ぐ構造のイヤホンを適切に装着していても、大きすぎる音量で聴けば、周囲に迷惑なほどの音漏れが起きるので注意が必要です。

大音量の音楽を耳元で聴き過ぎると、耳の疲れや難聴を引き起こす場合もあります。周囲への配慮だけでなく、自分の耳を守るためにも音量の上げすぎには注意しましょう。

また、音漏れが気になる方は、再生音の周波数も要チェック。特に1kHzを超える高音が音漏れしやすいので注意しましょう。音質調節ができるイヤホンやプレーヤー、アプリを使って、高音を抑えて聴くのもおすすめです。

音漏れしにくいイヤホンの選び方

インナーイヤー型よりカナル型がおすすめ

By: amazon.co.jp

カナル型のイヤホンは、イヤーチップやイヤーピースと呼ばれるものを、耳の中に入れるようにして装着します。インナーイヤー型に比べて密閉性が高く、音漏れが少ないため、低音や細かい音が聞き取りやすいのが特徴です。

耳栓のように耳の内部に入れ込むので、自分の耳にあっていないと違和感を覚える場合もあります。そのため、イヤーピースも自分の耳にあったものを選ぶようにしましょう。

安価すぎるイヤホンは避ける

イヤホンの価格は幅広く、安価な製品であれば100円ショップでも購入可能です。しかし、安価な製品は密閉性や遮音性が低いものが多く、音漏れしやすい傾向にあります。

最近は、安価で性能のよい製品も増えてきていますが、音漏れのことを考えるなら、安すぎるイヤホンは避けるようにしましょう。

イヤーチップが数種類付属しているものを選ぶ

By: amazon.co.jp

イヤホンを選ぶ際に重要なのが、自分の耳の大きさにあったイヤーチップが付属しているかどうかです。発売されているイヤホンの多くは、耳の大きさに合わせて付け替えられるよう、数種類のイヤーチップが付属してます。

イヤーチップの数が多いほど自分の耳にあったものを選べるので、購入の際は付属のイヤーチップの数や大きさをチェックするようにしましょう。

音漏れしにくいイヤホンのおすすめモデル|Bluetooth

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM3

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM3

周囲の騒音を低減して音楽が楽しめる「ノイズキャンセリング機能」を搭載した完全ワイヤレスイヤホン。騒々しい場所でも音量を過度に上げることなく音が聴き取れるため、音漏れを防げるのがメリットです。

また、独自開発の「QN1e」チップや、2つのセンサーによって効率的にノイズを集音する技術を採用しているのもポイント。乗り物や機械の動作音などの低音から、人の声を中心にした中高音まで、幅広い音域を低減できるのが特徴です。

本体のみで6時間再生が可能なので、移動中に使用する目的に適しています。また、付属のケースで3回分充電でき、合計24時間の再生が可能なので遠出や旅行にも最適です。さらに、10分の充電で90分再生可能な急速充電にも対応。急な外出に対応できる点でもおすすめです。

素材とサイズの異なるイヤーピースを7種類も付属。自分に合ったフィット感や遮音性を細かく追求できるのもポイントです。

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WI-1000X

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WI-1000X

高性能なノイズキャンセリング機能を搭載した、ネックバンド型ワイヤレスイヤホン。周囲の環境に応じた騒音低減動作を自動的に選択する「フルオートAIノイズキャンセリング機能」を搭載しているため、必要以上に音量が大きくならないのが魅力です。

専用アプリを利用することで、プリセット設定に加え、好みの音質に細かく調節できる「イコライザー」機能が利用できるのもポイント。音漏れしやすい1kHz以上の高域を抑えた設定を行うと、音漏れを低減させられます。

2種類の硬度のシリコンゴムにシリコンフォーム素材を組み合わせた、新開発の「トリプルコンフォートイヤーピース」が付属しているのも魅力のひとつ。柔らかく追従性に優れるので、フィット感を高められ、音漏れも防止できます。

サウンドピーツ(SoundPEATS) ワイヤレスイヤホン Q35Pro

サウンドピーツ(SoundPEATS) ワイヤレスイヤホン Q35Pro

音漏れのしにくさに重点を置いたコスパの高いワイヤレスイヤホン。1000人以上にデータを取り、最適なフィット性を追求した本体形状が特徴です。密閉度を高めつつも、長時間装着時の疲労を感じにくくしています。人間工学に基づいたデザインなのでイヤホンをしっかりと耳に固定できるのもポイント。音漏れの原因となる装着時の隙間を防ぎます。

また、5サイズのイヤーピースと3サイズのイヤーフックを付属しているのも魅力のひとつ。自分に合った装着性が得られるので、遮音性を高められます。

エントリーモデルながら、低遅延で高音質なAACとaptXコーデックに対応しているのもポイント。AAC対応のiPhoneやaptXコーデック対応のAndroidスマホと接続してワイヤレスリスニングが楽しめます。

アビオット(AVIOT) 完全ワイヤレスイヤホン TE-D01g

アビオット(AVIOT) 完全ワイヤレスイヤホン TE-D01g

ハイクオリティーな完全ワイヤレスイヤホン。日本人の聴覚特性に合わせてチューニングしたサウンドは聴き取りやすく、音量の上げすぎを防止できます。加えて、耳の形に合わせて収縮し、フィット感の高いフォーム素材のイヤーピースを採用しているのも特徴。高い遮音性と音漏れ低減効果が得られます。

また、高性能なBluetoothチップ「QCC3020」を採用しており、イヤホン単体で最長10時間、付属の充電ケースを併用すれば最大50時間の再生が可能です。ハンズフリー通話や接続機器の再生操作に加え、SiriとGoogleアシスタントにアクセスできるのも魅力のひとつ。一度設定をすれば、充電ケースからイヤホンを取り出すだけで自動接続してくれるので、何度も接続し直すのが面倒という方にもおすすめです。

タオトロニクス(TaoTronics) Bluetooth 5.0 ワイヤレスイヤホン SoundLiberty 53

タオトロニクス(TaoTronics) Bluetooth 5.0 ワイヤレスイヤホン SoundLiberty 53

ハイコスパな完全ワイヤレスイヤホン。通信速度・通信範囲が大幅に向上したBluetooth5.0に対応しているのが特徴です。Bluetoothイヤホンで起こりがちな音飛びや音の途切れを抑制し、快適なリスニングが楽しめます。

また、遮音性を追求した本体設計なので、街の喧騒のなかでも適度な音量をキープできるのもポイント。4サイズから選べるイヤーチップの使用と合わせて、音漏れを効果的に低減できます。

さらに、AACコーデックにも対応しているので、iPhoneをはじめとするiOSデバイスと接続して、低遅延かつ高音質な音楽が聴けるのもポイント。Apple製品を利用しているユーザーにもおすすめのイヤホンです。

JVCケンウッド(KENWOOD) ネックバンド型ワイヤレスイヤホン HA-FX37BT

JVCケンウッド(JVC) ネックバンド型ワイヤレスイヤホン HA-FX37BT

リーズナブルなネックバンド型ワイヤレスイヤホン。ネックバンド部にバッテリーやリモコンを配置することでイヤホン本体の軽さを維持しているため、快適な装着感で使用できます。リモコン部にはマイクを内蔵しており、スマホでのハンズフリー通話が可能です。

また、大容量バッテリーにより約14時間の連続再生を実現しているのもポイント。バッテリー切れの不安や充電の手間を軽減しています。ソフトな着け心地と優れた遮音性を実現する、低反発素材製の「やわらかフィットイヤーピース」を付属。音漏れを抑えたリスニングが楽しめます。

シンプルなブラックのほか、ピンクやブルーなどカジュアルなカラーを揃えているのも魅力のひとつ。通勤・通学から旅行まで活躍できる手頃なイヤホンとしておすすめです。

デノン(DENON) ワイヤレスイヤホン AH-C160W

デノン(DENON) ワイヤレスイヤホン AH-C160W

音の聴き取りやすさを重視したスポーツ向けのワイヤレスイヤホン。屋内外でのトレーニング中でも周囲の騒音に音楽が埋もれずにクリアに聴こえるよう、独自のDSPチューニングを施しています。

また、補聴器メーカーの協力によってデザインされた、エルゴノミック形状のイヤーフックを採用。激しい動作を行っても優れたフィット感と音質を維持できます。さらに、本モデル専用にカスタマイズした高遮音性の「Complyイヤーチップ」を4サイズ付属。個人に合った装着性を追求することで音漏れの低減ができます。

周囲のノイズを抑えて声を聴き取りやすくする「CVC(Clear Voice Capture)」技術により、ハンズフリー通話を快適に行えるのもポイントです。

汗や雨でも安心して使用できるIPX5/7相当の防水性能も魅力。スポーツ時はもちろん、音漏れ低減面からも、幅広い用途におすすめできるワイヤレスイヤホンです。

JVCケンウッド(KENWOOD) ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン HA-FX87BN

JVCケンウッド(JVC) ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン HA-FX87BN

ノイズキャンセリング機能を搭載したワイヤレスイヤホン。周囲の騒音を低減することで音量の上げすぎと音漏れを防げます。ノイズキャンセリング機能ON時で約5時間使用できるスタミナが魅力です。

雨や水しぶきを気にせず使えるIPX4等級の防水性能で、屋外やスポーツ時の使用にも適しています。柔らかな素材を使用したソフトバンドを採用しているため、肌触りがよく装着感も良好です。

耳のサイズに合わせて交換できる、4サイズのイヤーピースを付属しているのもポイント。密着度の高いイヤーピースを選ぶことで、音漏れを防げます。ノイズキャンセリング搭載のワイヤレスイヤホンのなかでもリーズナブルなおすすめイヤホンです。

音漏れしにくいイヤホンのおすすめモデル|有線

パナソニック(Panasonic) カナル型イヤホン RP-HJE150

パナソニック(Panasonic) カナル型イヤホン RP-HJE150

リーズナブルなカナル型イヤホンの定番人気モデル。楕円形状を採用しており、良好な装着感と高い気密性を有しているので、音漏れを低減できるのが特徴です。幅広い機器で使用することを想定しているため、バランスのよいフラットな音質を備えています。

また、コードを除いた本体重量が3gと軽量でコンパクトなボディも魅力。低価格ながら3サイズのイヤーピースが付属しているのもポイントです。そのほか、9色と豊富なカラーバリエーションで、好みに合わせたモノを選べます。カナル型イヤホンの初心者におすすめの音漏れしにくいイヤホンです。

ファイナル(final) カナル型イヤホン E1000 FI-E1DPLBL

ファイナル(final) カナル型イヤホン E1000 FI-E1DPLBL

工夫を凝らしたイヤーピース設計が特徴のカナル型イヤホン。耳道の傾きにしっかりと追従できる「スウィングフィット機構」イヤーピースを採用。耳の奥まで押し込めるので、音がよりダイレクトに鼓膜に伝わり、聴き取りやすいクリアなサウンドを実現しています。

また、イヤーピースには、音導管側部分と耳に触れる部分とで硬度が異なる2種類のシリコン素材を採用。快適な着け心地と高い遮音性を兼ね備えています。リーズナブルな価格ながら、5サイズのイヤーピースが付属するのもおすすめポイントです。

オーディオテクニカ(audio-technica) SOLID BASS ATH-CKS550X

オーディオテクニカ(audio-technica) SOLID BASS ATH-CKS550X

老舗メーカーによるスタンダードクラスのカナル型イヤホン。本体導管の内径やイヤーピースの高さを調節し、高い密閉性と装着性を両立しているので、音漏れを効果的に防げます。

また、より多くの高域を伝達できる設計なので、適度な音量でも高音が聴き取りやすいのも魅力です。キレのある重低音を再生できる「SOLID BASS HDドライバー」を搭載しているのもポイント。迫力のあるサウンドを好む方にもおすすめです。

ボーズ(Bose) QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling Headphones

ボーズ(Bose) QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling Headphones

ノイズキャンセリング機能を搭載した有線カナル型イヤホン。イヤホン内外のマイクで外部ノイズを検知し、相殺音波の生成によって強力に騒音を低減できます。 周囲が騒々しくても、音量を上げすぎずに音楽を楽しめるのが魅力です。

付属のイヤーチップは、耳をしっかり密閉することで高い遮音効果を発揮。音漏れも防げます。また、周囲の音を取り込める「Awareモード」に一瞬で切り替えられるので、急な呼びかけにも対応可能です。

加えて、豊かな低音を再生できる「TriPortテクノロジー」や、音量に応じた自然な音質に自動調節してくれる「アクティブ・イコライゼーション」による聴きやすいサウンドも魅力。内蔵バッテリーで約16時間使用可能なスタミナもおすすめポイントです。

シュア(SHURE) 高遮音性イヤホン SE215SPE-A

シュア(SHURE) 高遮音性イヤホン SE215SPE-A

遮音性の高いカナル型イヤホンでは草分け的なメーカーによるロングセラーモデル。高遮音性イヤホンで起こりがちなケーブルのタッチノイズを、耳の後ろにケーブルを回り込ませる「シュア掛け」と呼ばれる装着方法で低減しています。

また、シュア掛けに適した本体形状とフィット性の高いイヤーピースの組み合わせにより、周囲の騒音を約70分の1にまで抑えられる、最大37dBまでの高い遮音性が特徴です。

独自のダイナミック型ドライバー「MicroDriver」による、バランスがよく聴き取りやすいサウンドも魅力。音量を上げすぎなくても音楽を楽しめる、音漏れの少ないおすすめのイヤホンです。

エティモティック・リサーチ(Etymotic Research) BA型イヤホン ER4SR

エティモティック・リサーチ(Etymotic Research) BA型イヤホン ER4SR

高遮音性のカナル型イヤホンを長年手掛けているメーカーによる有線イヤホン。補聴器メーカーであるノウハウを活かして、周囲の騒音を最大98%低減できる、業界最高水準の35〜42dBもの遮音性を備えているのが特徴です。また、トリプルフランジ型と呼ばれる独特の形状のイヤーチップを耳の奥深くまで装着することで、遮音性と音漏れ低減性を高めています。

加えて、ワイドレンジで情報量が豊富な音質を備えており、業務用としても使えるほどのハイクオリティーなサウンドも魅力です。なお、イヤーピースに独特の装着感があり、慣れが必要な面もあるため、初めて同社のイヤホンを使う際は注意しておきましょう。

ウェストン(Westone) インイヤーモニター AM Pro10

ウェストン(Westone) インイヤーモニター AM Pro10

ステージミュージシャン向けのイヤホンを展開するウェストンによるカナル型イヤホン。ステージ用イヤホンに必要な高い遮音性を確保したまま、外部の音も取り込める「SLEDテクノロジー」を搭載しているのが特徴です。音楽を聴きながらでも周囲からの呼びかけに反応することが可能。遮音性が高く、必要な音を聴きとれるのが魅力です。

また、音を外部に放出しにくい密閉型構造と、耳にフィットしやすいエルゴノミクスデザインを採用しているのもポイント。音漏れの少ないおすすめの有線イヤホンです。